◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております



ゴルフスイングを見ていると
ゴルフクラブという長さがある「棒状の物体」
どう使おうとしているのか がとても気になります。
IMG_0339

シャフトの使い方・・・と言うよりも
長いモノ…『棒状の物体』の方が的確です。



ゴルフに限って言えば
「棒状の物体」「長さのあるモノ」の使い方は二つです。

〇1.棒状の物体のどこかに支点を造り
 端と端、両端を反対に、反転させて使う

〇2.棒状。。。シャフトによって 端と端はつながっているので
 両端を同じ方向に移動させて使う




例で言うと 何かの理由によって(例えば毒とか、放射線とか)
何かの操作、作業を壁越し、別の部屋で行った場合(遠隔操作)で
作業箇所と操作箇所が棒でつながっているとします
(ずいぶん旧式な発想ですけどね…)

1.は 壁と支点にして 棒をてこのように使いますから
 作業させる箇所(ヘッド)の移動は
 操作する箇所(グリップ)を 上下左右反対に動かします

2.は 操作する箇所(グリップ)と作業する箇所は
 立体的に全く同じに動かします

images

✋おそらくですが 細かい作業や正確な作業などは
 後者の△任覆い肇瀬瓩世隼廚い泙后
 詳しくはないですが 例えば 手術…とか
 ,両豺腓蓮々咾辰櫃ず邏箸任藁匹い隼廚い泙垢
 角度というモノがある ゴルフクラブには適切でない様な気がします。
 ロボットアームなどを使う場合、反転させて作業はあり得ないでしょう。


意図的に ,鬚靴討い訖佑呂い覆いも知れませんが、
「ヘッドを」「ヘッドを」「ヘッドを」動かそうとする意識の強い人は
結果として その使い方に行き着いてしまうと思います。
8658a3e6-s

クラブヘッドは ゴルフクラブ全体の6割以上の重さが集中しており
それに長さ、そして移動速度が加わります。
動かせば 動かすほど 先端は重くなるのですから
そこ(ヘッド)を動かす意識の強い人は結果として
その増えていく重さによって、自分が動くことになってしまうと思います。
👉自分が軸でクラブヘッドを動かすのではなく
 クラブヘッドが軸になって 自分の位置が回転するような状態

犬が尻尾を振っているか、尻尾が犬を振っているか というコトですね。

重くなる先端を無理やり動かそうとすれば
自分が その先端を軸に回るしかありません。
ダウンスイングでいきなり からだを開いてしまったり
インパクトで 開ききった体を更に動かすため伸び上がったり は
それによる反応なのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ポンポンとすぐには変われないかも。。。だけれど
肘の使い方が変わるだけで
こんなにも変われる。。。と言う実例をご紹介しましょう。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)
以前のスイング…肘の使い方はこんな感じです。
後程「動画」をお見せしますが、
ワッグルの時点で、左手、左腕だけで
テークバックを取ろうとする素振りがありありで
結果、自分の上半身、背骨に対し 平行な位置関係で
あったゴルフクラブ、シャフトは
すでにこの時点で 垂直な関係 90度も立体的に
変化してしまっています。
一見すると ショットの準備として
テークアウェイ(バック)を取っているように見えますが、
基本、腕しか動いておらず
体の向きはその腕に引っ張られて動いたに過ぎません。

では ビフォア・アフターを
スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)
同じ人に見えない。。。
と言えるほど かなり画期的に変化しましたね〜
とってもいい感じ(*^_^*)

体の姿勢に対し、クラブが立った状態 になり
体自体もよく回るようになりました。

これがスゴイナ〜 と思うのは
片や うまく肘を使えていない画像は室内、鳥籠の中で
肘が使えるようになった画像はコースでのものな訳です。



若い力のある方ですので
以前も「当たれば」距離は出ていたとは思うのですが、
スライスも頻繁に出ていたわけで
まっすぐ飛ばすには ひっかけを打っていたのだと
思われます。
肘が下を向かなくなって、外目に張れるようになってからは
距離はもちろんのこと、
スライスをほとんど打たなくなったのではないかと
思いますね〜。

