◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

打つコトの出来ないサンプル品とか
展示品をみて シャフトの性格を見抜く為に
良く観察するのは カタログ とか データ
ではなく、シャフトの形状
である。
gp2

シャフトの外観 外側のサイズは概ね決まっており
昔有ったようなバブルシャフトは既に博物館行き。
シャフトに特殊な形状は余り多くないのだが、
一本 一本を 比べてみると
その形状はかなりはっきりと異なる。

シャフトを オリジナルで作る場合
1.既成のシャフトの ロゴのみ入れる
2.既成の芯金(マンドレル)を使って
 シートの種類
 巻き方、枚数のみをオリジナルで作る
3.芯金もオリジナルで作る
この3種類がある。

シャフトの場合、その形状によって
オリジナルの性格は半分以上決まってしまうと
言っても過言ではない。
人間でいうのならば、芯金はどこの国に生まれ
男なのか、女のか そこら辺まで決めるのに
相当すると言える。
勿論、同国人、同性であったとしても 個性は
それぞれであるけれど 大きな部分は似るだろう。

ウッドの先端径は 8.4mm
グリップ部はだいたい 15.0mm
前後
長さは 1150mm
 一メートルチョイだ。
この 8.4〜15.0 
までが どのようなテーパー
と寸胴の組み合わせで 性格も決まるし
芯金の形状が決まれば どの位の量
どの位の弾性(強度)の繊維を使うかも
概ね決まってしまう。

先端から 寸胴気味で細いところが長ければ
強度の高い繊維を使わざる負えなくなるし
その分 手元側にキツイテーパーが来るので
手元の締まったシャフトに成り易い。

全体に平均的なテーパーの付いたシャフトであれば
細いところに負荷が掛かり易くなってしまうので
巻き方や異種の繊維を組み合わせ 工夫しなければ
商品として有効ではない。

良くシャフト選ぶをするのに
キックポイントKPなんて 言葉が出てくるが
KPのみで シャフトを判別するコトは
殆ど意味のないコトであって
その形状や使われている繊維の強度によって
大きく異なってしまう。
7b751c2e

全体的にしなる 先調子もあれば
手元の締まった 先調子もある訳で
土台 シャフトは 1150mmの全寸に対し
先調子と元調子の差は 40mm程度なので
誤差とも言えるし
メーカーによってその基準も大きく異なる。

カタログ上 A社の先調子は
B社の元調子よりも
ウンと 元調子だったりもする。

土台 一般成人男性が
振動数で 220cpmを超えるモノを
使った場合 硬すぎて どれも同じ。
撓らないモノを撓らせて
使ってしまうのだから、
 本来の使用方法と異なる
ネジレを意図的に作って使うのだから
KPなど 意味もないと言える。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


スピンの効いた球

良く使われる用語です。

アプローチの際に グリーンに落ちた球が
スピンによって ブレーキがかかったり
バックスピンで戻ったり。。。

果たして これは どんな状態なんでしょうか

スピンが多ければ良いのでしょうか・・・

  答えは そうではないのです。

7番アイアンとか 8番アイアンのショットで
スピンで止まってしまう
そんな経験をされたことがあるかと思います。

その番手の正しい製品ロフトで打つと
単純ではありますが フルショットのスピン量は
番手×1000 と考えてよいでしょう。

7番では 7000回転/一分

ウエッヂでは その回転数は10000回転を超えたり
します。

  余談ではありますが ウエッヂショットで
使われる スピンコントロール というのがありますが
それは スピンの量をコントロールする イコール
 距離のコントロール であると言うコトです。

同じ距離を打つのに スピンの増減 と言う意味でなく
同じ距離は一定のスピン スピンの量の増減=距離
と言うことを指しています。

0d06b52b

ボールを打撃する破壊力の基準は 重さ です。

運動性(速度)が加わる… 
これは 重さを増やす行為と考えてよいと思います

それが ボールの初速 や スピン 音 熱
などに 分散、、、化けるわけですが
そのエネルギーの総量は 必ず 破壊力とイコール です。
つまり スピンが増えれば 必ず何かが減るのです。

その都度 スピードを変えたり ヘッド重量を
変えずに マシーンに打撃させれば
その分散割合は 単純にロフト
(長さによる入射角度も
ロフトの一部ではありますが)
によって決まってきます。

