◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「コレって 何件か実体験 があるんですけど…
 メーカーのフィッティング で アイアンを作った…
 んだけど なんだか 上手く行かない…
 友達に ライ角度を調整したら
 と言われた。」
BlogPaint

質問「よく有りそうな話し…ですね。」

店長「令和 になって アイアンと言えば
 軽量スチールがお決まり なんですけど
 スチールシャフトには 結構、大きな弱点、
 欠陥とは言えないのですが、問題が潜んでいて
 それは あまり取り沙汰されません。」

質問「どんな問題です❓」

店長「スチールシャフトの場合、硬さの調整は
 基本的 ステップ、ステップの位置
 スチールシャフトの段々 で行われています。
 数値として 柔らかいモノほど
 ヘッドからグリップへの方向で
 一番始めのステップ、ファーストステップ と言いますが、
 ファーストステップがヘッドから離れています。
06

 ま、それは基礎知識なんですが、
 硬さをステップ、段々、言い換えると
 シャフトの太さ で調整しているので
 段々 ですから 滑らかに硬くなるのではなく
 段々 急に硬くなる傾向 が強いです。

 ちょっと意味が分かり難いかも知れないので
 実例 ですが、
 アイアンの場合 番手によって長さが半インチ(1.25cm)ずつ
 短くなって行きます。その分、だいたいですけれど
 ヘッドは 7〜8g重くなっていく、
 その調整で 全体が似た感じで振れる、というコトなのですが、
 シャフトが短くなる分、
 シャフトの硬さを表す数値は ある一定の間隔、変化があり
 5番アイアンが200cpmであれば、6番は205、7番は210、
 各シャフトの銘柄によってその変化差は異なりますが、
 兎も角 規則性も持って 数値が増えていきます。
 全番手、同じ『硬さ感』で振れるようにするモ です。

 ところが スチールシャフトの場合、
 段々であるステップは グリップに近づくほど
 細かくせざるを得ない(グリップ部の太さが決まっている)ので
 ウエッジに近づくにつれ、クラブ長が短くなるにつれ、
 シャフトの硬さの数値、そのギャップが広がっていく、
 200>205>212>220>230>245
 つまり 同じ硬さ表記 であるにもかかわらず
 短いモノほど 硬くなり易くて、
 同じシャフトを 一定のヘッドの重さ変化、一定の長さ変化、
 であるにもかかわらず シャフトの硬さ変化が一定ではない、
 5番アイアンに比べると ウエッジは ワンフレックス以上
 硬くなってしまっている モノが 非常に多い
 です。

 工業製品には 製品誤差もあるので
 その数値が逆転していたり、違う長さ、番手なのに
 同じ数値だったり、というコトも多々あるので、
 逆転していないだけでも 良品 と言えるかも知れないのですが、
 それは ぶら下がり、作り置き のモノを買った場合で
 フィッティングでは 在ってはならないコトだと思います。

 いろいろ工夫し調整すれば、その硬さ変化を
 一定の数値変化にする事は可能ですが、
 『フィッティング』と言う名の元で それが行われた
 セットを見るコトは 大変、稀です。


 余談ですけど、アイアンは ロフトの立ったモノは低重心め、
 ロフトの寝たモノは高重心め になった方が
 セットとして 全番手使い勝手が良いので
IMG_0624

 つまり ロフトの立ったモノはネックが短く、
 ロフトの寝たモノはネックが長くなっています。

 それを ネックの長さ によって 調整しているコトが多い、
 アイアンデザインの基本とも言える 番手処理 です。

 ですので 最悪、番手ごとのシャフトの硬さ(数値)調整
 はしなくとも、あくまでも最悪ですが、
 そのネック長さ変化分、シャフトのステップ位置調整を
 する「べき」なのですが・・・。
 それを すると クラブをグリップを下にして並べた時、
 ファーストステップの横位置が揃う。。。。
 と言う最低限の組み付けも行われず、
 ネックの長さ変化が そのまんま、ファーストステップ が
 階段のようになっているモノも 多々見受けます。


 アイアンの番手の流れ、その硬さが流れていない、
 全番手 同じような硬さ、硬さ感 ではない、
 というのは スイングやそのリズム、ミスの原因 になり得ますし、
 冒頭の ライ角度にも大きな影響を及ぼします。

 ライ角度が 番手ごとに 60-61-62 とか
 60.0--60.5--61.0--61.5-- と
 数値として 並んでいたとしても
 ウエッジ、短くなる方につれ シャフトの硬度が上がっていったら
 その数値の意味、ライ角度が揃っている意味がありません。
 
😵真ん中を基準としたら

 長いクラブはフラットめ、短いクラブがアップライトめ、
 という ライ角度設定としては より使い難い方に
 実質、なってしまっているのと同じです。
IMG_0623

 ライ角度を お使いのお客様 に合わせる、合わせました、
 と言うのは 静止時のアドレスにも重要ですけれど、
 振った時、運動させたときも同じく重要ですので
 硬さが揃っていない、流れていないアイアン『セット』
 の ライ角度の数値だけ合っている というのは
 どんな 嫌がらせなんだよ、とも思います。

 その状況の方がご来店して
 上が上手く当たらない、下が引っかかる
 ライ調整でどうにかなるか と言われた時、
 どう答えれば良いのか 迷いますよ。

 硬さが流れていない、硬さが合っていない、
 と言っても 有名メーカーの直営店で『フィッティング』したんだ!
 という想いがぬぐい切れないでしょうし、
 同じアイアンヘッドに 同銘柄のシャフト 同じ硬さ表記 が
 組まれているのに そんなことは起こる筈がない とも思うでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「最近ですね、大手メーカー各社の
 『フィッティング』、間もないお客様の来店が
 少なくないんですね。」

質問「フィッティング なんか良い響き ですけど、、、
 『フィッティング』して 間もない…ってナンででしょうか❓」


店長「20年前と比べ
 各メーカー共に『フィッティング』を行っている
 ところが増えたから❓❓❓とも思いますが、
 なんとも 不可解なコトが多いですね…。

IMG_0624


 クラブの フィッティング と言うか、
 クラブ セッティング、『クラブ選び』 は
 突き詰めると  シャフトの硬さ選び
 と言っても過言ではないです。

 自分に取って、自分の体力にとって 適切な『硬さ』を選ぶ
 そして それは 今日! から 使うのですから
 年齢を重ねていく 未来に対してのモノ になりますので
 その点も考慮しておかなくてはイケマセン。

 スイングの動き、作法 なんて言うのは
 こう動きたい、こう動かしたい という自分の意志 よりも
 使っているクラブ、使ってきたクラブ で
 良い球って言うか、ミスにならないで当たる方法なので
 ゴルフクラブ全体の機能として 比重の重い シャフトの硬さは
 スイング形成に非常に大きく影響します。

 シャフトを運動する、しなるのが 前提であれば
 シャフトをしならせて しなり戻す なんてスイング用語は
 生まれないですから
 今も含め、過去に 多くの方は 硬いシャフト を使いこなす
 スイングのメインテーマ と言って過言ではないでしょう。

 アプローチショットの悩みや
 こすり打ちになってしまう悩みの多く、ほとんどは
 硬いシャフトを無理に使うコト、使ってきたコト による弊害で
 程よく 柔らかいシャフトのモノに慣れて行けば
 かなりの部分、レッスン抜きでも解決出来る?のではないでしょうか」

質問「確かにそうですね。」

IMG_1150


店長「そこで✋ フィッティングの話しに戻りますが、
 悶絶クラブを持っていらっしゃれば 分かると思いますが、
 例えば アイアン(5番)で言えば
 硬いモノであれば   振動数330cpm から
 柔らかいモノであれば 振動数130cpm
 まで 作れます。
 その幅は 200cpm もある訳ですが、
 柔らかければ柔らかい程 良い! なんて言いませんが、
 その幅の中で 一番気持ち良いモノ、上手く行くモノ、
 もしくは シャフトの運動性やヘッドの重さの使い方、
 そう言うモノを学べる教材、先生として適切なモノ、

 を チョイスする、考えるのが フィッティング だと思うのです。

 ほとんどのゴルファーは 5番アイアンの数値ですが
 振動数 200cpm を下回るモノは 触ったこともありません。
 存在すら知りません。

 初めて持つと えええええ ナニコレ! と言い、
 こんなの打てそうもない、当たりそうもない、 とも言いますが、
 ほとんどの方は ものすごく個性的なスイングでない限り、
 振動数 200cpm のアイアンは 普通に当たります

 半分程度の方は『アレ? なんかいい感じ…』とも言われます。」

質問「正に私です。
201505Trim (3)(2)(2)(2)(2)_Moment(3)

店長「今の スイング、クラブの扱いを考慮すれば
 この位の硬さ、
 将来、シャフトやヘッドの重さを より活用できるスイングに
 重きを置くのなら この位の硬さ、
 と 振動数 130cpm〜330cpm の中で選んだ結果、
 250cpmかも知れないし、180cpmかも知れない。
 これを フィッティング と呼ぶと思う
のですが、

 一般的な フィッティングでは
 アイアンシャフトに選択の幅が狭く、
 柔らかくすることの出来るグラファイトは採用され辛く、
 軽量系のスチール では 振動数 270〜330cpm
 程度しか 硬さの選択幅がありません。

 先ほども言いましたが、平均的なヘッドスピード の
 成人男性が 初めてであっても 振動数200cpm を打っても
 特に違和感は感じない、のに
 それに比べ 遥かに硬い 270〜330cpm は
 どれを選んでも べらぼうに硬い、
 硬い は動かない と似た意味ですので どれも 
動かない棒
 でしか ありません。

スナップショット 2 (2018-04-02 11-36)

 そういうのを フィッティング って言葉が適切❓
 と思うのです
。」

質問「確かに。
 私の(現在の)5番アイアンは 振動数162cpm ですけれど
 それと比較すると 280cpm も 290cpm も
 十羽ヒトカラゲに 硬い でしかないですし、
 それを使うには こねくり回して シャフトを動かさない と
 当たりませんし、当たった感触も痛い です。」


店長「ですよね…。
 いや 硬いシャフトが全員にダメ と言う意味ではなく
 130〜330cpm を打ち比べた結果、300cpmのシャフトを選ぶ
 のはアリだと思いますが、その周辺、どれも硬いシャフトしかない中で
 どれかを選べ は なんか違うような気がします。

✋まして 現在のドライバーは かなりシャフト硬度が落ちていて
 シャフトメーカーの Ⓢシャフトであっても
 振動数230cpm なんてのは ザラに合って
 それは アイアン(5番)では 250cpm相当のモノ です。


 逆に アイアン(5番)を300cpmにするのだとしたら
 ドライバーであれば 280cpmとか、290cpm です。
 その硬さのシャフトは プロでも使っている人は稀、
 飛ばないし、我々の年齢では関節が壊れますよ…。
 それ って どういうコト❓ って思いませんか。」

質問「むうううう ですよね。」
811-6

店長「仮にも フィッティング  と言う言葉を使っていて、
 おそらく その場では 『合っている』『私に合っている』
 『お客様に合っています』みたいな言葉が 頻繁に使われているのに
 そのドライバーの数値は無視して、
 アイアンはアイアン、別なモノ を推奨するのは大丈夫なの?
 
