◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

 スウィングの見方 ってすごく 重要
ある意味 スウィングが解ってくると見えるようになる

その人にアドバイスしなければならないのか、それとも単に自分の参考にするのか によっても着眼点は異なってくるけど 今回は自分の為で行こう

まず スウィング全体を見ない事。

飛球線後方から見た場合 拳の作る線とヘッドの通すラインの関係を見よ。
オンラインもしくは ヘッドの方がアップライトの人間は参考になるよ
実際にボールを打つ行為でオンライン と言うことは打っている本人は相当ヘッドをアップライト 俗に言うシャフトを寝かせないで打っているから 
また 世の中には怪物、ボールを打っているのにヘッドラインの方がアップライトのツワモノがいる。 これはメッチャ参考になる。是非友達になろう

次に見るのは右肘の使い方だ。 スウィングではこれが出来れば「遊び」としては合格  ジャンボいわく、ゴルフは右肘の使い方で決まる と。
右がクランチ、曲げるのに 前腕、上腕ともに動かし 肘を体の外に張れれば合格 オンプレーンスウィングを目指す普通のあんちゃんは前腕だけ動かし
肘が曲がった状態では下を向いている  これは見る必要なし

体の向きの変更とシャフトが一緒に動いているか
ボールを打ってから振っていないか
インパクト もしくはインパクト前に右腕が伸びているか

アドレス時の背面からみた場合、ダウンで右腕が最後まで見えるのはどの部分か 正しくは手、拳が最初に体の中に消え、後から肘だ。  寝かして振る人は先に肘が体で見えなくなる。

動体視力に自信があるなら インパクト時のボールを飛球線後方から見てみよう。上手く打てている人はアイアンの背、キャビティ部分でボールを隠してしまう。 ボールの上の方だけしか見えない。ツワモノだとアイアンの下からもボールが見える。 駄目な人はボールを全部見せてしまう。8番や7番でも そのオリジナルのロフトで打つ限り ボールの下から6割くらい 北回帰線位まで隠してしまうのに まるでウエッヂのロフトのような見せ方をしちゃうって… すこしシャフトの長いウエッヂで打ってるってことでしょ。 ちゃんと そのような距離と高さになるのよ ホント。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
 今回のアイアンシャフト やばい
正しく使うと アイアン史上最高の飛距離 最強の弾道
例によって 重〜い 重〜い ヘッドを採用するので それにも原因があるのだが ヘッドそのものは軟鉄であるから 決して ストロングロフトでも 重心がすごく深いわけでもない
 重量を除けば 特徴的なのは軟鉄鍛造アイアンの中では 最長な重心距離位で ごくごく普通のアイアンヘッド。  BY 共栄ゴルフ

しかし 弾道はどう見ても 強烈なライナー
まるでフェアウェイウッドのような球速
ユーティリティのような距離
打ちだし角度は決して高くない、イヤどちらかと言えば低めだ。 なのに最終的には高弾道に見える… ほど飛ぶ。 この距離 20年前打てたっけ

インテンショナルに フック、スライスを掛けると フックはどぎつい、スライスは非常に薄っすら。 薄〜いスライス向きのシャフトだと思うが 基本的には本当にストレート、気持ちいい位ストレート。

 本当に軽〜く、ウァーミングアップ、慣らし運転程度に打っていて この球
影響されて 前のお兄ーちゃん 鬼ーちゃんになってる…。
軽〜く流して打ってるのに 背中 握力パンパン しまいには腹筋が痛くなる。
連日 筋肉痛。 腕は疲れないけれど その他の部分は相当 使わされる

 また ご機嫌を損ねるととんでもない。
当たらない 飛ばない クソ重い
ゴルフボールを打つ道具とは思えない   このギャップ。

 また3人の使用者から まったく同じ感想
ターフの取れ方が独特 と。 アイアンヘッドのターフじゃなくて ボールが地面をスキッド(スライド)したような ボール分の幅の狭い小さなターフ。
なんじゃ そりゃ  昔 ノーマンの打ってたヤツ

