◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております


Q:悶絶クラブは 
 どのように選べば良いのでしょうか?



☞ A:悶絶クラブには
✴ヘッドの重さ
✴シャフトの柔らかさ

という圧倒的に市販のクラブスペックと違いのある部分が
ございます。

どの位違うか…というと
市販の5番アイアンですと
(シャフトの柔らかさ・硬さを表すのは
 固有振動数の数値を使って表記します)

ヘッドの重さ    240g  ➡300g
シャフトの柔らかさ 290cpm ➡140cpm
こんな感じです。
この数値の差が基本になります。
*ちなみに アイアンの番手間の重さの増量は
#5→6 で8g前後です。
240g→300gの違いは 5番アイアンの長さに
ちょっと重いサンドウエッヂの重量が
備わったと考えるといいかも…です。
シャフトの硬さは通常
S(エス)シャフトと R(アール)シャフトの
硬さの違いは 10〜20cpm です。
290cpm→140cpmの違いは
SR→R→A→L(レディース)→LL→LLL→LLLL(3)→LLLL(4)→
LLLLL(5)→LLLLLLL(6)→LLLLLLL(7)→LLLLLLLL(8)
位と考えてよいかと思います。



この違いの中にも幾つかスペックが存在し
簡単な区分けをすると

✴ヘッド重量
市販スペック 240g
 。横沓毅
◆。械娃娃


✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 。横娃cpm
◆。隠僑cpm
 140cpm


こんな感じの組み合わせになります。


弊社のクラブが 「悶絶」 と呼ばれるゆえんに
この「ヘッドの重さとシャフト柔らかさ」があるのですが、
多くのゴルファーは
クラブは左右にぶらんぶらん振って使うものだと
思っています。
ブランブラン使ってボールを打つと
ゴルフクラブの製品ロフト以上に
ロフトを寝かして、ボールの底面をこすって打つ
グリップとヘッドを別々(
別々な機会)に動かす
そんな打ち方を覚えていますから
一般のメーカーもそれに応じて
ストロングロフトにし、
ヘッドを軽くし、
シャフトを硬くし、
ヘッドを返しやすくし、

量産型のクラブの造り手のコスト意識にも通じるので
その道をまい進してきました。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)






そのぶらんぶらんクラブを揺さぶったまま
ヘッドの重い・シャフトの柔らかい(悶絶)クラブを
使用すると、その動きはさらに増幅され
より ロフトを寝かして(フェースを開いて)
よりボールの底面をこすって打つような形になり
悶絶してしまう訳です。

しかし ゴルフスイングの基本は回転運動・軸運動です。
ゴルフクラブ自体が動くものではなく
ゴルフクラブを持った打ち手が向きを変えることによって
ボールを打つ為のもので
本来のゴルフクラブの各役割は
ヘッドの重さは直接的にボールに…打撃力として働き、
シャフトの柔らかさは
クラブの重さが 
より打ち手のつなぎの部分であるグリップを動かし
体の回転に助力・追従させるためのものです。

それを実感して頂けると
より少ない力で、より遠くへ、そしてより真っ直ぐ
ゴルファーの永遠のテーマである
遠くへと真っ直ぐと言う両立が可能になります。

で、そのためにどう選ぶか…というと
よく聞かれるポイントで
その人に合ったもの…と言う言葉がありますが、
その人に合った というのの
「いつ」に照準を合わせるかが重要です。
HBS 001


【ケース1】現在のその人に合った というのは
  過去のもの を指します。
現在のゴルフスイングは過去のスイング遍歴やクラブ遍歴
それらの蓄積によって作られたものです。
当然 市販クラブをベースにしていますから
ヘッド重量も軽め ヘッド,箸
シャフトも弊社の中では硬め シャフト,箸
そこら辺を選ぶと
今までのスイングのまま、
ヘッドやシャフトの恩恵を受けられます。

お金と時間はかかってしまいますが
「よし! スイングを変えるぞ‼」 と
意気込まなくても、ステップバイステップで
、□ とスイングは徐々に変わっていきます。
「慣れ」がスイング改造とも言えます。

d4a3aa3c


✴ヘッド重量
市販スペック 240g 
 275g   300g
✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 200cpm   165cpm   140cpm

