◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

 



多くの人は ショットの安定は
ボールの飛び出る左右方向や曲がり ばかりを
気にしているように見えます。

しかし、ショットにとっての安定は
まず 距離が基本であって
自分の打つ番手、打つクラブのおおよその距離が
決まっているから
それに応じて 構える方向を決めたり
安全な区域を探したりする訳です。


距離を決める おおよその要素は
スピードとロフト効果 によります。

ヘッドスピードはとりあえずヘッドの移動速度
と形付けてはいますから
頭の中では ヘッドを速く動かそう
ヘッド「だけ」を速く動かそう と考えてしまいがち ですが

本来は ヘッドスピードの源は
ボディスピード〜回転の速度 です。
部位で言うのなら グリップスピード です。
乱にんぐアプローチどりる_Moment(2)

それをヘッドだけスピードアップ
と考えても ヘッドスピードなんて早々あがりませんし、
ヘッドだけを動かす打ち方は
もう一つの要素の「ロフト効果」を
スピードを上げれば上げるほど乱す要因になるので
自分のいつも通りの 運動速度 をキープする
ことの方が大切です。

また ヘッドだけを動かす動きは
動かせば動かすほど 左サイドが上がり
右サイドが下がる 煽り打ちの姿勢につながるので
目標として狙うべきものではありません。

555

そして もう一つのとても大切な要素のロフト効果 は
インパクトのロフト だけ でなく
ヘッドの入ってくる上下(高さ変化)の軌道も
ボールを飛ばすロフトの効果の一つ である
としっかり認識した方が良いです。


そう スライスなどの右回転、左回転と
上下(縦)と左右(横)が入れ替わりましたが
全く同じものです。

これも毎度のショットの出来るだけ安定させるには
グリップを動かす という事を念頭において下さい。

ヘッドばかりを動かすスイングだと
ヘッドを動かす(角角度運動)をするほど
ロフト姿勢も変わり、入射角度も常時変化します。

また この動きが良く無いのは
グリップに対し ヘッドが遅れている と認識し
ヘッドを追いつかせようとすればするほど
グリップの移動が滞り
追いつき始めると グリップが後退するような状態
になってしまうので
ロフト姿勢変化、入射角度変化がより激しくなります。

トップ・ダフリの話とつながりますが
体の回転で グリップが動いて ヘッドが入ってくれば
ヘッドは上から入ってきますので
ボールとヘッドの関係が 上下に多少ずれても
大きなショットのミスにはなりません。
IMG_0484

ところが ヘッドだけを動かして
ボールを弾くような打ち方だと
ヘッドの方が後ろ 遅れていれば良いですが
ヘッドの方が前に出るような状態に近づくと
ロフトも増え(フェースが上を向き)
と同時にヘッドも高くなり始めるので
薄く当たった時 必ずトップになります。

ヘッドが遅れている と言う感覚の持ち主の場合
ヘッドが追いつくところが ボールより手前なら
それが ダフリやトップになってしまう という事です。


体の回転によってグリップを動かす
グリップを動かすことが唯一のヘッドを動かす方法
というのが ミスの激減にもつながりますし
総じて 飛距離アップにもつながって行きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングやごくごく短い距離のランニングアプローチ
などを 刷毛塗 で 行うのは問題ない、と思います。
問題ないとは思いますが、 刷毛塗も含めて
クラブを動かす腕さばきの基本は
 からだを回す、からだの向きを変える『移動』
スイング用語で言う 軌道の中にあり、
からだの周りでクラブを動かさせるため
 のモノ です。

リリース〜刷毛塗_Moment(2)リリース〜刷毛塗_Moment






言葉遊びに聞こえるかも知れませんが、
腕を使うことによって
 クラブがからだの回転通りに動くよう
 動かさない為に動かす
(後ほど解説します) と言う前提で
刷毛塗のパッティングやアプローチをして頂きたいと思います。


パッティングやアプローチなどを見ていると
まず 手で、この場合ですと 刷毛塗 出来る量
というのは かなり少ない量です。
切り返し〜トップの位置から 打ち終わるまで で
 右胸から左胸 のおおよそ30〜40cm程度 です。

 それ以上はからだの回転。

からだを回す と言う前提の元で言えば
からだを回すと
⇒クラブを持った腕の付け根が移動します
⇒それによって グリップの位置も移動します

✋クラブヘッドの重さによって ヘッド。。。
 そして 腕やクラブの重さによって グリップまでもが
 その運動量分、遅れようとしますが
 それを ヘッドの遅れ
 〜ロフトの立ち
 だけに押さえ、グリップと腕は遅れさせない
 からだの回転通りに腕とグリップは移動させる
その補足の為 刷毛塗で軌道上
、押します。

よって 傍から見ている人にとっては
からだの回転だけ、腕は何もしていないように見える
というのが 刷毛塗の役割で
からだの回転が入った時、腕はあたかも
  なにもしていないように「見える」モノ
 です。

リリース〜刷毛塗_Moment(4)


それを基本に、刷毛塗だけのアプローチ をする際
多く見られるミス が
量が多すぎるせいなのか、
速く?、強く 右腕(利き腕)、利き肘を動かそう、伸ばそうとしているせい
なのか 肘さばきではなく、肩が動いてしまっており、
実際の肘さばきが 後半に入ってしまっています。

✋意識的な 腕、もしくは肘を動かし始めるには
 体の大きな動き は止まらなければなりませんから
●切り返しの時のからだが止まった時か
●ダウンスイング後半、インパクト付近でからだを止める時か
 のいずれか になってしまいますので
 「動かし始め」は 肩 や からだの回転の前がベターです。

スイングの中では クラブの重さがかかるので
伸ばすや押す よりも その重さに落ちる、解く という
受け身でのスタートがベターです。
V字を維持してみよう 縦編_Moment