 とんでもないモノ 作っちゃたなぁ
オレは フランケンシュタイン博士
はたまた 単なるサディスト か

  コメント 何でも結構です 待ってま〜す続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 あるお客様が まったくの初心者を連れて来てくれた。
ボールを打ったことも、クラブも振ったことも、握ったこともない
お父さんがやっていて 面白そうだから やってみたい、やっつけたい と言う

 ひと通り、握り方、立ち方をレクチャーする
何球か打ってみせる。 クラブの使い方の基本、縦の動き、横の動き、それが同時進行に動いていくことを説明。  聞くと工学部出身という
そういえば 昔 京大の工学部出身のお客様がいたなぁ〜。 元気ですか?

 当たり前の話だが 「ボールは無機質なもの」 である。
誰が、どの方向に、どんなクラブで、何番で、打つのか
その人のハンデイキャップがどの位で、経験がどの位かも知らないし、まったく関知しない。 ねじり鉢巻きの気合いがあろうが 二日酔いかも一切関知しない
どんなに祈っても、願っても ボールには何の関係もない

ボールが飛ぶ、上がる、曲がる、止まる はすべてインパクトの物理現象によって成り立つ。  それ以上でも それ以下でもない。
ほんの一瞬 アイアンで言えば 1/500秒、 ドライバーで言えば 1/3000秒のその瞬間のヘッド姿勢で決まってしまう
ミスをするのも 体の動きがどう、腰がどう ではなく クラブの動きが「そのインパクトの姿勢を作ってしまう」と言う物理現象によって起こるので 俗に言うスウィングの良し悪しとは直接関係にない

そんな事を説明して打たせると スローなスピードではあるが ちゃんと打てる。ボールが拾えているし、つかまってる! ボールもつぶせてるし

あ〜 はじめの一歩のクラブで決まるんだなぁ〜続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 今回は ゴルフとは離れた話題

日本中の小売店、俗に言う「お店」が絶滅の危機に瀕している
セトモノ屋さんが消え、はんこ屋さんが消え、豆腐屋さんが消えた…
商店街 と呼ばれる物がマングローブの林のような存在だ…

例えば「靴」。平均的な消費者の意見を聞くと 店にはサイズ合わせや形、色を確認するために訪れ 実際の購入はインターネットの安売りで、 と言う。 その方がうんと安く買え、賢いと言う。 でも結局 空き店舗になったお店は 地方自治体の助成金によって 別な誰かが入るようになる。 その助成金は元をただせば 我々のお金である。 大手スーパーが 主婦を助ける と言って 安売り する。 安く売るには当然種明かしがあるんで 商品を卸す方は 国内での生産ではコストが合わない。 国内の仕事が減る。 働く場所が無くなる。    これの繰り返しである。 

これが 本当に賢い人間のすることだろう か

モノは安い方が良い、 それはもっともだ
 でもそれを売っている人、取り扱っている人、作っている人 それぞれを互いにプラスにしあう、 全員が幸せに暮らす そんな適正な価格がある筈である

自分だけが得をする
これは長い時間では 「より大きな損」をすることになる
もう少し 我々 日本人は「オトナ」になるべきではないだろうか…

自分の時代のツケ を子供達に回しているだけではないのか と思う。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 ドライバー データだよ〜
2009年発売の ユー ウィル ビ サファー ドライバー辞典

 ヘッド重量 193g以下   *手打ち推奨  こねて〜 ねじって〜
  クリーブランド  ニューランチャー
  ダンロップ スリク損 Gie
  ピン らプチャー V2
  ツアーステージ XドライブGR
  ツアーステージ Xドライブ701G
  インプレス X4.6D rpm
  オノフ 460
  マックテック NV-NXS
  マックテック NV-R 1