 ドライバーは230cpm
 アイアンは300cpm
 ゴルフ歴やスコア、上手下手に関係なく
 交互に打ち比べれば 多くの人は その差は認識するほど
 かなり大きな違い です。

✋で、どっちが フィット してるんです❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「 動く(柔らかい)シャフト と
 動かない(硬い)シャフト で
 極めつけの違い が 慣性モーメント なんだと思います。」
ドライバー入射角度yoko

質問「一般的には 慣性モーメントの数値が
 大きい程やさしい、芯が広い
 と言う刷り込まれ方 ですが…。」


店長「広義としては 正解です
 慣性モーメント
 実際には ヘッドのトゥヒール方向に対しての効果ですが、
 ヘッドの重量点を軸とした
 ヘッドの運動性 と言ってよいでしょう。

 数値が高いと 実は「運動性が低い
 要約すると 運動性が低いので ボールがヘッドのトゥヒール方向
 多少 ズレたところに当たっても
 ヘッドに回転する、フェースの向きを変えるような運動が
 『起こり難い』コト を指します。
445

 それは打撃時の問題ですが、
 ヘッド・クラブそのものの移動 に関しても
 数値の大きいモノほど、動き出すのにエネルギーは必要ですが
 一度運動が始まると 運動の持続性が高く、
 姿勢が保たれ易い、打ち抜き易い のですが、
 どちらも 棒の延長線上に 重量の中心点(重心位置)が揃う、
 重心位置の運動性
 を指しているので
 硬いシャフトで😵 棒の延長線上と重心が揃わない場合、
 単に ヘッドの回転し辛さ、取り回しの悪さ、
 大きな車で 細かい狭い道を走るようなモノになってしまいます。

 慣性モーメントは ヘッドの重心点を軸として
 軸運動を表す数値ですので
 ソコが軸になって無いと意味を成しません。
 ヘッドローテーションが必要なシャフトの硬さやクラブ、
 スイングの場合 軸点がヘッドの重量点ではなく
 シャフトになりますので その数値は補助や恩恵では無く
 邪魔なモノ、害悪にまでなり得ます。」

質問「手で振る、ハンドリリースをする人に取って
 慣性モーメントの大きなモノは フェースローテーションそのものが
 し辛い✋と理解して正解でしょうか?」

ヘッドはグリップを追い越しません!_Moment(2)

店長「はい、その通りです。
 ヘッドのデザイン として 慣性モーメントを高める には
〇ヘッドを大きくする
〇シャロー形状にする
〇ヘッド重量を重くする
 ですので
 どれもが フェースローテーション派には不向きです。

 ですが、慣性モーメントも 重心の深さ も
 クラブヘッドの『進化』の歴史ソノモノと言って良いですから、
 当然 これからもその部分は進む可能性があります。
 その恩恵が受けにくくなる クラブセッティング(シャフトの硬さ)
 その恩恵が受けにくくなるスイング…クラブ扱い は
 基本、出来るだけ避けるべき だと思います。」

質問「シャフトが硬いと クラブの運動とヘッドの重量点の一致
 が行われ難いので その恩恵が受けにくい というコトですね。」

店長「はい、その通りです。

 そういうコトも含め シャフトの硬さを吟味する。
 シャフトの『銘柄』を選ぶのも 楽しみのヒトツではあるのですが、
 硬いシャフト、動かないシャフトでは
 シャフトの特性も発揮され難いですから
 シャフト選び の 意味がなくなってしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブの‥ 特にヘッドの特性
 クラブヘッドのスペックの多く、本当に多くは
 運動をさせた時、遠心力線上に重量が揃う、
 ゴルフクラブで言うと 棒の延長線上にヘッドの重心位置が来る、
 トゥダウン…言葉としてはアンマリ良いニュアンスではないですが、
 トゥダウンが起こり 棒の延長線上に重量が揃うコト
 を『前提』として考えられています。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

 その前提を満たした時、その効果が出るので
 その前提条件を満たせていないと
 そのメリットが発揮されないばかりか、
 逆に デメリットになってしまうコトも少なくありません。」

店長「過去の例 でいいますと
 30年位前 でしょうか、
 メタルヘッドの素材が ステンレスからチタンに移行しました。
455T-5-2 460TL-5-1






 チタンと言う素材だから 反発する、飛ぶ、

 なんて言うのは真っ赤な嘘 なんですが、
 素材の比重が軽くなり、ステンレスよりも強度が高いので
 薄く作るコトが出来、ヘッドが大きくなりました。
 200cc強位、今の3番ウッド位のドライバーヘッド が
 いきなり 300cc近くの大きさになった為と
 設計に自由度が増えたため、
 従来よりも薄い形状のシャローモデルが増えました
 重心距離、重心深度、慣性モーメント共に
 かなり 大きく変化しました。

 シャフトが動き(柔らかく) 棒とヘッドの重心が揃う
 そんなシャフトの柔らかさを選ぶ人達にとっては
 ものすごくメリットがあり、かなり早くにその恩恵を受けました。
 
 一方、硬いシャフトを使う層には
 このヘッドの大型のメリットは薄く、初期のころは割に嫌われ気味 で
 見てくれは大きくするけど 中身は重心の浅い、短い、
 慣性モーメントの余り増えすぎないモノが好まれました。

 シャフトの硬さの標準値・基準値 が この5年位で 急激に落ちたため
 その層の人達にも 中身も大型化したシャロー形状の
 ドライバーも好まれるようになった・・・と言う経緯があります。」

店長「コレは余談…なんですが、
 ネックでロフトなどを調整できる カチャカチャ機能は
 厚みのあるディープ形状だと作り難い、強度を保ちにくいので
 どうしても シャロー形状になって、
 重心距離が長め、重心深度が深め、慣性モーメント大きめ
 になってしまい易い ので
 それを ナントか 使わせる為 シャフトの標準値が落ちた❓
 シャフトを柔らかくした❓ のかな と勘ぐってしまいます。」

質問「アイアンは小振りになって 逆行しているように思えますね。
 シャフトも硬くなったような気がしますし…。」


店長「確かに、そうですね。
 そのギャップはどんどん広がっています。
 ドライバーとアイアンは 別なスイング、別なタイミング
 が必要になってしまいます。」

質問「ヘッドの特性を活かすには 硬さが肝心なのですね。」

店長「はい✊✊ 硬いシャフトではヘッドの機能は出ません。
455T-1
  例えば 重心深度


445TL-5-1445TL-4







 重量の中心点の 打面/フェース面からの深さ です。
 見た目の形状で言えば
 ソールが広い〜大きい(厚い)程 重心は深くなる、
 フェアウェイウッドは ユーティリティよりも
 ソール、ヘッドソノモノも奥行きが深いですから
 その分、重心が深くなる。

 コレも その『棒の延長線上に重量が揃う』
 運動させたときに現象が『起こる前提』で考えられており
 重心の深さ分 ヘッドが前に出るコト によって
 自然にロフトが増え、入射が緩め になる
 つまり シャフトが動かなければ
 効果は薄い、無い というコトになります。

 シャフトは 単純に弓反りにカーブする、という
 曲線では無く S字型にしなるような感じ なのですが
 それは兎も角、シャフトがしなる、動くから
 重心の深さの意味は出るのですが…。

 硬いシャフトを使う人が全員、とは言いませんが、
 アマチュアの硬い人の多くは 手でのフェースターン、
 ハンドリリースをしている人がとても多いのですが、
 ハンドリリースをする人にとって 重心深度は
 それをやりにくくする要因、
 フェースを閉じ難い要因になります。
 
 重心の深いモノの方が テークアウェイを
 開いて上げる傾向の強い方は
 想定以上に開くコトになりますし、
 ヘッドの重さがかかり
 想定以上にフラットな軌道になり易い、ですので
 閉じにかかるダウンスイングで より強く、多く
 フェースターンをしなくてはなりません。
 また 重心の深いモノは 重心角度も多くなるのですが、
 それと相まって、一旦、閉じてしまうと
 コレもやはり 想定以上に閉じるので
 プッシュ、プッシュスライス になるか
 かなりきつめのひっかけ、引っかけフックになり、
 その間の球が打ちにくいと思います。
 
 スイングタイプ、クラブ扱いによっては
 重心が深い と 易しい とは
 一概には言えないのです。」

質問「ああ だから こうフェースローテーションの強い人は
 小振りな 奥行きの無い ヘッドを好む傾向にある…と。」


店長「そうなりますねぇ…。
 重心の深いモノは フェースが上を向きたがる傾向が強いので
 地面からボールを打つ場合、
 ハンドリリースでの フェースターンですと
 ソール部、ヘッドが地面と干渉し易いので、
 フェアウェイウッドよりも 重心の浅い、ソールの小さいユーティリティの
 方が好まれるのではないかと思います。
 これは 同じくアイアンもそうでしょう。」

質問「よく言われますが、
 一般的には 簡単なアイアン と言えば
 キャビティのソールの厚いアイアン、
 自称❓上手な人はソールの薄いマッスルバックを使う…。」


店長「ですね。 初心者向け、上級者向け
 というよりは スイングタイプによる住み分け なんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「過去に 何度か実験したコトがあるんですよ。

