◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております


6.7.8.番アイアンあたりを持って練習してみましょう。

打つ距離は いいところ 20~30ⅿ程度で十分。
 スポンジボールでしたら お庭でも可能です。


ボールは通常よりも中より 真ん中位でいいです。

スイングの恰好、仕草、スイングそのものは忘れて良いです。

down under_Momentdown under_Moment(3)down under_Moment(4)










アドレス状態から 手だけ と言うより 右ひじだけ曲げます。
右ひじが曲がり、短くなった分 ヘッドは動きます。
右ひじの曲げる方向、ヘッドの移動する方向は
スイングの軌道、仮想の傾きによるスイング軌道に沿ったモノ 、
グリップよりも低いヘッドの位置は困ります。

その状態では やや フェースは下向き、
左手の甲もやや『下向き』になるでしょう。

その下向きに沿って 右手で左手を押してあげてください。
その左手の甲の下向きは維持したままの感じです。



✋クラブ、シャフトを右手で地面に押し付けるような そんな感じです。
左グリップが 進行方向に逃げていないと
手痛いダフリになりますから注意してください。


腕だけの感じでは 下に向かって
地面にボールを埋めるような感じになりますが。
これに回転が加わるので ボールは横、地面に水平に飛ぶのです。
チカラを入れなくても、さほどスピードがなくても
強い 素早いライナーが打てると思います。
IMG_0526

ここで 2点に注目してください。
1.右手使いは 円の上側、下側の円には携わらない
 →ヘッドがグリップよりも低くなったら右手の出番はない
2.このインパクト以後、以降の左向きが必要
 →この腕使いでは地面へのパンチショット? で終わり です
  これ以降のクラブの流れは 左向きが無いと
  左回転が残っていないと作り出せません。



ゴルフショットはこれに 回転が伴う だけです。
腕さばき リリースで からだの仕事を奪ってはダメですし
腕さばき をからだで代替えすることは出来ません。
👉役割分担がある以上、やり過ぎもやらな過ぎも芳しくないのが
ちょっと困るところではあります。

IMG_0093_Moment
IMG_0093_Moment(3)








見た目から始まって
ボールをとらえるところを円、
ヘッドの最下点がボール、という
嘘ではないけど本当ではない情報を元に
スイングを作ってしまうと
一番肝心なところが分からなくなってしまいます。
ボールを上からとらえる、
クラブを、フェースを、シャフトを下に向かってリリースする、
それにからだの回転があって ボールを打つのと
からだの回転は スイングらしく見える為の飾りで
全部を腕さばきで ボールを横にとらえる
とではあまりにも大きく異なるのです。

ボールの前後を 手で、もしくは肩の揺さぶりで 円を描いてしまうと
その動きと からだの回転が融合しません。
ホントにお飾りの、他人のゴルフスイング「らしく」見えるお飾り、
からだの回転で! って言葉を使うと まるで上手に見えるから
そう振舞う・・・ 寂しい限りです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


あくまでもイメージですが、
フェースを下向き、ボールを上から見る形で
入れてくるのには
グリップの方が低いうち、ヘッドの方が高いうちに、
グリップがボールを追い越し、追い越してから
斜め下向きに 右腕でグリップを押しこむ、 そんな感じです。
IMG_0294_Moment(5)

ヘッドの方が低くなってから 右腕を伸ばしたのでは
左グリップを押すことは出来ません。
押したら空振りしてしまいます。
頭ではわかっていなくても体は分かっています。
グリップよりもヘッドが下がったら その下がる分
 グリップは必ず上がり軌道に入ります。
ですので そのタイミングで左グリップを押すことは不可能
 本能的に拒否することになります。

ヘッドの方が低くなってからでは もうシャフトを押すしか打ちようがないのです。
video-1531996826Trim(2)_Moment

ですので わかっちゃいるけど ヘッドを振っちゃう、シャフトを振っちゃう
のは それ以前の段階、動作で治さないといけないのです。
また ヘッドを振っちゃう、シャフトを振っちゃうためにテークバックを上げ
それをするためのトップ、それをするためのアドレス、
グリップになっている可能性が非常に高く
そこは段階を踏んで、時間をかけて治さなくてはなりません。
一足飛びにゴールには辿り着けません。




