◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

 フェースターンが飛ぶ のか?

まず フェースターンは どんなモノなのか を検証して見よう。

ゴルフスウィング アドレス時には 俗に言う「スクエア」 である。

インパクト直前、そしてそのタイミングにスクエアであれば
 誰が わざわざ そこから フェースターンを「しよう!」と思うだろうか
誰もいない インパクトをある意味 スクエアで迎えられれば 誰もしない

では 何故 フェースターンをしようと思うのだろう

 それは フェースが開いている ロフトが大きくなっているから である

このまま打てば 大半が スライス ハイボール 右に飛ぶ  になる
確かに それよりも   フェースターンをした方が飛ぶ    
                それを言っているのだと思う

ロフトの大きな状態でのスライスより ロフトの閉じた引っ掛けの方が飛ぶ 
 確かに そうだ     しかしよく考えて見よう

それなら 何故 重心距離やヘッド重量はあるのだろう?
 重心距離があれば 有るほど
  ヘッド重量が有れば 有るほど
   フェースターンはし難い やりづらくなる
     
フェースターンはある意味 手作業だ
体でやるのは かなり難しい…  体で行おうとしても結局手裁きが必要になる

時速140キロで動いている物体(ヘッド)を支えている(通称シャフト)
人間の持っている棒を中心に 3−4?離れた所にある200g近い物体を
程よく 良い方向 良いロフトになるように回転させ
その棒を追い越さなければならない。 シャフトをまたがなければならない。

その動きは当然 直前に一気に出来るほど 簡単な作業ではないから
ある程度 事前から始める
クラブそのもの ヘッドその物はダウンスウィング 降下中であ
しかし 開いたクラブヘッドを閉じる作業は それとは反対の上に動かす
クラブは下げるが フェースは上げる  ある意味 相反する動きだ 

またフェースターンはシャフトターンも必ず伴う
シャフトをその場に止めて ヘッドターンをさせることは
運動中には決して出来ない
本来は スウィングの中での唯一の孤
 上から見た時の 背骨を支点としたクラブヘッドまでのシンプルな円弧
  これに クラブの長さで作る立体的な円弧
   そして シャフトを軸とした重心距離までの立体的な円弧
    これを加えることになる。
     基本になる円弧は その平面上にしかない非常にシンプルな円弧だが
      残りの円弧は非常に立体的な複雑な円弧で
       また互いに影響しあうので ある意味限りないパターンを持っている
        これに 重さを 二乗倍してしまうスピードが加わるため
         作られる「不可抗力」は限りない種類の数値とベクトルを作る

これを良いタイミングで ほど良い姿勢 ほど良い量 を 高速 で行わなければ
 飛ぶ弾道には出来ない

クラブの構造の質問にもあったが
ゴルフクラブは 使う人がより易しく より簡単に(同じ意味か)
より少ない力で より遠くにボールを 繰り返し 行わせるため
昔は先人の知恵  現代はコンピューターやシュミレーションが駆使し
設計されている「筈」である。


ゴルファーは全員 元野球部やサッカー部出身の30代 40代ではない。
65歳の女性もいるし 80歳の男性もいる  ヘルニアを抱えた60歳の人もいる
握力が20kgしかないような女性もたくさんいる
その人が 楽しく出来るように設計する「筈」なのだから
その 高速超絶技巧 をしなければならないような設計や構造には
現代の金儲け主義の営利団体はともかく 過去の先人達はしないだろう



ヘッド重量は動かせる限り 重いほど飛ぶ これは理解できると思う
しかし フェースターンが「本当に」飛ぶ方法であるのならば
その重量はフェースターンの弊害になり ヘッドスピード向上を阻害する。
故に 正しく「飛ばす」方法は 断じてフェースターンではない
単に 間違った方法を補う手段で 応急処置とも言えるだろう。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
アプローチ 重要な宿題。  そういった響きがありますよね
かと言って 練習場でアプローチ練習ばかりでは ちょっと辛いし…。

アプローチショット もしいつもサンドウエッヂを使うとしたら
 ドライバーショットは OB,打ち直しを除けば 14回以下
  アプローチショットは 確実に14回以上…  トホホ
   パーオンを一度もしなければ 「最低」18回は使うんです。
    ある程度 ゴルフらしいスコアになってくると 
     満足できるスコアを出すのには ここを乗り越えないと…
      なんだか ユウウツ。
       ベストスコア 更新にむけ 頑張れ〜。