ウエッヂショットで スピンを増やそうと思って
ロフトを増やすと 確かに スピン量は増えます。

そして その分 ボールのスピードは落ちます。

スピンは 空中では浮力と共に 進行方向に対する
パラシュートのような役割もありますので
 接地時と同じくブレーキ でもあります。

スピンが多く 初速(ボールスピード)も遅い訳ですから
スピンは早い段階でピークを迎え
落下時や 設置時には 惰性になってしまう可能性が
非常に高くなります。

80060a6c-s

スピンを効かせるコツは
ボールを潰し 初期飛び出し時
出来るだけ スキッド(空中を滑らせるイメージ)
を持つコト。

落下時の接地角度が
あまりに薄く ブレーキ効果が薄いが
5番アイアンのアプローチでもスピンは効く

逆に サンドウエッヂは設置角度 そして
高さを取る事に特化したクラブで
サンドウエッヂでスピンを安定して効かせるには
ロフトを寝かせないことと バンスは欲しいところです。

ちなみに あまり初歩的なので書きたくはないのですが
ウエッヂの溝 は 水分や砂利などの異物を
ボールとフェースの間に入れない為のモノです

スピンは 双方の 接地面積と接地時間によって
決まってきますので 異物が挟まることを避けるため
タイヤの溝と同じ効果 です。

ですから スピンを増やすのが溝の役割でなく
スピンを減らさない為のモノです。


 晴天の異物が挟まり難い環境であれば
溝のないクラブが一番 スピン量は増大します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


フェアウェイウッドをあまり得意としていない
ゴルファーは多い

どうなんだろう?!

ロングホール ツーオン狙いとか
ティーショットのミスの後のリカバリーとか
ドラコンホールに匹敵する位、もしくはそれ以上
期待して、気合が入っていることが多いのかも
しれない

距離は人によってまちまち かと思うけれど
140〜200ヤード位の距離の時 使うのだろうか。。。

将来、歳を重ねてから ゴルフを楽しむのには
FWと仲良くしておく方が 良いことは多いと思う。
実際には 最大の武器になるのだから…



sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット

フェアウェイウッドは ユーティリティやアイアンに
比べると 重心が深い
アイアンの10倍 ユーティリティの2倍は
重心が深い

その為に奥行きのあるソールになっている

これが 長所でもあり 苦手な人には短所となり得る。

どの位かは兎も角、フェースを地面〜下に向けて
入れて来られる人にとっては ソールの奥行きは
向きや角度の修正になるし
うまく打つことのガイドにもなるのだけれど
フェースを下に向けられない人にとっては
跳ねて ダフッタのにチョロ と言うのも考えられる。

本当は地面から打つのに 一番簡単なクラブ
ではあるのだけれど
期待度 みたいなモノもあるから
打つ条件(傾斜やライ)を考慮に入れよう。

先日、ボールの置き位置 の話が出たけれど
それが 通常の位置でなく もっと右寄り
で打ちたいようなシュチュエーションの時は
特に注意するべきである。

傾斜や地面の具合が ちゃんとした体重移動を
し難い状況? であれば FWの選択には熟慮 しても
良いかも知れない。

アイアンに比べ ヘッドが軽く その分 シャフトが長い
クラブヘッドを振り回しやすい状況
でも クラブの構造とは その反対で
ヘッドが軽く クラブの長いモノは
クラブがそれをしてくれるので 使う人は
それを 
より一層しなくて良い
もしくは、してはいけない と言うことを示唆している

sample 2009_09_19_23_41_53-255フレームショット

コースでの使用のコツは
脚を使って よく使われる言葉だけれど
両肩を平行に回すコト
左右の方の上下差を作らないように意識する
ことが 一番簡単に打つ コツとも言える

シャフトが長く ヘッドが軽いから
手先〜腕 で振り回すような事をすれば
それによって 造られる不可抗力が
肩の上下 左右の肩の上下差を作ってしまい
上半身だけ 傾斜地から打つような結果になって
失敗の元になってしまうよ。

テークバックを急がず 少し小さ目にとって
くるっと回る

くるっと回るのに補助として 利き肘を使う
(出来れば 先目先目 に使っておく)
そんな感じでしょうか・・・
左に乗って くるっと回るのには 薄い左下がり
の方がうまく行くことも多いかな?!


