◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「話は こすりとつかまり からは
 少し離れてしまうのですが、
  クラブを短く握る、握れ、というのがあります。
ドライバー入射角度

 単純に考えると 短く握る〜クラブが短くなる
 は ヘッドスピードが落ちて 飛距離が落ちる、
 と思われがちですが
 1インチ 2.5cm短くなって 変わるヘッドスピードは
 0.6㎳強です。 1㎳は変りません✋
 グリップで言うと 指2本分位です。
 2インチ 5センチ 指4本、手のひら分 で
 1.5㎳弱です。
 コンスタントに「当たる」と仮定して
 ドライバーの飛距離で言うと 7〜8ヤード、
 アイアンであれば 5ヤード以下、
✋短く握るコトが ヘッドスピードに影響がない
 とまでは言いませんが
 当たりによるズレ の範疇-程度です。
 『ヘッドスピード』による 距離への影響は大きくありません



 で、なにが「クラブを短く握った」時 なにが作用するか、
 というと ヘッドの進入角度、入射角度 です。


 例えば ドライバー ですが、
 まったく 同じヘッドスピードでボールに当たった、
 と仮定して
 ドライバーの場合、 『フェースのどこに当たった』
 で 良し悪しを判定しがち ですが、
 自分にとっての 理想的な入射 と インパクトロフト
 によって 飛距離はかなり差が出ます。
 例え フェース面状の打点がほぼ同じ だった としても、です。
 平均ヘッドスピード 37㎳ 位の方で
 20ヤード以上の差がある と言って良いです。

 現代の市販のドライバーは 長尺 45in以上が多め です。
 フェースローテーションの強いゴルファーは
 元々、入射角度がゆるめ、
 場合によっては やや強めのアッパー…
 ですので あまり相性はよくありません。
 👉それが より強調されてしまうから です。

 ドライバーは 縦のスピンが少な目、
 多くて3000cpm 少ないと三桁の回転になってしまい、
 ちょっとした 横回転に過敏に反応します。
 ロフトの多くないドライバーを アッパーに振り過ぎる と
 (打ち出しが高く/スピンが少ない)
 本来は 曲がらない程度の横スピンでも
 大きく曲がるようになってしまうのを防ぐため、
 少し短めに持ち、アッパー度合いを緩める
  と言う対処を取られる方もいます。
 
クラブ別スペック
 フェアウェイウッドが苦手、長物が苦手
 としている方の多くが、
 長いモノになると 煽って、しゃくって、
 入射角度とすると アッパー気味に入ってきてしまう点で、
 特に フェアウェイウッドのように
 ヘッドに奥行きがある場合に
 そのアッパーの加減にもよりますが、
 ソールの後ろ側、アイアンで言うとバンスのような部分 が
 地面と干渉し易いので ダフリ、やダフリチョロ、トップ に
 なってしまうことが多々あります。
BlogPaint
 短く握りますと アッパーであったとしても
 その度合いは薄れ、ヘッドの尻もちを回避出来たり
 する訳です。


 これは ウエッジを使った アプローチでも言えます。

 その対処は 経験の多い方ほど理解されていたり しますが、
 現在は 弾道計測器などにより 簡単に判別が可能ですので
 自分の 入射角度『傾向』を知っておくのは
 実は良い スコアメイク、現場での対処法になります。

 多くの方が ヘッドの軌道 というと
 インサイドアウト とか、アウトサイドイン とか
 ざっくり言えば 横方向の軌道ばかりを気にしていますが、
 コト スコア、アマチュアのスコアに関して言えば、
 トップ、ダフリ、チョロ、
 距離で言えば オーバー、ショートなど
 ヘッドとボールの縦のミス、 距離の縦のミス、
 の方が 影響は大きい
 と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_0075

IMG_0078
 #3.4.5. 中空モデル
 素材 SC25C
 ロフト角度 22/25/28
 重心距離 36.3〜36.8
 重心高  18.7
 重心深度  6.4
 👉#3 ソール幅 26
 (参考 ゼクシオ-11 25/#5)
IMG_0077
 #6.7.8.9.PW. マッスルバックモデル
 素材 SC20C
 ロフト角度 31/35/39/43/47
 重心距離  37.7弌
 重心高   20.6
 重心深度   4.1
 👉#6 ソール幅 23
IMG_0079

IMG_0076
IMG_0084
IMG_0082

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この こすり打ち なのか、つかまえているのか、
 勿論 もう少し 曖昧な領域もあるんだけど
 ココ(こすりとつかまえ)の部分が
 実はクラブ選択で結構、重要✋ なんですね。」
IMG_0361
受講生「!!!!!

店長「こすり打ちは 原則
 入射が緩く、打ち出し角度が高いがボール速度は遅く、
 ベースの ボール回転量は少ない のです。
 それぞれの方の ヘッドスピードやスライス、フック
 などのボール質にもよる訳ですが、
 若いうちは良いですけれど、
 こすり打ちタイプの人は 加齢で体力が落ちてくると
 ボールの打ち出しが取れなくなって 失速する傾向が強いので
 (元々 ショット全般に回転が少な目〜浮力少な目)

 ショットの中で 一番 打ち出し、ボールの回転量共に
 少なくなる ドライバーでは注意が必要です。


 普通のクラブを こすっている人は
 ドライバーになると 
 余計、煽ってしまう、しゃくってしまう場合が

 少なくない。。。
 
 現代のドライバー、
 特に カチャカチャが常備されるようになってから
 ドライバーの 重心がかなり下がり、
 ロースピンタイプのモノが多くを占めるようになっているので
 長さ、ロフトに注意が必要ですね。
EG05_02


 一般的に ロフト等が同じ条件では
 長くなると ボールは上げ易くなる
 んですけれど、
 それは 入射が緩くなるから なんですが、
 その条件は つかまえて打つ人に適応されますが、
 こすって打つ人にとっては
 元々 緩めの入射が レベルを超え、アッパー、
 煽りになってしまう可能性も高いので、
 長くなっても 上げ易くなったとは言えず
 逆に ボールが低くなってしまう可能性も秘めています。


 柔らかいシャフト、重いヘッドというのもあるのですが、
 実は この こすり/つかまえ タイプを見極めるコト と
 それによって それに適した 『長さ』というのが
 ドライバーに関しては 飛び にかなり影響します。

 流石に ドライバーは 入射角度がゼロ以上、
 ティーアップしてる分、結果的には 入射ではなく仰角、
 アッパー気味にインパクトするのですが
(意図的にするべきではありません)
 総じて こすりタイプの方は 元々アッパーが強め なので
 やや短めの  結果として 0〜⁺3度位のアッパーで
 収まる「短さ/長さ」にした時、飛距離が伸びます。
(繰り返しますが 意図的にアッパーに振るべきではありません)
 クラブが長くなって アッパーが強くなり過ぎる、
 ⁺5度を超えるようなアッパーになってしまうと
 曲がりが強くなってしまったり(縦回転が減るので)
 フォークボールやナックルボールみたいに
 急にガクンと落ちてしまうボールになったりします。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 ヘッドスピードやロフトとの兼ね合い なので
 一概には言い切れませんが、
 だいたいの場合、
 まずは 硬さ(柔らかさ)が合ったことが大きいのですが、
 急激に飛距離が伸びた ドライバーの場合、
 その長さが造る 入射(仰角)が良かった
 というのが あるんです。 かなり大きい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 お世話になっております。

ニューアイアン、HBS-16が届いてから3か月が経ちました。

使用感などを書いてみたいと思います。

IMG_0622
1.距離が変わった


シャフトの柔らかさも数段階落としたこともありますが、
ぴったりひと番手とは行きませんが、全く距離が異なります。

ロフト構成は5.6.7.番がHBS-10改より
ほんの少し立っていますが、
あまり差がないのにこの差はなんなんでしょう

特にその5.6.7.番はハッキリ飛ぶようになりました

IMG_0614
2.弾道が異なる


慣れるに従い、
市販クラブからハミングバードのクラブに変えて、
弾道の違いに驚きましたが、今回はさらに驚きました。

今までは比較的ポッコンと放物線で飛ぶ感じだったのですが、
今回のHBS-16に変えて 
先で一度上に脹らむ、
真っ直ぐ飛んで落ち間際で一度空に上がる感じと言うか、、、
アイアンらしい弾道^^になりました。
気持ちいいです。

 

あえて言うのならば、
重量によるヘッドの肉厚のせいなのか、
打感が柔らかい??と言うのはこのような事なのか、
インパクトの触感がまったくありません。
これで良いのでしょうか?
 

