◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 12:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「けんたろうのビデオをご覧ください。
 Before~After で見て頂くと
 Afterの方が 左腕の遅れが少なく、
 かなり 早い段階で下がっています。

 で、その副産物というか、本題と言うか、
 左腕の取り残すが減った、無くなったので
 フェースが開かなくなり、
 フェースターンが必要なくなった が故に
 腕を変に伸ばす必要が無くなりました。

 腕を びよよ〜ん と伸ばす為には
 からだの回転も止めなくちゃならないですし、
 腕が伸びる分、体を起こして、
 その空間を確保しなきゃしけなかったんですが、
 それが かなり薄れ、
 からだが止まり難くなりましたよね。
けんたろう202404 - frame at 0m49s
 びよよ〜ん の動き自体が消えた訳じゃないですけど
 その方向が変わった為、
 あの変な、ボールの方に腕が伸びていく動きが
 目立たなくなりましたね。」

KO「スイングって
 全く別な感覚、感じで動かしているのに
 動画で比較すると ほとんど同じ…
 動画でココまでの違いがあるってコトは
 相当、変えたと思うんですが…
 同じ服なので 一日でこうなったんですよネ❓」


店長「ですね。
 次、来る時は戻っているかも…ですけど🙄」

KO「どうやったんです❓」

店長「まずは
 ダウンスイングでの左腕の行き先、行き方ですね。

 一般的なイメージは
 『からだの回転がある』から 左腕、特に左ひじでしょうか
 は ボールの方に出て行く、近づいていくイメージですよね❓」

KO「はい。」

店長「カラダが回るので 『結果』はそうなんですけど
 重さが掛かって、長さが増え 負担が増える左腕は
 先回りと言うか、最終合流地点に近道をしないと
 そうならないです。

 からだにはカラダの仕事をさせて
 左腕、特に左上腕、左ひじ は
 右を向いた状態のまま、背後、
 右を向いた状態ですので 飛球線の方向というか
 自分にとっての背後の方向に抜く んです。」

KO「背後に肘鉄❓」

店長「近い…ですかね🙄

 でも 多分、ポイントは次の△任后
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m52
 KOさんもけんたろうも クラブを寝かしたトップの位置
 ではないので、トップの位置では
 クラブの重さは結構、左腕、左ひじに、
 左腕や左ひじが下がるように 掛かっていますよね❓」

KO「はい。」

店長「左腕が上がるように
 重さが掛っている場合には無効なんですが、
スクリーンショット 2023-12-24 225456
 全部ではないけど 左腕には結構、重さが掛っていて
 その方向、重さの方向は 下向き、
 アバウト インパクトでの行きたい方向、行かせたい方向
 に掛かっています。 勿論、アバウトでイイんですが。

 そしたら 切り返し ですね、
 廻る前に その左腕を『
脱力』するんです。」

KO「は⁈」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「まず 切り返し、ダウンスイングでの
 前腕、右打ちの人であれば『左腕』なんですけれど
 コレって 多くの人のイメージって
 回転するんで『横に振るイメージ』、もしくは
 『円を描く』『横に移動するイメージ』が有ると思うんですが… 
2024-02-19_12-58-53 - frame at 0m0s
 すっかり忘れちゃうのは
 それは からだが向きを変えるから で
 『腕自身は ソレをしない
 ややこしいと言えば ややこしいですが
 そうなるようにするには 『別のコト』をしないと
 そうならないんです。
スクリーンショット 2023-12-24 225456
 腕やクラブにはそれ自身にも重さがありますが、
 長さもあるんですね。
 トップの位置って 高さだけじゃなく
 一番、腕やクラブの長さが自分に近い、
 腕も含めた クラブが短くなった状態、
 つまり 軽い状態なんです。

 からだの回転は 円なんで
 それを 横や円に移動、もしくは振ろうとすると
 皆さんの大好きな『遠心力』が掛かって
 どんどん クラブや腕は長くなろうとします。

😵長くなると、当然、重くなり負担になります😵

 仮に、ボールを打たない とすると
 トップの位置で 肩の上、首と肩の間に
 クラブを乗せて置いて そのまんま
 からだのクルッと廻すと
 クラブや腕の長さや重さの負担が掛かりませんから
 『廻る』って行為は素早く可能 です。

 長くなれば道のりは 勿論増え、
 重くなれば 時間が掛かります。
(0m34s
 クラブやヘッドを遅らせっ放しのまま
 ひきずって使え とは言いますけれど
 フェースが開いて、ロフトが寝ちゃったら
 そのまんまでは 下に有る、地面にあるボールは
 『フェースで』打つコトが出来ません。

 結局は どこかでフェースターンが必要になり、
 フェースターンをするのには
 どうしても からだの回転での向きと
 クラブの動きを分離させなくてはイケナイ…
 😵…これが 手打ち という対処、後処理😫 になります。

 フェースが開くって言うのは
 前腕、右打ちの人であれば『左腕』が
 全体の進行の中で 必要以上に遅れるコト を指しますから
 遅れても、遅れっ放しのまま 引き摺って打つ
 とすると 遅れても開かない、遅れても打てる
 が条件になりますから、何より 左腕の進行
 『からだの向きに対する左腕の付き』が最優先になります。

✅左腕が体の向きに『出来るだけ』付いていくコト
✅からだを廻した時に、腕が長くなっても
 重さの負担が増えないようにするコト
✅それらの統合が 遅れるヘッドがロフトの立ち(下向き)に、

 なんですね。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「KOさんの場合、もっと上から入れたい、
 けんたろうの場合、フェースを開かず ロフトを締めたい、

 まあ 二つは違うようで 同じテーマな気がするんですね。
2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5s2023-03-19_10-42-17 - frame at 0m5




 お二人の動画、スイングを見ると
 ダウンスイングで 腕やクラブも含めた
 からだ全体が 切り返してから進んでいる んですけれど
 唯一 『左腕だけ』が ソコに残っている
 そういう風に見えるんです。

 ゴルフ用語では 👉コレを
 『からだが開いている』って言うんですけど
 多分…ですけれど
 スイングって からだの回転で打て って
 よく言われるじゃないですか❓」

KO「ですね〜。強く意識するポイントですね。」

店長「が故に、からだの回転で
 クラブを引っ張ろう としていまうヒト
 少なくないんじゃないか と思うんですね。

 先日の記事でも書きましたが、
 からだの回転に『くっつかせる』、『付きが良い』状態
 であれば クラブは横にも、縦にも移動します。
けんたろう202404 - frame at 0m3s
けんたろうのこの状態ですと
体の向き・回転に クラブを持った
左腕が取り残されているので
本来、この向き分で動ける
クラブやヘッドの横、そして縦の移動分、
動けていない んですね。

インパクトまでにその分、足りなくなちゃう。

 で、けんたろうの場合、体は廻る、
 でも、左腕とクラブは残りますから、ロフトやフェースが寝ちゃう
 スイング動画を流れで見ると
 ダウンスイングが始まって 初期段階で
 一呼吸、ヒト間あるじゃないですか❓ わかります❓」

KO「ああああ 確かに。」

店長「KOさんも紛らわしくはなっていますが、
 ダウンスイングにこの一呼吸あるんですよ。

 その 一呼吸 結構、多くの人がやってます🙄

 全員が同じ、共通とは言わないですけど
 それって 重さの受け渡し だと思うんですね。」

KO「重さの受け渡し❓」

店長「はい。

 弊社は テークアウェイ〜トップの位置で
 クラブをあまり寝かさず、
 両腕の間、両肘の間にクラブをおさめる形、位置を
 推奨していますけれど、
 それって 試して頂きたいんですが、
 その位置って クラブの重さって
 右腕ではなく、『左腕の方に』多く掛かってるじゃないですか❓」

KO「はぁ 確かに。」

店長「ところが からだの回転でクラブを引っ張ろう とすると
 クラブが残る、寝ますから
 重さは 後ろ手の右腕に移る、
 この間を待ってる…
 クラブを振って、ボールを打つのには
 待たざるを得ない んだと思うんです。
〇From USA?だっけ - frame at 0m39s〇From USA?だっけ - frame at 0m44s









 けんたろうの場合、それが顕著で 分かり易いのは
 右腕にクラブの重さが移る、
 当然、フェースは開き、ロフトは締まんないですから
 このままではボールが打てない、
 で フェースターンするには 両腕を付き出すと
 腕の長さには限界がありますから
 その限界点を基点に 重さ(ヘッド)が回転する。

 ダウンスイングの腕軌道が 途中で
 急にフラットに変わりますよね。
  🙄これ Rさんも同じ傾向なんですが…。 

 見た目には奇妙に見える 両腕のびよよ〜ん も
 対処法としては それなりにメカニズムがあるんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