【ケース2】スイング改造に重きを置く
これは未来、悶絶クラブを使って未来に照準を合わせる
ということになります。
その場合は 
ヘッド
シャフト△
ということになりますが、
シャフトはかなり強烈です。
多くのパターンですが
違和感は持っていても、市販のクラブを使って来た人が
シャフトをいきなり打っても当たりません。
空振りもあり得ます。
ところがシャフト △發靴は△鮖箸辰真佑
シャフトを打つと、特に違和感は感じず
ヘッド重量は同じなのに シャフトの方が
ヘッドを感じられ、より楽に感じます。
市販クラブからステップを踏んで
あまり悶絶をしないでとなると シャフト◆➡ 
という事になりますが、
悶絶は深くとも スイング改造を重視するのなら
一気に ヘッド◆.轡礇侫鉢 の組み合わせも
楽しいと思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



最近のアドレス姿勢でとても気になることがあります。

一つは先日書いた 間違った前傾姿勢の取り方 です。
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html

yjimageLL19E073

もう一つは 年々増えつつある 現象にもなりつつある
アドレスなのですが、
それは アドレスで手をボールの方に出して構える ことです。

前傾姿勢の取り方にもよりますが、
腕は肩から、特に左手は肩からだらっと下がった
所に収めておくべきです。

意識されていませんが、
両腕は当然クラブよりもはるかに重いものです。
yjimageW5TCMT5G

特に腕をボールの方に出して構えるゴルファーの多くは
腕やクラブを振るため
その重さはかなりのモノになります。

体は当然その重さを支えようとしますから、
ラウンド中 疲れてくるとアドレス姿勢も変わってくるでしょう。

腕を出して構える ということは
運動でさらに増えるその重さを解消するため
必ずスイング中 前傾姿勢を起し、無くしてしまうことに
つながり易くなります。
IMG_0569IMG_0567




















前傾姿勢の取り方が間違っていると
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1945017.html
こうなりやすい のも確かですが、
これもラウンド中疲労に伴い変化しやすい
アドレス姿勢の代表例です。

このようなアドレス姿勢と取ってしまうと
自分とボールとの距離 が非常にあやふやなものに
なり易いですから 注意が必要です。

右手グリップは左手グリップよりも
ヘッド側…遠い方を握りますから
ボールの方に近い感じですが
左グリップは肩からだらっと下がったところで
クラブと合体することを意識してください。

体が前傾して出来た 下方の空間
この中をグリップを移動させるイメージです。
腕の重さは 長さを付けて 増やさない
というのは 動作中、姿勢を維持するためにも
とても重要なことです。


ゴルフショットは
理想的には 出来るだけ正確に、
出来るだけ繰り返せて、
出来るだけ少ない労力で
より遠くに 「ボールを打つ」 為のモノで
クラブの運動を増やし
クラブを遠くへ放り投げる その過程で
ボールを打つことではありません。
(意味わかりますか?)
スナップショット 1 (2017-01-21 11-26)

私の目には 最近のスイングは
クラブをより遠くに放り投げる過程に
ボールがあって、
二次的にボールを打っているようにしか
見えません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを打つ為、セットアップする構えを
アドレス(ポスチャア)と呼びますが、
その中でも大切な一つに
 ボールの置き位置 があります。

005


幾つかあるレッスンの中には
番手などによって ボールを位置を変える 
と言うのがありますが、
それは 位置把握のしやすい、目安になるものの多い
練習場でなら良いかも知れませんが、
傾斜や景色が毎回変わり、疲労によって変化の起こりやすい
コースでの方法論として適切ではありません。

ショットは兎角ミスが付きまといます。
ほぼ、全部のショットがミス と言っても過言でない程
ミスはついて回ります。
そのミスの確率を下げ、ミスの幅を狭くするためにも
ボールの位置は固定した方が良いと思います。

その基準になるのは左の靴です。
002

ボールの前面が左のかかとになる位の位置
クラブの長さや番手が変わっても 置く位置は同じ。
変わるのは 右靴の位置 → スタンスの幅 だけ
と言う方がより簡単になると思います


このボールの位置は
 インパクト時に体のセンターがここになる
 インパクト時、体は左の脚が軸足になる

という事を作っていきますから、
現在、ボールの位置が右に寄っている場合、
ボールの位置を治すとなかなか上手く行かなくても
その位置を習慣づけることによって
体の回転、体重移動、アドレス姿勢が
改善されますので、続けて下さい。
スイングの改良の非常に大きなポイントです。

体の回転は背骨が軸になる動きです。
人間の体は 厚み に対し
重さは背骨よりも前(胸)側に位置するので
背骨を軸に右を向けば、その重みは右足の上
左を向けば、左の足の上に乗ってきます。
体の回転と体重移動は同意語に近い
密接した関係です。
003

