◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


 

テークアウェイにおいて
シャットを作る感覚はとても良いと思います。
ダウンスイング、そしてインパクトで
 そのシャットを維持するのには
そのスイングの続き、には 上もある のです。

どこかの記事で ダウンスイングでグリップを下げる、
もしくは 切り返しでまず、左肩を上げる、 をすると
その続きには グリップを上げるに代わる
インパクト以降、スイングには上行き が残っています。
自分では下げていたつもりが 時間とともに
それは 上げる に代わります。

◌左サイドを止めてしまう
◌カラダを止めてしまう
◌フェースターンをしてしまう

 スイングの特徴に グリップの止まり があります。
✋グリップを移動させ続けるコトが
 カラダと腕の同調、同期につながって行きます。
 特に その移動 にとって
 グリップの上下、高さ、の止まりは天敵です。
 
気持ちは分かるのですが…
 フックやスライス に困っている人は
 その グリップの高さ移動の止まりも その原因の一つ です。
((アプローチどりる_Moment

 この場合、シャットは 上に向かっても
 続けていく意識の必要があり、
 それは ヘッドを上に‼ では上手く行きません。
 グリップを上、(斜め上)に‼ というコトになります。
2021-12-06_22-21-54_Moment2021-12-06_22-21-54_Moment(2)2021-12-06_22-21-54_Moment(3)






 ですので ちょっとオーバーではありますが、
 両手に 🉀などを持った シャドースイングにおいて
 トップで やや右が上気味で 下を向けていた本が
 (表紙を下に向けておく?)
 (表紙は常時、外に向けておく)
 フォロー、フィニッシュでは前を向く、ような
 左腕、左グリップの上りが必要です。
2021-12-06_22-21-54_Moment(4)2021-12-06_22-21-54_Moment(5)










    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチどりるを自分でやってみて
 気付いたことは
自分が右向きから左向き 約180度ターンする
 に伴い クラブも、ヘッドも180度ターンさせよう
 とすると 回転が二重
 脚を主に使ったからだ、胴体、骨盤の回転に対し、
 運動により増した重さ分 腕とクラブの負荷のかかる
 肩部分は のちのち もう一度回転しなくてはならない
 と言う感じが残りますし、
 実際、映像を超スローで見ると 二重の回転になっている
 のが判ります。 
肩で廻っている のも体の一部ではあるのですが、
根底には やはり ヘッドを振る感覚 …
向きが変わるから ヘッドが円を描く のではなく
自分で ヘッドを丸く振る、たくさん動かす 感覚があるんだと思います。

あなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Momentあなたを迷宮へと誘う『振り子のアプローチ』_Moment1





手打ちは良くない、手で振ってはいけない、意識の有る方が
陥ってしまうパターンのように感じます。

 通常 の 胴体の廻り プラス 肩の廻り(腕の振り)
 それが 分離している回転は
 からだ👉胴体の「一体な」廻り に比べ
 ヘッドのアップダウンがやや激しい軌道になります。
 ショットの場合、
 スライスやフックがより強く曲がるようになったり、
 アプローチでは
 微妙なインパクトロフト 実働ロフトが微妙になり易い だけでなく
 トップ、ダフリも増えるような気がします。



アドレスでの 自分からヘッドまでの距離
 コレをクラブの長さ と仮称し、
 アプローチであっても、ショットであっても
 なにがしか の形で その距離は短くなります。
 感覚的には その距離を元に戻さないと
 「ボールに届かない」と思いガチ ですが、
 それは スイングの仕組み、クラブの構造に任せ
 トップで出来た クラブの長さ
 それを維持したまま 打ってしまう位で良いと思います。

実際には それを遠心力の利用 と言うのだと思うのです。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

元の長さに「自発的に」しようとすれば
 ソレに更に遠心力がかかり、
 オリジナルのクラブの長さよりも さらに長く
 元の弧の大きさの 外側(大きな円)になる…
 コレを 本来の アウトサイド だと思うのです。

そうすると クラブヘッドの通る道のりは長く、多く、
 なりますので 当然、からだの向き〜時間の進行 から
 遅れますので 必要以上にクラブがズレ(右打ちの場合、蕁
 フェースもロフト開くコトになりますし、
 からだの向きがボールを通過する。。。その時間の波に乗れません。
 フェースが開いたコトもあり、ソコを「手で」ターンせざるを得ない。
 というのが 多くの方の実情なのだと思います。

インパクト を ジャストオンタイム にするには
 重くなり、長くなりがちなクラブの長さ を 短く保ち、
 元の円弧の大きさの 内側(小さな円) に
 するのが 本来の意味の インサイド だと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ものすごく 良くあるパターン ですが、
ダウンスイングの前半 主にからだだけ回し、
後半に からだの回転は止め気味、
カラダの部位で言うと 足腰は止め気味、
腕というか 肩だけ回す のような場合、
いつも疑問に思うのですが、
 長い距離の要らないアプローチ は
 いったい どうやって打ってるんだろう❓  …です。

ですので 腕と体が一体に動く
 と言う動きの基礎はアプローチから、なんですが
 逆に アプローチショットのせいで 通常のショットが
 そうなっている例も少なくありません。
 「スイングの悪い基礎がアプローチである」可能性もあります。

持つクラブはウエッジではなく、7番や6番でも良いと思います。
距離感的には 30ヤード位のグリーン周りの寄せっぽい、感じ。

仝什漾▲董璽アウェイ〜ダウンスイング
 その軌道に対しフェース面を 下向き / シャットにする
 イメージは持たれている と思いますが、そのまま で。
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Momentスナップショット 4 (2015-04-18 18-59)







インパクトは ココ この形で!イメージ です。
ココから 下へはクラブを(手では)入れない意識で。
そうするには・・・ 次△


△らだを概ね右から左に180度弱ターンしますが、
 こう振って、こうクラブを動かしてしまっては身も蓋もありません。

 ✋
シャットにしている、シャットを意識する意味が消失します。

 からだの向きによって
 クラブは上下にも、左右にも ターンします ので
 腕の仕事は からだの向き通りにグリップを移動させる
 からだの向きの変更は ヘッドではなく グリップの移動 です。
((アプローチどりる_Moment(2)

ですので 隣にいる仮想の人 を
 フォローでぶっ叩く、のではなく
 グリップを手渡してあげる、感じです。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)





((アプローチどりる_Moment

➂アプローチなので オーバーには出来ないかも知れませんが
 ドリル と考えると
 フォローは シャットの状態のまま、
 グリップの高さを増し、クラブ自体を
 その姿勢のまま 高くする「感じ」です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先ずはコチラをご覧ください。

スイングの全体像としては
 概ね良い動き…に思いますが、
 ウッド〜アイアンのスイングの違い
 を見る限り、何かに悩まれて 改造中というか、
 ナニカのトライをされているように見えます。

その概要については 伺っていないのですが
 動き自体は ウッド〜アイアン共に共通ですが、
 ウッドは よりからだを止めてしまう形の
 パンチショットのような形になってしまっています。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment(3)

フックや引っかけ、またはスライスが出ない為の予防なのか
 それとも 何か別な目的があるのか は 読めませんが、
 雰囲気…からすると もっと からだの回転で振ろう、
 手で打たないようにしよう
、の流れの中のような気がします。

 手で振らないようにしよう、の意識が 
 逆により手で打たなくてはいけない状況を作ってしまっている
 感じです。 どちらが先で、どちらが後か、は分かりませんが、
 このインパクトの造り方だと どうしても
 振るのと、からだが起きる(伸びる)のが対になってしまいますから
 フェアウェイウッドなどのミスは増えてしまう…かも知れません。


✋それでは、4スイング目 時間で言うと 0.18秒以降の
 青い画像のスイングをご覧ください。

 ダウンスイングの途中に「瞬き」を入れましたが
 ここで からだの回転と腕の振り に動作が入れ替わっています。

 折角、シャット目にテークアウェイを取ったのに
 ダウンスイング前半で移動してきたグリップの移動経路が
 ダウンスイング後半で フラット目に変わる必要が生まれ
 (フェースターンが必要になってしまうため)
 シャットに上げていた効果が無くなってしまっています。
((JMさんのゴルフスイング 2021.10._Moment

