本日のお題目は 「対面販売」「接客販売」である。

昔は 小売店の店舗内に入ると
お店の人が近寄ってきて 「何がお探しですか?!」で始まる

今は 自分の目的のモノを持って レジに行くだけ。


こんな お客様が来られた
ゴルフは初めて。ゴルフクラブを買うのも初めて。
すごく若い訳ではないので 自分の周りはある程度の経験者で
その周りの影響か ゴルフやゴルフクラブの知識は年齢なりにあり
ある意味 頭でっかち 状態。

いきなり 「スチールでアイアン作れますか?」 と始まる…

僕が 「何故 スチールが良いんですか?」 と聞くと

「みんながアイアンは スチールだ。 と言うから」となる…

「今の状態では打って判断がつかないとは思いますが
  ウッド等とのコンビーネーションを考えると グラファイトの方が
   良いかと思いますけど」

「硬さは何か 指定がありますか?」 と聞くと

「Sシャフトが 良いと言われました。」 とお決まりのパターン

と ここまでは いつも通りの手順なのだが
 年齢に関係なく 最近のお買いもの 
  殆んどの 量販店や小売店は こちらから頼まない限り
   店員さんから話しかけて来る事はない

    店員さん 特にこう言った趣味の世界の店では
   店員 特に店長はどこも専門家である
  専門家にアドバイスを求めると 苦言になってしまう事が多い
 僕も真空管アンプの店長には叱られる
予算がある上で あれも これも は出来ないから
 自分の 本当にお金を払いたい事やモノを明確に と。

ユニクロやヤマダ電機、コンビニなどでは レジでの形式的な会話以外
 殆んど会話らしい 会話もない。
  ネットなどの情報入手媒体もたくさんあるから
   誰とも会話しなくとも 真偽の程や信憑性はともかく
    情報は無言で手に入れられる


 どうも このお客様は
僕が 初心者だから スチールは使えないよ と考えていると
感じたらしく いきなり不機嫌になってしまう
 初心者だから って舐めんなよ ってな感じだ。
一応 ヘッド重量や年齢 スウィングとの関連性などを説明するが

  スチールで! Sシャフトで! オーダーメイドアイアンを!

という当初の目的が達成できそうもないので
早々に ご帰宅なさった…  
きっと この方は ネットか中古クラブ屋さんで 目的のモノを買うだろう
  答えの無い「ゴルフスウィング地獄」へ突入だ。

 また 別なお客様は
  予算がなく 新しいドライバーは買えないが
   最近 飛ばなくなったから 何とかしたい! と言う

 今 10.5度の45インチのドライバーが 14度の42インチのFW と
 同じ距離になってしまっている そうだ。
 そこで 飛ばす為に 46.5インチにしたい  と言う

ちょ ちょっと待って 45インチと 42インチが 同じ距離なのに
 長さを変えても 距離は変わらない のじゃない?
  飛ばないのは 長さ以外の要素の確率の方が高い んじゃない?!

10.5度のロフトと14度のロフトのクラブが 同じ距離になってしまうのは
 インパクトロフトが似たようなロフトだから なんじゃない?

14度が10.5になる可能性は低いから
 10.5度が14度になってしまう ロフトの立たない原因 を改善するべき
  と説明しても 長尺に出来ないのなら もう良い と言う。

アドバイスって 甘言で有るべきなの?
   それとも 黙って お金だけ貰えばいいのかしら…