◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『記憶にございません』
う〜ん ホント、どんなだったか記憶にないのです。

ゴルフスイングを覚えていく過程の中で
 【ダフリ-トップ対策】 をした方もいると思うのですが…
それは もしかすると 本能的なモノで
結果、としては悪手なのかもしれません。

ユーチューブなどの ゴルフスイングを見ると
切り返しからダウンスイングの初期で
先日の記事 http://hbs.livedoor.blog/archives/1998488.html の
左腕〜左上腕〜左グリップを置き去りにするケースを
かなり多く見かけます。
💦そもそも テークバックの時点で
左腕だけを動かしてする場合が一番顕著ですが…。
スイング ココを治そう❶_Moment


ご本人の意志、例えば スイングの『タメ』とか
で行っている場合もあるでしょうし、
ダウンスイングを動き始めた時の
クラブの慣性などで 左腕が取り残されてしまうケースも
あるでしょう。

お題とは直接関係にありませんが、
腕も含めたクラブの重さは
トップの位置では左腕に多くかかっています。
その重さは 👉縦(重力)方向にかかるチカラ ですので
スイングの機構上、前傾姿勢があり
スイング自体は斜めに進行していくので
重さ通りに下げれば それには 横方向も混じります。
重さ…を横に引っ張って行こう とすると渋滞発生です。


それはさておき、
ミスターKの法則1_Moment置き去りくん1_Moment








左腕…左上腕を「置き去り」にした ダウンスイング を見ると
この二つは 同じボールの置き位置 (左〜右方向)
なのか と思います。
茲亮命燭任蓮〆限かかと付近 にボールを置いている
そこら辺のボールを「打とうとしている」ように見えます。
蕕亮命燭任蓮〆限かかと付近 のボールを打つには
あまりに からだが上を向いており、
かなり 上げ軌道に入ってからでしか 届かないように見えます。
ボールをかなり右側に置きたく…なるのでないでしょうか
藜命燭鮓る限り、右足かかと とは言わないまでも
右ひざの前に置いたボールを「打とうとしている」ように見えます。 

左足(靴)寄りのボールを打つのだと
どうしても 「ダフリ気味」「噛み気味」、
フェアウェイウッドなどでは ダフリチョロ になる可能性も
かなり高いでしょう。
 👉問題は 左腕(上腕)の取り残し…です。
その課題を無視して ダフリ対策 をするとなると
からだを開いて 両靴に対する からだの位置調整 を
本能的にする可能性があります。

左腕に対し、先走ってしまう左サイドのせいで
左右の肩の高さが合わず、左サイドを止める必要・・・
最悪 ボールに届かなく、もしくは 届きすぎてしまう・・・
「それを左サイドの壁」と勘違いして
スイングを造ってしまう例も少なくないでしょう。


それらが 手でスイングしてしまう
ヘッドの返し、フェースローテーションを多用する人の
特徴的な動き  〜〜左腰の動き です。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)置き去り君_Moment








クラブを取り残され からだの右側に重さが掛かるから
ローテーションするためには 一度、フェースを開かなくてはならず
 フェースを開く ⇒ クラブを寝かす
 ⇒クラブを横方向に長く使うので やはり右に重さがかかる 
等々ありますが、
からだを開かないと ボールの位置とスイングの最下点が
合わなくなってしまう・・・
これをたくさんの球数・練習に寄って
  作り出している可能性が否めません。
 👉問題は 左腕(上腕)の取り残しなのに…です。

切り返し ダウンスイングでの左上腕の取り残し は
かくも沢山の問題を生み出します。
スイングの 治すべき一つの課題 と言って良いほど です。

まずは 小さなアプローチから始め
     早期、治療をお薦めいたします✋✋✋


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



高速道路で
ゆっくり走りたければ
単に道を譲れば良いだけ です。
高速道路に乗らず、一般道を、と言う選択もアリ です。
ゆっくり走りたいのに・・・・・・
高速道路の先頭も走りたい というのは
ちょっと困ったモノになってしまいます。



V字を維持してみよう 上編_Moment(2)ゴルフスイングの中で
ダウンスイング〜インパクト〜フォローの動作方向
スイングを上から見た時の、反時計周り方向の動作、
右向きから左向きへの動作において
その先頭に位置するのが
クラブを持った 左腕(上腕)〜左グリップ の役割です。