 ダウンスイング前半に
 からだの回転に伴う、左グリップの下がり が無い為
 グリップの移動量が足りず、結果、
 本来は からだの回転で出来ていた クラブターンを
 利用出来ないが為の フェースターン という
 なんと言えば良いのか、手で振らないようにする意識が生む、
 結果、手で振らなくてはならない
 ゴルファーの典型的なジレンマ 
のように思えます。

おそらく…ですが、ゴルフ歴もほどほど長いと思いますし、
スイング動作としては、ある程度 完成? 固まったモノ に
なっているので 「ハイ これで魔法のように」と言う処方
はありませんが、幾つかヒントになる処方箋を
  少し書いていきたいと思います
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転は クラブを、ヘッドを丸く振るコト
 ではなく、グリップの移動距離、移動速度を稼ぐコト
 と考えると テークアウェイの取り方 も変わってきます。

誤解を生み易い ですが、スイングの基礎になるのは
 アドレス時の 腕も含めたクラブの長さ です。
 その長さに戻るのは インパクト以降 と考えて良いと思います。
2013-05-04 10-55-44.740_Moment

インパクト以降は 動作も収束に向け減速に入ります。
 クラブやヘッドには慣性、惰性が残りますから
 それ以降、クラブを振るような動作が入るのは仕方ありません。
 しかし、それは打撃の惰性、おまけであって
 のちのち それが副産物となる のと
 それソノモノが打撃 なのとは大違い
です。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

テークアウェイが始まってから
 インパクトを迎えるまで 初期のスイング軌道、
 アドレス時の腕も含めたクラブの長さのスイングの弧 の
 内側、中側でヘッドを動かすコトになります。
 インサイドから入れる の真意はソコだと思います。

ヘッドの移動『距離』の源は
 グリップの移動『距離』です。

からだの回転、向きの変更でグリップの移動した『角度』
 そして『距離』分よりも ヘッドは重さの関係上、
 物理的に 少なくしか動くコト が出来ません。
 ですので ヘッドの移動距離を短くする為、
 円を小さくする必要が生まれます。
V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





テークアウェイであっても、ダウンスイングであっても
 原則、からだの向きでグリップは移動するのですが、
 多少なりの腕の補助があっても、
 その腕の動き、手首であったり、肘であったり、の動き
 によって グリップよりもヘッドの方が
 移動距離も、移動角度も多くなってしまったのでは
 フェースは右を向き(右打ち)、ロフトは開きます。

お薦めはしませんが、バンカーやラフでの特殊な場面では
 意図的にそうしたりもします。あくまでも特殊な場面です。
(入射が緩くなり、スピンは減りますが、打ち出しは取れます)

ですので 腕が短くなっているのに
 スイングの円弧は元のまま(アドレス時の長さ)
 自分では肩を廻しているつもり なのに
 腕だけ横に移動させる(仮面ライダーの変身) では
 ヘッドが近回りする機会を失い、
 インサイド(内側)からも、上からも入ってくる可能性は
 かなり下がります。 👉ロフトが立ちません。
 が 故に フェースターンと言う代替えが必要になるのです。

✋若者のように カラダが柔軟であるのなら
 肩で廻る〜胴体を捻る も良いかも知れませんが、
 多くの場合、腕を横に振った結果、肩の向きが変わっているだけで
 『肩を含めた腕で』廻っている訳では無いので
 お薦めは出来ません。
 加齢とともに 本能的にか、からだを傷めることを忌避する
 無意識な意識は強くなって行くので
 クラブを捻じり難く、円弧の長さの調整がし易い
 骨盤で廻るコト、回転の切れ目を股関節にする事をお薦めします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずはコチラから


だいぶ 振れる ようになって来ていると思います。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(6)

ご本人いわく
『左肩を上げる』がヒントになったようで
始めは 「え?! 上げるの? 下げるんじゃなくて???」
???マークが頭を取り囲んでいましたが、
実際、トライしてみると
「あああ 左肩を上げるように動き始めると
 左腕が下がって つっかえにくい、と言えば良いのか、
 からだの回転と同調し易い のか」
と。

左肩を上げる、縦に廻るような感じ
とは言っても やってみると
回転通りに回っている訳で
先頭に位置する 左腕、特に左肩、左上腕がツッカエ
渋滞してしまい、その結果、腕で振ってたんだ
というコトが「気付いた」のです。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(4)((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(5)





また、切り返しから 左肩を上げる感じだと
左腕だけでなく、腕と体の中間に位置する肩が動くので
からだの回転もスムースに始まる感じ、だそうです。

手を下げて"から" クラブを下に振る-『時間』
がありませんので 立ったロフト
 上から入るインパクトが作れますから 飛ぶ…かも❓


 ココから先は 支部長と同じで、
インパクト付近で カラダ(骨盤)が止まる
肩の回転と胴体(骨盤)の回転が別れてしまい、
肩だけが廻る感じになってしまっていますが、
ココは怖がらず 胴体、骨盤ごと廻してしまった方が
ヘッド姿勢や挙動、全体の流れが運動速度は速いですが、
穏やかになりますから 安定感も作れます。

また、私たちの年齢では 腰回りに負担がかかる
 というのは 怖いモノです。
ですので その危険も回避できますから
 左肩を動かし始めたら、遠慮せず
ドカンと左を向いてしまいましょう。
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(6)
インパクトでは 少し腰、骨盤は左を向いている…
 やや開いている位の感じで良いと思います。

このケース がそうか、とは言えませんが、
「インサイドアウト」を意識するあまり
外に振りだそうとする人が多いですが、
カラダは左を向くのですから
 もっと 茲某兇辰討靴泙Υ兇検,良い人も居ると思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


手で振っちゃえ
 でも からだの向きと同期してね
 の話しで 鍵になるのが
 手は振っちゃうけど
 ヘッドは振らない  …って意味不明かも知れないけれど 
 ポイント になるのは
『スイングの 丸い軌道、
 その下半分に クラブを 手で 入れない』

 と言う意識です。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment

いやいや 結果的には入りますよ。
 でも 手で入れないんです。

✋届かないじゃん

✋そう 届きません
 だって それ からだの向きの仕事 ですもん
(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment

手でする仕事は ここまで
つまり 手でする仕事は
 手、腕自身を動かす、この場合は下げるコトで
 手、腕に対し クラブのなにがしかの角度を変えるコト
 意図的に 腕に対してクラブを動かすコト はしないのです。

届かない…から カラダを廻す んで
それ 手作業で届かしてしまったのでは
永遠に 手振りから逃れられないんです。

手は 手自身を動かすのが役割で
 円を描くのは からだの向きを変えるから ですし
 その円がボールに届かせる のです。

円の下円半分を 手で振ってしまったら
ヘッドの軌道
フェースの向き
ロフト
ともに 繰り返し辛い 無限のループが待っています。

人間は機械じゃないので
 下円を手で振ったら それに釣られて
 (ゴルファーの大好きな遠心力が悪く働く代表例です)
 当然、姿勢も崩れ易い、崩れます、から
 より一層、からだが止まってしまう… のですよ。

もう一度 言います。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment
下円半分には 手でクラブを入れません。
ですので 下円しか 存在しない アプローチの時、
手で振るのは勿論、率先的にやる人は少ないと思いますが、
カラダを止めて、肩だけで振るのも
手で振っているのと同じです。

✊円運動は 向きの変更 です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様の 特別な指定によって
 作られた 一点限りのモノ です。
 現存では サンプルを含め2点しかありません。
IMG_1426
成型の為のプログラムも、金型もない、
 最終仕上げを除き、ほぼ全行程 手削り のヘッドです。 
IMG_1413
ヘッド重量は
  530〜535g あります。

ロフト 4度(ブリストルオリジナルよりも1度立っています)
ライ角度 71度(同じ)
素材は軟鉄鍛造 S15C です。
仕上げは 素地にWニッケル、
 表面に薄くチタンコーティングをしています。
 見た目は 薄い金色 です。
IMG_1422
見た目で言うと 2mmほど厚みが増し(ファット-B)
 ネックが3mm長くなっています。
重心が1mm深く、2mm高くなっています。
IMG_1425

