◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


質問「からだの回転について、ですが、
 テークアウェイを取る時、どこを、どうすれば良いのでしょうか❓」

店長「感覚的な部分もありますし、
 今まで培ってきたスイングの感じとの差異 もありますけれど、
 ✊ボールを打つため クラブをターンさせたい為、
 それを持っている 自分が右を向く のが目的です。
((((((((_Moment

 よく有りがちな 左肩を入れて、
 左サイドを動かして、 は忘れた方が良いと思います
。」

質問「右への体重移動もありますよね❓」
店長「あります…ありますが
 カラダが右を向いた『から』、体重が右に乗った✋に過ぎませんので
 アドレス時の 右左〜飛球線方向 の左右は
 意識しない方が良いかも知れません。

 腰や背骨、からだの負担を出来るだけ掛けないように
 右を向くには
 この動作の進行方向の前側に当たる/右サイドを動かす、
 右肩でも良いですが、右サイドを背後、
 後方に引く? 逃がす? 移動させる?

 どの用語が適切かは微妙ですけれど、
 左サイドになにがしか で 押す よりも
 右サイドのなにがしか で 『背後に引く』
 感覚の方が良いと思います。」

質問「右サイドを背後に引くんですね⁈」
店長「その方が良いと思います。
 カラダはつながっていますから
 右サイドが背後に逃がす、移動させると
 結果、としては左サイドも右に移動する、
 用語的に 左肩が入る になりますので似ていますが、
 左サイドで押す、左サイドを入れる を
 強く意識してしまうと、運動の前側に当たる
 右サイドが動かず、渋滞してしまい、
 ボール側に前傾が深まってしまう、ねじれたお辞儀
 になってしまったり、
 特に手で振る人にはお薦め出来ないですね。

 コレ、テークアウェイに限らず、ダウンスイングでも
 そうなんですけれど、手で上げてしまう
 手で振ってしまう って
 前側のからだやグリップ、腕が止まる、
 止まるからクラブやヘッドを振れるので
 前輪駆動の意識を強く持って良いと思います。


店長「ですので 右ひじを背後に引く、外に張る、
 は 右ひじソノモノを外に張るコトが重要なのではなく
 右サイドを背後に移動させるコトが主の目的です。

 右ひじがからだを動かす と言う訳では無いかも知れませんが、
 右サイドが背後に逃げるよう 誘導する目的が強いです。

質問「あああ なるほど。」

店長「別の記事 でも書いていますが、
 スイングの回転には 前傾角度が伴っていますが、
 ちゃんと カラダの向きを変えることが最優先で
 それによって 軸がある回転 になる訳ですが、
 それに前傾角度がある方が良いですけれど、
 それを意識し過ぎて 回転が妨げられるのであれば
 前傾角度がなくなっても カラダの向きを変える方を
 優先して欲しいと思います。

 ですので 前傾が深くなって、ボールに近づいてしまう
 テークアウェイ、トップを取っていた人にとって
 右サイドを動かす って言うのは
 ボールから離れるような…、
 カラダを起きるような…、
 そう言う感じになると思いますので
 そこは慣れてもらうしかないでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「からだを廻す のは
 具体的にはどこを廻す と良いのですか❓」


店長「…いつも通りですが、
 ちょっと長い前置き になってしまいますが、
 男子プロ、特に欧米選手の 真似 をする事に
 良いことは多く…ほとんどありません。
 場合によっては 害悪の方が多い場合もあります。
 勿論 昔からある 普遍的な部分は 良いとは思いますが、
 私たち アマチュアとは ドライバーで言えば
 100ヤードも 150ヤードも距離が違うのです。
 2倍とは言いませんが 1.5倍は飛ばすヘッドスピード
 ヘッドスピード 55㎳ の異世界のテクニックを
 40ms行くか、どうかの私たちが活用しきれません。

 想像出来るとは思いますが、
 今より 100ヤード、150ヤード飛ぶとしたら
 コースはもっともっと狭くなるわけですよね。
 ですので 主に そちらの技術が主になります。
 なんと言えば良いのでしょうか
 F1ドライバーのドライブ技術 を 日常の運転に
 活用しても あまり意味が無いのと似ている と言えば良いのか…。

 そして 彼らは 私たちの息子娘、孫 の年齢ですので
 カラダもしなやかですし、限界値もかなり違います。
 私たちと違って 選手である限り、からだのメインテナンスにも
 時間もお金もたっぷり使います。唯一の資本ですので…。
 そこは考慮して置いた方が良い…が話の始まりになります。」

質問「それはそうですね。」

店長「それを踏まえた上で、
 ごくごく普通のオジサンおばさんゴルファーが
 からだを廻す、向きを変える その主な部分は
 骨盤を含めた背中、胴体になる訳ですが
 背骨は上から 頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨
 で構成されますが、
✋よく言われる 腰を廻す の近くにある
 腰椎5個は 5個の合計でも 5度も捻ることが出来ません。
 
Spinal_column_curvature-ja.svg

 背骨で考えると 捻じるコトが出来る。。。
 あんまり お薦めは出来ませんが、あえて 言えば 胸椎
 で行うことは可能ですが、
 それは むしろ ひねられて『しまう』と言う程度で
 背骨、胴体を捩じろうとしている場合の多くが、
 背骨ではない、肩甲骨を動かしているケースが殆どです。
((((((((_Moment

 腰痛などの カラダの故障、痛みのコトを考えると
 カラダの向きを変える カラダを回す は
 捻じられる部分を胴体ソノモノにするのではなく、
 胴体は向きを変えるけれど、ねじられる部分は
 股関節 にするべき
 だと思います。」

質問「股関節 なんですか❓」

店長「そうです。肩甲骨を主に 胴体を捩じれば
 主に胸椎ではありますが、元々 ひねる と言う動作を
 あまり得意としていない 背骨が捩じられますので
 カラダへの負担、や無意識な恐怖から
 早くなってしまったり、浅くなってしまうコトも多いです。
 年齢を取って、距離が落ちてしまう原因 の一つに
 長年の腰痛などから 中断期間 が生まれ、
 復帰しても 怖くて 廻せない、捻じれない、になる訳です。
 やはり 本能的に 背骨が捩じられるのは怖いと思います。


 肩甲骨の可動域を増やす という話題が
 スイングの話しの中に 出てきたり もしますが、
 おそらく…ですけれど、可動域を増やしことによって
 背骨に対しての 捻じり、負担を減らす
 というのが 一番大きい のではないかと思います。
338321720240




 股関節は ざっくり言えば ボールジョイントのような構造
 を持っていますので 捻じられることに問題は有りません。
 動かせていれば 捻じる事に違和感が少ない箇所ですので
 加齢による 回転不足に陥り難い 方法・箇所です。

 ですので 飛ばす と言うトレーニングは勿論ですが、
 歩く、大股で歩く、太もも、ひざを上げる など
  股関節廻りのお尻や背中、
 大腿などの筋肉を動かす訓練が有効か
と思います。

 飛ばすことに 背中も含め、脚力という
 かなり大きな筋肉を使えるのです。
 使っていなかった人にとっては かなりのチャンスかと思いますね。
IMG_2813Trim(2)_Moment(2)
 からだ 👉胴体 になる訳ですが、
 それ自体を捻じる、ひねる、ではなく
 股関節を境とした 胴体ゴト 廻す は
 似ていますが、かなり違うと思いますし、
 筋力、体力の無い、運動不足ガチなアマチュアの必須動作 であり、
 ゴルフのせいで カラダを傷めるコトを避ける作法
 だと 私は思います✊」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


パッティングには こんなデータもあります。

PGAプロのストロークを調査、すると
平均して 3.5度の入射角度
 上から ってことですね、
 
✋これはあくまでも参考データ…ですが、
 入射角度3.5度は LPGA選手の 7番ウッド の
 入射角度に相当します。
IMG_1386

あくまでも平均値、ですが
 パター、用具の方ですね の
👉平均的なロフト が 4度 
 合点がいく部分が多いです。

4度のロフト角度が備わっているパターを
 4度弱の入射角度(進入角度)で使う
 というコトは 実インパクト時は
 おおよそ 0度のロフトで打つコト になります。


先日の 転がり の話しの延長で
 打つ距離 に対して 出来るだけ少ない回転で済む
 転がりが ボールの減速の緩く、
 芝や傾斜などの影響も薄く、
 思った通りのラインに乗り易い
と言う話を合致していると思います。


弊社の ブリストルパター や デール9を使ったお客様の感想に
〇今までよりも ラインが、ボールの転がりが
 より直線的になる、曲がりが少ない、
〇出球のボールが速くないのに 遠くに到達する
 ゆっくり転がるのに カップまで届く

と言うのが少なくないのですが、
まさに 良い転がり を体験されているのだと思います。
L型ブリストルパター_Moment(2)

シャフトの柔らかさ は ヘッドの入射角度を作りだしますので
シャフトをしなり戻して弾く ではなく
しなり戻る前に当てる、しなり戻りが起こらないように動かす、
のが 良いかと思います。

逆に パターの転がりが 伸びない、減速する、
カップ際で曲がりが大きい で悩む方は
出来るだけ 重めのヘッド、柔らかめのシャフト、
重心が高め、浅め のモノ に換えてみるといいのでは❓
IMG_1425

