◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「ちょっと繰り返しの内容になってしまいますが、
 重心距離の長いモノ 大きいモノ 面の長いモノ

 例えば アイアンであれば
 現在は軽量スチールシャフト 小振りな軟鉄が
 主流に販売されていますから
 アイアンの重心距離の平均値は 35と言ったトコロでしょう。
IMG_0491
 では 40个離皀になるとどうなるか、と言うと
 一般的には 35个茲蠅40个諒が
 回転が鈍い と考えられ、
 それが原因で 右に出易い、スライスし易い と思われガチ、ですが、
 本当の意味は
 重心が直線状に揃おう とした時に
 垂れるヘッドの量(トゥダウン)、シャフトの垂れ幅が大きく
 インパクトライ角、総合的な、立体的なフェース面が
 重心距離が短く シャフトの垂れ具合が少ないモノに比べ
 右を向き易い、右を向く可能性が多いから
 です。

 似ているような 気がしますが、
 打つ前、振る前、使う前の思い込み としては
 意味がかなり異なる
と思います。 

IMG_0489
 重心の高さ
 アイアンでは 低重心の方がやさしい と思われていますが、
 一概には言い切れないのです。
 多くの方は インパクトの際、
 その重心位置、特に低重心が 何かの『魔法』をかけ
 ボールに作用する と薄っすら思っている方がいますが、
 重心の高さ に限らず、
 重心位置全般、重心距離も重心深度もすべて
 運動させた時 の 力学的、科学的な作用です。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)
低重心のクラブを持つと
 打つ人間が ボールが上がり易い
 この場合は打ち出し角度が取り易い、高くなる ように
 クラブを動かすようになる
 が正解です。

 インパクト時の ボールに対する重心の作用 が
 重心位置の作用が『皆無』とは言い切れないのですが、
 思っているような 低重心だからボールが上がる、
 なんて 直接的にボールに働きかける作用効果 は殆どありません。

 構えた時、ソールした時、
 当然ですが、ロフト角度・坂が存在する為
 高い部分(トップエッジ)よりも
 低い部分(リーディングエッジ)の方が
 前(ボール側・飛球線側)に出ています。
 
 高重心と低重心の比較論ですが
 高重心のモノだと 作用点(シャフト)に近いこともあり、
 効果ソノモノが薄め になりますが、
 低重心に比べ ヘッド全体が前に出ようとします。
 一方、低重心のモノは 作用点から離れている為、
 効果ソノモノが濃い目で 
 歯(リーディングエッジ)が前に出て行く、
 フェースが上を向いていく、
 それにつられ ヘッドが上に行こうとする
 効果になっていきます。

 
 重心の深さ と大変似ていますし、
 クラブは構造の制約上、
 低重心のモノは 深重心になり易いですから 余計ですね。
10003407_290033064486765_134308500_n
 また ボールが上がり易い のは
 スピンが増える ではなく
 スイングの軌道が緩くなり 打ち出しが上がる、
 スピンで言えば 逆に少なくなります。
 ボールは上がるのに 止まらないような球になる のです。

 アイアンで言えば 低重心、深重心になって行くほど
 性格がウッド化していきます。

 若い方は想像もしていないと思いますが、
 私達よりも上の年齢(50歳オーバー)のゴルファーは
 上がらない、球の高さが確保出来ない で
 悩んでいる人が大変多いのですが、
 その方に 上がり易い筈の『低重心』のクラブを渡すと
 より一層上がらなくなる場合が結構、あります。

 地面からボールを打つ場合、
 高重心のモノが良い✊ なんて 決して言えませんけれど
 誰も彼もが 低重心、深重心にすれば良い とも言えません。


 特にストロングロフト、飛び系のアイアン は注意が必要です。
 アイアンのロフトを 少なく(ゴルフ用語ではストロング化と言います)
 例えば 7番アイアンで24度なんてモノ もあります。
 (一般的には 32度前後です)
 24度のロフトが 番手の番号に限らず
 アマチュアのスピードでは なかなか厳しいロフト です。

 それが打てる・使える ッテコトは
 かなりの低重心、かなりの深重心 は必須条件でしょう。
 低重心+深重心+ノーマルロフト では
 上がるだけの『飛ばない』アイアンになりますから売れません。

 さらに 通常のモノよりも かなり長め のクラブになります。
 (本当は4番アイアンなんだけど 表記を書き換えただけ とも言えます)
😵もうお気づきの方も居ると思いますが、
 飛距離を出す為 よりスピン、回転を減らす方向に
 ほとんどの機能がそのために使われています。
 ヘッドスピードも高くないアマチュアが対象になる訳ですが、
 元々 緩めの入射角度、場合によってはあおり気味 に
 アイアンも打たれる方が少なくない。
 そこに てんこ盛りに 入射角度を緩く、
 スピンが減る要素満載にしたら
 アイアンなのに失速、揚力を失ってしまう可能性があります。
(つかまった球 VS こすった球_Moment(つかまった球 VS こすった球_Moment(2)





 一般的に✋ですが、
 「ボールが上がらない」と
 より インパクト、インパクト以降で
 ヘッドを上げようと、高くしようと修正、調整します。
 クラブの機能、機構もそうですが、
 「ボールを上げる、高さを出す、高さを維持する」は
 スピンと打ち出し角度、そしてボールスピードとの兼ね合いです。
 この場合の多くが 打ち出し角度〇 ボールスピード△
 一番の問題はスピンが足らない
(そのボールスピードに対して なので
 インパクト以降に ヘッドを上げようとする は
 イコール より一層入射角度を緩くする、
 行き着くトコロは〜あおり打ち
 より逆効果になるのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ドライバーもそうなんですけれど
IMG_0524アイアンのライ角度調整の依頼って結構あるんですね。」

質問「はい。」

店長「シャフトの硬さ〜柔らかさが適切で
 ヘッドの重量もある程度しっかりしている、

 そして、フェースローテーションせずに
 インパクト時、ちゃんと 重心の位置が
 棒、シャフトの延長線上に垂れ込む
 ように使っている人の場合、
 ソールの傷跡の箇所、トゥ〜ヒール方向 と
 フェース面上の打痕、トゥ〜ヒール方向 が
 合うんですね。
 揃っているというか…。
IMG_3232
 ソールの傷跡が トゥ側に寄っている、集まっている時、
 フェース面のボールの跡も トゥ側に多い、
 ですので コト当たりや方向性に関しては
 ライ角度の調整が有効なんです。
IMG_3235
 ところが フェースを回転させて使う、
 意識はしていないとは思いますけれど、
 重心位置が棒・シャフトの延長線上に来ない、
 重心距離〜重心位置のズレをそのままで
 ボールを打つ人の場合、
 ソールの傷跡とフェース面上のボールの跡が
 全然揃っていないんですね。
 多いのは真逆な跡、
 ソールはヒールに傷跡が集まっているのに
 フェースはトゥ寄りにボールの跡が多い、
 または その反対か。

001この場合だと 当たりや方向性を
ライ調整ではどうにも出来ないんです。

そう言うタイプの方は総じて ヘッドが垂れてくれない、
硬いシャフトを使っているので
そうなり易いのも確か、なんですけれど…。


 今のクラブは ヘッドの慣性モーメントが高いですから
 フェース面上のどこに当たっても
 方向性や距離の増減の差は少ないですけれど、
 その慣性モーメントも 重心位置が
 棒・シャフトの延長線上に揃った時、
 ミスに対する寛容性を発揮します

 数値として 3000g/2 などと表記されますけれど
 この数値が大きい程 ミスに対する寛容性が高い
 ヘッドの推進力が強い なんですけど
 その数値は 重量点が揃った時 のモノで
 ヘッドを回転させて、重量点をずらして使う場合、
 ヘッドの動かし難さ、回転し難さ、使い辛さ
に変わってしまいます。

 この50年の ゴルフクラブ・クラブヘッドの進化は
 その慣性モーメント と ボールの上げ易さ 
です。
 ボールの上げ易さ は どこかの記事 で書いていますけど
 ヘッドの大型化、重心の低さ、深さによって
 入射角度を緩くして 打ち出しを取らさせる、
 (打ち出し角度が取れる ではなく 取らさせてる)
 重心の低さ、深さが ボールを上げているのではなく、
 重心が低い、深いと ボールに対する
 ヘッドの入射角度を緩くさせている、
 ある意味 疑似的な『長尺化』しているコトが
 一番のポイントなんですけれど、
 フェースローテーションをする、
 重量点を揃えない人は元々 入射が緩いんですね。
016
 入射って緩くなり過ぎちゃうと
 ボールの飛び出る角度が増えますけど
 スピンはどんどん減って来ちゃいます。
 若くて ボールスピード、ヘッドスピードがある内はいいですけど
 怪しい領域に入って来ちゃうと
 飛び出る角度は良いんだけど
 スピンが少ないから 浮力が維持出来なくて
 失速って言えば良いのか、
 理想的な最高到達点まで行き切らなくなっちゃいます。

 それ、ある年齢、50歳を越えてくると
 ボールスピード、ヘッドスピードが怪しい領域に
 遅かれ早かれ 必ず入ります。

 ボールが上がり難くなる、上がらない、
 ショートアイアンだけでなく
 ウエッジ、アプローチショットでも ボールが止まらない、
 そうなる日が来ます。
      ……来ないといいですけど🙄

 本来、クラブのスペック、その向上、進化は
 私たちのお助けスペック である筈なんですけど
 それが『正しく』使われていないと
 身体能力でカバー出来なくなった時、
 その向上、進化が逆に働いちゃうんです。

 重心位置にしても然り、
 慣性モーメントにしても然り、
 典型的…象徴的なんですけれど
 シャフトの柔らかさにしても然り です。
 しなったシャフトが しなり戻って ボールを弾く…
 シャフトが『仕事』してくれる と思ってる。
 そうじゃないです。
 シャフトが柔らかいと 自分が『起こす』『しちゃう』
 『なっちゃう』コトが 変化を生んでるんです。
 対ボールに対しては 重心位置は何もしてくれません。
 重心位置は 打つ人に働きかけているんです。
 自分の動きや動かし方の『変化』を誘発してるんです。
 クラブの機能の殆どが ボールにではなく
 打ち手・自分に作用しているんです。
classic_club_display_pic5
 技術的な部分よりも
 おぼろげに思っている クラブの使い方、
 クラブの機能の『間違った思い込み』から始まっている
 可能性が非常に高いんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そもそも 重心位置の効能を誤解しているんじゃないか
 とおもうんですね。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522
 例えば ですが
 重心が深い というのは
 『正しく』ゴルフクラブを使った時、
 インパクト時 その重心深度分、ヘッドが
 前に出ようとします。

〇握っている棒と重心(重量点)が揃おうとする
 と発生するコト、起こるコト
 が 重心の効果です。
 なんとも 掴みドコロが無いかも知れませんが、
 重心は 重心の位置ソノモノの効果では無く
 それによって『起こるコト』が効果なんです。

