◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト どの位まで打ったこと、あります?
かなりの違いです。 クラブの大きな機能である
打撃力の源である ヘッドの重さと それをどう伝えるか
のシャフトの柔らかさ を体験せずに ゴルフを終えるのは勿体ない‼

クラブに振らされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!
https://www.hummingbirdsporte.com/



ダウンブローのスピンオフ話し です。


20090801 2009_09_01_00_16_52-770フレームショット20090801 2009_09_01_00_16_52-788フレームショット













まあ 正直、ダウンブロー、上から打つ、上から潰す
 なんて 死語になりつつあります。
  絶滅危惧種です。 

今から そうですね 40年以上前のゴルフクラブ、
 特に アイアン は 工業技術上、
 超"高"重心 超浅重心 超低慣性モーメント でした。
u=2368701261,1095988984&gp=0

しかも 当時のボール、糸巻 では
 ロフトを立て、キッチリ下がり軌道でとらえないと
 飛距離も出ませんし、止まるようなスピンや高さが得られません。

今のボール、ゴルフクラブは
 言葉は悪いですが、しゃくって打っても、煽って打っても、
 十分楽しめます。
 40年前のクラブ のまま だったら
 世界のゴルファーの半分は続けていないかも。。。
  と言う程 差があります。


昔、ダウンブローの練習をするのに
やや高めのティーでアイアンを打ち、
ティーアップしているのに 『その先の』ターフ、もしくは地面を取る
というのがありましたね・・・。
ウソのようなホントの話しです。


クラブ と言う側面で見ると
今のクラブは かなりアリーリリース、
悪く言えば キャストしてしまっても
ボールは上がりますし、十分飛びます。
昔のクラブ、であれば。。。
 ボールを過ぎてもリリースしない、その位の違いです。

そこまでやる必要はサラサラないですけれど、
からだの回転というか、
左サイドが低い内に ボールに入っていける方が
距離と安定の両立はし易いでしょうね。

全然 別な話…ですが
なんで最近 マッスルバックアイアンが流行ってるんでしょう…
さすがに 40年前のモデルよりも易しくはなっていますが、
大型化したドライバー、ウッドとは
 どんどん かけ離れたモノになってます。
ハミングバードのように 重量級ヘッド であれば
結構、マッスルバックも自由度があるんですけど
今は 軽量軽量 の時代。
軽量スチールもすごい軽量になってきたので
安全上、重量増やせないですよね〜




1.踏み込んで 体重移動して
2.腰 か 肩をまわして…
3.ある地点が来たら 左サイドを止めて
 アームローテーション(手の返し) して 打つ


1.2.3.の順序があります。
ダウンブローを推奨します って意味ではないですが
ダウンブローの時期は 1. かなり譲って 1.5 位までで
2.よりも先になったら
 上への動きの反動で クラブを下へ って感じになります。
 ワークシェアリングし過ぎ、って言うか
 体重移動も、腰や肩の廻しも
 打撃の真打ち、手の返しの準備でしか ありません。


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット


ダウンブローは からだの向きの変更 プラス 前傾
って言う 一つの回転〜円運動 から生まれるのですが、
腰と肩の別々なタイミング、角度の回転、
 振り子を入れたり、手の返しを入れたり
別な円を入れると 途端に その時間は失われます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

祝開幕戦東建出場 高橋賢選手 スイング集サウンド有_Moment
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05

 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい

 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください

 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい



       
original LOFT Face-Ang. LIE
N- 0 0 59
LOW1 -0.5 -0.5 59.5
LOW2 -1 -1 60
LOW3 -0.5 -1.5 60.5
N+ 0 0.5 61
HIGH1 0.5 0.5 61
HIGH2 1 1 60.5
HIGH3 0.5 0.5 59.5
N- 0 0 59
       
9 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9 0 59
LOW1 8.5 -0.5 59.5
LOW2 8 -1 60
LOW3 8.5 -1.5 60.5
N+ 9 0.5 61
HIGH1 9.5 0.5 61
HIGH2 10 1 60.5
HIGH3 9.5 0.5 59.5
N- 9 0 59
       
9.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9.5 0 59
LOW1 9 -0.5 59.5
LOW2 8.5 -1 60
LOW3 9 -1.5 60.5
N+ 9.5 0.5 61
HIGH1 10 0.5 61
HIGH2 10.5 1 60.5
HIGH3 10 0.5 59.5
N- 9.5 0 59
       
10 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10 0 59
LOW1 9.5 -0.5 59.5
LOW2 9 -1 60
LOW3 9.5 -1.5 60.5
N+ 10 0.5 61
HIGH1 10.5 0.5 61
HIGH2 11 1 60.5
HIGH3 10.5 0.5 59.5
N- 10 0 59
       