刷毛塗のアプローチの場合、
右腕の伸ばし よりも 
クラブも含めた腕の重さを利用した
 👉左上腕の「動き出し始め」 の方がベターだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)




インパクトを 主にからだの回転で行うために
手使いは「刷毛塗を‼」というのがハミングバードの考え です。

一般的な手使いは
ダウンスイング、時としてテークアウェイも、ですが、
からだを先に回して、後から手で振ります。
ダウンスイングの後半が インパクト…にかかる訳ですが、
どの道、手で振るのなら
 その順序を【逆に】してしまえば 良いのでは…、と思うのです。

ハンドターンVSぼでいたーん1_Moment(2)


例えば、刷毛塗で
からだに沿って 〜体の平行に
グリップを右から左に押した としても
ゴルフスイングは 時間によって 傾きがあるので
右を向いている内は
からだに沿って 横に押しても それに下 が含まれます。
高さを消せるのです。
それを行うタイミングが 別な、遅くなれば
その非常に有難い副作用の効果は薄れ、
(副作用・・・とは言っても 前傾姿勢の本意はそこにあるかも です)
インパクト付近に近づくほどに
からだに沿って 横に押すと それに上 が含まれるようになります。

通常、インパクト付近の手振りには
キャスト と言って ヘッドを下に振ろうとする動作が
非常に多く含まれる訳ですが、
この手のスイングの悩み…この場合の『キャスト』
下に振る動作 は 意識して消す、無くすようにするのではなく
しなくても良い環境、する必要の無い環境を作る方がベターです


低さが十分でない ダウンスイングであれば
「キャスト」を無くしたら 届かない…から辞められません。
多くの場合、そのキャスト にはヘッドターンが含まれているから
余計、辞めるコトが出来ません。

☑インパクトに向けての『低さ』は
 ヘッドの低さ ではなく、グリップの低さ と考えられると良い です。


キャスト…が行われる場合の殆ど は
低さが十分でないから の可能性があります。
一般的に 考えると 低さが十分でない 場合、
更にヘッドを届かせようとする のですが、
からだがボールに近い、もしくは、低い があれば
それで補うコトが可能になります。
V字を維持してみよう 上編_Moment

✋ダウンスイングの後半 に からだの回転が残っていれば
からだの回転で 低さを補うチャンスが生まれます。
からだの回転も今までとは違うモノになるでしょう。


✊右を向いている内に、
 ダウンスイングの一番始めに…
 右向きをロックした状態で
 まずは 刷毛塗リリース を試みてみるのがいいでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



現代のドライバーは ネックにスリーブが付いていて、
簡単にシャフトが付け替えられるものが多くなりました。

それを使って、実験を兼ねてやっている人 がいるので
注意、もしくは警告も兼ねて 書いておきます。

ti-a2


ヘッドには体積や慣性モーメントなどの ルールの制限が増え、
ほぼがんじがらめの状態です。

よって 飛ばすコト をクラブに求めるのは
長さ と シャフトの柔らかさ 位になっているのが実情、
結果、46インチ前後が平均的なドライバー となっています。

45インチでも「扱い易い」とは言い切れず
46インチと言う長さは 我々、日本人には
ちょっと持て余す長さ と言えるかもしれません。

だからと言って 無闇に短くするのは危険 です。

本来 同じヘッド〜同じシャフトを使っても

 46インチ ヘッド重量 185g
 45インチ ヘッド重量 197g
 44インチ ヘッド重量 209g
 43インチ ヘッド重量 221g


大さっぱですが、長さに応じて ヘッド重量 1インチに付き12g が増えて
初めて 長さの違うだけの 同じ流れのクラブ と言えます。

厳密に言えば、長さが変わると
それに適応したロフトも‥‥ と言う部分は割愛します。

455T-5-1


46インチ時の ヘッド重量をそのままで
長さを 1インチ、2インチと短くすると
長さだけでなく、シャフトの運動量も激減します。
(基本、硬さは同じ…ですが、シャフトに対する負荷が激減します)

スイングウエイト…がクラブのバランスを表す適切なモノ…
かどうかの議論はさておき、1インチ減ると 約12g分 6ポイント
D-0 46インチだったくらぶが C-4 45インチ にまで落ちます。

これで打ってみると どうなるか というと
特にヘッドローテーション、手でクラブを振る人にとって
いきなり その負荷が 静止状態で12g
ヘッドスピードによって異なりますが、運動時の負荷が何キロ分か
減りますので、慣れてしまうまで、速く振れるようになります。
 (ものすごく 一時 ですが…)

その重さ、になれてしまうと 元のヘッドスピードに戻りますが、
問題なのは 衝撃 です。

重さ というのは 慣性モーメント、
運動を持続するチカラ を持っています。
その 慣性モーメントが下がると
インパクトの時の ボール荷重に対して、
下がるヘッドスピードが増し、
 言うなれば 急激にヘッドが止まり易くなります。
この際に受ける衝撃は クラブに近い 弱い関節に響き
その人の体力 にもよりますが、手首や肘 を痛める可能性が
かなり高くなります。


半インチでも怖いのに、ヘッドスピードの数値や計測器の数値を
追いかけたために 数か月後 腱鞘炎になる ・・・・
おそらく 日本中にそれに該当する人がいるのでは、と思います。

また このようなケースで往々にして起こるコト ですが、
短くしたことによって 当然 ヘッドの入射角度やインパクトのロフト姿勢
なども変わり、長さを変えたことによって、長さ が主要因ではなく
自分の理想的な 入射角度とインパクトのロフト姿勢 が
合致したことが 数値として距離の伸びた可能性 も否めません。
 この手のケースでは おそらく こちらが大半 かと思います。
✋しゃくり打ち している人はこれにハマり易いので注意✋