 ですので 同じロフトであっても
 フェアウェイウッド・ユーティリティ・アイアン
 長さの効果も相まって
 一番 重心の深いフェアウェイウッドは
 ボールが一番高いトコロに到達するのが早い
 スピンは少ないんですけど 上げ易い んですね。
スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)
 これは 左右の重心距離でも同じで
 握った棒、遠心力の掛かっている軸線に
 重量点が揃おうとする、
 別な言葉に変えると 重心距離分、シャフトがトゥダウンする、
 その分、インパクトライ角が下がるから
 左に行き難い、右に行き易い、スライスになり易い、
 というのが 重心距離の長いモノの正体 です。

〇どの道、左右であっても、上下前後であっても
 握っている棒、掛かっている遠心力に対し
 重心点は揃おうとする、
 動かしていない時はズレている 重心位置 は
 運動させたとき 揃おうとする働き
 それによって発生するコトが
 重心位置の効果、つまり ヘッドの特性、個体差なんです。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7
 プロも 重心が短い小振りなヘッドを好む場合、
 フェースターンして使おうとは思っていません。
 重心が長い はだいたいの場合👉重心が深いとイコールですので
 その効果によって ヘッドに先にボールを打たれてしまう、
 重心深度分 ヘッドが前にでようとしますからね、
 それを嫌っている のです。
 重心が浅ければ 自分のタイミングでボールに触れますから。

 唯一、ティーアップして使え、ロースピンで問題の無い、
 厳密なスピン調整の必要のない
 ドライバーだけが 重心の深い、重心の長いモノ でOKなんです。」


質問「…全然、考えていたことと違います。

店長「でしょうねー。

 重心位置はなにがしかの作用、を
 ボールに掛けるんでは無く、
 打ち手の使い方やシャフトにかけて
 それによって ボールが上がり易くなったり
 つかまり易くなったりするんです。

 決して ボールに魔法をかけているのではないのです。
2388c2a5
 おそらく…ですが、誰からも習ってはいない、
 だけれど カタログを読んだり、ゴルフ雑誌を読んだり、
 そうしている内に 自然で自分で呪文をかけてしまっている、
 それが スイングを造る 元の考え というか
 ベースになっている可能性は否めない、と思うのです。

 これはアマチュアに限らず、
 ゴルフ雑誌関係者、レッスンする人、
 ゴルフクラブを売る側も 結構、勘違いしています。
 間違っている…と言うより
 おぼろげに考えている『クラブってこう使うんじゃない⁈』が
 実は かなり大きな影響を及ぼすんです。


ゴルフクラブの『本来の』性能は
グリップ、シャフト、にかかる遠心力の延長線上に
重心位置、重量点が来る、
重量が揃うことによって 発揮されます。


 ですので それが揃わないような使い方は
 ゴルフクラブの性能を殺してしまっている
 と言って良いでしょうね。

 それを目指すのが ゴルフスイングの習得 と思います。
 で無いと ゴルフクラブの性能、ヘッドの性能、
 個々の機種による特性、重心位置の違いは
 単なるバッヂ、飾り物でしかなくなってしまいます。



✊重心が揃う と考えると
 ウエッジのバンス角度であったり
 フェアウェイウッドのソールであったり
 そう言うモノが見えてくる と思います。

 スイングが先なのか、クラブに対する知識が先なのか、
 ソレが相まって 誰にも教わっていないのに
 いつの間にか クラブはこう言うモノ、
 スイングはこう言うモノ って刷り込んでしまっている、
 私は ここら辺が スイングに、スイング創りに
 及ぼす影響はかなり有ると思うんですね。

 ヘッド・フェースは回転させて使うモノ
 重心位置とシャフトやグリップはズレている✊
 って思い込んで スイングを造るのと
 重心は揃うモノ✋ と思い込んで
 スイングを造るのは 真反対とは言いませんが、
 出来上がるモノは全然別なモノ になります。
 棒でダイレクトにボールが打てるのと
 L型のズレがあるモノでボールを打つのでは
 当然、打ち方も同じにはなりません。

((((((((_Moment
 当たり前ですけれど、万物の法則、物理の法則に
 乗っかっている方が チカラも少なくて済みますし、
 繰り返せる可能性も高くなると思うんですが、
 わざわざ 難しい技術の方にトライしている…
 ゴルファーも少なく無い❓ と思うんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「少し古い考え方で
 今はだいぶ変わってきている とは思いますけど
 よくプロゴルファーが言う
 ボールをコントロールする、
 コントロールし易い
 まあ、例えばアイアン って
 アマチュアの考えている部分と 多分 90度違うんですよ。
 誤解している、間違えてる と思います。」
FinfaZ7UAAAnu8v
質問「え⁈」

店長「アマチュアが考えている
 ボールをコントロールする、って
 概ね スライスとか、フックとか
 ボールの横の回転だと思うんですね。
 意図的にフックさせたり、スライスさせたり とか。」

質問「違うんですか❓」

店長「用具に絡んでいうなら 違います。

 プロがしたいコントロールは
 スライスとか、フックとかではなく
 縦の回転
(スピンコントロール)なんです。
IMG_0082

 スライスとか、フックとかは
 概ねセットアップで決まりますから
 その回転量、曲がり幅は クラブの性能もありますけど
 重心距離が長い、短い 小振りなヘッド、大ぶりなヘッド
 であっても大きな違いはありません。

 プロがしなくてはならないのは
 これから打つ球を
 スピンで上げるのか、打ち出しで上げるのか、
 状況によって 変えなくてはならない。



 ゴルフクラブ、アイアンですと
 ある程度 形に制約がありますよね。
IMG_0079
 ヒール側(手前)の方が低くなっているとか、
 トゥ側のソールが広がっているとか、
 『アイアン!』って形状には
 常識的な制約があります。
 それを無視すると 売れない、
 手に取って貰えないですからね。

 そう言ったコトから
 重心距離が長いモノは総じて低重心で深重心になります。
 それに比べると 重心距離の短いモノは
 重心も高めになりますし、浅い重心になります。

 ウッドでなら良いんですけど
 アイアンになると 低重心・深重心 のモノは
 スピンが少なくなります。
 ✋ボールは上がり易いですけど
 それは スピンが増えるから では無いんです。
 言うなれば アイアンのウッド化、
 性能として ウッド寄りのモノになります。

 スピンが少な目、スピンの入り難いアイアンは
 弾道のコントロール、操作性が低いんです。
332410791_753334676454820_1789299170795007506_n
 アマチュアは 左右の横のスピンを掛ける為
 重心距離の短い 小振りなアイアンを選ぶ
 と考えている人が多いですけど、
 本来の意味は 横 では無く、縦の回転
 高重心、浅重心のモノを選んだ結果、
 それが形状として 小振りで 重心距離の短いモノ
 になっただけなんです。」

質問「うわー そうなんですね。」

店長「そもそも なんですけれど
 例え プロであったとしても
 低いスピンの入った球、
 高いスピンの少ない球、
 右回転の多い球、左回転の多い球、
 それらは 打つ前、
 セットアップでそうなるようにするだけで
 いつもと違うスイングをしよう とか、
 動作が始まってから どうこうしよう、
 などと考えている例は 多くありません。
 危険度が高過ぎます。

 ところがアマチュアの場合、
 右に曲げる、左に曲げる を
 動作が始まってから 何かする と
 思っているフシがある。
 アマチュアの方が 難しい選択をしている可能性があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「クラブヘッドには重心位置ってあるじゃないですか❓
 これの機能、効能などを教えて下さい。」


店長「はい。
 ゴルフクラブは 他の打撃、ボールを打つスポーツの用具としては
 少々 異質で 打撃点が握る棒の延長線上に無い
 ズレた構造、L型の形をしています。
445TL-3
 重心位置とは ヘッドの重量の中心点 で
 ウッドの箱型形状であっても
 アイアンの板型形状であっても
 この重心位置が 各機種の個性、特徴とも言えます。」

質問「ズレた位置にある、そのL型形状だから
 ボールを打つ 他のスポーツ用品と使い方は異なるんでしょうか❓」


店長「微妙です。
 
 シャフトの硬さ(柔らかさ)、そして使い方にもよりますけれど
 適切な柔らかさのシャフト、適度なヘッド重量がありますから
 いざ ボールを当てる時には それが揃う、
 つまり 握っている棒の延長線上で打つコトも可能です。
Image20201006185024 (002)
 要は 打つ方、使う方がどう考えているか によると思います。

 一般的な用語で言いますと
 重心位置 の中でも
 『重心距離』とはフェース面上での計測になりますが、
 シャフトの軸、シャフトから重心位置がどれだけ離れているか、
 を数値で表し、平均的ではありますが、
 ウッドですと40弌4センチ位
 アイアンですと35弌3.5センチ位離れています。」

質問「ウッドの方が長いんですか❓」
IMG_NEW
店長「理想と言えば、クラブが長く重く感じ易いウッドの方が
 アイアンの重心距離よりも 若干短い 位が使い易いです。
 ドライバーは販売の回転・サイクルが良いけれど、
 アイアンは売れない が引き起こした
 売る側の都合による問題 と言えるでしょうね。
 
 とは言え、人間の感覚的な問題でもあるので
 ヘッドの重量、クラブの重量、シャフトの重量、シャフトの硬さ
 などで 調整は可能と思います。 

 一般的な総評ですけれど、
 重心距離が長い方が ヘッドの廻りが緩やか、距離は出る、
 安定性が高い、
 重心距離が短い方が ヘッドを回し易い、コントロールできる、
 と言われていますが… そう概ねどこのメーカーのカタログ にも
 書かれていますけれど、 半分嘘で、半分本当です。

 重心距離に関して 根本的に ヘッドは回して使うモノ
 みたいな示唆が内包されているのですが、
 実際には 廻さずに使う人も居れば、廻して使う人も居ます。

 
 重心位置が長い、数値の大きいモノの方が距離が出るのは
 実質のクラブが長くなる、ヘッド重量が重くなるのと同じ、
 というコトです。

 ヘッドは回転させて、フェースターンをさせて使うモノ
 だと限定すれば 重心距離の長いモノ の方が
 フェースターンは緩やか、遅くなりますから
 飛距離は出難くなると思うんですが
 ソコに疑問を感じる人は少ないようです。」

質問「そう言われれば そうですねぇ…。」

店長「私としては、ハミングバードとしては
 ゴルフショットに、ゴルフスイングに
 クラブターンはあっても、フェースターンは要らない、
 ほぼ一切必要ない と思っていますが、
 そうでない方へのアドバイスですが…。

002
 👉勘違いしがちな部分が多いですけれど
 ヘッドを廻して使いたい人は 廻し易い重心距離の短いモノ、
 ヘッドを廻さずに使いたい人は 廻し難い重心距離の長いモノ、
 と使った方が良い⁈ と思っていると思いますが、
 実際には反対、逆です。

 ヘッドを廻して使う人 にとって 小回りの利き易い重心距離は
 微妙なズレが生まれ易く 同じ球が打ちにくくなります。
 小回りの利かない、ヘッドターンの融通が利かない 重心距離の方が
 一定したヘッドターンになり易いです。

