◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト どの位まで打ったこと、あります?
かなりの違いです。 クラブの大きな機能である
打撃力の源である ヘッドの重さと それをどう伝えるか
のシャフトの柔らかさ を体験せずに ゴルフを終えるのは勿体ない‼

クラブに振らされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!
https://www.hummingbirdsporte.com/




→フェース面を軌道の外側にずっと向けておく →からだの向きの変更によるグリップの移動に引きずられ  クラブ全体が高くなったり、低くなったり するだけ  (理由:スイング軌道が傾いていて グリップの位置エネルギーが変化するから) ×ヘッドやグリップの左右・上下 のターンは一切ない そういうイメージの素振り です。 まあ 一般的なゴルファーアイズ には 「なんじゃ こりゃ」  なんだと思います^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ドライバーやウッドはクラブが長いですから
ヘッドの弧が大きいがため、ボールに入ってくるヘッドの入射が緩く
上から打つ のに変わりはないのですが
視覚的には横から入ってくるように見えちゃいますから
『ボールをつかまえる』イメージ造りはアイアンの方が良いかもしれません。
IMG_0526

でも 全く同じなんですよ。

円弧が大きいのは クラブのせいで
自分が大きく振っているのではないのですから。

ヘッドの入射が緩くなっちゃうのは
クラブの長さのせいで 自分が緩くしてるんじゃないのです。


まあ それは兎も角、
素振りの時点で まず間違いなく ダメ です。

ボールを上から打つ
✋それは分かります。

ボールを上からつぶす
✋ハイハイ

では、ボールを上から打つ、ボールを上からつぶす
 ✌それは どこで ですか?
  へっど?

 ヘッドって ソールもあるし、キャビティ(バックフェース)もあるし、
 ネックだって、サイドだって ありますよ。
 どこで ボールを打つつもりですか?

 上から フェースで打つんですよね

んじゃあ その打撃面であるフェースは
 いつ ボールに向けるつもりですか?

上から ソールを向けて降ろして来たら
ボールを打つ直前でフェースを向けたら
ボールの側面をフェースで「こする」
ロフト角度 + ヘッドの下降角度 で
ボールの側面とこすることになりますよ

👉これを横から打つといいます。
BlogPaint

そして ずっとソールを向けて降ろしてきて
直前でフェースを向ける と言う行為は
最後のサイドで ヘッドを返す
ヘッドを高くする動きが入るのと
ヘッドを返す行為 → グリップの上下を入れ替え →両肩の上下を入れ替え

downswing

見た目上のロフトは元に戻ったとしても
その分 自分の姿勢が 莨紊り を作ってしまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


12月恒例の Eさんが遠方からやって来ました。


どうも最近 アプローチのシャンクに悩んでいる…とか。

一般的に使われている 硬い・軽い系のシャフト
それに 軽いヘッドが付いていると
気温が急激に落ちる この季節、シャンクが出易くなりますが、
幸いにも Eさんのスペックはかなりの悶絶級。

クラブの問題ではなく 何か原因がありそう です。

裕紀2020309_Moment(2)


ショット、アプローチのスイングを見させて頂くと
 「あああぁぁぁ・・・」 
ショットやアプローチによくありがちなパターン ですね
手先で振る方やフェースターンの意識の強い方、
スライス 恐しで 手の返しを心がけている方に多い、です。

スイングの テークアウェイ では
手で上げるにしても、からだの回転で上げる にしても
どの道 グリップ、からだの箇所で言うと 左グリップは
斜め上に 上げる。。。高くします。
ダウンスイングでは 当然、
その高くしたグリップを下げないと 打てません。
素振りのイメージが造り出すスイング_Moment

ところが  これ 結構やってる人多いのですが、
斜め上にあげ、斜め下の下げたグリップ(左手)を
インパクト付近で止めてしまう。。。
本来であれば、斜め上から入ってきて、
それと似た道のりで下がってきた グリップ(左手) は
その進行の成り行き通り、 また、斜め上方に上がっていく!
筈なのですが、多くの人はここで 
左グリップの進行、移動が止まってしまいます。』
これでは からだは廻"れ"ません。


そこでグリップを止めないとヘッドが返らない とか
ヘッドが走らない とか ○○なことを考えたりしてるのかも、
ですが、そこでグリップが止まったら 動くのはクラブだけ です。
同じ進行を からだゴトした方が
 モーメントの高い、安定した クラブの移動(俗語では走り)
になります。


また フォローを大きく取りたい なんて
いう願望は グリップを止めれば止めるほど
手を返す(ヘッドがグリップを追い抜く)意識が強い程
縮こまったフォローになります。
フォローを大きく取る意識は重要ではないかも知れませんが、
大きくしたいのなら 尚更、グリップの移動は止めず、
入ってきた流れ通り 移動させ続けましょう。




Eさんの場合、
シャンク というよりも ヘッドの外側
用語的には ソケット と呼んだりしますが、
ヘッドが内に回り込み 端っこに当たる症状になっています。

人間は 固定した機械 ではありませんから、
グリップを止めて クラブだけ、ヘッドだけ走らせる
ような動きをすると、
クラブの長さ分 新たな円弧が生まれ、
遠心力もかかりますから、ヘッド軌道は膨らもうとします。
人間はその微調整をする為
 グリップを補正分、内に引きますので
そういう ミスが生まれたりする訳です。

20200621 編集済み_Moment(7)20200621 編集済み_Moment(8)← この人も
グリップの止め癖
激しいですね〜






グリップを止めず、そのグリップ、クラブの入ってきた
軌道、道のりの流れ通り、流してあげれば
その動きのモーメントは大きいですから
 道のりさえ掴めば 当然、安定し易くなりますし
アプローチで言えば
 ロフトを開いて 上がってしまうショットが
 もっと締まったロフトになります。
が故に もっとゆっくりした、小さなスイングで
ショットが可能になるのですから、より安定させやすい です。

上がったモノ それが下がった流れで
 上がっていかないと
インパクトという 速度も最大級、
打撃の衝撃もあるのですから
 止めた部分の なにがしか を傷める可能性もあります。
左手首・左ひじを痛めている人に多い…ですね。
達人のココから盗め_Moment(5)

兎も角 ショットであっても、
アプローチであっても
グリップの上がった分、左グリップの下がった分、
 その流れを止めてはダメです。危ないです。
その流れ通りに 斜め上方に逃がしてあげましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドは下に振らなくてもボールは届きます。(アプローチ) 比較映像_Moment(3)

えええええぇぇぇぇ って思う人もいるかも、ですが
スイング円弧、
 そうですね、ダウンスイング後半 となると
 チョット厚切りケーキ程度 60度とか 多くて90度の角度
 のその部分ですけれど 
まあ その角度とは関係なく
円弧は
 クラブを持った自分が向きを変えるから造られる ので
そこを手で振ったら  そのまんま手打ち  です。