流行り…の 大きなサイズのマレットパターは
 重心が深くなっているので
 フォローが出易い 👉ヘッドが前に出易い
 のが 売り です✋✋✋ それが故に
 ヘッドの入射角度が緩く、ロフトが付いてしまう、
 アッパー気味に入ってしまう、
 歯気味で打ってしまう、
 コトになり易いですから ご注意を😵
 慣性モーメント…ミスヒットに対する耐性は
 ヘッド重量が軽いので 見た目ほどありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフコースが グリーンの速さ を測るのに
 基準となるモノがあります。

スティンプメーター と言いますが
😵😵😵USGA製のものは 45,000円もするんですね…。
真ん中が窪んだレールのようになっています。
41S3R4grxLL._AC_41hplhPcZaL._AC_






ボールを乗せておく 窪みがあって
レールそのものを 20度の角度に傾けると
窪みからボールが外れ、レールを転がり始めます。
 その転がり具合 を(1ft=30.48cm)
 10フィート(3m)とか、20フィート(6ⅿ)とフィートで表します。
518kvcNzpSL._AC_

 一般的な営業コースで 8〜9フィート位です。
 速いと言われる オーガスタは 12〜13フィート
 日本の男子ツアーも殆ど同じ、です。



 パッティング・転がり についての研究 があります。

スティンプメーターで 一般営業の8フィート(2m40)で
 カップに向かって ボールを転がします。
 10球転がすと そのラインは 実は1種類 ではなく、
 10種類ではありませんが、数種類になります。
Desktop 2022.05.08 - 06.28.43.01_Moment
 多くの人は 力加減を別にすれば
 『そのライン』は一種類…と思いガチ、ですが、
 研究では そう言う答えになりません。

 2m40を転がるのに スティンプメーターでは

 ボールは13〜15回転するコトがわかりました。
 ボールの外周は 約15cmですので
 全部を接地して転がるとすると 16回転する筈ですが、
 滑っている、スキッドしている箇所がある
 というコトになります。


 ボールがずっと接地している訳では無く、
 空中を滑っている時間もあるので
 接地(接触)している箇所が 各各 微妙にずれる為、
 本当に微妙ですが ラインがズレることになる訳です。
 接触した箇所の芝の状態によって
 ボール速度や回転そのものにも影響がある というコトです。


今度は実際に 全く同じライン、同じ距離を
IMG_0030_Moment(2)スティンプメーターではなく ヒト に
パッティングさせ カップインも含め
2m40センチのワングリップ圏内で測定すると
平均で12回転半でワングリップ距離まで到達しました。
(勿論 これは芝質、傾斜、などによって異なるとは思います)
 最大の人で14回転、最小で11回転でした。
 回転する数の多い人ほど
 通る道、ボールの軌跡の種類は多くなり、ショートし易く、
(ショートしているのに 回転は多いのです…)
 それよりも 少ない回転でカップ距離に到達できる人ほど
 ボールの軌跡の種類は少なくなります。
IMG_1422
 この距離の
 パッティングタッチを数値化することは難しいですが
 回転の数が多くなるストロークをしている程、
 パターの初速(飛び出し速度)が速い、 👉減速が強い
 になります。

まあ 当たり前 と言えば 当たり前 なのですが、
 ボールと地面、芝との接触の機会 や
 総接触面積が増えるほど その影響を受け易い
 距離と言う意味でも ショートし易くなるでしょう。

✋ちなみに…ですが、スティンプメーターよりも
 人間が打った方が ボールの回転する数は少なくなります。
 スティンプメーターの方が 転がりが悪い… のでしょう


✅良い転がりのボール とは
 適度にスキッド(滑り)し、
 打つ距離に対し、必要最低限の回転で届くコト、
 その言葉の通り 滑らかに転がるボール
 と言う答えに辿り着いた訳です。


 と同時に 自分の打つラインを読んだ としても
 距離感も含め 自分のタッチに均一性がないと
 ライン通りになることはない というコトで
 パッティングストロークにおいて 多くの人が強く意識している
 『真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す』 は
 無意味では無いですが、一つの要素に過ぎない
 というコトも分かりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイで 蕕鮓く というコトは

右脚を軸足にする、というコトですので
この場合、右の股関節に体の重さを預ける
(全部じゃなく適度に…ですけど)
というコトになりますが、
その右の股関節は アドレスに比べ
アドレス時で言う背後、後方に逃げますので
実際にはしなくとも、イメージだけ ですが
もしも 体重移動を意識的に行うのだとしたら
アドレス時の左右方向ではなく、背後方向 と言う可能性も
否定しきれません。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

✅私個人は かなりその意識はあります。


『右を向いた時の』右の股関節に乗る は

『アドレス時の』右の股関節に乗る とは異なりますので
少なくとも 右の股関節よりも背後に なにがしかの重さ
が無いと 乗り切れません。

実際には カラダが右を向くから 右に体重が乗る
のであって、アドレス時を基準に大きく右に重さを移す必要は
無いとは思いますが、これも取捨選択の一部になると思いますが、
もしも 意識的に体重を移すのであれば
アドレス時の左右ではなく
アドレス時の前後(ボール/背後)『気味

のような気がしてなりません。



例えば、、ですが、テークアウェイの右向きは
主に 脚、両脚主導かもしれませんが、
右の肘、右の上腕を使うコトによって
その方向を誘導し、右サイドが十分に動き
右の股関節に乗る と言う方法もあると思います。


傾きがあるとは言え
からだの向きを変える というのは
横運動、横移動の動きですので
それが阻害されてしまい、
屈曲、伸び上がり という
ちょっと複雑な縦運動 になってしまうのであれば
セオリーを無視しても
ボールから離れ 背後に重さを と考えて
練習や素振りをしても良いと思います。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

また 最終的に腕で振る、屈曲してしまう、
というのが解消されなかったとしても、
ちゃんと 右を向き、横運動と言う回転を体験すると
ダウンスイングの腕の通せる空間 や
反射ではなく、自分の動作で作り出せる時間
を体験するのは あとあとのスイング作りに役に立つと思います。

少なくとも クラブやヘッドの重さ は
ショットそのモノやショットをする為の動作 を
より良くするための活用するモノであって
その重さによって 奇妙な動きをせざるを得なくなり
それには事後、補正作業が必要になり
その補正作業を修練する為のモノ では無いと思います。

そう考えると 軽いヘッドや硬いシャフトは
その重さや影響が少ないので
奇妙な動作をさせられる効果も少ないですから
好まれてしまう というのも 半ば納得、半ば残念に思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイ時、トップ付近での
右向き不足に類似する ボール側への屈曲
というのは かなり多く見かけます。

前日の記事の通り、開いて上げるケース や
ヘッドの重さを使ってを誤解して、
 悪く言えば 他力本願でテークアウェイしてしまったり…

クラブを開きながらテークアウェイを取って『いた』…
それを すこし改良し、からだの幅の中にクラブを収めた
…けれど からだの廻し方 の感覚は今まで通り…
だったので 右向き不足は解消していない。
(回転とフットワーク_Moment
(回転とフットワーク_Moment(3)





屈曲傾向の強いスイングの幾つかの短所の一つに
傾斜でのショットに その傾向が強くなり
フルショットがし難い、ミスが多い などがあります。

起き上がる、下に振る が伴い易い為、
やはり 長モノのクラブ、傾斜地のショット
が上手く行かない可能性…があります。

ドライバーなどの 長モノの場合、
本来は アイアンなどに比べ 起きた姿勢からスイングを始める分、
若干、ホントに若干ですが フラット目なスイングになる筈…
ですが、屈曲の回転だと 長さにそぐわないアップライトな軌道
になってしまったり…。

前傾姿勢を維持したい 意識から発生してしまう場合もあると思います。
前傾姿勢を維持する意識は悪いコト ではありませんが、
回転する上で が前提ですので
その回転が「歪んでしまう」のであれば
むしろ 犠牲にするのは前傾姿勢だと思います。

これは考え方の一つ ですが、
ゴルフショットにミスは付きモノ、
と言うよりも ミスショットが中心です。
ミスショットの対語を ナイスショットとするならば
ミスショットをしないよう、ナイスショットをするよう考えるのではなく、
どうせ ミスショットが出るのならば
痛くないミスショット、痛みの少ないミスショットが出るよう考えておく、
と言う組み立てもあります。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)
この場合、前傾姿勢を意識する余り、あまりよろしくない回転…
理想的には 前傾姿勢のある(軸のある)負担の無い回転、
ではありますが、課題のある今の状態の改善最中に
両方は望めません。
その後の処理がより大変になる回転を選ぶのならば
前傾姿勢を失っても 良い回転になる方が痛みは少ない、
と考えて良いと思います。
前傾姿勢のない 負担の無い回転とは
軸はあるけれど その軸に傾きを失う というコトで
回転 と その軸を失っているのではありません。
スイング作りにおいても、コースでノ振る舞いも
出来るコトを選ぶ、出来ることを見極める、とともに
痛みの少ないミスを選ぶ という取捨選択もあるのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テークアウェイ、トップの右向き
俗っぽく言うと 回転が足らない って言うのがありますが
 深ければ良いってもんじゃないけれど
 自分で出来るなりの深さがあった方がよりベターでしょう。
池田康二202520_Moment((((((((_Moment