 一方、ヘッドターンをしないで打つ人は
 シャフトの硬さ にもよりますけれど
 握る棒の延長線上に重心位置が来る、
 握る棒と打撃点が揃うので
 重心距離の差が 球筋に出にくい傾向にあります。
 重心距離が長い は ヘッドが若干ですが重い と同じですので
 シャフトの運動量が若干増える程度です。

 重心距離の短い、小回りの利き易いモノ でも
 ヘッドを廻さないので 関係ありません。
 どちらでも問題ないと言えます。

 そう言った傾向から ヘッドターンをしない人は
 硬くないシャフト、垂れるシャフト、
 ちゃんと 棒と打撃点が揃うような 柔らかさのシャフトを
 使い傾向が強いとも言えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右打ちの場合ですけれど
 テークアウェイ、トップの右向きって
 結構、利き目が影響あるんですね。」

質問「利き目❓」


店長「ええ。双眼鏡じゃなくて、
 単眼鏡、望遠鏡を覗く側の目ですね。
dominant-eye-1200x630
 両方の手の指で枠を作って
 何かの対象をその枠に入れた時、
 普通(両目)に見ている時と 片目ずつ閉じた時、 
 両目と同じ見え方のする側の目 が利き目です。」

質問「右…ですね。」

店長「日本人の場合、右が利き目の人が多いです。
 割合で言うと 6割〜7割は右の利き目じゃないですかね。」

質問「それと何か関係が❓」

店長「右が利き目ですと
 右を向いてしまうと 視線が切れてしまうというか
 ボールが視界から消えてしまう というのも
 右向き不足になる原因のひとつと言われています。」
(回転とフットワーク_Moment(3)
質問「ああ 確かに…。」

店長「視界の中にボールをとらえておく のは良いとしても
 真ん中では無く 左に移す、
 場合によっては 左めで見る意識を持っても良いかも知れません。
(回転とフットワーク_Moment
 まあ 正直、ボールなんて『見てなくても』打てますし
 見ていたから 素晴らしく良い結果が出ていれば
 世界中のゴルファーはスイングやショットに悩んでいないですよ。
素振りのイメージが造り出すスイング_Moment
 あとは歳を取ってくると
 肩を廻す 〜胴体をひねる って言うのが
 無意識ですが恐くなります。
 ゴルフに限らず、誰しもが痛めた経験ありますからね。

 ですので 肩では無く 骨盤、
 男性で言うと 秀二(隠語)を右に向ける意識も有効と思います。」

質問「骨盤ではなくて❓」

店長「女性の場合、生理的なモノなのか分からないですけれど
 骨盤 って意識が割とはっきりあるみたいなんですが、
 男性にはそれが薄いように思えます。
 秀二であれば 非常に意識が強い😵 でしょうから
 しっかり 秀二を右に向ける周り方に
 徐々にシフトしていった方が良いと思います。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment
 肩を廻そうとすると
 上半身の中だけでの処理になりますから
 どうしても 腕やクラブの重さ、運動の勢いで
 したくなってしまいますが、
 胴体丸ごと、骨盤から上を右に向ける場合では
 主に足の運動になりますから 勢いが要りません。
(_Moment
 背中の張り を右向きの目安にするのではなく
 向き差が出来る、骨盤と大腿骨の辺り、
 お尻から太もも、主に裏側になると思いますけれど
 ソコの張り を 右向きの目安にすると良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「外から入ってきているように見える軌道が
 インサイドからに変わったように見えます。」


店長「その通りですね。
 この方が、と言う意味ではありませんが
 例え 手で振っているとしても
 右向きがある程度あれば、
 無いよりも、少ないよりも
 ダウンスイング〜インパクトまでの
 クラブや腕を通す『空間』と『時間』を稼げます。

 正しい意味ではないんですけど
 一般的に言われている
 インサイドから って
 右向きがないと その空間無いですからね。

 ラウンド後半、疲れが出てくると
 ボールが飛ばなくなる、つかまりが悪くなる、
 スライスする…  からだが疲れて来て
 右向きが足らなくなる と
 この逆になる訳ですよ。」

質問「ありがち…。」

店長「練習で出来るコトの3割減がコースとも言われます。
 練習の7割位しか 右を向けない のですから
 顔を動かす、視界をコントロールする で
 『右向きの量的改善』はとても有効です。
 機能も書きましたが、リズムも早くなりにくいので
 馴染ませると とても良いと思います。

 練習で出来ても コースでは… って言われますが、
 素振りで出来なければ 練習でも出来ません。
 練習でも出来ないことを コースでやれ って言われても
 無理があるでしょ。


スクリーンショット 2023-03-12 213847


 違和感は当然あるでしょう。
 治す は 変える ですので
 違和感があることは当然です。

 治したい動き、変えたい動きって
 今までのゴルフ人生の中で
 一度もやったコトの無い動きだったりするのです。

 誰もが体験、経験があると思うのですが、
 変えた、凄く変えたつもり・・・ だったのに
 写真や動画を見ると ほとんど変化がない😵😵😵

 こんなんじゃぁボール打てないよ。
 こんなのゴルフスイングじゃない。
 って位 超大袈裟に
 この世のゴルフスイングじゃない ッテ位に
 やらないと 変わらないですよ。

 10センチ、20センチの変更意識では
 ほとんど何も変わりません。
 1m位変えたつもりで 5センチ程度変化が起こります。
スクリーンショット 2023-03-12 213807
 その位 今のスイングが馴染んじゃってるんですから
 イメージトレーニングで造り
 素振りで馴染ませ
 練習でやってみる。
 その違和感が普通に変わったら
 😵もとに戻ったら って意味じゃないですよ、
 奇妙奇天烈なその違和感も繰り返せば
 自分のモノになります。
 そうなった時、初めてコースで出来るようになる んです。

 顔、もしくは視界をコントロールするだけで
 右向きが増え、良いことが多くなる。
 やることは難しくはないですが、
 からだに刷り込ませるには 努力は必要ですが
 とても良いことの多い、デメリットの少ない改善です。
 頑張って馴染ませましょう✊✊

 初めて クラブを握った時、
 あの 奇妙なグリップ・握り方…
 もう馴染んじゃってるでしょ⁈」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ほかには テークアウェイ、右向きが出来るようになる
 なにか ヒントはありませんか❓」


店長「長崎支部長から ヒントを提供して頂いたので
 見てみましょう。😊」

 コチラが添付されていた 支部長のメモ です。

オリジナル

ダウンに入ったら 右向いているうちに勝負

トップで 視界の左端にボールが来る様に バックスイング

スクリーンショット 2023-03-12 213847

37

38

 

これほど 変わるのですねぇー!

 

は 「支部長を真似て」と言いながら
やりにくそうにトライした その時から これまでとは 違う 当たり。

音が 違っていました。

 

本人に見せると 「支部長では無い」と()

スクリーンショット 2023-03-12 213807

コソ練会場では出来ても
コースで実現するのは 時間を要しますネ

 

しかし 「恐るべし 視界のコントロール


店長「多分、視界も含めた 右向き 以外のアドバイスは
 してないと思うんですね。

 にもかかわらず 3日目?では
 スイング軌道、ヘッドの入り まで変わっています。
 無意識だと思いますけど。
 その位 右向きの質と量は重要、効果大です✋

 ゴルフのスイングでのお約束で
 ✊ボールをよく見ろ とか
 ✊頭を動かすな などありますけれど
 スイング動作の中で 頭は
 軸に匹敵する背骨の延長線上 👉後頭部辺り なんですね。

 顔って 頭の厚みがありますから
 20〜30儷瓩 その頭よりも前に出ています。

 もしも ボールを打たない、見ない で
 右を向く・左を向くを動作の主眼としていれば
 どちらも 顔はボールから離れていく のが
 普通なんです。

06ad7076-s (1)
 ボールをよく見ろ では
 間違ってはいないですけれど、
 あまりに凝視してしまうと 習慣的なのか、本能的なのか、
 ボールと目との距離を保とうとしてしまう場合も
 少なくないと思うんですね。

 スイングの種類は色々と有ったとしても
 『十分な右向きは七難隠す』と言われますので
 ボールをよく見ろ や
 頭だと思っている『』を動かさないコトで
 右向きが犠牲になってしまっている人が結構、いるんじゃないかな。」

質問「だと思いますね。」

店長「素振りや練習では 顔ごと
 クラブの移動に伴って 顔も右向ける。

 でも 実際に打つのには
 直ぐには馴染みません。 怖いでしょうし。

 ですので 視界 をコントロールする。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 アドレス時、視界の真ん中にあったボールを
 右打ちであれば 視界の左に、
 左打ちであれば 視界の右に

 テークアウェイからトップにかけて移してあげる。

 右向きの質は兎も角、
 量が増える、
 また 顔を動かす、視界を考えれば
 あわてて テークアウェイ入れなくなるので
 一定なリズムを造るのにも役立つと思います。

 からだを雑巾のように捻じって・しぼって
 『右を向け右✋』なんて訓練(拷問❓)よりも
 遥かに効果のあるドリル・トライだと思いますよ😊😊😊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ショットやスイングの悩みは
あるクラブセットの中に、新たに一本違ったものを
入れた時に起こり易くなります。
まあ よくあるパターンでは
アイアンセットがPWまで…とか、
アプローチが上手く行かないから
ウエッヂだけ別なモノを…、入れたとします。

おそらく ウエッヂだけを変える場合、
多くはバンスの少ないウエッヂを買います。
ロフトを寝かして、開いて打ってスピンをかける
なんていう事を考えたりしますから
単品では そのウエッヂは功を奏する…かも知れません。

思いますが、ロフトを寝かして開いて打つ感覚は
他のショットに当然影響
 を与えるでしょう。
それによって ドライバーが飛ばなくなって来たりします。
まさか!の展開ですから、理由は見えないでしょう。

IMG_0630

ウエッジ単品のモノは
 総じて 『ウエッジだから』 と言う理由で
シャフトが重くなっているモノが多いでしょう。
✋ウエッジだから シャフトが重くなる は悪いコト ではありません。
その多くがスチールシャフトですが、
 スチールシャフトは単一素材で作られている為、その性質上、
カーボン(グラファイト)シャフトとは異なり、
シャフトが重くなる、素材の量の増える、シャフトの厚みが増える、
 は シャフトが硬くなる
 に直結します。

フルショットで使用するコトの少ない、
中途な距離感のショットを多用する ウエッヂのシャフトが硬い のは
 かなり問題です。

シャフトの機能、を勘違いしている人が多いですが、
シャフトの機能は 「ヘッドを」動かすコト ではなく
✋『グリップ』、手元側を動かすコト です。
硬いシャフトは その手元を動かす、誘導、誘発するチカラが薄いため
グリップが下がり切らなかったり、左に誘導され難くなります。
故に 硬いシャフトの方が ボールに届き難くなります。

***自分で試せば 直ぐに判ります。

ボールに届きにくいので 中途な距離を緩く振ろう と思っても
それでは届かない(トップ〜チョロ) になるので
最後、インパクト付近で加速することになります。

また 出来るだけゆったり振ろう としても
それでは届かなかったり、距離が足らなかったり し易い ので
どうしても強く振るコト になります。

打つ距離と振る感じの統一感が付き難くなるのです。
アプローチショット 現場にて_Moment
●アプローチをそこそこ強く振らなくてはならない と
●中途な距離感を打つ
を両立するには 上げる球=ロブショットのようなアプローチ が
必要になるので、ある意味、クラブに球筋を決められてしまっている
のかもしれません。


