◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店長「スイングの謎のヒトツ だと思うんですが、
 よく ハンドファーストにしろ って言われる。

 でも ハンドファーストにすると スライスになっちゃう。」

質問「あるある ですね。」
スクリーンショット 2023-08-11 140458
店長「スイングは溜めを作れ と言われる。

 でも 溜めを造ろうとすると スライスになっちゃう。
 溜めって『一般的には』 遅れと近似値だから。

 コレも同じだと思います。

 ハミングバードでも ヘッドは引き摺れ って言う、
 ヘッドの重さによる負荷は そのまま。
 それを無理やり解消しようとしない方がイイよ✋ って。

 どれもこれもが ヘッドの遅れ につながる話し、
 だと思うんですけど、ヘッドの遅れは
 ヘッドの移動が ヨコ主体だと
 ヘッドは重心位置って言って ヘッドの重量の中心点(重心)が
 握っている、動かそうとしている棒の延長線上に無い為、
 ヘッドの遅れ  フェースの開き になっちゃう。
【Rさん 20210604】_Moment(2)
このまま当たったら スライス、
ロフトも開いているからこすりも入る。

閉じないと ボールがまともに飛ばないよね。」

質問「ですです。初心者の殻を破る
 が その関所かも知れないです。」


店長「本当は ロフトが締まる、
 ヘッドが地面と平行よりも 上気味、
 上から入ってくる分、ロフトが『見た目上』立たないと
 その クラブのロフトが活かされない。
 これを こする コトを指すんだけど、
 結果、として シャフト(グリップ側)が前に倒れた分、
 ハンドファーストになってる分 と ヘッドの入射角度、
 アタックアングルは近似値、相関関係があるんだけど、ね。
IMG_052493443e97







 短いクラブは その短さ分、アタックアングルがきつくなるから
 ハンドファーストのその角度もややきつめになり、
 長いクラブ、例えば ドライバーの場合、
 入射角度が緩い、ほぼ無い もしくはアッパーになるので
 見た目の上の ハンドファーストは少ない、か 無いもある。

 アイアンのバンス角度が分かり易いけど
 5番アイアンだと バンス角度は5度前後
 ウエッジだと 15前後。
 それが そのまま ハンドファースト角度につながる。
 逆に フェアウェイウッドは スクープソール、
 逆バンス角度になってる訳だよね。
 バンス有ったら 使い難いでしょう。
IMG_0624
 それだけの違いで
 ウエッジとドライバーで 何か打ち方が違う訳じゃない。

 コレを つかまえる って言うんだけど  ね。

😵😵でも 一般的な 酒飲み話での ゴルフスイングは
 フェースが開いてる〜閉じてる が つかまえる。

 そこに フェースの閉じ/開き って言う 不要 なモノが
 入ると その角度は ロフトとは立体的に90度違うようなモノだし、
 動かし方、造り方もまるっきり違う。

 ロフトは からだごとクラブが動いているけど、
 フェースの閉じ開きって フェースって言うか
 シャフトが軸回転じゃないけど 廻っているのだから
 混乱するし、全く違うモノ なんだ。

 そりゃ ハンドファースト = ヘッドの開き  で
 フェースターンでボールを『代替え的に』つかまえるしか無い。
 
 ヘッドの遅れ〜ヘッドの重さの引き摺りを
 ヨコ気味じゃなくて タテ気味にすれば

 その遅れは ロフトの立ち、ヘッドの入射になり易いから
 クラブを廻す、ヘッドを回転させる は無用。

 入射角度とハンドファースト角度は 自動的に似てくる。
F5sjEuZbUAACM4a

 ヘッドの遅れ👉👉👉フェースの開きとロフトの立ち は

 二つは 水と油の関係だから 永遠に平行線のまま。

 ソコの思い違いによる到達点は かなり大きく分かれるちゃう。

 ゴルフスイングに関する頭の中身を一度 漂白したい位。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングに個性の部分でも
 アップライト…軌道が垂直寄り
 フラット…軌道が水平寄り
、ってあると思うんですが…。」

質問「縦振り、横振りって奴ですか❓」

店長「う〜ん、ゴルフスイングで言うトコロの
 縦振りとか、横振りって定義が曖昧過ぎて
 そうなのか、そうじゃないのか 返答がし難いですが。

 個性もあるから 良い悪い とは言えないですけど
 その 軌道の傾き加減って
 かなり フェースターン、手の返しに左右される と
 思うんですね。 

 勿論、強いショットのスイングって
 打った後、インパクト前後から
 からだの動きは収束、終わりに向けて 減速に入るので
 そう言う意味では 打った以降、
 俗に言う、ヘッドがグリップを追い越す ってのは
 有りますけれど…。 何度も言ってますが
 それソノモノは 打撃と言うよりも
 打撃のおまけに近い、打撃の慣性に近い部分です。

大森2019_Slomo_Moment(2)フェースターンをしない、少ない人であっても
フォロー側で予測、予想以上にフラット気味に
なってしまうのは ある程度は仕方がない。

でも、その ヘッドターンを ショットのメインパーツ、
打撃ソノモノにしていると
どうしても スイング軌道は フラットめ、
フォロー側だと 本当に地面と水平に振るような
 感じになってしまいます。

 ヘッドターンが強め、ヘッドターンが打撃のメインの人は
 スイング軌道をアップライト気味、特にフォロー側ですが、
 する事はかなり難しいと思うんですね。」

質問「でしょう〜ね〜。」

店長「スイングって 覚えていく過程、
 割と初期段階ですけれど、アップライトとか、フラットとか、
 スイングの軌道から作るコトって少ないと思うんですね。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
やっぱり ボールのとらえ方、

別な言い方をすると 『スライス防止』 みたいな部分から
スイングって造られ易い と思うんです。

 フェースターンも ボールのとらえ方、
 ✊本当は ロフトの作り方 の 縦の問題なんですけど
 フェースターンって言う ヘッドの回転、横の問題 に
 辿り着いちゃうんですね。
 その フェースターンのカードの裏は
 ロフト を 閉じてる んで、そっちがスライス防止 に
 なってるって 気付けないですから…。

 そう言う意味では
 ヘッドターンを縦にする感じを覚えてみる
 って言うのは 有効だと思います。」

質問「なるほど。」
【比較映像】頑張れ Rさん_Moment(5)

店長「スライス防止 の時期と重なるように
 ゴルフスイングはからだの回転、回転 って
 言われますから、腕もクラブも からだの回転なりに
 同じ角度で、自分のからだにとっての『横』
 振るのが正解⁈ って繋がるんじゃないですかね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



Ⓡさんは 頭ではフェースターンは要らない って
分かっていると思うんですが、
フェースターンが要らない・必要がない のは
からだの向きで『クラブがターン』するから✊であって
からだの向きで『クラブがターンしなければ
フェースターンしないと ロブショットみたいな
くぐり抜けになってしまう。
(ダウンスイング比較 きっと参考になると思います_Moment
ゴルフクラブの構造、長い棒の先に極端な重さがあるもの、
それが移動の速度で より重くなって
グリップを支点として『円運動』ではなく
ヘッドの重さ分、引きずってくるような『円状の移動』になります。

コレって どちらが鶏で、どちらが卵か、微妙ですが、
グリップを支点に『円運動』をさせてしまうと
グリップの移動が損なわれてしまうので
ヘッドの移動 と からだの向きの変更が分離してしまう。
002
分離してしまうから、フェースターンが必要…なのかも…。

ヨコ回転のフェースターンって
グリップの移動が邪魔になるので、
左サイドが止まったりして グリップの移動を止める、
のも有るんですが、
クラブが(腕も含めて) 出来るだけ大きな弧、
ヘッドが大外を通ってこないと出来ません。
ヘッドの道のりが すごく長く なるんです。
e00bf7e6
ヘッドの道のりが長く、円弧が早い段階で大きくなり過ぎる
と 当然ですが ヘッドは重くなり過ぎ、
クラブ全体の進行、グリップの進行を妨げ
クラブの 重心位置の存在が フェースを開かせます。
結果、フェースターンは必須 となります。


そこで なんですけれど
あくまでもイメージで やり過ぎもダメ ですが、
フェースを縦にターンさせてみるのは如何でしょうか❓

ターンとは言っても 『円運動』ではなく
円状の移動』ですので 緩やかなターンです。

フェースを縦にターンさせるには
ダウンスイングのどこか で フェースが地面、
下向きになっていないと出来ません。
ダウンスイングで フェースを空を向いていたら
縦のフェースターンは不可能です。
運動の前にある部分が進んでいないと
フェースは下を向きません。

フェースが下向きになるには
運動の前にある箇所
右打ちの人であれば 左腕がからだの回転で低くなるか、
左腕単体(上腕)が下がるか、
そのいずれかだと思いますが、
左腕、左上腕が下がるか、左グリップが下がってくれれば
道のりは必ず自分のからだに近いトコロ、
小さな円になるので からだの向きに同期し易い。
そうすれば クラブがからだの向きでターンしますので
フェースの横ターンは必要なくなります。
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m1s〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m4s






スイングするのが『透明人間』だとして
結果、として フェースには横ターンは『有ります』が
それは クラブがターンするから、であり、
クラブを持った人間がからだの向きを変えるからで、
そのターンは シャフト軸、ネックを中心に
クルンと廻るようなモノでなく、
ゆるやかな 『円状の移動』によるモノです。
自分の意志で 腕さばきで横ターンをさせてしまうと
その クラブ単体の横ターンは
仕事として からだの回転、向きの変更を
要らなくしてしまう可能性がとても高いのでは、
と思います。
〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m8s〇こういうイメージもありかも? - frame at 0m10s






であるのならば、フェースの縦ターンをさせると
そこには フェースの横ターン がありませんから
クラブをまるごと、からだの向きでターンさせないと
上手く打てないのでは、と考えます。

今回は 中和するという目的もありますが、
フェースのターンは 緩やかなる『縦』に
トライして見るのも一考と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


005店長「クラブの長さ と ヘッドの重さの関係
知識として 知っておいた方が良いです。
コース、ラウンドで 結構、便利かも、です。」

質問「コースで❓ ですか❓」

店長「はい。

 例えば、ですが、
 ラフからショットを打つとしましょう。

 打つ距離やラフの状態などによっても
 異なりますが、 兎も角、前進、
 ロングホールとか、長いミドルホールで
 ティーショットを曲げちゃって ラフに。。。
 グリーンまでは まだ、たっぷりあって
 もう一回 ドライバーを打たないと、位の残り。

 そんなシチュエーションで
 フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、
 ラフに有効なのは 勿論、アイアン です。

 これは単純に その3種の中で
 ヘッド重量が一番重たくなりますから
 『ラフ』のような ボール以外の負荷がかかるのに強い
090804_01090726_01








 ヘッドの重さは そのまま慣性モーメントにつながります。
 ヘッドの 慣性モーメント はミスに対する寛容性、
 スウィートエリアの広さ と言うイメージが強いですが、
 慣性モーメントのその言葉通り、
 運動を持続しようとするチカラ、
 姿勢を保とうとするチカラ、が強いという事です。
 ラフに喰われても ヘッド重量があれば
 当たる、打てる、ではなく 打ち抜ける可能性があがります。
 ラフの芝草具合と相談ではありますが、
 夏なんかの深いラフであれば 出来るだけ重いモノ、
 イコール ロフトの大きいモノ ですが、
 ロフトは大きくなり過ぎるとシビア になりますから
 (打点の上下にシビアです)
 9番とかピッチングが良いかも、ですね。

 また、当然ですが、アイアンは一番短いので
 FW、UT、に比べると 入射角度が取り易い ですから
 長いモノより ボールへのコンタクトが固いです。

 ラフの深さや打ちたい距離にもよりますけれど
 安全最優先ならば ヘッドの重いモノ、重いモノ 
 選ぶと良いと思います。


 逆に フェアウェイバンカーで
 とても良い状況・ライであったら
 前の「あご」の高さや打つ距離にもよりますけれど
 アイアンよりも ソールの幅の有るクラブ、
 FW、UT、は有効です。
 9番とか、11番のショートウッドとか良いですね😃

 クラブの長さが長いですから
 入射が緩く、ソールがあるから ダフリにも強い。
 足場が緩い場合もありますから
 無難に ユーティリティなのかも知れません.
2388c2a5
 長さとヘッドの重さにアンマリ関係ないですけど
 ガードバンカー、グリーン周りのバンカーは
 意外ですけど P/S の方が良かったり しますよ。
 ハミングバードのモノであれば
 ヘッド重量もしっかりあります(360g以上)し
 バンス角度、バンス幅ともに 十分あります。

 グリーン周りのバンカーでありがち なのが
 出るは出たけど 距離足らず…
 PSなら SWと同じ使い方で
 ◆銑3笋蠢し程度の距離が期待できます。

 ロフトの大きなクラブ ってシビアですからね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「短尺…にするのも、自分のスイングタイプ、ショットのデータなどを
 見て決めた方が良いですけれど、 長尺 もそれと同じです。

 何度も言っていますが、
 ゴルフクラブは 長さが変わると
 クラブ全体の慣性…動かした時の重さ感 の為
 その長さが増した分、『ヘッド重量は減ります。』
ヘッド遅れ〜グリップ遅れさせず_Moment
 例えば…ですが、
 ものすごく物騒な話ですが、
 ヘッドのついていないシャフトとグリップ、
 ヘッドが付いているよりも 速く振れますが、
 それで 人を叩いて 殺すことは出来ないでしょう。
 突き刺す…なら 別ですけれど…。
 でも、ヘッドが付いていれば 振る速度は遅くなりますが、
 当たりドコロによっては かなり危ない。

 クラブが長くなって 例え、速度が『多少』高くなったとしても
 ヘッドの重量が落ちていますから 総合的な破壊力は
 あまり変化していないんです。
 クラブの中で一番長い ドライバーそのものに
 『ロフト角度』は別として 破壊力が一番有ったら、
 振り難くて、扱い辛くて 仕方がない
でしょう。

 ドライバーが一番飛ぶのは 一番少ないロフトでも
 使える工夫、クラブの長さによるアタックアングルであったり
 長さによる速度 や ティーアップがあるから で
 ポイントになるのは 『ロフト角度』です。

 そして ボールの上がりや回転、速度に影響を及ぼす
 『ロフト角度』は 物的なヘッドのロフト角度 だけでなく
 そのヘッドのボールに入ってくる 入射角度、アタックアングル
 含まれています。
ドライバー入射角度
 製品の物理的なロフト角度 と ヘッドのアタックアングル
 ボールの及ぼす影響は 半々、
 物理的な角度が 及ぼす影響は 半分に過ぎません。

✅ロフトが小さくなると
 ボールの速度は増え 打ち出し角度は減り、回転は減ります
✅ロフトが大きくなると
 ボールの速度は減り、打ち出し角度は増え、回転は増えます
〇ドライバーの場合、進入角度は良いトコロ レベル位で
 ダウンには入ってきにくいですから
 アッパーの度合いが変わると思います。
✅アッパーの度合いが減ると
 ボールの速度は増し、打ち出し角度は減り、回転数は増えます
✅アッパーの度合いが増えると
 ボールの速度は減り、打ち出し角度は増え、回転数は減ります

 この二つの組み合わせは思っている以上に複雑で
 本当に その人その人によって 結果が異なって来ます。
Desktop 2020.09.03 - 15.33.57.01_Moment
 なんだか 性質の悪い冗談の様ですが
 長尺で 距離の効果が高い のは
 元々、ヘッドスピード高めの人…距離に悩んでいない人で、
 飛距離アップを悩んでいる人には
 長尺の恩恵は多くありません。



 逆に ヘッドスピードの余り高くない人には
 44インチなどの 短尺効果 の方が恩恵は多く、
 また 扱い易さによるショットの安定、方向の安定 が
 自信や安心感を生み 気持ちよく振れる
👉飛距離が伸びる という二次効果も期待できます。
445TL-5-1
構えやボールの位置なども フェアウェイウッドやアイアンなどと
近づいてきますから 悩みの複雑化を避けられます。


 あまり短くし過ぎるのは ロフト角度を増やす方向で
 考えなくてはいけなくなりますが、
 11〜12.0度位のロフトで済む長さ
 であれば ミスをしても ロフトが助けてくれます。
 どんなロフト角度が良いかも 人それぞれですが、
 大きめのロフトで打つ安心感もあるでしょう。

 ドライバーに悩んだら 短尺「気味」なモノ
 考えても良いかも知れないですよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「クラブ、主にドライバーなんですが
 長い方が飛ぶ んですか❓」


店長「コレって ちょっとややこしいかも 知れないんですが、
 スイング造りにも役に立つので
 理解しておいた方が良いと思うんですが

 長くなると ヘッドスピードが上がる から 飛ぶ
 は 半分合っていて、半分間違っています


質問「へ⁈😧」

店長「ドライバーとして 44インチから46インチ に変えても
 上がるヘッドスピードは ㎳ あるか ないか です。
 元々のヘッドスピードが 45㎳を超えるような人でない限り
 ㎳上がる可能性は殆どありません。 

 ヘッドスピード ㎳上がった仮定し、
 似たような弾道・球筋で 伸びる距離は ゥ筺璽描宛紂
 ヤード伸びるようなコトはありません。
〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
 分かると思いますが、44inから46インチにすれば
 扱い難くなりますし、ミスヒットしてしまう可能性も
 間違いなく高くなります。

 仮に㎳上がったとして 5ヤード伸びる としても
 それは 最高に当たった時で
 44インチに比べ46インチのクラブは
 それが出る確率も下がりますし、たま〜に出る
 最高飛距離は伸びても、平均飛距離は下がる😵
 と考えても 間違いないと思います。

 ゴルフクラブの長さは
 ロフトとの関係で言っても
 少ないロフト にして行った時に距離の効果 を発揮します。
 44インチを46インチにした時に
 同じロフトでは 距離アップは望めないのです。
 41インチのフェアウェイウッドが 24° で
 43インチのそれが 15° なのと同じ関係で
 24°のモノを 43インチにした時、
 ヘッドスピードは上がったとしても ボールがより高くなり、
 飛距離はほぼ変わらなくなります。
 
 2インチ長くするドライバーを
 5°も 10°も ロフトを少なくするのは非現実的ですが
  覦未魯蹈侫箸鮠なくしても使える状態で無いと
 2インチ長尺にした意味は出ません。

 で、今回の本題なのですが、
 長尺にすると 誤差程度ですが、ヘッドスピードが上がります。
 それよりも 大きな点は 長くなったことによる
 ヘッドのボールに対する『入射角度が変わる』コト です。

 ドライバーの場合、ティーアップして
 ボールを前め(右打ちの左め)に置いている分、
 ヘッドのアタックアングルは 意識的では無いにしても
 すこし『アッパー気味』になります。
2023-08-03_23-28-22 - frame at 0m20s
 長尺にすると その『アッパー度合い』が増します。

理屈で言うと より『高打ち出し/低スピン』になるのですが、
ヘッドスピードの基本値が高くない オジサンおばさんゴルファーには
 その 低スピンが あまりに低い数値になり過ぎて
 『浮力不足〜失速を生む』可能性が思いのほか高く
 長尺にしたが故に より 飛ばなくなる というコトが
 意外にも少なくありません。

 
 そして だいたいの場合、長くなるコトによる
 アイアンとの 感覚的な、概念的な 差も広がりますので
 スイングにも迷いを生みだし易く、混乱し易くなります。

 正直、長尺にあまり良いトコロは多くないんです。

 ヒトにもよりますが、
 短尺気味にした方が 理想的な入射角度になって
 飛距離アップした と言うケースも同じようにあります。

 緩めの アタックアングルの人 には
 短尺の方が有効だったりするんです。


 まあ 短尺と言っても 42インチ以下 とかは
 通常の ドライバーのロフト角度では
 ボールが浮かせるのに苦労するので ダメですけど
 43.0〜44.0辺りであれば 行ける人も多いと思います。
 断然、扱いやすいですしね😃

 ちなみに 手で振るタイプの人 は
 緩めの、ドライバーで言うとアッパーがきつめ に
 なる人が多い… 
VTS02 2022_Moment(3)
 ドライバーでアッパーがきつくなると
 ボールの縦回転が減ります。

 ボールの曲がりは 分数の ボールの横回転 / 縦回転
 分母が小さくなるので 曲がりが表に出易い。
 それが 長尺になると より小さくなる…

 😵長尺が苦手な原因になります😵」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


股関節を稼働させる
前傾姿勢を意識する
この二つを強く意識すると
テークアウェイで 右を向くのでなく
ボール側、前側に倒れてしまう人が
居ると思いますが、
これらは 理想的にはオマケで付いてきて欲しいコトで
本来の目的は
素早くからだを廻すため
 骨盤を、秀二を右に向けるコト
』です。
〇見かた117
50歳を越えたような年齢では
前傾姿勢が深いのは大変です。
前傾姿勢は『あれば』良いです。

a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2極端ですが、
骨盤と大腿骨が真っ直ぐ(前傾無し)だと180°ですが
179°よりも有れば 良いので
その基本姿勢になる アドレスは
出来るだけ 立った姿勢に近い
靴の上に 体重が全部収まるようなモノが 楽 です。


左の足が 左股関節を右股関節の下に潜り込ませる、
すると 右股関節は背後(アドレス時の背後、ボールから離れる方)
後ろに逃げるのですが、それでは前により深く倒れてしまうのを
予防する為に 右肩なり、右肘は背後に やや高めに
引いて置く 連動する動作が要ると思います。
右手のリリース感とからだの向き - frame at 0m9s

Ⓡさんもそうかな、と思いますが、

〇クラブがない、クラブを持っていない 時は出来る、
 しかし
 ×クラブを持つ と出来ない

というのが このケースだけでなく
ものすごく 多くあると思います。
スイング改造 が 上手く行かないケース の代表例です。


それは この場合であれば
股関節や肩も 右打ちのテークアウェイ、
右向きの場合であれば
前傾姿勢だけでなく それ以上の意識で
右の股関節や右肩が 左の股関節や左肩よりも
上げる、もしくは 高くする、
左側を潜り込ませるか、
右側は引き上げるか、 そのいずれかになると思いますが、
 
 クラブを 持ってしまう、動かしてしまうと

そのクラブの重さ・負荷によって その姿勢を
スクリーンショット 2023-09-21 231606 『させて貰えない』
自分の動きたい、なりたい姿勢、
動作としての 自分のからだ と
自分の『動かしたいクラブ』に
 ギャップがあるから、です。


この場合ですと 自分のからだとして
右を高く、左を低くしたい と思っているのに
テークアウェイ、おそらく その初期段階で
ヘッドやシャフトを振ってしまうので
クラブが背後に倒れ気味になり、
その重さが 右にかかります。
そうなれば 右肩は高くし辛い です。
テークアウェイで クラブを振ってしまうと
その慣性や重さによって 莽咾楼っ張られますので
それに釣られ、左股関節も上がり易くなる。

スイングが変わって行かない
 大きな理由として やりたい動き、姿勢があるのに
それとは別の からだに染み込まれた クラブの動かし方
が ぶつかってしまうから です。


クラブの構造を考えると
長くて 先端に重さがあり、
それを速く、大きく動かせば かなりの重さになります。
そのヘッドに頭をぶつければ 陥没してしまうほど です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
その重さ と 自分のなりたい姿勢、行きたいトコロが
バッティングしてしまう、 のですから
その逆で考えれば良いのです。

クラブの重さで その自分の成りたい姿勢、
行きたいトコロに誘われるようにする、
と考えれば 自分の行きたい方向とクラブの行きたい方向が
近づいてい行きます。
クラブの重さを『利用する』はそういうコトだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


   回転は
『股関節‼』 には
 結構、はっきりした理由があります✊


ゴルフスイングは それが手打ちであったとしても
 ちゃんと からだの向き・からだの回転で打つとしても
どちらにも 前傾姿勢 というのが存在し、
出来れば それが『保たれるコト』を目指したい。 
〇見かた山下
前傾姿勢は 回転する、という
〇ヒトの造れる高速な動作 と
〇低いトコロにあるボールを打つ

を 融合させることが可能になり、
保たれた方が それを行うのは容易に、
保たれないと より複雑な補正動作 が必要になります。

そして それは出来るだけ『無意識』で維持したい。
身に着けてしまえば 習慣的に出来るようになりたい。
それを意識し過ぎてしまって
 廻ることソノモノが阻害されては本末転倒です。

〇空中(立体)ズリズリ - frame at 0m35s
その 前傾姿勢 は 言葉のニュアンスや
ゴルフのアドレスから醸し出されるニュアンスは
胴体の上の方、胸や背中の辺りの 『前への傾き』
のニュアンスを非常に強く含んでいますが、
       実際には 股関節 です

大腿骨 に対する 骨盤の前への傾き が
 ゴルフにおける前傾姿勢で
骨盤より上の 背中や腰、頭などの 前への傾きは
『前傾姿勢』そのものではありません

からだの回転と その『股関節』にしておくと
そうでないモノより 前傾姿勢は保ち易くなります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
俗に言う 『腰で回る』 は
だいたい お尻の上の辺りを廻すコト 
 を指すのだと思いますが、
ソコを主体に廻そうとしてしまうと
股関節の前傾姿勢、大腿骨と骨盤の傾き差は
消えてしまい易くなります。
 そう言う動作です。


kokannsetu


🚩ゴルフスイングの『股関節を稼働させるには
 ✋✋一点注意する部分があります。

他のスポーツでも

 『股関節は稼働させる』モノが 沢山あります。
メジャーなトコロで言うと
 野球やテニスなどがそうですが

ゴルフの 股関節の稼働の方法 は
 それらとは少し異なります。
600px-Baseball_pitching_motion_2004






野球の投球やテニスのサーブなど テークアウェイでは

 右向き、右打ちの右向き、準備動作としての
股関節の稼働の方法は 右側の股関節が
 左側の股関節よりも『低くなります。』


左肩上がり、進行方向で言うと 前上がりの
 トップとなる訳ですが、
ゴルフのそれは その逆で
右股関節の方が 左股関節よりも『高くなります。』
左肩下がり、進行方向で言うと 前下がりの姿勢です。
〇見かた18s
野球の投球やテニスのサーブでの テークアウェイは
軸足になる 右打ちの右脚に対し、
上から被るような 準備姿勢になりますが、
ゴルフの それは 逆になります。

ゴルフでも 野球式のテークアウェイを取られる方を
見受けられます。 少なくないです。


右股関節が高くなる、
場合によっては 左股関節を右股関節の『下へ
入れるような意識が有ってもいいかも知れません。

左脚や左ひざなど 任意な箇所で良いと思いますが、
それらを使って 左股関節を右股関節の『下へ
潜り込ませようとすると 右股関節は
後ろ・背後に逃げます。 

〇動作感覚としては 右が行っても良いと思います。

右肩そのものや 右ひじを使って
右肩を高くする意識も有効でしょう。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
左肩や左股関節の方が高くなってしまう
準備姿勢、テークアウェイは前傾を失います
前傾姿勢と重視しない 準備姿勢 です。

ゴルフスイング として
『股関節を稼働させる』には その点に注意しましょう✋
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


動作として スイングをとらえる場合、
主に動かすのは 『 四肢 』 が良いと思います。
a9e5d2f8c2f4df25aaade23ead72aee2
腕で言えば 肘から肩までの上腕
脚で言えば 膝かた股関節まの大腿


左右合計ですと 4か所 になると思います。

自分の意志で積極的に動かすのは その『四肢

股関節から腕の生えている肩までの胴体部分は
それに対し 防衛本能が強く働く場所 になりますので
自然に任せ、胴体内を積極的に動かさない方が良いでしょう。

Ⓡさんの動きを見ていると
『肩を廻そう』と言う動きが
機能として腕の一部である肩部 ではなく
肩の生えた 両肩のライン・胴体部分
 を横に廻そう〜向きを変えよう とする

そう言う風に見えます。

足との連携』にはなりますが、
肩部は 肩の位置している胴体上部ではなく
機能として腕の方の 肩部 を
右打ちであれば 左肩ですね、 これを
水平ではなく 上げる✋下げるじゃなく上げる です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
 😧😧ダウンスイング、切り返しの初っ端から❓

😃😃そう。

そこで 肩部〜腕の付け根 を上げると 上腕は下がります。
下がる と言えば良いのか、低くなると言えば良いのか…

上腕を、肘を、上腕を下げる でも良いと思います。
その人、その人による感覚の違いもありますから。

その動きを 必ず 脚と連動させるよう トライしてみて下さい。
そこは そう簡単ではないかも、ですが。


胴体側、両肩を結んだ胴体の上部 ではなく
肩を上に 『縦に』回転させようとした方が
足での 骨盤上部〜胴体の回転との連携が良くなります。
あきひこ先生1あきひこ先生







腕の一部である肩部を『縦に』回しても
結果、として 水平に廻って「見える」でしょう。
腕の、肘の、グリップの下がり(低くなる)は
良くなりますので 無駄なフェースターンも減る、無くなる
可能性も高いと思うんです。


大きなからだ全体、
骨盤から上の向きを変えるのは 脚の仕事です。

肩を、腕の一部としての肩部を『縦に』動かすのは
その 向きの変化に対し、胴体の上部の遅れを作らず
それを負荷にしないため、同期させる為のモノ で
回転そのものの 主力エンジン にしない方が良いと思います。

からだの向きで グリップが移動して、
重さの有るヘッドを引き摺る のと同じように
脚を使った からだの向きを変える動きには
股関節から離れたところが 重さによる 遅れ になりガチ、
ですが、クラブは両手で持っていますので
必要以上の遅れは クラブを捻じる姿勢、開く姿勢に
つながってしまうので それを造らない為の
同時進行の 肩部の縦の動き です。
スイング集 PATTY1 - frame at 0m12s
ですので 肩部の動きと脚の動きの 連携は不可欠になります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〇見かた128〇見かた130










スイングを傍目から見た時、
円に動かして見えるのは
腕でクラブを『移動させている
両腕の交互の曲げ伸ばしで『クラブ自身を回転させている
手で振っている場合、『動かしている』とも言えますが
クラブが動いている、クラブが回転しているのではなく、

クラブを持った 自分が向きを変えています。

クラブ自身が円を描いているのではなく
 クラブ単体は動かさず、それを持った向きを変えています。

8658a3e6-se00bf7e6
それが結果、スイングを…
そう呼んで良いか微妙ですが…「円運動
おそらく 正しくは『円状の移動』をさせています。

ショットの良し悪し は
飛ばすコトも重要な、魅力的なモノではありますが、
同時に、飛ばす球の距離や方向が出来るだけ繰り返せる、
似た球を繰り返し打てるコトが大切で
ゴルフと言うゲームを考えると
その二つは出来る限り、両立したいトコロ、望みです。

それを考えると、クラブを持った『自分が』向きを変える
そうやって『円状の移動』をクラブにさせるのは
主に 足 であって、
それに対し、肩も含む 腕 は
その向きの変更、からだの回転に対し、
重さなどの負荷を受けても 大きな変化、
望ましくなり変化を生まない ように『固定』
 クラブや腕を『半ロック』するコトが役割 です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m14s
Ⓡさんの動きを見ていると
ちょうど からだに線を引いた肋骨の辺りですが、
ここから紂∀咾盍泙瓩拭‐緘梢箸両綢Α,
クラブを動かそう、円を描こう としている動きが
とても強く感じられます。

クラブを移動させるエンジンが反対な気がします。

回転する事に この腕も含めた上半身の上側 を使うのは
胴体をひねることになり易いので 大変危険です。



理想的には クラブをターン『円状の移動』をさせるのは
足を使って、骨盤の向きを変える。

からだの回転の境目 は 股関節 で

そのからだの回転に腕が遅れないよう、
からだが向きを変えた時、倒れそうな、寝てしまいそうな、
フェースが上を向いてしまいそうな重さが掛かり易いのを
からだと腕が同期しているように見える、
固定されて全体が動いているように見えるよう、
半ば 腕はまるで動かしていないように見えるよう、
 『動かしておく』必要があります。

動かしていないように見えるよう動かす って言うんですけど…

クラブの移動、動かしの主力が
 腕、上半身の上部になると
腕は廻ることに囚われてしまうので 低くなり難い です。
それが 腕やクラブの横振り、
インパクト直前の急激な降下につながっているような気がします。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



これはⓇさんに、と言う話しではなく
派生する話し…なのですが、

よく 
クラブはからだの前に✋
クラブはからだの幅の中に

 というスイング用語を耳にしますが…。


からだの回転で 腕を横に振っている限り、
この 準備運動、ラヂオ体操のように
OIP
グリップも、クラブもからだの幅から外れてしまいます。


そう考えると『クラブはからだの前に
と言う言葉は からだの回転での腕の振り方、
ヘッド・クラブをどの方向に振るのか
 を指す
スイング用語なのではないか と思います。



クラブは1mを超えるような長さ で
その先端には クラブの総重量の6割を超える鉄の塊 が
付いており、ソレでボールを打つ訳ですが、
その鉄の塊には ボールの飛び、当たり、曲がり を決める
角度が付いています。
ドライバー入射角度
からだの回転で腕を横〜水平気味、
からだの回転通りの方向に振ってしまうと
テークアウェイでも、フォローでも、行きも帰りも

クラブの慣性や遠心力によって
その源動力である からだの向きの変化 よりも
多く、大きく、道のりで言うと長く、移動します。
会田20210701_Moment
また 水平方向にとって 重さは抵抗、
負荷でしかないですから 進行方向に対する遅れ は
必ずと言ってよい程 付いてきて
その遅れは ゴルフクラブの、ヘッドの構造上
開きなどの ヘッドの回転・フェースの回転になってしまいますから
角度が鍵になるヘッドにとっては 結構、問題です。


肩を廻すイメージを持つのなら
🙄肩は『縦に廻すイメージ』の方が良いんじゃない❓
🙄ダウンスイングは 右打ちの人であれば
 先に 左腕が下がり始める から始めても良いんじゃない❓
🙄あきひこ先生が言っている『グリップのすゝめ』も
似たようなニュアンスで



 腕は水平方向ではなく、垂直に近い 縦方向に、
からだの回転で どう 縦に腕を振るか、

そういう 腕の動かし方、クラブの動かし方を
 🙄どう からだの回転で造るか❓❓


が クラブはいつもからだの前に というコト
 なんだと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


どれが Ⓡさんにヒントになり得るかは分かりませんが
とりあえず 実験してみました。 

Ⓡさんのダウンスイング 腕の振り出し
からだの回転での 腕の動かし方はとても気になります。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
からだの回転は 言葉遊び じゃありませんが、
からだの回転の為に体を廻している、向きを変えてる訳じゃない。

ボールを打つ為、ヘッドを動かす為、クラブを動かす為、
そのクラブを振る為に からだを廻してるんですが…
じゃあ そのクラブを持った腕って
からだの回転で どう『振れば…』『動かせば』良いんでしょう❓

真水平、真垂直 なんてことはないけれど
すこし 極端にやってみると…

前傾姿勢をちょっと除外して
からだの回転、水平に向きを右/左と変える
その 回転通りに 腕を、クラブを移動させてみます。

その動きの基本『源動力(回転)に対する ひきずり』で。

からだの回転に似た水平っぽく 腕やクラブを動かすと
からだの向きでは クラブが『ターン』しきれません。
グリップやヘッドの移動する距離が長く、
からだの回転で動かせるグリップの移動量だと
ヘッドがターンしきれない。
右打ちで言うと ヘッドやフェースが左を向ききりません。
2023-09-16_20-27-14 - frame at 0m59s2023-09-16_20-27-14 - frame at 1m0s







そして コレは 遅いスイング演技でのコト で
ボールを打つほどの スピードに上げると
遠心力がかかり グリップやヘッドがより大きく膨らもうとする、
より長い道のりを取るようになるので 尚更、でしょう。


また、からだの回転通りの方向に、この場合は 水平に、
クラブや腕を移動、もしくは振ろうとすると
ヘッドの重さ、その『そこに留まろう』とする重さが
よりヘッドを遅らせ、水平に動かしているので
ヘッドの開き、フェースの開きになってしまいます。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m40s
〇これでは どこかの時点で 想定外の
かなり強い『フェースのターン』が必要になり
それには からだの回転の停止、
左サイドの止まり が
不可欠になります。

そして、この 水平な腕の振り、クラブの振り には
下、地面にあるボールに届かせる、下への動きが少な過ぎます。
スピードを上げれば グリップも、ヘッドも、
浮こうとするでしょうから 余計です。
Ⓡさんの あの急激な下降はココに有りそうですし、
少し真似をして 打ってみると 非常にボールに届き難い。
ヘッドの遅れ〜シャフトのしなり が
 そのまま クラブの短さ になっているのもあります。

〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5sが、故にⓇさんが 
グリップをスプリット気味の
ベースボールグリップにしているのは
そのグリップが先で、
スイングがこうなった のではなく、
スイングが先で、
届かせる為 右手をヘッドに近い方に
と言う風に考えられます。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


久しぶりの Ⓡさん登場ですが…

なんだか 夏休みの宿題 やり残している感じがしますね。 
既に行かれたか、どうかは伺っていないですが
あきひこ先生のトコロに行かれたかも、なので
今は こうではないかも…ですが…。

🙄🙄🙄動画からご覧ください。



,泙此^貳峪呂瓩北椶砲弔点が
 なぜ『ベースボールグリップにしたのか』です。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m5s
 グリップを離す〜スプリットグリップに近い形になっていますが
 おそらく…なんですが、
 右で叩くのが大好きなⓇさんは
 それによって 左グリップが先に行く んじゃないか
 という願望の元、かな って思うんですが、
 それは ものすごく裏目に出ていて
 右での叩き、右腕の伸ばしが強すぎて
 今まで以上に 左腕の『浮き』が顕著になり、
 スローだと分かると思いますが、
 インパクト前、ダウンスイングの後半に
 極端に、そして急激に グリップ軌道が変わっています。

 それが故に インパクト以降が
 インに切り込み過ぎていますし
 急激なグリップの下がりは
 それを補うための 急激な伸び、
 空間の確保が必要になり
 かなり しゃくり気味の入り になってしまっています。

 今の状態では ボールが浮き難い だけでなく
 空中にあるボールを打つドライバーは良いかも、ですが、
 地面から 長物を打つのはかなり苦労する

 と共に 急激なグリップの下がり、その空間の確保 は
 急いで 直ぐにくぐり抜けなくてはならない ですから
 フルスピードで駆け抜けるショットは良いかも、ですが
 距離調節の必要な アプローチが上手く行き難い
 と思います。

 アドレスにも悪影響が大きいですし、
 ベースボールグリップ、ドリルなら兎も角、
 スプリットになるようなグリップは 即刻、中止✊
 する方が良いと思います。
〇Rさんの夏 2023 - frame at 0m39s
▲哀螢奪廚留洞舛ない とは言えませんが、
 二人の ダウンスイング初期での
 左腕の下がり方 は かなり極端に違います。

 Ⓡさんで無い方の方(仮称Aさん)は
 現在、ダウンスイングの初期、切り返しで
 左肩を縦に『上げる』… 下げるでは無く上げる で
 両腕を自然に低くする 〜下げると言うより下がる
 を スイングに馴染ませている途中なので
 余計にその差は大きく見えるのでしょう。

 肩周りは 縦に動かす意識を強く持って貰っています。

 Ⓡさんの場合、ダウンスイングで
 腕が下がる気配が薄く、
 からだの回転で 腕をそれと同方向、
 ヨコに、ボール方向に引っ張ってしまっているので
 インパクト直前で
 急激に下がる、右腕の伸ばしで
 左グリップを押さえ込んでいる ようにも見えます。
OIP

 バケツの水撒き の話し で言うと
 水を撒き散らかそう、広い範囲に水を撒こう、
 から始まって、途中、突然、目標に対し
 この場合は ボールの飛ばす方向では無く
 ボールに向かって 目標を取るような動きになって見えます。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s





2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m9s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m92023-07-30_23-02-59 - frame at 0m





 背筋が強いのは伺えるのですが、
 早めに グリップが、もしくは腕が低くなる動作に
 変えないと 痛めるトコロが出てしまうと思います。
 怖くて真似られないです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



✋スイングの視覚的誤解、錯覚の一番のトコロ は
 「クラブを振るコト、ヘッドを振るコト」 でしょう。 
 △ヘッドの運動慣性をフリーするコト
 △からだの回転とは違うシャフト・クラブの角角度運動


現代も含め 歴代の多くの名ストライカー は ほぼ例外なく
 ボールを打つまでは 「クラブ、ヘッドを振りません」
 ㊟…ボールを打つまでは、ですよ。
(アプローチ) 比較映像_Moment(4)


ゴルファーのとっては 当たり前 なのですが、
ゴルフでボールを打つためのゴルフクラブは
 先端に特化した重さが備わった1ⅿの長い棒 です。
これを 成人男性であれば 時速100キロ越え で 振る訳です。
若いプロのハードヒッターであれば その時速は200繕瓩い任后

 既に無視しちゃってる と言うか、忘れてしまっている と言うか
 実はとても危険なモノなのです。

ですので この棒(ゴルフクラブ)を放り投げてしまうのも危険ですが、
上手に収めないと 自分にも危険が及びます。
放り投げないが故に、自分の体にも危険がある訳です。

初心者や女性が速く振れない のは
✋その危険なモノの収め方がわからない、
✋身に付いていない、
✋本能的なその怖さを乗り越えられない、
✋クラブの慣性で持ったままでいられない、

 と言う可能性があるのです。

スイング動作も終わりに近づき フィニッシュが来るのですが、
300gの鉄の塊が先端に付いた 1ⅿある長い棒、
それが 最大時速100キロとか150舛箸で動く…
それを、安全に終わらせる必要がある訳 です。
が故に、インパクトを迎えた後、打撃そのものが終わった後、
放り投げない範囲で その慣性(特にヘッドの重さ)をフリー にします。
 行為で言うと ヘッドを振る、クラブを振る です。
 クラブを回転させ 減速時間が稼ぐ と言えば良いでしょうか。

それは 打撃行為ソノモノ ではありません。

ジェットコースターの 下り坂 のそのスピードを
落とさせる為の 上り坂 のようなモノ、
100m走で ゴールしてからも 急に止まらず、
軽く流して 減速し止まる ようなモノ、です。

漠然とゴルフスイングを見ると
 その打撃のおまけ(必要なモノなので オマケ とは呼びきれませんが)
 打撃のおまけ の クラブを振る動きは
 打撃までの動きとシームレス(継ぎ目なし)で行われています。

スイング全体が からだの向きを変える 円さばき なので
 その円の中に 自然に溶け込んでいる クラブの減速時間
 繰り返しますが、それは打撃行為そのもの、
 打撃(インパクト)までに必要なモノではありません。



そういう目で 一度、いろいろなスイングを見てみて下さい。
 スローでないと判別は難しいかも知れませんが、
 いいスイングだなぁ、いい球だなぁ に見えるモノは
 打撃(インパクト)までは、
 打撃間際まで クラブをフリーに、ヘッドをフリーにしてはいません。

 必ず 当たり終わってからで、
 アプローチのような 運動速度、移動速度が高くない、
 クラブの減速時間の必要の少ないものは
 最後まではフリーにしない場合も多くあります。
達人のココから盗め_Moment(2)

一方、アマチュアの、あああ 悩んでるんだなぁ…
 まだ スイングが掴めないんだなぁ… と言うスイングは
 そのスイングの、打撃のオマケ の部分を主軸にして
 ボールを打とうとしているのが 結構、はっきり分かります


プロのスイング
(真似をすればいい訳じゃあ ないですが…)
 のインパクトまでの弧が小さく、打ってからが大きく
アマチュアのスイングは
 インパクトまでの弧が大きく、打ってから小さい、
 フォローが出ない、フォローで手が伸びない

というのは 打撃のオマケ が 打撃のオマケ なのか、
それとも その打撃のオマケ で ボールを打とうとしているか
のイメージ、というか ゴルフスイングの概念の違い なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「クラブの使い方で
 視覚要素で 間違ったイメージしてしまうのが
 インパクト付近、フォロー側での
 クラブのリリース です。
〇見かた山下
 インパクト後、スイング動作は終えなくてはなりませんから
 動作も減速、停止に向かっていきます。
 ところが クラブには 一時の間、運動の慣性が残っているので
 結果、自分を追い越すような動きになります。

 クラブをひきずって というのはありますが、
 そこそこの速度でショットした時、
 『最後』まで それをやってしまうのは
 関節などを痛めやすく、危ない ですから
 どこかでは クラブをリリース、慣性をフリーにします
 しかし、その行為は スイングの終わらせ方 に
 近いモノで 打撃ソノモノではないんですが、
 人間の動作が減速に入っているのもアリ、
 クラブがより高速に動いて見えます。」

質問「クラブを走らせる とか、
 フォローは両手を伸ばして など
 それを促してしまうようなゴルフ用語も沢山ありますね。」

店長「ですね。
 それは おまけ とまでは言わないですけれど
 スイングの終わらせ方、着地の仕方 であって
 『打撃のメイン部分では無い✊』
 そこ大事なトコロなんです
大森201904_Moment(2)
 例えば、ですけれど この画像の状態から
 左を向いてしまえば 良いんですけれど
大森201904_Moment(4) 20200621 編集済み_Moment(8)20200621 編集済み_Moment(7)
 からだを止め、リリースで
 右打ちの人で言うと、右腕を伸ばして
 ヘッド・クラブをボールの方に出す。
 コレって からだを止める、からだを軋ませて
 腕やクラブを振るコトになるので 実際には
 からだにかなりの負担がかかります。
 上下に体を伸ばすような、絞るような感じなりますが、
 その『辛さ』がスイングの、インパクトの目安
 になるので 覚えると ソコから抜けられない。

 クラブを引き摺って からだを左に向ける は
 それに対し、なんの『辛さ』もありませんし、
腕周りの はっきり
imagesとして動作もないですから
ボールをとらえる感触も 当然、曖昧になります。

単に からだを左向けるだけ。

それに慣れてきたら 遠心力に伸ばされる腕に
多少にチカラを加えても良いとは思いますが、
 それを打撃のメインにしてしまうと
 必ず からだの回転は止まりますので
 そのさじ加減はとても重要です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ロフト角度は
 地面からのフェースの角度ではなく
 シャフトに対する フェース面の傾きです。

 5番アイアンは ロフト120度ではなく👉30度です。 
CVL-2
 ゴルフクラブの そのL字の形状の使い方 を
 誤ってしまうと 30度で有る筈のその角度が
 120度になってしまう と思うのです。」

質問「確かに ロフト120度とは言いませんね。」

店長「あくまでも イメージでの話し なんですが、
 この円の 下半分の領域には クラブを入れない。
(本日のゴルフスイング 20211007_Moment
 勿論、結果としては この下半分の領域にも
 クラブは『入ってしまう』のですが、
 それは からだの向きが変わる為 であって
 クラブの L字型をアドレスの姿勢のように戻す為、
 クラブを下に振る為、
 トゥダウンを促すようにする為に、
 意識としては この下半分の領域には入れない。

 人によって その高さは異なる とは思いますが、
 腰やベルトの高さ位の
 仮想のテーブルの上を 引きずって動かすような
 そういうイメージですね。

 テーブルの上にクラブがありますから
 フェースをターンさせたり、
 ヘッドを下に、クラブを下には動かさない。
(こする つかまえる_Moment(2)
 意識として 速く、強く動かしたいのなら
 早く向きを変えるしかない。

 ボールに当たった後、打った後は
 クラブにも、ヘッドの重さにも慣性が付きますから
 その慣性はフリーにして良いと思いますけれど、
 打つ人からの目線でも
 クラブのL型の形状が ずっとそのまま
 目に見えるクラブの長さが変わらない、
 と言った感じになると思います。

images
 この仮想のテーブル、
 その下の空間に 腕さばき、
 右打ちの人であれば 右腕の伸ばしで入れてしまうのを
 こすり打ち、即ち ロフト120度、
 からだの向きが変わるから「入ってしまう」のを
 上から打つ、ボールをつかまえると呼びます。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブにとって
 一番大切なのって『ロフト角度』なんですね。

 コレをどう使うか❓がスイングだと思うんですが、
 あくまでも イメージ、
 打つ前、スイングする前、スイングを覚える前の
 イメージに 結構、問題の原因があったり
 すると思うんです。」

質問「ロフト角度…イメージ…❓❓」

店長「はい。
 少々 極端ですけれど
IMG_0659
 ロフト角度って 存在としてはこういうモノ で
 ロフト角度が 0度だったら
 ボールは地面に向かって飛び出すから『役には立たない』ですが、
 ヘッドの重量やヘッドスピードなど
 打撃のエネルギーに対しては 最大のボールスピードを生み出します。

 世間様で言う ミート率(ボールスピード/ヘッドスピード)で言うと
 1.7とか1.8とかになります。

 ドライバーで言うと10°付近のロフトでは
 地面に打つボールはしんどい ので
 ティーアップが許されている と言う感じです。



 ボールは球体なので ロフトという隙間、坂があれば
 ソチラの方に『逃げる
 物理的な、機械的な『こすり』 が
 ボールスピードになる筈のエネルギーを
 打ち出しの角度やボールの回転に転化させます。」

質問「上から打てってコトですか❓」

店長「それともちょっと違いますね。

 L型ブリストルが分かり易い ですけれど
 L型の形をしているじゃないですか❓」
IMG_0518IMG_0519









質問「はい。」

店長「その L字の形をどういう風に使おうとしているか
 と言うイメージが結構、影響大だと思うんです。

 多分、多くの人の L字のイメージ って
 シャフト、グリップに対し
 ソールのライン、なんじゃないかと思うんですが、
 クラブの作り手の私のイメージは
 シャフト〜トップブレードなんですね。
  まあ 大きな違いはないですけど…。

 コレって イメージなので
 ものすごく伝えにくいですけれど…😵😵😵
002
 そして 多分ですけれど、
 多くの人の その L字 の使用イメージって
 アドレスのように 自分に対し、
 L字が鎌首を上げたり、下げたり、
 インパクトで言えば アドレスの状態に戻す
IMG_0517
 縦にしようするイメージが強いと思うんです。
 縦に動かそうとするイメージだと思うんですけれど。

 ロフト角度を その本来の機能通り に使うには
 ボールを視覚的に トップブレードで打つ というか
 上からクラブを見た時に
IMG_0662
  その L字の状態まま、固定したまま
 からだの向きだけ変えて ボールを打つ🤩
 視覚的にはトップブレードでボールをさらう感じ、
 そう言うイメージが良いと思うんです。」

質問「 😧 😧 😧 😧 😧 」

店長「伝わり難くて申し訳ないんですけど
 ですので ボールって
 シャフトに沿って 飛び出す というか
 そう言うイメージで打たないと ロフトって活きない
 と思うんですね。
c33a9ae1 (1)
 多くの人のクラブ使いのイメージって
 それと比較すると
 シャフト、クラブに対し 90度違うイメージだと
 思うんですね。
images
 クラブの物理的なロフトに 人為的な90度の『逃げ』が
 加わっちゃうと思います。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アイアンを造る、デザインするのって
 何が一番苦労する と思います❓」

質問「やさしいアイアン、
 飛ぶアイアンにするのをどうするか…ですか❓」

IMG_0084
店長「やさしいクラブ って
 アイアンにとって
 もしかすると 作り手(デザインする)側と使い手側に
 一番の齟齬のある部分
 かも知れないですね。

 飛ぶってのは ある意味、数値化し易いので
 方法論は別として 共通し易い ですが、
 やさしさってどれを指すか、かなり違うと思います。」

質問「やさしいクラブって
 ミスに寛容なクラブってコトですよね?」


店長「そうだと思います が
 使い手側からすると主に 方向の安定を指す と思うんですが
 作り手(デザインする)側からすると 距離の安定、
 同じ距離や似た弾道で
✊ を指すことが多いです。

 ソコの違いって 結構、使い方にも影響してくると思うんですね。」

質問「ですね。」

店長「作り手側のやさしさ 似た距離を似た弾道で✊
 って テーマは ロフト角度によって異なって来ます。
IMG_0125
 フェアウェイウッドで考えると
ロフト15度の3番ウッドに必要な やさしさ と
ロフト30度の11番ウッドに必要な やさしさ は
 共通していないです。

 とは言え フェアウェイウッドやユーティリティは
 使うロフトが ある程度 角度が集まっているので
 問題はそれほど顕在化され難いのですが、
 アイアンの場合は 立っているモノと寝ているモノで
 30度近くの開きがあるので
 その やさしさの違い、移り変わりを
 どう視覚的に、形状的に流れとするか、
 変な変化にならないよう抑えるか、
という点が
 一番難しい点です。

 ロフトの大きな(寝た)モノにとって
 ボールを上げるのは簡単ですが、
 当たり前にですが ロフトの立ったモノにとって
 ボールを上げるのは難しい。
 キャビティ形状の重心が低い、深いモノにとって
 立ったロフトのクラブ・番手は
 その真価を発揮しますが、
 ロフト角度が大きくなってきてしまうと
 打ち出しが高くなるコト、スピンが増えるコト に
 エネルギーが喰われてしまい過ぎになります。

 逆に マッスルバックのように
 ボールが上げにくい特性のヘッドにとって
 ロフトの立ったモノは ヘッドスピードの低い人には
 安定した距離が確保し辛いですが、
 ロフトの寝たクラブでは その真価を発揮できます。

 30度のロフトの推移は
 言い換えれば つかまえる〜こする の推移と言って良く
 ロフトが増えれば 機械的にボールをこすって
 距離をロスさせるような仕組みです。
 それを スイング・クラブの使い方・振り方で
 変えなくて良いようにするためのモノ 
とも言えます。」

質問「なるほど。」


店長「キャビティバックの大型アイアンの
 一番の長所は 上がり易い 
 ロフトが小さなモノでも打ち易い、
 しかし 上がり易いが故に 
 製品としてロフトが立ってしまい、
 そのロフトの推移の幅が大きくなり過ぎてしまう
 長所でもあり、欠点でもあります。
IMG_0479
 ロフトが大きなモノに 上がり易い は
 距離が安定し辛い、同じ弾道になり難い、
 と言う欠点になってしまうので
 どこかで それを補正しなくてはイケナイ ですが
 変化の幅が大きいので 途中、
 形状の違いが露わになってしまう。

 一方、マッスルバックのアイアンは
 ボールが上がり難いので ロフトが立っていない、
 ロフトの推移幅が狭くなります。
 それが故に 番手ごとの形状の変化が少ない。

 マッスルバックアイアンの一番の長所はソコです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


素振りでいいんですけど
是非 背面万歳振り トライしてみて下さい。

本当に出来ちゃったら 痛めるかもしれないから
おっかなびっくりお願いします。

トップの位置から 右を向いている内に
クラブの重さで グリップの下げ 👉左上腕を下げ
向きはそのまま 背後 に万歳するイメージで・・・・
M20191011suburi_Moment(5)M20191011suburi_Moment(6)M20191011suburi_Moment(7)M20191011suburi_Moment(8)









おそらく その時点でからだは自然に向きを変えます。

ここら辺までは ずっと右向きのまま トップのからだの向きのまま です。
M20191011suburi_Moment(8)M20191011suburi_Moment(9)M20191011suburi_Moment(10)M20191011suburi_Moment(11)









背面万歳 をするには
一ミリでも シャフトを振ったら シャフトを動かした瞬間
出来なくなります。

スローな状態で 体験してみると分かりますが、
左グリップ、クラブを持った左グリップを
右手で押す形 を維持していないと
からだが逃げます。 もしくは 痛めます。

右グリップが左グリップ・左手首を支点に
シャフトを押し始めた時点で からだは開き始めるので
背面に万歳するイメージは消えてしまいます。

グリップを両腕で作った 枠の中で動かさない限り
その枠の外へ出そうとした瞬間 からだは開きます。

ここのイメージはとても大切です。

始めの段階はゆっくり スローモーションで
背面万歳をイメージしましょう。
IMG_0838_MomentIMG_0838_Moment(4)IMG_0838_Moment(6)





このイメージ
ヘッドは重さとして
グリップ、莨縅咾魏爾欧 ための 重さとして
使うだけにしないとイケマセン。
溜め と言いませんが
クラブのリリースをして クラブを長くしてしまえば
その方向に重さがかかります。

『最終的に どの方向にグリップを送りたいのか
 それを考えて 切り返さないと重さは味方になりません』

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(6)



ヘッドを振って このような円弧を描くイメージを持つと
からだは開き 背面万歳はイメージとしても
不可能になります。

この位の順序で覚えて
初めて 今までのからだを開いて 手で振る
を矯正できるのです。

実際馴染んだ状態で ボールを打ってみる
このイメージを残したままボールを打ってみると

ものすごく 右を向きっぱなし…に見えるか というと
ごくごく普通に見えるのです。

その位 いままで開いて からだのボールの通過と逃し
手で振っている というコトなのです。
それが実感できれば かなりの進歩です。

これで、このイメージでボールが打てるか というと
そうそう簡単ではないです。
多少の慣れは必要です。

ですが、これが出来ない人は
 素振りの時点で出来ないと思います。
厳しい言い方ですが、
スイングの大きな問題は からだと腕をどの順序で使うか
が問題で どう使うか は二の次です。

その時間 にからだの姿勢がどうなっているのか

M20191011suburi_Moment(7)M2019810L!_Moment(7)










それによって 腕の付け根の位置や空間が異なりますから
当然 腕の使い方も変わります。

どちらか『だけ』を治すことで改善するようならば
スイングやショットに悩んでいないでしょう。
全く反対位の動作順序にして
✋ この程度の変化なのです。

頭痛薬をちょっと飲んで 頭痛が治る程度の悩みならば
自分のスイングを良くも悪くも熟成させるしか方法はありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


量産可能モデルになりました

#3を25°から始める…
#5を30°にする...
#7まで中空にする...
〇番手構成
〇ロフト構成
〇中空をどこまでにするか

(#3〜7まで)
お客様リクエストでアレンジ製作可

IMG_0761
IMG_0075
IMG_0759
IMG_0078
 #3.4.5.6. 中空モデル
 素材 SC25C
 ロフト角度 22/25/28/31
 重心距離 36.3〜36.8
 重心高  18.7
 重心深度  6.4
 👉#3 ソール幅 28
 (参考 ゼクシオ-11 25/#5)
IMG_0077
 #7.8.9.PW. マッスルバックモデル
 素材 SC20C
 ロフト角度 35/39/43/47
 重心距離  37.7弌
 重心高   20.6
 重心深度   4.8
 👉#7 ソール幅 25
IMG_0079
IMG_0076
IMG_0084
IMG_0082
IMG_0758
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「肩は縦に廻した方が良いんですか❓」

店主「実際にトライして見ると 分かると思いますが、
 トップオブスイング、切り返しから
 肩を『縦』に廻そうとしても
 『縦に』廻っては見えません。

 一方、『肩を』横に廻そうとすると
 人間のからだには 確固たる肩を横に動かす機構が
 ありませんから 脚廻りを使って骨盤なり、
 胴体をねじって上半身を動かそうとする一部になります。
 土台たる足場、骨盤が動いていたら、
 順番として 肩を廻すのは後になる、
 骨盤の動きがおさまってからになるのは
 仕方がないコトです。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m39s〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4






 それを避けるため 肩は縦に ってことだと思います。」

質問「なるほど。」

店主「肩を縦に廻せ というのは
 腕をおろせ、グリップを下げろ、
 からだの回転より『意識の中では』腕を動かせ、

 と言っているのと 同意語だと思うんですね。

 腰や骨盤を廻すのも良いけど
 腕の生えてる 肩周り〜腕を『遅らせるな』
 真意なんだと思います。
会田20210701 - frame at 0m15s
 それを言う人の感覚や感性の違いなんだと…。

 肩を縦✋の意識ですと
 切り返しから 肩は下、下方、低い方 ではなく
 いきなり と言う感じになります。
 肩…腕の付け根として肩が上方に逃げれば
 腕としては、
 ま この場合は主に右打ちの左腕を指しますけど、
 グリップの位置は低くなりますし、
 そう言う慣性や重さも加わってくるので
 腕自身は下がる

 そういうコトを言ってるんだと思います。

 ドライバーのように からだが起きていて
 前傾の少ないモノではなく ウエッジとか
 短めのアイアンで その感覚と掴み、
 脚廻りの骨盤の動きに遅れない、
 意識としては 先に肩回り、腕が動く
 そう言うのに慣れるのは重要だと思うんですね。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m15s2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m152023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s






 右打ちで 右腕を伸ばすことでヘッドを振ったり、
 クラブを下に振って ボールを打つ、
 と抱き合わせにそれをやれば
 痛い程『ダフる』コトになりますから
 どっちを辞めるんだ ッテコトになるでしょう。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチのミスを減らす
方法のヒトツとして「クラブ・ヘッドを引きずって」

があります。
〇犬が尾を振るか、尾が犬を振るか_Moment

上から打つ (もしくはつぶす)
というのは
そのクラブの長さなりに
ヘッドを入射させるコトを指します。
意図的に ヘッドを上から下に振る
という事ではありません。


写真にすると インパクト以前は
理想的には右向きの区間ですので
ハンドファーストがきつい ように見えますが、
それは右向きのせい での視覚効果
見ている角度によって より強くそう見えるだけです。
この時の 体の正面から撮影すると
見た目ほどハンドファーストはありません。

シャフトは振りません_Moment
この状況/環境ですから
当然シャフトは下向き です。

シャフトが上向き というのは
ボールにソールが向いてしまいます。
フェースでボールを打てません。


このシャフトが下向きの状態で
ボールに入って来れば、
フェースは下を向いていますから
最下点であっても、若干その手前であっても
大きな違いはありません。
似たようなロフトと入射角度でとらえられます。
そして、ボールの直径は45ミリ(4.5臓砲任后
2センチは少々オーバーですが
その位 ヘッドがボールに対し、
厚く入っても、薄く入っても
ボールは球体であるが故に 大きく差は出ません。
ミスになり難い と言うコトです。
IMG_0659

フェース上部(トップエッジ)が前に出ている状況です。
トップと言うのは
 リーディングエッジやソールで打つコトですが、
リーディングエッジの方が後方にあるため
トップのしにくい状況です。

ダフリ とは インパクト、もしくは インパクト以前に
ソールが地面と干渉してしまう状況ですが、
それも起こりにくい状況です。

MVI_0817Trim_MomentMVI_0817Trim_Moment(2)MVI_0817Trim_Moment(3)




一方 ヘッドを返して、もしくは ヘッドがグリップを追い越して
打っていく打法では、
スイングの半分は シャフトが上向きです。
シャフトが上向きの状態では フェースがボールを向いておらず、
スイングの最下点が ボールより手前に入れば
トップか、ダフリに必ずなります。

また 最下点でとらえたとしても
ボールに対し リーディングエッジが前に出ていますから、
ヘッドが1センチ高くても、低くても ミスになります。

さらに 振り子で振る場合、
スイング中、入射角度とロフト姿勢が常時変化するため
当たるタイミングによって 全く異なる球質になり
距離間の把握が非常に難しくなります。

アプローチでの この捉え方は
そのままショットに反映します。
右手の使い方もそうです。

からだでもない、腕でもない 肩の揺さぶりで
振り子にスイングする限り 上手くなるには
部活並みの練習頻度と量が不可欠…。
オジサンゴルファーにはほぼ不可能です。

からだの回転を意識し過ぎて
からだの回転でクラブをひっぱれば
クラブ・腕の長さと重さで遅れますから
結局 体が回転している時期に
インパクトを迎えられず、手で振ることになります。
MVI_0817Trim_Moment(7)MVI_0817Trim_Moment(5)MVI_0817Trim_Moment(6)





ならば 逆に 手をもっと動かして、
自由の利く右手(利き手)と『正しく』動かして
からだの回転を後追いさせるようにする
と言う考えも一つのアイディアだと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



素振りでも、スイングでも 重さを感じて振りなさい
というのがあるのですが、
大いなる勘違いを起こしやすいので その点をちょっと✋
katate_Moment
スイング中の遠心力 というのは
クラブで言うと グリップからヘッド方向に
外へ外へと膨らもうとするチカラです。

手にも、クラブのグリップにも油をたっぷり付けて
素振りをしたら 練習場なら
テークバックで後ろにすっ飛ぶか
ダウンスイングなら前の打席の人に飛んで行ったり
インパクトまで耐えられても 自分から遠ざかる方向に
飛ぶわけですよね。

当たり前ですが ゴルフクラブは
 先端、遠いところに重さの付いた長い棒 です。
わざと重さを感じようとした時、
遠心力を作ってしまったのでは
単なる握力との戦いですし、
遠心力はスイングの進行の方向、ベクトルに対しては
常に 90度違う方向にかかります。
(ヘッド3
まず 重さを感じて欲しい と 同時に考えて欲しいのは
 これから動いていきたい方向
 これから動かしていきたい方向
ベクトルです。
重さは自分に都合の良いベクトルに使わないと
単なる重さ、負荷、邪魔になってしまいます。

テークアウェイでは重力に逆らいますから
利用するという意味とは遠いかも知れませんが
これからショットに入る、トップや切り返し
ここが「望む場所」に行かないと 芳しくありません。

スイングで言うところの「力む」なんていうのは
想定以上に クラブが重くなる
・・・つまり 自分のこれから動きたい、動かしたい方向と
その重さの方向にギャップがあるから
「りきまざる」を得ないから 力むのであって
安直に「力むな」って言われても 無責任です。
力まないと打てないから力んでいるんですから…。

そのクラブの重さの方向と自分の運動の方向
それが出来るだけに通っていた方がベターな訳です。

ですので 重力に逆らうテークアウェイでは
どの道重い、重力に逆らってる訳ですから
その重さを感じ取り
🔴グリップとヘッドの位置関係
🔴フェースの向き
を確認するのに 重さを使うと良いでしょう。

ここでダメダメ なのは
テークバックで重さを使うから と言って
動き出しのきっかけだけ作って
遠心力で手抜きをして クラブを上げるのは最悪です。
当たり前ですが、無造作にクラブの遠心力に任せると
クラブには『不必要な』遠心力が発生します。
重くなります。
IMG703

そうなると 人間はグリップをしっかり握って
位置を固定するようになるので
どんどんヘッドだけが動き、しまいには
クラブが倒れ(寝てしまい) 振り遅れ、手遅れのスタンバイ
になってしまいます。

トップ・切り返し というボールを打つのに大切なポイント
を創り出すために テークバックは取るのであって
動きの勢い を創り出すのは避けましょう。

トップ・切り返しでは
クラブの重さが より自分の動きたい方向
動かしたい方向にマッチしている位置取り、姿勢
が欲しいです。
IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)
自分の動きたい方向、動かした方向と
クラブの重さのかかる方向 がマッチしていれば
クラブの重さ感は「無い」ということ。
クラブは軽く感じる、まるで無いように感じる

というコトなのです。


クラブの重さを感じろ といって
本当にクラブが重くなるようにスイングしたら
その重さは そのまんま スイングの負荷 スイングの抵抗 です。
重さを利用して 自分がその重さで
より動きやすい、そういう重さの使い方をすれば
重さは感じない、 そこ、勘違いしていませんか?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレ クラブを選ぶ時、造る時、
 そして 組み上げる時、実はとっても大事な部分で
 ハミングバードでは もう20数年前から
 クラブのセットは シャフトの硬さの流れ、
 ドライバーからフェアウェイウッド、アイアン、ウエッジと
 硬さの推移を ちゃんと許容範囲で流さない と
 本当の意味でのセットになりませんよ、
 って
 言ってきましたけれど

 あああ、本当はバラしたくないんですけどね、
 ゴルフ用品業界の発展の為に言ってしまいますけど
 ネックの長さにも着目して
 シャフトの硬さを見ないとダメですよ
✊ なんです。」
EZ055
質問「ネックの長さ❓」

店長「はい。
 同じ全寸45インチのドライバー がある、とします。

(卻が シャロータイプ(薄い)の非調整式、
△發Π貶が ディープタイプ(厚い)の調整式、

 この二つって 場合によっては 1インチ-2.5儖幣
 実装するシャフトの長さが異なる場合が多々あるんですね。

 二つのドライバーの 硬さ、振動数が同じ数値
 例えば 200cpm だったとします。
 前者,諒はシャフト寸は長い
 後者△諒はシャフト寸が短い

 打ってみると分かると思いますけど
 シャフト寸の長い,諒が 硬い
 シャフト寸の短い△諒が 柔らかい
 です。
 組み上がった 同じ長さのドライバー なのに🙄…です。

 そして コレが一番顕著に出るのが
 ドライバー から フェアウェイウッドへの推移 なんです。

 どのタイプ、どの機種であっても
 ティーアップして
 宙に浮いているボールを打つドライバーは タッパ、
 上下方向に厚みがあります。
006
 フェアウェイウッドは地面からボールを打ちますから
 ドライバーのような厚みを取る訳にはイキマセン。
 ボールの大きさが 約45个糧省の 23舒未基準になり、
 ソコソコ厚みのあるモノでも 40亢。
 一方、ドライバーのソレは 60个魃曚┐襯皀里眤山あります。

 そして ドライバーの主流は調整式 ですが、
 フェアウェイウッドやユーティリティは
 価格を抑えないと 買って貰えないですし、
 ドライバーに比べると 買い替え頻度も高くないですから
 ネック調整式では無い者も沢山あって
 ネック調整式が FWやUTの主流とは言い切れないのが現状です。

 ですので 45inのドライバー よりも
 43インチのフェアウェイウッドの方が シャフトの実寸、
 シャフト長が長い場合も 考えられるんです。
IMG_0828
 実際、クラブをセッティングする時、
 その実寸を見誤ってしまう、
 シャフトの実寸では無く、クラブの全長の長さ で
 シャフトの数値を造ってしまうと
 シャフトの硬さの推移がちゃんと流れないんです。

 前述しましたが、45インチのドライバーのシャフト長 と
 43インチのフェアウェイウッドのシャフト長 には
 どの機種であったとしても 殆ど長さの差が無い、
 同じ長さの場合も往々にして発生します。

 ウッドのシャフトの硬さ推移は
 機種や元の硬さによって異なりますけれど
 45インチで200cpm であれば
 半インチ短くなったら 1~2cpm位の数値差 ですが、
 43インチ 長さの差であれば 2インチですので
 数値上 最大8cpm 離れていても良いのですが、
 シャフトの実寸が同じ であったら
 ドライバーと同じ 200cpm でも問題ないんですね。

 逆に 8cpmも離れてしまって
 クラブとしての全長は2インチ違うけれど
 使っているシャフトの実寸 は同じだから
 43インチのフェアウェイウッドの方が
 .侫譽奪スも ▲侫譽奪スも
 ドライバーが Ⓡシャフトだったとしたら
 表記は同じⓇであったとしても
 実際の硬さは ⓈⓇ、 Ⓢになってしまう。
EG05_04
 緊張感もあって、平らなトコロから打てない、
 地面にあるボールを打たなくてはならない
 フェアウェイウッドの方が かなり硬い クラブに
 なってしまうのですから
 それを知らないで使っているアマチュアが
 フェアウェイウッドが苦手になるのは仕方ないんです。

 これは正直、クラブの作り手側の過失 なんですよ。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ゴルフクラブについて
 あまり語られていない、知られていないコトが
 あるんですね。」

質問「な、なんです。」

店長「ものすごく 単純なコトなんですけれど🤗
スクリーンショット 2023-05-08 003101
例えば、ですね。
シャフトには 『キックポイント』
調子って言葉で言うと 先調子とか、元調子とか、
ありますよね。」

質問「ありますね。中身はよく分からないんですけど…。」

店長「まあ あまり気にしなくてもいいですし、
 大抵の人は 硬い、動かないシャフトを使っているから
 キックポイント自体効果を発揮してません。

 本題はキックポイントではないんですけど。」

質問「はい。」
スクリーンショット 2023-04-17 145020
店長「クラブメーカーやシャフトメーカーに聞いてみると
 答えてくれますけれど、その調子・キックポイントで
 先調子〜ヘッド寄り と 元調子〜グリップ寄り
 その差って ドライバーのシャフト であっても
 1in〜2.5センチ程度しかないんですね。」

質問「ドライバーシャフトの全長ってどの位ですか❓」


店長「45inのモノで 110儖未任靴腓Δ。」

質問「その長さにすると 先調子でも元調子でも
 殆ど差が無い ッテコトなんですか❓」


店長「ないですね。
 メーカーによっては その差は1cm位と言っているトコロもあります。
 シャフトの全長の1%、多くても2%前後です。
 シャフトにも製品誤差がありますから、
 その範囲と考えても良い程度の差です。

 実はそれよりもですね。

 ヘッドのネック長の差の方が大きいんです
 今回はソッチが本題です。
EZ05
 現在、ドライバーは ネック調整式のモノが多い、主流です。」

質問「カチャカチャ って奴ですね。」

店長「はい。

 ネック調整のヘッドって どうしてもネック長が長くなってしまうんです。」

質問「調整しろを取らなくてはならないでしょうからね。」

店長「ですので 薄べったい(シャロー) 非調整式のヘッド と
 厚め(ディープ)目の 調整式のヘッドでは
 同じ 45inのドライバーであっても
 装着される シャフトの実寸 が かなり違うんです。

 機種にもよりますけれど
 シャフトの調子・キックポイント以上の差があるケースも
 たくさんあります。

 初期の頃の ネック調整式のドライバー って
 壊れやすい と言うのもあったんですが、
 それを防止する為も有って ネック側に重量が集まり過ぎて
 飛ばなかったんですね。

 それが何度も改良されて 今に至っているんですが、
 各機種ともに ドライバーが低重心化がかなり進んだ
 って言うのも勿論、有りますし、
 ドライバーシャフトの硬さ『基準』がかなり柔らかく、
 振動数で言うと 20〜30cpm柔らかくなったってのも
 あるんですけれど、
 実はネック調整式のドライバー は
 そのネックの長さから シャフト自体は『短い
 同じ45インチであっても 従来のタイプの
 ドライバーヘッドに比べ 使っているシャフトが少ない、
 短いって言うのも ポイントのヒトツ なんですよ。」 
EG05_04

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


量産可能モデルになりました

#3を25°から始める…
#5を30°にする...
#7まで中空にする...
〇番手構成
〇ロフト構成
〇中空をどこまでにするか

(#3〜7まで)
お客様リクエストでアレンジ製作可

IMG_0761
IMG_0075
IMG_0759
IMG_0078
 #3.4.5.6. 中空モデル
 素材 SC25C
 ロフト角度 22/25/28/31
 重心距離 36.3〜36.8
 重心高  18.7
 重心深度  6.4
 👉#3 ソール幅 28
 (参考 ゼクシオ-11 25/#5)
IMG_0077
 #7.8.9.PW. マッスルバックモデル
 素材 SC20C
 ロフト角度 35/39/43/47
 重心距離  37.7弌
 重心高   20.6
 重心深度   4.8
 👉#7 ソール幅 25
IMG_0079
IMG_0076
IMG_0084
IMG_0082
IMG_0758
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ドライバー EZ-05 の流れを汲んだ
フェアウェイウッド/ユーティリティ が発売されました。
Desktop 2023.02.25 - 02.15.33.01 - frame at 0m4s
332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