 ヘッド重量 190g以下  通称3年殺し
  ざ ゼクシオ レボ   
  ツアーステージXドライブ 701
  プロギア GN502
  プロギア TRX505

 重心距離 33ミリ以下    何の為の450??
  キャロウェイ FT*IQ  30.8? ギネス狙いか!
  キャロウェイ Ft-9
  キャロウェイ レガシーERO

     ここ10年の平均 重心距離は  38mm です

 重心角度 25度以上   スライス養成器
  キャロウェイ FT*IQ   
  キェロウェイ Ft-9
  キャロウェイ レガシーERO
  ダンロップ スリク損 Gie   
  ナイキ 挿すかっ血 ダイモ スクエア で26度
  タイトリスト 909D2
  ザ 是苦塩 レボ
  ゼクシオプライム
  テイラーメイド  バーナープラス   
  テイラーメイド バーナーTP
  ツアーステージ Xドライブ701G
  プロギア GN502
  マックテック ナビ NV−NXS
  ミズノ JPX-E600  

ちなみに ここ10年の 重心角度の平均値は 20.3度です




                懐かしのカルピスです
http://www.youtube.com/watch?v=CL9d-yrZz6M&feature=related続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 世界最軟シャフト 打ちました。
ありえない数値  世界でここだけでしょ こんなアホなの

ヘッド重量 205g 重心距離45ミリ 割と最新ヘッドに入れてみました。最軟シャフト   ボヨヨ〜ン ビヨヨヨ〜ン なんだこりゃ。

出来上がり カット45インチ スウィングウエイトD3
そして 振動数 グリップ付きで  cpm
ありえな〜い。 巷で流行りのシャフトの 何と 落ち。 強くワッグルすると 握っている指をヘッドで打ちそう。 馬蹄形になるほどしな〜る、しな〜る これで打てるんだろうか

果たして 遅いのか 速いのか

この強度でちゃんと飛ぶのか

 練習場に出没! 打ってみました 総勢6人。
まず 総合評価     チョー簡単!  つまらないほど簡単  振っている最中 柔らかいと感じることはまったく無く、アドレス時はヘッドは岩石のように重いけど テークバック始めると 消えてしまう。
軽〜い振り心地
なんもすることがない、何もする暇がない テークバックし 切り返すと 勝手に打っている 物足りないほど簡単
弾道も安定しているし ほとんどばらつきもない
強制的にリズムは一定になってしまうし なんだこりゃ って感じ。
自分で打っている気がしない。 練習場では普通に飛んでる。
すご〜く飛んでるかどうか コースボールでも コースでもないので わからないが
飛ばなくはない。 飛んでいそうな感触 弾道はものすごく普通。
スライスが打てない 低めのフック回転が多い。

シャフトを寝かそうとする、ロフトを付けて打とうとすると 突然ヘッドが 「こなき爺」になってしまい 異様に重い ゴルフクラブとは思えん。

何よりすごいのは ドライバー特有の緊張感がまったく無い。
ウエッヂで目標も決めず ペロンペロンとただ打っているような…。

結果は保証出来ないけど 誰かコースでテストしませんか


メッチャ おもろい、 ドライバーがこんなに簡単なのか と再認識

 でも 商品にするのは 問題が…
これと相性の良いアイアンはこの世には無い…。
面白いけど 困る  このシャフト どうするんだ…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 重心深度  深くなると簡単
実はそう単純にはイカンのです

異質の素材や新しい製法、体積によるルールの制限によって ドライバーヘッドの重心深度の強烈な深度化が進んでいます。
深くなると インパクトロフトが増える ボールが上がる 安定性が上がる モーメントが高くなる など利点はたくさんあります。
確かに やさしくなる と言えるでしょう。
クラブの大型化や形状変化は 深度化を目指している といって間違いありません。

