◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「アマチュアのバンカーショットの場合、
 打ち方、ボールのとらえ方 が 苦労や悩みの原因
 では 無い気がするんです。」

SNさん「え?! そうなんですか?!」

店長「私が、現場や練習場、あ 勿論 バンカーの、ですが…、
 見て気が限り では そう思うんです。

 例えば なんですが、
 プロの試合とかを 見ると
 多くの場面、多くの状況で
 プロは フェースを開いて構えますよね。」
244eb714












SNさん「そうですね。」

店長「〇フェースを開いて構える と
   〇フェースを右に向ける は
 似ているようで まるで異なります。

 フェースを開いて構える は
 ロフトを増やすモノ です。
 フェースを右に向ける は
 その言葉通り、フェースを右に向けます。

 前者は ロフトを増やして使うための
 ボールは普段よりも 右打ちの人であれば
 開いた分、左に置きます。
 後者は いつものボールの位置のまま、
 フェースを右に向けています。
 アマチュアのバンカーショットでは
 後者が多い、気がするんですね。

 それと 絡んで 似たようなコト なんですが、
 これも プロの試合 などでは
 スタンスを開いて、右打ちで言えば 左向きに
 ボールを置いて 構えることが多いと思うのですが、
 目標の打ち出し方向に対し、
 スタンスを開いて構える の正しい意味合いは
 ロフトを開いて構える と絡んでいるんですね。
 ですので ボールに対し、
 開いて(左を向いて)構える分、
 ボールを中心に、後ろに下がるコト になる、んですが…
 ✋…そうしないと ロフトを増やせませんから。」
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)







SNさん「アマチュア の場合、
 その場で 開いて構えている、と❓」


店長「バンカーショットの場合、
 全員がどうしているのか を見る機会が少ないので
 推測が入っているのは確か、ですが、
 バンカーショットに限らず、アプローチとか
 スタンスを開く、フェースを開く、
 そう言う場面での 対処を見る限り、  そうです。

 前日の記事の通り、
 地面が固いなど 特殊な場面を除いて
 ボールを打つコト に関しては
 こすり打ちであろうが、つかまえようが
 どちらでも OK なのが、バンカーショットです。
 確かに 力加減は特殊と言えば特殊ですが、
 それを除いて 打ち方そのモノ は『だいたい』
 で良いのです。

 ですので ショットとしての難易度は
 凄く高くはない訳です。
 にもかかわらず 苦手としている人が少なくない…。
 まあ 勿論、一般的なゴルフクラブ、
 特にウエッジ、ですね、
 あのヘッドの軽さとシャフトの硬さ では
 バンカーショットが腕力次第になるので
 難しくなる という伏線は強い のですが…。

 バンカーでのフェースを開く目的 スタンスを開く目的
 は ロフトを増やす為が主 です。
 つまり スタンスに対し ボールを左め、左め、
 に持って行きたいのですが、
 その場で フェースを右に向ける、
 その場で スタンスを開く(左に向く/右打ち)では
 その逆の ボールがどんどん中にはいります。中に入り易いです。
0e4d08811
 フェースやロフトを開く目的と離れ、
 単に状況を更に複雑にしている、難しくしている、
 と思うのです。
 クラブのせいは否めないんですが、
 バンカーショットを難しくしてしまう原因は
 打ち方よりも スタンスの取り方、フェースの開き方、
 つまりは 構え方・ボールの置き所 の方が大きいと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ただ これは勘違いして欲しくないですけれど
 つかまえるショット、
 ハンドファーストを維持したまま のようなショットでも
 普通にバンカーショットをする事は可能で、
 どちらがどちら を言うことはありません。

 バンカーショットの 一番の難点 は
 足場が緩い というコトです。
 ボールとヘッドの関係よりも そちらが問題です。
IMG_0002

 こすり打ち の方が バンカー向き と
 言えなくも無いですが、
 こすり打ち は スピンも少なく、打ち出しは高い、
 よく言う フワッとした球が出易い 傾向にあります。
 初っ端のボールの高さは取れますが
 ボールの飛距離、キャリーが稼ぎにくい ので
 実際の距離よりも かなり強く、大きく振る必要
が生まれます。」 

SNさん「通常の距離の3倍の距離感で✋
 って言われたりしますよね。」


店長「ですね。

 こすり打ちは からだの回転を止め
 インパクト直前で クラブを下に振る、
 ヘッドを落とす ような感じになります ので
 その作用として からだは上に伸びます。
 普通のショットによく見る『伸び上がり』ですね。
 ボールと自分との距離・空間を増やすような形 になるのですが、
 通常よりも 強く、もしくは 大きく振らなければならない
 こすり打ちでのバンカーショットは
 その足場の緩さ、足場の悪さ によって
 姿勢制御が難しくなる、と言う側面もあります。」

SNさん「ホームランしてしまったり、
 くぐり過ぎて、バンカー内に着弾 って奴ですね。」

sibunoap
店長「そうですね。

 こすり打ち、つかまえる通常のショット、
 その二つは 打ち出しの角度、スピンの量、スピンの掛かり方、
 飛距離も異なります。

 また そのショット感が 通常のショットへの影響
 もありますから
 普通につかまえるショットの出来る方は
 つかまえるショット のまま、
 ボール位置やスタンスなどで対応する方が良いと思います。」

SNさん「どんな風にですか❓」


店長「バンカーでは 状況や距離によって異なるので
 ものすごくアバウトな距離感… ですが、
 普通のショットの 倍なり、3倍の力加減 になりますから
 実際のその見た目の距離を打つ のではなく
 その力加減分のスタンス幅を取るコト。
244eb714

 何を言っているか というと
〇ボールと自分との距離感を『詰め過ぎない』
 しっかり 距離を取る(ボールから適切に離れる)コト✊
〇見た目の距離ではなく 振る加減のスタンス幅を確保

 上記の スタンスと同じなのですが、
 グリーンサイドのバンカーショットは
 打たなければいけない距離が短いです から
 つい その見た目の距離感に応じた スタンスなり
 ボールとの距離感になってしまいますが、
 打ち具合、振り具合、力加減に応じたモノ と
 考える方が良いと思います。

 ボールとの距離感に関しては
 バンカーショットでの ショットの抜け は
 意外にも インパクト時に ライ角度の残り具合
 で決まりガチですので
 ボールとの距離感が詰まり過ぎていて
 トゥダウンがかかり過ぎると ヘッドが抜けず
 ホームランになったり ざっくりになったり
 し易くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SNさん「今日はバンカーショットについて
 聞きに来たんですが〜。」
72498_600400

店長「おおおおお」

SNさん「以前の記事の
 こすり打ち と つかまえ の 内容を読んでいると
 実は バンカーショットの秘密? 秘訣?が
 そこにあるんじゃないか って 気がして来まして…。」

店長「よい視点だと思いますねー。」

SNさん「バンカーショットの偉人たちの言葉に
 バンカーはボールを打たないから楽✋とか
 あるじゃないですか❓」


店長「ありますね〜。

 まずは こすり打ちとつかまえるショットの
 おさらい からになるんですが、
 方法論は別にして
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

〇こすり打ち
 のほうが ボールに対して、ヘッドを入れる
 入射が緩くなります。
 見た目 👀 のインパクトロフトは大きいのですが
 スピンは少な目 で
 打ち出しは高く なります。
 ボールスピードも つかまえるショットに対し
 遅め と言ってよいでしょう。   一方、
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

〇つかまえるショット

 入射角度はきつめになって
 見た目のimpactロフトは 立った状態、少な目
 になりますが、それに対しては
 スピン量は多め になり、ボールスピードは速め です。
 アプローチ全般としては スピンの効いた球 に
 なり易いのはコチラです
。」


SNさん「となると こすり打ちの方が
 バンカーショットの向き と言えるのです❓」


店長「その状況、砂質や距離などによって
 一概には言えませんけど、
 コト 砂地からの脱出というコトに対しては
 こすり打ち の方が採用され易い かも知れません。

 私個人は 通常の状態で
 つかまえるショットが出来る方は
 そのまま バンカーショットをする方が
 メリットは大きい と思いますけれど、
 その状況、砂質、などによっては
 こすり打ち『気味』にするのも手とは思います。

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)

 なんと言えば良いのか
 からだの回転によって造られるヘッドの道のり、軌道
 に対し、手でクラブを振る のを
 インパクト直前に加えるコトによって
 実際にはそうはならないですけど
 イメージ上は 円に対し、でべそのような膨らんだ弧
 になりやすいですから
 ボールのある場所の、砂ゴト打つ、
 ボールを黄身とすると 目玉焼きを
 丸ごと ひっくり返すようなイメージになる、
 と言ってよいと思います。」

SNさん「なるほ。なるほど。
 が、故に スライサーは総じて バンカーはあまり苦にしない
 と言われるのですね。」


店主「本題からは逸れますけど、
 スライサーが イコール こすり打ち
 こすり打ち イコール スライス ではないですけど、
 インパクト直前で 弧を膨らましてしまう分、
 スライス回転を生み出し易いのは 確かですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストが上手く出来ない… は
 インパクトでスイングが終わってしまうような
 未来の『ぶっつけ打ち』につながっていく可能性は
 非常に濃い、と言えます。」

HNさん「そうならないように…回避したいですよね。」

店長「そう思います。
 ハンドファーストの話しと関係するのですけれど
 その発端は フェースを開いてしまう上げ方 に
 起因します。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)





 KKさんの話し で言うと
 以前のテークアウェイ、トップでは
 もっと 右ひじ(右打ち)が外目に張って
 両腕の中に クラブを立てめに上げてたんですね。

 たまに 来店された時、
 少しずつ 右ひじが絞られ始めて・・・
 以前より 大きくフェースが開かれている。

 多少は良いと思うんですけど、
 クラブ自体を 背後に倒すのはまだしも、
 フェースの開き、クラブの開きが大きくなれば
 どうしても それを元に戻す必要が生まれます。」

HNさん「ですよね。」

店長「スイングで言うトコロの
 アーリーリリースとか、アーリーエクステンションとか、
 ダウンスイングにおいて
 右腕を伸ばすことで 左手に対し クラブを振る、と言う行為は
 まあ リリースとも呼ばれてますけど、
 リリースするには 支点の左グリップが止まらない と
 出来ないですから、イコール からだの回転の止まり
 になるんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 事前… テークアウェイやトップ、ダウンスイングで
 フェースを開いていなければ
 その戻しは 特に必要ありませんから
 ハンドファーストに移行できる可能性はありますけれど
 大きく開いていれば そのままでは
 フェースでボールが打てません。
 フェースの閉じ加減が足りなければ スライスにも
 なっちゃいますから、

