◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト どの位まで打ったこと、あります?
かなりの違いです。 クラブの大きな機能である
打撃力の源である ヘッドの重さと それをどう伝えるか
のシャフトの柔らかさ を体験せずに ゴルフを終えるのは勿体ない‼

クラブに振らされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!
https://www.hummingbirdsporte.com/




❶手だけで振る
➋ミックスタイプ 
 打撃の要は手だけ ですが からだも回すパターン
➂ミックスタイプ  今回 の被検体さん(初めての方)
❹参考例 からだの回転でクラブを動かす



❶始めから ヘッドを振る、クラブを振る
スイングは円である を体現する為、
両手、両腕のさばき だけ で振るのは
出来れば避けたい、ですね。

 ⇒遠心力で飛ばす のも似たり寄ったり…。

ゴルフクラブの重量配分、構造 から考えると
意図的に 遠心力をヘッドに掛ければ
必然的に 手も長く使うこと(からだから離れる)になります。
自分とボールの関係、距離は決まっていますから、
長くなっていく 腕とクラブ、の分、
自分は ボールから離れる、からだを開かない と ボールに当たりません。

両腕のさばきでクラブを振ると
腕やクラブを体に巻きつかせるように使います。
(腕やクラブが極端に短くなる のと同じです)
それが 遠心力によって 長くなるのです。
その差が大きい、その対処 は
 どうすれば良いのでしょうか❓
ダフリやトップ、チョロの
 根本原因にならないのでしょうか❓

また 重要なポイントとして、
ゴルフクラブには 各番手ごとに ロフト角度
という 距離を決める角度が存在していますが、
それは無視されている使い方 とも言えます。
 遠心力「で」 クラブを遠くに投げる競技なら
 それで良いかも知れませんが、
 クラブでボールを打つだけでなく
 そこに 距離・方向 があるのですから
 すこし 冷静に考え直した方が良いでしょう。

➋ ,亮蠅気个に からだの回転、肩の回転を
 プラスしたタイプです。

とても多いパターンですね。
殆どのゴルファーが…と言っても過言ではないかも知れません。
ハミングバードで推奨している
 からだ と 足 の境目、 を 股関節として
 胴体をひねらずに からだそのものを廻す を
 今までのクラブ扱いに そのままプラスすると
 このパターンになるのですが、
 クラブの横倒し、ひねりはそのまま で
 全体の動作が増えるので 基本に変わりは無い。。。
 もしかすると フェース・ロフトの開きは
 より一層増える可能性もあります。
葛谷 2017-2020_Moment葛谷 2017-2020_Moment(2)葛谷 2017-2020_Moment





右ひじをやや外目に張って 高めにしましょう
と提唱するのは
その肘…『かたち』がポイントになるのではなく、
クラブを横倒し、ひねらないコトを実践する為 です。

横(向きの変更)の動きは 胴体の向きの変更に任せ
手では グリップを少しだけ高くするだけ
 右ひじが曲がる分 程度 グリップに高さを与えるだけ、
クラブに 横の動き、ねじりの動きを加えない
というのを 同時進行させないと
 からだ(胴体、股関節よりも上)を右に向ける を
 実践しても 効果は多くありません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





 手で振る、からだの回転通りに振る の分かれ目 にもなりますが、 ゴルフクラブは構造上、 一度、フェース/ロフトを開くと ヘッドの重量で遅れるのは 一層の開き になりますが、 寝かさないで動かすと 遅れをロフトの立ち に変えるチャンスが生まれます。 開いたものが シャフトのしなりもどし で 元に戻す? 閉じる は 幻想、願望、妄想にすぎず、 開いたものを戻すのは 複雑な工程を経た すべて 人為的な動きが必要 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを打ち始めたばかり、
クラブを振り始めたばかり の方だけでなく
既に ボールが打てていて、
コースに出ているような方 にとっても
(言葉にすると ややこしい ですが、)
『ゴルフショットは
 一般用語として、クラブを振ってボールを打ちますが
ヘッド単体、クラブ単体を振ろう としてしまうと
角度と言うモノがあるので あとあと苦労しますよ』

の意味合いを掴んで貰う、
認識して貰うのは とても大変です。
そのややこしい言葉の意味も伝わらない…です。

ボールを当てたい
ボールを飛ばしたい

 それは 誰しもそう考えます。
ボールが当たるのはヘッドで
速さも含めた そのヘッドの当たる強さが 飛距離の源
それも モットモ です。

ゴルフはゲームとして
ほかのスポーツよりも 一度の動作は少な目、緩め で
動きの激しくないスポーツではありますが、
長丁場のゲームです。
プロの試合になれば 3日連続 4日連続
延べプレイ時間 20時間以上なんて言うのは ザラにあります。
ボールに当てる は 絶対条件ですが、
飛ばす だけでなく 定めた距離や方向 なども
ゲーム攻略の大きな要素 です。
アプローチなども含めると 数十回、
時としては 何日にも渡り100回を超えるようなショットで
ゲームは構成する訳ですから
再現性、反復性 がとても大切です。
IMG_0340

ボールが当たる ヘッドは
ゴルフクラブの先端部に付いており、
それを 打ち手が握っています。
打ち手がなにがしかの動作をするから
 そのグリップが移動し、そして、ヘッドが移動します。
そして そのヘッドには 距離や方向、高さIMG_0339
回転などを司る 角度が各番手ごとに
  「違う角度で」 備わっています。
再現性、反復性 を考慮して ショットを考えると
◉自分が動くから グリップが動き ヘッドが動く
◉ヘッドが単体、もしくはクラブ単体が動く

この二つでは かなり大きな差が、確率の差があります。


また ゴルフクラブは構造上
◉ヘッドの重量はシャフトよりも後方にある
◉クラブの先端(ヘッド)が非常に重い

と言う特徴的なモノを持っており、それを考えず
単に 棒状の道具 ということだけで
棒を振れば ロフトやフェースは絶対に開きます

◉自動的に それが閉じるコトはありません。
BlogPaintBlogPaint







それにすがりたい気持ちは分かるのですが
『シャフトがしなって、しなり戻る』 
開いたものが
 「自動的に」「他力本願で」元に戻る
 という 迷信 おまじないの言葉に過ぎません。