ご依頼のある分のみ 製作いたします。
 (締め切りは11月30日までとさせて頂きます)

 以後 再販、再製作の予定はありません。
  …年内のお届け…はかなり難しいと思います。
IMG_1414

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
 <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

  046-804-1480    野澤  まで



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


交通標語のようで申し訳ないですが、
 からだの回転でクラブを動かす の
 最大のメリットは
 クラブの機能を活かせる、活かし易い というコトです。

逆に 手で振るコトのデメリット は
 クラブの長さ、ヘッドの重さ、重心距離、重心深度、
 シャフトの柔らかさ などが すべて
 悪い意味の「重さ」 負荷…負担になってしまい
 それを処理するには 絶対的な体力、特に腕力が必要
 それらのパワーを持て余しているのであれば
 他人から何か言うことはありません。
フェースローテーションのないゴルフスイング_Moment(3)

 また、ドライバーショットで言うと
 そのインパクト、ボールとヘッドの接触時間は
 平均的なアマチュアであったとしても 1/3000秒以下
 もっと短時間である可能性があり
 フェースローテーションは
 フェースの向きだけでなく、ロフトやヘッドの入射角度、
 また その手作業で変化するからだの姿勢 など が
 大きく変化し易く、からだの回転に比べ
 そのバリエーション、組み合わせも無限に存在する為、
 インパクトで再現性高くするためには
 絶対的な練習頻度と量が必要になる
・・・のですが、
 それもまた楽しい と言うのであれば、何も言うコトはありません。

運動能力や運動神経にも自信の無い
初めてゴルフにトライする方が あんまり進むべき道
ではないような 気もするのは 余計なお世話でしょうか❓


兎も角、クラブの機能を出来るだけ活かす為、
 からだの回転通りにクラブを移動させる は
 決して 腕を使わない、
 腕を動かさない ではありません。
👉腕を使わない で からだの回転『だけ』で
 と言う意識では 結果として、必ず 手で振るか、
 ボールが打てない(当たらない)か
 
のどちらかになります。

クラブを振る と言うのが言葉として伝わるか、は微妙ですが、
クラブ(ヘッド)は振りませんが
手は振らないと クラブの重さとからだの回転がつながらない
で 単に体の向きを変えるだけ になってしまいます。
✋スイングの目的は ソレ じゃないですから
スイング ココを治そう❹_Moment(3)スイング ココを治そう❹_Moment(4)






からだの回転で! を意識している その時点で
もっと 手は振って良いと思います。
その振っている手に 同調させて からだの向きを変える
そんな感じの方が良い
 と思います。

伝わり難いニュアンスなのですが、
手はやや上下気味に振りますが、
(ヘッドの遅れを縦の作用にするため)
👉ヘッドは上下には振らない
👉グリップは上下に高さを変化させますが、
 ヘッドは 意識的には上下に動かさない

そんな感じです。

例えば 右打ちの人で
クラブを持たず 素振りをしたとしたら
ダウン、切り返しから 
自分に向かって…手を通すことを考えると
前傾した その空間に(体よりもややボール寄り)に下げる
のですが、このまま では 腕がからだに当たります。
そのタイミングで 一気に左を向いて
自分では下げていた「筈」の腕が
結果、としては 上げる で終わる感じです。
下げる → 上げる と言う意識ではなく、
下げたら その延長線上が上に向かっていた
 
と言う感じです。

トライしてみると分かると思いますが、
腕の振り始め、に比べ からだの動き始め が
今までよりも だいぶ遅いタイミングに感じ、
かつ 左をしっかり向かないと 腕の通す場所、逃げる場所を
確保出来ない……  そんな感じです。
手で振る(フェースターン) もっとも悪い効果は
クラブを捻ってしまう、倒してしまうコト で
俗に言われる スイング軌道、ヘッドの進むべきルート
に対し 常時、とは言わないまでも ロフト角度、ライ角度、
簡単に言えば フェースがその軌道に対峙している、
出来るだけ その変化が大きくないコトがポイント
それを守るのであれば
「感覚」として 手を振ったんだけど、
カラダの向きと同調されて クラブは捻じられていない
そんなイメージの方が 移行し易いのではないかと思います。

クラブを振っちゃえ じゃないよ✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


『からだの回転で!』という言葉が
多くの方に スイングに悪い魔法をかけてしまう…
 カラダで、カラダで、と思うほど
 「結果」として 手で振るコトになってしまう…呪縛
という 木乃伊取りが木乃伊になる のが
少なくない……と思います。
 とは言え 手で振るのに良いことは多くありません…。
 クラブの機能が活きて来ません…から。
ee6bd45f

私達 オジサンおばさんは訓練は苦手^^ですから
感覚、イメージ、よい思い込みでなんとかしてしまいましょうー 
良い思い込みで 劇的にスイングが改善することは多くはないですが
間違った」思い込みはかなり大きく影響を、
 望ましくないクラブ扱いを形成してしまうのは確か
、です。

(モノ凄く何度も書いたテーマですが、
 それほど このイメージが悪影響を与えている と思っています)

からだの回転でクラブを動かすイメージを持つと
MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)MVI_0878(2)_Moment(6)
右向いた自分が左を向くと
クラブも 180度反転するモノ と思い込んでいる人が多いと思います、
が、クラブは長さもあり、先端に特出した重さのヘッドがあり、
それが運動、移動によって 速度の二乗分、重くなるので
実際、事前のイメージはこうであったとしても
結果、としては その重さ分 こうなります。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 4 (2014-03-25 12-06)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 
ボールを打って以降、インパクト以降
 スイング動作は収束に向け、減速、停止に入りますが、
 クラブやヘッドには 慣性、惰性が残っているので
 打った後、手を追い抜くような形にはなります。
 が、それはショットのオマケ、インパクトの惰性 です。

ゴルフスイングという 回転する動きが入る
「ややこしさ」ではありますが、
事前のイメージ通り クラブを180度反転させる、
コトを実際に行うと
93e9da7e-s6423ac38-s81b16761-s





こうせざるを得なくなり、
これをするには 本来、動きに対し 一番遅れる、
その重さ分 あとからついて来るモノを
動きの先頭に出さなくてはならなくなりますから
「カラダ」「左サイド」「左グリップ」を止めざるを得ません

打ち終わった後、確かに グリップ・手は
慣性の付いたヘッド・クラブに追い抜かれますが、
それはオマケであって、(ここがややこしいよね)
ボールを打つ 行為 とは直接関係にない、
その 追い追い抜くコト、追い抜かれるコトでボールは打たない のです。

ゴルフのスイングで言う回転、
カラダの向きを変える動きは
ヘッドの付いたゴルフクラブの
 グリップ部を多く、出来るだけ速く移動させることで
 それにヘッドがつながっているに過ぎません。
 からだの回転による グリップの移動よりも
 「距離」としては 重さ分 ヘッドの方が少なく動く
 と考え スイングを、クラブの動かし方を考えるべき、です。
MVI_0667Trim(2)Trim(2)_Moment(3)MVI_0668Trim(2)(2)_Moment(3)








ソコのイメージミスはかなり決定的に
 クラブの動かし方に影響を与えるを思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5


EG−05改、先週の木曜日に届きまして、

金曜日に広い練習場(180y程度)で
GR−14との比較をやってみて

昨日、ホームコースで使用してきました。

 

まず、段ボールを開封して、
最初にクラブを触った印象ですが、

今までで一番、先端部分がぐにゃぐにゃ動くので、
かなり、びっくりしました。

あと、やはりアドレス状態でヘッドの部分が
大きく映るので安心感がある印象でした。

 

176337466_4001659399881143_1271330495810331566_n

練習場で両方を打ち比べた結果ですが、

ヘッドでここまで飛距離に違いがでるんだなぁとつくづく感じました。

GR−14に比べてなかなかボールが落ないで、

すーっと伸び続けている感じでしょうか。

 