アプローチショットやグリーン周りの寄せ は
上げる球、転がす球 とその場面に応じて
適切なモノが必要となりますが、
上げる球 は その中でも 特殊な球に属します。
危険度 と 距離感の難易度が高い から です。
出来れば 選択しない方がよい、
それ以外の選択が無い場合に選ぶショットです。

アプローチの環境が判別する前 の時点で
クラブの性質によって その球を選ばせられる は
あまりよろしくないでしょう。

ウエッヂのシャフトは アイアンセットの流れ よりも
ほのかに(微妙に)柔らかく、ヘッドも重い方が
他のショットのへの影響も少なくなりますし、
アプローチでの楽さが上がります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Pin型デール9/L型ブリストルパターの最大の特徴は
そのヘッド重量にあります。
市販の平均的なパターのヘッド重量は300〜330
 Pin型デール9の  ヘッド重量は520g
L型ブリストルパターの
ヘッド重量は480
749d4652

このヘッド重量を活かすのには...
まあ これは普通のパターでもそうなんですけどね

パターヘッドを真っ直ぐ動かす
という事を勘違いしないことだと思います。

ショットやアプローチも同じですが、
一番大切なことは 希望の距離を打つ⇒距離感です
一定した距離を打ち続ける
という事の基本は 同じロフトで打てるようにする
という事です。
IMG_0129
パターストロークでいうところ
アドレスした目線(上から)で パターヘッドを
真っ直ぐ動かすことが重要ではありません。

IMG_0130

このラインから見た時
パターが「出来るだけ」真っ直ぐ
まあ やや斜め上からのラインになる感じですが
この パターヘッドを横から見たラインで
出来るだけ「円」を描かないように
パターヘッドを動かすことが肝心です。

それをするために
第2のこのパターの特徴を利用するべきです。
このパターは市販の平均的なパターに比べると
異様に「シャフトが柔らかく」なっています。
スチールの装着された市販のパターの平均的シャフトの硬さは
 振動数300cpm オーバーです。
Pin型デール9・L型ブリストルの振動数は 170cp170cpm以下 です。
bf312f18

多くのゴルファーが勘違いしている
シャフトのしなりでヘッドを弾く(ボールを弾く)
と言う使い方では このシャフトの柔らかさは
より弾きやすく、同時にヘッドがより円を描きやすく
ロフトが一定して打つことがし難くなります。

ゴルフクラブの使い方の基本は
グリップを移動させることです。
そして その結果、でヘッドを移動させる ことです。
シャフトの役割は ヘッドの重さ、その形状によって
グリップを動かすことにあります。
L字パター修正図面 (002)

ヘッドの重さでグリップを動かす
ヘッドを出来るだけ地面に平行、もしくは
横から見たヘッドの状態で直線に動かす
と言う意識をすると
Pin型デール9・L型ブリストルパターの良さは発揮されると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スナップショット 1 (2013-06-13 15-44)
店長「テークアウェイ、右向きのコツ とまで言えないですけど
 右向き不足を解消する効果的な方法
 今までの体験上、一番効果のある方法は
 『右ひじ(右打ち)を外めに張る(クランチ)意識を持つコト』ですね。」
スナップショット 1 (2018-04-02 11-36)
質問「クランチ❓」

店長「はい。
 腕立て伏せの時に 外に張る感じと言えば良いのか 
 右ひじを下に向けっぱなしにしないように…
 ですので ソレに比べると 右ひじの高さ は
 少し高くなる感じですが、無理に高くする必要はないです。
スナップショット 1 (2013-11-07 19-47)06ad7076-s (1)






 ポイントはふたつ
 右ひじを高くする、外に張る の見かけ上のポイントは二の次で
[章咾鯒韻犬蕕覆
 ハンドルを右にきるように
 腕を捻じって、特に左腕ですね
 手でテークアウェイを取らないコト
△気蕕縫灰船蕕重要で
 
2023-03-02_10-30-37 - frame at 0m4sクランチする真の目的ってトコロですが
からだの向きを変える
この場合は右向き ですが
左肩は飛球線後方で動きますが、
当然、からだはつながっているので
その分、右肩はアドレス時の後ろ、
 背後方向に動きます。
 この背後方向に動くのを 右ひじで誘導・誘発してやるコトによって
 回転を完全系にするのです。
((フットワーク (2)〇肩を廻せ_Moment2
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment







 不完全な右向きの場合、
 『左肩を入れろ』の意識が強い人に在りガチ ですが、
 左肩を飛球線後方、アドレス時の右方向にばかり動かし
 その対になるはずの 右肩・右サイドを動かす意識がないので
 回転にならず からだが前・ボール側に倒れてしまう。
 これでは 深く右向きをしているつもりが
 どんどん体が前に倒れ、アンバランスになってしまう。
加我 (1)
 それを防いで 右を90度とか 角度の問題では無く
 ちゃんとして 芯と言えば良いのか、
 軸のある回転を作ってあげるためのモノ
 右ひじの外、背後に張るクランチ です。

✅一度 ドリルとして 右向きとクランチを
 こういう風にやって頂きたいのですが、
スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





 クラブを右手一本で持ち、
 ヘッドは出来るだけ アドレスの位置、ボールの位置、に残し、
 横に動かさない感じ ですね、
 右ひじの張り で 右を向く。
 微妙にですけれど 胸が開いていく感じ になります。

〇逆に、自分のテークアウェイが如何に
 クラブを振っているか、ヘッドを振っているか も
 分かるかも知れません。



 まあ おまけ ではあるんですけど
 チカラって 腹筋が締まったときに出るので
 胸を開く感じで上げて、締める感じでインパクト
 の方が ボールの耐圧に強いと思うんですね。
201808_Slomo_Moment
逆に 左肩だけ、左手だけでテークアウェイを取ると
トップで 胸が潰れた感じになりますから
ダウンスイング、インパクトで
胸が開いて、腹筋が締まらず
チカラが出ないんじゃないかと思うんです。
 腹筋なんかは 意識してどう、と言うのは出来ませんが、
 意識できる部位で作る姿勢によって
 ソレは変ると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングのテークアウェイ、トップでの
 右向きが足りない、上手く出来ません。
 どのようにすれば良いでしょうか❓」


店長「ありがとうございます。
 大変良い、そして かなり多くの方の共通する悩み
 なんだと思います。

 右向き は
 スイングの最大のエネルギー源
と言えるほど、です。
 十分な右向きは 七難隠す と言われますから
 何度とか角度は気にせず、
 自分に出来る、タイミングの取れる、
 そして 繰り返せる 右向きを覚えたいモノです。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
 本当の、十分な右向き が深くて、たくさんあって
 困ることはありません。
 オーバースイングとは意味が異なります。


 改善策として色んなアプローチ(方法)があるとは思います。
 人それぞれなんだとは思いますが、
 素振りで出来ても、練習場で出来ても…
 というコトが少なくないのでは、とも思います。

 原理主義的(あくまでも)に言えば
 右向きの意味、意義と言うか、
 からだを廻すコト、右を向けるコト が
 打撃・ショットにとっての『必須』であれば
 当然ですが、せざるを得ません。

👉からだを廻すことが 打撃ソノモノであれば
 右を向かなければ、ボールが打てない、強く打てない、
 になりますから 嫌でも『右向き』をするようになります。

 言ってしまえば
 右向きが不十分、上手く行かない、
 でも ボールは打てている、故に
 『特に必要が無いので』右向きが少ない、しない です。
✅実験してみると良いですけれど
 からだの向きをほぼ全く変えずに
 アドレスの向きのまま、
  😵からだは固定したままボールが打てちゃうのか? か、
 そして その打撃は自分の普段のスイングと
 どれだけ似ているか、乖離しているのか でしょうね。」

質問「打てちゃいます…。」

店長「ですよね。
 右向き『だけ』と言うよりも
 からだの向きを変えることが打撃との直接関係に乏しい
 クラブが円を描くのですが、それとからだの向きが関連していない…
 必然性…と言う意味で 極めて薄いので
 なかなか刷り込まれないのだと思います。
 原理主義的…にはですね。
池田康二202520_Moment
 ソコの部分をある程度理解するコトが大切ですが、
 動きや形 結果論的ですが、
 そこからも改善、突破口はあると思います。」

質問「おおおお。」

店長「まずは 自分がどんな 回転をしているのか❓
 を見極めないといけないと思います。
 
 ものすごく大雑把ですが
 ]咾世韻撚鵑辰討い
 胴体を捩じって 肩 ではなく 肩部・胸部を回している
 ➂主に足をつかって 胴体、骨盤から上を回している

 だいたい 回転のタイプは3つ
 ,脇匹鵑濃のごとく ですが
 △廊,畔9腓薫廚、疲れてきたりすると
 その割合が,諒に寄ります。
 ➂も△畔9腓薫廚い任垢、私たちの年齢(50歳オーバー)では
 比較的 安定し易い傾向にあります。
((((((((_Moment
 処方箋として
 ,両豺隋▲淵鵑良塋悗盍兇犬討い覆い里任△譴
 何もアドバイスはありませんが、
 改善したい、治したいのであれば
 処方箋レベルではなく、手術をする位のつもりでいて下さい。

 △両豺隋↓ 弔猟磴😵に流れやすいので
 の要素を取り入れて 補助を入れた方が良いと思います。
 疲れてきた時に 肩部・胸部ではなく
 肩(ソレは腕の一部)を廻してしまい易い、
 回り難くなった時に 腕やクラブの重さ、その勢いで
 からだを捻じる傾向がありますから
 ソコを の脚に移してあげるのが良いと思います。
(_Moment
 若い人は別ですが、アマチュアにとって
 理想的なからだの廻しです。
 多少、胴体をひねる△混じって良いと思いますけど
 基本は脚に頼れますので、一番 長持ちします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スライスを打っている自分には
 スイングの溜め はあまり良くない…ですか❓」


店長「基本はそうなります。

 しかし、卵が先か、鶏が先か、 で
〇ヘッドを返す為に 開いて上げているのか、
〇開いて上げちゃうから ヘッドを返す、

 まあ手先で ヘッド、クラブをボールの方に出しちゃうコト
 を指す訳ですけれど
 その人なりの スイングの溜め(ヘッドの遅れ)を造って
 それを取り戻す(もとに戻す) が
 スイングそのもの になっている人も少なくない です。」
202252_Moment
質問「その口…ですね。」

店長「スイングの溜め 〜ヘッドの遅れ を
 フェースやロフトの開き にしないようにする には
 右打ちの場合…ですが、
 ダウンスイングで からだの回転に対し、
 先行する 左腕を伴わせる、
 左腕を動かす為に からだは回す、
 と考えるのが良いのです。
 