しかし 大きな問題も発生し始めています。
アイアンが先祖返りをしていますので その問題は深刻化し始めています。

人間は視覚情報であるヘッドと 感覚情報である重心位置 この二つを扱っています。 真っ暗な中でドライバーを打つと 人間は重心位置をドライバーと認識します。 しかし実際の接触点・打点はそれよりもcmも前にあるのです。
1〜2?であれば 触感や音は遅れて伝わるので誤差程度と言ってよいのですが さすがにcmは明らかに脳内イメージよりも早くボールに当たります。

アイアンもそれに伴い 深度化が進んでくれれば良かったのですが 逆に浅くなってしまったので ギャップが付いてしまいました。 モデルによっては深いものもありますが 浅いものとのギャップは わずか3〜4mm。 殆ど誤差程度。
決してドライバーとのギャップを埋めるものではありません。
本来の流れであれば 現在のアイアンの主流派ユーティリティ化した非常に奥行きのある箱形状であるはずなのですが 前回の主人公の影響か 日本の軽量スチールシャフトの影響か 今の主流は小型化軟鉄…。
ごくたまに 12mmなんて深度のアイアンもあるのですが 主流との形状ギャップのせいで ほぼ全く売れない   非常に短い販売期間で終了
ドライバーを活かすのには 20mmの深度のアイアンがあって良い筈なのですが 現況ではありえな〜い状態。
ま 無理して作っても 売るためには超軽量ヘッド ということになるでしょう。

 今のところの対処方法は 届く範囲の中 ボールを左に置くこと どの位かと言えば アバウトですが
普通に地面から打つボールの位置 プラス ティーの高さ プラス ボール一個分 左 というのが違和感を少なくする 今のところの 唯一の方法と言えるでしょう。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 彼はアイアンをパンチショット ドライバーをマン振り そうしてしまうのは彼のクラブ選びに原因がある

デビューより 10年以上が立ったのだが まったくセッティングが変わらない。加齢による体力の低下や経験の増加、スポーツ選手としての過渡期がきても未だクラブセットは進化するどころか、退化の一方。
 空前の契約金による N社のクラブはそのセッティングを更に強調していく。ドライバーはより大型化、彼にとって大きな慣性モーメントは無用の長物な筈
よほど意識していないと ボールは右に飛び出してしまうだろう。

 ゴルフクラブがブランドとして定着していくのには アイアンのヒットが不可欠!
しかし 彼のアイアンは相も変わらず 日本製の軟鉄鍛造。
N社を欲しがる人にとっては 中途半端で購入意欲を湧かせない。
今となっては N社のアイアンは 安売りクラブ のイメージが定着してしまった。

 運動能力の高い人間とはいえ、年齢には勝てない。 パワー対決の土壌を作ってしまった自分が技巧派に変わる様子もない。 となれば 重心距離の長いドライバー、きついロフト、硬いシャフトで 最大限に飛ばさなければならない
遅れないヘッドを、しならないシャフトを遅れさせるには体だけ回し、「手遅れ」を作る必要がある。 振り遅れを作り 一気に手をターンさせなければならない ターンさせるとロフトが閉じる、フェースも閉じる これでは引っ掛けフックだ これを上に振ってあげれば 左に飛ぶフックを 前に飛ぶフックに変えられる。 結構アマチュアにも多い   この動き このスピードで行うと スローで見ると 怪物を通り越して 妖怪 だ。 我々一般的なホモサピエンスにはマネが出来ない。 悪い意味で 人間の動きを超越している 超複雑怪奇

この妖怪技、コンスタントにするには 人間離れした練習量が必要だ
多分、高校時代と変わらぬ練習量が必要だろう… それは自傷行為に等しい。
止った体、右から左に振る腕とクラブ、これを正面に行かせるのは すべて左足で受け止め 上にエネルギーを逃がさなければならない。
こりあ 壊れる。 人間 骨も 軟骨も じん帯も鍛えにくいからね。

