◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております


スイング用語で
自分のアドレス・構えの方向
それとボールに対する垂直になるラインのことを
「ブレイクライン」と言います。
d11be403

ハンドファーストに! って話ではないのですが
このブレイクラインを
当然ですが、グリップが先に破ります。

どうも 一般のゴルファーのスイングを見ていると
このブレイクラインの手前でグリップが止まり
ヘッドが来るのを待っているような
そんな気配が漂っています。

テークアウェイを含め
 腕さばきでクラブを振ってしまう人にとって
このブレイクラインを先にグリップで破ろうとすると
多分 強烈に開いたヘッド姿勢になってしまい
もしかすると シャンク連発になってしまうかも
しれませんね。

このラインを破って
フェースが下向きなヘッド姿勢を作るのに
ちょっとした実験があります。

意外に簡単で。。。意外に難しいです。

ミスショットの一つに 「ダフり」というのがありますが、
ボールを基点に 飛球線後方・飛球線前方
自分側(ボールと自分の間)・その反対側(ボールのあっち)
と 4か所の場所に分けると
よほど 特殊なケースでない限り
一番目の 飛球線後方(ボールの手前)を
だふりますよね。

では ボールは空振りしちゃったけど
ボールの先・・・飛球線前方
ボールより先側をダフルこと できますか?


もちろん ケガをしたりしないために
遅めのスピードでよいと思います。
ボールでなく、スポンジでも 丸めた新聞紙でも
何でもいいでしょう。

これ 体の回転でクラブ。。。ヘッドを動かしていない限り
かなり難しいです。
41cce488-s

一見 手で振るスイングでも
体を先に回し、ボールを通り過ぎてから
クラブを振れば出来そう・・・と思うでしょうけれど
体の向きがボールを通り越すと
=左を向くと 体は右が低くなり左が高くなります。
その状況でクラブを振ると それはさらに強まりますから
ボールを空振りして ボールの前(先)をダフろうとしても
がっちり ボールに当たってしまいます。
もしくは いつもの場所をダフッたりするでしょうね。

まあ それは遊びですけれど、
ボールをつぶす
ボールを上から打つ
ロフトを立てる
これらは同じ行為を指した 違う表現ですが
いずれも このブレイクラインをグリップがまず
かなり早い段階で
そして ヘッドが破るのとかなり離れて(時間差)
破らないといけません。

そう考えると イメージではありますけれど
実は インパクトしていくクラブは
自分の体の向きを平行に
上の写真であれば マットと平行に抜けていく
そんな感じなんです。

たぶん 多くの人は
クラブ・シャフトはマットと垂直
このアドレスの姿勢に戻そうとしてる んでしょうね…。

ヘッドをグリップよりもたくさん動かすのには
グリップを止めなければなりません。
クラブで扇の動き、円を描こうとすれば
グリップは前へ、先へは進みませんから
ブレイクラインはグリップでは破れなくなってしまいます。

このパズルが解けるとスイングは飛躍的に簡単に
スイングの謎が解けるんですよ^^
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ショットの練習やスイングを良くしていくのは
主に アイアンを使うことが多いでしょう。
IMG_0628

ゴルフクラブは ショットするコト、使い手にスイングさせるコト、
に特化した構造で、それは重さによって使い手に伝えます。
そういう意味では 悶絶クラブは有無を言わせぬモノがあるかもしれません。

現在は軽量スチール全盛の時代、
猫も杓子も「俺にもスチール使えるかも⁈」の時代ですので
非常に軽い(5番で240g弱)
重心距離の短い(35mm前後)小振りなモノばかり で
それに しならせることの難しい
     硬さのシャフト(振動数280cpm強)が装着
されていますから
ヘッドがどこにあった、どこを向いているのか
ほぼ 全く把握出来ません。

ヘッドの重さによって クラブが動かされる
ヘッドの重さによって グリップが押される

というコトを体験?、体感することはかなり難しく
ハナから ヘッドは振り回すモノだと思い込んでしまいがち です。

✋大人のクラブを短く切って使っているジュニア が典型的で
 気が遠くなるほどの反復練習で『型』でスイングを作れる年齢や
 練習量が有れば良い?かも? しれませんが
 そうはいかない大人にはとても辛い、苦しい気がします。