ハザードが無い限り、前進することが目的の
大きな一つになるので ゴロでも良いと考え
プッシュを打つイメージを持つことをお薦めします

フォロー・フィニッシュは 無理に止めない限り
悶絶クラブでは もれなく付いてくる から
あまり考える必要はないと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ゴルフ用語って 結構 沢山ありますよね

ウエッヂのバンス なんてのもあります。

バンス って かなり誤解されている部分が
有るんですけど 正しく理解して 正しく使えば
非常に有難い 存在 効果なんです。


最近では サンドウエッヂなのに

6度とか 殆ど バンス角度の無いものもあったり。。。

バンスの意味 クラブの使い方
分かっていたら こんな便利なモノ
減らしたり 無くしたり しないと思うんですけど
残念だな〜 って思います。

最近では ハミングバードのお客様には
殆どいらっしゃいませんが
以前は。。。
 「ボールが上がってしまって 飛ばないので
  ロフトを立てて下さい。」
って 軟鉄のアイアンを持ち込まれる方が
多くいらっしゃいました。

確かに ライロフトマシーンを使えば
機種によってはステンレスヘッドであっても
勿論 軟鉄鍛造ヘッドも ロフト角度 ライ角度は
いじれます。

g-421

例えば 30度の5番アイアンがあったとします。
5番アイアンであっても バンス角度は存在します。
専門用語かも知れませんが スクープになっている
アイアンバンスは存在しないと言っても
良いかも知れません。
その 5番アイアンに 5度位のバンス角度が
付いていたとしましょう。

これを 飛ばない 上がり過ぎる と
2度ロフトを立てて 28度にしたとしましょう。

と 同時に この5番アイアンの バンス角度は
3度に減ってしまっています。

分かりますか????

ですので この5番アイアンは
確かに 計測上は 28度になってしまいましたが
使用上では やはり 同じ30度に変わりはないのです。

イメージがし難いかも知れませんが
バンス角度は そのクラブの長さや用途によって
設定されています。
ヘッドの入射角度 が イコールと言っても
良いかも知れません。
サンドウエッヂのバンス角度を選ぶ 目安には
自分の「入射角度」があるとも言えます。
正しく 上から入れて来れる人にとっては
バンス角度は あれば あるほど 便利で
寝かして コスリ打ちをする人には 少ない方が
良い・・・(というか 選択の余地が無い...)

バンス角度は インパクトロフトを安定させますし
ウエッヂなんかにとっては インパクト時や
設置時の安定 支えにもなる訳です。

単純に考えれば ロフト角度からバンス角度を
引いたモノを インパクト時の 地面に対する
ロフトと考えるコトが出来て

☆30度のロフトの 5度のバンス
☆28度のロフトの 3度のバンス
インパクトロフトは 変らないモノになるのです。

分かります?!

蛇足ですけれど
弊社のアイアンは 一般の販売されている
アイアンのバンスよりも 幅も角度も
大きく設定されているので
表示上のロフトは寝ているのですが
実質上は殆ど同じとも言えるのです。


006

シンプルな構造のウエッヂなんかは
バンスに幅があって バンス角度もしっかり
している方が 格段に 安定していて
使いやすいんですけど
現在の プロも含めたゴルフ界は
正しく ゴルフクラブを使うコトに誘う用品
には 興味が無いと言うか 余裕が持てていないのが
少々 気になるトコロです。


ただ 専門的に言えば
バンス回りがしっかりすると 低重心になり過ぎてしまい
ウエッヂとして 距離コントロールがし難くなる
ケライは否めんので 上手に 製品ロフトと
組み合わせねばなりません。

バンス回りのデカい 低重心 深重心
そして ハイモーメントの60度ウエッヂ
は非常に使い難くなってしまうモノです。

ちなみに ハミングバード で言う
使いやすい ウエッヂ とは
 
思い描いた距離が そのまま表現出来る
と言うことで 色んな球が打ち分けられる
みたいな 美辞麗句ではありません。

色んな球が打ち分けられる人は
練習も豊富、技術も豊富なのですし
僕の考える クラブの扱いとは対極にいますので
別にクラブを選ぶ必要はないような。。。
どのクラブを使っても 結局 クラブの性能を
無視して 利己的に使ってしまうので
機能、性能云々は意味がないような・・・
 そんな気がしますがね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

唐突ですが……利き肘の使い方は重要です。

体のまわり方 回す部分とも密接な関係が
発生する動きですし
アマチュアが楽しむコトを主軸にするのなら
この 利き肘使い だけで 十分
ゴルフは楽しめますし
ボールを遠くへ飛ばすコト にも直結します。