10.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10.5 0 59
LOW1 10 -0.5 59.5
LOW2 9.5 -1 60
LOW3 10 -1.5 60.5
N+ 10.5 0.5 61
HIGH1 11 0.5 61
HIGH2 11.5 1 60.5
HIGH3 11 0.5 59.5
N- 10.5 0 59
       
11 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11 0 59
LOW1 10.5 -0.5 59.5
LOW2 10 -1 60
LOW3 10.5 -1.5 60.5
N+ 11 0.5 61
HIGH1 11.5 0.5 61
HIGH2 12 1 60.5
HIGH3 11.5 0.5 59.5
N- 11 0 59
       
11.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11.5 0 59
LOW1 11 -0.5 59.5
LOW2 10.5 -1 60
LOW3 11 -1.5 60.5
N+ 11.5 0.5 61
HIGH1 12 0.5 61
HIGH2 12.5 1 60.5
HIGH3 12 0.5 59.5
N- 11.5 0 59
       
12 LOFT Face-Ang. LIE
N- 12 0 59
LOW1 11.5 -0.5 59.5
LOW2 11 -1 60
LOW3 11.5 -1.5 60.5
N+ 12 0.5 61
HIGH1 12.5 0.5 61
HIGH2 13 1 60.5
HIGH3 12.5 0.5 59.5
N- 12 0 59

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 次に『ダウンブローに打つ』ですが、
 主に 手でクラブを振る場合、
 手でヘッドを下に振っている最中に当たるコト
 を指すのだと思いますが、
 ✋本質的には正しくありません。


 スイング、ショットには
 からだの向きの変更と言う主エンジンがあり
 それは 前傾姿勢という 傾いた軸通り
 動作されます。 

(実験)右を向いている内に外から振ってみた_Moment(実験)右を向いている内に外から振ってみた_Moment(2)







 ですので
【進行方向が低いへ進む区間】
➀アドレスからトップまでの テークアウェイ区間
➁トップから 概ねインパクトまでの ダウンスイング区間

  は 左サイドの方が右サイドよりも低く
【進行方向が高いへ進む区間】
➂インパクト付近から フォロー、フィニッシュまでの区間
  は 左サイドの方が右サイドよりも高く なります。

その境目は だいたいで構いませんが
 からだの向きがボールと対峙したトコロ
 へそがボールを向いた辺り  となります。
アバウトでOK ですが、かと言って
 
そこでからだの向きを止めて とは大きく異なります。



からだの向きの変更/回転の進行通り進んでいくと
その進行が 下向き の時に当たるのが
    ダウンブローに相当し
その進行が 上向き の時に当たるのが
    アッパーブローに相当します。

ゴルフスイングの場合、
その円弧は まん丸 ではなく
シフトが伴う分、陸上トラックのように
すこし 縦に潰れた形になりますので
その 平らに見えるところでボールに当たるのが
 レベルブローと呼ばれますが、
それは ある程度、クラブの長さが長いモノ にだけ
 有ると考えて良いと思います。

スナップショット 1 (2015-07-24 1-20)


全部のクラブを出来るだけ同じように、
 シンプルに考えたい と思われるのでしたら
ダウンブローも、アッパーブローも、レベルブロー も
ほぼ同じモノ、 と考えて良いと思います。




例として 左足かかと線上辺りにボールをセット。
(ボールの前面 が 左足かかと位…でしょうか)
とは言え クラブの長さによって スタンスの幅は変わりますので
狭いものほど 『あくまでも見た目の』ダウンブロー度合いが強くなる
広いものほど 『あくまでも見た目の』ダウンブロー度合いが弱くなり

レベルブローに見える。
ティーアップし 空中にあるボールを打つドライバーは
そのボールの位置を ティーアップしている分、茲肪屬ので
結果として アッパーブローの時期にインパクトがある
というコトになります。

ですので 『スイング動作〜意図的な動き』 としては
ダウンブローも、アッパーブローも、レベルブローも
特に何か違いが無く、スイングの円弧の中の
どの時間にインパクトが来るか
 だけの違いです。

レベルブローを地面と平行に振ろう とする訳でも
ダウンブロー👉ヘッドを『下に向かって』振ろう とする訳でも
アッパーブロー👉ヘッド『上に向かって』振る訳でもありません。


スイングの基礎になるような話し ではありますが、
からだの向き と 前傾 に関係なく
肩の揺さぶりや振り子、手さばきによって
円弧を作る場合、それは該当せずもっと 複雑な話し、
例えば アイアンは下に振る
フェアウェイウッドは平行に振る
ドライバーは上に振る になったりする訳です。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

自然なからだの向きと前傾であれば
カラダがまだ右を向いている間(ダウンスイング)は
 クラブやヘッドの進行には 下向きが含まれます。
からだが左を向いたら
 クラブやヘッドの進行には 上向きが含まれます。
それが理解出来て 初めて
 アプローチショットなどで ボールの位置を決めたり
 出来れば避けたいですが、特殊なショット を打ったり
 するイメージを作れるのですが、
毎回、その上がり下がり と からだの向きが
バラバラに規則性無く振るのであれば
毎回、特殊なショットを打っているのと同じです。
再現性、反復性は規則性が無ければ 難しいのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【知られていない真実】
全世界数千人の男女プロゴルファーの計測結果
アドレス時のターゲットライン(向き)に対し
✋フェースが右を向いていないと ドローは出ない
✋フェースが左を向いてると ドローは出ない  んだって…
face-ag.