リリース(刷毛塗)で動かす グリップの量は
フルスイングの中であっても 30〜40センチ程度
惰性や慣性も付きますから もっと少なくても良いかも…です。

そのリリースの感覚が からだの回転を造り
からだの姿勢を造ります。
故に このリリースを覚えてしまえば
からだの動きは自然に付いて来易い です。
腕も含めたクラブの重さなり と言った感じです。
ビデオ_Moment

からだの回転の流れに沿って 移動するので
止める訳ではありませんが、
腕は ヘッドの方が高いうち、グリップの方が低いうち に
行う 30センチ程度の押す感覚だけ、
しかも それにはクラブの重さという大きな助力もあります。
人によって クラブの重さ感覚だけで出来てしまう場合もあります。

インパクトのトコロでは もう腕の仕事はない と考えて良いです。
肘さばき、腕さばきで 押し続けて
からだの回転を肩が奪ってしまうのは とても危ない です。
感覚として どの位は言葉に出来ませんが、
腕さばきはかなり早い段階の、少しの量、ほんの少しの量だけ
と言って良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ゴルフスイング用語には『体重移動』というのが
頻繁に登場します。
そして、少なくないアマチュアゴルファーは
密かに そこをスイングの課題としたり、
上手く行かない原因…と考えています。
d11be403-s

実は スイングの種類。。
 実際そんなものがあるのが少々懐疑的ではありますが、
それによっては 元々 その体重移動が存在しない
することの出来ないものがあるので、
それを把握したうえで トライしないと
不可能に挑むことになってしまいます。

ゴルフスイングにとっての体重移動とは
頭も含めた 股関節より上の胴体 が
右足〜左足 のそれぞれ乗ったり、移ったり
することを指します。
『正しい』体の使い方で考えると
スイングでの軸は背骨になり、
体の重い部分はそれよりも前側にありますから
体が右を向けば 右の脚の上
左を向けば 左の脚の上に乗り、
体の回転と体重移動はユニットな動作と
考えて間違いありません。

しかし、肩や肩甲骨だけ
胴体を捻るスイングにとっては
元々 体重移動は存在しません
その点は注意です。
体を捻る、本当は腕の一部なのに肩だけを回すことを
体を回している と考えている人は
重み…である体は動いていませんから、
体重移動にトライしてはいけません。
623c1d572817337eb8c8724aee59aba5
このスイングでは 何が体重にとっての左右なのか
その基準があまりにバラバラで、
体重移動なんてものを意識してスイングすることは不可能でしょう




そちらの話は放っておきますが、
体重移動というと 横…の動き
地面に概ね水平な動き
 と感じますが、
そこが ゴルフスイングのちょっと面白いところで
体の回転には 必ず 上下 が混じります。
体重移動を意図的にすることが良いかどうかは別ですが、

ダウンスイングにおいて
理想的には
体重、重みは 右脚から左脚 へと移行していきます。

スイングには前傾姿勢がありますから
右向き〜正面 の期間は 左サイドの方が右サイドよりも低く
正面〜左向き の期間は 左サイドの方が高くなります。

高い右サイドから 低い左サイドへは
重さの法則から行っても 移行しやすい ですが、
移行する前に 左サイドが高くなってしまっては
十中八九 左に重みを移すことが不可能になってしまいます。

ダウンスイングの最中に
体重移動を意識 するのは 簡単ではありませんから
体重移動をスイングの課題 にされている方は
そこを「からだ」ではなく
クラブで意識してみると良いと思います。

ダウンスイングの最中、
これはほぼ例外ありませんが、
グリップエンドの向いている方に
重みはやってきます。
ヘッドがグリップを追い越していく ことを
トライしている人にとっては
ボールを打つ抜く は イコール
グリップエンドを自分の右サイドに向けることになりますから
体重は必ず 右に残ります。
また その手のスイングでは
かなり 早い段階で 左右の体は
左サイドが高く、右サイドが低くなってしまうので
余計です。

スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)スナップショット 5 (2017-01-13 12-29)







自分の体よりも左、にグリップエンドが向いていれば
向けようとすれば 自然と左サイドの低さも維持でき
それによって 体重は自然に左へ移行します。

イメージとしては
グリップエンドが体の左向き とともに
グリップよりも ヘッドの方が高いうちに
ブレイクラインをグリップエンドが超えれば
体重移動も 
インサイドからの入れ も
上から打つ も
同時進行で出来るようになるでしょう。


ここの スローなフルスイングやアプローチで
練習してみて下さい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


ボールは球体です。
 360度全方向に円です。
IMG_0524

それをロフトの付いた板状のモノで つかまえる には
 ボールを地面に押さえつけてあげる"感覚"が必要です。

あとは クラブが、ロフトがどうにかしてくれます。


間違ったリリースは
左グリップを支点に シャフトを右手で押すので
シャフトは各角度運動、円を描きます。
スイングの大きな弧で 地面(下方)にあるボールをさらう のではなく
手首の支点運動〜スナップによって ボールをこそぎ取るような動きです。

その動作はダフリ、トップし易いのですが、
それはさておいて その動作で球体を打つと
ゴルフクラブのロフトという作用から
よりボールは上に、上に逃げます。
結果、高さになったり、ボールの回転になります。
距離にはなり難いのです。
 ボールを上に逃がす方法なのですから……。

✊ボールは球体 なのです。
 縦方向、高さにも円なのです。
地面に置いた ボールの大きさのコイン ではないのです。
地面に置いてあるコインをこそぎ取るような入れ方では
球体のボールは ロフトのある縦方向 に必要以上に逃げてしまいます。



✋比較実験をしてみて下さい。

正しいリリースは
 フェースを下目に、少しオーバーに地面に向けておきます。
テークバックの量はさほど要りません。
スイングの動作、仕草、格好など無視して構いません。
IMG_0526

曲がった右腕、右ひじ
それを伸ばすことで クラブを持った左グリップを
決してシャフトではなく、左グリップを
からだの回転の流れを壊さない程度
下方向(やや斜め)に押し、フェースがボールを地面(マット)に
押してつけるように 当ててみて下さい。

ヘッドを動かした、グリップを動かした量も少ないですが、
その動きのスピードよりも格段に速い速度でボールは飛び出ます。
down under_Momentdown under_Moment(3)








スイングの流れを意識するのならば、
その後 からだを左に向け、自然にヘッドが高くなるようにします。

からだの回転が止まらないよう、左腕がそこで止まらないよう
回転の方向、目指す回転の方向に 左ひじを向け
曲げられるようにしておいてください。
左肘を自分に向けると
  左腕が止まり、痛めてしまうので注意してください。


スイングという流れを意識するのなら
ある程度右向きを造り、
左斜め下方にグリップを押す、
回転の流れに即した下方に押してあげることで
からだも自然に左に流れ、無意識での右向きの解け
正面向きになっていきます。
ボールが当たったあたりが正面向きで、
以降左向きになる分 ヘッドは高くなります。

右腕の伸ばしで 左グリップを押せる量は 30〜40センチ程度
からだの幅分がいっぱいいっぱい
フォローは体の向きが取るので、インパクト以降 腕の動作はありません。

左向きを阻害しないために
 回転に沿って グリップを移動させている
そんな感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


DRIYbXDU8AEUY3oごくごく普通に
良く見掛けるグリーン周りのアプローチですよね。


ミスショットを除外し、
「このヘッドの姿勢がフォロー」というコトになると
弾道は 右目の高い球になり、
写真通り、二段グリーンの下に乗ることに
なるでしょう。

これが 何を意味しているか 分かりますか?