460TL-4


なにより ヘッド重量を調整せず、長さを落とし
それによって 一時的にヘッドスピードが上がったり、
計測器の数値が上がっても、それは ほんの一時的なモノ
の可能性は非常に高く、
それの副作用である、ヘッドの軽いモノを速く動かす癖 が助長され、
地面からのショットがダメになったり、
アプローチがダメになったり

最終的に ひじや手首などを痛める デメリットの方が
あとあと、遥かに痛く、重く のしかかります。

☑ご注意ください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブはものすごく良く出来ています。

先日の記事の通り、
ヘッド重量がある程度、しっかりしており
普通に振って、しっかり たわむ(しなる)硬さのシャフト であれば
運動が少ない時は
 ヘッドの位置やヘッドの姿勢、クラブの具合 が判るように
重心位置と言うモノが判別でき、
ある速度を超えると それが直線状に揃う

 二重構造をもっています。

455T-1


アドレスやテークバック、トップの位置
などでは 重心位置によって ヘッドの位置、姿勢 が判りますから
同じコト、同じ動作をする目安になります。
一旦、速い運動になると
 そのズレが解消され、握っている棒、そのもので打てばいいのです。

そう言う特性が 他のスポーツ用品には無い
 ゴルフクラブの特性、というか二面性です。

それを有効に使わない手はありません。


重心深度の深いフェアウェイウッド というのは
正しく使えば
重心が深い ⇒より重量効果が大きい
        ⇒ヘッドが前に出る /ロフトが増える
        ⇒ヘッドが前に出る /入射角度が緩くなる

これらの効果から 打ち出しが高くなり、スピンが減ります。
よって 単純には距離が出し易くなります。
しかし これを 重心を直線状に揃わない使い方 をすると
重心が深い ⇒重量効果が大きい
        ⇒より遅れる /ロフトが増える
        ⇒より遅れる /フェースが開く

で 入ってきて フェースターンすれば
重心が深い ⇒急激に、ヘッドが前に出る /フェースが閉じる
        ⇒ヘッドが跳ねあがる
になるのですから ダふるか、突然ヘッドが跳ねあがるトップ か の
非常に使い辛いキワモノになってしまいます。



ヘッドターン 〜手の返しでボールをさばく方法は
基本的に、重量が一直線上に「揃わせない」方法です。
揃う扱いでは ヘッドの重量による ヘッドの遅れは
 ロフトの立ち に出来ますが、
揃わない扱いでは 
その遅れは ロフトの開き とフェースの開き になります。

それを わざわざ作り、取り返すのは 無駄 ではないでしょうか。
研鑽を積んで 安定度を高める方法も無くはありません。
好きで行っている人は、それを目指すしかありませんが、
どちらであっても、年齢的な衰え で 成功率 が 下がる日は必ず来ます。

そうなった時、ゴルフクラブの性能を利用出来る方法
を取っているか、自分の練習量も含めた 運動性能に頼る方法 なのか
は大きな開きになると思うのです。

edd43161


 同じヘッドスピード であったとしても
腕も含めたゴルフクラブだけが動いているのと
からだ と言う重たいモノも一緒に動いているのでは
まったく 同じ なんでしょうか❓
安定度はどちらなんでしょうか❓
繰り返し易さはどちらなんでしょう❓
動いていないからだと動いている腕 その接点が痛まないのでしょうか❓

イチからゴルフを誰かに教える として
その人が腕力や体力に自信がなかった、としたら
満足感がある 手で振るスイングを教える べきでしょうか
oto_Moment

年齢を重ねると 若い時には思いもよらなかった
ボールが上がらない、ゆえに飛ばないや止まらない を体験します。
その時、ヘッドスピードを上げろ は酷です。
そうなった時、クラブに頼れるようにして置いた方が良いのではないか
と 私は思っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブ、特にヘッドに関するデータ、
ロフト角度、ライ角度や体積は兎も角、
もうちょっと細部にわたる 重心位置、
重心距離、重心高さ、重心深度、慣性モーメント...

に関する部分には大きな秘密 があります。


まあ、一般的には 始めに書いた
 ロフト角度、ライ角度や体積 よりも
どこどこの会社のなんとかと言う機種
そこだけで 購入される方が殆ど なんですけどね。



それは兎も角、
ボールを飛ばすには 大きな比重がかかっているのが
重心位置や慣性モーメント(含むヘッド重量)です。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

これらはすべて(先日の記事に書きましたが)
スイングをして、ある一定の運動をさせた時、
重量は遠心力などによって 一直線上に揃う

と言う特性(使い方のヒント)です。


例えば…飛びや安定度の指標となる 慣性モーメント
その測定の方法でも分かります。

👉 ドライバーなどヘッドを 測定機器に載せ
 ヘッドを回転させると、基本、ヘッドは
 その重心点を軸に回転します。
 その回転し辛さ、し難さを数値として表しているのが
 慣性モーメントで、
 ヘッド重量が重ければ 回転~運動そのものがし難いですし、
 重量物が 回転軸から離れているほど
 重量の効果が大きくなりますから、やはり回転し辛くなります。

現在は、測定機器のコストが非常に高く、計算でその数値を
割り出せるので、実際に測定しているモノは少ないか、と思いますが
なにより 慣性モーメントとは
 重心位置を軸とする回転し辛さ、
逆に考えると、一定の姿勢を維持しようとするチカラ
 です。


ですので、手を返して ヘッドターンさせる際の
シャフト軸慣性モーメント ではありません。
完全にイコールではありませんが、
一般的な慣性モーメントと呼ばれるモノの数値が高いモノほど
シャフトを軸に回転させるには不向きなモノばかりです。

460TL-2


これは 重心位置の実質的効果とも似ていて、
よくある 重心位置が深いモノほどやさしい、上がりやすい
というのは、一定の運動をかけた時、
ヘッドが前にでる効果が高く、ロフトが増えるからです。
👉重心が深いので 打面であるフェースが前に出る量が多い

