◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「パターの場合、重心深度と共に
 気になるのが 重心高、高さ です。」

質問「最近のマレットタイプは さぞ低いでしょうね。」

店長「まずは 画像でご覧ください。 
 昨日の順通り 行きます。


。矛織屮螢好肇襦 471.2g
IMG_0501
▲團鷏織如璽襭后 517.2g
IMG_0505
➂ベティナルディ360 355.2g
IMG_0500
ぅ謄ぅ蕁璽瓮ぅ鼻TPA18  320.9g
IMG_0499
ゥ好灰奪謄キャメロン#9 デルマー  353.9g
IMG_0503
➅オデッセイ ホワイトホット #7  352.0g
IMG_0502





 マレットタイプだけが異質と言って良いでしょうね。」

質問「想像以上に低いですね。」

店長「ボールが芝に沈んでいない と言う設定で
 比較してみましたけど…

 重心高さの数値はこんな感じです。
。矛織屮螢好肇襦 22.7
▲團鷏織如璽襭后 21.5
➂ベティナルディ360 17.5
ぅ謄ぅ蕁璽瓮ぅ鼻TPA18  16.7
ゥ好灰奪謄キャメロン#9 デルマー  18.1
➅オデッセイ ホワイトホット #7  11.6


 弊社の二機種 ブリストルとデール9は
 意図的ですが、重心は高いですね。

 ストロークするのに ある程度、
 ヘッドは空中を進むんですが…。

 こういう経験あると思うんですね。
 パターでは無いですけれど
 ショートホールで アイアンをティーアップして
 フェースの上の方、
 この場合で言うと 重心よりも高い位置に当たった時、
 ポコーンと弱々しい球になって
 飛距離も飛ばない。

 ボールのセンター だいたい赤道を打つとして
〇重心で当たるのと
〇重心の下側で当たる、
〇重心の上側で当たる、
 は同じ球、弾道、同じ距離にならないと思うんですね。

 ボールを転がすパターの場合も
 重心の上側で当たってしまうのは
 当然 重心で当たるよりも 飛ばない、
 弱い球になると思うんですね。
IMG_0510
 ごく一般的なパターの場合、
 コイン(10円玉)3枚位の高さ位(約5弌砲
 ヘッドが移動すると 重心とボールの赤道は揃います。
IMG_0507
 低重心のマレット、今回、実験で使った
 ➅オデッセィ ホワイトホット #7 だと
 重心で当てるには 10円玉 7枚分、
 1.2僂盥發ぅ肇灰蹐鮨兇蕕覆てはならない。

 これって 距離合い難いんじゃないですかね…。」

質問「パターストロークで
 ヘッドをどの高さで通すか
、なんて
 考えてみたこともないですよ…。」

IMG_0511
店長「ですよね。
 でも 普通にしてたら
 重心の上に当たって ポッコンとした球になる可能性がある、
 なので マレットの重心の低いパターって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す コトも大事なのかも知れないけれど
 ヘッドの通す高さも一律にするように
 しておかないとイケナイ んじゃないですかね。

 だって 距離感と距離が毎回バラバラになっちゃいますよ。
 その可能性は非常に高いと思うんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様との会話から始まりました。
IMG_0129
「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463















 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで


また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 540g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません

 フランジ、奥行きがあるので バンス角度を設けると
 座りが悪くなるので フラット、もしくは やや…0.5度スクープ

 テークアウェイが引き易いように
 ヒール後方部はすこし内回りさせます。
 〇〇こんな感じ🤓
IMG_0471IMG_0472















 ヘッド、フェースのトゥ側はやや高くしますので
 その分 ライ角度はフラット目 70度を予定しています。
IMG_0469
 ネック廻りは オーバーホーゼルだとシャフトが限定されてしまうので
 通常のインホーゼル式で 重心を高くする為
 ルールの範囲の中で、出来るだけ長く取ります。
〇ネック長は重さと重心の兼ね合い、
 構えた時のスッキリ感で決めていきます。


 この手のパターの有りがちな オフセット、
 グースは見た目の好みを除き、
 パター性能としては意味がないので
 ネックセンターが リーディングエッジになる程度で
 ネックの太さの半分分、グースに『見える』方法を取ります。

 仕上げは その方の好みで
 クロム・Wニッケル・テフロンブラック・ダークカッパー辺りでしょうか

 仕上がりは
 改良の回数、仕様によって 決まります。

 重心を高くする為 ネックを太く(ブリストルと同じ程度)、長くしますが
 そのおさまりがどんな感じになるか で出来上がりの日数、月数
 は決まってくると思います。

 おそらく クリスマスの間に合うか どうか・・・🙄
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「一点モノではあるんですけれどパターの製作 のこの機会に
 パターの幾つかのデータをお知らせいたします。
 〇このデータを取るのに あきひこ先生から
  パターを一本(オデッセイ ホワイトホット#7)ご提供頂きました。
  厚く御礼申し上げます。

 まずは ハミングバード恒例 ヘッド重量です。
 それぞれが 別の長さで使われた可能性がありますので
 一律ではないのはご了承下さい。
 〇写真上にある 赤点は重心位置 です。

IMG_0486IMG_0484IMG_0485






。矛織屮螢好肇襦 471.2g
▲團鷏織如璽襭后 517.2g
➂ベティナルディ360 355.2g
IMG_0481IMG_0482IMG_0483






ぅ謄ぅ蕁璽瓮ぅ鼻TPA18  320.9g
ゥ好灰奪謄キャメロン#9 デルマー  353.9g
➅オデッセイ ホワイトホット #7  352.0g


 一番始めに感じたのは ギャグ ですけれど
 最新のモノほど 名前が長くなりますね。」

質問「😊 😊 😊」

店長「弊社の影響はないとは思いますけれど
 やはり ヘッド重量は増加傾向にあると思います。
 重い方が転がりやミスに強いですから
 市販品で ヘッド重量400gオーバーも出現するんじゃ…
 と思いますね。

 TPA18 は 40年近く前のモデルですが、
 パターに限らず その当時は全般的にこういう重さ でした。
 軽量は売れる…(良いじゃなくて売れる)と言う時代を経て、
 今でこそ ウエッジは300g以下になっちゃいましたけど
 当時は 315〜320gなんてのは普通でしたから
 その時代の重量に戻っていくんじゃないですかね。」

質問「やっぱり 重い方が良いんですか❓」

店長「慣れもありますけれど どの道、重さはあるんですから
 重い方が対ボールに対しては強い のは間違いありません。

 テイラーメイドやピンも含め、どのメーカーもそうですけれど
 例えば 195g/45in が普通の時代に 205gのヘッドを出すとか、
 ヒットした商品は必ず『ほんの少し重めのヘッド
 モデルが進むごとに軽量化して
 段々売れなくなる って言うのがお約束のパターンです。

 ルールの縛りがあって 飛ぶモノ、真っ直ぐ行くモノ
 を模索するのには 重量の増加 が筋だと思いますよ。


 ロフト角度 はソールの形状などによって
 これも一律では無いので 数値を測るのではなく
 見た感じ で比べてみて下さい。
IMG_0487IMG_0494IMG_0493







IMG_0488IMG_0490IMG_0492







 やはり 特徴的なのは
 その当時、マレットやら 重心の深いモノが『無かった』時代
 上がり易い性能を補完する為、い呂笋篶ち気味 ですね。
 同じく 重心が低く、深い➅オデッセイ ホワイトホット#7 は
 ロフトが立っていると思います。

 今更…ですけれど 比較しちゃうと
 ウチの二機種´△蓮.悒奪病腓い ですよね。
 似た形状の ➂ベティナルディ360 とだと
 重量の通り 1.5倍位 ある感じですね🤓」

質問「単品で使っていると 何も感じませんけどね。」

店長「手前味噌ですけれど バランスの良さ だと思います。


 次は重心の深さ ですが
 これも 横一列並べて見ましたので
 見た目で比較してみて下さい。
IMG_0495
 数値は以下の通りです。 

。矛織屮螢好肇襦 10.5
▲團鷏織如璽襭后 11.5
➂ベティナルディ360 11.3
ぅ謄ぅ蕁璽瓮ぅ鼻TPA18  10.2
ゥ好灰奪謄キャメロン#9 デルマー  13.3
➅オデッセイ ホワイトホット #7  32.1

 見た目通り、➅ホワイトホット#7は断トツに深い。
 今どきの なんちゃら ってパターは
 皆、こんな感じなんでしょうねぇ…。

 そう言うパターも個性のヒトツなので
 否定するつもりはないけれど
 弊社のパターには ヘッド重量と言う武器 があります。
 重心の深いは フォローが出る が売りですが、
 重心が深いが故に アッパーに抜けやすい、
 ヘッド重量が重いのは 運動を持続する能力が高いので
 アッパーにならず フォローが出る と言う特性、
 それを 売りにしたいですね。
IMG_0496
 程よい重心の深さ 10亢 にするのには
 前側、フェースを大きくすることはし難いので
 ネック部の重さで調整するコトになると思います。
 重心の高さ との兼ね合いにもなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「店長の考える良いパターってどんな感じなんですか❓」

店長「幾つかありますけれど
 まずは 距離感が合い易い、
 自分の想い描いた距離が実現できるコトは
 大きいんじゃないか と思います。」
IMG_0128

質問「確かにね。」

店長「ソコの部分は パターヘッドの重さ と
 シャフトの硬さ もかなり起因しているので
 市販のパターしか打ったことのない方には
 イメージがし難い かも知れません。