あと、代わる代わる打ち比べてみるとよくわかりますが、

ダウンスィングの時に、GR−14の方が、丸い塊が動いている

印象が結構でていて、興味深かったです

(クラブ?、シャフト?が、
やや、固く感じました。 振動数だけではわからない、

使っている本人にしかわからない部分ですね)。 


EG−05改は、本当に打ちやすく、

ダウンスィング時のヘッドによる抵抗感が
ほとんど感じませんでした(なめらかな印象)。

 

GR−14のかなりいい当たりが、
EG−05改ちょっとミス程度で十分届いていて、

普通に打てた時には、圧倒的に飛んでいます。

(おそらく、平均で15yから20y程度は違いそうです)

EZ055


たまたま、先日、自分のゴルフクラブの扱い方研究に
結論が出ていたので、フルショットの比較には一番いいタイミングでした。

(3か月ほど、オープンスタンスであれこれやってみましたが、
結局やめて最終的には、 いつも の 通り)

 

✊「左脚でテイクバック(脚の動かす量がそのままテイクバックの量)
フェースがボールを見続けるのは、全く意識しなくても、

自動的にそうなるようになっています。
右手首の使い方がそうなっているみたいです」

 

✊「左上腕を一気に上に動かす
(トップの高さより、更に高くなるイメージが、
自分的には一番、あっている様です)」

 

この打ち方が、フルスィングした場合でも
一番身体に負担がかからず、安定してボールも捉えやすい様です。

 

あと、デール9EG−05改の相性がバッチリの様に感じます
(何となく、クラブから受け取る感覚が非常に似ている)。 

SLN-PT2


追加で作成して頂いたLW、デール9EG−05改のおかげで、
本番ラウンドが非常に楽になったので、スコア的にも

ようやく、ホームコースでの上位陣のみんなと
競える準備が整いはじめました。

 

ゴルフクラブの扱い方は、
基本の部分は「左脚テイクバック+左上腕でダウンスィング」
と自分なりに結論できましたので、

この先は、左上腕の微調整のみとなりそうです。

 

練習場で左上腕の上げる高さでボールの高さを変える事が
出来る事を発見したので、このあたりが研究対象かなと考えています。

 

店長さんの仰っている「左上腕」の扱い方、
自分も、これが究極の鍵になると思うので、読者に伝わるといいですね。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング動作 を見ると
 からだの向きは変りますから
 最終的にはかなり移動しますが、
 グリップ部は 自分の右胸から左胸の
 たかだか 30〜40センチ移動したに過ぎません。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(8)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(4)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(6)









 カラダの向きの変更(の仕方)によって
 先頭にある左上腕、左腕、左グリップは 下がりますが、
 からだの向きの変更によって移動する左腕の付け根、
 左肩に対し、グリップが遅れないようにする為、
 左グリップを軸として クラブを回転させる為でなく、
 グリップ(ゴルフの部位)を握っている左グリップを
 押す『ような』形で 右腕を伸ばします。。。
 
 伸ばします。。。が
 右手の伸ばしで グリップを押す訳ではありません。
 押すような形、
 左肩に対し、左グリップが遅れない「ように」
 補助するようにする…と言うよりは
 右手の、右腕の伸ばしは
 左グリップを軸として クラブを、シャフトを
 押して クラブを回転させるコト ではない
 が 刷毛塗の真意です 。

 左グリップを軸として
 クラブを回転させる は
 肩から先と体を分離させてしまいます。
 左グリップを軸として
 クラブを回転させるには
 左グリップの移動を抑制し、左サイドを止めます、
 それもまた カラダと腕/クラブを分離させてしまいます。
リリース の勘違い❓_Moment(2)リリース の勘違い❓_Moment(5)





 その ハンドターン はターンですので
 からだの回転(ボディターン)の仕事を奪ってしまいます。
 そうしない為の 刷毛塗 で
 パターやごく小さなアプローチを除いて
 ショットの中では 動作としては
  しないに等しい程度の作業です。 

 そういうイメージで腕を使わないと
 からだの回転が活きない というか
 からだの回転と同調して、打つコトが出来ない というコトです。

 あえて 言うのであれば
最終的には からだの向きの変更分を除けば
右胸から左胸に移動するのですが、
それは横への押しでは無く、
 カラダが右を向いている
 その移動に 縦、上下変化の伴っている時に
 やり「始める」というコトだと思います。
 
ショットにおいて、どの場合であっても 地面に平行のような
 横方向への押し ではない と考えて良いと思います。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(3)

✋また 刷毛塗 をしたが故に
 肩から先の腕とクラブが からだの回転と分離しては
 意味がありません。
 ですので 刷毛塗の右手の伸ばし と
 左肩の移動は完全にリンクした 一つの動きだという
 のは忘れないで下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05

 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい

 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください

 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい



       
original LOFT Face-Ang. LIE
N- 0 0 59
LOW1 -0.5 -0.5 59.5
LOW2 -1 -1 60
LOW3 -0.5 -1.5 60.5
N+ 0 0.5 61
HIGH1 0.5 0.5 61
HIGH2 1 1 60.5
HIGH3 0.5 0.5 59.5
N- 0 0 59
       
9 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9 0 59
LOW1 8.5 -0.5 59.5
LOW2 8 -1 60
LOW3 8.5 -1.5 60.5
N+ 9 0.5 61
HIGH1 9.5 0.5 61
HIGH2 10 1 60.5
HIGH3 9.5 0.5 59.5
N- 9 0 59
       
9.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9.5 0 59
LOW1 9 -0.5 59.5
LOW2 8.5 -1 60
LOW3 9 -1.5 60.5
N+ 9.5 0.5 61
HIGH1 10 0.5 61
HIGH2 10.5 1 60.5
HIGH3 10 0.5 59.5
N- 9.5 0 59
       
10 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10 0 59
LOW1 9.5 -0.5 59.5
LOW2 9 -1 60
LOW3 9.5 -1.5 60.5
N+ 10 0.5 61
HIGH1 10.5 0.5 61
HIGH2 11 1 60.5
HIGH3 10.5 0.5 59.5
N- 10 0 59
       
10.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10.5 0 59
LOW1 10 -0.5 59.5
LOW2 9.5 -1 60
LOW3 10 -1.5 60.5
N+ 10.5 0.5 61
HIGH1 11 0.5 61
HIGH2 11.5 1 60.5
HIGH3 11 0.5 59.5
N- 10.5 0 59
       
11 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11 0 59
LOW1 10.5 -0.5 59.5
LOW2 10 -1 60
LOW3 10.5 -1.5 60.5
N+ 11 0.5 61
HIGH1 11.5 0.5 61
HIGH2 12 1 60.5
HIGH3 11.5 0.5 59.5
N- 11 0 59
       
11.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11.5 0 59
LOW1 11 -0.5 59.5
LOW2 10.5 -1 60
LOW3 11 -1.5 60.5
N+ 11.5 0.5 61
HIGH1 12 0.5 61
HIGH2 12.5 1 60.5
HIGH3 12 0.5 59.5
N- 11.5 0 59
       
12 LOFT Face-Ang. LIE
N- 12 0 59
LOW1 11.5 -0.5 59.5
LOW2 11 -1 60
LOW3 11.5 -1.5 60.5
N+ 12 0.5 61
HIGH1 12.5 0.5 61
HIGH2 13 1 60.5
HIGH3 12.5 0.5 59.5
N- 12 0 59

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


重さを使え
 と昔からよく言われます。
重さを感じろ  とも言われます。

それは、決して重さを増やして使え と言う意味ではありません。
【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment【切り返しから『渋滞』を起こさないように_Moment(2)








スイング動作 には
 次に行くべきところ、行きたいトコロ、
 だいたい…ですが、行く方向、行きたい場所
 があります。
クラブやヘッドの重さを使って
 次に ソコに行かなければならない、
 次に ソコに行かざるを得ない
そんな 重さの出来る位置や姿勢を作ってあげると
  無重力とは言えませんが、
 その重さは増えず、強く感じることはありません。
逆に、重さを強く感じる、重さが増える、
 というのは 自分の行きたいトコロ、行きたい方向と
 クラブの行きたがっている方向にズレがある

