◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております



野球などで使われる 『リリース』 …解放、解き放つ等の意味
 と言う言葉はゴルフショットでも用いられますが、
ゴルフショットの場合、
リリースするのは ボール であって ゴルフクラブではありません。

ゴルフクラブを 放っぽり投げて ボールを打つのでは
上下左右の角度が重要なゴルフショットにとって
あまりに不正確になります。


スイングにおいても
右利きの人が右打ちをして 主に利き腕を使って
「リリース」をするのですが
(あくまでも 打撃の主力エンジンはヘッドの重さとからだの回転です)
それは 当然、ゴルフクラブを 「解き放つ」 ではなく
自分の一部として、道具として
ゴルフクラブを使って ボールを 「解き放つ」 という意味です。

そう言う誤解もあるのではないかと思います。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)











多くのゴルファーは 右腕を伸ばすことで
右腕とクラブを一直線、もしくはそれ以上
右腕のかいな 右から左にひっぱたく延長線上で
クラブを「解き放って」しまっています。

リリースすることによって
仮想のスイングの円弧に対し
時計の針(クラブ)を 垂直な関係
アドレス時に 6時になっているクラブを
6時に戻し それ以上 振ろうとしていますが
円弧を ヘッドがなぞる 舐めるのは
からだが回るからであって 腕の仕事ではありません。
文字盤3-6ji

それでは 結果、体の仕事を取ってしまい
からだの回転で打つコトが出来ません。

利き腕(右打ちの人の右腕)のリリースは
円弧の外周を ヘッドでなぞる のではなく
小さくなった円弧、高くなった円弧を
元の大きさ、元の高さに戻す役割の方が
遥かに多いのです。

文字盤3-400x392 - コピー (2)文字盤3-400x392 - コピー









ですので イメージ・・・ですが、
ヘッドで円弧をなぞる、舐めるようにリリースするのではなく
クラブ、シャフトを仮想の円弧に押し付けるように
リリースしなくてはイケマセン


その外周にクラブを押し付ける 腕のリリースによって
グリップの位置が下がり、円弧が元の大きさになり
クラブや腕の重さ と からだの回転につながりが出来ます。

ダウンスイング後半の一番大事なトコロ、
一番美味しいトコロで クラブ、シャフトを丸く振れば
当然 その丸く振った方向に遠心力が掛かってしまいますから
からだは その遠心力と真反対の方向に 引く動き
からだを開き、上を向く動きがする必要が生まれます。
ボールの位置は 固定されている のですから✋
本人はからだ 俗に言うボディターンで打ってる…そうです_Moment(5)

速く、強く、丸く振る程 からだは開き、上を向き
ロフトは増え、入射角度は緩くなり、
スイングの最下点は ボールより手前になります。
これは 地球上でゴルフをしている限り
 絶対に逃げられない法則 自然のルールなのです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを上から打つ
ボールをつぶす
 には
ヘッドを上からボールに入れる ではなく
『フェースが上からボールを見ているコト』 で
締め切り期限、時間として
『進行方向 に当たる からだの左側 が 低い内にインパクトに進入する』
コトです。締め切り期限がある というコトでもあります。

ですので
理想とする グリップの到達、通過地点
トップの位置からすると 茲梁世發發両紊△燭
左腕とからだの間あたり になるのですが
✋そこに 手さばきで「ガンガン」持って行っては
 そこに 手さばきですべての行程を持って行ってはイケマセン。

全てを腕で持って行こうとすると
肩が上を向いてしまい、その結果 体を上を向き気味になり
思っている以上に からだの開き具合が早くなり
からだの回転が「下に」という時間を失ってしまいます。
その結果、ヘッド、シャフトを振らないと「届かない」になります。


ほんのちょっとのきっかけ 
クラブや腕の重さを回転の進行方向とつなぐ
という意味で、ほんの少し動かす
グリップエンドの進行方向を決める「きっかけ」程度
の動かしでいないと 胴体と肩の上下の行き先が崩れてしまいます。