その先頭にある 左腕 特に左上腕 ですね、
これが 動力源である からだの向きの変更 に
伴わないと からだの捻じれ
上半身の捻じれが生まれてしまい
(骨盤の向き と 肩周りの向き に注目)
結果としては 手で振らなくてはならなくなります。

置き去りくん1_MomentミスターKの法則1_Moment






←見た目では 莽討空く形 ですね

いろいろなスイングを見てもらうと分かりますが、
からだの概ね 正面でインパクトする
●ボールと正対した時インパクト

✋厳密にする必要は全くありませんが、
そう言うイメージで ゴルフスイングを造っていた、としても
ダウンスイング初期で
からだの向きの変更に 左上腕が伴わなければ
骨盤と肩に回転差〜ねじれが生まれてしまいます。

これを 本当の意味の『脇があく』と言います。

からだの向きの変更の動力源 脚さばき は
既にボールを追い越しています。
空振りする訳にも、辞める訳にもいきませんから・・・
 😢 【もう 手で振るしかない】 状況が生まれてしまいます。

画像を比較して頂くと分かると思いますが、
左腕(上腕)の『置き去り』によって
からだの左右の周り方 だけでなく
両肩の高さ もこんなにも違いが出てしまうのです。

ミスターKの法則1_Moment置き去りくん1_Moment







からだの捻じれ(骨盤と肩回りの向き差) によって
回転方向も 骨盤と肩回り で 上下角度も異なり、
ここから インパクトに入るとなると
右サイドは下がる分、左サイドをあがらざるを得ません。

当然、体重は左に移れませんし、
左サイドの動きを止めないと 届かない〜届きすぎる
が起こり易くなります。
この 左半身/右半身のズレ が 体の故障 にもつながります。

からだの向きの変更 を
ちゃんと打撃の動力源にしたい、
からだの回転そのもので打ちたい、
のであれば、動作の先頭にある左腕、左グリップ、
特に 茲両縅咾鮟詑擇慮彊にしないコト です。
ダウンスイング〜左上腕_Moment
腕 クラブの重さは動き によって
想定以上に積算で増えますので
同期させるには
 『先に』 動かしておく
その位の 意識が必要かもしれません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


追加の追加


トップから動いたら、打つ時はすぐ、本当にすぐやってきます。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

途中で、シャフトの角度が上下左右に変わる動きが入ると、すぐやってきません。


まず、この「すぐ」を怖がらず、受け入れる必要があります。
店主✋今まで行っていた 腕やクラブを置き去りにして、
 クラブを寝かせ、その後 腕さばきでフェースを返す という間、
 感覚的には「タメ」が一切存在しません。


「すぐ」を腕や体の動作の速さで作ろうとしても作れません。

重力で落ちるグリップと左半身が向きを変えていく
  =グリップと左ヒザで作る感じです。


カラダの回転の速度は、年代が近ければ、ほぼ同じです。

誰かだけが倍速いことはないと思います。

カラダの回転速度はクラブをコントロールするための速度があればよく、
むしろ途中でスピードが変わったら、
シャフトの角度が変わるはずで、
グリップへの重さの掛かり方も変わったはずです。
これを起きないようにクラブを扱います。

練習場にて 比較動画_Moment

トップからスタートする両肘を含む腕は、
ほぼ全てのパーツが同じスピードで落ちていきます。
右肘だけ速いとか、どこか一部分が速いことはありません。
スイングの進行につれて変化する角度はありますが、
左ヒジを最初に動かすことで、いろいろな部分で作られる角度は決まっています。
途中で自分の力では変えられません。


これを体感するには、両腕ロック
(腕で左右にクラブを動かさないという意味です。)
で練習すると腕の落ち方も分かるし、
動かしても良い脚、左ヒザの使い方が分かってくると思います。


また、✋左手一本で打つ練習は左ヒジを先に動かす練習として、
とても有効です。
✊左手一本は、上手く当たらなくてよいです。
トップや変な当たりでもいいです。
レンジでやると恥ずかしいですが、他の人に当てない注意はしてください。
ダフるのはいまいちですが、
上手く打てて6,7アイアンで3,40ヤード低く転がればという力感です。
動きはHBSの片手打ち動画を見てください。
テイクバック側で、ヘッドはグリップより高く上げます。
初めは、アドレスからの動き出し、トップまで右手に補助させてもいいと思います。
上手く当たるようになったら、右手を添えます。
右手が何もしなくても、何もしないのが望ましいですが、
そのときの動きを体感できれば、「すぐ」も体感していると思います。