右打ちの人の右腕、
利き手である右手を使いたい気持ちは分かりますが、
右手の役割は
 ✖左グリップを支点として シャフトを動かすコト
  ヘッドを動かすコト   ではなく
からだの回転に 重さによって遅れがちな
 グリップを遅れさせないようにサポートするコト
 です。

✋その言葉の通り
 左グリップを支点! としてしまえば
 グリップの移動、進行は止まっちゃいますから
 速度は(気分を除いて)上がりませんし、
 左グリップの進行が からだの回転から遅れる、とか
 からだの回転から離脱しちゃったら ロフトも開いちゃいます。
down_swing
まあ こうなっちゃったら
もうからだの回転は終わっちゃってますから
手で円弧を、
手でヘッドを下に振るしか打つ手がないですけどね…。


よほどの腕力があるのなら良いですけど
そうでないのなら ロフトも増え、スピードも落ちちゃいます
 から 出来れば その右手の使い方 をして欲しいモノです。

ボールを拾う

コレ 飛ばし とも関係しますけど
アプローチの距離感とも関係します。
ボールをさばく このあたりの円弧を
手で作ってしまったら
ヘッドスピードの管理が非常に難しくなります。

2020-12-09_21-08-58_Momentこの状態から
からだの向きの変更だけで打つ
 位のつもりで、
トップの位置で腕周りは
 ロックする位のつもりで、
緩いショット、またはアプローチ
 してみて下さい。

これのポイントは
どう からだを回すと、どのようにからだの向きを変えると
ボールに当たるのか、
手でボールを探りに行かずに
 腕はロックしたまま で どう言う回転だと
 ボールに届くのか 考えてみるコトになります。


手でクラブを振って
手でヘッドを下に振って 届かせていたのとは
違う感じの(実際の大きく違う) からだの回転
と言うのを掴むことが出来るかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フットワークって 足ですね、脚。

からだの回転って言われると
「足で回れ」
ってイメージが強いのではと、多くの人は思うでしょう。
全面的と言うわけではありませんが 私は賛成しかねます 。

今更…ですが、
足(靴の部分ですが)は ボールに対し
このようなスタンスを取ります。
244eb714


このスタンスで 足が大きく関与できる動作、
アクションは 左右に対する
 サイドステップ や
 左右の脚に体を移すダッキング
 のような動きです。

ボールの方やボールから離れる方、
からだに対しての前後の動き。。には
 主に耐えるような 左右の靴の配置 です。
スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)







傾斜もアリ、地面が緩かったり、固かったりする
現場に出て 足を使って からだを回す、
からだの向きを変える のは 不向きな配置 です。




からだは主に ズレを作らないで肩なり、
肩を意識した胴体で向きを変えた方がベターと思います。

(腰では無いと思います)
ただ からだには厚みがあり、重さがありますから
向きを変える動きに対し、
 それを支える足、この場合は『軸足が必要』
になります。

足の仕事 は
 からだの向きを変える 為の軸足を作るコト。
 からだの向きを変えても その胴体の重さを支える為の
 足を作るコト だと思います。

故に見た目上、もしくは
スイング用語上、体重移動 などと呼ばれますが、
体重する為 と言うよりも 支える足を作るための
左右への程よい ダッキング が必要になると思います。
それが同時に 胴体の向きを変える手伝いにも当然、なる筈 です。

64ff988f


 別に記事で書く予定…ですが、
右を向いた時、その厚みから
 本来は、右足側に重さが掛かる筈なのですが、
足主体で、向きを変えるコトを足主体で行ってしまうと
 逆ピポット(右向き時の左体重)になり易く、
重さのバランスを取るため、からだは上向きになったりします。

また これはどちらが卵、どちらが鶏 か分かりませんが、
足、腰、胴体、肩、腕、クラブ
と。。。 それらのねじれ を作るためか、
もしくはそうでなくても
足、この場合は足首になりますが、
に対して 腰、胴体、肩、クラブは それぞれ重さです。
足を動かし始めてから、その重さ分、動作ラグ、動作遅れ
が発生してしまうので
 結果、ねじって 最後は手だけで振るコトになりガチ です。

また 足で始める回転は
 打撃部分であるヘッドの移動と動作に
遅れ〜タイムラグが発生しがちなので
 傾斜地 や 長モノのクラブを苦手としがちです。
スナップショット 1 (2016-12-24 3-12)

向きを変えるための軸足創り
右を向くための軸足 〜
左を向くための軸足 〜
「向きを変える(廻る)ため」の動作 ではありますが
廻るコトソノモノを足でするモノ では無いと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



プロゴルファーなど、あまたのレッスンビデオ、画像を
見てきましたが、ここまで参考になるモノはないかな と思います。

達人のココから盗め_Moment(3)



レッスンプロも含めたプロはの多くは
履いて捨てるほどのヘッドスピードと練習量を持っています。
 もしくは、それらを持っている時に培ったスイングです。
彼らのノウハウは
 どちらも持っていないオジサンおばさんゴルファー には
あまり役に立ちません。

そう言う意味では この画像は
飛ばすコト、つかまえるコト、曲げないコト
そして アプローチなどの距離の管理
 を
 非常に単純な ひと動作に集約 しています。



 

✋では 達人リートレビノ
のビデオをご覧ください。

おそらく アマチュアが真似るべき、
 参考にすべきスイングはこれが原本かと思います。


煽って こする 今のスイングに目が慣れている人には
なんだか 変な感じがすると思いますが・・・ね

スイングを見る目がスイングを作るチカラなんですけどね…。

元々 米国人の中では体も小さく、
パワーの無い彼が トーナメントというサーカスの中で
見出した 打撃 は 力のないアマチュアゴルファーの
本当にお手本になる 打撃 だと思います。

冒頭で 神様自身は説明はしていませんが、
スイング、ショットをすると ヘッドは重くなるので
からだはまわし、グリップは移動させても
ヘッドは 重くなる分、インパクト分 残して置け
と言っています。
ハミングバードでは それを「刷毛塗」と造語しています。


達人のココから盗め_Moment✋そして 抽出したこの画像 ですが

✋ここがインパクトだよ‼ と。

ここから先にインパクトがあるんじゃないよ‼ と。

ここはからだの回転が合体するから
ここから先がインパクトではなく
ここ そのものが インパクトだよ‼ と。

ここから ボールに当てる、ボールに届かせる
動きが 「こする」〜ロフトを増やし/入射を緩くする
「やっちゃダメだよ」と 神様は優しく申しております。



次の実際のボールを打ちますが、
見た目はアプローチ・・・ですが、
後々 繰り返し映像を合成していますが、
この 先ほどのココがインパクトだよー の場所から
単に からだの回転でグリップを移動させる のがスイングだよ 
やはり 神様は申しております。

達人のココから盗め_Moment(2)←勢いのない シャドースイングでは達人のココから盗め_Moment(4)
 こちら ですが

勢いがつくと
 こちら になります→



二つは全く同じモノ です。
そして フルショットバージョンを加えたのを比較してみて下さい
単に勢い、慣性の違いなだけで すべての骨格は同じです✋
達人のココから盗め_Moment(2)達人のココから盗め_Moment(4)達人のココから盗め_Moment(5)










