◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

1
 同じ長さ 同じヘッド 同じロフト 同じヘッド重

これに Sシャフト と Rシャフト

 この仕様で 二本のドライバーを作れば

当たり前だけど Sシャフトが硬く Rシャフトが軟らかく 感じる と思うでしょ


 ところが ところが 一般のアマチュアゴルファーを
練習場で ランダムにつかまえて テストをお願いしたとしましょう

フレックス表示を隠し 事前に何も伝えずに 交互に打って と
     経験や年齢 ハンディ など本当にランダムにテストをすると

 なんと 7割に近いひとが Rシャフトの方が「硬く感じる」と言います

 どちらが Sシャフトでしょう? と質問すれば
 半分以上の人が 間違った解答 Rシャフトの方をSシャフトと


紛らわしいと行けないので 二つのシャフトの振動数を出来るだけ離します
 通常 同機種の Sシャフトと Rシャフト で 振動数 10〜15cpm の
  硬さの差が出るのですが 硬めのS と 軟らかめのR で
  20cpm 近く 振動数を離します

実は 離せば 離すほど  この 逆転の感覚 は強くなっていきます


  そして Rシャフトを指して こう言うのです

  「 こ っ ち の 方 が し っ か り し て る 。 」 と



  振動数を離せば 離すほど Rシャフトを 軟らかくすれば するほど…続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 多くのゴルファーが スウィング(クラブ扱い)の改善を望んでいる

向上しよるとする気持ち、上達しようとする気持ち
 非常に大切だと思う。 その欲と上手に付き合ってあげる必要があるだろう

 改 善 し よ う
★クラブ扱いを良くしよう
★スウィングを良くしよう

そういった時 注意して貰いたいことがある

治そう/直そう とするポイントを直接いじってはいけない



    まずは グリップ アドレス スタンスの向き を考えて貰いたい



 殆んどの アマチュアゴルファーは
体を動かす時間と 腕を動かす時間が はっきりと分かれている

体を動かしている間は 腕が止まり
 腕が動いている間は 体が止まっている

言い方を変えれば  昔から クラブは 手(腕)で振っては行けないDNA
 脈々と流れているので 動かしている体を止める 「反動」 で
  無意識に 腕を クラブを動かす習慣が強いように見受けられる

非常に小さなアプローチでも 目に見えている手(腕)を動かさないように
 肩関節 肩甲骨関節で 腕を動かす習慣が強いように思える


テークアウェイの初期段階で 体を回し その間は腕は動かなさい…
 体が止まると クラブと言う重量物には右方向の慣性が残っているから
  体が止まった反動を使い クラブを右に動かす
   そうすると さも 腕は使っていない感触になりがちだ

     この時点で ゴルフクラブの機能は死ぬ

体にも 体  →  クラブ(腕)  という ワンツー  ワンツー という
 リズムが染み込まれるから すべての運動が ワンツー 体・腕 となってしまう

しかも この腕の動きは 腕その物の動きではなく
 肩甲骨の動きだから 更に悪い

  腕を脱力した状態で 体の振りで 腕を左右に振っているだけ の動き

 自分の意思 命令で こう「腕」を動かしていないのだから よく分らない

今更 腕を「こう動かせ」を命令を出しても
 腕は脱力して 体の両端から生えている物体のような動かし方を訓練したきた訳で
  腕を自分の意思で動かすのに  なんとなく「罪の意識」 もある



スウィングは  グリップ スタンス アドレス で  70%

 テークアウェイ の はじめの50センチの動きで 100% 決まってしまう

  この先 何をしても 補修工事にしか過ぎない と認識してほしい
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

スウィングとスコア

スコアを基準にゴルフを組み立てる場合
(アマチュアというか自分の場合)
あまりナイスショットを計算しません。その時の自分の中で最低とまではいかないにしても、そこそこで。距離でいえばコース表示400Yぐらいまでを一応の範囲内と判断し、それ以上はあくまで“まぐれ”として捉えます。