IMG_0628
3.ウエッヂがいい感じ‼


嫌いではありませんでしたが、
アプローチショットが全然異なります。
バンスが効く感じというのがなんとなくわかるような気がします。
派手にスピンがかかるという感じではないですが
 戻るでもなく、転がるでもなく、
非常に距離感が把握し易い感じです。

IMG_0630
4.バンカーにびっくり


元来コスリ打ちのせいかバンカーは
得意な方でしたが、今回はすごい

バンカーショットからこんなにスピンがかかると
こんなに簡単になるとは知りませんでした。
 どんなテクニックなの?!と言われました。

010
5.やっぱりパターが一番すごい


一番の収穫はパターだったかもしれません。
HBS-16の変更に伴って、
使っていたパターのリシャフトをしてセットし直しました。
ブリストルパターのお陰で6個もハンディが減りましたが、
これはもっとすごそうです。
慣れてきたせいもあるかも知れませんが、
距離ミスがより減り、無駄なパットが激減! 
アイアンの距離が微妙に飛ぶこともあり、
上から打つコトが増えている昨今ですが、
重いヘッドは下りに強いんですねー。
さらにハンディ減る期待で一杯です^^

006
球筋も自分的には美しくなり、

距離も伸び、パターもよくなり、
と良いこと尽くめなのですが、
従来のセッティングのウッドとの相性が…、
問題になってきて、ウッドを変えないとまずそうで…、
予算が…、お財布が…、大蔵大臣が…、と悩む今日この頃です。

予算の目途が立ったら…来年位に…
 その時はよろしくお願いします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


IMG_0611
弊社オリジナル アイアンヘッドのご紹介です
IMG_0622
軟鉄鍛造 HBS-16
 ➟従来のモノからさらに20g増量
 ➟市販のアイアンヘッドよりも約100g重い(^_-)-☆
IMG_0624

 初期ロフト角度 ヘッド重量(重量版/軽量版)
#5 26度 325//310g
 6 29  333//318
 7 32  341//326
 8 36  349//334
 9 40  357//342
PW 45  365//350
PS 50  373//360
SW 55  381//370
IMG_0613
〇5番アイアンのスペック
 重心距離  38.2mm
 重心高   20.3mm
 重心深度   6.7mm
 重心角度  10.7
 ソール幅  26mm
IMG_0616

今回のアイアンの特徴は勿論重い重い重いヘッドですが、
キャビティ部NC加工によって
従来のアイアンでは ロフトが大きくなる程
重心距離が極端に短くなる というのを抑制し
下になっても重心距離が短くならない という設計を採用。
(ロフトが大きくなっても左に行き難い)
(ロフトの立っているものは右に行き難い)

IMG_0623
重心深度においても
ベースはかなり深い重心で
ロフトが増えるに従って
フェース面の肉(板)厚を変え、重心の深くなり過ぎを抑制
 手前味噌ですが、最近のアイアンは ほぼCAD設計ですので
 こういう 手の込んだものは絶滅しています。

IMG_0617
ヘッド重量もあるので
 アイアンとは思えない慣性モーメントを持っています
 (アイアンヘッドにはルール設定が無いので😄😄😄)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

L型ブリストルパター(進化版)についての
多くのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。

IMG_0034 (2)


シャフトについて 尋ねられることがあるので
それについて書いてみます。

パターに限りませんが、
シャフトの素材の スチールとグラファイト(カーボン)
この二つには実は何の違いもない と言えます。

割と固定観念が強い のか パターやウエッヂなどは
重量が重くなるスチールの方が良い と考えている人がいますが
それは全くの誤解です。

スチールシャフトは鉄(合金)の鋼材を巻いたただの筒です。
それが何か特別な性能を持っている訳ではなく
単一素材であるがゆえに
太さの変化(俗に言うテーパー度合) と
ステップでしか 特徴を作ることが出来ません。
スチールシャフトの一番の利点は
 工業製品として安定して同じものが得られる
という部分にしかないと言い切れるほどです。

重量の関して…ですが
その前に スチールの方が硬い・・・
いえ 強い と思っている人がいますが
それも大きな間違いで、
繊維で構成するグラファイトの方が
圧倒的に強く(何倍もの強度)作ることが出来ます。
また 繊維で構成するため
負荷のかかる方向にも特性を持たせることが出来ます。

最近では悲しいことに、作る側のコストの都合 優先で
作られているグラファイトが多いので
言いにくいことではありますが、
本来 グラファイトは形状、テーパーの付け方、重量、
使う繊維やシートの構成 シャフトそのもの重量配分など
無限な組み合わせが可能ですから、
圧倒的に機能性は充実している筈。。。なんです。


グラファイトシャフトの方が軽いものが多いのは
技術的に「それが作れる」から、であるのと
平均的なスチール並みの重量のグラファイトシャフトを作ると
強すぎて、硬すぎて、いいところが出てこない ことです。


IMG_0035 (2)



パターだけに限りませんが
グラファイトシャフト装着のクラブの最も大きな利点は
同じバランス=スイングウエイト とすると
スチールシャフト装着のそれに比べると
20g以上重いヘッドが装着可能です。
これが アイアンなどのグラファイトの「飛ぶ」と言われる
最大の理由です。


シャフトは硬ければ硬いほど
ヘッドが感じにくい、ヘッドが軽く感じられます。

50g重たいシャフトが装着されているものと
50g重たいヘッドが装着されているもの
計量器に載せれば 総重量は同じであったとしても
先端に重さのある方が クラブとしての慣性モーメント
動かした時の重量感は
格段に ヘッドの重いものの方が上 です。
これはウエッヂなどでも同じです。

ヘッドの感じ難い硬いシャフトになりがちな
スチールシャフト装着のパター では
その目方ほど 重量感は感じない ものです。


軽く感じる硬いシャフト装着のものに
本当に軽いヘッドが付いていて
重く感じる柔らかいシャフトのものに重いヘッドが
付いているんですから、随分と差がありますよね…。



これも神話というか 都市伝説に近いですが
重い(スチール)シャフトの方が スイング/ストロークが
安定する なんて言われますが、
その手の話を豪語するゴルファーは
練習量も豊富で、運動性能も高い方たちばかりです。セミプロ?
それがないから、出来ないから悩んでいる訳ですから
それを参考にするのは なんだかな って気がします。
一体だれのためにゴルフをして
誰のためのゴルフクラブなのかよく考えるべきです。



『L型ブリストルパター』特に進化版
一般的に市販のパターに比べると
約5割増しで ヘッドが重くなっています。 ➡470g以上
シャフトの硬さは それを表す振動数という数値では
一般のスチールシャフト装着のパターは 330cpm
進化版のL型ブリストルパターでは 140cpm以下
ですので、総重量では似たようなものであったとしても
持った時、動かした時の重量感の差は  …たぶん
3倍以上に感じるのではないかと思います。
持ち比べてしまうと市販のパターはオモチャのようです…。

重く感じるパター・・・
そして 小さなストローク、遅いストロークであっても
遠くまで転がる 破壊力=ヘッド重量
慣れたとき どっちが安定するか は
火を見るよりも明らか だと思うのです。

まあ 軽口ですけれど、このパターが
量産されるほど売れてしまったら(
あり得ませんけどね😄)
間違いなく ルールの束縛を受ける と思います。
(現時点では ゴルフのルールには何ら抵触していません)
それほどの性能を持っていると自負しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 が ありましたので、私(店主)の書きました
返答を記載致します。

限定版記事⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1723288.html
オリジナル版L型ブリストルパター⇒
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1658107.html



御手紙有難うございます

お返事遅くなり、申し訳ありません。

弊社のL型ブリストルパター ですね。

自身で書いてしまいますと、手前味噌のオンパレードに

なってしまいますが。。。

軟鉄で仕上げました こちらのパター

ヘッド重量は 470gあります。

従来のピンタイプの重いモノが330g位

L型などシンプルな構造のものですと 300g程度です。

それを 違和感のない形で 増量するための比重の重い異物などを

一切使わず 仕上げるには 相当な工夫が必要です。



最終的に 軟鉄を使いまして
(実は開発当初は 925銀 スターリングシルバーで
 造る予定だったのですが 予算が合いませんで)

粗い鍛造一回の後、二種類の旋盤(俗にいうNC加工)で

、一体成型 削り出しで造りました。
IMG_0032

この形状、大きさですから 何かモデルになるような

サンプルは一切なく、形の参考として

ジョージローのスポーツマン、ブリストル などを

使いましたが、ほとんど一からデザインをしたのと同じでしょうか。。。



シンプルな形状ですので、一切ごまかしが効かず

大きさを感じさせない と言うコトと共に

テークバックの引きやすい、動かす方向のガイドが

イメージできるようなデザインに仕上げました。



また 従来のパターよりもロフトを多め

バンス角度も強めに設定して、

自然にロフトの立った状態(微妙なハンドファースト?)に

なるようにも仕上げました。



テークバックの取りやすい と言うデザインと

フェース面がストレート というのは かなり難しく

遊びの無い形状の中で、かなり自分の過去の知恵や経験を

盛り込んだと思っています。



L型のパターは右に押し出しやすいイメージ
を醸し出しやすいので
実際はオフセットは無いのですが

重心を高くするという構造を含め、
ネックを違和感のないところまで

長く、太くして グースネックに錯覚する 形状にも

苦労したところです。



100g弱の このパター専用のグラファイトを

お使いになることをお薦め致しますが

このシャフトですと 従来のパターシャフトに比べ

手元を緩めて、逆に先端を締めてありますので

手元の暴れにパターヘッドが反応しにくく

より安定した、落ち着いたストロークが出るかと思います。



よく雑誌等で書いてあります パターストロークで

オーバースピンを生む と言うコトには自分は賛成できません。

本来、きれいなストロークは ボーリングのボールと同じく

打ち始め〜転がり始め はある程度スキッドする区間があり、

推進力が薄れてくると、今度は回転で前に進む

と言うコトを実践するためのパターです。

ボールが低速で、等速で、ゆっくり遠くに転がる と言うコトを

実践するためのパターにしてありますので

このパター以外で打つボールとは 明らかに転がり様が異なります。



是非 ご検討ください    野澤


 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


創って頂いたゴルフクラブが届いて、

実際に「悶絶クラブ」というものを使用して
「クラブ扱いの研究」を開始したのが2016.12.19.から。
(友人と初めてH.Bに行ったのが2016.3.20.で、

そこで、直接野澤さんに教わって、
翌日から、その内容をもとに準備はしていました。) 


それから約5年7か月かかりましたが、

「2022.7.7.の昼ゴルフ練習(実験)」で、ようやく、

全てのクラブ(1Wからパターまで)、

練習場と本番のラウンドでの再現性においても全く問題がなく、
同じ感覚、同じグリップで、

「ヘッドを振らなくても望みの距離が打てるクラブ扱い」の答えが

みつかりました。

VTS02 2022_Moment
それまでは、毎日、違う打ち方を実験しては

「翌日の朝にビデオ検証 ⇒ テーマの設定」の毎日だったので、
自分が使っているクラブの、

「打ち手の動作とクラブの挙動の変化」については、かなり理解できました。 


最終的には、結構早い段階から

「左手をいかに止めないかが全て」
結論付けしていたので、

左グリップの親指を完全にシャフトから離して

外に出す握り方を発見したのと、
60Y以下はSWの「カニ打法🦀🦀」、
60〜80YはPSの「🦀カニ打法」で、

アプローチに関して、ほとんどのミスがなくなりました。

 
自分の使っているクラブに関しては、

「カニ打法🦀🦀」で、いかに遅いスピードで、

いかに距離を出せるかがポイントで、
これさえ、「理解も含めて体得」してしまえば、

ほぼ、スィング作りは完成に近いかと思いますし、
スピードが遅いので、余計なスピンがかからず、

アプローチの距離感が安定するのもラウンドでの強みです。

VTS02 2022_Moment(2)
フルショットに関しては、
「カニ打法🦀🦀」ではスピードが全然足りないので、

トップから、一気にアドレスの時のグリップの位置、

もしくは、少し先の左側(内側)めがけて、ヘッドを動かさないように、一気に
直線のイメージで動かすだけでOKです。

(直線で動かしにくくなるトップの高さは、全く必要なしです)