試してみてください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
昨日の質問 の ヒント というか、
お答え…に対し、別なサンプルを挙げてお話しさせて下さい。

まずは この スイング比較を ●二つ● ご覧ください。







二つのスイングは 左右が逆になっていますが、
上の右のスイング と 下の左のスイング は
とても似ています。

スイングを造る際、スイングを変える際、
何度も言って? 書いていますが、
一番変わるべきところは
 動作 や 恰好(見た目)
ではなく、
スイングの概念というか、イメージと言うか、
一番根本、スイングを行う前の
どうクラブを振って? 扱って ボールを打つか

というコト です。

何度も書いていますが、おそらく 漠然とし過ぎていて
それを 恰好 形で真似るしか 再現方法はない
と考える方も少なくないと思いますが……。

では 解説します。
もう一度 こちらの動画をご覧ください👁



トップの形 や テークバックの取り方は
個々の個性の違い 位で似ていますよね。

しかし 切り返しからダウンスイングに入るところで
大きな違いが出てしまっています。


茲離好ぅ鵐阿蓮ヾ靄棔△らだの回転が直接、ボールを打つ
と言う行為が垣間見えます。

蕕離好ぅ鵐阿両豺隋△らだは回しますが、
腕〜グリップは置き去りです。

✋二つを比べると 蕕離好ぅ鵐阿吠僂福ヾ屐,有りますよね✋

故に 茲離好ぅ鵐阿任蓮,修里らだの回転による遅れ は
ロフトの立ち に転換出来るので、そのままからだの回転を
終了までし続ければ 良いだけ です。

蕕離好ぅ鵐阿任蓮,修涼戮譟, ロフトの開き になってしまうので
このままでは ソールでボールを打つコトになり、
 フェースでボールが打てません。
ロフト(フェース)の開きを取り戻さなくてはなりません。 
それをするには からだを止める必要…
 この場合は左サイドを止める必要が出てきます。

ここまで書くと まるで「スイング技術解説」をしているか、のような
誤解を招きますが、動作や技術の話し ではありません。
スローなスイングや素振りのイメージなどで
からだの回転に対し、腕を遅らせて、フェースを開き、
その後、それを取り戻す という ボールさばき から逃れない限り、
どんなテークアウェイをとっても、どんなトップの恰好を作っても
結局、ダウンスイングで「自分の」打撃に修正してしまいます。


打撃の根幹の部分で 「ヘッドを振る」
ヘッドを振るコトが打撃そのもの であり、
ボールを遠くに飛ばす、強く叩く に意識として根付いている ので
それを実行するためには 遅らせる行為もパックとして必要になります。

ヘッドを振る行為を「必然」とする為の
 遅れ作り、ダウンスイングでのフェースの開き
それが生じる からだに対する左腕の遅れ は意図的に行われている
可能性が低くありません。

ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)








スイング動作、動きについて 解説することはあっても
それは 「ヘッドを振らない」感覚を身に付けるため のモノ で
「ヘッドを振らない」感覚が理解 出来れば
テークアウェイの方法 も トップの位置 や恰好も
勝手におさまって行くモノです。
スイング造りについて 知るべき点はそこだけ
 と言っても間違いないかも知れません。

その掴みドコロのない煮え湯をゴクリ と呑む
のは 何とも言えず 大変なモノ と理解していますが… 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長 様

 

✋質問です。
 (参考になる 回答は明日以降になります)

 過日、指導いただきにお邪魔する前のスイングイメージです
(図1)

トップで体の右側に上がったグリップを、
ダウンとともに左下に下げ、
左前腕とシャフトにできた くの字を保ったまま打っていく。
トップの位置は高くてシャフトも立っていますが、
インパクト位置までのシャフトが通る面を
グリップ先行で立体的になぞっていくイメージです。

 

 

図1


 


 腕だけの動きに着目すれば、
図2のようになり、これが刷毛塗りかなと。


 この打法は、タイミングが合えば上から打っている感もあるし、
インパクトに力感(充実感)もあり、
飛距離も普通に出るので、これで練習していました。


 ただ、練習の割に思うほど安定性が向上しないし、
フォローのヘッドの上がり方が諸先輩方の動画のように
「飛球線に沿って上がっていく」にはどうしてもならないので、
虎の穴訪問を決意しました。


