◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「右打ちのひとであれば
 右腕を曲げ、短くして 伸ばす‐長くする
  『リリースする』
 動作がスイングを二分する、と言ってよいでしょう。

 ざっくりとですが
〇ハンドファーストを解く為のリリース と
〇ハンドファーストを維持する為のリリース に
 分かれると思います。

 前者は悪く言えば 手打ち ですが、
 ゴルファー全員で多数決を取れば
 圧倒的、多数 だと思います。」

Mさん「だと思います。」

店長「このリリースの 困ってしまうトコロは
 ふたつは 真っ二つに分かれるほどのモノ ではなく
 その間も無数に存在しているというコト と
 例えば 両極端と仮定したとしても
 場面によって、状況によっては 使い分ける場合が
 ない訳では無いというコト。。。
 とは言うモノの スイングの基本としては
 カラダの向きで打った方が、断然、手数も少なく、
 耐久力の有る箇所で動かせますので
 「ハンドファーストを維持するリリース」を
 覚えた方が良いと思います。お薦めします。
 一般的には この変更が 手打ちからからだの回転
 への変更に相当するのだと思います。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 また、ハンドファーストを維持するリリースの立場から見ると
 ハンドファーストを解くリリースは
 スイングの回転半径も小さく、インパクト時の
 ヘッド姿勢変化もとても激しい為 安定して同じ球を打つコトが
 物理的には低くなるのですが、
 …ソコが人間の凄いトコロですが、
 それを練習、練習量、練習頻度で乗り越えて、
 自信を付けたゴルファーも少なくありません。
 カラダを痛めやすいスイングになり易いので
 その練習量、練習頻度が後々 仇になる可能性もあります。」

Mさん「リリース以外の部分で大きな違いはなんですか❓」
店長「そうですね、幾つかの点で違いがあります。

.魯鵐疋侫 璽好箸魏鬚リリースでは
 …該当する本人は自覚がない、というか、
 それ以外を知らないから仕方が無いと言えるのですが、
 カラダの向きを変える 通称からだの回転も
 からだ、左右を同じように回す というよりも
 まず 左サイドを動かし、
 のちに右手で叩く、右サイドを動かす、
 ふたつに分けた回転をしているケースが多いです。

 左サイドのリード という俗世間的な言葉が該当するか
 分かりませんが、左サイドを動かす事が打撃
 と言う感覚を知って欲しいです。
 左サイドがリードして・・・
  👉その後、何かをする のではなく、
 その『左サイドのリード』が打撃ソノモノだというコトです。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment

▲悒奪匹硫鹽召鬚気擦襦△修離ぅ瓠璽己向が
 90度違うのではないか と思う人がいらっしゃいます。
 ハンドファーストを解くリリースでは
 ヘッドの返し、フェースローテーションは不可欠になるのですが、
 その回転は ネック・シャフトを軸とした横回転です。
 ・・・まあ 字面通り、額面通りの話しなのですが・・・。
 ハンドファーストを維持する為のリリース では
 ヘッドだけが回転するコトはなく、クラブゴト ですけれど
 基本的には クラブを握ったまま、
 自分がターン(向きを変える)だけと言えば良いのか、
 ヘッドやクラブをターンさせる意識はありません、
 結果的にはするんですけど…。
 その回転は 縦、 回転と言えないかも知れませんが
 あえて言うのなら
 ヘッドが反転するのは縦 のイメージです。
 とは言え 自分がターンするだけで
 クラブを回転させる意識はありません。
 回転させる/させないという意識と
 その方向が大きく異なると思います。

 その回転のイメージ によって
 テークアウェイやトップ、アドレスやグリップもそうですが、
 横にヘッドを回転させていたのを
 ヘッドでは無く クラブ自体を縦に反転させる…、
 クラブ・ヘッドをターンさせず 自分がターンする、
 かなりやるコトが異なってくるのですから
 前準備も変わってくると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「ブレイクラインをグリップエンドで割る
(片手での素振り と クラブの格納_Moment
 その感覚に馴染めたなら
 あとのポイントは
 『ハンドファーストを維持する為のリリース』だと思います。

 『リリース』とは
 曲げた、短くした利き腕、
 右打ちの人であれば右腕ですね、
 これを伸ばす、元の長さに戻すとき
 『いったい何をするのか』
 『何を動かすのか』 
 です。

 手打ちの人の場合、
 この『リリース』が打撃の全て
 と言っても過言ではありません。

 スイングの外周 ヘッドの通るであろう円
 その外周に対し、ヘッドをその外周に押しつける、
 時計の針 のように 外周に対して垂直と言えば良いのか
 そう言う風にするモノ、
 それをする為 腕を伸ばす
 と考える人が多いかな、と思いますが、
 そのイメージが からだの回転の役割を腕が奪ってしまう のです。
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment

 ブレイクラインをグリップエンドで割るイメージを前提に、
 腕を伸ばすことで
 ヘッドでは無く、クラブ、シャフトを外周に押し付ける
 そう言うイメージが必要かと思います。
 
 その言うイメージを持っていないと
 運動した時に発生する不可抗力〜遠心力
 その遠心力と仲良く出来ません。

 腕のリリース、腕を伸ばす作法で
 円の半径になるようにクラブを動かすと
 ソコでかかる遠心力によって
 行う前の円が 違う形、歪んだ形になってしまい
 遠心力を利用する、手助けさせる ではなく
 遠心力に振り回される形になってしまいます。

 言うなれば 腕をリリースする、クラブを持った左腕をリリースする、
 のであって ヘッド(の重さ)をリリースするのではありません。
 クラブを遠くに投げる と言う部分では
 ヘッド(の重さ)をリリースするのは正解ですが 
 野球のボールを投げる のと違って
 クラブを投げる競技では無く
 そのクラブでボールを打つ競技なので
 打撃の強さ とともに、打撃の正確性、安定性が必要です。

 放り投げた ヘッドの重さ
 それで 正確に、安定してボールを打つのは
 計算上、不可能ではありませんが、
 繰り返し同じようにするのは
 部活のような訓練/メインテナンスが必須になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブはほぼ何かの形で
打つ人に影響を与えます。

コレに例外は殆どありません。
その人が熟練者であっても、プロであっても
初心者であっても、です。

ですので ユーティリティクラブを一本 買い足した。
そのユーティリティが 他のクラブより シャフトが硬かった…
もしくは 柔らかかった…
新しいクラブですし、慣れれば その名の通り 便利ですから
練習も頻繁にします。
そのクラブの 性質に慣れて行く。。。
そうすると バッグの中に入っている他のクラブ、
それが 今までと違った 上手く行かなくなる😢
 これは正解なんです。
 非常に 普通の感性をお持ち というコトです。
IMG_0590

別な側面ですが、
頻繁にゴルフクラブを買い替える人がいます。
中古クラブ屋さんのお得意様 のような方です。
本来、ゴルフクラブは 特性や性質 があるので
お財布の事情は抜きにして、頻繁に買い替えることは難しいです。
それが出来る、というコトは
特性や性質の出ていない 硬いシャフトであったり
軽いヘッド(シャフトに対して)であったり
自分の運動性能では その特性や性質を発揮させられない、
動かない、稼働しないクラブ が故に、
頻繁に変えても さしたる問題が出ない、

そう言うクラブを選んでいる というコトになります。

IMG_0743

✋よく有るケースです。
かなり長いコト 同じクラブを使って慣れている、とします。
そこから 長さやヘッドは変えず、シャフトだけを
『硬い』モノに変えたとします。

その新しくなった、リニューアルされたクラブは
熱心に練習したり、打ち込んだりする場合であっても、
練習には行かず、ラウンドだけするケースであっても、
その影響が表れる時間に差が出るだけです。

『硬い』シャフトの場合、
ボールの位置が変わる可能性がかなりあります。
硬いシャフトを 右打ちで左めに置くと
ボールが当たらない、届かない、トップする、
が多く出易いですので 中め、右めに置くコトになります。

『硬い』シャフトの場合、
本能的に シャフトをしならせようとするのか、
トップの位置が深くなり、
 オーバースイング気味になる可能性があります。
逆を考えてみると分かり易いですが、
シャフトを柔らかくした場合、
動きが同じであっても シャフトのたわみが大きいですから
トップのクラブヘッドの位置が深くなり易いので
動きのトップは浅めの コンパクトなトップにする
は自然な人間の適応能力、反応です。

ボールの置き位置やタイミング、トップの深さなど
必ず なにがしかの影響が出ます。
そこは ロボット、マシンとは異なるトコロです。

その影響を考慮しつつ
クラブを選ばなくてはイケナイ のですが、
そこが難しい、クラブ選びの「意地悪」なトコロであり
クラブ選びを難しくさせる、悩むところなのです。

GC2_1600x900

こういう例があります、お店では結構、頻繁に遭遇します。
✅10年以上同じクラブを使い続けてきました。
クラブを替えない、長いコト使って頂ける のは
クラフトマン冥利に尽きる訳ですが、
10年以上 同じ体力、持久力でいられる人は稀です。
10年前の自分、からだ用のクラブを使い続けていれば
自分が衰えてきますから
 徐々に、シャフトが硬くなって行くのと似ています。
徐々に、徐々にボールの位置が中に入ります。
 多くの場合、自覚はありません。

加齢に伴い ヘッドスピードが落ちてくると
硬くなったシャフトでボールをつかまえるのには
ボールは中にしたいですが、
コトボールの高さを取るには 中に入れるのは辛いです。
そこから ボールを上げる「だけ」で良ければ
 さらに硬いシャフトにすると(届きさえすれば…ですが) 
ボールは上がる可能性は生まれますが、ボールは伸びません。
出会いがしらの衝突みたいなインパクトになるでしょうね。
打撃力がスピンに多く変換され易く、
 その分、ボール速度が減ります。
IMG_1487

✋と言って シャフトを柔らかくすると
ボールをつかまえる効果 👉ヘッドが遅れてロフトが立つ
は増しますから ボールの勢い、初速は増しますが、
そのボールの置き位置では 打ち出し角度が取れず
 ボールは浮ききれません。 失速です。

クラフトマンの立場から すれば
年齢なりの、加齢したなりの シャフトの柔らかさを
しばらく使って頂き ボールの置き位置が変わってくる
と ボールの高さも取れ、飛距離が出るようになる ので
しばらくの時間 使って頂くことが肝 になるのですが、
多くの方は 今のボールの置き位置そのままで試打して
 。。。ボールが浮かない。。。。 そこで終了です。


そう言うトコロを判断するのが難しいから
  クラフトマン が居るのです。

ですが…多くの人は 今のスイング、アドレス、ボールの置き位置、
それは 今使っているクラブを有効に打つための環境
その同じ環境のまま、別のクラブで良い結果を出そうとする、
人間の心理としては ごく普通な心理ではあるのですが
クラブは人間を、スイングを、環境を変える ので
「慣れ」と言う時間は必要なのです。。。。。ご相談下さい😊
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストという作法と リリースが
 相反する関係で有った訳ですよね。」

Mさん「まさにその通りです。
 右腕を伸ばす リリースをすると
 ハンドファーストでなくなってしまう…。
 今までは、ハンドファーストはリリースする『前段階』という
  位置付けでした。」
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