では もう一度 全編 を通して見てみて下さい。

どのショットも、例えドライバーショットであっても
✋からだの回転でグリップを動かす
✋ヘッドソノモノの動きには頓着しない

というのが 見て取れる かと思いますが・・・
そう見えない方は 残念です  
→またのお越しをお待ちしております

飛ばすショットも、飛ばさないショットも
ドライバーとアプローチはほぼ全く同じモノなのです。
単に動作、自分自身の動きの速度の違いなだけ・・・


ここがインパクトだよ というコトが理解できる方だけ
この 3個の映像はつながりを持ちます。

達人のココから盗め_Moment達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)








ここがインパクトだよ 以降 に ヘッドをボールに届かせる動き
キャスティング… ヘッドローテーションと呼ぶ人もいるみたい ですが
それがある人、それを当たり前と思っている人には
この 3個の画像はつながりませんし、ピンと来ません。

アプローチのコトをコメントされた方がいらっしゃいましたが
要は ココの問題 と思います。

ココがインパクトだよ! 以降〜インパクト まで
(意味わかるかな)
の動作、スイング?、打撃は 本来のゴルフスイングには
存在しない部分です。一切存在しない、意識しない
逆に 存在しないことを意識するというか
その行為そのものが ミス エラー なのです。
達人のココから盗め_Moment

そして それらをする人にとっては
そこが ショットの鍵 なのですから 厄介です。
そのショットの鍵 の部分がすべてで
これ以降は惰性ですし、これ以前はおまけ。

ココがインパクトだよ の人にとっては
ここまでの動きがすべてなのですから
共通の話題はない のかも知れませんね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブのヘッド、
フェアウェイウッドを含めた
地面からボールを打つクラブの場合、
🔴ロフト角度
🔴ヘッド自身の上がり易さ
🔴ソールの構造

と言うのは非常に密接な関係にあります。
445TL-5-1

ロフト角度は読んで字のごとし
ヘッドの形状などに関係なく
シャフト(の軸線)とフェースの上を向く度合い
を角度で示しています。

上がり易いクラブの代表例で
重心が低い、重心が深い というのは
多くの人は その重心位置が
魔法のような働きを持って
 インパクト時にボールに何かを与える
というか、インパクト時に影響を及ぼす
と考えていますが、ゼロとは言いませんが、
その働きの割合で行くと ごく微小
 ない と考えても問題ありません。


重心が低い、重心が深い は
 クラブとシャフトの働きから
☑フェースが前に出て
 インパクトロフトが増えやすい
☑緩い入射角度になり易い

という、インパクトそのもの ではなく
インパクト以前、インパクトより前の
クラブの働きによるモノ です。


ですので ソール形状としては
あまり バンスソール
 …フェースに比べ 後方が下に張り出したモノ
では扱い辛くなるので、
総じて ウッドの場合は スクープソール
アイアンの場合は、バンス角度をごく小さなモノに抑えたり、
 ソールの幅を狭くしたり、ソールに工夫があります。

411BK-5-1


フェアウェイウッドやユーティリティの場合、
極端にロフトの立ったモノ は殆ど無く
一定のロフトと番手の関係なので、
 『シャフトの硬さ』にもよるのですが、
自分のソールの傷跡を見て、
 ヘッドの形状、ソール形状を選んだ方が良いでしょう。
ソール後方に傷の多い方は
 スクープ気味のソール、
 多少 ロフトは立ち目のモノでも大丈夫です。

自分のソールの傷を良く把握しておくと
お使いの フェアウェイウッドやユーティリティ の
ソールの形状、バンス から
🔴フェアウェイからのショット向き なのか
🔴ティーショット向き なのか
🔴ラフ向き なのか

は ある程度判別が可能です。


ba


アイアンは ちょっと複雑 です。
何を考えているのか 理解が難しいですが、
今や 7番でロフト24度 なんてモノもあります。
  (平均値では 32度位 ですねー)
―顛瓦低く、重心が深いモノは上がり易い ですので
ストロングロフト傾向が強く、
ソール形状は バンス角度抑え気味
 もしくは バンスが狭めや段になっていたりします。


数値で言うと その境目は
 重心高 で 19
 重心深度で  6
 ロフトで言うと 6番27度 位でしょうか

一方、重心が高い、もしくは普通、
重心が深い、もしくは普通 のアイアンヘッドは
上がり易くはないですから ロフトも普通程度 です。

ですので ソール幅を取ったり、バンス角度をキツクしています。

正直 上がり易くクラブのストロングロフト
 上がり難い(普通)のクラブの普通ロフト
どっちが飛ぶか というより 弾道の違い
と考えた方が良いでしょう。

´二つのアイアンで言うと
,和任曾个靴高く、スピンは少なめ
 通常 アイアンですと 落下地点に近いトコロが
 一番高い(最高到達点)になりますが、
 ウッドに近い 真ん中が高いような緩めの弾道になります。
△和任曾个靴歪磴瓠▲好團鵑和燭瓠,任后

最近では 軽量スチールシャフトの主流化 によって
軟鉄の ブレード(マッスルバック)タイプのアイアンを
使う人も増えていますが、
マッスルバックタイプのアイアンは
 キャビティバックのアイアンに比べ
重心を低く、深くすることが難しく、
それをするには 全体を小振りにするしかありません。
◌高めの重心、深めの重心 にするか
◌重心を低くする為 ミスに強くない小振りなアイアンにするか
基本、この 二つに一つの方法です。

軟鉄で中空 なんて 構造的には可能ですが、
軟鉄の弱さで 中空にしてしまうと
ただ 中空になっているだけのアイアンになるだけで
真の意味の 低重心化、深重心化するのには
 ヘッド重量が少なすぎて 自由度が取れません。
✋特に 中空の欲しい番手は軽いですから。。。


一般的に あまり小振りだとヘッドの個性が出ないので
ほどほどの大きさのマッスルバック にすると
決して 低重心、深重心と言うわけには行かず、
 その上、重量の縛りがあるので ヘッドの厚み
を確保するコトが出来ないので、
ソールで飛ばさせる という事が難しくなります。
これに 軽量シャフト 〜硬い
 軽量シャフト用のヘッド 〜軽い

が加わりますので
上がり難いアイアンを無理してあげる か
止まらない、上がり切らない球を打つ か
アイアン全般で抜けたような球を打つ か

という アマチュアのお助けクラブ とは
ほど遠いモノになってしまいます。

bounce

兎も角 クラブの性格は
 ソール形状によく出ますので 観察してみて下さい。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


🔴アドレスから始まって
 ヘッドの方をグリップよりも高くしようとする
 動きで言うと コッキング になりますね。
🔴ダウンスイングでは
 ヘッドの方をグリップよりも低くしようとし
🔴インパクトから フォローにかけては
 ヘッドの方を高くしようとする

小堀2020_Moment(6)小堀2020_Moment(4)