そういう構造にはなっていません。


ですので 飛ばしたい から と言って
無闇にヘッド単体を速く、たくさん動かしても
無駄にロフトが開いていれば
速度(労力)がそのまま距離になる訳ではなく、
ヘッドスピード 37msの人が 30度のロフト で打つのは
ヘッドスピード 42msの人が 45度のロフト で打つより
当然 飛ぶのです
(手打ち 手振りのパターン_Moment✋見ての通り
15度程度の寝かしは簡単
もっと開いていると見て良いかも
知れません。


★一度開いた ロフトやフェースは
打ち手の技巧か、運動性能によってしか
  閉じることは出来ません。
であれば 始めから
ロフトやフェースの開かない方法の方が
覚えるコト、気を付けることは断然少なくなりますし、
距離と方向、距離と安定 を兼ね備える可能性は高くなります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋動画の番号順に書いています。
 動画は素振りです。
 比較対象として
 からだの回転で直にクラブを動かす
 を乗せていますので ご覧ください。



―蕕瓩謄乾襯侫ラブを握る、
 もしくは振る 方にとって
ゴルフクラブは 長い棒状の物体 です。
普段の生活習慣などから
 手さばきで棒を振る と言う感覚が体現されるのは
ごく自然、なのかもしれません。
(手打ち 手振りのパターン_Moment

ゴルフをやってみよう と言う時点で
視覚的にもゴルフスイングのイメージや
それなりの ゴルフ用語、スイング用語などは
インプットされている可能性も高いですから
やはり 円 を作る と言うイメージがあるでしょう。

体を廻す と言うのはイメージで来ても
体を廻すと 当人の視覚的には
 ボールから一旦離れたり、近づいたり
 するので
「当たりそうもない」と思いがち ですし、
棒状の物体でボールを打つ となると
手さばき 手(腕)でやり繰りするのが
スタート になることが多いでしょう。


多くの方は
 コレでボールが当たる、打てる、前に飛ぶ
 となると ゴルフ、ゴルフの練習が楽しくなるわけです。
👏 👏 👏 👏 嬉しいですね。

 もっと上手く打ちたい、真っ直ぐ飛ばしたい、
 もっと飛ばしたい、コースにも…出てみたい

など 欲というか 向上心が湧く訳ですが
そうなると 本を読む、雑誌を見る、ネットで調べる、
写真や動画を見る、誰かに教わる、レッスンを受ける、
と スイングやショットに関する なにがしかの情報を
仕入れることになります。

ココで二つに別れる のではないかと思います。

➋ ,亮蠖兇蝓+ 肩の回転、もしくは からだの回転

 多くのボールを打撃するスポーツでは
 手振り、手打ち と言う言葉には
 あまり 良いイメージが付いていません。
 どちらかと言えば やらない方が良いコトに属します。

 ですので ,亮蠅気个に からだの回転
 もしくは 肩の回転(胴体の捻じり)を加えます。
 △肩の回転、導体の捻じり は
 手さばきの延長に属しますので ほとんどがそちらになります。


 ´△匹舛蕕任△辰討
 クラブを捩じる、ひねる、
 動かしている限り、常時、ヘッドが回転しているコトが
 (常時、フェースの向き、ロフト角度が変化している)
 後々の苦労を生んでいきます。
(手打ち 手振りのパターン_Moment(4)

 おそらく 始めは 
 そこそこのスピードが出せるなら 右に出てのハイボール、スライス
 遅い速度であれば 上がらない 飛ばない 遅い弾道です。

 ゴルフクラブはほかの打撃系のスポーツと道具と異なり、
 距離や高さ、方向などを決める大きな要素
 ロフト、ライ、フェースなどの角度が備わっています。
 また 打撃部のヘッドの重心が
 持っている棒の延長に無く、ズレているコトも有り、
 クラブを捩じるコトの苦労は 生涯付いて回ります。 

肩をまわして、胴体をひねっていても
「からだ」を全く使っていない訳 ではないので
手打ち、手振り と言う認識はありません。


人体の構造において 積極的に、胴体を捩じるのは
あまり 推奨出来ることの出来ない、無理な動きです。
「歳をとって からだがまわらない(胴体が捩じれない)」
は からだが固い のではなく 正常な反応です。
胴体を捩じるために 勢い付け として 左腕を振る、
ヘッドや腕の重さを利用する は必要悪になります。
それも 肩を入れる/左肩を入れる と言うゴルフ用語
によって 正当性をもったりします。


また、これは人によって
その順序は異なりますが、
「スイング、ショットは遠心力で飛ばす」
と言う言葉も なんとなく 自分のスイングの正当性
になっていたりします。


  〜〜つづく
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだ、胴体、
股関節を境目に 上半身を右に向ける のに比べ、
左腕だけ 左肩だけでテークアウェイする、
胴体を捩じって右向きを作ろうとすると、

カラダが前、ボール側に倒れる、
  ボールに近づく感じがします。


⇒からだ、胴体ゴト 右を向くと 
その反対で ボールから離れる、
アドレス時の背後方向に
 ボールから離れる感じがします から
それは慣れて頂くしかないでしょう。


視線を動かす、顔を動かす、
実際のショットでするか どうかは 好き好きですが、
少なくとも 素振りやイメージでは
顔ごと 右を向いて
その距離感を掴んだ方が良いかもしれません。


ボールから目を離せ とは言いませんが、
ボールを直視し過ぎると
 本能的に 目とボールの距離を保とうとします。
からだの回転、向きの変更は
背骨、もしくは 背骨の外が 回転軸になり、
目は顔の全面にありますから、
顔の奥行き(厚み?)分
 ボールから離れる位が正解です。

テークアウェイで
前に倒れ気味、ボールに近づく感じになると
バランス的にも 不安定です。
右向き時 の 軸足は 右足 になるのですから
どっかり 右の脚に乗ってしまうような感じ
 の 位置感が欲しいトコロです。 

Jさんも、Kさんも
 もう少し ボールから離れるからだの姿勢が欲しいですね
J 2021_Moment
小堀2020_Moment








素振りで顔を動かす とともに
感覚的に鋭敏な 右ひじ を使って
右ひじをどの方向に、どの位、
移動させるルト 安定した姿勢、
右腕と左腕の移動量が似たような場所になるのか
掴んでいくと良いと思います。