ボールの置く位置が
自分のインパクト時の 体の位置、姿勢を決めます。
8a862ab6

アドレス時の真ん中や
それよりも右にボールを置く ということは
体重移動を放棄する
 →背骨を軸とした回転運動を放棄する
という事になりますから、
慣れるまで上手く行かなくてもあきらめず続けて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アドレス姿勢(ポスチャア)…に行く前に
まず セットするボールの置き位置
についてのお話をします。

yjimage


この ボールの置き位置
正確な確率は分かりませんが、
ハミングバードが見る限り
アマチュアのコースでのミスショットの
半分以上、おそらく7割に届くような 原因が
ボールの置き位置に秘めています。

それはどういうことか というと
アドレスでの向き、とも関連しますが、
コースへ出ると 傾斜があります。
その傾斜も 左靴、右靴、ボール、で
三者三様であったりします。
向きと絡み合って、ボールの置き位置が一定しない
毎回バラバラ
その置き位置では打つ前から失敗が確定…
のようなことが 本当に頻繁に発生します。
005

と同時に 練習場の悪い癖、というか
知らず知らずの習慣なのですが、
日本の練習場はとてもよく出来ています。
そう、どこの練習場であっても
ほとんどすべてのものが 規格サイズ がゆえに
知らず知らずのうちに その距離感
例えば ボールとの距離 などを
その サイズに依存しているケースが多いです。
直線が多いので アドレスなどの向きも
それに委ねているケースも少なくないのです。

一度 練習場で、打たなくてよいのですが
自分の立っているマットの上にボールを置き、
マットなどの向いている方向とは
全然異なる 曖昧な方向
35度左向きとか 23度右向きとか
適当な方向を向いて セットアップしてみて下さい。

おそらく 方向、ボールの左右位置、ボールとの距離感
これらも なんとなく違和感 というか
落ち着かない感じになると思います。


そうなった時 持っているクラブ を地面に
自分のアドレスした 両足のかかとに沿って置き
もう一本のクラブで そのかかと線のクラブと垂直に
ボールに対し 置いてみて下さい。
002

まあ 十中八九、自分の望んでいる向きよりも右を向き
マットに対し左向きの目標方向であれば右寄り、
マットに対し右向きの目標方向であれば左寄り、
いつも 理想的に構える状態よりもボールの位置が
ズレている筈です。

ボールとの距離感も一定しないかもしれません。
向きによって ボールとの距離感もズレる可能性が
あるでしょう。



アドレスの重要点の一つに
目標とする方向と平行に構える。
フェースの目標と交わらないように平行に構える。
と言うのがありますが、
家でセットアップの練習をしたりする場合、
なにかに平行や垂直に構えず
中途半端に斜に構えてみる練習をするのも
コースでの無用な、無駄なミスショットを減らす
かなり大きな一手になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


0e4d0881
アドレス、ポスチャア、始める時の構えのコトを指します。


ここで大切になるのは
自分の
 『アドレスの向きに対しボールの置く位置がどこか』
というコトになります。
◌ボールの位置がどこか ではなく
 打ちたい方向に対し、自分なりにちゃんとスタンスの向きを取れるか
 常時、似たようなスタンスの向きを作れるか がポイントです。

✋スタンスの向きの作り方が
 いつも曖昧だと 結果 ボールの位置
 自分のからだに対してのボールの位置もズレます。
 ミスショットの原因の半分以上は ここで生まれます。


アドレスの向き 👉スタンスの向き ですが
200px-08_tory_railtrack_ubt
ゴルフの向き〜打ちたい方向は
ボールと相対しているクラブの向きと平行で
このヘッドとスタンスの二つの直線は
 どこまで行っても交わらない平行なモノです。
線路のレールの関係と似ています。


その際、心がけておきたい、慣れておきたい のは
スタンスの向きの基準は つまさき ではなく、『かかと』 です。

多くの右打ちゴルフファーの場合、
右足のつま先よりも 左足つま先の方を開き気味にします。
その 左右の開き具合の違うつま先を基準にせず
かかと で アドレスの向きを作る手順なり、ルーティン、慣れ
を作っておくとよいかも知れません。

つま先基準にして、いると
かかと基準にするよりも ボールは左、前にズレます。



股関節から上の「正しい」からだの回転を目指すのなら
ボールの置き位置は 左足かかと前あたり
インパクトの時のからだのセンター をお薦めします。

0e4d08811

初めてゴルフクラブを握って ボールを打つ
という過程を過ぎ、少し経つと スライスで悩むようになります。
コースへ出て スライスしても OBなどにならないようにする為
左を向いて構える場合があるかと思いますが、
左を向く時、その基準になるのはボールです。
左を向く分、自分は後ろに下がる形になるのを忘れずに。