テークアウェイの右向きの深さは
 スイングの七難を隠す とまで思います。

素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。

ショットだけに限りません
 アプローチやパターなどもそうですが、
 緊張や興奮が伴ったり、
 疲労が溜まってくると
 ゴルフクラブを出来るだけ それに近いトコロで動かそう
 とする 怠けグセ は誰もが持っています。
 
 素振りや練習場に比べ コース、現場では
 その右向きの7割にまで減少する と考えた方が良く
 特に 胴体を捩じっている人には それは顕著です。
 胴体が捩じられる分が
 よりクラブに近い手先や腕を振るコトになり易いモノです。


ハミングバードでは 胴体を出来るだけ捩じらず
 骨盤が右を向くコトを推奨していますが、
 意外なトコロに 右向き不足 は隠れています。 

フラットなスイング軌道が悪い とは決して言いませんが、
フラット気味の軌道のタイプ、
フェースを開いて上げるタイプ、のスイングでは
トップ付近で、 クラブが大きく右(右打ち)にズレます。
勢いが付いているケースも多く、その重さは結構なモノ…
2021-02-13_22-10-57_Moment(2)2021-02-13_22-10-57_Moment(3)M2019810L!_Moment(6)20191006_Moment(3)







👉バランスを取る為なのか、本能的なモノなのか、
 は人によって異なるとは思いますが、
 それが故に カラダが前に倒れてしまう、
 ボール側に寄ってしまうケースが少なくありません。
(回転とフットワーク_Moment(3)

テークアウェイ、トップでの右向き は
骨盤と大腿(右)との向き差 ですが、
カラダが前に倒れる〜屈曲してしまう感じ は
向き差を作る苦しさ?と似ている為、
本当の向き差が浅くなってしまう可能性があります。
スイング ココを治そう❶_Momentシリーズ ココを治してみましょう❸_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)202176_Moment







十分な右向きが取れず、代わりに屈曲してしまうと
ダウンスイング、インパクト時に起き上がりながら打つコトになり易く、
ダウンスイングでの 腕の、クラブの通す空間を作れません。

起き上がるコトによって したくないのに
下にクラブを振るコトになり、手打ちになってしまう…
実は その背景には 右向きの取り方、
トップ付近でのクラブ・『重さ』の位置が起因している
可能性は結構高いかも知れません。

トップ付近で クラブの重さ、腕の重さがどう掛かっているのか
一度 チェックしてみても良いのではないか、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



アマチュアゴルファーのクラブセッティング
 シャフトやロフト、クラブ構成を決める境目 は
アイアンのロフトで言うと 27〜28度のクラブで
ごく平均的なアイアンであれば 5番もしくは6番アイアンですね、

 それで 150ヤードを打てるか どうか になります。

スナップショット 1 (2013-10-12 12-11)

→で、実質はどうか というと
 おそらく…ですが、7割…8割のアマチュアゴルファーには
その距離はかなり厳しい、不可能とは言いませんが、
難しい距離 です。


シャフト で言うと
 そこが 硬さ SR の境目
ドライバーのロフト で言うと
 ロフト10度 の 境目 ですね。

つまり 7割以上のアマチュア にとって
 理想的なスペック を ドライバーで表す と
11度以上のロフトの
R以下のシャフト のドライバー というコトです。

11.5〜12.0度の Ⓐ-シャフトの硬さ
 これ位が 推奨平均値 と言って良いと思います。

でも 実情は 10度のSR 10度のⓈ 
11度のドライバーより 9度の方が売れています…。

 一般ゴルフショップで11.5度のⒶのスペックを勧められたら
「馬鹿にしてんのか?」になりますよね…。

ロフトを寝かして こすって打っている
 というのが ドライバーのスペックにも
はっきりと反映されている訳です。

ネットの時代 というのは
 だいたいの場合、キャッチーなコピーが中心になります。
250ヤードだ、300ヤードだ と書いた方が
 ユーザーの気持ちはくすぐられますからね。。。

(クラブ扱いのイメージの比較_Moment

シャフトの大きな役割は
 ヘッドの重さ、重心位置による特性 を使って
 
『グリップを押す補助』をするコトです。


→グリップを押す とは
 進行方向、打撃方向、飛球線方向に
 グリップを先に行かせるコトで
 シャフトが硬ければ硬い程
 その機能は薄れ、オーバースペックな場合、
 それは自主的に、肉体的にしなければならなくなります。

本来、シャフトは柔らかくなる程 弾道は下がり
→グリップを押す、ハンドファーストを促す故
フック回転がきつく成る性能を持っています。。。が
ほぼ100%に近いゴルファーは
シャフトが柔らかくなる程 弾道が高く、
 スライスがキツクなります。
そういう意味でも 硬いシャフトと
 ロフトの立ったモノは パック とも言える訳です。

シャフトがグリップを押す 実例 ですが…
〇多くのゴルファーは
ドライバーに比べ、かなりキツイアイアンシャフトを使っています。
シャフトの硬さの目安、数値で言うと
ドライバーは平均 235cpm
アイアン(5番) 290cpm です。

ドライバーのその数値でマッチするアイアン(5番) は 250~255cpm
それよりも 40cpm  …フレックスで言うと❹フレックス
ドライバーがSRだったら S.SX.X.XX ダブルエックスのアイアンです。

ですので ドライバーのボールの置き位置は
ティーアップしているとは言え、左足のかかと線上 ですが、
アイアンは からだの真ん中

 その差はボール4個分以上 あるのですが、
そこまで中にいれないと 届かない、打てない、
つまり シャフトに押されない というコトを
 実は多くの人は体感しているのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ゴルフ用語って 結構 沢山ありますよね
ウエッヂのバンス なんてのもあります。

バンス って かなり誤解されている部分が
有るんですけど 正しく理解して 正しく使えば
非常に有難い 存在 効果なんです。
IMG_1399

最近では サンドウエッヂなのに

6度とか 殆ど バンス角度の無いものもあったり。。。

バンスの意味 クラブの使い方
分かっていたら こんな便利なモノ
減らしたり 無くしたり しないと思うんですけど
残念だな〜 って思います。

最近では ハミングバードのお客様には
殆どいらっしゃいませんが
以前は。。。
 「ボールが上がってしまって 飛ばないので
  ロフトを立てて下さい。」

って 軟鉄のアイアンを持ち込まれる方が
多くいらっしゃいました。

確かに ライロフトマシーンを使えば
機種によってはステンレスヘッドであっても
勿論 軟鉄鍛造ヘッドも ロフト角度 ライ角度は
いじれます。
g-421
例えば 30度の5番アイアンがあったとします。
5番アイアンであっても バンス角度は存在します。
専門用語かも知れませんが スクープになっている
アイアンバンスは存在しないと言っても
良いかも知れません。
その 5番アイアンに 5度位のバンス角度が
付いていたとしましょう。

これを 飛ばない 上がり過ぎる と
2度ロフトを立てて 28度にしたとしましょう。

と 同時に この5番アイアンの バンス角度は
3度に減ってしまっています。


ですので この5番アイアンは
確かに 計測上は 28度になってしまいましたが
使用上では やはり 同じ30度に変わりはないのです。

イメージがし難いかも知れませんが
バンス角度は そのクラブの長さや用途によって
設定されています。
ヘッドの入射角度 が イコールと言っても
良いかも知れません。
サンドウエッヂのバンス角度を選ぶ 目安には
自分の「入射角度」があるとも言えます。
正しく 上から入れて来れる人にとっては
バンス角度は あれば あるほど 便利で
寝かして コスリ打ちをする人には 少ない方が
良い・・・(というか 選択の余地が無い...)

バンス角度は インパクトロフトを安定させますし
ウエッヂなんかにとっては インパクト時や
設置時の安定 支えにもなる訳です。
IMG_0727

単純に考えれば ロフト角度からバンス角度を
引いたモノを インパクト時の 地面に対する
ロフトと考えるコトが出来て

☆30度のロフトの 5度のバンス
☆28度のロフトの 3度のバンス
インパクトロフトは 変らないモノになるのです。

蛇足ですけれど
弊社のアイアンは 一般の販売されている
アイアンのバンスよりも 幅も角度も
大きく設定されているので
表示上のロフトは寝ているのですが
実質上は殆ど同じとも言えるのです。

シンプルな構造のウエッヂなんかは
バンスに幅があって バンス角度もしっかり
している方が 格段に 安定していて
使いやすいんですけど
バンス回りがしっかり(大きく)すると 低重心になり過ぎてしまい
ウエッヂとして 距離コントロールがし難くなる
ケライは否めんので 上手に 製品ロフトと
組み合わせねばなりません。

バンス回りのデカい 低重心 深重心
そして ハイモーメントの60度ウエッヂ
は非常に使い難くなってしまうモノです。

ちなみに ハミングバード で言う
使いやすい ウエッヂ とは
 
思い描いた距離が そのまま表現出来る
と言うことで 色んな球が打ち分けられる
みたいな 美辞麗句ではありません。
IMG_0624

色んな球が打ち分けられる人は
練習も豊富、技術も豊富なのですし
僕の考える クラブの扱いとは対極にいますので
別にクラブを選ぶ必要はないような。。。
どのクラブを使っても 結局 クラブの性能を
無視して 利己的に使ってしまうので
機能、性能云々は意味がないような・・・
 そんな気がしますがね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