2007wo88

多くのアマチュア ゴルファーは
左腕だけで テークバックを取ります
最近では プロの多くも こんな姿勢が
少なくなく、、、 ちょっと ぞっとしています。

このテークバック〜トップオブスウィング では
肩甲骨を中心に 頸椎〜胸椎〜腰椎を
捻りこんでいますし、特に 胸椎〜腰椎 の捩じりは
若いうちだけの特権 とも言える 無理のある動作です。

tuarsu6

見ての通り 左肩 が胸の前に来ている
見ようによっては 脱臼状態 とも言えます。

体の傾きがある上で 右を向いている  
ですから 体の右側の部位の方が 左側の部位
よりも 高い位置関係になっている筈なのに
どれもが 左肩の方が高く見えますよね。。。

スナップショット 1 (2011-01-18 23-43)

一見すると胸周りは回っているように
外側のシャツは見えますが
これ 上半身裸になってみると 分かるのですが
体のセンター 芯の部分は 殆ど動いていません。

また この左腕の動かし方では
上半身が 背中側に反ってしまうので
本来 軸足になる 右脚に 前傾角度が
出来る筈なのですが 左脚に前傾角度が
出来てしまいます。

また バランスを取ろうとする本能のせいなのか
左腕だけを動かすと必然でこうなってしまうのか
よく分からないのですが
右上半身を軸に 左上半身だけが動くので
体 背骨も ボール側に傾きます。

4190-1-2

体が前に傾くのですから
膝の大きく曲がっている 短くなっている
左脚が軸足 というか 左右の軸ではなく
ボール側 前体重 前後軸になってしまいます。
俗にいう 逆ピボット って 奴ですかね…

上半身…骨盤から上は 一つの塊にして
骨盤の上に乗せておいて
脚で骨盤を動かす。。。

上半身。。。背中の筋肉とか
腕とかを使って 回転/向きの変更を誘発、
誘導するのではなく
非常に単純に 脚を使って
骨盤の向きを変えれば良いだけです。

スナップショット 4 (2012-03-06 4-01)

それには 護って貰うべき
 決して 
外してはいけないルール があります。

☆向きを変える方の脚 を 軸足にする

☆軸足が出来ると 向きが変えられる

☆軸足を解くと 向きも解ける

軸足 ⇒ 地面に直立する脚
 と考えて下さい


慣れてくると はっきりとは分かれませんが

1.右直立脚が出来る
2.右向きが出来る

1.右軸足が解かれる
2.右向きが「自然に」解かれる

1.左直立脚が出来る
2.左向きが出来る

こんな感じ です。

右向きへの行程は
左脚 左ひざが 右へ移動する
左股関節が右へ移動する
右の股関節(お尻)が その圧力を受け
アドレス時の後方へ逃げる


体の部位のどこで と言うのは 各人の感覚的な
ところであるので 割愛しますが
こんな感じでしょうか・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ドライバーが飛ばない

よく聞く悩みです。
22dfc18d-s

何故でしょう…

そう 人的 動的なロフトが寝ている から

ロフトが大きくなると 高く上がる
と思うでしょ?!

それは あるロフトまでで

それ以上に増えると
推進力も失うので
遅い 上がらない 飛ばない 
弾道になります。

この状態では スピードを
上げても 下げても
どちらも まったく 距離に影響しません。

だから ハイボールのスライスになっているのは
まだ 良い方で
俗に言う その 『抜け球』 を打っている人の
次のステップは ハイボールスライス なのです

練習場也 コース也 で
自分の フェース面を見てみましょう

ドライバーは 一番ロフトの立ったクラブです

幾ら 最近のヘッドは歪む とは言え
絶壁に近い板で 球体のボールを叩けば
ボールは潰れます( 潰れるはず です )

フェース面に 下から 上に
擦られた クマの爪跡 みたいな
ボールの傷 ありませんか・・・

想像して見て下さい
その 擦り跡 は どの位の角度だと
付くと思いますか?