重心距離が長い というのは
 そのヘッド重量の重さの効果が多い と似た特性で
当然、そうなると 飛距離性能も高くなりますし、
ヘッドターンさせようとした時に、させ難くなります。


クラブヘッドのほぼすべてのほぼすべての性能は
ある一定の運動をさせた時、グリップからヘッドまでの

クラブの重量中心点が直線上に揃おうとするコト
を大前提に考えられています。

まあ 考えてみれば 当たり前のように感じますが、
L字型のゴルフクラブで そのL字の先端、
折れ曲がった先、で打撃するよりも
軸で打撃する方が 運動の伝達は良いでしょう。
故に ときおり 製品として重心距離ゼロのドライバーが
 ゴルファーを 「もしや…」 と思わせたりするのです。

IMG_8497


アプローチショットの シャンク も同じ原理です。
元々、速い運動をしませんから
 一直線上に揃い難いアプローチショット、
殆ど クラブセットの場合、ウエッヂが一番重心距離が短く、
 シャフトの動きを一番起こしにくいクラブで
より硬いシャフトを使ったり、
一直線上に揃い難いような振り方や
シャフトのしなり〜ヘッドの遅れ をあえて取り戻すように振れば
当然、その場所に 重心点ではなく シャフト が来てしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブのスペックというのは
ホント〜に使う人次第なんです。

カタログの データ、数値を見ても
それが 自分にとってどうなのか の
一般論は ほぼ役に立たない と言えます。

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)


例えば 地面からボールを打つ場合
ヘッドの重心の深さ
✋重量の中心点がフェースから離れている〜奥まっている
ヘッドが前に出る作用

 重量が一直線になろうとする作用 によって
インパクトロフトが大きくなり易い
というのが「一般的な」「カタログ記載」の認識 です、ハイ。


これ よく読むと
重量が一直線上、遠心力の上に重量が揃う効果
を発揮させないと 意味がない訳です。

つまり ヘッドを振ってしまう、ローテーションをしてしまう人
にとっては 重心の深さは
👹ヘッドの開きになってしまったり
👹最下点がボール手前になってしまったり
ミスの原因にもなります。
video_Slomo_Moment

ヘッドには入射角度 がありますけれど
ヘッドの重心位置 というのは とても大きくそれを左右するので
重心の低いモノ、重心の深いモノほど 緩く入って来易く
重心の高いモノ、重心の浅いモノほど キツク入って来易くなります。

実例であげると
フェアウェイウッドとユーティリティクラブを同じ長さ、硬さ、ヘッド重量
同じロフト、などで作ったとしても
重心の深い フェアウェイウッドの方が
入射が緩く インパクトロフトが大きくなる為 打ち出しが高く スピンは少なめ です
重心の浅い ユーティリティクラブの方が
入射がキツク インパクトロフトは小さめ、打ち出しは低く、スピンは多め(比較)
になる筈・・・ですが
重心の深い フェアウェイウッドの方が
緩い入射、大きなロフト(ヘッドが前に出る作用)があるため
ヘッドを振る人にとっては 最下点が手前になり易く
かつ ヘッドが前に出ようとする為、
フェアウェイウッドの奥行きのある形状が邪魔になり
ダふったり、ダフリトップになったりする訳です。
5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7


ここ ねー
ものすごく 問題の部分 なんです。
業界のとっての死活問題 とも言えます。

売る側や作る側 は 大前提として
クラブを捩じらず 正しく扱って ナンぼ
と言う形でしか クラブを設計したり、作ったり、宣伝しません。
ところが いまは
クラブを捩じって使うのが主流。
重心が深ければ より捩じられてしまいますし
重心が低ければ より捩じられてしまいます。

慣性モーメントが大きいのも ねじり難くなりますし、
重心距離が長いのもダメです。

クラブのスペックを先祖返りさせるしかない のです。

ヘッドをターンさせ、ヘッドを返し、腕を返し
ローテーションしてボールを打つ方法は
運動神経、運動性能、体力、そして練習量に依存します。
正直 それらがすべて。

逆にゴルフクラブは
軽いヘッド、小さいヘッド、短い重心、浅い重心、硬いシャフト
と 機能をどんどん減らした方が結果は出る状態です。

これでは スイング面においても、ゴルフクラブ面においても
ゴルフをやる人を限定してしまうのです。

ゴルフクラブ業界はもっとスイングとクラブの関係を考えないと
ゴルフ人口減少を止めるコトが出来なくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブを調整する際、
もしくは選んだり、区別する際、用いられる一つの項目で
ゴルフクラブを有る基準の元、はかりに載せ
平たく言えば どの位 ヘッドが重いか 測ったモノ
そして それを数値化して表したもので

一般的には C-8 シーエイト とか、D-0 ディーゼロ をいう
単位?、呼び方が使われています。
59010005_1

現在は 14インチ計という 天秤型の秤が用いられます。
単位で言うと Aから始めり B.C...と順に重くなり、
各アルファベットは 大まかに ゼロから始まり ...7.8.9.で
次のアルファベットになるという具合です。

大まかにですが 例えば D-0 と D-1 の違いは 約2g
ヘッドが重い、ヘッドが効いてると考えて良いでしょう。

『勘違いを引き出し易い要素』ですが、
コト スイングウエイト計、秤で測った数値 は
シャフトの重さに関係なく 単純なヘッドの効き です。
シャフトにはそれぞれシャフトバランスがあり、
概ね シャフト重量に関係なく、シャフトバランスは似ている為
例え シャフト重量40gであろうが、90gのシャフトであろうが
スイングウエイト…よくいうバランスの数値は同じです。