 ゴルフ経験の無い女性に 簡単なスイングレクチャーをして
 いきなり 打って頂く・・・。
u=341495341,3618090510&gp=0

 ある程度のヘッドの重さ、
 ある程度 柔らかいシャフト
 であると
 まず 苦労なく 『当たるんですね』
 スライスとか、フックとか、右とか、左とか、
 そういうのは 有るとは思いますけど
 フェースとボールがコンタクトするんです。

 ところが その後、
 市販の 女性用の 軽いヘッド、
 数値としては 少し柔らかいけど 軽いヘッドが付いているので
 振り易い、負荷の無い ただの棒みたいなクラブ
 ソレに変えると 途端に フェースにボールが当たらなくて
 ネックや先っぽ、大ダフリ、超トップ、と
 ヘッドには当たるけど
 フェースとボールがなかなかコンタクトしない、

 そして、それをしばらく打っていると
 フェースでボールを当てたい から
 段々 振りが遅くなっていくんです。
 振り始め…ダウンスイングの入りは同じなんですけど
 途中で減速が入るように、加速しなくなる
 なんと言えば良いのか、途中で減速して
 ヘッドの通過地点を調整するような…
 ボールとのコンタクトを探っているような…。

 あああ 適切なトゥダウンがないから
 重心位置のズレを考慮して 通過の仕方を調整してるんだな って。

 柔らかいシャフトで打っている時は
 そういうの 全く考えず、初めてなのに
 かなり 振っていたのに…。
 まあ コッチは 棒の延長線上に打点が自然に来るので
 そう言う調整要らない
 ですからね。

 女性だけに限らず、始めて間もない人って
 ダウンスイング、インパクトの前で減速しがち
 じゃないですか、
 これって ヘッドの位置調整してるんだなぁ って。
 女性が なかなかスピードを上げる行程に入れない のって
 コレが原因の一つ、大きな要因じゃない
 と思うんです。

 フェースに当たって 右とか左、フックとかスライスなら
 まだ 前にボール飛ぶから良いですけど、
 ヘッドの角、ネックとか、先に当たると
 真横に飛んだりするじゃないですか、
 そういうのって 女性や初心者には怖いと思うんですよ。
driving range

 当然ですけど、男性用の硬いシャフト が原因なんて
 思いもよりませんし、それをさせている男性も
 分かっていれば そのクラブ打たせないですから…。

 結構、勇気のある、思いっきりの良い人・女性だけが
 それを乗り越えられて、ごく普通の人は
 その体験したら、私…ゴルフセンスないんだわ って
 引いてしまうんじゃないですかねぇ。」  

質問「女性が 思い切りよく振れない のは
 そう言う理由だったんですか。」

店長「全員じゃあないでしょうけど、少なからず
 そう言う要素は強いと思いますねー。

 握っている棒と打点がズレている遊びって
 多くないですから、それを解消してあげる、あげられる
 ゴルフクラブを使う方が良いんじゃないですか。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あと…ですね、
 シャフトの硬さ と スイングについて
 スイングと言うよりも クラブの扱い に近いかも知れませんが
 とても 気になるコトがあるんです。

 と言っても コレについては
 きっと 誰も答えてくれない というか、
 考えてないコトだと思うんです。」

質問「大事なコト…なんです❓」

店長「と思うんですけどね…。
Image20201006185024 (002)

 ゴルフクラブ、クラブヘッドって
 野球のバットやテニスのラケットみたいに
 打点がシャフトの延長線上にないじゃないですか
 打点ソノモノではないですけれど
 重心位置(ヘッドの重量の中心点)って言うのがあって
 フェース面状であれば 重心距離と呼べば良いのか
 その重心、打点 と 握っている棒のズレ を
 どう処理しているのか❓❓ って思うんです。


 静止状態はズレていますけれど
 シャフトが柔らかければ
 クラブが運動状態になれば 自然に揃います。
 遠心力の掛かる点と打点が揃っていた方が
 力学的に チカラは逃げにくいと思います。
 ズレたままでは 打撃時にヘッドやクラブに回転(ヨジレテ)して
 チカラが逃げてしまうと思うんです。
 俗に言う トルクの掛かった状態 って奴ですね。

 ですので 悶絶クラブは捻じって使わないように
 シャフトを振らない、ヘッドを振らない よう 薦めています。」

質問「確かに 握っている棒、そのもので
 ボールを打つ方が、数センチ ずらして 打つよりも簡単、
 って思えますよね。」
IMG_8497

店長「はい。クラブや機種、番手によって そのズレが
 3センチだったり、4センチだったりするのですから
 その調節をしなくていい に越したことは無いと思います。

 ボールの大きさ(直径)って 42.6个任靴隋
 1cm(10弌砲困譴燭蕁〃觜渋腓なミスになります。

 クラブを替える度に コレは 35弌◆.灰譴蓮43
 なんて 無理だと思うんですよね。
445TL-4

 ヘッドのソノモノの構造として
 重心がズレていないと 番手ごとのロフトが設定出来る、

 クラブの場所やヘッドの姿勢なんかが把握し易い、
 ゴルフと言うスポーツ、娯楽の安全面を考えても
 重心位置〜ズレは『絶対に』必要なんですが、
 ボールとの激突時は 出来れば無い方が良い✋
 柔らかいシャフト…と言うと誤解を生み易いですが、
 ちゃんと運動する硬さ、動く柔らかさを使うと
 その 二重構造 というか、
 二面性を両立出来るんですが、
 硬いシャフトだと そのズレはずっと維持されてしまう。。。

 それって どうやって解決してるんでしょう❓
 ものすごく 謎 です😵

 おそらく 多くの方、もしくは その手の知識がうっすらと有る方は
 その トゥダウンと言う現象は 悪 と言う認識なんだと思うのですが
 じゃあ その重心位置とシャフトのズレ
 機種によるその違いをどうされているのか、
 どう処理するのか 公表して貰いたいのですよ。」


質問「友達に無理やり 硬いシャフトを打たされる と
 始めの数発 シャンクが出るのは ソレ が原因ですか⁈」

店長「はい。柔らかければ インパクト付近では
 シャフト、グリップ、棒の延長線上に 重心位置が来ますから
 棒そのもので打つ感覚で良いんですけど、
 硬いシャフトで  それやったら そこは棒、
 ヘッドで言えば ネック部になりますから シャンクですね。
IMG_0612

 この問題はもう少し複雑で、
 実はアマチュアゴルファーを悩ませている課題だと思うのですが、

 一般的なゴルファーの場合、
△大きなヘッド(重心距離の長い)のドライバー は
  シャフトが柔らかくて(アイアンに比べると) 👉振動数230cpm
△小さなヘッド(重心距離の短い)のアイアンは
  シャフトが硬い(ドライバーに比べると) 👉振動数300cpm

✅シャフトが硬い 重心距離が残るクラブは
 運動させると フェースが開くので フェースターン必須
 な 打撃方法になると思うのですが、
 その打撃方法で ドライバー(重心距離大/シャフト柔)を打つと
 ハイ-プッシュ-スライス になると思うんですけど…。

✅逆に ドライバーを基準にして スイングを造ると
 まあ十分な柔らかさはないですけど それでも
 シャフトの延長線上近くに 重心来るスイングになりますが、
 それで アイアン打つと シャフト硬いですから シャンクです。


✋平均的なゴルファーですと
 ボールの置き位置は アイアンはうんと中、
 ドライバーは左かかととか かなり外ですので
 インパクトタイミングがかなり奥、後になりますから
 ハイプッシュスライスの逆球、ひっかけ フック に
 なっちゃうんじゃないですかね❓
(((((_Moment

 どう考えても 同じスイング、同じスイングタイミングで
 双方を同じように打つのは不可能に近い芸当です。

 スイングの練習って 主にアイアンでされるコトが多い
 でしょうから、ドライバーに持ち替えても
 上手く当たるのに 数球かかるんじゃないです❓


 コースで どっちかは良いけど、どっちかはダメ🙄
 😵ドライバー、アイアン が 両方 良い😊 って
 日はなかなか来ない、年に一度 とか なるのは
 仕方が無いと思うんですよね。
 気付かない内に 自分自身でそう仕向けている のですから…。

 そう考えると ゴルフの技量として
 メカニズムをちゃんと考えて ゴルフクラブ
 特に セットのシャフトの硬さの流れを把握する、
 そういう ゴルフクラブをセットして選ぶ は
 大変 大きな ゴルフの技術、技量の一部だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「硬いシャフトでゴルフを始める、
 グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
 ボールに届かない、
 早めのキャスト、リリースになる、
 コレって ものすごい多いパターン だと思うのです。」
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(2)

質問「だと思います。かく言う私も、です。

店長「コレって 先に進めば進む程
 どんどんゴルフの関所が出来ちゃうパターンなんです。

 理想的なゴルフスイングの姿 は
 トップで出来たクラブと腕の形をロックして
 遠心力やシャフトの誘導で腕は伸ばされ気味になりますが、
 基本、ロックして 自分が向きを変えるだけ です。

「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

 ところが 硬いシャフト、きついシャフトでゴルフを覚えると
 腕とクラブをロックして カラダを回しただけ では
 ボールに届かず、空振りです。

 ですので、腕を伸ばして アドレスの腕とクラブの長さに
 戻そう とするのですが、
 これでは ボールには届いても ボールは捕まりません。

 本来の姿 ですと、ロックして回転するコトが
 ボールを拾うコト と ボールをつかまえるコト 双方を
 両立していくのですが、
 コチラの場合、届くと捕まらない、当たると捕まらない、
 つまり 次は「つかまえるという関所」
 自分でこしらえてしまうのです。 

 当たる、浮く、飛ぶ、前に進めるようになると
 今度は ボールがつかまらず、スライスになるので
 よりヘッドを、シャフトを振り回すようになる、
 ヘッドターンが足らないから フェースが左を向かないから
 スライスになる という圧倒的にまちがった認識が身に付きます。」