店長「リリースする。
 右腕を伸ばすと クラブが回転し、
 ヘッドがグリップを追い越す、
 そのフェースローテーションが 打撃であり、
 ボールの掴まえ、だったんですよね⁈」
Mさん「そうです。」
店長「一般的には。。。リリースする 目的の一つは
 クラブターン、フェースターンだと思うのですが…。
 それは カラダの向きで完遂出来ます。
 基本、そちらが本筋です✋
 ハンドリリースでのフェースターンは
 カラダの向きの代替え行為と考えて良いと思います。」
Mさん「! そうですね。」

店長「ですので 曲げた、短くした右手(右打ち)
 それを伸ばす、長くする、元の長さに戻す行為
 というのが スイング、打撃の種類を分けます。
 よく有る
〇右腕を伸ばし リリースすることによって
 ハンドファーストを解消する 👉ヘッドの返し
 ヘッドがグリップを追い抜くためにするリリース
👉この場合は、それをするのに 左サイド、左グリップ、からだの
 回転が止まるため、その代替えにハンドリリースする
…これを総称して 手打ち、
ハンドリリースと呼びます。

 もう一方 が
〇ハンドファーストを維持する為の リリースです。
 カラダの向きに対し、クラブを持った腕は
 クラブ、腕自身、運動によって増す重さによって遅れガチ、
 ですが、それをサポートするため 腕を伸ばし
 ヘッドではなく、グリップを押し、
 結果、からだの向きに同調して…
 傍から見ると 手は使っていないように見えるリリース
…こちらを総称して、
からだの回転とか、ボディターン、
 ボディリリース
と呼びます。


 ハンドリリースをして 手のさばき、右腕の伸ばしで
 ハンドファーストを解消、ヘッドをターンさせてしまうと
 それをするのにからだの回転からクラブを切り離す のも相まって
 からだの回転でクラブがターンをする仕事を奪ってしまいます。
 一方、ハンドファーストを維持する為のリリースは
 それソノモノでは クラブターンは行われていませんから
 カラダの向きの変更は必須になる、
 スイング動作は どこをとっても 必要なコトしかしませんし、
 不要、役に立っていない、機能の無いモノは省かれます。」

Mさん「ハンドファーストを維持する為のリリース…なんですね。」
店長「その通りです。
 ただし そのリリース「だけ」ではボールは打てません。
 ですので カラダの向きの変更が必要になります、、、
 主としてのからだの回転があり、
 それに補足して ハンドファーストを維持するリリースがあります。
(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








 ハンドリリースでクラブをターンさせる場合、
 それだけで ボールは打ててしまいます。
 からだの回転は主として必要ではないのです。
 そこが 主に 手打ちとからだの回転の違い です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「レイクラインをグリップエンドで割れ
 と言われると…。」
(片手での素振り と クラブの格納_Moment
Mさん「それって 極端なハンドファースト になる訳ですよね❓」

店長「ですねー。
 おそらく…なんですが、多くの人は
 普通のハンドファーストでも
 届かない。。。か
 スライスしちゃう。。。
って感じる、考える んじゃないか
 と思うのですが、どうでしょう❓」

Mさん「ですね。スイングの話になると
 ハンドファーストというのが 今も昔もかなりたくさん出てきます。
 YOUTUBEの動画にも ハンドファーストを扱ったモノが
 多くあるのですが…。

 ハンドファーストを強く意識すると
 届かない って感じもありますし、
 当たっても スライス、スライスっぽい当たりになって
 ボールが強く打てない感じがするのです。
 ハンドファーストは かなり長い時間、
 モヤモヤした…
 やり残してしまった宿題のような感じがぬぐえません
。」

店長「😊😊😊 でしょうねー。

 ハンドファースト と そうでないモノ
 例えば フェースターンをするとして
 よく言う ヘッドを走らせるとか、手を返す、
 をすると ハンドレイト? ヘッドファースト に
 なったりしますよね❓

 ソコが 宿題のモヤモヤの原因です✋

 ゴルフクラブは長い棒…1m位ある訳ですよね、
 その先端に クラブ全体の重さの6〜7割もの鉄の塊
 が付いているモノを 機械や電子の動力無く動かせば
 当然、自分の動きに対して 遅れます。
 それを元に戻す、とか
 自分の動きを追い越させる、には
 減速も含め、自分が止まらない と出来ない訳ですよ。

 ですので ハンドレイトとか、ヘッドファースト、
 ヘッドを返す とか、シャフトのしなり戻し をする、とか
 ハンドファーストの対になる用語 が
 はっきりとは 公に存在しない通り、
 スイングにはない
 んです。

 つまり ハンドファースト …ヘッドの遅れ になりますが、
 そのまんま 打ってしまう だけで
 ハンドファーストを作った後、ヘッドファーストにしたり
 しないんです、する必要が無いんです。

 ハンドファーストのまま 打ち終えてしまうんです。
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)







 ゴルフクラブのメカニズムで考えても
 その方が 圧倒的に自然で、放っておけば ソコに行き着きます。
 ヘッドの方が先に行く は かなり無理やりな人為的な行為
 になる訳です。


 適切な例え、ではないかも知れませんが、
 待ち合わせが 渋谷のちゅうけんハチ公前 午後6時としましょう。
 待ち合わせ時間前に ちょっと買い物に行ったら
 待ち合わせ時間には ソコに戻らなくてはイケマセン。
 ハンドファーストは 目的の待ち合わせ場所 そのものであり、
 ずっと そこにいるのですから 時間を気にする必要はありません。
 ハンドファーストが別の場所で、待ち合わせ場所に
 戻らなくてはイケナイ ではないのです。

 スイングは自然にしておけば ヘッドの重さによる遅れ
 によって ハンドファーストは出来ます。
 それが 別な場所で、元に戻らなくてはイケナイ、
 ハンドファーストを解消しなければイケない、では無く
 ハンドファーストのまま 打ってしまうことを指します。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

✋ですので ハンドファーストを『どう』戻すか 😵😵
 がスイング、ショットのテーマではなく、
 ハンドファーストを『どう』作るか❓
 ハンドファーストのまま、『どう』ボールを打つか❓
 がスイング、ショットの本当の課題なのです。

✅ハンドファーストが インパクトの一つ前の段階、
 ハンドファーストから なにがしかの行程があって
 インパクトを迎えるのではなく、
 ハンドファーストが打撃の形態ソノモノなのです。


 そこら辺を勘違いしている方が 多いような気がします。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
からだの回転 が絶対と言う訳ではありません。
 痛みが無く、安定して打てるのなら
 手打ちだって 立派なゴルフの打撃です。
 ですが 手で振る振り方は
 胴体をひねる という高齢のゴルファーには
 恐怖や痛み伴い易い打ち方であるため、
 どこかの時点で 急に飛ばなくなるケースが少なくありません。
 また、手で振る振り方の場合、
 右打ちの人であれば 右腕を伸ばすことでする
 「リリース」が打撃の要(かなめ)になる訳ですが、
 それは シャフトの長さが半径になり、ヘッドの回転が伴うので
 そのヘッドの上下の変化、ヘッドの姿勢など 微調整が必要です。
 インパクト という 瞬間、
 ドライバーで言えば 1/2500秒以下の瞬間に
 理想通り にするには
 かなりの練習頻度、練習量が必要ですし、
 それを維持するには メインテナンスとしての練習頻度が必要になり
 元々 手首や肘、腰などに負担のかけやすい動きの為
 そのスイング・ショットのメインテナンスの為の練習で
 カラダを傷め、故障してしまうコトがとても多いです。
  カラダに不安の無い若者の打撃法  と言っても良いかも知れません。


 
 とりあえず ですね、
 手打ち から からだの回転 への移行
 には技術的な部分よりも先に
 感覚の修正が必要になります。

 恰好、姿勢、形がどう と言うよりも
 肝心なのは ボールをさばく、この瞬間
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 このアングルで言うと
 クラブが右脚から左脚の間を通過するトコロ、
 ここがインパクト前後 に該当する訳ですが
 ここでの クラブをナニで動かしているか
〇手さばきなのか
〇からだの向きなのか、 
 それが 手打ち と からだの回転 の違い で
 乱暴に言えば ここ以外の前後はどうでも良い
 ここ以外の姿勢とか形はどうでも良い
 と言っても良いでしょう。

 ココの部分を カラダの向きでクラブを動かす『為に』
 テークアウェイがこうであって
 トップの位置、ダウンスイングがこう…であるのであって
 形が先にあるモノではありません。


(片手での素振り と クラブの格納_Moment
✋そこで… 感覚の修正の為に、ですが
 素振り で良いので こういうイメージを持ってください。
 アドレスの向き、ターゲットラインに対し、
 ボールへの垂線を引きます。 コレをブレイクラインと仮称しますが、
 このブレイクラインをグリップエンドで割って下さい。
 
 おそらく…ですが、インパクト付近で
 グリップエンドが自分を向いている
 そう言うモノが『インパクト』だと
 ぼんやりと認識していると思うのですが。。。

 それと 90度異なる グリップエンドを飛球線に向けたまま
 ボールを追い越すのです。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 空振りする
 当たらない
 届かない
 スライスになる

 そう感じると思いますが、
 その感覚の差 が
 手打ち と からだの回転 の差 です。

 クラブがターンするのはからだの向きが変わるから、であって
 そこを手でターンさせたら、からだは止まります。


 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 そんな感覚で ボールに届く、当てる、打つ、
 には カラダを回し続けなくてはなりません。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment
 届かない、当たらない、打てない、スライスになる、
 そうかも知れません。。。。が
 そこで 手でクラブをターンさせても 堂々巡り になるだけです。

 ブレイクラインを グリップエンドで割る、
 飛球線にグリップエンドを向けたまま、
 でどうやって ボールに届かせる、ボールに当てるのか、
 スライスさせないのか、を模索する必要があります。

 そう考えると ソコを手でクラブターンし、
 スライスした、とか 飛ばないとか で
 ソコを治すコトを繰り返してきた、のではないかと思うのですが、
 手でクラブをターンさせることを前提に進んできた
 始めの一歩、一番始めのボタンの掛け違い なのだと
 気付くことが ものすごい大きな進化になって行きます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフをする時、練習する時に
 注意しておきたいのは 
アドレスとグリップ です。」
Mさん「アドレスとグリップ❓」
店長「ビデオや写真を見返してみてチェックするのも
 良いかも知れませんが、
 クラブの扱い方が変わる、まあ 振り方が変わってくると
 それは アドレスとグリップ に表れます。

 逆に言えば、クラブの扱い方、振り方が変わってないのに
 アドレスを大きく変える、グリップを変える、
 というのは 原則的にはリバウンドして元に戻る
 というコトになります。」

Mさん「ダイエットの話し…みたいですね。」
店長「似ている…かも知れませんね。
 悶絶クラブをよりよく打つための改造でこうなったのか、
 元々 アドレスはこんな感じなのか、は判りませんが、
 あまりよろしくない ハンドファースト になっています。
「アドレス修正_Moment(2)

 おそらく ロフトを立てたい、上から打ちたい、つかまえたい、
 というコトの表れ だとおもうのですが、
 素振り、ワッグルで毎回行われる
 インパクトまでのルートを再現する動き
 この動きは 左グリップに対し
 右腕を伸ばすことで クラブを振る、シャフトを振る動き で
 私の推測ではありますけれど
 Mさんにとっての 打撃のキー になっていると思います。