というとほとんどのミドルホールが自分にとって射程外のホールになってくるのですが、保険をかけておくと案外うまくいくことがけっこうあるんです。

ちょっと飛距離から離れてみましょう。スコアにとっての最高のショット これはパットが入ること。どんな道のりを来ても4は4ですし、スキーのジャンプと違って飛行姿勢なんかは評価されないんですから。
つぎにアプローチ、セカンドショット、最後にティーショット
ですからドライバーショットがいくら飛んでもスコアとは一番ほど遠い存在、以降のショットが有利もしくは確率が上がるかも知れませんが。
でも気持ちいいんですよね。飛んで怒る人はいないと思います。なんとも言えない感触と音を残し、大空を飛行するボール・・・ああスコアの話でしたね

18Hプレーする中で一番多く使用するのがパター
基準どおりいけば36回使うことになるんですが、アマチュアにとって最も練習しないのがパターとアプローチ。ほとんどの人が当日コースの練習グリーンで転がす、練習場でもアプローチは準備運動ぐらいじゃないでしょうか。
スコアにとって最大の要素、一本のクラブで距離を打ち分けなくてはならないクラブの存在が一番おろそかになってしまう。
スコアを重視すれば、自分にとって規格外のホールをいかに乗り切るか、いかにカバーしてパーを拾うか、そうなればアプローチ、パターの練習量が少なすぎですよね。

じゃあスウィング、ショットはどんなふうに捉えていたかというと、とにかく方向性
どんなに飛んでもOBは論外ですし、林の中ではこれまた・・・
また脱線しますが、ティーショットをミスしてセカンドのスーパーショットを求める人をよく見かけますが、成功する確立としては奇跡に近い。さらなるトラブルに見舞われてしまう。平らな、しかもティーアップした状態からミスした自分がセカンドでリセットされているとは考えにくいですし、トラブルですから通常の精神状態でもいられない。二重三重の負荷をかけられているのですから。

話を戻します。スコアはナイスショットを増やすことではなくてミスを減らすこと。
ナイスショットを求めている頃、スウィングとは体から表現するものとばかり考えていたんですが、特定の日、もしくは連日プレーする場合、体を基準にしてしまうと少しの調子や疲れなんかがもろにショットに表れてしまう。それを走りこんだり、ウェイトトレーニングしたりという気にはあまりなれず、なにか手立てはないものかとして考えたのがフェース面を変化させないこと。

使っているクラブはご多分にもれず アスリートモデル ですから結果はたかだかしれていますが、飛距離の欲望を捨ててしまうと(何にも楽しくないんですけど)スコアはみるみるよくなります。
フェースを変化させないんですから一応向いた方向には飛んでいくはず。ですから練習の一番の目的はヘッドの向きを感じ取ることなんですが、今思えばこのクラブでやろうとすれば、ロフトをスピードで作る、体は余り頼りにしてませんから手首を支点にシャフトの長さ分円を描く、面を変えたくないですから手首は出来るだけやわらかく、指は握らない、こんな感じでやっていました。

セカンド地点でどうするかっていうと、アプローチの場所探すんです。つぎに花道が開いているかどうか。ゴルフではなくてゴロフ、弾道イメージですからクラブはなんだっていいんです。結果乗ればいい。手だてがなければ先のアプローチ優先のところへ運べばいいんですが、ピンと全然違うところに打ったりするからよく笑われましたね。
ただダボは絶対に打たない スコアのためには バーディーなんてのは我慢したご褒美というか付録みたいなものです。欲出して取りにいくもんじゃない、スコアを重視するのなら。

やりたいことやって、出来ないことにトライしてそれで結果スコアが良かったらそれはそれで喜べばいいことであって、スウィングにしても自分にとって気持いいことが重要で、大事なことは自分に正直になることじゃないですかね。
スコア至上主義 これが独り歩きし始めるとゴルフ崩壊を招くというのは大袈裟ですか。
自分もはずかしいのですが、スコアというのは他人からの評価を意識したもの、まるで自分を派手な包装紙に包んでいるような、間違った自己愛みたいな・・・

本屋さんに行くと100を切るゴルフっていう内容の本がズラリと並んでますが、グラブ3〜5本で回れば案外可能じゃないのかな。でもそんな本はないし、あっても買わない。ってことは100を切ることが人間の本能、欲望の順位としては1番に無いあらわれと思うんです。でも70台のゴルフの中にロングアイアンを抜いてユーティリティを活用しようとなると途端に信じちゃう。ロングアイアンを抜いて12本にしましょう の方がよほどアマチュアのためになると思うのは私だけですか。