 
これについては、

ジャンボさんの全盛期のドライバーやアイアンのグリップの動きを真似てみたら、
一気に解決したのと、なるほどと感心しました。

(「やっぱり、何回見ても、ジャンボさんのクラブ扱いはマジに凄いなあ」

と敬服に近い感情)

 
PWとかのコントロールショット(多少の距離調整)を動画で見ても、

トップの感じとかは全然変わっていないので、
スピードで調整しているよりは、圧力で調整しているのかもしれません。

(自分でもよくわからないですけど、

そもそも、ヘッドを振っていないので、

スピードでは調整していない感じはします)

VTS02 2022_Moment(3)

あと、個人的には、

やはり、FWはものすごい道具(簡単に打てて、距離が出る)だと

つくづく感じるのに対して、
昔からですがUTは打ちにくく感じます
(あくまでも、個人的な意見です)

LWに関しても、SWのカニ打法でカバーできるので、

使う機会が減りました(普段の14本からは外れました)

 
今日のブログの記事ではないですが、

パターも含めて、同じタイミンングで、同じ打ち方で対応できるのは
本当に「すごすぎるゴルフクラブのセット(一式)」だと、改めて、感謝致します。

 
あと、これだけの期間を打ち続けても、

結構、無茶な事も実験したので、腕に多少の痛みが発生した時も
ありましたが、首痛、腰痛とは全く無縁だったのも、

このクラブの最大の特長、利点かもしれませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まあ ゴルフのスイングで
 ああでもない、こうでもない って言うのは
 楽しいのは楽しいんですけど
 真面目に悩んでいる人にとっては
 すこし頭を整理するべき なんですね。」

受講生「 どんな点です?」

店長「繰り返しになっちゃいますけど、
 こすり球 は イコール スライスではありませんし、
 つかまった球 は フック ではありません。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)

 コト ドライバーショットに関して言えば
 道具の進化、ショットの科学的追及の結果、
 というよりも 成れの果て に近いんですが、
 こすり球 イコール 飛ばない でも
 つかまった球 イコール 飛ぶ でもないです。
 😢ここら辺が ゴルフの面白さでも意地悪な
 部分でもあるとは思います。
 

 ボールが飛ぶのって 念力や強い想い なんか関係なく
 単に物理現象なので
 結果としては 速いヘッドスピードのこすり打ち が
 遅いヘッドスピードのつかまえた球 より飛んだりする訳で
 こすり/つかまえ に関しては スピードで誤魔化せる部分は
 少なくないのですが、
 スピードで誤魔化せない アプローチショットには
 その こすり/つかまえ の差は かなり出ます。

 
 こすり球の一番の欠点は
 再現性の低さ、繰り返し似た球を打つコトが難しい、
 特に ヘッドスピードが重要でない 短い距離のショットに出る、
 これに尽きると思います。


受講生「重要な部分ですよね。」

店長「だと思います。
 それと 日本のゴルファーは 言葉 に頼ってしまう部分、
 こう 何かをバサッと言葉で定義付、分類してしまう部分が
 凄く多くて そのせいで悩みを深めてしまい易い と思うのです。

 こすり打ち と つかまえるショットの最大の違いは
 ヘッドの入射角度 と ボールの当たり場所で
 ✋フェースの当たり場所というより ボールの方ですね。

こすり打ちはIMG_0491 そのクラブ、そのクラブの長さで
理想的に入ってくる入射よりも 緩く
あたかも より長いクラブで入ってくるようなライン になり
そのクラブのロフトで コンタクトするであろう
 ボールの位置よりも 下側(ボール)に当たる形になります。

 これも 繰り返しになりますが、
 こすり打ち と つかまったショット の弾道比較では
 こすり打ち の方が 打ち出しは高くなり
 スピンは少なく、ボールの初速は遅くなります。

✋この特性からすると
 長いクラブ(ロフトの立ったクラブ)に比べ
 短いクラブ(ロフトの寝たクラブ)の方が
 より飛ばなくなる、より影響が大きい。
 ドライバーなどのロフトの立ったクラブは
 ヘッドスピードなどにも寄りますが、
 割に こすり の影響が少ない と言えます。


 どのように ボールをさばくか
 ボールをヘッドで、フェースで、どんなロフトで
 ボールを打つか、さばくか、拾うか、
 が 最大のポイントです。

 で、その結果、そのさばき方が
 手で打つようなコトに『なり易い』であって
 手打ちがイケナイ のではないです。

 逆に言えば、難易度は高いですが、
 ボールをつかまえる を 手打ちですることも可能で、
 要は ボールとヘッドが、ボールとフェースがどういう絡み、
 どういう接触方法を取れば良いか を
 あらかじめ 知っておくことが一番のポイント で
 結果論、ですが、ゴルフクラブの単純な構造や
 人間のからだの構造から だいたい、ですけれど
 人間が ゴルフクラブで ボールをつかまえて打とう とすると
 手では無く、からだの回転で打つに至り『易い』。

 からだの回転でスイングする、クラブを動かす、
 それが 第一 にある訳では無いと思います
。」

受講生「ボールとヘッド、ボールとクラブの
 物理的なコンタクトのイメージの構築 が第一 というコトですか?」


店長「その通りです。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 現在、MR.Kが夏合宿のように 特訓をしているのですが、
 練習をする様子を何気無く見ていても、
 やっぱり からだの動かし方 をとても気にしてるんですね。

 具体的に言うと フォローが出ない、
 インパクト以降の 左上腕が締まって、上がらない、
 を気にしているんですが、
 ポイントはそこじゃない訳ですよ。

 ダウンスイング、インパクト直前に
 利き腕の伸ばしで クラブを振ってしまう、
 キャストしてしまう癖が抜けきらない から
 その後のクラブが 左腕をカラダに押さえつけてしまう
 結果、フォローが出ないのであって、
 ソコを意識しても改善はされない訳です。
 言ってしまえば 今のボールさばきでは
 インパクト以降 左上腕が締まってしまうのは必然 な訳です。

 ココが ハードル になりそうなのは
 もっと しっかり 入射角度を取る のと
 意味としては似た改善ポイント なので
 上から打とう と思うと
 より ヘッドやクラブを下に振るコトになって
 より 元の路線に戻ってしまい易い。。。

 ココは スピードで解決できない
 アプローチショットの速度で
 スイングの円弧は からだの向きが造る、
 感覚的に フェースを下に向けていても
 からだの向きが変われば ボールは拾える が
 自分に染み込まれない と 上手く行かないでしょう。

 ただ ご本人を ボールをつかまえる動き の方が
 体感的に 「速く振るコトが出来る」
 打った感じ、振った感じは乏しいけれど
 「ボールをとらえた感じは良い」ので
 いま しばらくはトライされるんじゃないかな と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「現在 こすり打ち をしている
 と仮定しましょう。」

受講生「実際 それで悩んでいます。
 ヘッドスピードに対し 距離が伸びず、
 フェアウェイウッドは苦手、
 スコアを造るためのアプローチも問題があります。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







店長「こすり打ちとフェースローテーションは
 表裏一体の関係です。
 手を返す って言いますけど、
 右打ちの場合、手を返す、フェースを返すには
 当たり前ですけど 右手(右グリップ)が
 左手(左グリップ)を追い抜かなくてはいけません。

 多くの場合、ダウンスイングの後半に
 シャフトを、ヘッドを下に振るように、
 そこで 丸く振る訳ですけれど、
 それらを行うには 切り返し、ダウンスイング以降、
 左手・左グリップが あまりにも先に行かれてしまうと
 追い抜くチャンスが無くなってしまいますから
✅切り返しで左手をソコに残す
✅からだが回転しても 左手を居残りさせる

 そう言う習慣が強いです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

〆献哀螢奪廚琉榮偉未鯀やす

✋その分、左手を下げる、落としますので
 圧倒的に 横への移動量が足らなくなります。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 スイングを替えてたい、変えよう とするのであれば
 左グリップの経路、行き先  を
 もっと もっと 左、進行側にしたい、
 切り返し、ダウンスイングで
 左グリップを下げる のではなく、
 左肩が、左サイドが移動した分、横に移動したい✊
 左グリップが下げなくとも、下がらなくても良いから
 (もう十分 左グリップを下げる習慣は付いているので)
 からだを廻すコト は 左グリップを横移動させるコト
 この移動量が鍵になります。

右腕(右打ち)の伸ばし は 受け身

 これも 左脇・左腕の絞り とともに
 感覚的な縛りになる可能性があります。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 下へ振る、クラブを振る、ヘッドを振る、
 丸く振る、手を返す、フェースローテーションする、
 これらは 右利きの右打ちの人にとって
 利き腕の最大の見せ場、
 重さを力技でどうするのか のポイントです。
 上手く返せた時の感覚やタイミングが
 スイングの命 と言っても良かったかもしれません。

 それが無くなります😢😢😢

 バランスボールのドリル の話し の時、
 からだを廻すと バランスボールに遠心力がかかり
 腕を曲げていられなくなります。
 伸ばされてしまう・・・
 遠心力がかかった時、それを拒否しない、
 勿論、腕を使ってはイケナイ訳ではありませんが、
 大袈裟に言うと その程度でしか 腕は使いません。