ヘッド が重さである というコトの認識できない、
へっどは 単なる打撃物と言う認識のクラブ では
速く振るほか 手立てがありませんから
勢いをつけるためか テークバックも異様に速く
リズム感・・・というよりは 肉体の限界の動作速度を強要されるような…
ヘッドの位置も把握できませんし 勢いも付いているので
深い オーバースイングチックなモノも多くなるでしょう。

悶絶クラブであれば
市販のヘッドよりも80g〜30%も重く
それが振動数半分(140cpm)位のシャフトに付いているのですから
嫌でも ヘッドを感じさせられます。

ヘッドって「重さ」なんだな〜 と言う認識にならざるを得ません。

自分の体の向きに対して クラブの位置がどうなのか
クラブの姿勢や位置によって どんな風に重さがかかるのか
スイング中に その重さが 重くなったり、軽くなったり
一体 どこで重くなるのか ということが逐一体に伝わってきます。

からだ、骨盤、胴体の向きでクラブを動かさないで
手だけでクラブを動かすのが 非常に億劫に 重たく感じるでしょう。
4bcbe6f4

手だけでクラブを動かせば テークバックでクラブはねじられます。
シャフトは横に倒れ、ヘッドは体の幅から外れ、フェースは開きます。
打ち手にとって クラブが一番重く感じる状態 です。

そう考えると ヘッドの重さの感じにくい 軽い/硬い クラブだからこそ
そういうスイングは作られていくのでは? と考えたくなるほど、です。

トップの位置の把握がし易く
そこから どのクラブの姿勢、ヘッドの姿勢だと
👉次の場所に行き易いのか
からだが突っ込んだり、右サイドが下がったり、
からだが開いてしまうのは
👉どんなクラブ姿勢、ヘッド姿勢が誘発しているのか

非常に分かり易いはずです。

スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

ヘッドが軽かろうか、シャフトが硬かろうか、
ショットは 打ち手とクラブの唯一の接点であるグリップを
どう動かすか、どのスピードで動かすか、どこへ動かすか
で決まってくるわけで
ヘッドを振れば、シャフトの角角度運動をすることは
イコール グリップを止めるコト、グリップの移動を妨げるコト
になるのですから、ショットの反復性が掴みにくくなります。
故に 速く早く振ることが必要な オーバースペックのクラブで
スイングを覚えると スピード調整の必要なアプローチが
生涯苦手となるのです。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



この10年でゴルフを始めた人にとっては
今 これが「普通」と思われているスイング論は
フェアウェイウッドを上手に打たせない
ティーアップされていること(空中にボールがある)
を例外と考えると、長いクラブが上手にこなせない
モノばかりです。

フェアウェイウッドを上手に使えるか、どうか
というのが スイングの成熟度の目安にもなるのです。

002

スイング軌道は
基本姿勢として前傾(骨盤と大腿骨の角度差)があるので
斜めに傾いた円弧 になりますが、
基本は 体に対する横の運動、向きを変える回転運動 です。

よって アイアンなどの短いクラブは上から
ドライバーや長いクラブは払って打って
というのは 前傾姿勢による軌道の傾きが
傍から見るとそう見せているだけで
どちらも 基本は水平方向/横方向の動きが中心です。(傾きはあれど)

411-5-1


✋フェアウェイウッドを上手く打たせない物理的な理由は
アイアンに比べると ソールの奥行きがあることです。

クラブを正しく体で動かしていれば
その奥行きは逆に ヘッド姿勢の補正に使え
非常に便利なものではあるのですが
手さばきに使うと そのソールの奥行きは
ヘッドの跳ね(地面との接触)になってしまい
結果、トップやダフリを多発する要因になってしまいます。

また フェアウェイウッドはアイアンに比べ
ヘッド重量が軽いので、ヘッドの慣性モーメント、
運動モーメントが低く、外的な圧力、要因を受けた時
ヘッド姿勢や運動に影響を受けやすい というのもあります
加齢などによる運動性能の低下 は
飛距離よりも先に弾道の高さに出やすいものです。
これは ラウンド中の疲労 とも似た関係にあります。
それを補うには フェアウェイウッドのように
打ちだしは高く取れ、飛距離も稼げ易い性質のクラブを
仲よくすることで、女性や高齢な方がスコアを崩さないようにするには
とても重要なポイントです。

