◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト どの位まで打ったこと、あります?
かなりの違いです。 クラブの大きな機能である
打撃力の源である ヘッドの重さと それをどう伝えるか
のシャフトの柔らかさ を体験せずに ゴルフを終えるのは勿体ない‼

クラブに振らされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!
https://www.hummingbirdsporte.com/


ゴルフスイングは
傾き と言うモノの中で向きを変えます。

故に 見ている、
スイングを見る側は錯覚してしまう、
騙されてしまうコトが往々にしてあります。

アプローチなどの小さなショット
ゆっくりした動きであっても それは起こります。



テークアウェイを始め
からだの向きを変えると
「傾き」前傾姿勢 があるので
右打ちの場合、
右肩が高くなっていくように見えます。
動作として、右肩を高くしている訳ではありません。

ゴルファーを惑わせる振り子式_Moment(2)


と同時に、このアングルから見ると
まるで 振り子のように見える訳 ですが、
からだの向きを変えているから
そう見えるだけ であって
クラブを振り子のように動かしている訳ではありません。


実際に振り子式で打ってみて 確認をしてみると
不要な両肩の上下の動きが入るため、
回転で打っているよりも
ダフリ気味、トップ気味の頻度が高く、不安定です。



傾き、前傾姿勢は股関節、
大腿骨と骨盤の傾きの角度差 です。

その傾きがあって
股関節から上の胴体が向きを変えるから
テークアウェイでは右肩が
フォローでは左肩が高くなっていく、
テークアウェイで左肩を、
フォローで右肩を
動作として 低くしてイクモノ ではありません。

(回転力を付けたい_Moment

テークアウェイ初期で
「左肩を入れる」と言う言葉がありますが、
基本、回転する とは 横の動きです。
胴体の向きが変わるから 左肩が入る になるのであって
左肩を低くするとか
左サイドだけを動かす のではないのですが、
非常に多く見られます。
何気ない その初期の動きが スイングを難しくします。

また テークアウェイ初期で
グリップを動かそう とする気持ちもわからないでは無いですが、
からだの向きが変わる から グリップが移動するのであって
そこで グリップを左腕で押そう とするのはお勧めできません。





振り子式は 胴体の側帯 を潰し
その潰れた方の腰回りに 
不必要な重さをかけるので 故障の要因にもなります。

小さなショット、アプローチ、グリーン周りのショットでは
ダフリ、トップの動きは出来るだけ避けたいのですが、
振り子式の場合、グリップが自分の体から離れ、
手の入れ替え を 肩で行いますので
どうしても左右の肩の上下の動きが必要になり、
回転とは異なる 上下の動きがあり、
ダフリ、トップを誘発し易くなります。

本当に 百害あって一利なし の振り子式。。。

冗談ですが、これを違法行為にする法案を
検討して貰いたいほどです😵
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



一つの例ですけれど

こすらない球を打つには
ダウンスイングで左腕を下げたい、
もしくは
からだの回転に「グリップ」を遅らせない
のが理想ではあるけれど
長年の習慣でそれが「やり辛い」…

であるのなら
始めから グリップを上げない
左腕をたくさん動かさない で
打てるなら その方が簡単ですね。

ダウンスイングでフェースを下に向ける
よりも 始めから、そして ずっと
向けて置く方が やはり簡単でしょう。



からだの回転で クラブを動かす
コトに覚える、移行する には
やはり ヘッドを振らない と言う感覚を掴む
必要があります。

大森201904_Moment(2)大森201904_Moment(4)







V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment






技術的な習得 と言う意味では
ものすごく簡単 なのですが、
今までやってきたコトを捨てられるか
「ヘッドを振るコト がスイングで、
 ヘッドを振るコト が強く打つコト」

として覚えてきたスイングの要(かなめ)を捨てられるか、
発想の転換が出来るか どうか だと思います。

✋ヘッドを移動させたいのなら
からだの向きを変えて グリップを移動させれば良い
✋より速く ヘッドを移動させたいのなら
より速くからだの向きを変え、
より速くグリップを移動させれば良い

という 至極当たり前のコトを 体現出来るかどうかです。


やりたくないのに
結果、ヘッドを振ってしまう ヒトの多くが
回転の仕方〜手順を間違えているケースが多く、
その多くが 「ヘッドの重さ 〜〜ヘッド遅れ」
の対処の仕方の間違い、
対処してしまってるコト自体が間違い なのです。

V字を維持してみよう 縦編_MomentV字を維持してみよう 縦編_Moment(2)





ヘッドの遅れ(ロフトやフェースの開き) を悪者として
それを対処しようとするのが ヘッドの返し で
ヘッドの遅れを ロフトの立ち として扱えば
それは半ば放置して置けば良く、
その方が その重さはスイング、回転の助力になります。

(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
多くの人が
カラダと平行になったクラブ(シャフト)の角度を
開こう(角度を変える/クラブを回転させる)としますが
どの道 回転するなら
その角度は変えず、それを持った自分が回転する
というのが 「からだの向きの変更で打つ」打撃 です。

クラブを回転させようとすると
当然、からだの回転とクラブの回転の関係は途切れ ますから
軸の有る動作、動作に軸は発生しません。

そこの 脳内イメージを変換できる か どうかには
とても良いドリルであり、練習になると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


step-❷
そのまま フルショットに移行します。

グリップを意識的に上げる必要はありません。
アプローチと同じ高さ(意識)で良いと思います。
(回転力を付けたい_Moment
多少、右ひじを曲げるコトにはなると思いますが、
その分 自然に高くなるヘッド 程度で十分です。

右ひじを曲げるコト によって
クラブは多少、起こすコトになりますが、
それは ライ方向に起こす のではなく
フェースの下向き〜シャットを増やすような方に
起こすコトになります。(量は要りません)
それも 少しだけ で良いと思います。
感覚的に フェースの下向き、地面向きが残ってる程度で十分です。
(見た目にはフェースの下向きは消えます)