 ,箸弔覆るのですが、
 からだの向きが変わり、左グリップが大きく移動するから
 右腕が伸びました… 程度です。

➂フェースをターンさせるのは からだの向き

 フェースターン、
 今までは 左サイド、からだ、左グリップを止め、
 右腕の伸ばしで クラブ・ヘッドをターンさせていたのを
 からだの向きに委託します。 外注ですね。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(6)

 腕の伸ばしは
 バランスボールの感じ通り ですが、
 今までは ヘッドを返す、
 グリップよりも ヘッドをボール側に出したり、
 右グリップを左グリップの下や、ボール側に
 手で 下や、横に ヘッドターン、クラブターンさせた
 のですが、その仕事は 外注に出しています。
 左右のグリップの 上下左右の位置関係は
 トップの位置のまま で良いのです。

 左腕 とともに、伸ばされた右腕の仕事 は
 フェースを下向きにするコト です。

 ヘッドは からだの回転に対し、👉遅れています。
 その遅れを ねじれ、ヘッドの開きにせず、
 フェースの下向きを維持していれば良いのです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり打ち をされている方 は
 総じて テークアウェイで ヘッドを上げる量が大きく、
 その速度も速い傾向があります。 
 打撃の主力が 上げ下げの量と速度によるから です。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 ダウンスイング中ごろ から インパクトまで
 グリップエンドを支点に クラブを振る ので
 グリップ(左手)の下がりは慣れているの ですが
 グリップ(左手)の移動量は取れません、ではなく
 意図的に取りません。 取ってしまうと クラブを
 振れないから です。

 こすり打ちは お薦めの方法ではありませんが、
 アプローチショットでは 上げる球の傾向強く、
 『出すだけ』のバンカーショットには都合が良く、
 バンカーは出るけれど、距離が出せないになりガチです。

 また、こすり打ちは その名称とは異なり、
 こすって打っていますが、球にスピンが少ない特質を持っていて、
 弾道が高めになっても 止まり難い
 フォロー(風)でも距離が伸びることはない 傾向があります。

 スイング全般として、
 本来、必要のない インパクト直前の弧を描いてしまう為、
 遠回り、円が膨らみ、そのお陰で
 ヘッドに奥行きの有るタイプ 〜フェアウェイウッドなどは
 苦手? 嫌いになり易い傾向が強いです。」

受講生「ソコからの脱却はどうしたら良いんでしょう?」

店長「良い例?があるので お見せしましょう。
 弊社の名物ゴルファーの Mr.K
 長いコト こすり打ちでゴルフをされ、
 こすり打ちの達人として名を馳せていました😢
 現在、こすり打ちからの脱却 にトライしています。

 今、テーマにしているコト ですが、
.瀬Ε鵐好ぅ鵐阿砲いて
 グリップを下げるコトは習慣付いているので
 下げるコトよりも、
 からだを廻すことで 左手の移動を稼ぐ、
 からだの回すことは 左手の移動を稼ぐコト

 と言う意識を強く持って頂いています。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 それによって 従来よりも「早い」インパクト、
 速度の速い ではなく、タイミングの「早い」インパクト を
 実現できるようになっていますが、
 未だ ロフトを下向きに締める感じには至っていません。

∪擇衒屬掘^聞漾〆枯咾浪爾欧襦,里任呂覆
 上げる、位の意識で 左腕、左上腕の上への逃げ
 を意識して頂いています。

 ぐるぐるもんど のトコロはあるのですが、
 ボールをつかまえる = ヘッドターン と
 考えていたので、左腕の止まり、右手の追いつき が
 ショットの要 でしたので、
 その左腕の止まりが 左腕の上がりの障害です。
 ですが 今のトコロ、フェースを下向きに出来る訳では無い、
 今まで通りの クラブさばきで入ってくるので
 ボールはつかまっておらず、
 故に またヘッドターン、クラブターンのスイングに
 戻る可能性を秘めています。

 ボールをつかまえる は
 フェースの横ターンでは無く
 フェースの下向きによって造られる
 を 体験できるようになると
 更なる前に進めるようになりますが、
 そこが 今の段階の鍵 と言えるでしょう。

✋ご本人曰く、振った感じ、打った感じが無く、
 今までとのタイミングがまるで違う、
とのコトで
 ご本人は認識されていないと思うのですが、
 ダウンスイングで 右手の伸びでクラブを回転させる
 →下に振る  👉右手に掛かるクラブの重さの感じ
 ターンさせるために止める左サイド、左腕の
 ターン(重さ)を受け止める 締まり感
 そこら辺の喪失感 と 打撃が上手く行かないもどかしさ で
 元に戻る可能性は非常に高い ですが
 現段階での 変質度/進捗度 は かなり良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こちらをご覧ください。
店長「少し大袈裟ではありますが、
 ボールをつかまえるイメージを通常のスイングと
 重ねて創ったモノです。

受講生「思っている以上に 似ているんですね。」


店長「ですね。
 ここで着眼して頂きたいのは
 トップの位置、テークアウェイの取り方 です。
e00bf7e6一般的に テークアウェイは『上げる』と言われますが、
ボールをつかまえていく のに
クラブを こう 流していく
からだの向きで
クラブを こう 引きづっていく訳ですが、
 よく言われる テークアウェイでのコッキング というか
 クラブの起こし、ヘッドを高くする行為 は
 まったく それを取り入れないと
 必要以上に ヘッドが重くなってしまい
 ヘッドが落ちてしまいます。
(逮捕術 2022夏期講座_Moment
 そうならないように クラブを起こして
 クラブの重さが グリップの移動に使えるようにしているのです。」

受講生「なるほど。」

002店長「ですが、少なくないゴルファーは
ヘッドを縦に回転、反転させる、
クラブ自身を下に振る為に 上げています。

その方にとっては
 そのクラブさばき が 打撃の肝 ですので
 どうしても そうなるのは分かります。

 絶対 ダメ って 訳じゃないですけど
 せめて 支点になるグリップエンドが
 ボールを追い抜いてから 行って欲しい です。

 ですので 上げるって行為を少し抑えめに
 出来る/出来ないは別として
 からだの向きで グリップは引き摺って行くんだ、
 そのための テークアウェイ、トップと
 考えて頂くと良いと思います。
大森2019_Slomo_Moment(2)(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)









 昨日の記事 でも書きましたが、
 つかまえるコトの 基本になるのは
 インパクト、impact以降で 間断なく
 グリップが上がるコト
 大袈裟ですが、インパクト前から上げる位のつもり
 でも良い位です。」

受講生「実際に ショットしてみると
 インパクト後 グリップを上げる って
 かなり難しいです。」

店長「はい。
 インパクトが上がらない というのは
 そのまま からだ、特に左サイドが止まっているコトを指します。
 そこで ヘッドを返す、手を返している、
 ので グリップの高さを替えられない のです。

 それは からだの向きがしてくれますから
 グリップを上げる、高くする、
 出来れば グリップエンドを上に向けたまま 位の
 イメージで フィニッシュに向かって下さい。

 始めは ゆったりとした 50ヤード位の距離でも良いです。

 おそらく ですが、低いライナー、
 場合によっては 低いフックになる可能性もあります。

 そうすると それをする為のテークアウェイ、
 クラブの『上げ方』を考えるようになります。

 ボールの掴まえは 左右のフェースの向き ではなく
 上下、縦、ロフトの作り方 なんだと
 理解して貰えれば シメタもの です。

 この動きを主に、
 もしくは この動きを自分のスイングの中に
 取り込めると良いです。
 弾道はグンと低くなると思います。
 特に練習場のボールでは スピンの維持が難しいので
 失速してしまう可能性もあります。

 普通のスイングの中に取り込んでも
 弾道が低すぎる場合、
 フェースの左向き が入ってしまっている可能性があります。
 ですので 少しプッシュのイメージが良いでしょう。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールをつかまえる を前提に
 スイングを造っていくと
 ずっと フェースを外に向けたまま、
 からだを廻す というのが基本になると思います。」

受講生「ソコが分かり難い、ですよねぇ…。」
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment

店長「アイアンショットで 『ボールを上から打つ』
 というのがありますよね。」

受講生「はい。 出来ないんですけど、言葉は分かります。」

店長「その 言葉通り に打とうとすると
😢ヘッドを上から下へ振る
😢ヘッドを
『手で下に 丸く振る
 と言う感じになります。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)








 これを 一般的に 『こすり打ち』
 もしくは その打撃にとって 一番肝心な部分を
 手で行いますから 『手打ち』 と呼ばれるのです。」

受講生「!!!」

店長「この ヘッドの使い方 ですと
自分の方に ボールを掻き込むような
ボールの下、ボールの底をフェースで撫でるような感じ
 になる訳ですが、
 打ち出しの高い 初速の遅い球になります。
 フックとか、スライスは 人によって異なり、
 こすり打ちだから イコール
 全部がスライス と言う訳ではありません。」

受講生「!!!!!」

店長「この動画では 協力して頂いて、
 わざと こすり打ち をして頂いたのですが、
 お薦めはしませんが、アプローチショットなどでは
 時と場合によって こういう風に打つコト "も" あります。

 動画の後半で こすり打ち でないモノと
 こすり打ち を比較していますので 見比べてみて下さい。

 動画の途中で 白〇で囲んだ 腕とクラブの状態、
 このままの状態で からだを廻せば良い のですが、
 どうしても ボールを拾いたい、届かせたい、
 色々な理由はあるとは思いますが、
 ここから 腕さばきで クラブを下に振ってしまっています

 当然、はっきりとした腕さばき、ターンをするには
 からだの回転を止めなくてはならず、
 その結果、インパクト前後で 伸び上がる動きは必然、
 になってしまう訳です。

 結果、から逆戻し していくと
 こすり打ち は スライス、
 フェースが開いているとか、
 ヘッドの横の動き と考えているフシが強く、
 impact時、どうしても フェースを閉じたい(左に向けたい)
 それをするには 左腕・左グリップの止まり が必要で
 おそらく…ですけれど、インパクト=打撃 の感覚は
 止まった左サイド、 〜左脇と左腕の絞り
 左脇と左腕が ギュッと絞られる感覚 が
 こすり打ち 〜手打ちをされる方の特徴だと思います。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(3)

 この感覚は あとあと悪い意味で尾を引くのですが、
 その からだに残る 絞り と言えば良いのか、
 窮屈な感じが「その方の打撃感、ショット感」なので
 その部分の『存在しない』つかまえるショットへの移行、
 その 感触の無さ、止めた左サイドと左腕が
 ボールの衝撃や運動を受け止める感覚の無さ が
 かなりの壁になったりします。      よね Rさん⁈

 ボールをつかまえていく には
 左サイド、左腕の 継続的な移動が必須で
 からだを止めず、左サイドも回し続けますから、
 当然、左肩はボールから遠ざかります。
 しかし、ボールを打たなくてはなりませんから
 グリップはボールの方に残るので
 必然的に 左腕は上がっていきます。
 impactも含め、impact以降の 左腕の継続的な「上がり」
 が つかまえの条件と言っても良いと思います。
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(4)

 比較動画 を見て頂くと分かり易い ですが、
 こすり の方は フェースターンを必要としているので
 インパクト直後、左腕の低さが継続します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ニュードライバー(SYB EZ-05改)を手に、

あの後23ラウンドしてまいりました。

240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n

待望の一発、ついに出ました!