上から打つ のと
クラブを振る〜煽り打ち/すくい打ち とは
回転の方向、回転の方法が 異なります。
✋クラブを振るには 体を開くだけ でなく
 体を上に向かないと 振る「空間」が造れないので
 ダウンスイングで その空間を造ろうとするのが
 習慣化してしまいます。



ですので からだの回転でグリップ「だけ」を動かす を実践しても
そのからだ使い、回転の仕方は残りますから ミッションは達成しきれません。

からだを回すと 腕やクラブには遠心力が掛かり
その重量は運動量分、増して行き 外に膨らもうとします。
クラブを持つ腕の 根元、付け根は肩部分です。
そこから 外に膨らもう とするのですが、
回転方法、回転の仕方 によっては
その方向を下に手が伸びる が可能です。
手を伸ばす ではなく
からだを回すコトによって 手が伸びる の方が簡単になりますし、
その遠心力によって 無意識に 前傾姿勢を保つ も
達成可能になります。
✋よって 手の仕事は
 トップの位置でかかる クラブや腕の重さを
 どの進行方向に行かせるのか のきっかけのみ
 数センチ 動かせれば よい程度 です。



ヘッドを振るには 左グリップが先に行き過ぎては振り遅れになります。
よって インパクトへの進入 は 右太ももの前が基準です。

上から打つ グリップの目標は 茲梁世發睚向 です。

その進行目標の違いは 時間差 を生んでしまいます、
下を向いている内に打てるか
上を向き始めてから打つか  の違いです。

video_Momentvideo_Moment2











特に目立つのは 左腕の付け根は移動しているのに
それに伴って 左腕が移動せず
そのズレ が最終的なキャスティング、ヘッドを振り を生んでいる
のです。
これ 一見すると ミス のように見えますが、
そうしないと ヘッドを振る事が出来ません、ヘッドを返せません。
振るための「空間」を造る 意図的なテクニック です。

そこにグリップの行き先を持って行ってしまえば
肩は上を向きます。

からだが下を向いている間に
インパクトに入る そう言う からだの動き方 になる
それを阻害しない グリップの行き先を作り直す必要があります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


定番のシリーズになってしまいましたが、furiko
スイングを壊すモノ
それはアプローチにも顕著に出てきます。

それは 振り子の動き です。

大きく振らない アプローチであっても
この角度からスイングを見ると
「クラブだけを見てしまえば
平面上 クラブは振り子のように 動いて見えます。


IMG_0093_MomentIMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)







実際には、
クラブを持った打ち手が
からだを回して、体の向きを変えて
グリップを移動させているから発生する『見え方』なんですが、
ゴルフスイングをやり始め、覚え始めの
地面にあるボールを拾う、探る動きをマッチし易いので
その動きが定着してしまうのです。
残念ですが、レッスンプロでも「こうやってアプローチしろ」と唱える人も多くいます。

また パターでもこう打てと 言われますが、
肩は運動機能としては 腕の一部、腕の付け根 なのですから
腕で打つなら 腕だけの方が より ボールを転がす、移動させやすいし
肩はからだ、肩を回すことがからだ というのには無理が有り過ぎます。
パターでの肩の動きは 上下のギッタンバッコン、
決して からだの「回り」ではありませんし、繊細な距離を
背中廻り、首回りで生み出すのは簡単ではありません。



ゴルフをやり始めた方ばかりでなく
ベテランゴルファーも実施して貰いたいのですが、
ハーフダウン のところから
からだの回転でグリップのみを動かして
手のさばきはほぼ一切なしで
グリップだけを動かして ボールに当てて貰いたいのです。


IMG_1015_Moment(2)


からだの回転を主にクラブを動かしている場合、
スイング軌道に対し、クラブはどの場面であっても
大きく動いていないのです。

今までの この時点から グリップを基点に
シャフトだけを振っていた人が多かったと思うのですが、
キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment
それでは
 スイング動作のスピードとヘッドスピードに関連性が生まれず
距離の調整につながる スピードの調整が難しくなります。
また ハーフダウンから グリップを基点にして
シャフトを振るボールのとらえ方では
その行為そのものが ロフトを増やし、入射を増やし、
自分のからだを上に向かせるという 3重の意味で
飛距離を落とす行為 になるので
ヘッドを振るスピードが 飛距離を比例しません。
動作のスピードを上げても 飛距離につながらないのです。