質問「身につまされます。」
店長「もう少し ゴルフをやるようになると
 ヘッドはインサイドから入れろ とも言われる…

 例えば 5度インサイドから入れるのなら
 アドレス時の目標に対し、5度まで開いていても
 スライス回転は入りません。
 インパクト時を静止画で見たら 開いているのに…
 スライスにはならないのです。
 逆に 5度アウトサイドから入る場合、
 5度閉じていても スライス(右)回転は入ります。
 ゴルフクラブの特性として ヘッドを閉じれば閉じるほど、
 軌道そのもが内に入り込むので ヘッドの開閉は
 軌道にも影響を与えるので 追いかけっこ になってしまうのです。
ドライバー入射角度

 もうこの時点で クラブの描く弧 -回転 と
 自分のからだの向き/回転 その弧 が
 分離したモノ になっていると思うんですね。

 その始まりは キツイシャフト、硬いシャフト だった訳ですが、
 シャフトを振る、ヘッドを振る、クラブ単体を振る
 スイングが身についていますから
 より硬いシャフト、より軽いヘッド、重心距離の無い小振りなヘッド
 そう言うモノが好む、
 そう言うモノの方が結果が出るので
 50msを超えるような PGAプロが使っているのと
 同じようなシャフトの硬さを ヘッドスピード40ms
 の人が使うようなコトになる訳です。」

質問「。。。。。。。。。。」

店長「嫌味ついでに言えば、手首や肘、首や腰などを傷めて
 初めて スペックダウンを考えるようになる のですね。」

質問「。。。。。。。。。。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「アプローチの問題は
 
硬いシャフトで下に振るスイングが基本 であると
 どうしても
〇寝たロフト 緩い入射〜横から入る、下から入る
 になるので バンスが張り、地面と干渉し易くなります。
 ミスが表に出ず、ボールを拾う、フェースに乗せる には
 スピードが必要になるので
 インパクト直前で 妙な加速が必須必要 になります。
(キャスト_Moment
 その加速があるので 全体の動作速度と距離感がつながらず
 ゴルフ歴が長くなっても 距離感が刷り込まれ難い。


✋コレ 少なくないと思います。




 遠心力が強くなる 下に振るショットでは
 ロフトが付き易く、入射が緩くなり易い ので
 ボールは上がるけど、前に進みにくい…
 必要な距離打を打つには 強めのインパクトが必要になり、
 速く、もしくは 大きく振らなければならない…
36682818

 ラフや 特にバンカーですけれど
 ボールだけでなく 砂や芝など別なモノも打たなければならず、
 速く、大きく振って…
 しかも 極上に軽いヘッドが付いているウエッジ。
 女性は 足元の緩いバンカーは苦手になり易い、
 嫌いになり易いでしょうね。
 正直、残酷 と言うほどに。」


質問「そう言うのって レッスンプロはアドバイスしないんですか?」


店長「難しいトコロです。
 教科書通りに教えれば ボールに届かない、
 しかし、クラブが関係していますよ とは言い難い…。

 クラブについては 質問されれば答えるのでしょうが、
 どういう経緯で そのクラブを手にしているかは
 人それぞれ事情がありますので そこは不文律というか、
 積極的には触れない部分でしょう。

 ゴルフを続けて頂く、楽しんで頂く、
 辞めないで頂く と言う点においては
 かなり 重要な問題 だとは思うんですけどねー。



店長「今回のこの女性に限りませんが、
 硬いシャフト、軽いヘッドのクラブで
 ゴルフを覚えた人は 歴にかかわらず、
 そのスコアにかかわらず アプローチが危ない人が
 ものすごい多い気がします。
 悪い言い方ですけれど 練習場でアプローチだけを見ていると
 100を切れる人、いないんじゃないか❓とすら思います。

 多くのゴルファーは硬いシャフト好き…硬いシャフト自慢気味、ですので
 日本人ゴルファーの 7割近くが この硬いシャフトが起因した
 アプローチシンドローム なんじゃないか 感じます。




 多くの人は 柔らかいシャフト、重たいヘッドって
 ブランブランしているから 距離感出し難い、
 フルショットには飛びそうで 適している けれど
 加減するアプローチ向き じゃ無い んじゃないか?!
 って思う、言うんですよ。
 打ち比べたコト 無いにもかかわらず。」
ECDi9XSUwAEgjre

質問「私もやらされましたけれど
 柔らかいシャフト、重いヘッドのクラブと
 硬い(スチール)シャフトと軽いヘッド
 打ち比べてみると 勝負になっていない。
 仰られる通り、フルショットするのなら
 まだ何とかなるんですが、
 硬いシャフト、軽いヘッドではフルショット以外の
 加減の必要なショット、距離では

 ミスが多過ぎて、距離感どころじゃない、
 柔らかいモノの方が 断然 距離感形成は楽です。」
20190811-OYT1I50023-1

店長「だから 短い距離でもフルショットをする、
 ロブショットに行き着いたりするんですよね…。
 
 フルショットで使うコトの少ないウエッジ ほど
 硬いシャフトを使われているんですよね、実際は。

 硬いシャフトで軽いヘッドのウエッジを
 ロブショット 開いて〜緩く入れるんですから
 PSやアプローチウエッジでも ロブウエッジとして使うのに
 ロブウエッジを入れるって・・・とても、不思議です。
 いったい 何度のロフトで打とうとしているんでしょうか?
   バンス角度が嫌なんですかね〜。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「硬いシャフトでゴルフを覚えると
 より硬いシャフトを好む
ようになる…。
 
 ゴルフにクラブターンは必須ですけど
 それって カラダの向きを変えれば良いんですが、
 シャフトが硬いと それではボールに届かない です。
Rさん バルブは開ける方向にお願いします_Moment

 ですので ハンドターン、フェースローテーション と
 ハンドファースト という 相容れない
 相反する課題に取り組む のですが
 繰り返しますが、相容れない関係ですので
 解決はしません。 」

質問「ゴルフスイングの謎のひとつ でした。」

店長「スライスしていると フェースが開いているから
 と言われますので フェースを閉じなくてはならない、

 本当の意味は 回転の横のフェースでは無く
 縦のロフトの方なんですが…
 一般的には フェースの右左の向き と考えます。

 フェースを左に向けるには
 スイングの弧の一番膨らむところ よりも 先
 もしくは 一番膨らむところ、
 よく言われる 最下点にしなくてはなりません。

 ちょっと分かり難いですが、
 上から見た 左右、横方向の ヘッドの一番膨らむところ が
 横から見た 上下、縦方向の ヘッドの一番膨らむところ(最下点)

 になる訳じゃあないんですが、
 ・・・・・・・どちらも カラダの姿勢 が大きく影響しますので
 最下点、そして それよりも先 で
 インパクトを迎えよう としたら
 上り際 で打つコトになり易い です。

 つまり、ボールよりも手前が最下点になるのですから
 ダふり易く、トップし易くなります。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment

 アマチュアにとっての 一番多いミス です。」
質問「言われてみれば それはそうっすね。」

店長「あとは 女性にも多いと思うんですが、
 スライスの問題、ダフリの問題 そう言うのが徐々に解決、
 解決はしなくとも 深い悩みで無くなると
 おそらく 最大の問題が控えています。」

質問「ええええええ! ナンでしょう❓」

店長「ゴルフをやっている限りは付いて回るコト
 になると思うのですが、 アプローチ です。」

質問「!!!!!!!!!」

店長「アプローチに限りませんが、
 ざっくりとですが
 同じクラブを同じヘッドスピードで打っても
Ⓐ立ったロフト 上から入る
Ⓑ寝たロフト 横(下)から入る は
Ⓐ前者はスピンが多く、打ち出しは低く
Ⓑ後者はスピンは少なく、打ち出しは高く なります。
 それと 
Ⓐ前者は前に進み易く、上に上がり辛く、

Ⓑ後者は前に進む辛く、上に上がり易い 特徴があります。

 アマチュアには必要ないかも知れませんが、
 プロ であれば その二つを組み合わせて
 その場、その場に対処して行きますが、
 ショットの、通常のショットの基本は前者です。
 硬いシャフトでボールに届き難い から スタートしている
 ゴルファーにとっては 後者は出来るけれど
 前者は出来ない になってしまうのです。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)

 通常のショットの場合ですと
 少しダフリ気味 とか、少しトップ気味とか も
 ヘッドスピードがあるので 誤魔化すことが出来ますが、
 アプローチという 距離の制限、速度の加減が
 必要なショットの場合、後者
〇寝たロフト 緩い〜横(下)から入る は
 最も難易度の高いショットに該当します。

 距離が短い、速度の加減をする と
 ロフトを寝かしている(バンスが張っている)
 入射角度が緩い(横から、下から入っている)為
 地面に干渉し易く、
 速度を多少上げても ボールは 前に行かず、上に逃げます。
 どの位 とは言えませんが、
 普通の
〇立ったロフト 上から入る
 に比べると 上げた速度分が距離になり難い です。
 速い運動/動作はミスの原因になり易いですし
 無駄な大きなスイングになり易い 上に 距離加減が難しく、
 アプローチに練習を割かないアマチュア向きじゃあないんですが、
 硬くて ハンドファーストを誘発されないクラブで
 ショットを覚えた人にとっては選択肢が無いんです。

 ですので 普通のアプローチだけ に限らず、
 バンカーも上手く行き難い、バンカーが出ない、苦手・・・
 昔…30年前のクラブであれば、市販品であっても
 320g〜ヘッド重量のあるウエッジは 結構ありましたが、
 今は 有って290gです。
 ラフやバンカーなど ボール以外の負荷がかかり易い
 ショットは ヘッド重量がかなり効く んですが、
 それも無いので、それを人為的👉スピードで作るしかないので
 足場の緩いバンカーなんかは 女性には酷だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 。苅安紊僚性のお話し なんですが、
 やり始めて まだ間もない状態 で
 今は貰いもの のクラブで 軽いレッスンを受け始めた
 ところ です。

M20191011suburi_MomentM20191011-1_Moment(2)M20191011-1_Moment(3)





店長「男性用のお下がり・・・スチールシャフトです。
 それを まだ速度の上げられない、
 ドライバーのヘッドスピードで言うと 25㎳
 行くか、行かないか の女性が使う訳ですから シャフトは動かない、
👉シャフトが動かないから グリップが押されない、
👉グリップが押されないので ハンドファーストが出来ない、
👉ハンドファーストが出来ないから ボールに届かない、
👉ボールに届かないから 早めにリリースする、
👉早めにリリースするので 当たっても ボールはつかまらない、
👉早めにリリースしてしまうので クラブと腕が
 からだの回転から離脱してしまう、
👉クラブを振るコトになるので 遠心力のせいで
 トップとダフリの繰り返しになってしまう。。。。。