 右腕を伸ばすことで シャフトに角度運動をさせると
 左グリップは移動できなくなってしまいます。
 つまり インパクトのハンドファーストをしない為の動き
 ですので、アドレス時に造る ハンドファーストとは
 相反する動き、形です。
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






 手打ちが悪い とは言いませんが、
 手打ちを辞めたい と言う方が
 素振り…おそらくワッグルだと思うのですが
 ショットの度に反復する 刷り込む動き
 になってしまいますから
 出来るだけ避けたい動作 です。

 アドレス についてですが、
 ボールの置き位置にもよりますが、
 よく言われる 逆 K型のアドレスではなく、
 Y型、シャフトはハンドファースト
 前に倒さなくて良いと思います。」
「アドレス修正

Mさん「やってみます。」

店長「次にグリップですが、
 これはアドレスとの絡みがありますので
 アドレスが改善されると 同時に改善される可能性があります。

 慣れてしまっているのか、そうでもないのか、
 にもよりますが、無理にハンドファーストを造ろうとしているので
 左サイドが妙に開いた、少し上にひっつれたような形、
 もしかすると 刷毛塗を意識し過ぎて、インパクト以降
 左ひじを抜こうとしている表れなのかも知れませんが、
 その為か、両肩のラインが必要以上に 莨紊り、蕾爾り
 の状態になっています。

 そのアドレス姿勢に加え、右腕を伸ばすことで
 クラブをターン、この場合は縦に反転させる感じ
 なのかも知れませんが、それをしたいが故に
 右のグリップが左と離れてしまっています。
 グリップエンド、左グリップを支点に
 右腕の曲げ伸ばしで 回転させたい 
 を表しているかのようなグリップ(握り)です。

 このグリップの形は パッティングにも表れており、
 出来るだけ 両グリップが上下に密着した
 実際のスイングやパッティングでは不可能ですが、
 右の腕を伸ばした時、左の手首を押す「ような」
 密着感が欲しいトコロです。

 グリップに関しては違和感が大きいですから
 そういうことを頭に入れつつ、
 アドレスを改善し、ダウンスイングのクラブさばきを
 変えていくと その形が徐々に変わっていきますので
 焦らずに参りましょう。

 アドレスもグリップもそうですが、
 見た目の形、型の問題では無く、
 その形は 自分の動かしたい動かし方に沿ったモノ
 として表に出てきます。

 ですので 今、取り組みたいのは
 右腕の伸ばし、俗に言うリリースで
 クラブ、シャフト、ヘッドを振り始めないコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Mさんのお話しをお伺いしていると
 悶絶クラブをより良く使うために
 なにがしかの改造、を加えた
 とのコトですが、
 具体的にどのポイントなのかは伺っていませんが
 アドレス、グリップ、ワッグル、素振り、
 ショット、今回はパッティングやアプローチもありますから
 それらを分析させて頂いて 推察させて頂きました。

(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(パッティングストローク 〜刷毛塗_Moment(2)








((パッティングストローク 比較映像_Moment(2)((パッティングストローク 比較映像_Moment(3)((パッティングストローク 比較映像_Moment(4)








✋まず 弊社で提唱する 刷毛塗の腕使い の部分ですが
 その腕使いを 勘違い されている ように思われます。

 刷毛塗の腕使い、肘使い は
 右打ちの人であれば 右腕の曲げ伸ばし が
 印象深くなると思いますが、
 スイングの中に馴染ませるコトが大切ですので
〇からだの回転を主体で腕やクラブを移動させる
 タメに 腕やクラブの重さ分、
 からだの回転の方向通りになるように
 補助してあげるのが目的です。

✊ちょっと分かり難いかも知れませんが、
 カラダの向き通りに腕やクラブが動くよう…
 カラダの向き通りに腕やクラブが動くと
 まるで 腕は使っていないように見えるのですが、
 使っていないようにするため動かす のです。

✋インパクトまでに右腕は伸ばせ とか
✋ロフトは立てろ
✋ハンドファーストだ

 とか いろいろ入り混じってしまっているかも
 知れませんが、刷毛塗の腕さばきでクラブを動かす
 のではなく、からだの向きが変わるから
 それに 重さ分、遅れないように補助してあげるのが
 その腕さばき、肘さばきです。

 ココで クラブやシャフトを右手で押してしまう と
 グリップエンドや左グリップの移動が止まり、
 カラダの向きと分離してしまう・・・
 即ち 手振り、手打ちになってしまいます。

 確かに、弊社のブリストルパターやデール9であれば
 小さな、遅めのストロークで パットの距離は
 ほぼすべてカバー出来てしまいますが、
 カラダを使わず 腕さばきのみで打てる距離はその程度で
 ボールを浮かせたり、ある程度「打撃」が必要な
 ショットになれば、基本、刷毛塗を主体に
 ボールを打つのは 避けた方が良いと思います。
 ですので 短くなった(曲がった)右腕を
 長くする(伸ばす)〜元の長さに戻す
 コトによって 押すのは クラブやシャフトではなく
 クラブを持った左腕・左グリップ です。

 クラブが、ヘッドが 円を描くのは
 カラダの向きを変えるから であって
 刷毛塗は それを補助はしますが、
 腕のさばきで 横にも、縦にも
 積極的・主体的に円を描くコトはしません。」

店長「まず 始めに 今すぐ 辞めて頂きたいのが
 トップからアドレスに戻る クラブさばき のワッグル、素振り です。

 右腕を伸ばすことで
 シャフトを押している… おそらく 何気ないワッグルか素振り
 だと思うのですが、ショットの度に
 そのワッグルをすれば 当然、それはカラダに刷り込まれます。
 まさに 反復練習です。
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_MomentDesktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(2)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(3)Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment(4)






 右腕を伸ばすことで クラブを回転させる、
 クラブを押す、シャフトを押す 右腕の動きをすれば
 当然、左サイドは止まり、左グリップは止まります。
 ですので ショットが パンチショットのように
 フォローの出ない、フィニッシュの取り辛いモノになってしまいます。

 写真を見て頂くと分かる と思うのですが、
 肩が回ったから 腕やクラブが移動した、 ではなく
 腕さばき、右腕の曲げ伸ばしで クラブをボールのトコロに
 戻したら まるで からだの回転が入った『ような』…
 実際には 手しか動いていません。

 ワッグルだから… もしくは 元に戻しただけ
 と思うかも知れませんが、
 実際のショットは まさにこの通り、
 このワッグル通りに打っています。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Mさん「ちょっとスイングに悩んでます。
 手打ちから脱したいと思っているのですが、アドバイス下さい。」
店長「はい😊😊😊では打ってみて下さい。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)
 おおおおおおおおおお。」

Mさん「どんなです❓」
店長「そうですねぇ、軽いヘッドの、硬いシャフトのクラブ
 であれば そう言う打ち方もアリ かも知れませんが…
 ま、それにしても腕力は要りますけどね。
 重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブであれば
 そう言うクラブさばきは苦労しちゃうと思います。」
Mさん「具体的にはどんなトコロです❓」
アドレス1
店長「ゴルフクラブって ものすごく先に偏重した構造の長い棒、
 じゃないですか、弊社の悶絶クラブは それが強調されていますが、
 どのクラブであっても その偏重しているのは同じです。


〇からだの回転 というのは
 カラダの向きの角度が主体になって
 グリップの動く量…この場合は角度ですね
 それに対して ヘッドが同じ、もしくはヘッドの重さ分
 移動する角度がヘッドの方が少ない
 というコトを指して
 手打ちが悪い とは言いませんけれど、あえて言うのなら
からだの向きとクラブが同期しない、
 グリップの移動に対し、『移動角度』として
 ヘッドの方がたくさん動く、
 カラダに対し、クラブ(シャフト)が独自に動き
ます。

 ゴルフクラブのその偏重した特性上、
 ヘッドの方がちょっとでも多く動くと
 その動きは止まらなくなってしまいます。
少し乱暴な言い方をすれば振り子
からだの回転と同期せず、シャフト、クラブが
1度、この場合は角度の度数ですが
1度でも動いたら もうクラブ自身の回転は
 止められなくなってしまう と言えば良いでしょうか。」

Mさん「。。。。。。」
店長「分類付け はどうでも良いんですけど
 手打ちは腕力や握力に非常に依存しています。
 その上、距離を目指すと方向が、
 方向を重視すると距離を犠牲に、と両立が難しく、
 また ボールさばきにフェースローテーションが必須、
 伴ってしまうので アプローチの苦労から逃れられません。

 Mさん は 既に 素振りの時点で
 グリップを止めて ヘッドを動かす、
 シャフトを振ってしまう事前動作があるので
 それはそこで止まりませんから
 全体像として 手で振っている、シャフトを振っている
 になってしまうんですね。」

Mさん「素振りがダメ、なんですか❓」
店長「素振りというよりも ワッグルに近いモノ
 と思うんですが、何気なくですけれど
 インパクトをこうしよう、クラブをこう動かそう、
 と言う存在的なイメージの具現化の部分が良くないと思います。

 遠心力 との付き合い方があまり良くない気がします。」

Mさん「遠心力は使うんですよね⁈」
店長「使わない訳では無いですが
 スイングの造り方もそうですけれど
 スイングの👀見方👀を見誤らせてしまう要素でもあります。」
Mさん「どういうコトです❓」
店長「例えば ですが
 Mさんのやっている素振り、ワッグルに近いモノ
 ですけれど、素振りの時点で
 ヘッドをボールに届かせようとしていますよね❓」
Mさん「はい。」
店長「で、実際にショットする時は
 素振りの時よりも 速度も速く、勢いも付いていますから
 より遠心力が増し、
 よりヘッドやクラブは膨らもうとします。



 実際のスイングをなぞってしまうと
 不可抗力が加わる分、そのスイングの動きにはなりません。」
Mさん「あああああ・・・。」
店長「ショット、スイングをした時に
 遠心力…膨らもうとするチカラ が加わることを想定して
 スイングを造っていないと その形にはならない
 というコトです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



922a6798ショルダーストロークは
前傾姿勢の深さにもよりますが、
回転にするにはかなり深くの前傾が必要で
練習を多くとる方には腰痛の原因になりがちで
アマチュアの場合、中途な前傾で
回転では無く
背骨のドコカノ軸点、
おそらく ここら辺だと思うのですが 
ココを軸点に からだの回転では無く
シーソーのように 左右の肩を上下させる
コトが ストロークのエンジン・原動力になっています。
👉深くして回転にするか
👉浅くして肩の上下にするか
 どちらにも一長一短あるような気がします。

一方、弊社の提唱する 刷毛塗の場合、
人によって ですが 左腕で動かす場合もあれば、
右腕の曲げ伸ばしで打つ場合もありますが、
どちらにしても 意図的、積極的には
肩、からだ、胸は動かしません。
((パッティングストローク 比較映像_Moment

意識としては止めておく位の感じです。


今のストローク
(真ん中の映像)
刷毛塗ではなく、単に肘を曲げた状態での
 ショルダーストローク になっており、
腕が短くなっている分だけで
前傾が深くなり 苦しくなる、辛くなる可能性があるのと
ショルダーストロークと混じった形で
左ひじを引く状態ですので
〇ヘッド軌道が内に切り込むか →引っかけ
〇ヘッド軌道が急激に上がる →ボールの回転が悪い、トップ気味