良質な右向きは 量 ではありません。
だいたい 90度位が望ましい訳ですが、
胴体を捩じると それは苦しい(不可能?)、
股関節を使えば 90度右向きを作るのは
 肉体的には不可能ではなく、
勿論 慣れ もありますが、
 年齢に関係なく 可能だと思います。
90度 胴体の右向き を作れれば
それ以上 100度 110度の必要はありません。
2021-02-13_22-10-57_Moment(3)
逆に 90度行かなくても
 ダウンスイングで左腕が余らないコト の
方が重要です。




❶ダウンスイングで左腕が余らない
 左腕、左肩 左サイドの移動量、動作量が
 右腕、右肩 右サイドの移動量、動作量と
 似たような、同じような感じがポイント。

➋ダウンスイングで 左腕を余らせない ために
 クラブの重さが 左上腕を下げさせる ように
 かかるようにしたい です。

❸おそらく 今までより
 ボールから離れていく(アドレス時の背後方向に)
 感じになるので
 素振りで 顔、視線を動かし
 その感覚に慣れましょう。

❹❸と同じですが、
 右ひじを使って、どの方向に、どれくらい
 右ひじを引くか、動かすか
 調整しましょう。

 右ひじはやや外目、やや高め に移動させますが、
 右ひじが曲がった分、
 左上腕を横に振るのではなく
 左腕を右に引き付けるのではなく
 前ナラエの方向に上げます

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


典型的な(俗に言う)カット打ち
本当に典型的なカット打ち のお話し です。

ご本人が恥ずかしい とのコト で
コチラで動画をお見せすることは出来ませんので
いろいろ工夫して 真似をしてみるコトにしました。



53仮にAさんと呼びましょう。
Aさんは
1.テークアウェイで、足腰はボールに向けたまま、
 それだけではなく 右サイドもほぼ動きません。

2.左肩だけ、左腕だけを動かす感じです。
左肩、左腕を一生懸命動かしますから
 左腕がものすごく長くなった感じ
 逆に右腕はめいっぱい曲げて、縮めて。。。

よく言われる 右ひじを下に付けて、
 脇腹に張り付けて ・・・ そんな感じ です。
210フレームショット

3.そこから ダウンに入るのですが、
カラダと左腕で ボールに入ってきた
ところ では かなりフェースが開いています。
ドライバー ショット なのですが、
正直 ウエッジ並みのロフト状態 です。
ararara_Moment

4.ダウンスイングで
左腕、右腕 別々に使おう
 と思っている訳では無いと思いますが、
左腕が全く下がらないコトも有り
左腕が長くて、渋滞を起こし、右腕が使えないのです。
また、テークアウェイでは腰は右を向いておらず、
そこから ダウンスイングに入れば
すぐに腰は開き始めます。
 つまり左腕の付け根はボールから離れる…
 左腕を短くしたら ボールに届きません。
casting

5.ボールに届かない、
でも ボールは打たない と。。。
ですので かなり課題の残るインパクト
 になっています。



さて それを真似てみたのですが、
どうも ダウンスイングで
 左グリップの高さを維持するのが怖くて怖くて。。。
(下げない だけでなく 低くしない)
ボールに触れないかも… も怖いですが、
その降ろし方(降ろしてないんですが)が
 ボールへの方向、
 球の飛ぶ方向とつながりません。
downswing
『左上腕を下げない』が前提なので
左グリップの高さと体の相対関係を維持しようとすると
カラダが反応して からだを折って(右サイドに倒れ)
下げない けど グリップを低く しようとしてしまいます。

兎も角 テークアウェイ、トップで
左腕を長くして、
右サイドに比べ、
 左サイドの動作量、移動量が多いので
ダウンスイングで 左腕が邪魔です。
通常、からだの回転で
左グリップがボールを通過するコト
 ソノモノが打撃なのですが、
それでは ものすごく開いた状態。。。
フェースではなく、
 ソールがボールに向いているような
 インパクトになってしまうので
左サイドを止め、
(Rさんの大好きな)右手で叩く感じになります。

正直、ここまで左腕が邪魔だと 外から振るか
体を折って より寝かして 見てくれだけのインサイドから振るか
そのどちらかしか方法は無く、
どちらも体に優しくありません。

どちらであっても
インパクト直前に、急激に、
ヘッドを、フェースを返す為、
ヘッドの進行、軌道が急激に内側に入り込み、
「急なヘッド姿勢の変化と急な軌道の変化」 で
出球の方向と球筋を決める落としどころが見つかりません。

そういう意味では
右ひじを アドレス時の背後方向に
(ボールから離れていく方向に)
出来るだけ引く
 というのは
右腕の移動量、右サイドの移動量 を 増やし、
左腕、左肩の移動量を減らすコトに慣れれば
ダウンスイングで 左腕によって
渋滞を起こすコトは避けられると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テニスについては
詳しくはありませんが、
素人目で見る限り
グランドストローク(右打ちの普通のショット)

バックストロークは
ヒッティングポイントが同じには見えません。

OIO


右打ちの普通のショットは
からだの右がヒットポイント で
バックストロークは
体の幅の中に見えます。

ですので
バックストロークの場合は、
片手でラケットを持っても、両手で持っても
似たようなヒットポイント、ストロークに見えます。
OIP

ですので ボールを待つ姿勢も
グランドストロークの方が早めに体を開く
ボールと対峙する必要が出てくるのだと思います。

勿論、試合であれば
いろいろなシチュエーションがあるでしょうから
一概には言えませんが、基本はそういうコトなんだと思います。 

感覚的に どうボールを打つのか
テニスで言うところの
片手でのグランドストロークなのか
それとも両手なのか
ゴルフの場合 ラケットに相当するクラブは
選択の余地なく 両手で持っていますから
片手のグランドストロークにするのには無理があります。


downswing右手で叩く と言う言葉は漠然としているので、
一概に良い悪いはありませんが、
両手で持っているゴルフクラブを
片手、この場合は右手だけで打とうとすれば
テニスのソレを同じく
からだの右にヒットポイントが来ます。
当然、早めに体を開く必要が生まれますが、
それでは 左手が届かなくなってしまうので
肩ラインを残す・・・ そんな風に見えますよね。