この手の打撃にカギになるのは
からだの向きの変更に対し、
 ヘッドの重さで出来る
 「遅れ」をロフトの立ち するコトです。

その注意点は
☑ヘッドを下に振らず
 テークアウェイ〜トップ の時点では
 少々 大袈裟に下向き
 スイング全体では 円弧の外に向けておく事

  ヘッドの移動は
 からだの向きの変更だけが動力源 なので
 それで移動するであろう経路 よりも
 長い、多い道のり を描けば
 その分 ロフトの立ちは消えます。

☑からだの回転は肩が主導ではありますが、
 骨盤(腰)と肩にねじれ 向き差 出来るだけを作らない。
 肩と骨盤の向き差 を意図的に作らないようにします。

☑意識するべき向き差 は
 ✖骨盤と肩の捻じれ では無く
 右を向いている時は
 軸足である藺臑楾 と 骨盤の向き差 です❣


(手打ち 手振りのパターン_Moment


 腕を「まったく」使わない とまでは言いませんが、
 グリップの押し や 腕・手作業でのシャット創り は
 骨盤に対する 肩の上向き(莨紊り)を作り
 形としてはシャットが出来ているけれど
 からだは上に向いていて、
 人為的な上り坂でのショットになってしまいます。

 フルショットであっても、
 ヘッドの移動の主体は
 からだ、胴体の向きの変更 です。




◉腕 手で意識すべきコトは
 カラダ、胸、胴体とシャフトの角度を
 維持し続けるコト。
V字を維持してみよう 上編_MomentV字を維持してみよう_Moment





ダウンスイングが始まると
運動も加わり ヘッドはそこに留まろうとします。
その重さによって 少々
クラブが寝気味な感じ になるかも 知れませんが
それは放っておきましょう。

ロフトさえ立っていれば(フェースが下向きであれば)
寝気味でも ボールは とらえられます。

ボールを正規な形でとらえるのは
フェースの左右の向きでも軌道でもありません。
ロフト、軌道に対するロフトです。
その感覚を掴むだけでも意義があると思います。


からだの向きの変更に グリップさえ
遅れさせなければ良い 感じです。


いきなり フルスピードは苦しい と思います。

多くの人は
 ダウンスイング後半からインパクトにかけて
 からだはボールから離れ、右手は伸ばし
 クラブは下へ、からだは上に と言う具合に
 インパクトしていましたから
 クラブの長さを長く使わない この方法では
 届かない可能性が高いでしょう。
002001







その 届かなさ は からだの回転の具合、
踏み込みの具合、近づいていくからだ
ボールとの距離感 などで調整するモノ です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


シャットが作るコトが苦手な方や
良質な右向きを目指されている方には
参考になるかと思います。

スイングタイプ としては
とてもシンプルな やるコトの少ないモノ です。

また、そのまんま アプローチに持って行ける
と言えば良いのか、
逆に アプローチの延長でショットするので
クラブによるスイングの違いに悩んでいる人には
よい参考例になるか、と思います。




ステップ-❶
まずは 7番アイアンで50ヤードのランニング 位の
感じから始めてみましょう。

【テークアウェイ】アドレス から
しっかり 骨盤の向き、アソコの向き で右向きを作ります。
その際、左腕、左半身は ほぼ使わず、
 ステップ-❶では グリップもヘッドも高くしませんので
右向きは 右半身、右サイド主導で
右半身の
(背後への)移動
で作るよう心がけて下さい。

自然に曲がるのは良いですが ステップ-❶では
 右ひじを曲げる意識は持たなくて良いと思います
(クラブ・シャフトを振る って❔_Moment
視線、顔を動かしても良いですから
アドレス時の背後方向、
 ボールから離れる方向に動く気持ち
 実際に、少しボールから離れても良い
 と思います。

✋左半身、左腕は 右半身が動いたから
 仕方ないから 動いた程度が良いですね。
 左半身、左腕を使って 右向きを作ると
 骨盤に対して 必要以上に肩~胸ラインが捩じられます。


☑グリップ、ヘッド共に ほぼ全く上げません。
2020-12-09_21-08-58_Moment

☑ベタでフェースの下向き
 フェースが地面を向いている程、下に向けて下さい。
 自然な形で それを作るのに 曲がる右ひじはOKです。





【ダウンスイング〜インパクト】
からだの向きの変更だけで グリップを動かします。

言葉で説明するのは難しいですが、
左足は踏み込みますが、
そのフットワークは
向きを変えるために 軸足を作るだけ で
フットワークそのもので 回転してはダメです。
両脚共に フットワークは 軸足作りの為の
 単純なるサイドステップ と考えて下さい。

腰、骨盤ではなく、肩を主導でまわしますが
この場合、肩と骨盤にズレを作らないよう、
肩の動きに連鎖、同期させて 骨盤の向きを変えましょう


肩と腰にズレを作らない ということは
 肩というよりも テークアウェイの反対で
 左サイド、左半身全体
 左肩〜左背中〜左お尻 を一つのユニットとして
 移動させる、回転させる というよりも
 移動に近いと思います。


✋ダウンスイングの始まり の時点では
 また軸足は蕁△發靴は移行中 です。
 左足が踏み込み、軸足を移す準備が出来る前に
 回転! すると (←軸足が蘊態)
 肩、もしくは 腰を引くコト(ボールから離れるコト)
 になります。
 ですので 左サイド全体を 左に移動させる
 左足の上に移動させる というのが
 ダウンスイングの「右向きの戻し」

 感覚的には 回転! ではないかも知れません。
(ですので 今までよりもずっと ボールに近づく感じ…
 がするかもしれません)