だいぶそれちゃいましたけど、いいスウィングの定義って難しい。
何が何でもスコアに繋がればいい のか
できるだけ長く続けられるのがいいスウィング なのか
未熟なスウィングでスコアを求めると必ず他の部分をネジまげる必要が出てきます。
体であったり、クラブであったり、気持ちであったり
長く続けられる というのは非常に重要、いろんな意味で・・・
出来るだけ少ないメンテナンスで管理できるスウィング、結果体への負担(精神的な負担も含めて)が少ないほうが結果スコアにも繋がると思うし、今回の全英オープンを見ていても、ゴルフで感動を与えるのには体力発表会では無理、そう感じました。
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 飛ばす 為の 最大の方法に ヘッドを振らない を訴え続けている

とりあえず 出来る出来ないを 棚に上げて置こう


大半の人は ヘッドを振らない方が 飛ばない という観念から抜け出せない

気持ちは理解できる

目で見れば 誰もが振っているように 見える (本当は見えないけど…)


 だから 例の映像を見ても ただ ゆっくり動いているだけ という感想も貰う


 ゴルフクラブはグリップエンド部とヘッド部 がアドレスの状態よりも 

同軸線上よりもヘッド部が右にあると ヘッドその物が右回転

左にあると左回転しようとしてしまう

 必ず回転しようとする動きが起こってしまう


複雑だが その運動は グリップ部やそれを支えている手や腕、体にも

 大なり小なり影響を与える為 同じ不可抗力や軌跡になるのは 可能性として低い

  ヘッドをグリップよりもたくさん動かすと

   厳密には一生で一度しか出来ない軌跡を描くことになる

    まず これが 安定したショットを生み出さない


次に ヘッドの運動量だけを増やすと慣性の法則が適用されず

 クラブ全体にかかる遠心力と重量点の一致が生まれないので

  ボールに効率的な破壊力を伝えられない


そして ヘッドをたくさん動かすことにより

 ボールを打たなければならない動き 左方向への移動で

  シャフトよりも 右にある重量点により ロフトが多くなりやすい


また 今流行りの 大慣性モーメントの利点

 これ 結構勘違いしやすいのだけれど

  ヘッドの慣性モーメントは エネルギーを増やす 破壊力を増やす という意味合いより

   エネルギーロスを減らす という意味なんだけど…

    慣性の法則が使えなくなれば 慣性モーメントによる ロス軽減効果を得られない



★ここでも 勘違いしやすいんだけど

運動量は 横のだけでなく 縦の運動量も同じで

自分の動きで ヘッドを縦に動かそうとすれば クラブは同軸線上から外れる

長さの違いをのぞけば グリップ部は ヘッド部と同じだけ移動するのであって

縦にも横にも ヘッドだけを多く 動かすことはない 


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1
 これも ひつこい話になり ウンザリしているかも 知れないけれど

大変 重要な 機能 なので 考えて貰いたい


   ヘッドスピード 50ms の人の打つ 9番アイアン 40度

   ヘッドスピード 40ms の人の打つ 6番アイアン 28度

これは どっちの人が飛ぶのだろう

 多分 後者は 上手く当たって 150〜160 ヤード だろう

 果たして 50msのヘッドスピード の人は 9番で その距離行けるだろうか?