テークアウェイに取り方もそうですが、
例え トップの位置や姿勢を形式上作っても、
ボールを打つ、打撃と言う概念が変わらない限り、
この実質的な
 片手打ちの打撃 は消え去るコト
 は無いような気がします。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



からだの回転と腕の振りの融合
と言えば良いのか
からだの回転で直にクラブを移動させるのは
クラブを両手で持っているから です。


今まで 手上げ手振り していたのを
 体の動き に変える というコトは
その仕事を、手の仕事をからだが奪うコトになります。


テークアウェイにおいて、
2021-02-13_22-10-57_Moment(3)左腕でクラブを動かす は
体の正面に位置していたグリップ〜両手の接合点 を
からだの右にずらし
【角度は参考例で その度数は重要ではありません】
アドレス時、胸・へそ・腰のラインと
 垂直な関係だった ゴルフクラブ を
胸と平行 90度 右に倒す コト です。

クラブは右に倒れましたので
フェース、ロフトはその角度分開き、
ロフト で言うと 何度 と言うのを超えてしまい、
本来、フェースが向いている筈の方向 を
 ソールが向いているような状態、
ヘッドの移動している軌跡に
 本来は 常時、フェースが直角 な状態なのが
軌跡をフェースでなでる 状態になっています。
(言葉で説明すると ものすごく分かり難いですね…)



そこに 今度は
 胴体〜骨盤まで蕁,妨けると
その角度が 90度だとすると
クラブの動きは 90度 + 90度 ⇒ 180度
90度増えただけ です。

カラダとクラブの関係は変わっていません。

本来はインパクト な訳ですが、
左肩、左腕 でのテークアウェイ
【プラス】骨盤の右向き では
テークアウェイが大きくなっただけ で
ダウンスイングで 骨盤がボールと正対した時、
肩ライン、腕、クラブは遅れ 寝る だけです。


からだ・骨盤・胴体で右向きを作る2021-02-13_22-10-57_Moment(2)
は 始めに書いた通り、腕の仕事を奪う
莽咾肋縅咾髻愍し』上げる だけで
左右法方向にはほとんど動かしません。

後で出てきますが、
右腕のクランチ をしても
右ひじは外め、やや高めにしますが、
手部分は からだの幅の中にある、
大きくは 外に出しませんから
右ひじの曲がり に対し、左腕は横に動く
のではなく 少しだけ「上がる」だけ です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


もしかしたら
今は使われていない (昭和の言葉^^)
 死語 か古語なのかも知れませんが
ゴルフのスイングで 「野球打ち」 というのがあります。
✋ちなみに 褒め言葉ではありません

これ 一見すると
野球のバッティングの延長で
ゴルフスイングする と言う意味だと思いがち
ですが、そうではありません。
ボールの投げ方、その手順 を指しています。

◉テニスのサーブも同じかもしれません。
◉サッカーでのボールの蹴り方もそうかもしれません。
76d15b910e5192abd3bd8aba46e02424_m

分かり易いので サッカーで説明します。
ペナルティキックなど 自分のタイミングで
自分の蹴り方でボールを蹴る場合、
右足が利き足、蹴る足 であるのなら
左足を踏み込んで
左足がボールの横か、ボールを追い越して
その後、蹴る足の右足を振りますよね。

野球でボールを投げるのも
テニスでサーブを打つのも
右打ち(右投げ)なら
先に 架空の打点、リリースポイントを
左腕、左半身が追い越した後、
右手、右腕を振りますよね。
600px-Baseball_pitching_motion_2004

ところが これと同じイメージを
 ゴルフで行うと
良くも悪くも 「手打ち」にしかなりません。

何故なら
 ★両手が同じところにあるから、
 ★クラブを両手で持っているから、
 です。


ですので 動作 と言う意味では
全く別なモノ になりますが、
サッカーで言えば
踏み込んだ足、この場合は 茵,任垢諭
その踏み込んだ足 が ボールを蹴るのと同じになります。
サッカーであれば フェイントと言う意味では
有効かも知れませんが、強くは蹴れそうにないですね。

野球で例えるのなら
右投げのフリ をしておいて
左手にグローブを付けず、
左手でボールを投げるのと同じ です。

ゴルフのスイングにおいて
 からだの回転 で打つ というのは
それと ほぼ同じ なのです。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)






ゴルフスイングを初めて行う前に
ボールを蹴ったコトも
ボールを投げたコトも
当然、ある訳なので
どうしても ゴルフスイングの手順 が
その流れになるのは 理解出来るのですが、
ゴルフクラブは両手で持っていて、
右手は左手に、左手は右手に拘束とまでは言えませんが、
制限が掛けられています。
両手で持っているから
クラブは体の前に、からだの正面にあるのですから
野球のボールを投げるように
さきに 左半身がボールを通過してから
その後、右腕、右半身で打つ のには
当然、無理がある訳です。

その理解も 役に立つ かも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





手だけで振る、打つ(手振り/手打ち)よりは
 ⇒ からだの向き通り(からだに回転) 打った方が
支えるモノが大きい、モーメントが高い です。
飛距離はイコール
 打撃時の衝突するチカラ ですので
高いモーメントで打った方が飛距離も期待出来ます。

手で打つ イコール 手でクラブ(フェース)を返す です。
ヘッドを返す行為は 意図的な場合もありますが、
基本、打ち遅れたコトによる
からだの向きで行うコトの代用行為です。

小さな手、腕周りの筋肉で
それをするよりも大きな筋肉で行う方が

当然、反復性は高い です。
フェースを返さず からだの向きでターンさせた方が
当然、同じヘッドの状態でインパクトを迎える可能性は
高くなります
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)










スイングを覚え、始めから手で振ろう
 と思っている人は多くない…でしょう。
少なくとも レッスンや雑誌などで
 スイングの話を聞いたり、読んだりした方は
出来れば からだで、からだの回転で、
「それ 手打ちだよ」と言われて
良い気分になることは多くないかと思います。

自分では からだで打っている と思っている人も
多いと思うのですが、
結果、打ち遅れてしまう。。。その差 は
 何か というと

 左腕の長さの消し方・処理の仕方 だと思います。 

多くの方は ダウンスイングで
左腕が余る、と言えば良いのか
左腕が邪魔 と感じている❓
もしくは
感じたことがあるのでは ないでしょうか❓

20200621 編集済み_Moment(7)