スイングウエイトは 静的なバランスであって、
スイングした時、使ってみた時の 動的なバランスでは無い

と言う問題点があります。

今、現在 その使ってみた時、振ってみた時の
動的なバランスを表す何か、指標 は存在しません。
にも拘わらず、『スイング』ウエイトと言う名称が厄介かも知れません。

スイングウエイトは その長さ に対する ヘッドの重さ を表しており、
そのクラブの全体の重さ や そのクラブのシャフトの硬さ に対しての
数値ではありません。

確かに 同じ長さ、同じヘッドの重さ
でも装着されているシャフトが40gと90gでは
使った感じ ヘッドの重さは同じには感じられないでしょう。
軽いシャフト、
 全体重量の軽いモノの方がヘッドは効いて感じるでしょう
004

同じく、同じ長さ、同じヘッドの重さ であっても
シャフトの硬さが違えば 同じようには感じられません。
シャフトの硬いモノ の方が 感触として
 ヘッドの重さは伝わりにくいため、軽く感じ易いのですが、
不思議な部分ではありますが、
 その人の振り方や過去のクラブの変遷 などによって
シャフトが硬い方が 振り感が重く感じる人
シャフトが柔らかい方が 振り感が重く感じる人
 は結構バラバラで、一概に「こうだ!」という指標は存在しません。

そう言う意味では
 ある一つのクラブをセット、組み上げる際や
セットして流れを作る際の指標として スイングウエイト は用いるコト
は出来ても、
シャフトの硬さや全体重量の違い、シャフトの重さの違い がある
別のクラブとの 直接的な比較として
 スイングウエイトは役に立っている とは言い難い部分があります。

ですので クラブを選び際、以前のクラブは D-0 だったから
 次のクラブも D-0 にするとか
シャフトの硬さや重さ、全体重量の大きく異なる際の
 スイングウエイトの統一 は正直、あまり意味も持ちません。

残念ですが、ゴルフと言う娯楽が 定着するまでに
 別の 動的バランスを測る、比べる方法が根付かなかったため
今も 静的なバランスである スイングウエイトが
 唯一の クラブのバランス となってしまっている とも言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブの部材としての
【グリップ】ではなく、
握り方の方のお話し…

ハミングバードの考える、グリップ(握り方)の良し悪し
というか、美しさは 
左右のグリップの密着度
言葉は奇妙ですが、左右のグリップの上下の密着感
       
  (左右の手首の高さのズレ)
にあると思っています。

スナップショット 1 (2013-09-09 13-43)スナップショット 6 (2013-09-10 1-46)








ですので、密着度があれば

それが インターロッキング、オーバーラッピング、
インターメッシュでも良いし、

ややフィンガー気味をお薦めしますが、
密着度が高いのであれば フィンガーでも、パームでも、

右手に限っては ややフックめでも、ややスライスめでも
程よければ どちらでも良いと思っています。
(✋最終的なグリップの答えは 必ず訪れます✋)
ベースボール〜テンフィンガーにおいては
その握り方が 上下の密着度を高められないグリップなので
推奨はしません。

グリップは どんなグリップをするか と言うより
左右の上下の密着度 によって アドレスもスタンスも
大きく左右されます。
元々、微妙にですが、左と右はズレたところ、
右グリップは左グリップよりも「遠く」を握ります。
その遠さが これも奇妙な言葉ですが、
出来るだけ「遠くない」遠さが理想的 です。

swing102スナップショット 1 (2013-11-29 10-47)











右グリップがややフック気味、であっても、

スライス気味、であっても 
その密着度は 左のグリップの仕方 によって
決まってしまうので、
グリップの良さ、グリップの美しさは『茲離哀螢奪彈‖茵
と言えるかもしれません。

グリップの密着度は その人がどのようにクラブを扱っているか、
☑手の返し、手や腕でクラブを振るのか
☑からだの回転でクラブを直に動かすのか
の指標であり、グリップを先に治してから、スイングを作るか、
スイングを修正しながら、その成熟度の目安として
 左右のグリップの上下の密着度を見るのか
お好みの選択…と言った感じです。


悶絶クラブでない、市販のクラブのグリップ交換もごくたまに
行いますが、その際、蕕凌道悗遼猝廚激しい方は
(シャフトが硬い〜激しくこねないとボールが打てない)
総じて、その摩耗でへこんでいる人も かなり下の方(ヘッド寄り)で
二重の意味で 「あちゃ〜」 と心の中でつぶやいています。



✋右グリップは 9割がた、左グリップ次第、
左グリップをどうするか、によって決まってしまいます。
そう言う意味では、右グリップの変更は
 左グリップ程難しくありません。

その 
左グリップを治す というのは
スイング改造の中では 非常に難易度の高いモノ です。
最大のイバラの道かも知れません。


一番多く見られるケースは 左のグリップ、茲亮蠎鵑世韻failgrip
甲側に折れており、場所として本来、右グリップが入る空間を
浸食、占拠しているケースです。
左グリップの手首が甲側に折れれば、自動的に
左のグリップは過度なフックになりますから、当然、そうなります。


そして そのグリップの理由は、
テークアウェイの初期、動き出しで、
左腕を回内(ローリング)することで始めるコト
kainaikaigai

左腕だけの動きでスイングを始めるコト で
つまり、手さばきで スイングをスタートするコト です。
これに 例外は殆ど見当たりません。

この時点、アドレスから 1秒、イエ 0.5秒もたたない初期動作で
手打ちをするコトが確定、振り遅れることが確定、
後々、クラブを寝かしたりの不必要な修正動作を除けば
 その時点で、アウトサイドインに振る事が確定しているのです。

手で上げない ようにするには
いばらの道の「左グリップの改修」が手っ取り早いです、
言葉通り、いばらの道(精神的に…ですが) ですので、
ワンポイントアドバイスを✊

テークアウェイを右手、右腕、で行って見てください。
理想を言えば、右ひじ、もしくは 右上腕の背後への移動
と 胴体の右向きをリンクさせる形 で。

そのコツは 【からだの回転よりもやや先目】 に、
☑右ひじを曲げる か
☑右上腕を上げる か
☑右ひじを背後に引く
 を行うコト。
左手は、「右手一本だと辛いから」 手伝っている程度で
左手は、クラブの移動そのものには直接関与しない感じで‼
左グリップが その右腕動作によって 動かされそう
というのは からだの向きの変更 で処理します。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