アイアンやドライバーショットで
ボールと飛ばすため、スライスさせないため にする ヘッドの返し
間違ったリリースは ボールを飛ばすコト になるのではなく
ボールを上げるコト、スピンを増やすコト 
にしかなりません。

この弾道で、ランニングと同じ距離(ボールの止まるところ)を
打とうとすると ランニングをするよりも遥かに速いヘッドスピード、
遥かに大きなスイングが必要になるのです。
どちらが ミスになり易いか 分かりますよね。

例えて言うのならば、 ランニングと同じ質のドライバーショットが
ヘッドスピード38ms。。。。。。 それと同じ距離を打つための
高い弾道では 43ms以上 必要になる というコトです。

キャスト_大_Momentキャスト_大_Moment(2)





多くのゴルファーは『リリース』する というと

1.右ひじを伸ばす
2.手首を伸ばす  👉スナップ
3.シャフトを振る
✋右手を使ってシャフトを押す
 左グリップを支点として シャフトの角角度運動をさせる
 〇ひじ 手首 を解放し シャフトを解放するコト
 〇手首をスナップしてクラブを弾くコト
  👉まあ これをクラブを振る って言うんですけどね…


左グリップを軸に 右手を伸ばすことによって
シャフトを押すモノ と勘違いしていると思いますが、
それでは ロフトも急激に増え 方向の安定性を欠きます。
・・・つまり 一般的に言われる ヘッドターン/手の返し/フェースローテーション とは
  『リリース』  ⇔ 誤ったリリースのコトで
  それは 右腕を伸ばすことによって"右手首"を解放するコト です。

👉開いたフェースを閉じて ヘッドを回転させる →閉じる
 と思ってやっている行為、動作の結末は
 ヘッドの縦の回転………しゃくりあげ というか
 地面のボールをこそぎ取るような動きに行き着きます。


IMG_0175(2)_Moment


ゴルフでの『正しいリリース』
1.右ひじ/右腕を伸ばすことによって
2.クラブを持った茱哀螢奪廚魏,靴討△欧襯灰
 です。
✋右手を使って 左グリップ、ゴルフクラブを持った左グリップを押す
✋その目的は からだの回転の進行に対し、重さによって
 遅れそうになる クラブを持った左グリップをクラブごと押してあげるコトで
 からだの回転に追随、同期させ、遅れないようにすることです。


手首を解放する誤ったリリースでは
〇ボールを弾く
〇地面にあるボールをこそぎ取る

ような動きになり、方向の不安定ばかりでなく
距離も安定しません。
また、上手く打てれば打てるほど 球は上がり、スピンが増えますので
距離が短くなってしまいがち です。
✋目的は開いたヘッドを閉じるコト ですが、
 そもそも論として 開いている→遅れている 訳です。
 これから動作もヘッドスピードも加速していく段階で
 それを 取り戻そう って考え自体が単なる夢物語に過ぎない と
 気づいた時には ゴルフ人生は終わっているかも…ですよ。

kumasan201810 (2)_Momentkumasan201810 (2)_Moment(2)









インパクト直前まで 下向きだったフェース、ロフトが
ボールを境に 上向き、 つまりロフトが増えていきますから
イコール バンス角度も同じ分増えていく のです。
ダフリ易いですよね。

そこまで来ていたヘッドの軌跡が
下に膨らみますから その分 からだの姿勢で その膨らみを相殺
つまり からだを開いて 左を上げなくてはなりません。
その結果、ヘッドの最下点は ボールより手前になり易くなります。
トップも出るし、ダフリも出ますよね


そして その延長線上での通常のショットは
▼振っても 飛ばなくなる
▼フェアウェイウッドが打てなくなる
▼傾斜に弱くなる
▼腰や首など痛めやすくなる
 になるのです。


   いいところ 無いじゃないですか ( ;∀;)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



スイングは、主にからだの回転して
ゴルフクラブ、クラブヘッドが大きく移動します。


右向きから、正面を介して 左を向きますから
結果として 傍から見ると 円弧
しかも 傾きがあるので やや傾いた円弧になります。
✊自分自身ではなく、他人、傍から見ると円弧 に見えます。



ゴルフクラブには 
ライ角度、ロフト角度、ヘッドの向き という絡み合った角度 があり
それらが飛ばす方向、飛ばす距離、弾道
 を決めます。

故に 傍からは円弧に見えますが、
ゴルフクラブ自身が円弧を描くように移動しているのではなく
ゴルフクラブを持った自分(打ち手)が動いているだけ
ゴルフクラブ自身は殆ど『単独には』動いていない のです。