〇左腕が遅れる
〇左腕がからだの回転に伴わない
〇左腕が下がらない 
 …ければ
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ はフェース・ロフトの開き
 になりますから
 そこから 時間をさかのぼって考えて
△左腕先行
△左腕だけが上がる
△からだの右向きが無い
 は
 スイングの溜め/ヘッドの遅れ で
 フェース・ロフトを開くために テークアウェイ取っている、
 と言えます。
 
 テークアウェイ、もしくはスイングの初動 の時点で
 ヘッドを返すコト、ヘッドをボールの方に出すコト、
 究極には 手でクラブを振ってしまうコト を
 余儀なくされている と言って良いかも知れません。」

質問「どう治したら良いでしょうか❓」

店長「まずは 自分のスイングの動画 とかを
 一度見てみて下さい。
((((((((_Moment
 テークアウェイで からだの向きに対して
 左腕がたくさん動いている、たくさん上がっている、
 左腕だけでテークアウェイを取っている、

 であれば そのタイプです。

 徐々に✋で良いと思いますが、
 左腕を上げるのを辞める ではなく
 左腕『だけで』上げるのを辞める に行くのが
 良いでしょう。

 左腕が、特に左ひじの移動量に合わせて
 右ひじも移動していれば、動いていれば
 クラブ・フェースは開かない、開き難くなりますから
 まずは 右ひじを外めに張ってみる(クランチ)、とか
 右ひじをやや高くしてみる、とか
 左ひじが移動した分、動いた分、
 動かすコトから トライしてみて下さい。


 そして 出来れば
 右ひじ、右サイド主体で テークアウェイを取る。
 右サイドを動かさず、それを基準に
 左サイド〜左肩を入れる というケースも
 少なくないかと思いますので
 右サイド・右ひじを主体にテークアウェイする。

✋その際、ですけれど
 テークアウェイを取る方向は
 アドレス時の右 ではなく
 アドレス時の背後、
 ゴールとなるのは トップの位置の方向ですので
 右サイドは背後方向に動かす感じです。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s
 右サイドを背後に動かすのと
 左肩を アドレス時の右に動かすのは
 似ているようで 方向が90度違います。
 スイングが 回転と馴染まないのは
 その可能性があるのかな、と思います。

 左肩を入れる と考えている人は
 その『方向』を間違ているので
 手振り・振り遅れ になり可能性があります。

質問「あああああ」

店長「あと最後にですけど
 技術的な部分の問題よりも 勘違いや思い違い
 自分本位な勝手な解釈によって スイングは造られることが
 少なくありません。
 技術的なミスは 思い込み によって造られています。

 まずは 頭で理解するコト、
 思い込みから解放されるコト、
 クラブの円を描くのは
 からだの向きで十分✊
 クラブ、もしくはヘッドターン は
 からだの回転でコト足りる✊
 表面的な知識ではなくて
 頭の奥の 芯の深い部分まで
 ちゃんと認識できないと その初歩的な部分が
 変わってこないのではないか
と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「質問〜疑問があります。
 よく プロはスイングの溜めが有って
 アマチュアはスイングの溜めがない😵
 と言われていますけれど、
 『スイングの溜め』ってどう言うモノで
 どうやったら造れる、出来るのですか❓」


店長「良い質問ですねー。

 フェースローテーションをする場合であっても
 フェースローテーションをしない場合であっても
 ざっくり言って スイングの溜め は・・・・
 
『ヘッドの遅れ』 です。」

質問「えええええ😬」
(jc
店長「ヘッドの遅れに限らず、
 遅れと言う単語は あまり良いニュアンスは無いですけど
 その遅れがどういう状態で
 その遅れをどうするか によって
 遅れは味方にも、敵にもなり得ます


 『ヘッドの遅れ』を嫌うタイプの方は
 ヘッドの遅れ イコール フェースやロフトの開き、
 になってしまって
 ヘッドの遅れ が在ったとしても
 その後に ひと作業以上 やらなくてはイケナイコトがあって
 アマチュアの多くの方が抱いているイメージでは
 ヘッドの遅れ を 取り返そう とします。
202252_Moment
 そうなりますと ヘッドの遅れ が良いモノなのか、
 悪いモノなのか…どちらかと言うと悪いモノ、
 嫌われるのでしょうね。

 ヘッドの遅れは 目で見た通り、
 クラブ〜シャフトのタメと言えば良いのか、
 自分からヘッドまでの距離が近い、
 クラブが短い状態になります。
(jc4(jc5(JC7









 その遅れを取り戻そう とすると
 クラブの長さを アドレスに近い、
 長い状態に戻さなくてはいけませんので
 当然、作業が必要ですし、
 短いまま インパクトに入るのと比べると
 時間もかかりますし、
 道のりも長くなります。

 弊社の悶絶クラブ(重いヘッド&柔らかいシャフト)では
 その遅れは 市販の一般的なクラブ より
 大きくなりますから 取り戻そうとするのも大変、
 ものすごく 重く 感じると思います。


 勘違いされガチ…ですが
 良い意味での『ヘッドの遅れ』『スイングの溜め』
 そのヘッドの遅れを造り、そして取り戻すコト では無く😵
 遅れたまま、クラブが短い状態のまま、
 インパクトに入るコト です。

 ショット・打撃にとって かなり肝心な部分ですが
 ココを勘違いしてしまうと
 スイング・クラブ扱いは 倍々に複雑、難しくなりますし、
 体力勝負、運動性能勝負になりガチ。

 遅れっ放しのまま、短いクラブの状態のまま、
 インパクトに入る。
 その遅れを ロフトやフェースの開きにしてしまうと
 そのまま では 良い感じに当たりませんので
 理想的には その遅れを『ロフトの立ち』にしておけば
 そのまま 入っても 当たりは悪くない。
(jc1
 その遅れを 早く解いてしまう のを
 アーリーリリース、アーリーエクステンションと言いますが、
 少なくとも グリップがブレイクライン、
 自分とボールとのラインを越すまでは
 クラブ、厳密にはヘッドは遅れっ放しのまま、
 まあ 悶絶クラブであれば ロフトさえ気を付けて
 放っておけばよい訳です


 遅れ…まあ スイングの溜め と呼ばれるモノを
 自然現象にするか、
 人為的作業にするか、
 は スイングの分かれ目 とも言えますね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


結構、こういう質問を頂くので
参考になるかと思い、記事にしてみます。



前提とした あるお客様(仮称 大谷翔平さん-60歳)
セットのオーダーを頂いています。

重いヘッド、柔らかいシャフトを通して
中高年でも体に負担なく、楽に飛ぶよう
スイングも変えたい、変わって欲しい と希望しています。

オーダーですので、長さ〜ロフトなどから
ヘッドの重量・仕上げなど 個別設定ですので
完成まで、お渡しするまでに、時間がかかります。
 😵お待たせしている方…申し訳ありません😵
IMG_0361
スイングも変えたい、レッスンもしたい というコトなので
練習用に お創りするであろうスペックに近い
試打クラブ(今回は 6IとSW 2本です)を
完成まで 貸し出し しています。

個別な悩み もありますが、
大概のケース、手でクラブを振ってしまっている、
からだのターンが活用されていない で
そう言う場合、
〇開いたロフト
〇緩い入射
〇疲労による筋力、握力の影響

 が問題になる訳ですが、
一般に ドライバーなどの長物 は
開いてしまっているロフト〜フェースを 返して
使いますので なんとか誤魔化せますが、
返して使わない ウエッジ などは
重いヘッド+柔らかいシャフト が
より よりヘッドを遅れ ロフトやフェースを開かせ
最下点が手前になる、ロフトがものすごく開く、
ダフリ、トップ、シャンク、くぐり抜け など
今の状態では上手く行きません。

フェースを返さない としても
ヘッドを出してしまう、
ボールの方に、下に、手でクラブを出してしまう場合、
重さが増している、開きが増している、為
より ヘッドを出さなければならず
よりダフリ、開き、
また ヘッドを出した時の重さの増し の影響で
本能的に からだを逃がす〜開いてしまったり
伸び上がったりも増えたりします。
〇クラブ扱いの良し悪しが一番表に出るのは
 ロフトの大きな ウエッジ です✊

アプローチショット 現場にて_Moment
その試打クラブをコースで使えば
その前後には 全く感じの違う
軽いヘッド・硬いシャフトを使っているから余計です。

弊社のゴルフクラブの最大の特徴は
重いヘッド〜柔らかいシャフトであることは確かですが、
もう一つの特徴は
クラブが ドライバーからパターまで
似た流れ、似た感じ、似たタイミングで使うコトの出来る

『セットの流れ』を持っているコトにもあります。

ですので その試打クラブ(この場合はSW)で
現状のクラブ扱いで上手く行かない…からと
(気持ちは理解出来るのですが…)
👉ウエッジはセットから外す は
セットソノモノの効果を薄めてしまう では無く
セットソノモノをより難しいモノにしてしまいます。

もしも ウエッジだけ 市販品の
軽いヘッド 硬いシャフト を使うとなると
ヘッド重量では   290 VS 380g
シャフトの硬さでは 330 VS 160cpm です。
まったく違う、別のスポーツの道具と言っても良い程離れています。

ウエッジ以外のクラブは 380g/160cpm
     ウエッジだけ 290g/330cpm
これをランダムの交互交互に使う訳です。

今、自分のクラブ扱いで 試打の悶絶ウエッジが上手く行かない
というのは予想の範疇ですが、
ウエッジ以外悶絶クラブ、ウエッジだけ市販品、
これも 試打クラブ以上に上手く行かないのは保証します。
そして 今よりも 悩みは複雑化し、
年齢からすると どこかを傷める可能性も非常に高いでしょう。



また、クラブ扱いの鏡 である ウエッジ(ロフトの大きなモノ)
今の扱いで上手く行かない・・・
✅スイング・クラブ扱いを変えたい❓ のか
✅今のクラブ扱いを続けていくのか❓❓
 (スイングは変えたくない と言う意味になります)
曖昧な未来になる可能性があります。

弊社の持論(コンセプト)ですが
『スイングはクラブでしか変わりません』
👉その際たる例が ウエッジ(ロフトの大きなモノ)です。

重いヘッドの、シャフトの柔らかいウエッジ は
クラブをちゃんと扱えるようになると
スピン効果も高いですし、
ラフやバンカーにも飛び切り強いです。
また ヘッドの慣性モーメントも非常に高いので
小さなミスが ミスになり難く、
非常に似たような球、弾道を打ち続けるのが
軽いヘッド・硬いシャフトのモノに比べると容易です。
【#ゴルフスイング】 Kさんのスイング変遷 完全通信講座_Moment1
クラブで、スイングで悩んでいる限り、
最後までお付き合いしますので
目先の結果ではなく、もう少し長い未来のコトを想像、
妄想しながら 悶絶クラブを楽しんで頂けると幸いです。
                     店長
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


投稿◆
いつもお世話になっております。


クランチ不足の原因が

しっかり右を向けていないことにもありそうで

初めて「視界移動」をやってみました。

こわいです。とっても。


右を向いて,右が高ければ,上から打てるはず。


記事にあった「上から一気に打て」の意味を噛みしめつつ

悶絶真っ最中です。

映像をみると相変わらず右肘が低いです。

恐怖感や,その時の動き方によって結構視線にばらつきが出ますね。

今日の練習映像だけで相当なバリエーションでしたよ(^^;