現在 アプローチがお約束のミスになっている原因
        …あんまり突っ込まれたくないところですが
実は これ 普通のショットにあるのです。
フルショットのときに ヘッドを返す ローテーションの動きを取り入れていると 当然アプローチショットもその方法を取り入れるでしょう。
しかし アプローチは フルショットと違い 当然ヘッドスピードが遅い
ローテーションの動きは ある意味スピードが勝負です。
速いスピードでボール付近を抜けないと ダフル、噛む って言うんですが
ローテーションの動きは ボールへのアプローチはロフトが開いてきます。
ロフトが5度開きと同時にバンスも5度増えるんです。
開いた状態でボールに入ってくると ダフル だから急ぐ。
上手く入ると ショットはロフトが多すぎると スピード等で作られたエネルギーは スピンとか 高さとかに化け易く 距離にならない。
       だから ショート!
遅いスピードで打つと バンスがきつくなっているから ダフリかはねてトップ!        ドヒャー…

では対処方法を教えましょう
 まず ボールを真ん中か やや右寄りに置きます
持つクラブは PW か AW が良いでしょう
グリーン回り中心、そんなに長い距離は打てません
50ヤードはちょっと苦しい…  練習によっては30ヤード位までかな
アドレス時に少しハンドファースト、右手が少し甲側に折れた状態を作ります
ヘソから上 特に腕・手周りはこの状態で固定・ロックします。
あと 動かすのは足・脚だけ
その足を使って 体…お尻/骨盤を回す 体の向きを変えて打って下さい

あんまり カッコ良くないかもしれないけれど ある意味 これが基本に近い
アプローチの原点のような動きになります。
特に花道からのランニングとしては最適。
ある程度 練習すれば 他のショットより ミスは少ないと思います。
   お試しあれ続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
 

 前のどこかの項目でも 書いたと思いますが
高速度カメラで インパクト時に 前にしなっているのは
シャフトが横ビンタのように ボールをうっているのではなくて
重心深度という存在が 慣性の法則により シャフト先端部を前に送っているのです

その映像では インパクトのだいぶ前から シャフトは前に出ようとしています

よ〜く 考えてみてください

もし このシャフトがしならなければ しならなければどうなっているでしょうか

当然 シャフトは重心深度分 前に出ず 静止状態と同じ形状を保ちます。
重心深度分 約3〜4? 前に出た状態 と 静止状態

しかも 同じく シャフトは トゥダウン方向にも
しなるシャフトはグリップの延長線上に重心位置
しならないシャフトは 重心位置分 ずれた 静止状態のまま

この「二つの状態」にやく1トンの加圧の掛かるボールが当たったとします。

  どちらが飛ぶと思います?

立体的に 重心位置とグリップ延長線上が揃ったクラブには
加圧は支えになっている棒の延長線上に掛かりますから ねじれの力は作られずに 
飛球線後方への加圧がかかり イメージ上後ろに下がります。

静止状態が維持されたクラブは 加圧は支えられている棒部分とずれた所にくわえられますから ヘッドは先端部が後ろに弾かれ 右方向に回転されてしまいます。
こちらの方が 複雑な方向にエネルギーが分散するため 減速は大きくなります
故に 撓らないシャフトを使っている人は トルク(ねじれ)の数値を気にするのです

しならせられる硬さのシャフトで打った場合 ある程度正しく打てば インパクト付近では 硬いシャフトに比べると シャフトにねじれの負荷が少ししか掛かりません。
シャフトのトルクは シャフト自身を守るための物なので
  打つこと自体には 本来 殆ど 使わないのです


お客様の「高度」な質問により
 いろいろなことが再認識されたと思います
  要するに ゴルフクラブの殆どの構造が

   いかに 最大のエネルギーである ヘッド重量を活かすか

        に集中していると言う事です


続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
前回の続きね

?シャフトの役割 って何? だよね

まず シャフトが飛ばす これは 概ね   概ねッて所が 味噌
シャフトが弾いてボールを飛ばすわけじゃない  けれど
シャフトがよりヘッド重量の効果を引き出し 飛ばす はホント!