その グリップとヘッド その高さの逆転 が
 スイングのイメージとなっているコトが多いです。



どこかでも書きましたが
フォローでは からだの回転は減速〜停止しますから
同時にグリップの移動も終息に向かいます。
ヘッドには慣性が残っていますから
それによって ヘッド方が多く動く瞬間は有りますが、
スイング内において 上腕の上げ下げによって
 クラブ自体が高くなったり、低くなったり しますが
ヘッドは常時、グリップよりも高い相関関係にあり
 ヘッドがグリップよりも低くなったり、
 高くなったりすることはありません。

そう見える のは確かですが、
それは「打ち終わってからのおまけ」に過ぎません。


スイングは向きが変わり、
それに前傾姿勢があるから
 ヘッドとグリップの上下関係が逆転、回転しているように
『見える』だけです。

ヘッドをたくさん
グリップよりもたくさん動かした方が
「ヘッドスピード」が上がる 錯覚 をしますが、
それをするのには からだの回転と言う原動力を減速するか、
からだの回転からグリップを切り離すか、
どちらにしても 元になるスピードが遅くなるので
気分的に スピードが上がるように感じるだけ です。
そして 同時にショットにおいて 再現性の低い方法です。
からだ に比べ 手〜腕 という
小さい筋肉でクラブを動かしたから
実感が強いというか、労力が多いので
「速く振った」錯覚が残るに過ぎません。


小さなアプローチでも
ハーフショットでも良いですから
ヘッドとグリップの高さの逆転を生まず
ヘッドの方がグリップよりも「相関関係」において
常時、高いまま ショットしてみて下さい。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(3)






フェースを円の中に向けない
フェースを円の外に向けておく
のと 共通する 話になりますが、
 ヘッドをグリップよりも下げない

👉ヘッドを低く(高低)するには
   グリップの高さを下げる
👉そのグリップの高さの変化は
   基本、からだの回転で行う


と言うトコロにつながってきます。



からだの向きによって
 グリップの高さの変化を生む は
グリップとヘッドの相関関係は変わらず
 クラブそのものの高さは変わるコト になるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



進化版L型ブリストルパター(480g) と
一般的な市販のパター
(300g強)  の
最大の違いは ヘッド重量 です。
010

パターは飛ばさない道具
 と認識されているゴルファーは少なくありませんが、
少ない力で飛ぶのなら
✌小さなストローク、
✌ゆっくりしたストローク、
✌小さなストローク幅で

十分な距離を打てる方が より簡単 です。
008

軽いヘッド・硬いシャフトの市販のパターで
弾いて打ってしまうのは 仕方ないかも知れませんが、
L型ブリストルパターの持つ その打撃力・破壊力を
弾いて 無駄なスピンにしてしまっては勿体無いです。


パターストロークは
ボールが地面を転がって進むので
ショットと異なり 順回転・オーバースピンになりますが、
パターにおいての 良い転がり とは
オーバースピンが沢山かかることではなく
逆に 同じ距離を進むのなら 少ない回転 の方が
地面との接触も少なく、
よりブレーキが掛かり難い上
芝目などの影響も少なくなります。
(曲がりにくい・直進性が高い ということです)


006

多い回転になると ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も受けやすくなりますから、
意図的に オーバースピンをかけるような弾くストロークは
実は サイドブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるように
良いことは何一つありません。
007

ボールは自重により 始め少し沈んでいますから
そのくぼみから 飛ばしてあげてから 転がり始める方がよく
いきなり オーバースピンをかけてしまうのは
くぼみの壁に当たり、エネルギーをロスする上に
跳ねてスタートするのでラインに乗りにくくなります。

パターにおいて 一番悪いパターンは
歯で打ってしまう事で
特に
ロフトが、フェース面がどんどん上に向きながら
加えて、ヘッドも上昇、上り傾向が絡むと
歯がボールに入ってしまいます。
006009







距離にもよりますが、
パターでの自然なボールの回転数は 数百回転 なのですが、
歯が入ってしまうと 途端に5倍〜10倍の 2000〜4000回転
が初期に入ってしまいます。
お分かりになるとは思いますが、
同じ打撃力で 500回転で済む回転数が2000回転(4倍)
になるということは それだけ推進力を取られてしまうだけでなく
その回転数の増幅が当然地面との摩擦として働きます。
出だしはピュッと早く出ても、すぐに減速して伸びない ばかりか
摩擦として芝目を多く受けてしまいますから
その回転力が曲がりをさらに増やしてしまい
切れが大きくなってしまうのです。

L型ブリストルの良さを引き出すのには
単に ヘッド・フェースでボールを押してあげれば
いいのですが、逆に弾いてしまうと
破壊力があるために 逆効果になってしまう場合も…。

ショルダーストロークはパターだけでなく
ゴルフショット(ストローク)にとって
良いことは何一つないのですが、それはさておき
自分のストロークをガラスや鏡で見て頂きたい。

注目するのは 自分の動きではなく
パターの動きです。
特にヘッドではなく、シャフトに注目して貰いたいのです。

パターストロークは
ショルダーを使った 振り子で振らなくとも
多少ヘッドは上下に動きます。
理想的には やや高い位置から低い位置に
高低差という意味では斜め直線に動きたいのですが、
そうも行きません。
高いところから 低いところ
 そして打ち終わると 高いところへと移動します。
009

パターは確かにクラブの中では
ロフトは立っています。
L型ブリストルはやや多めの 5度のロフト です。
そのロフトとは シャフトとの角度差 を指しますから、
ボールに対し、地面に対し
シャフトを振ってしまうと それだけ大きなロフトのクラブ
で打つことを意味します。
ゴルフクラブは構造上、ロフトが寝て来れば
フェース面の下部、歯の部分が前に出るような形に
なりますので トップになりやすいですね。
ボールが下に飛び出た上に スピンが多くかかるのですから
ブレーキも掛かりやすいでしょう。
IMG_0538IMG_0539








インパクトもそうですが、
それ以降(フォロー)に対し
シャフトが ロフトを増やさず
シャフトの角度、姿勢がそのまま
ボールを打つ抜いてあげる という事が重要です。


同じような位置で、同じようなヘッドの高さでも
シャフトの角度によって
これだけ フェースの姿勢は違うのです。

そして これは必ず撃つ方の人間の姿勢にも影響します。
特に 肩の振り子で振る人にとっては
このシャフトの延長線上に頭があるわけで、
ヘッドが前に出るストロークでは
撃つ人の頭は右にズレ易く
 その分、最下点は右にずれます。
より一層 歯で打つ確率が高くなるわけです。

意識がヘッドに行ってしまいがちですが、
人間が操作できるのは グリップの動かし方 ですから
同時にシャフト姿勢の意識も持って貰えると
L型ブリストルパターはあなたのパッティングを
インチキのように向上させます。保証します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ロフトを立てる(正規のロフトで打つ)
を阻害、邪魔するのは 技術というより、
頭の中にある スイングのイメージの方が大きい気がします。
飛び出し角度14