左の腕の肘を曲げて 短くしましょう
と言う話ではなく、
スイングのメカニズムには
 前傾姿勢と言うのがあるので
実質、左腕の長さを消すことが可能 なのです。

腕の長さは 80cm〜約1ⅿ弱 です。
片腕の重さは 約5繊8キロ位 でしょうか

同じ腕を伸ばした状態であっても
肩からダランと下げている 通常の状態は
 当然、重さの負担は少なく
前ナラエ では その長さ×重さ がかかります。
学生の頃の部活でやりましたね^^

スイングでは 特に打撃に向かう
トップ⇒ダウンスイング では
左腕を単独で横に動かす、
左腕だけでクラブを振る、ボールを強く打つコトは
  ほぼ不可能 です。
左腕は からだとの リンクマン、
もしくは からだの一部 と考えた方が良いですね。

よく右腕で叩く と言いますが、
基本、右腕の役割は
 そのからだとのリンクマンである 左腕の助け
腕の自重やクラブの重さによって
 からだに対し、遅れそうになる左腕を支えるのが主です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)

例えば 野球でボールを投げる(右投げ)時、
多くの人は 左腕を含めた 左サイドを先に動かし、
後に 右サイド、右腕を振る のだと思いますが、
ゴルフの場合は
その左サイドを動かすコト、
カラダとつながっている、からだとのリンクマンである
左腕が移動するコト ソノモノが打撃です。
⇒左腕が動き(からだが回る) その後、打ちのではないです。

左腕が動いた後で 右腕が動くのではなく
からだ で打つ、からだの回転 で打つのですから
カラダとのリンクマンである左腕を
 サポートしながら 同時に打ちます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングは
グリップの形…関係でだいたい見えます。
良いグリップ(握り)とか
悪いグリップ、フック、スライス、
インターロッキング、オーバーラッピング
と言う意味ではなく、
パーツとしてのグリップ
 に接触している左右の手の割合も
何割、とは言えませんが、左手の方が多めです。
左手で主に握り(持ち)、右手はサポートな関係です。

IMG_0772


それは
 クラブの重さは主に左手(グリップ)に掛かっている
ということを示唆しています。 

フェースターンするような
 手で打つスイングであっても
腕は肩、からだに接続していますから
全体が動いている時、
全体の動きが止まらない限り、
両方の腕は同じような量、同じような速度

でしか移動できません。

ダウンスイングの進行方向、進行状態では
クラブの重さは主に左手に掛かっています。

『重さ』 と言うモノは
 動きたがらない代物 ですから
トップ以降、切り返しでは 重さを預かっている左手は
動きたい・打ちたい方向と反対に引かれるような状況です。
(、と言って左手で引っ張れと言う意味ではありません)


それを考えると
打撃の準備、テークアウェイで
左腕の方が 多く、たくさん動けば
ダウンスイングで 左腕が余る、
左腕が邪魔になるのは当然で、
左腕の長さを上手に消す、邪魔にならいよう する為には
どちらの腕も同じような量 移動するべきでしょう。

ゴルフスイングには前傾姿勢があるので
その中に入れてしまえば
左腕の長さは 回転する体への負担では無くなります。
ビデオ_Moment

左グリップを下げるコトは
クラブの重さが利用出来ます。
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)

肩だけを廻す、胴体をひねるテークアウェイでは
前傾姿勢が無くなってしまうので
腕の長さ、重さを消せる場所、
左腕を収納(格納?)できる空間が無いのです。

左腕を下げる、元に戻せば
からだの回転や姿勢に対し、特別な負荷 にはなりませんし、
左腕を 前傾姿勢の下、に入れれば
 その重さによって 前傾姿勢を維持し易く、
 その時間を保つコトも可能です。
シリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(5)

ところが 左腕を下げず、
言葉で説明するのは難しいですが、
上腕の上げ下げをせずに グリップを下げる、
ということは からだの余計な屈曲、
(体を右に折る形)になりますから
前傾姿勢は消えます。
からだの回転によって
 グリップはボールの方に出てしまうので
前傾姿勢の下に入れるのと比べると
ボールの方向に 重さが掛かりますし、
カラダのボールに近づこうとしますから
体を開いて その距離感を相殺しなくてはなりません。



ですので
テークアウェイでは
左腕、右腕、 左サイド、右サイド
出来るだけ 似たような量の移動が欲しい、
ダウンスイングで
 打撃進行の一番前にある 左腕が
 邪魔にならないような テークアウェイが欲しい
 訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフ用語って 結構 沢山ありますよね

ウエッヂのバンス なんてのもあります。

バンス って かなり誤解されている部分が
有るんですけど 正しく理解して 正しく使えば
非常に有難い 存在 効果なんです。


最近では サンドウエッヂなのに

6度とか 殆ど バンス角度の無いものもあったり。。。

バンスの意味 クラブの使い方
分かっていたら こんな便利なモノ
減らしたり 無くしたり しないと思うんですけど
残念だな〜 って思います。

最近では ハミングバードのお客様には
殆どいらっしゃいませんが
以前は。。。
 「ボールが上がってしまって 飛ばないので
  ロフトを立てて下さい。」
って 軟鉄のアイアンを持ち込まれる方が
多くいらっしゃいました。

確かに ライロフトマシーンを使えば
機種によってはステンレスヘッドであっても
勿論 軟鉄鍛造ヘッドも ロフト角度 ライ角度は
いじれます。

g-421

例えば 30度の5番アイアンがあったとします。
5番アイアンであっても バンス角度は存在します。
専門用語かも知れませんが スクープになっている
アイアンバンスは存在しないと言っても
良いかも知れません。
その 5番アイアンに 5度位のバンス角度が
付いていたとしましょう。

これを 飛ばない 上がり過ぎる と
2度ロフトを立てて 28度にしたとしましょう。

と 同時に この5番アイアンの バンス角度は
3度に減ってしまっています。



ですので この5番アイアンは
確かに 計測上は 28度になってしまいましたが
使用上では やはり 同じ30度に変わりはないのです。

イメージがし難いかも知れませんが
バンス角度は そのクラブの長さや用途によって
設定されています。
ヘッドの入射角度 が イコールと言っても
良いかも知れません。
サンドウエッヂのバンス角度を選ぶ 目安には
自分の「入射角度」があるとも言えます。
正しく 上から入れて来れる人にとっては
バンス角度は あれば あるほど 便利で
寝かして コスリ打ちをする人には 少ない方が
良い・・・(というか 選択の余地が無い...)