 そのリリースが ショットの生命線。

 からだの止まり、もしかしたら人によっては
 そのからだの止まりを『左サイドの壁』と言う認識
 の場合もあると思うんですけど、
 止まらなければ リリースが出来ない、甘くなりますから、
 当たりも悪いでしょう。

 クラブを開いて上げる、別な言い方ですと
 手で上げる、左腕だけ動かしてあげる テークアウェイ は
 からだ自体を廻さない…
 肩だけ回す…
 腕だけ動かす… というように
 上半身/胴体をひねる動きが強くなりますから
 年齢が行ってくると かなり苦しくなり、
 どんどん本来の右向きが浅くなり、手だけになります。
 ならざるを得ない。 

 そうなってくると 『ぶっつけ打ち』に到達するコトに…。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







HNさん「その KKさんはどうされたんですか❓」


店長「まずは こすり打ち と つかまえ の違いを説明して
 いま 行っている 肩も含めた、腕でのターンを全部無くし、
 トップで作った 腕とクラブはロック、
 あとは からだの向きに委ねる(ゆだねる)
 右腕が伸びるのは 回転の遠心力であって、
 無理してい 腕とクラブをロックして 届かない分 だけ
 伸ばされればよい というか
 それも 受動的に、からだの回転という
 ヒトツのモーターで行うように考える。


 まあ 直ぐに全部はつながってこない と思いますけど
 一応 説明だけして、
 まずは 開いて上げないコトを重視しましょう、 と。」

HNさん「打撃の主として、腕のリリースで円を描かない、
 描いてはいけない ではなく、
 描かなくても当たる と言う道でしょうか。」


店長「そう思います。
 ハンドファーストの話し であれば
 ハンドファーストのまま 打ち終えても
 ボールに届く、当たる、打てるコトでしょうね。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)







 それらのコトが 掴めてくると
 色々な部分が つながってくる、
 本当の意味で理解出来てくるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

HNさん「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

HNさん「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

HNさん「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

HNさん「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

HNさん「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そもそも になりますけれど
 ハンドファーストが良いモノ と限りません。
スナップショット 4 (2015-10-15 19-54)スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)




 先日の記事の通り、
ハンドファーストが…上手く行きません… : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
 スイングのタイプによっては
 トライするほど 上手く行かなくなるケースもあります。」

HNさん「 ええええ!」

店長「スイングの良し悪し、正しい間違っている、
 ではなく タイプのひとつ と認識した方が良いと思います。

 ハンドファースト と言う単語を
 別な言葉で言い換えると
 『ヘッドの遅れ』になると思う
のですが、
 ヘッドの遅れ にはざっくり2タイプあって
〇ヘッドの遅れが フェースの開き になる、
〇ヘッドの遅れが ロフトの立ち/フェースの下向き
 になる、
 前者のタイプの人にとって
 無理に ハンドファーストにトライする必要はありません。

 また 片方は フェースの開き
 片方は フェースの下向き という
 相反する関係では無く、立体的ですが 方向と言えば良いのか
 角度の 違いと言えば良いのか
スイングの動きの違い
クラブの扱い方の違い を表していると思います。

 ヘッドの遅れを嫌うスイングタイプ では
 ヘッドの重さやシャフトの柔らかさ は
 スイング中 クラブが重くなる、振り遅れ易くなる、
 返し難くなる、要因になるので
 軽いヘッド、硬いシャフトを好まれる傾向が強くなります。
 弊社の悶絶クラブのようなタイプは好まれません。
葛谷2022816_Moment

HNさん「では 逆に見れば 悶絶クラブ であれば
 ヘッドの遅れ が ロフトの立ち になるよう
 使うのが理想的 というコトになる訳ですね。」


店長「そうですね。
 ロフトの立ち というか
 ヘッドが遅れることで フェースが下向きになる、
 ヘッドの開閉の無い(少ない)スイング というコトになります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(2)
 ですので テイクアウェイも
 クラブをひねらない、フェースを開かない
 重力に対し、そのままの状態で
 概ねですが、からだの幅の中、両肘の間 に
 収めておく方が良いですよ、になる訳です。

 当たり前 と言えば当たり前 なんですが、
 フェースの開きが多ければ、大きければ、
 ヘッドの重量の中心点(重心)がズレている
 ゴルフクラブの構造上、よりヘッドが重く感じるコトになります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
 重心深度…重心の奥行き というのがありますが、
 箱形状、ウッド・ドライバーに比べると
 板形状のアイアンは 1/10、無いに等しい訳で
 フェースを開かないで使えば 重心深度の大きさは
 重さになりませんが、フェースを開けば
 重心深度の重さが スイング中のヘッドの重さに直結します。
 それは 当然、ヘッドの重さソノモノにも影響されます。


 シャフトの柔らかさ で言えば、
 ヘッドの遅れを フェースの開き にしてしまうタイプでは
 柔らかい分、遅れが増えるとともに
 閉じる際の労力・作業量も増します。
 シャフトをしならせて しなり戻す 必要が増える訳です。
 ですので シャフトの役割として は
 『ヘッドを動かすモノ』と言う認識に至ります。
AZEJ5123_Moment

 一方、ヘッドの遅れをフェースの下向き にするタイプ、
 今回のテーマに沿って言えば
 ハンドファーストが必須なタイプにとっては
 シャフトを極力捻じらない、フェースを開きませんので
 シャフトが柔らかくとも
 シャフトの可動範囲は 重心位置のズレ分程度に収まります。
 シャフトの役割として 『グリップを動かすモノ』
 つまり より ハンドファーストを造るモノ、
 ショットを ヘッドが遅れっ放しのまま 行う と
 考えている為、シャフトの柔らかさ、
 そして それを誘因する ヘッドの重さは好物になる訳です。」

HNさん「なるほど。」

店長「ただし 前者の フェースの開閉が多いタイプ、
 この場合ですと ハンドファーストが得意でないタイプの方は
 ある年齢までに、勿論、その年齢は人によりますけれど
 後者の ヘッドの遅れっ放しのまま打つ、
 ハンドファーストの出来るスイングに
 徐々にで良いと思いますが、シフトしていく方が良いと思います。


 
絶対、ではありませんけれど
 前者の フェースの開閉の多いタイプ、
 ハンドファーストが得意でないタイプのスイングは
 若い時専用のモノ と言えなくも無い、
 教える側、レッスンする側が若い人やそれが出来る年齢
 である場合が非常に多いですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


HNさん「こんにちはー。」

店長「こんにちはー。」

HNさん「今日は ショット、スイングの悩みで
 長年、解決しない ハンドファースト が出来ない
 を 相談しに来ました。」

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

店長「アマチュアの悩みでは 結構、多いんじゃないですかね❓」

HNさん「でしょうねー。」

店長「ハンドファースト については
 幾つかの誤解、勘違い があると思います。
 ハンドファーストそのものと言うよりも
 その勘違いがゴルファーを苦しめている と思います。

HNさん「! え😵😵😵 そうなんですか⁈」 

店長「まず ハンドファースト というのは
 なにかの前段階では無い というコト です。」

HNさん「❓❓❓❓」

店長「どういうコトか と言うと
 まず ハンドファーストの対語 としては ヘッドファースト
 が有ると思うんですが、
〇ヘッドファーストの前段階、として
 ハンドファーストが
有ると思っている  別な言い方をすると
〇ヘッドがグリップを追い越す前の状態 を
 ハンドファーストな状態
 と思っている
 のではないです❓


(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 実際に ハンドファーストを実現しよう としたら
 スイングは テークアウェイの初動が始まって
 少なくとも ボールを打ち終わるまで
 イメージでは 動作が終わるまで
 常時、ずっと ハンドファーストのまま、
 言い換えれば ハンドファーストが打撃そのもの、とも言えます。

 ハンドファーストが出来ない、苦手 な人は
 ボールを打つ前の段階で ハンドファーストの位置 があり、
 ハンドファーストからヘッドファーストに移り変わるトコロ が
 ボールとらえ、impactと思っている のではないでしょうか❓」

HNさん「ソレは少なからず あります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








店長「ハンドファーストからヘッドファーストに移り変わる、
 これは フェースローテーション、ヘッドの返し、
 手の返し シャフトをしならせて〜しなり戻す
 等と言いかえるコトも可能ですが、
 そう言うタイプの打撃の方に
 例え、形として ハンドファーストも造ったとしても
 良い結果は得られ難い です。」

HNさん「え❓ ナンデです❓」 

店長「フェースローテーション は
 開いてフェース(右打ちで言えば 右を向いたフェース)を
 閉じる(左に向ける)コト だと思うんですが、
 ハンドファースト・・・・グリップ部、グリップ部が
 ボールを追い抜いた、手を返すでは 
 フェースターンが間に合いません。

 ハンドファーストは フェースを右に向ける動き です。
 最終的に フェースを左に(右打ちの場合ですが)
 向けたいのに 右向きの時間を長くなるコトになる
 ハンドファーストは その後のやりたいコトを相反します。」

IMG_0090
HNさん「 😬 😬 😬 」

店長「実際、実験してみると分かりますが、
 アイアンであれば リーディングエッジを固定し、
 グリップをハンドファースト側(飛球線方向)に倒すと
 フェースはどんどん右(右打ち)を向いていきます。

 逆に グリップをヘッドファースト側(後方)に倒していくと
 フェースはどんどん左を向いていきます。
IMG_0091IMG_0092











 その量は ロフト角度にもよりますが、
 5.6.7番辺りのアイアンであれば
 アバウトですが、こぶし一個ほど
 グリップエンドが左(ハンドファースト側)にズレると
 フェースは 5度前後 右を向くコト
 になり、
 ヘッドターンの本来の目的の ヘッドを閉じる が
 し難くなって行くので、場合によってはスライス に
 なってしまう可能性も増えていきます。」

HNさん「…つまり ヘッドを返す、フェースローテーションを
 打撃の主体にしている人は ハンドファーストは出来ない…
 両立は難しい…と。」


店長「出来ない とは言いません。
 ハンドファーストで右を向いた分、
 フェースそのものを左に向ければ良いのですから…。」

HNさん「なんだか 複雑ですねー。」


店長「はい。良い悪い、合ってる間違ってる、の問題では無く
 打撃として 流派が違う と考えて良く、
 ヘッドを返すコト、
 開いて閉じるコト で ボールを打とうとしている人 に
 とって ハンドファーストは
 スイングの覚えるべき、習得するべき要素ではない