 形状、見た目の要素としては
 動かしだし易さ、テークアウェイの引き易さ
 と言うのはとても大きい と思います。

 現在のパターヘッド、その形状の流行りは
 やたらめったら 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、
 なんですけれど
 それを意識する余り 距離感を忘れてしまっては
 元も子もアリマセンし、
 その形状が 動かし難さ を生んでしまって
 挙句 イップスになるような 形状が多い気がします。」
335400739_612216804055650_6789749583327675101_n

質問「分かります…。」

店長「パターストロークって
 真っ直ぐ引く よりも
 気持ち ほんの少し インと言うか
 真っ直ぐなんだけど 自分に近い方に『引く』
 方が自然なんだと感じるんですね。

 真っ直ぐなんだけど ほんの少しだけイン。」

質問「インサイドアウト❓ですか。」


店長「イヤ そこまで極端では無いんですが
 傍目からは真っ直ぐ引いているように見えるけど
 心の中では 少しだけ 自分に近づくような‥
 そんな感じ。
IMG_1412

 今のマレットやピンタイプだと
 サイトラインも入っていますし、
 形状も直線で構成されているモノが多いですから
 本当に、機械的な真っすぐを強要しているような…。

 特にマレットタイプの場合、
 ネックやシャフトの入りなどの影響もあって
 インに引くことを嫌がる形状が多いんですね。

 真っ直ぐ引きことは悪いコトではないけれど
 マレットのように 重心が深い、
 つまり 打撃のイメージであるフェースと距離差、位置差
 がある場合だと、重心点にかかる遠心力や負荷によって
 外にあがったり、フェースの向きが変わってしまったり と
 機能的には 真っ直ぐ引かせるコトを嫌がる要素があるんです。」

質問「ああ だから ループし易いのかな❓」

店長「ありますね。
 真っ直ぐ引こうとする、
 重心は外に膨らもうとする、
 もしくは フェースが左を向こうとするので
 それを修正するため インループする、
 …特に市販のヘッドは軽いですから そうなり易い。

 そう言う意味で ヘッドの形状もそうですけれど
 ネック廻り、シャフトの入り なんかが
 自然に、ごく自然に引き易さを生む
 引くガイドになると言うか、
 迷いを生まない形状が良いパターヘッドだと思うんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様との会話から始まりました。
IMG_0129
「寄せや長い距離はL型ブリストル、
 ショートパットはピン型デール9、
 どちらも捨てきれない、
 その両方の合体みたいなパター造れないんですか❓」

IMG_1414
『むむむむ…』

「L型とマレットの融合みたいなパターが…。」

『となると 古い テイラーメイドのTPA18 みたいな形状❓』

「そうですね。
 オデッセィのパターだと #9、
 キャメロンのパターだと デルマー、
 ただ トゥ〜ヒール方向にシンメトリー、対称っぽいと
 テークアウェイが引き難くて…。」

IMG_0477IMG_0465














『ソコはいじれますね。
 マレット… L型にフランジを付けたような形状
 重心が低くなり過ぎると ボールが伸びないので
 工夫が必要です。』
IMG_0464IMG_0463















 というコトで
 オリジナルは テイラーメイドのTPA18、
 ニックファルド全盛の頃、使ってましたね。
 コレをベースに ハミングバード風にアレンジします。

 一点モノ ではありますが、
 このパターに興味が有る方、
 欲しいな と言う方は ご予約下さい。(キャンセル不可)

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
  046-804-1480    野澤  まで


また、こうして欲しい という要望があれば
個別で対応できる範囲 実施いたします。


 予定では ヘッド重量 540g

 ロフトは 3〜4度程度 〇重心の高さ次第

 価格 未定(修正の回数によります)

 *おそらく 募集の数が増えても価格は変らないと思います。

 サイトラインは個別の要望除き、入れるつもりはありません

 フランジ、奥行きがあるので バンス角度を設けると
 座りが悪くなるので フラット、もしくは やや…0.5度スクープ

 テークアウェイが引き易いように
 ヒール後方部はすこし内回りさせます。
 〇〇こんな感じ🤓
IMG_0471IMG_0472















 ヘッド、フェースのトゥ側はやや高くしますので
 その分 ライ角度はフラット目 70度を予定しています。
IMG_0469
 ネック廻りは オーバーホーゼルだとシャフトが限定されてしまうので
 通常のインホーゼル式で 重心を高くする為
 ルールの範囲の中で、出来るだけ長く取ります。
〇ネック長は重さと重心の兼ね合い、
 構えた時のスッキリ感で決めていきます。


 この手のパターの有りがちな オフセット、
 グースは見た目の好みを除き、
 パター性能としては意味がないので
 ネックセンターが リーディングエッジになる程度で
 ネックの太さの半分分、グースに『見える』方法を取ります。

 仕上げは その方の好みで
 クロム・Wニッケル・テフロンブラック・ダークカッパー辺りでしょうか

 仕上がりは
 改良の回数、仕様によって 決まります。

 重心を高くする為 ネックを太く(ブリストルと同じ程度)、長くしますが
 そのおさまりがどんな感じになるか で出来上がりの日数、月数
 は決まってくると思います。

 おそらく クリスマスの間に合うか どうか・・・🙄
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフスイングと腰痛…悩んでいる人多いですよね。



両手離し(スプリットハンド)ドリルの映像を見ていて
 ちょっと気になるコトがありました。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(4)

フェースローテーションをする
左右方向としては 左肩を残しておかなければなりませんが、
ターンする為には左腕の長さは邪魔です。
が故に 左肩はその位置で 上に逃げなければ当たりません。

からだを廻して 逃がすと 当たらないから
からだの回転は一時止めなければならないため、
からだを右に傾けなければなりません。
置き去り君_Moment

多くのゴルファーの腰痛は右サイドが多いようです。

体重がかかり 潰れた右サイドに負担が増える、
と言って良いでしょう。

スプリットハンドドリルはその名の通り、
両手を離して握りますから、
その離れた分、菠は上に逃げようとします。
ですので ドリル であって
 本番で打つのには不向きな訳です。

グリップに関して、オーバーラップであっても、
インターロックであっても、インターメッシュでも
左右の離れ具合 は最小限に、
出来るだけ無い方が良いですよ
 と提唱しています。
ミス、の原因にもなりますが、右腰への負担や
左ひじへの負担を出来るだけなくしたい からです。

左右が離れていればいるほど、
手を返すスイングで有れ、そうでないにしても
左肩は上に逃げやすく、その分 からだは右に反り
右腰への荷重が増えます。

IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)










ミスにおいては
特に ヘッドターンをする人に多いですが、
ターンをするには 支点、
 スイングの場合は左グリップがそれに当たりますが
ラウンド中盤、終盤に差し掛かってくると
疲労〜握力の低下から
 左グリップが深く握るようになり
左右のグリップの密着度が薄れ、両グリップ間が離れます。

それによって 気付かないうちに、気付かない程度
アドレスが乱れ、からだの向きやボールの位置がズレます
 ボールの置き位置で言うと 前後1〜2個程度 ですが、
プロも例外ではなく、終盤のミスの原因 になっています。
元々 左グリップを フック気味に握る人に多い傾向ですが、
 ラウンド中、グリップを注意してみて下さい。

また、グリップの握り 特に左が深くなってきた というコトは
握力の低下、疲労 が出ている証でもあり、
そうなった時、自分の従来の距離を期待しない
 一番手分位距離が落ちる と言う想定をして
ゴルフをすると良いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの上手な使い方は
ヘッドの重さ・クラブの重さの使い方
大きく共通しています。
そして それはゴルフクラブの使い方 でもあります。

一般的に『信じられている』シャフトの使い方は
ヘッドをたくさん・グリップよりも多く速く動かす為
縦であっても・横であっても シャフトを扇のようにつかう
クラブを扇・振り子のように使う では
シャフトも活きてきませんし、ヘッドの重さも活きてきません。

4232-30-1

シャフトの役割は
✊如何にヘッドやクラブの重さを打ち手に伝えるか
✊ヘッドの重さを利用して グリップを動かすか
✊グリップ、そしてクラブを人力の補助として動かすか

(動かす、この場合は移動させる の意) です。


それをテーマに シャフトを使わないと
例えば クラブを替えた時、リシャフトした時、
2種類以上のシャフトの硬さやシャフトの違いを体感する時、
それモノが無意味なモノになってしまいます。

硬いシャフト そうですね、
ドライバーで言うと
45インチ換算で 振動数190cpm辺りが境でしょうか
アイアンで言うと
5番アイアンで 振動数210cpm辺りが境でしょうか
一般成人男性であれば
その位と思いますが、これより数値の多い、硬いシャフトを
正直 打ち比べても「単に双方硬いだけで」
あまり差は感じ取りにくいかもしれません。

ですので その数値を境に 上にあるものと下にあるものを
打ち比べると
 シャフトの使い方自体を体感することにもなります。



シャフトを上手に使う(使われる)には
注意点が幾つかあります。

それはクラブの使い方でもあるので
練習やドリルでは意識しておくと良いと思います。


✋クラブの姿勢
貴方にはどう見える❓_Moment
ヘッドとグリップの上下左右の関係は意識しましょう。

俗に言う『トップの位置』において
ヘッドやクラブの重さがグリップに掛かり
そのグリップが『次』の動作の妨げになり位置 に
ならないように注意が必要です。

『トップの位置』であれば
その次の過程は『ダウンスイング』になります。
言葉で ダウン『スイング』と言っていますが、
ダウンスイング全体は ほんの0.2秒以下の瞬時の動きです。
あれもこれも 色々とする時間もありませんし、
そういう『期間』でもありません。