KO「久々に動画撮ったんですけど
 フィーリングは良くなってきた気がするんですが、
 動画見ると 驚くほど変化が無いんですね。

 具体的には、トップから左へ一気向き、
 トップからの切り返しでクラブが落ちて欲しくないのですが、
 まだまだ落ちるのが早い。

 自分としては切り返し以降の
 クラブの重さはそれほど感じていないのですが、
 もっと上から入れないとと思ってます。

 この要因が切り返しの部分にあるのか、
 それともテイクアウェイにあるのか迷ってるところです。

 どうしたら良いんでしょう❓
 何かアドバイスはありますか❓」


店長「投稿&質問 有難うございます。
 多分…ですが、多くの人が悩んでいる部分、
 切り返し〜ダウンスイングの箇所 だと思うんですが、
 気が付いた箇所をお話ししたいと思います。

 まずは KOさんではなく
 当ブログ、YOUTUBEにも頻繁に登場する
 けんたろうの例が参考になるかも知れないので
 ソコをお話ししたいと思います。

 悩んでいる人にも申し訳ないですが、
 スイングって面白くて、からだの回転が滞(とどこお₎る、
 からだの回転で直にクラブを動かして打てない、
 のは 周り方だったり、動きの問題な気がするんですが、
 一方、クラブをどう動かそうと思っているか
 漠然とした、ぼやッとした スイングの概念のミス
 だったり"も"するんですね。
 
 けんたろうの場合、
 ダウンスイングにおいて
 😵フェースが下、外を向かない
 かなり開いた形で入ってきてしまうので
 どうしても フェースターンが必要になっちゃう😵
 って言うのが 結構、長年の課題 で
 そのフェースターンが必要なので
 どうしても からだの回転が止まる、滞っちゃうんですね。

 故に けんたろうと言えば コレ っていう
 インパクト周りで 両腕がびよよ〜〜〜ん と伸びる、んですが…
 本人もすごい嫌がってるんです。

けんたろう202404 - frame at 0m49s
 からだの回転が滞る のが課題であった場合、
 ダウンスイングで フェース〜ロフトが開く のを
 解決しないと ソコへ行き着けない 3段論法的な
 問題の対処になります。

 まず 頭の中で整理して頂きたいのは
 教科書的に からだの回転を主にクラブを動かす
 を基準にした場合、
 クラブ、ヘッドの円を描く動き、
 横〜左右の移動も 縦〜上下の移動も
 そのほとんどが『体の向き』で行われます。

 腕の仕事は その補助、補正、促進 であって
 クラブやヘッドの移動のメインエンジンでは無いんですが、
 特にダウンスイング時の 『上下
 『ヘッドの高さ変化』においては
 なんだか からだの回転を忘れてしまいガチ なんですね。

 前にもどこかのブログ記事で書きましたが、
 上げる方〜テークアウェイにおいては
 重力に逆らいますから 多少、補助以上の感覚が
 有るとは思うんですが、
 下げる…厳密には『落とす』方のダウンスイングは
 下げるを積極的にする必要はあまり無いんですね

 まずは ソコを一度チェックし直してみて下さい。」

KO「はい、」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「グリップの緩み、左右のグリップの離れ
 の元になっているのは 大きく分けて 二つ あります。
〇アドレスとグリップ_Moment(3)
 ヒトツは アドレスの誤解 です。

 左右のグリップは出来るだけ密接に、
 緩まないように… とは言え
 ゴルフの構え、グリップの握りは
 右打ちであれば右手、左打ちであれば左手が
 もう一方の手よりも『遠く』を握ることに変わりはありません。
 
 なんの工夫もせず
 右手(右打ち)の方を遠くに握れば
 腕の付け根(肩)を前に出すか、少し下げるか、
 どちらにしても こぶし1個分、クラブヘッドの方に
 近い位置を取らねば 届かなくなってしまいます。

 おそらく 無意識だとは思うのですが、
 それによって 上半身が捩じれた、
 右打ちの人であれば 左肩が上方や後方に引っ吊れた
 アドレス姿勢になってしまいます。
2016y09m07d_191658711
〇右手が遠いところを握るのを
腕・肩周りで解決せずに 胴体をねじらずに
骨盤そのものを『ごく薄〜く』
右打ちなら右に、左打ちなら左に 傾けます。

✋その量は 有るか無いか 分からない程度の
ほんの少し✊ が良いのですが、
 それも 左右のグリップの上下の密着感次第 です。

左右のグリップの 密着度が無い42ea91fd
上下に長いグリップ(接触部分)になってしまうと
骨盤の傾きも大きくなり、
骨盤の傾きだけでは補えないモノになってしまいます。

 腕や肩周りだけで 握る場所のズレを補うと
 背骨が曲がった状態、右打ちであれば
 右側がつぶれた状態になりますが、
 骨盤そのもので上半身を右に倒すと
 背骨は若干、ほんの少しだけ 右に倒れますが、
 真っ直ぐのまま。
 動作中の 両方の腕の長さのズレを造り難くなります。
swing102
 アドレス、セットアップ時に 若干ですが、
 右側に体重が乗る感じになりますので …55:45 とか
 テークアウェイの動き出しが取り易くなるかと思います。

 これは ラウンド中に悪い方に変化してしまう例 なのですが、
 握力が落ちてくる 左のグリップが深くなり
 右手の入る場所を失い、左右の密着感が薄れる(離れる)
 すると 右サイドがボールに近づくコトになり
 肩周り、胸廻り が 左を向くコトになります。
 へそから下は 今まで通りなんですが…。
「アドレス修正_Moment(2)

 左を向くと 普段よりボールが中に入る(蕁銑茵砲里任垢、
 へそから下の腰、足に対してはボールは左足かかと、
 胸から上に対しては真ん中、
 と一体どっちが本当のボールの位置? になってしまいます。
 ミスになりそう…ですよね。」


Aさん「もう一つはなんなんです?」

店長「グリップは クラブの動かし方、扱い方、
 言うなれば スイングが表れます。
 動き、動作としてはスイングですが、
 静物 として グリップになる
 と言ってよいでしょう。

 この話は 多岐に渡ります。
 これから しばらくのブログ記事で書いていきますので
 楽しみにお待ちください。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




bt-next


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「若い時と違って 腕力でクラブを振る、
 ボールを飛ばすことが難しくなって来ますから、
 全部をからだの回転で と言うのは出来なくても
 割合として からだを廻すことで飛ばす を
 するための 姿勢にしたい、です。

 次にグリップ なんですけれど
 左と右のグリップが離れ気味、ルーズ気味 なんですけれど…。
〇アドレスとグリップ_Moment(3)
 ソコの部分、クラブ扱い、スイングが
 一番表れる部分です。

〇左グリップを強く握らなくてはならない
〇左グリップを支点に 右手を返す
〇強く 右手を使う

 など 幾つか理由があると思うんですが、
 スイングの 筋力の中でも 握力、特に左手の握力は
 疲労に弱く、ラウンド中、かなり極端に低下します。

 上記のような傾向が強いと
 握力が低下した左グリップは
 良く強く握ろうとする為 深くなる傾向にあります。

 アドレスの今の状態でも
 右と左のルーズさが
 腕の長さ『余りになっていると思うのですが、
 左のグリップが深くなり ルーズさ が増すと
 その腕『長さ余り』も増しますので
 ラウンド中、姿勢が変わってしまいます。
〇アドレスとグリップ_Moment(2)

 からだの中でも 上半身の上の方、
 腕の長さ余りがダイレクトに影響する箇所が
 左を向いて、そこから下に降りてくると
 左向き加減が薄くなる という
 ボールの位置やアドレスの姿勢などに狂い
 の起きやすい原因です。

 ミスショットの最大の原因 と言っても良い箇所。

 スイング、例えば ですけれど
 手打ち、ヘッドの返し打ち は
 それソノモノが悪い、問題なのではなく、
 それをする ⇒披露する ⇒握力が落ちてくる
👉左のグリップが深くなる(緩む)
👉左腕の長さ余りが起こる
👉アドレス姿勢が乱れる
👉アドレスの向きやボールの位置が狂う

 のを避けたいから 動きを治すんです。」

Aさん「なるほど!!」

店長「スイング、動作が始まってから起こるミス、
 ミス自体は減らしたいですけれど、
 まぁ それは仕方がないというか、あきらめられるけれど
 "動作を始める前"の アドレス段階でのミスの要因は
 あまりに勿体ないですし、アドレスのミス、構えのミス、
 向きのミス が 動作のミスのつながるコトも少なくありません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Aさん「こんにちは〜。
 何年か振りにゴルフに復帰したので
 チェックして貰いに来ましたー。」


店長「いらっしゃ〜い。
 そうですかー 分かりましたー。

 まずは 打って・・・・ あああ…」

Aさん「どうしました?」

店長「グリップも、なんですが、アドレスを修正しましょう。」
〇アドレスとグリップ_Moment

Aさん「おかしいですか❓」

店長「おかしいと言うよりも
 40歳、50歳オーバーの私たちには
 腰を傷めたり、ミスの原因、
 ラウンド中の疲労の進行によって 変化が起こり易いので
 少し 修正しましょう。