 というコトです。」

HNさん「聞くまでもないんですが。。。
 どっちがお薦めですか❓」


店長「😄 😄 😄 
 このお話しには続きがあるので
 是非、明日をお楽しみにして下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問】
 ゴルフをやって 20年以上になりますが、
 フェアウェイウッドが苦手です。
 何か良い、ベターな解決方法はあるでしょうか❓


  前半はコチラ 👉フェアウェイウッドの苦手を解消【道具編】 前編 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



【店長】
 入射が緩くなる効果が ダブル✊✊

 しかし、ヘッド、ソールの奥行きが深い、あるので
 ソールが尻もちをついてしまう・・・
 トップしたり、、、ダフったり、、、
 ダフってるのにチョロしたり、、、
 そういう当たりミスが多いと思います。
BlogPaint

 ちょっと余談…ですが、
 こちらは LPGA全選手のデータ です。
 一般的には 『アイアンは上からダウンブロー、
 フェアウェイウッドやウッドはハラって打つ、レベルブロー』

 と言われていますが、プロのデータは真反対です。
クラブ別スペック
 長さの長い 5番ウッド が -3.0
  …上から  入射角度3度 に対し
 長さの短い 5番アイアン が -1.9
  …上からではありますが、入射角度が緩くなっています。


 フェアウェイウッドを攻略にヒントは
  『入射角度』にあり



 そ・こ・で・・・
((((ハンドポジション_Moment

 #3ウッドよりも #5ウッドの方が
 上手く当たる、ミスの確率も少ない、
 場合によっては 距離も変わらない、…もしくは 飛ぶ
 なんて経験をされた方も居ると思うんですが、
 (シャフトの硬さが違う とかそういう話は抜きにして)
 その原因は ロフト角度 ではなく、長さ だったり、します。
 勿論、ロフトの立ったモノ、長いモノ の方が
 精神的にプレッシャーがある というのはありますけれど…。

 長い方が振り難い、それはそうなんですが、
 長い方が 入射が緩くなり易く、
 短い方が 入射取り易い。

 それは とても 当たり具合を左右 します。
 フェアウェイの問題は 曲がりや方向 よりも
 当たり具合の方が大きいですからね…。


 ですので 次にクラブを買おうかな、造ろうかな、
 と言う場合、
 例えば 17度か、18度とか、精神的にもこれなら上げられるだろ…
 と言うロフトのクラブを
 通常の43インチではなく、42インチとか、
 勿論、その長さなりのヘッド重量は必須ですけれど
 41.5インチにして使う というのは アリ だと思います。

 41.5インチの 18度 と
 41インチの 22度 とか
 40.5インチの 25度 とか
 フェアウェイウッドとしては ショートウッドですので
 非常に 安心感、期待感の強いモノになるんじゃないですかね。

 根本的には こすり打ち、すくい打ちは解消したいですけど
 とりあえず 当面の 穴になる距離を 確実に埋める
 当たり具合の確実性を上げる
 と言う意味では ウッドの長さ(短さ)、
 これなら 打てるぞ って 長さ(短さ)を採用してみるのは
 良いアイディアだと思います。

✋勿論、その長さなりの ヘッド重量は必須 絶対です✋

8a862ab6

 また、ドライバーに比べ、
 ほんの少し、微妙に 柔らかい設定 の方が
 フェアウェイウッドは楽です。 微妙に…ですよ。
 フェアウェイウッドのように 地面から打つ長いクラブ、
 しかも ドライバーと違って 傾斜とかライが選べません。
 シャフトが硬いと 強く振らなければならなくなり、
 テークアウェイも速くなりガチ・・・。

✅テークアウェイで フェースを開いたら、大きく開いたら、
 ボールを打つのに ヘッドターンは必須になる訳で
 それは イコール すくい(こすり)打ち 入射を緩くしてしまいます。

 .ラブの長さ、⊇顛瓦凌爾
 それを更に ➂緩い入射で入れたら トリプル です。
 ソールが尻もちをする可能性は低くない と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問】
 ゴルフをやって 20年以上になりますが、
 フェアウェイウッドが苦手です。
 何か良い、ベターな解決方法はあるでしょうか


【店長】
 フェアウェイウッドが苦手なヒト…
 あまり 好きでない と言う人は多いかと思います。

 スイング、振り方の傾向で言うと
 フェースローテーションの強い方、
 すくい打ち、こすり打ち傾向の強い方が
 苦手としているようですが。。。
 とりあえず
 そちらは 改善目標というコトで 道具から 考えてみましょう。

 まず フェアウェイウッドの 良くも悪くも特色 です。
411-6_small

 ココに ロフト角度18度のフェアウェイウッド があります。
 シャフトの硬さは ご自分に適した 硬くないモノ。
 フェアウェイウッドで ロフト18度 ですと、
 名称としては 廃れてしまいましたが、4番バフィー か
 5番クリーク というコトになります。

 と、同時に ロフト18度のアイアン を用意します。
 番手、番号で言えば # △發靴は#◆,箸いΕ灰箸砲覆蠅泙后

 18度のアイアンとなれば、
 今の年齢では タイガーウッズでも
 ティーアップ以外 使うことは無いかと思います。
 私たちが使えば 上手く当たっても 強いゴロ になるだけ です。
 一方、フェアウェイウッドであれば ミスを除けば
 チカラの無い人、女性であっても 18度であれば 使えると思います。
 ボールの浮き、高さも アイアンに比べると
 かなりの高さ、そこそこの最高到達点に至るのではないでしょうか。
 同じロフトの ユーティリティであれば
 その中間になる感じでしょうか。

 同じロフトであっても
 アイアンでは浮かない、使えないのに
 フェアウェイウッドであれば 使える理由、要因 は
 大きく分けて 二つ です。


 まず 一つ目は その構造、
〇重量の中心点(重心)が深いコト(重心深度がアル)です。
 ですので 重心深度の浅い、重心深度の無い
 ロフト18度のアイアンは 薄い板形状 で
 フェアウェイウッド は ソールの大きい、
 奥行きの有る箱形状になります。
411BK-5IMG_0524




 では 重心が深い と 何をもたらすか というと
 ゴルフクラブには 運動をさせると
 重さが直線状に揃おう、とする 特徴があります。
 それにより 重心が深い分、ヘッドが前に出よう とする、
ロフトが付こうとする働き です。
 また、それとの相乗効果 なのですが、
 ヘッドが前に出ようとするコト によって
 ヘッドが前に出ない(重心深度が無い、浅い)モノに比べ
ヘッドのボールへの入射角度が緩くなる があります。
 
 ヘッドの入射角度が緩くなると ボールの打ち出し(飛び出し)角度が
 取れやすくなり、ロフトは少ないにもかかわらず
 ボールを上げ易くなります。



 もう一つの機能 は
〇クラブが長いコト です。
 18度のアイアンと比べた時、
 18度のフェアウェイウッドは
 長さで言うと3〜4インチ
 ヘッドスピードにすると 2〜3m/s 速くなります。

 ここで 注意✋ ですが、
 当たり前のことなのですが、クラブが長くなるから
 数値としてヘッドスピードが高くなる のであって、
 フェアウェイウッドだから 強く振る、速く振る、必要は
 一切無いのです。 ✋逆✋と考えた方が良いでしょう😊

 また、クラブが長いコト によって
 前項と同じく、入射角度が緩くなり、
 小さなロフトでも 打ち出し角度 が取れやすくなります。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)


 つまり フェアウェイウッドには
 ヘッドの構造(重心深度)として、
 そして クラブの構造(長さ)として、
 入射を緩くして 小さなロフトでも、少ないスピンでも
 ボールを上げ易くする 機能、効能があります。
 ココの部分が アイアンとの最大の違い です。

#18度のアイアンを 『ヘッドスピード 3ⅿ/s速い人』が
 を使っても 18度のフェアウェイウッドよりも
 高さを確保できる可能性は低いでしょう。


 ところが、
 その 入射角度を緩くする という Wの効果 が
 実は アマチュアのフェアウェイウッド嫌い を
 生み出している 
と言っても過言ではありません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




『バックライン…正式呼称は リマインダー です。』






店長「今日は グリップ・・・ 握りの方じゃなくて
 用品のグリップについて、です。」
2016_CH420_SE00_IT00_270_1_rule
受講生「はい。」

店長「グリップを選ぶ際、って
 どんなことを基準にされていますか❓」

受講生「やっぱり 握った時の質感…でしょうか…。」

店長「それも大事な要素、だと思います。

 現在のグリップ って
 グリップエンド、バット って言いますけど
 そこから ヘッドの方、グリップのクチ に掛けて
 テーパーが付いている じゃないですか❓」

受講生「そうですねー。」

店長「テーパー具合 って
 モデルモデルによって 結構、違うんですよ。
 最近は やや寸胴気味、
 左グリップ(右打ち)に対して、
 太い右グリップのモノが 流行っている と言えば良いのか
 多くなってきています。

 グリップの形状の機能 と言う意味では
 エンド部分の テーパー度合い、
 エンド、終わりの部分の
 広がり方に違いがありますね。
001 (2)

 好みも… 慣れもありますけれど…
 左手(左打ちであれば右手)の握力に自信の無い方は
 テーパー度合いのキツイモノ の方が良いと思います。」

受講生「あああ なるほどー。」

店長「好みや握り方 にもよりますが、
 太さと握力の関係ですけれど、
 ふと過ぎない範囲で 太めの方が
 接触面積を稼ぎますので 少ない力で握れます

 細いグリップは 接触面積が少なく、
 抜けそうになり易いので 意外に握力が必要です。
 …握り方にもよるんですが、
 グリップした際、指先、中指〜薬指が手の平に触れてしまう
 のは 細すぎると思います。」
IMG_0531IMG_0530







店長「あと ですね✋✋✋✋✋

 最近は ウッド系、特にドライバーの調整機能、
 カチャカチャが付いているモノが殆どなので
 どう調整しても 大丈夫な ように
 バックラインの無い グリップが主流になってるんですが、
 調整がし難くなってしまうから 仕方ない部分は
 あるんですが、・・・勿体ないです。