どうダウンスイングしていくか、
何処の方向に、
いつ、どうのように していくかも
『トップの位置』のクラブ姿勢、
ヘッドとグリップの位置関係によって
 ほとんど決まってしまいます。

究極、動作としてのダウンスイングを省けるか
も それ以前のクラブ姿勢、
グリップとヘッドの上下左右の位置関係によって
決まってしまいます。

20170920_matsuyama-650x435例えば、このトップの位置
にしてしまえば、
余程の教練か、我慢がない限り
一般的には次の動作は
右サイドを潜らせる、上を向く動きになります。
それでは シャフトは活きませんし
ヘッドの重さも活きてきません。
体がまるでまわっていないのでNGではありますが、
このヘッドとグリップの位置関係、クラブ姿勢では
要らぬ動作ばかりが増えるばかりでなく、
動作そのものが ダウンスイングとして必要になってしまいます

補助してもらい、手伝ってもらうコトです。
上手くすれば いつ動かすのかもシャフトは教えてくれます。


シャフトと仲良く出来ると
「トップの位置」以降、シャフトは
グリップを、クラブ全体を進行方向に押してくれ
より左に、より下に、より打球方向にクラブを誘ってくれます。
その強さ、速さは 柔らかいものほど
ヘッドの重いものほど強く、速く
インパクトポイントを左にしてくれ
インパクトまでの時間を短縮してくれます。


ですので シャフトの使い方 に慣れてくると
シャフトの柔らかいものほど、ヘッドの重いものほど
『早く』インパクトがやってきます。(速くではなく
………それにも慣れて頂く必要があるでしょう。
ドライバーで140cpm台以下、アイアンで160cpmを
下回ると 相当そのタイミングは「早く」やってきますので
慣れるまでは 慌ててしまうというか
急かされてしまいます。
(笑)柔らかいシャフトは来ない… なんて(笑)

トップの位置 と言いましたが
その位置だけでなく
トップの行くまでの『過程』
俗に言う テークバック(テークアウェイ)も
ダウンスイングの道筋か行程 に
かなり大きな影響をもたらします。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11s
シャフトは特性上、一度しならせてしまうと
元に戻ろう、復元しようという特性が働きます。
その特性は、
グリップを動かそうした時に対してはプラスに働きますが、
ヘッド単体を動かそうとする動きに対しては
 グリップの移動を妨げる動きになってしまうので
気分は「ヘッドが速く・たくさん動いている」になりますが、
実際にはクラブ自体の移動は遅くなり、
 それによって 体の回転についていかなく、
遅れの原因になります。

ですので、テークアウェイで
 シャフトは極力しならせてはイケマセン。


シャフトはどの状況になるとしなるか というと
打ち手の動作 においては、
ヘッドの移動量とグリップの移動量 (運動量)に
大きな差異・違いが起こった時、発生します。


そして その差異・違い 移動量の差の殆どは
スイングは円弧 であり、
そして その円弧を肩(肩甲骨を含む)や腕で
積極的に作ろうとした時 発生します。
スナップショット 2 (2017-10-23 20-11) - コピー (2)スナップショット 1 (2017-10-23 20-11)






スイングは円弧ですが、
それは 体が向きを変えるから自然に発生するもので
体(胴体・骨盤)の回転通りにグリップ・クラブが動いていれば
円弧を意識する必要は一切ありません。
円弧、即ち スイング軌道(スイングプレーン)ですから
体の回転通りにクラブを動かしていれば
その軌道を意識しなくてよいのです。
自分の腕や上半身の上側(肩や腕、肩甲骨)で
スイングプレーン・円弧を造れば
必ず 前傾姿勢は失いますから、
本来 前傾姿勢で維持できる 軌道の傾き
特にダウンスイングの時の 下方向の動きは
自分で作る必要が生まれますから
一番忙しい時に 一番難しい動作が必要になってしまいます。
それを省かなくてはイケマセン。
クラブの長さによる前傾、それによる
円弧の大きさや傾きを失ってしまいます。

言葉や文章で説明すると 少々めんどくさい ことに
なってしまいますが、シャフトを使えると
スイングの動作の多くのことが省けます。
雑誌やレッスンで教えられる ほとんどのことは
シャフトが使えると 動作としてやる必要が無くなるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャフトの硬さ と言うモノに対して
夢語りに近いと思うのですが、思うことがあります。


9割以上…(ほぼ全員と言って良いかも、ですが)のゴルファーは
ドライバー  45インチ相当 振動数...150cpm を
打ったコトも、振ったコトも、持ったコトもありません。
ましてや 振動数二桁 なんて
触るコトも、握るコトも、見るコトすらないかも知れません。

〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m52s

好き嫌い は別として 一度でも
振動数150cpmの ドライバーを持つ、振る、打つ を体験すると
その100cpm上の 250cpmを恐ろしく硬く、単なる棒に感じ、
それが10cpm下の 240cpmであっても
それが10cpm上の 260cpmであっても
ヘッドが付いていない❓んじゃないか と思えるほど
 動きの無い ただの棒っきれ に思えてきます。

キックポイント なんて言葉を聞きますが、
 その棒のようなシャフトの硬さ…で?
と常々思う訳です。

150cpmを打ったことのない人でも
想像出来るかも…しれませんが、
初めて 150cpmを打つとすると
シャフトがものすごくし(短く)なるので
 チョロしそう…届かなそう  もしくは その真逆な

 テンプラしそう… 届き過ぎる…  想像をするでしょうし
逆に 150cpmを打った後、 250cpmのモノを打てば
シャフトが「全く」しなら(短くなら)ない ので
 届き過ぎ…そう か  
届かなそう… と思うモノです。
そして、それが そのまま スイングに反映されるのです。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
道具、なので サイズ とは異なるとは思いますが、
服であれば S.Ⅿ.L.LL. と試着してみれば、
 すぐその差は分かりますし、何かの事情(思惑)が無い限り、
 適正なモノを選んだ方が、快適ですし、見栄えも良いでしょう。
それから 考えると
 ドライバーを試打する際に、 R.SR.S.を打ってみて… って
 少し違和感を感じるのです。
 X…シャフトなんて 基本、マッチョな若者のモノですから
 対象外ですので、除外するとすると、
 R.SR.S はアマチュアが選ぶべき シャフトの硬さの端から端、
 それを打ち比べる って 本来、無理がある筈なのです。

つまり R...240cpm SR...250cpm S...260cpm
このどれもが硬くて どれも差がない のが現状なのだと思うのです。

👉選ぶ幅が狭すぎる と思うのです。

〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m7s


夢物語 ですが、 表記として
L (レディース) 155cpm(振動数)
 A (Gシニア)  170cpm
 AR (シニア)  185cpm
R (レギュラー) 200cpm
 SR (選びドコロ) 215cpm
 S (スティッフ) 230cpm
➂SX (マッチョゾーン) 245cpm
 X  (絶句ゾーン) 260cpm


この位の硬さの差異 が 本当の意味での「シャフトの硬さ」
シャフトの硬さの役割を考えた 差 だと思います。

大量販売を主としているメーカーが
 一本のシャフトでここまで 広い硬さ差では管理しきれないのもありますし、
 ,離勝璽鵑離轡礇侫箸函➂のゾーンのシャフトをまるきし同じ
 とする訳にも行かないでしょうから よりコストがかかる…でしょう。


しかし、実際には ヘッドスピード、体力、年齢の差
 また、スイングのタイプの差 によって
 シャフトの硬さには この位広い領域があった方が
 多様性も生まれ易いですし、楽しめると思います。



また コレも正直な感想ですが、
 現在の多くのゴルファーは 硬すぎるシャフトを使っています。
 故に、しならないシャフトをしならせて使うことに慣れてしまいますから
 振動数 5cpm程度のシャフトの硬さ には ノー感じ ですが
 しならせなくても しなるシャフトを使うようになると
 その 5cpmの差も感じ取れる人が増えてしまう ので
 製品誤差 を狭めなくてはならず
 昔のように バカバカ売れるのであれば やる意欲も湧くかもしれませんが、
 爪に火を点すような現代のゴルフ販売事情で
 コストもかかり、手間もかかる のを やる筈ありませんよね…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



弊社の「悶絶」と呼ばれている例えばドライバー
シャフトの硬さを表す「振動数」で言うと
150cpmを切るものも沢山あります。
市販のドライバーで柔らかいと言われているものでも
220〜230cpm 
70も80も数値が違います。

振動数がすべて、ではありませんが
 明らかに硬い。。。
(固有振動数は サイクル・パー・ミニッツで表わされ
 一分間にどれだけ振動するのか、を数値で表しています。
 シャフトの硬いものほど大きな数値、シャフトの柔らかい
 ものほど小さな(少ない数値)になります。)

これをリシャフト(シャフト交換)するような、俗に言うスポーツタイプの
シャフトの替えると、その数値は同じ「R]の表記
あっても 
数値はさらに跳ね上がり 250cpmを
超えるものも少なくありません。
この数年では、柔らかめのシャフトと
スポーツタイプの硬いシャフトの差はより広がったので…
そんな硬いシャフト使えるんでしょうか…。

一般的には、10cpmでフレックス(硬さ)が
ワンフレックス違い、 R⇒S⇒X となっていくと
20も30も数値は大きく、硬くなります。
そう考えると、150cpmのモノを仮に「R」とすると
230のモノは、XXXXXX 6Xになってしまいます。
001
150cpmを下回るような ドライバーを
ヘッドスピード45msを楽々超えるような人が
打っても、特にバラツクわけでもなく
慣れてくると、数値の低いものほど
スライスからはお別れ できるようになるものです。