 確信は無いのですが、我々の年齢、
 老眼が入ってくるような年齢になると
 ボールを見る為、前傾が深くなる や
 前屈みが強くなる傾向があるのかも、知れません。

 また 久しぶりの ボールを打つ と言う感覚が
 こう 気合の入るような姿勢 を
 生み出してしまうのかも知れません…ね。

 似たような年齢の、似たような境遇の方も
 そうなっていましたね。」

Aさん「こんな感じ ですか❓」

店長「前傾姿勢は 骨盤と大腿骨、股関節の角度差で
 『有れば』良いので 出来るだけ少ない
 真っ直ぐなのを 180度 とすると
 極端ですけど、179度であれば 良いのです。
 その角度を 100度とかにする必要はないです。

 ただ 自分にとって 一番馴染める『浅い』角度
 繰り返しでき、疲労が起こっても変化の少ないトコロ
 ですので、万人共通に 何度✊ と言うのはありません。

 棒立ち に近い感じだと思います。

 股関節の浅さ に応じて、
 膝や足首も出来るだけ 真っ直ぐに近い、
 真っ直ぐじゃないけど、曲がってもいない
 と言うようなトコロが良いと思います。
〇アドレスとグリップ_Moment(2)
スタンスの幅も 少し 狭め
 肩幅の中に収まるようなモノが良い でしょう。

 
 棒立ち気味になる分、
 グリップ位置も自分に近づき
 ボール位置〜ボールとの距離感も変わります。

 鏡などを見ながら、また 球をある程度、数打って頂いて
  楽なトコロ、安定するトコロ、繰り返せるトコロ を
 模索して下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024-05-04_0
店長「ゆっくりドリルの発展系 で
 距離は8番アイアンで30〜50ヤード位の
 感じで良いと思います。

 スイングの大きさ自体はフル で
 スピードは加速の無い ゆっくりしたモーション。

 あくまでもイメージですが、
 インパクトのタイミングは
 ✋ヘッドがグリップと同じ高さになったポイント
 ✋クラブが地面と平行になるタイミング 

IMG_0662
 ヘッドの方が低くなったタイミングでは
 圧倒的に遅過ぎる と考えて下さい。


 そのタイミングまでに
 クラブの長さ分、
 グリップの方が ボールよりも前、先に
 行っていないと ボールには届きません。

 ボールよりも前、先…と言っても
 飛球線方向に というコトではなく
 回転と言う 向きを変える動作の中での『先』
 になりますから 右打ちの人であれば
 グリップは左というか、背後側、
 ボールから遠ざかる方にもなるでしょうし、
 高さは 上がり始め 以上の位置になるかと思います。

 あくまでも いめーじではありますが…。」

質問「この箇所で ボールに当たるんですね。
 感覚的には 中途で当たってる感じがします。」


店長「当たりますよー。

 からだの向き 回転での進行は円なんですから
 ダウンスイングの中で 時間が進めば
 グリップも、ヘッドも 低くなりますし、
 勿論、前にも進みます。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m33s
 頭の中で錯覚してしまっていて
 からだの回転『』ダイレクトにボールを打ちたい、
 と思っているにもかかわらず、
 低いトコロにあるボールは
 『届かせない』と イケないんじゃないか…
 ヘッドを、クラブを下に振らないと 打てないんじゃないか…
 って 自ら からだの回転で打つの
 を放棄しちゃってる訳です。

 自分の意志をもってする動作〜クラブ扱いに
 円の下側半分は無い と考えて良いんです。
 そこは からだの向きがやってくれます。


 そして ソコは 自然に加速して行きますから
 意識して加速、
 特に クラブをリリースする手さばきは要らない んです。
 右打ちの人であれば 意図的に
 右腕を伸ばして ヘッドを強く振る は
 イコール その動作をする為に
 からだの回転を止める か
 からだの回転から 腕やクラブを切り離す か
 そのいずれかが 必ず必要になります。

 インパクトポイント〜タイミングは
 ヘッドとグリップの高さが反転して
 ヘッドが低くなった箇所 ではなく
 イメージ上ではありますけれど
 『ヘッドがグリップと同じ高さになった箇所』です。

 イメージですけれど
 視覚的な あの 地面とクラブが垂直な関係になった箇所
 がインパクト✖ ではなく
 地面とクラブが平行になったトコロがインパクトタイミング です。

ec0843ef
 ですので その… おそらく みなさんの大好きな
 『利き腕のリリース』での打撃は
 まるごと 要らないモノ と考えて良いと思います。

 ゼロ ではないですが、打つコトの主エンジンでは無い です。

 慣れてくると
 ボールとのコンタクト感、
 例え かなり、ゆっくりの速度であっても しっかり
 ボールをとらえる、ボールをつぶす
 今までとは異なる インパクトを感じられると思います。

 教科書的には コレを『上から打つ
 『上からヘッドを入れる』と言いますし、
 それが体感、体験できると
 今までは 如何に下からしゃくっている、煽っているか
 分かるんじゃないか と思うんですね。

 それは かなり大きな違い で
 かなりの進歩だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「発展系△任后

 トップの位置では 
 『グリップよりもヘッドの方が高い』ですよね❓」

質問「 はい。」

07cc3447
店長「では ダウンスイング で
 今度は インパクトって 視覚的には
 『グリップよりもヘッドの方が低く』なりますよね❓」

質問「ですね🙄」

店長「ソレって そうなるのを 待ってます❓
 それとも そうなるようにしています❓


質問「昔はそうしていましたが、
 今は 意図的にはしていません。
 とは言え その時が来るのを待っている と
 言えなくもありません。」

会田20210701_Moment(2)
店長「なるほど。

 では ゆっくりドリルの延長線上で
 スイングトップは最大の位置、フル。
 スイングスピードは 8番アイアンで30ヤード程度転がす
 ほどの感じで フォロー、フィニッシュは大きく取る、
 スイング中の加速は出来るだけ無し、等速のイメージで
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m22s
 トップの位置で高くなったヘッドが
 グリップの位置と同じ高さになるタイミングに
 クラブの長さ分 グリップがボールよりも先に行く。


✋その ヘッドが グリップの位置と同じ高さになる
 そこがインパクト(タイミング) です。

質問「え⁈」

店長「インパクトは イメージですが、
 ヘッドがグリップと同じ高さになる箇所、タイミング です。
2023-12-18_23-04-18 - frame at 0m33s
 そのタイミングで ボールに触れるには
 クラブの長さ分 グリップが先に行っているイメージ
 で無いと ボールに触れません。」


 〜⏳〜⌛〜 loading 〜⏳〜⌛〜


質問「当たるんですね。」

店長「当たりますよ。

 あくまでもイメージですけど
 そこが 正規のインパクトタイミングポイント なんですから。」

質問「うわ、そう考えると
 ヘッドが下がる、グリップよりも低くなる のを
 待っていた のがよく分かりますね。

 昔は それを意図的に作っていた。」


店長「はい。

 ヘッドがたくさん動いていますから
 グリップの移動、進行が妨げられ
 その分、ヘッドの方が低くなってから
 右打ちで言うのなら 後ろにある右手を使って
 本来のグリップの移動分、ヘッドを振るコトになる。

 それが慣れちゃうと
 そうする為に その時間を確保するようになる。

 だいたいの場合の 手打ちへの道筋 ですね。
IMG_0484
 ところが ヘッドがグリップと同じ高さ
 シャフトが地面に垂直になるのではなく
 地面と平行になるトコロ・タイミング 
 ソコが インパクト! と考えて下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「では ゆっくりドリルの…
 少し発展系に行ってみましょう。

質問「はい。」
2024-05-04_0
店長「前提として ゴルフスイングでのからだの回転には
 前傾姿勢・・・傾きが混じっています


 前傾姿勢とは 直立姿勢に相対する姿勢 で
 股関節、大腿骨に対する 前側への骨盤の傾きのコト で
 スイングをする時、個人差はありますが
 10〜40°位 前に傾いています。 

✅話しは少し逸れますが、
 この前傾姿勢は 『有れば』 良いので
 出来るだけ少なく…極端ですが 5°でも 10°でも
 あれば良い、少ない方が足腰への負担は減ります。
 そして 大腿骨に対し、骨盤が傾く
 その角度を指しますが、ややこしいですが
 👉前傾姿勢の造り方 は
 大腿骨を直立させ、骨盤から上(上半身)を傾ける のではなく
 直立姿勢から お尻部分を後方に下げるように作って
 傾きで掛かる 前への重さを 足首、膝、股関節に分け、
 (均等分けではありませんが…)
 負荷を分散させるように造ります。
IMG_0567
 話しを戻しますが、
 その前傾姿勢があるので
 右向き/左向きをするだけで
 クラブを、グリップを上げようとしなくても
 アドレスの高さよりも ヘッドの高さは高くなります。

 フルのトップを造るとして
 アドレス時のヘッドの高さを基準点 0僂箸垢襪
 ヘッドの高さは 200儖幣紂々發なりますが
 その高さの概ね 半分(以上)は
 向き+前傾姿勢によって 作られ
 自分自身の意志動作として 腕を上げる、クラブを上げる、
 での 腕作業の分は 半分以下 です。
 ✋上げる という 重力に逆らう動き で です。