ランも含めてですが推定280は行ったのではないでしょうか。

すさまじいドライバーです、、、

しかしまだその一発だけなのでカウントには入らないですが、

230250はチラホラ出るようになってきました。

やはり打った、叩いた、という感触がなく、

いつの間にか打ち終わってた?時ほど、よく飛びます。

ここですね〜;私の課題は;


ドライバーに合わせて1インチ長くなったフェアウェイウッド

まだほとんど打ってないのですが、

長くなった分、ヘッド重量などバランスを

ものすごく丁寧に仕上げていただいているので

以前とそん色なく同じように打てます。

この目に見えない感じる部分の調整さすがだなぁ、

と思いました。

IMG_1363

そして伝家の宝刀ブリストル

しばらくデール9を使っていたおかげで?

あらためて色々と気づかされる事ができました。

野澤さんの言っていたテークバックのしやすさ、

今だとものすごく良く分かります。

この構造と重量そして視覚効果、

まさにクラブ扱いの基本が詰まっているパターですね

またまたオリンピック全勝しちゃいましたよ、

そのうちもう一本買えるかも、、、は言い過ぎか、、、

というくらい入ります()

 

c42c12f0

おかげで人生初の78ストローク出ました!

感謝です!あのド下手くそだった私がまさかの、、、

やっぱり良いゴルフは良いクラブからですね。

びっくりと嬉しいの混ざった何とも言えない感情です、、、


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「一般的に スイングを造る、スイングを覚える、
 にあたって、ボールを『ゴルフクラブでつかまえる』を前提に
 スイングを造ろうとしている人が少ない気がします。」

受講生「どういうコトです❓」

店長「ボールを打つ、ボールを移動させる は
 つま先でボールを蹴っても、
 野球のバットやテニスラケットでボールを打っても可能です。
IMG_0526

 『ゴルフクラブ』でボールを打つ というのは
 当然ですけれど、ゴルフクラブの機能を活かして打たない
 意味がない訳で、
 ゴルフクラブの 長さ と ロフト は
 基礎的なゴルフクラブの機能です。

 ボールをつかまえる は そのクラブの長さとロフトを活かし、
 個々のクラブの長さなり、ロフトなり にボールを打つコト です。

達人のココから盗め_Moment(5)

 逆に言えば、ボールをこすって打つ 方法は
 クラブの個々の長さを無視し、ロフトも無視して
 打ってしまっているので とても勿体ない 訳です。

 一般的には ロングアイアンよりも ユーティリティクラブ、
 ユーティリティ よりも フェアウェイウッドの方がやさしい、
 ボールを上げ易い とされるのは
 重心位置が深く、インパクトロフトが付けやすい のと
 入射角度が緩くなり易い が理由なのですが、
 こすって打つ打ち方では 必要以上に緩い入射角度 にして
 しまうので 入射角度がなくなり、あおり気味、しゃくり気味に
 ボールに入ってしまうので
 その重心深度を形成している ソールの奥行きが
 地面に干渉してしまう という パラドックスな訳です。」
411BK-5

受講生「フェアウェイウッドがあまり好きでないアマチュアは
 多いと思います。」


店長「ドライバーに比べ フェアウェイウッドの方が
 シャフトが硬い場合が多い と言うのも要因の一つだと思いますけどね。

(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)

 アプローチの場合 なんかは
 『スピンを掛けよう』として
 元々 ロフトの大きなウエッジを
 より丸く振ろうとして、緩く入射させてしまい
 打ち出しは高くなるけど 逆にスピンは減る という
 こすり打ちをワザとしてしまう というギャグのような話し です。」

受講生「あるある、ですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと 今回のテーマから横道 に逸れるのですが
 このデータから 色々と面白いことが見えてきます。
クラブ別スペック
 一般的に フェアウェイウッドははらって打って
 アイアンは上から打つ
 みたいに言われる訳ですが
 3番ウッドは 43インチ 幾ら欧米の選手が含まれる とは言っても
 女性の身長からするとかなり長尺に相当しますから
 こうなるのは仕方ない ですが
 →入射角度 -0.9 ほぼレベル ですね


〇41.5〜42.0インチクラスの 7番ウッドの入射角度が -3.0 度で
〇37.5〜38.0インチクラスの 5番アイアンの入射角が -1.9

 両方とも マイナス 上から入っていますが
 あえて言うのならば
 👉5番アイアンの方が はらって打っています。

 雑誌などの大嘘 というコトになります。

 全員の『平均』データなので 推測によるところが大きいですが、
 フェアウェイウッド の方が 重心深度も深く
 長さもあるので ボールを浮かせる能力が高い、
 しっかり つかまえて打っても ボールが浮く。
 一方、プロとは言え 女性にとっては
 ロング・ミドルアイアンの方が上げにくく、
 本能的にか、感覚的にか、 つかまえ切れていない、
 上がるように振ってしまっているのではないかと思います。
IMG_0496


 また この表には乗せきれませんでしたが、
 8番アイアンから サンドウエッジ まで
 徐々に入射角度が緩くなって来ます。

 と、同時に スピンの量の変化も少なくなってきています。

 ゴルフクラブは ロフトとライ角度 の兼ね合い が
 実質的なフェースの向きで
 同じ ライ角度の推移、ロフト角度の推移 でも
 ロフト40度超えると フェースが右打ちにとっての左向き、
 その度合いが強くなるので
 左へ行くのを避けるため やや こすり気味に打っている
 と考えて良いかと思います。

001002







 私個人の意見としては
 ドライバーから アプローチまで
 同じやり方を通す方が良い と考えていますが、
 つかまえる を理解出来れば、
 同時に こする も理解出来るので
 場面によって 意図的に「こする」も出来るようになる
 とも考えています。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
つかまえるコト と こするコト
 それは ロフト と ヘッド(クラブ)の進行
 の 縦の関係 から造られます。
逮捕術 2022夏_Moment

 ふたつの 最大の違い は
 つかまえる には グリップとヘッドの移動量がイコール、
 グリップが動いた分、ヘッドが動くコト✊ で
 こする は ヘッドの方が多く動きます。
e00bf7e6002





 動画で比較すると
 グリップが動いた分、リニアにヘッド、クラブも動き、
 こする方の絵では ヘッドがフリーに動く瞬間が

 発生します。」


受講生「確かにねぇ…。」

店長「勘違いしている方が多いと思うのですが、
 つかまり の良いショットは 飛距離に有利、
 なのではなく、安定性、再現性に有利 なのです。

 これまた ゴルフクラブのややこしさ、意地悪さ ですが、
 こするショットは イコール スライス ではないですが、
 スライスになり易いので 飛距離ダウンにつながり『易い』ですが、
 つかまる イコール フック ではなく、
 確かに こする+スライス気味 よりも
 飛距離は出るかも知れませんが、
 『そちらが 主 ではないのです。』

 自分の グリップの動き に
 ヘッドの動きも、そして 速度も リニア に動くので
 管理、コントロールするコト や 修正するコトが
 フリーに動かしてしまうよりも 遥かに容易です。

 また ヘッドをフリーに動かしてしまうと
 そのヘッドの作り出す 遠心力や重さ、
 そして 長さなどの変化などがありますから
 グリップの位置やからだの姿勢 が影響を受け易く、
 ヘッド姿勢やヘッド軌道が同じになり難いのです。

 つかまえるコト が 飛ばすコト は
 間違いでは無いですけれど、
 そっちが 主ではない、
 『安定度、再現度を兼ね備えた 飛ばし』
 だと理解していないと 結局、
 飛ばす雰囲気に負けて ヘッドをフリーに、
 ヘッドを振ってしまうことになりかねません。」

受講生「ソレ、すごい分かります。」

店長「過去に それに類似した記事を書いた気がしますが、
 打った後、スイングを終了させるため、
 動作の減速に入るのですが、
 その時に、ヘッドには運動の慣性が残っているので
 打ち終わった後、フリーに動く瞬間はあります。
 ✊怪我をしない為に そこはフリーにすべき ですが、
 その ヘッドがブルン とフリーに動く瞬間 が
 ボールを打つコトではありません。

 ソコを誤解している人が多いです。」




店長「実はこのデータが物語っているのですが・・・。」

受講生「これは なんのデータですか?」
クラブ別スペック
店長「2019年位だったかと思いますが、
 トーナメント出場中の ほぼ全員の女子プロのショットを
 平均化したデータです。