411BK-6


✋ドライバーを含めた ウッド系は
アイアンに比べるとシャフトが長く
イメージとして 大きな円弧になるでしょう。
トップの位置が高くなるような印象がある分、
ダウンスイングでは下に振る必要が感じられると思いますが
そこがミスの原因です。

体で振るにしても、手で振るにしても
基礎になるのは 傾いてはいますが、
横に動くことによって造られる円弧です。

それに対し 縦の動きを大きく入れてしまうことは
円弧そのものの方向を狂わせ
横広であった円弧は 縦広のような形になってしまうので
クラブの最下点は想定よりも右にずれます。
最下点がボールより手前になってしまいます。

スイングを大きく変えるのは一朝一夕という訳には
行きませんが、フェアウェイウッドと仲良くするためにも
二つの事を実践してみて下さい。




.董璽アウェイでは出来る限りの右向きを造る

👉これは肩を回すことではなく 腰・骨盤を右に向けることを
 指します。
 腰・骨盤を出来るだけ多く 右に向けると
 ダウンスイングで時間が稼げますから
 体の正面とクラブの最下点のズレを少なく修正できます。
 ラウンド中、とても有効な手段だと思います。



⊆蠅気个はあくまでも
 スイング軌道に沿って 斜め と言うか
 横に押してあげることです。



👉クラブを下に、
 クラブを縦に振れば
 スイングの円弧とは泣き別れの関係を造りますから
 結果、最下点はボールの手前にズレ
 体も過度に上を向き
 ダフリ、トップ、上手く当たっても弱い球になります。

 どの道 利き腕でボールを打つのですから
 スイング軌道に沿って 横にクラブを押してあげて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



告知🌸第4回 スイング大改造セミナー開催



46498012_1169664983184117_3818376035250995200_o


👉来る4月11日(木) 午後3時頃 より


👉
場所:ハミングバード 横須賀店:大矢部3-14-10


ゴルフスイング大改造セミナー を開催(2時間以上)いたします。

参加費:お問い合わせください→野澤

 〇046-804-1480 まで
 〇hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


スイングを教えたい人に、より有益なセミナーと思います
また スイングを変えたい、
良くしたい、教わりたい 場面でどういう考えがそれを有効にしていくか
と言うのにとても効果的です。

https://www.google.com/maps/place/35%C2%B014'22.7%22N+139%C2%B040'30.3%22E/@35.2396434,139.6729063,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d35.239639!4d139.675095?hl=ja

 ✋スペースの都合上、
同時に受講する人数には限りがありますので、
参加は事前にお知らせください      店主

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



まず 定義として
インサイドから打つとは…  から。

ゴルフスイングで言う 
インサイドから打つ は
スイング動作進行の時間
が基準になります。

アドレスした時のターゲットラインの
内側から入りさえすれば インサイド というものではありません。

それには インサイドから打つメリット というのものを
理解する必要があります。
桑田晃_Moment
ひとつは ゴルフクラブ・クラブヘッドの特性として
正しく使えば ボールには左回転が入り易い というのがあります。
左回転の球をうまく使うには
ボールを飛球線よりもやや右目に出しておくのが有効です。
左回転がかかりすぎても 目標から離れにくくなるからです。
そのためには スイングの進行方向を
ボールより自分寄りの内側から入れたいところです。

MVI_0842(3)(2)(2)_Moment(4)MRa_Moment(4)












体の向きによるインサイドでなく
腕さばきによる疑似インサイドでは
軌道はインサイドから入っても
フェースの開き、ロフトの開きになってしまうので
左回転が入りづらく、
右に出す意味を消失する可能性が高くなります。
そこに ローテーションを入れると
今度は ヘッド軌道が安定せず
ボールの出球方向・左右の回転に規則性が生まれなくなります。