まあ 左に曲がる球 なんだから
 そりゃ そうか… って感じではあるけど…

衝撃的なデータ だよね〜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


深く考えている人が少ない…のかも知れませんが…




アイアンショット だけでなく ショット全般が
➀『ハンドファーストに』
と言うのがあると思います。

クラブの長さ や ボールの置き位置によって
異なりますが、アイアンショット であれば
➁『ダウンブローで』
そして アプローチショットあたりでは…
  願わくば プロのように
➂『ターフを取る』

これらは同じような感じもしますし、
違うような、混乱してしまうような
掴みドコロのない ゴルフ用語であり、
とは言え 気にしている方も少なくないかも、です。


➀のハンドファースト
 スイングの原動力、主エンジンの体の向きの変更に対し、
 クラブやヘッドの重さ分、グリップよりもヘッドが遅れる
 ⚠自然現象⚠ であり、
 上手にボールを打つのには その遅れが
 ✖フェースやロフトの開き ではなく
 〇遅れ分、ロフトが立つような状態

 になるのが望ましい と言えます。
スナップショット 3 (2012-11-23 12-01)

 ハンドファーストは自然現象で、
 技術 と言う面で言うと
 その遅れを ロフトの立ち にするコトと言えます。

 そして それは 『どのように作るのか❓』 の前に
 『いつ❓』作る方が簡単で、
 『いつ❓』作るのが再現性があり、
 『いつ❓』作るのが番手や長さなどに左右されないか と
 考える方が良いでしょう。

からだの回転、向きの変更 によって
腕の付け根が移動し、グリップが移動する、
自発的に動かないクラブ、その中で重さの特出したヘッドは
その移動に対し、重さ分、遅れる訳ですが、
それが ロフトの立ち、フェースの下向きになるように
『仕向ける』には どうしておいた方がよいのか❓


それを決める、それを作る、それを仕込む、のは
 切り返しやダウンスイングではなく
    テークアウェイ です。
     それを忘れずに✋✋✋

 テークアウェイでなら、他の箇所で作るより
 より簡単に作るコトが可能です。

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)(東西アプローチ対決_Moment(2)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3)





そして その ハンドファースト
 からだの向きの変更に対する
 クラブヘッドのグリップよりもズレ、遅れ は
 スイングが終了するまで ずっと続きます
 ハンドファーストは『人為的』に解消されることは
 スイングが終わるまで無い のです。

つまり 一度遅れが発生したヘッドが
グリップを追い越すコト、追い越す作業 は打撃終了まで
スイングが終わりかかるまで 無い というコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



万年スライサーだった自分が
 ドローボールをコースで打てるようになるとは…
噂に違わず スライスキラーは本当でした。


スピン抑制においては
店主の事前レクチャー通り、
コースボール使用の練習場ではありましたが
 低め、失速気味の弾道 で
レンヂボールはやや苦手な模様です。
EG05_03

ロフト変更のレンチもお借りしてましたが
あえて 練習場の結果は無視して
コースへはそのままのロフトで挑みました。

仕様:44.5インチ ヘッド重量235g
   振動数 144cpm


EZ-05 ロフト/フェース/ライ調整リスト
N-    10   0.0 59.0 ➀EZ05
LOW1   9.5 -0.5 59.5
LOW2   9.0 -1.0 60.0
LOW3   9.5 -0.5 60.5
N+   10.0 +0.5 61.0
HIGH1  10.5 +0.5 61.0
HIGH2  11.0 +1.0 60.5 ➁
HIGH3  10.5 +0.5 59.5


➀N-  10   0.0 59.0
(ラウンドは馴染みコース)


元々の弾道は 少し左に出て
右に戻ってくる 右回転系のボール です。

初っ端から 真っ直ぐ出て 左に曲がるボール
 ややひっかけ気味が続きました。

従来はランの少ないドライバーショットでしたが、
ランがすごく増え、ロストしてしまうほど、でした。

弾道はやや低めの中弾道、
この感じに慣れるのに苦労しました。
距離は1番手分から
落ちドコロによっては2番手減る感じです。

EZ055
➁HIGH2  11.0 +1.0 60.5

次のラウンドでは ロフト設定を変えてみました。

従来は上がり易いドライバーショットの為、
少なめのロフトばかりを使ってきましたが、
一番大きなロフト設定で行ってみました。

結果は正解で
確率は高い訳ではないですが、
よく言われる ハイドローボール気味 な弾道も出て
ちょっと気持ちよかったです。
正確な距離は分かりませんが 10~15ヤード
丁度、ランが増えた分、飛距離は伸びると思われます。