図2 (002)
 

 

 何発か見てもらった後、店長の一言。
「やっとスタートラインに立った感じだね」

 正解ではないらしい。
そして指導されるダウンは、やはり飛球線に平行にシャフトを抜いていく形
(図3)。


図3 (002)


 今まで何度か(たぶん3度目)言われてきたのにも関わらず、
なぜこの形を断念してきたかというと、
次のような違和感を解消できなかったからです。

 

 ☑左上腕を体の後方に極端に引く感じで、
グリップ位置が下がらない。よって、インパクトでヘッドが届く気がしない。

 ☑上腕の体後方への上昇に伴いグリップが
後方に上がっていくように感じられ、
上から打つとは真逆のすくい打ち的なコンタクトを予感させられる。

 ☑なんとかボールに当たっても全く力感がなく、
この先突き詰めていってもコースで求められる飛距離が
出るようになるとはとても思えない。

 ☑クラブが体に近くて腕がのびのび出来ない
(まあ振っちゃいけないのは頭では分かってるけど)。

    

 この形を守ったまま、
届いてきちんとヒットしていくには
どうしたらいいかを考えてみました。


 シャフトを体の近く(肩の真下くらい)を通したまま、
クラブ全体を地面に近くまで下ろすこと。
そして右の手の平が、
図4の中間形ではアドレス時の正面側(かやや下向き)なのを、
インパクト付近では完全に地面に向くように、
右腕を伸ばして上からシャフト全体に乗りかかる
(これが押さえつける?)ようにしていくこと、
が必要ではないかと思われます。


 そのためには、6月4日の記事「どうせ 手で振るなら」にあるように、
参照 ⇒ http://hbs.livedoor.blog/archives/1997820.html


ヘッドではなくグリップを下げること、
右肩の高さを使って乗りかかるようにすること、
特にグリップが下がってから
右肩の高さを使うという順序が必要なのではないかと思った次第です。

 

 このような理解のもとで練習に励んでよろしいでしょうか?

 

 

 

図4 (002)

 

ちなみに、絵を描いていて思ったのですが、

自分のスイングでは、
図の形よりも左上腕をインパクトに向けて体に引きつけてしまう
(=左脇の下を締めてしまう)癖があることに気づきました
(確か虎の穴でも指摘されていて、
その時はよく意味が分からなかったが、
破線の方向に上腕を作図しようとして誤りに気づいた)。
さらにそこから左肩を引いて横向きになっているシャフトを
縦に直して、ヘッドをボールに届かせているに違いないと思いました。


果たして、これから進化していけるのやら、目下悶絶中です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


腕さばき 脚さばき
前編 👉http://hbs.livedoor.blog/archives/1998277.html
後編 👉http://hbs.livedoor.blog/archives/1998316.html


追加✋


☆ヘッドが落ちてしまう件について。


重さに負けて落ちるのがヘッドなのです。

練習場にて 比較動画_Moment

私は、今のところ落とさない方法が見つかりません。
そのつもりはありませんが、打つときには右手と左手の上下は入れ替わってます。


だから逆らいません。

動物はムリなコトに出会えば、すぐ逃げます。

人間は頑張る人もいます。
頑張らないのがモットーなので、
ここは、グリップを逃がすことで、
落ちる位置をボールのところまで持っていければ、足りてます。

勝ちです。


グリップを逃がしていくパーツは、
腕捌きと、もうひとつは、左ヒザ(左脚)だと思います。


練習場にて 比較動画_Moment(3)練習場にて 比較動画_Moment(2)






トレビノ先生はこれが素晴らしく、
クラブと腕の動きに目が行きますが、
うまく左ヒザの方向を曲げたまま変えていって、
右脚もほとんど動かしていない、とても味わいある連動で、
グリップを送っていきます。


手の限界を補っていると見てます。


記事に頻出しますが、
腕をロックして打つとこのような動きになります。


オールドタイマーですが、
ニクラウス、ワトソン、ノーマン、
そしてソレンスタムは皆この左ヒザの動きをします。

✊シャコーンと突っ張る動きはありません。

腕の動きと左ヒザの方向転換でスピードも上がります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

#練習場
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


前半はこちら
👉http://hbs.livedoor.blog/archives/1998277.html




・・・・
『難所について』

左ヒジ、左上腕を先に動かすと、ヘッドが落ちます。
落ちないために逆らえないのに左手で頑張ったりします。
落ちるヘッドを間に合わせるために、カラダを速く回して、
結局開いて打つ、結果は引っかけかチョロ、悶絶する打球になります。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