次に、スイング動作の進行は
体の向き、胴体の向き、骨盤の向き が基準です。
スイングに 前傾姿勢がありますので
右を向いているうちは 進行方向が低い が入ります。
進行方向が低いですから
ゴルフクラブの重さ、ヘッドの重さ、腕の重さ、体の重さ
 などが利用できます。
それがスピードの多少のスピードの助力にもなるでしょうし、
少なくとも スピードの妨げにはなり難くなります。
IMG_2813Trim(2)_Moment(9)

右向き〜進行方向が低い の時間を失ってしまうと
すべてのモノを横に動かさなくてはならず
重さはすべて負荷、動作スピードの妨げになります。

ボールを飛ばすには 強い力で!という意味ではありませんが、
ボールを叩く必要がありますが、
下に向かっているときであれば 筋力に頼らずとも叩きやすいですが、
その時期を失い、クラブを横に動かす時間帯に叩こうとすると
それは筋力が絶対条件になります。



ボールをインサイドから打つ には
二つの条件を満たす必要があります。

インサイドから打つ のは時間次第ですから
まず 右向きを出来るだけ作り
時間を確保しておく必要があります。
20170920_matsuyama-650x435これではインサイドから打つ時間が無さ過ぎます。

前傾姿勢との絡みですから
骨盤がしっかり右を向いていなくてはイケマセン。

次に ダウンスイングでの グリップの移動ライン
ヘッドの移動ラインが 出来るだけ短距離、短時間で
その時間内で済むようにしておく必要があります。

体を回してから クラブを振る
ヘッドローテーションする時間など 全くありません。

ヘッドローテーションをする ということは既に
インサイドから打つ時間を逸している意味でもあり、
よほど 腕力に自信がない限り その方法は
ボールと飛ばすだけでなく クラブの重さとも戦いになります。


右向きはたくさんあるに越しませんが、
そうであっても ダウンスイングの道のりが長すぎる…
グリップやヘッドが体から離れすぎれば
その時間内で収まりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



概ね どの機種もセット間のロフト差は3〜5度です。
元々の距離によっても異なりますが、
一般的に番手間の距離差は 10〜15ヤード前後でしょう。

ところが クラブを手で振る、クラブ扱いの悪い人に限って
6番アイアンで150ヤード打っているのに
サンドウエッヂは60ヤード

と言うのは少なくありません。
元々のヘッドスピードに関係しますが、
6番が飛び過ぎているのか、
はたまた ウエッヂが飛ばな過ぎるのか
そのメカニズムのお話しです。


IMG_0777


ゴルフクラブの基本的なメカニズムの話…ですが、
意外に忘れられているか、無視されています。

ゴルフクラブには
 番手ごとの長さ と言うのが存在します。

その長さによって、ヘッドスピードも異なりますが、
ボールの番手間の距離差は
✋長さによるヘッドスピード差で
✋長さによる入射角度も含めたロフト効果
 
で構成されます。

ゴルフクラブのちょっと分かりにくい、
理解し難く部分ではありますが、
どれにしても 必ず複合な要素が絡んできます。

長さ もそのひとつです。

クラブの長さが変わると
勿論ヘッドスピードも変わるのですが、
長いモノほど破壊力の一部であるヘッド重量は
長さに反比例し軽くなるので、
ヘッドスピードが主となって
 距離差が生まれる訳ではありません。



"5度の絶壁ロフト" のクラブで想定してみましょう。
ボールは当たり前ですが 地面を転がっていくよりも
空中を飛んだ方が「摩擦抵抗」が少なくなります。
ロフトの立ったものほど、当たり前ですが、
空中にボールが飛び出しにくくなります。
そこを補うのが 長さによって作り出される
ヘッドの入射角度
 なのです。

仮想のロフト5度のクラブで
長い40インチのもの と 短い35インチのものでは
ヘッドの入ってくる入射角度が異なり、
40インチのクラブの方が緩い入射角度になります。

ロフトの効果 というのは
 ヘッドの重さとヘッドの運動速度
 のエネルギー(破壊力)を
‖任曾个軍囘
▲棔璽襪硫鹽
ボールの速度

の3要素に分散させます。

ロフト角度の大きいものほど
´△多くなり、その分が減っていきます。
そして ボールの打ちだし角度というのは
計測上は地面との関係になりますが、
 ヘッドの入射角度に対するヘッド姿勢・ロフト姿勢
 で決定するモノです。
IMG_0607