 ですので 安定し難くなっています。

✋浅い前傾のショルダーストロークは回転ではありません。
悪い言い方をすれば
 肩のギッタンバッコン、バッタンギッコン
左右の肩の上下動です。


〇刷毛塗の発想は ロフト姿勢の維持、
 ヘッド軌道の直線化(出来る限り円を描かない)
 にありますので、
 例えば 右腕の曲げ伸ばし を動力源にストロークする場合、
 右ひじの伸ばし と 左手首の平側への折れ は
 パックになっていると考えて良く、
 右ひじを伸ばしたら 左サイド自体が内に切り込むのとは違います。
 動画の二つのストロークを比べてみて下さい。

動力源を 腕(左腕でも、右腕でも)に馴染めない、
 というコトもあると思います。
そうでしたら 基本、ショルダーストロークで
インパクト、インパクト以降での 左手首の平側への折れ だけを
取り入れるだけでも より良いボールの転がりを作るコトが可能です。

それは ショット・通常のスイングとも関係があると思いますが、
インパクト前後で 左上腕が締まる、左腕が絞られてしまう習慣が
ネックになる可能性があります。
スイング用語では 脇が空く になるのかも知れませんが、
左上腕が逃げないと、軌道を内に切り込むコトになるか、
左手首が平側ではなく、甲側に折れてしまい
 ヘッドを跳ね上げてしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
黒いタイプのものはやや加工料分高めです。
006

どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。

一番問題なのは
『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量
(ヘッド重量 310g程度)ですが
 市販のパターの硬さは 振動数で言うと 320cpm以上
.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のウッド用シャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.の硬さに該当します
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 
弊社のシャフトではMD-14.15.16.相当
a08683cd

これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。

グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Jさん「では パターには どんなグリップ(握り)が
 良いのでしょうか❓」


店長「パターグリップでは メジャーですから
 既にされている方も多いと思うのですが
 逆オーバーラップ が良いのではないでしょうか❓」
(((逆オーバーラップ_Moment(3)

Jさん「どんな 握り です❓」

店長「通常のクラブのグリップでは
 まず 左手が握り、右手を重ね
 右小指を絡めるとか、乗せるとか だと思うのですが、
 逆オーバーラップでは 先に右手を握ります。
 あとから 左手を握るのですが、
 菴雄垢兄悗世韻髻 ̄手の上に乗せる 場合もあれば、
 私は ずっと(もう30年以上でしょうか)
 菴雄垢兄悗斑羯悗瞭麕椶髻 ̄手の上に乗せています。 
 一本だけをシングルクロス、
 2本のせる場合をダブルクロス、と呼ばれています。

 重ね具合は人それぞれで良いと思います。」

Jさん「逆オーバーラップの利点はナンでしょうか❓」
(((逆オーバーラップ_Moment(2)

店長「左右のグリップが上下に密着します。
 左の手首 と 右の手首 の位置が近くなりますので
 双方の手首で相互抑止が効くようになるので
 手首の不必要な折れを防止し易く、
 パッティングストロークの最大の課題である
 左サイド、左腕、左手の止まり を防止し易いと思います。

 右利きの右打ちの人であれば
 利き手である 右手が主体の握りになるので
 違和感は少ないんじゃないでしょうか。

 右手で打つ のが良いかはなんとも言えませんが、
 手ではたきたくとも もう一方の左手首が直ぐ近くあるので
 抑止が効きます。
 クラブを持った 左手を押す 感じが
 もっとも出易いグリップだと思います。
1-6-scaled

 パットの練習をする 方が良い とは思いますけど、
 腰も痛いし、パターマットでは退屈 と言うのは本音でしょう。
 そう言う意味では 握る習慣を付けさえすれば…
 だけですが、実はかなりパッティングには効果があると思います。

 プロによっては グリーン周りのランニングとか
 逆オーバーラップで打つ人も結構いたり、しますよ。」

Jさん「試してみます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「手首で弾くタイプのパッティングは
 門外漢なので なにも解説できませんけれど、
 弊社推奨の刷毛塗 であっても
 ごく一般的な ショルダーストローク
 であっても パターが得意、好きか、
 苦手、嫌いか の分かれ目 は
 まさに スイングの悩みと同じなんですが、
 左手の止まり にある と思います。

Jさん「左手の止まり ですか❓」
店長「はい。ショルダーストローク、振り子でもそうですが
 分かり易いので 右腕の伸ばしの『押す』で考えてみましょう。

 本来、パターは転がす のでなく
 ボールを移動、水平移動させるコトなので
 球体のボールを弾いて打つ必要はありません。
 パターヘッドで押せば良い訳ですね。

 ですので
〇パターを持った 左手を右手の伸ばしで押したい、
〇もしくは 左腕の移動が主エンジンでパターを動かしたい、

 やや 斜め上気味から 直線で押す形 になるのですが、
IMG_0031_Moment

 右手の動作に対し、左腕、左手が止まってしまうと
 右手の押しやショルダーの動きが
 クラブを持った左手を動かすのではなく
 クラブを動かす事になり、
 ヘッドが急上昇、場合によっては左に切り込む、
 ヘッドの弧が縦にあがってしまいます。

 ショルダーストローク、振り子の場合、
 とても良くあるコト、プロの試合でも見かけますが、
 ショルダーストロークそのものでボールを打つ終わらず、
 結局、手首の返し、跳ねで打ってしまう、
 手首の跳ねを使う時には
 左サイドは『既に』ボールから遠ざかっているので
 止めておかないと 届かなくなってしまう
 自分では ショルダーストロークしているつもり なのに
 結局は手さばきでうつ典型的な例です。
IMG_0030_Moment(2)
 それでは ボールが跳ねてしまったり、
 良い回転にならないばかりか
 狙ったラインにも乗りません。

 とは言うモノの プロのように
 パターの練習を毎日30分以上なんて やると
 我々では 直ぐに腰など壊れてしまう…
 👉プロの故障もココが原因多い程ですから。

 ですので グリップで治しましょう。

Jさん「パターのグリップ(握り)ですか❓」

店長「はい。
 通常のショットに比べ、運動と言うほどの行為
 ではないので 違和感も少なく、
 グリップだけを慣れるのは比較的、楽かと思います。」

Jさん「クロスハンドグリップですか❓」

店長「いえ、クロスハンドグリップでは
 どこで距離感を作るか、にやはり練習が必要ですので
 今となって クロスハンド に変えるのは
 かなり無理がありますから 除外します。
(((逆オーバーラップ_Moment

 おそらく…ですが、
 多くの方は 普通のクラブを持つ握り、グリップのまま
 パターを持っている と思うのですが、
 その握りが パッティングをかなり大きく左右する、
 と言っても過言では無いと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークの話しに戻りますが、
 パッティングストロークにおいて
 一番避けたいインパクトは
 アッパーに打つ、煽り打つ、歯で打つ、
 です。
IMG_1386
 パッティングストロークを弾道計測器 で
 計測しながら行うと
 普通に打つ、
 まあ 当たり前ですが、フェースで打つ に比べると
 歯気味、アッパー気味に歯で打つと
 ボールのスピン量が いきなり5倍〜10倍増えます。

 その弾道は 初速は速いのですが、
 見た目にも 急速にボールスピードが落ち、
 初速に反して ボールが行かない、
 世に言う 伸びない球筋、転がりになります。
IMG_0031_Moment
 この写真は トーナメント中のプロのモノ です。
 この選手は かなりアッパー気味にストロークしています。
 が故に、歯気味でインパクトに入ってしまい
 ボールが伸びず、苦労していました。
IMG_0030_Moment(2)

 パッティングは オーバースピンだ、
 と言われますが、それはその通り…なのですが
 それは空中を飛ばず、地面を転がる、から であって
 オーバースピンをかけて 打つモノ ではありません。
 氷の上でパットをすれば スピン量は多くありません。
 当然ですが、同じチカラ加減で打っても
 氷の上を転がるのに比べ
 通常の芝の上を転がると ボールは遠くに辿り着きません。
 摩擦 があるから です。

 順回転、オーバースピンはかかっていますが
 その距離に対し、適正なモノに比べ、
 より多くの回転が伴っていると その分、
 芝との接触面積も接触機会も増える訳ですから
 ボールにブレーキがかかってしまいます。

 ボールの外周は 約15cm ですが、
 150cm以上移動する のに 10回転未満の回転 が
 パターにとっての 良い回転 であって
 150cm移動するのに 15回転も回転させるには
 余計なチカラ加減が必要になりますし、
 接触機会が増えますから 芝目の影響も大きくなります。

 芝の状態によって 距離感も影響を受け易いですし、
 ラインも大きめに取らざるを得なくなります。

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

 アマチュアだけでなく、プロにとっても
 ボールを煽り気味に打たない、ちゃんとフェースで打つ
 は あまり意識されていませんが、かなり重要、
 特にアマチュアゴルファーのパッティングの生命線、
 パターが得意と苦手の分かれ目になるポイント
です。

 昔から フォローで 
 『パターヘッドを 低く長く出せ』と言われますが、
 その意味はココにあるのです。
 乱暴な言い方になりますが、
 アッパー気味に、あおり気味にストロークするのであれば
 フォローが無い方がマシかもしれません。

golfutikata233真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ振る
ばかりを気にする傾向が強いですが、
ストロークをする時の自分の目から見た真っ直ぐ よりも
((パッティングストローク_Moment(2)

このアングルから見る 真っ直ぐの方が
総合的なパッティングストロークとしては重要です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「またまた 脱線しているのですが、
 アマチュアのショットの問題の殆どが
 この右向き不足から発生している、と言ってよいと思います。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)





Jさん「すごい判る気がします。」
店長「打撃の準備、助走になるはずのテークアウェイ、
 本筋では 肩、もしくは胴体が右を向く、
 ソコから打ち始める "筈" なのですが、
 肩や胴体の右向きが無く、
 それを腕の『水平外転』で行ってしまうと
 トップ、切り返しから『水平内転』して戻すと
 からだはその回転につられ 当然、開き、
 左を向き始めます。
 
 そのまま打てば 外から打つ、
 世に言われる アウトサイドイン になって然るべし、
 なのですが 総じてアウトサイドインは嫌われている、
 初心者、上手く行かない人の代名詞のような存在ですから
 それを無理やり インサイド。。。

 本来のインサイドは 右向きの ボールから離れたトコロ
 と言う意味とともに
 円の中側、内側 と言う意味ですが、
 それも 肩やからだの右向き という空間
 によって 形成されるモノ です。
会田20210701_Moment
 肩やからだの右向きが無く、空間がない…筈の
 "インサイド"を クラブを寝かす という
 またもや 疑似インサイドから振るのです。

 なんと言えば良いのか
 ウソをついたのを隠すため また、ウソをつく
 みたいに成るのですから
 どんどん 難しい立場、難しい状況になるのは
 仕方ありません。」

Jさん「うううう…って感じですね。」

店長「肩やからだが右を向く のと
 肩やからだも右を向かず 腕だけ振る のでは
 空間も異なりますし、動作出来る時間も異なります。

 腕を『水平外転』すれば 胴体もひねられてしまい易い ですが、
 多くのプロがやっている 肩を廻す〜胴体をひねる は
 体に柔軟性のある若い人や訓練された人 が可能なことで
 普段から 腕だけ振っている疑似右向き 腕の『水平外転』
 クラブをあげている人がいきなりやって出来ることではなく、
 疲れた時など どうしても 浅くなりガチ です。