フェースはずっと 下に向けっ放し。
グリップもヘッドも 高くしたり、上げてませんので
意識的に下げたり、ヘッドを降ろす必要は全くありません。

この時点ではゆっくり で構いませんが、
薄い(トップ) 厚い(ダフリ)などの調整は
足の踏み込み具合 と
ダウンの 始まるトコロの クラブの姿勢、位置で調整します。

☑ヘッドの重さは放置します。

 ですので 右向き→左向き と 反転
 180度近く胴体の向きを変えますが、
 グリップエンドは 飛球線、
 もしくは シャンク方向に向けたまま
 グリップエンドを抜く 感じです。

 からだは180度ターンして その 1/3
 クラブは 60度位しか 反転させない位で
 結果 半分の90度位になるでしょう。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(6)






☑ヘッドの重さは放置します。

 その感覚に慣れる と言う目的もありますが、
 ダウンスイングが始まると
 ヘッドの重さで シャフト(クラブ)は「遅れ」
 自分の体と平行のような状態
 になりますが、
 (シャフトはどんどん体に近づいていきます)
 その角度は維持! ←ここがポイントでしょうね
 そのまま で最後まで行ってください。
 打った後 胸にシャフトが付く位(付きませんが…)
 シャフトの角度は維持してください。

 始めからシャット(フェースの下向き)は
 出来ていますので からだの向きの変更に対する
 遅れが そのまま シャットの維持になります。
 からだの回転に対し グリップが遅れ ると
 シャットは転じて 開き になる可能性がありますが、
 そこでは 開き というよりも
 グリップの「浮き」として感じられる可能性が高いです。

グリップの押し等、手さばきで シャットを作るのではなく
 からだの向きの変更に対する 遅れ
からだの向きの変更に対する ヘッドの重さ
その重さで発生する遅れ で
 シャットを作る感覚を掴んでください✊


✋からだの向きを変えないと シャットで打てません。
 ステップ-❶ではまだゆっくりですが、回転力が勝負です。
 (回転力、今の時点では速度を指すのではなく
  胴体の捻じるの入らない からだの向きの変更〜移動を指します)

 【加速 も 一定速】 で、
✋動作の途中で 加速を加速 させてはイケマセン

 番手を変えれば そのまま アプローチショット になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アマチュアゴルファーのとってのショットの鍵、
ゴルフスイングの重要な課題
とも言えるのが
『ヘッドの遅れ』です。

ゴルファーの多くが、ほとんど?が
良くも悪くも この「ヘッドの遅れ」と闘っています。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)




遅れ という言葉が使われていますから
その遅れの基準にあるモノは
おそらく グリップエンド、
もしくは 運動の源(からだの向きの変更)の
どちらか と考えて良いのでしょう。
同時に ゴルフスイングにおいての「遅れ」
と言う言葉の意味には あまり歓迎すべきモノではない、
どちらかと言えば
「忌むべきモノ」のニュアンスも含まれていそうです。


ゴルフクラブは構造上
◉長い棒状のモノ
◉先端に重さが多く存在
◉打撃部がその棒からズレている

ということから クラブの本体を移動させるモノ
それが手さばきであっても、からだの向きの変更であっても
その基準からは 構造 プラス 運動の速度分、
遅れ は 物理的現象、スイングにおいての自然現象です。
2020-11-26_20-10-22_Moment(2)

忌むべきモノ とされるのは
その遅れが
◉フェースの開き、ロフトの開き

になるからですが、
その遅れは 構造上、フェースの閉じ にはなりませんが
◉ロフトの閉じ にする事は可能、
ヘッドの遅れは
.侫А璽/ロフトの開き
▲蹈侫箸諒弔

のいずれかにしかなりません。

ヘッドスピードが遅い場合、
ロフトの開き、フェースの開きが
そのまま ハイボール、または スライスに直結
するとは限りませんが、
一般的に
「ヘッドの遅れ」を気にする、口にする ゴルファーは
ボールの高さ、スピンの多さ、ボールの右回転、スライス
を気にしているコトが多い、
つまり 遅れが ,痢.侫А璽垢粒き/ロフトの開き
になっているのです。

遅れが ,痢.侫А璽垢粒き/ロフトの開き になっている場合の
打撃対象方法(事後処理)は
❶そのまま打つ か
❷遅れである フェースの開き/ロフトの開き を
『人為的に』 閉じる 動きが
世で言われる フェースターン、ヘッドターン、手の返し
フェースローテーション です。 
大森2019_Slomo_Moment大森2019_Slomo_Moment(2)











ヘッドの遅れ は物理現象、
ゴルフスイングにおいての自然現象 ですので
それを元から無くすことはほぼ不可能ですが、
◉遅れ(開き)たモノを 人為的に閉じる か
◉遅れ(ロフトの閉じ)を そのまま打つ か


どちらが ゴルフの永遠のテーマである
☑遠くに飛ばす
☑再現性、確率
☑方向安定性、

を確立として 持っているかは明白な訳です。

一般的に忌み嫌われる ヘッドの遅れ は
やり方によっては ロフトの立ち に出来る
というコトです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これもまた
非常に怪しいゴルフ用語、ゴルフスイング用語
だと思います。

私、の個人的な感想、印象では
スイングの軸は
アドレス時 背骨に沿った傾きの有る柱
体の中にあるというよりも
 からだを動かす為の 支柱 みたいな感じです。 


スナップショット 2 (2015-04-14 13-48)

伝わり難いかとは思いますが…。

スイングの軸、動作の軸、
は からだのどこかの箇所 を
軸にして動きましょう
 という意味合いではなく
クラブ も含め、自分の体と言うパーツを
からだの向きの変更、からだの回転という 運動に
「軸の有る動きになるか」「そうでないか」
ということなんだと思います。