スナップショット 1 (2015-02-06 4-14)スナップショット 2 (2015-02-06 4-15)









二つのスイングでは
フォローの抜けていく
クラブの立ち上がっていく方向と言うか
角度があからさまに異なり
方向性も断然よくなっていると思われます。

色々な努力はあったとは思うのですが、
形だけ比較すると、
単に利き腕の肘が起きたか、寝ているか
それだけの違い。。。になるんですが
かなりショット、弾道、安定度 差があると思います。

がんばりましたね〜^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフスイングの
テークアウェイでは利き肘を外へ張るように
腕立て伏せの腕の感じで、曲げるのである。
それを「クランチの腕(肘)使い」と言う。
スナップショット 1 (2012-11-16 10-40)

勿論、悶絶クラブだけではないけれど
この肘のクランチを出来るかどうかによって
☆ヘッドの重さを打撃にちゃんと活用できるか
☆体の回転でクラブを移動させられるか
☆ボールを上から打つことが出来るか

決まる と言っても決して過言ではない。

そして 肘のクランチは それだけではない。
自分の腕で実験してみて欲しい。
腕を伸ばした状態で手のひらを横に向け
(もしくはもっとわかりやすいので下に向けてスタート)
腕相撲をするように
肘を下に向けて、腕を曲げてみて欲しい。
無理すればできなくはないけれど
自然には腕を捻って、手のひらを上に向けたくなるでしょう。
スナップショット 4 (2012-11-04 11-44)

今度はクランチで、肘を外に張って
腕を曲げてみて欲しい。
先ほどのひじを下に向けたのに比べると
腕が全くねじられず、
例えば伸ばした状態で 手のひらを下に向けてスタートしても
そのまま 肘を曲げることが出来る。
一方、肘を下に向けて曲げた場合
手のひらを下に向けたままでは非常に不自然で
自然にすれば、手のひらを上に向けたくなるだろう。

そして それだけではなく
肘を曲げるときに使われる筋肉も探ってみて欲しい。

肘を下に向けて、腕相撲をする時のように曲げると
使われている筋肉は、その腕の中にある。
ところが、肘を外に張って、クランチしてみると
主に使われている筋肉は背中の筋肉だと感じる だろうか
スナップショット 6 (2011-10-23 0-04)←これはだめよ〜
肘をクランチ(外に張って)して
テークアウェイすれば、体も捩じられず
クラブも捩じられない。
体でクラブを動かすことになる。
そして 腕自体も捩じられないので
肘や手首などを痛める可能性がぐんと減る。
そして、使っている筋肉は腕の中ではなく
背中などの大きい筋肉なので、消耗も緩やか。。。

どこをとっても なにひとつデメリットがないのに・・・

ここが出来ることが クラブ使いのスタートラインだよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ボールが飛んだり、曲がったりするメカニズムは
基礎になる ヘッド重量×運動の速度 (👉ヘッドのモーメント)
このエネルギーが おおまかには
 〇ボールの速度
 〇ボールの回転
 〇出だしの角度
 に
分配されます。

全く同じ条件であれば
よりヘッドスピードが速い か
よりヘッドが重いほど その破壊力は増えます。

ヘッドスピード は速いに越したことはありませんが、
ヘッドスピードを数値として速くしたことによって
ロフトが増えてしまうのであれば 意味はありません。
ヘッドスピード45msの人が打つ9番アイアンと
ヘッドスピード40msの人が打つ6番アイアンの関係に似ています。


IMG_2813Trim(2)_Moment


ロフト の「効果」は
スライスが出るメカニズムと同じで
ヘッドの移動の軌跡、ラインに準じます。

ここが悩ませるところ・・・です。

単純にしますが、
静止姿勢で 同じヘッド姿勢(ロフト25度) であっても
〇その軌道が 10度の下り であれば
 打ち出しは15度(25-10)
 35度(25+10)のロフト分のスピンが入ります。
〇その軌道が 10度の登り であれば
 打ち出しは 35度(25+10)
 スピンは15度分(25-10)になります。