 という ループに入ってしまっているのです。」
質問「キツイっすね…。」
店長「それによって 左右のグリップの形、関係も離れ気味
42ea91fdで定着、覚えてしまいますし、
それに準じたアドレスになる…。
ものすごく よくある パターンだと思います。」
店長「冷静に見るとそうなんですけど
 始めたばかりの女性にとっては
 …私が下手だから… …私はゴルフ向きじゃないんじゃないか
 って感じてしまうのは 至極当然だと思うんです。

 女性やシニアの場合、当たっても 速度が低いですから
 ボールが浮き難い、距離が出ない、
 クラブを振り回すコト になるので
 それを支えるグリップ、アドレス になり、
 長い重い棒を振り回す為の技術ばかり が身に付きます。
 本来、全く要らないテクニックばかりです。」

質問「クラブで改善できるんですよね❓」


店長「はい。その方にもちゃんと説明しました。
 クラブ単体を振り回すコトを前提にした
 女性用市販品のように 軽いヘッド では無く、
 ある程度 しっかりしたヘッド重量を選び、
 ヘッドスピード25㎳でも 十分、動くシャフトを使えば、
 打つのは自分…ですけれど、
 低いトコロにあるボールを拾ってくれる、
 ボールに当てさせてくれる のはクラブの役目 です、って。

 重めのヘッド、柔らかいシャフト を打って頂くと
 始めは ダフリ気味、クラブの重さに苦労するのですが、
 10分もしない内に慣れて来て、
 案の定と言えば 案の定なんですが、
 ボールに当たるコトと低いトコロにあるボールを拾うコト
 それを 自分でやっていた要らない技術からは開放され始めます。


 ボールに届かない、当たらないから と言って
 クラブ単体を振り回す コト が良いのか、
 それをする為の 軽いヘッド、軽いクラブが良いのか、
 クラブ単体は動かさず、自分が動いた方が良いのか、
 それであれば ヘッドが重くても負担は少ないですから
 重いヘッドにした方が良いのか・・・

〇長い棒は振り回すモノなのか
〇長い棒が故に 振らず 自分が動くのか

 その概念みたいなモノも クラブによって形成される
 可能性が非常に高いのです。

sibunoap


 ゴルフショットは かなり複雑な立体の角度 によって
 構成されます。 打つ地形や傾斜もかなり変わります。
 自分が動かず クラブを振る方が良いのか、
 クラブを動かさず 自分が動く方が良いのか、
 その分かれ道は クラブが握っている、
 自分が使うクラブ次第です。

 この感覚というか、思い込みはゴルフをしている限り、
 ずっと続いていくのですが、
 シャフトはヘッドを動かすモノ、役割なのか、
 シャフトはグリップ・自分を動かすモノ、役割なのか、

 ある意味、ソレは正反対の関係にありますから
 形成されていくスイングも全く別なモノになって行きます。

 今回の,離院璽垢禄性のケースだったのですが、
 なんとなく…ですが、かなり多くのゴルファー、
 女性に限らず アマチュアのゴルフの始まり の
 該当するんじゃないのかな
 って思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「シャフトが硬いとボールに届かない、拾い難い、
 下に振らないとボールを打てない、

 ここで 届く届かないを
 ヘッドの下への動かし と 誤った認識を刷り込むコトになります。

 本当は ヘッドを下、 じゃなくて
 グリップ、クラブを前 になんですけどね…。

 また ボールに当てる為、ヘッドを下に振る は
 グリップの移動を妨げてしまうので
 その動作はそのまま 手打ち〜手振り になります。 

 この時点で まさか 『シャフトが硬い』から
 なんて誰も思いませんから、
 手打ちは良くない と言われるが
 ヘッドを下に振らない と ボールを打てない
👉手で振らない と ボールを打つコトが出来ない
 という 別な解決不能課題 が生まれてきます。」
質問「それで 15年、苦しみました。」
店長「コレって 物理的には当たり前なのに
 誰も説明しないから 迷宮入り しちゃうんですよ。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(2)【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)







 オリジナル には クラブを持った打ち手が
 クラブを動かすんじゃなくて、それを持った自分が
 くるりと向きを変えるから 円を描く んです。
 クラブやヘッドで 円を描いているんじゃない、
 クラブ自体は動かしていないんです。

 ま クラブにはロフトとか、ライとか、フェース角度みたいな
 把握しきれないような 角度が存在し、
 それが インアウトだけでなく、上下の角度も含めて
 移動する、時間の伴った軌道 との組み合わせで
 飛んだり、曲がったり、上がったり、
 無限の組み合わせがあります。
IMG_0612

 遠心力の発生し易い、打点にズレの有るゴルフクラブの構造で
 再現性を考えたら 選択の余地はないんですけど
 シャフトが硬くて 届かせる、当てさせる という
 補助機能の無いクラブが前提で スイング論議を進めるんですから
 解決するのが より難しく、複雑になる。

 クラブ単体を動かさず、自分が向きを変えるから 円を描く。
 その中で ヘッドをよりたくさん動かそう、
 クラブ単体で円を描こう としたら、
 当然、グリップの進行が止まり、からだの回転と
 クラブは別なモノになってしまう。
 クラブ単体に角度運動させたら、
 ダウンスイングであれば ヘッドの重心は右に、後ろにあるので
 動かせば動かすほど フェースも、ロフトも開いて行きます。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)

 ですので 届く問題が解決する(解決していないけど…)と
 次は ヘッドの開き問題〜スライス問題になってくる、
 もうこの時点で オリジナルのスイングの流れとは
 全く別な路線に入ってしまう訳です。」

質問「単に クラブの、シャフトの硬さの問題から始まっている、
 と思うと。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。」

店長「例外は少ないと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



店長「多くの人は 硬いシャフトと軽いヘッド しか 知らないですから、 
 シャフトが硬いと ボールに届き難い、
 ボールを拾い難い、
というコトを想起したコトがありません。」
2021-04-17_15-32-27_Moment(2)

質問「それはそうでしょうねー。
 一般的には シャフトを柔らかくするのを
 Ⓢ-振動数300cpm から ⓈⓇ-290cpmにする、(アイアンの場合)
 と思っていますもんね。」

店長「ですよね。
 まさか 振動数170cpmとか180cpm……200cpm以下に
 振動数を 100も落とすとは思っていませんし、
 体験したこともないでしょう。
 振動数 180cpmから見て 290cpmも300cpm も
 どちらも 激硬で 差がないですからね。」
質問「使ってみて 初めて分かる というか、感じると思います。
 友達の新しく買った市販クラブを『打ってみて
 って言われて 届かせるまでに苦労しますもん。」

店長「十分な シャフトの柔らかさ があれば
 ボールに届くのに ほぼ全く苦労しない というか
 届き過ぎてしまう位 です。
 ですので ショットの技術として、
 届かせる と言うモノが全く必要ありません。」
質問「確かに、放っておけば届き過ぎる位ですね。」
店長「放っておいても シャフトがしなる、
 現象で言えば ヘッドが遅れる =ハンドファーストになる、
 ヘッドが遅れた状態でも届く ので
 そのヘッドの遅れを ヘッドの開きにするのか、
 ロフトの立ち にするのか、
 という 次のステップに進める筈… なのですが、

 届かない となると ボールの置き位置を中に入れる、

 届かせる為に クラブを下に振る、
 クラブを下に振る は イコール グリップの前進を妨げるので
 よりボールを中に入れなくてはならなくなる
 届かせる 為の壁が出来てしまいます。」

質問「届かない、当たらなかったら 色んな意味で
 前に進めないですからね。」

店長「はい。
 ヘッドの遅れは良くないモノ と言う思い込み
 しかし ハンドファーストは良いモノ という
 解決不能な課題/タスクが残り続けるコトになります。

 また 動く…しなる…適度に柔らかいシャフトが
 作り出す グリップの押し は
 ヘッドを下に落とす では無く、
 グリップを前に押すコトを打ち手に伝えます。

 スイングは傾きの中で進行して行くので
 スイング動作の前 には 下も含まれていますから
 前に進めば ヘッド だけでなく
 グリップ、つまりクラブゴト 低くなって行く訳です。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 届かせるのは 下、下への移動 上下の問題 ではなく
 運動の進行方向の前後、前へ で解決するモノ なのですが、
 届かない 硬いシャフトであれば
 下への意識が強くなってしまい、
 ヘッドを下に振れば よりグリップは前に進めなくなる、
 前(動作方向) に対して 下 という
  立体的に90度
 全然、方向の違う問題に取り組まなくてはなりません。

 ショットを良くしていくのに 解決しなければいけないコトが
 全く異なってくるのです。」

質問「ものすごく影響大きいんじゃないですか❓

店長「そう思います。

 よく言われる 手打ち とか、手振り とか、
 の始まりが 実はスイング技術、動作の問題では無く
 シャフトの硬さ から始まっている なんて
 誰も言いませんし、思いもしないですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「本日のお題は
 ゴルフクラブ と スイングの関係 なんですが。。。
 実はよくある…コト だと思うのですが、
 あまり表には出てこない話し なんです。」
質問「どんな内容です❓」
店長「最近あった ふたつのパターン なんですが
アイランドグリーン

。苅安紊僚性のお話し なんですが、
 やり始めて まだ間もない状態 で
 今は貰いもの のクラブで 軽いレッスンを受け始めた
 ところ(練習場)
 です。」
質問「最近は女性も増えたような気がしますね。」
店長「そうかも知れません。

 女性 や チカラに自信のない方
 やり始めて間もない と言う場合、 
 ゴルフと言う遊び が自分に合っている とか、
 続けて行けるのか、と言う問い
 が付いて回ります。」
質問「辞める、続けないかも知れない、
 と言う可能性がある訳ですね。」

店長「そうです。ゴルフの場合、
 クラブを買って、ウエアを買って…
 と ✋ひと通りの道具を揃えた✋ からと言って
 すぐに コースに行って 遊ぶことは出来ません。

 今回の場合は 集団レッスンではありますが、
 レッスンにもお金を使われていますので
 ゴルフクラブ を自分用に✊となると
 かなり ハードルが高い訳 です。」
質問「どんなクラブを使っている、のですか❓」

店長「男性用のお下がり です。」

質問「うわ⁈ ソレは辛いですね。」
IMG_0361

店長「ですねー。 中古 にするにしても
 女性用 は かなり玉数が少ないですし、
 男性用の中古品は 基本、キツイスペック、
 男性にとって キツくて使えないから
 中古になっている可能性が高いので…。

 また、そもそも 女性用の市販品 は
 なんと言えば良いのか… 怒られてしまうので
 少しオブラートに包みますが、
 やはり 販売数が男性の 1/20 の商品なので
 女性用 として 研究がし尽されている
 とは言い難いモノが圧倒的 です。

 例えば…なんですが、
 ドライバーのロフト角度 に関しても
 15年以上前であれば 女性用のロフトにも
 バリエーションがあり 12度から15度位までありましたが、
 この15年で 男女問わず ゴルフ人口が半減したため、
 男性のシニアと兼用の 12度一択 になってしまっています。」
質問「力の無い女性 にとって
 ドライバー12度は かなり辛そう ですけれど…。」

店長「そう思います。
 キャリーボールが出ない…のが悩み という
 女性やシニアは多いです。
 シニアの女性 はどうすんでしょうね❓

 もう少し 多めのロフトやロフトバリエーション
 が有っても良いと思いますね。

 まあ それは兎も角、
 その方は たまたまお客様の紹介で
 レッスンも兼ね、クラブの相談に来られた、のですが、
 ゴルフを続けられるか、遊びのチョイスとして
 ゴルフが合っているか、
 合っていないのであれば クラブを新調するのは…、
 と言うスタンスを持っていらっしゃった のです。


 スイングを見させて頂くと
 やはり と言えば良いのか、
 男性用のクラブでゴルフをしているので
 要らないテクニックばかりを身につけられていて
 とても苦労している・・・。」

質問「要らないテクニック❓」

店長「女性に限らず、とても多いコト なんですが
 
まず シャフトが動かない 😓

 
 男性用のクラブを 初めて間の無い女性が‼ なんですから
 そりゃ そうなります。

 シャフトの役割は 勿論、長さ を形成するコト ではありますが、
 動的な役割として 『グリップを押すコト』
 『グリップの進行をガイドするコト』 にあります。
 が しならなければ グリップをガイドしたり、押したり しません。

「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment

 PGAプロの 『グリップエンド位置』の統計なんですが
 アドレスとインパクトの グリップエンドの位置は
 約13cm左にあります(右打ち)。
 一般的なゴルファーでも 11僉〆犬任

 これが 低いトコロにある ボールを拾うコトにつながりますし、
 ボールをつかまえるコト にもつながっていくのですが
 きつい・動かないシャフトでゴルフをしているので
 それが 自動では発生しません。
 自動的な ハンドファースト・ヘッド遅れ が促されないのです。

 初心者、スピードが上げきれない人 にとって
 それは ボールに届かない、当たらない に該当しますので
 クラブを早めにリリースし、腕やクラブを長くして
 届かせなくてはいけなく なります。」

質問「アーリーリリースとか、キャスト(ヘッドの落とし)が
 必要になってしまうのですね。」

店長「本来は要らない、出来れば避けた方が良い、
 要らない技術が無いと ボールが当たらない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日はお店に長居させて頂き
 有難うございました_(._.)_  😊😊

あのあと無事、帰宅することができました🚙🚙

 

お借りしましたクラブを持ってホームコースを

2ラウンドほどしてきましたので感想のほどを…

 

IMG_1362

まずラウンド前に デール9 を持ってパター練習。

どんな感じだろうとドキドキしながらいつも通り打ちました

はい、大オーバー、2メートルくらい大オーバー…


やばいです。
かなりゆっくりそっと押してあげないと、飛びすぎ?ます。

なんといいますか、減速しないんですよね…


これ届くの?っていう感じで打って丁度良い感じです。


あとショートパットに強いとお聞きしてましたので、
1メートル前後のパットをやってみました。


入ります。何も考えずに、とりあえず打てば入ります()


しかも、ボールの感触が無いので、
なんとも不思議な感じでカップに吸い込まれます…


アマチュアにとって、
この距離がほぼ入るというのは
かなりのアドバンテージになりますね。


やはりスラントネックの恩恵があるのか構えやすいです。

IMG_1363

他のクラブと同じように構えることが出来るといいますか、
自然とそうなるように設計されているのかなと感じました。

 

そして更に ドキドキ😵😵ドライバー の時間がやってきました。

練習もせずにいきなり行きましたので
 ボール位置とティーアップに最初は慣れず、恐る恐る打ちました


怖かったですが…なんとか前に進む当たりがでました。


ぼわーんとちょっと高めの弾道でしたが、
 うーん、落ちてこないな…まだかな…

うおっ、いきなり230のフラッグオーバー。

なんぞこれ??


以前のだと良い当たりで
 やっと210〜220だったのに…

さすがに、お店で打たせていただいたような一発は
 まだまだ出せませんでしたが、250は何発かいけました。

EG05_03

明らかに、前とセカンドで持つクラブが全然違う…


うれしいうれしい、ホクホクホクホク( ^^)


たまにドミスショットも出ましたが、
 そこはアマチュアなのでご愛敬ということで…


棒球っぽい滞空時間の長い、
 落ちてからもポンポンと前に転がる、
  インチキ?ドライバーとでも言いましょうか()


あと、なぜか曲がらない?曲がりにくい印象をお受けしました。

 

✋デール9が欲しいと訪問したのに、
 なぜかドライバーを注文して帰るという珍事が起きましたが()

お店とコース、共に非常に良い時間を
 過ごさせてもらう事ができました。ありがとうございます
( ^^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングの終わらせ方というか
 クラブの納め方が掴める、感じ取れる とだいぶ違うと思いますよ。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)
JMさん「トライしてみると 感覚的には
 左右の肘の絞り型、と言えばよいのか
 正しくは 絞らな型、絞らない感じが強いですね。」


店長「そうですね、 通常、多いパターンが
 テークアウェイで右腕右ひじ、フォロー側で左腕左ひじ
 を絞って ロールさせる方法 だと思うのですが、
 カラダの向き通りにクラブを動かす となると
 肘が先行、リードする訳では無いかも知れませんが、
 肘はいつも カラダの外に張りだした形になりますね。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

JMさん「感覚的な部分なので なんと言えば良いか難しいですが、
 インパクト時に感じていた 自分の体内の窮屈感というか、
 体の中で何かがクラッシュしている感じがなく、
 凄くスッキリした感じと言えば良いのか、
 何も無くて、物足りない感じもします。」

店長「あああ 分かります。
 仕事上、どうしても 強いハンドターンというか、
 フェースターン、ローテーションをすると
 その クラッシュ感がからだに残って しばらく苦労します😄

 左グリップ、左ひじをある程度ロックさせて
 それより先を廻す、左の肘から先をロールさせるので
 かなり窮屈というか、個人的には痛みも感じますもの…。」

JMさん「テークアウェイの取り方も変わりますね。」
店長「と思います。
 肘をカラダに張り付けて、下向きに絞る
 というのが多いと思いますが、
 テークアウェイ、フォローのどちらも外に逃がします。
 それを クランチ の肘とか、
 弊社では刷毛塗 なんて言うんですけれど、
 テークアウェイの形だけ それを造っても
 フォロー側でも行わないと あまり意味ないですからね。
((((((((_Moment

 と 同時に、まあ 少し大袈裟ではあるんですが、
 右腕の伸ばし、リリースで
 左手の前腕、手首側よりも上側を押す となると
 それをする為のグリップになると思うんです。
 インターロックとか、オーバーラップ、
 フックとか、スクエアでは無く、左右の密着度というか、
 それは必須になってくると思うんですね。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)

JMさん「。。。。。。」
店長「グリップを見て 左右の密着度の無い、
 緩いグリップを見ると  あああ 手で振るんだな
 って まずは判断します。
 スイングを治している中途でも まず見るのは
 グリップの密着度です。 直ぐに治らないのは仕方ないですが、
 トライしているんだなぁ、と言うのは分かります。
42ea91fd36ed9c16スナップショット 1 (2013-11-29 10-46)







 左右のグリップが緩い、離れているのと
 密着度が高い、のとでは 当然、アドレス、姿勢、その向き
 にも表れてきます。

 左右のグリップが緩い場合は 当然、体のゆがみは大きくなるので
 どうしても 見た目、違和感と言えば良いのか、
 奇妙な部分が出て来ちゃいますから。
((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment(3)「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(2)





 ショットって 縦の距離も、左右の方向も、
 出来るだけ 揃えたい、繰り返したい訳ですが、
 動的な動き よりも それを始める姿勢、アドレス、グリップの方が
 確率に影響が大きい…んですが、
 その姿勢、アドレス、グリップの均一性を高めるために
 動作としてのスイングを造っている と言っても間違いないです。
 動作ソノモノの問題よりも大きいかも、です。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「全員 にじゃあ ないですけれど
 この抜き方 というか、スイングの終わらせ方は
 出来れば手で振りたくないのに
 クラブを下に振っちゃうとか、ローテーションしちゃうとか 
 手で振っちゃう人の解決策としては
 かなり有効じゃないか と思うのです。」
JMさん「なかなか 上手く行かない…ですけどね。」

店長「届かない とか、当たらない とか、
 怖さは有ると思いますから、加速の無いゆっくりとした
 ショットからやってみる必要はあると思います。」
JMさん「カラダは180度、クラブは90度ってのは
 頭では分かっているんですけど
 結局、クラブを180度振ってしまう。。。
 それ故に インパクト以降にからだ(左サイド)が止まって
 からだの回転が180度にならない、そう言う感じですね。」