 重さが負荷になってしまっている
 というコトなのです。

ですので からだの回転、向きの変更と言う
 概ね横移動の作用 と クラブの機能を使って
 グリップの移動を出来るだけ 縦に変換してあげると
 トップの位置からインパクトまでは
 その重さ感はほぼ無変化、
 感覚的には重さを感じるコトが出来ない というか
 時間が短いですから 重さを感じる暇も多くありません。
【ゴルフスイング】貴方にはどう見えますか❓_Moment(3)

もしかしたら…ですが、
 ダウンスイングでクラブの重さを強く感じる、
 ダウンスイングのどこかの箇所でクラブが重くなる、 は
 からだのどこかが 止まっている、止めている、
 もしくは その重さを受け止めようとしている箇所がある、
 (まあ その場合、左サイドか、左グリップの可能性は高いです)
 どこかが止まっているから それを感じる、
 それを感じる暇があるのかも知れません。
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(4)【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(6)






インパクト、インパクト以降
 クラブが長くなるコト、
 勿論 運動速度も高いことも含め、
 初めて 遠心力の影響を大きく受ける箇所に来ますが、
 それも受け止めず、(受け止めちゃダメ)
 それを受けないように どんどん
  左上腕、左グリップを上げ続ける 👉回り続ける
  逃がし続ける 追いつかれないようにする

 が大きな、長く低い(へっどの)フォローを生みます ので
 その力も 重いヘッド、慣性モーメントの高いモノ、
 柔らかいシャフトの方が強くなります
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

あるお客様の 特別な指定によって
 作られた 一点限りのモノ です。
 現存では サンプルを含め2点しかありません。
IMG_1426
成型の為のプログラムも、金型もない、
 最終仕上げを除き、ほぼ全行程 手削り のヘッドです。 
IMG_1413
ヘッド重量は
  530〜535g あります。

ロフト 4度(ブリストルオリジナルよりも1度立っています)
ライ角度 71度(同じ)
素材は軟鉄鍛造 S15C です。
仕上げは 素地にWニッケル、
 表面に薄くチタンコーティングをしています。
 見た目は 薄い金色 です。
IMG_1422
見た目で言うと 2mmほど厚みが増し(ファット-B)
 ネックが3mm長くなっています。
重心が1mm深く、2mm高くなっています。
IMG_1425

ご依頼のある分のみ 製作いたします。
 (締め切りは11月30日までとさせて頂きます)

 以後 再販、再製作の予定はありません。
  …納品は年内…はかなり難しいと思います。
IMG_1414

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
 <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

  046-804-1480    野澤  まで



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


まずは コチラをご覧ください。

ご本人いわく

『インパクト以降 左上腕を上げるのは 間に合わないので、
「切り返し時から 左肩を上げる」で やってみました。

グリップの下がりは早く、
左腕の浮は抑えられた ダウンスイングには なって来た様な!!^_^?』


✋そう思います

3年前の…映像と比較するのはナンですが、
ダウンスイング後半、インパクト直前の
リリース、腕さばき、フェースターンが無くなった、、、
と言えば良いのか、その作業をする時間が消えています。
◌腕がからだの近くを通る
 つまり グリップ移動の道のりが短いが故に
 インパクトまでの時間が短い というコトですね

((支部長の進化_Moment
仰る通り、
切り返し、ダウンのスタートを
◌左肩を上に動かす「感じ
◌回転は横ではなく縦に廻す「感じ

あくまでもイメージなので
結果としてはそうなりませんが、

 それを意識するコトによって
左腕の下がり、からだの回転と同調した低さが増し、
インパクトポイントが早く、
遠回りせずにやって来ています。

✋インパクトが直ぐに「来ちゃう」から
 フェースターンする余裕、間合いが取れない
 というのが正解なのかも知れません。

🚀🚀かなりの変化、進化だと思います。


あえて 言うのであれば
フェースターンの名残があり、
インパクト直前、インパクト…付近で
下、腰回りが止まって、
へそから上、胸から上 だけが回っている ので
薄く カラダが伸びる気配がしています。
 支部長のコト ですから ミスにはならないと思いますが、
 腰を痛める可能性があります。

((支部長の進化_Moment(2)

そこは慣れ、ではありますが、
スイングでの回転は グリップの移動距離、移動速度
を稼ぐためのモノ

あくまでもイメージですが
 やや(左)上方にグリップエンドを抜く感じ のため
(グリップエンドは空に向けたまま)
カラダの左向きも遠慮せず、してしまう、
左肩をあげたら、もう一気に左を向いてしまいましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ご質問頂きましたので <質問です>
240781176_4377812485599164_8218599256180757912_n
Q: 硬質のディスタン系の球をお勧めする理由
はどのようなロジックでしょうか?興味があります。


ボールの柔らかさ に関してですが、
ドライバーであっても、アイアンであっても
金属質とゴム質 のヤング率(歪み率)は
200倍以上差があります。

20年前に比べると ツーピース〜多層系のボールは
実は 歪みにくくなっています。
無駄な歪みが無いので飛ぶのです。

柔らかい と感じる(実は錯覚しています)のは「音」です。
表層や二層目に ポリマー・イラストマーなどの
 吸音材 が多用されているのが理由で、
実際には ボールはどれも
  硬く? なっています。

勿論 ボールは好き嫌い、好みで良いとは思いますが、
柔らかさ(音に)に固執する必要はないと思います。

悶絶クラブであれば  いや! と言うほど
ボールは潰せるので 硬質系のボールでも
十分潰せますし、いい音も出せます。

ボールの重要性は 同じ球を使い続ける コト です。
そう言う意味で 硬質なボールの方が 安価な場合が多く
  持続性を重視すると 硬質なボールをお薦めしています。
予算が許せば どちらでも良いかな とも思います。


✋これは余談ですが、(ボール質にもよりますが)
 一般的な練習場のボールで 良い球 を打っていると
 実際のコースで使うボールでは
 スピン過多、弾道高め になってしまう可能性があります。

👉ボールの質…もない訳では無いですが、
 それよりも 使用頻度、それに伴う 清掃(機械洗い)
 によって ディンプルが薄く、質量も落ちているからです。
 (基本 結構 削れています)

ユーティリティクラブ、フェアウェイウッド、ドライバー あたりでは
すこし 失速する位が良いと思います。


私 個人の場合で言うと 元々弾道が低いので
6番アイアン以上のクラブが失速し、
 全部 同じキャリーになってしまいます。
それを無理にあげようとするのは 良い練習になりません。

練習場では 距離を重視せず
弾道の高さを揃える練習をした方が良いと思います。
((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment((Rさん SW.6i.5w.1W 2021913_Moment(2)












Q: 3Wと7WUTは、ミステリーを考えていますが、
どのモデルになるのでしょうか?

店長さん的にはSYBとミステリーはどうお考えですか?