✋右腕を伸ばすことで 右腕とクラブが一直線になるリリースにするか
✋からだの回転にグリップを遅れさせないための補助が右手の仕事か

非常に大きな分かれ道なのです。

そう言う意味での 弊社の言う「刷毛塗」です。
刷毛塗の動きは それソノモノでグリップを送り込む のではなく
からだの回転に グリップを遅れさせないようにするスイッチ、
もしくは補助に過ぎません。
刷毛塗そのものが打撃ではないのです。
やり過ぎでしまえば 肩が回転を奪ってしまい、
一番美味しいダウンの後半を失って 結局、手で振らなくてはならなくなります。


キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(2)


✋からだの回転でグリップのみを動かしてインパクトに入る
右ひじ、腕を伸ばしたとしても
 肘から先の前腕とシャフトの角度はキープしたまま なのです。

この動きを知っているか、知らないか が
ほぼ全般に渡り スイングと呼べるものになるか
それとも単なる長い棒でボールをぶっ叩くか

の分かれ目 と言えます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


Kazuちゃんの憂鬱…の続き なのですが、
スイングにとって 非常に重要なポイント なので続けます。

多くの人が ゴルフを始めた初期段階で
地面にあるボール、足元の高さにあるボールを当てるのに苦労します

そして 結局、右利きの人が右打ちしているケースでは
器用である 右手でボールをさらうコトで解決します。

クラブを持たずにやると分かりますが、
右手でボールをさらうには 右を向いていたら ボールに届きません。
からだを開き、左を向き始めてから 右手でさらわないといけないので
この時点で、開き癖、しゃくり癖、あおり癖 が始まっているのです。


この画像をご覧ください。

スイングのよく言われる軌道に対して
アドレス時は 時計の針のような関係です。

IMG_1015_Moment文字盤3-6ji









トップの位置やダウンスイングの時点では こうです。

IMG_1015_Moment(2)文字盤3-400x392









おそらく・・・ ですが、
時計で言うと 10時とか11時を指している針を6時
スイング軌道に対して垂直っぽい関係に戻そうと考えているでしょう。

ところが スイングは
時計の針 が動いているのではなく
からだ という 時計自体が動いているのです。
時計自体が向きを変えている と考えて良いのです。

上げ下げ、については
グリップの位置がほんの少し 30センチ程度上がっただけ
クラブの形状から 自然なコッキングが発生しただけ
スイングの進行に当たる からだの回転において
クラブとからだの関係は大きく変化していない のです。
downswing
✋にもかかわらず 軌道に沿って
10時〜11時になった針を6時に戻そうとすると
ヘッドで軌道をなぞってしまうと
時計自体が上を向いてしまい、
約束の時間が6時 のはずなのに
7時の場所が最下点になってしまう のです。





IMG_1015_Moment(2)ですので
この状態、トップからでも良い です
この状態から 体を回転させ
グリップを所定の通過点まで持ってくれば
良いだけなのです。

グリップさえからだの回転に遅らせない
付いてくる、同期してくれば 元の位置に戻れます。

運動による重量の増加、 ヘッドの遅れ分だけ、
インパクトはアドレスのグリップの位置よりも左にズレる だけ。

そこへからだの回転で持ってきてあげれば良いのです。

決して スイング軌道をヘッドでなぞったり、
俗に言う シャフトを振って ボールを迎えに行ってはダメ
 なのです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ヘッドの入れ方 のお話です。