 答えは  NO の可能性の方が高いだろう



では ここでもう一つ

 ヘッドスピードは こすれば こするほど 数値は上がる

 ロフトを増やして打てば打つほど ボールから受ける加圧は下がるので

 ヘッドスピードは 減速しない

 逆に ロフトを立てて打つほど ボールの加圧を受ける為 スピードは上がらない



我々の年齢から上 これから ヘッドスピードを向上させられる可能性

 そう高くないだろう…  維持するのが一杯かもしれない

  ましてや 色々なことが同条件で 2ms ヘッドスピードが上がっても

   たった 8ヤード 距離が増えるだけ…

    8ヤード って小さくないかもしれないけど

     2ms ヘッドを増やした 対労力・努力効果からすると たかが と言える


まずは こう考えてほしい

 ドライバーの総飛距離とは コースで14回打った総飛距離 であること

  データの選別方法と同じで 良いほうの二つと 悪いほうの二つは 排除して

   ラウンド中の 10回のドライバーのトータル飛距離で考えて欲しい

    ある程度の年齢の人が 18番のテーショットまで計算に入れて

     ドライバーショットを伸ばして貰いたい


次に こう考えて貰いたい

 飛ばすために スピードを上げる動き

  すぐに想像できるのは 体の回転のスピードや腕の動かすスピードを上げる

   しかし ゴルフクラブは そのスピードの二乗分 重くなっていく

    特に その先端に付いたヘッド は偏重した 偏芯した物体である

     また 左方向への動きをあまり得意としていない

      増やしにくい上に スピードを増やしてもロフトが増える可能性も増える


  → ま この方法が巷の腕自慢たちの方法ではある
   少ないロフトの軽いヘッドの硬いシャフトのクラブを目一杯
   重力に逆らい 水平方向に 気が狂ったように動かす
   それでも 高い弾道の人が少なくない  多分表示5度のロフトでも変わらないだろう

ゴルフクラブは 11度クラブであれば 11度の状態で使う事を限定に設計されている
11度の状態で 活用できる重心位置 慣性モーメントで あったりするわけだ

 で 標準的な我々が 出せるスピードの限界は36〜40ms程度
  ちゃんとした打撃方法で 42ms あれば
   ラクラク ロフトを寝かした48msの人に勝てる   楽勝 楽勝
    その平均的なスピードで 安定度も加味した飛ぶ角度は 11〜13度だと思う


印象的には 13度? って思うかもしれないが

 正しく振った 13度 って かなり飛ぶ

  掛け値なしの キャリー220ヤード(コース表示240位)は 38msの人で 可能

   特殊なテクニックや身体能力が無くても まったく問題がない

    一番 問題になるのは ちゃんと 13度 で打てるかどうか にかかっている

     3度ロフトを増やした時点で 10ヤードは失う…
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 古いハミングバードお客様には 懐かしい言葉 でしょ


    リリース(する)

解放という意味。

釣りに於いて、釣った魚を持ち帰らずにそのまま返すこと。キャッチ・アンド・リリース

野球で投手が球を投げるときに、球を指から離すときの瞬間のこと。

音楽用語でレコードやCD(DVD)を発売すること。

映画用語で映画を公開すること。


ゴルフ用語では 切り返して クラブを打つ方向に移動させた
 俗に言う「ダウンスウィング」で行う 動作

この言葉の 総意自体は 正しい と思う

リリース 上記の参考例から考えると リリース後は何も出来ない 何もしない
という意味合いも含まれている

 魚をリリースすれば その魚がどこに逃げても構わないし

 投手がボールをリリース すれば あとは打ち取るか 打たれるかは
     ある意味 運命任せ  他力本願になる

 音楽や映画はリリース後にも すこし自主的活動などが出来るが
   話題にはなっても ロバが馬になるわけではない

 では ゴルフは?   ゴルフスウィングは?


ゴルフスウィング(クラブ扱い)を考える場合

   体の向きを変更していく 横への動きはちょっと関与する?

       ////体の向きの変更自体 クラブによっては不必要な気がする…

   重力方向への縦の動きは すべて クラブに任せるべきだ


  何故 そう考えるか?

    ゴルフで言う   スクエアグリップ とは

   両手で クラブを左右から 挟む    ◎聖徳太子のポーズ

   からで 上下から 挟むわけではない

   もし 自分の意思で 上下に「積極的に」動かすのであれば

   先端に重さのある棒を 左右から握る事は 不自然だと考えるからだ 


 他のスポーツでの リリースの動きと言うと

   >> リリースに向け 力を抜いていく

   脱力って訳じゃないけど 準備が出来ていれば

   チカラ その物を発散する動きにも近い


 ゴルフクラブは 左右から挟むがごとく握っている

 & ゴルフクラブは運動中 特に左右 重力方向と垂直な動きには
   偏芯・編重な動きがより強く出る…



    しかし ゴルフグリップは
   完全に左右から挟んでいる形ではなく
  補助的に 上下の動きにも対応するようになっていて
 支える程度の動きは出来るので



リリース とは 体の前傾 も含めた クラブが クラブヘッドの重量が

 自主的に 重力方向への自由落下 を 許可 し 行かせてあげる 事だと思う

  しかし せっかく 下方向に動くのであれば

   重さが 重力方向に動くのであれば

    その重さも利用し 持っているグリップ部 こぶしの部分も

     下に 下げさしてしまおう  というのが リリース続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
 ハミングバードのHP 幾つかのブログ
すべてを合計すると 日々 大変多くの方に閲覧されています。