これを解決するために、落ちないうちにと、
速く動かしてみたり、外へ膨らましてみたり、いろいろやりました。


【初動】なんとなく解決している今の感じは、左ヒジを動かすことによって、
グリップが引っ張られる感じが生じる程度、生じるように動かす感じです。
グリップが引っ張られる程度で、
左が先行したグリップファーストが出来ているので、
右でフリップ、スナップしないでついて行けばよいです。

ついていけば、右のスナップロックと左の逆スナップが深まっていきます。


【右手】左肘を動かすのに、
左腕で重さを支えているとかなり動かしにくいです。
なので、クラブは右手で重さを支えています。


【グリップを落とす方向】

グリップはカラダの左側に持って行くのでなく、
動かしている両ヒザの間に落としていきます。
トップでは右寄りにありますので、
腕を伸ばしきったところで股の中心やや左側を目指して落としていきます。


グリップを左へ移動させるのはカラダの回転に任せます。
カラダの回転にグリップをついていかせるために、
左ヒジは先行している必要があります。
少し動かした左ヒジは、結構行ってくれます。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

【腕の振り方】

現在の感覚を書きます。

普通にグリップした両手の関係で、だらっと下ろし、
カラダの向きを変えず、ヘッドを右へ振って、左手のひらがカラダを向き、
右手のひらが正面を向くようにします。

この状態だと、左ヒジは、左のほうを指し、
右肘はカラダの後ろを指しているはずです。
そうなってなかったらそうしてください。
👉これをポーズ1とします。

そこから、右肘をヒジの後ろ向き方向を保って
カラダに沿って曲げてください。左腕は右腕の動きに従ってください。

左ヒジの向きは最初の方向を保って、曲げてください。
みぞおちくらいの高さでいいです。

そこからまた伸ばしていくと、少しカラダから離れるようになります
(こういう表現が店長ブログでも出てきますが、
律儀にキッチリやらず、そうなるかなーという程度に
やったほうが悩まないで済みます。)

この動きが現在腕を振っている感じです。
👉この動きをダウン1とします。


ポーズ1にヘッドを起こす&右を向くが加わってトップ、
ダウン1をやりながら、当たるように脚を動かして、
グリップがヒザの周りを回って打っているという感じです。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)

腕で左右に動かそうとすると、
カラダの回転と重さがかかる位置を合わせるのが
なかなか上手くいかないので、
あきらめてカラダの中心に置いておこう、という感じがあります。



・・・以上、ご参考になるところがあれば幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〜〜(投稿レポ)〜〜




プロトタイプで、腕の動かし方が定まってきた様子です。
腕の動かし方はこうしようと意識しているのではないですが、
何度も訪れる悶絶中にしていたところから、
どのように変わり、どうしているかについて説明してみます。
言葉にするのは大変難しく、また伝わりにくいと思いますので、
不明なところがあれば、店長宛にご質問くだされば幸いです。


一言でいえば「トレビノ先生を真似る」です。

達人のココから盗め_Moment(2)

クラブを右手でフリップ、スナップするな、
という右手の動作は要らないという説明なのですが、
実際にシャフトの角度を水平に保って回るのは、
いきなりやってみても、ボールを打つ動作につながりません。

おそらく、ボールの遙か上30僂らいを通過して空振りする、
と感じるでしょう。

ところが、この水平に保って回るから、
グリップとシャフトの境目で3冂度下がれば、
ヘッドの位置では、ボールに届く場所になります。

トレビノ先生の回り方では、左膝が曲がっていますから、
さらに下がり易く、水平に保っているくらいで高さは合うと思います。


こうやって、いきなり各部署を並べると混乱するので、
スイングの流れに従って説明します。


スイングの部分の順番は次のとおりです。


1
.トップ

2.ダウンの始動

3.インパクト付近

4.インパクトからフィニッシュ まで

スイングの部分が、どのように変わったかは次のとおりです。


2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)







