◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。

誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/

5

プロゴルファーやレッスンプロ、
もしかしたら 気付いていない人もいる? かも知れないし、
気付いているけど 事情があって、
ソコは「教えちゃいけない」のかも知れない、
肝心要、スイングの分かれ目の部分があります。



このブログ内でも
良く登場する言葉ですが、
からだの回転で打つ
(ボディターンなんて呼ばれますが)
に相対して、
手で振る、手で打つ なんでのがありますが、
実は ソコ、絶対の必須条件ではありません。
正直、どっちでも良いと思いますし、
ある程度、ショットを追求していけば
 だいたい 
からだの回転で打つ を
 選ばなくてはならなくなるに過ぎません。

また 訓練やかなりの身体能力があれば
 正規につかまえる球を 手さばきで再現するコトも可能です。
 ただ やはり かなり肉体的負荷が大きくなるので
 おススメの方法では無い というだけ です。



プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット」
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」
とさせてください。

プロショットは
ボールをつかまえて打ちます。
アマショットは
ボールをこすって打ちます。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)






実は この つかまえる と こする
と言う言葉と
実際にやらなくてはいけないコト、
 つかまえる時にするコト、
また、バンカーやラフなど
 こすった場合、出る球を意図的に打つコトもあるので
その、こすらなければならない時、するコト が
その言葉のニュアンス(つかまえる/こする)とは 真反対なのです。
この言葉の正反対のニュアンスが
 アマチュアをスイング迷路に誘っている可能性が否めません。



この記事(続きますが)を読み終えたら
是非、ユーチューブなど お気に入りのプロや憧れのプロ
好きなスイング、スイングタイプ など そういう目で見て頂き、
また、動画を持っていれば 自分のスイングも見てみて下さい。

それが見えてくる、理解してくると
からだの回転で打った方が それが実現し易い ですよ
と言うのも見えてきますし、
ハミングバードのブログ内で スナップロックしたまま打ちましょう、
リリースは打ってから しましょう、
と言う理由と言えば良いのか、
そうするべき そうせざるを得ない と分かると思います。



また それを裏返すと
フルショット、ハーフショット、アプローチ
ぱたーでさえも  その肝心かなめの『ボールのとらえ方』
ゴルフにおける打撃が理解出来ないと
やれ 腰はこう動かす
やれ 軸がどう だ
やれ 肘はこう使う
やれ アウトサイドインは…
  は
単なる 見てくれだけの真似事にしか過ぎなくなってしまいます。


そのメカニズムが理解出来れば
スイングの 大まかな概要、なにもかにも 氷解するように
掴めてくると思いますし、
そのメカニズムが混乱したまま、
よくある 言葉 としてのみ 記憶されれば、
今までの悩みは そのまま 未来の悩みのまま です。

コレも重要ですが、
プロやレッスンプロの言う 技術論は
ある『ボールのとらえ方』
が前提になって話されています。絶対条件です。
(にもかかわらず あまり公にはされません)
肝心要のその部分抜きで その技術論を追いかけても
絶対解けない矛盾の迷路から抜け出すことは出来ません。





技術的には そう難しいことでもないですが
アマチュアの中でそれを出来ている人は非常に少なく、
まあ、それは そのメカニズムが理解出来ていないから で
実は プロにもそれを理解出来ずに
 試合に出ている少数ですが、もいます。   つづく



現在のゴルフクラブは
 その部分を解消する要素を多々持っており、
 一つがアイアンのストロングロフト だったりしますが
こすり打ちをしていても
アマショットをしていても、練習量などの努力、
それに伴う自信 や 身体能力によって
プロショットの人と同じ土俵で戦うことは可能です。
ゴルフと言うゲーム性において
 ショット能力は重要ですが、すべてではなく
 一部の要素でしか ありませんから…。
優秀な射撃部隊がいれば 戦は有利に進め易い ですが、
それが 勝敗を決する とは限りません。
 戦略もあれば、士気や運などもある訳ですから。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



良くある(ご本人は気が付かない困ったクラブの)お話し…

あるお客様が フェアウェイウッドを手にご来店し、
「上手く当たらなくなったから いじって欲しい…」と。
rad-04


スペックを見ると
某人気ブランドの 70g台の 硬さ X(エックス) 振動数280cpm
それを C-8.0 と言う軽めのヘッド重量、と短さ
 と言う状態、
フェアウェイウッド だから
 正直、かなりハードな
 シャフトの硬さとヘッド効き と言う点で見ると
 プロでも使えないような 超ハードセッティング


と、ここまで聞くと
若い、結構な力持ちのお客様❓ と思うでしょうけれど…
  華奢なご高齢の方・・・です。 


いや ボール浮かない、
いや ボールに届かない、でしょう・・・
というと その通りだと仰っています。

『 軽いから シャフトをもっと重たく…。 』
ええええええええええ
「いやいやいや その流れは芳しくないと思いますよ。」

シャフトが硬く、ヘッドも軽い状態、
その年齢だと使う頻度の高い フェアウェイウッド
これがボールに届き辛く、ボールが上がり辛い、
勿論、飛距離や方向性も良くない・・・ となると
ヘッド(クラブ)をぶんぶん振る練習をしてしまう のでは、と聞くと
『最近は そういう練習を中心にしている』 とのコト…。