形状の好みもあるとは思いますが、
SYBの W422V は ロフトの一度大きく
性格的にも上がり易いヘッドです。
打ち出しがやや高めの スピン少な目タイプとお考え下さい。
#3-14.16.17.
#5-19
#7-22
#9-25
#11-28

image03b
一方、ミステリーの HT-411 は
性格的にはオーソドックスなタイプ
打ち出しが中弾道 W422Vに比べると スピンはやや多め です。
411-6_small
#FD-14.15.16.
#5-18
#7-21
#9-24
性格も含め
番手とロフト構成で選ぶ方がよいかな と思います。

UTはミステリー一本なのですが
 ロフト構成は
#3-19
#4-22
#5-25
#6-28

 その組み合わせになると思います。
✋3番に相当するモノは
元々の球質、ウッドに対する自信 にもよりますが、
大きめのロフトを選んだ方が良いと思います。
無理に3番を選ばず 5番からでも良い場合もあるでしょう。
その場合は 18度のロフトのミステリーの方がよいかも ですね。

ウッドとアイアンの間に ユーティリティクラブ を入れるか否か
にもよりますが、それによって
残りのもう一本のウッドを選ぶと良いと思います。

ウッド、ユーティリティ共に
 きつい番手、キツイロフトは選ばない が
 基本だと思います。

番手間の長さの違いなど ヘッド重量で変えられますので
一度に造らない場合(何回に分ける)であっても
どういう構成にしておくか 先にご相談ください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


(良い感じになってきているんじゃないでしょか 2021112_Moment(3)

✋先ずはコチラからご覧ください
上が 2021/07 ・ 下が 2021/11 です。
 


まあ ご本人が一番分かると思うのですが、
下へ振る量、
肝心なトコロを手で振ってしまう量、

が かなり減ってきている…無くなりつつあります。
とても 良い変化だと思います。
(良い感じになってきているんじゃないでしょか 2021112_Moment(良い感じになってきているんじゃないでしょか 2021112_Moment(2)(良い感じになってきているんじゃないでしょか 2021112_Moment(4)





スイング、ショットに取って
一番速く、忙しいトコロでの 作業が格段に減りますから
動作自体 シンプルな、あっさりした感じに変わります。

今まで 下に振っていて
 フェースターンでつかまえようとしていたのを
 からだの向きに仕事を預ける、のですから
 作業はかなり簡略化できる上に
 つかまりがより良く、より安定し易くなります。

この状態であれば
距離と方向、そして安定度がかなり上がり
ゴルフの状態も上向きになると思います。



あえて アドバイスをするとなると
現場でこの状態であれば 良いと思うのですが、
傾向として 右向きが浅め になり易いと思います。
特に テークアウェイの初期、前半部分で
手での引きが多く、その分 カラダがボールの方に寄り
本能的なバランスを取るため 右向きを控える
そういう癖が無くはないです。
多分…ですが、疲れてくる ラウンド後半に
 それは顔を出してくると思います。
俗に言う テークアウェイが浅くなってくる…と言う類です。

👉👉からだを廻すことは
 カラダを廻すコトそのものが大事なのではありません。
 クラブを動かす為、グリップの移動量の確保 と
 グリップの移動速度の出す為のモノです。
素振りの時点で
右肩、右ひじ、右ポケット(お尻)を
ボールから遠ざける、アドレスの背後方向に動かす
そういうイメージを強く持つ と良いと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブの長さの造り方、使い方 を考えると 
 ヘッドの重さ や 重心距離、シャフトの硬さ の 好き嫌い、
 その使い方の得手不得手
 も見えてくると思います。

フェースターン、ハンドリリースタイプの人は
 軽いヘッド、同じ意味ですが短い重心距離(小振りなヘッド)
 硬いシャフトを好みます。

 それは スイング全般 において
スイング軌道意識はありますが、
それは 
平面上の内から(インサイド)
外から(アウトサイド)
であって
スイングの弧の『中側』…
スイングの弧の大きさの変化…

 と言う意識ではありません。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment


ダウンスイングからインパクト…において
 フェースターンは 前にいたはずの左グリップ(グリップ)を
 右グリップ(ヘッド)が追い越す必要
がありますから
 左グリップがどんどん 先に行ってもらっては困ります。
大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(3)大森201904_Moment(4)






テークアウェイにおいても
 左グリップをカラダに対し 右に右にずらそうとしている
 ようにも見えるケースが多いです。

クラブを起こす、短くする、シャフトを立てる、 と
スイング ココを治そう❶_Moment(インから振るのがすべて!じゃない_Moment(2)シンプルな見た目の 右左のグリップは
左グリップの方が下になります。
しかし、フェースターン、ハンドリリース派は
その逆に 左グリップの方を上にする人すら居ます

ヘッドの遅れを横に使いますので
 フェースが空を向いたような 大きく開いた状態になります。
(271_Moment
こうなりますと ヘッドの重たいモノ、重心距離の長いモノ(面の長いヘッド)、
シャフトの柔らかいモノ では
想定以上に 開き「ヘッドの遅れ」が増えてしまい、
ダウンスイング〜インパクトで
"ヘッドを返す" のに苦労してしまいます。

『ヘッドが戻ってこない』と言う言葉が聞こえてきそうです。

ヘッドが戻ってこない とは 待っている と同意語ですので
その待っているのは 先に行って、止まっている左サイドのコト
と考えて間違いないと思います。

シャフトはしなると 元に戻ろう としますが、
それは グリップを軸にヘッドを動かす のもありますが、
その逆の ヘッドを軸にグリップを動かそう とする作用も
当然、働きます。

 シャフトは円形ですので、歪になった円は
 元に戻ろうとするので シャフトの横軸だけでなく、
 縦軸にも作用します。

ですので しなりの大きく(短く)なる量の多い、
ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_Momentヘッドの重たいモノ、
重心の長いモノ、シャフトの柔らかいモノ は

左グリップ、グリップエンドを前に押してしまうので
インパクトポイントが前にズレてしまい、右にし難くく、
しなり戻しも沢山必要になるので
戻し切れないのです。



ハンドリリース、フェースターン をする方は
 腕も含めた スイングの弧の内側意識が強くありません。
フェースターンとは クラブを最大の長さにする行為ですので
 当然、その空間が必要になり
 その処理として 伸び上がりであったり、
 からだの開きであったりするのですが、
 ヘッドの遅れ、しゃふとのしなりが大きくなれば
 当然、伸び上がりも開きも大きくなってしまいます。
 インパクトポイントも茲縫坤譴笋垢、
 ヘッドの遅れも大きくなるのですから…。

スイングを治すコトを前提とした方が
 かなり悶絶度の高い仕様(重い、柔らかい)を使い始めると
 シャンクが多く出るのは そういうメカニズムです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


最近、多く見かけるマレット(かまぼこ型)タイプ、
  …昔はマレットをかまぼこ型って言ったんです。
   おそらく マレットタイプが認知された頃の
   代表作ゼブラ社のマレットがそういう形、
   をしていたから だと思います。(40年前)

特に 最近の奥行きの深い〜重心の深いマレットタイプは
その 最大の売り である重心の深さが弱点になる のです。
スナップショット 1 (2016-11-24 20-30)

マレットタイプは
 見た目の大きさとは違い、 ヘッドが思ったより軽いコト、
フェースバランスを取るため ベント、曲がったスチールシャフト
 などが装着しているコト(運動する部分が少ない)によって
 よりヘッドが軽く感じるコト、
 などによって 
ヘッドを多く動かしガチ
 早く動かしガチ
 になります。


機械では真っ直ぐ引けるのですが
人間の場合、テークバックでヘッドを動かし始める時
ヘッド…ですが、無意識にフェースを意識して指導し始めます。
また 多くのタイプは クラウン上 に
 視覚的にヘッドを「真っ直ぐ引かせるコトを誘導する」ライン
 存在するのも 良かれ悪かれ です。
✋個人的には この妙なシンメトリー性が
 他のクラブと あまりに一線を画した感じがします。

マレットタイプは重心の位置が深く、

その位置がモノによっては
 3センチ近くもズレたところにあるコト、
から ヘッドを真っ直ぐ引こうとすると
 重心位置が外に膨らんだり
 フェースが左を向こうとしたり します。
スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)スナップショット 2(2016-11-24 20-30)




早く、多く動かし易いコトもあり、
 テークアウェイで外に膨らみ易いが故に

それを修正しようとしますから
 外から内への8の字ループになってしまいます。
IMG_1412

これで問題なのは
機械は8の字ループを描きませんが、
もし描いたとしても それを繰り返すだけです。
ところが 人間の場合
 それを良しとしませんから
ものすごく気にしながら テークバックを取ろう
 特に 動き出しに神経を使わなければいけなく なり易いでしょう

IMG_1359

一般的な 日本のトーナメントプロ の場合、
ほぼ毎日 パットの練習に数時間費やします。
試合中も 夜はするコトが少ないですから、
ホテルの部屋にパターを持って帰り
 夜な夜な打っている訳です。
通常の打撃練習頻度、量もすごいですけれど
それを上回るような パッティングの練習をしている・・・
そんな 機械作業のようなストロークの出来る人向け
 なのが マレットタイプ…と言う気がしてなりません。




機械作業の苦手な人、
感覚が最優先のパッティングの人にとっては
イップス誘導機のような気がしてなりません…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370
▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004










ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


カラダの向きを変える、円運動
 それによって グリップの移動距離・移動速度を稼ぐ

 傾きはあるとは言え、横運動の回転を
 クラブの構造も利用して 上下のグリップ移動に変換する
👉ヘッドの重さの増し によって起こる
 ヘッドの遅れは ロフトの立ちに変え易くなります。
 用語で言うと 縦に遅らせる と言えば良いでしょうか…
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(2)









 遅れをロフトの立ち、縦の遅れにしてあげれば
 フェースターンの必要は一切合切ないので
 インパクトポイントをより左に、前にするコトが可能です。
●フェースターンを行うための グリップの停止 がありません。
●シャフトを振るコトによって ダウンの弧が 無駄に大きくなりません。

 より直線に近い
(イメージ) グリップの移動に出来、
 より「早く」にインパクトを迎えられます。

 左サイドの動きを止める必要が無く、
 フェースターンの必要もありませんから
 腰を痛める、肘や手首を傷める可能性も格段に下がります。


 
 腕がたたまれる クラブを短く使うコト によって
 アドレスで構えた状態の クラブの長さ、
 その円弧よりも 内側 中側の、
 度合いはありますが、小さな円弧でダウンスイングは
 行うことが出来ますから、遠心力に邪魔され辛く
 結果、回転の速度をあげられる可能性が上がります。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

 インサイドから、や 上から入れる、
 は そういうことでは無いでしょうか❓


ゴルフスイングと言う動作を 完全に無視して
 ボールを繰り返し 真っ直ぐ行かせる
には グリップを目標に向かって 限りなく真っ直ぐ動かす
ゴルフクラブをスライドして使う…
   …サイドステップして打つんか???
そういう想像は出来ると思いますが、
打ち手である人間にそれを高速で行うのは難しいですし、
平らなトコロの無い、障害物の有る、限られた空間
というコトを考えると
 それを その場で、ある程度の高速で行える
 からだの回転で処理したのが ゴルフスイングだと思います。

また、グリップの横のみの移動、クラブのスライド では
 クラブを短くする、円弧を小さくする機会が無く
 ロフトを立て、その分 上から、インサイドから入れる
 方法がないので ボールが喰わず(つかまらず)
 飛ばしに フェースターンが必要になってしまうので
 スイング、ショットには 横の動きを少し縦に変える
 腕の作用 と クラブの構造が不可欠なんだと思います。

カラダの向きを変える、円運動
 それによって グリップの移動距離~移動速度を稼ぐ
 傾きはあるとは言え、横運動の回転を
 クラブの構造も利用して 上下のグリップ移動に変換する

飛ばす、真っ直ぐ行かせる、曲がり具合をコントロールする、
 そして クラブの構造とからだの回転
それをつなげていくと その答えに行き着きます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ターゲットゲームであるというコト
動作の源は円運動、向きを変えるコト であるコト

ゴルフショットには 右曲がりや左曲がり という
コントロールというか、ある程度抑制の必要なボールの回転
がありますから それらを考えると
からだの回転、向きを変えることは
 
クラブを丸く振る、ヘッドで円を描くコト ではなく
 ヘッドの移動の源になる
 グリップの移動距離を稼ぐためのモノ
 である
 と考えるのが 一番素直な答え だと思います。

◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(4)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(5)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(6)










ゴルフクラブの構造は
 先端の異様に偏重し重さがかかっていますが、
 その重さであるヘッドは
 自分側に鎌首ももたげています。

テークアウェイ、トップで
 俗に言われる 腕をたたむ、
 クラブヘッドまでの距離を短くすると
 重さは軽くなります。

ダウンスイング以降、円運動をして
 ヘッドに遠心力がかかり、外に膨らもうとして
 円が大きくなりかかっても
 ヘッドは自分側に鎌首をもたげているので
 あるところまでは 長くなろうとしません。
(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

円運動、は 前傾姿勢はありますが、
基本的には横移動、横への運動です。
しかし、前傾姿勢の有る円運動
 そしてクラブの構造を利用すると
 アドレス時の前傾姿勢以上に
 グリップの移動円はアップライト、上下の移動に変わり
 クラブが短くなっていることも伴い
 より直線に近いルートを取るコトが可能です。

それでも ヘッドの重さはありますが、
 横運動である円運動を 縦に変換してあげると
 勿論、ヘッドは遅れますが、
 その遅れを 縦の遅れ 〜ロフトの立ち にしてあげるコトが
 可能になります。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(7)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(8)










グリップの移動はより直線に近いモノ
 それによって ヘッドの描く円弧も緩く、
 直線とは言えませんが、緩い円弧になります。
ターゲットスポーツ向きだと思いませんか❓

✋もしかすると スイングの円弧を大きく の真意は
 コレ なのかも知れません。
 円弧の半径を大きくする、
 クラブを長く使う、 には弊害が多過ぎます。
 おそらく 解決には より大きな力が必要です。
 結果、としては似たモノになりますが、
 よりグリップを直線に近いモノに動かす
 👉出来るだけ 目標、ターゲットラインに沿った
 からだの向きで グリップの移動距離を稼ぐ
 が 最終的に 円弧を大きくする なのかも知れません。

円運動で そのまま 円、前傾姿勢が有るとは言え
 その円弧をなぞって 横に遅らせてしまえば
 遠心力は より円弧を膨らませようとしますし、
 クラブヘッドが鎌首をもたげている効果は負荷になってしまいます。
 その遅れは フェースの開き にしかならず、
 インパクト前に 基点になる左サイドを止めて
 フェースの向き、ロフトの向きを戻す必要が生まれます。
 ヘッドを速く動かそう とすればするほど
 そのヘッドは重くなり、ヘッドターンにはより力が必要になります。
 多くのアマチュアの悩みじゃありませんか❓

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様の 特別な指定によって
 作られた 一点限りのモノ です。
 現存では サンプルを含め2点しかありません。
IMG_1426
成型の為のプログラムも、金型もない、
 最終仕上げを除き、ほぼ全行程 手削り のヘッドです。 
IMG_1413
ヘッド重量は
  530〜535g あります。

ロフト 4度(ブリストルオリジナルよりも1度立っています)
ライ角度 71度(同じ)
素材は軟鉄鍛造 S15C です。
仕上げは 素地にWニッケル、
 表面に薄くチタンコーティングをしています。
 見た目は 薄い金色 です。
IMG_1422
見た目で言うと 2mmほど厚みが増し(ファット-B)
 ネックが3mm長くなっています。
重心が1mm深く、2mm高くなっています。
IMG_1425
ご依頼のある分のみ 製作いたします。
 (締め切りは11月30日までとさせて頂きます)
 以後 再販、再製作の予定はありません。
 
 …納品は年内…はかなり難しいと思います。
IMG_1414

ご連絡、ご依頼、お問い合わせは
 〒238-0024 横須賀市大矢部3-14-10
 <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

  046-804-1480    野澤  まで


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


✊ボールを飛ばしたい
✊安定して飛ばしたい
✊狙った方向に打ちたい

 と言うゴルフのターゲット性 と
◉スイングは円運動
◉クラブは先が重たく 長い棒
◉ヘッドには 方向や距離を確定する角度が付いている

 を合わせて考えると
動作としての円運動は
 クラブ、ヘッドを『円運動させる』のが主目的 としている❓
 それに疑問を抱きませんか❓

飛びざまは 右曲がりであったり、左曲がり であったりしますが、
   …そもそも 上下、縦の飛球線は放物線
狙い 打つ場所と止まる場所の関係は直線…なのです。

ゴルフスイングを観察すると
 タイプはあれど、なんとなく腑に落ちる、
 チカラで解決していない いいなと感じるスイング は
 ゴルフクラブとの接点である グリップは
 かなり 狭い幅の中でしか動かしていません。

あえて言うのなら トップの位置 右を向いた時の
 からだの幅
 の範囲です。

グリップの移動動作 で言うと
 からだの向きでの分を差し引くと
 トップの位置で 右の胸の前に在ったモノ(右打ち)が
 左の胸の前に移る(移るか、移すか)程度ですので、
 距離にして 30〜40センチ程度です。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(2)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(3)









カラダの向きを変える、その円運動の目的が
 ヘッドで円を描くコト、クラブを丸く振るコト であったなら
 遠心力がかかり、円弧が大きくなりガチ ですので
 クラブが重くなり、右に在ったモノが左に移るコト は
 考えにくいのです。

スイングの原動力、クラブを動かす動力が円運動という
 からだの向きを変えるコトである コトを考えると
 ある程度の幅になるのは仕方ない ですが
 この狭い幅に収まる、
 からだの回転で グリップの描く弧は
 思っている以上に小さい、狭い幅、からだに近い、
 別な言い方をすれば アップライトな弧 である
 (グリップを上下に動かす とは少し違うかも)
 と考えると円運動の目的が見えてきます。

   それでは Asta manana✋✋✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


開いたフェースを閉じて振る(打つ)
 俗に言われるフェースターン、ローテーション、手の返し
 悪く言えば 手打ち、手振り… ですが、
 それを 望んでやっている人は多くないと思います。

 そうしたくないのに。。。開いて、スライスは嫌だし…
 そうせざるを得ない 人が大半だと思います。

(インパクト、そしてそれ以降 無視出来ない違い_Moment(2)
一番根っこの部分、根本は、解決の糸口は
 スイングで作る円弧 と からだの回転 の関係
 からだの回転のその目的の誤解!だと思います

 そうせざるを得ない状態を説明したい と思います。

スイングは円弧に見える、のは確かですが

 その外周にあたる ヘッド部は
 グリップを動かせば
 そのグリップを動かす のが カラダであったとしても
 手であったとしても
 円弧の進行…その『角度分』動くモノ と考えていませんか❓


よく考えてみましょう。
 クラブは先に重さが付いており
 静止状態であれば その重さは重力方向にかかる
 ソコに留まろうとするエネルギー
です。
 運動状態になると 長さと先端の重さのミックスが
 円弧の進行とは違う方向に遠心力として働きます。
 その複合ですので
 ヘッドから見た グリップの先にあるからだ(打ち手)と
 ヘッドがつながって動く には
 グリップを動かし続ける必要が生まれます。


(つかまえ と 両手離しドリル_Moment

ダウンスイング中、
 人の迷惑をかえりみず、誰もいない鳥かご で
 クラブを離したら クラブはどこに飛ぶと思います❓
 ボールの方に行くと思います❓
 それとも飛球線の方…ですか❓


クラブを手放しタイミングにもよりますが
 右の足の前あたり 地面か…
 それこそ 遠心力の方向にすっ飛びますよね

それを ボールの方向に…
 飛球線の方向に… するのには
 糸の先に重さの付いたようなモノ…のイメージ であれば
 👉当然、根本、支点になる部分は止まっています。

手を返す人の多くが 左サイドを、左グリップを、
 茲諒鼻,里茲Δ淵ぅ瓠璽犬濃澆瓩覺恭个鮖っている?のでは?
大森 スイング変遷_Moment(6)大森 スイング変遷_Moment(8)









そして そのイメージが そのまま 手打ちソノモノ なのでは❓



クラブを、ヘッドを円に振るコトが最優先ですか❓
効率よく 遠くに安定して飛ばすことは 二の次 ですか❓



    それでは Asta manana✋✋✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ✋試打クラブ 貸し出しクラブ(無料)
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1366

【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370
【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359
【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1362
推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。
IMG_1369
【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372











茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



多くの方のゴルフショット、ゴルフスイングの悩み、
 ゴルフクラブの悩み、
 その起源は 技術的なモノや運動性能によるモノ、ではなく、
『ショットって こう言うモノ』
『スイングって こう言うモノ』

と言うイメージや概念によるところが非常に大きい、と思います。

スイングやショットが良くなる場合 であっても
新たに ナニカの技 を仕入れたのではなく
既に 持っている技と言えば良いのか、動かし方を
違う『目的』の為に使って…と言う行程、結果で
 スイングは変ります。

簡単に言ってしまえば
 ゴルフスイングを、
 ゴルフクラブの使い方を、
「思い違い」「勘違い」「誤って思い込んでいる」
 のが スイングの、ショットの悩みの殆ど、です。

練習場にて 比較動画_Moment
手品で言うと トリックの種明かし になる手、
その反対の手を大袈裟❓ 派手❓ に動かし、
ネコ騙しにして 気を引き付けるような、惑わせる…

⛳ゴルフでは それに相当するのが『回転』です。
回転そのものの誤解 ではなく
回転する目的に対する誤解 です。

確かに 運動としては 回転運動は「します」
しかし、ゴルフはターゲットスポーツ です。
飛距離、飛ばしが大変魅力的なのは確かですが、
 高頻度で、似たような方向に、似たような球が行かないと
 毎回、異なるシチュエーションでショットする訳ですから
 計算が立ち難くなります。

 飛ぶ道筋(弾道)は真っ直ぐではありませんが、
 打つ方向、目的地は 明確で、
 頭の中では 打つクラブを決めたりするのに
 距離計算が必要ですので直線で考えます、よね?
Image20201006185024 (002)
👉ゴルフクラブは 1mを超えるような長さ があり、
 その先端には 全体の6割を超える偏重し、備わっています。
👉打撃部であるヘッドには 角度を含め 打面(フェース)があり、
 距離を決めたりする為の 角度が備わっています。


非常に歪な、偏重したゴルフクラブに
 方向や距離を決める 角度が 付いている
✋ のです。

自分自身の運動は 回転運動かも知れませんが、
それは ゴルフクラブを回転させるため のモノでしょうか❓


ゴルフクラブに回転を(必要以上に)加えると
 その構造から 想定を超える 遠心力が発生し、
 その遠心力は
 打つ前であれば ボール方向と、
 打つ直前、直後 であれば 打ち出したい方向と
 直角とは言えませんが、非常に大きく異なっています。
(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(4)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(2)(スイングのイメージを変えようと… アレン痔版_Moment(3)





多くの方は 
スイングは回転運動だから
 クラブを回転させる為 や
 ヘッドに円弧を描かせる為
、  場合によっては
 ヘッドの重さに遠心力を加える為
 それを目的に回転運動をする
 と信じている人が少なくない ような…気がしてなりません。

その遠心力は スイング/ショットするコトに対して、
 全く利用しない とは言えませんが、
 それを強く造ろうとすれば 運動の負荷にしかなりません。
 重さも余計に増える上に、その方向が大きく異なるから、です。

そうすると 元の回転運動に対し、
 先端の重さ部のヘッドが、
 そして それに伴い グリップが 遅れていきますから
 右打ちの人、であれば、からだの右にズレていきます。
遠心力が増すコト によって 円弧が大きくなりますから、
 ヘッドの部の道のりが増える、弧が大きくなり過ぎる、
 弧が「早く」大きくなり過ぎる、と言うのも原因でしょう。
 
(シャンクの原因でもありますね)
硬いシャフトを無理に振れば、円弧は膨らみますが、
シャフトが硬いですので ヘッドと遠心力が揃うコトにならず、
本来 打点が来るべきところに ネックがある…って具合です。


その結果、からだの右にずれた ヘッド、やグリップ…
 それでは フェースも右を向き、ロフトも増えます。
 ハイボールのスライス、場合によってはシャンク、
 それでは 飛びませんし、
 一般的には スライスは初心者の証し…
 それを克服するコトが ゴルフの上達 と思っている?でしょ?

     それでは 
Asta manana✋✋✋


NSAJ17


主題とは別ですが、その勘違い、
フェースが右を向いているコト →スライス  が問題なのではなく、
ロフトが開いているコトが問題 なのです。
ゴルフクラブは構造上、その二つ フェースの開き〜ロフトの開き
は非常に親和性が高いのですが、
長い年月、からだを傷めず、ゴルフを楽しんでいくには
主の問題は フェースの開き ではなく ロフトの開き
 だと認識する必要があります。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