初めてのお客様でも、持っている時(アドレスやワッグル)は
柔らかく感じでも、打ってしまうと「柔らかい」とは
感じないものです。
よくゴルフ用語と聞かれる
・・・シャフトが来ない(インパクトに)
・・・ヘッドが来ない
・・・インパクトを待っていなければならない

というのは、シャフトの柔らかいものほど、感じなくなり
逆に、柔らかいシャフトのクラブを打った後で
硬いシャフトを打つと、はっきりと、そう感じるものです。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)
各シャフトは見た目では非常に似ているため
シャフトを表すのに、キックポイントやトルク などで
数値化し、その特徴を表すのですけれど、
ごくごく普通の、決してヘッドスピードの遅くない人が
振動数150cpm のモノを打っても、問題が無いのに
それよりも 100cpmも130cpmも数値の大きな
明らかに硬いシャフトを打って
果たして そのキックポイントとか、トルクの違いを
 感じることが出来るのでしょうか。。。

それらはすべてシャフトがしなって、動いてこそ
良くも悪くも発揮されることを示した「数値」「特徴」です。
しならすことのできない、運動させることの出来ない
数値を比較してみても、何か意味があるのでしょうか

例えば、フェアレデイZ、GTR、ポルシェ、フェラーリ
動くからこそ、そのハンドリングや加速、ブレーキングなど
の違いや特徴が表れるもので、動かなければ
単にデザインとか色とかの大きなオブジェでしか
無い様な気がします。
(投機目的と言うのもあるのかも知れませんが)

現在のシャフトの色やデザインを見ていると、
結局、動かない代物だから、その差別化を出すために
無理な虚飾を背負っているような気がするのは
ちょっと穿った見方なんでしょうかねぇ。。


何か特別なテクニックを使わなくとも
各人がシャフトを運動させられるように、
シャフトには「硬さ」が色々あるのに、
YOUTUBEなどには
シャフトのしならせ方 何て題名のモノまであります。
ゴルフクラブは先端に、重心のずれたヘッドという重量物
が装着されているのです。
しならない、動かないモノを無理に動かしたら
それは単純な「
しなり」ではなく、捻じれ になって
 しまうのではないでしょうか。。。

ボールの左右の方向だけでなく、上下の方向も
ある程度厳密にして行きたい「ターゲットスポーツ」
なのに、捩じる と言う行為は致命的なことで
それを意図的にしないために、ヘッドの重心はズレていて
シャフトには各人が選べる「硬さ」が存在する、と考えた方が
使い方はシンプルになっていくと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「多くの方は…たぶん…ですね、
 からだの回転で打つ のは悪いコトじゃない
 手で振っちゃ芳しくない とは思ってると
 思うんですね。 」

質問「思っていますね。
 もう なんだか心理的圧力に近いモノがあります。」


店長「手で振っても 問題がなければ 好きにしていいんですよ。
 別にゴルフは スイングの品評会ではないんですから😊

 まあ 正直なところ 手で振っても上手く行くのは
 若い方か、腕力の有る方に限られちゃいますけどね。
 歳とってくると結構、苦しい…。」

質問「分かります…。」
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s






店長「でもね、からだで振ると
 チカラの有る 右手の使うトコロ が無い って言うか
 『右手の手持ち無沙汰感』がぬぐえ無い んじゃないか
 って思うんです。
katate_Moment
 グリップを進めましょう。
 そうなると 右打ちの人の場合、
 左腕で降ろすか、
 からだを廻すか、そのいずれか。

 じゃあ 右手はイツ使うんですか❓ って

 右手は使わないんですか❓ って。」

質問「なんだか 右手で打つ、右手で叩くのって
 悪いことのような印象がありますね。
 右手を使っちゃイカン✋ みたいな…。」

katate_Moment
店長「😊それじゃあ 右打ちしてる意味ないでしょう。
 切り返してから
 上から見ると 反時計回りの動きになりますけど
 この時 左腕って無力に近いですね。
 脱力してるって訳じゃないでしょうけど。
 クラブの重さを支えて
 からだの向き通りに移動するのが一杯一杯🤓🤓

 切り返し、ダウンスイング以降の左腕って
 からだの一部になります。
 その時の 左腕は イコール からだの向き です。
 左腕単体を動かすのは からだの向きでしか難しいでしょう。

 そこで必要になるのが 右手 です。
 このドリルであっても
 グリップを進ませるのは 基本、からだの向き です。
 力の弱い 左腕・左手で グリップの進ませるのは
 無理とまで言いませんが、結構、辛い。

 からだの回転 であったとしても
 クラブの重さ、腕の重さ、
 テークアウェイでの慣性も残ってますから
 かなりの重さ です。

 ここで グリップを進めるのは右手の仕事 です。
 切り返し と言う時期では
 方向はやや下向きになるのかも知れませんが
 スイングの流れに沿って でしょうか。

 このタイミングで 右手を使わないから
 クラブや腕の重さで クラブが寝たり、
 その重さで右サイドが下がってしまう、
 そして それでは十分力強くインパクト出来ないから
 あとから からだの、左サイドの、グリップの進行を止めて
 右手で叩くってコトになる訳です。

 切り返したら 右手でグリップを先に進ませる。
 右手を伸ばすことで グリップの進行を助ける、

 と言う方が良いのかも知れませんが、
 私個人は 右手主体のイメージは強い です。

 タイミングとしては
 心の中では 右手が先行。
 でも 重さもありますし、見た目や結果論では
 からだの回転、左腕の進行の方が先に見えるでしょう。
 でも 右手が先『気分』
5a0eeaec
 右手、右腕を伸ばし始めるが先 で
 あとは 後発のからだの回転との追いかけっこ です。
 右手には追いつかれたくない、
 せめて 打ち終わるまでは からだの回転で逃げ続けたい。
 そう言うイメージです。

IMG_0799
 右手の話しで注意点は一箇所。
 右手が、右腕が伸びて グリップを先に行かせるんで
 右手でシャフトを押すんじゃない。
 クラブを持った左手を押す感じになるでしょう。
 手で言うと掌底って言えば良いのでしょうか、
 トップの位置では 左グリップにかぶっている部分を押す。
 決して 指先側ではないですね。
 ここで シャフトの方を押したら…
 クラブ自身が回転しちゃいますから
 それではクラブが長くなって、重くなってしまうし、
 ヘッドの道のりも増えてしまう…
  🙄インパクトに間に合わない。
ダウンスイング〜左上腕_Moment(3)
 右グリップの方が 左グリップよりも
 からだに近い時期が右手を使う機会で
 左グリップよりも外になったら
 もう 右手を使う機会を失っています。
 そのタイミングで無いと クラブの重さが利用出来ない

 からだを廻して から 右手 ではなく
 右手を使い始めてから からだを廻す
 と言うイメージです。

 ここって 握り方のグリップが問題になって来るかも⁈」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「二つのスイング、
 からだの動きでは無く クラブの動きを比較してみて下さい。

 右打ちの場合、右を向いていた後、左を向けば、
 クラブがターンします。
 グリップも、ヘッドも、です。

 一方、からだの向きとクラブ、グリップが
 一緒に動かないと
 どこかで ヘッド・フェースだけがターンするコトになります。

 ヘッドターンとクラブターンですね。

 ヘッドターンしてしまうと
 どうしても ヘッドの向きを横に回転させなくては
 ならなくなります。

 クラブターンでは無く
 グリップの進行を後回しにして
 のちにヘッドターンを行うスイングでは
 どうしても ボールを打つ手前で
 余計な円、脹らみを持つコトになり、
 入射角度が緩くなりだけでなく、
 安定した入射角度が造れない(造るのが難しい)
 膨らみ具合も微妙に毎回異なるので、
 当たりが安定しない、
 トップ・ダフリ、厚い当たり、薄い当たり、
 数ミリの違いで差が出る訳ですが、
 その差を管理するコトが出来ないショットになります。

 ヘッドターンでは 下に円を造らないと打てない
 打つコトが出来ないのですが、
 その度合いを 数ミリ単位で管理するコトが出来ません。
 特に スピードで誤魔化すコトの出来ない
 アプローチでは 練習の量にかかわらず
 そこの難問は解決出来ないと思います。
 
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 フェースの向きとロフトは別々のモノ
 のような感覚ですが、
 言葉で言うトコロの フェースの向きは左右のフェースの向き、
 ロフトとは そのフェースの上下の向き のコトを指し、
 双方は 同じモノ、絡み合った一つのモノ です。

 ゴルフクラブは構造上、
 左右のフェースの向きが変われば 上下の向きも変わります。
 上下の向きが変われば、同じく左右のフェースの向きも変わります。

 クラブゴト、クラブターンしていれば
 それは緩やかな変化になりますが、
 ヘッドだけを動かすと それは急なモノになり、
 あとから行う ヘッドターンには どうしても
 好き嫌いに関わらず 左右のフェースターンが伴いますので
 (この映像でも好んでフェースローテーションしているのでは無いと思います)
 似た球、同じ球、同じ距離を打つのが難しくなります。


Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 0m53s
 あきひこ先生の動画
 最後に 飛球線側から撮ったモノがあると思うのですが、
 フェースの上下左右の動きが非常に分かり易く
 参考になると思います。