私からは
「ほかのクラブとの兼ね合い の問題はありますが、
 コトこのフェアウェイウッドに関して 言うのなら
 硬さを適正なモノ
 現在の硬さ→【 280cpm 】 を 👉250cpm台 に落とし
(本当なら200cpm位まで落としたいけれど…)
(慣れやドライバーのコトを考え 250cpm前後で妥協)
 適切な長さとヘッドの効き
(長さ1/4インチアップ 重さ5gアップ) にすれば
 ずっと 易しく届く、当たるようになりますし、
 ヘッドを無理に振らなくても打てるから
 スイング造りにも良いですよー。」  と。
 
『30年前から この硬さを使ってきた。』

   ・・・いやいやいや 30年経ってますよー

・・・・重量の軽いシャフト と シャフトを柔らかくする
    のに難色を示されまして ご帰宅されました。

81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a


まあ ほんの一例ですが、
お店をやっていて とても高い頻度で遭遇する
クラブチューナップ前の会話 ですね。

ゴルフは確かに それぞれの方が
好きなクラブで、好きなスイングで楽しめる
と言う点もありますけれど、
ヘッドの重さやシャフトの硬さ などのクラブのセッティングによって
知らず知らずの内に ボールの打ち方は調教されてしまいます。
ハードなスペック は ほどほどにして置かないと
ブリブリとヘッドばかり振る 手打ちの道にまい進しがちですので
ご注意ください。

また、シャフトの硬さなど クラブのスペックは変わらなくても
自分が年齢を重ねる、加齢する、ということは
どんどん そのスペックから離れていく、
オーバースペックになるのだ、
ということもご理解ください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


からだの回転
ゴルフではヨクヨク出てくる
ある意味 大切で、 ある意味 忌まわしい言葉 です。
 ✋Rさん 復習事項ですよー


手振り、手打ちが悪い訳ではありませんが、
例え 手でクラブを振って打っている人であっても
からだ をまるで使っていない訳 ではなく
カラダの向きが変わるコトそのものが打撃になっていないだけ
なので ホント 言葉遊びみたいになってしまいます。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(5)

カラダの向きを変えるコトは大切ではありますが、
カラダの向きを変えるコトそのものが目的なのではなく 
カラダの向きを変えるコト で
  グリップを動かし

そして シャフトによってつながったヘッドを動かし
ボールを打つ、その為に向きを変えています。
ですので 主に、ですが
ダウンスイングで 左半身の廻り、移動に
左腕、左グリップが付いて行かなくては
 結局、手で打たなくてはならなくなります。

ショットは概ね 両腕の長さが釣り合っていないと
カラダの姿勢が崩れたり、
弾道の上下左右の方向 上がりや左右のばらつきを
生む原因になるので
足を使って からだの向きを変えるコトをお薦めします。

肩を廻す、腰を廻す とよく言われますが、
基本は 土台である 足がからだの向きを変えているから
肩や腰も向きを変えるのであって、
カラダのねじれを作らない補正 程度の意識は
有っても良いと思いますが、箇所として
肩や腰、特に腰を主として廻るのはお薦め出来ません。

リリース の勘違い❓_Moment


カラダの向きを変える 意識のポイント なのですが、
クラブ〜腕はその関係、概ねの形は
  トップオブスイング位置でロック、
体の回転 で グリップに遠心力をかけ
 その結果、右腕が伸びていくように 考えて下さい。
向きを変える以外、自分では何もしないようにした方が良いです。

拒否はしないけれど、
自分で積極的には伸ばそうとか、動かそうとはしない方が
回転に負荷がかかりません。
右軸足から動き始まる訳ですが、
莠澗に移行できるまで
どちらにも体重が掛からないモラトリアムな時間があります。
その際に、積極的に腕を動かそうとしたり
ヘッドに遠心力が掛かると 本能的に右軸足から動けなくなります。


くれぐれも ヘッドに遠心力をかけてはイケマセン
 それでは尾に自分が振られる形になります。
 ヘッドに遠心力をかけるのは インパクト以降で…。

そういう意味では
 回転による不可抗力によって
 他力本願で 打撃部へとグリップは入っていく ので
それに都合の良い、よりそれがし易い形
 というのが トップオブスイングの位置であったり、
 姿勢である、と考えた方が良いかも知れません。
からだの向きの変更を考えてみよう_Moment(2)

回転と踏み込みにはっきりした順序は無く、
交じり合ったモノです。
✋あくまでも イメージ で良いのですが、
低めにティーアップしたボール
 その先にターフを取る イメージで
回転&踏み込み をしてみましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