1.トップ  

【全体】 正しいと思うテイクバックをやって
 到達したところ⇒打ちやすいところ

 テイクバックは、ヘッドを上げてから回ります。

ヘッド⇒回るの順番は守ってますが、
神経質にココを通す〜〜〜〜でなく、打ちやすいところへ引きます。
途中の手順が合っていたとしても、
打ちにくいところにいったら、やり直します。


【部分機曄〆献劵兇ボール側に寄っていた
 ⇒左ヒザはアドレスの位置から飛球線に平行な感じ。

 結果、トップでカラダ全体が飛球線から離れています。
テイクバックで右にスライドするのは前と変わりませんが、
右向きに方向を変えるのは左肩の付け根を支点として、
カラダを右に開く感じです。



2.ダウンの始動 

左肘、左上腕が先に動く

これ変わらないです。

ただし、カラダが一緒に動く⇒左腕左上腕がカラダから分離して動く、
に変化しました。

   ここは、難所です👉後述(後編)します。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)


3.インパクト付近

ヘッドはインサイドアウトから直線で
ボールをさらう⇒グリップが左ヒザの周りを回るように動かす。


胸とほぼ平行になっているシャフトは、
平行のまま、カラダを回転させて
左ヒザの周りを回るよう(外回りするよう)に動かします。

左ヒザの左側に出てくるまで回っていきます。
左ヒザも方向を変えますが、
その動く角度は上体ほどではありませんので、左側に出ます。

4.インパクトからフィニッシュ

左ヒザの左側に出てからは、適当に流してます。

左ヒザも伸びて、
グリップの位置は上に上がっていくので、逆らわないで流す感じです。
        
 …続く

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



クラブを振ろうとして クラブに振られる
というのが 多くのゴルファーの陥るスイングです。


何度も書いていますが、
ゴルフクラブは からだの向きを変えて、クラブを持つ腕を移動させ、
その結果として グリップを動かし ボールを打っています。
シャフトの先に付いているヘッドは 特出して重量を備え、
その重量は スイングと言う円を描く動きの中では
 移動分/運動分 重量が積算で増えます〜重くなります。
重くなる分、グリップの移動以上にヘッドは動かない、
ヘッドの重量加算分、ヘッドの方が多くは動けません。

 ✊世界共通の物理原則です。

にもかかわらず ヘッドは円を描くから…
それは自分が円を描くのではなく、からだの向きを変える という
無意識な円にもかかわらず、
それによって 外周に当たるヘッドがたくさん移動するから、
速く移動するから、 と言って
自主的に ヘッドで円を描いたり、
グリップよりも多く、速く動かそうとすれば
その重さや遠心力によって
からだの回転と言うモノの軸ブレを起こすのは【必然】です。

特徴的な部分があるので
 動画にしてみました。


#ゴルフスイング

こすり打ちやアウトサイドイン などに悩む人の典型が
ダウンスイング、トップの位置からインパクトに向けての
左半身、特に左股関節〜左骨盤と左足 の動きです。

茲離好ぅ鵐阿任
トップオブスイングから 左股関節がいきなりボールから離れていきます。
アドレスからテークアウェイを想像してみて下さい。

ボールと正対した状態から からだの向きを右向き(右打ち)にすると
左骨盤や左股関節は ボールを通過して・・・
一旦 ボールに近づいてから 離れていきます。
ですので ダウンスイングでも
左股関節は 一旦、ボールに近づいた後 離れていくはず…です。

ところが 茲離好ぅ鵐阿呂いなり 離れてしまっています。

スイングの時間構成は
アドレスを起点として
❶行きの右向き
❷帰りの右向き
❸行きの左向き
の3つの大まかな区分に分かれます。
V字を維持してみよう 上編_Moment(2)

❶と❷の間が トップオブスイングとか、切り返し と呼ばれる部分、
❷と❸の間が インパクト です。


しかし 股関節を使わず、
からだの回転差を胴体のひねり(ねじり)で作る場合、
全てのモノが ゴムをひねり〜捻り戻すように動くので
一番、外周にあるヘッドは一番後に動くことになります。
テークアウェイでも よ〜〜く見ると
 そうやって動かしているのが判りますよね。
2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(5)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)


本来、グリップよりも重さ分、動こうとしないヘッド部を振る
動きをすると その遠心力…外にはらもうとするチカラ を
からだを引いて、別な言い方をすると ボールから離れながら
打とうとしないと 所定のボールの場所をヘッドが通過しません。