ブログを始めて以来 色々なコメントやメールを頂くようになりました

 この ブログや ホームページに書いてある事は

      すべて  ある程度 重量のあるヘッドのクラブ や

           ある程度 運動する 柔らかいシャフトのクラブ を

使っているゴルファーへのアドバイスや参考文献であって

特に ハミングバード製のクラブを使っている人たちへのアドバイスであります。


他のクラブ

 例えば この間 お客さまの持ち込みのクラブで打たせて貰いましたが

  ディァマナの何とかの83のS   振動数270cpm台
 
   そのクラブを スウィングウエイト D-0.0 や D-1.0 で

    使っている人には 別な打撃方法でなければ

     このクラブを使って 安定して 飛ばす 事は 出来ません。


小振りなアイアンを NS950 や ダイナミックゴールド で

 打っている人には また別な スウィング方法が存在するでしょう。


その方々にとって このブログ等で ご紹介している方法は

 あまり参考にならないばかりか ある意味 打てなくしてしまうかも知れない

  読んでも 意味不明の内容に感じるかと思います

   ハミングバード製のクラブや 主旨がそれに近いクラブを使っていない限り

    理解することも 実践して成果を出すことも不可能かと思います

     良い 悪い 好き 嫌いを 別にすれば

      のこぎりで 釘を打とうとしているようなモノ

      金づちで 木を切ろうとしているようなモノ

       のこぎりにはのこぎりの用途や使い方があり

        金づちには金づちの用途や使い方があります



自分の使いたいクラブやブランド、機種を使う為の方法は

 自分も体力なども含めたうえで それぞれです。

  オンプレーンスウィングや その他の色々な理論も

   ハミングバード製のクラブを使うのには有効ではない  と言うだけで

    他の性格のクラブを打つのには有効なのかもしれません。

     否定も肯定も出来ないのです。





自分は ものすごく 柔らかく

       ものすごく 重たいヘッドの クラブを 作るのを専門としています



そんなクラブを いかに「ナマケモノ」

  遠くに 安定して 効率よく飛ばすか  をご提供していると思っています

       ご了承ください       店主   野澤 亨

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
最近の私のゴルフバイブルは、雑誌やレッスンプロの本ではなく、HBSのホームペー
 ジおよびブログと、そこに書き込まれる皆様のコメントやレポートなのですが、時に
  は抽象的な、あるいは極端な表現もあり、「それってどういうことなの?」と言葉を
   体の動きに替えながら日々練習場で悶絶しています。以下は、そんな中から自分なり
    に最近理解した内容です。

突然ですが最近、練習中に右手首を痛めてしまいました。
小指側の側面にあたるところです。痛くなる原因をアレコレ考えてみるとどうも、

1.切り返し以降ヘッドを振ろうとする(重いヘッドを手首で操作しようとする)
2.クラブヘッドの極端なトゥ側でインパクトしてしまい、インパクトの瞬間ヘッド
    がねじれる
3.ダフる(当り前か)

こんな場合に痛みが走るようです。

一時はしばらくゴルフをお休みしようかと思ったくらいですが、体に負担をかけない
はずのHBSのクラブ、正しく使えば痛くないはず、と思い直して、自分が理解できて
いないのは何かをブログやホームページ、映像で再度見直してみました。


アドレスは最も静的な状態なので、割とすぐに理解し実行できますが、
問題は次のテイクアウェイ。

「重いヘッド」と言われるものの、数kgもあるわけではなく、やろうと思えば手首で
動かせてしまう。そうすると刷毛塗りを意識はしても、体の回転に腕の動き、手首の
動きまでが伴って、極めて複合的な動きになってしまい、スイングごとにトップに到
達する道のりが変わってしまいます。