ゴルフを始めたばかり、に限らず
多くの人が 覚え始めの「一個目のボタンの掛け違え」
何年も、何十年も続けてしまっています。




蕾菫:
これはどんな意識でしたか というと
蕾菫、正式にはキャスティング、
一般ではフェースローテーションとか、ヘッドの返し
などと呼ばれていますが、
からだが回転して造る円弧 を忘れ去り
右の手のひらで円弧を描くように ボールをさらいます。

👉グリップは 左右で握り、その相対関係は固定です。
 グリップを入れ替える 上下、左右に入れ替える フェースローテーションでは
 右を茲硫爾貌れれば 茲呂修諒高くなってしまいます。

 右をボールの方に出せば、左は中(自分側)に入ってしまいます。

 下げているのに一部は上がり、
 出しているのに一部は引っ込めるコト になってしまうのです。


莢菫:
これは グリップをからだの回転で動かし続けています。
からだの回転に対し クラブ・シャフトの角度、関係は一定で
右手で補助することによって グリップの高さだけを下げています。

ヘッドに関しては 回転で下がる分、
 グリップが低くなることによって 下がる分、
それらを考慮して グリップの通過する点を探します。

キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment

始まるのここら辺。。。
一見すると似ていますが、
フェースローテーションするモノは フェースを開き

ヘッドを回転させて 横からボールを打つ準備をしています。

からだの回転で打つ場合、フェースは下向き気味 にしていないと20191117kazu 型_Moment
ボールをとらえられませんから この時点でフェースの向きは異なると思います。

インパクト付近で グリップを止め、ヘッドでボールを探って
ヘッドを動かして打つための準備が既に出来ています ⇒⇒⇒


キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(2)キャスティングする しない ◎ヘッドの入れ方_Moment(3)右ひじの伸ばしと
右手のスナップするアングルが連動しており
その動きは
からだの回転に加え
もう一つの円弧を描かせますので
ロフトは増え、
入射角度は緩くなります。

また この動きはヘッドを出せば出すほど
からだは上を向くので
見ての通り クラブの最下点は右に来易く
速く、強く振れば振る程 その最下点は手前に来てしまいます。

からだの回転、グリップの下がり、それによる足のさばき(無意識)
ボールにヘッドが届くのは それらの合体です

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

長崎支部長の許可を頂きましたので
ハミングバード主催の ゴルフ(ラウンド?)もしくは、
練習所での触れ合い(変な触れ合いではありませんよ)を
長崎近辺にて開催しようと思っています。

長崎がどの位寒いのか、が分かりませんが
年明け〜春までの間。。。寒くても早い方がよいのかしら ・・・
Kazuちゃんには のちほど 支部長の連絡先を伝えます。
噂の 秀二の保護者にも会えると思いますよ(会いたくないか…)



・・・それはさておき
 Kazuちゃん 早速、秀二の右向きトライをしてくれました。
 ナイストライ…ではありますが、
 練習場であまり 秀二の意識が強いのは・・・
 まずい?かも…😵  誰か…寄って来ちゃうかもですよ。  ふふふふ


右向きでの注意点は二点 です。

_鹽召蓮´菷梢箸皚虍梢箸盂気容韻故漫^榮阿靴泙后
 
 「左肩を入れろ」と言う言葉がありますが、
 どちらかというと
 右サイド 藐、蘿愧罎ら蕕尻〜藺世發發泙
 後方に動かすコトによって、つながっている左サイドも
 仕方なく動く という動きがベターです。
20191128 kazu migi-try_Moment

 そこで・・・
 体重が左に乗る逆ピボットは避けたいですが、
 左に軸 左肩を首の間、肩を揉んでもらうトコロ辺りを軸として
 そこにヒンジのあるドア のように 右サイドを動かす
 真ん中に軸がある感覚は掴み辛いので
 左を軸にして右を動かす「ような」感じを掴んでおいた方が良いです。

 静止画を見ても 蕕琉榮偉未足らず
 右腕の長さを持て余しているように見えます。
 
 また 蕕里尻 をもう少し後ろに動かさないと
 まだまだ上半身が捩じられて 前に(ボール側)倒れ気味になり
 それを支えるため、骨盤が起きてしまっています。

20191006_Moment(3)


顔や目線も動かしてみよう

 こちらは実践されていますね。
 最終的に、スイングとしてどうするか は別として
 テークバック トップの位置 というのは
 アドレスよりも ボールから後方に離れます。

 ボールを直視「し過ぎる」と
 目とボールを一定の距離の保とうとする本能のような
 動きが発生してしまいますので
 習慣…として テークバックというのはボールから離れていくモノ
 と身に付けるのは大切なコト です。






これも重要です!