バンス角度は インパクトロフトを安定させますし
ウエッヂなんかにとっては インパクト時や
設置時の安定 支えにもなる訳です。

単純に考えれば ロフト角度からバンス角度を
引いたモノを インパクト時の 地面に対する
ロフトと考えるコトが出来て

☆30度のロフトの 5度のバンス
☆28度のロフトの 3度のバンス
インパクトロフトは 変らないモノになるのです。


蛇足ですけれど
弊社のアイアンは 一般の販売されている
アイアンのバンスよりも 幅も角度も
大きく設定されているので
表示上のロフトは寝ているのですが
実質上は殆ど同じとも言えるのです。


006

シンプルな構造のウエッヂなんかは
バンスに幅があって バンス角度もしっかり
している方が 格段に 安定していて
使いやすいんですけど
バンス回りがしっかり(大きく)すると 低重心になり過ぎてしまい
ウエッヂとして 距離コントロールがし難くなる
ケライは否めんので 上手に 製品ロフトと
組み合わせねばなりません。

バンス回りのデカい 低重心 深重心
そして ハイモーメントの60度ウエッヂ
は非常に使い難くなってしまうモノです。

ちなみに ハミングバード で言う
使いやすい ウエッヂ とは
 
思い描いた距離が そのまま表現出来る
と言うことで 色んな球が打ち分けられる
みたいな 美辞麗句ではありません。

色んな球が打ち分けられる人は
練習も豊富、技術も豊富なのですし
僕の考える クラブの扱いとは対極にいますので
別にクラブを選ぶ必要はないような。。。
どのクラブを使っても 結局 クラブの性能を
無視して 利己的に使ってしまうので
機能、性能云々は意味がないような・・・
 そんな気がしますがね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイ、
打撃の為の準備 からは少し話が逸れますが、
準備 と言う意味では
何をするための準備 なのか は大切な話です。

「右腕で叩く」について書いてみます。



maenarae例えば。。。 ですが、
両手で持った 大きなボール(バスケットボールサイズ)
それで ティーアップしたボールを打つ(叩く?)
としましょう。

おそらく ですが、
基本 メインエンジンは
 体の向きの変更 になると思います。

radioカラダを捻じる、胴体を捩じると
両腕の長さが釣り合わなくなり 不安定です。
ボールを持っていられなくなる可能性もあります。
ですので、胴体は捩じらず、
股関節を境とした、骨盤より上の
胴体・上半身の向きを変えて
 ボールで ボールを打つ と思います。

力強く叩こう とすると
腕の重さやボールの重さで
(右打ちと同じ方向に打つ とする)
ボールはからだの回転、進行より 右に、
 遅れようとしますよね、
それが からだから外れないように
 サポートする、 左に押してあげる、
 からだの進行通りに沿って、押してあげる、
結果としては、
からだとボールの相対関係は変わりませんが、
その相対関係を変わらないようにするのが
 右手の仕事
 です。

しかし ゴルフの場合、
それと少し違う感覚を持った人がいる、
少なくないかもしれません。

野球でボールを投げる、
テニスでサーブを打つ、
右打ち、右投げ ですが、
 この場合、ゴルフと違い
両手は離れています。
反対の手による拘束・制限はありません。
感覚的な話で分かり難いかも知れませんが、
左腕を含めた 左サイドを動かした「後で
右腕を振る、右サイドを動かす
 『順序』
 があると思うのですが
ゴルフの場合、
 ほぼ同じ場所を左右の手が握っているので
 それらの順序は存在しません。
ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_Moment

しかし 多くの方のゴルフショットを見ていると
野球でボールを投げるのと同じように
左腕がボールを追い抜いた後、
まるで ボールの投げ方、テニスのサーブ のように
 右腕だけでボールを叩こう としている気がします。

からだの回転で打つ
 というコトになれば
その左腕が ボールを追い抜くコト
 ソノモノが打撃になります。

先ほどのボールの話しと同じで
 腕の自重やクラブによって重くなり、
体の進行に対し、遅れそうになる左グリップを
 遅れないように
体の進行通りにサポートするのが右腕の役割
 です。



ゴルフショットにおいても
「右腕で叩く」と言う言葉をよく耳にしますが、
私自身はどうもピンと来ません。
ココより北の◌◌さんが似たような事を言っていたような…

右腕を使ってない訳では無いですが、
例えば 遠くに飛ばそうとしたら
その メインエンジン は
 回転の速度、素早さ です。
速く周れば 腕やクラブの自重も増えますから
 右腕のサポートする「力加減」も
それ相応に増える のは分かるのですが、
本当に 「右腕で叩く」 とすると
クラブを持っている左腕はどうしたらいいのか…
左腕は体の一部 とまでは言いませんが、
それにかなり近い からだとのリンクマン です。

右腕で叩く とすると
カラダとの関係を一度切り、
叩くためにからだの回転を止めるか、
からだの回転から左腕を切り離すか して
 右腕を使わなければなりません。

右腕で叩く時…左腕はどうしたらいいんですかね
やっぱり 止める?
体の沿って 絞る感じ?