具体例で言えば
手で振る、
フェースローテーションが入ったスイングの場合
からだの回転、からだの向きの変更に対し、
それよりも半径に小さい クラブのみがターン
しかも その回転は 元のからだの回転とは
 微妙に違う角度、方向に働き
クラブ単体が円を描くような動きです。
多くは 左グリップなり、グリップエンド
辺りが 支点、軸点になる 動き ですが、
人間は 何かに固定された機械 ではないので
大きな動作の中に 別の回転運動が入れば
当然、それに影響を受けます。

小堀2020_Moment(4)(手打ち 手振りのパターン_Moment(3)







フェースローテーション であれば
グリップエンドに対し、ヘッドの方がたくさん、
そして 速く動かそう とします。
知っての通り、ゴルフクラブは
先端に 重さの集中した構造ですので、
 長さ、速さ が掛け算でより一層重さに加わります。
ただ闇雲に振る速度を競う遊びであれば
 そういう方法もあるかも知れませんが、
ボールは決まったところに置かれていて、
 しかも 飛ばす方向や距離などが重要になりますから
当然、その動作によって発生する重さや遠心力など の
 不可抗力を 自分が反応して処理しよう とします。
ヘッドを振れば 振った方向、振った量分
 引きながら打つコトになります。
ヘッドを前に出そうとすればするほど
 自分は後ろに下がらないと上手く行きません。

話しを元に戻すと
本来、からだの向きを変える からだの回転では
どこかに支点、軸点のある動きになり易いのですが、
その中に また 別な負荷の発生する動作。。。
 
◉しかも 遠心力と言うモノが大きくなり易いゴルフクラブの構造
が 元の動きとは別な円運動をすれば
 元になるその動きには 軸点が無くなる、
 もしくは 軸点がブレる動きになるでしょう、

 なって当然、と言うコトです。


この写真で見ても
002001







左の写真は クラブ単独が円を描き
右はクラブは 円状に流れています。
当然、グリップエンドの先に「打ち手」は存在するのですから
クラブ単体の軸点 と 打ち手の軸点がズレていたら
「軸の有る動き」にはなりません。

413445







それをして 軸の有るスイング、無いスイング
と言うのが 元々の意味合いだと思います。



まあ 軸の無い動き の方が圧倒的に多く多く、
それを推奨するプロやレッスンも多い今日、
 それで 安定して 遠くに打てるのであれば
望んでいない人に意見をするつもりはありませんが、
軸の無い動き、自分の動作とクラブの動きが別 な場合
やはり そのひずみは (ゴルフクラブは壊れにくいですから)
カラダの故障の原因に成り得る、なり易い と思います。 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




ケース➂
動画をよく見て頂くと
端から フェースローテーションしようとしている
のとは異なり、ダウンスイング 〜インパクト 付近までは
大きな違いがありません。

インパクト、インパクト以降で
体を左に向けるコト、からだの向きを変え続ける、
グリップを動かし
 その結果、ヘッドを動かす意識 があれば 変化します。
ボールとヘッドを接触させたい と言う気持ちがあるのか、
ここで グリップの移動、
体の部位で言うと 左グリップ、菷梢箸鮖澆瓩討靴泙ぁ
それを軸点に 利き腕(手)で クラブを振ってしまっています。
(手打ち 手振りのパターン_Moment(手打ち 手振りのパターン_Moment(3)





開いたフェース、開いたロフトは
その動きによって 閉じる 可能性もありますが、
この インパクト以降の かいな の動作、
右腕でクラブを巻き込む、クラブを廻す 動作は
方向、インパクトロフトの 急激な変化を生み、
また それ以前の動作 の流れ、速度 とは
全く別な加速 になるので
距離の安定が重要な アプローチで苦労するコトになります。
✋左グリップを軸点にして、
そこで クラブ、ヘッドを開放(リリース)するような動き は
スピードの管理が出来ません。


同じような話で
インパクト付近 までの からだの回転での
 グリップの移動、それに伴うヘッドの移動 
で作られる ヘッドの軌跡、道のりに比べると
かいなで ヘッドが急激に内に切り込む ので
見た目の アウトサイドインになり易く、
(問題としては重要ではありませんが…)
フェースの閉じ、ヘッドターンが上手く行くほど
ヘッドは内に切り込む ので
良い当たりが ひっかけ になり易くなります。

その流れで 時間が経つと
自分の良いショットは 隠れ引っかけ になりますので
アドレスが 右を向くように なります。
右を向いて 目標方向に引っかける 訳です。
小堀2020_Moment(3)小堀2020_Moment(4)









また この引っかけ打ち
  ・・・ゴルファーの本当に多くがコレ です。
は 茱哀螢奪廚亮甘世鍵になります。
つまり 握力が非常に重要で、
 疲労で握力が低下する ラウンド後半に乱れやすくなります。
また ラウンド後半 疲労により 握力が低下すると
左グリップの握りが深くなるので 左右のグリップが離れ、
アドレスの乱れ にもつながります。
(トーナメントでも良く見かける光景です)




コレは意識として持ちにくい、
視覚情報として 他人のスイングとイメージが
かけ離れた感じがするので 言葉にしても伝わり難いですが、
【ボールとフェースの関係は 横 の関係ではなく
 縦、上下の関係と考えた方が良いです。】
【つかまえの作法】_Moment

最終的、結果的には ボールと打撃面であるフェースは
 横 の関係になるのですが、
それは からだが回る、からだが向きを変えるから であって
クラブを持っている手の作業は
インパクトに向けて 下がってくる軌道 に対し
ボールの有る下に向けて置かないと
ヘッドの重さ、運動の重さによる遅れ は
 ロフト・フェースの開きになって しまいます。

その点を加味しつつ
ボールとヘッドの衝突、打撃の部分は
 ‖里慮きを変える
 △修譴砲茲辰董.哀螢奪廚魄榮阿気
 7覯漫▲悒奪匹移動して ボールを打ちぬく のです。

もっと飛ばしたい、もっと叩きたい のであれば
ヘッドの遅れが ロフトの立ち になるよう配慮しつつ
もっと 速く 止めずに からだを左に向けるコト です。
ボールと体が正対したトコロで 止める、止まる、
 は 手で振るコト と同意語と考えて良いでしょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




アプローチなどの小さいショットで ありガチ ですが、 上げてる(グリップの位置を高くしている)のに ヘッドは下げる、のはミスの原因になります。 グリップの通るラインよりもヘッドの通るラインは 最低でも イコール、 小さいショットなどは少なくとも 一本高いライン(アドレス通りの関係)を目指しましょう。 ヘッドを垂らして(下げて)しまうと ダウンスイングで 全体は下げてるのに ヘッドは上げなくては手前をダふるので その調整、調整による更なるズレ が生まれ易くなります。 また その原因になっているのは 右向きの仕方、です。 右向きは 軸足になる右足、右太ももと 骨盤の向き差を作るコトで 腕のライン、胸ラインを右に向けるコトではありません。 ◉骨盤が右を向けば  その上に乗っている胸ラインも右を向く が正解。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


➂のケース

➂のケース
〇スイングを治そう
〇手打ちを改善しよう
〇フェースローテーション無しでスイングしよう
〇フェースローテーションを出来るだけ減らす…等

そう思っている方が陥り易いパターンが➂です。


ケース➂
初めてゴルフクラブを握る、
初めてゴルフクラブを振る、方に
被検体になって貰って、頭の中にある
 ゴルフスイングの印象 通りに 
スイング(素振り)して貰いました。
(ボールの低さ/高さは無視しています)

初めての人にしては
若い、運動性能が高い と言う条件もありますし、
現在もスポーツをしているので
なまじ ゴルフスイングに類似したモノの
イメージ…(手で振るな)…もあるのだと思います。


 今回の被検体になって頂いた方のパターン➂です。

なんとは無しに 手で振ってはイケナイ と知っている…
だから ダウンスイング(打撃の始まり)は
体の向きで打とうとしますが、
そのからだの回転に対し、
 クラブ、特にヘッドは重さ分 必ず
 遅れようとします(動こうとしません)。
そうすると 自然に それを持った手も遅れガチになります。
打撃の伴うスポーツでは 振り遅れ は
 あまり 良い印象 がないですから
その振り遅れ を 最終的に手で補う。。。
自分では ローテーションなんてことは 分からない
ですが、当てないとイケナイですから ココに行き着く
 のだと思います。
(手打ち 手振りのパターン_Moment(2)(手打ち 手振りのパターン_Moment(手打ち 手振りのパターン_Moment(3)






練習場で それに苦労しているトコロに
左サイドの壁 とか アウトサイドイン と言う情報
が入って来ますから
打撃のポイントは その手の遅れ、ヘッドの遅れ に
なって来ます。

スイング改造の終着点が このミックス状態 です。
からだの回転は使っていない訳 ではないのですが、
結果、としては 腕を、クラブを振る、
 遅れた手やクラブ、ヘッドを取り戻すトコロが
「打撃のポイント」
になるので、
そのきっかけ程度にしかからだは使いません。
でも 使ってない訳ではないので
 手打ち、手振り と言う認識は薄いです。
ヘッドを振っている、クラブを振っている
 と言われても、そうしなければ打てません から
その何が良くないのか ❓❓❓ のまま、です。


   〜〜続く
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




良質な右向き(左向き)とは 胸が右を向くコト でも 胴体が右を向くコト でも無く、 軸足である 『藺臑棔並世發癲砲紡个掘骨盤の向き差を作るコト』 です。

その為の 右ひじのクランチ と考えて良いと思います。
足を使って 足首を捻る回転(向きの変更)は 現場での傾斜に弱くなります。
特に アプローチなどの小さなショットは
傾斜で打つ場面が殆どですので、
足首のひねられる右向きは 安定性を欠くことになります。 足を使う と 足を使って向きを変える は 似ていますが、中身は異なり、 足は 胴体の向きを変えるための軸足 で、 廻るコト自体には「直接」関与しません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




❶手だけで振る
➋ミックスタイプ 
 打撃の要は手だけ ですが からだも回すパターン
➂ミックスタイプ  今回 の被検体さん(初めての方)
❹参考例 からだの回転でクラブを動かす



❶始めから ヘッドを振る、クラブを振る
スイングは円である を体現する為、
両手、両腕のさばき だけ で振るのは
出来れば避けたい、ですね。

 ⇒遠心力で飛ばす のも似たり寄ったり…。

ゴルフクラブの重量配分、構造 から考えると
意図的に 遠心力をヘッドに掛ければ
必然的に 手も長く使うこと(からだから離れる)になります。
自分とボールの関係、距離は決まっていますから、
長くなっていく 腕とクラブ、の分、
自分は ボールから離れる、からだを開かない と ボールに当たりません。

両腕のさばきでクラブを振ると
腕やクラブを体に巻きつかせるように使います。
(腕やクラブが極端に短くなる のと同じです)
それが 遠心力によって 長くなるのです。
その差が大きい、その対処 は
 どうすれば良いのでしょうか❓
ダフリやトップ、チョロの
 根本原因にならないのでしょうか❓

また 重要なポイントとして、
ゴルフクラブには 各番手ごとに ロフト角度
という 距離を決める角度が存在していますが、
それは無視されている使い方 とも言えます。
 遠心力「で」 クラブを遠くに投げる競技なら
 それで良いかも知れませんが、
 クラブでボールを打つだけでなく
 そこに 距離・方向 があるのですから
 すこし 冷静に考え直した方が良いでしょう。

➋ ,亮蠅気个に からだの回転、肩の回転を
 プラスしたタイプです。

とても多いパターンですね。
殆どのゴルファーが…と言っても過言ではないかも知れません。
ハミングバードで推奨している
 からだ と 足 の境目、 を 股関節として
 胴体をひねらずに からだそのものを廻す を
 今までのクラブ扱いに そのままプラスすると
 このパターンになるのですが、
 クラブの横倒し、ひねりはそのまま で
 全体の動作が増えるので 基本に変わりは無い。。。
 もしかすると フェース・ロフトの開きは
 より一層増える可能性もあります。
葛谷 2017-2020_Moment葛谷 2017-2020_Moment(2)葛谷 2017-2020_Moment





右ひじをやや外目に張って 高めにしましょう
と提唱するのは
その肘…『かたち』がポイントになるのではなく、
クラブを横倒し、ひねらないコトを実践する為 です。

横(向きの変更)の動きは 胴体の向きの変更に任せ
手では グリップを少しだけ高くするだけ
 右ひじが曲がる分 程度 グリップに高さを与えるだけ、
クラブに 横の動き、ねじりの動きを加えない
というのを 同時進行させないと
 からだ(胴体、股関節よりも上)を右に向ける を
 実践しても 効果は多くありません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック





 手で振る、からだの回転通りに振る の分かれ目 にもなりますが、 ゴルフクラブは構造上、 一度、フェース/ロフトを開くと ヘッドの重量で遅れるのは 一層の開き になりますが、 寝かさないで動かすと 遅れをロフトの立ち に変えるチャンスが生まれます。 開いたものが シャフトのしなりもどし で 元に戻す? 閉じる は 幻想、願望、妄想にすぎず、 開いたものを戻すのは 複雑な工程を経た すべて 人為的な動きが必要 です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールを打ち始めたばかり、
クラブを振り始めたばかり の方だけでなく
既に ボールが打てていて、
コースに出ているような方 にとっても
(言葉にすると ややこしい ですが、)
『ゴルフショットは
 一般用語として、クラブを振ってボールを打ちますが
ヘッド単体、クラブ単体を振ろう としてしまうと
角度と言うモノがあるので あとあと苦労しますよ』

の意味合いを掴んで貰う、
認識して貰うのは とても大変です。
そのややこしい言葉の意味も伝わらない…です。

ボールを当てたい
ボールを飛ばしたい

 それは 誰しもそう考えます。
ボールが当たるのはヘッドで
速さも含めた そのヘッドの当たる強さが 飛距離の源
それも モットモ です。

ゴルフはゲームとして
ほかのスポーツよりも 一度の動作は少な目、緩め で
動きの激しくないスポーツではありますが、
長丁場のゲームです。
プロの試合になれば 3日連続 4日連続
延べプレイ時間 20時間以上なんて言うのは ザラにあります。
ボールに当てる は 絶対条件ですが、
飛ばす だけでなく 定めた距離や方向 なども
ゲーム攻略の大きな要素 です。
アプローチなども含めると 数十回、
時としては 何日にも渡り100回を超えるようなショットで
ゲームは構成する訳ですから
再現性、反復性 がとても大切です。
IMG_0340

ボールが当たる ヘッドは
ゴルフクラブの先端部に付いており、
それを 打ち手が握っています。
打ち手がなにがしかの動作をするから
 そのグリップが移動し、そして、ヘッドが移動します。
そして そのヘッドには 距離や方向、高さIMG_0339
回転などを司る 角度が各番手ごとに
  「違う角度で」 備わっています。
再現性、反復性 を考慮して ショットを考えると
◉自分が動くから グリップが動き ヘッドが動く
◉ヘッドが単体、もしくはクラブ単体が動く

この二つでは かなり大きな差が、確率の差があります。


また ゴルフクラブは構造上
◉ヘッドの重量はシャフトよりも後方にある
◉クラブの先端(ヘッド)が非常に重い

と言う特徴的なモノを持っており、それを考えず
単に 棒状の道具 ということだけで
棒を振れば ロフトやフェースは絶対に開きます

◉自動的に それが閉じるコトはありません。
BlogPaintBlogPaint







それにすがりたい気持ちは分かるのですが
『シャフトがしなって、しなり戻る』 
開いたものが
 「自動的に」「他力本願で」元に戻る
 という 迷信 おまじないの言葉に過ぎません。


そういう構造にはなっていません。


ですので 飛ばしたい から と言って
無闇にヘッド単体を速く、たくさん動かしても
無駄にロフトが開いていれば
速度(労力)がそのまま距離になる訳ではなく、
ヘッドスピード 37msの人が 30度のロフト で打つのは
ヘッドスピード 42msの人が 45度のロフト で打つより
当然 飛ぶのです
(手打ち 手振りのパターン_Moment✋見ての通り
15度程度の寝かしは簡単
もっと開いていると見て良いかも
知れません。


★一度開いた ロフトやフェースは
打ち手の技巧か、運動性能によってしか
  閉じることは出来ません。
であれば 始めから
ロフトやフェースの開かない方法の方が
覚えるコト、気を付けることは断然少なくなりますし、
距離と方向、距離と安定 を兼ね備える可能性は高くなります。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋動画の番号順に書いています。
 動画は素振りです。
 比較対象として
 からだの回転で直にクラブを動かす
 を乗せていますので ご覧ください。



―蕕瓩謄乾襯侫ラブを握る、
 もしくは振る 方にとって
ゴルフクラブは 長い棒状の物体 です。
普段の生活習慣などから
 手さばきで棒を振る と言う感覚が体現されるのは
ごく自然、なのかもしれません。
(手打ち 手振りのパターン_Moment

ゴルフをやってみよう と言う時点で
視覚的にもゴルフスイングのイメージや
それなりの ゴルフ用語、スイング用語などは
インプットされている可能性も高いですから
やはり 円 を作る と言うイメージがあるでしょう。

体を廻す と言うのはイメージで来ても
体を廻すと 当人の視覚的には
 ボールから一旦離れたり、近づいたり
 するので
「当たりそうもない」と思いがち ですし、
棒状の物体でボールを打つ となると
手さばき 手(腕)でやり繰りするのが
スタート になることが多いでしょう。


多くの方は
 コレでボールが当たる、打てる、前に飛ぶ
 となると ゴルフ、ゴルフの練習が楽しくなるわけです。
👏 👏 👏 👏 嬉しいですね。

 もっと上手く打ちたい、真っ直ぐ飛ばしたい、
 もっと飛ばしたい、コースにも…出てみたい

など 欲というか 向上心が湧く訳ですが
そうなると 本を読む、雑誌を見る、ネットで調べる、
写真や動画を見る、誰かに教わる、レッスンを受ける、
と スイングやショットに関する なにがしかの情報を
仕入れることになります。

ココで二つに別れる のではないかと思います。

➋ ,亮蠖兇蝓+ 肩の回転、もしくは からだの回転

 多くのボールを打撃するスポーツでは
 手振り、手打ち と言う言葉には
 あまり 良いイメージが付いていません。
 どちらかと言えば やらない方が良いコトに属します。

 ですので ,亮蠅気个に からだの回転
 もしくは 肩の回転(胴体の捻じり)を加えます。
 △肩の回転、導体の捻じり は
 手さばきの延長に属しますので ほとんどがそちらになります。


 ´△匹舛蕕任△辰討
 クラブを捩じる、ひねる、
 動かしている限り、常時、ヘッドが回転しているコトが
 (常時、フェースの向き、ロフト角度が変化している)
 後々の苦労を生んでいきます。
(手打ち 手振りのパターン_Moment(4)

 おそらく 始めは 
 そこそこのスピードが出せるなら 右に出てのハイボール、スライス
 遅い速度であれば 上がらない 飛ばない 遅い弾道です。

 ゴルフクラブはほかの打撃系のスポーツと道具と異なり、
 距離や高さ、方向などを決める大きな要素
 ロフト、ライ、フェースなどの角度が備わっています。
 また 打撃部のヘッドの重心が
 持っている棒の延長に無く、ズレているコトも有り、
 クラブを捩じるコトの苦労は 生涯付いて回ります。 

肩をまわして、胴体をひねっていても
「からだ」を全く使っていない訳 ではないので
手打ち、手振り と言う認識はありません。


人体の構造において 積極的に、胴体を捩じるのは
あまり 推奨出来ることの出来ない、無理な動きです。
「歳をとって からだがまわらない(胴体が捩じれない)」
は からだが固い のではなく 正常な反応です。
胴体を捩じるために 勢い付け として 左腕を振る、
ヘッドや腕の重さを利用する は必要悪になります。
それも 肩を入れる/左肩を入れる と言うゴルフ用語
によって 正当性をもったりします。


また、これは人によって
その順序は異なりますが、
「スイング、ショットは遠心力で飛ばす」
と言う言葉も なんとなく 自分のスイングの正当性
になっていたりします。


  〜〜つづく
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだ、胴体、
股関節を境目に 上半身を右に向ける のに比べ、
左腕だけ 左肩だけでテークアウェイする、
胴体を捩じって右向きを作ろうとすると、

カラダが前、ボール側に倒れる、
  ボールに近づく感じがします。


⇒からだ、胴体ゴト 右を向くと 
その反対で ボールから離れる、
アドレス時の背後方向に
 ボールから離れる感じがします から
それは慣れて頂くしかないでしょう。


視線を動かす、顔を動かす、
実際のショットでするか どうかは 好き好きですが、
少なくとも 素振りやイメージでは
顔ごと 右を向いて
その距離感を掴んだ方が良いかもしれません。


ボールから目を離せ とは言いませんが、
ボールを直視し過ぎると
 本能的に 目とボールの距離を保とうとします。
からだの回転、向きの変更は
背骨、もしくは 背骨の外が 回転軸になり、
目は顔の全面にありますから、
顔の奥行き(厚み?)分
 ボールから離れる位が正解です。

テークアウェイで
前に倒れ気味、ボールに近づく感じになると
バランス的にも 不安定です。
右向き時 の 軸足は 右足 になるのですから
どっかり 右の脚に乗ってしまうような感じ
 の 位置感が欲しいトコロです。 

Jさんも、Kさんも
 もう少し ボールから離れるからだの姿勢が欲しいですね
J 2021_Moment
小堀2020_Moment








素振りで顔を動かす とともに
感覚的に鋭敏な 右ひじ を使って
右ひじをどの方向に、どの位、
移動させるルト 安定した姿勢、
右腕と左腕の移動量が似たような場所になるのか
掴んでいくと良いと思います。

良質な右向きは 量 ではありません。
だいたい 90度位が望ましい訳ですが、
胴体を捩じると それは苦しい(不可能?)、
股関節を使えば 90度右向きを作るのは
 肉体的には不可能ではなく、
勿論 慣れ もありますが、
 年齢に関係なく 可能だと思います。
90度 胴体の右向き を作れれば
それ以上 100度 110度の必要はありません。
2021-02-13_22-10-57_Moment(3)
逆に 90度行かなくても
 ダウンスイングで左腕が余らないコト の
方が重要です。