右向き・・・とは別な話 かもですが、
現在の状態で ヘッドがボールに届いていない
上手く当たらない は 練習が辛くなっちゃう かも知れませんし、
ここでの経験が実はあとあと スイングを作ってしまう可能性があります。

また 長年やっているオジサンたちも この部分を
勘違いして ゴルフを育ててしまっています。

このスイングの「始めの一歩」を間違うと
ん十年スイングに悩むことになります。


20191128 kazu migi-try_Moment(2)



いま ボールに届いていないのは


ヘッドがボールを打つための高さ(低さ)になっていない のではなく

グリップが ボールを打つための所定の高さ(低さ)になっていない 
のです!

上手く当たらない からと
ヘッドでボールの当たり を探りに行ってはダメです。

ヘッドでボールを探りに行く行為は
両手の手さばきになってしまいます。
両手の手さばきでの ヘッドの動きは常時、体とは反対の関係、
ヘッドを下げようとすれば、体は浮き
ヘッドを出そうとすれば からだは引きます。

ゆっくり打つのはストレスが溜まる かも知れませんが、
からだを使って グリップを動かす
からだにグリップを動かさせる(移動させる)
ボールに当たるための グリップの通過点を探る動き から
ショットは覚えていかないと その「勘違い」は一生ついて回ります。

 次の記事で実際にそれをお見せしますね(また明日)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




昨日の記事で 右向き〜体の向き、回転について 書きましたが、
その補足、まとめ です。

からだの向き、からだの回転は
ボールの飛びや方向を決める とても大きな要素 です。

そして それを言葉では 「向き」
からだとボールの関係や飛ばす方向との関係 という意味で
「向き」と簡単に言っていますが、
飛距離や方向、弾道の高さを決めるのは
からだの向き(方向) ソノモノよりも
両方の肩の高さ関係 が大きいですね。

ですので インパクトで
ボールと正対する、ボールを正面でとらえる という
からだの向きの意識よりも
インパクトは 両方の肩の高さが揃っている、似ている
という意識の方が 大切かもしれません。
(姿勢も含め インパクトで我慢して体を止める はダメです。
 通過ポイントとして その時期にインパクトがある
 という 常時、移動している、運動している感覚
 そのある通過点にインパクトがある と思ってください)


その高さ関係を作るための準備、テークバック、トップ
と思って良いと思います。

また 正しい良質のからだの回転は
腕の長さにズレを生まない姿勢 形 がベターです。
どちらかの腕が からだの姿勢、向きのせいで
長く使わなければいけない とか、短く使わなければいけない
は出来るだけ避けたいモノです。

恰好 として 右を向く、正面を向く、左を向く ではなく
ボールをより効率よく、そして安定してとらえるためには
腕の長さにズレを生まない向き替えにしたいです。



 


本日のテーマは
上のビデオで気になる点、
また 多くの人がやってしまう代表的 なミス というか
おそらく 自身はそれをミス(間違い)とは思わない でしょう。
そして 90%超える殆どのゴルファーは
こうやって打っています。

分かり易いので 別な方の映像を利用します。
映像には❷スイングありますので 前半は飛ばしてください。
後半、ダウンスイングのある部分から より再生が遅くなるかと
思いますが、そこの部分です。



✋そして その部分が この方だけでなく
 Kazuちゃんも、世界中の殆どゴルファーのしてしまう コトです。
 して「しまう」というとつい、うっかり とか 無意識で
 というニュアンスが該当しますが、
 この動き、この打撃、このボールさばきは意図的、
 スイングを練習する過去の「どこかの時点」
 この 誤ったクラブさばき、ボールさばきは意識的に作られています。