両手で持った クラブを
 からだの向きの変更で ボールを打つ のと
右手で叩くための どこかでからだを止める、
 クラブと体の回転をどこかで切断する
 のでは 準備も変わってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイにおいて
肩が回る、両肩のラインが右を向く のは
肩が乗っかっている骨盤、胴体が右を向く 
からであって、胴体を捩じって
腰に対して肩/胸を捻っているのではありません。
2021-01-29_16-53-52_Moment(3)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)









何故 胴体/骨盤ごと 右を向く方が良いのか、
お薦めするのか と言うと
ゴルフクラブは両腕で持っています、
胴体ゴト廻ることによって 腕の付け根、
腕の生えている肩部が移動した方が
☑両腕の長さがズレにくく
☑姿勢が上向きになり難く
☑肩ラインと腰ラインに回転角度差が付き難く

なります。

俗に言う からだが開く状態、
 が良くないよー、望ましくないよー
 は
ゴルフスイングにおいての からだが開く姿勢は
同時に
ハンドターン◉右サイドが低く〜ボールに近づき
◉左サイドが高く〜ボールから離れている為、

左腕は伸びた状態、右腕が曲がった状態になり易く、
それは ロフトやフェースの開き につながります。

両方の手でクラブを握っているので
姿勢 によって 腕の長さに制約がかかります。
ですので 肩ラインと腰ラインを別々に回すと
廻る方向、周り方が別々になってしまい、
概ね平らなトコロから打ったとしても
 動作の中に 自分独自の傾斜を持つようなコトになってしまいます。
アプローチのミスの多くは
 肩と腰のラインズレ によって生まれたりします。



インパクトは体の正面で と言われますが、
決して勘違いしてはいけないのは
 ボールとからだ、胸・へそ・腰
これが正対した状態で我慢する、のではなく
その状態で我慢して「待つ」、のではなく、

1.ゴルフクラブは両腕で持っており
2.カラダが回転して ボールを打つのですから
3.インパクトは概ね からだの正面
 ボールと胴体が正対した「タイミング/時期」になる
のが ざっくりした理屈 です。

キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(2)


BlogPaint多くのゴルファーは
 テークアウェイの初動 肩をまわす、左肩を入れる
 と言葉では言いつつ、
⇒ 左腕でクラブを横に押します


からだの回転でグリップが移動する のではなく
左肩を含めた 左腕がグリップを動かす
通称「手上げ」は動画等を撮ると分かるのですが、
よほど イン側に引かない限り
 アドレスよりも グリップが体から離れます。
真っ直ぐ引こう としている人ほど それは顕著です。

いったん からだから離れたクラブを 引き寄せる
 〜体に近づける
 という 余計な動きが 慣性の多くかかった居る
 テークアウェイ後半・終盤に行われるので
 スイングが無駄に大きくなり易く、
 オーバースイング や シャフトクロス
 左への逆ピボット(左への体重の揺り返し)などを
 生んでしまいます。


 全く意識していない動作なので
 何かの修正、改善に その部分が出てきません。




それら 腕の動きを からだ、胴体、骨盤 に
 変えてみましょう (続く)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイングでは
テークバック(アウェイ)でしっかりと
骨盤が右を向くことがとても大切!

そして その右向きが出来るだけ
股関節の可動域の範囲で出来るだけ多く
出来るだけたくさん 右を向くことがとても重要になる。


それが何故大切か❓!というと
その前に最近の主流スイングの大いなる問題点を挙げておこう。

最近のスイング、特にプロのスイング…
正直言って、体をわざと壊してしまうスイングの
問題点は、
テークバックにおいて 骨盤は回さず、
胸だけを、肩だけを右に向けるところにある。
2010111116444243889

背骨には関節が無いから
自分で自分のことを「コブラツイスト」するみたいに
拷問的な体の動かし方をするところはさておき
(まあ こんなのは問題外だし、30年前では絶対にやっていけないスイングが主流になってしまうほど、指導者のレベル低下なんだろうねー)
骨盤を回さず、肩だけ、背中だけ捻るスイングの
技術的な問題点は
52442_360240
トップの位置から
動き出した瞬間に体が上を向いてしまうこと にある。

多少肩や胸に引っ張られて、骨盤が右を向いている としても
クラブを動かし始めた途端、切り返した途端に
すぐに体が開いて、上を向いてしまう…。
✋右が下がる ≒ 左が上がる
✋左が上がる ≒ 体が開く
こういうスイングになってしまう。

本来はスイングは
体(骨盤〜胴体)の体の向きと前傾姿勢、それによって
ダウンスイングでの進行方向(左)が低い
その状態があるから 上から打っていくことが出来、
クラブやクラブヘッドの重さだけでなく
打つ人間の重さ⒲も打撃のチカラとして利用できるモノ。
595bd670_Ben20Hogan20Backswing

ところが骨盤の右向きを作らないスイングでは
地面付近にあるボールを打つ為に
クラブなり、クラブヘッドを低くしようと、
下げようとすればするほど 進行方向が上がってしまい
ヘッドは下げるけど、自分が上を向く という
何とも奇妙な状態になる。

これでは クラブヘッドの重さも自分の重さも
有効に利用することが出来ない。

 まあ だから軽くて小さいヘッド好きなんだよね…。(*_*;

41cce488-s

ボールの位置も前に置けないし、←飛ばす要素が低い
左が高く、右が低いから必然として体重移動も出来ない。

体の無理も曲芸級で これで倍も3倍も飛ぶのなら
トライする価値あるけれど、
アマチュアを見てる限り、飛ばない人や体を痛める人
痛めたおかげでゴルフを断念する人が後を絶たない。

世の中の情勢変化や景気 というのは否定できないけれど
ゴルフ人口の激減の主要因と言う可能性も高いと思う。

スナップショット 3 (2015-01-18 15-57)

背骨には関節無いんだし、
クラブの機能が使いやすいんだから
理解できる人は ちゃんと骨盤の右向き作ろう‼

骨盤の右向きをたくさん作ると
✊ダウンスイングで 進行方向が低い時間が長く取れる
進行方向〜打撃方向が低ければ
クラブの重さ、ヘッドの重さも使いやすい
体重も左に移しやすくなり、それは打撃方向と絡むので
✊自分の重さも打撃に使える可能性があがる
ショットの寛容性、ミスへの強さ とは
慣性モーメント≒重さ が出来るだけ多いことを指して
それは ボールの重さを受けた時に
それに負けず、クラブや自分の姿勢、
そして打ち抜くその運動を持続する能力が高い ということ。
一般的なスイングの 
クラブや腕という小さな重さを速く動かすの と
自分自身やクラブという重い重さをゆっくり動かす のでは
圧倒的に後者の方が モーメントは高い。
スナップショット 2 (2016-06-27 23-07)

しかも 反復や安定性 と言う意味では
速く動かすことよりも当然ゆっくり動かした方が有利。

じゃあ 飛ばしはどうか と言えば
上から打てるから重さが利用でき、
打ち抜く力が強くて、
ゆっくり動かせるから反復度、安定度も高く、
上を向いて打たないからロフトも締まる。
どこにも、なにひとつデメリットが無い。

何故 やらないんだろ?