そこで、以前ブログの記事にあった「1kgのヘッド」を実践してみました。実際には
1kgにはなりませんが、私の使用しているドライバー(コブラ)には割としっかり
したヘッドカバーがついているので、これをかぶせてアドレスすると結構な重さを感
じます。このヘッドを最も位置エネルギーが得られるところまで、極力力を使わずに
移動させたい。

やってみて初めて分かったのですが、手首を使おうとすると痛めたところが余計悪く
なりそうなくらい負担がかかります。結局のところ、HBSではおなじみの「骨盤の回
転」と「右肘のクランチ」でヘッドを持ち上げるのが最も効率的な感じがしました。

手首の操作ではなく、大きな筋肉で無理なく動かせる感覚でしょうか。これは極めて
簡単な操作であると同時に、ほぼ毎回同じ通り道しか通らないんじゃないかと思いま
す。   こ れ は す ご い。

次に切り返してインパクトを迎えるのですが、その前に、これまで示されたヒントの
中で、私にはよく分からないことがありました。

それはボールの高さのこと。アドレス時に前傾姿勢を取るため、上半身から見たボールの位置は確かに胸より少し下あたりになる、これはよく分かります。

ただ最初は、これに何の意味があるのかが分かりませんでした。

でもよく考えてみると、足元にあるボールを拾って打つのではなく、胸の正面あたり
にあるボールを打つつもりだったら、打撃はもっと簡単かもしれない。

ということはインパクトの時に、アドレス時と同様の前傾姿勢が必要になる。
多分私の場合、クラブヘッドのトゥ寄りでインパクトしていたのは、
     
    この前傾姿勢が維持できていないからではないかと思い当りました。


早速練習場に向かって前傾姿勢を意識しながら打ってみると、確かにインパクト時は
胸の正面にある球を打つような感じになります。そしてインパクト点もトゥから中央
寄りに集まってきて、痛めた手首への衝撃はほぼ無くなりました。

そしてもう一つ気付いたのは、前傾姿勢を維持したままトップから
クラブヘッドを振ろう」とすると、
   ヘッドが遠心力に引っ張られて確実にダフリそうだということ。


ではどうするかというと結局スライドさせるしかない。

 右肩から左股関節方向に。

もうブログ上では耳タコになっている「クラブヘッドは下には振らない、右手で左手
を押す」というヒントがここでつながってきました。



こうして書いてみますと、テイクアウェイにしろダウンスイングにしろ、

結局のところ「さまざまなゴルフ理論のうちの一つ」という話ではなく、

「先端に重量があるゴルフクラブという道具で球を打つなら、

      こういう動きをせざるを得ない」のではないかとつくづく感じます。

そういう「必然の動かし方」がさまざまな表現でヒントとし

てブログその他で説明されているような気がします。

(。。。と偉そうに書いてみたものの、店長さんがすでにブログ上ではっきり同じこ
とを書いていましたね、へへへ。)



ちなみにその後の手首ですが、切り返しからヘッドを振らなくなった
                       (振れなくなった)、

極端なトゥ寄りのインパクトが減った、トップはあってもダフリはほぼ無く

なったため、手首への衝撃が極端に減り、練習も続けられています。


                  めでたしめでたし
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
ゴルフには円運動を想起させる言葉が多く混在する

☆体を回す         ☆オンプレーン
☆振り子運動        ☆スウィング という言葉そのもの
☆ボディターン       ☆インサイドアウト
☆ローテーション      ☆アッパー ダウン ブロー
☆腰をキル(手術か…)   などなど

モーメントという言葉も 元来 回転運動を指す言葉でもある

モーメントという言葉をネット検索すると こんなフレーズが出て来たりする

   円運動は連続した直線 角運動である




体の向きを変える動き これを正しく行わないと
  大きな問題が起こる

もしくは 本来 起こるはずの大きな問題
 不自然な状態を知らずに 大きな間違いの中 ゴルフショットを続けていく
  間違ったことを 別の間違ったことで補っていかなければならなくなる


軸運動である軸の部分 ゴルフの場合は背骨になる
 この背骨をクラブを保持する腕の付け根の部分の関係は
  上空から見た場合 服を掛ける「ハンガー」のような関係で
   背骨の真横に 腕の付け根は一列に並んでいるわけではない