店長「わかる、分かります。
.ラダは180度 クラブは90とか120度って意識
∈枯咾糧瓦方

 これは 左ひじを抜くって感じよりも
 左サイドを止めないで 廻していく、
 アドレス時を基準とすると、背後に
 ボールから離れていく方に 断続的に動かしていく
👉まずは 真似で、素振りから始めると良いかも、です。」
JMさん「素振りでそこまでは出来るんですけど…。」
店長「そうなると やはり
➂リリース 右腕を伸ばすことで何を動かしているのか
 というコトになると思います。
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment

 コレも ゆっくり の素振り で良いと思いますけど、
 グリップって 当たり前には
 右グリップの方が遠い方、ボールの方握っていますから
 右手の方がからだがから遠い方、
 グリップのズレ分 外側を通る から
 どうしても クラブ自体を押すことになってしまって
 それが故に、支点効果 で左グリップが止まり、
 からだの回転、向きの変更にも抑制がかかっちゃう。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(2)

 ですので あくまでも『イメージ』ですけれど
 右手を伸ばしたら 左手の外側、遠い側ではなくて
 左腕の前腕、左手首よりも肘側の前腕を『押す』ような

 イメージで素振りをしてみて下さい。
((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)((リリースの違い フォローの違い_Moment(5)
 本当に 『押す』訳では無く、
 左腕は カラダの向きでどんどん逃げていくのですけど
 そう言う関係だと 左腕、左ひじが押されていくので
 からだの回転が止まり難くなります。
 左腕の付け根は背後に逃げようとする、
 このままだと届かないから グリップはボール側に残す
 カラダは廻っていくので 左上腕は上がり、グリップは高くなりますが、
 左右関係として グリップは残る、
 そう言う感じです。

 ポイントは 左ひじで引く というのでは無く
 カラダが回り続け 左ひじが引かれる
 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「これは やってみたけれど 上手く行かない
 を解決する手段になるモノ でしょう。

➂強いショットでは 慣性や遠心力が付きますから

 リリース がない訳じゃないですけど
 リリースのタイミングの問題 と言うよりも
 何を』リリースするか によって異なってきます。

あらかじめ 定義しておきますが
この場合で言う リリースとは
テークアウェイ、トップで 短くなった利き腕、曲がった肘。
右打ちで言えば 右腕、右ひじ ですね。
これを 伸ばしていく作法 を指します。

 手で振る、手でクラブターンする場合、
 左グリップを支点に 右腕を伸ばすことによって
 『クラブ』をリリースするコトになります。

 その結果、左ひじは拘束されてしまいますから、
 左ひじの窮屈な 小回りなフォローになります。
 スライスや引っかけ、フェアウェイウッドの苦手の原因になりガチ です。
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

 からだの回転で クラブターンをする場合、
 それをリリースと呼べるか微妙なのですが、
 クラブを持った左手をリリース?する、
 からだの回転に同期するように手助けするのが
 リリースと言う言葉に相当する 右手の、右ひじの伸ばし になります。

 
 強いショットの場合、遠心力も加わってきますから

 コチラの方が 圧倒的に 大きなフォローになり、
 軌道変化やヘッドの高さ変化が緩く、安定度も増しますし
 スピードアップも望み易い と思います。

 仮に ボールを投げる として
〇腕を止めて その反動で手首から先だけ振って投げる のと
〇腕ゴト、からだゴト、動かし続けて投げる、

 練習量や自信(メンタル)によって どちらがスゴイ球か
 一概には言えないでしょうけれど、
 後者の方が故障は少なくなり、長く活躍できる と思います。

((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)

 繰り返しになりますが、
 右腕を伸ばすことによって
 クラブをリリースしてしまう…
 クラブをリリースするとは クラブにからだの回転とは別の
 回転運動、角度運動を指しますが、
 これをしてしまうと 左グリップ、左ひじは拘束されます。
 止まってしまう と言えば良いでしょうか
 ですので その時点でからだの回転とクラブの関係は
 途切れてしまいます。
 リリースポイントを遅くすれば出来る、というよりも
 やはり『何を』リリースするのか、
 右腕を伸ばすコトによって『何を』しようとしているのか、
 が大きいと思います。

 この動画に出てくるリリースは
 素振りの時点で クラブ単体に回転運動をさせようとしていますから
 左腕の作法などを意識しても 手で振る から
 逃れられません。

 もしかすると…ですけれど、
 勿論、全員に当てはまるとは言えませんけれど、
 手で振る、手打ち と からだの回転で境目になる、
 これが理解できると かなり改良される人もいるんじゃないか、
 と思います。


この動画においても
一瞬、ですが 左サイドがひっつれる
上に逃げる瞬間があるのですが、
➂の問題(支部長)は無いと思うのですが
△鯆呂瓩譴弌,茲螢好燹璽垢法△茲螳堕蠅靴董
もしかしたら ほのかにスピードもあがる
もしくは スピードの低下を防げる気がします。


 左サイドが詰まっている、
 左サイドが渋滞を起こしている、
 左ひじが痛い
 なんて人には
 とても 有効な処方だと思いますよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「フォローが小さい、大きくしたい って
 ヒトも結構いるじゃないですか❓」
JMさん「ありますね。 昔であれば
 コースで 連続写真を撮って貰い、
 こんなスイング、こんなフォロー したつもりはない!
 って奴ですよね。」

店長「ですねー。自分の思い描いている通りの
 スイング映像になっていることは稀ですからね。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)81b16761-s






 フォローを大きくしたい っていうのを
 『両腕を延ばすようにすれば フォローは大きくなる』
 と思っている人も少なくない、のかも知れないですけれど、
 フェースターンをする人にとって、
 自分自身が 180度ターンすると
 当然 クラブも180度、
MVI_0878(2)_Moment(4)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(7)




 イヤ それ以上ターンすると思っている人ほど
 想いと裏腹になっっちゃうんですけど
 それをすればするほど
 フォローは小さく 小回りになってしまいます。

 フォローを無闇に大きくする必要はないですけれど
 カラダ向きゴト クラブターンをすれば
 自分は180度ターンするけれど
 クラブのターンは90度でいい と思って行うほどに
 それは解消されていきます。

 弾道が安定しない人やフェアウェイウッドが苦手なヒト
 は この部分、大きいんじゃないかと思います。」

JMさん「抜き方、と言えば良いのか分かりませんが、
 どんな抜き方 になるんです❓」

店長「フォローの取り方、スイングの終わらせ方の
 ポイントは3つあります。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)スナップショット 1 (2015-09-24 17-51)




,泙困蓮^媼韻箸靴
 自分の向きは180度ターンしても、
 右から左へ(右打ち)と体の向きを180度変えても、
 クラブの先端には重さ が付いているので
 アバウトですけれど クラブ/シャフトは90度とか120度しか
 ターンしない、出来ないというコト です。
スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 7 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)







 からだの向き180度に対して クラブのターンは90度とか120度、
 その位の意識であっても
 
インパクト以降、自分は減速するのですから
 遠心力や慣性 によって 結果、イコール それ以上になります。
 
 運動の元、になるはずの 自分のからだの向きを
 先端部のヘッドが追いつく・追い抜く って
  発想 が一体全体どこから来るのか…
 超常現象じゃないんですから…。

 からだの回転を180度 クラブも180度 って考えている人の
 クラブ扱いって からだ120度 クラブ270度 になったりします。
 クラブの回転の角度(角度運動)が増えれば増えるほど
 半径は小さくなり、軌道変化、ヘッドの姿勢変化も激しく
 なりますので 安定したショットをし難くなりますよね。

スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





スナップショット 4 (2016-07-27 18-56)スナップショット 5 (2016-07-27 18-57)スナップショット 6 (2016-07-27 18-57)







⊆,忘酲,箸靴討痢]咾気个、肘さばきですけれど
 基本は テークアウェイと同じです。
 
 テークアウェイの時は右ひじ、右腕(右打ち)になりますが
 インパクト以降、フォロー側であれば 左ひじ、左腕になるだけ、
 肘を下に向けて、とか、肘をからだに付けて、とかで
 左腕の肘から先を振らない というコトですね。
 肘をやや外目に向けて 腕をたたんでいく感じになります。」
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)





JMさん「なるほど、確かに テークアウェイと同じですね。」

店長「ポイントは 肘使いではあるんですけど、
 グリップの高さ変化を止めないコト にあります。
 抜け側の左ひじを外目に向ける は
 左の上腕を上げていくことにつながりますが
 それによって グリップの逃げ道、抜ける道が出来ますが、
 左腕をロールさせて クラブを振ってしまう場合、
 グリップの移動が止まってしまうので
 フォローはからだの巻きついてしまいます。
 スピードも上げにくいし、軌道やヘッドの姿勢の変化も激しい、
 その上、肘や手首、肩、腰などへの負担も大きいのですから
 アマチュアが率先的にやるべき では無いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転でクラブを動かす のと
 手でクラブを動かす、 もう少し詳細に言うと
 からだの廻りで クラブヘッドが円を描かせる と
 手で クラブヘッドを円を描かせる  の
 最大の違いは インパクトが一点になるのと
 ゾーンと呼べるか どうかはなんとも言えませんが
 点では無く 線に出来る のの違いになります。」
「リリースのミス? 下に振るのか 廻るのか_Moment(3)

JMさん「当然、手で振った方が点になり易いですよね。」
店長「そうなりますね。
 ですので 同じ条件であれば
 からだの廻りで 円を描いた方が安定し易い ですし、
 ロフトを締めて インパクトし易い、
 ボールをつかまえる、捕える と
 方向の安定が相反しない 関係になります。
 ですので よく言われる 飛ばすと安定は
 本当は相反しないのです。」

JMさん「その最大のポイントはなんなんですかね❓」
店長「私は カラダをどう動かす とか、
 この時は カラダの姿勢はこうだ みたいな技術的なコト、
 ではなく、ざっくりとした クラブってこう動くんじゃないの、
 っていう思い込みと言うか、概念のミス だと思っています。」
JMさん「間違った思い込み。。。ですか❓」
店長「そう思います。
 例えば アプローチで
 カラダの向きが 180度変わったら
 クラブ、シャフトも180度ターンするモノ と思い込んでいますが、
 自分自身が動力で 180度向きを変えても
 クラブは 運動に対しては負荷です、
 特に ヘッドにはクラブ全体の60%以上の重さが付いていますから
 具体的に ●●%とは言えませんが、
 その重さの分、120%とか、
 イメージでは 90%位しか動かない
 と考えた方が
 カラダとクラブにズレが生まれ難いと思います。
MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(4)








