利き目について 質問がありました。
医療や人体については 利き◎というのは今の時点でも仮説で
完全な立証はされていません
日本人の 70% は右が利き目 らしいです。
 簡単な判別は カメラのファインダーや顕微鏡を覗く側の目です。

あくまでも 説なのですが
ゴルフにも かなり影響が有る?そうです。

利き目からの情報はより早く脳に伝わると言われています
その反対の目はその補足として使われている

利き目の機能は 方向性を判断しています


野球のバッターの場合
 利き腕と利き目が左右別な人の方が
 ピッチャーの投げて来る方向からの物体に対し
 見やすく ずれを生み難いそうなので
 ヒットを打てる可能性が高くなると言われています

 右打ち 右腕が利き腕の右利き目 の人は
 右から 左へと動く物体が確認しやすく
 その物体を目で捕え 利き手で取ったり 捕まえたりするのが容易
 右が利き腕で左が効き目の人は
 左から右に動く物体が確認しやすく
 その利き腕で取ったり 捕まえたりするのが容易
 というのは 既に実証されている運動理論 です。
   利き目の方に近づいて来る動きに強い と言う事です
   だから 日本の回転ずしでは右回転なんだ そうです。

 動く物体がその反対の場合 視野に入ってくるのが一瞬遅れるのと
 中心点が掴み難いので 苦手になってしまいます

ゴルフの場合
 僕自身は推奨していませんが
 スウィング中に ボールを見ようとした時に
 ゴルファーはどうしても 利き目で見ようとしてしまいます
 右利き目の人は テークアウェイ(バック)が浅くなりがちで
 ボールを視界に残そうとすると 完全な向きの変更がし難くなる ?
 しかも インパクト後 ボールを追うのが微妙に早くなってしまうそうで
 利き目が「右」と言うのはあまり有利ではないと思います。

 ただ 左が効き目の人は
 テークアウェイ時に 前に倒れ易い傾向にあるそうですから
 結果としては 利き目 というのが存在する
 限りは 動作中にボールを見ている事 は良い事はなさそうです


 出来れば ボールを直視せず 視界の中でボールを捕らえる訓練で
  ゴーゴンの呪い に掛からない様にした方が良いのではないでしょうか
   ご参照ください ね
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/952082.html


ところで
 学説では 脳にも右/左利きが有るそうです

  ☆まずは 胸の前で両腕を組んで下さい

  利き腕が上になるとは限りません コサックダンスのポーズです



  ☆次に お祈りのポーズ 左右の手の指を組んで下さい


 (神経心理学)の教授は次のような説を唱えています

 「腕組みは出力・表現」

 「指組みは入力・理解」

その関係をまとめると、次のようになります。

 ☆右腕上 左脳型 論理的に表現

 ☆左腕上 右脳型 直感的に表現

 ☆右指上 左脳型 論理的に理解

 ☆左指上 右脳型 直感的に理解


 このことから、「右腕上で左指上」の人は、
直感的に理解し、論理的に表現」するタイプと言うことになります。


 どうでした?  あくまでも学説 ですがね…
ただ 利き腕 利き目 に関する運動性は実証されているので
ボールを直視しない というのが一番良い対処方法なのではないでしょうか…

 ☆右打ちの左利きの人もいる訳で
   だんだん 右 左 頭が混乱してきますね


メールはコチラ ↓
 hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp