◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「からだが廻るから 腕が付いてくる
 と考えるのではなくて、
 上腕や肘を動かして、それに追随して向きが変わる、
 上腕や肘が からだの回転を先導する、
 と考えるのも一つの手 だと思うんですね。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4





 なにより まず、『楽に遠くに飛ばす』 には
 からだの向きの速度に頼れば 速度低下が緩やかですし、
 疲れやコンディション不良での影響を抑えやすい。
 小手先のワザ、フェースローテーション、ヘッドターンに
 頼らないので 再現性も高く出来ます。

 そして、意外な、実は重大な副産物、
 人によっては コチラがメインかも知れませんが、
 アプローチなどの距離感、速度感を
 からだの向きでダイレクトに管理、調整すること
 出来るようになり、
本当の距離感を掴めるようになります。

質問「具体的にはどうしたら良いんでしょうか❓」

店長「からだの回転で 腕を振る の一番薦められない例が
 腰回り主体の回転で腕を引っ張る ケースでしょうね。
 脚を使って 股関節 でなくてね。

 腰回りで腕を、クラブを引っ張ろうとすると
 骨盤より上のモノが全部重量物になって
 一番先端にあるヘッドは勿論、
 腕も相当遅れてしまうと思うんですね。

 実際に 上腕や肘が先導して、
 意識として』 からだの回転が後から来る、追いかける
 としても やっぱり重力が有るモノ、長いものは
 遅れて来るように見えちゃいます
けれど
 それを動作として 追いかけるのは危険だと思います。


 スイング用語で よく『肩を廻せ』って言うんですけど
 スイングにとっての肩ってどこだろう❓
 どこを指すんだろう❓ っていつも思うんですよ。

 野球のピッチャーが言うトコロの 肩を壊す のって
 からだが痛んでいるんじゃなく、腕が壊れているんですよね。」

質問「ですね。」


店長「ゴルフでも 目に見える 肩の部分は
 からだの、胴体の中に位置していますが、
 機能としては 腕 、もしくは腕の一部 です。

 
 だから ダウンスイングにおける
 『肩を廻せ』って もしかすると
 回転、運動の先端、右打ちの場合は 前輪に相当する左腕の
 『左ひじから左肩までの上腕』と指している可能性が
 非常に高いと思うんですね。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
 多くの人は 両方の肩を結んだ
 肩の有る胴体部分、背中の上部や胸を回そうとするけど
 それって 胴体をねじりますから 負担は大きいですし、
 両方の腕の長さの帳尻が合い難くなるから
 最終的には 手での調整が必要になりガチ です。
あきひこ先生
 肩を廻せの 左上腕が
 左ひじの意識なのか、左上腕丸ごとなのか、
 それには 左の肩甲骨、背中側迄含まれるのか、 は
 ヒトによって異なって 個人差はあると思うんですけど、
 少なくとも 両肩を結んだ 背中の上部、
 肩の納まっている胴体側を回すものでは無い
 左腕上腕、肘も含めて左腕の上腕部がソレ✊ だと
 と考えています。
あきひこ先生1
 両肩を結ぶ胴体側、上半身上部を廻すのは
 私たちの年齢、運動性能低下に悩む層にとっては
 あまりに体の故障や痛みにとってハイリスクで、
 付いてくる悩みや苦労が多過ぎると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「切り返してから ダウンスイングで2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
どうしても からだの回転に対し、
左腕が遅れてしまう、付いてこない
って言うのが 長年の課題 なんですね。

ソコって どうしたら良いんでしょうか❓」


店長「なかなか DEEPな課題ですねー。

Jack's Basic theory_Moment世の中では テークアウェイの時、
右ひじを外に張る とか、高くする、等
勿論、その度合いにもよるんですけれど
その時の 右『腋の下』が空くコトを
何故か『脇が空く』って思ってるんですよね。

腋の下は近いけど、同じじゃないです

 切り返しから からだを廻した時、
 右打ちの人の 左腕が付いてこない、遅れる、
 おそらく 厳密には遅れてるんじゃなくて
 『遅らせてる』だとは思うんですけれど…
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 絵を見れば分かると思いますが
 正しい意味での『脇が空く』『脇が締まる』
 この時間区分の ココの部分👆 を指します。

 その結果、からだが止まって、手で振っちゃうんですが、
 スイングの場合の 手で振っちゃうは
 肘から先を使うコトを指しまして
 スイング動作の中での
 肘から先 は クラブの重さの奴隷 
 (ちょっと表現は悪いですけど)
 脚の場合、膝から下は 自分の重さの奴隷
 自分で 無理に動かそうとしない方が良いですね。
 どっちにしても 重さの負荷が大きくて 上手く行かないですから😵

 胴体、骨盤も含めた 股関節から上の胴体 も
 瞬間に近い短時間のスイングの中では上手く動かせませんから
 自分が動かせるのは 四肢
 腕の場合、肘から上の上腕(肘も含まれる) と
 脚の場合、膝から上の大腿(膝も含まれる) と
 考えた方が良いと思います。

 運動性能が低下している私たちの場合、
 からだの向きを 胴体のひねり、
 肩や胸の有る胴体の上側 と
 へそから下の骨盤 に分けて ひねったり、捩じったり、
 するのは 危ないですから お薦めできません。

 出来れば お尻も含めた大腿、膝 の動きで
 骨盤から上の上半身丸ごと 動かすつもりの方が良いと思います。


 

 今回の場合は、それとは全く反対に考えてみましょう。

 からだを廻して、腕を動かす
 でも、ヘッドの重さは放っておいて 引きずりなさい
 って言われる。

 それはそれで合ってはいるんですけれど
 からだの回転、向きの変更で 腕を『引っ張ろう』とすると
 クラブも含め、ヘッドも含め、腕も重さがあります。
 成人男性だと 片腕でも5前幣紂▲愁譴膨垢気發△蠅泙垢
 運動の速度、移動の速度も加わり、クラブも持ってますから
 ヘッドが遅れてくるのと同じく、
 からだの回転に対し、腕も遅れる、遅れ易いモノで
 おそらく ですけれど、
 『からだの回転✊』『からだの回転✊』って言われたら
 その動きで腕を引っ張ろうとしちゃいますよね❓」
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4

質問「はい。」

店長「ですので、
 コレはヒトツの考え方 なんですけれど

 からだの回転 で 腕を引っ張るの ではなく
 肘から上の上腕を『先に』移動させて、
 それに合わせて、それに同調して
 からだの向きを変える にしてみるのはどうでしょう❓

 からだの回転のタイミングや速度、
 その方向などのガイドとして 気持ち、先に
 左ひじでも良いですし、
 左上腕でも良いんですが
 先に動かして、からだはそれに付いていく。
 上腕の動きでからだの回転を造る ような感じです。」


質問「あああ🤩🤩」


店長「切り返しから 腕が、左腕が下がってくれる、
 左グリップが下がってくれるのなら どっちでも良いんですけど
 それを苦手としているのなら
 萇・莨縅咾動く👉移動する
 それに合わせて からだの向きも変わる

 であれば 左腕が遅れるコトは無くなりますよね。
…先に動く、ガイドするんだから 当り前って言えば当たり前なんですけど…。

 一気に左を向く とすると
 どういう方向に、どんな風に左ひじ、左上腕が移動すれば
 結果として からだの向きと同調するのか、

 からだの回転で 腕と言う重さを引っ張らない
 そう言う風に考えて やってみるのも一つの手だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


外国暮らし2年目に入りました。


ゴルフ自体は良かったり悪かったりを繰り返していますが、

ここ数か月思ったように打てないと感じることが多く悩んでおりました。


以前もアドバイスいただいた「トップから直ぐに左を向く」は、

意識の中で実践したりしなかったりだったのですが、

最近のブログでの詳細の解説を読むにつれ、

私自身が正しく理解できていなかったのではないかと

気づいたところがありました。


自分で撮った以前の動画と、

今回のサンプル動画を見ると、

自分の動きは明らかに身体がボールと正対したときに止まっており

そこで腕の動きで調整に入っている

調整に失敗すると(ダフリ等)

グリップを前に出そうと更に調整を重ね、

それが悪いループを引き起こしている。

ブログでの解説通り、

一気に左を向くとアウトサイドイン→左に引っ掛けのイメージ強すぎ

実際には止まって調整というのが実態だったかと思いました。

 

ということで、イメージ切り替え打ってみました。

動画はやり始めて2日目くらい。

しっかり右向き、

ヘッドをずっとボールに向けてテイクアウェイ、

トップからは一気に左へ絶対に止まらないを意識しています。

レフト前に行っても良いから

ともかく止まらず左へ向くと思ってますが、

実際にはちゃんと前に飛んでます。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m40〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4




もし解説、アドバイスいただけると幸いです。


  〇店主 明日以降の記事で行いますね😃
 

PSずりずりアプローチ練習

ものすごくためになりました。アプローチ精度一気に上がりました。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「明日の朝、
 日本のあちこちで バケツで水を撒いているゴルファー
 がいるのかも❓」


店長「あははは🤩
 暑いですから、打ち水も良いですよね。

 それって 真面目に実践して頂けると
 遠心力の使い方の違いも感じることが出来るかも、です。」

質問「遠心力❓」

店長「からだの回転通り
 近場に 水を撒き散らす場合、
 どちらかと言うと ですが、
 腕を振るとか、からだを廻すとか で
 水(ヘッド重量)そのものに遠心力をかけて 撒く気がするんですが、
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 一方、遠くに撒く場合、
 水に遠心力がかけると 遠くに届かせられないですから
 バケツや持ち手(グリップ)に遠心力を掛けて
 水の質量、質量がソコ〜バケツの底に留まるよう
 バケツの底に水を張り付かせて移動させる。
 水そのものには大きく遠心力をかけません。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 その感覚って スイング、からだの回転での
 クラブヘッドの質量、重心を置き去りにして
 引きずって動かすか、
 ヘッドのそのモノに遠心力を掛けて
 クラブをほっぽり投げるように使うか、
 その二つにとても似ていると思うんですね。」

質問「ああああああ」 


店長「トップの位置から 一気に左を向く、
 をトライしてみて
 引っかけ、かも知れないし、
 スライスかも知れないですけど
 やってみて感じるのは
 トップの位置から インパクト、ボールに当たるまで
 殆ど『時間が無い』と思うんですね。
 本当に 直ぐに来てしまう。

 振り返ってみれば
 確かに 時間の区分 として
 ダウンスイングって言うのはあるんですけれど
 『アクション』としては ダウンスイングは無いかも❓
 って感じると思うんですね。」

質問「あぁ 確かに。」

店長「逆に今までは ソコが十分にあったし、
 その存在しない筈の時間が 自分の打撃の肝だった…🙄
 
 トップの位置から 間髪入れず左を向く、
 それで引っかけ が出たとしても、
 スライス が出たとしても、
 それを修正するような 時間は
 今までとは異なり、ほとんど無いと思います。

 どうするか❓

 まずは 右向き〜テークアウェイを考え、
 自分にとって 十分な右向き、
 時間と空間が確保出来ているのか❓

 右向きの確保 と共に
 どういう 左向きを造るのか
 周り方は 廻るコトそのものが重要なのではなく
 ボールを打ち為にする行為ですので
 クラブや腕をどう動かす 周り方、廻し方 が良いのか❓

((((((((_Moment
 トップの位置での クラブのからだに対する位置、
 クラブの姿勢、腕とクラブの関係が
 インパクト時、打撃に直結する、
 トップの位置関係が そのまま インパクト、
 クラブと腕は殆ど動かず、
 回転の遠心力によって 伸ばされた腕 程度ですので
 どういうインパクトを造りたいのか は
 トップの位置ソノモノと 考えても良いと思います。


 手で振ってしまう、フェースローテーション、
 ヘッドの返しでインパクトを造るのって
 冷静に、客観的に考えてみると
 そのワンショットに全力投球する 系のショットであって
 ゴルフのゲーム性は 再現性・復元性・反復性 が
 重要ですので あまり適していません。


 ボールを打つコトは 左を向くコト だけ と
 シンプルで繰り返し易い動作が基本にして
 望む弾道の修正は その事前準備で決めていく。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(3)
 腕力のある人や運動性能の高い人を除き、
 トップの位置から 一気に、間髪入れず 左を向く、
 は必ず 飛距離アップの基 になります。
 回転速度、動作時間の短縮、ヘッドスピードアップ に
 必ずつながります。
 トライして見ると 如何に からだの回転と
 クラブやヘッドの移動につながりが無かった かも
 実感できる人も少なくないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で ダイレクトにクラブを動かす
 一般的な言葉で言うと『からだの回転で打つ』ですが、
 その最も大きな障害は 引っかけ〜スライス であり、
 アウトサイドイン だと思うんですね。

 多くのアマチュアは 今この時点で
 手でクラブを振っているケースが非常に多い。
 それには 自分ではからだで✊ と思っていても
 胸から紂肩だけを回しているのも含まれますが、
 (ソコの部分は 今は割愛して)
 それらの方に 一気に左を向いて!
 ボールは左に引っかけても良いから!
 体重移動とか気にせず、トップから直ぐに左を向いて!

 というと 外から引っ掻ける、かなりの引っ掻けショット、
 そう言うショットになり易い と思うんですね。

 からだの回転と
 クラブなり、ヘッドをダイレクトにつなげてしまうと
 外から入ってしまうアウトサイドイン。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5

 それを経験的に知っているから
 右打ちで 右向き〜左向き と クラブを切り離し
 腰から下は回すけれど、胸から上は置き去りにして
 腕周りの動きで インサイドから入れる。。。
 そう言った経緯を経て スイングが形成されている可能性が
 非常に高いと思います。 

 その分かれ道での対処の誤り が
 今のスイングを造っている可能性が非常に高いです。



 ゴルフスイングの面白いトコロ というか
 その答えに行き着くのが簡単ではないトコロ に
 からだの回転 と クラブの動き が有ると思うんですね。
 
 水の入ったバケツ の話しでも立ち寄りましたが、
〇水を撒くにしても 近場に散らばして撒くような方法と
〇ある箇所に、そして 出来るだけ遠くに撒くような、

 厳密にでは無いですけれど 違いがあると思うんですが、
 その二つの違いって とても参考になると思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 水を撒くような場合は どちらも 前傾はありませんけど
 近場に 水を散らすような場合、
 自分のからだの回転に沿って、
 同じ角度というか、似た関係でバケツを動かし易いと思うんですね。
 
 一方、ある箇所に遠くに届かせる場合は
 自分のからだの回転で出来る円に対し、
 若干、アップライト気味、縦気味にバケツを動かすと思います。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





 水を撒きたい方向 って言うのがありますから
 その方向に近い直線に近いライン上、バケツを動かす。

 二つの バケツの移動のさせ方は
 からだの向きに対して 角度、軌道が異なります。
 からだの回転通りにバケツを振るのか、
 からだの回転を利用して より直線的にするため
 バケツの移動の円弧を縦気味にするのか、
 に分れると思うんですね。

 ゴルフで 『からだの回転、からだの回転』って言われると
 からだの回転通りに腕を、クラブを振りたく成りガチ ですが、
 その腕やクラブは からだの回転は利用しますけれど
 移動させる方向や角度、軌道は 飛ばしたい方向に沿って
 真っ直ぐめに動かす。

 コレをゴルフ用語、スイング用語の
 『横振り、縦振り』というのかは正直、分かりません。

 からだを一気に左に向ける、
👉アウトサイドインになってしまう
👉引っかけになってしまう

 の解決方法は
 先ずは右向きの量を増やす がありますけど
 ココにもヒントが有ると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「トップの位置から一気に体を開く/左を向く と
スクリーンショット 2023-08-18 112927ガバッとクラブが外から入ってきてしまう場合があります。

世に言う「アウトサイドイン」です。

『からだ(腰)が開いているよ』と同じで コレの場合

〇からだが開いている
 行為ソノモノのが問題なのではなく

 カラダ(腰)が開いているのに まだボールを打っていないよ
 からだの向き(回転)と打撃(クラブの移動)がつながっていないよ


 コチラ⇑ が問題・課題なのに
 からだ(腰)を開かないようにする
 そして、からだの回転とクラブ、腕の振り のつながりを
 断ち切ってしまう に 錯覚してしまいます。

 アウトサイドイン の場合も似ていて

 問題は からだを一気に左(右打ち)に向けた時、
 そのからだの動き/回転〜左向きで
 腕、クラブを持った腕を どう移動させたか、
 が問題、これからの課題であるのに
 からだの回転とクラブを持った腕の振りを断ち切ってしまったり、
 一気に左を向くコトを辞めてしまうコト
が往々にしてあります。」

質問「あるある、ですね。」

店長「はい。 間違った対処・思い込みによって
 😫問題がより深みにハマってしまう😫
 ゴルフの『改造』にはこのようなコトが頻繁に訪れます。

 そして コレには
〇遠心力を使う
〇クラブを走らせる
〇シャフトをしならせて しなり戻して使う
〇インパクトは体の正面で 
  などなど
 からだの回転とクラブを持った腕の関係を断ち切り
 手さばき、腕さばきで カタチだけを造らせる、
 それを後押しするような言葉がたっぷりあります。

 どれもこれもが ある場面の、ある人にとっては
 有効なアドバイスなのかも知れませんが、
 うっすらと暗示のように クラブの使い方を
 間違った方向に誘導する危うさも含んでいます。

 YOUTUBE などのスイングアドバイス系の動画を見ても
 その 切り返し〜ダウンスイング の動画が
 山ほどあり、ゴルファーにとって
 一番関心ある『箇所』なのかも知れません。」

質問「そうかも…知れません。飽きる位、見ました。」

店長「トップの位置から ガバッと左を向いて…
 間髪入れず 左を向いた時、
 クラブが外からガブって アウトサイドイン になってしまう…

 それが自分にとっての オリジナルな
 からだの回転での 腕の振り方、クラブの振り方
 自分のからだの回転に対する腕の振り方 です。

スナップショット 4 (2015-09-24 17-52)
 そして、次のステップへの選択肢は幾つかあります。
,修譴負担なく 繰り返せる『なら』 そのアウトサイドイン、
 スタンスに対しては ややひっかけ気味になりますが、
 自分の基本のスイング・ショットにする。
👉表現はナンですが、これが一番手堅い方法な気がします。

▲▲Ε肇汽ぅ疋ぅ鵑老なので 一気に左を向くのを辞め
 手作業での インサイドアウトを目指す
    😵😵😵おススメ出来ません
👉スイング軌道を気にする人はココに陥り易い…かも。

あくまでもからだの回転『』 ですが、
 からだの回転で腕を、クラブをどう振るか、
 アウトサイドインを修正する。
👉この修正方法も 一歩間違えると ◆,砲覆蠅泙后
 
 からだの回転『での』腕の振り方、その変更もあるのですが、
 考えるべきは
〇ちゃんと『右向き』が出来ているのか❓
〇インサイド がある『右向き』なのか❓
 からだの回転 で ですが、インサイドを通せる空間を造れるか?

 手で振ってしまうスイングにとって
 テークアウェイ、トップでの『右向き』は重要ではありません。
 インサイドから振る のような形を
 腕さばき、手さばきのクラブループで行う場合が多く、
 その人にとっての テークアウェイ、トップの『右向き』は
〇肩を廻せ_Moment
 手を動かしたら 右を向いているように『見えた』か、
 運動のリズムやテンポ、景気づけの要素が強く
 インサイド という空間を造るための動作では無いコトが多いからです。


👉👉一気に左を向く、で外から振りたくないのなら
 その分、右を向いて インサイドを通せる
 空間造り『右向きを』トライして頂きたい です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ここまで 飛距離アップのカギは
 〇からだの回転でクラブを動かせるようになる
 〇トップから『一気に』左を向く(右打ち)

 それで ヘッドスピードを上げる、
 からだの回転がイコールヘッドスピード
 それを常態化、習慣化する と言う話し なんですが、
202011201
かなりの割合の人が
ここで ぐるぐる迷路に入り込み ます。」

質問「ぐぐぐぐぐぐ。」

店長「ソレをトライすると
 とりあえず ドライバーでは無く、アイアンであっても
 どどどスライス、右に出て、右に曲がる、
 人によっては高いだけの球、
 ロフトの開きが大きい人であれば 上がらず遅い球、
 まったく 飛距離につながって来ません。 
at 0m8s
 結果論、物理的状況で言えば
 フェースが開いている、
 ロフトが開いている、から
 です。

 チャート式にすると
.侫А璽垢開いている
□優侫А璽垢鯤弔犬
➂⇒それには 手の返し が必要
あ夕蠅諒屬靴蓮,らだの止まり、 もしくは
  からだの回転からの腕、クラブの分離 が必要
ア夕蠅膿兇襯好ぅ鵐阿定着する
➅⇒ある年齢に来ると 手で満足な加速が出来なくなる


 
この多くの➅が
 硬くてしならないシャフトを使っていた、
 ソレでスイングを覚えた から  ソコに行き着いてしまう。。。😵
 そして、手でヘッドを返す には
 返し易いクラブ 〜ヘッドが軽い 〜しなりが少ない というのがあります。
 ➅の状態になった時、ヘッドが軽い、シャフトが硬い、
 要するに クラブの機能の希薄なモノの使い方、
 もうちょっとはっきり言うと クラブでは無く
 自分の好きなように手で動かす のがその人の打撃なので
 それを邪魔される重さや柔らかさは苦手、
 当然、クラブに頼れない、助けて貰えない訳です。

 ソコの話しは大切ですが、また別な機会にしましょう。」

質問「お願いします。」

店長「スライス って 多くのゴルファーにとって
 かなりの『トラウマ』だと思うんですね。

 ソコを克服できるか、どうか が
 脱初心者の最大の証しと思っている人も多いと思います。

 で そのチャートの´◆,麓造蝋腓辰討襪鵑任后」

質問「え?」

店長「スライスする。
.侫А璽后▲蹈侫箸開いている
▲悒奪匹亙弔犬茲Δ箸垢襦J弔犬襦

 これは 合ってるんです。」
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5ss
質問「え?」

店長「ヘッドを閉じるの を
 左を向くコトですれば良い
 だけです。

 まあ 正確に言えば フェースの向きを閉じるんでなく、
 ヘッドを返すんでなく
 クラブそのもの向きを閉じる、と言うかターンさせる
 んですけどね。
 始めの発想が フェースを閉じるのか
 クラブそのものを閉じるのか の違いです。」

質問「!!!!!!!!」

店長「だから ハンドターンなのか
 ボディターン なのか
 ヘッドを返すのか、クラブそのものを返すのか、
 ヘッドを、クラブを手でターンさせるのか
 からだでさせるのか、って言ってるじゃないですか🤩

 からだを左むけることが クラブ(ヘッド)ターン です

 からだが左を向くコトと 結びついていないのが
 ハンドターン 〜フェースターン です。

 左を一気に向く ⇒ スライス は
 からだが左を向く と クラブが結びついていない だけ。


 どの道、ヘッドを返すなら
 左を向く と クラブターンを同じモノにすれば 良いだけ です。
 透明人間が行う ターン は
 その円弧の大きさや質は異なれど
 ターンする事に違いはありません。

 大好きなクラブターン、左に振るのを
 からだの向きに預ければ良いだけ です。


 ソコをカラダのターンから切り離して
 ハンドターン、手の返しで フェースなり、ヘッドなり、
 クラブターンする、それでスライスを防いでしまうと
 それをする為の準備として
〇より開く、より開いて進入してくる癖、
〇からだの向き と 腕やクラブを切り離してしまう癖、
〇からだの向き (腰から下)と
 自分では肩だと思っている 腕周り、クラブ廻りの動きを
 別なタイミングで行う癖、

 が常態化してしまいます。

 からだの向き通り、
 左を向くコトが クラブターン。

 それで 思いっきり 引っかければ良い んです。
 それで からだの向きとクラブターンがつながる。
 『フェースターン』しなくても 左さえ向けば
 スライスしないコトが体感できる。

 その後に、その次のステップとして 方向の修正。
 だって 始めた当初は 飛距離アップが優先目標。
 そして その伏線として
 からだの向きとヘッドの移動のつながり。
 それが 優先課題だったのですから
 ソレが『出来たら』『馴染んで来たら』
 次のステップ 打ち出しの方向
です。

 引っかけないような 進入軌道の修正、
 アドレスの狙い通りへの出球への軌道修正、
 ロフトが開かず(コレ大事)⇔インから入ってくる軌道修正
 からだの回転で 腕やクラブの移動を横移動では無く、
 高さ変化の移動に修正、すれば良いのです。

 からだの左向きとクラブのターンが結びついていない
 から スライスする。
スクリーンショット 2023-04-23 202551
 今までのハンドターンをするための 開いて入れる習慣が
 残っているから スライスする のであって
 ソコで その結びつき
 からだの回転とクラブの移動の結びつきのトライ を辞めたら
 今まで通り に戻るだけ です。

 そのアウトサイドインが
 本当の『正しい意味』のアウトサイドイン で
 今までの 軌道 は
 手先で造っているだけの
 軌道 なのに からだの回転とは関係のない
 小手先の まがい物の『軌道』だった
 というコトです。

 この段階を踏まず、何もかにもいっぺんに、
 が 始める時の優先目的を失ってしまう 最大の原因、
 スイング改造が投げ出されてしまう 最大の原因 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


以下は
 あるシャフトメーカーが工房向けにだけ公表しているデータ です 

 察札轡礇侫函50g -246cpm
◆察札轡礇侫函60g -254cpm
〇〇シャフト 70g -259cpm


 同じ長さ45インチ、同じヘッド(重量)によって計測されています。
 それぞれの シャフトのⓇシャフト の数値 です。

 この3本のシャフトは 基本的に同じ銘柄(ブランド)
 おそらく…ですが、表面の色柄も統一されたモノ と思われます。

332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n

✅ことグラファイトシャフトを造る場合、
 それがウッド用であっても、アイアン用であっても
 繊維を巻く、シートを巻く、その金型
 芯金の形状が シャフトの特性に影響を与える、
 芯金の形状でシャフトの性格が決まるとも言えます。

 どこをどういう風に太くする、
 どのサイズにする、
 太さ、細さの推移をどこに、どのような具合にする、
 で シャフトの特性、性質はかなり大きく変わります。

 その基本シャフト、その芯金が有ったうえで
 シャフトの硬さ(L.A.R.S.X…)の場合は
 使う繊維の量、繊維の弾性(強度)を変え、
 シャフトの重量(50.60.70g)を変える場合は、
 芯金の形状性質はあまり変えず、細いモノ(縮小)を用意し
 巻ける繊維の量を増やす と言う形を多く取ります。

 芯金の形状、形状の推移を大きく変えてしまうと
 繊維を変えるよりも シャフトの特性の変化には
 非常に大きく影響を及ぼす為、
 同じ銘柄のシャフトである限りは 同じ芯金、
 または 似た形状の芯金を使います。

332484291_873455530430060_8730494155856601148_n

 現在、クラブメーカーもシャフトメーカーも
 同じブランドのシャフトの
 ドライバー版、フェアウェイウッド版、ユーティリティ版、
 アイアン版、ウエッジ版 などを
 【重量を揃えて造るケース】がかなり多い
 と思うのですが、それにはとても、とても注意が必要です。


 例えば 65g-45inのドライバーシャフトを基本とした場合、
 そのシャフトを 42inのFWにすると
 ドライバーよりも 3インチ 余計に切るコトになり、
 シャフト単品の重量は 1インチ辺り約1.5gになるので
 5g軽い 実装で60g軽いシャフト という事になります。

 多くの方が 短くなるFWやウエッジには
 短くなっても 同じ重さ、もしくは より重いシャフト
 が 良いのでは…🙄🙄🙄🙄 と考える方が
 かなりの割合いらっしゃるのでは…と思うのですが、

 逆の計算になりますが、
 42inで 実装が同じ65gのシャフトを造るには
 45in換算で 70gのシャフトを造る必要が生まれます。
 シャフトの場合、重さを増やすには
 それがグラファイトであっても、スチールであっても
 シャフトの素材、繊維の量に比例する形になりますので
 65gのしゃふとよりも 70gのシャフトは
 5g分繊維や素材が『必ず』増えます。
〇ゴルフ史上一番柔らかいドライバー…たぶん - frame at 0m56s
 その5g分は 重さだけでなく、
 重さ分、強度、即ち 硬さも増す ので
 同じ銘柄のシャフトで 重量が増えた場合、
 察札轡礇侫函50g -246cpm
◆察札轡礇侫函60g -254cpm
〇〇シャフト 70g -262cpm

 必ず 硬いシャフトに仕上がることになります。
〇この場合⇑ では 10g増えたシャフトは
 同じⓇシャフト表記であっても
 数値上 1フレックス硬いモノに仕上がっています。


 シャフトは ウッドの場合 1m近い長さです。
 その1mの棒が 5g軽いの と 5g重い、
 大きな違いではない…
 人によって 感じられるかどうか微妙な違いと思いますが、
 それによって 変わる硬さ、硬くなってしまうシャフト
 その影響はとても大きいと思います。

 ご自分で想像してみて下さい。
 傾斜の少ない 概ね平らのトコロから打つドライバー、
 ラフや場合によっては ドライバーをチョロしてしまい
 方向的には真ん中なのにフェアウェイに届いていない
 ラフから打つ状況と心理状態、、、
 多くの方が ナン%とは言えませんが、
 フェアウェイウッドの方がドライバーよりも
 強く、速く振るコトが難しい…のではと想像しますが、
 そのフェアウェイウッドのシャフトが
 たった 5g軽くなることを嫌がった雰囲気 によって
 ドライバーよりも 硬くなっている のです。

DRIYbXDU8AEUY3o
 これはウエッジでも言えます。
 普通のアイアンに比べると
 フルショット、速いスピードを使うコトの少ない、
 加減の必要な場面で
 なんの実証も無い 『重いシャフトの方が良い』という
 雰囲気によって 重くなり、
 その大きな副作用によって 硬くなっています。

それって 本当に使い易いんです❓ 🙄🙄🙄🙄



私は 重さって 過去に実験したことがあるんですが、
シャフトが重い/軽い
ヘッドが重い/軽い
シャフトが硬い/柔らかい
などなど 実は人によって『重いと感じる』のは
かなりバラバラ、ほぼ統一性がありません。
ましてや、5g位のシャフトの重さは
1mの棒全寸に分かれてしまうので、
局所的な ヘッドの5g違いほど差が出ず
殆どの人が実感するコトが出来ません。

経験的になんですが、シャフトの重さは
ラウンドを通しての 疲労感の差 程度の差で
シャフトが重いから ラフに強い とか、
バンカーに強い は 一種の都市伝説に近く、
それ(重さの増量)によって シャフトが硬くなってしまう、
デメリットを乗り越えるほどの メリットは無い、と断言できます。
(軽量スチールは その軽量さ ではなく 軽量になったことで 重いモノより柔らかくなった のが
 支持される最も大きなポイントと思います。重いモノは硬い、軽いモノは柔らかい のです。)



どうしても ドライバーの50gシャフトに対し
フェアウェイウッドのシャフトの方を重くした方が良い、と信じているのなら
(個人的には 同じ感覚、同じタイミングになり易い
 同じシャフト、同量のシャフトを推奨します)
重くする方のシャフトを その度合いにもよりますが、1フレックス落とす
ウエッジのシャフトの方を 1フレックス落とす 〜柔らかくする 方が
使い勝手は、断然良くなると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「仮想インパクトのクラブの位置、
 グリップの位置が アドレスと比べ
 少々オーバーですけれど 1m
 とします。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)
ソコに行くには
かなりの近道 が必要です。

からだのものすごく近くを通すのですが
 それだけでは不十分で
 『ちゃんと』右を向いて
 それを通せる空間が確保されている必要があります。
 2021-12-06_22-21-54_Moment(2)
空間のために ゴルフスイングには
前傾姿勢がある と考えても良いです。

 手だけで上げてしまっている、
 テークアウェイを取ってしまっていると
 始めから 通り道、近道と言えば良いのか、
 グリップエンドを通す空間~近道が存在しません。

 ダウンスイングで 腰だけが先に回ってしまうと
 やはり その空間が塞がれてしまいます。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5
 からだの回転で 腕を、クラブを横に振ってしまうと
 道のりが長過ぎて 時間が足らず、そこへ到達出来ませんし、
 腕やクラブを横に移動させたコトによって
 腰だけを回したのと同じ状態になり
 グリップエンドを入れる、通す空間が無くなってしまいます。

 『間髪入れず』左を向くのに追随と言うか、
 遅れさせたくないですから
 右向き、そして 前傾姿勢で出来る軒下
 の近道を利用いしたいトコロ です。

 右向きが造らない
 前傾姿勢を利用しないは
 クラブの機能の利用を放棄しているのと同じ です。


 今まで 腰を先に廻し、
 後から手で振っていた人、
 フェースローテーション、手の返し、
 それを打撃のメインにしていた人が
 からだの回転に移行できた🌸 とすると
 トップからインパクトまでの 感覚的な時間は1/5位な感じ、
 今までの打撃は 3倍も.5倍も長い時間をかけて
 インパクトに来ていた感じがすると思います。

 からだの回転で✋
 トップの位置から一気に、間髪入れず、
 からだ全体を左に、飛球線方向に向ける、が実現すると 
 トップからインパクトまで
 本当に時間がありません。

 手を返す、フェースをターンさせる、
 インから入れるとか、アウトから入れるとか、
 何もする暇が『まったく』ありません。

 自分でボールを打った実感が湧かない程、短い時間です。

 兎も角、時間がありません。

 速く周りたい、ヘッドスピードを上げたい
 のですから当然なんですが…、
 目標とする インパクトの通過点、
 アドレスよりも 1mも茵△發靴は前のグリップエンドの位置
 に行くには 重力のチカラも手伝って貰うべきでしょう。
 そこへ行くような、行き易い重さのかかる
 トップの場所なり、位置を造るのが
💮💮💮です。
 
 その通る経路は
 トップの位置〜アドレス時の左「腋の下」あたり、
 アドレス時の左腕とからだの間 位 です。
 アドレス時の左腕よりも かなり自分寄り です。
 おそらく ですが、
 その通り道を体感したことのない方にとって
 強烈に『自分側』に近い です。
 右向きが無い、足りないと 存在しない空間でもあります。

 グリップの移動 という事であれば
 非常に小さな半径の弧 という事になりますが、
 からだの回転が主エンジンになりますから
 結果、として 円軌道〜曲線ですが、
 意識としては その目標地点まで
 直線でグリップエンドを移動させる方が良いでしょう。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「トップの位置から 間髪入れず、
 右打ちの人であれば 一気に左を向くと
 今まで クラブの動かし方 だと
 よく言う 大外から入ってきてしまう人
 も 少なくないかと思います。」

質問「あああ、確かに。」

店長「そこで 外から入ってきてしまう、
 アウトサイドイン になるから と言って
 左を向くのを辞める、左を向くのを止める、
 もしくは 左を向くのに一呼吸入れる、 のは
 そこからさらに一歩、前進する、向上するの妨げ になります。
((Kさんのお悩み❓_Moment
 変えるべきは ✋左を向くコトを躊躇する ではなく、
 一気にからだを廻した時に
  どうクラブを、どう腕を振っているのか❓  の方で
 クラブや腕が外から入って来てしまっている は
 腕やクラブを横移動させる為に
 からだを廻している要素が強い 
というコト です。

 トップの位置から 間髪入れず『左を向く』の本質は
 結果、として ヘッドスピード向上、飛距離アップ、
 からだの回転をメインにクラブを動かす です。

 腕やクラブの横移動の為に からだを廻してしまうと
〇腕やクラブが早い段階で長くなり過ぎて ブレーキになる
〇腕やクラブが早い段階で長くなり過ぎて 道のりが長過ぎ

 結果としては からだが開いても まだ打っていないので
 最後、手で振らなくてはならない
 これでは 本質から外れてしまうので
 からだを廻しても 遠回りにならない、
 腕やクラブの長さ・重さが 回転の妨げにならない
 からだの回転での腕の振り方、クラブの振り方 を
 探さなくてはなりません。」

質問「どうしたら良いですか❓」

店長「一気に 望み通りのスイングに到達出来る、のは
 かなり難しいですので、段階を踏んで進めてみましょう。

 トップ位置からインパクトへ、
 インパクトのゴール、本来は通過地点ですが、
 インパクトはこういう場所、こういう形って言うのを
 うっすらとでも 思い浮かべている、想像、願望している
 と思うのですが…。」

質問「はい。」
スクリーンショット 2023-04-23 202551
店長「多くの方は アドレス時、当たりのクラブの位置、
 グリップの位置 を インパクトで再現
 アドレスの形 に戻ってくる、を
 想像しているのではないかと思います。」

質問「おぼろげ…ですが、ハイ。」

店長「そこでは 中過ぎる、
 右打ちの人であれば 右過ぎます。

 アドレス時のクラブのある場所、
 もしくは 自分のスタンスとボールを結んだ線を
 ブレイクラインと仮称します。

 そのブレイクラインに クラブを持ってくる、
 のではなく、
 ブレイクラインよりも左(右打ち)に
 グリップエンドを行かせる のではなく、
 クラブ全体を ブレイクラインよりも左、
 ヘッドが遅れていますから
 ハンドファーストになっている分、
 想像よりもかなり左に グリップ、グリップエンドが
 ある感じ です。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)
 私個人のイメージでは
 インパクト時のグリップエンドの位置は
 アドレスと比較すると 1m位 左な感じです。

 実体験として
 ヘッドを動かそう、ヘッドを振ろう、
 ヘッドを前に出そう、とすればするほど
 グリップエンド、クラブ全体の インパクト位置は
 中に、右打ちであれば右に右に来てしまいます。
 ゴルフ中継でよく使われる
 「あああ からだが止まりましたネ…。」と言う奴です。

 インパクトで アドレスよりも1mも
 グリップエンドを左に、前に持ってくるには
 正直、1mmもヘッド単体を動かない、
 シャフトに 角度運動をさせない ようにしないと
 クラブは構造上、ヘッド単体を動かす、角度運動をさせると
 その動きは直ぐに増幅し、止まらなくなりますから
 引きずる 以外の動きを『1mm』も入れない。
 0か、100、しか無いと考えて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ヘッドスピードを上げる は
 回転するスピードを上げるのは上げるんですが、
 回転の速度を、動作速度を上げる というより
 トップの位置から 右打ちの人であれば
 『間髪入れず、直ぐに 左を向く』
 骨盤、秀二、おなか、胸を 目標方向に向ける、
 それを 出来得る限り、短時間で行う✊
〇見かた山下
 まあ イメージとしては 素早く、
 『思いっきり』からだを開け✊✊✊ です。」

質問「その言葉の通りですけれど
 それだと からだが開いてしまうのでは❓」


店長「正にその通り。

 ソコって 思いっきり 誤解 していますよね

 手で振ってしまいたい人は 別な話しになりますけど
 手で振るのは避けたい、
 シンプルに からだの回転で打ちたい、

 と望んでいるのであれば
 からだを開くコト は ボールを打つコト です。

 ゴルフ用語の アドバイス、指摘としての
 「からだが開いている!」 👉それはダメだ!の意味は
からだが開いている のがダメなのでは無く

からだが開いているのに まだ打っていないのがダメなのです。
スクリーンショット 2023-04-23 202551
 それを からだの開きを止めて… という対処では
 より一層 手で振る、
 より一層 からだの回転が意味を、役割を失ってしまいます

 からだを開かないようにする が
 ゴルフスイングにとって 良くない対処法の代表です。

 からだは思い切り、間髪入れず 開く✊
 重要なポイントは それが打撃だ✊ と認識するコトでしょう。」


質問「あああああ…なるほど。

 ソコの部分って かなり多くの人が誤解している、
 んじゃないですか❓」


店長「ものすごく😵😵😵😵😵そう思います。
 
 からだを開かないようにする、
 からだの向きが ボールと相対したトコロで『止める
 よく耳にする「スイング用語」で
 ヘッドやクラブを待つ とか、
 クラブが来ない(遅れている) と言うのが有りますが、
 からだがボールと対峙したトコロで止まっている/待っている
 のを 良く表していますよね。  
 です。

 からだを開かない ようにする は
 手で振るコトを誘発しますし、
 からだの回転を 肩周り中心にしてしまう可能性があります。

 女性や力のない人 というのは
 基本的に 上半身の上側に筋力・筋持久力 がないのに
 からだを開かないようにするは ソコを使うことを
 促してしまいます。

 そして それは同時に
 回転する、もしくは 腕を使う、そのチカラ と共に
 それに耐える、踏ん張る、動かさない、下半身
 というまた別なチカラが必要になります。

会田20210701 - frame at 0m15s
 体力、運動性能に自信の無い人の 回転 は
 からだの回転とは 脚の仕事 で
 上半身、肩周りをメインに使う動作にすべきではありません。

 開いているのに まだ打っていない は
 腰の部分は開いているのに、
 クラブを持っている腕、
 その腕の生えたその付け根の部分 〜肩 は
 まだ 開いていない  というコトになります。

 からだの回転が二重・二種類ある訳ですね。

 ですので そこはシンプルに
 脚を使って 『クラブを持った腕の付け根 肩部』を含め
 胴体ソノモノの向きを変える

 と言う習慣を付けた方が良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


私にとってはよくある、ごく日常的な

一般的なゴルファーの皆さんにとっては 信じ難い、

出来れば起こって欲しくない


セッティングから始まる悩み の実例を 紹介いたします。




 【年齢63歳】某有名チェーンストアにおいて 試打(ドライバー)もしながら
 最新のクラブ数本を選ばれたそうです(購入)。
IMG_0590
 某メーカーA社のドライバーに
 試打した結果 社外品B社の S シャフト(オプション選択)
  が装着されているモノをお選ばれました。

 ヘッドスピードは 平均で【40㎳】ですので
 年齢から言うと 決して低い訳ではありませんが

 ドライバー【45in】 シャフトの硬さ【振動数 250cpm】

 は 
かなり硬い と思います。

 そのお客様のスイング との相性で言うと
 スライスが多い というコトで
 ヘッドが重たい 〜ヘッドが効いてる 👉ヘッドが遅れる
 シャフトが柔らかい 〜ヘッドが効いてる 👉ヘッドが遅れる

 ヘッドが遅れる👉👉フェースが開く👉👉スライスになる
 それを防止する為、フェースターンを要るので
 方向、弾道がバラつき 安定しない…😢
✅故に 遅れの少ない、フェースターンのし易いクラブ選択
 というのが理解出来ます。

 しかし、年齢、体力から考えると
 動かし易い、ヘッドの軽さ、シャフトの硬さ が故に
 疲れてきたり、OBやスコアなど他に意識が強く言った場合、
 動かし易い…ですから、テークアウェイも 手でヒョイと上げる、
 右向き不足・準備不足を誘発し易く、
 手で上げますので 準備段階として
 ヘッドが、フェースが開いている量が増えますので
 自分の運動性能が下がってくると その修正が効かず、ミスが出易く、
 疲れてきた時に飛距離ダウンにつながり易いスペック です。

 しかし、今まで 硬いシャフトを使い慣れたこともアリ、
 おそらくですが、比較試打の中で一番シャフトの硬い、
 一番バラつかない
 一番真っ直ぐ行き易い、飛距離重視ではなく、
 安定性、方向性重視で 選んだ結果、
 この硬さに行き着いたのだ
と思います。

 …しかし 段々キツク成って来た。
 または 思っているよりも 安定しない。。。など

 ソレが故にご来店なのですが、
 問題は ソコから先 に
ありました。
 
 ドライバー、ウッド、ユーティリティ
 を同時に購入された のだそうですが、
 試打は ドライバーしかされていないそう です。
 
まあ 一般的には全部打たない人の方が多そうです。
332179721_1344744456096842_1394330782508529762_n
 常識的なゴルファーの考え では
 同じメーカーの 同じ機種の
 シャフトの銘柄も一緒、表記の硬さも一緒 
 …ならば
 ちゃんとセットになっている、
 クラブとして
『流れ』になっている、
 同じ硬さになっている
 と思います。
 ユーザー、購買者としては当然、そう思いますよね。


 ところが
 今回のケースで
 同じメーカーの、同じ機種、
 シャフトの銘柄も同じ、表記の硬さも一緒
なのに
 1W  45in 250cpm
 5W  42in 264cpm
  UT#4 41in 281cpm
 と 非常に数値が『飛んで』しまっています。
      特にUTが酷いですね…🤪

 全体が硬い と言う話は棚に上げて
 同じ機種、同じシャフト銘柄、同じ硬さ表記 であれば
 1W 45in であれば 42inのモノは 258cpm が上限、
 ドライバーよりも ボールのライや打つシチュエーション、
 一般的にはドライバーよりも ほのかに「振れない」
 フェアウェイウッドの方が
 ほんの微妙にヘッド軽め気味/シャフトは柔らかめ の方が
 圧倒的に使い易いです
例外は非常に少ないです。

 ドライバーと同じ流れ、同じ硬さ の数値よりも
 1フレックス位 硬い フェアウェイウッド。
 ドライバーと違い 傾斜のある場所、
 フェアウェイウッドを使う場面は緊張感が高く、
 ボールの置き位置も ドライバーよりも中め、
 それを ドライバーよりも1フレックス硬い、ヘッドの感じにくい、
 このフェアウェイウッドで打とうとすると…
 チョロ、頭打ち、ダフリ、スライスなど
 流れが整っているモノと比べ、かなりミスが出易くなります。
〇アマチュアにフェアウェイウッド好きが少ない理由のヒトツです。
332220353_579546073824652_4442760800244387208_n
 そして 👉ユーティリティ は
 41in と言う長さからして 硬くても 265cpm前後 が
 ドライバーとはだいたい同じ流れ、適切でしょう。

〇元々 硬いシャフト好みのお客様 から考えると
 ユーティリティが3本の中で断トツの硬い ですから
 一番使い易い、好きなクラブになる可能性 があります。

 …となると それよりも
 2〜3フレックス柔らかい
 肝心要のドライバー が
 上手く行かない可能性がかなり高くなります。
 スライスが出易い〜対処療法で引っかけが出る…など…。



 そして かなり根深い問題・後遺症になりそうなのが
 ユーティリティやフェアウェイウッドの方が
 地面にあるボールを打つクラブ とは言え
 ドライバーと比較すると かなり硬い(同じ硬さ表記なのに)です。

 その硬さ分、ボールは中に置くことになる可能性が高いです。

 ティーアップしたドライバーと比較すると

 ボールの置き位置は ボール5個分位、
 人によってはそれ以上…中に入る可能性があります。


 ゴルフクラブは 概ね そのシャフトの硬さ分
 ヘッド重量に応じた硬さ相応分、
 感覚的にボールは『中に入り易いモノ』です。
 練習での 成功体験からも そうなって行きます。

 ボール1〜2個なら まだ良いですが
 ボール5個分、中に… となると
 アドレス姿勢は そのボールの違い分、変わります。

 スイングの練習は 大概の場合、
 ユーティリティと言いませんが、

 シャフトの硬い軽量スチール系アイアンですることが多い。
 ボールの置き位置が中に入り、それが右向きのスタンスを誘発する。
 アマチュアのアドレスが右向き気味な原因のヒトツです。
4c546cb7
 ご自分でやると分かりますが、
 ドライバーを 左足のかかと、もしくは それよりつま先寄り、
 ソレで構えた後、
 ユーティリティで ボールを5個分 中に入れて下さい。
 必ず 右を向き気味に、、、
 もしくは 上半身上部だけが右を向いた 捻じれた、
 違和感のあるアドレスになります。

 本来 ここら辺を使うと良いよ、と言う硬さよりも
 硬いシャフトを使ってしまうコトは
 スイングを間違えさせてしまう原因、元になりますが、
 アドレス、スタンスの向きをごちゃごちゃにさせてしまう、
 のは スイングそのものもそうですし、
 コースでの上手く行かないを かなりの確率で誘発します。
 そのアドレスと向きを壊してしまう
  シャフトの硬さのばらつきはかなり深刻です。


 そう言う 知らず知らずの セッティングのバラつき
 同じ銘柄の、同じシャフトの、同じ硬さ表記の
 その ものすごい製品誤差、
 『工業製品』であれば 当然、弾かれるであろう
 そのバラつき は
 ゴルフクラブでは ごくごく普通に無視され 販売されます。

 

 バラつきの全くないとまでは言いませんが
 セットの硬さや本当の意味の重さが流れている、
 多少の揺れはあったとしても許容範囲の中に収まっている、
 似たようなフィーリングで使える 流れになった 
 セットになっている市販品 は

 私の長いゴルフ生活、ゴルフの仕事の中で
 万を超えるセットを見たり、数値測定してきましたが
 未だ 2セットしか 見たことが有りません。
 それは どのメーカーの、どの機種、人気度、知名度、
 価格など関係ありません。
 バッグ付きで セットで2万円のセット と
 バッグ無し 13本で100万円のセット に
 そのバラつきの差は殆ど無く、双方、驚くほどバラバラ です。

 30年の営業の歴史で 15年に一回 です。
 見た目だけ 名目上だけ セットになっているのが
 一般的な ゴルフ『セット』です。

 流れが許容範囲に収まっているモノが『例外』なのです。
 ホールインワン級の出来事なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



フルショットであっても
ハーフショットであっても
ヘッドがグリップを追い越すことは無いのです。


お化けの正体はインパクト以降
スイングは左を向いて終わるからであって
決して ヘッドがグリップを追い越したりしません。
達人のココから盗め_Moment(5)
そりゃああああ
グリップを動かすからヘッドが動くんですから
…。

何度も書きますが、
ヘッドがグリップを追い越すように動かすと
ロフトはシャフトの角度が動く分、ヘッドを振る分
常時動いています。

正しく クラブを扱うよりも
ヘッドの上下動、縦の円弧が激しくなります。
最適なヘッドの高さは「瞬間」しかありません。

ヘッドがグリップを追い越すように振ると
からだの向きが止まっているので
開き気味になっても『ボールが打てていません』
体重は右に必ず残るので上を向いた『煽り打ち』になります。
スイングは構造上 上を向く/煽る は体の開きになります
必要以上に、上を向いて 体を開いて打つことに
会田20210701 - frame at 0m16s

ヘッドがグリップを追い越すスイングは
そうで無いものに比べると 遥かに体に負担が多く
若い時は許されるかもしれませんが、
運動不足のおじさんには 肘や手首、首、腰などへの
負担も倍増します。


そう言ったうえで
手さばき、腕さばきは
右手で左手を押すのです。
ボールをヘッドで押すのです。
弾いてはイケナイのです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)





ヘッドを振った方が 気分的に
ヘッドをたくさん速く動かしている気分になるでしょう。
しかし それは同時にミスも倍増させることになる上
単にロフトを増やし、上を向いて振るに過ぎません。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)




右手で左手を押して グリップを動かした方が
遥かに上から打て クラブヘッドの重さが使え
重さによって 体重移動が伴うので
上を向きにくく ロフトが立ち易くなります。

理想的には 左上腕から先に動かしていき
それに伴い それを追いかけるように体を回していくので
腕と体にズレが起きにくく 関節にも負担は少ないです。

V字を維持してみよう_Moment


ヘッドを振らないことで
 ➟ボールが捕まる
 ➟ボールを上から打てる
 ➟少ない力で飛ぶ
 ➟速くたくさん振らなくても飛ぶ

という成功体験をする必要があるでしょう。


6番とか、7番アイアンを使って
スイングのスケールとしてはフルスケールのトップから
出来るだけ加速せず
意識としてはトップの位置を維持
右を向いたまま 腕さばきだけ
左ひじ〜左上腕を逃がすことをきっかけに
右手で左手を押してください。
 
 グリップを動かすのです。

 ヘッドは忘れて下さい。

✋ユルユルに持つ訳ではないですが
 ヘッドはトップの位置に置いたまま で
 良い感じです。


MVI_0581_Moment(2)MVI_0581_Moment(3)MVI_0581_Moment(4)






グリップの動いた分、ヘッドは動くでしょう。
グリップの移動量=ヘッドの移動量 とすると
ヘッドの振る円弧では 道のりが長すぎます。
もっと体に近い直線、斜め直線を選ばなくてはいけませんし、
クラブを長く使えば その移動量では足りないのです。




この感じは 体の右向きのロックを解けば
そのままアプローチであり、ショットの核心の部分です。
ここがつかめれば パターにしても、アプローチにしても
フルショットにしても劇的に変化します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

   

それでは 実践的に見ていきましょう


片方は素振り…ですが 二つを比較してみていきましょう






これはどうして貰ったか というと
ボールを打つ 当てる から 頭を切り離し
クラブを持ち 右を向いた状態で 背面
背中側に万歳するつもり
 で振って貰いました。


この数日の記事の中でも書きましたが
肩は機能としては腕の一部ですが
場所としては 胴体に含まれています。
腕を使えば 自然に胴体は動き
腕や腕自身も含め、クラブと言う重さに拘束されています。

ですので 丸っきり反対の順序

足腰〜正面〜腕肩 ではなく

クラブが落ちる〜グリップが下がる〜腕が降りる
向きはそのまま 背面に万歳

と言うイメージを持ってもらいました。


実際には 人間の腕の構造、体の構造上
背面に万歳することは不可能です。

意識はしていませんが 腕が降り始めると
クラブの重さに押され グリップ、両手の合流点が左に逃げますので
徐々に向きも変わっていきます。

背面で万歳のつもり…でも
結果としては 正面で万歳し直すコトになる 位の『順序』で


初めて からだの回転とクラブの移動、グリップの移動は同期するのです。

是非 背面に万歳するようなタイミングで
そのイメージで素振りをしてみて下さい。



だいぶ雰囲気は変わりましたよね?

今までの力み感や力感がないので
動作 としてはイマイチ掴み辛いと思います。
よりどころが無いですからね・・・

M20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(5)スイングのポイントは
この一番重要な箇所を
からだの回転で出来るか どうか
なのです。
これでは 殆どからだの回転は
クラブの動きに使えておらず
単に 発射の土台になっているに過ぎません。

ここでこのような腕 肩の捻じり戻し
でボールを打っていると
打った実感はあるかも知れませんが、
フェースの向き、ロフト、ヘッドの高さ が
毎回毎回変化が激しすぎの上、からだの負担が大きい
しかも 一生懸命ヘッドを動かし、ヘッドスピードを上げても
ボールの高さやスピンに化けやすい打ち方なので とても損なのです。

素振りではそこそこ出来ても
実際にボールを打つと インパクト付近でからだを止め
左サイドを絞る動きが強くなってしまいます。



背後から見ると 左ひじが抜ける動きになるのは
インパクト前後でからだの回転が止まっているからで
ここをからだの回転で打てるようになると
自然と打球方向に両腕は伸びるようになります。

そのイメージ造り と言う点で
グリップと言うのは 常時動いています。
🌟この場合のグリップは茱哀螢奪廚任垢
  …左サイドの動き…と言う意味でもありますね


からだの向き は ターンテーブル のようなモノで
実感し難い部分はありますが、
上下 左グリップの高さ変化については
常時 高さは変化するものです。

トップの位置からの下げるは
重さ、クラブの重さ優先でさせる
きっかけとして クラブの重さを利用する方が良いですが、
下げたら 間断なく 左グリップの高さを上げて下さい

意識は右を向いたまま・・・・・・・位で丁度良いでしょう。

絶対に 同じ高さ、特に低いトコロで
その高さをキープしてはイケマセン。
ボールを飛ばすには 左グリップの移動速度が重要です。

左グリップの上下移動は絶対に止めてはイケマセン。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフに限らないんでしょうけれど
日本の人は言葉というか、標語というのに弱いというか、好き。。。というか

『タメをつくれ』 …なんてのは典型的だと思います。

Jack Ni_Moment(2)

ゴルフクラブは 長い棒状になっており、
その先端に全体の6割以上の重さが偏重して装着された構造です。
重さとは そこに留まりたがるエネルギーですから
打ち手が動作をしてグリップを動かしても
その重さの分、ヘッドは留(とど)まります。  ごくごく普通の物理現象です。
  ヘッドは遅れっ放しで普通なんです(^^)/

 帰りたくないワンちゃんをひもで引っぱれば
 当然 ワンちゃんは遅れて引き摺られて付いてきます。
 自分で動こうとしていないワンちゃんに追い抜かれることはありません。
 地球上ではありえません


タメは グリップとヘッドとのギャップで
自分とグリップのギャップではありません。


からだの動作、この場合は回転、
右を向いていた体が正面を介して 左を向く と言う動作に対し
グリップ・・・腕を遅らせてしまったら これは単なる 振り遅れ です。
からだの向きで行えることを逸してしまうので
後から それを腕で補わねばならず 「手打ち」せざるを得ません。
何を「溜めるか」間違うと 自動的に手打ちになってしまうのです。

ダウンスイングにおいて
からだの回転に対し 腕、グリップ
 特に左腕、左グリップが同期、同調、追随するのは ゴルフスイングの骨
 です。
ココを失っては 後の動作はすべて クラブの機能を無視した独善の動きで
個々の個性で解決して貰うしかありません。
ヘッドの機能やシャフトの機能はあればあるだけ 邪魔です。

テークバックも、トップの場所も 殆どのことが
 ダウンスイングにからだの回転に左腕、左グリップが遅れない、同期させるため
と言えるほど重要なポイントで
そこを意図的に遅らせるのであれば そこから先は理論になりません。

タメをつくる・・・ のニュアンスとは微妙に異なりますが、
そのため、ヘッドとグリップのギャップが
ヘッドが自身の重さによって重量方向に落ちていくことで
 グリップを遅れさせないように手伝うのです。
補助の加速装置のようなモノです。
グリップを遅れさせてはいけません。


(グリップの遅れ・腕の遅れ)を普通と感じている人は
グリップの方が からだの動作よりも、回転よりも、
 うんと先に動かし始める位で無いとダメでしょう。

anika_Slomo_Momentanika_Slomo_Moment(3)















からだが正面を向くまでの時間は
 ほんの僅か しかありません。

テークバックで アドレスの位置から左腕は移動しているのですから
そのほんの僅かの時間に 似た位置、近い位置まで戻らなければいけない
と 理解してください。

そのためには 今までの感覚的ズレもあるので
先に左グリップが下がり〜〜〜✋重さも加わっていますからそれも利用して
それによって 左サイドが左に逃げ
それによって 体重移動が起こり、回転が誘発される
と言う順序を ゆっくりしたアプローチや素振りで練習してみましょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


より大きな地図で ハミングバードスポルテ を表示


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>



お店の外観です

IMG_0064


上にも下にも駐車場があります
IMG_0063IMG_0066

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「遠心力と仲良くするには
 それをスタートさせる トップの位置がポイントかもしれません。」

質問「形、型ですか?」

店長「あまり杓子定規に考えるのは良くありませんが、
 クラブの形も、人間のアバウトな構造も、重力の掛かる方向も
 全員に共通する訳ですから 最終的には
 似てきてしまうのは致し方ないでしょうね。
 
✅型の為に 型を造っても意味がありません。
 
 楽して飛ばす為、素早く向きを変える、
 遠心力を味方につけて利用する、 
 そのための準備を考えると
 受け入れやすいのではないでしょうかね。」

質問「なるほど。」

店長「トップ、切り返しから 立体的に ですが、
 クラブというか、主に重量の集中するヘッド部を
 引きずって動かしたい

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 そうした方が 素早く左を向けます(右打ち)から。

 ただ ヘッドの重さをその場に残し、引きずるのでも
 グリップはからだの向き通り動かしたい。
 ヘッドを少し 横では無く、縦に遅らせたい、
 と言えば良いのでしょうか。

 でないと 腕、この場合は左腕(右打ち)が遅れてしまい、
 左を向いても まだ打っていない は困ります。

 左腕は、左グリップは下がってくれれば、
 位置が低くなってくれれば
 ヘッドを縦に遅らせられる、置き去りに出来るので
 からだの向きとは 同期します。遅れにくい。

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m24s
 ですので ソコは クラブの重さ を利用したい。
 クラブの重さが掛かれば 左グリップは下がり易くなります。
 勿論、自分の意志で 左グリップを移動させる も
 ありですし、どこかの時点では そういう感覚を掴んでおく
 のは大切だと思います。

20221025クラブの重さが 左腕を下げる方向に、
グリップエンドが アドレス時の左腋の下、軒下を通るような
そんな方向に重さがかかるような トップ。
カタチ、型ではなく 重さ配分、と言う意味での
トップの位置関係が望ましいでしょう。
〇肩を廻せ
 右腕が、おそらくこの場合は 右肘が と言った方が良いですが
 右ひじに多くの重さがかかるような トップの姿勢では
 その言葉の通り、左グリップは動かず、右ひじが下がってしまい
 グリップ位置が前進し難くなります。

 両腕、両肘の間に重さがかかり、
 全部は無いですけど、左グリップが下がるような
 低くなることが促されるような そんな位置関係が良いですね。

 手遅れにならない 右打ちの場合の左腕、左グリップの前進は
 横移動で無く、下がりというか、落ち、
 自分でもやらない訳じゃないでしょうが、
 クラブの重さで『下げられてしまうコト』です。

 クラブの重さに手伝って貰った方が楽です😃

 この左グリップの下がり 👉前進 が無いと
 左を向いても ボールは『まだ』打っていませんので
 手で振らなくてはいけなくなる というのがオチですね。
スクリーンショット 2023-04-23 202551
 そう言う意味でも グリップ部、腕にではなく、
 早い段階で ヘッドに遠心力を掛けてしまう は
 左グリップの前進(下がり)を阻害します から
 結果として 速く・強く振る、遠くに飛ばすコトに
 遠心力が上手く使えなくなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールを打たない、当てない として
 ゴルフスイングで一番早く周る方法、
 右打ちの人として 一番素早く左を向く方法は
 腕やクラブをカラダに巻き付けたまま、
 出来るだけ短い状態のまま 廻ってしまうコト
でしょう。
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m24s
 スイングで言うトコロの
 ヘッドの重さはソコに残したまま、
 腕も(特に左腕)含めた からだを廻す。
 ゴルフクラブを引き摺ってくるような感じでしょう。

 しかし、これだけでは当然 ボールに当たりません。

 一方、からだを回転させると
 重さには遠心力がかかり、支点から離れて行こう とします。

 やってみると分かりますけれど
 腕も短く、クラブも体にくっつけた状態で
 からだを廻す、左を向こうとすると
 遠心力に引っ張られ、腕は伸ばされ、
 クラブはカラダから離れて行こうとします。

 腕であれば その付け根である 肩部から
 グリップは離されていこうとします。
 
 この作用は 上手に利用するのが 吉 です。
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 からだにクラブをくっつけたまま、左を向いたら
 早くは廻れますけれど、当然、ボールには届きません。

 ですので どこかの時点で腕は長くしないと、
 届く程度には伸ばさないといけないのですが、
 遠心力を利用すれば 全部とは言えませんが、
 ある程度はその動作をやってくれる、手伝ってくれるわけです。

 一方、遠心力に任せ、腕も、クラブも最大の長さ、
 伸びきった状態に 早い段階でしてしまうと
 腕の長さやクラブの長さによって 重さそのものが増えるコト、
 遠心力、外に引っ張れる重さの合算によって
 思ったほど ヘッドスピードが上げられなくなります。
 
 また、外に引っ張られるチカラ によって
 ヘッド・フェース、望んでいるボールを当てたい場所と
 ボールの位置がズレたりするので
 その調整(求心力)が必要なのと、調整をする故に
 スピードダウンしてしまう可能性は大いにあります。
会田20210701 - frame at 0m16s
 まだ ゴルフショット、ゴルフスイングに慣れていない
 女性や非力な方の インパクト付近のスピードダウン は
 かなり コレが要因だったり します。

 ですので 遠心力は クラブでは無く、
 その接点となる グリップに掛けて
 それを利用し その長さを増やす
 と言う利用の方法が一番 楽に距離を出す と
 親和性が高いと思います。


 クラブ、特にその先端にあるヘッドには
 出来るだけ遠心力を掛けない、

 少なくとも 打つまで、当たるまで は。

 遠心力で腕が伸ばされれば 長さが増した分、
 腕は重くなり、振り遅れに成ったり、
 ヘッドスピードのブレーキになり易い ですが、
 ゴルフスイングの機構として 前傾姿勢 というのがあり
 その前傾姿勢の中で 腕が長くなれば、
 フトコロの中で 腕が伸ばされれば
 重さが増えたとしても グリップ部は下に向かいますし、
 その重さは移動する負荷としては最小限で済みます。
〇見かた117
 スイングの仕組みって よく出来ています。

 運動などで 腕が重くなったとしても
 その重さは 不可抗力的に、自動で
 前傾姿勢が保ち易い方向にかかるのですから
 クラブのヘッドに、では無く
 グリップに遠心力を掛けるという遠心力の利用方法は
 非常に理に適っている と言えるでしょう。

 そう言う目で 自分の好みの選手の
 ゴルフスイングを見てみて下さい

 また 違った見方が出来るのではないでしょうか😃」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そして ゴルファーの大好きなテーマ
 
遠心力 に関してなんですが…。」

質問「好きですよね〜。
 酒飲み話では必ずと言ってよい程、出てきます。」


店長「ですね〜。 

 遠心力は スイング動作のような 支点・軸運動である時、
 速度など運動も含め 重さによって
 モノが外にはらもう、円が膨らもうとするチカラ 
です。

 ですので 速度が増せば 遠心力を増しますが、
 その逆の 遠心力が増すから と言って
 速度が増す訳ではありません

〇見かた116〇見かた117









 そして 遠心力は 外にはらもう、スイングで言えば
 クラブや腕、軸部分に当たる体まで 外に膨らもう、
 外に引っ張られる チカラ になりますので
 その方向・ベクトルはボールを『飛ばしたい方向』とは異なります。
 
 遠心力が増すと その力の総体は増える可能性が有りますが、
 それは ボールにある方向 や ボールを打ちたい方向とは
 異なるが故に スイングの速度、
 こと ボールを打つ為、
 目標の方向にボールを飛ばす為の ヘッドスピードにとっては
 ブレーキにもなり得る というコトですね。

 ボールを打つ、遠くに飛ばす、
 狙っている方向に打つ ではなく
 『クラブを遠くに放り投げる』と言う意味では
 遠心力を増やした方が より遠くに投げられますが、
 遠心力の掛かるゴルフクラブ で ボールを打つ、
 遠くに飛ばす、狙っている方向に打つ となると
 遠心力は 利用するチカラのヒトツ ではありますが、
 上手に 利用しないと 邪魔、
 ヘッドスピードを上げるための障害、負荷にもなります。

 スイングは 結果、円動作、クラブやヘッドが円を描くので
 一見、遠心力と『密接な』関係にあるように 錯覚している人が
 少なくないですが、打撃に『主たる』エネルギーでは無い
 と考えた方が良いと思います。

 腕の長さがあり、クラブも短くはないですから
 なんとなく ヘッドに遠心力を掛けた方が良いような気になります。

 がしかし、この支点運動、軸運動 では
 その言葉の通り、支点、芯や軸があり、
 それは 機械で固定されたモノでは無く、
 非常に不安定な 傾斜のある、平らでは無い、
 滑り易いような場所 で 人間
 が行います。

 必要以上に 遠心力を掛ければ、
 当然、支点、軸、自分そのものが
 その遠心力の掛かる方向に引っ張られてしまいます。

 止まっている 通過したいボール地点をコンスタントにとらえるには
 それと同じ量の求心力(支点の方に引くチカラ)
 そして 遠心力を打ち消す、相殺する方向の求心力が必要になり、
 ボールを上手く打つ、繰り返し打つ為の難易度を上げてしまいます。
スクリーンショット 2023-08-09 230456
 傾斜のある池のふちやバンカーのふち で
 距離を欲張って 打った後に 池やバンカーに落ちてしまう
 なんてのは その一つの例だったり…します。

 ゴルフスイングで 腰を痛めてしまう原因のヒトツかもしれません。」

質問「じゃあ どのように遠心力を造る、
 利用すればよいのですか❓」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「飛ばす為には 右打ちの人の場合、
 素早く左を向くコト、
 それがヘッドスピードを上げる鍵 ですが、
 これも繰り返しになっちゃいますけれど
 からだの回転の為にからだの回転がある訳じゃないです。
 グリップを移動させる為、
 素早くグリップを移動させる為に『回転』します。
スクリーンショット 2023-08-06 230743
 グリップを移動させずに
 からだを廻しても クラブは移動してない、移動が遅い、
 左を向いてもまだボールを打っていない、ですから
 そのからだの回転、向きの変更が『打撃にならない。』
 これでは本末転倒です。」

質問「ありがち・・・😵」

店長「はい。グリップを素早く、クラブを素早く移動させないと
 当たり前ですけど ヘッドスピードが高くなりません。

 特に 中高年のゴルファーにとって
 からだの向きを変える その習慣付けを繰り返ししていないと
 本能的な恐怖から どんどん からだが回らなくなります。
 腕力頼りであったとしても
 腕で振る、その勢いに負けないよう体を止める、
 は 相反した 二つの動きですので
 強く、もしくは 速く振れば からだに負担がかかる、
 からだが動いちゃえば 強く、速く腕を使えない、
 という 肉体的な縛り になってしまいます。

 腕力、チカラソノモノよりも 腕周りの持久力は
 かなり衰えやすいので からだの向きの変更が打撃ソノモノ
 になる訓練をしておいた方が あとあとまで楽しめます。

 早い段階で 腕やクラブが長くなってしまうと
 からだの回転では グリップ、クラブが動かし切れなくなってしまう。
スクリーンショット 2023-05-08 003101アドレス時のスタンスのラインとボールを結ぶ線、
まあ 単純に考えると アドレス時のクラブの位置、
ハミングバードでは それを「ブレイクライン」と呼んでいますが、
そのブレイクラインを グリップだけでなく、
クラブ全体が越えるまでは 出来るだけ 短くクラブを使う

 からだを速く廻すため、
 素早く左を向くため、
 早い段階でクラブや腕を長くしない、
 長さは重さに転化し易いですので
 早く重くしてしまうと 必要以上の遅れが生まれてしまいます。

 そう言った意味合いも含め、
 ソレを縦振り と呼ぶのか、どうかは分かりませんが、
 からだの回転で 腕をより縦回転に移動させる方が良いと思います。
〇初めての玄関からの『こんにちわ』 - fr(ヘッド1






 縦気味に 上下に動かす感じであれば
 腕やクラブが長くなっても 重さのかかる長さ になり難く、
 フトコロの中を通せますので 腕が伸びたとしても
 重さとしても長さにはなり難い。

 前傾姿勢という 軒下の空間を通してあげる。
 からだの回転速度を落とさない、ヘッドスピードを落とさない、
 ノウハウと言っても良いかも知れません。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s







 前傾姿勢の軒下を通してあげれば
 自分に重さが掛かったとしても
 前傾姿勢が維持され易い方に重さがかかります。

 逆に クラブ、グリップを横に移動させてしまうと
 その重さにカラダは起こされてしまいます。
 からだの回転の進行に 下へ の要素が減ってしまうので
 どこかで下に振らなくてはいけなくなり
 からだの回転とは別な動作が必要になっちゃいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ボールを上手く当てる、スライス、アウトサイドイン…
 ヘッドスピードを上げる というのは
 確かに 計測の都合上、先端部のヘッドの移動速度を測る
 が故に ソコを そこ(だけ)を速く動かしたくなる。」

質問「スイングの弧を大きくしたくなる、ってもありますかね❓」

店長「あるでしょうね。

 しかし、ヘッドスピードの源である
 からだの向きの速度、右打ちであれば
 如何に右向きから左向きの速度アップ、時間短縮、
 と言う意味合いで考えると
 腕やクラブは出来るだけ短く使った方が、
 …長くなる は 重くなる と近似値ですので
 素早く周るコト、素早く左が向き易い でしょう。
会田20210701 - frame at 0m16s
 俗に言われる アーリーリリースやアーリーエクステンション
 早い段階で クラブの長さを長くしてしまうのは
 回転と言う運動にとっては 錨をおろしてしまう、
 途中でブレーキを踏んでしまうのと同じ です。

 また 左を向くコト が イコール ボールを打つコト
 を忘れてしまい易い と言うか、
 早い段階で クラブの長さを長くしてしまうと、
 ヘッドの通る道のりが長くなり過ぎるので
 左を向いても まだ ボールを打っていない、
 振り遅れと呼べが良いのか、打ち遅れと呼べが良いのか
 わかりませんが ソレも起こり易くなります。

 ある程度 長くゴルフに触れているゴルファーは
 「左サイドの壁」とか、
 「からだを開かない」とか、
 スイング用語の中から 何かしら 見つけて来てしまうので
 結局、からだの回転が止まって
 手でクラブを振るようになってしまったり…。」

質問「有りがち だと思います。」

店長「ね。多いと思うんですね。

 中高年のオジサンおばさんゴルファーにとって
 左を向くコト イコール ボールを打つコト は
 ものすごく大事、ココが鍵 
と言える部分で
スクリーンショット 2023-08-06 230743
 からだを廻すことは大切 と言っても
 それがイコール ボールを打つコトで無い、
 悪く言えば 他人にゴルフスイングっぽく見える、
 お飾りの「からだの回転」に役割を与える のが
 最大の ヘッドスピードアップ につながってくる
 と思います。とりあえず 意識だけ でもね。

 上手く当てたい、スライスさせたくない、
 そう言う気持ちは痛い程分かるんですが、
 左を向く イコール ボールを打つコト、
 素早く 左を向くコト  そこ有りき で
 打撃は考えて欲しいんです。

 左を向くコト、からだを廻すコト、を
 邪魔してしまうような、
 からだをどこかで止めるような『クラブ扱い』は
 体自身にも危ないですし、
 スイングにとって悪いコトと判断して 良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「最近、距離が落ちてきてぇ…。」

店長「夏バテってのもあるんじゃないです❓」

質問「まぁ、それも無きにしもあらず…だけど。」

店長「ちょっと打ってみましょう。
スクリーンショット 2023-08-06 230743
 なるほど。なるほど。

 確かにね、ボールをどう捉えるか、
 ボールをちゃんとつかまえるか、
 って 大事は大事ですけれど…。」

質問「けれど…❓」

店長「なぁ〜んだ って思われるでしょうけれど

 やっぱり 飛ばすには ヘッドスピードが必要 です。」

質問「ヘッドスピードをあげろ…ってコト❓」

店長「字面で言えば そうなりますけれど
 ヘッドスピードの出し方 間違えてる気がします。

 今更…ですけれど、言葉で言えば ヘッドスピード って
 クラブの先端、ヘッドの移動する速度 なんですけれど
 でも それって 先端部を速く振る、速く移動させる、
 ッテコトじゃないです
。 意味不明…かも、ですが。

 ヘッドスピードを上げる ッテコトは
 先っちょを速く振るコト ではなくて、

 速く周るコト✊
 右打ちの人であれば
 トップの位置から 左を向く速度✊
 出来るだけ短い時間で 左を向ききるコト✊
 です。

 確かに 車で言えば
 やれ ギア比とか、ボディの軽量化とか、空力とか、
 決まっちゃってる エネルギーを最大限、速度に変換する、
 ロスを無くす 等 は大切ではありますけれど、
 やはり 副次的な要素が強いです。

 基本は 最大出力を上げる、排気量を増やす、
 気筒数を増やす、そして 回転数を上げる だと思います。

 特に私たちの年齢で言うと
 速く左を向く、向きを変える速度を上げておく、
 直ぐに左を向く習慣を付けておかない と
 インパクトでスイング動作が終わってしまう
 『ぶっつけ打ち』が目の前に迫っています。


 ボールをつかまえる、上手にとらえるは大切ですけど
 そればかり考えて、最大出力である 自分の回転を抑えてばかりいると
 どんどん 回転する速度が上げられなくなります。


 ヘッドスピードは その回転速度の産物 で
 なんと言ったら良いのでしょうか、
 グリップ速度とか、回転速度だと 単位が小さくて
 差も出にくいですし、あまりに地味になっちゃうので
 一番数字の大きくなる 外周部のヘッドスピードを
 採用しているに過ぎません。
 おそらく 一番 計測し易いでしょうしね。

 でも 元になるのは 自分の回転速度、
 左を向く、左を向ききる速度、時間です。

 よくある話しなんですが、
,犬磴◆〇廚い辰り 速く、早く左を向く
⊂綣蠅当たらない、スライスする
➂上手く当てようとする
げ鹽沼度が落ちる なんですよね。
((スライスにさよならしよう_Moment(5)
 フェースが開いてる とか、
 アウトサイドインだ とか、
 先端をどう動かすか に意識が行くと
 かならず 回転するという行為そのものが鈍ります。


 手打ちになるのも その一例の可能性も高いです。
 からだが左を向いたら
 本当は もう 当たっちゃってる んですね。
 にもかかわらず まだ ボールを打ってない
 そりゃ カラダの仕事終わっちゃってますから
 別の動作で打たなきゃ 前に進めませんから 致し方無く…。
会田20210701 - frame at 0m15s会田20210701 - frame at 0m18s







 からだが開いてる、腰が開いている なんてのは
 それで打ってないから そう言われる訳で
 それを 開かないようにしよう は対処方法が間違ってます
 からだが開くことが打つコト なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


L型ブリストルパター
 ニューバージョン
(G2)が登場です。
IMG_0520
基本的な形はほぼ同じです。
 *
ファットBと進化版の間みたいなサイズです

ロフト角度 3度
ライ角度  71度



〇ネックが長くなっており

 重量が増し +70g
 重心が高くなっています +1.7  になりました。

IMG_0613IMG_0612
















Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 G2 スタンダードモデルは クロムサテン(銀)です。
IMG_0619
〇Wニッケルサテン(シャンパンゴールド)
〇テフロンブラック(墨黒)
〇カッパー(ピンク)
〇ダークカッパー(チョコレート)
 など オプションがございます。
IMG_0618

【長さ】は 32.0〜36.0インチの間、
ただ 32.0インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。


一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   260cpm位
 
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 
オリジナルグラファイト70g  170cpm位
 
ぅリジナルグラファイト60g  140cpm位


これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0517
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼
IMG_0519

是非 ご検討ください    野澤
  

 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10

  ハミングバードスポルテ  046-804-1480

  hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



パッティングストロークで
自分の狙いの距離を打つのには
絶対条件として
『いつも似たようなロフト(クラブ姿勢)』
インパクトを迎えたいですね。
特にパターの場合、製品としてのロフトが3〜5度と少ないので
 3度増えただけで元のロフトの80〜100%増し になります。
通常のショットと違い スピードで誤魔化せないのと
元のロフトが立っているが故に ストロークの仕方によっては
何処に当たるか…ヘッドの上下位置によっても
距離に大きな違いが出てしまいます。
006009







いつも似たようなロフトでボールを打てる
 という前提の上で
運動・動作の速度(スピード)によって
初めて「距離感」が染み込まれていく
 ので
打つたびに ロフトの変化も大きく
パターフェースの当たり所もぶれてしまい易いストロークでは
距離感が「その場その場」の偶然待ち になってしまうので
なかなか身に付かず、安定しません。


その典型例になるのが
4c9a0689世間で浸透しているショルダーストロークで、
ヘッドが上下に大きく弧を描きます。

打ち手である自分の目からは
ボールの飛球線方向に対して 真っ直ぐ動いて見える
そのストロークを妄信的に行っているゴルファーが多いですね。
私の経験的にも、他のスポーツの参考例と比較しても
5センチ〜30mのような わりに繊細な距離感…動作を
肩を揺さぶる という最も距離感を産み出しにくい
鈍感で、微妙な違いを出しにくい部位で生み出す…
こんなストロークを推奨する人の運動感覚を疑います。
プロの試合では80センチのパットに
ん千万掛かる、将来が掛かる場合もある訳で
それを最も距離感…スピードなのか、運動の大きさなのか
どちらにしても表現しにくい部分で行って
苦労しない訳がありません。
78センチでも カップに入らなければ85センチでも
ダメなのですから… そんなものを
肩の揺さぶりで緊張感の中、出来る?と信じる
その神経を疑いますね。
しかも、この振り子のストロークは
不必要なボールの回転を産み出す、上下に弾く打撃なので
ボールの初速は速くとも、すぐに減速が始まり
ボールのスピード感とストロークのヘッドのスピード感に
つながりが乏しい方法です。

006
パッティングもショットも
思いの方向に打つ ことは第一優先事項ではなく
思いの距離を打つ という事に重きを置いてください。

その上では 
小さなストロークで
ゆっくりしたストロークで
十分な距離が打ててしまう
『進化版L型ブリストルパター』は
最も同じ距離を打ち続け易いパターの代表です。


しかも 『ピン型デール9』『進化版L型ブリストルパター』の
他では真似の出来ない部分は
ボールの転がり始めの速度とパターヘッドの動かす速度に
差が少ないため、ボールの転がるであろうスピードを
想起出来れば、簡単に距離感を再現出来ます。
IMG_1362
という事で
肩のストロークではなく
右ひじを曲げ、右ひじを伸ばす と言う感覚で
ボールを押して頂きたいのですが
その時のポイントになるのは
右手で押してあげるのは グリップ〜シャフト ではなく
左手だ‼ ということです。

右手を進行方向に、ボールを押してあげるように伸ばす
と言う感じで、左手(グリップを持った左手)を押してあげ
ストローク中にシャフトと地面の角度が変わらない
トップで出来たシャフト角度を維持したまま
ボールを打つ抜く〜押してあげる ということです。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 2 (2013-06-09 15-03)
スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)
写真はパターではありませんが
ショルダーストロークや右手でシャフトを押してしまうと
(左手グリップを軸にクラブを押してしまう)
こんなにもシャフト角度は動きます。
このシャフト角度分だけ、ロフトも変わっている 

ということです。
この上下の弧の描き方では
 ボールとフェースとの接触点もかなり不安定なので
自分では振り加減なり、力加減で「距離感」は出していても
自分では一定のスピードで打っていたとしても
ロフトが毎回バラバラ・打点もバラバラ になるので
同じ距離感が「偶然」か、
血のにじむような練習量、でしか生み出せません。

オジサンゴルファーが 姿勢の苦しいパッティングストロークに
そんな時間費やせば 腰痛になるのは保証します。
スナップショット 8 (2013-06-09 14-54)スナップショット 10 (2013-06-09 14-54)スナップショット 12 (2013-06-09 14-55)





右手を使って 左手(グリップ)動かす
シャフトの角度は出来るだけ変えない
というのがパットだけでなく、ショットも基本です。
IMG_0379IMG_0378IMG_0375





これによって ロフトが安定しやすく
ヘッドの高さ変化も抑えられ
振り子でこすって打つに比べると締まったロフトで
ボールを打てるようになるので
同じ条件であれば当然飛びます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〇ライ角度を 71度から 70.5度  0.5度フラットに
〇スタンダード仕上げ を クロムサテン(銀)
  従来のアイアンなどのサテンよりも目の細かいサテン仕上げで
  今までよりも ちょっと 青白っぽい感じです。
IMG_0524IMG_0526IMG_0529

















◉Wニッケル(シャンパンゴールド)
 テフロンブラック(墨黒)
 カッパー(ピンク)
 ダークカッパー(チョコレート)は オプションになります。
IMG_1370

ロフト角度 3度
ライ角度  71度⇒ 70.5度
重心角度  75度
ヘッド重量 515~525g
材質  軟鉄鍛造S15C
仕上げ 鍛造後 NC
🔴純国産ヘッドです
IMG_1369

◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)

弊社定番のL型ブリストルパターは絶賛販売中ですが、
✋形状が苦手な方、
✋L型は難しそう…と敬遠される方
✋ショートパット対策をされたい方

の為に ピン型パターを製作しました。
IMG_1365
L型パターに比べ 重心距離が短く、
ヘッド重量効果が薄くなるため
ブリストルパターよりも 40g増量の
  ヘッド重量 520g です。

平均的な市販のパターヘッドのヘッド重量は 300g前後
重いと言われているものであっても 330〜350gです。
場合によって パターの総重量以上の重さを ヘッドに宿した
520gを超えるヘッド重量はさまざまな恩恵をもたらします。
IMG_1362

このヘッド重量 520g は ストロークの始動をガッチリお手伝いします。
比較すると 非常に分かり易いのですが
何故か 重いヘッドのパターは始動が楽です。 
軽いと 動き出しが難しくなります。 お試しあれ✋

ヘッドが重い というのは
ボールを移動させる〜飛ばす能力に優れている
と言うことでもあります。
故に ストロークが小さく、遅く することが可能ですので
慣れてくれば、安定度は高い 
です。

ボールのころがり に関してですが
使われると理解されますが
非常に 直進性能が高く
1〜2mのパットであれば、ラインや傾斜などを
殺してしまい、カップの中に打っていい
 そんな直進性能を持っています。

IMG_1359

パッティングそのものが苦手な方や
 イップス⛳気味の方には最適。


ピンパターの欠点になり得る ネック形状を
(通常のネック形状をクランクネックと言います)
スラントネックとして 非常にすっきりしたネック廻りで
とても構えやすいと思います。

また ピンパターの長所でもあり、欠点でもある
重心の低さ👉上げる必要のないモノには多くは要りません。
を ロングネック形状にして
 重心高を 2.5mm高重心化
 重心深度を 2mm浅重心化
(平均的なネック長 40mm 👉 85mm)
IMG_1361

 通常 ピンパターのブレードの長さは 12cm平均ありますが、
 このパターは 10cm とコンパクトにしています。
 重心角が大きくなり易いため
 ネックを 6mmヒール側に下げ
 ロフト角度3度にしてあります。

お問い合わせ
 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「これからの話し、全員に有効とも限りませんし、
 変な誤解も生みそうなんですけれど
 からだを廻す と 腕の移動の連携、融合には
 役に立つかもしれません。」

2023-07-30_22-59-38 - frame at 0m12s質問「はい。」

店長「話の始めの方で
ボールをとらえるイメージはだいたいこんな感じ❓ 

スイングは円運動だから
 ボールとヘッドは横横の関係でコンタクトする感じ❓
 って話をしたと思うのですが…。」

質問「でしたね。」

店長「そのイメージを少し変えて貰って
 ロフトの無い、0度、垂直って意味ですね、
 のヘッド、フェースでボールと接触するイメージは
 こんな感じ はどうですか🙄🙄🙄 と。

 ボールを地球とすると
 グリーンランドとか、アラスカ、その辺りの部分をですね、
 煽って振りなさい、しゃくりなさい と言う意味では
 ないんですけれど…誤解を生みそうですが、
 下から上に向かって こするんです。」

質問「上から下に…じゃなくて❓

店長「勿論、あくまでもイメージですけれど
 上から下にではなくて 下から上に、
 ゆっくりやって ボールが順回転にひと転がりさせるような、
 テニスとか、卓球のスマッシュさばきみたいな感じです。」
2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m17s2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m19s2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m20s





質問「コレで 上から打てる…んです❓」

店長「あくまでも イメージ ですけれど、
 ボールとフェース面の接触の仕方としては
 こうじゃないと 逆に『上から入れ難い』『上から打ち難い』です。

 ボールの真上、北極の部分をフェースでこすっていく
 そう言うイメージも間違いじゃないですけれど
 今回のテーマの一つである
 からだの回転/向きの変更と腕の移動/動きの融合
 つながり と言う点においては 斜め上方をかちあげる
 そう言う感じの方が適していると思います。

 コレ、実際にイメージしてやってみると
 本当にクラブを下から入れることは出来ない、難しいですけど
 今までよりも 『上から』入る感じ、
 入り方の違いを感じることも出来るかも
、と思います。

 この映像では ラケットみたいなモノでやってますけど
 これを ゴルフクラブで実践するには
 ハンドファースト、いえ 正しくはヘッドレイト を
 維持したまま で無いと出来ませんし、
 ロフト0度のイメージで フェースが、ロフトが同じ状態のまま
 ボールをさばいていくのには
 ヘッドが上がる ではなく
 グリップが、ヘッドを持っている腕が高くならないと
 実現出来ません。

 ヘッドが優先的にあがってしまうと
 ロフトが付いてしまい ボールの底にコンタクトして
 ボールの底をこそぎ取るような感じになってしまいます。
 これを ショット用語では『こすり球
 斜め上を「こすって」行くのを『つかまった球

 と呼んだりします。
 動作としては 同じような こすり なんですけれど
 ボールの下をこするのを そのまんま こすり、
 ボールの上面をこするのを つかまえ
 というのですから
 面白いというか、奥深いと言えますね。」

質問「下から かちあげないと 上から打てない、
 上から入らない とは誰も思いませんよね⁈

 でも こするのとつかまえるのの違いは
 すこしイメージできたかも知れません。」


店長「おじさんジョークですけど
 ボールの上面をこすらないとアラジンは出てきません😃」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「言葉で説明するのは難しいんですけど
 
 少しの前傾姿勢はありますけれど
 からだの回転、向きの変更は横への動き だから
 その横の動きで 腕もクラブも横に動かそう、移動させよう、
 とすると ヘッド、フェースは開きっぱなしになるので
 そのまま では 上手く当たりません。

 もうひと作業必要になります。

 これがいわゆる フェースターン、手の返し ですね。

 それが上手く出来るのが 一般感覚的には上達 という迷路です。
会田20210701 - frame at 0m15s会田20210701 - frame at 0m18s







 そして それが困るのは
 打撃する為の補正・修正・おまけであるはずの フェースターンが
 打撃の主役になってしまうので
 本来の主役のからだの回転は逆に おまけ になっちゃうんですね。

 これが一般的な「手打ち」です。
 
 からだの回転主体 で振っていたとしても
 打った後、クラブの慣性、勢いを逃がさないとイケナイですから
 打った後のフェースターンがない訳じゃないですけど
 それが 打撃の主役にはならない、
 見た目には似ているので、タイミングで見るしかないですけど…。

 この映像のように 最後まで リリースを抑える のは
 ある程度の速度の場合、ちょっと身体的に危ない ですからね。
 
 からだの回転と腕の移動を上手に融合させるには
 ボールを打つであろう、打ちたい方向に沿って(平行に)
 腕を上下に振る 〜移動させる
 そう言う感覚が必要で
 その感覚の鍵 になるのは
 本当は 正しい意味での『脇』、特に左上腕なんですけど
 イメージし易い点では
 グリップ、左グリップが
 からだの回転に合わせて 常時・均一に高さを変えている。

2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s







 からだの向きが変わっている限り、
 同じ高さに無い、
 いつも 左グリップの高さが変化している必要があります。

 手で振ってしまう場合、
 主に ヘッドの返し、フェースターンですが、
 左グリップの高さが変化し続けたら
 ヘッドを返せない、手が返せませんから
 スイング全体としても グリップの高さ変化が緩くなり易いですし、
 必ず インパクト付近で 左グリップの高さを固定するような、
 高さ変化を止めるような動きが入ります。
 そういう振り方をしている人にとっては
 そこが上手く当たるか、どうかの生命線だったりしますけど…。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m







 グッと 左腕や左脇、左サイドを絞る というか
 固定する動きが インパクト(打撃)ってイメージしている人も
 多いと思います。

 緩いショット、短めのアプローチなんかでドリル、
 練習、習慣化してみると良いですけれど
 からだの向きを変えている限り、
 それに応じて 必ず グリップの高さ変化を伴う。

 緩いアプローチの精度向上には
 よいドリルになると思います。
 
 その グリップの高さ変化は
 からだの向きのテンポ、スピード通り
 距離感は からだの向きの加減。
 リリースの強さ では ないです。

 強いショットであったとしても
 グリップの高さ変化を 止めるような そう言う動きは避ける。

 そう言った意味合いでも
 インパクト以降、左向きの 左腕さばきは重要になると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「水を張ったバケツ
 それで水を撒く場合の 水とバケツ、
 そして遠心力の関係は クラブヘッドの
 重心位置の関係にとても似ていると思います。

 水をまき散らす場合、
 横に水を撒く感じになる訳ですが、
 遠心力で水を撒きますので
 クラブで言うと シャフトをしならせて、しなり戻して・・・
 ショットのインパクト以降は 重心である水が
 自分を追い抜くことになります。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m







 一方、ある一方向に、そして出来るだけ遠くに、となると
 遠心力に対し、水は出来るだけ遅れたまま
 バケツの底に張り付けたまま(遅れたまま)を維持しますので
 自分のアクションを重心が追い抜くことはありません。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s







 重心が遅れ、追いつき、追い抜く は
 スイングで言うトコロの 手の返し と言うか、
 ヘッドターンに相当するのでしょう。 

 前傾姿勢のコトはとりあえず除外して、
 からだの回転に沿って 遠心力でクラブを振る、
 ヘッドと言う重量物に遠心力を掛け ボールを打つ のと
 からだの回転は 向きを変える円運動ですが、
 それを 打ちたい方向への直線的な慣性 に変え
 ボールを打つのか
 では
 ボールの飛ぶ方向も、かかるボールの回転、その量も
 かなり違うモノ、異質なモノになる と思えます。」

質問「横振り、縦振り の違いですか❓」

店長「正直 横振りの定義、縦振りの定義 が分かり難い、
 曖昧と言うか、ヒトによって異なりますので
 一概に そうです、とは言えませんが、
 ニュアンスは似ているかも知れません。

 からだの回転を使って
 クラブを持った腕をどう振るか、
 からだの回転通りの円にするのか、〜横の円にするか、
 ボールを打ちたい方向に沿った 縦の円にするのか、

 後者の方が 安定して 似たボールを打ち易い と思います。
〇見かた128〇見かた130









 バケツで水を撒くのと似ていて
 水を撒き散らす場合、
 水の重さが自分の動きを追い越して撒くコト になりますから
 スイングでのからだの回転は 運動の勢い付けで、
 リリースの際には からだの回転を止める動き が
 入ってしまうと思います。
 それを左サイドの壁と勘違いされている方も多いか、と。

 また、その動きを 前傾姿勢の有るゴルフスイングで行うと
 腕やクラブの重さが 遠心力で外に引っ張られるので
 必然として からだが起きる、前傾姿勢を失う、
 今風な動きですと 地面反力で伸び上がる、
 というのも 自動的に付いてきてしまうと思います。

 ゴルフのスイングでは 上手く行かない、悩むと
 兎角 からだの回転、からだの回転と言う言葉が出てきますが、
 そのからだの回転で 腕をからだの回転通りに
 横に振ってしまう と
 ゴルフクラブの 長いトコロに打点があり、
 その打撃部分であるヘッド、フェースには重心と言う
 棒の延長線上に無いズレがある為、
 遅れが開きになり、それだけでは ちゃんとボールが打てない。
 ダフリ、トップ、シャンク、スライス、
 それらを解消するために 最終的に
 手で修正、手で打つコトに行き着く
のでしょう。

 からだの回転で 腕を縦に移動させる、
 腕を縦に振る は 誤解を生み易い ですけれど
 動き で考えるのではなく
 ボールを出来るだけ 思った方向に
  思ったように飛ばしたいのですから
 打つ方向に沿って クラブも、腕も 移動させるって
 ごく 普通なアイディア だと思うんですね。
 その方が 上手く行きそうじゃないですか❓
5d625fee




 また、この部分も面白い研究テーマなのですが、
 コト パッティングやアプローチになると
 からだの回転、おそらく それは肩周りだけを指す動き
 だと思うんですけれど
 からだの回転そのものも縦回転、
 それに合わせて 腕の振り、クラブの移動も縦移動、
 になって 本来の回転とは全くの別物になってしまう。
 この延長線上で 普通のショットは難しいですが、
 なぜ パターやアプローチだけ 横に振ろうとしないのか
 にも ヒントが隠されているのだと思うんですね。

 からだの回転で バケツを立体的にどう振るのか、
607a83e4-s

 それは 大きなヒントになると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「言葉、字にしちゃうと  なぁ〜んだ そんなことか…
 って思われてしまうかも知れませんけれど

"からだの回転って からだの回転の為にしている訳じゃない" です。」

質問「!!!!」

店長「ボールを打つ為、
 クラブを振る、腕を振る、
 誤解を生み易いので 言い換えれば
 ボールを打つ為、クラブを移動させる、腕を移動させる為に
 からだの向きを変えている
 のであって
 からだの回転の為のからだの回転では意味がありません。
〇見かた50s〇見かた53s









 では、なぜ 手で振ると良くないのか と言うと
 勿論、強烈な反復練習や優れた運動性能が有れば
 からだの回転無し で 腕の振りだけでも
 代替えするのは可能は可能ですが、
 両腕でクラブを握っているが故に
 からだの横幅分、左右の腕の付け根がズレているので
 腕を振ると 両腕の長さが揃い切らずに
 ヘッド姿勢、フェース姿勢が均一になり難いトコロ、
 からだの箇所の中で 筋力はあったとしても
 持久力が乏しい部分が重要になるコト、
 要は 再現性、反復性が乏しくなり易い
 のが問題なんですね。」

質問「なるほど。」

店長「ですので からだの回転って言うのは
 語弊がありますけれど どう腕を振るか(移動させるか)
 どうクラブを持った腕を移動させるか✋ がポイントで
 からだの回転単体で考えては
 いつまで経っても 腕(含むクラブ)と胴体は
 分離して、別々に動かさなくてはいけなくなります。

〇見かた117
 そうですね。
 コレも イメージなんですけれど
 
バケツに水を入れて ですね。
 『水を撒く』 
とします。

 その『撒き方』には大きく二通りあると思うんですね。

広い範囲にまき散らす場合 と
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m







 実際に応用したくはないですけれど、
ある箇所にめがけて 水を撒く
 (火災であれば 火元に近づきたくないですから 出来るだけ遠くに)
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s








 この場合は 水を掛ける が言葉としては相応しい気がしますが
 あると思うんですね。

 片手で持ち手かバケツのふちを持ち、
 もう一方でバケツの底を持つような感じになると思うんですが
 20リッター入る大きさのバケツですと 結構な重さになります。
 両手の長さが 上手くコントロールできないと
 水が撒けず、場合によっては自分にかかります。

 重いので からだの回転を上手に使いたい のですが、
〇まき散らす場合 からだの回転を使って
 横にバケツを振る と思うんですね。
 その際、水を遠心力で撒く そんなやり方になるんじゃないでしょうか。

 一方、
〇ある箇所(出来るだけ遠く)に水をかける場合は、
 からだの回転は横運動が主になりますけれど
 その回転を使って バケツは縦に
 水を掛けたい方向に沿って動かす
  んじゃないかな、と思うんですね。

 そして、その際、遠心力は
 水を撒くコトに使うんじゃなくて
 バケツから水が出ないようにする為に使う
 そんな感じじゃあないでしょうか❓
 縦横もありますけれど 遠心力の利用の仕方がまるで異なる
 そこ 結構、大きいと思います。

 ゴルフでの からだの回転、
 そして それによって どう 腕を、クラブを持った腕を動かす、
 移動させるのか というと
 後者の『ある箇所にバケツで水をかける』に 非常に近い、
 腕を縦に動かす為に からだを廻す だと思います。

 これは全員に当てはまる とは言い切れませんけれど
 多くの方は『水をまき散らす』遠心力でクラブ自体を放り投げる
 そう言う使い方をしているように見えるんです
a000874205_06
今、ちょうど 暑いですから
お家での水撒きで実験できる…かも 知れませんね😃

 空のバケツを部屋の中でやるのは
 お父さん 暑さで…大丈夫かな…って思われるかも…😵
 でも 良いイメトレになると思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「こんにちは〜。」

店長「こんにちは〜。」

質問「ショットや飛距離、スコアの伸び悩みなど
 ショット・スイング全般のレベルアップをしたいんですけど…。」


店長「おおおお なるほどー。
 強く悩んでいるトコロはどんなトコロですか❓」

質問「やはり 安定性が乏しいトコロだと思います。
 飛ばそうとすると思ったトコロに行かず
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばせない不満が残ってしまう、
 両方を バッチリ解決✊とは行かない と分かっていますが、
 少しずつでも、ステップアップして行きたい、と。」


店長「ですよねー。

 まずは 今のイメージから教えて下さい。

 ココにボールがあります。
 ゴルフボールでは無く ちょっと大きなボールです。
 このボールの どこら辺を『打とう』『当てよう』と❓」

2023-07-30_22-59-38 - frame at 0m12s質問「言われていますから
ボールの底、南極、マットとの接点では無く
ボールの赤道、それよりも上位 を打つ
そう言うイメージは持っているのですが、、、
実際には ボールの底を打つ…感じになっているような…。」


店長「まあ ロフトの有るクラブの場合は
 結果 としては そうなるのは致し方が無いんですが…

 で ボールの赤道なり
 飛球線に対し、後方の一番膨らんだトコロを
 どのように『さばく』感じですか❓

 やっぱり こんな感じ…
 円運動なので インサイドとか、アウトサイドとか抜きで
 後ろ❓から入って 円でさばいていく って言うか
 そう言う感じ❓ですか❓
2023-07-30_22-59-38 - frame at 2m32s
質問「ですね。」

店長「そうですか…。

 そのイメージだと
 からだの回転と腕の動きが合わない と言えば良いのか、
 合い過ぎる と言えば良いのか、
 手や腕でクラブを上げ下げしなければイケますけど
 上げ下げを入れるとなると難しい

 そう言うイメージで クラブを振ってしまうと
 腕を動かすには どこかでからだを止めなくてはならなくなる、
 ですので ヘッドの、フェースの姿勢変化が
 からだの回転そのものでクラブを動かしボールを打つのと比べると
 激しくなってしまい易いので
 飛ばそうとすると真っ直ぐ行かない、
 真っ直ぐ行かせようとすると 飛ばすのをあきらめざるを得ない、
 と思います。


✅スイングの 謎 というか、
 頭の中で整理が付き難いのが
 『からだの回転』『からだの廻し』をしろ と言われるのですが、
 それに対し どう腕を使ったら良いのか、
 クラブを握っているのは腕なので
 どうクラブを動かしたらいいのか、
 それが からだの回転と合わないというか、
 クラブと腕を合わせると 相当な長さになるので
 それを持て余してしまう というか、
 からだの回転と腕とクラブの動きにつながりが持ちにくい
 と言う点だと思うんです。」

質問「はい。まさにソコ。長年の懸案事項ソノモノ、です。」

店長「ですよね。
 腕力のある人は その腕力でねじ伏せられるんで
 なんとかなるんですけど、
 私たちの年齢になると それも難しい…。
〇見かた116
 からだの回転でって言われると
 傾きは有るとは言え 横の動き中心で、
 他の人のスイング、プロのスイングなんかを見ても
 腕を使って クラブを上げ下げしているようにも見えるので
 その 縦横の動きが合致し難い…んでしょうね。」

質問「はい。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