 肩、胴体の向きを変えるから
 前ナラエした腕の向きも変わる です。

 ですので アマチュアゴルファーの場合、
 最善は 股関節を境目とした 胴体、骨盤を廻す への移行ですが、
 とりあえずは 腕の『水平外転』を出来るだけ減らし、
 胴体をひねる、世に言う肩を廻す を
 練習で馴染んでおくのも 現場でのミス回避につながると思います。

 その際、腕を左右、横に振る 👉 その勢いで 肩を廻す
 は スイングとしては一番マズイ と思います。
 腕やクラブの重さを利用して 勢いで 胴体をひねる は
 基本、無理やり 胴体をひねっている ので
 反動と言うか、拒否反応、忌避感覚によって
 帰り/戻りが早くなりガチ ですし、
 疲労 によって 行き帰りともにリズムが狂いガチ です。


 プロの多くが 胴体を捩じる〜肩を廻す です。
 肩の向きを変えるから 腕やクラブの向きが変わる、
 腕やクラブを振って、その勢いで 胴体を捩じる〜肩を廻す
 のとは かなり大きく異なります。

 運動動作として 全く違うモノです。

 その 見た目は似ているけれど 中身は全然違う、
 そのノウハウを取り入れても 余計な意識が増えるだけで
 プラスになることは少ないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あからさまに パッティングストロークの話しから
 脱線していますが、スイング形成や改善において
 役に立つ方もいらっしゃるかと思うので 続けますね。」

Jさん「どうぞ お願いします。」

店長「もう一つ 曲げ伸ばし ではないのですが
 腕の使い方 で 勘違いされている方がいるか と思うのですが
 ゴルフスイングにおいての
 腕の役割、使い方は 主に 外転内転 であって
 水平外転、水平内転 では無く、
 簡単に言えば 縦方向の動き であって
 水平方向の動き では無いというコトです。」
img_c4bf33269c653e2c391c91f59097083193630
img_6e18083bc9f67fca18a980bbb4a977f0126425

 店長「完全に、とは言い切れませんが
 縦外転 をそのまましたのでは 円が膨らみ
 無用な負荷、動作の邪魔が入ってしまうので
 肘を曲げ、腕を短くしているだけであって
 腕を水平方向に回転させているのではありません。」
Jさん「うわ…。」

店長「スイングの話しになって恐縮ですが、
 プロは若いから、訓練しているから カラダを捻じる、
 肩を廻して 腕を動かしているケースが多い、 のですが、
 その腕やクラブの動きではなく 見た目を真似、
 肩を廻す ではなく 腕を水平外転させて
 テークアウェイをしている人が ほとんど、
 全員と言っても良い程 多いです。

 アマチュアにとって 胴体を捩じる は
 故障が伴い易く、疲労に反応し易い動きです。
 肩を廻すよりは 骨盤の回す方が
 明らかに安全です。

✋百歩譲って、肩をまわせる(肉体的に可能)であって
 特に悩んでいないのなら なにも言うことはないですが、
 
肩を廻すのでなく 腕の水平外転〜水平内転 で
 似たような動きを真似ているケース
が多いですが、
 これを 世間様では「手振り・手打ち」と呼んでおり
 もっと肩を廻せ は
☑今以上に深く「肩を廻せ・胴体を捩じれ」と言っているのではなく
 腕の水平外転で 疑似肩の廻りをするな
 というコトを言っているのです。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)






Jさん「。。。。。。私のコト…かと思いました。」
店長「アマチュアゴルファーの基準値と言っても良いかも知れません。
 あまり良い意味ではないですけど…。
 私たち オジサンおばさんゴルファーにとって
 胴体をねじるのは危ない、壊れやすいのに
 さらにそれを 肩ではなく、腕だけで行っている
 二重のミス・過失 と言って良いですね。
((((((((_Moment

 腕を水平に外転(テークアウェイ) 内転(ダウンスイング以降)
 であれば 円弧はその腕の動きでまかないきれます。
 からだの回転はオマケ程度になりますし、
 ゴルフの性質上、水平外転、水平内転には
 腕の捻じりも必要になります。
 これがヘッドの返し、フェースローテーション で
 ソコが問題なのではなく、それが必要になるコトが問題なので
〇胴体は捻る、腕は捻る、この複雑さを解決出来るのか、
〇捻じる捻じるの複合によって カラダを傷めるのが早いか、

 と言えば 圧倒的に後者だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「刷毛塗に限らず、ストローク、スイング全般の
 腕の使い方 を勘違いされている方は少なくない気がします。」
Jさん「どのような ですか❓」

店長「主に…ではありますが
 ゴルフスイングにとっては
 腕の曲げ伸ばし、
 肘の曲げ伸ばし
、 は
 腕の中の筋肉で主には行わない というコトです。」
Jさん「どういうコトですか❓」
店長「筋肉の箇所は割愛しますが、
 前腕を持ち上げるのは 腕の中の筋肉です。
(((肘の曲げ伸ばし_Moment(3)
 一方、刷毛塗もそうですが、
 上腕を上げる のは 肩や首廻り、背中の筋肉です。
 肘が曲がったのは 上腕が上がった、からに過ぎません。

 伸ばす 方で言えば
 腕の中の筋肉で行う場合は 前腕を動かす のですが、
 背中廻りの筋肉で行う場合は 上腕を下げる コトで
 肘が伸びる、腕が伸びる なのです。

 ふたつは 主に使い筋肉も違いますし、
 その筋肉の大きさが異なりますので
 後者の方が 大きな力を造り出すことが出来ます。

(((肘の曲げ伸ばし_Moment(((肘の曲げ伸ばし_Moment(2)(((肘の曲げ伸ばし_Moment(3)






 ゴルフスイングの場合、その腕にクラブという重さがかかります。
 曲げる ではなく、伸ばす方が打撃ソノモノに使われるので
 腕の中の筋肉〜前腕を動かす は 小さい筋肉で動かす上に
 その前腕も負荷になり易いので 力みが必要です。
 一方、背中廻りの筋肉で行う、上腕の下げ は
 下げる、降ろす 〜落とせば良い上に 大きな筋肉ですので
 前者よりも楽に行うことが出来ます。

 腕の曲げ伸ばし、肘の曲げ伸ばし、
 ソコを勘違いされている方がいるのでは…と思っています。」

Jさん「考えてみたことも無いですが、
 それって リキミの原因になり得ますね。」

店長「刷毛塗に限らず、そう思います。
 多くの人はテークアウェイで 右ひじを曲げるのに
 上腕を上げるで行わず、前腕を上げる
で行っています。
 左腕に押されるから 致し方なく そうなっているのですが、
 その曲げ方をすると 今度は伸ばしていく段階で
 重くなるクラブ、自分の腕さえも負荷としてかかる
 それを 腕の中の小さな筋肉で行うのですから
 力むのが当然、力まないと伸ばせないのではないか、と思います。

 ショットであれば 思いっきり叩いて良い訳で
 本来であれば 肘を曲げる は 上げる とか、高くする
 と言う意味合いが強い訳で、 その反対の肘を伸ばす は
 下げる とか、低くするのですから 帰りの方が楽になるはず
 にもかかわらず、伸ばす方が力む には謎がある訳です。
((パッティングストローク_Moment(2)

 スイングで増える負荷だけでなく、行きと帰りで
 かなり動作が異なるのだと思います。

 前腕をあげて肘を曲げる場合、
 ダウンスイングにおいて 重さによって
 腕が捩じられてしまう要素が 上腕を上げるモノに比べ
 どうしても 多くなってしまいます。

 行きは縦に動かしたのに、帰りは横に動かさなくてはならない、
 リキミ易くなるのは当然ですし、
 横に動かす分、からだの回転、向きの変更の仕事を奪ってしまうので
 手打ちっぽい モノになる、
 腕・クラブ と 
からだ が分離し易くなる とも考えられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークのように力任せというか、
 思いっきり打たなくても良い、
 そして タッチ、と言えば良いのか、
 距離加減が必要なショット、ストロークの場合、
 右利きであれば 右腕
 左利きであれば 左腕 で それを行うコトを
 好むゴルファーの少なくありません。

 ごくごく一般的な ショルダーストローク、
 振り子式の場合、部位で言うと
 広背筋や僧帽筋などの どちらかと言うと
 力強い動作を行うのを得意とした筋肉 で
 微妙な距離感を会得するには かなりの修練が必要で
 パッティングの性質上、どうしてもかがんだ姿勢で
 それを行うコトになるので
 我々の年齢だと それを会得するだけの練習をしきれない、
 そういうこともあります。

 ですので 距離感を右腕感で出してしまおう、
 と言う点も 刷毛塗には内包しています。
IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(5)IMG_0710_Slomo_Slomo_Moment(6)





 刷毛塗は その右腕、両方の腕さばきを動力にして
 と言う人も居ますが、私はそうですが…、
 振り子、ショルダーストロークにおいても
 その動力を 腕で より効率よく、適切にさばく、
 と言う方法としても応用は可能です。
 ただ その場合は、あくまでも腕は 動力をさばく、
 車で言うと ギアやデフのような存在で
 エンジンでは無いと理解していないと 複合してしまい
 距離感が刷り込まれ難くなるので注意が必要です。

 ショルダーストロークの場合、
 その動作 ソノモノを打撃・動作のエンジン、にして
 それソノモノで打ってしまわないとイケナイです。
 動作はショルダーストローク、
 でも結局、打つのは手首の弾き…というゴルファーが
 パッティングの悩みを抱えている、のは少なくありません。

✋決して勧めている訳でもありませんし、
 ショット全般への影響もあるので ノーマルグリップが良いですが
 〇参考までに・・・
 刷毛塗 は パターにおけるクロスハンドグリップと似ています。
2db0fa4d0048a05a80f05f59fe59de94c925bc75_xlarge
 クロスハンドグリップの発想、その着眼点は
 動力が腕であっても、振り子で有っても どちらでも良いですが、
 仮に 右腕の伸ばし、右手の押し だとしましょう。
 通常のグリップ だと 悪い例で、しかも 大半のパターンですが、
 右手が押すと クラブを持った左手が支点になり、
 グリップエンドが軸点に ヘッドが縦回転する ような動き
になります。
 カラダの箇所で言うと 左手の甲が甲側に折れる形、
 動作で言うと 手首のスナップで弾くような そんな打撃です。
 その形は グリップ〜握りの方にも表れたりします。

 ところが クロスハンドグリップで持っていると
 右手が押した時、クラブが押されるのではなく
 クラブを持った左手が押される形、

 左手首の軸運動が発生し辛いので
 インパクト前後でノ ヘッドの跳ね上がり、
 軌道やロフトの変化が大幅に抑制出来る、
 ヘッドの高低、上下移動を抑制出来る と言う大きな利点があります。

 それを ノーマルグリップで行うのが
 刷毛塗 と考えて良いと思います。


 ストローク、動作として 表れるのが
 インパクト、インパクト後の 左腕と左脇の関係でしょうか?