ゴルフクラブを大きく、もしくは激しく動かしてしまうと
前述の 絡み合った角度が 毎回毎回バラバラになってしまいます。
飛ばすコト も大事ですが、似た球を繰り返し打てるコトも
同じように大事なのですから
スイング、ショットは クラブが動くのではなく
クラブを持った自分が動くのだ というのは頭では理解できると思います。



話を 円弧〜ヘッドの軌道 に戻しますが
クラブを単独で動かさず 自分が向きを変えると
前傾姿勢分、傾いた円弧が出来る訳
 ですが、
そこに 横のヘッドの回転なり、縦の回転が入ると
その小手先で行った別の円弧分、軌跡がポコッと膨らんだり
円弧が急激に軌道を変えてしまうのは理解できると思います。
ヘッドの回転 が行われた にもかかわらず
そこまで来た円弧通りにヘッドが動いた、動いている
というのは それを何かの動作で吸収、相殺している というコトになります。
だから その手のスイングのインパクト姿勢は汚い、見苦しいのです。


本題とは直接関係ないのですが、
プロも含め、大部分…ほとんどのアマチュアゴルファーは
この 『リリース』 👉手首の解放ではなく 右腕・右ひじの解放 と
本当の意味での 『タメ』の双方をミスっています。
スイングの『タメ』は当ブログではほとんど触れてないですね。
このシリーズ『リリース』編に次いで、記載する予定です。
双方はつながりのある、相互に大切な部分です。
 お楽しみにお待ちください(^_-)-☆




〇リリースをすると いったいクラブはどうなるのか
〇リリースをするとどのようにヘッド・クラブは動くのか

まずは それを知りましょう!
それによって 動かし方 が変わってくるかも、です。



Q:それでは質問です✋
DRIYbXDU8AEUY3o

このヘッド姿勢、打ち終わった後、
   フォローの位置 ですね
これを見て いったい
 ボールはどちらの弾道になると思いますか?

方向は兎も角、
1.ピンに向かって真っすぐのランニング
 のような球になるででしょうか、
それとも

2.ふわりと上がって ロブとは言わないまでも
 高めの弾道になるでしょうか


DRIYbXDU8AEUY3o


打つライ等は考慮に入れず
どちらが飛ぶ、ボールの止まるところまでを距離 とすると
どちらの弾道が飛ぶでしょうか?

もしも 両方、同じ距離(ボールの止まるトコロ) 打つとすると
どちらが速く、強く、大きく、速いヘッドスピードが必要になるでしょう?


リリースをし終わった後の クラブフェース・ヘッドは
 どうなっているのが 理想 なのでしょうか???


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote


他のスポーツではわかりませんが
ゴルフスイングにとっての『リリース』の意味は
決して手首ではなく、利き腕の肘
右打ちの人の右ひじの伸ばし〜右腕の伸ばし のコトを指します。

〇手首の解放 ではなく、肘・利き腕の解放 です!


ハミングバードでは その『リリース』のことを
「刷毛塗り」と言う言葉で表現してきましたが

二つはほぼ同じモノで
アマチュアゴルファーが からだを痛めず、
楽しいゴルフをするのには ココを理解し、抑えれば
もしかすると 十分かもしれない程 大切な部分です。

IMG_0294_Moment(5)IMG_0294_Moment(6)











リリース(刷毛塗)を間違って覚えてしまうと
〇遠くに飛ばすコト においても
〇ショットを安定させるコト
 においても
非常に不利/不安定になります。


ショットにおいて
▼ヘッドが横に回転する〜フェースの向きが激しく変わる
▼ヘッドが縦に回転する〜ロフトが激しく変化する

この二つは 方向性が安定しない のはわかると思いますが
この激しい挙動の変化は ボールの不必要な回転を増やし
距離を無駄に損してしまいます。


そして これらは 手先 の挙動・動作に思われがちですが
ヘッドを横に回転させるのも、縦に回転させるのも
どちらも 肩まわり、そして体の姿勢が造るもの ですから
そのヘッドの挙動通り、 いえ 、体の姿勢の変化通り
ヘッドが動くのです。
(その手先の動きを造るための体の姿勢を取る というコトです)