 ここで 注目して頂きたいのが
 データとして 左から2番目の アタックアングル
 つまり ボールに対するヘッドの入射角度 の数値(角度)ですね。

 アイアンなどの 半インチの長さの違いが
 しっかり と 入射角度に表れています。

 ボールをこする クラブ扱いですと
 倶楽部に関係なく、入射角度は自分で作る形になってしまいます。

 アイアンなどの 半インチの長さの違いが
 しっかり と 入射角度に表れています。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールは球体ですので
 圧力がかかると 逃げるところを探します。
 それを防いで 圧力をボールの移動速度(初速)
 ボールの回転、飛び出しの角度に変え
 それぞれのロフトなりの距離
にしたいのが
 ショットであり、その方法がスイングです。
IMG_0662
極端ではありますが、
ボールを『とらえる』『つかまえるとは
このようなイメージが基礎です。
(こする つかまえる_Moment(2)
 クラブの長さ にもよりますが、
 その長さ分 ヘッドはボールの上から入って来ます。
 例えば ロフト25度位(9番相当)のウッドの場合、
 だいたい 5度位の入射角度で入って来ます。
 impact時のヘッド姿勢は 地面基準で20度…それ以下
 になっているのが そのクラブなりの「つかまった」状態です。
813ca594-sdf713d9f-s





 逆に こすった状態とは
 入射角度が減り、地面基準のロフト姿勢も
 大きくなっています。
IMG_0489ウッドやアイアンなど機種に限らず
ある程度 少ないロフト 40度位ですかね、
それが ちゃんと 入射角度が取れて
ボールにコンタクトすると、
ボールはつぶれ フェース面を滑りません。

 練習場のボールでは確認するのが難しいですが、
 ボールの打痕、ディンプルのあるような打痕になり、
 ボールが縦に滑るような跡は残りません。
IMG_048645度を超えるようなロフトのクラブになると
ちゃんと クラブを動かせたとしても
一般論で言う「つかまった球」にするのは難しく、
そのロフトなりにはつかまってはいるのですが
ボールの跡も 縦に逃げるような状態になります。

 同じクラブを 同じヘッドスピードで打っても
✅つかまったボールは
 ボール初速は速く、スピンは多め、打ち出しは低くなります。
✅逆に こすられたボールは
 ボール初速は遅く、スピンは少な目、打ち出しは高くなります。


 ここまではわかります?」

受講生「はい。なんとか。」

店長「ショットにとっても、スイングにとっても
 とても大切な部分です。
 
 ただ ゴルフのちょっと困ったトコロ、
 嫌らしいトコロ があるのですが…。


受講生「?????」


店長「例えば つかまった球、つかまりすぎた球は
 こすった球 に比べると ボール初速は速い のですが、
 スピン量は多く、ドライバーショットのような
 元々 ロースピンであるコトが特徴のショットでは
 距離を損してしまうので 適度にこすられた弾道になるよう
 クラブとして進化しています


 また 楽しんで行うアマチュアのゴルフには
 必要だとは思いませんが、
 アプローチなどでは その状況によって
 わざと『こすった球』や『中途にこすった球』を
 打つ場合 があります。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(6)

 ドライバーショットはティーアップをしますから
 その分、ボールを左(右打ち)に置き、入射角度がなくなるようにし
 必要以上の つかまりを防止しています。

 アイアンの方が ボールは中め ですよね?」

受講生「若干ですが ハイ。」

店長「プロのように 一打にお金や名誉が掛かっている場合には
 アプローチなどでは つかまえ と こすり を
 選択して、使い分けるのですが、
 アマチュアには 基本、必要が無いと思います。

 ドライバーは ティーアップ と ヘッドの重心構造
 によって 自動的に つかまりを調整してくれますから
 自分でする必要はありません。 無視してください。

 アマチュアは ドライバーからウエッジショットまで
 つかまえるコトを重視した方が良いと思います。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今回の夏期講座 の テーマ は
 つかまえ  ボールのつかまり です。」

受講生「はい。よろしくお願いします!」

店長「まず これは はっきりしておきたい✊✊✊
 のですけれど
 ボールのつかまり は
 アウトサイドイン とか フェースの向き など
 横の動き  フェースの左右の向き
 とは 基本、関係がありません
スナップショット 2 (2015-04-14 13-48)

 ボールのつかまり の対語 になるのが
 ボールのこすり なのですが、
 つかまり にも、 こすり にも
 スライスもフックもあります。」

受講生ええええええええええ

店長「一般的には つかまり →フック
 こすり →スライス  と思われていますが、
 そもそも それが間違いの元 の可能性が高いです。
 つかまった スライス もあれば、
 こすられた フック もあります。
 こすりフックは一番性質が悪いですね💦」

受講生「では、ボールをつかまえるとは どのようなコト、
 どのような状態 なんでしょうか❓」


店長「そのクラブ、そのクラブのロフト がポイント です。
 それぞれのクラブのロフト に 対するモノがつかまりなので
 意味はないのですが、あえて 比較論で言ってしまえば
 元々 ロフトの立ったドライバーが
 つかまえに関しては一番容易・簡単 で
 逆に ロフトの寝たウエッジはつかまえるのは困難です。」

受講生「えええええええええええ
 ドライバーが一番つかまらないのですがー−−。」


店長「スライス しているから…そう思うだけ でしょ。
 まあ ゴルフクラブの打撃部分、ヘッドの構造上、
 フェースが開く、右打ちであれば右を向く、
 右回転(スライス)であれば 軌道の進行よりも開きが大きい
      と
 ロフトが大きくなってしまうのは 親和性が高いので
 つながり易いのですが、基本は別なモノ です。
ドライバーの入射角度114


 ただ 似た発想 ではあるのですよ。

 左右の回転は ヘッドのその左右の進行(軌道)に対しての
 フェースの左右の開き具合 で
 つかまり とは ヘッドの上下の進行(軌道)に対する
 ロフトの上下の開き具合 と言えば良いでしょうか…。
ボールを拾う 正誤表

 インサイドアウト や アウトサイドイン、
 フェースが(左右)に開いている、閉じている、
 に関しては 誰もが敏感、神経を使っているのですが、
 ヘッドの縦、上下の軌道に対して
 ほとんどの人が 無視 してしまっているのが
 ゴルフショットやゴルフスイングの迷路に入る原因
 と言って良いと思います。


 ボールをつかまえる要領 が
 クラブの動かし方、つまり スイング と言ってもよく
 ボールをつかまえる要領を理解すれば
 それが スライス回転だろうが、フック回転だろうが
 どっちでも良くなりますし、
 正直、アウトサイドインとか、インサイドアウトとかも
 どうでもよく思えるようになります。」

受講生「!!!! そうなんですか⁈」

店長「ですねー。
 正規な形で ボールがつかまえられる のであれば
 それを からだの回転でやろうが、手でやろうが、
 どっちでも良いですし、
 覚える感覚で カラダ主体なのか、手が主体なのか、
 どちらでも良いと思いますよ。

 ただし 正規な形で ボールをつかまえていくと
 自然に からだの回転主体にならざるを得ませんし、
 軌道も インサイドアウトっぽく なっちゃいますけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの向きが伴うのであれば
 積極的に 手を動かす 『手で叩く』のはアリ
 でいいんじゃないですか❓」
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

Rさん「まあ その方が馴染みが良いですし、
 満足感ありますからね…。」 


店長「手を使う 👉クラブをリリースする訳ですが、
 そのタイミングによって
 『何を』リリースするか 変わって来ます。
 何を、と言えば良いのか
 どのように クラブ・ヘッド・重さをリリースするか、
 と言えば良いのか…。」

Rさん「どういう意味です??」

店長「からだの回転であっても
 手を積極的に、主に使うであっても
 飛ばす と 安定 を 両立させるのであれば
 ロフト方向というか、
 スイングの進行方向、軌道に対して サポート、
 腕・手であれば 押して、支えてあげたい のですが、

 先に からだを廻してしまって
 あとから 手で振る になると
 クラブには 横の重さ、
 回転に対する重さが残ってしまうので
 キャスト、ライ方向に振らなければならなくなってしまいます。

 からだの回転で作るであろう 円弧 に対し、
 クラブの長さの円 を 別に作るような動き ですね。」

Rさん「クラブの 縦と横 みたいな感じですか❓」

店長「そですね。
 比較動画を見て下さい。
◎普通に打って頂いているのと
◎体重移動を積極的に行わず 右体重のまま
 手で打って頂くイメージ の二つ では
 前者 が先行して からだを廻すが故に
 クラブが寝てしまうような形、重さになり、
 のちのち キャスト、ライ方向に振らざるを得なくなります。

 そして それが故に、
 左グリップが支点になる クラブが反転する間、
 左サイドは回転、移動が出来なくなり
 詰まってしまい、上に逃げてますよね。」
(Rさん 夏の暑い日 202207_Moment(2)

Rさん「確かに…。」

店長「ですので  どうせ 手で打たないと満足出来ない
 のですから、積極的に 右に体重を乗せたまま、
 先に リリースしちゃう感覚を得て欲しいのです。」

Rさん「体重移動はしないのですか❓」

店長「体重移動は からだの向きが変わる 副作用
 に近いですから 右を向けば 右が軸足、
 左を向けば 左が軸足 になるので
 自然にしていれば 付いて来ます。

 からだの回転✋ を意識し過ぎるあまり、
 先に「踏み込んで」 は
 先に「からだを廻して」 ですので
 より 悪い形の手使い キャスティング になってしまいます。
(Rさん 夏の暑い日 202207_Moment

 キャスト の リリース…
 クラブをライ方向にリリースしては
 どんどん ロフトが増えていくコト になり
 クラブが 縦に縦に 動こうとするが故
 左サイドが止まる、伸びる、上に逃げる ですから
 良いことはありません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


現代のゴルフクラブは重心が低く、深くなって

上がり易くなっています。

現代のゴルフクラブは慣性モーメントも非常に高く、
ミスへの寛容性も高くなっています。

 故にプロゴルファーのようにターフを取ったり、
無理に、上から叩いたりする必要はありませんが、
効率よく飛距離を稼ぐ と 安定、再現性 を
追求していくと 彼らのノウハウから盗む方がベター
 です。