【SYB EG−05
 ロフト角度、ライ角度、フェース角度 変更スリーブ 取り扱い説明書】
EZ05

 🔴ヘッド、ヒール部になるネジを
  専用工具にて緩めて下さい

 🔴リングを上下にずらし
  回転させてください

 🔴基準点になる N− N+ があります
  それを シャフト側の 〇印に合わせて下さい

  LOW、HIGH 共に3箇所EG-05 sleeve

  LOWの場合 N−側が LOW-1
        N+側が LOW-3

  HIGHの場合 N+側が HIGH-1
        N−側が HIGH-3 です。

 (下に 各基準ロフトに対する 適合表あります)
 🔴ヘッド側の 〇印を シャフト側の〇印と合わせます

 🔴リングを隙間のないよう 上下に合わせて下さい

 🔴グリップを下にして 専用工具にて
  「カチッ」と音がするまで 締めて下さい



       
original LOFT Face-Ang. LIE
N- 0 0 59
LOW1 -0.5 -0.5 59.5
LOW2 -1 -1 60
LOW3 -0.5 -1.5 60.5
N+ 0 0.5 61
HIGH1 0.5 0.5 61
HIGH2 1 1 60.5
HIGH3 0.5 0.5 59.5
N- 0 0 59
       
9 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9 0 59
LOW1 8.5 -0.5 59.5
LOW2 8 -1 60
LOW3 8.5 -1.5 60.5
N+ 9 0.5 61
HIGH1 9.5 0.5 61
HIGH2 10 1 60.5
HIGH3 9.5 0.5 59.5
N- 9 0 59
       
9.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 9.5 0 59
LOW1 9 -0.5 59.5
LOW2 8.5 -1 60
LOW3 9 -1.5 60.5
N+ 9.5 0.5 61
HIGH1 10 0.5 61
HIGH2 10.5 1 60.5
HIGH3 10 0.5 59.5
N- 9.5 0 59
       
10 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10 0 59
LOW1 9.5 -0.5 59.5
LOW2 9 -1 60
LOW3 9.5 -1.5 60.5
N+ 10 0.5 61
HIGH1 10.5 0.5 61
HIGH2 11 1 60.5
HIGH3 10.5 0.5 59.5
N- 10 0 59
       
10.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 10.5 0 59
LOW1 10 -0.5 59.5
LOW2 9.5 -1 60
LOW3 10 -1.5 60.5
N+ 10.5 0.5 61
HIGH1 11 0.5 61
HIGH2 11.5 1 60.5
HIGH3 11 0.5 59.5
N- 10.5 0 59
       
11 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11 0 59
LOW1 10.5 -0.5 59.5
LOW2 10 -1 60
LOW3 10.5 -1.5 60.5
N+ 11 0.5 61
HIGH1 11.5 0.5 61
HIGH2 12 1 60.5
HIGH3 11.5 0.5 59.5
N- 11 0 59
       
11.5 LOFT Face-Ang. LIE
N- 11.5 0 59
LOW1 11 -0.5 59.5
LOW2 10.5 -1 60
LOW3 11 -1.5 60.5
N+ 11.5 0.5 61
HIGH1 12 0.5 61
HIGH2 12.5 1 60.5
HIGH3 12 0.5 59.5
N- 11.5 0 59
       
12 LOFT Face-Ang. LIE
N- 12 0 59
LOW1 11.5 -0.5 59.5
LOW2 11 -1 60
LOW3 11.5 -1.5 60.5
N+ 12 0.5 61
HIGH1 12.5 0.5 61
HIGH2 13 1 60.5
HIGH3 12.5 0.5 59.5
N- 12 0 59

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



カラダをどのように回したら良いか
 というのは ゴルファーにとって結構根深いテーマです。

能動的な自分のからだの向きの変更
に対し、それによって発生する 重さや遠心力などの
不可抗力も加わります。


(Rさん 大変身か?_Moment


具体的に言うと
 スイングの円弧はからだの向きが創ります。
 インパクトまでは その依存度は100%と考えて良いでしょう。
 インパクト以降 は クラブのフリーな動き も加わります。
       クラブをフリー…クラブに掛かっている慣性を自由にイカセル

最近のハイパワーなプロには 最後までフリーにしない人もいます。
 2017-06-13 19-07-51
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)






インパクトまでは(特にダウンスイング)
腕はクラブを持っているに過ぎず、
クラブの作り出す慣性や重力、遠心力などの不可抗力
によって 腕は伸ばされることを拒否はしませんが、
むしろ その不可抗力によって伸ばされる(受け身)よう仕向けますが
無理やり 腕でどうしよう とする箇所でもありません。

 積極的に腕を動かそうとすると
 それをするため なにがしかの形で
 からだの回転が止まる、もしくは
 腕やクラブの動きとからだの回転が分離するから、です。


ですので 回転でクラブを移動させる
(引きずるに近い)
ヘッドの重さ、特に切り返し付近のヘッドの重さによって
ヘッドは居残ろうとしますのでこう動きます。
e00bf7e6円弧5


8658a3e6-s←これはちょっと極端ですが、
 見ての通り、ヘッドに対して
 グリップが動いていません。
 つまり からだの回転と
 クラブの関係を断ち切っている。
手で振るためのイメージとも言えます。

スナップショット 1 (2013-02-13 14-14)

アプローチショットなどで 振り子の振ろうとしている
 のは無自覚かもしれませんが、その典型例です。

これでは 犬が尻尾を振っている のではなく
尻尾に自分が振られている になってしまいます。


スイングやショットの悩みの
 かなり多くのコト、ほとんどと言えるほどのコトが
この ヘッドを振る、スイングを丸く振る、スイングは円弧と関係します。

クラブを直線で動かす方が近いには近いんですが、
それも クラブを手で動かすコトにつながり易い ので
 やっぱり基本は 『打つまでは』クラブ単体を動かさないコト
 ✋別な言い方では ヘッドに遠心力をかけないコト とも言えます。
と考えている方が 良い結果を導き出せる と思います。