最近、巷で行われているスイングを見ると
ヘッドターンを縦方向・あおり方向にする風潮が強いです。
それは からだの姿勢にはっきり表れ、
アドレス時の前傾姿勢や腰のラインに比べると
はっきりと傾きの違う 肩ラインに出ています。
   ……腰とか首とか痛くならないんですかねー
✋若い、頑丈な、もしくは痛みに強い人でしたら
 どうぞご自由にですが、日本の平均的なゴルファー
 60歳以上の人にとっては 無理難題 になりますから
 マネはしない方が良いと思います。


何回かのシリーズに分けて 書いていきますが、
リリース(刷毛塗)を覚えていくことが
アプローチ、パッティングからドライバーまで
とても楽になっていくと思います。
IMG_0148_Moment

また このリリース(刷毛塗)を理解すると
スイング全体、この「リリース」を行うためのモノ
行うための動作、準備というのが 造り易くなりますから
スイング造りの基礎に成り得ると思います。

このリリース(刷毛塗)には
〇飛ばすコトと安定させるコト
〇飛ばすコトと真っ直ぐ行かせるコト
〇ドライバーショットとアプローチショットが共有のモノ
〇飛ばすショットと飛ばさないショットが共有のモノ

という概念が内包されていますから
ココの部分を抑えるだけで ゴルフはぐっと楽になると思いますよ


✋次のセミナーのメインテーマになるかも…ですね


その リリースは アプローチそのものではなく
8番アイアンあたりを使った アプローチの距離 で
十分覚えることが可能です。

これを覚えることによって すぐに
アプローチの方向性、正しい意味でのライン出し、
劇的なミスの軽減 が出来るようになると思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



ある程度、ゴルフを始め
ドライバーを主にショットがだいたい出来るようになると
スコア向上、進化の鍵はアプローチにあったりします。
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット

そのアプローチの進化は……ですが、
実は 10ヤードとか30ヤードの小さなショットに限らず
ショットそのものを飛躍的に向上させることなります。
そして、その考えは飛ばすドライバーだけでなく
パッティングにも影響して来ますから
とても重要です。

遠くへ飛ばすショットでも
1mを転がすショットでも
距離を出す基本は
『ボールの速度を作り出すこと』です。
20090801 2009_09_02_17_46_27-180フレームショット

パターでは「転がり」という回転を想起させる言葉を
使いますが、転がることが重要なのではなく
その打ちたい距離を得るための
 ボールの速度をつくることが肝心です。

ボールの速度を作り出す のは
ボールを弾く のではなく ボールを押すこと です。
パターと違い通常のショットの場合、
ゴルフクラブには『ロフトという角度』があります。
クラブを丸く振ってしまうと
ヘッドの通る軌道が小さなものになり
そのロフト角度以上に ボールには回転を与えることになります。
ボールの速度とロフトの関係は
単純にロフト効果が少ないほど速くなり
 例えば 10度のロフト効果であれば
 ボールの速度は ヘッドスピードの1.5倍です。
 ところが ロフト効果が55度以上になれば
 ヘッドスピードよりもボールスピードの方が遅くなり
 そのエネルギーは回転に化けてしまいます。

ウエッヂなどの 元々ロフトの大きなクラブは
インパクト時のロフト姿勢や円弧などによって
大きくボールスピードがぶれやすいものです。
20090801 2009_09_02_19_13_32-583フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-586フレームショット20090801 2009_09_02_19_13_32-588フレームショット












ですので 弾くような打ち方は
ボールスピードも、回転数も変化が激しく
距離を掴みにくいですから
ボールはちゃんと押してあげなくてはイケマセン。

上げるとか、回転をかけるは 製品のロフトに
任せなくてはイケマセン。

よくスイング論で 円弧を大きくしなさい と言いますが
その意味は ヘッドを自分から遠いところを通す
という意味ではありません。
円弧の半径を小さなものにしない、
元々の長さ ☞背骨からヘッドまでの距離が半径
で使いなさい という意味です。
IMG_0607