単純な数値で言うと
ロフト5度のクラブであれば
ヘッドの入ってくる角度〜入射角度が5度 だとすると
ロフト角度の作用はその入射角度に作用しますから
 5−5 地面と平行に0度の角度で飛び出します。
入射角度が10度あれば マイナス5度の方向に飛び出ます。
逆に入射角度が0度であれば 5度の角度で飛び出ます。

ロフト角度が少ないほど スピン数は減ります。
それに反比例しボールの速度が増えるので
 飛距離を増やすのには好都合ですが
それが空中を浮遊しなければ ボールは飛びません。

ロフトの少なさを使って 距離を増やしていくための
唯一の欠点・・・空中にボールが飛び出しにくい と言う部分を
 クラブの長さで補っているのです。
長さを同じモノ にしてロフトを変えるだけよりも
入射角度を変える クラブの長さの変化 が伴なう方が
よりはっきりした距離差を造り易いのです。



IMG_0491


そこで問題になってくるのが
元々の製品としてのクラブの長さを
ちゃんと反映するスイング、クラブの扱いになっているか

どうか です。

IMG_8497

クラブの長さとヘッドの入射角度の関係は
ダイレクトにクラブの長さ・・・と言うよりも
そのクラブによって作り出される「前傾姿勢」が重要です。

.ラブの長さそのもの円弧の大きさ
∩扱校兩による入射角度

 これが二重の入射角度決定要素です。


体の回転でクラブを動かすと
入射角度は 前傾姿勢の角度に準じます。
つまりクラブの長さに準ずると言うコトです。


ところが 手で円弧を描いてしまうゴルファーの場合、
その振り加減や振り方によって
長さと関係ない入射角度になるのと同時に、
その振り加減や振り方に影響を受ける体の姿勢の変化の
二重要素が入射角度を決定します。
93564c62-s

クラブの構造上、同じクラブを持って
より緩い入射角度で入れてくる と言うコトは
そのクラブを長いクラブとして扱っているのと同じです。
故に 重さが掛かり易く それに伴い右が下がり、
左が上がりますから より緩い入射角度になり易い姿勢
になってしまうと言うコトになります。

👉褒められたことではありませんが、
 ヘッドスピードのそこそこある人にとっては
 これが上の番手の距離を稼ぐ要素になっています。

 逆に体力のない人にとっては
 より長いクラブ程、負荷がかかり易くなりますから
 より飛ばない理由になります。

アイアン等の番手間の距離差がはっきりしない方の場合、
元々 隣の番手の長さ0.5インチによるヘッドスピードの違いは
無いに等しく、誤差以下 です。
そこに加え 手で振ってしまい
長さ通りの入射角度にならないので
番手が違っても 違う球質の同じ距離の球 に
なってしまうのです。



また これが理解出来てくると
傾斜地による 距離や球質の理解も
深まってくると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


長らく待っていた悶絶クラブがやってきました♪

IMG_0624

早速、練習場に慣らしも兼ねて持って行きましたが、
初回は 従来の打ち方から抜け出せず
ダフリ、トップ、シャンクの佃煮から始まりました。

そのダフリ、トップがまずは 当たり損ねのスライス になり、
高さが取れたHighスラになり、徐々に掴まり始めました。

ちょっと夢中になり、昔のように連続で練習場に通いましたが
今、振り返ってみると、 あれ⁈ 練習すると肘とか腰とか痛くなる筈。。。。。。
だったのが なんともありません。
やわやわシャフトのお陰なのか、ヘッド重量のお陰なのか
よくわかりませんが、ゴルフショットでの痛みからは完全に開放されたことに
今になって気づきました。


流行りのT社のクラブを購入した友人と一緒にも練習に行き、無理やり打たされましたが
ワンショット、ワンショットが怖くて仕方ありませんでした。
ヘッドが軽く、シャフトが硬いと こんなにも歯を食いしばって振らないと
同じ距離が打てないというのは 比べてみると初めて分かります。
マン振りとはよく言いますが、マン振りしないと ちゃんと当たらないし、飛ばないのです。
こんなに振っていたら コースではもたないのがよく分かります。
358101-1