 右手が押す、とすると
 その押しで クラブが押され 左グリップ軸のクラブ回転をしてしまう場合、
 左手首は甲側に折れていく ので
 左腕はより左脇に近づく、締まる感じになりますが、
 刷毛塗、クロスハンドの場合、押されたモノが
 クラブを持った左腕ゴト 押される ので
 左腕はカラダから離れます。
 そこは 見た目の違い でしょうか。

 パッティングストロークだけでなく ショットでもそうですが
 インパクト、インパクト前後で
 スイング・ストローク動作の先頭に位置する左腕、
 左グリップが止まる それを避けるコト が
 インパクト安定、ミスショット減少につながります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Jさん「ハミングバードさんでは
 パッティングや短いアプローチなどで
 刷毛塗 と呼ばれるストローク方法を
 提唱されていますが それは どんなモノなのですか、
 教えて下さい。」


店長「弊社で扱っているアイアンやパターは
 ヘッド重量が超重タイプなので
 小さな、遅めのストロークやスイングでも
 距離を打つコトが可能です。
IMG_1414
 市販のモノも重めのヘッドが増えてきましたが、
 一般的には 300〜320g と言ったトコロですので
 L型「ブリストル」ですと 60%増しの 480g
 ピン型「デール9」では 70%増しの 520g
です。

 それを活用して より安定した軌道、
 安定したインパクトを造れるようにしたモノが
 刷毛塗という ストローク方法です。
IMG_1364

 パターに限らず、クラブ全般通して ですが
 ゴルフクラブの打撃部であるヘッド、フェースには
 ロフト角度 と言うモノがあります。
 ゴルフクラブとゴルフショットの関係では
 ロフト角度、その姿勢が一定していると
 それをほぼ同様に ヘッドの入ってくる進入角度、
 入射角度やヘッドの道のりも一定したモノになります。

 逆に言えば、ロフト角度、ヘッド姿勢の変化が激しいと
 それに比例する形で ヘッドの軌道、入射角度もキツイモノ、
 変化の激しい、小さな弧の軌道になります。

 振り子式の場合、グリップに比べ ヘッドの角度運動が
 多くなりガチ、グリップの移動が抑制されがち です。
001002







 刷毛塗の発想は そのロフト角度・進入角度を極力変えない、一定にする
 スイングであれば 円弧はからだの向き、骨盤の向きに任せ、
 両手でさばける範囲 〜体の幅分 は
 クラブはスライドさせ、円弧を描かない、
 手で円弧を描かない
 トコロから始まります。」

Jさん「では 刷毛塗はショットにも応用可能、というコトですね。」
店長「はい。可能です。
 ですが、今回は パッティングストロークと
 ほんの短い距離の グリーン周り、位の距離のアプローチを中心に
 留めておきます。

 
 今までのお話しと重複する部分が多々ありますが、
 私の見る限り、多くのゴルファーのパッティング苦手、下手、
 実はパッティングに限らず、ショット全般なのですが
golfutikata233
 この写真の通り、真っ直ぐ振る、真っ直ぐ打つ、
 コトにこだわり過ぎて
 もう一つの真っ直ぐを無視してしまっているコトに起因している
 と思っています。
 
 ヘッドには ライ角度とロフト角度が複合してあるため、
 ヘッドのそのものが左右方向に向き(回転)を変えていなくても
 右打ちの場合ですが
 ロフト角度が増えれば、実フェースは左を向きますし、
 ロフト角度が振れば、実フェースは右を向きます。

 振り子式のストローク、ショット は
 支点を固定できる機械であれば 良いかも知れませんが、
 それを実行するのは ヒト だというコトを忘れています。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 ロフト、フェースの向きなどを勘案し
 振り子の場合、ヘッドの最下点であたれば 良いのですが、
 人間が振り子式を実践した場合、
 支点になる箇所や頭なども 振り子運動する可能性が高く、
 多くの人が ヘッドが上がっている時にインパクトし、
 それはイコール ヘッドが高くなっている
  =フェースが左を向いている
 最下点よりもヘッドの位置が上がっているトコロでインパクト
 する事になるので トップ気味に『歯で』打っている
 というコトに気付いていません。
006
 打撃は立体なので このアングル(👆👆👆)
 で ボールとヘッドがどうコンタクトしているのか
 というコトを 無視してしまっています。

 実は 実フェースの向きは変っているのに
 ヘッドが真っ直ぐ動くコトばかりに意識を使い過ぎ、
 ヘッドを真っ直ぐ動かすコト自体は悪いコトではありませんが、
 打撃は立体というコトを忘れ、
 上から見た平面的な、その形ばかりにとらわれてしまうのは
 パッティングストロークだけでなく、ショット全般も
 陥り易い ゴルフショットの落とし穴 だと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「パッティングストロークにおける『距離感』
 その土台になるのは 同じロフト、
 ヘッドの高さ変化、上下軌道を含めたロフトが
 一定であるコト はとても大切です。
006
 打つ度に 違うロフトでインパクトしてしまう、
 打つ度に フェースの色んな所に当たってしまう、
 では 距離感が刷り込まれていきません。」

Jさん「なるほど。」

店長「その前提条件の上 にです、
 距離感は ヘッドの移動速度ではなく
 打ち手の『動作』速度 で覚えると良いと思います。

 漠然としていますが、
 パターにおいてですが、距離感=ヘッドスピード
 的な感覚をお持ちではありませんか❓」

Jさん「はっきりとしてはいませんが、
 どちらかと言うと YESかと。」


店長「その方、その方の方法で良いとは思いますが、

 箇所で言うと
 ショルダーストロークであれば 背中とか、腰とか、
 刷毛塗であれば 右ひじの伸ばし感とか、
 手首もあると思いますが、ロフト変化、
 ヘッドの上下動の変化が起こり易い、大きいので
 手首での距離感は除外して良いと思います。
 また クラブとダイレクトに接する小さい筋肉の手首は
 緊張などの状態に弱いですので 出来れば
 辞めた方が良いと思います。
 兎も角…距離感はヘッドの動きではなく、
 自分のなにがしかの動作と結びつけるコト
 をお薦めします。」
 
Jさん「おすゝめは❓」
店長「弊社の L型ブリストル、ピン型デール9 で
 あれば、ストロークそのものを小さめ、遅め に
 出来ますから 刷毛塗の右ひじ感(詳細 次号にて)でしょうか❓」


店長「✋距離感だけでなく 方向、当たりを狂わせてしまう、
 実は 良くあるパターンがあります。
 アマチュアのパッティング、
 特にストロークに悩みの有る方にとても多い気がします。

 動画の冒頭、パッティングストロークをしていますが
 インパクト辺りから ヘッドが急激に
 内に切り込む、もしくは 高くなっているのが
 見て取れると思います。

 振り子のショルダーストロークであっても
 上腕でさばく刷毛塗のストロークであっても
 右サイド、もしくは右腕と
 左サイド、もしくは左腕は
 常時、同じ分量、同じだけ動くはずです。

 にもかかわらず インパクトを大事にしたいから、なのか
 やはり 感覚は手先で、なのか は個々人によって
 異なりますから 特定は出来ませんが、
006

 多くの人が インパクト直前で
 左サイド、左腕の移動や動きを止めてしまっています。
 ハミングバードのおススメのストロークではありませんが、
 振り子であるのなら
 その振り子 で
 打ってしまわないといけない
 振り子で打ち切ってしまわないとイケナイ
 と思うのですが、

 直前まで振り子 で来ているのに
 直前で 左サイドの動きを止めてしまい、
 結果、右手ではたく、右手首で打たざるを得ない、
 というのを かなり多く見かけます。

 パッティングストロークだけでなく
 ショットの インパクトイメージ、インパクト感 の
 影響が否めない のかも知れませんが、
 動かしてきたモノを ナニカで受け止め 放り出す
 と言う動きは かなり複雑な動きになります。
 動作としての速度も 振り子であれば 背中廻りの運動
 その運動でそのまま打ってしまえば良いのに、
 直前に止めて 右手でリリースする
 これでは どちらが距離感とつながるのか分かりませんし、
 緊張感の伴う場面で 距離感が狂いやすく
 ヘッド姿勢、上下左右の軌道も途中変更が入るので
 パット数が減る、狙った距離、方向に打てる
 と言う確率がかなり低下すると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



刷毛塗(両腕の肘さばき)の基本は グリップの移動です。 ヘッドはその場に残し(動かさず)、グリップが移動した分、 フェースが下を向くように引きずる…程度です。 ヘッドの移動はからだの向きに預け(無視し) からだの向きの変更によって  移動していくであろう「場所」に向けて 先行して【グリップ】を移動させていく…感じです。 ✋刷毛塗動作で 『ヘッドの移動』も手さばきでしてしまうと いざ スイングになった時、からだの向きの変更と重なるため ヘッドが下から入るコト になってしまいます。 意図的な場合を除き ダフリや煽り、しゃくりなどのミス を生み出し易くなります。 ✋✋✋もう一つ ポイントになるのは 刷毛塗をする順序 です。 イメージ…としては トップの位置から 右向きは固定し、 刷毛塗だけで入るような感じ…、 届かない分を向きで修正するような感じです。 それをし始める位置 トップ で 先行して、刷毛塗をすると それは右向き(左サイドが低い)状態なので 横方向の含まれる『縦の動き』になりますが、 からだを回して(同時)から 刷毛塗 をすると 横の動きだけの刷毛塗になってしまいます。 🔴注意! そして そこには ヘッド(クラブ)の落ちる効果が入るので かならず 下から入る「潜る動き」になってしまいます。 (ラフでは下をくぐってしまったり、だるま落としや バンカーなどで行うと上がり切らず ボールが出にくくなったりします) スイングで注意 なのは からだの回転が入れば 円弧が生まれますが、 同時に、(手さばきで…この場合は刷毛塗) ヘッドでその円弧をなぞる動き を入れてしまうと 仕事が重なるコト になりますので ヘッドの迂回、ループなど 時間稼ぎが必要になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「今日はどうしました❓」
Jさん「最近、パッティングに悩んでいます。
 ちょっと見て貰えます?」
店長「どぞどぞ」
Jさん「引っ掛かりが多くて パット数が40近くに
 なってしまいます。」

((パッティングストローク_Moment(3)

店長「質問、なのですが、
 やはり 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す って
 意識は持たれています❓」
Jさん「強く、ではないですが、あると思います。」
店長「真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す の理由というか、
 意義と言えば良いのか、真意はなんでしょうか❓」
Jさん「構え に対して 真っ直ぐ転がす、真っ直ぐ出す
 というコトだと思うのですが…。」

店長「ほとんどの人がそう答える、模範解答だとは思いますが
 悩んでいる人にとっては 良い回答とは言えないかも知れません。」
Jさん「どういうコト ですか❓」
店長「自分の構え、スタンス、アドレスの方向 に
 対し 平行なストローク、直角なインパクト を造っても
 ヘッドには ロフト角度とライ角度 があり
 ストロークも立体、3次元ですので
  平面感覚・2次元感覚では捉えにくいモノです。
IMG_0003IMG_0004







 厳密には直角なインパクトになり難いですし、
 アドレスに平行なストローク を意識し過ぎると
 距離感を喪失し易くなります。
 勿論、悩んでいないのなら別に良いのですが…。