リリースは手首の解放ではありません_Moment


これは やはりアプローチ、
もしくは ミニショット でトライしてみて下さい。
(利用するのはウエッジで無い方が楽かもしれません)

ハーフショット程度の距離(50-70ヤード)で良いと思います。

➀右手の手首のスナップはロックしたまま打つ

 には先日のブログの通り、
 アプローチの ココから始めてみよう‼ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
ヘッドから肩まで、腕とクラブの長さが短い ですので
 何かの形で ボールに近づく必要が生まれます。

 左に体重を移し、からだを廻すしか ないでしょう。

 この場合のリリースは
 からだの回転によって動く左グリップに対し
 腕を伸ばすことを拒否していない、
 積極的に 腕を伸ばすコトはしない…感じ です。
 右サイドの下がり防止の為、
 姿勢維持の為、伸ばしている、長さを戻している、
 と言えるかもしれません。 

リリースは手首の解放ではありません_Moment(2)


➁右手の手首を意図的に解いてみましょう。

 おそらく ➀→➁の順序でトライすると ダフリます。
 逆の ➁→➀の順序だとチョロか、トップですかね。
 
 利き手(右打ち)の伸ばし イコール スナップの解き
 である限り、その解きのタイミングで
 からだの回転も止まり、
 ➀に比べると右脚体重になりガチ です。

 ふたつを交互に行うと
 右の手首(スナップ)のリリース が
 そのまま 左肩の上への圧力になるのを感じるかも知れません。

 この場合、右腕を伸ばすコト『リリース』が
 打撃の主になりガチ です。




多くのプロゴルファーは
意図的に何か理由が無い限り、
アプローチ、アイアンでは 右のスナップはロックしたまま
からだを廻す、左向きをします。

リリース
よく使われる言葉 ですが、
『クラブの走り、シャフトの走り』 
直接打つコトには関係が無く、
どちらか と言うと 長い棒状のゴルフクラブの納め方
運動の終わらせ方、処理の仕方 に近いと思います。
つまり 「打った後」のコト です。

打つため にリリースしている のではない
打った後の行為を 打撃の主にしてはイケマセン。

リリースは 腕の伸ばし(長さの回復) であって
 手首の解放ではありません。
腕の伸ばし の結果、手首が解かれるのであって
手首を解くためにリリースをしている訳ではありません。


しかし、現実には そのリリース
具体的に言うと
 右手のスナップの解き を打撃の要 にして
ボールを打っている人が少なくない ですから
それをするな とは言いませんが、
せめて グリップエンドがボールを追い越してから
 する位に留めて下さい。


打った後まで
 スナップロックをキープして置く必要はありません。
自然な解け に任せた方がからだは楽です。
ただ 少なくとも
 グリップエンドがボールを追い越すまで は
 スナップは解かないよう意識しましょう。



理想的には スナップはロックしたまま
  からだを廻す です。

2021-04-17_15

これが 上からボールを打つ方法 です。
言葉遊びの様ですが、
  上から打たない、
  ヘッドを下に落とさない、
  のが 上から打つ 方法なのです。


皮肉ではありますが…
「ヘッドを」上から入れる その言葉通りにしてしまうと
結果は しゃくって打つ、下から拾う になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で『振る』のは
 手を使わない訳ではないです。
 ややこしいですけど、主に 手で円を描かない、
 からだの回転を主で円を作るコトで
 手を使わないコトを指す訳ではありません
井上2020725_Moment

 からだの回転と同期するのなら
 形式上、からだの回転の補助になる…
 円を描くのが からだの向きが主であれば
 どんどん 手は使って良いんです。」

Rさん「からだの回転✋✋ って言われると
 手を使うのが 悪い みたいに思ってしまいますよね。」


店長「ですね。
 でも 一旦、腕さばきで クラブが短く、
 円弧で言うと 小さな円になっている訳で
 元に戻さないと 正常な円の大きさに戻せない。
 間違えてはイケナイのは 円を大きくすればするほど
 良い訳では無く、多少の許容幅はありますが、
 それを 上回る 円弧の大きさを造ってしまう と
 からだの回転では 円弧を造り切れなくなっちゃうので
 適時、適切な、 円弧の大きさ と言う意味です。」
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)







Rさん「ソコ 難しい…ですか❓」

店長「いえいえ
 難しくなってしまうのは スイングのタメ みたいなモノを
 からだの向きに対する 腕の遅れ にしてしまうからで
 クラブ、先端の重さのヘッドは遅れていいんです。
 腕まで遅れさせちゃうと
 からだは回していても 最後、打つ時、
 手で振らなければイケなくなってしまう、だけです。

 どうしても… ってところはありますが、
 手で振らないと 満足出来ない方✊
 充実感を優先させたい方✋
 ソコソコ 腕力に自信の有る方✋

 は 積極的に 手、まあ この場合は腕 というか、
 切り替えし で 腕のリリースから『始めて良いんですよ。
 
 だって 積極的に 手で打ちたいでしょ❓」

Rさん「!!!!!!!!」

店長「言葉で伝え難くはありますが、
 バランスボール(重たいモノ)を持って
 トップの位置のように 腕をたたんで
 そこから からだを廻すと、
 バランスボールの重さが増し、
 腕をたたんでいられなくなり、
 結果としては 腕、右打ちであれば右腕は伸ばされます。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 腕で打ちたい人、腕を強く使いたい人 は
 それを 積極的に、 先に やるのも アリ です。
 右打ちであれば 右腕の伸ばし、
 リリースですね、
 それに からだの回転が追い付かれなければ良いのです。

 スイングで言う 左腕 というのは からだの回転
 のコトを指します。

 一般論では からだの向き、回転に対しての 腕は補助、ですが、
 その反対であっても 同期していれば、
 からだの向きで 左腕が、右腕に追いつかれずに
 逃げ切ってしまえば 良いだけ のコトです。
 どちらも 追いかけっこ であるコトに変わりはないです。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

 からだの回転を 主 と思っても
 腕が からだの向きについて行かず 遅れれば
 👉 結局、手で振らざるを得ない、
 プロの試合でも そんなミスは山ほどあります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「単純なイメージですけど、
 遅れるのはヘッドで
 スイング用語でいう タメを造る って
 からだの向き、からだ、 そして 腕 に対し
 ヘッドが遅れていることを指して、
 一般的な 手打ちは
 からだに対し、腕が遅れている、
 いえ 腕を遅らせている の違いなんですね。

 なんで 遅れさせるか って言うと
 ボールを打つところの 円は手の返しで作る、
 人によっては 作りたい。
 ソコ 円ですので、からだの回転は作用していない、
 つまり からだの回転が止まるタイミング が無いと
 手で円を造れないんですね。」

Rさん「ソレって ごく最近 感じました。
 手でクラブを返している時、からだ、
 主に 左側ですけど、止まってるんですよね。
 まぁ 考えてみれば 止まって無いと
 手で振れないですからね…。」


 店長「からだ、からだ、からだの回転 で
 って意識すれば するほど
 先に体を廻して、その止まり 左サイドの壁 の
 反動で 手を振るコトになるんですね。
(からだの回転と腕・クラブ_Moment

 で 一度、体験してみて欲しいんですけど…、
 ドライバーだと ちょっと苦しいですが、
 アイアンの中途な番手、8番位でしょうか、
✅トップの位置で 腕とクラブはロックのイメージ
 
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentバランスボールのドリル
のとこで話してますけど
からだの向きを変える、からだを廻すと
バランスボールに遠心力が掛かって
曲げていた腕、短くしていた腕、
それを キープし続けるの辛くなりますよね。
その 不可抗力を使って
伸ば『されて』しまう両腕が
こんな感じになるように イメージする、
フェースはやや シャット気味ですよね。
意識的なリリースはしないで
 あとは 左を向く 👉回り続ける。

 上から打とうとして グリップを下げ続ける
 意識して 下げようとすると
 インパクト、インパクト以降で からだは止まってしまうので
 意識としては 必ず グリップは上に逃がす、
 大袈裟ですが 打つ前にはグリップを上げ始める、
 ダウンスイングから 上げる位でもいいかも です。
 それを やると・・・。」

Rさん「打った気がしないと言うか、
 自分が打つ前に当たってしまう、と言うか…。」

店長「そうそう ソレソレ。
 そこ感覚が一番鍵になるんですよ。

 今はドリルですから 動作の速度もすごく遅い。
 なのに 感覚的に インパクトはすぐ、早く来る。

 今までは
,らだを廻して(からだの回転を意識しているから余計に)
∈犬諒匹鯊い辰董]咾鮨ばし始める
➂クラブを振る クラブターン/フェースターン

 と言う行程 が有ったんですけど
 このドリル では
 ,里らだを廻すと △来るところでインパクトが来ちゃう。
 このドリルに比べると
 今までのタイミングでは
 左の壁でからだを止めるので 分かって無かったけど
 左に振ってる感じが強いですが、
 このドリルでは 右に・・・ って言うか
 ウチの練習場であれば
 まるで 鏡の方に打ってるほど 違いがあると思います。」
中島20202_Moment

Rさん「全然、全然 違います。
 まるで 違うスポーツをしているほど
 タイミングが違います。まるで違う。」


店長「ですです。
 そのタイミングを掴んで欲しいんですね😄」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rさん「手で振らない感じを教えて貰いたいのですが…。」
会田20210701_Moment

店長「そうですねー。
 手で振っても大丈夫なのは
 やっぱり 若い時だけですからね、
 私たちの年齢だと 腕立て伏せとか、懸垂とか
 出来ても 回数とか、長時間とか もちません。
 
 歩くこと に関連する脚力は
 腕力に比べると 耐久性もありますので
 出来るだけ そちらにシフトしたいですよね。」

Rさん「はい。
 中途半端な からだの回転 って
 ヘッドを返していない分、つかまりが悪く、
 スライスになって 飛ばないので 悩みます。
 手でヘッドを返せば 飛ぶのですが、
 持続性は乏しいですし…。」