2021-05-01_17-19-18_Moment




ハミングバードの推奨する「刷毛塗」も
 クラブの移動が からだの回転 に同期する為の
 動いているからだの向きに対して 結果、動かさないクラブを
 作るためのイメージ です。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



かなり雰囲気変わったのではないでしょうか❓

(Rさん 大変身か?_Moment
長年の課題だった 『インパクトは体の正面で』は それを意識しない、からだを向きを変え続ける で達成する と朧気ながら理解出来たのではないかと思います。 からだの回転〜向きの変更も その行為そのものが目的ではなく、 それによってグリップを動かし、ボールを打つ を掴めてきたのではないかと思います💮

尚、飛ばし過ぎにはご注意ください✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


リリースする
からだの回転で増した クラブの慣性をフリーにする コト を
指す訳ですが、

🔴アプローチ からだの回転の速度だけ
  クラブの慣性をフリーにする必要がない
🔴フルショット クラブの慣性をフリーにしている

この二つを見比べて下さい。



確かに、
遠くに飛ばす為 回転速度を上げ、クラブをリリースすれば
インパクト以降の リリースされたクラブの速度も上がりますが、
そこの速度を上げるために 速く動いたわけではありません。
速く回転したから、ソコの速度が上がったに過ぎません。

似てはいますが、その意図が見えていないと
間違えて スイングをなぞる、学習する可能性があります。


からだの回転という移動によって 付いたクラブの慣性を
インパクト以降、フリーにするのは
基本、ゴルフクラブという 扱い方を間違えると
廻りの人も自分も傷つけてしまう可能性のある
その長い棒 を 安全に終息させる手段 でもあります。

✋インパクト以前に クラブの慣性をリリースしてしまえば
 自分への危険の回避、という瞬間的な反応もあるでしょうし、
 その慣性は思っているよりも かなりの不可抗力です。
 そもそも ボールを打たなければならない、
 出来れば遠くに、出来れば思った方向に、
 まで伴うのですから
 インパクト以降に それをリリースするのと
 同じようになる訳がありません。

 瞬間に等しい時間しかない
 ダウンスイング〜インパクト の刹那に
 それらを同時にこなしていく
 プロショットにとっては 存在しないに等しい
 かなりの不可抗力をこなしながら
 上手に打つ、安定して打つ という曲芸を
 アマチュアの方がトライしている訳です…。
 無理がありますよねー。


『ボールをよく見ろ』というゴルフ用語、
 スイングレッスン用語があります。
上手く当たらないと その原因がよく見えていない傍の人が
闇雲に、とりあえず 使う用語 と言えますが…。

ハミングバードでは からだの廻り、向きの変更を
優先する為 顔や目線、視界などを
その向きと一緒に動かした方が良いと おススメしていますが、
それとは別に その言葉の『真意』『はじまり』は…
  おそらく…ですが、
【カラダを回転させることに集中せよ】
なのではないかと推測しています。


ある程度のスピードのスイング、ショットをする際、
インパクト以降の クラブの慣性をフリーにする
リリース、クラブやヘッドを振るアクションは
こと打撃するコトにとっては おまけに近い、
 事後処理に近い行為です。

そして アマチュアは そのおまけ、
事後処理を 打撃の主軸にしようとしている のですから
残念ですが、それでは何万球打っても答えは見えない❓
のではないかと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

廻る と 下がる のつながり_Moment

シャドースイング…ダウンスイングの過程で
こういう箇所 で 止めている方をかなり見かけます。
(この写真の場合、ヘッドをボール側に出し過ぎ…ですが)

理想的なインパクト
アイアンであれば『上から叩けるインパクト』を造りたい
目指したい のであれば
この クラブ姿勢
グリップの方が低く、ボール寄り
ヘッドの方が高く、ボールから離れた
この位置をインパクトにするのです。

つまり ココがインパクトになるように
『まわっとけ』 というコトです。


ショットやスイングで悩まれる方の多くが
ココから先に 何かのアクションがある、
ココから先に インパクトがあるケース です。
2021-05-01_17-19-18_Moment
ココをインパクトにする
 のに足らないのは移動距離(回転)です。

🔴ココから先に 手やからだの
 円で ココから先で打つ、
ココから先で 下側の円弧を
 意図的に作るか

🔴トップの位置から
 腕がこのような姿勢や位置
になるまでの時間に
 からだを向きを変えておくか
(からだを廻すコトによって 腕をこの姿勢にさせるが正解)

トップの位置での クラブの位置/姿勢にもよりますが、
その重さによって 腕がこうなるよう促されるのも否めません。


そういうスイング概念の違いがスイングに出るんだと思います。

 
イメージとすると(意味不明と思うでしょうが)
 からだは向きを変えて 円を作るのですが、
 円の下半分にはクラブを入れないような感じです。


アプローチでもそうですが、
 スイングは 足とお尻を使って 向きを変え
 結果、円を造ります。
 円を造るのですが……その行為によって
 グリップを移動(加速、等速時)させますが、
 ヘッドには重さと長さ、そして速度が加わるので
 まったく それ
(ヘッド/重さ)が無いモノと比べると
 その重さ分、グリップよりも多く動けません。
 グリップを動かした分、
 ヘッドは引きずられるような形になり
 その円弧は アドレスで構えた状態 の長さ
 (自分からの遠さ)では運動をしません。
 ですので その長さを半径とした
 真ん円の円弧ではないのです。
 縦方向に潰れた、どちらかというと
 角の丸まった長方形のような『円弧』になります。