 パッティングストロークの場合、
 まず なにより優先されるのは 距離感 です。
 すべてのアクションは 距離感を阻害しないように考える
 と言うのがとても大切です。」

Jさん「言われてみると。。。
 距離感よりも 方向、真っ直ぐ打つコトを強く意識している
 ような気がします。」

店長「距離が合っている限り、大きなミスは出難いですし、
 いずれ 入りだす と言えば良いのか、
 総合的なパット数は必ず減ります。
 一方、方向、特にアドレスに対し「真っ直ぐ打つ」
 を強く意識している方が パットミスも減らず、
 パット数に変化は生まれにくい でしょう。

 距離感 には幾つかポイントがあります。
 
 カラダに一定の距離感を染み込ませる には
〇いつも似たような ロフト
〇似たような軌道、(ヘッドの上下移動、高さ変化)
 で打つ習慣をつけるコト。


 アドレスに対し 「真っ直ぐ打つ」
「真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す」を意識し過ぎると
 ヘッド軌道が アッパーでインパクトを迎えやすく、
 場合によっては 歯で打つようなストロークも起きます。
 軌道も含めて インパクトロフトが暴れると
 距離と力加減、運動加減が結びつき難くなります。
((パッティングストローク_Moment((パッティングストローク_Moment(2)










 多くのアマチュアのインパクトを見ていると
 真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す を最優先に考えているが故に
 ヘッドの下側、ボールの上側 を打っているケースが多く、
 インパクトの音が悪い、
 パターで言う トップで打っている人が少なくありません。

 ですので 最近は多くないですが、
 ソフトな打感を謳った フェース面に異素材、ソフトな素材が
 入っているモノがありますが、その手のストロークをしている人
 にとって そのインサートを外して打ってしまうので
 意味が無かったりするのです。

 パッティング用語で フォローを低く、長く出す
 と言うのがありますが、
 フォローを低くする の意味合いは
 インパクトロフトのブレ を極力抑える
 と言う意味で
 飛球線方向に真っ直ぐ出す は副産物でしかありません。」 


「方向について。。。。 これは余談ですが
 例えば 私、の場合ですので お薦めしている訳ではないですが
 私は ショルダーストロークでは無く、
〇ヘッドの上下動を出来る限り 抑えたい
〇同じロフトでインパクトしたい
  ので
 弊社で言うトコロの 刷毛塗のストローク をしていますが、
 スタンスに対し 真っ直ぐ打つのではなく、
 微妙にですが、右めに打つようにしています。
 ほんの少し、アウトサイドインと言えば良いでしょうか…。

 真っ直ぐのラインだとして、
 真ん中、時計の針で言う6時から入れる というよりも
 5時、5時半から入れる位のイメージを持っています。

 例えば クローズで やや左に出すも アリ ですし、
 私のように オープン気味で やや右にアリ だと思います。
 真っ直ぐ打つ は 自分のスタンスに対し 直角・真っ直ぐ
 ではなく、自分なりの一定の方向 と考えた方が
 自分への圧力も少なくなると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Tさん「そもそも カラダを回せ、
 もっと右を向け、左肩を入れろ
、の理由と言うか、意義と言うか
 なんのためにソレをするか が抜け落ちている気がしますが。」


店長「そうですね。ゴルファー全員に確認することは不可能ですが
 今までの経験則で言えば、『コト 飛ばし に関して』
 カラダを速く、もしくは大きくとか、多くとか、
 廻した方が飛ぶ からだの回転=ヘッドスピード・飛距離
的な
 感覚が少なくないと思います。」

Tさん「違うんですか❓」
店長「ま ここがゴルフスイング、ゴルフの楽しいところであり
 ちょっと意地悪なトコロ だと思いますけど、
 間違いじゃないけど、100%正解でもない。半分半分ってトコロです。
IMG_0040

 例えば ですけれど、
 何番アイアンでもいいですけれど
 150ヤード位を打つ 打撃の強さってあるじゃないですか?

 その打撃の強さで打つと割れる石、
 それを 割るだけなら
 真上からヘッドを落とすだけで可能そう…ですよね❓」
Tさん「そう言われれば そうですね…。
店長「スイングは上げて降ろす じゃないですけど、
 でも それだと 打球の方向が作れませんよね❓
スナップショット 1 (2012-10-26 0-58)
 ですので 回転の効能 としては
 打球の方向性が強く含まれている、
 もしかすると そちらの方が強い可能性があります。」
Tさん「じゃあ なぜ 深いトップを…と❓」
店長「ヘッドと言う重量物 に 高さを加える、位置エネルギー
 運動の速度を増やす 運動エネルギー
 ソコもあるにはあると思うのですが、
 打つ方向を踏まえた上で
 ゴルフクラブって言う 長物 を扱うには
 それを動かす 空間と時間が必要だから と思います。」
Tさん「右を向くコトで クラブを動かす空間
 そして 打つため、助走を取るための時間を作る ですか❓」

店長「そう思います。
 また ある程度は 運動の速度もですし、
 位置エネルギー、上から下に使って打撃したい、
 そして 打つ方向もある となると
 その長物を長く使って 回転の阻害要素にしない、
 回転するって それらを統括する働きがあるので
 その回転を阻害しないよう クラブを短く使う
 そ
んな目的もあると思います。

 それらを踏まえると よく言われる
 グリップも、ヘッドも、クラブを
 自分のからだの幅の中に収めておきたい。
 そうすれば 廻るコトそのものが打撃に出来る。

 カラダの幅から大きく外れてしまうと
 当たりソノモノの確率も下がりますし、
 ロフト、上下の角度、ヘッド/フェース 左右の角度 の
 インパクトでの調整 と言う最も難しい行為が待っている。
 それは 運動速度をあげたい の阻害要素 になりますし、
 その難しいインパクトを作るには
 自分の運動とクラブの運動が分離してしまう可能性も高いです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「わざと手で上げる、手で振るという意識で
 ソコに至った、そうなってしまった と言うよりも
 スイングは円だ、円を描く とか
 クラブを振る、ヘッドスピードを上げる、
 トップの位置は深く、
 肩を廻せ、からだの回転だ、
 という 後付けの情報みたいなモノの積算で
 そういう 結果に、
 からだの回転が伴わない、
 無理やり 深く カラダを捻じるためのトップ
 が出来上がってしまう、
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)






 カラダも痛めず、ショットやゴルフに悩みが無いなら
 それはそれで良いですけれど、
 悩みを持ってしまって、自分の状態を見ると
 そんなつもりは更々ないのに 手打ちだ、手で振ってる、
 振り遅れてる、もっと体で振れ
 なんて言われてしまうのですよ。」

Tさん「すっごく多いゴルファーの共通の悩み… に感じますね。」
店長「その事象だけ取り入れて行ったら
 自分なりのからだで振る は より手打ちにつながりますし、
 カラダで振ったら 絶対に振り遅れる訳ですよ。

 なにせ トップから 腰は開かないと
 肩は回せない訳ですから…。」

Tさん「このスイングだと いきなり
 カラダが開くような感じになるので
 ダウンスイング〜フォローで
 ボールと体が向き合う瞬間が存在しない… にも
 カラダの正面でとらえろ と言われてもどうしようもない、と。」

店長「そうですね。
 ですので こう伸び上がるようにして
 カラダを止めようとする、
 動作自身は止め辛いので 開くという横方向の動きを
 縦方向の動きにして 見た目の開きを止める。
 それと ヘッドを返す動きはマッチします。
 上手くできれば スライスにならずに 飛ぶわけですから
 これが正解、これが自分のショットだ!
 になっていくのでしょう。」

店長「手で上げる とか 手で振る
 まあ コレは結果論ですけれど、
 クラブの勢いで深いトップを造る は
 イコール カラダの幅からクラブを大きく外す、
 右打ちの人で言えば カラダの正面に合ったヘッドを
 自分の右横、ヒトによって背後までずらす のです。
 それって 既に振り遅れ、打つ前 からです。
 打つための前準備 の テークアウェイ が
 そのまんま 振り遅れ を作っている。

 それを かいなというか、左右の腕さばきで
 ヘッドを返す、クラブをターンさせる のですから
 からだの回転で振れ、 なんて絶対無理、な訳ですよ。
 真逆な関係なんですから。」
Tさん「こんがらがった スイングのメカニズム で
 スイング改造と言う名目で 更に何かを加えていく、
 そう言うパターン多いと思います。」

店長「まあ それもゴルフの楽しみなので
 良い悪いでは片づけられませんけどね。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)

 スイングやショットの理解が深まっていくと
 実は スイングは技術的な部分で無く
 知識と言うほど重くないですが、スイングに対する思い込みとか
 イメージの部分で 形成されている部分が非常に多く、
 私個人の感想では スイングの7〜8割 は
 思い込みの具現化 によるものだと思っています。」

Tさん「そもそも カラダを回せ、
 もっと右を向け、左肩を入れろ、の理由と言うか
 なんのためにソレをするか が欠落している気がしますが。」

店長「そうですね。 とても多いと思います。
 おそらく ですが、コト 飛ばし に関しては
 カラダを速く、もしくは大きくとか、多くとか、
 廻した方が飛ぶ からだの回転=飛び 的な
 感覚が少なくないと思います。」
Tさん「違うんですか❓」
店長「ま ここがゴルフスイング、ゴルフの楽しいところであり
 ちょっと意地悪なトコロ だと思いますけど、
 間違いじゃないけど、100%正解でもない。

 例えば ですけれど、
 何番アイアンでもいいですけれど
 150ヤード位を打つ 打撃の強さってあるじゃないですか?

 その打撃の強さで打つと割れる石、
 それを 割るだけなら
 上げて降ろすで可能そう…ですよね❓」
Tさん「そう言われれば そうですね…。」
店長「スイングは上げて降ろす じゃないですけど、
 でも それだと 打球の方向が作れません。

 ですので 回転の効能 としては
 打球の方向性が強く含まれている、
 もしかすると そちらの方が強い可能性があります。」
Tさん「じゃあ なぜ 深いトップを…と❓」
店長「ヘッドと言う重量物 に 高さを加える、位置エネルギー
 運動の速度を増やす 運動エネルギー
 ソコもあるにはあると思うのですが、
 打つ方向を踏まえた上で
 ゴルフクラブって言う 長物 を扱うには
 それを動かす 空間と時間が必要だから と思います。」
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment

Tさん「右を向くコトで クラブを動かす空間
 そして 打つため、助走を取るための時間を作る ですか❓」

店長「そう思います。
 また ある程度は 運動の速度もですし、
 位置エネルギー、上から下に使って打撃したい、
 そして 打つ方向もある となると
 その長物を長く使って 回転の阻害要素にしない
 そんな目的もあると思います。

 それらを踏まえると よく言われる
 グリップも、ヘッドも、クラブを
 自分のからだの幅の中に収めておきたい。
 そうすれば 廻るコトそのものが打撃に出来る。

 カラダの幅から大きく外れてしまうと
 当たりソノモノの確率も下がりますし、
 ロフト、上下の角度、ヘッド/フェース 左右の角度 の
 インパクトでの調整 と言う最も難しい行為が待っている。
 それは 運動速度をあげたい の阻害要素 になりますし、
 その難しいインパクトを作ると
 自分の動作とクラブの動きが分離してしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「この場合 なんかも典型的な
 一生懸命 トップを深くしている のですが…。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)