813ca594-sdf713d9f-s









✊これのどちらが飛ぶか と言う問題 は
 そのクラブのロフトと長さ(入射角度)ヘッドスピードによって異なってきます。


 ご存知のように ルール上、ティーショットは
 ティアップして打つコトが可能です。
 事実上、空中に浮いたボールを打つコトが出来ます。
 その分、ボールを左に置くことによって
 無意識で、意識せずとも ややアッパー…上り際に打つコトが可能ですので
 そのクラブを 地面に置いて打つよりも
 打ち出し角度が採り易く かつ
 スピン量を減らすことが可能です。


 ボールを飛ばすには
 スピン量を減らす 👉ロフトを減らす
 かつ そのスピン量でもボールを浮かせられる 👉打ち出し角度が取れる
 方が有利なのは確か です。
 ドライバーやフェアウェイウッドなど ロフトの少ないクラブの
 長さが長いのはそういう意味合いです。

 しかし それは道具の仕事や
 ティーショット時のティーアップの恩恵によるものであって
 意図的に アッパーに振るのはお勧めしません。


1.余りあるヘッドスピードであれば 良いかも知れませんが
 ヘッドスピードが速くない人にとって
 逆にスピン不足に陥る可能性も多々あります。

2.アッパーに振ることによって
 軌道はアッパーになっても よりロフトが付いてしまい
 打ち出しも高く、スピンも増える という
 アッパーにしたことによる 最悪なパターンになる例もとても多いです。
8658a3e6-s

3.ここが一番問題です。
 ドライバーショットは大事ではありますが、
 アッパーに振ることによって 地面から打つクラブへの影響は
 非常に、非常に多大です。
 ドライバーであれば ロフトが一番少なく
 かつ 大型ヘッドの重心の深さ、クラブの長さ、
 そして 空中のボールを打つ というコトで
 無意識な、自然な上り際で打てる恩恵は既に十分です。
 次に打つショットは必ず 地面から打つ のです。

 👉アッパーに振る ということは
 上を向いて振る
 ということになります。
 スイング中に、上を向けば 軌道の最下点は後ろ(右)にズレます。
 ティーアップしたボールであれば
 多少のズレの許容範囲はありますが、地面のボールはそうは行きません。

 腰や首などへの負担も 急激に増しますよ・・・( ;∀;)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


一般的にボールを『叩く
イメージ用語ではありますが、
ボールを『叩く』となると 右利き/右打ちの人にとっては
"どう右腕で叩くか⁈"  "どう右腕を使うか⁈"
というコトになると思います。

フェースローテーション、ヘッドの返しを「当たり前」と信じている人
にとって 右腕の使い方は
同時に 茱哀螢奪廚鮟侏茲襪世影阿さないコト につながります。
左グリップがどんどん行ってしまうと
フェースローテーションが出来なく、間に合わなくなってしまうから です。

そして この一連の動きには
✋右サイドのもぐり というのが付いて回ります。
 👉こいつが一番厄介なんです
 
✋✋右腕を使っているつもり、伸ばしているつもり
  実はその実 右サイドを潜らしている
  →体を折っている動き
  動きソノモノ の問題よりも
 自分では右腕に動作させているつもりなのに
 それがからだを折ることになり
 回転が歪なモノになってしまうコトが問題✋

BlogPaint

〇左グリップは出来るだけ動かさない
〇右腕は使う

では 前方のあるもの(左サイド全般)が動いていませんから
前がつっかえて 右腕が使いきれません。
動作をする空間がないのです。
ですので 自分では右腕を使っている「つもり」でも
実際には 右半身事、右サイドが動いて
潜るような動作になってしまいます。