 そして これはスイングを改善する際、一番の障壁、障害に成り得ます。

 困ったコトに この障害になるボールさばきは
 行う人にとっては スイングの肝心要(かなめ)だというコト です。

 一般的には ここら辺のコトを「リリース」と呼びますが、
 正式には この動きを「キャスティング」と言います。

何回か 繰り返し見て頂かないと 分からないかもしれません。
この被験者になって頂いた方は この部分さえなければ
教科書に載せられるほど 良い状態です。
その部分だけを「わざと」やって頂いた、とお考え下さい。

リリース について (2)_Slomo_Momentダウンスイングの丁度ここら辺が境 です。
ここまでの動きはとても良いと思います。
まあ しかし それ以降の動きをする為の
動作が織り込まれているのは気になります。

当たり前 ですが、
スイングは からだの回転(圧倒的な主)と
それを補足するために腕を使って
グリップを動かすコトで ヘッドを動かし
ボールを打ちます。


ですので この辺りまでは
教科書通り、順当に動いていますが、
ここを境に 動かし方が急に変わります。

そのまま からだの回転で グリップを移動させてボールを打てば良いだけ
なのに、突然、グリップの移動を辞め、右手の伸ばし、腕のリリースで
左グリップを支点に シャフト、ヘッドを振り始めます。

フェースさえ やや下向きにして
からだの回転でグリップを動かせば ボールが打てるのに
からだの回転の円とは関係のない、 クラブの長さ軸の小さな弧
を描いてしまいますから 、その分 どんとロフトは増えますし
二重の弧 になりますから 入射角度も緩くなってしまいます。
キャスティング・・・ロフトを急に増やす動きです。
 ゴルフショットの中には どうしても 打ち出し角度を高く取り
 スピンを多くして より高さが必要な場面・・・ロブショット のような
 ショットがありますから、これはゴルフショットではない!とは
 言えないのですが、ここまで ある距離を打とうとしていた行為が
 すべて水の泡 になってしまう動きです。


ゴルフスイング 本来の
グリップをからだの回転で動かして打つショットに比べると
ボールを打つまでの弧が大きく〜クラブが長く、入射が緩くなります。
ですので この打ち方をし始めた当初は
その分、左肩が上がる、体が開くので トップやダフリのミスが頻繁に出ます。
その調整度合い、体の止め具合をきっちり練習で掴む必要があるでしょうね…。
まあ ミスの上塗り になるんですが…。


前回登場の Rさんも全く同じ ボールさばきをしています。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)










このボールさばきの一番の罪 は
ここの部分をするには グリップを止める、からだの回転を止めます ので
ボールを打つ 一番肝心なところで からだの回転を使いません。
インパクトのところを抽出した「ショット」の肝心要な部分に
からだの回転を必要としない、
逆にからだの回転が邪魔なものになってしまうコトです。


ですので kazuちゃん
上手く行かなくてもいいですから
ここから クラブをリリースせず、
イメージしている ヘッドの通り道、軌道を
グリップをからだの回転で動かすコトで造ってみて下さい。

フォローでも どこまでも。。。 ヘッドをどう生かせるか
どこへ行かせるか、どの位ヘッドを振るか は自由ですが、
それを グリップを止めて ヘッド、シャフトを動かすのではなく
グリップを動かすコトで造ってみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
 

弊社のお客様で
お店より 数百キロ離れたところからの映像です。

ご来店歴はなく、通信講座状態の kazuちゃん です。

勿論、ご本人にも了解を経て、モザイク付きのスイング解説になります。

   (無関係ですが、モザイクという響きが ちょっと◎◎な昭和な店主です…。)



型を意識された というコトですが、
とても典型的な例ですので 参考にさせて頂きます。

以前は 今どきのごくごく普通なスイングをされていたのだと思います。
こうしてみるととても良くわかります。

マットに対し 普通に立っているのに
✋何故か 強烈に 左に向かって振るスイングになっている。
✋別な言い方をすれば スイング中、
 正面、ボールを正対する瞬間が存在しません



それは何故か?