 ここまでは分かります❓」

質問「はい。
 テークアウェイ時、トップまで
 手作業で ヘッドの高さを造る のは
 全体の半分にも満たない ッテコトですね。」

2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s
店長「その通り です。
 そして 繰り返しますが、重力に逆らう場合で、です。

 で 切り返し以降、ダウンスイングの方になりますが、
 コチラは 重量に準じる方の動作になります。
 当り前ですが、放って置いても 落っこちたがります。

 からだの回転の仕方 では クラブを反転させるような感じ
 と言いましたが、スイングの流れの中でも
 多くの人は クラブを反転させる感覚を強く持っています。

 これも 繰り返しになりますが、
 クラブの反転 は この場合の上下、高さ移動の変移は
 からだの回転が半分以上、役割を担っています

 行きも帰りもです。
 特に 重力に準ずる方向は より一層、
 腕でその部分はほとんどしない と考えて良く
 ヘッドの高さが変わるのは 重力とからだの向き で
 と考えて良いでしょう。

 ですので。。。。。」       〜続く
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2024-05-04_0
店長「ゆっくりドリルで試して頂きたいモノのヒトツで
 実践のアプローチに反映するモノがあるんですが…。」

質問「おおおおおお」

店長「アプローチショットと同じように
 使うクラブを ロフトの大きな、50度以上のウエッジ
 を使ってやってみて欲しいんです。

 始めは ゴロで転がる 数ヤードから で
 良いと思います。
2024-05-04_23-36-02 - 4
 ゆっくりドリルで ボールが当てられるようになると
 『以前の からだの廻し方とは 少し違う
 と感じられるようになったんじゃないですか❓」

質問「はい。
 すぐそこの距離を ゆっくりした 大きな回転で
 と言うのはありますが、
 途中で回転を辞めず、しっかり左を向ききる(右打ち)
 と言う感覚は実感しますね。」

店長「はい。左を向くコトが イコール ボールを打つコト
 というのが感じられると良いと思います。

 ウエッジでやってみると どうです❓」
〇ボールの拾い方? - frame at 0m13s
質問「慣れると… ですね、
 以前は ゆっくりした速度 と言うか
 途中に 妙な加速を入れないと
 ウエッジでは 『地面のボールが拾えない』と感じていましたが、
 クラブというか、ヘッドを 下に動かさなくても
 なんと説明すれば良いか難しいですが、
 よく言う 単一のスイング軌道でも、
 下にヘッドを振らなくても ボールって『拾える』んですね。」

店長「はい。 ソコ、すごくポイントです✊

 あくまでもイメージでの話し、ですけれど
 アプローチショットで 地面にあるボールを打つのに
 スイングのヘッド軌道の中に でべそ のように
 もう一個 下に振る軌道を追加しないと 拾えない
 と言う意識がある方がいると思うんですけれど
 『からだの向き』で移動させてきた
 単一のヘッド軌道のまま、ヘッド軌道を変化させず、
 そのままの流れで クラブ、ヘッドを移動させても
 地面のボールはちゃんと拾えます。
IMG_1144
 そして そこに妙な加速も必要ありません。

 打ちたい距離にもよりますけれど
 テークアウェイで動かしたスピードと同じ速度の
 ダウンスイング〜フォローでも 十分、ボールは拾えます。

 その ボールを拾う為、下に振る『余計な軌道』が
 必要の無い加速を生み、同時に ヘッド姿勢変化を生むので
 距離が合わなかったり、トップ、ダフリ、シャンクなどの
 ミスを生む かなり大きな要因です。
IMG_1142
 妙な加速が有れば 距離感も掴みにくいですし、
 当たりやロフト姿勢も変わるので 距離と距離感が
 結びつき難い…。

 それを 排除するだけでも
 かなりアプローチの確度は 高く出来ると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「出来れば このドリルは
 家の中でも可能❓(保障は出来ませんが😵)な速度、
 3ヤード.5ヤード 位の距離から始めて貰いたい です。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
 練習場では 10ヤード…20ヤード…30ヤード と
 徐々に打つ距離を増やして頂く…。

 アプローチの距離感育成 と言う意味では
 今更…ですが、かなり 画期的だと思いますよ。



 妙な加速の無い 等速な動き
 自分のからだ、胴体という
 ん十キロを超える 肉の塊が動く訳ですから
 スピードが上がるにしても 緩やかな加速になるでしょう。
 途中にビュンという 加速は 『小さなモノ』が
 動いている証みたいなものですから😊」

質問「距離は ちょっと でも 等速って難しい です。」

店長「でしょうね😌

 一般的なイメージでは
 スイングの進行、からだの向きの進行 で
 △髪曚靴進佞蠅如.ラブをリリースする、
 ヘッドの重さをリリースする 感じ なんだと思います。

 それが 加減したアプローチであっても… です。 

 からだの回転に対して 物理法則的には
 遅れるはずの 棒の先の重さ〜ヘッド、
 それを持っている腕、
 それをリリースする、解き放つ ってコトは
 回転を止める必要がある と思いません❓」

質問「改めて 問われると その通りですね、、、。」
golf-inside-practice-to-shake
店長「からだの向きとクラブの運動が連携するには
 少なくともI婉瓩泙任蓮.▲ションはない、
 からだの向きを変えるという 単一アクションだけ

 △妊ラブをリリース…何かのアクションを入れてしまう は
 イコール からだの回転を止める と同じと考えて良いですし、

 よく言われる 『遠心力を利用しよう』 と考えるなら
 それは 
時期次第✋ とも言えます。
 遠心力を 真ん中から外に放り出されるチカラ なのですから
 ボールを打つ前◆銑に リリースが入ってしまうと
 ボールを円の中にかき込むコトになりますから
 遠心力とボールの飛びが結びつきません。
 単に 自分への負荷を増やすだけ になってしまいます。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 少々 極端ですが、
 ボールを打つ、当てる を無視して考えると
 ボールの地点に 柱・ポールを立てて
 それをクラブで叩かないように
 自分側・内側をすり抜ける、
 そういう感じに近いかも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「ゆっくりドリルにトライするんですが
 位置で言うと ◆銑にかけて
 どうしても加速してしまう
んですね。
2024-05-04_0
 からだの向きで言うと
 からい悩幻き(右打ち)が止まってしまう感じ、です。
 
 からだの向きが滞る代わりに
 こう 絞った雑巾が伸びるみたいに
 起き上がる感じになる気がします。 」

店長「打ち距離が 5ヤードであっても
 意外に難しいんですね。

 手で打ってる って自覚が強くない場合でも
 腰が回った後で、肩が廻る 二重の回転で
 廻す人が少なくないです。

 そうなると 腰が回って A宛紊嚢が止まり
 その止まった反動で 肩が廻る。
 反動〜勢いを利用していますから
 加速が入って、速度をコントロール出来ない。

 アプローチの距離感 を管理出来ない
 だけでなく、インパクト周りの
 ヘッド姿勢も『重さの放り投げ』に
 なってしまいますから 安定しない。

〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m13s



 腰を廻せば クラブも遅れますし、
 腕も遅れるので からだも少し捻じられます。
 👉その遅れをそのまま
 👉遅れは放りっぱなし 

 からだの向きを変え続ける
 右打ちであれば しっかり左を向く。
 (打ち終わった後は良いですが…)

 
遅れを取り戻すことが 打撃ではない
 と言う習慣が付くと良いですね。」

質問「そう思います。」

店長「クラブ・シャフトの角度も ボールの方に出していかない
 自分と直角にするコト
 地面と直角にするコトなく
 ボールに届かせるコトになるので
 今までとは 廻り方、周り方の感じ も
 変わってくると思うんですね。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s(グリップの移動 〜先端は振りません






 逆に ボールの方にクラブを出して行ったり
 ショットで言うと 下にヘッドを下げていくと
 インパクト付近でからだの向きを止めないと
 ボールに当たらなくなるのが分かるかも知れません。」

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「是非 ドリルを体験して頂きたいのですが…。」

質問「喜んで」

店長「右(右打ち)をしっかり向いたトコロから始めましょう。 
 両腕は概ね伸ばしたまま
 傾きを使って フェースは下向きで😊
2023-11-24_20-15-45 - frame at 0m41s
 スピードはゆっくり

 当たりそうなら徐々にスピードを上げ
 8番アイアン位で 50ヤード届く位が上限で😊
2024-05-04_0
右をしっかり向いたところを基点として

アバウトですけれど 45度ごとに

アドレスに近い向きが →

左向きの終わりを ➄ としましょう。」

質問「はい。」

店長「ボールに当たるのは  ではなく
 限りなく ➄に近い
 ➄がインパクトのイメージ
でも構いません。

 決してではないですね

 
始めは… すごくゆっくり。
 ココ ポイント です。 ゆっくり。

 距離で言うと キャリー 1〜3ヤード
 総飛距離10ヤード以内 5ヤードでもOK👍
(グリップの移動 〜先端
 コレ からだの回転で打てている人は
 どうってことは無い
ですけれど
 手で振る人は インパクト間際で
 反射的な加速が入るので 難しいんです。」

質問「ム、ムムム… 難しい…です😵」

店長「面白い😊ですね。
 ホント 目の前 なんですけどね。

 何人かで試してみたんですけど
 結構、多くの人が 距離感って
 インパクトの『強さ』と言うか
 『叩く強さが距離』と言うか…
 👉そのまんま 手で打ってる同意語 です。

 スピードコントロール では無いんですね。

 もしかすると アプローチとか、だけじゃなくて
 パッティングもそうなのかも…知れませんね。」

質問「こう…どうしても 間際で加速したくなっちゃう、
 というか 反射的に ビュッ…っと動いちゃう。」

〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m13s
店長「フフフ😊😊😊

 ドライバーショットの記事の中でも出たと思うんですが、
 インパクト間際の妙な加速は
 無駄なスピンになり易く、ボールスピードになり難い
 当たり前ですが、安定性や再現性が乏しくなります。

 ショットを安定させ、そして 飛ばすには
 ✋インパクト間際は出来るだけ『
穏やかに
 😊穏やかって 遅くしましょう って意味じゃないですよ
 😊何か 急なコト、忙しいことはしない って意味です。
 ✋『速度は速く
 😊この場合の速度は からだの廻し、向きの変更の速度です。

 この場合も同じ。
 クラブ、クラブに近いトコロは出来るだけ動かさない。
 動くのは向きだけ。

 その向きの具合 👉回転速度が距離感 です。


 この5ヤードとか、10ヤード のショット、
 球筋的には "すぐソコへのゴロ" ですけれど
 これで 均等というか 
 『均質な回転』でボールを打つ
 というのは意外に大切なんですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転とクラブの移動感 を掴むため
 ドリルをやってみましょう。

 アプローチというよりも ドリルですね。

 腕は殆ど使いません。

 テークアウェイはしっかり右向き。

 トップの位置でのフェースは
 少しオーバー気味に 下向き。
 手さばきで下向きを造るのではなく
 からだの右向き と 左右の腕の付け根〜肩
 の上下関係で フェースの下向きを造りましょう。
2023-11-24_20-18-34 - frame at 0m16s
 始めは ボールは打っても打たなくても
 どちらでも良いと思います。

 ̄Ωき90°を基点にします。

 一般的なイメージですけれど
✖右向きが 45°〜正面の方に戻る と
 クラブ・シャフトも 45°戻る

✖からだが正面を向くと ボールとコンタクト
2024-05-04
 このイメージは悪手です。
 
 実際のショットになった時には
 からだの回転とクラブの移動のつながりが切れ
 最終的には 手で振るコトになります。


 ̄Ωきを 90° しっかり取ります。

△らだが正面を向いた時には
 クラブ・シャフトはまだ 30°位の角度です。

フィニッシュの様な左向きではありませんが、
 かなり 左を向いた状態で ボールとコンタクト
2024-05-04_23-36-02 - 4
✋この時も クラブやシャフトの角度は
 アドレスの状態よりも ヘッドが残った
 90° ではなく 60° 位な感じ です。

 からだの回転の 1.2.3. ワンツースリー と
 クラブの移動の仕方、
 シャフトの周り方と言うか、動き方

 大袈裟ですが
 ̄Ωきを基点に
⊆分が90°向きを変える → クラブは30°位
9垢90°向きを変える → クラブは60°位

 インパクトは 『△➂の4鵑蝓戮離肇灰躇未粉兇犬任后」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「バンス角度は 程度はありますけれど
 多い方が 実質的に『飛ぶ』
 少ない方が 抜けてしまって『飛ばない』
 と考えて良いと思います。

 大雑把な話しですが
 ロフト50°であっても
 バンス角度10°であれば 50-10→40
 バンス角度6°であれば 50-6→44
 打ち出し角度とスピンがありますから
 それがそのまま 距離になる訳では無いですが
 そういう効果が有るのも確かです。

 バンスソールが始まった、普及した
 最も大きな効果は ヘッドが潜り込み過ぎない
 というのも 基本、似た話しと考えて良いと思います。 

 バンスの有効利用方法…となると。」

質問「バンスの有効活用法…🤩🤩」

店長「大雑把ではありますけれど
 ヘッドの入れ方って この二つのイメージだと思うんですね。
IMG_1142IMG_1144







✅前者,ヘッドを縦に回転させるか
✅後者△引き摺って使うか

 からだの回転の話しと結びつけると
 アドレスの状態の戻そう と言う意識が強いのが,任后

 △琉媼韻罵っても この進行の中には
 からだの向きが付いて来ますので
 微妙には ,蛤じったような感じになるのが現実です。

 ,倭瓩っ奮で バンスが張ります。
 場合によっては ボールとのコンタクト前に
 バンスが地面と強く接触してしまう可能性もかなりある。

 …,痢▲▲疋譽垢北瓩修Δ箸いΠ媼韻
 動作が 手、肩が主体になり易いですが、
 それには 足腰も付いてきてしまうので
 スイングのボトム、弧が想定よりも手前になり易い…ので。

 トップ、ダフリ が出易いですし
 ドライバーなど ティーアップしたショットで
 インパクト前に ソール、ヘッドが
 いっちょ噛み、ワンバウンドしてしまうと
 想定と全く異なる弾道、距離に
 なってしまうことが有ると思うのですが
 それが アプローチにも出てしまう、というコトですね。
〇ハンドターン(ローテーション)とボディターン - frame at 0m13s
 しゃくり気味、あおり気味の多い
 アマチュアには ヘッドがインパクト前後で
 跳ねてしまう状況は 有難くなりですから
 少なくとも イメージは △砲靴討きたいです。

 数度程度のバンスの張り であれば
 ロフトの支え インパクトロフトの安定にもなりますし、
 インパクト後の ヘッドの潜り込み防止にもなります。
IMG_1144

 この使い方は スコアに直結する部分でもあります。

 ですので バンス、ソール、バンス角度の
 活用法は△離ぅ瓠璽
です。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「直接的に からだの回転とゴルフクラブ扱い方 では
 無いかも知れませんけれど、コメント等にもありましたが
 アプローチショットで多く利用される ウエッジの
 バンス、バンス角度、ソールについて考えてみたい
 と思います。

 お客様には かなりの頻度で
 『バンスの使い方』…バンスってどう使うのが
 良いんですか
❓ って聞かれるんですが。」

質問「ものすごく興味ありますね。」

店長「ウエッジの ソール(底)の部分は分かると思いますが、
 バンス、バンス角度と言うのは
 ボールを打つフェース側の角 は リーディングエッジと呼ばれ
 後ろの方、アイアンで言うと キャビティの方の角を
 トレーリングエッジ と呼びますが、
 アイアン、ウエッジのソールの多くは
 リーディングエッジからトレーリングエッジに掛けて
wedge-bounce

 後ろ側のトレーリングエッジの方が 下に張り出した
 後方が出っ張って構造をしています。

 それを バンス型ソール と言いまして、
 アイアン、ウエッジにはほとんど採用されませんが、
 フェース側、前側、とリーディングエッジの方が下に張り出して
 後ろ側、トレーリングエッジの方が引っこんでいるソールを
 スクープソールと言い
411BK-5ba
 ドライバー、フェアウェイウッド、機種によっては
 ユーティリティもそちらを採用しているモノがあります。

 スクープ角度と言うのはあまり話題にはなりませんが、
 バンス角度で言うと その後方への張り出した具合、
 を角度で示したモノが 『バンス角度』と呼ばれます。

 アイアンで言いますと
 5番アイアンでも この バンス角度はある程度、存在し、
 だいたい 4〜5°位でしょうか、
 ロフト角度が増えてくると ソレに比例するかのように
 バンス角度も増え、ウエッジのロフト 50°前後になると
 そのバンス角度は 10°を超えてきます。
IMG_0624
 フェアウェイウッドやユーティリティには
 バンス角度は無く、逆にスクープ角度 になる訳ですが、
 その分、ソール自体が大きい、ソール幅がありますので
 バンス としての機能は その長いソール幅が持っている
 と言えるでしょう。」

質問「ウエッジだけでなく、アイアンも
 そして バンス角度では無いですけど、
 そのソールの使い方 と言う意味での
 フェアウェイウッドなんかも含め
 そのソール、バンス、バンス角度の使い方が
 アマチュアは 苦手と言うか、不得手だと思うんですが…。」


店長「平均値 と言う意味ではそうでしょうね。

 ですので ウエッジの場合ですと 10〜12°とか
 バンカーを重視するのであれば 14°とか
 多めのモノが一般的なんですけれど
 バンスを使うのが苦手…
 バンスがあると 跳ねてしまって
 ダふったり、トップするのを避けたい場合は
 ローバンスウエッジと言って 6°とか 8°
 のウエッジを使っている人も居ます。
IMG_0591
 特殊なショットを望むのでなければ
 10°以上、最大18°位まで
 大きなバンス角度のウエッジ、
 もしくは それに代わる ソール幅の大きなモノ
 の方が 『お助け要素』は強いですので
 お薦めします。


 この ソール、バンスを上手く利用出来るか、どうかは
 からだの回転とかなり密接に関係があります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ショットに悩んでいる人の多くが
 そのアプローチショットで
 必ず✊と言って良い程 元の状態、
 『アドレス時のヘッド状態』に戻そうとする
 傾向が非常に強いように思うんですね。 」

質問「!!!!!!」

店長「それは 良い悪いの問題じゃないんです。
 ゴルフショットには わざと
 元に戻すようなショットが必要な時も
 ない訳じゃない。
 しかし それは特殊なショットに分類される。

 基準になる通常のショットとは
 そのクラブの長さ分、
 へっどのボールへの侵入角は
 水平よりも上から入って
 その分 ロフトが立った形、
 その進入角度に『対する』ロフトが
 本来のロフト角度 なんですね。
df713d9f-s813ca594-s




 ですので 傍から見た目には
 ロフトが立ったような…
 言い方を変えると
 元に戻っていない状態、戻り切れていない状態
 でボールとコンタクトするのが
 そのクラブの有効な『ロフトの利用方法』なんです。
IMG_0867IMG_0866
 これは 縦のロフトの話し ですが、
 フェースの向き についても同じで
 引き摺られた分 右打ちであるなら蕕鮓いた状態
 ロフトで言うと 上から入って来たのと同じように
 小さな円で入ってくる のを
 インサイドから と言って
 ものすごく分かり難いかも知れませんが、
 元の状態に戻そうとすると
 より 弧はキツク成ります。
 そして それを 外から入ってくる と言います。

 引き摺られてはいってきた方が
 直線にはなりませんが、より直線に近い、
 緩やかな弧 になりますから
 ショット毎の安定ども高くなりますし
 ロフトも締まり気味で当たりますので
 ボールも強くなり易い。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ - frame at 0m9s
 このアプローチを見れば だいたい
 どういうショットを打つのか想像がついてしまう
 というか、
 その人の ボールさばきの概念が見えてしまう
 と言って良いかと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「絶対✋ とは言えないですけれど
 もう35年以上 悩み多きゴルファーを見ていた蓄積
 で言うと 手打ちとかこすり打ち、
 ショットが安定しない、
 飛距離が伸びない
、 そういう悩みを持っている人は
 ある一定のパターンを持っており
 それは 総じて アプローチショット
 本当に小さな 15ヤード位のショットに表れます。」

質問「アプローチショットに❓」

店長「はい。

 先日の記事の続き、なんですけれど
 からだの廻し方は
 手作業は関与しない形で
 クラブの遠近を反転させる『感じ
 だけど 実際に振ったり、打ったりすると なると
 クラブ、特に先端部は非常に重くなるので
 反転はしようとするけど やり切れない。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 本当に反転させてしまおうとすると
 それは からだの回転「だけ」では無理なので
 手作業が必要になる
。。。。んですね。

 その表れが アプローチに出るんですね。」

質問「どんな感じに…ですか❓」

店長「小さなテークアウェイでも
 ある程度は 体を使う・からだを廻す と仮定します。

 
 トップの位置から 右打ちであれば 左を向くと
 クラブを持った腕の付け根は移動しますが、
 腕やクラブには重さがありますから
 からだの変わった向き、その角度通りには動かず
 数値は適当ではありますが、
 からだの向きが 90° 変わっても 60°とか 50° 位しか
 動くことは出来ないんですね。
IMG_0777
✅まあ このブログなどでは 「引きずる」「ズリズリ」
 みたいな表現で表されています。


 アドレスで構えたクラブの状態、
 アバウトなフェースの向きは打ちたい方向、
 グリップは概ね 自分を指しているような状態
 で始まる訳ですけれど、
 ダウンスイングからインパクトでは
 その状態には戻り切れないんですね。
 数値は曖昧なモノ(右打ちで表現します) で
 分かり易いから ロフト0°、ロフトの無いクラブで言いますが、
 アドレス時に打ちたい方向を見ていたフェースは
 ダウンスイング時は 戻り切れない分、
 5°も 10°も 右を向いた状態のまま 当たります。
 その右向き加減はヒトによって異なるとは思います。
e00bf7e6
 ロフトも 元は 0°の状態ですが、
 重さの分 引き摺られて 戻り切れない分、
 マイナス5°とか マイナス10°の状態で当たるんですね。

 どの数値が 教科書 と言うのは無いんですけれど
 横の動き〜フェースの向き
 縦の動き〜ロフトの向き
 にしても 元の状態には戻りません。
 イエ 正確には 戻れないんです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「用品としての パターの命は
 引き易さ、動かし『出し』易さ だと思います。

 思いっきり手前味噌なんですけれど 
 L型ブリストルパターは かなり多くの方の
 パッティングが嫌い、苦手を解消した と思います。

 引き続き、手前味噌ですけれど
 ブリストルパターではイップスには成れない んです。」

質問「分かる気がします。」

店長「弊社のパター二種は あ、スピンオフ版もありますけれど
 ヘッド重量が強烈に重たい。 480gと520gです。」
IMG_1364
質問「ですね。」

店長「コレって 一般的な320gとか、330gのヘッド重量のパターと
 交互に打ち比べてみると 初めて分かるんですが、

 重いヘッドのパターだと
 グリップ』を動かそうとします
 ヘッドを直接ではなく、グリップを動かす、移動させるコトで
 特に、初動をスタートさせようとします。

 ところが…🙄🙄🙄
 軽いヘッドのパターは グリップを動かし難い。
 ヘッドが軽いから、ま、比較論ですけど、
 ヘッドが動いちゃうのか、動かしたくなっちゃうのか、
 兎も角、グリップが動かせないんですよ。
 打ち比べるとよく分かりますよ😵😵

 パターの苦手…とか、イップスって 実はソコなんです。

 ショットもそうですけれど、
 人間が関与しているのは グリップ です。
 手であっても、からだであっても
 グリップを動かさなきゃ始まらない
 でも パッティング不調や不振になると
 『兎も角、ヘッドを動かさなきゃ』って思うのに
 肝心のグリップが動かないので ヘッドが動かない、
 ヘッドだけ ぴょっと動かすと 良い感じのラインに乗らない。

 それが ブリストルパターは無いんです。
 ✊絶対 グリップが動きます。

 そして 視覚的にヘッドをどっちへ動かすか、
 かなりはっきりしたガイドが入ってます。
 迷わず 引ける んですね。
2595cdb2
 パッティングって 勢いで何とかする って言うのが
 通用しません。
 速さで解決できない。
 どんなストロークにしても 自分自身はジッとしています。

 感覚的なモノの割合が殆ど です。

 ですので あたかも 自分が機械、
 パッティングマシーンになって
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す みたいなデザインは
 ヘッドの軽さも伴って
 一番大切な『感覚』を捨てなくちゃならない。

スナップショット 3 (2016-11-24 20-31)
あのグリーン上で 突然、『ロボットになれ』って
パターに言われるんですよ。

335400739_612216804055650_6789749583327675101_n
 いつまで経っても パター苦手は解消しない です。


 良いパターって あんまり何も考えず
 ストロークも自分の繰り返せる 好きなような動かし方で
 子供みたいに ポンッ って打つのが一番良いと思います。

 よっぽど ポテトチップみたいなグリーンでない限り
 ラインなんて 自分で造れる みたいな感じで
 良いと思うんですね。
 距離が合って 寄ればいいんですから

 そう言うのを具現化したのが ブリストルパターで、
 ハミングバードなりに
 ピン型を極力シンプルに、迷いを生ませない
 そうアレンジしたのがデール9 です。

 ですので今度は 半マレットとL型のハイブリッド、
 その ハミングバードなりの完成型を目指しています。
IMG_0511IMG_0507






 特に マレットは欠点いっぱいなので
 自分なりに考えた その修正された 理想的なモノを
 造りたいと思っています。」

質問「楽しみです。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転 の感覚で
 
 アドレスの時はヘッドの方がボールに近くて
 グリップの方がボールから遠い

 これをテークアウェイで 逆転させるというか
 位置関係を入れ替える

 この感覚って 距離にもよるんですけど
 アプローチで非常に役に立つと思います。

 からだの回転のドリルにもなりますし…。

 特に、ですけれど
 グリーン周りのアプローチとかって
 パター感覚で 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、
 伝わり難いかも知れませんけど
 円を描いても 左右、水平の円ではなくて
 ボール基準の縦の円を描くような感覚の人って
 意外に多いのかもしれない…です。

 真っ直ぐ行かせたいから
 真っ直ぐ引く感覚が強いのかな❓


 想定の距離よりも
 少し大きめのテークアウェイになってしまうかも
 知れないですけれど
 基本、からだの回転は
 傾きはあれど 運動としては 横・水平の動きなので
 テークアウェイを取れば
 よく言う イン側、自分に近づく方に移動する。

スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)スナップショット 5 (2014-03-25 12-06)