受講生「どうして…ですか❓」

店長「バックライン は 和製英語でして、
 外国でそう言っても 通じないですね。
 正式?には リマインダー と呼びまして
 メーカーも バックラインの入ったモノの品番号にR
 REMINDER の R  が入っていたりします。

 この リマインダー、バックライン ですね、
👉リマインダーって言うのは 注意喚起 を意味します

✅ゴルファーのミスショット の多くは
 スイングの動作に入る前 が起因しています。

 グリップのズレ、
 それから生じるアドレスのズレ、
 それから生じるボールの位置のズレや向きのズレ、
 いつもと違う、
 まあ だいたいが疲労による握力の低下
 が始まりなんですけれど、
 グリップが緩んでいる、ズレている のが始まりです。

 現場で、
 アドレスして、打とうと思うんだけど
 なんだか しっくり来ない って
 体験を誰しもがしていると思うんですが、
 それも だいたい グリップのズレ、
 アドレスのズレ、向きやボールの位置が
 普段のモノとは異なっている 違和感です。
IMG_0772

 グリップのバックライン、リマインダーは
 その始まりに当たる グリップのズレ を
 出来るだけ発生させない、
 ズレてしまった時、それを リマインドさせる、


 ゴルフ本来のルールであれば ルール違反 の機能です。」

受講生「あああ そうなんですね。」

店長「はい。グリップは本来丸く、
 ラウンドでなければいけないんですけど…
 この位なら… まあ 目をつぶろう が
 このリマインダーの始まりですので
 活用した方が良いと思います。

 ラウンド中、握力が低下して来ますので
 だいたいの場合 グリップが緩んでくる…
 それは 特に 左グリップに顕著に出ます。
 左手の握力が低下してくると
 左手の握りが深くなる、
 …だいたいの場合 フックグリップが強くなります。
 手首が甲側に折れるような…そんな感じです。
 そうなると 右グリップの入る、差し込むところがなくなり
 右グリップが 横から、下から入る形になります。
 左右のグリップが離れていく訳ですね。
IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)






 右手が 普段よりも 遠いところを握ることになりますから
 それは 当然、アドレスにも影響しますし、
 目線や視線、ボールの位置にも影響を及ぼします。
 リマインダー があれば そのズレを感知出来ますし、
 それによって 自分の疲労度合いも認知できますから
 無自覚にミスを発生させるのを 未然に防ぐ。。。

 と言う意味で バックライン、リマインダー付きのグリップ
 の方を 強くお勧めします。」
EZ055
 カチャカチャタイプのウッドは仕方ない、
 かも知れませんが……
 弊社で取り扱っている SYB EZ-05改 は
 ネックの調整をして どのポジションに持ってきても
 リマインダー、バックラインは正規の位置のまま ですので
 リマインダー付きで問題アリマセン。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JDさん「こんにちは。」

店長「こんにちは〜。」

JDさん「ウエッジのシャフトを取り換えて貰おうか、と
 思いまして…。」

IMG_0083

店長「あぁ はい。」

JDさん「今は Ⓐのシャフトが入っていまして
 それを Ⓑのシャフトに変えて欲しいのですが…。」


店長「打ったコトあるんですか❓」

JDさん「あ、はい ウエッジより上のアイアンに
 使っています。 ・・・それも持って来ますね。」


店長「ちょっと 計測してみましょう。

 えっと 今のⒶのシャフトの入った状態でのウエッジは
 振動数 335cpm です。
 取り換えるウエッジ ソノモノでは無いですけど
  使っている Ⓑのシャフトの入ったPW は 357cpm
 かなり 差がありますね。」
    …どっちも硬過ぎ じゃない?…と思いつつ

JDさん「同じ Sフレックス、同じ表記なのに
 そんなに違うんですか❓」


店長「シャフトの硬さに 統一規格、工業規格 はありません。
 Ⓐシャフト の S は Ⓐシャフトの S
 Ⓑシャフト の S は Ⓑシャフトの S
 です。
 洋服でも ブランドやメーカー、
 その服のコンセプトによって SML のサイズ
 結構、違うじゃないですか❓」

JDさん「そうですねー。」

店長「打った感じはどうでした❓」

JDさん「Ⓐのシャフトの入った状態でも 悪くはないかな…と。」

店長「変えたい と思う理由をお伺いしても❓」

JDさん「深い理由はなくて… 同じモノがいいかな⁈ と。」

店長「Ⓐのシャフトから Ⓑのシャフトに変えると
 シャフトの硬さが ワンフレックスからツーフレックス
 硬くなります。

 それに加え Ⓑのシャフトの重量の方が 20g軽くなります。

 フルショットで使うコトの少ない ウエッジ を
 ツーフレックス シャフトを硬くして
 さらに 重量も軽くして… 良いコト少ない❓んじゃないです。」

JDさん「そう言われると…そうですねぇ…。」
IMG_0082

店長「ウエッジショット、アプローチをするのに
 Ⓑのシャフトが 長年使い慣れている とか、
 フィーリングが良いとか、凄く強い気持ち
 でないなら お金を使ってまで 買える理由
 ないような気がするんですけど…。

 打ってみて 悪くなかったんですよね❓ Ⓐのシャフト。」

JDさん「はい、特には。」

店長「ウエッジショットは アイアンの流れよりも
 若干、柔らかい方が強い易い ですし、
 ミスへの耐性も強くなります。

 硬い・軽い は ヘッドが感じにくいので
 手で動かし易くなりますから ウエッジ向け とは
 言い難いですよ。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アプローチにおいての振り子 
 も 疑似』肩を廻す の一例です。」

Nさん「練習場で見かける ビギナーへのレッスンでは
 とても多く見かけますね。」


店長「はい…困ったモノ…ですが。 
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)








 先日の記事と重複する内容になってしまいますが、
 テークアウェイの初期段階で
 グリップエンドが自分から離れる、
 からだから離れるのは 極力、避けるべき
だと思います。

 両腕と胸で作る三角形を維持、
 それは それで間違ってはいないですが、
〇ボールに当たる、
〇ボールを打つ、
〇的確なロフトで、そのクラブなりの入射で、
〇そして それを繰り返せる

 それらが目的で、三角形の維持はその工程に過ぎません。」

Nさん「確かにね…。」

店長「からだの向きを変える、からだを廻す、は
 動きとしては 横へのモノ です。
 ですので テークアウェイは 始まれば
 動いた分、ボールから、
 方向としては アドレス時の背後方向へ
 離れていくのが自然です。

 インサイドへ✊ というのは そう言う意味合いです。」

店長「スイングの練習に
 ドライバーなどの長いクラブを使い、
 そのクラブの中途な部分を握り、
 グリップエンドをお腹、おへそ辺りにくっつけ
 テークアウェイを始める、 というのがありますが、
 それは ✋クラブを自分から離さない、
 ✋手で上げない
 ✋上げない を示唆しています。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 からだから離れ、手の返しで上げたい方は
 ボールを打つのに クラブを下に振りたい、
 その準備動作として 行いますので
 長い距離を打たないアプローチなどで
 ボールを下に振らなくても当たる、届く、を体感して
 徐々に クラブを上げなくても ボールは打てる、
 テークアウェイで上げる ≠ 遠くに飛ばす のと関係ない
 を経て、テークアウェイ、
 その初動をつくっていかないとイケナイかも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレはあくまでも 理想論 ですので、
 それぞれの方は 無理のない範囲で考えて下さい。

 また その作り方の 原則はお話ししますので
 しっかり 最後までお聞き(読み)下さい。」

Nさん「はい。」


店長「右打ちの テークアウェイ、右向き が、
 十分成されているか どうか の可否は
 右向きの軸足 の 股関節の状態 で決まります。

 股関節は アドレスの状態で
 前傾姿勢 という
 骨盤と大腿骨の 前傾差 がある訳ですが
 それが 右向き …まあ トップの状態 であっても
 ある程度残っているか、
 右の股関節がつぶされた状態であるか、どうか、
 で決まって来ます。」

Nさん「ああああああ」

店長「今の Nさんの状態では
 幾つかの要因、
〇からだの向き自体が不十分であるコト
〇右サイドの動きが不十分であるコト
〇左腕が動き過ぎてしまっているコト などから
 右の股関節が伸ばされてしまっています。」
青木2022826_Moment

Nさん「ですね…。」

店長「ココって 打撃のパワーの源 になりますので
 とても 勿体ない、
 パワーが溜まっていない状態 です。」

Nさん「😢😢😢」


店長「特に テークアウェイを左腕主体で動かし、
 からだが前に倒れ気味、
 ボールに近づき気味の方は注意すべき、と思います。
((フットワーク (2)((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment










 で この際、なんですが、
 素振りなどで脚や右サイドの動き で
 その つぶれた 右股関節 を造っても、
 クラブを持って スイングしたら
 そう言う風にならない、上手く行かない、
 は 良くアリガチ だと思うんですね。


 パワーの溜まる 右股関節 を造るのは
 当然、足の補助、動きも必要なんですが、
 右の股関節がつぶれるか どうか は
 へそから上、特に腕とクラブの重さ が
 右の股関節に掛かったか どうか で決まります。

 右打ちの人が テークアウェイ、トップ で
 体重が右に乗る からと言って
 アドレス時の 前・飛球線方向〜後ろ に
 動こうとすると
 右向き時の 股関節は アドレス時の背後 に
 逃げてしまうので
 右股関節には重さが関わず つぶすことが出来ません。
青木2022826_Moment

 結果、として 右体重にするには
 背後に逃げていく 股関節の方に
 重さのある 上半身、腕やクラブを移動させる のです。
 
 ですので テークアウェイは 右ひじとか、
 右半身主体で動いてください、と言うのです。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Nさんとは直接関係ないですけれど
 からだの回転について 考えるべきトコロ、
 特に ある程度の年齢のアマチュアは考えるべき
 トコロがあると思うのです。」 

Nさん「どんなトコロですか❓」


店長「一般的に からだを廻す は
 肩を廻す
 と考えられているかと思います。」

Nさん「はい。」

店長「私は ソレには反対✊ なんです。」

Nさん「え?!」

店長「プロなども含めて 腰に対して胴体をひねる、
 俗に言われる 肩を廻す のは間違っていません。

 ところが ある程度の年齢…そうですね、
 運動不足気味であれば 45歳位が境になるでしょうか
 その位になると 肩を廻そうとするが余り、
 腕の重さ、慣性を付けて
 腕を左右に振るのと 混然一体 になりガチ です。
((((((((_Moment
 我々の年齢(50代)、そして それ以上であれば
 からだの中に 普段、ほとんど使わない筋肉が彼方此方あり、
 非常にからだが固くなり、ちょっとした動きでも
 痛みや恐怖心が伴ってきたり します。