誰に言われた訳ではないかも知れませんが、
視覚的な要因なのか、スイングってこういうモノ
と言う思い込みが ロフトの立ち の邪魔になっています。

その一つ が
 『スイングは上げて、降ろす』
の中身だったりします。 

ゴルフクラブは角度の道具なので
ゴルフクラブを単体で動かすのは
得策ではありません。

出来るのならば ゴルフクラブ、クラブヘッドとからだの
相関関係は出来るだけ変えず、
ゴルフクラブを持った 自分が動いた方が
なにかと都合は良いのです。


ですので スイングは上げて〜降ろす は
腕、この場合は上腕 ですが、
上腕を上げて、上腕を降ろす のであって
クラブを上げて クラブを降ろす のでも無く
ヘッドを上げて ヘッドを下げる でもありません。

ヘッドとグリップの上下の逆転
それを「上げて降ろす」と考えている人が
少なくない気が…します。


上腕が上がるから クラブがあがり
上腕が上がるから ヘッドも高くなる だけ です。

✋スイングには 向きの変更と傾きがあるので
その量 そのものは そちらの方が断然多く、
腕をあげて 上腕を上げて
 グリップが高くなる量は
 気持ちの上では 30〜40cm程度 で十分 でしょう。

上腕を上げる「角度」と言う意味では
 たかだか 20度位で十分と思います。

👉時計の秒針で4分、4秒程度の角度です。





ココの部分は重要なポイントなので何度も書きますが、
アドレス時は 前傾…前に傾いているので
 グリップよりもヘッドが下にありますが、
単純な グリップとヘッドの上下関係は
 どんな時であっても ヘッドの方が上にあります。


lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショット






「手」で言えば 親指の方が紂⊂指側が隋,塙佑┐襪里
普通でしょうから、左手の上に 右手があり、
シャフトを介して ヘッドはその上方に位置しています。

2020-12-09_21-08-58_Momentそして 
前傾姿勢と体の向きの変更(からだの回転)があるので
さして 腕も上げていないのに
右向きになれば ヘッドの高さは
←← こうなります
このような角度(飛球線後方)から
スイングを見た場合、
グリップの移動ラインよりも
ヘッドは 莢縞のゾーンに
入ることはないのです。(ヘッドが下がってしまう)



スイング ココを治そう❶_Moment
ショットだけでなく、アプローチでも
よく見かけますが、 手さばきだけで上げる
テークアウェイでは
ヘッドがグリップよりも下がってしまっている のです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


○○は旦那の場合も、旗の場合も、
最近の流行りでは フラグの場合もあります。



手打ちか、からだの回転で打つか、
 は重要なポイントではありません。
腰や手首、肘などを傷めないのであれば
 どちらが! とは言いません。
どちらであっても
 より少ない労力で遠くに飛ばし、
 アプローチ、パターまで苦労しない
そういう風にするのには
 やはり 
ロフトの造り方 (ロフトの立て方)
      が一番のポイント です。


BlogPaintBlogPaint








右の写真と左写真は 同じクラブ、同じ番手 です。
キャビティ部分に色を付けているので 分かり易いと思いますが、
片方は6番アイアン位、片方はピッチングウエッジよりも寝た状態 です。
その差は 20度以上 あります。

BlogPaintすごく意地悪な言い方なのですが
こういう入れ方 をするのであれば
ドライバーのロフト
9度も10度も11度も差がないような…
1〜2度程度の差に意味が出ないような…
どれであっても
自分でロフトを作ってしまうのですから
選ぶ意味があまり無いような気がします。




 💮 💮 💮 おさらい になりますが
ロフトを立てる とは
正式には その製品ロフト通り に打つ と言う意味で
技術的に 無理やりハンドファーストにしたり、
両手をねじって シャット、フェースを下向きにするコト
ではありません。
ゴルフクラブは 手で振ったとしても、からだの回転で動かしたとしても
斜めに傾いた軌道、軌跡なので
555
ヘッドはボールに対し、そのクラブの長さ分の軌跡で
上方から行ってきます。

ですので ドライバーは長いので円弧は大きく、
入射は緩やかで、傍目からは掃いて振るように見え、
ウエッジは短いので円弧は小さく、
入射はキツクなり、傍目からは上から打ち込むように見えますが、
それは スイングとクラブの特性 によるもので
技術的な差は アドレスの前傾姿勢程度 です。

IMG_0725IMG_0724








理想的な そのクラブを活かしたインパクトロフトは
入ってきた道、上方から入ってきたその角度に対して
元のロフト通り 
にすることで、
それによって その番手、ロフトの弾道・距離が得られます。
それが 傍目にハンドファーストに見えたり、するだけです。

445

そのハンドファーストも
手であっても、からだの回転であっても
動かせるのはグリップだけなので、
移動させられるのはグリップだけなので、
ヘッドはその重さ、運動と長さによって加わる重さの分
その同軸線上の角度運動よりも 遅れる自然現象 に過ぎません。
技術的と、無理に言うのならば
 その自然に逆らわない と言う点において
、でしょう。

自然現象に乗っ取っていれば
それに逆らうよりも 遥かに繰り返すコトが容易になりますし、
同じコトをするにしても 労力は少なく済みます。
ゴルフショットの場合は それは距離にも、スコアにもなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


全てのクラブ には
バンス、バンス角度 なるモノが存在します


英語でいうと バウンス
 跳ねる とか、弾む という意味合いです。
多くのイメージでは バンカーでの跳ね として
捉えられているトコロが強いですが
実は ショット全般に
ショットを支える、ロフト角度を支える
 大きな意味を持っています。


それも スイングを考える一つの目安 になります。

wedge-bounce


よく知られているモノは ウエッジのバンス角度 ですが、
ドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティ にも
 その角度はあります。

一応 ですが
000009 リーディングエッジ(フェース側)の基準に
 後方が低くなっているモノを 「バンスソール」 絵図
 後方が高くなっているモノを 「スクープソール」 絵図
と呼んでいますが、 ドライバーやフェアウェイウッドの場合
スクープソールのモノも見られますが、
 コト アイアンに関しては ほぼ全機種 「バンスソール」
つまり 名称で言うバンス部(ソール後方)が
 リーディングエッジよりも 低く、下に張り出しています。


そのバンス 下への張り出し方は 番手により異なり、
5番アイアン を 5度 に仮に設定すると
6番で6度、7番で7度。。。。。PWで10度 と
 同じ角度ではなく、番手順に角度は増えてきます。

特にバンカーで使われる SWはその数値が大きく
一般的な市販品では 10〜14度位
 弊社のHBS-10では16度、HBS-16では14度になっています。

バンカーで使われるコトもありますが、
ウエッジが アイアンの中で 数値的にバンス角度が大きい、
そして 番手により バンス角度が推移していく、
その理由は クラブの長さ にあります。

クラブが長くなると
 スイングの円弧は大きくなります。
ボールに対して入ってくる角度も緩くなります。
一方、クラブが短くなると
 スイングの円弧は小さくなり
ボールに対して入ってくる角度もきつく成ります。