 大袈裟ですけれど グリップとヘッドの
 ボールに対する遠近を逆転させる 位のつもりで
 からだの向きを変えて欲しいんですね。

 テークアウェイの時は負荷が少ないですから
 本当に その遠近が逆転する位のつもりで…
 ダウンスイングは そういう意識よりも
 打ちたい距離のスピードなりに
 すぐに 左を向いて グリップを引き込む。

 急激にって意味では無いですけど
 からだの向きなりに
 ちゃんと グリップを左に
 ボールから遠い方に引き込む
 ヘッドやグリップを無理に飛球線の方に出そうとしない。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
 行きも帰りも 言葉の関係上、
 手さばきでやりたくなりますけど
 アプローチでは 特に、手は固定、半固定の感覚が
 大切になるかと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「からだの回転で『直に』ボールを打てない
 手で振ってしまう に陥ってしまう要因について
 考えてみたいと思います。」

質問「いいですね〜。」

店長「実際、動作として、からだの動きとして
 からだの回転というのは
 言葉としては ちょっと誤解を生み易いですが
 クラブを反転させると言えば良いのか
 位置関係を入れ替える『感じ
なんですね。」
20221025
質問「反転させる❓
 位置関係を入れ替える…とは❓」

店長「アドレス時
 ヘッドの方が低い位置にあって
 グリップの方が高い位置にある。
 腕はソレに「携わらず」「関わらず
 からだの向きが変わると その位置関係は
 ヘッドの方が高く位置になって
 グリップの方が低い位置になります。

 反転…させた訳では無いけれど
 スイングの 向きと前傾が噛み合うと
 そういう位置関係の逆転が起こります。

 からだの向きと言う意味では
 その上下の位置関係の入れ替えよりも
 遠近の入れ替えの方が実働に適しているかも知れません。」

質問「遠近の入れ替え❓」


店長「そうですね。

 アドレス時は ヘッドの方がボールに近くて
 グリップの方が遠い、
 その関係を 手作業抜きで
 からだの向きを変えると
 ヘッドの方が遠くなる そういう入れ替えです。
(グリップの移動 〜先端
 クラブを持った 自分 と言う大きな塊を動かして
 その反転を造るイメージを持つ のは大切です。

 大切なんですが、スイングのイジワルなトコロは
 その先にあるんですね。

 そういうイメージを持って
 からだを動かす、動作するのは良いのですが、
 実際に クラブと言うモノを持って
 それを動かそうとした時に
 本当に 反転させてはイケナイ と言う
 なんとも言えない 感覚的な矛盾があるんです。」

質問「イメージはそうだけど
 実際に そうしてはイケナイ…と。」


店長「はい。
 クラブは 長さと運動速度が加わるので
 静止状態と運動状態ではかなり重量の異なるモノになります。

 しかも スイングと言うか、ショットの目的は
 ボールを 確実に、安定して、そして遠くに飛ばすコト で
 からだを廻すコトや
 クラブを振る、この場合は移動させることは
 その手段でしかないので
 静止状態とはかなり異なる重量のクラブを
 本当に『反転』させてしまうと
 目的と手段がひっくり返ってしまう可能性があります。

〇クラブを反転させる『ようなイメージ』で
 からだの向きを変える
 と
〇本当にクラブを反転させる は
 思っているより大きな違いになります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングのテークアウェイ、トップでの
 右向きが足りない、上手く出来ません。
 どのようにすれば良いでしょうか❓」


店長「ありがとうございます。
 大変良い、そして かなり多くの方の共通する悩み
 なんだと思います。

 右向き は
 スイングの最大のエネルギー源
と言えるほど、です。
 十分な右向きは 七難隠す と言われますから
 何度とか角度は気にせず、
 自分に出来る、タイミングの取れる、
 そして 繰り返せる 右向きを覚えたいモノです。
2021-04-11_22-32-44_Moment(5)
 本当の、十分な右向き が深くて、たくさんあって
 困ることはありません。
 オーバースイングとは意味が異なります。


 改善策として色んなアプローチ(方法)があるとは思います。
 人それぞれなんだとは思いますが、
 素振りで出来ても、練習場で出来ても…
 というコトが少なくないのでは、とも思います。

 原理主義的(あくまでも)に言えば
 右向きの意味、意義と言うか、
 からだを廻すコト、右を向けるコト が
 打撃・ショットにとっての『必須』であれば
 当然ですが、せざるを得ません。

👉からだを廻すことが 打撃ソノモノであれば
 右を向かなければ、ボールが打てない、強く打てない、
 になりますから 嫌でも『右向き』をするようになります。

 言ってしまえば
 右向きが不十分、上手く行かない、
 でも ボールは打てている、故に
 『特に必要が無いので』右向きが少ない、しない です。
✅実験してみると良いですけれど
 からだの向きをほぼ全く変えずに
 アドレスの向きのまま、
  😵からだは固定したままボールが打てちゃうのか? か、
 そして その打撃は自分の普段のスイングと
 どれだけ似ているか、乖離しているのか でしょうね。」

質問「打てちゃいます…。」

店長「ですよね。
 右向き『だけ』と言うよりも
 からだの向きを変えることが打撃との直接関係に乏しい
 クラブが円を描くのですが、それとからだの向きが関連していない…
 必然性…と言う意味で 極めて薄いので
 なかなか刷り込まれないのだと思います。
 原理主義的…にはですね。
池田康二202520_Moment
 ソコの部分をある程度理解するコトが大切ですが、
 動きや形 結果論的ですが、
 そこからも改善、突破口はあると思います。」

質問「おおおお。」

店長「まずは 自分がどんな 回転をしているのか❓
 を見極めないといけないと思います。
 
 ものすごく大雑把ですが
 ]咾世韻撚鵑辰討い
 胴体を捩じって 肩 ではなく 肩部・胸部を回している
 ➂主に足をつかって 胴体、骨盤から上を回している

 だいたい 回転のタイプは3つ
 ,脇匹鵑濃のごとく ですが
 △廊,畔9腓薫廚、疲れてきたりすると
 その割合が,諒に寄ります。
 ➂も△畔9腓薫廚い任垢、私たちの年齢(50歳オーバー)では
 比較的 安定し易い傾向にあります。
((((((((_Moment
 処方箋として
 ,両豺隋▲淵鵑良塋悗盍兇犬討い覆い里任△譴
 何もアドバイスはありませんが、
 改善したい、治したいのであれば
 処方箋レベルではなく、手術をする位のつもりでいて下さい。

 △両豺隋↓ 弔猟磴😵に流れやすいので
 の要素を取り入れて 補助を入れた方が良いと思います。
 疲れてきた時に 肩部・胸部ではなく
 肩(ソレは腕の一部)を廻してしまい易い、
 回り難くなった時に 腕やクラブの重さ、その勢いで
 からだを捻じる傾向がありますから
 ソコを の脚に移してあげるのが良いと思います。
(_Moment
 若い人は別ですが、アマチュアにとって
 理想的なからだの廻しです。
 多少、胴体をひねる△混じって良いと思いますけど
 基本は脚に頼れますので、一番 長持ちします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ココで 注意が必要なんですけれど
 現代のスイング論って 総じて、ですが
 若者向け…プロがやっていることを真似るが
 主体になっていることが多いんですね。」
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
質問「あああ そう言えば、、、確かにね。」

店長「でも ゴルフを楽しんでいる殆どのアマチュア
 その平均年齢は 50代、
 若者と呼べる年代ではありません。

 👉からだを廻す、向きを変える
 の行為のメインエンジンは 脚やお尻周り、
 その 動作点、基準点は股関節になるんですが…

 遅れちゃうモノは デロデロに脱力して って
 意味じゃあ無いですけれど
 遅らせとけ なんですが、
 脚廻りを使って 骨盤を動かす と
 クラブや腕や遅れるから
 微妙にですけど 肩周りも遅れガチ になる。

 意識はしてなくても 胴体は捻じられる形 になります。

スクリーンショット 2023-04-23 202647今のスイング論の多くは
その胴体のねじれを 意図的に、
テークアウェイで 肩周りだけ捻じって
始めから『遅れ』を造ってしまうスイングが
とても多いです。

 このスイングは 関節にアブラのノッテいる世代、
 筋肉がしなやかな年代には 良いかも知れませんが
 アマチュアの平均年齢に近い、それ以上の世代にとっては
 かなり からだの負担の大きな動作になります。

 始めから体の中の遅れ、
 胴体のねじれを意図的に造ってしまうので
 捻じれの量も大きくなりますから
 動きにあそびと言うか、余裕、クッションが少なくなる
 動きになってしまいます。
 腰回りや首回りに負担のかかり易い動き ですので
 そのまんま それを真似るのは推奨出来ません。

at 0m1sダウンスイング以降、
クラブ自身の重さ、長さ、運動による負担分、
クラブ も  腕 も
その腕周りの生えている 肩周り も
骨盤に比べ 遅れ
捻じれが出来るのは自然ですが、
それは あまり多くしない方が
 始めから 捻じれの限界点からダウンスイングする、
 更にねじれを増やす ようなスイングは 危ない です。