アイアンはそのまったく反対のショットをする。
重心距離の短い軽いヘッドのアイアンだから 普通に振れば 届かないので 下に振ろうとする。 彼のアイアンは俗に言う 綺麗にターフが取れている のではなく 全ショット ダフっている、正確には地面に刺さっている。これではそこで辞めないと腕が壊れてしまう。

私のような 田舎のクソ親爺が彼のことを述べるのは大変、非常におこがましい。
どんな努力をしても お金を使っても 絶対に彼の足元にも及ばない。
 しかし ごまめの歯ぎしりで言わせてもらうと 彼は金まみれのクラブ選択の為 自分の肉体も壊してしまい 底辺にいる我々のゴルフも壊しかけている。

彼のプレーを見ても ゴルフを楽しんでいるようには見えない。 やたらガッツポーズばかりが取り上げられるが プレー自体は非常につらそうに見える。
結果ばかり求められている受験生のようだ。
年々 無表情になっていく、そんな風に感じるのは私だけだろうか…。

そして 世界中のジュニアが 親の金儲けの材料にサーカスに売られていく…。
今のジュニア養成を見ていると 公私ともに金の亡者を追いかけているように感じる。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
 あのトッププロはデビューの頃から 重心距離のギャップは大きい
 学生の頃は 単にG.N.に憧れていた。 バックラインなしの逆グリップもGNのまねをしただけ。 その本人から頂いたドライバーから始まっている。
ドライバーは重心距離が長く、アイアンは強烈に短い。このコンセプトは変えない、いやドライバーが大型化していくに伴い、よりそのギャップは開いていく
 当時使用していたK社はメタルドライバーの中では 特出した重心が長く、重心が低い… 相当のヘッドスピードの持ち主でないと まったくボールが上がらない。アイアンはM社の軟鉄鍛造 2種類のモデルをロングとその下で使い分けていた。

 プロ初期契約はT社。 実はこの頃 米国のC社が経営不振に陥り クラブデザイナー等をいっぺんに解雇する。 殆どのスタッフがT社に移ったのだが C社は特徴的なクラブを作っていたので そのまったく反対のデザインを採用する。 ホーゼルの異常に長い、高重心のドライバー。 これでは今までのクラブからあまりに違いがあり過ぎ、弾道が高くなりすぎてしまう。また重心がさらに長く、深くなってしまったことにより スライスやプッシュを連発。 そこでとんでもないロフト角度を採用したわけだ。

ドライバーの重心距離の方が1センチ近く長い状態がしばらく続く。
そうなると スウィング中のヘッド感は当然ドライバーの方が重く感じてしまう。
その証拠にスランプになり、ドライバーにスチールを装着した時期がある。スチールを挿せばシャフトの先端が重いので 短く出来る、故ヘッド感を消せる
若いころは可能だ。 しかしツアーがパワー全盛に傾き、全体の距離レベルが上がってくる&自分は年を取ってくると いくらなんでも短尺ってわけにもいかない。
そこで登場するのが より硬い・強いシャフト プラス 長いホーゼルのクラブである。 これを組み合わせるとシャフトのしなり量を抑制出来るのでヘッド感を感じ難い。 そして アイアンは未だ短重心である

これと並行するように 世の中のクラブはすべて大型化に進んだ
1995年 重心距離.mmだったドライバーは2008年にはmmまで来た。
 ところが 1999年にmmまで来たアイアンは2000年を境に下がり始め、2008年にはmmに戻ってしまった。
ちょうど 2002年より 逆転の時代に突入してしまった。
長いゴルフの歴史の中で 「未知の領域」 に入ってしまったわけだ。

あのトッププロと同じく この重心深度を埋めるのには より硬い、よりヘッドを感じ難いドライバーシャフトが必要になる。

更に日本では軽量スチールシャフトがブームになったおかげで ヘッド重量の更なる軽量化、アイアンの短尺化、ヘッドの小振り化が進み、 またまた感覚ギャップが広がってしまった。