難しいコトは分かりませんが、
ドライバーを買い替えた時、ロフト選択は迷いがちになりますが
それを購入後、解決できるという点ではとても良いと思います。
ロースピン系のドライバーの体験は無かったため、
頭の中はロフトを減らす方、とイメージしていました。
『ロフトを増やす方に変更する』とは思っていませんでした。

そう頻繁に変更するとは思えませんが、
設定変更時のレンチの力加減はちょっと怖いので
計測を経て、ロフト設定を決めるのが良いのかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダウンスイング、切り返しに
『腰を切る、脚でお尻を引く動き』 と
クラブの寝かしの強い方が
踏み込んで 肩でまわろう にトライしても
そう簡単には行かない と思います。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(4)からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(5)





腰で廻る、もしくは脚で腰を引く動きは
クラブの寝かしとパックになっていますので
打つ方向、飛球線方向の感覚が
パニックに陥る可能性もあります。



開いて/寝かす
アプローチなど ゴルフのショットには
スタンスの向きやボールの位置などで
こういう関係でショットを打つコト も
無いとは言えませんが、
「基本になるショット」の亜種です。

#スタンスの開き や ボールの置き場所
によって ロブショットや緊急なハイボール を
打つ時に使う クラブの入れ方 です。
☑ボールを右に置き
☑ロフトを開いて
打つ時と同様になります。
 ボールを体の正面でとらえる
 インパクトを体の正面で
と言う目標があるのだと思いますが、
この回し方には からだの正面〜ボールと対峙する
と言う瞬間が生まれません。



どちらかと言えば 緊急時の対策用ショットです。
ですので 「通常のショット」を「通常のショット」に
するため
🔴正面が存在する周り方
🔴クラブを寝かさないで済む周り方

を少なくとも体感しておく必要があると思います。

脚で腰を廻さない、
回転することに「直接的」に脚を使わない、
腰を廻さない、とまで言いませんが
それをするが故に
クラブを持つ腕、その腕の付け根 や グリップが
不必要な程、遅れ クラブが寝てしまう…
その結果、ボールさばきは 腕の返し……であるのなら
からだを廻す本質が失われます。


既に 感覚として
腰を廻すからだの周り方 は 本能的、反射に近い程の経験、
年月が経っている訳ですから
放っておいても それをするでしょうし、
薄れることはあっても、消えることは無いかとは思いますが、
腕、腕の付け根、グリップ、クラブを遅らせない為
クラブを寝かし、要らない筈のクラブターンを無くす
為にも 踏み込んで 肩で廻るドリル と
トライしてみて下さい。
✋クラブの不必要な 寝 は かなり減少すると思います。

からだの向きの変更を考えてみよう_Momentからだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(3)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Rサンの悩み は
切り返し以降の クラブの寝 だと思います。

勿論、ご本人はトライ&エラーを繰り返し
努力されているとは思うのですが、
映像で見る限り、
その回転の方法、と言うか
その回転を 腰、もしくは足を主にエンジンとしているか
のように 見えます。


ゴルフスイングにおける 右向き、左向き とは
🔴右を向いた時 は
 その軸足である 右の大腿と骨盤なり、お腹の向き差
 です。
🔴左を向いた時 は
 その軸足である 左の大腿と骨盤なり、お腹の向きさ
 です。

ダウンスイング以降
腰、もしくは 足を主で廻ろう とした時、
大腿と骨盤、お尻 が同調して回ります。
ですので 左向きに 大腿(太もも)と骨盤に向き差が生まれません。

本来、ダウンスイング以降の脚の仕事は
左向きを作るため、踏み込んで 左を軸足にするコト です。
👉軸足とは回転する為の 軸・支点・中心 ではなく
 バランスよく立っているための 支え です。
その後、肩をまわし 実働 するので
腰、もしくは 足を主で廻ろう とするよりも
一呼吸 左向き『まで』に時間が生まれます。
その 一呼吸が正面(ボールと対峙)と考えて良いでしょう。


よくスイングは一軸だ!二軸だ!
と言う論争があると思いますが、
クラブの構造、人間のからだを考えると
ふたつの脚(支え)の一軸構造
 と考えて良いと思います。

また 前後(ボールに近づく〜ボールから離れる)方向に置いて
トップ、右向きから まずは左足が踏み込んだ のち
胴体、肩が向きを変えるので
まずは 左つま先〜拇指 に重さが掛かり
のちに かかと方向へ移行していく形 になります。
・・・・・・ボールに近づいた のち 左向きで離れていく
(その感覚は無意識で良いと思います)