#ゴルフ
#ゴルフレッスン
#golf
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クルマやバイクの燃料には
 ハイオク、レギュラーガソリン、軽油 とありますが、
セルフで給油する仕組みが増えてきている中、
 軽油 は 軽自動車用 と思っている人も
 実は 結構、いるそうなので
 その 給油ミス のトラブルは 少なくないそうです。
EZ055
ゴルフクラブ について
 それほど 深刻な部分 ではありませんが、
知られていない部分で
ウッド用のシャフト と アイアン用のシャフト  は
ヘッドに挿入される先端部 の 太さ が異なります。
主に、ですが、ウッド用は 8.5mm径
アイアン用は スチールは 9.0〜9.3mm、グラファイト用は9.4mm

というのが 主流です。

その太さ の始まり というのが
実は 非常に曖昧なモノで
各径の太さ、そして ウッドとアイアンの径の違い に
明確な理由ははっきり言って ない✋ のです。
個人的には 共通にしてしまった方が
 良いような気がしてなりませんが、
廉価な価格でないと 動かない(売れない)アイアンの
先端径を細くする は コストが上がるが確実 ですので
もし 統一される としたら ウッドが太くなるのでしょうね。


2021-03-19_16-46-28_Moment
ハミングバードでは 一般的なウッドに装着されるグラファイト 
とアイアンに装着される軽量スチール では
かなり 硬さ の違いが、ギャップと呼べるほどの差があります、
と 言っていますが、
実は ウッドとアイアンにはそれ以外の かなり大きなギャップ
が存在しています。

一般的なデータを上げてみましょう。
左から 番手 長さ ヘッド重量 シャフトの硬さ です。
 45.0 190g 230cpm
➂ 43.0 210g 235cpm
➄ 42.5 215g 238cpm
А42.0 220g 241cpm
 41.5 225g 244cpm
 41.0 230g 247cpm
⓭ 40.5 235g 250cpm
⓯ 40.0 240g 253cpm
⓱ 39.5 245g 256cpm
⓳ 39.0 250g 259cpm

上の数値は 主に ごく標準的なウッドの構成で
 長さ に応じて ヘッド重量が増え
 市販のセットではあり得ない(バラついています)ですが、
 その長さに応じて シャフトの数値が上がっていきます。
✋こんなに規則性を持って 変化するウッドセットは
 まず お目にかかることはできませんが…✋


通常、存在しませんが、仮にその延長線上で
番、番、曳屐。。のウッドを想定してみると
アイアンで言うと 3番アイアンの長さに相当する
拡屮Ε奪匹離悒奪表杜未蓮250g になります。
一見、重さ とすると ウッドらしくない かも知れませんが、
長さ相当なモノで シャフトの硬さが流れて(揃って)いれば
ドライバーと 似た感じ、似た重さ、似た振り感 になります。

そのまま 仮想のウッドを続けていくと
㉑ 38.5 255g 262cpm
㉓ 38.0 260g 265cpm
 です。

㉓番ウッドと同じ長さ が 市販の5番アイアン になるのですが
一般的な 5番アイアンは
❺ 38.0 240g 290cpm
ウッドの流れから考えると 20gもヘッドが軽いうえに
シャフトの硬さ も 25cpm も硬いのです。
✋✋✋ウッドの流れ…に比べると
硬いシャフトの方に 軽いヘッドが装着されている状態 ですので
当然・・・使い難いか、違和感を感じる筈…
〇アイアンヘッドの方が 重心距離も短く、
 重心も浅いので 同じヘッド重量であっても
 軽く感じ易い のですが。。。平気なんですかね…。

アイアンとウッドを考えた時、
ウッドの方が シャフトが硬いのは問題 だと思いますが、
ヘッドの重量が ウッドの方が重い というのも
かなり問題だと思うのですが、如何でしょう❓
IMG_0785

もう今や 絶滅しつつある
グラファイトシャフト装着『専用』のアイアン ですが、
昔気質の良心的な製作者 であれば 5番アイアンは
❺ 38.0 260g 280cpm だったりします。
が・・・・・・今や コスト削減の為、
スチール用のヘッドもグラファイト用のヘッドも共通
 …数が出るのは スチール用ですので…グラファイト専用ヘッドは絶滅寸前
 になってしまっていますから
 お目にかかることは大変少ないです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


女子プロが使っている、などで話題、
 番手の大きな ➅番〜ロフト27度位や 番〜ロフト30度位
 のユーティリティクラブも登場してきています。 
IMG_0038

フェアウェイウッドであれば
 番〜25度位 や 機種によっては 番〜28度位
 のモノもあり、お好み によって
 穴のあく距離やお好みによって 選ぶことが出来ます。

アイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッド
 この どれを使うべき❓ 使った方が良い❓
 かは 困ったことに、楽しいことに
 その方、その方の 弾道質やヘッドスピードによって異なり、
 アイアン、UT、FW の順に
〇打ち出しの「角度が低め」、スピンが多め、
〇その中間
〇打ち出しの「角度が高め」、スピンが少な目、

 になります。 
 その弾道質の違い、
 使われるヘッドの性質の違い、がありますので
 アイアンの何番相当が UTの何番相当、FWの何番相当、
 も 使われる方によって異なります。

クラフトマンの立場からのアドバイス ですが、
 女性やシニアになると アイアンで高さを取る、
 ボールが止まってくれるような高さを取るのが苦しくなる ので
 UT や FW を頼りにするようになるのですが、
 UT であっても FW であっても
 多くの機種は 隣同士の番手のロフトピッチ(差)は
 3度と詰まっていますので
 市販モデルの 半インチ違い では
 例えば、ですが、横並びのモノを 3本入れた場合
 それぞれの距離の違いがはっきりし難くなりますので
 入れる本数や番手構成にもよりますが、
 長さピッチを 5/8インチ や 3/4インチなど
 距離差がハッキリ出るモノにした方が良いと思います。

 長ければ飛ぶ なんてことは決してありませんが、
 ボールを浮かし難くなる ロフトの少ないモノは
 やや長め…使い難くならない程度に長め
 の方が 結果として 距離を稼ぎやすくなります。

IMG_0784

ロフト構成、本数と長さのピッチ
 はアイアンにも言えるコトですが、
上の番手は 望む距離を打てそうにないから… など
本数を少なくしたい や ハーフセットにしたい
場合なども 何処の番手を基準にするかによりますが、
上はやや長め にする、とか
ウエッジは短め にする など
実は 番手間のピッチ は 半インチではなく
3/4インチはちょっとやり過ぎですが、
5/8インチ(半インチは4/8)ピッチ するとか
センチ単位にするとか 工夫をするコトも可能です。


✋番手ごとの距離差が出にくい女性などには
とても 好評なクラブアレンジです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブによって、ゴルフクラブのスペックによって
それぞれの方の ゴルフスイングは形成されます。

例えば…ですが、
 その事情はさておき、女性が男性のお下がりのクラブで
 ゴルフを始める、ゴルフを覚えると
 フェースローテーションの強いスイングを覚えざるを得ません。
 そして フェースローテーションの強いスイングは
 長年、もしかすると永年に渡り、アプローチショットを苦しめます。
 バンカーが嫌い… アプローチが苦手…
  😢 になる可能性はかなり高いでしょうね💦

(((((_Moment

 お気に入りの…長年、同じクラブを使って頂く
 というのは 作り手にとっては クラフトマン冥利に尽きる
 のは確かなのですが、誰しもが 歳は取っていき、
 少しずつ 体力は落ちていきます。
 10年前に買った、作ったクラブは 10年前の体力が基準値で
 残念ではありますが、自分は10年分体力低下している訳です。
 なにか、の病気やケガ などの復帰 などもそれに似ています。

😓きついシャフト、硬いシャフト、および
 かなり長い期間 同じクラブを使っていると
 だいたいの場合、知らず知らずに シャフトは硬くなる、
 ✋モノとして シャフトの硬さは変わりませんが、
 自分の方が衰えていきますので
 ゆっくりとシャフトを硬くしたのと同じです。
 そうなると ボールが拾い難い、届かない、
 ボールのつかまりが悪い ので
 少しずつ 少しずつ 年に数ミリ単位でしょうね、
 ボールの置き位置は中に入ってきます。

フェースローテーションの強い方は その傾向が強いです
IMG_1487

 若い方にはピンと来ないかも知れませんが、
 ある年齢になると ボールの高さが取れず 苦労するようになるのですが、
 ボールをつかまえたいから、届かせたいから
 ボールを中に入れると つかまりなどは改善しますが、
 ボールの打ち出し角度は下がり、最高到達点が下がります。

 ボールの上がり、高さ と言う点においては
 ボールは 左(右打ち)に置いた方が 確保し易い のですが、
 シャフトがきついので そこでは打てません。

では シャフトを柔らかくすれば解決✊ なのか、
 というと まだ ソコソコパワーが残っている年齢であれば
 
YES です。
 シャフトを柔らかくなると
 ボールのつかまりが良くなり、打ち出し角度は下がりますが、
 ボールを左(右打ち)に置いても 当たる、届く ようになるので
 ダイレクトにシャフトの柔らかさが、というのではなく
 そのシャフトの柔らかさが ボールの位置 という
 弾道の高さを確保し易い環境、アドレスを作る と言う点において
 YES  なのです。