❶ダウンスイングで左腕が余らない
 左腕、左肩 左サイドの移動量、動作量が
 右腕、右肩 右サイドの移動量、動作量と
 似たような、同じような感じがポイント。

➋ダウンスイングで 左腕を余らせない ために
 クラブの重さが 左上腕を下げさせる ように
 かかるようにしたい です。

❸おそらく 今までより
 ボールから離れていく(アドレス時の背後方向に)
 感じになるので
 素振りで 顔、視線を動かし
 その感覚に慣れましょう。

❹❸と同じですが、
 右ひじを使って、どの方向に、どれくらい
 右ひじを引くか、動かすか
 調整しましょう。

 右ひじはやや外目、やや高め に移動させますが、
 右ひじが曲がった分、
 左上腕を横に振るのではなく
 左腕を右に引き付けるのではなく
 前ナラエの方向に上げます

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


典型的な(俗に言う)カット打ち
本当に典型的なカット打ち のお話し です。

ご本人が恥ずかしい とのコト で
コチラで動画をお見せすることは出来ませんので
いろいろ工夫して 真似をしてみるコトにしました。



53仮にAさんと呼びましょう。
Aさんは
1.テークアウェイで、足腰はボールに向けたまま、
 それだけではなく 右サイドもほぼ動きません。

2.左肩だけ、左腕だけを動かす感じです。
左肩、左腕を一生懸命動かしますから
 左腕がものすごく長くなった感じ
 逆に右腕はめいっぱい曲げて、縮めて。。。

よく言われる 右ひじを下に付けて、
 脇腹に張り付けて ・・・ そんな感じ です。
210フレームショット

3.そこから ダウンに入るのですが、
カラダと左腕で ボールに入ってきた
ところ では かなりフェースが開いています。
ドライバー ショット なのですが、
正直 ウエッジ並みのロフト状態 です。
ararara_Moment

4.ダウンスイングで
左腕、右腕 別々に使おう
 と思っている訳では無いと思いますが、
左腕が全く下がらないコトも有り
左腕が長くて、渋滞を起こし、右腕が使えないのです。
また、テークアウェイでは腰は右を向いておらず、
そこから ダウンスイングに入れば
すぐに腰は開き始めます。
 つまり左腕の付け根はボールから離れる…
 左腕を短くしたら ボールに届きません。
casting

5.ボールに届かない、
でも ボールは打たない と。。。
ですので かなり課題の残るインパクト
 になっています。



さて それを真似てみたのですが、
どうも ダウンスイングで
 左グリップの高さを維持するのが怖くて怖くて。。。
(下げない だけでなく 低くしない)
ボールに触れないかも… も怖いですが、
その降ろし方(降ろしてないんですが)が
 ボールへの方向、
 球の飛ぶ方向とつながりません。
downswing
『左上腕を下げない』が前提なので
左グリップの高さと体の相対関係を維持しようとすると
カラダが反応して からだを折って(右サイドに倒れ)
下げない けど グリップを低く しようとしてしまいます。

兎も角 テークアウェイ、トップで
左腕を長くして、
右サイドに比べ、
 左サイドの動作量、移動量が多いので
ダウンスイングで 左腕が邪魔です。
通常、からだの回転で
左グリップがボールを通過するコト
 ソノモノが打撃なのですが、
それでは ものすごく開いた状態。。。
フェースではなく、
 ソールがボールに向いているような
 インパクトになってしまうので
左サイドを止め、
(Rさんの大好きな)右手で叩く感じになります。

正直、ここまで左腕が邪魔だと 外から振るか
体を折って より寝かして 見てくれだけのインサイドから振るか
そのどちらかしか方法は無く、
どちらも体に優しくありません。

どちらであっても
インパクト直前に、急激に、
ヘッドを、フェースを返す為、
ヘッドの進行、軌道が急激に内側に入り込み、
「急なヘッド姿勢の変化と急な軌道の変化」 で
出球の方向と球筋を決める落としどころが見つかりません。

そういう意味では
右ひじを アドレス時の背後方向に
(ボールから離れていく方向に)
出来るだけ引く
 というのは
右腕の移動量、右サイドの移動量 を 増やし、
左腕、左肩の移動量を減らすコトに慣れれば
ダウンスイングで 左腕によって
渋滞を起こすコトは避けられると思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


テニスについては
詳しくはありませんが、
素人目で見る限り
グランドストローク(右打ちの普通のショット)

バックストロークは
ヒッティングポイントが同じには見えません。

OIO


右打ちの普通のショットは
からだの右がヒットポイント で
バックストロークは
体の幅の中に見えます。

ですので
バックストロークの場合は、
片手でラケットを持っても、両手で持っても
似たようなヒットポイント、ストロークに見えます。
OIP

ですので ボールを待つ姿勢も
グランドストロークの方が早めに体を開く
ボールと対峙する必要が出てくるのだと思います。

勿論、試合であれば
いろいろなシチュエーションがあるでしょうから
一概には言えませんが、基本はそういうコトなんだと思います。 

感覚的に どうボールを打つのか
テニスで言うところの
片手でのグランドストロークなのか
それとも両手なのか
ゴルフの場合 ラケットに相当するクラブは
選択の余地なく 両手で持っていますから
片手のグランドストロークにするのには無理があります。


downswing右手で叩く と言う言葉は漠然としているので、
一概に良い悪いはありませんが、
両手で持っているゴルフクラブを
片手、この場合は右手だけで打とうとすれば
テニスのソレを同じく
からだの右にヒットポイントが来ます。
当然、早めに体を開く必要が生まれますが、
それでは 左手が届かなくなってしまうので
肩ラインを残す・・・ そんな風に見えますよね。


テークアウェイに取り方もそうですが、
例え トップの位置や姿勢を形式上作っても、
ボールを打つ、打撃と言う概念が変わらない限り、
この実質的な
 片手打ちの打撃 は消え去るコト
 は無いような気がします。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