からだの回転で‼ からだの回転で‼
手は使うけど 手を振るな 手で打つな
と言う意識が強いから かも知れませんが、
腕、肩は動かさず
 腰 もしくは 足で ダウンスイング入ってしまうため
その動作の速度、腕やクラブの長さのせいで
 クラブが寝てしまい、
グリップがボールの方に出
 グリップの低さが確保出来ていません。
リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(2)





ダウンスイング後半、インパクト前
そのフェースの向き、ヘッドの高さ では打てませんので
フェースをボールに向け、ヘッドの低さを確保する には
ヘッドターンが必要で、
それはからだの回転を止めないと実行できません。

今の多くの動作は すべて必然で
 この大まかな流れに何か加えても 大同小異 でしょう。



からだの回転の感覚を変えてみましょう。

➀ダウンスイング まずは 左に踏み込む
 体重移動も回転も要りません。
 まったくしない と言う訳ではありませんが、
 からだの回転の主エンジンには相当しません。
からだの向きの変更を考えてみよう_Momentからだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)









➁肩をまわします
 その目的は グリップを動かすコト です。
        それを忘れずに✋
 トップの位置で
 円弧に対し、フェース(打面)がその外を向いている
 を確保出来れば、積極的な 腕の仕事はありません。
  遠心力によって クラブ、グリップは
 その付け根である肩から離れよう、外に膨らもう
 としますので、それを腕の伸びに変える感じです。
 無理に伸ばそうとしなくてもOKです。

からだの正面、ボールと対峙する瞬間
  は意識してはいけません。

 感覚的には存在しません。
 写真や動画を撮って、振り返ったら存在した
 と言う代物です。

ぢ度加減はアドバイスしきれませんが、
 途中で妙な加速や止まりを入れず
 一気に左を向きます。
 インパクトでからだの回転を止める感覚を消すのには
 すこし時間が必要かも知れません。

▲踏み込んだ左足が支え になるように回らないと
 傾斜を苦手 としてしまいます。

 支え になる足が 右から左に移る
 モラトリアム(中途半端)な瞬間があります。
  そこらへんがインパクトと考えて良いでしょう。
 
▲腕やクラブは重さです。
 その中途半端な瞬間に 支え足となる左足への移行
 を阻害するような 手さばき 重さ作り は厳禁です。

▲肩の回転は 肘や上腕の移動
 の方が 感じやすい方も居ると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ごくごく当たり前 の話しかも知れませんが、
からだの回転 ⇒⇒ からだの向きの変更 は
1.ボールを打つため
2.グリップを移動させ、ヘッドを動かす
3.グリップを移動させる為 腕の付け根を移動させる

のが目的で
からだの向きの変更 ソノモノは手段であって
目的ではありません。 
(手打ち 手振りのパターン_Moment(4)(手打ち 手振りのパターン_Moment(手打ち 手振りのパターン_Moment(2)





【からだの回転は足か】

からだの向きの変更のエンジンを足 とすると
回される方の体や腕、クラブは 負荷 に相当します。
負荷は その長さ や 重さ
  そして エンジンからの遠さ によって
遅れになっていきます。
足で廻ろうとすると
 クラブだけでなく、腕の付け根(肩)も
遅れてしまい クラブの寝 の原因になるので ✖ です。

足の動きは
 向きを変えるコト、そのものではなく
 バランスよく向きを変えるための軸足作り を主体にするべきでしょう。


【からだの回転は腰か】
肩、腕の付け根 を移動させる為、
 腰の向きを変えるのは 可 です。
テークアウェイ時など 負荷の少ない場合
 動作が遅い場合などは良いと思いますが、
ダウンスイング等 動作速度が速い場合、
 腕やクラブなど、動作速度に対し、
 重さになる長さが増えやすいので
 お薦めではありません。

また 腰を主体に体の向きを変える場合、
 その動作は 脚が主体になり易く
 姿勢が崩れやすいですから ✖ と考えて良いでしょう。
リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(5)






【からだの回転は肩 か】

ダウンスイングに関して言えば YES です。
腰は肩に対し 追随 する、補足 する で 十分と思います。

速く動けても ロフトやフェースが開いてしまったら
距離にはなりませんし、
姿勢が崩れてしまったら ミスになってしまいます。



どんなスイングを覚えて来たか
どんなクラブでゴルフを覚えたかなど
 感覚、ですので、過去の経験によって
異なるか とは思いますが、
🔴動作速度に対し 重さ〜遅れ になり易い
ダウンスイング、切り返しでは
腕、クラブ、その付け根である肩を主として
からだの向きを変えるのが 吉
 だと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ヘッドの重心位置
特に上げる、弾道を高くする のは
重心の高さ や 重心の深さ が関わります。
445TL-5-1