 ただし 元々、弾道が低めの方や
 かなり体力、ヘッドスピードが下がっている場合には
 シャフトが柔らかくなる、だけでは足りず、
 ヘッド重量を少し下げ、その分 長さを増やしたり、
 ロフト角度を増やす、上がり易い機種にする、
 アイアンなどは ユーティリティでカバーする、
 などの工夫は必要だと思います。
H370_lineup

 最近では ウッドであれば #9👉25度、#11👉28度 や
 ユーティリティであれば #6👉28度、#7👉31度  なども
 出ていますので 活用して頂けると
 楽しくゴルフが出来るのではないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


悶絶クラブと呼ばれる弊社のクラブのヘッド重量は重い
アイアン(5番)で言うと
 一般的なスチールシャフト装着のモノが 240g前後
 弊社の悶絶アイアンのソレは 320gを楽々超えるので
 30%以上増しと言ったトコロ
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

とは言うモノの 3倍になった訳では無く
市販のモノでも 重量はある、ない訳では無い。

では そのヘッド重量はどう使う、どう利用したら
良いのだろう。
重いヘッド、重くなったヘッドはどう活用したら良いのだろうか…。


シャフト使い にもつながってしまう話なんだけれど
当然と言えば 当然なんだけれど
 ヘッドは自分ではボールを打ってくれない、
 自分では動かないと言ってもいいかもしれない、
あえて 言うとすれば 位置エネルギー〜高さを与えた時、
地面に向かって 落ちようとはするけれど、
ボールを打つのには少なくとも 横移動が必要で
その横移動にとって 重さは負荷 でしかない。
やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Momentやってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(2)やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)






シャフトがしなって、しなり戻る と言う反発で
あたかも ヘッドがボールを『打ってくれる』
勘違いしている人がいる?かも知れないけれど、
それには その反発を受け止め
グリップの移動を止める と言う人為的行為が必須で、
ヘッドがボールを自発的にボールを打ってくれている
のとは異なる。

ヘッドの重さの使い方 だけに限らないけれど、
例えば トップしたり、スライスしたり、シャンクしたり、
それは 確かに ヘッドとボールの衝突の結果 だから
ヘッドの位置や姿勢、通り道を修正したくなる、
その気持ちは痛い程判るけれど、
クラブが移動している原動力は
 手打ちであれ、からだの回転であれ
打ち手である自分が運動しているからで
 少々、まどろっこしいかも知れないけれど、
その運動によって クラブとの接点であるグリップが移動したから
ヘッドが移動したのであって
ヘッド単体を動かす事は出来ない。

ナニカのミスを修正したいのであれば
トップしないように ヘッド単体を修正するのではなく
トップしないようヘッド姿勢やヘッド軌道になるよう、
グリップを動かすしか方法は無い。

だって 動かすのは自分の運動で のみ可能なのだから。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)






そう考えていくと
ヘッドの重さで動かすべきモノは
グリップであって、
ヘッドの重さでヘッドを動かしては
本来、動かすはずの自分の運動とヘッドの移動が分断
されてしまう。
2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)







ショットにとっての 遅れ で
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに変換可能なので
その遅れは 遅らせたまま 打撃するモノ だけれど
グリップの遅れは ロフトの開き フェースの開きに
なってしまうので 都合が悪い
それを ヘッド重さで補助する、結構 大きな比重で
それを使って グリップの遅れを抑制するコトが出来る
確かに ボールをどかす と言う意味での
 ヘッドの重さの役割は最大のモノ ではあるけれど
コト それを使う打ち手にとっては
 その重さ で グリップ=クラブを動かす
 というのが 最善の利用方法。

 
 ✋ちなみに この文章の
 グリップは左手
 ヘッドは右手
 と変換しても
 その重さの利用と言う点で活用可能です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ゴルフクラブの用語には
重量 や 重心、重心位置 など
「重さ」を表す言葉が多く用いられています。


重さ(おもさ)とは…辞書っぽく言えば
 その物体に働く
重力の大きさ、
 および、
慣性力の大きさを指します

スナップショット 1 (2014-07-21 12-32)

クラブの特性、性格を表す 重心位置は
その 重さの中心点が クラブヘッドのどこにあるか
を表しています。

重量は当然ですが、地面(地球の中心)に向かって
引っ張られるエネルギーです。
別な言い方をすれば、移動させるのにかかるエネルギーであり
そこに留まりたいエネルギーでもあります。


✋✋スイングを考えるうえで 打つ人の姿や形、格好
また 動画の中の ヘッドの移動軌跡 などは
話題になりますが、 物質としてのクラブやヘッドの重さ
そのかかり方は 誰も話題にしないのはとても不思議です。
✋誰かのスイングが良い、
 誰かのスイングが間違っている、
そういう意味合いではなく
 練習が豊富に出来ない、運動神経に自信がない、
 体力や筋力も「オジサン並み」の人にとって
 簡単なとは言わなくとも、辛くない、傷めない方法を
 というのが コンセプトの根底にあります。

✊そう言った上で この二つ のトップスイングの状態では
重心のかかり方重心のかかり方 (2)







PCC重心のかかり方 (3)








ヘッドの重量、重心位置がクラブに及ぼすチカラ
そして それを持つ人に及ぼすチカラは
見ての通り、想像の通り、同じではありません。

✋昔から クラブを寝かす と一言で言われていますが
クラブを寝かしてしまうと ヘッドの重さ 重心位置の作用が
スイングにいい具合に働かない という意味合いの言葉です。

重量は あくまでも重力
 簡単に言えば地面に対し働く力です。
それは ヘッド重量にとっても
ヘッドの重心位置にとっても同じです。

そして ゴルフクラブは それが長い棒の先にあるので
その重さは増幅されてしまう と考えて良いでしょう。
それを どういう姿勢 どういう位置に持ってくるのか
によって 次の動作はおおむね決まってしまう と言えます。

PCC← 彼女を例にとってみると
ヘッドの重さ と 重心位置は
左腕 左サイドには上がる重さがかかり
右腕 右サイドには下がる重さがかかります。
ヘッドはより下がろうとしますし
グリップにはその反動というか 上がろうとする力が
かかりますから 当然、次の動作に影響します。

重心のかかり方 (3)
こちら・・・であれば
これから 下げたいグリップには
そのまま 下がり易い重さが掛かりますし
右腕だけでなく 左腕にも 似たような重さが
かかりますから、重さの作用として
どちらかサイドだけが下がり易くはなりません。


o重さを漠然と 何グラム、何キロ と捉えるのではなく
その重さの作用 を利用してこそ
ゴルフクラブ、クラブヘッドの特性が生かされるのです。

自分がどう動きたいか、どう動かしたいか よりも先に
クラブの位置や姿勢を考え
その重さの作用によって、自分の動きたい方向や動き方
それを導き出す方が正解だ
と思います。

ドライバーであれば ヘッドの体積が増え5904-0091_4
それに伴い 重心距離(シャフトから重心位置までのギャップ)
も 慣性モーメントも上がりました。
アイアンも 厚みが増え 重心深度が深くなっています。
✊どれも これも 握っている棒〜シャフトやグリップから
重さが離れている というコト です。
・・・・にもかかわらず ヘッドターン全盛 って
・・・もう少し 科学的というほど難しくなくても
 モノの道理通り、自然の摂理道理に
 スイングを考えてもいいんじゃないですか・・・と私は思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「右向きが十分で無い
 と感じる要因のもう一つに
 切り返してから カラダは動かし始めるのに
 グリップを置き去りにしている時間があります。
 そうすると 自分のからだに対しては
 グリップは右にズレる訳ですが
 本来、その位置程度に回っておいた方が良い
 と言う感じですね。」
Yさん「意識して、と言う訳では無いのですけど
 ヘッドを残して とは思っていました。」
店長「不十分な右向き、屈曲では
 腕を、クラブを動かすスペースが十分ではない、
 そう言った本能的な動き なのかも知れません。

 この位 右を向いて置いた方が良い
 その位置の差、右向きの感じの差は
 かなり激しいですので 慣れる と言えば良いのか
 少しでも 右向きが増えると良いですけれど…。」
Yさん「今までのモノがテークアウェイと呼べるのか は
 別として、かなり起き上がった感じはしますね。」

店長「今までは ボール側に折れる というか
 ボールの方に近づくような感じですから
 ボールから離れる感じはどうしても否めないでしょう。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

 右向きをしっかり取る場合、
 右の骨盤よりも 背後側(アドレスに対して)
 カラダが行かないといけなくなります。
 慣れるまでは 奇妙な、違和感はつきまとうと思いますけど
 スイングの基礎運動である 回転、向きの変更は
 ある程度の量は確保すべきです。」
Yさん「右向きは箇所として どこから動かし始める感じ
 なのですか?」

店長「感覚的な部分はあるとは思いますが、
 やはり 脚の運動主体になると思います。
 ぼんやり ではありますが、
 左足、左太ももや膝をつかって左股関節を右に寄せる、 
 その押されたのと同様に右の股関節を背後、
 アドレスに対して後ろに逃がす
 そう言う感じになると思います。
 左ひざを右に寄せる感じ でも良いかもです。