 胴体を捩じっても 何の不安も痛みも無ければ
 特に問題はないのですが、本能的に忌避感の出易い箇所
 ですので、肩を廻そうとすると
 結果、腕を振るコトになります。

スナップショット 1 (2015-02-06 3-41)クラブを 両手 でもって居ますので、
腕を振ってしまうと、右向きでは右腕が、
左向きでは左腕が余り易いですから
どうしても クラブを捻じる、フェースを開いたり、
閉じたりをせざる得ません。

 肩を廻すコト 自体は間違い とは言えないのですが、
 結局、腕を振るコトにつながり易い、
 イエ、多くのアマチュアの 肩の回し は
 単なる腕の振り になってしまっています。
(…特に現場、コースでは ほぼ ソレ だと言えます。)
✋腕を振った結果、胴体が捩じられたのではなく
 腕と肩甲骨(腕の一部とも言えます)が動いただけで
 からだは廻っていない(と等しい)になるのです。

 打つために からだの向きを変えても
 クラブが開いてしまえば
 向きを変えていない、手だけで動かしたのと等しい
 というコトになってしまいます。

 ややっこしいですけれど、
 医学的にどうかは分かりませんが、
 肩甲骨は 胴体の中にありますが、
 機能としては 腕と言って良い部分
 肩甲骨を動かす は からだを廻す
 ではないのですが、
 『肩を廻そう』とするゴルファーの多くが
 からだでは無い 肩甲骨の動き、可動域 を
 からだの回転 と誤認し、
 その張りを目安 としています。


 胴体、からだの向きが変わったから
 肩甲骨、腕の付け根の位置が変わるのと
 肩甲骨の可動域をカラダの向き とするのは
 似て非なるモノです。
 
52442_360240

 そこは からだでは無いのに、です。
 ですので この時点で 手打ちは確定 なのです。
 
 からだ!と 誤認している
 腕と肩甲骨を動かそうとすれば するほど
 手打ちは深まっていく という
 大変シリアスなのに、結果はギャグ なのです。

 故に ハミングバードでは
 胴体、骨盤の向きを変える、
 その境目は 股関節で と提唱しています。

Nさん「なるほど。」

店長「で Nさんの話しになるのですが、
 その 股関節、
 テークアウェイの右向きの場合、
 軸足に成る 右股関節 が不十分な状態です。
 俗に言う ハマっていない状態 になっています。」

Nさん「あああああ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ちょっと 横道に逸れますが、
 今のスイング、テークアウェイで
 それをそのまま アプローチ、
 中途な距離を打つショットをした場合、
 ミスの原因 になります。

 アプローチのミスの要因として
 結構、多い・大きいのでは…⁈
 と思います。」

Nさん「え?」

店長「スイングで言うと
 こう 積極的に左腕を動かしてあげる とか
 左肩を入れる、肩を廻す

 アプローチであると 振り子のイメージが強く
 肩の動きだけであげる

 そう言うイメージを強く持っている方は 

 テークアウェイの初動、
 始めの一歩の時点で
 左腕でクラブを押すような形 になるので
 グリップが、グリップエンドが
 一旦体から離れます。

青木2022826_Moment(2)
青木2022826_Moment(3)

 この画像は アプローチでは無く
 ショットのモノから抽出していますが、
 アドレスと見比べてみて下さい。」

Nさん「あ・・・ほんとだ。」

店長「機会があれば、グリーン周りのアプローチ とか
 その位の距離の練習をしている ゴルファー を
 よく見て下さい。

 結構な割合  で 見つけられます。

 なんでもかんでも プロが良い訳ではないですが、
 ココの部分で からだからグリップエンドが離れるプロ は
 まず 試合に出れるスコアにはならないから 居ない、
 と言って良いでしょう。

 アドレスよりも グリップエンドを自分から離してしまえば
 クラブは長くなります。
 アドレスでセットアップした ボールとの関係を考えれば
 その長さは 短くしないと、元の長さに戻さないと
 ダフル、地面を打つ、シャンク などになりますよね。
 短くし過ぎても トップなどになります。
 
 または 初動でからだからクラブが離れると
 やや 前傾が深くなり
 それを 回転と言う名の 体の起こし(前傾の起こし)
 スイングで言うトコロの からだの伸び によって
 ボールとの距離感 〜 クラブの長さ
 を調整するという 調整 も少なくないパターンです。
 これによって からだの回転の中に
 前傾を深くする〜浅くする(伸びる)が
 刷り込まれるコト(練習の回数が多い…)
により 
 通常ショットにもそれが反映するのです。

 
 その両方の作業は 全く要らないモノ から
 生まれている 全く要らない作業 です。

Nさん「確かに…。」

店長「今日! ハイ! って訳には行かないとは思いますが、
 ココを改善していくだけでも アプローチをミスしない確率は
 良くなります。

 すぐそこ の距離 の勿体ないミスはかなり消えます。


 また この動きの延長のショットの場合、
 一旦クラブがからだから離れる =クラブが長くなる
 ですが、ダウンスイングに入るのに 長くなってしまったモノは
 とてもやり難いですから 当然、短くする、
 腕やクラブをたたむようにする訳ですが、
 長さを替えない、長くしない で テークアウェイを取るよりも
 反動・『勢い』が付き易いので
 自分の想定している トップの位置を超える(深くなる)
 オーバースイング原因であったり します。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレは全員にあてはまる とは言い難い ですが、
 結構、多くの方にはヒント になると思います。

 テークアウェイで 右腕を曲げるのは、
 その分 クラブを起こし、クラブを短くする、
 からだ から ヘッドまでの距離を短くする為です。
((フットワーク4

 クラブまでの距離を短くするコト によって
 からだの向き、からだを回転させても
 対応が良く、負荷が少なく済みます。
 特に切り返し時の初動、ですね。

 コッキング(手首の動き)をしなさい とは
 全く思いませんが、
 それであっても 右腕を曲げることによって
 起こすクラブの基点になるのは
 左グリップになりますから
 左腕を動かす、上げる、など
 その基点を動かせば動かすほど、
 クラブを短くし難くなります。
 上がり過ぎてしまう、深くなってしまう、
 クラブが寝てしまう、寝すぎてしまう
 になり易いです。
青木2022826_Moment

 グリップを高くする、
 ヘッドを高くする、要因としては
 クラブを下に振ろう とする
 打撃はクラブを下に振るコト と
 感覚的に掴んでいる人もいらっしゃるので
 ソコの注意も必要です。

 からだが右向き(右打ち)になった分、
 また クラブが起こされ、それに伴う
 左グリップが少し高くなる 程度で
 打撃としては十分で、
 グリップの動きの量や 勿論、速度、
 そして その高さ と 打撃力、
 飛距離は関係ない、と言って良いと思います。

 後々の記事で書きますが、
 ソコが パワーの溜めドコロ ではなく、
 左腕、左グリップを自発的、そして単体で
 動かせば動かすほど パワーは溜めにくくなります。


 これは ダウンスイングの考え方 と同じですが、
 テークアウェイも 右を向く という
 ヒトツの動きで 出来るだけ全てをまかなう、
 すべてをやらせてあげる方が良いです。

 上げる、回る、 もしくは 廻る、上げる、
 という からだの向きと腕の動きが
 別々なモーター、別々なタイミングになると
 スイングの大きさで 距離を調整するような、
 速度でショットの可否を誤魔化せないアプローチで
 苦労するコトになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Nさん「こんにちは。」


店長「こんにちは。」

Nさん「今日は スイング全般の向上、
 レベルアップを目指し アドバイスを貰いに来ました。」


店長「はい。
 今現在、具体的には どんな部分に悩んでおられます❓」

Nさん「月並みではありますけど
 もう少し安定度を上げたい、のと
 飛距離アップ、安定した飛距離アップです。」


店長「了解しました。
 まずは 打ってみて下さい。」

店長「動画を載せますが、
 まず 17年のモノと比べ、手でクラブを動かす量が
 かなり減っていますから 良い傾向だと思います。
 そう 頻繁にいらっしゃらないで 独学でやっているに近い訳ですから
 立派だと思いますよ。」

Nさん「ありがとうございます。
 現在、どこを治す… 意識したら良いですか❓」 

店長「癖と言って良いのか、
 元々の テークアウェイの取り方が
 『上げる』と言う意識が強いと思います。」

Nさん「具体的には❓」

店長「骨盤の右向き を
 左腕の動きが取ってしまっている、というか
 喰ってしまっています。
 
青木2022826_Moment

 左腕の移動量、動かしが多く、
 それに比べ 右腕、右サイド全般の動きが少ないので
 正しい意味での 右向きが足りていない状態 です。

 ここは ベーシックに
 回ることの意味、役割から考えてみましょう。

 からだの向きは その向きソノモノと言うよりも
 それによって クラブを握っている左右の腕を移動させるコト
 もっと言えば 左右の腕の『付け根』を移動させるコト

 が目的です。

 正しい目で見ないと ゴルフスイングは
 腕を振っているように、クラブを振っているように見える訳ですが、
 ボールを コンスタントに 安定して打つ、
 速度で誤魔化せない アプローチショットでも
 方向や距離、当たりソノモノを安定させるには
 原則、ヘッドのロフトや向きなどが 過激に動くような
 動かし方は良くありません。

 からだの向きを変えると クラブを持った腕の付け根も
 移動するので 腕も移動、腕に持たれたクラブも移動、
 クラブ単体が動くのではなく、それを持った自分が動く
 というのが基本です。

 からだの向き(腕の付け根の移動)に対し
 クラブヘッドの重量分(運動も加わった)
 ヘッドが遅れる のが 理想で、
 からだの向きに対し 腕も遅れ、ヘッドも遅れる、
 と言う二重の遅れでは フェースの開きが大き過ぎます。

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)


 ま、それは前置きですけれど、
 クラブが移動する、腕が振られたように見えるのも
 からだの向きを変えるから で
 からだの向きと言う ヒトツのモーター、
 1モーターで 動きをまとめていくように考えた方が
 良い
と思います。