 ドリルでも言っていますが、
 先に グリップを進ませる。
 手で とも、 からだで とも 言っていません。
 グリップを進ませる のです。

 ちなみに 『下げろ』とも言っていません。 進ませろ です。

 ヘッドターンするスイングでは
 ダウンスイング、切り返しから
 まず 先にからだを動かし、
 その後 クラブを振る/からだを止める
 と言う順序になると思うのですが、
 まずは グリップを進ませてみて下さい。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s








 グリップを先に進ませておく『位のつもりで無い』
 腕やクラブは重さがありますから
 からだの向きに同期、同調して進んでいけません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あくまでもイメージではあるんですが、
 フェースの穏やかな縦の回転の中で
 ボールをとらえていく感じ。
 
 この動画からご覧ください。

 ,了点では アドレス通り、
 からだの前、グリップ通りにヘッドがありますが
 △砲覆襪函.悒奪匹遅れ…
 これは悶絶クラブ、シャフトがしなってくれるクラブだと
 普通にしていると起こることなので
 『背屈』などの手首で特に操作するモノではありません。
 ヘッドが遅れると フェースは円の外を向きます。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m9s
 クラブですと 番手、ロフトによって
 イメージが付き難いかもしれないので
 シャフトの角度 と言ったら良いでしょうか。

 右打ちの この角度から見た場合ですが、
 アバウトですけど
 円の左側、インパクトよりも前の状態では
 当然、フェースは円の外を向いています。
 円の左側で フェースが円の中を向くのは無理があります。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m28s
 円の右側、インパクト以降になれば
 人間の動きは減速・停止に向かいますので
 フェースが円の中を向くコトもあるでしょう。
 しかし、アプローチのような
 スピード・勢いのないショット・スイングであれば
 終始、フェースが円の外を向いたまま、
 ヘッドが遅れ、ロフトが立った状態のまま、になるコトも
 少なくありません。

 練習と言う意味ではコチラが良いでしょう。
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m11sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s







 動画の後半で
 ヘッドが遅れ・ロフトが立ったまま、
 その状態を維持したまま、向きを変えて振るのと
 途中から ヘッドを出し、
 ロフトの立ちを戻してしまう振り方 の比較をしています。

 アプローチで悩んでいる人、
 アプローチだけでなくショットで悩んでいる人の多くが
 ヘッドを出してしまう方だと思います。

 二つは当然、ヘッドの入り方も違います。
 ロフトを立てたまま、からだの向きで入れば
 ヘッドの入射角度はキツクなります。
 インパクト以前で ロフトの立ち、ヘッドの遅れ、
 よく言われる 溜めを解いてしまう(アーリーエクステンション)
 クラブの使い方では ヘッドの入射は緩くなります。

 今どき シャロースイング と言って
 入射を緩くする振り方がもてはやされていますが、
 元々 入射が緩い多くのアマチュアには
 それを より緩く入射するコトになるので
 害はあっても 良いコトは多くありません。
 入射がちゃんと取れる人に有効な方法です。


 二つのスイングを比較すると
 当たり前…なんですが、
 クラブを出してしまう、解いてしまう方は
 からだの回転が止まります。
 左向きがしっかり取れていない形になります。
 アマチュアの多くは
 この左サイドの絞りと言えば良いのか、
 左腕が突っ張って感じがインパクトの感触
 なのかも知れません。
 それは 単に左サイドが止まって衝突する感じなんですが…。
〇リリースの違い ヘッドを出すかor廻るか - frame at 0m41s
 また、クラブをロックする方は
 自然な形で 左に体重が移ります。
 まぁ 回転が止まらず 左を向くからなんですが…。
 クラブを出してしまう方は それをする為、仕方ないのですが
 からだの回転が止まり、体重が右に残ったまま、になります。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

(エイプリルフールなので😊)
内容は真面目だよ

店長「まず ですね、
 これはアプローチに限らないんですけど
 ボールをとらえる、
 ゴルフクラブヘッドという『構造体』を使って
 球体であるボールをどうとらえるか
 ってトコロに思い違いがあると思うんですよ。

 アプローチだけでなく
 ショットでも クラブを出しちゃう人、
 結果、手で振っちゃう人 の場合、
 シャフトを軸として ヘッドを横に回転させて
 ボールをとらえる って思ってるコトが多いです。
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m1s〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m4s






 まあ ヘッドを横に回転させて って
 思ってるから ヘッドが出ちゃうんですけどね。

 これだと シャフトの軸線に打点の無い
 重心距離・重心位置があるコトが不利に働くんです。
 一番加速したいトコロで 重心位置 が
 重さ・負荷・ブレーキとして働いちゃう。
 つまり ゴルフクラブでボールを打つのには
 不適切ってコトですね。

 よくハミングバードのブログや動画などでは
 フェースローテーションはダメだよ、辞めた方が良いよ、
 …あ、勿論、悩んでいるのなら ですけど
 って言っているのは
 フェースローテーションをするのには
 ヘッドをボールの方に出さなくちゃならない、
 クラブの長さが急激に増す(長くなる)、
 ミスの原因に、主原因にもなるし、
 重くなる、長くなる だから
 チカラの無い人向きの打撃じゃないですよ、って
 コトなんですよ。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)






 アプローチの場合だと
 長くなるから 手前をダふったり、
 その逆のトップにもなり易い、
 ロフト、ヘッドの入射角度がマチマチになり易いから
 距離感も掴めない上に、
 からだの向き と言う回転の他に
 腕周りで クラブを、ヘッドを回転させる という
 二重の回転が入るので
 運動のスピード感、距離感が掴みにくい という
 正直、良いトコロが何にも無いんですね。


 で、ですよ。
 ヘッドは 横じゃなくて
 縦に回転… 回転する訳じゃないですけど
 縦に動いて ボールをとらえるんだ、って
 感覚が掴めると グッと楽になるし、
 かなり進展すると思うんです。
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m8s〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m10s






 まあ 概念というか、思い込みの問題なので
 それが 直ぐに行動・動作になるか ってのは別ですが
 頭の中の ブレインウオッシュって言えば良いのか
 発想の転換は
 出来る人は瞬時に変更出来ちゃうけど
 出来ない人は かなり時間を要しちゃう。
 凄く簡単なんだけど、故に すごく難しいですね。
 ね JMさん🙄🙄🙄

 でも コレ アプローチだけで無くて
 ショット全般を かなり革命的に変化させる
 発想の転換なんです。

 あきひこ先生の
 このドリルはとっても参考になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スコアの伸び悩みに苦しんでいるのですが
 なにか 良い手立てはありませんか❓」


店長「漠然としていますが、
 やはり アプローチ なんじゃあないですかね⁈」

質問「やはり そこですか…。」

店長「一般的な 100を切る、90を切る、
 安定して90台で廻る 
 そこら辺が目標ですと やっぱり
 アプローチとパッティングの比重が大きいと思うんですね。」

質問「そうですよねー。」


店長「スコアがすべてでは無いですけど
 やっぱり 点数付いちゃうと ストレスになりますからね。」

質問「どうすれば良いんです❓」

店長「アプローチ…
 まずは グリーン周り から考えてみましょう。

 ショットをロフトの大きなクラブでする となると
 ロフトの少ないクラブでする よりも
 ふり幅、スイング自体が大きく、速くなります。
 ですので
.僖拭爾六箸┐覆い里❓
8番・9番・PWは使えないのか❓
➂PS、SWを使う場合、やむなし
 他に選択肢がない と言う思考順序を持っていた方が良いと思います。

 アプローチは なんでもかんでも PS、SW というのは
 あまり スコアには良い影響はないですね。

 W…ウエッジですが、Wの付いたクラブは
 それ以外に選択がないから使う と考えて下さい。

 8番、9番辺りの転がし
 まあ すこし宙を浮くパッティングみたいなモノですが、
 50ヤードで となるとちょっと大変ですけれど
 グリーン周り、
 パターで打っても距離感の掴める範囲であれば
 振り上げて振り下ろす みたいなスイングの大きさになりませんし、
 転がし であれば 当たりのミスの 影響を受けにくいので
 そのショットのミスによる 大叩きにはなり難い と思います。


 あと 考え方 ですけれど、
 バンカー越えとか、傾斜に止まったボールとか、
 そう簡単では無いシチュエーションでは
 次のショット、パッティングのコトを 考え過ぎないコトも大切です。
 『ああ アソコに乗ったら下りのパッティングだ。』 とか
 そんなコトを考えて コース攻略が出来るのなら
 そこからアプローチはしない筈…なのですから
 まずは 確実に乗せる、近づける、寄せる、
 そして 『ちゃんと当たる』 を優先して下さい。


 そして これはスイング造りにも発展しますが
 30ヤード以上 ある程度 ボールを『打つ』場合、
 特殊な場面を除いて ボールをこすらない
 ボールをしっかりとらえる打ち方をマスターしたい✊ですね。」

質問「そこ…ですよね…。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

そして ケンズチャンプをリシャフトの主軸 にしました。

今までは お客様指定のシャフトの、指定の硬さ で
 リシャフトしていたんですが、
 ケンズチャンプを主軸にしてからは 一応、ご希望は伺い、
 スイングを見て、行けるところまで「柔らかい」モノを選択。 
スナップショット 2 (2012-11-01 20-24)

ヘッドスピード50msを楽々超える人
 であっても ほどほど「柔らかい」スペックがとても有効✋
✋ヘッドスピードの速い人や
練習頻度、量の多い人は
肘や手首(特に左側ですね)を傷める、痛めている人が
多かったのですが、柔らかシャフトにすると
 それが短い時間で解決します。