IMG_0496

そのクラブの製品ロフト通りに打つには
 その入射角度通り の インパクト姿勢 となりますから
△5番アイアン(バンス角度5度仮定)と
△ウエッジ (バンス角度14度仮定)
 で比較してみると
グリップが前に倒れている度合い(見た目のハンドファースト)
は ウエッジの方が多くなる、約10度分 シャフトが前に倒れている

 と言う風になります。


ウッド など箱形状のヘッドに比べると
実は 特徴の出し難い アイアンの場合、
このバンス角度も含めた ソールの形状が
その性能を大きく左右します。



ロフト角度は バンス角度など ソール形状とは関係なく
シャフトに対する角度を計測するのが常、ですが、
バンス角度が強いモノほど ボールが低くなり易く、
ヘッド特性や機種のロフト角度との絡みにもよりますが、
数値としてロフトの立っているアイアンは バンス角度は抑えめ、
上がり易い性格のアイアンはソールが幅広いか、
バンス角度が張っている傾向が多いです。
445TL-5-1

フェアウェイウッドなどは ヘッド性能もありますが、
そのロフト角度との絡みも考え、
ショットの是非(ミス)への影響が大きいので注意が必要です。
寝かし気味に入れる傾向の強い方、
フェアウェイウッドのダフリ、トップ、チョロ の多い方は
ソール後方、バンス部の逃げ、ラウンドがキツク
スクープ気味になっているモノの方が無難でしょう。


IMG_0610IMG_0607







ウエッジになると ウッドやアイアンに比べ
更に 機種によるヘッド性能の差が出にくいので
『ソール形状やバンス角度』が
 ヘッド特性ソノモノと言っても過言ではありません。

ロフト角度 や シャフトの長さ、硬さ、ヘッド重量 など同じにして
バンス角度だけを 0度のモノと 14度のモノ で比べると
最大飛距離も 平均飛距離も どれも 14度の方が上になります。
 つまり 飛ばなくなってしまいます。
また バンス角度の大きな役割として
 地面に接触した際の ロフト角度の確保 というのがありますが、
その後ろ支えのないモノは 抜けた球にもなり易く、
自分自身の、スイングの再現性、安定性が低いと
 そのまま反映されます。


平均的なウエッジのバンス角度 12~14度
ということは インパクトの望ましいヘッド姿勢は
その分 グリップが前、シャフトが前に倒れている
地面に対して バンス角度が ゼロ度 になる
という事を指します。
 それが メーカー、デザイナー の想定しているインパクト です。

IMG_0727

こすり打ち の場合、
そのバンス角度分 シャフトを前に倒して使わず
アドレス通りのインパクト を想定して使いますので
バンス角度分 12~14度も ソールが下に張り出す形になります。
wedge-bounce

バンカーでは良いかも知れませんが、
普通のライ からボールを打つ際、
ボールとフェースがコンタクトする前に ソールが地面と接触してしまいます。

レッスンなどでよく見かける
振り子式のアプローチ。。。 これって マットから打つ専用 の方法
に見えてしまうのは 私だけでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ある程度 振る力があれば
こすり打ちでも十分ゴルフは楽しめます。

特に 空中にボールの浮いているドライバーは
慣れるに従って 一番楽しいクラブになるかも知れません。


こすり打ち は しゃくり打ち になりますが、
 別な言い方をすれば 煽り打ち でもあります。
空中に浮いているボールは
やや下側から入れても
耳障り良く言えば ややアッパーに打っても大丈夫ですし、
アッパーに打った方が ロフト効果が締まる ので
振れる、若い時はOKなんですが・・・


(復活の狼煙 3か月ぶりの練習^^_Moment


上手になる一つの目安として スコア がある訳ですが
その壁になるのが ヘッドを振るスイングでのアプローチです。

✋ヘッドがグリップを追い越す
と言うイメージは
 インパクトロフトを一定にさせません
✋ヘッドがグリップを追い越す 行為は
軸の後退 を指します。
 右打ちの人は自然な流れで 蘂有茲悗
 軸足は移っていくのですが
 それが 蕕忙弔襦↓蕕北瓩襦,必要なので
 ダフリ や トップ のミスがつきまといます

MVI_0817Trim_Moment(5)





⚠⚠ 全員ではないかと思いますが
 ボールと地面、ボールとマットの隙間(本当は存在しません)
 にヘッドを入れる・・・
 厚みのあるヘッドを通す。。。 イメージを持っているかも


これは余談ですが、
日本のプロが欧米に出た時、
ドライバーの距離ではなく、その部分に苦労します。
欧米のコースは 日本のような整備ではありません。
アメリカで言えば フェアウェイは日本のコースのラフ の様です。
日本のフェアウェイは 下手したら アメリカのコースのグリーン
 は少々オーバーですが、その位の違いです。
オーバーシードも結構いい加減なので 生えている芝も
 同時に 多種多様だったりします。
イギリスに行けば 今度は もう芝がコケのようで 本当に薄く
 地面も硬く、芝模様の薄いカーペットのようです。
双方ともに ボールと芝の間にヘッドを入れるイメージ「だけ」では
 苦しむことになるのです。

「ヘッドをボールと地面の隙間に通す」
 ソコは『より一層の』加速しないと通り抜けません。
 (もしくは 芝ゴト打つ気持ちで無いと打てません。)
 上手にくぐり抜けるには 「更なる加速」が必要になります。

 ですので ヘッドがグリップを追い越すイメージを持っている
 ゴルファーは 等速運動でショットするのが苦手 です。
 どうしても インパクト直前で 【リリース】
 ヘッドを放り出す打撃が必要になります


 ロフトの不安定さ と絡み
 アプローチ… フルショットではないショットの
 ロフト管理とスピード管理が安定しない為
 アプローチの壁 がつきまといます。



df713d9f-s813ca594-s





 
当り前の話ですが、
ボールはロフトが上げてくれます。
勿論 ある程度の移動速度は必要ですが、
それは 加速性 ではありません。


☑インパクトのズレ があっても 概ね同じロフトで打てる
☑インパクトのズレ があっても 最下点のズレ による
 ミスショットが痛手にならないスイング造り
☑ロフト変化が少ない と言う前提の上に
 距離感 = 自分の動作速度
 〜回転による グリップの移動速度で距離を管理する習慣


これらは アプローチにとっても大切なコト ですが、
同時に ドライバーを出来るだけ少ない労力で 遠くに飛ばす
ともつながっています。


大雑把に言えば
🔴自分が動かず、ヘッドだけ、クラブだけを動かすのか
🔴ヘッド、クラブ単体は動かさず、自分が動く(回る)のか

の違いが アプローチで見えてきます。


ドライバーの距離は兎も角
この30年で ドライバーの直進性は
 劇的に改善されています。
しかし、アイアンの性能は 先祖返り気味 です。
ウエッジの性能は 50年前と殆ど変わっていません。
ヘッド重量はより軽くなり、モーメントは下がっています。

そして スコアの壁は
 そのアプローチの方にかかっているのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