スイングを丸く振る。
ヘッドを多く、たくさん動かす。
そう言ったモノが 結果として
 下円を自分で作らなければならないスイングを
 促している場合もあるでしょう。

ヘッドスピードを上げたい、
 これは悪い願望ではありませんが、
 その結果として ヘッドばかりを動かす、
 ヘッドを振るため、からだを止め、
 原動力とヘッドとの関係を断ち切る本末転倒、
 なんてこともある訳です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 プロが全員そうしてる訳ではありませんが、
とりあえず
正規にボールをつかまえるショットを「プロショット
アマが全員そうしている訳ではありませんが、
ボールがつかまえられず こすり打つショット/スイングを
とりあえず 名称の定義付け として「アマショット」

とさせてください。
27157136_1465536103569591_817080633_n

こすり打ち~アマショット をしている人が
ショットを計測しながら クラブ選定をする場合、
これはある部分、共通ですが、ヘッドスピードが高い程
弾道は高く、スピンが増え
 データ計測で使われる用語【ミート率】は下がってきます。
同じ人が ヘッドスピードの加減 をすると
アマショットの場合、
 高いヘッドスピードの方が ミート率の数値は低く
 低めに抑えた方が その数値は高くなります

それは ミート率 と言う言葉の構造欠陥ですが、
 こすり打ち、ロフトを増やそうとして打っている性質上、
 ヘッドをスピードを上げると ロフトが増え、
 ヘッドスピードを抑えると ロフトが増えない
 に過ぎません。

なので データの数値を追いかけていくと
 必要以上に少ないロフトを選ぶことになりガチ です。

また アマショットの人は
 ヘッドをたくさん動かそうとするので
 シャフトの硬さも ロフト選定と同じく
 柔らかくて たくさん動くモノほど ミート率の数値、
 つまり 大きなロフトで打つコトになり、
 必要以上に硬いシャフトを選ぶコトになりガチ、
です。

特にドライバー、というコトになりますが、
 飛距離最優先し過ぎていて
 最高のコンディションで『常時』振っていないと
 飛距離も落ちる、ロフトもシャフトの硬さもハードな、シビアなモノ
 を選んでいる傾向が強いので 安定性は捨てている も同じです。
 


良くネットで見かけるパターンです。
Y社の携帯弾道計測機…たのしですが
 ヘッドスピードを無理に上げると
 (たしかに ミスも増えるかも)
 ………ドミスは ネットには計測しないでしょうか…
 ヘッドスピードが上がったコトによって
 🔴ロフトが増えているに過ぎません。
 ミート率の数値は
 分母 ヘッドスピード / 分子 ボールスピード
 なのですから…。

ミスヒットを除いて
 スピードが上がったのに ロフトが増えるのは
 典型的な 「アマショット」こすり打ち というコトです。


27292676_1465536286902906_1876954938_n


逆にプロショットの人は
 ヘッドスピードを上げると ロフトがより立ってくるので
 数値としてのミート率は上がってきますが、
 スピンの減りすぎ、打ち出し角度の低下 などによって
 安定した距離が得にくい等
 やや大きめの 余裕のあるロフト を選びます。
  👉本当に意味での ミート率を追求できます

 シャフトも 柔らかいモノほど ロフトが立つため
 選ぶロフトと兼ね合いながら、
 無理しない硬さを選べる可能性が高く
 そういう選定からも ドライバーの平均飛距離、
 ミスショットに対する寛容性、スコアにも影響する
 クラブ選びになってくる
 のです。

スイングの傾向によって クラブの選び方も変わってくるわけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


クラブを、ヘッドをリリースする、振る、
(クラブ、ヘッドなどの慣性をフリーにする)
フリーにするタイミングをボールを打つ前にするか、
間際でいいので 厳密にする必要はありませんが、

打撃時にするのか、打撃前にするのか、打撃以降にするのか…

この問題は あまり取り沙汰されませんが、
スイングの技術的な問題よりも 以前の
打撃点、重さが先に付いている棒 を使ってボールを打つイメージ
にかなり影響されています。
81dea1cae1908cc4a2f18a9481d5709a

目に見えた、記憶に残る 円を描くゴルフスイング を
真似ようとすれば
円の半径
(その一部)に該当すると思われるシャフトを振る、
その先端に在る重さを利用し
自分が円を描くのではなく、クラブに円を描かせようとする
に行き着くのは 至極、自然な流れ だと思います。

そして 
それをするには からだを止めて置かねばならず、
円を描くクラブを持っている腕は
止まっている体とのつなぎ役になる…
慣性や遠心力でフリーに動いているクラブを
 持っている腕は 半ばフリーで動いているのと同じ で
それを 自分の思った通りに動かそうとすれば
 必要以上の力、力みが生まれ、
カラダには不自然な不可抗力が生まれます。
スナップショット 1 (2013-02-08 20-14)

多くのプロ の スイングの弧は上下に潰れ、
インパクト以降が大きくなり、
多くのアマチュア は スイングが真ん円に近く、
比較すると 上下に大きく 左右に小さくなるのは
 どのように円を描くかの違い と言えるでしょう。




クラブと腕を固定、半固定の状態で
カラダを廻し、インパクト、インパクト以降で
そのクラブをフリーにすれば、
元々の円弧よりも 円弧は大きく、膨らもうとします。
円弧の形は それがいつ行われたのかを示している と言え、
そう考えると
インパクト、もしくはインパクト以降で
プロショットでは ターフが取れるのも理解し易いかもしれません。


今はやや死語気味になってしまっていますが、
クラブを、ヘッドを、
厳密に言うと からだの回転で生まれたクラブの慣性、遠心力を
打つ前、かなり打つ前に放ってしまう、リリースしてしまうのを
キャスティングと言います。
✋それによって コックが解ける形になりますが、
 コックを解くことを直接指すのではありません。

前傾姿勢も然り、ディッシュアングルも然り、
その手の影響を受ける、クラブの慣性をリリースしてしまうから
その双方を維持出来ない のであって、
クラブの慣性もフリーにせず、からだの向きだけ変えれば
その問題自体 存在しなくなる可能性すら、ある訳です。

自分はカラダを廻していても
それに伴う不可抗力で、自然になるコトは別にして
クラブの慣性をフリーにしなければ
多くのことは 自分の管理下 です。
動作は概ね管理し易くなり、
それに伴う遠心力、重力、慣性などの不可抗力も
同時に一定になり易く、規則性も持たせ易くなります。
円弧5

しかし、打撃のかなり前、
ダウンスイング、ダウンスイング中盤に
クラブの慣性をフリーにしてしまえば
その重さの管理、保持に
 運動のすべての意識が行くほどの量、大きさ です。
クラブや腕を固定、半固定にして
 カラダの向きを変える、回転するのと比べると
当然、円弧は膨らみ、腕もより一層、体から離れようとします
 △それに伴う スイングの悩み 少なくなさそうですね。


この ヘッドを振る、クラブを振る、
 打撃よりも早い段階にクラブの慣性をフリーにする は
ゴルフスイングの動作の悩み に大きく関与しています。
殆どの…は大袈裟ですが、
 そう振ったら そうならざるを得ない…コトを治そう
治せないことを治そうとしている は言い過ぎですが、
まずは 一個目のボタンをかけ直すコトが大切かと思います。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

インパクトは体の正面で! と言う意識は皆無です。 逆にそうしないような意識の方が強いです。

どんどん からだを廻す、左を向く、  足を主体に、腰、肩の遅れを作らないよう  切り返したら 一気に左を向く。 その意識の方が インパクトを体の正面で、を作り易い です。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋スイングの視覚的誤解、錯覚の一番のトコロ は
 「クラブを振るコト、ヘッドを振るコト」 でしょう。 
 △ヘッドの運動慣性をフリーするコト
 △からだの回転とは違うシャフト・クラブの角角度運動


現代も含め 歴代の多くの名ストライカー は ほぼ例外なく
 ボールを打つまでは 「クラブ、ヘッドを振りません」
 ㊟…ボールを打つまでは、ですよ。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)


ゴルファーのとっては 当たり前 なのですが、
ゴルフでボールを打つためのゴルフクラブは
 先端に特化した重さが備わった1ⅿの長い棒 です。
これを 成人男性であれば 時速100キロ越え で 振る訳です。
若いプロのハードヒッターであれば その時速は200繕瓩い任后

 既に無視しちゃってる と言うか、忘れてしまっている と言うか
 実はとても危険なモノなのです。

ですので この棒(ゴルフクラブ)を放り投げてしまうのも危険ですが、
上手に収めないと 自分にも危険が及びます。
放り投げないが故に、自分の体にも危険がある訳です。

初心者や女性が速く振れない のは
✋その危険なモノの収め方がわからない、
✋身に付いていない、
✋本能的なその怖さを乗り越えられない、
✋クラブの慣性で持ったままでいられない、

 と言う可能性があるのです。

スイング動作も終わりに近づき フィニッシュが来るのですが、
300gの鉄の塊が先端に付いた 1ⅿある長い棒、
それが 最大時速100キロとか150舛箸で動く…
それを、安全に終わらせる必要がある訳 です。
が故に、インパクトを迎えた後、打撃そのものが終わった後、
放り投げない範囲で その慣性(特にヘッドの重さ)をフリー にします。
 行為で言うと ヘッドを振る、クラブを振る です。
 クラブを回転させ 減速時間が稼ぐ と言えば良いでしょうか。

それは 打撃行為ソノモノ ではありません。

ジェットコースターの 下り坂 のそのスピードを
落とさせる為の 上り坂 のようなモノ、
100m走で ゴールしてからも 急に止まらず、
軽く流して 減速し止まる ようなモノ、です。