シャフトの長さ と 柔らかさ(運動)がある限り、
運動中の物質は 遠心力のかかる方向に向かって
同軸線上に揃おうとします。
その働きによって
 重心が低い、重心が深い と
ロフトが増える方向にヘッドが動きやすい
厳密には 入射角度が緩くなり易い…ので
ボールが上がり易くなる、
 つまり その製品ロフトを より長尺のクラブ で打つ、の
 と同じような状態、効果になります。



が、しかし、
ボールをあまり上げたくない、
低い球が打ちたい、
転がしたい 場合では
その重心の低さ や 重心の深さ は
 マイナスに働きます。
IMG_0567
パターの場合、
オリジナルのロフトは 3〜4度
 殆ど絶壁と言えるロフトです。

重心が低く、深いとボールは跳ねやすく
初弾で 狙いを外れる可能性もあります。

また 長い距離を打つ場合、
ダフリ! になってしまう可能性も否めません。
ダフリ にならなくとも
 アッパー気味で歯が当たってしまう可能性もあがります。



また その重心はストロークに大きな影響を与えます。
真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す を意識するあまり
ロフトの向きを忘れてしまうこともあります。
(ロフトが変われば 向きも変わります)



より良い
『転がり』が必要な
 パッティングには
重心の低さも重心の深さも
 マイナス効果高い です。
IMG_0571

最近は ネットやSNS、インスタグラム などの
『ビジュアル』、見た目の時代だから
『機能的…に見える』モノがウケる
んでしょうね

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これは Rさんだけでなく
一度は体験として やって頂きたい のですが、
ごくごく 軽いショットで良いと思います。
ボールを置いての軽〜い素振り位で良いと思います。 

➀トップの位置からやってみましょう。
 スイング、ショットはスローですが、
 強く叩きませんが、スタートは
 一番深いトップの位置が望ましい
 です。

➁寝かせ気味の方、その傾向の強い方は
 トップの体の向き のまま、
 右腕を 伸ばし始める位のつもり
 で
 スタートしてみましょう。

 外(アウト)から振る「つもり」でもいいかも、です。


✋このドリルの最大の目的は
 からだの向きの変更 と
 腕の曲げ伸ばし(利き腕の動作) を
 同時に行う感覚 です。


多くのゴルファーは
🔴からだの向きを変えている時、腕は止まっていて
🔴腕の曲げ伸ばし は からだの止まった時、行われます。


手を使っちゃいけない
手打ちはイケナイ と言う意識の表れかも知れませんが…。

テークアウェイで(結果的に)手で上げてしまったり
オーバースイングやシャフトのクロスもそれが要因の場合も
少なくありません。

クラブを寝かしてしまったり
最終的に インパクトそのものを 手だけで行う のも
それが要因だったりします。


スイング、ショットは 手は使います。
半分は 手で打ちます。。。 もっとかも。
でも からだの向きも混じる だけと考えて良いでしょう。
からだの向きの変更👉ターンに関して
 手がしない と言うだけ かも知れません。

安定と、再現性、そして 飛距離に対する最大効率

を考えると 交じり合った状態の方が
双方の作業が少なく、シンプルで済みますので…。


リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(5)






Rさんの例で言うと
手で打っちゃいけない意識が強いので
ダウンスイングで先に体だけ向きを変えます。
グリップを置いてきてしまう傾向が強いので
からだの向きで 低さを確保できる期間 を逸して
手で 下に振らなければならなくなります。
からだの向きの変更にグリップが付いてこないので
回転の遠心力で グリップが高い状態で
ボールの方に出てしまい、それによってクラブが寝ます。
👉フェースで当てるには ヘッドターンが必要になりますが
 からだの回転は半分終わってしまっているので
 アームローテーションが必要になります。
 それをするには からだを止める必要が生まれます。
👉低さが確保出来ていないので、届かせるには
 今度は先行してしまったからだの回転を止め、
 その反動で アームローテーション、左右のグリップの
 上下の入れ替えが必要になります。


右手のリリース感とからだの向き_Moment

からだの向きの変更と右手(右打ち)の兼ね合い は
右手を伸ばした時、左腕にどういう圧力がかかるか
と言っても良いかも知れません。


Rさんの場合は 左グリップの下に薀哀螢奪廚鯑れよう、
グリップの上下を入れ替える動きが多いので
右腕を伸ばすコトによって 左腕を上に上げる、
左肩に上への圧力がかかっています。
届かなくなるといけないので 余計体が止まります。