おっしゃるように視界のコントロールによって

動きを作ってしまえるんじゃないか?と感じました。

どーんと右を向いて(体も目も),前傾による右の高さをキープ出来れば

このクラブの本来の性能が見られそうで,楽しみです。

〇肩を廻せ_Moment


お手紙有難うございます。
多くのゴルファーは 上半身の上部
肩周りを捻っている・・・つもり なのですが、
その実、腕を横に振っている、だけ になってしまっています。

私達の年齢(中高年)では
胴体をひねる〜肩を廻す は
本能的な…無意識の拒否感が伴い易いので
向き…として からだを廻せていないコト、
右を向けていないコト が往々にして起こります。

ミスの多くは「この回転(向きの変更)不足」
原因であったりします。
特に、現場に出ると 緊張感のためか
テークバックで、クラブの所定の移動
所定の動きを手だけ、肩も含めた腕だけの動きで
取ってしまうものです。

貴方にはどう見える❓_Moment

ボールを良く見なければ なんて言葉も有りますし
体を回す練習をするのに
胸やへその向きと同じく、顔も向きも変えてあげる
というのは とても有効です。

顔の向き、顔ソノモノを動かす のが怖い場合、
視界の中の ボールの位置を動かす…

〇アドレス時 ほぼセンターに在ったボールを
 右打ち〜右向き、テークアウェイからトップで
 視界の左の端に動かしてあげる

 と言うのも一つのアイディアです。

どちらにしても『慣れ』は必要ですが、
右向きを造れれば(出来るだけ多く)
 七難隠すとも言われます。


この練習は 勿論素振りでも良いですけれど
少々長めのアイアン 6番とか7番を使って
30ヤード程度のランニングアプローチの様な
感じで練習すると良いと思います。
出来るだけ クラブ単体は動かさず
体の傾きに応じた 地面に対するフェースシャット
(ちょっとオーバーにフェースを地面に向けるイメージでも
 良いかも知れません)
を作り 体の向きを顔も向きや視線・視界の変化で感じ取る というか
創り出す というのは、いずれフルショットに
良い意味で反映してくると思います。

言葉で説明しますので、イメージしにくいかも知れませんが、
このような 大きくないショットを打つ場合
例えばパッティングやアプローチなどがそうですが
実は、殆どのアマチュアゴルファーは
回転せず、左肩を下げているだけです。
4c9a0689体は柔軟に出来ていますから
この画像のように テークバック(もどき)・・・
肩周りだけを動かす
と一見 右を向いたような錯覚に陥ります。
これを 偽装テークバック、テークバックもどき と言います。

向きを変える と言う動きは
傾きは多少あれど、基本 もっと横の動きです。
傾きを維持しつつ 水の入ったバケツを
右の人に渡したり、左の人に渡すような動きです。

ここが改善されるだけでも、かなり大きく色々改善されますし
これによって フォローも変わってくるものです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



「お借りしていましたドライバー
 を本日コースで打ってきました。

 ドライバーと共にFW7Iも使わせて頂きました。

358101-1

 ドライバーですが最初にメッセージいただきました通り
 練習のボールでは今まで使用しておりましたドライバーに比べて
 球の高さはかなり低くなりました。

 コースの使用においても球は以前より低くなりました。
 低スピンでドロップしてしまうほどではなかったですが
 私の打ち方や技量、ヘッドスピードではもう少しロフトがある方が
 飛距離は伸びるのかな?と思いました。

(総飛距離が今までより落ちた感じではございませんでした)

 

 左右の曲がりに関してはほぼストレート

 右へは一度も出ず左へのチーピンが一発
 (これは単純なミスショットでした)

 コース初使用としてはとても満足な感じでした!

 ありがとうございます。

 

 今日はFWを使う機会も多かったのですが
 ドライバーからの流れがよくこちらもミスらしいミスはありませんでした。

 ドライバーからのセカンドショットが7番アイアンも非常に良かったです。

 その分今まで使っていた軽ヘッド硬シャフトでは
 違和感を覚えてしまう有り様でした。笑

 

 重いヘッドに柔らかいシャフトなので
 身体を使ってスイングができ、
 しっかりフィニッシュがバランスよく取れ何より、
 前回お借りした時も感じたのですが身体への衝撃が少なく
 本日もいいスコアで回れました。
 セットが揃うのが楽しみです。

 

 ドライバーからパターまでの流れが大事なんだな
 と痛感いたしました。

 
 長くなりましたがお借りしたドライバーのレポートでした。




ゴルフバッグの中に
ドライバー
フェアウェイウッドの何とナニ、
IMG_0591ユーティリティが何本、何番、
アイアン、
最近ではストロングロフトのモノも少なくないですから
7番からと言うのも少なくありません。
そして、そう言う構成だと
 ウエッジが4本、場合によっては5本なんてコトも
 珍しくはないですが、

それは クラブの「構成」であって
本当の意味での『セッティング』では無く
言葉遊びのようですが
 『セッティング』の為の土台 と言えます。

ドライバーから 出来ればパターまでが
同じ、もしくは似たような流れにあった方が
ショットの安定性や確率は かなり良くなりますし、
ミスや悩みなどが 自分のせいなのか、
クラブのセッティングの『ズレ』によるものなのか、
混乱し易くなります。

また 若い時、自分の運動性能が高い時は
自分で補えますけれど、
私達の年齢(50歳オーバー)ですと
疲れてきた時やコンディションの良くない時、
セッティングのバラつき ミスショットなどに
顕著に出てしまうコトが
断然、増えてきます。

『セッティングの流れ』の基本は
シャフトの硬さ弊社では柔らかさ…ですが)です。
これは 間違いなく 断言できます。
スクリーンショット 2023-03-01 213224

一般的には シャフトの重量など
あまり 比較する為の対象データが多くないので
そう言うトコロに行き着いてしまうのだと思いますが、
正直、シャフトの重さ は イコール
『人間が感じる、使ってみた時の重さ』ではありませんし、
シャフトの重さ~重量には かならず シャフトの硬さの変化
が付いて回るので 実際には その「付録」の方が肝心なのです。

シャフトの硬さ は 勿論、タイミングを形成する
大きな要素 ですし、
実際に人間が感じる クラブの重さ にも直結します。
硬い〜柔らかい に対応するには
ボールの位置を変えたり… など
実際には ほとんどのゴルファーがなにがしかの対応・対処を
しているのも 一つの答え なのではないかと思います。

シャフトの柔らかさが ちゃんと流れている、
バッグの中にある セットの『シャフトの柔らかさ』が整っている、
 本当の意味でのセッティングで 一番肝心な部分 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の記事の続き…です。


店長:スイング動作の場合で
 右打ちとすると テークアウェイ側 では
 右側への動作の際は
 右腕はからだの動きと直結、イコールと言って良いですね。
 ですので 右腕、特に肘から体側の上腕が
 移動していないのは 右向きになりません。
  まあ ソコは今回の本題じゃあないですけれど…。

 現在の状態では 右向きは十分満たされていると思います。

 続きですが、切り返し、ダウンスイング以降
 左に行く動きの際、
 左腕の動きは からだの動きと直結、イコールに近いです。
 ですので ダウンスイングで
 左腕を動かせ は からだを廻せ と同意語と考えて良いです。
 逆に言えば、左腕単体を動かすのはかなり難しいです。

 また、腕に限って言えば、
 肘から先、前腕や手 は
 クラブの重さの奴隷になり易い(仕方ない)です
から
 自分の意志で はっきり動かすのはかなり難しい、
 不可能に近いです。
 
 自分の意志で動かせるのは
 肘から上、上腕 というコトになります。

〇From USA?だっけ - frame at 0m39s〇From USA?だっけ - frame at 0m44s〇From USA?だっけ - frame at 0m44








 今回の場合ですと
 インパクト、それ以降で 左上腕が動いていない、
 左脇(腋)が締まってしまっているのが気になります。
 あくまでもイメージですけれど
 切り返したら 左腕を下げる では無く、
 まだ からだが右を向いている内に 左上腕は上げる
 でも良いかも知れません。

 ですので シフト 左へのシフト をして『から』
 腕を動かすのではなく、
 左へのシフト よりも前に(意識ですが)
 もしくは 同時(多分、それだと 遅れます
 左上腕は上へ…上げる意識で良いのではないか と思います。

 届きそうにない…
 ですから からだを廻す。。。
 ✊そう言うタイミング、順序になるかな と思います。

 結果として、ですが、それは『下げ』を経て
 上げるコトになりますが、
 からだの向きでクラブが移行出来ていない分、
 手でクラブを出すコトになり、
 その結果、左上腕が締まる
 ターンさせる右腕に縛られる形になってしまっています。



 別なアイディアですが……

もしも……ですが、
あくまでもイメージですけれど
フェースターンをするのであれば
ヘッドを横に回転させるイメージを強く持っていると
それは からだの仕事を奪ってしまい易く
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m1s〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m4s






からだは止まり、腕で振るコトに繋がり易い
 でしょう。
ですので あくまでもイメージ、
実際にやろうとすると 誤解も生み易いですけれど
ヘッドのターン、フェースターンは 縦にする、縦に行う
と言う意識を持つと
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m8s〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m10s





からだの仕事は奪われず、
つかまえの方向に
左上腕が動くような気がします。

縦のターンだから と言って
インパクトで 円の内側にフェースを向けてしまうと
(こする つかまえる_Moment(3)(こする つかまえる_Moment(2)






それも 手打ちになっちゃうんですけど
少なくとも からだの仕事は奪いません。

非常に大きな、緩やかな形で フェースのターンは
縦に行う と思ってよいかも知れません。
 本当にあくまでもイメージですので
 変な誤解も生みだし易いんですけれど
 ゴルフクラブの構造としての ヘッドターン は
 フェースの向き…ターンではなく、ロフトターン と考えた方が
 適切だと思います。
 ヘッドターン イコール フェースターン では
 手で振るからは脱することは出来ないと思います。

✋最終的には フェースターンは要らないんですけど
 ボールを『つかまえる』と
 からだの回転をつなげるには そう言うイメージもアリ
 かな❓と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:「ヘッド/クラブをひきずる」の件

 自分の中では、かなり意識改革は進んでいると思うのですが、
 実際に動画で見てみると、驚くほど変わっていないのに愕然とします。

 

 自分的には、ダウンでヘッド/クラブは既に遅れているのだから、
 そのままグリップは動かさず向きを変更、
 インパクト位置はグリップがブレイクラインを越えた先、
 と考えながらやってます。

〇From USA?だっけ - frame at 0m30s
 しかし実際にはインパクト前にグリップはスローダウン(止まる寸前?)、
 インパクト前からヘッドはグリップを追い越しにかかっている、
 インパクト直後はヘッドが追い越して完全に振ってしまっている という状態。