兎にも角にも 骨盤のしっかりした右向きを作る
というのはスイングの基本中の基本だよ。



骨盤と肩回りを分離させ
動体を捻って回す 似非回転、似非体の向きの変更は
体重移動も出来ない
上を向いて体を開いて、こすって打つ始まりなんだよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




2
月某日半年振りにラウンドしました。

 

しかも ほとんど練習していない

慣らし運転出来ていないニュークラブ。

そして ブログの教え に従い

 「右を向いている内に 外から打つ」でのラウンド。

庭練等でショートアイアントは打ってみていましたが

ドライバーは初めて。

 

スタートホール ティーショット

不安感、違和感が発生することは解っていたし、

ラウンド前に練習や素振りを繰り返しても

解決には至るはずも無いことが解っていましたので

腹を括って 素振りすらする事なく

 教えを 守ったつもりで打ちました。

当たりは それなり。

中弾道。真っ直ぐ。

フェアウェイセンター。前へ行っている。

なぜ 上手く打てたのか解らず。

 

(実験)右を向いている内に外から振ってみた_Moment(2)

セカンドショット

9鉄。振りにいってしまい ダフり左へ飛びだすも、

グリーンエッジ。飛距離は合っている。

 

アプローチ

ザックリ  単純ミス

 

パット

7m  そう言えば

このリシャフトしたパターで

ボールを打つのは初めてだったなぁー

スタート前にパットの練習もしていないし・・・

即ち 半年振りのパッティング

感覚を大切にして 。

 恐るべし L型ブリストル  入りはしないが 惜しい。

 

それやこれやで 無事ラウンド終了しました。

 

満足出来る当たり、

飛距離、方向、弾道 が得られたのは ドライバーの一発のみ。

これは 強烈でした。

他はそれなりでしたが、

教えの様に打ちますと

当たりが悪くても 狙った距離そこそこは出ていました。

そして 曲がる気配はありませんでした。

振った時は論外。

 

右を向いている内に外から振ってみる

また、ツルツルの薄いライからのアイアンショットでも

 これまでより飛ぶアイアン。

 

大変 面白いラウンドでした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




重心距離  36 41
重心深度  5   35
慣性モーメント 2200  4500

一般的な 市販クラブの5番6番アイアンと
一般的な 市販クラブのドライバーの違い です。

本来、使い易さ、双方の互換性、共通性 を考えると
ドライバーよりもアイアンの方が
重心距離は長め、もしくはほぼ同じ が理想的
なのですが、それがかなり離れた状態、
使い勝手で言うと逆転した状態になっています。

445TL-5-1

ユーティリティを含めて、ですが、
ウッド形状(箱形)とアイアン形状(板型)の
最大の違いは 重心深度 です。
アイアン、板形状のクラブの重心位置、重心深度、
重量の中心点は ほぼフェース面にあると思って良く、
ロフトによっては フェース面よりも重心が前、
ヘッドの中に無い場合もあります。
一方、ウッド形状、箱形のクラブの重心点は
板形状のアイアンに比べると 
ドライバーの大きさでは、10倍に近い程

奥にアリ、それが形状、性格の最大の特徴 です。

また、これも 利点にも、弱点にも成り得ますが、
重心深度の10倍深いドライバーは
板形状のアイアンに比べると
倍近い 大きな慣性モーメント を持っており、
そこが本当に 利点にも弱点にも成っています。

慣性モーメントとは ショットにおいては基本、
そのヘッドの持っている 衝突エネルギーの強さ
と考えて良いですが
一般的なイメージは
スウィートスポットの広さ ですが、
(意味としては 近似値ですが) 厳密には
ヘッドの姿勢維持能力 と考えて良く
外的要素、外的影響を受けた時の
 ヘッドの姿勢維持能力を数値化しています。

IMG_0524460TL-5-1






スイングを覚える、
ショットを安定させる、
スコア、距離、練習量など諸々のコトを考えると
どのクラブもあまり変わらない、
機種や番手が変わっても 出来るだけ似たようなスイング、
似たようなクラブ扱いをするのが理想 なのですが、
コト数値的にクラブ扱いを考えると
一般的にイメージされている
△ドライバーはヘッドを返して(ヘッドターンして)
△アイアンはヘッドを返さず ではなく、
◉ドライバーはヘッドを返さず
◉アイアンはヘッドを返して 
使う方がマッチしています。
(勿論 どちらもおススメしませんが)

重心距離  36 41
重心深度  5   35
慣性モーメント 2200  4500

数値的には ドライバーはヘッドを返さず
アイアンは返す がマッチしているにも関わらず
実際の多くの方は その反対のイメージを抱いている
のは やはり 箱形状のヘッドと板形状のヘッドの
 重心距離、重心深度、慣性モーメントの違い
の影響を大きく受けていると考えられ🄬マス。

IMG_0361_Momentararara_Momentdown under_Moment201812_Moment(2)








箱形状のヘッドのクラブは
一度 ロフト、フェースを開いてあげてしまう
もしくは ダウンスイングで寝かしてしまうと
重心距離の長さ
重心深度の深さ から
板形状のヘッドのそれより より大きく開こうとします。

そして にもかかわらず
ヘッドの慣性モーメントが大きいので
元に戻すのに 時間、もしくは労力が より必要になるのです。

つまり 実際のスイングに反映させると
箱形状のモノも板形状のモノ、
同じように開いてあげる、ダウンスイングで寝かす
どちらにしても フェースが開く、クラブが寝る 動き を
入れた場合、箱形状のウッドの方が
それを元に戻す(開いたものを閉じる)動きがし辛いので
ウッド形状のモノはフェースターンが必須 という
イメージが定着し易いのだと思います。


尋常ではない量の反復練習をしない限り、
普通に、自然にしていれば
ゴルフクラブは ヘッドを一生懸命返せば返すほど
軌道そのものは内に切り込みます。

スライスは その軌道に対してのフェースの開き具合 です。
アウトサイドインだから スライスが出る 訳ではありませんが、
ヘッドを返そうとすれば するほど 軌道が内に切れ込み、
 目標である スクエア(元の状態)の基準が
 どんどん逃げてしまう、
スライスさせない状態・ゴール がどんどん動く、
 蜃気楼のように逃げてしまう というコトです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