漠然とゴルフスイングを見ると
 その打撃のおまけ(必要なモノなので オマケ とは呼びきれませんが)
 打撃のおまけ の クラブを振る動きは
 打撃までの動きとシームレス(継ぎ目なし)で行われています。

スイング全体が からだの向きを変える 円さばき なので
 その円の中に 自然に溶け込んでいる クラブの減速時間
 繰り返しますが、それは打撃行為そのもの、
 打撃(インパクト)までに必要なモノではありません。



そういう目で 一度、いろいろなスイングを見てみて下さい。
 スローでないと判別は難しいかも知れませんが、
 いいスイングだなぁ、いい球だなぁ に見えるモノは
 打撃(インパクト)までは、
 打撃間際まで クラブをフリーに、ヘッドをフリーにしてはいません。

 必ず 当たり終わってからで、
 アプローチのような 運動速度、移動速度が高くない、
 クラブの減速時間の必要の少ないものは
 最後まではフリーにしない場合も多くあります。
達人のココから盗め_Moment(2)

一方、アマチュアの、あああ 悩んでるんだなぁ…
 まだ スイングが掴めないんだなぁ… と言うスイングは
 そのスイングの、打撃のオマケ の部分を主軸にして
 ボールを打とうとしているのが 結構、はっきり分かります


プロのスイング
(真似をすればいい訳じゃあ ないですが…)
 のインパクトまでの弧が小さく、打ってからが大きく
アマチュアのスイングは
 インパクトまでの弧が大きく、打ってから小さい、
 フォローが出ない、フォローで手が伸びない

というのは 打撃のオマケ が 打撃のオマケ なのか、
それとも その打撃のオマケ で ボールを打とうとしているか
のイメージ、というか ゴルフスイングの概念の違い なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


そこらへんが ゴルフがメンタルのゲーム
 と呼ばれる所以かも知れません。

飛ばしたい とか、
乗せたい とか、
寄せたい とか、
入れたい という目で見える、結果のある欲求は
向上心に転化させることが可能ですが、
力みたい、チカラを入れたい、頑張りたい
という 目に見えない、
場合によっては自分でも無意識な欲求は難物です。

小堀20213_Moment(2)


ヘッドを振ろう、クラブを振ろう
(👉からだを廻せ)
ヘッドをより速く動かそう
(👉からだを速く廻せ)
スイングの弧を大きくしよう
(👉手で振るから円弧が小さい)
これらの行為は
自分の 足とお尻によるからだの向きに対し、
より不必要な重さ(負荷)を生み出し、遅れを生み、
クラブがからだの回転の流れから離脱することになります。

本来は からだの回転で打っている筈 ですが、
それで打てる時期は過ぎ去ってしまっていたり、
寝かしたり 遅れた状態 では ボールが打てなかったり、
それらのコトをするのには からだの回転を止め、
もしくは それから離脱して 手さばきしないと
ボールが打てない、当たらない、飛ばない、
必然性から 手打ちは生まれます

🔴手で打たないと、フェースを返さないと、ヘッドを振らないと
打てない、当たらない、飛ばない から 『手を使う』
🔴手を使うためには からだを止める必要がある
という 手打ちの負のスパイラルに陥る訳です。

(リリースとからだの向きの変更_Moment(2)


足を使った骨盤に対し 肩が遅れれば
胴体の中ほど(主に背中でしょうね) が力みます。
クラブがねれば 右腕を含めた、右サイド に重さがかかり
右腕 右サイドは 力みます。
それが スイングの、打撃の実感の人は大変多く
足/お尻を使った シンプルなからだの回転で
 直にボールを打つ感覚は それをすべて取り去ってしまうので
欲求が満たされないのでしょう。
 😢そこは誰にも助けられません。


それが こすり打ちの人が つかまえ に移行する最大の障害です。
それを乗り越えられれば  技術的には難しくない、
むしろ からだの向きを変えるだけ で打つので
拍子抜けするほど する事が無くなります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


コレ なんかも本当にそうですねー
その距離を打つ エネルギー、カロリーの源は
この足さばき、
お尻も含めた 足の動きによって造られています。



ゴルフをしている人が
プロや自分、他の人のスイングを見る場合、
なにか 特別な自分のテーマがなければ
どうしても たくさん動くところ
 ヘッドの姿勢や軌道、クラブ、腕周りに目が行きます。 

ジャンボのこの練習も
肘のリリースとか フェース面の作り方 とか、
フォローの出し方 とかに目がいきがち ですが、
私たち オジサンおばさんゴルファーが
少ない反復練習(刷り込み)
運動不足(気味)    
…私の体を思い浮かべないように…
衰える感覚、
持続力、持久力、耐久力の衰え の中で
飛ばし と 安定
距離とスコアを両立するには
足使いでボールを打つコトを覚えるのがおススメです。
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

右腕が伸びる リリースしているような動き がありますが、
基本は 回転によってかかる 遠心力を使って伸ばされている
その伸ばし方やその方向は、
ジャンボが打ちたい球質 や 現在、取り組んでいるコト
などによって 我々には計り知ることは出来ません。