トップオブスイング から いきなり
左サイドをボールから離す というのは
上の時間区分で言うと
❷がいきなり消えてしまうコト になるのです。
ダウンスイング…と呼ばれる部分が動作から消えてしまうのです。

からだの軸からヘッドのまでの 支点運動、
シャフト角度で言うと 20〜30度位 の動きを作れるダウンスイング
❷の 帰りの右向き の時間 です。
それが動作から消えてしまうのですから
 手でそれを作らなければ ボール打てません。
それが手打ちの正体です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイングの見方 と言う点で
 参考にして頂きたいことが有ります。

自分も含め、ゴルフスイングを見る時、
兎角、たくさん動いている部分、速く動いている箇所、
ゴルフスイングの場合であれば
ヘッド、ゴルフクラブ、腕 等に 目がいきがち 👀 です。


そのヘッドはクラブの先端にあり、
そのクラブは両手によって握られています。

その腕の付け根、両肩の動きはどうなのか❓

そして その両肩の土台となる、左右の両骨盤、股関節の動き
 はどうなっているのか❓

✋✋✋そう言うトコロにも目を向けてみましょう!




インパクト付近、厳密にする必要は全くありませんが、
ボールと正対している、からだの正面でボールを見ている、
この状態、この時のからだの姿勢 というのは
アドレスのように 左右の肩からボールまでの距離
左右の骨盤や股関節からのボールの距離は
同じとは言いませんが、極端に差がない、似た距離になります。

二つ(2018年3月 / 2020年6月)のスイングは
茵クラブヘッドを振る(振りたい)
蕁クラブヘッドを振らない(振りたくない)

という スイング動作にとって 最も大きな概念の違い
が はっきり出ており、
それが 結果として、脚や下半身の使い方、手の振り
に表されています。

ヘッドを振るコトが打撃と思っている茲留覗は
物理的な理由から
からだの回転差 を
股関節  骨盤と大腿骨 で作らず
胴体〜上半身をねじるコトで造っています。

故に トップオブスイングの姿勢も中途半端・・・。
蕕鉾罎戮襪函 ̄軸足・右股関節が使えていません。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(3)2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)










このような部分で…例えばトップの姿勢や恰好 
そこで重要なのは 姿勢や恰好 ではなく、
なぜ この姿勢や恰好になるのか❓ と言うポイントです。
姿勢や恰好を真似たり、形式上、造ったとしても
自分の打ちたい方法がある限りは
それは単なる飾りの この場合では「トップの姿勢」になるだけ、です。

何度も書いていますが、
ゴルフクラブは からだの向きを変えて、クラブを持つ腕を移動させ、
その結果として グリップを動かし ボールを打っています。
シャフトの先に付いているヘッドは 特出して重量を備え、
その重量は スイングと言う円を描く動きの中では
 移動分/運動分 重量が積算で増えます〜重くなります。
重くなる分、グリップの移動以上にヘッドは動かない、
ヘッドの重量加算分、ヘッドの方が多くは動けません。

 ✊世界共通の物理原則です。

にもかかわらず ヘッドは円を描くから…
それは自分が円を描くのではなく、からだの向きを変える という
無意識な円にもかかわらず、
それによって 外周に当たるヘッドがたくさん移動するから、
速く移動するから、 と言って
自主的に ヘッドで円を描いたり、
グリップよりも多く、速く動かそうとすれば
その重さや遠心力によって
からだの回転と言うモノの軸ブレを起こすのは【必然】です。

そこの部分の概念〜脳内イメージ が変わらないと
 スイングとしての動作の変化は 決して天から降ってくるコトはありません✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






溜め〜タメ は
何かに対して、何かを遅らす など
比較できる 二つ(以上)の対象物がある場合 に使われる言葉です。
その二つのモノ、の位置のズレ、もしくは時期のズレ
 が良いニュアンスで使われるモノ です。


ゴルフのスイングにおいて
「タメ」が考えられる対象物は
❶からだ(からだの回転)
❷グリップ
❸へっど(もしくは総称してゴルフクラブ
) の 三つと考えられます。

❶のからだに対し ❷のグリップが遅れた場合、
先日の記事の通り、
👉 http://hbs.livedoor.blog/archives/1998120.html
ゴルフクラブは ロフトもフェースも開いてしまうので
その遅れを取り戻す~元に戻すための作業は
とても煩雑で、すべて人力です。
そして、その作業の是非 によって
 距離も方向も弾道も決まってしまう という
非常にシビアなモノになります。