スイング時のロフト というのは
クラブの移動する弧に対してのものです。
ですので ヘッドが下降時は その下降に対する角度を
製品ロフトのする…下降角度分立っている ということです。
下降時だけでなく
打ち終わってからの上昇時も
その上昇角度にロフトを保つ ことはとても重要で
しゃくる ショットというのは
その上昇角度よりもロフトが上を向いてしまうことです。
打ち終わってからも 地面に向けておく…というのはムリですが
その位のつもりの方が ボールが押せると思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote



静止状態でのボールの重さは45g強です。
u=3040139078,2324990219&gp=0


これを180mとか、200m移動…飛ばすとなると
その重さは 800キロにも 1トンにもなります。



3c8fa318-s通常、ヘッドスピードは
ボールの約15センチ手前から
ボールとの接触部分までの
時間を測ります。
この区間をどの位の秒数で
(勿論コンマ幾つとかです)
通過する訳で、当然速ければ
短い時間になる訳です。

ヘッドスピードの鍵は
ボールという「重さ」にぶつかった時に
その重さを受けても 減速をせずに打ち抜けるか どうか
にかかっています。
ただ そこにはヘッドスピードの罠もあります。


さあ そこで問題です。

002001







同じヘッドスピードでボールの手前まで
入ってきた時に、どちらがボールの重さを受けやすいと
思いますか?

こすり打ちに相当する左の写真は
ボールの重さを受けにくいので
ヘッドスピードが落ちにくい。
しかし ヘッドスピードが落ち難いというのは
ちゃんと重さに勝てる ということではなく
ボールの重さをちゃんとヘッドで受けずに
こすってしまうからであって
重さに勝った というのとは少し異なります。
結果も こすり打ちをしているので
打撃の破壊力もボールの速度にならずに
回転と球の高さに逃げてしまいます。


一方、こすり打ちしない方法(つぶす)は
ボールの重さをまともに受けます。
故に インパクト時の減速を起こしやすいのですが
こすり打ちに比べると ヘッドの重さや
自分自身の打撃方向に対する運動ベクトルも味方に
しやすいので 意外に減速しません。
こすってしまう方法の多くは
ヘッド以外の重量物を止めていることが多く
重量に負けやすいので、こすっている割には
インパクト時の減速も大きいのです。

確かに全く同じ条件であれば
ヘッドスピードが速い、高い方が飛ぶ可能性は高いです。
しかし、もし遠くに飛ばしたければ
より重いものを移動させなければならない
重さとの闘いのなることも計算しておかねばなりません。
ヘッドだけ動かす、ヘッドだけを速く動かす方法は
その重さに勝ちにくい打撃方法ですし、
ゴルフスイングでヘッドだけを速く動かすのには
逆に体を止めなければなりません。
故に 体も痛めやすくなります。



20090801 2009_08_28_14_38_06-576フレームショット


ゴルフ用語には
 『慣性モーメント』というのがあり、
それは 重さと運動速度で構成されますが、
主に「重さ」の事を指すと考えてよいと思います。
スイングにおいての
最大慣性モーメントは 自分の体 です。

インパクト時のボールの重さを受けた時、
そのボールの重さに負けない一番の方法は
慣性モーメントの大きな自分の体を持続させて
運動させ続けることです。

よって 体を止め、グリップの移動を止め
ヘッドだけを動かす方法は
スイングと言う動作の中では
ボールに相対する 慣性モーメントが
一番小さな方法ですので、
万が一 がっちりボールに当たったとしても
(まあ その方法ではありえないのですが…)
ボールの質量に勝てず、大きく失速してしまいます。

そして 同時 その慣性モーメントには
当然方向というものが付いてきます。
その運動の方向とボールの飛び出る方向が
似ているほど その慣性モーメントより打撃に利用でき、
体を止め、グリップの移動を辞め
ヘッドの円で振る方法(弾く方法)は
ボールをある一定方向に移動させるエネルギーよりも
当然 ボールを回転させるエネルギーになり易くなります。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