歴史上 ゴルフらしいものになった時には シャフトのような棒が使われていたから
推測の領域だけれど シャフトがある意味は 多分 ボールが地面にある が鍵だと思います。
例え 強烈なヘッド重量で補っても 地面にあるモノを遠くに飛ばすのには
スピードも人間の姿勢も無理があるようにと思えます。
人間が運動し易い姿勢を保ち かつ ボールを飛ばすための 結論が
今の重量物であるヘッドが先端についた棒(シャフト)ナンだと思います。

シャフトにはまず 低い位置 地面に置かれたボールを打たせる役割があります。
重量物が付いているから 勝手に下に落ちるかと思いがちですが
人間の腕やクラブにも慣性の法則が働きますので クラブを持ち 姿勢をかがませ
速いスピードでボールを打撃しようとすると クラブ・腕ともに動いている土台・体のつなぎ目である肩部分の高さに上がろう 揃おうとします。
その動きを抑制しながら 低い位置にあるボールを打つのには
重心点がシャフトがずれていて かつ シャフトがしなる ことが絶対条件になります

ここでもやはり 誤解を生みそうなので すこし横道にそれ 説明しますが

  ボールを打つ 破壊力の源は ヘッド重量の縦への落下エネルギー です
決して 人間が体の向きを変える 横の動きのスピード ではありません。
体の向きを変える動きの意味は
  その作り出した破壊力に横方向の向きを与えてあげること 
殆どの人が それを反対、もしくは横の動きですべてを行おうとしています。

縦のエネルギーは ヘッド重量に シャフトの長さ、人間の動き等のスピードを加え
ボールに与えてあげる訳ですが ただ単に重力方向に使ったのでは ボールは地面に埋まるだけです。 この運動に 体を向きの変更を同時に加えてあげれば
そのエネルギーは 地面と平行方向に変換される のです。
ある意味 縦運動と相反する向きに フェースがある為 なかなかイメージし難いかもしれませんが 縦の運動はエネルギー・ 横の運動は方向
   なのです。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 仕事柄 プロゴルファーに知り合いが多い

とは言っても 少し昔のプロなのだが…

 だから 今の35〜60歳位のトーナメントプロは間近 と言うか
観客としてではなく 同じ土俵の上で沢山見ている。


 本日 お悩みのIさんが登場
スコアで言えば上手な人なのだが 引っかけとスライスで悩んでいる…
ハミングバードのクラブを使って ほどほど長いのだが
腰に持病を抱えているので 少しずつだが柔らかくしていきたいと思っている。
ただし 厳しく言えば 元々クラブを手で動かしてしまうタイプなので
ハミングバードのお客様の中では 割とハードな硬めのシャフトを使用中

腰の具合があまりに悪いのと 年齢も考え 今回はぐっと悶絶系を予定している。
そこで 何週間か前に いくつかのアドバイスをしたが ナカナカうまくいかない。
先を見越してのアドバイスだから 硬いシャフトでは難しいのかもしれない…

今回 おもちゃの鼓笛隊打法 を基盤とした 
   いくつかのアドバイスをした

          割に他愛のないアドバイス

元々左利きの右打ちなので 左手一本を使って振る典型的な横振りスウィング
 今の状態は サクラちゃん状態で 体が飛球線方向を向いてのインパクト
  故にフォローも出ず 方向を考え いつもパンチショット
   アプローチは上げる ロブショットが多く
    ショット全体に弾道はハイボール


ところが だ
  おもちゃの鼓笛隊打法 の魔法が効いたのか
急にスパンスパン 打ち始めた。 弾道が「ちゃんと」低い
いつもの聞き慣れたこすり球の音でなく ボールがつぶれている音がしている

あわてて ビデオ におとしてみた


映像は 寒気  がするほど  あの  湯原信光 そっくり

本人にそれを告げると からかわれているのかと思い 一瞬ムッとしている
 本人にも映像を見せると しばらく驚いているのか 疑っているのか
        自分の映像と認識できていない様子