 少々、大袈裟ではありますが、右に体重移動
 ではなく 後ろ、かかと側に体重移動する
 感じが 今は近いのではないでしょうか❓」

Yさん「後ろに体重移動の感じは分かり易いかも知れない。」

店長「右サイドを背後に逃がす誘導方向として
 右ひじを背後に移動させたり するのですが、
 そこが 運動そのもののエンジンではなく 操舵だと思います。

 胴体をひねる、肩だけを廻すタイプ
 だとしても、やはり下側 脚側も動いていないと
 屈曲とは言わないまでも 前に傾く、ボールに近づく傾向は
 強くなると思います。

 ある程度の年齢が行ってくると
 アンバランスな姿勢には忌避感が強くなりますので
 股関節主体の 向き になると良いですね。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

 素振り、をする際、
 勿論、そのまま打って良いのですが、
 視線を切る、視界を変える、顔自体も右を向ける
 そうすると 右向き感が分かり易いですし、
 視界で 右向き量も判別し易い と思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Yさん「こんにちはー
 ドライバーや長物系が上手く行かないんです

 ナニカ ヒントをお願いします。」

店長「はい。では まず 打ってみて下さい。」

Yさん「よろしくお願いしまーす。」


店長「全体像としては 悪い感じ…では無いと思いますけど
 前から気になっている点、を少し改善してみましょうか❓」

Yさん「どの点でしょうか❓」


店長「テークアウェイにおいて
 右向きの仕方がオリジナリティがあって
 右を向いている と言うよりも
 屈曲している、と言えば良いのか
 前(ボール側)に倒れている量が多く、
 結果、右向きが足らないんじゃないか と思うのです。

 ちょっと 動画を見てくれます❓」

Yさん「言われてみると そんな気がしますね…。」

店長「右を向けば 良いってもんじゃないですけど
 結構、屈曲が近く、かなりボールに近づいています。
 前準備…として こう近づくと
 離れながら ボールを打たざるを得ない のではないか
 と思うのですよ。」

Yさん「はぁ…。」

店長「このような テークアウェイになった
 ナニカの理由とか、目的とか ってあります❓」

Yさん「前傾姿勢を維持するように意識しましたが…。

((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment

店長「あああ なるほど、なるほど。
 ちょっと脇道に逸れますけれど
 前傾姿勢に関して、は 有れば良い ので
 私たち おじさんゴルファーは出来るだけ薄い、
 少ない角度の方が良いと思います。

 と、同時に 前傾姿勢の目的は
 向きを変える動き、回転という 横運動になりますが
 それで 低いトコロにあるボールを打つ為 であって
 向きを変える、回転する動きが大前提です。

 ですので 前傾姿勢を維持する意識が強すぎて
 回転する阻害要因になっては 本末転倒 になっちゃうんですね。」

Yさん「確かに…そうですね。」


店長「Yさんの場合、ぶんぶんとヘッドを振る、
 シャフトを振るスイングタイプでは無いと思いますし、
 おそらく フルターンと言うか、短いショットやアプローチは
 あまり困っていないと思うんですが…。」

Yさん「そうですね、短いショットの悩みは
 飛ばさなくてはイケナイショットに比べると少ないかな、と。」


店長「シャフトをぶんぶん振るタイプ、
 フェースローテーションが強く、それが打撃の命、って
 スイングタイプでは無いのに グリップが緩い、
 左右のグリップが離れているのは なんでなんだろ〜なぁ…は
 Yさんの回転の仕方 にある気がするんです。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(3)

 テークアウェイでボールに近づいて
 離れながら ボールを打つには
 クラブを下に振る 👉キャストが必要になりますので
 無意識の内に グリップは緩みます。
 右グリップが 左グリップから離れやすく なります。

 長いクラブや飛ばしたいショットでは
 当然、その下に振る割合が増えちゃいますし
 この 屈曲し、元に戻る って動きでは
 傾斜地からのショットが フルショットにし難いですから
 苦労しちゃうんじゃないか と思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ✋試打クラブ 貸し出しクラブ(無料)
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1366

【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370
【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359
【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1362
推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。
IMG_1369
【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372











茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(以後 デール9 と呼んであげて下さい)
 貸し出し、試打クラブあります
IMG_1370

ロフト角度 3度
ライ角度  71度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです
IMG_1369

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1365
L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。
場合によって パターの総重量以上の重さを ヘッドに宿した
520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。
IMG_1362

このヘッド重量 520g は ストロークの始動をガッチリお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。

IMG_1359

パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。


ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1361

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ライ角度71度とややフラット目、ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



先ずはコレをご覧ください



どう見えますでしょうか❓
だいぶ太ったねー😢
何キロ あるんだい❓

 いやいやいや✋ そっちではなくて✋
段階で話しますと
このショットのイメージ
このショットをするための 概念と感覚 は

➀出来るだけヘッドの重さにとらわれず
 からだの向きでグリップを移動させるコトに
 専念します
➁ボールと自分との間、その空間を
 自分に平行に、
 グリップエンドが飛球線方向を向いたまま
 通り抜けるようにイメージ
します。

⚠アドレス時、のように
 自分に直角な、
 グリップエンドが自分の方を向かないよう
 トップの位置で向いている グリップエンドのまま
 自分の前の空間を通すイメージです。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(2)

これをソックリそのまま 真似ると
 上手く行かない方、
 大ダフリやシャンク、てんぷらになる人も多いと思います。
それでも効果は少なくありません。

一歩進んで
ヘッドの姿勢、フェースの向きやロフトを
 手先で作っている、
インパクト前後にフェースローテーションをして
 それらを整えている のが元の打ち方 と前提し
〇ダウンスイングで グリップが移動すると
 その移動によって フェースが開いていく、
 シャフトが寝ていく のを その逆の
🔴グリップが移動していくと 一層、
 フェースが下を向いていくように心がけます。

スナップロックとつながる部分です。
 
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment

 腕で意識してすることはそれだけ です。

とりあえず シャンクしようが、チョロになろうが、
自分とボールとの空間を 縦抜き
 グリップエンドが飛球線方向(アバウトでOK)向いたまま、
 トップの位置のグリップエンドの向きのまま、
 通過させるコト
 を最優先とします。



使っているのは サンドウエッジです。
当たりの是非は無視していますが、
距離のイメージとしては
 50〜60ヤード位、6.7分程度の感じです。

もう一度 見て下さい。

特にすごく特徴のあるスイング ではありませんし、
 ごくごく普通のショットに見えませんか❓
漠然…と見た時、なんか 奇妙な動き、スイングに見えます❓
 これが「ボディターンだ‼」なんて決して言えませんが
手打ちに属する感じには見えないと思います。

 
どうです❓❓

とは言うものの
手を全く使ってないのか❓
手を全く使って見えないか❓

と言うと、手が主になって打っているようには見えない…かも
ですが、確かに 手は動いています
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(3)

やってる本人は 腕は完全ロック とは言えないモノの
積極的に手で打つ のと 完全ロックの間の
やや完全ロック寄り で
手として意識しているのは
からだの回転で、腕の付け根、グリップが移動させられた時、
 その動力で フェースがボールに向くコト(特に上下の向き)だけ
自分でヘッドを出そうとか、
シャフトを振ろう、ボールに当てよう、届かそう
     と言う意識 は まるでありません。

どちらかと言うと 受け身、  当たるんかい? 届くかなー?
 車で言うと 腕はギア のようなモノで
 車では それは回転数の変換ですが、
 この場合は フェースの上下の向き です。
エンジンの回転と言う動力 に相当する
からだの回転と言う動力 に対し
腕はギアとして 当てる為、打つ為、飛ばす為、
フェースの面の向きを下向きになるよう にする、
これが腕の仕事 でした。
あなたの目にはどう見えるのでしょう❓_Moment(4)
ここが 「クラブ、シャフト、ヘッドを振ってはイケナイ」
の スタートライン・体験版になるのではないか と思います。

これ 腕で打つ充実感(多くの方の大好きなモノ)を除けば
そのまま フルショットの距離 に移行出来ます。
で、「こすって スライス気味の方」であれば
このショットの方が 遥かに飛びますし、弾道も綺麗な筈 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブを振らない、ヘッドを振らない、
 あくまでもイメージ…ですが、 それは
 グリップエンドを飛球線に向けたまま抜く
 そう言う感じになります。 
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
 アプローチや加速の無いショットでのドリル や
 練習になってくるか と思います。」
Mさん「ハンドファーストを維持したまま
 インパクトゾーンを通過すると 開いたまま で
 スライスやシャンクになってしまう印象が強いのですが…。」

店長「そう思います。
 ハンドファースト、言い換えると ヘッドの遅れを
〇フェースの開き 〜フェースの上向き にするのか
〇ロフトの立ち  〜フェースの下向き にするのか

 の真っ二つに分かれる と思います。
 前者 であれば それは当然、どスライスか、シャンクになるでしょう。」

Mさん「ソコに何かポイントはあるのでしょうか❓」
店長「そうですね、アプローチでは捉えにくいかも知れませんが、
 加速の無いショット練習、運動速度と言う意味でのハーフショット で
 良いドリルになるかと思うのですが、