 からだも回す、腕も振る、手先も使う では
 モーターがたくさんあるので 複雑です。
 分業と考えない方が良いと思います。

 そう言う意味合いで
 テークアウェイ。。。言葉としては「上げる」ですが
 ヘッドだけでなく、グリップも高くする必要は無く、
 自然に高くなるのは放っておくとして
 『上げる』と考えず、右を向く、
 と言うのを主眼とした方が良いです。

 そう言う意味合いでは 別な意味もありますが、
 もう少し テークアウェイの主導権を
 左腕ではなく、右腕も含まれた右サイドに移せると
 より 実の伴う『右向き』になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:初めてのブリストルパターのシャフトも
 いきなり140cpmからいっちゃおうかな?とも思っております。

おっしゃる「違反クラブ」並みの効果を体験してみたいからです。

 

ただ、届いて打った時に「なんじゃこれ?使いこなせない!」
とならないかという不安も拭えません。


初ブリストルで140cpmは冒険過ぎますか?
背中をひと押しして頂きたくメールしました。

003

【店主】弊社ブログが何かの役に立ったのであれば幸いです。

 

 お問い合わせ…のシャフトの【硬さ/柔らかさ】の件でございますが、

一般的には パターシャフトの硬さ は 楽々300cpmを超える、

モノによっては 350cpmを超えるモノも少なくありません。

パターをデザインされる時、ヘッドは色々考えられるのだと思いますが、

他のクラブ以上に パターシャフト、特にその硬さはおざなり、

無視されている?に近いかと思います。

IMG_1424

.リジナルのアルミシャフト  270cpm

▲リジナルグラファイト95g  200cpm

オリジナルグラファイト90g  170cpm

ぅリジナルグラファイト70g  140cpm

 

,話韻法.悒奪匹僚鼎ぅ僖拭爾鵬瓩ず(総重量もすさまじいですが…) 除外対象ですが、

△發靴はでも 十分楽しめ、初めて手にされる方は

ヘッドのその重さ(一般的なパターの総重量に匹敵します)と

シャフトの ブにゃんブにゃんさ に驚きます。

実際、打って頂くと やはり直進性が高く、

ゆっくりと、小さなストロークでも 伸びは格段。

まあ 物理現象(重さ対重さ)ですので 分かり易いですが…。

ある程度柔らかくなってくると

それにロフトの立ちが加わってきます。

 それは 振動数180190cpmを境に はっきり出ます

 

勿論 振動数140cpmのモノはモンスター です。

IMG_1414

パター単体としてい蓮…梢弊、飛距離性能は ルール違反規格です。

打ち方を越えたモノ なので すぐに楽しめる と思います。

(冗談ですが、パターでのOBにご注意を)

距離性能が非常に高いので、その距離感に慣れる必要はあるとは思いますが、

打ち方等 あまり気にして使っていらっしゃる方は殆どいらっしゃいませんので

その点については心配される必要はないかと思います。

い任△辰討癲‖任舛海覆擦覆ぁ,箸いΕ灰箸倭瓦ありません。
保証出来るほどです。

IMG_1422

 が、まったく問題点がない訳ではありません。

パター単品としては い枠瑤咾未韻震滅鬚機兵蠢位A垢任垢…) だと思いますが、

アイアンやドライバーなど その他のクラブとの格差が大きくなり過ぎで

良い意味でも、悪い意味でも影響を与えます。

だいたいの場合、パターに!ではなく、他のクラブの方に影響が出ます。

パターは全くの別物と完全に割り切るか、 もしくは いずれ 他のクラブも

パターに準じたモノにしていく予定…(あくまでも予定で良いと思います)

と言う風に考えた方が良いと思います。そうであれば ぁ,任后

 

 重量が有る分、しっかりしている…ご想像通り、無難…なのは  です。

それでも 十二分にモンスター だと思います。

 

なんだか 回答にならず申し訳ないのですが…

 是非 ご検討くださいませ。

 

 

238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

  046-804-1480  ハミングバードスポルテ


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一年前
DSC_0373 (マッスルバッグ)
>>
>>>
>>

IMG_0082
IMG_0083
IMG_0084
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


受講生「こすり球のメカニズムが見えてくると
 スイングでどうしたら良いのか というのも
 見えて来やすい のですね?」

葛谷2022816_Moment

店長「そうですね。

 現代は電子機器やネットのお陰で
 映像、動画などを とても簡単に扱うコトが出来ます。

 からだの回転は横の動き
 腕は縦の動き
 その複合がスイングである、
 と言うような 視覚要素から入ってしまう
 スイング造りにハマり易くなっています。

 こすり球はイコールスライスではありませんが、
 スライスのメカニズムが一つの答えです。
 
 スライス、ボールに右回転が入る、
 スライスはその数値が大きく、
 前進を阻んでしまうようなモノになる訳ですが、
 その仕組み、量は ヘッドの進路、進行に対して、
 どの位 ヘッドが右を向いていたか で決まります。
『ボールをつかまえる』スイングへ_Moment

 ヘッドの進路、クラブの動きよう その全容は
 からだの向き で決まる訳ですが、
 それに対し、impact付近のどの場面であっても
 フェースの向きは一定、
 フェースの向きは変化せず、
 そして ヘッドの軌道とは別なモノ であれば
 軌道と治すなり、フェースの向きを治すなり、
 もしくは ボールの置き位置などで
 修正したり、量を調整したりすることは可能です。

 からだの部位、の役割とすると
 ヘッドの進路は からだの向き が、
 そのからだの向きによって クラブに遠心力が加わる、
 特にヘッド部には大きく遠心力が加わりますが、
 その不可抗力が加わる、入っても、
 また それを利用しつつ
 ヘッドの向き、フェースの向きを一定にしておく、
 のが腕の、手の仕事 と言って良いでしょう。

 固定する訳では無いですが、
 移動、動きの中でも 一定にしておく、
 ジャイロのような仕事が腕の仕事だ
 と思います。」

受講生「ジャイロ。」

店長「そうですね。

 一方、こすりタイプ のスライスですと
 多くのコトが 腕の仕事。
 一定に半固定する つかまえ に対し、
 常時、軌道を、ヘッドの向きを変えることになります。
 軌道が変わればヘッドの姿勢、向きに、
 ヘッドの姿勢、向きを変えれば 軌道に、
 相互に影響し合いますから 安定し辛い でしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり と スライス はイコールじゃあないけれど
 非常に 近縁種、血がつながった関係
 のメカニズムがあるんですね。」

受講生「。。。。。。。。。」

店長「動画 を見て頂くと
 こすりショットの場合、
 からだの回転に準じた 円弧 の他に
 インパクトの前、直前に 腕さばきの
 リリースによって クラブ半径の別な円弧
 を描くのが分かりますよね。」
(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)








受講生「はい・・・。」

店長「つかまえるショットに比べると
 どうしても 遠回り する分、
 外から入ってくることになります。

 こすりショット の場合、
 スイング全般に この腕でのリリース が
 打撃の要 になるので
 テークアウェイも よく考えると意味不明なんですが、
 閉じるために 開いて上げたり、
 下に振る為に、強く上にコッキングしたり と
 腕で クラブに円を描かせる前準備が多いです。

 そうなると それをしないで(クラブに円を描かせる手さばき)
 インパクトに入れば ロフトも、フェースも開いていますし、
 かと言って インパクト直前に 円を描いてしまうと
 そうでないモノよりも 軌道が膨らんだ、
 俗に言う アウトサイドから軌道になります。
1f52b6531ff0dce2







 ボールの横回転は ヘッドの進行軌道に対する
 フェースの向き なので
 同じフェースの向きであれば 軌道が外から、脹らんだモノ、
 になれば 尚更、フェースを閉じない(左に向ける)と
 スライス回転はキツク成ります。

 が! しかし
 フェースターンをすると
 軌道は急激に インに切り込むので
 さらなる フェースの左向きが必要になる😢
 という 無限地獄に陥る訳です。

 からだが開いてから 左に振る形になるので
 閉じるコトが間に合えば 左への引っかけフック、
 閉じることが間に合わなければ 右へのこすりスライス、
 その間にしか 使える球 がない・・・

 上に・・・。」

受講生「まだ あるんですか?」

店長「説明した通り、横回転は
 ヘッドの進行軌道に対する  フェースの向き なのですが、
 フェースの向きは立体 で ロフト角度とライ角度、
 そして フェースの向きの混合、複合なので
 毎回 微妙に変わってしまう 軌道 に対して
 同じような球を繰り返すには 相当、神経を使った
 同じ組み合わせを造る という職人芸が必要になります。
OIP

 若い人は良いかも知れませんが、
 フェースターンをするには からだのどこかを止める必要があり、
 非常にからだ、腰や肘、手首や首などに負担がかかりますが、
 その職人芸を掴むには 相当の練習量が必要な上、
 掴んでからも メインテナンスの練習が必要になります。
 これで 故障しない方が 凄いって言うか、
 私の年齢(50歳代以上)では 維持しきれない可能性が高いのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こする つかまえる のスイングタイプ、
 勿論、その方の体力、ヘッドスピードなどにもよるのですが
 フェアウェイウッド、ユーティリティの選択にも
 かなり 影響があるんです。」
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)






受講生「それ 凄く分かる気がします。」

店長「経験値にもよるのですが、
 総じて こするタイプの方は
 フェアウェイウッドをあまり得意? 好きでないケースが
 多いです。

 入射が緩いコト ソノモノは 悪くは無いんですが、
 地面にあるボールを打つクラブの中で
 フェアウェイウッドが一番 奥行き ソールが深い、広いので
 入射が緩すぎはまだしも、若干の 煽り(アッパー)が
 入ってしまうと ソールのお尻、アイアンで言えばバンスのトコロが
 地面と干渉してしまいます。

 ですので こすり傾向の強い方は
 同じ番手でも やや短めの方が良かったりもしますし、
 長さやロフトの関係から 3番よりも5番の方が飛んだりするので
 ロフトのキツイ、長いモノは 避けるような選択を
 お薦めしています。
411BK-5
 逆に ユーティリティは得意なクラブ に
 なり易いので パワーが無くなって来て
 アイアンのロフトの立ったモノは辞めて
 大きな番手のユーティリティ #5.6.7.あたりを
 薦めています。 」

受講生「アイアンはどうなんでしょう❓」

店長「最近よくある 飛び系のアイアン、
 ロフトが非常に立っている訳ですが、
 ロフトが立っているというコトは 当然、
 重心位置など 上がり易い構造になっている訳です。
 