こすってしまう、こすり打ち

(イメージ)そのクラブのロフト以上に
ボールがフェース面の縦方向に逃げるコトを指します。
 ウエッジの溝がスピンを‼  みたいなイメージですね

545503_169291013227638_259257507_n


(意味その1)
持っているそのクラブの製品ロフト以上の
回転や高さ に打撃力が化けてしまい
ボールが労力なりに飛ばないコトを指す

(症状)
若い時、良く体が動いている時は
高めの弾道の右回転のスライス系の球
目指しているのは 開いたフェースを返した左回転系の球
「ドローボール」と言う言葉に過剰に反応。


バンカーショットは得意とは言えないが、出すのは大丈夫。
アプローチ全般は上げる球が多く、
 上手く打てた時ほど ショートする傾向強し。
ヘッドに奥行きの有るフェアウェイウッドは苦手な為
ユーティリティを多用傾向にある。
ヘッドの遅れは ロフトの開き につながるので
 遅れが発生し難い 硬めのシャフト を使うが
その反面、シャフトをしならせて しなり戻して使う
若い内、だけかもしれませんが、
弾の高さには自信があるのでロフトもきつめ です。


(状況)インパクトロフトが見た目 寝ている
と言うのもありますが、
そのクラブの長さで入ってくるヘッドの経路(入射角度)
が 緩すぎる 
と言うのもあります。
その双方が絡む のが平均値です。

(意味その2)女性やヘッドスピード低め のゴルファーが
ロフト自体を寝かせ、緩い入射角度で入れる であると
ボールの飛びだし速度 だけでなく
回転や高さも十分に得られず 上がらず、飛ばない球
になるコトも少なくありません。
 👉だるま落としのような抜けた球になる




(経緯:その例)全員が当てはまる とは限りませんが、
多くの 初練習場の、初ショット、初スイング の人 は
ショットそのものが怖いですから
◉ボールに当たるかな
◉地面打つかも
◉空振りするかも
◉周りの人にボール当てないかな
◉クラブ放り投げないかな

緩ーいショットで 5番や7番アイアンから始める のですが、
ご自分でやってみるとわかりますが、
平均的なアマチュア男性ゴルファーの (130ヤード打つとして)
 7番アイアンのヘッドスピードは 25ms以上 です。
ヘッドスピード 25ms出せるようになるには
ある程度の慣れ(経験) や 筋肉、動作の馴染み が必要です。

初めて だと ヘッドスピード 15~20ms 
  …20msいかないかな〜
15ms で 7番アイアンを打つと
ある程度 ちゃんと当たっても ボールは上がりません。
ゴロに近い・・・ ほぼゴロでしょう。
20ms で いいところ ライナー性になる位で
 自分は兎も角、経験者を満足させる 球の高さにはなりません。

5番アイアンでやったら もっと悲惨。

かと言って PWから始める人は少ない気がします。

その時点で ボールを浮かせる、上げるコト
当てるコトの次に、ボールを上げるコト から始まるのです。
それ 即ち こすり打ちへの道の本道 です。 

8658a3e6-s


(進展)
その打ち方 で そのまま進むと
一般的な成人男性ゴルファーの場合、
ハイボールのスライス が持ち球になります。

こすり打ち ⇒ すくい打ち なのですが、
これは 重さの仕組みを理解すれば 解消し易くなります。
例えば
 軸点を作り
 30mのヒモで車をつなげた としましょう。
 そうすると 車は進むと
 軸点を中心に 30mの半径の円を描きます。
 その車に 10ⅿの長さ のヒモ
 でもう一台車を付けますが、こちらは自走しません。
 引っ張れば動きますが、フリーの状態です。
 30mと10mですから 合計40mの長さになりますが、
 自走しない 牽引されている車の描く円は
 よほどの速度にならない限り
 半径40mよりも かなり内側を通ります。
 スタートし始めたところは特にです。

 牽引されている側の車がそれより前に出るには
 引いている車が 急にコースを変えるか、減速するか、
 どちらにしても 引いている車は軸ブレ、軸ズレを起こします。


1b503398-s85584b3f-s






上げる すくい打ち のイメージは
グリップよりもヘッドを前(進行方向)に出そう
と言うイメージですが、
それが 一番やり難い場面で行うのです。
それを実行するには 軸点を動かさなくてはなりません。
スイングの動き で言うと
 からだを開く とか 明治の大砲のように
 回転軸を進行方向後ろ(右打ちの人の蕁砲砲困蕕耕ですから
今出ている 弾道 「ハイボールスライス」
と絡むと 本当の原因は それと90度異なるロフトなのに、
スイング軌道のアウトサイドイン が
原因・・・ に陥り、スイング迷路は深まっていく訳です。


ボールに当てないと始まらない のは確か ですが、
ボールをちゃんと捕まえる
動作に馴染みが出て 運動速度があげられると
 初めて それらしい高さに ボールを浮かせられる
と言う手順でスイングは覚えてイクモノです。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

当てる ⇒ 上げる ⇒ 飛ばす
 は ロフトの正しい使い方の反対の道、
極端に言えば、 ロブショットから覚えて
それを基礎に ボールを飛ばそう とするのには無理があります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは運動をする自分、
それとつながっているグリップに対し
 ヘッド部分が極端に重くなっています。
約1ⅿの長さの棒 の両端
グリップ側は50g / ヘッド側は200gオーバーです。

5cd72f36028c2f578c994ebcd97f91a7

そして ヘッドの構造、特徴である
 重量位置〜重心位置 は
その棒であるシャフト・グリップ線上に対し
 重心距離と呼びますが、L字型に
ドライバーであれば 4cm近くズレています



スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)
また アイアンであれば 数ミリなので
 気にする必要はありませんが、
ウッド ユーティリティクラブ
 特に奥行きの大きなモノになれば 3cm以上
重心深度と言って 奥にもずれています。




ゴルフクラブそのものは 「落ちる」以外
勝手に動くことは無く
打ち手である 自分の動作によって
グリップが移動するコト が 唯一の運動の動力源になります。

やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






そのグリップの移動に対し、
ヘッドはその重さもあり、運動も加わり
必ず「遅れる」、ズレる と言ってよいです。
それを避けるコトはかなり困難です。

重心位置の関係から
グリップの移動が横〜水平方向が主になれば
グリップに対するヘッドの遅れは
 フェース、そして ロフトの開き になり

これが ゴルファーを苦しめる訳ですが、
グリップの移動が 縦〜上下方向が主になると
グリップに対するヘッドの遅れは
 フェースは閉じませんが、ロフトを立てます。

(少ないながらも 横移動があるので フェースは閉じません)

遅れが 横のフェース開き になるか、
縦のロフトの閉じ になるか は
グリップの移動の仕方次第 というコトになります。


達人のココから盗め_Moment(3)達人のココから盗め_Moment(4)







さあ ここからが 知恵の使いどころ になるのですが、
だから と言って
 腕でグリップを、クラブを縦 に振ろうとすれば
 腕の付け根は その時間の間に 回転の横移動で
 水平に進行して行ってしまいますから、
 結果、ロフトは立たず、フェースの開き になってしまいます。

過去の多くの 寿命の長いプロ のスイングを見ると
 からだの回転
これは主に 横方向の動作ですが、
そのからだの回転で 如何にグリップの上下を生むか
グリップの大きな横移動をせず、狭い幅の中で
 グリップの高さを変えているか
横運動を 縦運動にしている ように見えます。

腕を振る 訳ではないかも知れませんが、
からだに対し どう腕を振るか
からだの回転で どう腕を振るか が
腕と体、クラブと体の融合のヒントになると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


する必要の無いフェースターン
副作用の多いフェースターン
これを避ける 言葉で言えば簡単な方法 は
する必要がないのですから
 「フェースを開かないコト」 です

聞いてますか?Rさん! 聞いてますか?Rさん! 聞いてますか? Rさん!