これがダウンスイング以降の回転の方向、角度を
決定的にずらしてしまう、間違えてしまう経緯です。
腰を痛める原因でもあります。


右利き/右打ちの人が 右腕を有効に使う
もしくは 右腕で叩くコト 自体は悪いことではありません。
出来るのなら 是非やって方が良いとは思いますが、
その「右腕を使うため」の時間と空間が無いのに
使えば より難しく、ミスの原因になります。

ダウンスイング、そしてインパクトで右腕で叩くには
積極的に 左腕が下がっていないとイケマセン。

上がった左腕が下がれば 左サイドは左に逃げます。
それによって出来た空間 があれば 右腕で叩けます。
左グリップを支点としたローテーション…とは違った形に
なるかもしれませんが 空間があれば 右腕は伸ばせるので
右サイドの下がる癖、潜る癖が消せる可能性が高くなります。

ダウンスイング、インパクトで出来る限り
右サイドは高い方が良いです。

アドレス時よりも右サイドが低い というのは
イコール その分 からだが開いている というコト です。
フェースローテーション…する としても
からだが開いている分 より多くの『閉じ』が必要になってしまいます。

右サイドは高ければ高いほど 上から打つ機会も増えますし
ごく当たり前ですが、腰などへの負担も減らせられます。


トップの位置では 茱哀螢奪廚篋犬劼犬
クラブの重さや腕の重さが掛かっているのですから
(クラブを捩じらず 右を向いていれば…ですが)
それを 脱力して ダランと下げれば
その行為は同時に 左半身を左へと送って
無意識な体の戻しになっていきますし
それは 左への体重移動を誘いますから
一つのモーションで色々出来てしまいます。



Jack Ni_MomentJack Ni_Moment(2)













左腕を下げず 腰を切って
それから左グリップを動かし、そこからフェースターン…
からだを止めて・・・・・・・・  えええ〜い そんなの面倒ですし
そんなことを一個一個やる程 時間はありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフスイングは 傍から見れば
他人から見れば 円を描きます。
 円運動 などとも呼ばれますが、
それは クラブを持った自分が向きを変える
 右向きから左向きという 向きとして180度変更するからで
クラブ自体を180度ターンさせているのではなく
それを持った 自分自身が向きを変えているに過ぎません。
oto_Moment3oto_Moment(2)








似ているような二つの動きも
ゴルフクラブには 思ったよりも繊細な角度 というモノが
重要になってくるので 大きな違いになります。

フェアウェイウッドであっても、ユーティリティクラブであっても
アイアンであっても 隣同士のクラブとの角度差は 3〜5度ほど です。
それは 時計の針で言うと 一分一秒、これは6度ありますから
この角度差以下の違いしかないのです。

〇クラブを持った自分自身が向きを変えていれば
 自分とクラブの関係は「基本」大きく変化しません。 ところが
自分は動かず 〇クラブ自体を180度ターンさせると
 自分に対して クラブは その動く角度分
 ロフトやフェースの向きが変化し続けます。

アドレス時のボールの位置 や アドレスの向き を考えると
それの意味を失ってしまうほどの変化です。

何かの 基準 ともって アドレスし
それに対してスイングし、ショットする そのものの基準を失ってしまいます。

まして ゴルフクラブはどの機種であっても、番手であっての
形状的にも、重量的にも大変歪(いびつ)な構造をしており
特に 進行方向が右から左になった時、留まろうとする力が強く働きます。
ヘッド自体を動かそうとする動きは
 イコール ヘッドを右に向け ロフトを増やす動き です。

否定的な話ばかりで苦しいですが、
〇クラブ自体を動かす と生まれる 遠心力は
飛ばすためのヘッドスピードにブレーキを掛ける動きになります。
からだの理想的な姿勢を崩す動きにもなります。
利用しない!とまでは言いませんが、
遠心力自体 スイングの助力になるにはなりますが、
圧倒的な負荷、抵抗の方が多くなります。
images