初めて手にしてから 冬を経て3か月半でコースデビューをしました。

結果、スコアはいつも通りではありましたが、
 段違いなのは ラフとバンカー です。
これはヘッド重量なのでしょう。
振らなくても距離は打てるというのが一番体感出来ました。

パッティングも慣れさえすれば距離感がとても安定しやすいです。

右向き不足が頭を出すと スライスも出たりしますが、
そこに意識を持ちさえすれば、万年スライサーだった私が
それを脱却するのは難しくなさそうです。
生まれて初めて ですが、コースのドライバーショットで
ドローボールもどきっぽい球も意図せず出たりもしました。
火の出るような当たり、と言うわけではないようですが
かなりランが出るようで 最長不倒距離も更新しそうです。

アプローチで従来は上げるショットばかりだったので
その点においては今も苦しんでいますが
その課題を克服し、ランニングを主に取り入れれば
スコアも伸ばせそうです。

IMG_0491


ゴルフクラブに対し、あまり頓着のなかった私ですが、
クラブによってこんなにもいろいろなコトが変わるのか というのは
少々驚きでもありました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



右利きの人が右打ちをすることが殆どな訳で
その利き手たる「右手/右腕」でどうボールを打つか、どう叩くか、
どうクラブを扱うか、さばくか は
スイングを決める重要な要素です。

一般的には
左グリップを支点に
〇右腕を曲げる、即ち短くすることで
縦であれば コッキング、ライを起こし
横であれば クラブを開いて、準備をして
〇右腕を伸ばす ことによって
左グリップを支点として
縦であれば トゥダウン方向にクラブを下に振り
横であれば フェースターンをさせる訳です。
img_849654_25726387_0

多くの人は スイングの「斜め」の円弧を
この腕さばきによって行いますから
縦半分・横半分、
コッキングと言う動作を 両腕自体を捩じりながら
そのコッキングの方向を倒し、右腕の曲げ伸ばし
短くし、伸ばすという行為にして斜めに行います。




この動きは ヘッドをたくさん動かしているようで
動かし手、使い手としては 「振った」「打った」実感の伴う
とても大きなさばき、動作ですので充足感のある行為ですし
プロに至るまで ほぼ全員に近い人が
この動きでボールを打ちます。
というよりも これだけ です。

このリリースの鍵は 支点が左グリップであるため
左グリップはどこかで運動、移動を止めなくてはなりません。
それはイコール からだの回転も止めるコトにつながります。
故に テークバックも右を向かず
その リリース準備、右腕を短くする行為で代替えしますし
左グリップを右グリップが追い越すためにも
左グリップをたくさん動かすテークバックになります。
そういう意味で動作として 理にかなっているのはいるのですが・・・
こと ボールを効率よく、安定して打つ というコトにおいては
スナップショット 1 (2012-07-27 13-10)
一番良くない方法なのです。

スイングで型を追いかけるのは賛成出来ませんが

人間の作法として 汚い、おぞましいのは避けるべきと思いますが、
このリリースをするためには 左グリップを右グリップが
握りとして 離れますので
その顛末として 不格好なアドレス、
からだの各所が てんでバラバラな方向を向いているモノになります。

動画などを見ていても
からだのどこかに「支点」を作って ボールを打つので
つっかえ棒のようなモノが形成されるまで と
形成されてからのリズム感がとても奇妙です。

構え ではなく、実際の握り として
両方のグリップは重なり合っている訳で
左グリップの上に、右グリップが乗っかった形です。

テークバック初動から、トップ〜切り返し〜インパクトまでは
実質的にも 右グリップの方が上にあり
        左グリップの方が下にあるのですから
右腕を伸ばしたら クラブを握っている左グリップを押してあげれば良いのです。
スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)

左グリップを支点として 右グリップと入れ替える
〜フェースターンをする となると 左グリップの下に右グリップを入れねばならず
その行為は同時に 左サイドのあがり、体の開きを促します。