 我々の年齢ですと 胴体をひねる、ねじる は
 若い時と同じようには出来ません
から
 どうしても クラブを振って、ヘッドを振って、
 ヘッドの、クラブの重さを増やし、その勢いで
 肩部の右向きを深く、胴体をひねります。

 とっても 多い例だと思います。」

Tさん「目に馴染みの深い スイングです。

店長「
言葉で解説すると ナンなんですが、
 ヘッドを振って その勢いを使って 深い❓トップ
 肩の右向き、胴体をひねりを作る と
 クラブは倒れ、フェースは開き、
 クラブの重さは 右に大きくかかります。
((((((((_Moment

 タイテイノ場合、この手のスイングをしている方は
 回転は「肩を」廻すと言う意識が強くあります。
 テークアウェイであれば 肩を入れる って奴ですね。
 
 トップの位置で クラブはからだの幅の中に無く、
 カラダの右に大きくズレているので
 右サイド、右腕やクラブの重さが強くかかっています。
 その状態で 肩を廻そう、肩回転主体に体を廻そうとすると
 背骨とか、カラダの(幅)真ん中 が芯
 左右均等、左右対称に廻るのではなく
 右にある 重さが芯、軸になって回転と呼べるのか、
 左サイドだけが開くような動きになります。
 重さがあるので 仕方のない動き ですね。
 ご自分でやってみると。。。。。。」

Tさん「がぶってくるような…
 ものすごく外から振ってくる感じになります。」


店長「ですよね、物理的な事由、それに対する反応なので
 外から振ってくる のは致し方ありません。

 でも これでは ボールを当てられない、
 ボールを目標方向に打ち出せない、ですから
 クラブを寝かせ、フェースを開く、
 インサイドから入れる に手を加えなくてはなりません。
(手打ちになっちゃうヨ_Moment(2)

 そして、これも そのままでは
 すんごい寝かしたロフトで当たるか、シャンク、
 飛ばない高い球、スライス、抜けるような球、どダフリ
 になるので これまた、仕方がないから
 フェース、ヘッドを回転させる という
 全部 後処理の連続 になって行く訳 です。」

Tさん「それが スライスの正体だったりするのですね。」

店長「はい。勿論、全員に該当する訳ではありませんが、
 悩みの種、元としては 決して少なくないパターンです。

 ゴルフ用語の中には その仕方が無くする作法を
 肯定する言葉がたくさんあるので
 結果さえ出れば、その事後処理の動きを馴染ませていくしかない
 というのが ゴルフスイングの正体だったり するのです。」
Tさん「故に 昔から店長は ヘッドを振るな 振るな
 って仰っている訳ですね。」

店長「まあ そう言うコトになります。
 ダウンスイング以降、クラブを振る、ヘッドの振る、
 この大半。。。全てと言っても良いかも知れませんが、
 それは テークアウェイの時に決まってしまっているのです。」
Tさん「それを治す方法は 根本的なトコロを触る必要がある?」
店長「そこまで 深刻に、基礎から は大変ですから
 テークアウェイ、トップの意味合い、回転の意味合い を
 一応 頭で理解しておくだけでも変化はあります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフスイングを覚える過程やスイングを良くしよう
 とする過程において 最大の罠 があるんです。」

Tさん「ええええええ‼ なんナンです❓ 教えて下さい!」

店長「はい。
 一言で言えば 
深いトップ
 です。」
ヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment池田康二202520_Moment






Tさん「えええええ‼ 深いトップは良いコトですよね❓」

店長「一般的には そう言われますよね。
 決して 浅いトップが良い と言う意味ではありませんが
 内容が伴わないと、もしくは
 形だけ深くしても 害悪の方が多い と言う意味です。
 テークアウェイ、トップが なんのため
 なにを準備しているのか理解しておく方が良いと思います。

 あくまでも 余談 ですが、
 昔から トップが浅めのプロ、浅く見えるプロ は
 結構いると思います。
 で、どちらか と言うと
 深い、深すぎる、
 悪いとは言いませんがオーバースイング気味の人 の方が
 アマチュアらしいというか、多いと思いません❓」
Tさん「そう言われると…確かに、そうですね。
 オーバースイングのプロって 多くない気がします。
 コンパクトなトップやスイングの方が格好いいです。」

店長「ですね。
 プロっぽいって ややコンパクト目なスイングが多いですよね。

 ただし これも 真似るのはどうか と思います。
 何事においても プロゴルファーの動きが
 そのまま私たちに参考になる とは限りません。」
Tさん「タイガーウッズとか、プロの真似したいですよね。」
店長「すっごく分かります。憧れもありますから。
 参考になる部分も沢山あるとは思います。
  ただ からだの廻し方については
 私たちにとって 息子や娘、孫の年代の、
 さらにスポーツ選手の動きが そのまま でいいか、
 取り入れて良いか というと 正直、怪しいです。
 
 多くのプロ選手は 腰のラインはそのまま で
 肩ラインの向きを変え、胴体を捩じります。
 捻じるコトが出来る年齢、からだ なんですね。
 そこは 私たち とは大きく違うと思います。
4bcbe6f4BlogPaint






 私たちにとっては それはストレッチ体操 であって
 その動きそのもので チカラを生み出し、素早く動くのは
 危険と言えば良いのか、あまりお薦めは出来ません。」
Tさん「朝一番のストレッチでやりますよね。」
店長「はい。ソコがポイント です。
 基本、胴体を捩じる行為 というのは
 からだを傷める恐れがあるので 忌避感が強いモノ、
 訓練したり、筋肉で守ったり、慣れるから出来るモノ
 ですので 特に何もしなければ そう深く
 カラダを捻じる事は出来ません。
 出来ないから、
 痛め無いようにするために ストレッチする 訳です。
 胴体をねじる のであれば 硬いのが普通 なのです。」

Tさん「でも 朝一番、クラブを何本か持って
 そう言う素振りというか、準備体操してますよね〜。」

店長「ソコ ですね。
 肩を廻せ とか、
 テークアウェイで 左肩を入れろ とか、
 肩で向きを造り、胴体を捻ることを薦められますが、
 胴体を捩じるコトの是非は棚に上げたとしても、
 ちょっとややこしいですが
〇肩を廻し、からだの向きを変え、
 グリップを移動させ、その結果、ヘッドも移動する のと
〇ヘッドを、クラブをたくさん 速く動かして その重さ、
 その勢いで 胴体をひねる は似ているようで 全く異なります。

 私は 脚で骨盤、胴体を動かす方を薦めていますが、
 それを別として
 肩 を廻して胴体を捻る場合、
 我々 運動不足、身体能力低下気味のオジサンおばさんにとっては
 肩を廻し、胴体を捻る行為は恐怖感、忌避感のある動き、
 それを深くしようとした場合、
 クラブやヘッドの重さ、腕の重さ、
 運動の慣性などの勢いとか、反動で
 それをするようにすると思いません❓」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

Tさん「!!! ‥です。
 まさに ティーグラウンドで見るやつ、です。」

店長「ですので 本来は
 それが肩であっても、骨盤であっても、
 からだの向きが変わるから クラブ、ヘッドの位置も動く
 が
 クラブを動かすコト で カラダの向きを変える に
 ひっくり返ってしまう。
 目的と手段が逆転してしまう。

 トップを深くする、からだを廻す量を増やす が
 良い方には働かなくなるわけです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「見た目では、スイングは円を描いています。
 手であれ、からだであれ、向きを変える、
 クラブであればターンするコトから
 その一番外側、外周にあるヘッド部は
 結果として 一番多く、長い距離を移動しますが、
 ターンする角度、向きを変える角度
 そして 運動の源泉 は カラダの向きと同一、
 移動/運動する角度は グリップもヘッドもほぼ同じ、
 ヘッドの方がたくさん動く「思い込み」は
 かなり スイングを間違った作る要因、
 のちのち 苦しむ/悩むスイングを造ることになりガチです。」
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

Tさん「それね…。 長い間、何気なくですが
 ヘッドの方をたくさん動かなくちゃ…と思い込んでました。
 そう言葉で聞かされると あ、そうだよな と改めて認識した
 のは ツイこの前、って感じです。」

店長「手で振るのが悪い って訳では無いですが、
 手で振ると クラブを開いたり、閉じたりと
 ショットの反復性が著しく悪くなり易いですし、
 肘や腰、手首などへの負担も大きいです。
 手で振るショットはアプローチにも苦労します。
 でも ショットとしては そう言う流派もあり、なので
 分かって、理解した上でそれをするのもアリ、ですが、
 単に ヘッドの方をたくさん動かす、多く移動させるモノ、
 と思って手で振るコトに"なっちゃった"には苦労が多過ぎです。
 
 テークアウェイの初動で ヘッドをたくさん動かす、
 それって 移動とヘッドの回転が合体するのですが、
 ゴルフクラブの場合、テークアウェイとヘッドの重心の位置
 の相性は良いですから、行きはよいよい、帰りは怖い になります。
 テークアウェイがやたら速い、早い人に多かったり、します。」
Tさん「元々 の自分は正にソレ です。」
店長「スイング用語には ヘッドの重さを使え なんてのもありますが、
 自力 でテークアウェイを取る というよりは
 ヘッドの重さと慣性に任せて テークアウェイを取る、
 ヘッドが動き、グリップが動き、腕が動き、肩が廻り、
 それに対して 動かない腰から下、みたいな
 自分のからだを雑巾とか、ねじった消しゴムのように使う
 からだの回転は とっても危ないですし、
 歳をとってから苦労します。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

Tさん「そもそも なんですが、
 からだの回転、向きって 肩で廻るモノなんですか❓
 腰で廻るモノなんですか❓」

店長「絶対の正解は無いのかも知れませんが、
 コトアマチュア、運動不足気味のからだ全体が固くなった
 そう言う年代の人 には
 肩で廻る は 正直、おススメしません。」
Tさん「では 腰で廻る と❓」
店長「う〜〜ん、言葉で伝えるのは難しい、かも知れませんが、
 脚で骨盤から上の向きを変える、
 動力源、エンジンは脚ですが、
 股関節から上の 塊としての胴体を廻す と言えば
 良いでしょうか❓

 腰や肩をふにゃふにゃにして では 各部が重さとしての
 負荷になってしまいますから 胴体が塊として、
 ひとつのモノとして動ける程度には 廻しはすると思います。」
Tさん「今の時点で 自分で出来ないと思いますが、
 要するに 胴体ソノモノは使わない、のですね。」
店長「その通りです。
 スイング動作の動力源は 四肢 と考えて良く、
 胴体部分は 全く動かさない訳ではありませんが、
 補助エンジン、非常用電源 位の感じでしか使わない、
 のが 故障なく 楽しめる からだの回転 クラブのターン
 なのだと思います。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)




 例えば…ですが、仮にスイングの体の使い方 が
 消しゴムを捻って 捻り戻す と仮定します。
 お薦めはしませんが…。
 捻じったモノを開放〜捻じり戻すとき って
 下、土台の方から戻っていく訳じゃないですか⁈
 それを 一番上に該当する 肩から戻したら
 カラダは開いちゃう、外から振っちゃう になるのは
 必然なんじゃないかな? って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