 そういう意味で ハミングバードでは
 テークアウェイの時点ではねじれを造らない、
 胴体丸ごと 向きを変えて
 トップまでは 大きな胴体のねじれを造らない
 はっきりした遅れが生まれるのはダウンスイング以降、
 そういう動きの方が 痛める可能性は断然、低い。
(回転とフットワーク_Moment
 いつまでも 若いわけじゃないですからね…。」

質問「…ですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長 「ダウンスイングからフォローまで
 仮に180°ターンするとすると
 自分自身は180°するけど
 先端は 重さ分、それよりずっと少ない。
001
 ダラダラ、デロデロにしている訳では無いけど
 重さ分、長さ分、速度加算分遅れるのは放って置く
 遅れたまま からだを廻し続ける。

 右打ちで言うと 左をしっかり向く。
 向ききる というのは とても大事。


 無理に遅れを取り戻す となると
 その基準になる からだの向きもおろそかになるし
 からだの向き以外で取り戻すコトになるから
 出来るだけしない。

 見た目の、単純な言葉の からだの回転
 を目指そうとすると 最終的には手で振るコトになると言う
 なんとも壮大な罠が仕掛けられている…
  そういう感じ。」

質問「クラブというか、ヘッドの遅れは放って置け と❓」
07cc3447
店長「はい。
 放って置いても ボールに当てる〜打つ には
 しっかり左(右打ち)を向かないと…。

 からだの正面で とか、
 左サイドの壁 とか、を
 意識し過ぎてしまうと
 正面で待って… つまり 左を向くコトを辞め、
 クラブが追い付くのを待ってしまう というコトになり易い。

 クラブだけでなく 腕にも重さがありますから
 腕も遅らせてしまってOK
 
 からだの回転は 腕を振るとか、クラブを振る、
 クラブをターンさせるではなく
 クラブを持った『腕の付け根の移動
 と考えるのが 一番良いかも 知れません。

 そういう目で スイングを見てみると
 今までとは別の見方・考え方が生まれてくるかもしれません。

 結果として  右打ち であれば
 テークアウェイ、トップの右向き、
 ダウンスイングの右向きの戻り、
 そして ボールと正対する『瞬間』がありますが
 感覚として その 右向きの戻り〜ボールと正対
 この時間の中に インパクト が有るように思えるので
 そこから 先の 左向きがおろそかになりがち です。

 振り遅れ の 取り戻し では
 ボールと正対する瞬間を意識しがち です。

 クラブや腕は重さ分、振り遅れてしまうモノ。
 その振り遅れが有っても ボールに当たるには
 その遅れ分、廻っておいてあげないとイケナイです。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 ボールと正対する瞬間のコトは忘れ、
 トップの位置から いきなり 左を向く位の意識で、
 左を向くコト そのものが 打撃
 という 感覚を刷り込んでいくのが良いと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングにおける からだの回転には
 『矛盾』に感じるかも知れないコトが
 幾つかあるんですね。」

質問「矛盾❓」

店長「はい。
(グリップの移動 〜先端
 ゴルフスイングにおいて
 からだを回転させるのは
 当然、クラブを動かして、ヘッドを動かす
 と言う目的が有るのですが…

 ウチの悶絶クラブではそう思わない…かもですけれど
 一般的なゴルフクラブって
 持った時、決して重くはないじゃないですか❓」

質問「まあ…確かに。」

店長「だから 出来てしまうかも⁈
 って思っちゃうのもあるんだと思いますが…

 😧例えば ですけれど
 水の中、プールに入って 首辺りの深さまで浸かって
 前ナラエした腕、その状態から
 180° 回転・向きを変えたら したら どうなると思います❓
(グリップの移動 〜先端は振りません
 始めの 前ナラエの状態 のまま
 向きを変えられると思います❓」

質問「水の抵抗もありますから
 腕の重さが…その重さ以上になりますね。
 
 ダウンスイングと同じ方向に行ったら
 腕は 前ナラエよりも後ろに残る、
 ゴルフ用語的には遅れる感じになりますか❓」


店長「はい。その通りです。

 ですので からだが180°向きを変えても
 腕やクラブは 180°は回転しない。
 正確に言うと 『出来ない』んです。
 
からだの回転だけでは

 水の中の 前ナラエ で言うと
 単に からだの向きを変えただけ では
 腕はその重さや抵抗分、取り残され、遅れます。
(グリップの移動 〜先端は振りません - frame at 0m0s
 それを 始めに前ナラエした状態を維持し続ける には
 からだの回転 以外の 何かの意志動作 が必要になります。
 おそらく かなりのチカラも要りますね。」

質問「それが スイングでは『リキミ』に当たると❓」

店長「その通りです。
 力みたくないのならば
 自然に遅れるモノは 遅らせて置けば良いのです。

 前ナラエを維持し続ける のと同じですね。

 遅れを取り戻す では無く、
 遅れたまま どう打つか
 が
 からだの回転を主にボールを打つか、
 からだの回転以外、この場合は手や腕の作業 で打つか

 の分かれ目になると思います。

 からだを回転させることは
 グリップやクラブ、ヘッドを動かして
 ボールを打つ為にするんですが、
 自分の回転で 動かせる量は限られていて
 自分の回転の この場合は角度になりますが、
 量よりも 重さや負荷分、移動量は少ない、減ってしまう、
 と言う認識が必要です。
387489960_842844104304328_5705562337646430802_n
 逆に 自分が180度回転したら
 重さの付いていて 長さの有る 先端部分も
 180度回転する と考えてしまうと
 向きを変える と言うシンプルな動作以外
 別な動作が必要になり
 本来は 回転運動の補助のだった動作、
 ソレが打つコトそのものにすり替わってしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「やはり からだの回転で打つ
 というのが イマイチ掴めないのですが…。」


店長「分かります。
からだの廻し方〇親子対決 - frame at 0m33s
 おさらいになるのですが
 からだの回転で打つ の対語は
 手で振る になります。

 からだの回転で打つ の大きなメリットは
.好ぅ鵐阿慮未筌悒奪匹了兩変化などが
 穏やかで 安定して 繰り返し易い🤩と
△尻や脚、背中など大きな筋肉を使って
 主な動作を行いますので
 疲労による変化が緩やか🤩
 加齢による体力低下の影響が緩やか🤩
自分の体力なりの最大飛距離が得やすい


 ´△箸發亡砲笋、穏やか と言う点がポイントです。」
07cc3447
質問「はい。 頭では分かっていても
 それが出来ないのは何故なんでしょうか❓」


店長「ゴルフの、ゴルフスイングの永遠のテーマ
 みたいな部分なので そこで試行錯誤するのも楽しんで欲しい
 と思うのですが…😊😊😊

✅どうするのが からだの回転で打つのか 分からない😵

 というのが有るんだと思いますね。

 一般的に からだを廻せ、からだの回転を使え、 
 と言われますけれど
 多くの場合、からだを廻してから
✋クラブや腕を振る(動作)
 動作の為の ポジション作りの為、だったり
✋からだを廻して それが止まる反動
 で やはり クラブや腕を振る


 どちらもが クラブや腕を振る為の
 前動作 としての からだの回転で
  (意味が伝わると良いですけれど)
 からだの回転で『直に』ボールを打つ
 と言うトコロに至っていない のだと思います。」

質問「ですねぇ…😧😧😧」
会田20210701 - frame at 0m16s
店長「前に からだの回転のメリット´↓
 は逆に言えば …特に若い人になるとは思いますが、
 手で振っても 繰り返せる、十分なパワーが出せる、
 疲労の影響を受けにくい であれば
 他人がとやかく言う問題ではありません。

 ただ 若い時にそういう振り方をして
 年齢が進んで、距離が落ちてから
 からだの回転に移行となる と
 動力源が より からだの「鈍い」箇所になるので
 鈍い部分ですので、移行が時間が掛かってしまい
 辛抱がし難い点と
 同じく 「打った実感」 が湧き難い点…
 😵😵メンタル的な部分が障害になるかも…
  は理解して置いて頂きたいと思います。
Q2023918Q20239180Q20239181






 初めてゴルフスイングを覚える…
 と言う方は この記事は読んで無いでしょうから
 あえて言うのならば
 からだの回転に移行する…というコトは
 既に からだの回転 の代替行為でボールを打っています。

 ですので 自分のスイングに
 新たな技術、動きを加えて ではなく
 自分の その代替え行為を『抹消』して
 からだの回転に移行しなくてはならない。
 その代替え行為がある限り、
 繰り返せる、とか 安定する、とか
 もっと飛ばす などの願望を除けば
 ボールは打てちゃう訳ですから
 上手く行かない、馴染まない、覚えられない、
 と すぐに 元の代替え行為に戻る。
 スイングだけに限りませんが、よくあるパターンです。

 からだの鈍い部分で
 いままで からだの最も俊敏に動かせる、
 自分の思い通りに動かし易い 腕の行為を
 代替えさせるのですから 『直ぐに!』と行く筈がないのは
 机上の話しでは理解頂けると思います。」
Snipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m16sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m21sSnipping Tool 2023.03.31 - 22.10.35.01 - frame at 5m38s


質問「ぐうぅ…😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