その動かし方では 放っておけば ハイボールスライスかダフリ、ダフリトップです。
それを解消するには スイング中で一番スピードが上がり
忙しい時間帯に グリップを、体を止めて シャフトターン、ヘッドターンが
必須になるのです。

弊社で提唱している 刷毛塗は
自分の体に対し クラブを動かさないために動かす  ???と言うドリルです。
自分の胸に対し シャフトを、ヘッドを 円弧を描かせず
平行にスライド、その距離を維持して移動させることが
スイングの中で 自分にからだに対して同期して動くためのモノです。
重さは動きたがらないエネルギーなのですから
重さの集中したヘッドに構わずに
自分の体の向きの変化にグリップが付いていけるように
その重さを利用するためのモノです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



番手にもよりますが
ある程度の距離(10ヤード以上…)を打つのは
ショットにとって、重要なインパクト付近を
抽出した動きです。

チカラやスピードで解決できないこの距離を打つのには
ある程度 規則的な動きが必要となります。

近いからが故か、ダフッたり、トップしたり
というのが多いように見られますが、
そのミスは殆どは「必然で起こっています」
スナップショット 1 (2017-07-10 15-54)

アプローチショットで
ボールには少々近づいたとしても
少なからずの前傾姿勢 というのは存在します。
ですので、クラブを手で起こしていない、上げていない
としても 体の向きを変えれば
その傾き分、ヘッドは高くなります。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

セットアップ時のアドレスとヘッドの位置関係
この延長線のラインよりも
下の領域は ある種 地面 と考えても良いほどです。

アドレス時の腕とクラブの関係(ディッシュアングル)
を固定し、体を捻らず、胴体〜股関節より上の
向きを変えれば 概ね このラインに沿って
ヘッドは移動、高低という意味ではジンワリ高くなります。

少々右ひじも曲がり、クラブを起こすでしょうから
より上の領域にヘッドは入り込むはずです。


ところが アプローチに苦労されている方の多くは
この下の領域にヘッドを入れてしまいます。
言い方を下げれば ヘッドを下げたことになります。
クラブを上げたつもりなのに 下がったということです。
89aa44d5

テークアウェイの時点から この領域に入れてしまう人も
少なくありません。

本来、体の傾きに沿って向きを変えたのですから
この領域・このラインより下は地面 とすると
この領域にクラブを入れたという事は
自分で新たな空間を創り出したことになります。
実際の地面と自分の作り出す仮想の地面
止まっている筈のボールを動かしながら打っているのと同じです。

まあ 手で動かしている見本なんですがね…。
IMG_0347IMG_0348IMG_0349












想像がつくと思いますが
この領域にヘッドが入ってしまうと
クラブヘッドの重さで 体がその方向に引っ張られ
上を向かざるを得なく、左を向かなくを得なく
なりますから 当然、円弧の最下点は右にズレます。
ダフリやトップになる主原因です。

本来 スイングの入射角度を司っている前傾姿勢
左の股関節の角度を失い、体は置きますから
自分独自の、そのショットの独自の入射角度を
毎回毎回自分で作り出すことになります。

距離も含めた弾道は
クラブの姿勢とヘッドの入射角度によって作られるので
その双方が 毎回・毎回 ということになります。
上がり軌道でインパクトを迎えてしまう可能性も高くなるため
上手く当たっても、本来のその番手より飛ばない球に
なり易いですね。
IMG_0610

アプローチだけではありませんが
本番・コースでは 本来の半分しか発揮されません。
心理的にも その場を早く終わらせたい
 という意識が強く働きます。
体の向きの変更をしっかり前傾姿勢を維持し行う
というのは ジンワリした速度の大きな動作です。
見た目 テークバックっぽいものを手でスッと作りたい
そう言う心理は強く働きますので、
普段のシャドースイングや練習で
しっかりと大きな動きを覚え
 それが
「当たり前」にしておかなくてはイケマセン。

これだけでも かなり飛躍的にアプローチの精度
距離感は身に付きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