❶のからだに対し、❸のヘッド(ゴルフクラブ)が遅れる は
❶のからだに対し ❷が遅れないという前提の上で
❷のグリップに対し、❸のヘッドが遅れると同意語で
これは フェースはアドレスの状態と似たような状態
 ロフトは遅れた分〜立ち
 になるので
その遅れのまま、そのズレのまま
からだを、からだの回転でグリップを動かせば 打つコトが出来ます。
      
   👇このスイング比較をご覧下さい


茲離好ぅ鵐阿賄儀薪な
❶のからだに対し、❷のグリップも、❸のヘッドも
強烈に遅れたスイングで、結果として、
その遅れを「手振り」で解決?、補正してボールを打っています。

この場合の遅れは そのままロフトの開き、フェースの開き です。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment

左のスイング、このスイングをした時は意識していない と
思いますが、このスイングが形成される段階のどこかで
「タメ」を作るコトを意識している可能性が高いスイングです。

溜めという偽名の遅れを
あとからバタバタ修復する訳ですから
それは まるで 掃除するために散らかしたみたいな…

ロフトが開いている 溜め 〜実際には遅れ…ですが
からだに対し、腕が遅れ、グリップが遅れ、ヘッドが遅れ…
そうなると それらの重さがからだにかかり
●なんとなく チカラの入ったような力感
●飛ばせるような力感(りきかん)

 👉実態は単なる リキミ なんですけれど…
インパクト直前に腕を振る 力感 も加わり
チカラが入ったような気がするので 悪い意味で覚えやすい動き と言えます。

一方、
蕕離好ぅ鵐阿蓮仝た目も含め 力感がぐっと少なくなっています。
蕕離好ぅ鵐阿鉾罎戮襪函´茲離好ぅ鵐阿諒がバタバタ 煩雑な感じがし、
結果として からだの周り方もずいぶんと違ったモノ になっていますね。
スイングにとって 「タメ」を意識するべきか、どうか となると
ハミングバードとしては 意識する必要はないのでは…と思いますが、
結果論としては、蕕離好ぅ鵐阿諒がタメがあるスイングと言えるでしょう。

2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(2)


茲離好ぅ鵐阿蓮‘阿〜どうのこうの よりも
根本的に、腕を振ってボールを打つコト を念頭に置いています。
(巷ではそれを フェースローテーションとか、ヘッドの返しと呼んでいます)
それをしている時は それに気づかないのが辛いトコロ なんですが、
腕を振るための準備としてのテークアウェイ
腕を振るためのダウンスイング です。

蕕離好ぅ鵐阿
からだが回れば 腕の付け根は当然、動きますが、
運動が加わった状態では 腕もクラブも、特に先端のヘッドも
重さを増しますから、遅れて 開いてしまいます。
そうならない為に からだの回転に「付かせて」上げる補正 が
腕の仕事 と言う感じに変わりました。

腕、グリップが からだから遅れる と
その重さは ダウンスイング以降、右半身にかかります。
よって 意識はしていなくとも、
そうするつもりは毛頭なくとも、
左半身が先に動き、のちに右半身…と言う風に
回転が 左半身と右半身でバラバラ 
ズレた時間に回転する感じになる訳です。

 ✋からだの回転に対し、遅れないよう「付かせてあげる補正」を
 ハミングバードでは 刷毛塗の手使いと呼んでいます。

からだの回転に対し グリップを遅らせない
⇒ヘッドの重みはヘッドは遅れる
⇒ロフトの立ち
この流れであれば 自動的に発生する 遅れ〜タメ は
そのままにして、そのまま打ちます。

一方、ロフトの開き、フェースの開きになる「タメ」 ←濁点付けたい!
は 必ず テークアウェイや切り返しで 意図的に、人為的に作られます。
取り返さなければいけないタメ、
元に戻さねばならないタメ、
打ち手本人の充実感などの自己満足以外、満たすことは殆どありません。



ミスターKの法則1_MomentミスターKの法則1_Moment(2)









✋✋✋ココでの大変〜重要なポイントが もう一つ あるのですが、
(みそ汁の味噌に匹敵する部分です)
それに付いては 次回のゴルフスイングセミナーにて 公開致します。
(ブログには記載しません)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