例えば 練習場の二回打席などで
 右の方向をターゲットにすると
左足は 二階の淵 に近づいて 危険になる というコトですね。


その場で スタンスの向きだけを左に向けてしまうと
ボールが 極端に中、右に寄ったコトになり
それでは より一層スライスしてしまう可能性が上がります。

これは 後々 バンカーショットなどにも応用されますので
ボールに対しての スタンスの取り方 に慣れておきましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アドレス、構え、ポスチャアとの絡みは ありますが
グリップ、両手の握り のポイントは幾つかあります。

❶最大のポイントは
 左右のグリップが (上
下)に大きく離れないコト です。

b7055bfb2eea97122aee59c31313e22342ea91fd36ed9c16ce93d5f8








両方の手首のラインを見てみて下さい。

製品としてのグリップ(ゴムの部分)は 30センチ弱あります。
手の大きさ、手袋のサイズにもよりますが
半分くらいの 20センチの区間を持つ というか
◯左右のグリップで 出来るだけ似たところ 一か所を握る
 ✖✖左右が別々に二か所の場所を握る〜握る区画が広い

 ようにした方が良いと思います。

その手首の位置の違い、高さの違いは
そのまま アドレスの姿勢に直結します。

本来 その最低限のズレは 背骨をゆがめたり
片側の肩を前や下に落としたりするのではなく
骨盤そのものを 微妙に右に傾けて 解消します。

しかし、それにも限度があります。
左右のグリップ、手首の高さの位置のずれが大きいと
からだの部位ごとに 左右の向き加減や上下の向き加減に
歪み、違いが出来てしまい、傾斜のある場面や疲れた時など
ボールの位置がずれたり、向きがズレたり し易くなります。

両手を合掌 とまではいかなくとも
左の手のひらの下側 と 右の手のひらの上側 が
重なっているというか 『手のひら』が形成されていることは大切です。


❷握り方には インターロッキングやオーバーラッピングなどありますが、
そこはお好みで良いと思います。(ベースボールは論外な気がします…)
出来るだけ 手首から離れた指気味で握る方をお薦めしますが
それも 手のサイズやグリップサイズなどにもよります。
指側で握る というニュアンスの中で
重要なポイントは グリップ(シャフト)と手のひらの角度 です。 
IMG_1064

☆☆☆ちなみにですが 細いグリップの方が握り易い かも知れませんが、
少ない力で 強く握れるのは ふと過ぎない程度に「太め」のグリップ
握力に自信のない方は 接触面積の取れる「太めのグリップ」の方が
しっかり握れます。 (女性に細いグリップはダメ というコトです)

手のひらとグリップ(シャフト)の関係が斜め になるようにします。
手のひらとグリップが垂直な関係はダメ です。

これも アドレスに直結します。
手のひらとグリップが垂直な構えをすると
必要以上に かがみ、、、 前傾ではなく かがみが生まれ、
グリップの位置も体の中に入ったりしやすくなります。
IMG_0772

主に左手とグリップの関係になりますが、
左の親指は クラブを握る、グリップする というコトよりも
その角度を維持するためのポジションを取った方が良いと思います。

✋左の親指が グリップを握ってしまうと
 左グリップが丸くなり、握手の入ってくる場所が塞がれてしまい
 左右のグリップの密着感が薄れます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スナップショット 1 (2018-04-02 11-36)今更 ではありますが、
✋ 手ですね、普通の状態では 親指が上、小指が下です。

クラブも 手の上で持っていて
忍者の短剣のように 下で持っている訳ではありません。

右手は左手の上 を握っており
握り方の種類は兎も角、
クラブを主に握っている左手の上に右手があります。

その状態が基本で 地面にある、低い所に有るボールを打つため
『股関節の前傾姿勢』
があるのです。


錯覚しがち なのですが、前傾姿勢があるので
左手よりも右手の方が地面に近いだけであって
スイングと言う一連の動作の時間の中では
右手の方が高い時間の方が圧倒的に多い(長い)のです。


ちょっと 横道にそれますが…
そして ここはベテランの方でも勘違いしている人が多いと思いますが、
クラブと腕には ディッシュアングルと呼ばれる 角度があります。
IMG_0013_Momentアドレスした時、
腕とクラブは一直線になっていません。