左腕が回内(ローリング)しなければ
左グリップの変更は 格段に容易に行えます。


そこから先、スイング出来なーい、とか

チカラが入らなーい、とか 強く振れなーい、とか
飛ばなそう、とか その手の弱音は関知しません。

一番、始めに ゴルフクラブを握った時、どうだったんですか?
としか お答えできません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実際に、手打ちでアプローチなり、軽いショットをしてみると
からだの回転で打つのとは いろいろと異なってきます。

まず、やはり 手順が異なります。
うーん 手順が異なる と言って良いのか
 手順が必要 と言って良いのか・・・。
リリース〜刷毛塗_Moment

からだの回転で打つとなると
ダウンスイング…
 時間の区分、スイングの区分と言う意味でのダウンスイングになると
 ダウンスイングという今度は動作ですが、
それそのものが打撃です。

左腕を下げる というか 落とす というか
左半身と一体の動きですが、それソノモノが打撃で
比較をすると インパクトまでの時間は半分位な感じです。


一方、インパクト直前に 腕を伸ばして
 右手首の スナップアングルを失う形の 解放型リリース をするため には
一度、先にからだを 特に足、または腰をまわす、
上半身の上部、胸や肩、腕やクラブを置き去りにして
足〜腰を動かし、少しボールとの距離感を詰めてから
解放リリースをする手順になってきます。
 インパクトまでの時間 としては 倍 位、長く感じます。
リリース〜刷毛塗_Moment(5)

まあ これは物理的な差 ですが、
からだの回転で打つ場合、右手のスナップアングル
もしくは 左手首が手のひら側に少し折れているような状態で
インパクトを迎えているので
肩からクラブヘッドまでが 途中、手首で折れていますから
一直線 程の長さがありません。
ですので、からだ全体、特に 左サイドが
ボール方向 と 飛球線方向の それこそ シャンク方向に
近づいて行かないと 届きません。

一方、解放型のリリースは、
肩からヘッドまで 一直線 、最大の長さになりますので
逆に そのスペースを確保しておかないと、
手前をダふったり、シャンクになってしまいます。
よって ボールや飛球線方向から 離れながら
インパクトを迎えないといけません。


からだの回転で打つ【まわりかた】で 解放型リリースも
解放型リリースで打つ【まわりかた】で からだの回転で打つ
も 双方上手く行きません。



両方やってみると 感じるのですが、
からだの回転で打つ【まわりかた】は ダウンスイングの後半、
インパクトに近づいていく時、
からだの回転が、体さばきでボールに近づく感じ です。
からだの回転は、最後まで間断なく行っている、動いている感じです。
リリース〜刷毛塗_Moment(4)

一方、解放型リリース(キャスティング)の場合、
ダウンスイングの後半、インパクトに近づく段階で
手さばき、リリースさばき、つまり 腕さばきで ボールに近づく 感じ
なので、逆にからだはある程度止めて置かないと 繰り返せません。

これを試していて 一番感じるのは
解放型リリース【手打ち、キャスティング】をする時、
左サイド、特に左肩の低さ が非常に邪魔で
左肩が上か、どこかにどいてくれないと
詰まってしまう感じがして 概ね、手前をダふります。

からだの回転は止めないと 解放型リリースは出来ない のに
左肩は逃げないと ヘッドの抜けどころ、腕やクラブの逃げ道が
なくなってしまう 前門の虎後門の狼 状態です


まだ、遅めの速度でやっているから 良いですが、
これを強いショット、もしくは 距離コントロール するとなると
それに応じた 左肩、左サイドの逃げ(特に上方向へ) は
傾斜や強弱の必要な現場では とても難易度が高いのではないでしょうか



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



実際にからだ…ではなく、からだを使わず
手で振ってみましょう。

そうするコトによって、逆にからだでクラブを動かすコトも
理解できるようになるかも知れませんし、
あ、私、手で振ってるわ〜 って認識できるかも知れません。

✋小さなショット ウエッヂで 30ヤード位を打つ距離感で十分 です。

スイング ココを治そう❶_Moment


手で振る第一条件とは
『手で』上げる、『手で』テークアウェイを取るコト から始まります。

アドレスがあって、
本来、からだの向き、お腹(おへそ)の向きが 右を向く(右打ち)分、
グリップは インサイドに、ボールから離れるように移動します。
からだの向きを意識的に行うと
右を向き始めても、お腹はやや下向きな感じ です。

200811__Moment(3)


『手で』上げる
その行為を 全部、左腕でやるコトに為ります。
ラヂオ体操や仮面ライダーの変身のように
前ナラエの関係であった左腕と胴体、
その左腕が胸にくっついていくような、 そんな感じです。
(左胸にポケットが合って 卵を入れていたら 潰す ような…。)

手や腕、この場合は 左腕に該当しますが、
手で上げると お腹は空を向き始めます。
(逆ピボット、からだが反って、体重が左に乗ってしまうパターンです)



ヘッドを振る感じになりますので、
その遠心力によって グリップは一度、からだから離れ
ヘッドがグリップを追い越すと 今度は急激にインに入り込みます。

葛谷 2017-2020_Moment


✋テークアウェイであっても、ダウンスイングであっても
 『手で振る』というのは
グリップの移動よりも ヘッドの移動の方が多いコト を指します。


👉ココの部分を勘違いしている人が多いのですが、
スイング全体では 確かにスイングは円弧を描きます。
しかし、それは からだの向きを変える という支点運動によって
生まれるのであって、 手や腕はそれとは直接関係にありません。