長さの関係から 「も」 ドライバーは
一番 擦り難い クラブなのですが…

では 今度は ティーアップせず
マットから 打ってみましょう。

ドライバーで ティーを使わない時
本当は ティーの高さ分 右(右打ち)に
ずらすのが正しいのですが
練習ですから そのままの位置で
言ってみましょう。

多くの人は ダフリ ではなく
チョロ とか トップ から始まります。
それは 届いていないのではなく
上がり軌道で打っているから なのです。

正しく 打てれば 100ヤードも
キャリーしない程 のライナー です
センター前 クリーンヒット みたいな感じ

そう ロフトを寝かしている人は
これが うまく行きません。

ヘッドが フェースが ボールのところに
到達するより先に マットや地面と
手酷く接触してしまいます。

ゆっくりでもイイです。
30ヤード から始め 50ヤード
転がしも含め 100ヤード 打ってみましょう。

sample 2009_09_19_22_56_02-91フレームショット


多少のダフリはアリ!です。

そのツイデニ ソールの
マットのこすり跡も見てみましょう

ドライバーの飛ばない人
ドドド スライスの人は
ソールの後方 フェースの反対の
方にこすり跡
それも ヒール側 にありますし
苦労しない人は
跡がないか
フェースに近いトコロの真ん中あたりに
チラッと マットの擦りカス が
付いていることと思います。

ま これも さ★らちゃんみたいに
酷いクラブやロフトの扱い方であっても
幾ら ロフトを寝かしていても
研鑽によって 打てる って言えば
それまで なんですけど…

ドライバーは弧も大きく
入射角度が緩いですから
多少のダフリ トップでは
影響を受け難い ですし
ボール、そしてその進行方向
に対する打面は 一番大きいので
当たり所に左右されることは
殆どありません。

それが 悶絶ドライバーで出来るように
なれば 距離の苦しみ および
スライスの苦しみ からも解放されます

ロフトをどう使うのが正しいのか
それが クラブの使い方の答え です
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ゴルフクラブが打ち手、使い手の方に
鎌首をもたげている理由。。。

幾つかあると思うし
逆に カマのように ヘッド(トゥ)の方が
落ちている形状では メリットが少な過ぎると思う。

ヘッドが逆形状であったら
ヘッドがそれ自身の重みで下がってしまう。
ヘッドが下がる と言う動き は 同時に
グリップ部分を浮かしてしまうであろう

ゴルフのスウィングは 180度 を
120度と60度で分けた部分が多く 構成されている
前傾姿勢であったり クラブのライ角度
腕とクラブの関係 俗に言う
ディッシュアングル
なんかもその一つと言える

BlogPaint

ヘッドの形状が 逆 鎌のような構造であれば
インパクト時 腕とシャフトが一直線になるような
ゴルフスウィングになってしまうであろう

それから 考えていくと
ヘッドが自分の方に鎌首をもたげているのは
ヘッドの重さを使って グリップを動かし
腕を 重力に従って
肩からダランと垂れ下がった 元の場所に
収めるためには 不可欠なのかもしれない

そうであれば ダウンスウィングの
運動性 に 腕の重さまで利用できる事になる!

…その形状がトゥダウンを生む訳だけれど
ちなみに トゥダウンとは シャフトが
反って トゥ部(先端部)が落ちる のではなく
ヘッドがヒール〜トゥ方向に 
重心位置のズレ分だけ ヒール側に
ずれるコトを指します

それによって 腕が下がることを
促進させる ゴルフクラブの機能
なのだと思います。

123

クラブの形状 ヘッドの重さ分
そして 腕の重さ分 下方向
に正しい不可抗力が掛かれば
同時に 前傾姿勢も維持させられる
と考えるのが正しいのではないでしょうか

ヘッドの重さでグリップを動かされれば
右から左への体重移動も
不可抗力(良い意味での)
となる訳ですから
正しくクラブを 正しい位置へセット
出来(さえす)れば
オートマチック性は高くなるのです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

 このブログに関連する中によく使われる言葉です。

辞書を引いてみると

  人間にはアガナエナイ、逆らえない力 一般の事を指します

この言葉は 保険用語や法律用語 不動産用語に中にも
頻繁に登場します。
 そして この言葉の反対と言う意味では無く 対になる言葉が
  「仕方がなかった」
というのがあります。

GOLFsystemWORKS K99


車の運転中に頻繁に起こる事ですが
車がカーブに差し掛かります
その車の性能、路面状況、タイヤの性能や状態によって
車は道なりに走ろうとするスピードに対し
外に飛び出ようとする力が働きます
 どのスピードからは 各シチュエーションによって異なると思いますが
必ず タイヤの向いている角度よりも ややずれたアングルに
車は進むのでしょう。  確かこれをスリップアングル と呼んでいたと思います