ハミングバードでは 腕使い、ひじ使いの話で
「刷毛塗」というのが出てきます。
テークバックは 右ひじをやや上方の背後(後方)に引いて
と言い点を 意識し過ぎてしまった結果…かも知れないのですが、
比較してみて下さい。

20191117kazu 型_Moment20190927_Slomo_Moment













片や 当ブログでも名物になりつつある、長崎支部長(右写真)です。

長崎支部長の最大の強みは この右向き にあります。

この右向きがあれば ダウンスイングの「空間」「時間」共に
最大に取れますので、だいたいのことはココで処理できる、
言葉悪く言えば 誤魔化すコトが可能になる「空間」と「時間」を確保しています。

一方、Kazuちゃんは 今までの習慣からなのか
肘を意識し過ぎた結果なのか、
骨盤…ではなく 胴体をひねるスイングでテークバック、トップを
形成してしまっているので 空間/時間が確保出来ません。

正面〜右向き〜正面〜左向き という時間の流れの筈が
正面〜左向き という 一番肝心な時間が消失してしまっています。
故に 菠向・・・向き通りの方向に飛んでしまう のです。

ドリル という点においては
右ひじの曲がり、上がり、外への張り とともに
足、主に左足になるかも…知れませんが、骨盤を右に向ける。

 🚀 秀二を右に向けて下さい 🚀

✋解説ですが、弊社には有名人で 秀一くん というのがおります。
 その男性の ある部分は、数々の伝説を残すほど 非常に元気いっぱいで
 秀一君の息子 という意味の隠語で 秀二くん と呼んでいます。
 ちなみにですが、保護者である秀一くん とKazuちゃんは
 とても近い距離に住んでいます。
 もしかすると…長崎支部 ◎◎出張所という形で合流されると良いかも??
✊一度 ハミングバードの名の元、何か催しモノ しましょうか?


胴体をひねらず
股関節から上を何もせず
大腿骨、右を見ている場合は軸足になる 右大腿骨と骨盤に
『向き差』を作る動きが ゴルフスイングにとっての 回転です


胴体を捻らない理由は
まず 胴体にはひねるための機構が存在せず
からだを 言葉通り ねじる、ひねる コトになってしまうため
腕の長さに都合がつかなくなります。
と、同時に ゴルフスイングには 前傾姿勢 といって
前に、体の前に傾く、傾き差が存在するのですが、
その「傾き差」は 股関節、やはり 軸足の大腿骨と骨盤の「傾き差」です。
胴体を捻ると 骨盤はボールを向いていて
肩周りは蕁,箸いΑ,匹海「体にとっての前・正対する場所」なのか
不明の状態になってしまいますし ので 「前傾姿勢」と言う言葉が
意味を消失してしまいます。

Rサンのスイング奮闘記➁_Moment20190927_Slomo_Moment













ここは とても大事なポイントですので
素振り、シャドースイングなどで
胴体を捻らず、脚を使い、脚と肘の連動で
骨盤ごと 上半身を右に向ける
股関節を分岐点に (ゴルフにおいての)下半身と上半身を分ける
練習をしてみましょう。
……そう考えると ゴルフにおいては 秀二くんは上半身に属する
   というコトになるのですね 🙀

この 骨盤ごと 右向きを作る というのは
身に付けると ゴルフ人生を大しての最大の財産
スイングの鍵になり、コンディションや環境、傾斜などに
とても耐性のあるショットを生み出せるようになります。


これさえあれば、他はなんとかなる と言えるほど…です。


(比較)左手ドリル_Moment(7)参考までに…ですが
このアングルになるよう 鏡などの前に立ち
テークバックとると
胴体を捻ったスイングでは
背中が歪みますので 丸くなりますが
股関節から 胴体を捻らず
上半身を1パーツとして 右を向くと
背中は一枚の板のような状態になります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