☑円運動だから 外周に位置するヘッドはたくさん動く

それ自体は間違いではないですが、
それは からだの回転、胴体の向きの変更 によってもたらされます

手や腕の働き、では グリップの移動分だけしかヘッドは動かない、
厳密に言えば、ヘッドの重さ分、ヘッドの方が少なく移動するのです。

そこの部分を『ごっちゃ』にして スイングを考えている人が
多いのではないか、と思うのです


『スイングは円運動だから... 。』
『ヘッドは円を描くように…。』
そう信じているが故に、手や腕さばきでも
 ヘッドの方をたくさん動かすと思っている人が多い気がします。

✋手で、腕で、ヘッドの方が 『多く』『たくさん』『速く』動かそう
 とした瞬間、からだの仕事は奪われてしまいます。
 手で、腕で、円運動を一瞬! 少しでもしか瞬間に
 その後は 手で、腕で振らなければならなくなります。
 からだは腕を振るためのきっかけ、 反動発生装置 と化してしまいます。

シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)



✋手で振ってみると感じるかも知れませんが、
 からだ、だけでなく 左腕、右腕も必ず
 どちらかが動いて、どちらかが止まる、
 速く動かす為に どこかが止まる と言う動作が出てきます。

☑テークアウェイが典型的な例 ですが、
 右腕、右半身を止め、左腕、左半身 だけを動かして 上げ、
 先に 腰を切り、左半身の動きの行き止まりを作り(壁 と言うそうです)
 左腕、左半身を止め、右腕、右半身 を使って 下げる
 典型的な アウトサイドイン の動きになります。



本題からは離れてしまいますが、
からだ、であっても、手や腕 であっても
クラブをブランブランにして、グリップを『大きく、速く』動かしている限り、
ヘッドは必ず 遅れます。
グリップの移動分より『多く』『速く』動くことはありません。あり得ません。
上下左右 どちらでも グリップの移動がおさまり、減速、停止した時、
折り返しの時だけ しか ヘッドの方が『多く』『速く』動くことはないのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフで言う リリース
利き腕を使って、クラブを解放するコト ではなく、
からだの回転から離脱しない為 のモノ です。

ゴルフクラブは 長い棒、腕も含めると2mを超えるような
長いモノの先端に 重さである打撃部分があり、
それを からだの回転で 「円を描かせます」。
その過程の中に 打撃 があるので、
放っておくと その打撃部である重さは 運動分、
どんどん 運動の主たるからだの回転から遅れていってしまいます。
ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment(2)

ヘッドが遅れるのは ロフトの立ち に出来るので良いですが、
グリップまでも遅れると 今度は一転して ロフトの開き、フェースの開き
になってしまいます。

そうしないように 補助しておくのが 腕の役目で、
クラブを放り投げるのとはかなり異なります。


また 傍目から見た時、
スイングが、ヘッドが円を描くのは
打ち手がからだの向きを変える、からだを回転させるから
、です。

V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)






スイング動作には 前傾姿勢(股関節を境に骨盤と大腿骨の傾き差)
があるので、その円はボール側が低く、傾いています。
ややこしいトコロではありますが、
打ち手である自分の胴体に対しては 横への移動ですが、
ボールや地面に対しては 斜めの移動 になります。

☑腕がそれに対して行う役目、補助は
その円ソノモノの高さを変える
 アドレス時、グリップは股関節の前辺りの高さ、ですが、
 トップオブスイング では 胸や肩の高さ です。

こちらは 上げる方は自力、重力に逆らうので自力で行う必要がありますが、
帰りは 重力に助けて貰える と言うか、
量としては大したこと無いですから、
 意識としては 重力にやらせてしまっても問題ない でしょう。
あえて言うのなら 「それに逆らわないコト」位かも 知れません。


☑そして、回転に対して 重くなるクラブを遅れないようにしておくコト で
 こちらが主な腕の仕事
 と言えます。

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)



ですので 手や腕で 横であっても、縦であっても
特に意識が強く ダウンスイング時の下方向 であっても
 「円」そのものを 腕で直接描くコト はありません

軌道という 傍目から見ると 円の一部 であっても
 積極的に その移動を腕が行っている というコトは
そこで からだ の仕事を奪っている というコトになります。

からだと腕 で円を同時に二つ 作るのでは
 複雑すぎて、安定度を欠きますから…。

達人のココから盗め_Moment(5)


確かに 人間の意識としては
腕を動かした方が実感も湧きますし、充実感もあります。
そこは否定できませんが、
クラブを大きく移動させる、円を描くのは
 自分のからだの向き です。
その邪魔をしない、その手伝いをする、と言う範囲の中での
限定的な手での叩き、リリースになる というコトを理解しないと
 手で、腕で からだの仕事を奪う  =手打ち
からの脱却は難しいと言わざるを得ません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5



ゴルフショットの場合
『リリース』 語彙で言うと 開放〜解放する だが、
遠くに飛ばす とともに並行して、決められた距離を打つ
決められた方向に打つ が付いて回ります。

打撃部分に 厳密な「角度」があり、

そのゴルフクラブの打撃部分であるフェースに
ロフト角度、ライ角度、フェース角度などの
角度が複合して存在している為、
オリジナルの製品ロフトでないロフト角度で打とうとすると
それ以外の ライ角度、フェース角度を変えていなくとも
飛び出る角度や飛距離だけでなく、並行して方向や球筋も
変わってしまいます。
それは ロフト角度に限らず、ライ角度、フェース角度でも
同じです。

ですので ゴルフショットで言う 「リリース」 の
  開放(解放)も限定的な意味 になります。



全員とは言わないまでも、多くの方の「リリース」を見ていると
クラブから手を離さない〜グリップを握ったまま
とは言え、左グリップを軸に クラブを放り投げるような
利き腕を使って クラブを投げてしまうような「リリース」
をしています。

ココを治したい❷_Moment(3)ココを治したい❷_Moment(4)






大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)









kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)