自分の動かした物、自分自身にも 動かした方向やスピード、強さに対し
必ず 自分の意に反するような力が掛かる訳です。

ですから 車の場合 その総合的な性能を超えてしまった場合
外に飛び出るような事故になってしまったりするのです
            {運 転 は 気 を 付 け て}

それと同じで ゴルフクラブにも
動かしていない時は 長さ×重さ だけで済んでいますが
動かしている時には それにスピードの二乗倍 以上の力が
かなり複雑に掛かります。

ゴルフクラブを スウィングと言う中で動かせば
クラブ全体には 外に膨らもうとする力や 下に落ちようとする力
クラブヘッドにも 独自にその力が加わり
動かしている最中 ずっと複雑に力が掛かります。


良い練習方法とは言えませんが
人のいない 広い所で クラブを離す スウィング中に放り投げる
指示をされると 意外や意外 初めて行う人は
自分の意図に反した あらぬ方向にクラブを放り投げてしまうモノです


☆ボールを打つ
☆クラブを振る
  この行為には 重力が存在している限り
  絶対に いろいろな重力 遠心力 等 不可抗力が存在します
  殆どの場合 その不可抗力に動かさせられている と言っても
  言いすぎではありません。

ある程度 その不可抗力を計算に入れて 上手く打とうとしても
その不可抗力は 全部を計算式に出来ないほど複雑で
特にヘッドを振ろうとしている
シャフトを振ろうとしている   ヘッドターンをしようとしている人の
不可抗力は 無限のバリエーションを持っていると言って良いでしょう

  それを味方に付けるか あくまでも人力によってそれにアガナウか
    そのどちらかだと思うのです

ゴルフクラブの場合 かなり立体的に動きますし
かなり動かすものは偏芯・偏重した物体です




道具…辞書から抜粋してきました

(1)物を作り出すため、あるいは仕事をはかどらせるため、
  また生活の便のために用いる器具の総称。
(2)他の目的のための手段・方法として利用される物や人。
(3)仏道修行に用いる用具。僧の必需品や修法に用いる器具


ゴルフの場合 当然 (1)が正しい筈です
 人間の体だけでは あんなに遠くへ あんなに正確には
 ボールを飛ばすことが出来ませんから…


しかし 道具を持った方が難しくなってしまうのは
  (3)の回答です。
本来は 人間が楽をしたい 作業効率を上げたい 為に存在する
筈の「道具」が人間を苦しめる  
 本末転倒……この言葉、まさにこの為にあるような気がします

人間が1000回も10000回も繰り返し 出来ない動作
 答えの出ない動作   ゴルフショット以外に何かあります?
  そろそろ その行為 動作 
   そのモノの目標が間違っている って気付いても良い頃?
     じゃありませんかね


    楽する為    効率を上げる為
こんな便利な世の中になったのに
 道具を持った方が上手く出来ない
  こんなコンピューターが進んだのに
   基本設計 基本構造は変わらず
    原点の形はあまり変化のない ゴルフクラブ
   
   それに「理由」が隠されているって思いません?
   それを無視し 体の動かし方ばかり考えていても
   こんなにやっても こんな人数でトライしても
   こんな長い歴史を過ごしても答え見つからなかったんです



     自分の側から クラブを見るのではなく
     クラブの側から 自分を見つめる時が来たのでは
                   ないでしょうか
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

一般的なスウィングの悩みの始まり
もしくは、新たな悩みの始まりは
クラブが原因であることが殆どである

imageCA751Q6C

例えば、市販のクラブセットを持っており
ユーティリティクラブやドライバーを
一本だけ買い足す、もしくは買い替えたりすると
 そのクラブ単品が 他のセットと何かの部分
例えば ヘッド重量の割合だったり 重心距離だったり
シャフトの硬さ(ココの原因が一番多い)だったり
ここに違いがあると いくばくかの時を経て
悩みが発生したりする。

硬さを例にとれば タイミングの取り方も
地面に対するシャフトの垂れ方というか 下がり方も
違うので ボールの置き場所や構え方
トップオブスウィングでの魔の取り方
なんてのも そのクラブだけ 変えなくては
なんて話は よく よく 耳にする。