 
 打ってるときには、意識は相当変えてるつもりですし、
 打ってる球もけっこう良い感じなのですが、
 意識と実際の動きのギャップが理解できないのです。

 
 とくに、グリップが止まってくる感じをどう変えていけばいいのか、
 アドバイスいただけると助かります。


店長:お元気にやっていらっしゃいますか❓

 結果も悪くない… 全体像としては決して悪くは無いと思います。
 仰る通り、ダウンスイングの始まり、
 切り返し後、からだの向き、回転に対し、
 特に、ですが、左肩〜左腕の付け根の『横移動』に対し
 本来、その対象 である筈の 左グリップがソコに残ってしまっている、
 留まってしまっているコトが
 結果として ヘッドを、シャフト・クラブを
 ボールの方に手で出す"形”を誘発していると思います。

 おそらく…ですが、それによって
 ヘッドの入射角度が緩めになってしまっていますので
 現在はややフック回転気味で ソコソコ飛距離も出ている…
 のですが、年齢が進むと それはボールの高さ不足、
 キャリー不足による飛距離低下を招きますし、
 飛ばす、ドローボールの延長線上で ドロップや縦チーピン
 などを生んでしまい易くなるので
 ゆっくりとで良いと思いますが、
 お望みの通り、そのクラブなり〜長さなりの『望ましい入射』
 もう少し 上から打てる と良いですね。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s〇From USA?だっけ - frame at 0m44s〇From USA?だっけ - frame at 0m44






 手で振りたい、ヘッドを返したい、
 フェースローテーションをしたい、 と微塵も考えていないのは
 とてもよく分かります。

 ですが、切り返しから どうしても
 変な『居残り』がある、ソコを治したい✊
 こういう場合、その部分、その箇所を治すのは得策ではありません。
 別な箇所、別な時期の別なコトを触った時、
 いつの間にか ソレが薄れている、無くなっている、
 というのが良いと思います。

 今回のテーマは
 インパクトを含め、インパクト以降に
 左腕、特に左上腕ですね、
 コレが『上げられるか』
 両腕じゃないですけど、万歳出来るか、どうか です。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)




 フルスケールのスイングの
 1/2スピード位の練習で良いと思います。
 ゆっくりしたフルスケールのスイングですね。
 そこから始めてみましょう。

 左脇を締める〜締めている と言う感覚が感じられたら
 前に進めます。

 からだの回転通り、回転に追随して 腕が動いていないと
 『居残り』があると 左腕は上げられません。
 あくまでも イメージですが、
 切り返したら 直ぐ 左腕を下げる ではなく 上げてみて下さい😵

 あきひこ先生の進める このドリルも
 とても有効だと思います。

 一般論とは違うかも…知れませんが、
 インパクト・インパクト以降 左脇を締めるのを『こすり』
 左脇(腋❓)を開けるのを『つかまえ』と呼んだりします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q2:昨日の続き「 数年前に左ひじ(右打ち)がゴルフ肘になり、
 治療している内に 右ひじにも痛みを感じるようになりました。
 アイアンをスチールシャフトから
 カーボン(グラファイト)にすれば 良くなりますか?


店長「単にシャフトの素材が スチール…だから 痛くなった、
 カーボン(グラファイト)だから 大丈夫⁈では
 おそらく解決しない と思います。
【ハンドターン〜手の返しの正体_Moment(2)
 確かに衝撃の減衰力はカーボンの方が優ります。

 しかし、
肘や手首の痛みの原因は
 打撃の衝撃、インパクトの衝撃では無く
 動かし方、動き方
 というのが
 長い年月での総合的な答えです。

 スイングが悪い😵から…という意味ではありません。

 総じて…ですが、アイアンのスチールシャフトの方が
 シャフトが硬く、ヘッドも軽い ので

 〇一般的にはスチールシャフトの場合、
 負担の掛かり易い シャフトの先端部 は
 細いというコトもあり、シャフトの金属の肉厚を
 かなり厚くし補強しますので、シャフトソノモノの
 バランスが先端寄り です。
 一方、カーボンの場合、負担の掛かる部分に
 補強の繊維を入れたり、剛性の高い繊維を使ったり、
 先端を重くせず補強するコトが可能です。
 故に スチールシャフト装備のモノに比べ
 カーボンシャフトの方が 10〜20g重いヘッドを
 装着するコトが可能です。
 👉コレがカーボンの方が飛ぶ 主要因と言えます。

 ボールを飛ばすには 速い速度、
 もしくは ロフトを立てるコト、その複合が必要です。
 自然に遅れが生まれる「重い×柔らかい」クラブに比べると
 ロフトが立ち難い「「軽い×硬い」
 ロフトが立ってくれない分、
 大きなロフトで打つコトになり易い、
 もしくは 人為的にヘッドを遅らせ、
 そこから 立ったロフトに戻す、 という双方、
 より一層、速いヘッドスピードが、速い動き が
 必要になってしまいます。
【ゴルフスイング】遠心力とリリースの勘違い_Moment
 ソコから導き出されるのが 「手の返し」
 いわゆるフェースローテーション、
 硬いシャフトが多く使われている
 スチールシャフト装備のアイアンでは
 その技術が無いと ボールは気持ちよく飛びません、
 が、それは手首や肘などの関節を蝕みます。
 上手に打つ為の必然な行為が自分を傷めてしまいます。

 硬いシャフトを使うには必要な技術が
 肘や手首を痛めてしまう のですが
 そこで 痛めない為に 柔らかいシャフトのシフトすると
 今度は ヘッドの遅れが発生、
 もしくは 増してしまう ので
 上手く行かない、上手く当たらない、
 は発生してしまうでしょう。 ジレンマですね。
 
 直ぐに結果は出ない、かも知れませんが、
 放っておけば 打ち方は自然に変化していきます。
 早急な答えを出さないことが。、
 関節などの痛みからの解放になると思います。

 逆のパターンもあるんですが、
 柔らかいシャフトを長く使っていると
 放っておいても ヘッドは遅れ、
 それを取り戻す〜しなり戻す のは
 腕力が無い限り、結構大変です。
 ですので 遅れ をロフトの立ち にして
 遅れっ放しのまま ボールを打ってしまうコトが
 身に着くようになり易いです。
 🤒そこで 硬いシャフトにシフトすると
 遅れが少なく、ロフトの立ち が薄い ので
 そのまま では ボールが飛びません。
 自分で力なり、技術でボールを強く弾く必要が生まれます。
(Rさん 大変身か?_Moment
 ヘッドの重さ、シャフトの柔らかさ、
 その双方が 『ヘッドの遅れ』を造ってくれます。
 その遅れをどうするか、 が
 重いヘッド、柔らかいシャフトを使うスイングの課題 で
 軽いヘッド、硬いシャフトの場合の課題は
 遅れてくれない、ロフトの立ち が装備されていないクラブで
 ヘッドの遅れを人為的に造るか、
 そして その遅れからどのようにロフトを立てるのか なのでしょう。

 そう言う意味合いでは やはりゴルフクラブが
 スイングを形成している と言って過言ではないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:「 数年前に左ひじ(右打ち)がゴルフ肘になり、
 治療している内に 右ひじにも痛みを感じるようになりました。  今や両手の何本かの指の第一関節に痛み
 (へバーデン結節)が出ています。

 アイアンをスチールシャフトから
 カーボン(グラファイト)にすれば 良くなりますか?」
IMG_0083

A:「切実な悩みですね。

 素材として金属・スチールで造られたモノと
 グラファイト・カーボンで造られたモノ は
 若干、構造が異なります。

 同じ強さを造るのであっても
 スチールは 単一素材ですので
 シャフトの 太さ、厚み によって『強さ』を構成します。
 グラファイトは それに加え
 素材を複合させるコトが出来ますので
 スチールの 強さ=歪まなさ では無く、
 しなる〜しなりもどる と使い方のあやまちを誘発
 してしまいそうですが、復元力によって
 衝撃や歪みを吸収するチカラ をもっています。

 建築物で考えると良いかも知れません。
 地震に対し、全く歪まない 硬い構造物と
 それを吸収する構造 では 耐震性がかなり異なる
 と言った感じです。

 グラファイト・カーボンの復元性は
 先ほども書きましたが、しなる〜しなり戻る という
 大きな〜ゆったりした動きではなく、
 その場、その場で瞬時に歪みを戻そうとする
 シャフトの丸い形(輪切りにした時の)を
 元に戻そうとする力が働きますので
 
『硬さ』としても スチールのソレとは異なり、
 硬さの目安の一つである 振動数、
 (cpm-サイクルパーミニッツ 一分間の運動量)
 そのcpm が同じ長さの場合、
 スチールのそれよりも 30cpm位、
 スチールの300cpmに対し
 カーボンの270cpmが同じくらい と考えた方が
 良いと思います。
IMG_0078

 からだのどこかに
『痛み』『故障』があるので
 カーボンに変えよう とした場合、
 シャフトの硬さ cpm の特性差 を考慮して
 選ばないと より
 『痛み』や『故障』
 助長してしまいますので 注意が必要です。

 スチールシャフトから 同じcpm、似たようなcpm の
 カーボンに移行した場合、もっと悪くなる場合が
 あるのでは と思います。 ソコは注意して下さい。


 現在のゴルフセット事情 は
 平均して ドライバーのシャフトは
 10年前、20年前に比べると かなり柔らかくなっています。
 Ⓡと呼ばれるモノの平均値も
 250cpm から 220cpm 位まで落ちています。

 それに比べ スチールシャフトが採用されている
 アイアンの平均値は 昔のまま…
 Ⓡシャフトでも 280cpmを超え、
 300cpmを越えてしまうモノも沢山あります。

 ドライバー・ウッドの その硬さに合わせて
 相性の良さも考慮し
 ドライバーのその硬さ cpm +10〜20cpm
 ドライバーが220cpmでしたら
 アイアン(5番)は 230〜240cpm にするのが
 良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日の続き・・・になります。
イメージだけでも、ココは卒業しましょ : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

言葉で言うと
『ヘッドはグリップに追いつきません。
 まして 追い越すなど あり得ません。』


補足・・・打った後のコトは知りません。


この写真をご覧ください。
ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment








これを見て 「ヘッドがグリップを追い抜いた!」 
言うのでしょうか?

これは単に からだの向きが 左を向き始めた から
そう見える だけで
別のアングル(写真内左)で 見ると
グリップをヘッドの位置関係は 変わってませんよね?