アドレスにもよりますが 150度位 の角度が
付いていますが 、それは 手首の角度で作るモノでは無く
クラブを握る時の、手とクラブの角度関係に
よって生まれるモノ
です。


手のひらに垂直に握って 手首で角度(ディッシュアングル)を作るのではなく
始めから 手のひらとクラブには そのディッシュアングルは存在するのです

逆を言えば、握り方なので
 スイング中、その角度に大きな角度変化は発生しないモノ なのです。

IMG_1064IMG_1065
スナップショット 8 (2013-09-10 1-47)










繰り返しますが、
右グリップが左グリップの下に「入り込む」から
地面にある、低いトコロにあるボールが拾えるのではなく
「股関節の前傾姿勢」があるので ボールが拾えるのです。


グリップを握り変えている訳ではないので
その左右のグリップの相関関係はいつも通り、変わりはないのです。

長さがあり その先端に重さの付いているゴルフクラブ、
それに運動を加えると 数キロ。。。かなりの重さになります。
それを 肘から先の筋肉で、手首などで どうにかしよう という
脳みそ筋肉発想からは離脱しないと壊れちゃいます。



これは 重要なテーマ なのですが、
スイングは 股関節を境目 として
骨盤から上の胴体 と 大腿骨から下の脚 に分かれます。
向きを変えた場合、軸足、右を向いた時の右足、右股関節
左を向いた時の左足、左股関節の 骨盤との角度差が
前傾姿勢です。

これがあるので 人間自身が大きな上下の動きをしなくても
地面にある、低い所に有るボールが打てるのです。


初めてゴルフクラブを握る方には
ちょっと難しいかも知れませんが、
その前傾姿勢が失われてる
その代わりに なにがしかの動きで 上下の動き
地面にある、低い所に有るボールを拾う 動きが必要になります。
✋ゴルフクラブには 距離を打ち分けるための長さやロフト角度
ボールの飛ぶ方向を決めるライ角度やヘッドの向きがあります。

股関節を分かれ目とした からだの回転をしていれば
からだの向きを変えて動くゴルフクラブは
その向きと同調するため
大きなロフトやヘッドの向きなどの変化、必要以上の変化は生まれませんが、
その動きを からだではなく 肩も含めた腕で行う場合、
ロフト、ライ、ヘッドの向き、入ってくるヘッドの角度が
無限の組み合わせで変化するので
ゴルフショットの目的の一つである、繰り返し、安定(似たような)した球を
打つ行為から一番離れた行為になってしまいます。
そして ゴルフクラブはクラブそのものだけでなく、
打撃部分も編重した構造をしている為、
出やすい球筋は 飛ばない ロフトの開いた姿勢になり易くなります。


ここまで読んで頂くと
長くゴルフやっている方の悩みは
やはり 
この「初めてゴルフクラブを握る」
「打てるようになる」
「練習をする」
「コースに出れるようになる」
「コースに出る」

この過程の中で生まれ、そして、今もその悩みが継続している
と感じると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブを 初めて『握る』 と
その握りと構え(アドレス/ポスチャア)の違和感
奇妙さを多くの人が感じるコトでしょう。
そう言うモノなんだ と納得するしかないのでしょう。

ボールに真っ直ぐ、正対して構えろ、構えたい
と同時に 左右の手(握り)グリップがズレており
それによって ボールに正対して構える と
クラブを握る がなかなか馴染めません。

ここでも 股関節を境目に 骨盤から上の胴体を回すのと
へそ辺りを基準に 上半身上部、主に肩をねじるとでは違いが生まれます。


見た目には似たようであっても
正しく からだを回す(股関節が境目)場合
からだを回すことが 地面にある、低い位置にあるボールを拾うコトになりますが、
上半身上部、肩をねじる場合、左手よりも右手が下になる
という行為が 地面にある、低い位置にあるボールを拾うに直結します。

36ed9c1642ea91fd







左右のグリップの関係は
理由があってズレてはいますが、
出来るだけその関係のズレは最小限、
上下に密着したグリップが理想です、 理想ですが
まだ ゴルフショット、ゴルフクラブに慣れていない状況で
地面にある、低い位置にあるボールを拾うのは
利き手の右手がそれを出来る 上下に離れたグリップ がより簡単です。


また この後、ある程度 打てるようになると
スライスという難題が待ち受けており、
それは フェースターン、クラブの返し、腕の返し で解決…するそうです。
腕の返しは 茲離哀螢奪廚鮖拇世鳳手でする行為 ですので
左右のグリップは ズレている方がし易い 訳です。