トーナメントプロの中でも ノブさんは懇意にさせてもらっている
 自宅の室内にバンカーがあるのも知っているし 今でも話す
  スウィングは嫌と言うほど 全角度から見ているから
   僕は 彼の「マシーン」のようなスウィングの凄さを
    身にしみて知っている一人 彼のインパクト音も知っている一人だ

その僕が 本当にドッキリする位 そっくり というか そのモノ


インパクト音も フィニッシュも スウィングのテンポも まるでノブさん


映像を解析すると それまで ありえなかった
  ☆ 体の正面でのインパクト   90度以上ずれた…
  ☆ ダウンでそこ通すの〜 ってライン
  ☆ 今まで開ききっていたロフトが まるでプロのような…

ナ・ニ・こ・れ・〜
 別にノブさんの真似をした訳でも 体の正面でインパクトを作ろうとした訳でも
  ダウンでシャフトを寝かすのをアドバイスした訳もなく
   明後日のゴルフに とりあえず 「ゴルフ」が出来るように
    ほんの すこ〜し 「おもちゃの鼓笛隊打法」を教えただけ…

本人は上機嫌 打つのが止まらない
僕は何だか 狐につままれた様な…  嬉しいような 不思議な感じ…

強く振ってる感じもないし これなら腰痛の原因にはならないし
 本人も 「メッチャ楽チン、しかもインパクト重いし 飛びそう!」 と。
  なんなの? これ。続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
 so-kun さんと言う方から非常に重大な質問が来ました。
この質問の持つ意味は非常に重く きっとこの方はいつかゴルフの神様と話が出来るのでは とある意味ビックリです   結構プレッシャーが掛かります

質問内容は?なぜヘッドに重量が集中した構造になっているのか?
?なぜ重心が編芯した構造なのか?その構造は何を意図しているのか
?シャフトの本当の役割。ヒッコリー、スチール、カーボンと材質は進化していますが、本来シャフトやるべき仕事は何なのか?

なのですが その前後のコメントが
ゴルフクラブは他のスポーツの道具と違ってかなり特殊な道具ですが、必ずそのような形にデザインされた理由(こう使ってほしいという意図)があると思っています。
クラブが今のようなデザインになった意図が明確になれば、そのように使ってやることが正しいスイングに繋がると思っています。
変な言い方ですが 弊社のお客様以外からこんな質問を受け 大変驚いています

前後の言葉を踏まえ 歴史中心ではなく スウィングにつながる形状・構造を中心の説明させて頂きます。

?例えば ヘッド200g シャフト50g のクラブと
    シャフト200g  ヘッド50g の2本のクラブがあったとしましょうどちらが飛ぶか おわかりになりますよね  ヘッド重量は飛ばしの源です。
よく 雑誌等で ラフやバンカーからは重いシャフトの方が良い 
と書かれますが それも 大きな間違い です  ヘッドの重い物の勝ちです。
シャフトの長さを含めた上で ボールを飛ばす破壊力は
    スピードの二乗 × ヘッドの重さ の半分です

ここで 誤解が生まれるといけないので 説明させて頂くと 
 スピードの2乗とついているので 速くすれば飛ぶ と思いがちですが
  先端に重さの付いた棒を速く振るには 労力が要ります。
   しかも 一般的には重力に逆らい 地面と平行にヘッドを動かすイメージが
    ありますから ヘッド重量と言うモノが先端に付いていることと相反します
     では 速く振る為に ヘッドを軽くすると 破壊力を失うほど
      軽くしてもスピードは上がりません。

腕の長さも含めれば 150センチの長さの先端にある 200gのヘッド
スピードが上がるほど 軽くするのは 150g位にすることですが
それで上がるヘッドスピードは 個人差はありますが 2〜3ms程度です
ヘッドスピードの基準を 40ms とすると
  40 × 40 × 200 ÷ 2    =160000
  43 × 43 × 150 ÷ 2    =138675
ですから 3ms上げるために ヘッド重量を50g 軽くしても
ヘッドスピードの数値が上がっただけで 破壊力は落ちてしまっているのです。
10g程度のヘッドの軽量化では スピードは殆ど変わらず 単に破壊力不足になる続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

微妙に前項の続き 

よくショットで上手くいかないと「体が硬いから」と言う言葉を聞く
でも ゴルフスウィングで何か鍛えなければいけないほど
体が柔らかい、正しくは関節が柔らかい必要は まったく無い