右手を伸ばすコトによって
 左グリップは 傾きに沿って、
 からだの回転通り 横へ、横へと逃げるモノ 
です。

 重さによって からだの向きの変更、
 移動に対して グリップを付かせる のが
 右手の役割 とも言えます。

 それは最終的には同時です。

 同時ですが、今までの習慣、感覚からすると
 右腕の伸ばし
(押しと呼べるほどのモノではありませんが)
 右腕の伸ばし『始め』の方が先 と考え
 トライしてみた方が良いでしょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


だいぶ 暖かくなって来ましたね〜
練習日よりです。

さて、Rさん ご機嫌如何ですか❓
相変わらず 熱心に頑張っておられるのでしょう^^

少し前の 2021/2頃の映像ですが、
気になる点をひとつ… ふたつ…



➀これは Rさんに限りませんが
私もよく口にする
『からだの回転で、
 からだの向き通りに❕』
 について

リリース の勘違い❓_Moment(2)リリース の勘違い❓_Moment(3)






からだの向き通りに
からだの向きを変えるコト によって
腕の付け根を移動させ
腕を動かして ボールを打つ のです。
からだの向きを変えるコトは手段であって
目的ではありませんから
からだの回転で クラブを引っ張る、引き摺る
のでは 本末転倒になってしまいます。

それがクラブが寝る原因になって
あとあと、インパクト付近で苦労する可能性が
あるのでしたら、
逆に 右を向いたまま、手で振ってしまう位の
気持ちで良いかも知れません。

からだを主に考え
  それに遅れないようにする というのも
勿論、間違ってはいませんが、
逆に ヘッド!とは言いませんが、
グリップを動かすコト、移動させることに
からだの向きを同調させる と言う考えも
有って良いかも知れません。


リリース の勘違い❓_Momentリリース の勘違い❓_Moment(3)リリース の勘違い❓_Moment(5)






➁クラブが寝てしまい
 一旦、フェースなり、ロフトが開いてしまう、から
 結果、そうなってしまう のかも知れませんが、
 右手のリリース、右手の伸ばしで
 何をしようとしているのか 気になります。

 ハンドファースト が良い 訳では無いですが、
 これでは 右手を使えば使うほど
 ヘッドファーストになってしまい
 いっちょ噛み では済まなくなってしまいます。

 からだが向きを変えるから
 腕の付け根が移動し、その分、グリップも移動します。
 しかし、クラブや腕の重さによって
 グリップは遅れようとするのを
 右手のサポートで補佐してあげる。

 ですので 結果として、ですが、
 からだの回転通りに
 右手は茱哀螢奪廚魏,靴討い襪里
 スピードが乗った時、
 インパクト以降にそれがあるのは仕方ないですが、
 上下、左右の入れ替えはありません✋


 開きが大きいから そう見えるのかも知れませんが、
 届かない と感じるから なのか
 グリップの上下の入れ替えの為
 右手を伸ばしている ように見えます。

 コレ、逆に考えると
  右手の伸ばしを主として
 追いかけっこのように
 右手の追いつかれないように からだの向きを変え
 腕の付け根を、グリップを移動させる
  と考えても良いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(4)

『アプローチでも、パターストロークでも
 アドレス状態から テークバックを一切取らず
 ボールを打つ、転がしたら
 どんな感じになりますか❓』 









 おそらく…ほとんどの方が こうするのではないかと思います。
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)
グリップの位置を殆ど動かさず、ヘッドだけを送る・・・。

正解は ✖(駄目駄目) です
 👉正解は 記事の最後に記載 します

アプローチそのもの…にはなりませんが、
仮にそれをアプローチにしたら
アドレスをスタート、最下点として、
動かした分ヘッドは上昇、ロフトは増え続ける形になるので
大きなロフトのウエッジの場合、
最悪、ボールだけその場に残る ようなことも発生します。
つまり 振り加減、力加減、速度加減と距離がつながらない
という 打撃イメージ です。

ロフトの小さな パターであっても それは同じ です。
ウエッジに比べれば ロフトが小さい分、
ロス率は減りますが 振り加減、力加減、速度加減と
距離がつながりません。
パターの場合、軽いヘッド、硬いシャフトも相まって
必要以上のストロークの大きさ、速さが求められるコトになります。


ショット、であっても、アプローチ、であっても
カラダが向きを変えるから 自分以外の人 には
ヘッドが円を描くのであって、
そのからだの向きに傾きが加わっているので
クラブの動きが 一見すると『振り子』に見える錯覚が
起こりますが、(振り子要素は一切ありません)
ショット(含むアプローチ)の場合、
 振り子 とは根本的に 仕組みが異なります。

『振り子』であると
ゴルフスイングや
パターストロークと異なり
固定する為の糸などの結び目、
支点、軸点が存在します。
ココが移動したり、
動いてしまっては振り子に成り得ません。