 それと同時に、その円を描くコト ですが
 スイングを動作 として考えると
 当然、終わらなければならない ですから
 動作としては 減速 〜停止に向かいますが、
 クラブには勢い、慣性、惰性 が付いていますから
 結果、としては 自分の動作を追い抜く可能性があります。
 勿論、打った後 になりますけれど。。。
 ソコを勘違いしている人が結構、多いんじゃないか
 と思うのです。」
JMさん「ヘッドがグリップを追い越す の話しですね。」
店長「はい。その事実は否定しません。
 否定しませんが、それで打つ、打撃する訳では無い、
 どちらかと言えば、それは おまけ に近い
 打ち終わってから 「発生」するモノ です。
((リリースの違い フォローの違い_Moment((リリースの違い フォローの違い_Moment(3)((リリースの違い フォローの違い_Moment(4)





 ヘッドがグリップを追い越す を 打撃ソノモノ
 と考えている限り、
 それをする為には 体のどこかを止めねばなりませんから
 イコール 手振り になります。
 フェースターン、ヘッドターン、フェースローテーション、
 それらを 打撃ソノモノ だと考えている限り、
 手振りからは逃れられない のです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JMさん「左への引っかけやトップなどが結構出ます。
 自分で動画などを見る限り 手打ちが治らないのですが
 どうしたら良いんでしょうか❓」

店長「一概に 手打ちが悪い訳では無いんでしょうけれど
 フェースターンが激しくなるのは 徐々にでは、あっても
 減らしていきたいですね。」

JMさん「練習は出来るので、どこを気にしたら良いのでしょうか❓」
店長「そうですね、アプローチが良いのではないでしょうか。
 気にするポイントは 打った後、フォロー側 です。
JMさん「フォロー側❓」
店長「はい。特に片手で出来る程度のアプローチが良いかも知れません。

 インパクトに入る〜インパクト〜インパクト以降 の
 左サイド、左肩の動きに注目して下さい。

 インパクト以降、左肩を基点に 腕を振るようなスイング、ショットと
 カラダを回していくショット の違いが判るかと思います。

 コレが分かり易いのが 左手一本での素振り、ショットだと思います。

 YOUTUBE なんかにも 片手のスイング・ショットが出てきます。
 多くの「片手ショットサンプル」は間違ってると言うと語弊がありますが、
 良い参考例とは言えないですね。


 video_Moment3やってみよう 両手離し(スプリットハンド)ドリル_Moment(3)(片手での素振り と クラブの格納_Moment(3) 
 フィニッシュに向けて こういう抜き方が理想です。
 カラダは廻り 左を向き、左肩、左サイドは
 テークアウェイの時と同じように
 アドレス時に対しての背後、後方に抜けるんですが、
 グリップはボール側に残る・・・そんな感じです。
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)
(片手での素振り と クラブの格納_Moment(6)
 


対になるのがコチラ ですね。
 インパクトは体の正面で‼ とか
 カラダは開くな‼ の意識が強いとこうなりガチ です。

 クラブはどの道ターンしますが、
 それを 腕でするのか、
 カラダの向きでするのか、 の差は
 インパクト以降に強く出ます。

 左手一本での軽いショット、素振りをしてみて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そう言う意味合いでも
 左サイド主導でテークアウェイを取るのは
 あまり賛成出来ないのです。
IMG_0272_Moment
 左肩を入れろ
 は 結果論としては間違っていませんが
 方法論としては その意味が
▽左腕を動かす、
▽左腕で『クラブを上げろ

 になってしまっていて、ナント言えば良いのか
 ダウンスイングでの
(左)腕余り』を作っている 
 に至っているケースがとても多く見受けます。」
Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Moment

質問「からだをもっと回せ は
 左肩をもっと入れろ
…だと思っていました。」



店長「それで悩んでいない、
 手振り、手打ちで困っていない のであれば
 それはソレですけれど、
 ダウンスイングでの 無駄なローテーションや手振り、
 ソレに困っている人の多くは テークアウェイの時点で
 そうなるように『上げて』しまっています。
会田20210701_Moment
 実際に困るのは ダウンスイングでの
 左腕余り、左腕の長さ が邪魔になっているのに
 より 左腕を長く使おう としている訳です。」

質問「そう言う意味合いで テークアウェイで
 右サイド主導、右ひじを外目に引け と❓」

店長「はい。 テークアウェイだけじゃないですが
カラダの向き をする モーターは
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment足廻り、お尻周り、になるとは思います。
思いますが、それの方向を誘導するのが
右サイド、特に右ひじ、右肩なんだと思います。
右ひじが曲がることで
 グリップを引っ張っている、上げているという感じではありません。

●右ひじを外に張る のは確かですが、
 それは カラダの向きを変えて
 右ひじの位置を アドレス時の後方、背後に
 ちゃんと動かす、大きく動かす と言う意味合いの方が強く
 肘の向きが下を向いてなければ OK と言う程度です。

👉カラダの向きが変わるから 右ひじが曲がる
 右を向くだけ でも グリップの高さは増しますが、
👉右ひじが曲がる分だけ、グリップが若干、高くなる
 グリップの高さも含めた 移動の主体は カラダの向き
 というコトになります。」

質問「右ひじの曲がりとフットワークは連動している と?」
店長「からだの向き の 方向を誘導しているのですから
 当然、そうなります。
 ですので 向きの変更が終われば 上がりも含めた
 グリップの移動も御仕舞いになります。
 この連動であれば 多少の惰性、慣性はあっても
 右向きが止まった後で クラブが大きく動いたり、
 悶絶クラブであっても 大きくシャフトがしなったりは
 しないと思います。
小堀20213_Moment

 ダウンスイングで 感覚的に振り遅れている多くのケースが
 左腕の『長さ』に困っている訳です。
 であるのなら 左腕が長くなるような準備 〜テークアウェイは
 再考してみる価値は有るのではないでしょうか❓」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「テークアウェイについて
 あまり話題にならないけれど
 実は 結構、重要なポイントがあります。」
質問「! なんなんでしょうか❓」
店長「ダウンスイング、インパクトで
 ヘッドやクラブを下に振ってしまう、
 キャスティングしてしまう、
 まぁ つまり 手で振ってしまうコトが原因で
 悩んでいる人って 結構、いるか と思うのですが、
 その 素地になるのが テークアウェイの中に潜んでいます。」
質問「結構、重要なポイントですね。」
店長「ですです。
 ダウンスイングで考えると
 カラダを回す 〜向きを変えるコト によって
 トップの位置で高かった グリップの位置を低くする、
 からだの回転と言う横運動でグリップの高さが変わる、
 正確には上下『運動』ではありませんが、
 横運動を縦運動に変換する作用…
 からだの回転によって グリップを変える、
 というのが ありますよね⁈」
質問「出来ているかどうかは分かりませんが、
 頭ではわかっているつもりの部分、ですね。」

 店長「それの 素地が テークアウェイにあります。

 テークアウェイを総称して 上げる
 ダウンスイングを総称して 下げる


 スイングは 上げて下げる だけだ‼
 という イメージ が有ると思うのですが
 その言葉は カラダを回すだけだ を本当は示唆しているのですが、
 アマチュアの多くは テークアウェイはクラブを上げるモノ、
 手や腕の作用によって クラブやヘッドを上げるモノ
 『上げる』と言う動作を強く意識している可能性
があります。」
質問「。。。意識 しています…。」
店長「ダウンスイングで起こる 振り遅れや開き など
 カラダの向きによる 時間の進行 からズレ
 その結果、ヘッド・フェースを返さなくてはならない
 と言うケースの多くの原因は テークアウェイであったりします。


 カラダが右を向くコト が
 グリップを、クラブを高くする メインエンジンで
 腕を使って それを 少し補助している だけ
 位置エネルギーを確保するのは カラダの向き で
 その確保された位置エネルギーを 帰りに当たる
 ダウンスイングでより 打撃に有効に使えるようするのが腕の役割
 なので 腕でクラブを上げたり、高くしたり はしない、
 と考える方が良いと思います


 アマチュアのスイングの中には
 カラダの向き ではなく
 腕そのもので クラブ・ヘッドを上げる方 も居ます。
 そう言う打ち方も悩んでいなければ それはソレ ですが、
 参考書的には お薦め には出来ません。

Desktop 2022.03.29 - 17.29.46.05_Momentからだの回転で 高さを造っていないと
ヘッドの遅れは ロフトの立ちに出来ません。
左右の腕の関係から 腕だけ(特に左腕)で上げ、下げ、
そして 帰りには 横運動である回転が混じってしまうので
ヘッドの遅れ は フェースの開き に転じてしまいます。 
 
 スイングタイプ的に
 深いトップ、俗に言うオーバースイング気味の人に多いですが、
 先に体を廻し、右向きの からだの回転が終わり掛かると
 その慣性や遠心力で 更に腕(特に左腕)やクラブを振る、振り上げるケースですが、
 これは 基本、腕(特に左腕)だけでクラブを上げ下げしているケース と
 変わりありません。
 慣性が加わって 深いトップになる分、
 無駄?不必要なヘッドの遅れが加わる分、
 より一層の ヘッドターンが必要になります。
 それらは ダウンスイング、インパクト、ボールさばきの問題
 ではなく、準備側に問題があると言うか、
 ボールを打つ、クラブを振る概念のミス と言えるかも知れません。
会田20210701_Moment

 ダウンスイングでからだの向き、回転通り グリップが低くなる、
 テークアウェイで 回転通り グリップが高くなる、


 アマチュア、プロ、それぞれ 全員って訳ではありませんが、
 あ この人 素人じゃないな ってのが
 そこら辺に出たりする訳です。」
質問「テークアウェイにおいて
 腕での クラブの上げ は要らない。。。と。」

店長「上がってしまう分は別として
 テークアウェイで 腕だけでなく
 クラブを上げる意識そのものが要らない
 と思います。

 特に 左腕でのアクション
 テークアウェイで左腕を「動かす」アクションは
 ほぼ要らない、邪魔になる要素だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