ゴルフの打撃において
安定を伴った 遠くに飛ばすポイント は
『浮かせられる範囲で 立った(締まった)ロフトで打つコト』
『無理のない範囲で 速く回るコト』
『使える範囲で 重いヘッドを使うコト』

これに尽きます。


からだの回転に対し、グリップは遅らせず
その重さ分 ヘッドが遅れる    ではなく
遅れたヘッド の その遅れを取り戻す は
『取り戻す行為は そのまんま、ロフトが増やす動き』 です。
また 遅れたヘッドのその遅れを取り戻す には
『からだの回転を止める、もしくは減速が必須』 です。
 どちらも 「飛ばさない」動き に相当します。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)ハンドターンハンドターン (3)ハンドターン (2)








正しくはない方法ですが、アマチュアがロブショットを打つ方法に近いです。


アマチュアの人が 遅れを取り戻そうとするのは
開いたロフト、開いたフェース では
打てないからで、それは遅れ ではなく 『開き』に過ぎません。
スイング ココを治そう❸_Moment(5)ハンドターンハンドターン (3)ハンドターン (2)





ヘッドの遅れは その重さとシャフトのしなり によって
『ヘッドが遅れている』のであって
『グリップ、クラブそのものが遅れている〜ズレている』のでは
ないのです。
ロフトを開き、フェースを開くから
 そのままでは ソールで打ってしまうので
ヘッドターン〜フェースローテーション と言う名目の
 開きを取り戻すのです。・・・ でないと フェースで打てません。



✋悶絶クラブ の話 で言えば
シャフトのしなりは ヘッドの遅れ 👉ロフトの立ち を造ります。
また、シャフトのしなりやヘッドの重さは
切り返し以降、ダウンスイング初動のグリップの遅れなさ
そして 回転の促進を生みます。
勿論、その非常識なヘッドの重さもあります。
ですので クラブの基礎機能が使えれば
楽して飛ばせる要素が高いのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブは 長い棒の先の鉄の塊、
重さの塊 👉ヘッドが付いた構造です。
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n332220353_579546073824652_4442760800244387208_n










市販の軽いヘッド
シャフトが硬いので ものすごく感じにくいヘッドであっても
 全体/総重量の6割以上モノ 重さが
その長い棒の先端に付いているのです。

これに使う人の多少の腕の長さ分、
そして 運動による 掛け算での重さも加わります。



それを踏まえた上で質問です。

😨ゴルフクラブを持って 右90度を向きます。
 テークバックですね
正面を介して、左90度を向きます。
⇒都合、180度向きを変えたとします。
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)



先に重さの付いていない ただの棒であれば
自分の180度向きを変えると 棒もほぼ180度向きを変えるでしょう。


【質問1】では 先端に重さが付いたら どうなるでしょう。

自分が180度向きを変えたら
❶重さが付いていても クラブも180度向きを変える
❷重さが付いているから クラブは180度以上向きは変える
❸重さが付いている分 クラブは180度未満向きを変える


ゴルフスイングにおける「自分の当たり前」で考えず
物理的な法則として考えてみて下さい。



【質問2】では ステップアップして
先端に 200g / 2kg / 20kg の3種類の重さを増やした場合
自分が向きを変えると
❶重さに関係なく からだの向き分と同じ(同じ)
❷重さが増える分 180度以上に増えていく(増える)
❸重さが増えた分 180度未満は強まっていく(減る)



✋✋✋皆さんが考える ゴルフスイングの当たり前 を無視すれば
当然 重さが増す分、自分の動きよりも 先端の移動量
この場合は 角度運動は「減ります」
これは 全世界、地球上で共通の物理法則です。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




では 更にステップアップして
繰り返しますが、ゴルフクラブの構造は
先端に重さの付いた長い棒 です。
これに 運動が加わりますから
持ち手に加わる その重さは 数キロ
場合によって 10キロを超える可能性 もあります。

物理的法則で 打ち手が右から左へと 半円180度向きを変えた時、
運動も加わった その重さ分、クラブ/シャフトの回転(ターン)は
180度未満、速度や場合によって前後しますが 90~120度位になります。


✌一応、補足しておきますが、インパクト以降
自分(原動力)は減速し始めますので、
その結果、重さ(ヘッド)にかかる慣性から
からだの回転やグリップに追いつき、時として追い越す可能性も
無いとは言えませんが、それは 打った以降のコト で
そこは スイングの意識としては 
おまけ の部分です。

スイングする、クラブを動かす、扱うイメージとして
重さ分、クラブの方が、特にヘッド部やシャフトはターンしない
重さ分、ターンが少ない と考えれば
自分のからだの回転は 正しく180度ターン出来るでしょう。

達人のココから盗め_Moment(5)
しかし、始めから 重さが付いていようがいまいが、
運動によって 重さが増えようが増えまいが、
●自分がターンした分 と同じ分だけ クラブもターンする
●もしくは ヘッドがグリップを追い越す 👉 クラブの方が多くターンする

と思っていると
上記の からだの回転、体のターンとは同じには出来ません。



自分が180度ターンするコト と
クラブが180度ターンするコト は
似て非なる、まったく違う回転になる と理解していないと
からだの回転を用いて、ダイレクトにボールを打つスイングは作れないのです。

ややこしく感じるかも知れませんが、
とても重要なコトなのです。
私、個人が見てきた ほぼすべての人は
悩みの有るゴルファーのすべてが そこを大いなる勘違いしています。

✌繰り返しますが、
打った後、からだの回転は減速に入ります。
その際、ヘッドやクラブに残った慣性が
からだの回転やグリップに追いつき、追い越す可能性はあります。
しかし、それは打った後のコトで
そのおまけである 追いつき、追い越す行為が打つコトそのもの
打撃だと信じている限り、振り遅れの、手打ちをするしかないのです。
振り子のアプローチ_Moment(2)振り子のアプローチ_Moment(3)




ここの部分が理解出来ていないと
からだの回転でボールを打つコトは不可能です。
目指しているモノが違います。


からだの回転でボールを打つ というコトは
そのクラブの構造、運動によって増す重さ分、
からだの回転に対し 遅れるヘッド(遅れないグリップ)を使って
ロフトを立て、ボールを上から抑えるコト で、
その遅れを取り戻したり、弾いたり(シャフトを返して)して打つコト はスナップショット 1 (2018-05-19 20-35)
どこかでからだの回転を止め、手で振るしか成せない打撃です。 

ゴルフスイングを壊すイメージです ⇒
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「クラブを振る、ヘッドを振る、
 疲れてくる、グリップが緩む、左右のグリップが離れる、
 アドレスが狂う、向きが狂う、ボールの位置が狂う、
 そして ミスショットが出る。
 その道に入り込まない為に 手で振らない、
 からだの回転で振った方が良い というコトなんですね。」


店長「そう思います。
スイング ココを治そう❷_Moment
 手で振るスイングをしていた とします。
 若いうちは良かったけど 段々飛ばなくなって、
 安定もしなくなってきた…。
 『よし 手打ちを辞めよう✊』
 動きを、クラブの扱いを治していけば
 必然的に グリップを治す に行き着くのが本道でしょう。

 グリップはとても良い、まとも、
 でも 振りは手打ちで、ブンブン振っている、
 と言う人は 非常に稀。いないと言っても大袈裟では無いです。
 それはソレで 才能 とも言えますね。 

 昔から ゴルフスイングは
 『グリップに始まり、グリップに終わる』
 グリップが良ければ 概ね、スイングもOK😊 は
 決して誇張や嘘では無いと思います。

 グリップって 英語のグリップ なんです。
 これは握りとか、握る場所を指しますけれど
 手袋のグローブ、動詞で言うと グラブ では無いです。
 多くの人のグリップ、コレも動詞ですけど、
 を見ていると グラブ なんですね。
 正しくは グリップ なんですよ。」

質問「どういう違いがあるんですか❓」


店長「グリップは 指 で握るんですね。
 右打ちの方の左手がキーなんですが、
 特に 中指と薬指、そして小指
 これを曲げて 筒状のグリップをここで抑える。
IMG_1306
 グラブ の方は その指で握った状態から
 もう一度、手を握る、こぶしを造るように
 グリップを「握った」指を 手のひらに押し付ける
 と言えばよいのか…
IMG_0795IMG_0794





 グリップ の方からしたら
『二度』握っているんです。
 クラブを握るのに 親指は使わないんです。
 補助的に支えている だけで。

 指の関節は 先端から 第一関節、第二関節、
 第3関節は手のひらの中にあるんですが、
 グリップする場合、第3関節は使いません。
 手のひらを維持して置きたいですから。
wrist01-1
 これ いつも思うんですけど
 第一関節、第二関節 この場合は左手の主に
 中指・薬指・小指を曲げて 指で握る、 のと
 ソコからもう一度 親指まで使って
 手を丸く げんこつを握るようにするのと、
 指で握る方が チカラが要らないんですね。
 全員に当てはまるか、どうか、
 握力って言うのは どれを指すのか
 厳密には分からないんですけど、
 手を丸くして 第3関節まで使って握る方が疲れる、
 もたないと思うんですよ。
 指って 軽く曲がっている方が自然、
 伸ばしている方が不自然に感じるんで
 指を使って クラブをホー
ルドしている方が楽な筈なんです。
IMG_0772
 
 指で握っている方が疲れにくいので
 緩みが出にくい、変化が生まれ難い と思います。

 用品・手袋のグローブもそれをサポートしてくれますし…。

 是非、一度トライして貰いたいんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「なんて言ったら良いんでしょうか、
 クラブを手で振る、ヘッドを振っちゃう、
 よく言う『手打ち』の最大の欠点って
 グリップだと思います。」

質問「!!!」

店長「手打ちでも若いうち、チカラのあるうち は
 どうにかなるのも 握力の問題が大きい です。

 直接的に手打ちが悪い よりも
 手打ちをしていると『起こるコト』の方が
 問題は大きいんじゃないですかね。

 普通なオジサマおばさまゴルファーの
 スイングを からだの正面から撮ってみて下さい。
 動画でね。

 スロー再生にして
 アドレスの状態からの 初っ端の初動、
 その時の 左手(右打ち)を見て貰いたいんですね。
 かなり多くの人 7割超えるかも… が
 この 左手のローリングでスイング を始めます。
 多少は良いとは思うんですが、
 ソコから勢いを付けようと思うと
 それがフックグリップを生み出してしまい易い✊です。

 フックグリップが悪いとは思いません。
 思いませんが、フックグリップになる『理由』は問題です。

 フックグリップになる理由は
 その 初動ローテーションがし易い からなんですね。
 故に フックグリップに「する」、意図的にしている人 よりも
 フックグリップに『なってしまった』人の方が多いんじゃ
 ないのかな と思います。

 ラウンド中、練習の後半でもそうでしょうけど
 疲労してきて、握力が落ちると
 その 初動ローテーションがし易いように
 必ず フックグリップ度合い は ラウンドで深まります。

 コレは参考例なんですけれど
 一球打っただけで これだけ グリップが変わります。
〇ビフォ〜アフター 2023 - frame at 0m4s
 一球です。 
 グリップが深くなった分、
 左手首の深く曲がるようになっています。

 これは当然、疲労が進行するラウンドでは
 より大きな変化になって行きます。

 左グリップを深く握る、フックグリップ度合いが深まる。

 フックグリップが深くなってしまうと
 右手の入るトコロが 塞がれてしまう ので
 左右の密着感が離れてしまい
 両手の握っている『長さ』が長くなります。
 右手が遠く、ヘッドの方を持つコトになります。

 当然、ソレはアドレスにも変化を及ぼし
 ボールの位置がズレたり、
 テークアウェイが浅くなったり、
 アドレスの向きや姿勢にも変化が生まれ、
 それらが ミスを誘発する事につながる訳です。

 フックグリップに『しなくて良い』
 左手の握力に依存しないスイング、クラブ扱い
 を追求していくと、からだの回転で✋ に至る
 そう言う感じだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