 重心が低い
 重心が深い
 が 上がり易いを引き出す訳ですが、
 それは すべて ソールの大きさ、重さに掛かっています。
 ソコを重くするには ソールを大きくするか、重くするか、
 その どちらか しかなく、
 そうなると 地面に干渉、ソールが尻もち と絡んで
 上手く行かないケース、ミスになってしまうケースが増え、
 結果として 「合わない」 と言う場合も少なくないかと思います。

 ウエッジも含め、アイアンの場合、
 トップ、ダフリのヘッドの縦方向のミス、
 ショート、オーバーなどの距離の縦方向のミス、
 このミスがアマチュアの スコアメイクには一番痛い部分、
 方向や曲がりよりも スコアに響きます。

 重心が深い、重心が低い、そしてモーメントが大きい
 というのは こすり打ちの人にとっては
 「振り難い」クラブになり易い、
 ダウンスイング中、変な重さがかかり易いですから
 ミスになり易く、そのミスもかなりバラつき易い、
 ですので 意外にも マッスルバックのように
 重心が短い、浅い、重さの影響がスイングに少ない方が
 良かったりするんですね。
 あんまり 喜ばしいことじゃあないですけど…😢😢😢

 ま これも 飛び系のアイアン、箱形形状のキャビティアイアン
 に比べると 長さが短い も要因の一つだったりします。」

店長「そして こすり打ち が 一番顕著に表れる のが
 ウエッジです。
 フェアウェイウッドと同じで
 ソールの大きい、幅の広い、
 バンスの効いたウエッジは苦手になり易い、
 よく言われる ローバンスの 薄ぺったい バンス角度の無い
 ウエッジで無いと 地面との干渉 ダフリ、トップのミスが
 かなり頻度高く出ちゃいます。
 それは それで 好みの部分もあるので 良い悪いじゃあないですが、
 バンス角度が無いモノは
 同じ表示ロフトであったとしても バンス角度のあるモノより
 飛距離が出ません。ラフなんかにも弱い。
IMG_1399
 ピッチングウエッジが 110ヤード なのに
 サンドウエッジが 50ヤードしか飛ばない
 みたいなコトになったりします。
 こすり打ちの方はアプローチショットの距離調整を苦手
 としていますので コースで一番頻度よく出てくる
 50〜100ヤードの間が 一本しかなかったり するのです。
 こすり打ち自体を改善しないのなら
 ピッチング〜サンドウエッジの間を充実させるべき
  だと思うんですが、
 バンスが張っているモノが苦手だったりするので
 😢ロブウエッジを持っちゃったりする…んですよね。
 ブラックジョークみたいなモノ なんですけど…。

 コト ウエッジショット、アプローチにおいては
 意図的に こすって打ちたい場面も
 ない訳では無いですけど、
 他のクラブと比較しても こすらないで打つ、
 つかまえて打てるか、打てないか の差は大きいです。
 アプローチショットは バンスを利用出来る のと
 バンスを嫌う のでは 雲泥の差 です。

 つかまえて打つコトを理解する と
 こするショットというのが 他に選択の余地が無い場面での
 イチがバチか のショットというのが
 実感できると思います。
 その イチかバチかのショットを 自分の常用の
 アプローチにしていると スコアは限界あると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「Mr.Kとは ものすごく長いお付き合いでして
 お店の開店当初からのですので 30年以上、
 のお付き合いになりますけれど
 当初からの スイングのテーマ が
 この こすり打ち改善 でしたね。」
葛谷2022816_Moment

受講生「うわぁぁぁ。」


店長「ずっと ソコをテーマにお話をしてきたんですが、
 全く通じない。
 元々、飛距離は捨てて アプローチで作るスコア勝負
 みたいなタイプのゴルファーで
 こする…よく言えば ロブショットですね、
 それは 抜群に上手い、神業です。
 スコアの為の
 そのアプローチを捨てられないですから
 ショット全般も こすり打ち・・・
 飛ばないけど 曲がらない
 そう言うタイプのゴルファーです。 

 まず やっぱり こすり打ち って言うと
 イコール スライス って思っておられたので
 特にスライスがスゴイ って訳では無いので
 自身を こすり打ちだ とは認識されていない。
 手打ち なのは気にされていましたけど、
 アプローチには その手使いが必須で、
 スイングの見た目は気に入らないけど
 特に変える予定もない・・・。

 ところが 年齢とともに
 飛距離が落ちるのも結構、激しいんですけど
 アプローチ感というか、
 こすりショットって ボールの下、
 ボールと芝の間に ウエッジを抜く 感じなんですけど
 そのタッチが若い時のように上手く行かず
 スコアも少しずつ悪くなる。

 どうしたもんか と考えると
 某所(ハミングバードですね)に行くと
 こするな、こするな、つかまえろ って言われる。
 こする のと、つかまえる の差はなんだろうって…。」

受講生「それ すごい思います。」

店長「こする イコール スライス じゃあない、とすると
 一体 なんなんだろう… と。
(キャスト_Moment

 それで 今回、トライするコト になった訳なんですけど
 今の状態を続けてくれれば こすりとはお別れ 出来ますけど、
 Mr.K ご本人を言っていますけれど
 こする打ち方は
 『インパクトはココ!』って言う感じも
 『クラブを振った!』と言う感じも
 『ボールを打った!』と言う感じも
 つかまえるショットに比べると 非常に明確で
 つかまえるショットは
 『ただ からだを廻したら 打ち終わってた』という
 なんだか残念な感じ、他人事なんだ、そうです。
 『打撃!と言う実感が無い』
 覚える、からだに染み込ませる、のに
 感覚的な目安が薄いですから どうでしょうか、
 現場で 良い形の成功体験が無いと
 実感のある こすりショットに戻る のは
 簡単なんじゃないかな、とも考えています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング集 Patty_Moment

店長「まずは コチラのデータ(ドライバー)をご覧ください。」

店長「クラブスピードとの表記が ヘッドスピードですので
 ごくごく 平均的なアマチュア成人男性 のモノです。」

質問者「非常に 良いデータに見えますね。」
IMG_0152

店長「はい。そう思います。
 ドライバーショットのデータです。
 ミート率 とありますが、
 ボールスピード を クラブ(ヘッド)スピード で
 割ったモノです。

 基本、ロフト角度に応じたモノです。

 ドライバーのロフト 9.10.11度辺りのモノで
 1.5前後、1.5を超えるようなモノであれば
 とても 上質です。
 
 ショット数は 4ショットですが
 ボールスピード、クラブスピード共に 似ていますから
 ミート率という 本当の意味で言うと
 ミート性能も非常に高いと思います。


 サイドスピン 横回転の数値が測られていない のに
 ボールの曲がり(…おそらく キャリーサイドの項目)が
 出ているのは クラブパス(インパクト前後の軌道)に対し
 フェイスパストゥ の角度で算出(計算)されていると
 思われますが、現在のドライバーヘッドのモーメントなどから
 ここまで曲がる サイドスピンは掛かっていないと思います。
✋✋✋弊社の測定器は サイドスピン測定します
ドライバー入射角度
 とても良いデータ ではあるのですが、
 非常に 安定したミート性能がありますので
 もう少し スピン量(縦スピン)を絞っても良いかも 知れません。
😢計測器によって 少し差があるかと思うのですが、
 実際よりも スピン量が多く出ている気がするのですが…。

 もし 本当に このスピン量であるのならば
 お使いになられているのは ネック調整機能(カチャカチャ)が
 あるタイプの SYB EZ-05改 ですので
 0.5° ロフトは絞っても良いかも… 知れません。
 SYB EZ-05改 は ロフトを絞ると 同時に
 ライ角度なり、フェース角度なり もマイナスの方に移行しますので
 同時に良い効果がある、と思いますが、
 あくまでも この計測データが実際のモノ通り であれば✋ です。
176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n

 打ち出し角度は良好 です。
 私の知っている 計測主 の ショット では
 実際のスピンは 2,500cpmですので
 14〜16度の打ち出し角度は理想的な打ち出し角度です。

 その点からも スピン量と合致してないような気がします。

 …もしかすると ですが、計測に使われた トラックマン は
 ドップラー効果を『主に』使ったタイプですので、
 縦スピンも 入射角度とロフトから算出している可能性があります。
IMG_0152
 このスピン量から推測、もしくは 算出されたことを考えると
 アタックアングル(入射角度) のプラス数値は
 入射角度、アッパーではない気がします。
 …アタックアングルの増加とスピン量推移が
  つながっているように見えます。

 意図的に アッパーで打つのは ✖ 推奨出来ませんが
 更なる飛距離を狙うのであれば
 ティーの高さ と ボールの位置 を少し調整し
 ボールを左に置き
 意図しない 自然な アッパー 0〜3°
✅平均で マイナス 1度位(アッパー)が良いと思います。
 この計測値では マイナス? になる位置にして、
 ピークハイト(最高到達点)をもう少し稼ぎたいトコロです。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「重複するテーマになっちゃうんですが、
 こすり打ち と つかまえる の差は
 イコール 手打ち / からだの回転で
 とは限らないんですが、
 似た部分はあります。

 細かく言えば こすり打ちは総じて手打ちが多く、
 つかまえる側は からだの回転が多くなりますから
 この部分のスイング改造
 当然 こすり ⇒⇒⇒ つかまえ になるんですが、
 アマチュアの目指した方が良い スイング改造の根幹
 なのだと感じます。 」

受講生「動画で見ると ものすごく大きな差は
 見えないような気がします。」


店長「ですねー。
 インパクト付近の ボールのさらい方、拾い方の違い
 と言えば良いんですかねぇ。
 こする方は フェース、ロフトでボールの底を打つような
 感じになります。
 別な言い方をすれば ボールを自分の方に掻き込む
 ような感じになります。
 一方、つかまえる方は フェース、ロフトを円の外に向けたまま
 からだを廻すような…
 その感じが掴めないと 見た目と言葉『つかまえる』
 逆に感じるんじゃないでしょうか・・・。」
葛谷2022816_Moment