店長「あと 最近のゴルフクラブ、
 そして ボールは 低スピン嗜好が強いですので
 ロフトも減ってしまう ヘッドターン は
 飛距離につながり難いですし、
 昔のスライスと同じように 大きなミスになります。」
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

Rさん「ほんと…ソレ…。」

店長「悶絶クラブ使用者は 耳タコ かも知れませんが、
 まずは 基礎概念として
 『ヘッドはグリップを追い越さない』という
 意識はとても大切だと思います。」

Rさん「最近、分かり始めてきました。」

店長「スイング動作って
 当然、終わらなければなりません。
 回転するにしても 永遠にくるくる回る訳にはいかない、
 ですので スイングの終了に伴って
 動作の減速、停止、するんですが、
 その際に、速度の上がっていた クラブ、そしてヘッドには
 まだ 運動の慣性が付いていますから、
 結果、グリップ を追い越すコト になるんですが、
 そこは 『打った後』の話し で
 それは 『打つコト』そのもの ではないんですね。」

Rさん「はい…。」

店長「ですので 打った後、打った間際 で
 ヘッドが先にいく  のは構いません。
 無理に止めると 手首や肘を傷める可能性があるので
 そこは 自然に流してしまうべきでしょう。

 蛇足ですけど、硬いシャフトだったり
 軽いヘッドだったり すると
 フォローが出ない、フィニッシュに行き着かない、
 って言うのがありますけれど、
 悶絶クラブですと それは無い、
 良くても 悪くても 無理やり フィニッシュに行かされます。
 それを止めたら 痛めちゃいます。

 笑い話ですが、実際、過去に
 それをデモンストレーションしようとして
 痛めた方がいらっしゃいます。


 ですので 『ヘッドを走らせよう』
 なんて言葉に踊らされないようにしないとイケマセン。」 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ジガーとか、チッパー って知ってます?

忘れられた?
 あまり使われていない ゴルフ用語というか、用品用語に
「ジガー」とか、 「チッパー」 とか あるんですけど
知っていますか?
IMG_0039

これは まあ パターの長さに
ロフトの付いた アイアンで言うと
8番とか、9番位のロフトのパター版 って感じです。

飛ばしたくないけど
ほんのちょっとだけ 上げたい というか
1ⅿとか、2~3ⅿ のほんの少しだけ キャリーが欲しい時の
 グリーン周りなんかに使うんですね。
✋アメリカやイギリスではごく普通に使っていますね。

アプローチの打ち方…
 そんなことにこだわりたくない人 には
とても重宝されていると思います。


何故 日本の巷であまり目にしないか、というと
やはり 単体として数が売れない ので
商品として、売り手、造り手側が
 無視しちゃってる部分は否めません。

私は グリーン周りのアプローチが苦手 と言う人は
積極的に使っていいんじゃないかな とも思います。
✋公式な競技とかで ゴルフバッグに入れて置ける
 クラブの本数はパターも含め、14本が最大
 まあ あまり気にする必要はないんですが、
 本数に余裕の有る方は 検討に値すると思いますよ。
 便利です。


形状的には「ユーティリティ」がいいんじゃないかな
 と思うんです。
フルショットと兼用 って感じですね。
フェアウェイウッドでも良いとは思うんですけど、
ヘッドに厚み、高さが無いので ラフでの潜り抜け が
 ちょっと怖いかも…ですからね



これも 売り手、造り手の都合 なんですけど
 25度を含め、それを超える(それよりも多い、大きいロフト)
のクラブには 溝の規定(正直、何の意味もないですけどね) 
があるので ステンレスの鋳造で作る場合、
その精度が面倒なので 避けるんです。
ですので フェアウェイウッド や ユーティリティ も
 一番大きい ロフトを24度 とするんですね。

商品を積極的に紹介してる訳じゃないんですけど、
 弊社の取り扱いに
KZG の ユーティリティ形状のアイアン があります。
ロフトで言うと
 18.22.26.30.34.38.42度 ってある訳ですが、
   👉34.38.42度辺りのロフト
  その「ジガー」とか、「チッパー」に相当します。


アイアンとして使うと 相当に高い球になると思います。
高い球というか、早い段階で高さが取れる というか・・・。
女性とか、弾道の低いタイプの人、
ボールを上げるのが苦手な人にはいいかと思います。

アイアン ユーティリティ、ウッドの 違いは
長さもありますが、同じロフトでも
高くなるところが違う・・・というか
順に 奥(遠く)に行くほど高くなる
順に 打ち出しは低い というか、
例えば フェアウェイバンカー で使う時、
あごが気になるなら 同じロフトと言う条件かでは
アイアンよりも ユーティリティやフェアウェイウッドの方が
あごを回避する可能性が高い…って感じ、です。

H370_lineup


それこそ、その名称通り、
グリーン周りでも チッパーやジガーとして使え、
便利。。。なんじゃないのかな と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「平らなトコロから打つばかりでないのが
 現場でのゴルフですから
 しっかり 体重を乗せて打っていける、というのは
 それなりの工夫が必要だと思います。」

Kさん「そうですねぇ…。」


店長「私たちの年齢…オーバー50 では
 肩を入れて…胴体を捩じって を行おうとすると
 左腕、左肩 ばかりを入れようとしてしまいます。

 腰や首などへの負担もありますし、

 左腕 で右へクラブを押すと
 両腕も含め クラブが右に倒れます。
 スイング用語的には クラブが寝る と言うんですが、
 そうなると 必要以上に重さが
 からだの背後に行ってしまうため、
 アドレス基準で 前後(ボールの方〜背後)の
 重量配分を前めにせざるを得なくなります。

 コチラの写真をご覧ください。」
((フットワーク((フットワーク (2)((フットワーク_Moment(2)((フットワーク3










店長「4人とも だいたい ですけれど
 トップの位置での クラブの位置は同じ感じ なんですが
 左右の 股関節の位置関係が かなり違う。

 前半の二人は
 アドレス時の飛球線方向 に
 左右の股関節が残った感じ になっていますが、
 後半の二人は

 『右向き』基準の股関節になっている。

 箇所 として 似たような位置から
 クラブを振ってくるのなら
 小さな箇所、弱い箇所、
 この場合は 左腕、左肩を指しますが、
 それをたくさん動かす前者 と
 大きな箇所、強い箇所、
 この場合は 股関節廻りですね、
 それを少なく動かす後者 では
 再現性がかなり違いますし、
 故障をする可能性もかなり違うと思います。
((フットワーク4

 テークアウェイは 前輪駆動、右サイドで
 と言いましたが、右ひじの使い方は
 この 『右を向いた時、
 左右の股関節 も 右を向く、
 それを誘導する為、前傾姿勢に沿って
 (前傾姿勢に対し直角…斜めになりますね)
 右ひじを引いていく』

 この股関節の関係を作るための手伝い と
 考えて良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「もう一点、テークアウェイで
 注意しておきたいトコロ なんですが…。」

Kさん「はい。」

店長「一般的に テークアウェイ、トップの位置では
 体重は右、
 インパクト以降 フィニッシュまで 体重は左、
 と言われるのですが。。。。」

Kさん「反対とか?」

店長「いえいえ そんなことは無いんですが…
(回転とフットワーク_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)
コチラを見て下さい。 



 この状態を見て 体重配分は右 が多いように見えます❓」

Kさん「そう言われてみると…。」

店長「フットワーク中心でスイングをしなくとも
 腰を回そうとしていなくとも 腰の向きは変ります。
 スイングは どこか の軸を作って
 向きを変える、円の動きになるので
 アドレス時の 左右 にこだわり過ぎるのはマズイ のです。
 右を向いた時の 右、というか
 右軸足に体重をかけるには
 アドレス基準で 後方、背後方向に
 重さをかけておく必要があります。」

Kさん「なるほど。」

店長「スイング用語に
    ✊頭を動かすな
    ✊ボールをよく見ろ

 とありますが、間違ってはいないですが、
 そちらを優先してしまうあまり、
 それが故に ボールに近づく ような
 からだをボール側に傾けてしまう ような
 本当の意味での 右軸足に体重が掛かっていない状態
 あまりよろしくない と思います。

 ゴルフだけではありませんが、
 打撃するようなスポーツで
 ボールに体重を乗せる、
 打つ方向、打ち出す方向に 体重をぶつけて行けるような
 ゴルフの場合ですと ダウンスイング以降、
 右に乗っていた体重を 左に移していけるような、
 左に踏み込んでいけるような 準備
 があった方が ボールを飛ばすには有利、
 インパクト時のボールとの衝突質量に負けにくい です。」

Kさん「確かにね…。」

店長「ボールを見るな、とは言いませんが、
 右の軸足にある程度 重さを乗せるには
 アドレス基準で背後に、ボールから離れるような、
 そんな感覚が必要で、
 それを誘導する為に ボールから目を切って
 視線や顔ごと 右を向く、 というのも
 一つの手だと思います。」

Kさん「スイングの軸っていうのは
 どこになるんです❓」


店長「厳密にする必要は無いと思いますが、
 背骨であったり、背骨の外側であったり
 だいたいですが その辺り と考えて良いと思います。
(回転とフットワーク_Moment(回転とフットワーク_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment





 そうすると その延長線上に位置するのは
 あたま であれば、顔ではなく後頭部になります。
 顔ではないのですが、
 ボールをよく見ろ を意識し過ぎると
 ボールと目との距離を保とう とすることになり易いので
 軸が顔側、前目になり過ぎてしまいます。
202176_Moment

 いきなり ボールから視線を切る、
 顔ごと 右を向く って言うのは難しい場合がありますが、
 ボールの方に傾いてしまう、近づいてしまう、
 そう言うタイプのテークアウェイ、スイングをする人は
 総じて 前傾が深い ですので、
 まずは 前傾を出来るだけ浅くする、
 前傾姿勢なんて言うのは 有れば良い ので
 出来るだけ浅くして、
 右を向いた時の 右足に体重が乗せられるように修正
 するのも良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