 カラダの向きを変えるコト によって
 グリップで 上下の弧 を描く
 グリップの 上下、高さを変える、
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)






 言葉として 分かり難いかも知れませんが、
 手作業として、腕の仕事として
 グリップを下げようとすると
 グリップが下がったところで終わってしまいます。
 2021-12-06_22-21-54_Moment(3)2021-12-06_22-21-54_Moment(4)






 からだの回転でグリップの高さを変える、
 カラダを回すことによって グリップの上下の高さを変えれば
 一旦は低くなって行きますが、
 インパクト前後を境に、今度は上がっていきます。

 ハンドファースト、ヘッドの遅れを
 フェースの閉じ、フェースの下向きにして上げるには
 インパクト以降の グリップの上がり、
✋ヘッドの上がり じゃないですよ。
 勿論、グリップが上がれば 結果としてヘッドもあがりますが…。
 グリップの上りがとても大切なんです。

 グリップの上がり が無い は
 イコール グリップの止まり です。
 からだの回転で グリップを動かしていれば
 カラダの向きが変わっている最中は
 必ず グリップの高さは変っていきます。
 同じ高さに留まる瞬間は殆どありません。

 手振り、手打ちにスイングには
 必ず グリップの高さが留まる、滞る瞬間 があります。
 フェースローテーションするには必須ですから。
2021-12-06_22-21-54_Moment(5)

 両手を離して素振りしてみると 感じられる…かも知れませんが、
 からだの回転とともに
 右腕が伸びていく、伸ばされていくと
 からだの回転とともに 左グリップはどんどん
 前に押されていきます。
 左グリップが高さを留めるチャンスはないのです。

 グリップの高さ 変化は意外な盲点なのです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



よくある話だと思いますが、
例えば スイング改造のゴール(目標) が
●体の正面でボールをとらえる、
●伸び上がらないでボールを打つ、
●体を開かないでボールを打つ、
●ディッシュアングルを保つ、
●インサイドアウトに振る、
 のいずれかだったとします。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

それらは全て 技術的な改善 が要らない
 とまでは言えませんが、
少々大袈裟には、技術的な改善がほぼ無くても
 ゴールには行き着ける、
逆に「
技術的な改善だけ」では絶対に行き着けない

  と考えて良いと思います。




⇩⇩⇩ 以下 あるお客様から頂いたメールです
       ;ご本人の許可を得てメールより抜粋



「スイングが完成したとは到底、言えませんが、 
スイング改造に着手し始めた頃と比べると
だいぶ マシになってきたと感じます。
(こすり球克服ドリル_Moment(2)

幾つかの段階を経てくると
実感するのは『スイングの改造』は技術的なものではなく
おっしゃる通り、過去の自分のゴルフ歴の中で
形成された「思い込み」や漠然とした「スイングの概念」
の書き換え、上書きがどこまで進んだか

 というコトに尽きると思います。

手打ち から からだの回転(まだまだ完成には程遠いですが)
に近づいてい来ると、まず、感じる(大変強く)のが
「インパクトまでの時間の早さ」
別な言い方の方が分かり易いかも知れませんが、
「インパクトまでの時間の無さ」 です。

ダウンスイングが始まってからインパクトまで
腕をこうしよう、
スイング軌道はココを通そう など
そんな事をする時間がありません。
まったくありません。
そもそも ダウンスイング という期間 がない感じです。
切り返した途端、インパクト‼ に近い感じです。
何かをする時間がありません。

今までは切り返してから
ダウンスイングでこうしよう、
足はこう、
手はこう、
クラブ(ヘッド)はここを通そう
ヘッドの姿勢はこう、

そんな事を考えていましたが、
それが出来る、それをしようとする事自体が
手打ちなんだ
 と気づかされました。

素振りや練習していない時は
体の使い方は考えたりしますが、
からだの回転で徐々にボールが打てるようになると
インパクトまで、だけでなく、
スイング動作そのものの時間が短いので
いざ ショットとなったら
考える事、考えられる事は フェースの下向き、
フェースをボールに向けるコト(上下関係)だけ
と言っても、言い過ぎではないかと思います。」

 ★ー☆―★―☆




(店主)スイングはからだの回転を主にして行っているので
ごく当たり前に行えば
からだの回転通り…なら 必ずインサイド から入りますし
トップとインパクトの関係から考えれば
当然、上から ヘッドは入ります。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(4)






それが アウトサイド から入ったり
下からしゃくる 煽るように入ったり する
という事は 何らかの理由で
約束の場所(ボール)に 遅刻 しているのです。



その最たる例が(コレも何度も書いていますが)
腕とクラブに長さがあり、
その先端に重さの付いた構造 がゴルフクラブ です。

手であっても、からだの回転であったとしても
自分がグリップを 180度向きを変えても
ヘッドに重さが有る分、シャフトは180度回転しません。
運動分、重さ分 180度よりもかなり少な目
おそらく 90~120度程度 しか角度運動しません。
それが 万物の物理法則 です。

8658a3e6-se00bf7e6






それを 自分が180度回転したら
クラブも180度回転する としてしまうと
90~120度の回転運動と、当然、別な動き になります。
このような 角度運動が途中で変わる場合、
 多くの場合は 棒の途中にトルク(別なチカラ)が掛かる訳ですが
棒は必ず支点ズレ を起こします。
グリップの移動~向きの変更/回転に対し
 本来は その重さ分(長さや運動も積算で加え)
角度運動は少なくなる場合は
人間の動作の軸 が形成されますが、
途中で 棒(この場合はクラブやシャフト) にトルクがかかり
別な角度運動が発生すると
人間の軸は そのトルクとほぼ反対の方向にズレ
スイングの場合、向きと前傾姿勢があるので 少し立体的にズレます。
 軸が右に倒れ、軸自体も右にズレます。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
←間違いの元

ですので 振り始めた、トップの位置 で
想定していた 最下点 は 右にズレ
しゃくり軌道やあおり軌道 になる訳です。
想定した最下点よりも 先 でインパクトする、
という事は アウトサイドから入る に相当します。

さて これを治すにはどうしたらよいでしょう?

☑右にズレるコトを想定してボールを置く
まあ これもあるでしょう。
☑ヘッド軌道だけをインサイドに変える
別な更に深刻で、複雑な問題にすり替え となります。
☑変えない
無難です。ただし、コースでの実際のショットでは
ダフリ、トップの頻度は高いですし、
距離が出にくく、飛ばそうとした時、弾道が高くなり、
上手く当たっても 引っかけの恐怖はつきまといます。

物理法則を無視し
無理やり ゴルフのスイングの定義に当てはめれば
苦労するのは本人以外何物でもなく、
そこには きちんとした対処法は存在し得ません。

当り前 と思っているコトがスイングを苦しめるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングで、特にアプローチで
うまくいかない、
ダフル、
トップする、
ミスになる、
 大きな原因 は知識で解決出来ます。
607a83e4-s

アプローチにも種類がありますが、
グリーン周り位の距離から
番手にもよりますが、50ヤード位まででしょうか
この知識はとても有効です。

そして この知識は勿論フルショットにも
とても有効…というか ホントは『当たり前』
なのですが、多くの人は誤解?、錯覚して理解しています。



何度も何度も書きますが、
スイングは 最終的には円弧 を描きます。
その円弧に騙されてはいけません。

ゴルフクラブは機械仕掛けではありません。
弊社の取り扱う 柔らかいシャフト であったとしても
ダウンスイングで 多少グリップは押されますが、
ことヘッドに関しては自発的に動くことはありません。
よく言われる ヘッドが走る というのは
 手を、グリップの移動を止めたから
 その反動でヘッドが動いた『だけ』であって
 それは シャフトの働き ではありません。
クラブ扱いの基本中の基本は
持っている、打つ人が
なにがしかの運動/動作で
グリップを動かした分 その移動量分
ヘッドが動くのであって
グリップの移動量を ヘッドが上回ることは
意図的にしない限り 絶対にないのです。

円弧 と言う意味ではグリップに対し
外周に当たるヘッドは、大きく移動したように
感じますが、このショットを
真上から俯瞰して見ていると
考えてみてください。
グリップの移動量に対し
ヘッドの移動量はさして変わりがありません。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)












スイングは体が回転するので
結果として 円弧を描き
それによって その外周に当たるヘッドの方が
最終的には 長い道のりを描きますが、
コト移動量そのものに対しては
グリップの移動量=ヘッドの移動量 です。



アプローチの方が分かり易いでしょうか
ここを スタート地点 します。
スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)
〇ここは通過点ですが、仮にゴールとします。
スナップショット 6 (2017-01-13 12-29)
二つの写真を比較してみると
スタートのグリップの位置とゴールの位置
スタートのヘッドの位置とゴールの位置
双方の 移動量にさほど違いが無いのがわかるかと
思います。
腕さばき、作業として グリップの移動を多少
強調していますが、からだの向き、
特に左サイドの移動をしているに過ぎません。