フェースが開いてるのを閉じるため行う行為が
からだを開かせ、上を向かせるのですから
何がしたいのかよくわからないのです。

からだの回転という 一番大きなターンがあるのです。
そして ゴルフクラブの、特にヘッドの形状は 
それに追随しやすいよう、それを促し、助けるように出来ています。
からだの向きが 曲線、円弧を作り出すのですから
自分の体に対しては それに平行にクラブを押してあげれば
結果、円を描くという想像力を持ってほしいと思います。

スナップショット 4 (2012-10-02 13-56)スナップショット 6 (2012-10-02 13-57)スナップショット 7 (2012-10-02 13-57)





からだの向きの変更よりも 多い道のりをヘッドに描かせれば
からだの進行に遅れてしまい 結果、最終的に、体の代わりのことを
手さばきでしなくてはならなくなります。
からだの向きの変更で 移動していくだろう道のり よりも
短距離の、近道の、より直線に近い軌跡を追い求めるべきです。

そのためのリリースであり、
 そのための準備としてのテークバックです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


プロゴルファーも含め
本人が悩んでいるかは別として
陥っているのが「振り遅れ」(手遅れです。
今では その振り遅れを意図的にするのが
ゴルフスイング論とまでされています。




ロフトを立てる(正規のロフトで打つ)
ボールをつぶす//上から打つ

これらは共通の、ほぼ同じことを指す言葉…ですが
これは 如何に体の回転で腕、そしてクラブを
リニアに、ダイレクトに動かすか にかかっています。
42effa40-s60a4c063-s93564c62-s03e2a0dd-s







多くの人は 体でクラブを動かしている と錯覚していますが、
‖里鮴茲鵬鵑后  頂弦や左足のリードとか
体が正面を向く
その後 クラブを振る…
 体の回転を正面で止める  ➟左サイドの壁

 その止まった反動でクラブを振り始めます。

遅れたクラブを取り戻す
 と言う感覚を持っている人が多いですが、
元々正面にあったクラブを
テークバックで体を右に向けない
 もしくは
ダウンスイングでクラブを置き去りにして
 体だけ正面を向ける
  わざわざ 自分で置いてきぼり にしてから
腕で振っています。
反動をつけるため の体の動きを
体を使って振っている
(ウソではないですが)
体で振っていると錯覚しているのです。


それを治していきましょう。
スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)このドリルはフルショットで治すより
ショートアプローチ
 6番アイアンや7番アイアンで
20~40ヤード 低く打ち出すような
そのようなショットで治すのが良いと思います。


スナップショット 2 (2013-11-13 6-41)
しっかり右を向き
シャフトは地面と平行な状態から
始めます。




スナップショット 3 (2013-11-13 6-42)ダウンスイングは
足からや左半身からではなく
グリップ
特に左腕の上腕や肘などを
先行させて打つ感じです。

従来、体を先に 体が正面を向いてから
取り残された腕やクラブを振る と言う順序が
当たり前 だった訳ですから
最終的に 同期して、同調して体でクラブを動かす
と言うのに至るのには その正反対の
先に腕が動く 位でないとダメでしょう。


スナップショット 4 (2013-11-13 6-42)極端に言えば
右向きのまま
腕さばきだけで
ボールに向かう…
届かないからあとから体を回す

スナップショット 5 (2013-11-13 6-42)そんな感じで良いと思います。
このドリルをしていくと
フルショットはクラブが起きる(立ち)
ので よりクラブの重さによって
グリップが動かしやすくなりますから
とても有用だと思います。

この場合でのトップの位置から
グリップの向きを変えず、
下向き
飛球線方向向き
右向き(シャンク方向)

 のまま移動させてくる感覚が必要です。
体が回りますから 結果は異なりますが、
グリップの向き、向いている方向で円を描かないよう
意識してください。


☆アプローチやパターなどでもそうですが
左腕の上腕や肘などを動かすのに
肩を揺さぶって動かすケースが少なくありません。
振り遅れ する人の体や腕の誤った場所(箇所感覚)が
残っているのです。