そうなると 欲が出ますよね、
 私にも、お客様にも。
🤗もっと柔らかいシャフトが有れば もっと飛ぶんじゃないかと…。

ケンズチャンプのレディースを
 45インチ ヘッド重量200g に装着すると
 硬さは 230cpmを切る位…当時では異例の柔らかさ…ですが

✋✋✋2022年現在 45in ヘッド重量200g 振動数230cpm
 が 標準的な Sシャフトのドライバー になってます。


GC2_1600x900


それを下回るようなシャフトを 手あたり次第、テストしました。

女性も含め
 アマチュアゴルファーに美味しい「柔らかさのシャフト」帯に
 あまり多くの種類はないんですね。今も、昔も…。

499ef150
シャフトの硬さ選定、
そして 硬さの基準そのもの
今もゴルフ業界、用品界の大きな問題です。

ウッドシャフトの場合、
対になる アイアンシャフトとの兼ね合いも否めません。
当時は グラファイトの柔らかめ のアイアンシャフト も
出始めていました。今はあきらめ気味になりましたが、
アイアンシャフトをグラファイト化に‼
 誘導したかったんだと思います。


とは言うモノの、ゴルフ業界にとって『
 声の大きい人、意見を発する人は
 だいたいの場合
.僖錙爾里△襦▲悒奪疋好圈璽匹旅發ぁ
⊂ないスコアで回る人 ですが………
 その 発信者 の割合は実はとても少ないのです…。

 例えば、ですが、
 一般論で言われている 成人男性のヘッドスピード は
 42ms位と言われていますが、かなり お上手、が入っている数値です。
 本当に 42ms あれば かなりのハードヒッター です。

 日本のゴルファー全員を計測したわけではないので
 推測に過ぎませんが、30歳〜85歳 までの成人男性ゴルファー、
 (年齢で言うと 平均は 63.4歳位だと思います…)
 実ヘッドスピードの平均値は 37ms位 だと思います。
   (37ms 以下 の可能性も多分にあります)
 50歳以上で 37msあれば かなり飛ばせる方に属します。
スナップショット 4 (2013-03-29 22-29)

よく言われる その平均(願望)値 42ms を含め
それ以上の人は 全体の2割いるか、いないか、でしょう。
ですが その2割いるか、いないか の人は声が大きい。
夢中になっている人も多いから…
 お金もより多く使うから… もあるのかも知れませんが
ゴルフ用品の多くは その人たち向け です。
また ちょっと困ったコトに
ゴルフメーカーは その2割以下の方達に
受けることに大変敏感です🙄🙄🙄

本当は ヘッドスピード 37ms しかないのに
 願望も含め 無理して 42ms向け、それ以上のスペックを使えば
 無理して、余計なことをして 使わざるを得ません。

特に 個性的でない、フェースローテーションが意識の中にある
 ごく平均的なスイング、ごく普通のヘッドスピード、体力、で
 シャフトの硬さ(振動数) 150cpm を使っても
 なんら問題がない、もしくは、より楽に飛んだりするのに、
 知らないとは言え、
 250cpm、振動数100cpm フレックスで10個も硬いシャフトを使えば
 シャフトをしならせて、しなり戻して という
 必要のないコトが「必要」になってしまう のは当然帰結でしょう。

ゴルフ業界全体が 体力に応じたスペック を
 背伸びして設定しています。
  願望…は分かるのですが
 (ま 商売上、その願望をセールストークにし易いのですが)
 そこで さらに各個人が、背伸びしてクラブを選んでしまう、
 その二重の背伸びが
  実は ゴルフの悩み、スイングの悩み の 始まり
 の 可能性は非常に大きい と思います。

だいたいの場合、クラブやシャフトを選ぶ基準は
 適正 ではなく、 願望 なのです。
IMG_0030

話しは元に戻りますが、
求め続けた 美味しい柔らかさのシャフト の中で
抜群な性能だったのが フジクラのブラックスピーダー468 です。

 ちなみに ですが、
 フジクラのスピーダーの番号 の最後の桁 は
 それが リリースされた年号 です。
 ですので ブラックスピーダー468は 1998年、
 スピーダー757 は 1997年
 スピーダー569 は 1999年
 スピーダー661 は 2001年 です。

ブラックスピーダーは通常の硬さ表記ではなく F0.F1.F2.F3.
 と言う表記で F0 で上記状態のクラブ(45/200g) で
 230cpm と 同じ振動数 ですが、
 べらぼうに硬くて 使える人がいません。
 ヘッドスピード が 60ms近い人 であっても かなり辛い とのコト。

ブラックスピーダーに限らず、この頃のフジクラのシャフトは
 実験も兼ねていて、全域に合成の高い繊維でハニカムを入れていました。
 スピーダーは その名の通り 「復元の速い」シャフトですが、
 その意味は シャフトのしなり、たわみの復元ではなく、
 シャフトの形状の円形の歪みの「復元の速さ」で
 それが「速い」と 人間の感覚でしなりを感じる前に復元してしまいます。
IMG_0032

 ごく普通の感覚であれば F2  振動数210cpm あたり です。
 飛距離重視の人であれば F3  振動数200cpm じゃないでしょうか

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ハミングバードが『柔らかいシャフト』に至った
思い出があります。 30年位前(1990年代前半)…でしょうか
2f69dcd8.jpg

 オーダーメイドゴルフショップ とは言っても
当時は まだ グリップ交換や修理、リシャフトが主軸の商いでした。 
リシャフトを依頼され
 お客様指定のシャフト、指定の硬さ を装着する訳ですが、
 数週間、数か月後、そのお客様に練習場で出会うと
そのリシャフトしたクラブを使っていない、
もしくは また 別なシャフトに入れ替えている、

 と言う場面に かなり頻繁に遭遇する…のです。

20代の私にとっては
 高額なゴルフシャフト、
 壊れても居ないシャフトを交換するコト は
商売を除けば、羨ましい限り でした。
  にもかかわらず また、クラブを換える、シャフトを換える…
商売上はとても有難いですが、
 頭の中は「????」で一杯でした。



そんな商売の中で あるシャフトに出会いました。
 昔、日本のピンゴルフの代理店のキーストンと言う会社が
 プロデュースした 三菱製のシャフトで名称を
 ケンズチャンプ をいう、当時、人気の有ったシャフトです。

今でもそうですが、シャフトの硬さの分類は
 レディース、
 ●稀ですが A (アベレージなのか アマチュアなのか不明)
 R、SR、S、X、XX、 こんな感じ
その「ケンズチャンプ」の特徴は
 レディースから始まって A.AR.R.SR.S.SX.X.XX...
 と細かく分類され ✋それが 振動数によって管理されていました。

製品には誤差がありますので
✊同じ振動数であっても Rで作った時と、SRで作った時は
 どう違うのか❓
✊硬さを伏せて、目隠しで打って頂くと 一体どう感じるのか❓


 すべてのフレックスを 同じヘッド、同じヘッド重量、同じ長さ、
 同じグリップで ランダムに番号を振って
 かなり多くの人に、かなりの球数、かなりの期間、
 テストして貰いました。

すると 今までの 自分の漠然とした思い込み とは全く反対の
 そして 矛盾に感じていたことの答え が有ったのです。
01_b

延べ延べで 200人を超える人に打って頂きました。
 ほぼ全員が…
 スイングや、年齢、ヘッドスピードに関係なく
  一番下のフレックス の レディース(フレックス)が
  …振動数 で言うと 45インチ/ヘッド重量195g 👉225cpm前後です

 距離も✋ 安定度も✋ 振り易さも✋ 断然に良いのです。
 一番 柔らかいシャフトが 真っ直ぐ飛んで 振り易い という
 回答なのです。

そして、更に 硬さを『感覚で』判定して頂くと
 概ね…ですが、製品の表記とは 真逆の結果 になるのです。

 その頃のお客様は全国区というよりも
 やはり 地元のお客様が多かった…のですが
 その位の硬さをリシャフトに採用すると
 『飛ぶ』 ケンズは飛ぶ と評判になりました。
 年間で 200本以上リシャフトした記憶があります。



ゴルフクラブは構造上、上下左右、前後に偏重した形で
 方向も高さも、距離も
 数度という 上下左右の角度に司られています。

 安定して、効率よく、繰り返し 打つコトを望まれるスポーツで
 出来るだけ 捻じれ をクラブに造らないで打つ方が良い筈…
 …なのに 多くの人は『意図的』にねじれを造って打っている
 と言う答えもそこに合った訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


昨日の続き になります

振動数二桁 のドライバー のデータを取ってみました。

ちょっと失敗したなぁ と思ったのは
ヘッドがどれ位垂れるか、
シャフトがどの位しなるか、
重心位置と動きはどうか、
 などを確認する為、目立つように
共栄ゴルフ Vega RAD-04 の赤いヘッドを
使っちゃったんですね。

そんなにハイスピンタイプではなく ミドルスピン
って感じですが、今どきのロースピンタイプと比べると
やはり ちょっと微妙にスピンが多いかな…
 って思いました。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m52s
4人のテスターのデータを見ると
距離とすると ごくごく普通。
シャフトを造る際、何はともあれ 二桁 を
造りたかったので 壊れない、安全重視 にしました。
通常、シャフトには使用しない高級なシート(グラファイト)
も使いましたが 『飛び』に特化している、
と言う感じではありません。