上下にズレた、上下に離れたグリップは
当然のように アドレスの姿勢を歪めます。
ボールに正対して構えたいのに
右肩を下げ からだを歪ませて構えることに違和感、
『これはなんか変だ』という抵抗感 を持っている筈 なのですが、
腕の返し という問題を解決するために 回数で馴染ませてしまいます。

誰に言われる訳…ではないでしょうが、
アドレスの構え、その向きは ボールの飛ばしたい方向と
つながっている・・・だろうと感じている一方で、
左右の握りが離れているようにグリップすると
その構えの向きが からだの部位 肩のライン、胸のライン、
腰のライン、そしてスタンスによって異なり
左右のからだの高さの違和感も感じている 筈なのですが、
打つのには こうするしかないのか と妥協せざるを得ません。
👉そこに誰からも説明はないのです(後日説明します)



一般的にこれをリリースと呼ぶそうですが →「手の返し」 をするには
左腕、左グリップが先走りされては困ります。
4bcbe6f4インパクト前にその位置が固定出来ないといけないので
テークバックでの 左腕を胸につけるような
仮面ライダーの変身ポーズもまた肯定されてしまいます。
これを 「わきを占める」 というそうです。

◌脇は体の側帯 のコト で
◌腋は腕の下、胸側では無い筈 です

この姿勢では 蕕睿討癲∽も締まっていますが
茲力討癲↓茲嶺もがら空きなのですが
この どこが「わきが締まる」と言う言葉が適切なのでしょうか・・・。
それとも 片方の わきが締まっていれば、
もう片方はがら空きでも良いのでしょうか・・・。
👉問題は その格好ではなく、
 『この動作は次の何の目的のためにしているのか』なのではないでしょうか



✋お気づきの方もいると思うのですが

偽り は 偽り続けて 誤魔化すしかありません。

スイングの始めのステップ、始めのボタンを掛け違えているせいで
体の部位を 正しく伝えない、誤って覚える
もしくは 間違って教える/教わる というコトが続くのです…。
使わなくてはいけない部分の名づけ、名称が間違っているのですから
 動作として覚えるのはかなり無理が発生するでしょうね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフスイング、ゴルフショットを始める上で
地面と言う 決められた、
しかも その下(ボールより下)が塞がっている場所に
置かれているボールを打つ
 という条件が
ゴルフスイングと言う動作に大きな制約をかけるのは確か です。

これも ゴルフと言う遊びが他とのボールゲームと
異なる点 かもしれません。

ボールに届きすぎれば 地面と叩き
ボールに届かなければ 空振り してしまう…

99116133106





そのことを意識するあまり、へそから下を固定し
へそから上が  「からだ」という認識になります。

つまり 体をねじって 腕を振るスイングを覚える「悪いきっかけ」
始めのボタンの掛け違いになります。

前述しましたが、両手でゴルフクラブを握っているが故に
その腕の付け根の部分の位置、姿勢によって
腕は長さや使い方に制約を受けるので
地面にあるボールを打つ動作にとっては
へそから下を固定する方法の方がより複雑な動きが必要になります。

股関節を境目に
右を向いた場合、腕の長さに制約がなく
正面を向いた状態と同じ状態でクラブを持つ、保持することが可能です。
ところが
へそを境目に 右を向いた場合(つまり)では
右腕をたたみ、左腕を伸ばし
ハンドルを右に切るような 回転が必要になります。

1.地面にあるボールを打つため 下半身(へそから下)を固定
2.テークバックと呼ばれる クラブを上げる動きでは
 クラブを捩じる、クラブが開く必要が生まれます。

新しい課題、それも次の課題は
ダフリやトップの問題を解決したとは言えず、
その上で フェースの開き、スライスの問題を作り出し
それが 長くゴルフスイングを悩ませることになるのです。
スナップショット 1 (2015-07-03 15-51)
テークバックと呼ばれる動きでは
クラブを横に倒す、アイアンで言うと
 キャビティをボール、地面に向ける姿勢 になるため
そのままでは フェースではボールが打てません。
テークバック という重力に逆らう動き
ダウンスイング という重力通りの動き
その往復はボールを打つという行為の為に
その運動の、動作の速度も異なります。

届く 届かない 届きすぎ という
上下の問題を解決…誤魔化す為
今度は 左右 しかもクラブの回転という
複雑な動きを覚えなくてはならなくなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