逆に 硬い方が良い と言えるほどだ
まぁ 確かに関節の稼働域が大きい方が 突発的な事態には怪我の防止にはなる
だから ある程度 ストレッチ することは良いことだ
しかし 悲鳴を上げるほどの訓練には何のメリットもない 逆にデメリットだ

スウィングに使う 意識的に使う関節はそんなに多くない
膝・股関節・肘 程度 もしかすると股関節は意識して使うモノでは無く
姿勢配分を受け止めているだけかもしれない…
となると 使うのは膝回りと肘回りだけなのかもしれない

しかも その可動範囲は普段の生活で使う程度 特別に訓練のいる運動では無い
筋肉すら要らない とまでは言わないが ヘソから上の筋肉はケガ防止を除けば
特に鍛えてまで付ける必要はないし 実はマッチョな方が弊害も多い。
ヘソから下の筋肉はたくさんあった方が ケガもし難い 安定もし易い
またパワーのバロメーターにもなるだろう
だが やっぱり 特別な訓練はしなくとも何とかなる、ウォーキング程度か。

僕を見れば分かる、お医者さんにはたしなめられているが 歩かない
どこにもいかない、何にもしない、体は目茶滅茶硬い、関節がないのかと思う。
前屈なんか 何とスネ
手を合わせて前から後ろには…行く訳がない
でも スウィングするのになんの苦労も訓練もしないし
練習場の中であれば 誰よりも振らなくて 飛ばない訳じゃない
     …ま 多分 誰よりも飛ぶ とは当然言えないけど
人並み、年齢並以上は打てるし その動きは少ない? 少なく見える筈。
     単なる怠け者だ。  健康の為に運動はしよう続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 通常 スピン量って 2000とか3000回転と表示される

これって大きな誤解を生みやすい

これは 毎分 一分間  と言う意味、 秒じゃない

相当な飛ばし屋で 空を飛んでいる時間は 約7秒
 アマチュアだと 5〜6秒だろう
  ドライバーショットの スピン量平均は2800回転/ だから
   2800回転 ÷ 60秒 × 5秒 = 約233回転

要するに 200メートル位 空を移動する間に たった230回転強しか
 ボールは回転していないのだ
  ボールの直径は 約43mm  外周(一周)約135mm
   色々な摩擦やロスを無視し 230回転で転がる距離は 3m10cm

     スキッドしてる距離相当は197m  98%分は回転していない…

ボールが1m移動する(空を飛ぶ)間に ボールは一回転強しかしないのだ

感覚的には ボールってシュシュシュシュって沢山回転しているように思うけど
1mに1回転って ある意味殆ど回転していないってこと

このイメージの違いって ものすごく大きいと思う

ウエッヂショットでも 打つ距離は少なく 回転量は多いけど
 その分 大きな放物線を描くから 多分移動する道のりに対しては
  ドライバーの5〜8倍の回転 1mを移動するのに(その道のり)
   10回転もしないのだと思う。

クルクルクルって回ってスピンが掛かる  そんなイメージがあるから
 ロフトを開いて コスって打つアプローチのイメージがあるけれど
  スローモーションにしてイメージすると ボールってホントに回転していない
   スピンの効かせたショットにするのには ボールを効率よく打ち
    初速を速くすることが スピンを持続させる スピンを維持させ
     着地した時に バックスピンを残す秘訣なんだと思う

これを高速回転のイメージで打ってしまうと 回転は多いけど
 回転を多くするロフトの為 弾道も高く 道のりも長くなる
   ロフトの多いインパクトは ボールのスピードも落とすから
    飛んでいる最中に スピンを失い 無回転に近くなってしまう
     惰性で飛んでいるから 落ちても
      地面との摩擦で スピンは「当然」効かない… 分かってきた?


もしも ロフトが多いショットが「より」スピンが効けば
 たまに上手く当たった7番アイアンがグリーンでピタリと止まり
  ロフトが25度以上も「多い」 サンドウエッヂで打った時に
   スピンが効かない理由が見つからないのでは続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2
質問です。
たまに引っ掛け気味の球が出ます。
腰の開きが原因だと思い、インパクトまで腰の開きを我慢するといいようです。
ということは、腰のきれって何でしょうか?
HBS打法には、腰のきれは必要ないんでしょうか?
「インパクトまでは右足に体重を移動するだけで、回転はしない」って教わったんですが?
インパクト後に腰を回転するのであれば、ほとんど弾道とは無関係ですよね?