ハンガーのフック部分を中心に回せば
 ボールを打つタイミングでは 両方の腕の長さは概ね イコールになるだろう

しかし 一般的なアマチュアの取っている回転方法は
フックの部分を軸にするのではなく そのハンガーの中に軸がある方法
 スウィング中 体の厚みの真ん中を串刺しにする 方法だから
  背骨は 体が右を向くと 左に、 左を向くと 右にずれる

  この動きだと スウィング中 両方の腕の長さが なかなか合わない

テークバックだと 写真等で見る トップオブスウィングの所定のクラブの位置
そこに持っていくのには 左手の長さが足りなくなるから 目一杯伸ばした状態
左肩関節を胸の方に動かし 関節分 腕を長くして補おう とする
こうなると 今度は 打つ方に対し 左手の長さが邪魔になるので
左腕を早く縮めたり 左サイドを開いて 長さを調整しようとする

この双方の動きは ゴルフクラブをロフトの開く方向に動かす

ゴルフクラブは重心の位置が編重しているため
 左に動く時と 右に動く時では 運動性が異なり
  右に動くときは割に素早く動こう とするのと
   左手を伸ばして 仮面ライダーの変身のポーズは 運動性が一致するので
    非常に行いやすい
     そうなった状態は ゴルフクラブの一番開いた状態

     言いかえれば ゴルフクラブが一番 左方向に動きにくい状態である続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1
 本日のお題は グリップ とは言っても
握り方の方では無く 握り部分について・・・




 
   グリップ交換する事を 強くお薦めします



何故ならば 加硫ゴム系でない
 熱可塑系 もしくは 熱硬化系のポリマー
   通称 イラストマーの新しい素材のグリップ

色々なメーカーから 発売され 何年か経ちましたが
 経年変化を経て 重大な欠陥?があるように感じます

入れたばかりのグリップを数日で外すことが多々あるのですが
 加硫系ゴムのグリップとそうでないモノに
  大きな違いがあるように感じていたのです。
  
加硫系のグリップは 一度 グリップを入れると
 その素材そのものが挿入時の液体等を吸い込み
  グリップそのモノの重量が増します

そうでないグリップは一切 重量が増えません。

多分ポリマー系のグリップは分子が細かく密着しているので
隙間が少ないか 小さく 液体やその分子が入り込めないのだと思うのですが 科学的な事で
実証している訳ではないので推察でしかありませんが……

もしかしたら グリップそのものの通気性の可能性も…
 
粘着テープがあり グリップを挿入する為
  揮発性の液体 灯油や軽油に近い もう少し無臭の石油 を
使い グリップは昔から挿入します。
      …うちではホワイトガソリンです。
高額な粘着テープを使えば 水で挿入出来るものもあります。

どちらにしても その液体が揮発して グリップがシャフトと
密着 粘着するのですが 完全には揮発する訳ではありません

その残留物などが 今までは グリップに吸い取られ 非常にドライな状態を生み出しますが 最近の熱可塑系や熱硬化系の
ポリマーは 何年かした状態でも 中がすこしウエットな状態のままです
 グリップを切った際の残りテープの状態が
  まったく異なりますから……
    湿っていて ヨネヨネ ベトベト です
       ずっと 半乾きの状態のようです。

既に数例出ましたが 一番負荷の掛かる場所のエンドの部分が
 常時 ウエットな状態により粘着素材が剥がされ
 粘着テープがシャフトから離脱してしまうケースが見られます

エンドの部分だけが ゆるゆると動く状態です。

勝手な推察ですが グリップが余計な物を吸ってくれない為
 すこ〜し 液体成分がグリップの中に残留し
  時間を掛け 捩じられたり 負荷の掛かるエンドの部分の
   テープに付いている粘着成分を融解して
    シャフトから剥離していくのだと考えています。



という事で 今日をもちまして
 ハミングバードでは 熱可塑系 熱硬化系のポリマー
 エラストマー系のグリップは  装 着 し ま せ ん




  また 現在装着済みのお客様の 加硫系グリップへの
 交換は 有償ですが 出来るだけ 割安 で行いますので
 遠慮なく 申し出て下さい   ★最優先で作業します

多分 これから 何年か掛けて この問題は出てきますが
 表面化されることはないでしょから
  この系統のグリップが改善されるか
   消滅してしまうか   見届けてみましょう
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