振り子それよりも
スイング、アプローチ、パターストローク
と『振り子』が決定的に異なるのは
 この図で言うと 蕕ら
アドレスからテークバックの方へ動かすコト、
その量やその力そのモノが
その逆の方向、図で言う 茲ら蕁,慳瓩好船ラ
になります。
動き出してから 更なる 虔向への力を加えるコト は有りません。

では ショット、ストロークはどうでしょう❓
⚠テークバック を取るだけで 切り返し以降
 打撃方向、ボール方向へと力を加えませんか❓
⚠テークバックを取ったチカラ、取った大きさ の
 揺り返しだけで 打つと どうなるでしょう❓
⚠支点になるグリップの位置は移動させませんか❓

ボールを打つ、のに
打撃方向 上の図で言うと 茲ら蕕悗
グリップを、クラブを、自分自身を動かそうと力を加えます よね⁈

逆に、その動きを機械、道具としての 振り子 に加えたら
振り子として機能するでしょうか? 答えは✖ です。
全くもって 振り子 になりません。

振り子ですので からだの向きの変更によって
「振り子っぽく」動いたクラブやヘッドは
図で言うと 一番左 👉トップの位置に到達した後、
振り子で言うと 移動しない筈のグリップを
打撃方向、ボール方向に動かすコト で
先端の動きを加速させようとします。
先端に付いた重さ、クラブで言うところのヘッドの重さ分、
ヘッドはグリップの移動に対し、遅れを持ちながらも
付いていこうとします。シャフトでつながっていますからね^^ 


飛び出し角度14

★★★ですので 始めの
テークバック無しでのショット、ストロークイメージの回答は
➀腕さばき、もしくはからだの動き
(シフトや向きの変更)によって
 グリップがボールを少し追い越す
(ヘッドが重さで遅れる分)
のちに 腕さばき、もしくはからだの向きの変更で
 ヘッドが移動し、ボールを打つ(当てる) です。
という二段階の動きが正解です。
トップとダフリの『勘違い』_Moment(2)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

ミステリー CF-455 を
 コースで使われた方の感想 です
445TL-6_00

性格としては
 SYB EZ-05 スライスキラー/スピン抑制に対し
 ミステリー CF-445 はスピン抑制は強いですが、
 ◉叩いても左に行かない、助かる、
 ◉おとなしい左曲がり特性
 です。

445TL-2


➀ スペック 10.5度 44.25インチ 124cpm
 

「445 いきなり ラウンド投入しました。2日 連チャン。

 

2ラウンドの 内訳 です。

いわゆる 「今日一」 20%

ダメに近い 普通 60%

悶絶  20%

 

「今日一 」 は かなり 飛びました。

弾道も高く、ラン も 多い。

自分史上 最大飛距離の ドライバー!

 

特筆すべきは「ダメに近い普通」です
このほとんどは、フェースの 先っぽ の上 でヒット。
少し右へ 飛び出して 少し 左へ 曲がり ランが 出ています。
これまでの455 の 「今日一」 に 近い 飛距離。
フェアウェイの状況が 違うとは言え 飛んでいます。

 

445 は フェース先っぽ 上 で ヒットしても 振り抜ける !  と 言うか
455
ほど 腕への 圧力が無い。

 

自分のスイングに於ける ミスヒット発生時の
許容範囲が 広い spec になっているのが 445 なのかも。

 

初物なので 飛んだのかもしれません。
スイングを改善? したから 飛んだのかもしれません。

ただ アイアイは スイング改善? で 飛距離と高さ が確保され
そして 曲がらなくなって来ました。」

445TL-4
➁ スペック 10.0度 44.00インチ 140cpm

「CF-445ですが、455より暴れない感じがします、特に左に。

レンジボールでは球があまり上がらずちょっとびっくりしました。

フェイスが黒、デザインもカッコいい~他人に持たせると特に思います。
私はこっちが合ってます。

 

スコアはベストがでました。

 

振り方もできてきたのかもしれません。

 

一緒にまわった上手い人がcf445を試打しましたが、
上手い人だけあってちゃんと打ってました。
ただその人のマイドライバーより初速が遅く、距離も出ていませんでした。

それ見て、一般的なしなり戻りのタイミング打ちでは、
上手く打っても性能が発揮しないのかなぁとも思いました。
何でかは分かりませんが。」

445TL-5-1

➂ スペック 11.0度 44.50インチ 148cpm

「以前使っていた C社ドライバーと比べると
左の引っかけがかなり少なく(持ち球ですね)
ミス!と思ったものが、
結果、フェアウェイセンターだったりしました。

練習場では高さが出ず、心配しましたが、
元々、飛ぶ方ではありませんが、
届かなかったバンカーに入るようになったり
どの位かはまだ掴めませんが、
平均値も、最高値も
かなり前に行ったように思えます。」
445TL-1


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