「腰」  ってどこですか?
一般的には 腰と呼ばれる部分は ズボンのベルト付近ですよね
そこ「だけ」を動かせますか     不可能です。
 言葉の意味合いは分かりますが 腰のみを回転させる関節は存在しない筈

ゴルフとは関係なく 腰を回そうとすると
 一般的には 脚・足を使って「足首」の関節を捩じったり
  同じく 脚・足を使って股関節を捩じり お尻を回しています。

当然 気がつかれていると思いますが
僕は HPやブログ上で 「腰」 という言葉を使いません。
ゴルフに必要な回転、正しい動きするには 「腰のキレ」という言葉の持っている
ニュアンスは相反するからです。

 では 逆に伺いたい
腰のキレ 腰の動きの目的は何ですか?
 ボールを正しく 強く 安定して ヒットする為に
  何の働きを持たしているのでしょうか


僕は「腰のキレ」から 「スピード」 という言葉を想起します
スピード という言葉から 順次 連想していくと
腰のキレは  「方向性」 「弾道の安定性」 「正しくヒットする」
この手の言葉とは つながらない気がします。  如何ですか?

腰のキレ という言葉は 飛距離 強い球 速い動き に結びつく
  そういう意味合い でしょうか?
であれば それによって ドライバーで考えると 腕の長さも含め
 2メートル近い長さ  その先端には200gの重さが付いています。
スピードが増せば 確かに破壊力は増すかも知れませんが
 運動をするための 負荷は同じくどんどん増していきます。
  しかも ドライバーであれば 握っている棒よりも
   実際の重さ部(重心点)は 進行方向の3?も 4?も右後方にあります。

スピードを増せば 運動負荷は増え 重心点の位置構造から
 自然に 放っておけば 加速の度合いに比例し ヘッドは開いていくでしょう

  これでは ゴルフクラブの基礎構造との闘いになってしまう


この 「腰のキレ」 という言葉が「くさび」になり
  ゴルファーを「スウィング迷路」に引きとめている と僕は考えています
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

よく肩を回せ と言う
大間違いである この言葉がゴルフを難しくしている

肩の部分は腕である
体 上半身の一部では無い
肩は肩甲骨という部分をかいして 体から遊離した部分

実験してみると良いが 肩の部分を前、胸の方に動かすと 
 ある意味 肩関節分 腕は長くなる
体をまったく動かさなくても 肩関節を動かすと 回っているように 見・せ・ら・れ・る 

肩を回す = 肩を動かす に間違ってしまうと 体とは別に肩の動きによって
体の回りの疑似行為をしてしまう  肩関節を動かすことによって 回っている錯覚を
作ることか出来る。 肩甲骨を動かすと 背中の筋膜が引っ張られてしまうので
背中を動かしているような錯覚に陥るが まったくの間違いだ。

背中の筋肉は ゴルフの場合 一番大きな仕事 体自信を支えるがある
 しかし 各筋肉には 仕事の限界があるので 別な用を言いつけてしまえば 
  メインの仕事はあきらめざるおえない。
   また背中の筋肉には腕を曲げ伸ばしする「クランチ」仕事がまっている
    それすらも行う余裕がなくなってしまう。

肩が回る 回って見えるのは  それが乗っかっている骨盤が向きを変えているからだ
骨盤が右を向く 当然 その上に乗っている肩ラインも右を向く  普通の動き
肩関節を前後に動かさないから スウィング中に腕の長さも変化しない
当然この方法の方がスウィングも簡単だし 体も壊さない
習得できるかどうかは別の問題として 難しく 体を壊す方法を説くのはどうかと思う


肩の関節を動かし 回る補助や疑似行為 その行為そのものが 
本来の肩関節の仕事から逸脱し 体の基本行為から離れる曲芸なのだから
その方法は人間の防衛本能が拒否するので 繰り返し難い…
こんな方法で ゴルフスウィングをすることを強要するのは
     限りなく犯罪に等しい と私は常々思っている
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