こうなると ウッドシャフトの硬度化は更に進む。
15年程前に一世風靡したシャフト「ターボテック」以来 ドライバーヘッドの大型化に伴い シャフトの平均値の軟度化が進み 10年でcpm近く下がった すばらしい ところが ところが ノーマル&スポーツシャフト共に この1.2年で元に、10年前に戻ってしまった

ドライバーの重心深度が深くなり 上がりやすくなったとはいえ 発売されるドライバーの実測平均ロフトはこの5年で急速に度も低くなってしまっている
多分 硬いシャフトのせいだと思うのだ

通常 トッププロたるもの、クラブとスウィングの関係を更には加齢に伴う体力の変化を深く考えて進むもの。 ジャックも セベも ノーマンも シャンボも そうやって長くゴルフ界で活躍した。 いくら時代が違い、契約や金銭の関係等が昔とは違うとはいえ 今の年齢で先人達は彼の 倍の試合数をこなし 深刻な故障も体験していない。 いくら高い契約金を積まれても 本来合わないクラブや将来を壊してしまうようなクラブは決して手にはしない。       後篇に続く続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
 アイアンに引き続いて やさしいドライバーを考えてみる

こちらはアイアンより更に答えが難しい。 通常大きくすればやさしくなると言われる。 ところが体積が大きくなるといくつか問題が出てくる。

1.重心距離が長くなる。
こいつが長くなると ローテーションをかける人や開いて打つ人にとっては 後輪駆動のキャデラックでドリフト走行するような症状が出る。 ドリフトし難く、始まってしまうと制御が難しい 重心距離分重く感じてしまう。 開けば更に重い。 トゥダウンも想定以上に掛かる。

2.慣性モーメントが大きくなる
重心距離と同じような症状だが 姿勢維持の力が強いため ターンコントロールが難しくなる

この二つはローテーションを掛けない人やしっかりロフトの立てられる人にとっては むしろ強力な味方になる(ヘッドの遅れをロフトの立ちに変えられる) 
 ところが次の問題は その人にとっても問題になる

3.重心深度が深くなる
一見するとメリットのように感じるが 実はそうでもない。 インパクトに入ってくるのに人間は目ではなく、感覚でタイミングをとらえる。 そこそこのヘッドスピードであれば時速120?を超えるので 他人のインパクト付近であれば視認出来ても 運動中の自分は見ることが出来ない。 打つ人は感覚でタイミングをとらえるが 重心深度が深いと 感覚のヘッド位置と本来のヘッド位置がその深さ分ずれてしまう。 重心深度分早くインパクトが来てしまうのだ。 自分はインパクトで理想の姿勢を作ろうとしているが 実際には準備途中でインパクトしてしまう。
 ローテーションを掛けない人は タイミングに慣れれば良い
ローテーションを掛ける人にとって 理想のインパクトは回転させてスクエアよりも左を向いたタイミング
しかし 実際には4? ボール一個分早くにインパクトが来るので フェースはまだ右を向いている。 それがスライスやプッシュを生んでしまうので フェースローテーションを悪いことだと認識をしない限り 単に「このクラブは合わない」となってしまう。

4.ヘッド重量を重くする
本来はこれにより飛距離を生むはずの破壊力は増す
慣性モーメントもある意味 イコール質量であるから 当然増す
ところが質量は 上記すべての条項を増やすのと同じになるので より良い人はより良く 悪い人にはより悪く 働く

結局はローテーションをする、腕の動きでクラブを横に振る、この人にとっては
重心距離が短く・モーメントが低く・重心の浅い・質量の軽いヘッドがやさしい
ローテーションを掛けない ロフトの立てられる人には
重心距離が長く・モーメントが高く・重心の深い・質量の重いヘッドがやさいくなるのだ続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