何を言いたいか というと
グリップの移動分 以上に ヘッドを動かすような
持っているクラブの長さを最大(外周)とした
円弧に
『動かす』ショットでは
そのヘッドの通る道のりが長すぎ、時間がかかり、
『スイング時間』の中で
からだの正面に相当する時間に間に合わない
 のです。
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(3)
MVI_0748Trim(5)Trim(2)Trim_Moment(4)
アプローチ、ですので リリースはしていませんが、
ハンドファーストのまま カラダの向きで打つに比べ、
クラブ姿勢をアドレスに戻す では
ご覧のように 無駄な下への円弧 の分相当、
自分の左サイドは上にひっつれた状態になります。
それを制限しないと ボールに当たりませんから
左サイドを止める習慣が付いたりします。
インパクト前後での 各所の調整が必要になる のです。

トップ姿勢を造り、それを概ね固定し
体の向き、特に左サイドを止めない、左サイド主体の
向きの変更でボールを打つ、
フェースの面はどの方向に向けるのか、
グリップはどの方向の移動するのか、
そう言う学習は必要になりますが、
クラブ姿勢をアドレスに戻すに比べ
インパクトでの調整は必要ありません。

本当のアプローチになった際、
どちらが ミスを誘発するか、
実体験して頂ければ 分かるかと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ダウンスイングから 右打ちでの
 右腕を伸ばす、長くするポイント なのですが、
 実際には 遠心力によるモノも含まれている ので
 伸ばすんだ! と言う実感は薄いのですが…。」
Mさん「遠心力はソコで使われるのですね❓」
店長「そうですね、ボールを打つ前の段階で
 リリースをして クラブを長くしてしまうと
 ヘッドに遠心力が強くかかります。
 出来れば クラブの重さも利用しつつ、
 グリップに遠心力を掛けたいのです。
 そうすることによって
 腕の付け根である肩から グリップは離れようとします。
 似ているのですが、時機 の違い
 と言っても良いかも知れません。

 その遠心力の利用の仕方 にもつながる と思いますが、
 手さばきによる クラブターン、クラブリリースを
 している方は 右打ちで言う右手、右腕、を
 左グリップよりも外に出そうとするのではないでしょうか
❓」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

Mさん「フェースターンをしようとしている訳ですから
 当然、そうするつもり…ですが。」

店長「右腕を伸ばすコトによって
 左グリップが自分の方に寄る、
 右グリップの方がボール側というか、
 円の外側に行く動きは
 左グリップの進行を止めてしまいます。

 これでは あまりに早い段階で
 クラブが長くなり過ぎ、
 必要以上の遠心力がかかってしまいますから
 グリップが浮いたり、いろいろな障害が生まれます。

 右手で押す というのは正しくない表現ですが、
 右腕が伸びる のであれば
 右グリップの方が自分側、
 左グリップを円の外に(押す)ような関係性

 良いと思います。」

Mさん「右グリップが自分側、左グリップがボール側…
 ボールが打てなそう。。。空振りしそうですけど…。」

店長「ですよね。
 ですので カラダの向きを変える必要が生まれますし、
 押す というのは正しい表現ではないですが、
 左グリップを円の外に向かって押す から
 左サイドが逃げていく、回転してい
のです。

 左グリップを自分の方寄せてしまう 押し は
 左グリップの移動を強制的に止めてしまう為 👉手振り
 左サイドが逃げられません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストを維持する為のリリース…
 からだの回転で打つコトを 体験 していくには
 アプローチのような 強く打たないショット
 から始められるのが良いと思います。」

Mさん「グリーン周りから…位の距離で始めるのですね。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

店長「そうですね。
 グリップエンドを飛球線の方向に向けたまま
 もしくは 飛球線の方向に抜く、
 その感覚は 今までの 
 クラブの重さを腕で動かす 打撃感 と大きく異なり
 単に カラダの向きを変えるだけ、
 カラダの向きを変えないと クラブターンが行われませんから
 打てませんので カラダの向きを変えざるを得ない、のですが
 実感として 打撃感が非常に薄い ので
 始めはちょっと躊躇(ためら)うのではないかと思います。

 カラダ、左サイド、左腕、左グリップが止まって
 絞るようにして打つ ダイナミックなインパクト、打撃に
 比べ からだの回転で打つ方は
 動いている最中 の どこかにあり、
 手で打つのに比べると はっきりとした印象がありません。
 良い意味で取れば 多少、ズレても差がない、
 というコトにつながるのですが
 その打撃感の無さは結構、乗り越え難い部分ではあります。

 いままで 肩で廻っていた というのが
 実は腕を動かしているだけで それに引っ張られ
 肩が動いている と言うのを実感するかも知れませんし、
 よく言われる 左サイドのリード と言うのがありますが
 左サイドのリードの言葉の意味は
 左サイドが動いている内に打て、 であって
 左サイドを動かしてから打て では無い、

 というコトを気付くかも知れません。

 少なくとも その違いを体験するのは大切です。」

Mさん「クラブをリリースする、というのは
 全くなくなるのですか❓」


店長「スイングの好み や 実際に出来るコト、
 長く親しんできたスイング方式 などによっても異なる
 とは思うので 個々で異なるとは思いますが、
 ヘッド、クラブをリリースしなくともボールは打てます。
 クラブターン、フェースターンは
 カラダの向き『だけ』でも完遂可能です、 が✋
 右腕を伸ばすことによって クラブを回転させたい、
 フェースローテーションをどうしてもしたい、 と言う場合、
 少なくとも グリップがボールを越えるまで、
 ブレイクラインをグリップエンドが廻るまで、
 タイミングをずらして欲しい トコロですね。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 インパクト、インパクト直後 から
 スイング動作は減速に入るので
 インパクトを越えたら 無理にクラブの慣性を
 おさえておく必要はありません。
 俗に言う 振ってしまって構わない と思います。
 打ってから、であれば です。

 作法というか、技術というか、
 その部分での問題解決よりも
 慣れ親しんだ感覚、思い込みの部分が少なくない かと思います。

 クラブを動かしているのは 打ち手の人間で
 その一番先端に重さとして付いている打撃部 が
 その動作速度(角度)を追い抜くことはありません。
 
 ヘッドの方がたくさん動いている というコトは
 自分は止まっている(減速している)コトになります。
 ソコの感覚が掴めるとかなり飛躍的な変化が起こるでしょうね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「ハンドファーストを解くリリースと
 ハンドファーストを維持するリリース
 では
 ダウンスイングからインパクトに入ってくるところの
 クラブの角度が かなり大きく違います。
(インから振るのがすべて!じゃない_Momenta5b965fd





 時計で説明すると
 アドレスを 12時-6時の方向に取っているとします。
 テークアウェイに トップの位置では
 だいたい 理想的には6時の方をカラダは向く訳ですが
 多くの方は イメージ、だと思うのですが
 ボールを打つため、元に戻るため、
✋シャフト・クラブを 9時‐3時の方向に
✋ボールと自分の関係 に対し
 アドレスと同じように 自分に垂直 にしよう と
 すると思いますが、
 ハンドファーストを維持する為のリリースでは
 アバウトですけれど 飛球線と平行に クラブを抜く
 グリップエンドを飛球線の方向に向けたまま
 自分とボールとの間を通す、そんな感じなんです。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)
Mさん「ボールに当たらなそうですが…。」
店長「ですよね、
 でも 自分は、自分のからだは向きを変えていますから
 それで十分なんです。
 打撃部分であるヘッドを ボールの方に出さなくても
 自分が向きを変えるので 結果、そうなります。

a5b965fd物理的に考えてみましょう。
トップの位置で 6時なり、7時当たりのトコロに
グリップエンドはあります。
そこから カラダの向きを変えて
6時→3時→12時と クラブとの接点は移動していく
 のですが、クラブは長さもあり、先端に重さもあります。
 ヘッドは重さの塊ですので、ソコに留まろう としますから
 クラブはどんどん 自分にまとわりついてくる筈 です。
 結果、としては ヘッドはボールの方に出ますが、
 それを 意図的に、意識的にしようとすれば
 円を内回りにしなくちゃいけない、とか
 カラダとの接点であるグリップ部の移動を止めなくちゃ、だとか
 機械的には意図的な不具合が必要になるのです。
(クラブ扱いのイメージの比較_Moment
 スイングは円を描く のですが、
 それは カラダの向きが行いますから
 手さばきで 二重に円を描く必要はない
のです。」

Mさん「頭では理解出来そうなのですが。。。」
店長「😊😊😊 ブレインストーム(意識改革)ですので
 そう簡単ではないかも知れませんが…。
 フェースを開いているので
 グリップエンドを飛球線の方に抜こうとすると
 スライスになったりする訳で
 始めは フェースは開いていないのですから
 開いて、閉じる ではなく
 始めの状態のまま、にしておけば良いのですが…。
 勿論 運動の抵抗がかかりますから
 その状態を維持して置くには 工夫は必要ですけどね。
IMG_0148_Moment

 テークアウェイ、トップ、ダウンスイングの初期、
 左右のグリップの関係は
 右手が左手の上にある、かぶった状態です。
 微妙ではありますが、右手の方が自分側にあるのですが、
 そのまま 自分に近い方に、
 左手の方がボールに近い方に、
 正確には「押す」訳じゃないですけど
 その関係を腕さばきで反転させないようにする、
 右手を左手よりもボールの方に出さない感じです。
スイング ココを治そう❷_Moment

 よくある 右手を左手よりもボールの方に出す、
 その時間分、からだが止まっているとか
 グリップの移動が止まってしまいます。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