 こんだけ柔らかくて、しなりますから
 最大飛距離が伸びる、飛ぶ、
 一発が出る✊ と予想しますよね。
 そして、その分 ボールはばらつく… と。
 

ところが、結果は驚き、と言うか
チョット予想外で
長尺-46in、重量ヘッド226g
というコトを考えると 飛距離は普通過ぎて
各人の使っている マイドライバー、
自前のドライバーと大体同じ。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
そして 兎も角、安定度が高い✋
弾道、着弾点、方向 どれもが
 非常にまとまります。
意外ですよね🙄


切り返しで大きくたわみます。
ですので その切り返しの感じ、
出来るだけ 大きくたわませないよう、
しなりのギャップを造らないよう振る、
そう使うと 安定するのかな❓
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m56s

振動数二桁 97cpm😊😊😊
場合によっては 普通の人の
3分の一の硬さ、振動数なのに
ものすごく安定する ってのはとっても面白い。

私も含めて 誰も想像してなかったんじゃないですかね🤓🤓
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは コチラの動画をご覧ください。

あきひこ先生を含め
3人の男性 50代.70代.40代の方に
あるドライバーを打って貰いました。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m27s
一応、安全のために
『振動数 〇〇〇ですので ソフトに入って下さい。』
とは伝えました。 

まあ 半分ギャグで造ったシャフトで
販売する予定はありませんので ご安心を😊😊

〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m52s
どうしても 二桁に突入するモノを作ってみたくて
ギリギリ だったので
長尺 46インチ
ヘッド重量は 226g
スイングウエイト(弊社では死語になってますけれど…) F-6.0 です。

長尺は好きじゃないですが
数字を出す為、無理やりやってみました。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m7s
動画を見ている限り、
このドライバーの数値・振動数を
言い当てられる人はいないんじゃないですかね。

ちょっと柔らかい…けど
ごく普通な感じですよね。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m17s
動画の最後に 3本の硬さの違うモノの比較 をしています。

.疋薀ぅ弌爾犬磴覆い任垢韻
 振動数 250cpm弱の5W
 ...ドライバーですと 240〜245cpm相当 ですので
 現在のドライバーの基準ですと
 SR〜Sシャフトと言ったトコロ でしょう。
▲魯潺鵐哀弌璽匹任鷲現狹な
 振動数 150cpm弱のドライバー
 ´△鯣羈咾垢襪函,なり違いますよね⁈
➂今回の目玉
 振動数二桁 97cpmのドライバー

 今回は 比較するのに 200cpm辺りのモノが
 無かったんですが、
 振動数100cpmはちょっとオーバーですけれど
 硬さにはこんなに幅があるのに
 230cpm と 240cpm を打って選ぶ とか
 打ち比べるとか ちょっと範囲が狭いんじゃない❓
 って思います。
 スイングのタイプや好き嫌いもあるでしょうから
 150cpmを選ばないというのは当然、有り だと思いますが
 150cpmを体験した後の 230cpmは
 全然 味わいが違うんですけどね😊😊
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m56s
 巷では ぶにゃぶにゃ と言われている
 150cpm も 97cpmを体験した後では
 非常にシャープな さわやかな味わい なんですよ🙄🙄

ちょっと面白い実験でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




酒飲みゴルフ話などで
何気なーく その手振り身振りを見ていると
結構 危ないイメージを持っている人が多いです。



✋アプローチの手振り で

スナップショット 7 (2013-07-04 23-37)スナップショット 8 (2013-07-04 23-37)
スナップショット 9 (2013-07-04 23-38)

手のひらがフェース なんだと思うけれど
このようなイメージでフェースを入れてきたら
これって・・・・
 ⚠ロフト90度でショットする     もしくは
 ⚠ソールでボールを打つ


まさに こすり打ちそのもの になります。

これでは ↑↑↑ 上がるばかり、 か
 ◎◎◎スピンが増えるばかり、 
もしくは その複合で
ボールは前に進みません。

俗に言う 危険なロブショット です。
成功率の非常に低い、奇跡のロブショット法です。


ボールに 上がる角度やそのクラブのロフトなりの回転を与えるIMG_0727
ヘッドの入れ方は
ヘッドの上から入ってくる軌跡 に対して ロフト角度
つまり その軌跡に対して 直角なヘッド(フェース)

     ・・・・仮にロフト0度の垂直 であれば ですが
 
スナップショット 11 (2013-07-04 23-39)スナップショット 13 (2013-07-04 23-39)

このイメージが 上から入れてくるイメージで
スナップショット 12 (2013-07-04 23-39)
スナップショット 10 (2013-07-04 23-38)
✖ これで入れてきたら 横から、 もしくは 下から 入るコトに
なってしまいますよ。

想像がつくかと思いますが
この二つは あまりにも大きなロフトの違い で
根本的に 飛ばせる人と飛ばせない人のクラブの使い方
ソノモノとも言えると思います。

葛谷Slomo_MomentIMG_0582_Moment










このイメージの間違いが
からだの使い方、スイングの作法にも大きく影響すると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「常時じゃないんですけど
 飛ばしを意識しちゃうと 右腕が強過ぎちゃうというか
 手で叩いちゃうんですが どうしたら良いでしょう❓」

スナップショット 7 (2013-05-14 4-36)スナップショット 5 (2013-05-14 4-35)





店長「質問有難うございます。
 おそらく よくある質問、よく有る悩みだと思います。

 右手で叩くコトは悪いコトでは無いと思います。

 正しく 右手で叩く であればOK✊ですが

 この場合は 手で振ってしまう、
 フェースローテーションが入ってしまう、強くなってしまう
 コトを指すのだと思います。
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m8s
 その環境下では 必要だからやったコト で
 右手で叩かないようにする とか
 からだを開かないようにする とか
 伸び上がらないようにする では解決せず、
 問題が別にすり替わるだけで
 複雑になって行く可能性があります。

 概ね…ですけれど
 どの問題も その望んでいな行為、作法を
 『する時間と空間がある』というコトに注目して下さい。

 この場合、右手で叩いてしまう は
 右手で叩く時間がある というコトです。
 右手を使う時間、より前に
 ボールに当たってしまえば 使う時間がない訳ですよね🙄
〇From USA?だっけ - frame at 0m44s
 ✋左手の、左腕の進行が滞っている可能性が高い ですね。
 それは テークアウェイで 左手、左腕の方が
 右手、右腕よりも多く動いている可能性もあるでしょう。
 その場合は 右ひじの外の張り クランチを確認ください🤓

 スイング動作の中で
 両方の肘 まではからだと考えて下さい。
 からだの水先案内人と言えるでしょうか✊
 手や腕は 肘から先、前腕を指すと考えて下さい。
 テークアウェイで右ひじが締まっている、
 下を向いている は 右サイドが動いていない、
 左腕を含めた、左サイドばかりが動いている可能性があるでしょう。

 ダウンスイング以降では
 だいたいの場合、切り返しの初動だと思いますが、
 からだの向きに対し、
 左ひじ、左上腕が取り残されている可能性があります。
 からだの向きで 左ひじ、左上腕を動かす と言う意識では無く
 左ひじ、左上腕の動きで からだの向きを誘導する
 勿論、意識ですけれど、そう考えてみて下さい。

 また、これは個別なケースによって異なるとは思いますが、
 ダウンスイング、切り返し から
 左腕を下げる、ではなく
 切り返しからいきなり  左上腕を上げる
 と言う意識の方が 滞りは少なくなる場合がありますので
 試してみ下さい。
(イメージスイング
 あと 基本的な概念は忘れられてしまい易い ですが、
 からだを廻す、向きを変えるのは
 クラブを持った左手、左グリップを動かす為で
 (勿論 ボールを打つ為ですが)
 からだを廻すコトそのものは手段でしかありません。
 クラブを持った左手、左グリップを動かさないのであれば
 からだの回転は『飾り』、
 ゴルフスイングらしく見せるための真似ゴト でしか
 なくなってしまいます。
 そうなると からだの回転に意義がなくなるので
 おざなりのテークアウェイ、右向き、に
 なっていくのが 一般的な流れです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「先日の記事の中で
 重心角度、重心深度に関して
 パターのソレのお話し
が出ましたけれど。。。」

質問「今は右を見ても、左を見ても
 大型のマレットタイプが多いですが…。」


店長「まあ ゴルフクラブは、特にパターは
 流行りをくるくる回さないと売れない
 ですから 仕方ないですよ。

 マレットタイプの問題は
 ずっと言ってきたので その話し です。」

質問「はい。」

店長「そもそも マレットタイプパターは
 弊社のL型パターや一般的なピン型 の
 パターに比べると 見た目通り、大きい ですから
 重心が深いです。

 そして コレはマレットの構造的な欠陥なんですが
 L型・ピン型に比べると
 圧倒的な 低重心 です。
mw2021_putter_mallet_odyssey_tttwoball_std-05
 言うなれば アイアンタイプのL型やピン型 と
 ウッドタイプのマレット というコトになります。」

質問「あれ? 重心が低い、重心が深い って
 ボールを上げる、打ち出しを取る に効果が高い
 のに 転がす パターに 有効なんですか❓」


店長「正直、微妙です。

 流行り廃りは置いておいて
〇モーメントを高くする
〇重心を深くする
 と言う点において
 形状をマレットにしています。

 モーメントに関しては メリットはあります。

 ただ 重心が深い は
 パターストロークと相性が良い とは言い切れません。
 おそらく…ですけれど
 パッティングストロークはオーバースピンをかける、かけろ、
 が起因しています。
 重心が深いと フォローが出易く、
 オーバースピンがかかり易い 
 と思っている人が多いのではないかと思うのです。
IMG_0030_Moment(2)
 ボールの転がり…ボールが転がるんですから
 どの道オーバースピン・順回転になります。
 しかし、ボールは芝の上に 自分の自重分沈んでいますから
 その分は飛ばなくてはいけません。