バンカーが苦手 とか フェアウェイウッドが苦手
というのは よく聞く 
苦手クラブ
 だが
その原因の多く 9割以上が クラブになると言って
間違いないだろう

軽いヘッドの サンドウエッヂや
バンス角度や幅の少ない サンドウエッヂ
(ヘッドの軽いのは致命的 ウエッヂの役割を
 殆ど持っていない ただの耳かき)
こんなウエッヂでゴルフを続ければ
バンカーショットは当然 苦手になって然るべし 
だし アプローチだって なかなか上手くいかない。
距離感 と 上手く打つことを 同時に達成
しなければならない訳だから 一番確実性の欲しい
目の前の距離 のショットが ギャンブルになって
しまうのは コチラの目から見ると 必然。

006

バンスが何度だとか 溝がなんだ
なんてのは 単なる飾りと言うか
販売するためのセールストークにしか過ぎず
ウエッヂの命は重量であるし
そこが無ければ 魂は入っていないも同然。
これでは 確かに 練習量 球数次第で
それを失った途端 初心者に戻ってしまう...

クラブの持つ 距離感覚やリズム感は
ヘッド重量と完全に比例するようなモノだから
慣れさえすれば ヘッド重量の重いウエッヂは
オートマチズム性が非常に高い。


001

フェアウェイウッドの苦手な人も少なく無いが
それも クラブのせいが殆ど。
軽いヘッドのFW や 硬いシャフトのFW
で ゴルフを憶えていけば 上手く打てないから
そこには お金を使わないし クラブも替えない。
自分は FWが下手なんだ の一言で終わってしまう。

やはり コチラの目で見れば
そのFWを使っていれば 上手く打てないのは必然だし
長く 緊張感が高く 痛手の大きい FW が
やはり 軽いヘッド、硬いシャフト であれば
偶然というか 奇蹟のような可能性の「ナイス」を
待っているようなモノ…

一度 よく 自分のゴルフクラブを
 調べてみる必要があるだろう…

自分の悩みの大半は クラブが持っている
 もしくは クラブ同士のかみ合わせ が原因である。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


シャフトをしならせて
 その しなり戻し で
ボールを打とう!
そう思っている限り
ゴルフクラブの機能は
殆ど使うことが出来ない

カタログに書いてあるような
クラブのメリットや特性は
生涯 味わうことも出来ない ばかりか
メーカーや機種を変えたところで
新しくクラブを買い替えたところで
大きな変化は 生涯 訪れない

せいぜい クラブヘッドの重量や
総重量が軽くなったことによる
期限付きの 疑似★運動性能の向上
が 精一杯 だろう

furiko

大きな勘違いをしている
 と思うのだけれど
シャフトをしならせて
 そして しなり戻す  コトが
実際に可能 かと言うと

実際には しなったら
 先端が戻るのではなく
自分では 支点 だと思っている
手元の部分が動くだけ

棒高跳び をする時
ポールが しなって しなり戻るのは
根元の部分を かっちりと固定出来る からで
棒高跳びの競技でいうところの
ボックスが存在せず 平らな地面で行えば
支点部が 前方に移動してしまうだけ で
ポールのしなりを使って
跳躍することはかなり難しいし
出来たとしても 棒高跳びの記録 には
遥かに及ばない だろう。

シャフトをしならせる
というコトは
これからボールを打つであろう
前方方向に支点があり
その後方にヘッド・作用点がある
しなり と言うのはシャフトの材質に
とっては 歪み なので 復元したい
という 運動が生まれる

そのエネルギーが 支点の後方にあるのだ

支点を中心に作用点が運動するには
支点 と言う読んで字のごとく
支える 要するに 止まっている
固定されている部分が必要なのに
その支点を動かしたい と思っているし
その支点の概ね動いていくであろう方向と
しなり によって 支点に掛かる負荷の方向
は かなり 酷似しているのだ

しなり しなり戻り と言う作用は
作用点であるヘッドの運動ではなく
支点部の移動(としての作用・反作用) 
と考えるのが妥当なのではないか


しかも その動きには
今度 ヘッド重量の外力も加わるし
しなり しなり戻り と言う動きには
重心距離分のねじれも加わり
正直 その不可抗力を 計算式 にするのは
そうとう 大変で 僕には出来ない…

それもすべて 支点部
そして それを支えている打ち手に
負荷として 掛かり
その方向は 複雑で 多岐に渡る

スウィングは遠心力
クラブは振り子だ
と考えている人は
この記事を ちゃんと読むことが出来ない
意味も分からない
 というより 分かりたくない
と言った方が正解だと思う

でも これは物理的に考えれば
そんなに難しいハナシではないし
しならせてみれば 分かるけれど
その通りの負荷が手に掛かる

これによって マメが出来るのだから
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