脇を絞めろ/脇を開けてはイケナイ
と覚えているからでしょうか…。

多くの人がこのトライをする時に
右腕だけで行おうとしますが
ダウンスイングの進行方向に当たる左 左腕が
動いてくれないと 右腕が動かせません。
結果、右腕が行き場所を失い 潜ったり、
体からグリップが離れたりしてしまいます。


腕や肘そのものの動きでなく 肩の揺さぶりでも
同じ症状が出ます。
20090801 2009_09_01_01_25_27-306フレームショット20090801 2009_09_01_01_25_27-334フレームショット
注意してみて貰いたいのは
両腕で作る空間
 三角形か、五角形になると思いますが
その形が変わることです




このドリルだけではありませんが、
大切な意識する点の一つに
グリップの移動量とヘッドの移動量を揃えておくこと
クラブには長さがあり、円運動をするから
ヘッドの方がその長さの分だけ外周を動く
だから ヘッドの方が沢山動かす という誤解を解くこと です。
0e363453-s

確かに スイングは体の向きを変える円運動 です。
その結果、ヘッドの方が外周分多く動くのは確か です。

しかし、それは意識的にやることではありません。

この場合であっても
グリップが右から左への斜め「直線」移動
その直線感覚と平行して ヘッドを移動させねばなりません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

柔道やプロレスの経験はありませんが、

見るからに「腕式逆十字」は痛そうです ><


膝もそうですが、肘も曲がる方向は決まっていて

逆になるのは想像するだけで辛いです。

 

ですが、私のみる限り

とても多くのゴルファーは 自分から積極的に

それをやろうとしています。

 

ヘッドがグリップを追い越す

というのはその状態です。

本当のところは ヘッドはグリップを追い抜かない けれど

体が左を向くので 「そう見える」だけなのです。

それを自分から率先的に行ってしまうと

自分の右手の伸ばしによって

腕式逆十字を「毎回・毎回」してしまうのですから

痛めてしまうのも納得です。

 

mh

また クラブヘッドが軽い というのも問題があります。

ヘッドが軽く、シャフトが硬いから

そう言う風に振らないと飛ばない と言うのも大問題ですが、

軽いヘッドは慣性力がありません。

慣性力とはこの場合、インパクトで受けるボールの重さに

対抗して、その運動を続けようとする力ですが、

それが少ない(ヘッドが軽い)ので

インパクト時に必要以上の減速が入ってしまいます。

なんだか 妙な話ですが、

ヘッドが軽くて、シャフトが硬いから

より速く、より強く振らなければならないのに

その分の痛みと衝撃をクラブが緩和してくれず、

より一層自分が受けるのです。

ご苦労なこってす…。

 

多くの人はインパクトで

左腕を伸ばし、突っ張らかった状態でするもの

という固定観念があるようですが、

現実は 体が上を向き、体が大きく開いているので

左腕を伸ばさないと届かないに過ぎません。

逆に 伸ばそうとするから 体が開き、

左サイドが上がる上向きになるのかも知れません。

 

前にも書きましたが、

ドライバーショットでの インパクトの衝撃は

800〜1200繊。鵜填瓩あります。

それを突っ張らかった左腕で受けるのです。

それはおそらく肘への負担になるでしょう。


IMG_0491

 

私は考えるのですが、

左腕を突っ張ら無ければならない原因の方に

問題があると思うのです。

本来、理想論ではありますが、インパクト付近は

左サイドがボールと一番近い時間帯であり

一番低くなる瞬間でもあります。

そして 形としてインパクト付近で左腕が

伸びているとしても(意識的ではなく)

それは 体の姿勢を形成するためにも

左肘を曲げたままインパクトする位の意識

左肘が曲がっている状態で ボールの重さを受けて

結果として真っ直ぐになる位の意識が

良いのではないかと思うのです。

 

左肘が曲がっている状態でインパクトに入れば

左サイドはボールに近く、低くなっています。

であれば 右サイドは高く、
体は下を向いた状態で(上から入れる)

同時に インサイドから入って来れます。

そう 理想通りには行きませんが、その姿勢の方が

逆を造るよりも良いのではないでしょうか

 

MVI_0741_Moment(7)

ダウンスイングで遅れガチな左腕も考えると

やはり ダウンスイングでは体よりも先に

左上腕が動き始めることが有効だと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