 重心が深い 
 重心が低い

 パターストロークがアッパーになり易く
 かなり ヘッドが上がり傾向でのインパクトになります。
 パターはロフトが少ない(3〜4度)ですので
 オーバースピンが過度にかかっていると
 フェースからこぼれるように ボールが飛び出ますので
 沈んでいる窪みの淵に当たってしまい
 早い段階でボールが弾み、かなりエネルギーをロスします。
IMG_0031_Moment
 また、この勘違いはかなり多いですけど、
 パターのボールの転がりは順回転、オーバースピンになりますが、
 それも適度な量で、オーバースピンであっても
 回転が多いと バックスピンと変わらず、抵抗になります。
 
 マレットパター…
 まぁ ヘッドが軽いというのも要因になっていますが、
 初速は速いのに、ボールスピードが急に落ち、
 ブレーキがかかるように ボールが伸びない…、

 のは その典型的な例です。



 私はたぶん、今のマレットには大きく改良の余地
 があるので 次のブームはソレだと思っています。
 とは言うモノの、
 ハミングバードとしては
 どんな形、構造にしたとしても
 マレットタイプには構造的な欠陥があるので
 オリジナルで製品を出すことは無いと思います。

 重心が深いマレットは
 その形状も相まって
 真っ直ぐ引く…
 本当に真っ直ぐ引くことを強要するような形状です。
 視覚的にもかなり強烈にそうですよね。」

質問「ですね。」

店長「ところが 大型の重心の深いマレットは
 重心の位置がフェースよりも 3センチも4センチ奥まっています。
 右打ちであれば 右にあるんですね。
 
 買う時は気にするかもしれないけれど、
 いざ 打つとなると
 ボールとフェースに集中します。
 特にコースではそうですよね❓」

質問「当然と言えば 当然かと…。」

店長「誰も 重心位置、重心の深さ なんかを
 意識して パットを打ちません。

 重心の深いパターは
 真っ直ぐ引こうとすると
 重心の位置のせいで
 ヘッドが外に、
 フェースが左を向くような形で
 テークバックが始まり易い のです。
335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 それを修正しようとすると
 外から中に ループするようなストローク(インループ)に
 なるコトが 結構、あります。

 もうこうなると 距離感どころじゃなくなり、
 どうストロークして良いか、迷うようになります。
 ヘッドが軽いのも それを助長していますが、
 テークバックの初動、静から動の動き出し が
 とてもし辛くなるのです、なり易いのです。

 マレットでパターがイップスになった人は
 心当たりがあるんじゃないかと思うんですね。

 ですので マレットタイプのパターは
 絶対 作りません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「フックを打ったり、スライスを打ったり は
 ヘッドの回転で管理するモノ と思ってました。」


店長「ヘッドの回転不足がスライス、
 外から入ってくるのがスライス、
 ヘッドの回転過多がフック、
 内から入ってくるのがフック、
 それって いつもと違うコトをする や
 ヘッドは回転させて使うモノ
 と言う前提がありますよね。

 いつも通り、出来るだけ似た球、
 それを繰り返すのでも大変なのに
 現場で いつもと違うコトや
 微妙な加減を 動きが始まってからする なんて
 ギャンブルだと思うんですけど…。

 ま それはそれで楽しい😊かも知れませんけれど
 推奨する訳には行きませんよね。

 それもこれも クラブってこういう風に使う、
 ヘッドの重心位置、機種による違いは
 こういう仕組み、こういう理屈 って
 大前提を勘違いしているトコロから始まっている
 可能性が非常に高いと思うのです。」

質問「はい。」

店長「尋常じゃない練習量やラウンド量で
 それを乗り越えてしまう人は いますけれど
 上手になり易い人 と そうでない人の差は
 ヘッドの回転、クラブの仕組みを含め
 横回転、ヘッド・クラブの横の動き ばかり気になって
 肝心要な 縦回転、ヘッドやクラブの縦の動き を
 軽視しているような気がしてなりません。
((つかまえのイメージ_Moment

 多くのゴルファーが気にしている
 アウトサイドイン・インサイドアウト の問題よりも
 ヘッドの安定した入射、理想的な入射
 俗に言う 上から打つ ですけれど
 そちらの方が 重要 と言っても良いと思います。

 ボールの曲がり よりも
 ボールをこすらない、
 そのクラブの長さなりの入射角度(アタックアングル)
 ヘッドを入れて来るコトの方が
 ショットの肝 としては大切だと思います。
((((ハンドポジション_Moment

㊟クラブの長さなり は 構えた時の長さ ではなく
 ヘッドが遅れてくる分、短くなる長さ(半径・直径)です。

 その上で 見た目、アウトサイドインであろうが
 インサイドアウト であろうが、
 繰り返し 同じ球が打てるのであれば
 それはどちらでも良いと思うんですね。

 スライスが忌み嫌われていますけれど
 スライス・右回転が入るのが問題なんじゃなくて
 ちゃんとした その長さ也の入射角度が取れず
 上から入れて来れないコトの方が問題で、
 クラブは構造上、しゃくったり、こすったり
 そういう入れ方をすると フェースの開き が
 『おまけ』でくっついて来ちゃう…、
 その『おまけ』の方ばかり 気にしている、
 そんな風に見えます。

 若い時はスライスだったのが
 歳を取ってくると 全然、別の  ボールが上がらない
 高さが取れない、高さが維持できない、
 と言う問題が 多くの人にやって来ます。
2021-06-04_21-01-10 - frame at 0m15s
 特に現代のクラブ、現代のボールは
 飛距離増強のために 過度なロースピン傾向にあり、
 それは 低重心や深重心などの 入射角度が取り難い、
 緩い入射角度を誘発するヘッドスペックになっているからで
 その時が来るまでに
 ちゃんと 上から、アタックアングルを取って
 (そのクラブの長さ也のアタックアングル)
 ヘッドを入れて来ないと苦労するコトになります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドの重量の中心点、
 ヘッド単体でバランスの取れる箇所を 重心点、
 ゴルフ用語では 重心位置 と呼びますが、
 その 重心位置に関係して
 重心角度 と言うモノがあります。 分かります❓」
doraiba
質問「はい。
 パターで言うトコロの
 クラブをグリップやシャフトだけを机の上に置いて
 落ちないように ヘッドだけ空中に置くと
 フェース面が 上を向いたり、斜めを向いたり…、
 そんな奴…ですよね❓」


店長「そうですね。
 マレットタイプなんかでフェースが上を向くのを
 フェースバランス なんて呼んだりしますけど…。

 通常のクラブの場合、
 その角度は 重心の深さに起因 します。
 重心が深いモノ、フェースから離れたところにあるほど
 フェースは上を向いていく、重心角度が増えていく。

 単純には アイアンに比べ
 ヘッドそのものの奥行き -フェース〜バックフェース方向
  がある ウッドは重心が深いですから
 それは 重心角度の増え にもなります。

 ごくごく一般的な アイアンとウッド(ドライバー)では
 アイアンの 重心深度は4仭宛紂,如―顛干囘戮蓮10度程度
 ドライバーの重心深度は35舒漫,  重心角度は 20度強 です。

 正確に言うと 重心距離と重心深度の比率 によって
 決まってくると言ってよいでしょうね。
 ウッドで 重心距離と重心深度の値 が同じだったら
 だいたい…ですけれど 45度の半分 22.5度です。
006
 今も名残は有ると思いますが、
 大型のアイアン、面の長い(トゥ〜ヒール方向)アイアンは
 トゥダウン等の関係から右に行き易い と言われていましたが、
 それを グースネック、と呼びますが、
 その目的は  ヘッドソノモノをネックに比べ後ろに下げ
 オフセットした分だけ 重心位置を下げ 重心深度を取る、
 それによって 重心角度を確保し、その右に行き易さを
 抑制していると言われています。」

質問「あ!

店長「そう気づかれました❓
 重心角度の数値は 静止状態ではありますけれど
 重量点が揃おうとする働きを 角度として数値化したモノ です。

 ですので『ちゃんと』使えば
 重心角度の有るモノほど 右打ちで言えば
 ヘッドが前に出るので ヘッドが左を向き易い、右を向き難い、
 なんです・・・・ が
 それは 重心が揃うように使った時 の数値 です。

 重心が揃わないように使う フェースターン、
 フェースローテーションの人にとっては
 重心が深い は よりヘッドが重く、
 よりヘッドが遅れ、戻ってきにくく、
 フェースターンで言えば フェースターンし辛いクラブです。

 しかし、一般論では
 重心角度の数値の多いモノほど
 右に行き辛い、スライスし難い、フックし易い、
 あたかも フェースターンがし易いニュアンスを持っています。
BlogPaint
 ゴルフクラブは無機質ではありますが、
 ゴルフクラブに考える理想的な使われ方と
 平均的なアマチュアゴルファーのゴルフクラブの使い方には
 かなり大きな齟齬があるのです。

 一応…ですけれど 重心角度の数値の大きなモノは
 重心距離が短い、ライ角度がアップライト が多いですから
 あながち 真っ赤なウソ とは言えないトコロがニクイですね。

 重心点がそろうように使って貰うとその効果を発揮する
 それが重心角度なんですけれど
 使う方は 重心角度は「フェースターン」させるモノ、
 重心点がそろわないように使うイメージなのです。 ]

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