右腕の伸ばし が 球を打つ、飛ばす、源ではなく、
足による 回転の力を
 どういう入射やヘッド姿勢によって 
 どういう球質や距離に変えるか が腕の役割 です。



倉本プロもそうですが、
 緊張した場面、胃の痛くなるようなピンチの場面 で
 安定して動かすことの出来るのは足 だと思います。

全員ではありませんが、
 クラブに近いトコロ(からだの箇所) で
 クラブを動かす、動かし始める人は
イップスになりガチ で、
故に 足で動かすことの出来ないパターは
名手でもイップスになったりする訳です。

✋深い意味はないかも知れませんが、
 お二人とも ワッグル時、
 クラブは動かさず ずっと足動かしてますよね。
 それに比べ アマチュアゴルファーは
 ワッグル時、クラブばかり動かしているような…。
 そこにも表れるのかな…



自分やプロなど他の方のスイング を見る時、
漠然と見て
頭からつま先、クラブまで
 一律に動いているか、
局所的、特にクラブを含めた クラブに近いトコロ
 と下、へそから下の動きに
つながりの動き、同じ速度感で振っているか、打っているか、
を見てみて下さい。

今は回転が上の方、肩だけ 見たいのが多いですが
足場が乱れない程度、回転の重心が低い、
全体が動いている方が、動いているモノが大きく、
かつ 一つのユニットになる形の方が
より アマチュア向きだと思います。
ゴルフクラブは 角度 が鍵になる用具です。
重さや速度などのエネルギーが
 いろいろな角度によって 距離や方向、球質などを
 作り出していく訳で
それをゲームの中で 一定して、思惑通りにするには
  全部が一律の動き方をした方が良いと思います。

勿論、場面によっては 足が使い難いトコロもあります、
それはイコール 何でからだを廻しても同じ
カラダを廻し難い状況だというコトです。
ちゃんと 回転というコトに脚を使っている人に
 アプローチを苦手!としている人は少ない気がします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



高橋賢選手 5/6〜 JGTOプレイヤーズチャンピオンシップ出場

大会名称
JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品
開催回数
第1回
開催期間
2021年05月06日〜05月09日
開催コース
西那須野カントリー倶楽部
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問】
元々ドライバーは得意ではないのですが、
よく言われる「野球振り」抜けず、悩みます。
ドライバーショットの、
  なにかコツみたいなものはないでしょうか


スイング集 Patty_Moment



(。◕ˇдˇ​◕。)/
全ゴルファー共通のコツがあったら
きっと 日向子ちゃんも知りたい と思っているでしょう(^_-)-☆

ゴルファーには
 野球出身者や野球経験者が少なくないか、と思います。

野球のバッティングとゴルフスイングが
 どう違って、どう同じか はいろいろあり過ぎて
割愛させて頂きますが、決定的に違うコトがあります。
それは 技術的なコトではなく、物理的なモノ です。

👉それはヒッティングポイントの違いです。
show_img2021-04-17_15










ゴルフのヒッティングポイントは個人差はあっても
体の中、からだの幅の中です。
 野球だと体が開いている場合、
 より一層 HPは前気味になりますが、
ゴルフの場合、その逆で より中になります。
yjimage4NR1MAL3hirakidohiraki







1ⅿとは言いませんが 50センチ以上は中、
野球に例えると 差し込まれたような状態 が
 ゴルフのヒッティングポイント です。

ですので 野球のホームランバッターのように
引っ張ってホームランを打つ、
ゴルフで言うと 利き腕で叩く ような打撃では
より一層 ボールに差し込まれた状態になります。

野球でそのヒッティングポイントが該当する
となると 流し打ち に近いの…でしょうか…



ですので まずは自分のインパクト姿勢をイメージし、
その 腕とクラブの関係をトップで形成、固定(半固定)し
あとは 足を中心にからだを廻すだけ‼

足を動かして グリップを移動させるだけ、位に考えて
打ってみたら、振ってみたら 如何でしょうか❓






打った後のリリースはしてもいいと思いますが、
からだの回転に対し、腕やクラブが遅れると
からだの回転に対し、肩の廻りが遅れます。

>>からだの向きに対し 打ち遅れが発生します

その遅れを作らないようにすることが 利き腕、
腕やクラブの重さを支えているのが右手の叩き で
右打ちの人ならば 右腕、右手 で
野球のそれが そうするのかどうか、は分かりませんが、
俗に言う 利き腕で叩く、利き腕で巻き込む動きを
強調すると 差し込まれたボールの位置 なのですから
妙な姿勢でからだを開かざるを得ません。

腕で振るにしても、からだの回転で振るにしても
野球のヒッティングポイントと
ゴルフのヒッティングポイントでは
円弧にして 90度近くもズレたところ、
野球のHPの何割も、大袈裟には半分 円が少ないのです。


これは あくまでも イメージに過ぎませんが、
野球のように からだを開いてから 打つのを
 左サイドを軸点にして 右サイドを回転させる とすると
その逆の、トップの位置の右サイドを軸点にして
 左サイドを回転させる ような 感じはどうでしょう❓ 
続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

大会名称
JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品
開催回数
第1回
開催期間
2021年05月06日〜05月09日
開催コース
西那須野カントリー倶楽部



日本ゴルフツアー機構 - JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品 | トーナメントトップ (jgto.org)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック






ホーム | ハミングバードスポルテ カスタムメイドゴルフクラブショップ (hummingbirdsporte.com)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