アドレスの時点では
 フェースは開いても 閉じてもいません。

からだの向き
 ハミングバードで言う 正規の右向き であれば
クラブ単体は動いておらず
 それを持った 自分が右を向いている だけ です。


これは普遍的に覚えて頂きたいですが、
ダウンスイング ⇒ インパクト での2020-12-09_21-08-58_Moment
🔴フェースの下向き
🔴上に位置するフェースが 上からボールを見る

この関係性は、
「小手先で作るモノ」 ではなく、
前傾姿勢の含まれた右向き時、
 左サイドの方が右サイドよりも引く位置関係
によって 作り出されます。



とは言っても そうすぐに 出来るわけではないので
 フェースを開かないようにする 幾つかの点を…。





.董璽アウェイででは ヘッド単体を上げないコト!
   (だからって ヘッドを下げてはダメよ)
 トゥ〜ヒール方向 ライ方向にヘッドをあげる
 と思っている人がおおいですが、
 そのアクションは クラブの構造上、
 茱哀螢奪廚鮃發、薀哀螢奪廚鯆磴する事とつながり易く
 フェースを開く、ロフトを開く ソノモノになり易い です。

 テークアウェイでは 量はお好み ですが、
 両腕がほぼ均一に上がっているだけで クラブ単体はあがっていません。
 両腕がほぼ均一に動いたことで グリップが高くなっただけで
 ヘッドをあげたりしません。

▲肇奪廚琉銘屐,硫菫ですが、
小堀2020_Moment
前にも書きましたが、
あくまでもイメージですが。
この位置、この姿勢で
この赤いボールを フェース で
地面に向かって打つ 感じから
ダウンスイングを始めるコト

ターゲットとしてのボールボールは軌道上 にある訳ですから
そのイメージのまま 動き始めれば
結果、ボールを横に、飛球線の方に打つコトになります。

出来るだけ 早い段階で フェースを下向き
もしくは
 ダウンスイングでわざわざ より一層開くコト のないよう
イメージつくりをする必要があるかな と思います。


おまけ;ものすごーくお薦め はしませんが
video_Moment(やらなくていいなら それに越したことはありませんが)
 この角度 において ちょっとだけ
 フェースをこっちに向ける「感じ」
 
左手の甲がこっちを向いている感じ…
 やりすぎはダメですよ。

これの方が フェースでボールを下に…
フェースの下向きが創り易い…かも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



 では Kさんのスイングを見てみましょう。



先日の記事 でも書きましたが、
☑からだの回し方
を胴体を出来るだけ捻らず
股関節を境目に、胴体を右に向ける
というコトは意識されていると思います。
小堀2020_Moment

ココで(Kさんとは関係なく)全般的な注意点、なのですが、
胴体 をひねるか どうか は
左腕の使い方 次第 とも言えます。
200811__Moment(3)
よく言われる テークアウェイで肩(茵砲鯑れる のでは
胴体は捻られてしまいます。

股関節を境目に 骨盤「を」しっかり右向きに造っても
腕さばきは今までの通りならば
胴体の捻じられた 骨盤も右向きの 深いトップ になるだけで
骨盤に対し、肩がひねられている
 その相対関係に変化は起こりません。

股関節を境目に 骨盤「を」しっかり右向き
 にシフトする場合、
肩回り、腕さばき、左腕で クラブを
からだの右に送る 動きを減らす、無くす

 👉その仕事は骨盤の右向きがしてくれます



小堀2020_Moment(2)小堀2020_Moment(3)小堀2020_Moment(4)小堀2020_Moment(5)










Kさんのスイングの問題点、
これって 全国のゴルファーの半分 の人の、
って言えるくらいの メジャーな課題 だと思いますが、
フェースを開いて 切り返し ダウンスイングに入るので
どうしても フェースターンが必要になってしまう

と言うトコロです。

意図している とは思えませんが
テークアウェイからの人もいますが、
特にダウンスイング〜インパクトまでの
ヘッドの通り道のり、軌跡、俗に言うヘッド軌道 を
フェースが舐めてきてしまう、
 軌道にフェースが平行な状態で インパクトまで来てしまう、
 本当に直前まで平行な状態 で来てしまえば
当然 そのままでは だるま落とし というか
ボールとマットの間もヘッドがくぐり抜けるような感じになってしまいます。


(タイガーウッズ_Moment(2)

軌跡に対し ずっと 垂直なヘッド は無理ですが、
出来るだけ早い段階で 軌跡に垂直な状態が来ることが望ましく
そうでないと フェースでボールが打てない…
そのクラブの適切なロフトでボールが打撃出来ません。


この状態のまま ボールにヘッドをぶつければ
ボールにコンタクトする面は ソール です。
このままでは ボールは打てません。
故に フェースをボールに向ける必要が生まれますが、
🔴腰よりも肩、
🔴肩よりも腕、
🔴腕よりもクラブ、
🔴グリップよりもヘッド
より先端に近いモノを「多く」動かそうとするには
土台を止めざるを得ません。

スイングの中で いったん
フェースターンが必要な状態を作ってしまうと
からだの回転とクラブの移動を分断せざるを得ず
からだを止めて 腕を振る〜ヘッドを返す
手打ちにならざるを得ない というコトです。


小堀2020_Moment小堀2020_Moment(5)









ですので 割とダイナミックなトップまでの動作
 に比べ、ダウンスイングでは からだの回転を止めるコト
それを前提に動いているので からだの大きな動作は非常に消極的、
おそらく 茲諒鼻弔發笋辰箸靴討呂辰り分からないモノ
にも影響を受け、からだの回転を止め
 その反動、その慣性で腕やクラブを振っている・・・
 (腕やクラブを送っている に近いかな)で ボールを打っています。



手打ち が悪い訳ではありませんが、
🔴ミスの頻度が高い
🔴ロフトが多めでインパクトする確率が圧倒的に高い
🔴が故に 同じ距離を飛ばすにも より多くのヘッドスピードが必要
🔴止める反動で振るので からだに無理が生まれ 故障し易い
などが 考えられます。
それを気にしない人、痛みに強い人、痛みが好きな人向き とも言えます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