見た目…で言うと 左グリップの下に右グリップを入れるような、
インパクト直前で シャフトで弧を描くような「リリース」です。

おそらく 開放〜リリースした方が
ヘッドスピードが上がり、飛ぶ と言うイメージから
行われているモノ 可と思うのですが、
実際には、クラブを放り投げるようなリリースは
✖土台である からだの回転を止める
✖ロフトを増やし、入射角度を緩くする  為

飛ばなくなる、ボールが上がり過ぎる、ボールが上がらなくなる
という 良い面が殆ど無い行為 です。



この解放型リリースの非常に悪い面は

❶それをする為の、それをし易いような 左右のグリップが形成されるコト
総じて 左右のグリップは離れ
支点になる左グリップは 強く握る必要があるので
過度のフックグリップになります。
 また、そのグリップの形、によって アドレスが歪みます
IMG_0706_Moment(2)

❷利き腕の伸ばし、によって クラブを解放する場合、
かならず 支点になる左グリップの固定 が必要になります。
結果として インパクトで両肘を近づける〜絞るような形になりますので
腕と、移動している筈のからだ が分かれてしまいます。
多くのケースでは からだの回転を止め、リリースだけをする
(からだの回転が止まり、腕とクラブだけが動く)という
本末転倒な事態が起こります。

❸解放型リリースは すれば、するほど ロフトが増え、
入射角度が緩くなります。
よって ヘッドスピードを上げても それに相応した距離が出ず、
無鉄砲なヘッドスピードアップに挑戦するコト
に為ります。

例えばドライバーで、 正規なロフト使いでは(数値は例えば…です)
ヘッドスピードを 3ms上げれば 10ヤード前後、距離は伸びますが、
解放型リリースでは 5msあげても 10ヤード伸びるかどうか微妙…です。
無鉄砲のヘッドスピード上げ狙いは、安定度を加速度的に失うので、
あきらめ 曲がらない程度の飛ばし(飛ばせない) が 終着点です。

リリース〜刷毛塗_Moment(4)リリース〜刷毛塗_Moment(5)













👉からだの回転と言う 一番大きなモーメントを使わず
小さな筋肉だけでショットをする というのは
長丁場の中で たまに「ショットをする」 という
ゴルフと言うゲームには あまり有効な手段ではない代表例です。

👉腕を使わない、利き腕で叩かない
と言うわけではありません。
ただ それを優先せず、からだの回転とともに
それが行えなければ 意味はなく、
ゴルフショットにおいての 正しいリリースを身に付けることが
からだの回転で打つコト につながっていきます。
                 
                         〜続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフショットは 基本、からだが回るから、
体の向きが変わるから クラブが動き〜ヘッドが動いて
ボールを打ちます。

✋そのからだは 肩 ではなく、
股関節を境目とした 上半身、
骨盤を含めた胴体のコトを指します。

手や腕でボールを打つ訳 ではありませんが、
からだの回転で「直に」クラブ、そして、ヘッドを動かす為の
手さばき、腕さばき があります。
*パッティングストロークやとても短い距離を打つ場合 など
特別なケースを除き、からだの回転で打つためのモノで
手や腕さばきだけで打つコトを推奨しているわけではないので
ご注意ください。

それをハミングバードでは「刷毛塗」と呼んでいます。
リリース〜刷毛塗_Moment

からだの回転でスイング/ショットする場合、
動作が始まってから、(腕を含めた)ゴルフクラブの重さが
急激に重くなるような、
ボールを打つ前に ボールとは違う方向、
打ちたいと思っている方向と違う方向、 にかかると
体を止め、その修正、相殺などの行為が入ってしまうため
原則論として 腕やクラブの長さが急激に増えるような動きや
からだの回転で出来る円とは あまりに異なる
円運動を作るのは避けなくてはなりません。

その為に からだの回転 という 軌道というか、
前傾姿勢によって 斜めに傾いている 運動のフィールド に
沿った動きをした方が
からだの回転の速度の阻害にもなりませんし、
安定性や方向性も保ち易いでしょう。
繰り返したり、体の負担を減らすのにも良いと思います。

ですので 両手で持ったクラブ
その基本になるのは グリップは勿論、ヘッドも
出来るだけ その同じ運動のフィールドの上で
同じような・・・同じような方向や同じような速度で動かします。

どの道、スイングは 急ではなくとも、
どこかしらで 加速は入っていく訳ですが、
自分の意志による加速に沿ったモノ(方向や速度)であれば
妙な修正をしなくとも 打つコトが出来るでしょう。





刷毛塗の原則動作 注意点❶ 動かす量

上腕(肩に近い方)〜肘さばき です。
肩が動いてしまうほどの量は動かしません。

グリップで言うと 自分の右胸から左胸、
 多くとも自分のからだの幅程度。
✋✋✋ココの部分は重要です。

腕の生えている肩 は からだの回転で
当然、移動し続けています。
それを阻害せず、その助けとなるには
腕で動かす〜動かせるグリップの量は 右胸〜左胸
数値で言うと 多くとも 40〜50センチ程度・・・。

 私個人で言うと イメージとしては30cm程度 です。


注意点❷ 動かす方向

自分のからだを平行、
グリップであれば 体からの距離を変えないコト
手さばき、肘さばきの状態であれば
胸と平行な方向 です。

2020-05-24_18-30-07_Moment2020-05-24_18-30-07_Moment(2)




無意識…ですが、スイング動作とのつながり…
を考えると 右胸⇒左胸(右から左)は
やや 低くなる感じ かも知れません。


注意点❸ 動かし方

円運動は 土台である【からだ】が行います。
手、腕さばきでは その円以外の運動は不必要、
 というか、それをしてしまうと
からだで行う円運動を阻害、支障をきたします。

ですので グリップよりもヘッドはうごかさない 位。
この写真のやり方であれば、ヘッドは同じ場所で
グリップだけを動かす位の感覚です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