受講生「ですね。
 ボールを自分の方に掻き込む、フェースでボールの底を打った方が
 ボールが「つかまえる」感じ、 しなくもない気がします。」


店長「見た目の部分 で言うと
 同じように動いていても
 ダウンスイング後半、インパクト前になると
 ヘッド、クラブ、シャフトを下、ボールの方に振るようになる、
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentつかまえる の方は
極端に言えば ←この状態 のまま
からだを廻してしまえば良く、
遠心力によって 曲がった右腕が『伸ばされる』
のですが、
(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)こするショットの場合、
からだの回転を止め 右腕を伸ばすことで
ボールを拾いに行く
 というか
インパクト直前の円を
その腕さばき、『リリース』と言えば良いのか
で描いてしまっています。
ここが 最大の違い 分かれ目です。

 ですので そこ以外に大きな違いは見られませんが、
 一般的に、ですが、
 こするショットは その右腕の伸ばし『リリース』が
 打撃のメインエンジンになるので
 その動きをするための テークアウェイやトップ
 『ヘッドを降ろすための上げる』に
 なり易い傾向があります。

 また イコール ではないですが、
 腕のリリース をするには
 からだの回転を止めざるを得ず、
 止めないと リリースできませんから、
 この際、伸び上がり などが
「自動的に」付いてきたりもします。」
 ですので 結果的、にですけれど
 ボールを打つ 一番肝心な部分を
 腕とクラブを 半ばロックした状態で 向きを変えるのと
 逆に からだの向きを止め リリースで打つ
 ソコが 手打ちとからだの回転 の差
 に見えたりもします。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「こすり打ちって
 インパクト直前になって
 ヘッドを返す、フェースローテーションなども含まれますけど
 ヘッド、シャフトを振る 行為が入ります。
 こすり自体は ボールの底を打つようなショットを
 指しますが、
 その行為って からだが止まらないと出来ません。
 支点になる 左グリップがどんどん先に逃げちゃったら
 ヘッド(右グリップ)が追い付けませんからね。

 止まるのは からだの「回転」、「向き」なので
 ヘッドを下に振った分、からだは上向き、
 右打ちの人で言えば 左サイドが上がります。

(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








 よく言う からだがインパクトを待った後、
 インパクトと同時に 伸び上がる というか
 クラブを振る分、上に向いていきます。

 
 つかまえるショットに比べると
 インパクト付近で急激にヘッドを振るコトになるので
 そのヘッドの軌道に 姿勢が影響を強く受けます。
 二重振り子 みたいな状態になる訳です。


 現代のクラブって
 非常に低重心設計になっていて
 打ち出しは取り易いですけど スピンは少ない、
 全番手 飛距離重視設計になっています。

 流れ としては ヘッドも、クラブ全体も
 ヘッドの低重心化、長尺化、シャフトの軟化
 入射角度を緩くする方向、緩くする方向に動いています。
 
 シャフトは 20年前と比べると 20cpm以上、
 ▲侫譽奪ス、フレックス分 柔らかくなっています。
 20年前の レディースが 今の R ですね。



✊こすり打ちを推奨するつもりは
 サラサラ、全くありませんけれど
 言葉の印象と全く反対で ふたつの比較で
 
インパクト時のロフトがほぼ同じなら、の話しですが、
 こすり打ちは スピンが少なく、
 つかまえは スピン量が多い。


 地面から打つショット、
 特にアイアンでは良いのですが、
 ウッド、ドライバーなど 長い距離を打つ場合、
 スピン量が多い、多過ぎは 
 飛距離のさまたげ になり易いです。

 ですので 打つ人は特に変えなくても
 ティーアップ それによるボールの置き位置 
 そして クラブの構造(ヘッドや長さなど)によって
 半こすり… 微妙にこすりの効果を入れてあげる
 のが ドライバー ですね。

 この場合は アッパー というコトになります。

 それも 適切に ですが…。

 やり過ぎは 逆効果、
 意図的にアッパーに打つようにすると、
 ティーアップしない
 地面から打つクラブが てんでダメになる、
 では 意味が無いので、
 スイング自体は基本、変えない、
 ティーアップ と それに伴ったボールの置き位置 で行う
 あとは クラブの基本性能に任せる
 というのが理想です。

 シャフトが柔らかくなっている、クラブが長い、
 って言うのは 入射を緩め、
 適度なアッパーを造るので スピンが少なくても
 ボールが浮かせられる。


 まあ これって
 やっぱり ボールの高さに不安の無い、
 つかまえる人の方が効果は大きい んですけど
(力の無いアマチュアより プロに恩恵が大きい)
 この 低重心化が進んだヘッド、長尺、シャフトの軟化、
 3要素が含まれた ドライバー を
 こすり打ち してしまうと
 アッパーの軌道がきつくなり過ぎて
 スピンが足らない、初速が出ない、 で
 ボールが浮かない とか、伸びない になり易いんですね。

 軟化したシャフトの使い方 としては
 一番悪いパターンなんです。


 こすり打ちって言葉ではボールを上げ易そう なんですが、
 ボールって 打ち出しの角度とスピンの相互関係によって
 上がる、浮く、高くなる なんですね。
 こすり打ち って インパクト直前に クラブを下に振る、
 その動きを指す訳ですけど
 その行為って からだが止まらないと出来ない。
 止まるのは からだの「回転」、「向き」なので
 ヘッドを下に振った分、からだは上向き、
 右打ちの人で言えば 左サイドが上がります。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)
 クラブの効果のアッパーと
 地面が 左足上がりになっていく のが合体したようなモノで
 故に アッパーがきつくなり過ぎちゃう。

 柔らかいシャフトで それをインパクト直前に行うと
 硬いシャフトで同じことを行うよりも 急激に長さが伸びます。
 今風な言葉で言えば 地面反力、
 左サイドが伸び上がるような 姿勢にならざる得ない・・・
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 ・・・・だからって 硬いシャフトを使うと
 ティーアップした状態では届きますけど
 地面のボールが上手く打てない、
 緩いスピードで振った時、上手く行かない、
 になっちゃうので・・・
 やっぱり こすり打ち、すくい打ちは改善するのが
 ベターって回答に辿り着いちゃうんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「長さ のメカニズム について
 あんまり 考えている人は少ないでしょう?」
ドライバー入射角度
受講生「はい。
 飛ばすには 長く長く
 兎も角 長い方が飛ぶ と妄信されている方が
 多いんじゃないですかね⁈」


店長「まあ ルールもあるんですけど、
 一旦 長くなっても、またドライバーの流行で
 短くなったりもします。

 20年前には 少しですが
 48インチも流行りましたし…。

 ヘッドの性能が ロースピン系が強まっている、
 ロフト角度との兼ね合いもあるけれど
 長くすれば そのまま 飛距離になり易いのは
 ボールの高さ、浮きに不安の無い
 つかまえられる人にとって
 で
 元々 弾道が低めのつかまえられる人や
 こする人にとっては 
 長いばかりが良い訳ではない
のです。

 昔であれば ドライバーのスピン量は 2800回転 位が
 良好な状態だったわけですが、
 ドライバーに性能が限界に近付いているので
 2500回転を切ったような球 でないと
 より一層の飛距離は望めず、
 ごく一般のアマチュアであっても 2000回転を切ったような
 そんな状態も アリ 
になっています。
video_Slomo_Moment

 ヘッドスピードなんて言うのは
 トレーニングしても そんなに上がりませんし、
 体力 というよりも クラブさばきの良し悪しの方が
 影響したりするんですね。
 ヘッドスピードは変らない、
 ボールスピードはロフトで決まっちゃうんですけど、
 自分の ヘッドスピードや回転量に対し、
 何でもかんでも 速いボールスピードが良い訳では無いですから
 適切なボールスピード、
 繰り返し 出すことの出来る平均のボールスピード、
 それを使って よりボールを飛ばす には
 入射、ドライバーの場合は仰角、アッパー度を
 自分の振り方、ロフト、スピードに適したモノにした方が良く、
 長きゃあ飛ぶ みたいな 物量作戦の時代じゃあないです。」

受講生「なるほどねー。」

店長「ヘッドの 低スピン化がかなり進んでいる、
 重心の高さ で言うと
 ヘッドの厚み に対し、ソール分(下)をゼロとして
 クラウン分(上)を 100とした時、
 55〜60 位の位置 が平均値なんですけど
 60オーバーを高重心、
 55アンダーを低重心 としていますが、
 50当たり
のドライバーもかなり存在します。

 コレ 間違ってはいけないのは
 よく 重心位置よりも 上の部分を有効打点、
 重心よりも上で打つとより低スピンになる、なんて言う
 フェース面状のボールの当たり場所 で計るケースがありますけど、
 ウソじゃないけど 低スピンの核心ではありません。
ドライバーの入射角度114

 重心の位置、重心の高さは
 インパクト時の ボールとの位置関係、
 フェース面状の打点とか
 インパクト時の作用 ではなく、
 インパクトにどう進入してくるか を
 決める要素としての方が 遥かに影響が大きい。

 単純に 低い方が 緩い入射角度になり易く、
 その結果として スピンが減る、
 高重心の方が キツイ入射になり易く、スピンが増える、
 その 数値割合でしか ありません。
 フェース面状の ボールの当たり場所なんて
 おまけに過ぎないんです。



 
 低重心化しても それを使えるようにするには
 重心を深くするか、ロフト角度を大きくするしかない、
 クラブを長くするという手もあるんですけど、
 これは スイングのタイプによって 真逆の結果もあるので
 一概には効果が出る とは言えない。

 ロフト角度は 多くの人が大きくしたがらない✋

 となると 重心を深くして インパクトロフトを増やす手を
 採用するんですけど、
 コレって より入射角度を緩く、アッパーをキツクする可能性を
 兼ね備えているので ちょっと怖いんです。

 また ウッドヘッドの形状 の 重心の関係は
 低い重心にすると シャフトの近い位置に重心が寄ります。
 重心が短くなって行くのですね。

 それに加え 重心が深いですから 重心角度が付く。
 つまり ヘッドが前に出た時、ヘッドが左を向き易くなる訳 です。

 それって 実質ロフトを殺してしまうので
 より ボールの高さが取れない可能性が生まれる。

 こすり打ち してるんだけど
 持ち球はフック気味、ドローなんて人が
 最近のドライバーを使うと 途端に距離が落ちる、
 なんて 事例がすごく多く発生しているんです。
2021-04-17_15

 おそらく…なんですが、本当は適切じゃない、
 オーバースペックな シャフトの硬さ も
 ヘッドの性能が出切らない、ロフトが立ち難い、
 シャフトが硬くて ヘッドを返し切れない(ロフトが死なない)
 こする性能を殺さない と言う意味で使われている
 のだと思います。 あとあと出る副作用は大きいですけどね。 」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