332095127_1571370836717048_6652847203829604451_n 332172455_592731329028211_8097051689968994_n












332093543_725242885732572_9021207906674425025_n 332410791_753334676454820_1789299170795007506_n












332005033_598129049011786_1398421877797220598_n 332484291_873455530430060_8730494155856601148_n












フェアウェイウッド・ユーティリティ ともに
ネック部の調整機能、いわゆる カチャカチャが付いています。

EG-05 sleeve試打テストの結果、ドライバーのEZ-05 に似た
ややロースピンタイプ、飛距離重視タイプ と思います。
そう言う意味で 後々、ロフト調整が可能なのは便利かな
と感じています。
  〇ロフトは最大 1.5度増減できます


フェアウェイウッド、ユーティリティとして
昨今、流れになりつつある
チタン素材を使わず、マレージング(特殊ステンレス)を
採用しているのは 流石、SYBと言ったトコロでしょうか



 *追加情報 SYB フェアウェイウッドの定番、W422V は
  在庫品を除き、生産終了〜廃盤になる…そうです。



お問い合わせ お待ちしております


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ニューアイアンヘッド製作に伴いまして
ウッドシャフト・アイアンシャフト
バージョンアップしております。


IMG_0611
🏣238-0024 
神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
  ☎
046-804-1480 
    ハミングバード 野澤まで

 営業時間10時〜20時  水曜定休
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp






IMG_0498.ローム仕上げ
 シルバーです。
やや光沢のあるモデルです




IMG_0619Wニッケル仕上げ
 シャンパンゴールド(金)です

サテン/ミラー2種あります






IMG_0459テフロンブラック仕上げ
 艶消し黒 です







ニューアイアンヘッドのご紹介です

IMG_0622

軟鉄鍛造 HBS-16

 ➟従来のモノからさらに20g増量
 ➟市販のアイアンヘッドよりも約100g重い(^_-)-☆

IMG_0624

  ロフト角度 ヘッド重量
#5  26度  325
 6  29   333
 7  32   341
 8  36   349
 9  40   357
PW  45   365
PS  50   373
SW  55   381

IMG_0613


 5番アイアンのスペック
 重心距離  39mm
 重心高   21mm
 重心深度   6.5mm
IMG_0616

今回のアイアンの特徴は勿論重い重い重いヘッドですが、
キャビティ部NC加工によって
従来のアイアンでは ロフトが大きくなる程
重心距離が極端に短くなる というのを抑制し
下になっても重心距離が短くならない という設計を採用。
(ロフトが大きくなっても左に行き難い)
(ロフトの立っているものは右に行き難い)
IMG_0623

重心深度においても
ベースはかなり深い重心で
ロフトが増えるに従って
フェース面の肉(板)厚を変え、重心の深くなり過ぎを抑制。

IMG_0617

ヘッド重量もあるので
 アイアンとは思えない慣性モーメントを持っています.

★今回のスペックは ウッドシャフト・アイアンシャフト
アイアンヘッドともに
「強い弾道・より遠くへ…やや飛距離重視スペック」です


IMG_0628


重量も近づき、よりL型ブリストルに近づいたアイアンヘッドです
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
Q:いろいろ選びようがあると思うのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A:まずはヘッドのメッキ仕上げを選んでください。
 ベーシックなモノは クロームサテン(銀)です。
 ◉Wニッケル(シャンパンゴールド)
 ◉テフロンブラック(墨黒)
 ◉カッパー(ピンク、経年でくすむと思います)
 ◉ダークカッパー(チョコレート) はオプションになります。
006
どの仕様であっても、
市販パターのインチキフェースインサートのような
打感の差なんてものは一切存在しません。
慣れて頂ければ、このパターでなければ味わえない打感と音を
楽しんで頂けます。 
嫌味ですが、市販のパターのフェースインサートを
例えゴムに替えても、この打感は生み出せないでしょう。

長さは32.5〜35インチの間、
ただ 32.5インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
33.5インチ以上が良いかと思います。


✋一番問題なのは『シャフトの硬さ』です。
細かく分けることも出来ますが
大まかに考えて 4種類の硬さの違いです。

市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのアルミシャフト   270cpm位
 市販の軽量スチールシャフト…よりは柔らかい感じ
▲リジナルグラファイト95g  200cpm位
 弊社のシャフトではブラックスピーダー、MD-7.8.あたりが相当
オリジナルグラファイト90g  170cpm位
 弊社のシャフトではMD-9.10.11.12.あたりが相当
ぅリジナルグラファイト75g  140cpm位
 弊社のシャフトではMD-14.15.16.あたりが相当
IMG_0517
これをどう選ぶか というと
まず基本的に考えなくてはいけないのは
自分の他のクラブたちとの相性です。
自分の他のクラブたちとは出来るだけ近いものに…
ということですが、,旅鼎気世箸海離僖拭爾領匹気
半分も発揮できない、ただ単に重いパターです。
以降の硬さになるとやはり自分のクラブとの相性、
そして パッティングストロークをどうするか
という事になると思います。
ちゃんと押してあげる、弾かない打ち方をしたい
となると →い箸覆辰胴圓ます。
一般的な振り子、ショルダーストロークをしていると
い離僖拭爾和任辰討澆覆い箸匹Δ覆襪
わからない代物になる可能性は否めません。

初物にトライされるのであれば
△發靴は0未無難と言えるかも知れません。

ただ 迷わせることを言いますが
作った自分が言うのもなんですけれど
い離僖拭爾蝋が抜けて、ひっくり返る位のパターで
ゴルフを始めた時からこのパターを使っていれば
世界中のゴルファーからパターの悩みを取り去れるほどの
素晴らしい逸品であるのも確かです。
IMG_0520
グリップはパター全体がレトロなオーソドックスな
仕上がりですので、今よく見かける派手なもの、
変な形もモノは似合わないと思います。
と、同時に変な形のものは
パッティングに苦労している証でもあるので
その手のモノはこのパターには要りません‼



Q:グラファイト(カーボン)シャフトを採用していますが なぜ ですか?

A:ハミングバードでは 特に スチール/グラファイト に対する
  こだわりはありません。

 パターだから だけでなく、アイアンやウッドに関しても
 オジサンゴルファーによって 楽! 簡単! スイング覚えやすい!
 モノであれが どの素材でも良いと思います。

 日本のゴルファーの特徴なのか、どうかは調査のしようもありませんが、
 素材に対するこだわりがとても強い気がします。

 スチールだから どう・・・ とか、 カーボンだから どう・・・だとか
 この二つにシャフトとしての性能差はありません。

 素材としての特徴 ですが、
 スチール素材の最大の利点は 工業生産性が高いコト!
 つまり 同じモノが大量に安価で作り易いコト です。
 そして 最大の弱点は 単一素材であるが故にレパートリーが多くないコト です。

 ✋意外に思うかも知れませんが、
 スチールとカーボンでは 圧倒的にカーボンの方が「強く作れます」
 ですので 軽く造る限界も 柔らかく造る限界も スチールの方がすぐそこに…。
 造れない というコトです。

 一方、カーボン素材のシャフトは 形状の制約、外径内径の制約 以外
 かなりの自由度があります。 カーボン自体 元々アクリルを焼いたモノなので
 軽いですから 逆に重くする時 内径が取れない という制約の為
 重くする限界が有ったりします。

 ブリストルパターでは パッティングもショットと考えの元、
 出来るだけ小さく、出来るだけ少なく、出来るだけゆっくり であっても
 必要な距離を打てるようにする方が 簡単、 楽 と考え
 より転がりの良い、より遠くに飛ぶパッティング になるような
 シャフトの柔らかさを求めた結果、グラファイトに行き着いたに過ぎません。
 (カラーは傷の目立ちにくい ガンメタリック 黒に近い灰色のメタリックです)
IMG_0568
Q:ヘッド重量480gと聞いていますが、L字型特有の厚みのない形状 なのでしょうか
 全体のサイズ感を教えてください。


A:ヘッド素材は S15C 軟鉄の中でも柔らかい素材ですが、
 比重はごくごく普通の鉄 と変わりません。
 その素材で 通常のパターヘッドの 1.6倍 の重さを造るには
 厚く、高く、大きなものにするしかありませんが、
 ネックの高さにはルール的な制約があります。
 
 パターの形状は 心理にとても大きく影響しやすいので
 落ち着いた 安定した形状が必要ですが、
 だから と言って 大き過ぎるのは 格好悪いでしょう。
 (1986年マスターズ優勝時の ジャックのパターには吹きました)
 全体のバランスを考え 形状を造りました。
IMG_0571
 まあ パターの形状を比較すると
 このパターの特徴が良くわかるかも知れません。

 ボールが良く飛ぶ、良く転がるのは
 確かに  300g強の一般パターヘッドと 480gの重量差
 そして シャフトの柔らかさ もあると思いますが、
 一般のパターは パターヘッド下部に重量を集め過ぎています。
 俗に言う 低重心化 ですが、
 ボールを上げる必要のない パッティングに 低重心化 深重心化 する
 意味合いが私には見えません。

 より良い転がり、より良いライナーを求めるのなら
 許せる限り 高重心化 するべきではないか と思い
 この形状にしました。
IMG_0567
 好みの問題もある とは思いますが、
 最近のマレットの 低重心化、深重心化したパターは
 その重心の意図は 設計者になにがしかの考えが有ってのこととは思いますが
 構えた時に どこにヘッドの引かせるのかイメージしにくい
 パターストロークの動きが把握し辛いデザインに感じます。
 引く、動かす、移動させるイメージをさせやすい
 パッティング、ストロークに迷いが出てしまいにくい形状にこだわりました。

 空中ではなく 地面の上を
 という意味で 飛ばすにこだわった重心配分、重量、シャフト
 構えやすい、安心できる形状
 既にロングセラーになっているだけのコトはありますよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「フォロー側はどうですか❓」

店長「形として気にする必要はないですが、
 フォローが出る、大きくなる、は
 インパクトのヘッド姿勢、フェース姿勢の変化の少なさ
 につながるので重要です。
2023-07-30_23-02-59 - frame at 0m16s
 スライスを怖がる人は フェースターン、ヘッドターン
 したいのはよく分かりますが、
 直ぐにでは無くても その『ターン』は
 からだが左を向くコトで可能ですので
 インパクト付近での 右手の伸ばしで
 フェースターン、ヘッドターンは出来るだけ避けたい です。」

質問「そこがあると 結局は、ハンドターンする為の準備で
 からだの向きが機能を持てない ッテコトですよね❓」

店長「その通りですね。

 フォローを出したい、大きくしたい のであれば
 出来るだけ 早い段階で
 右打ちであるのならば、左上腕を高くする、
 ヘッドを高くする、グリップを高くする、は
 結果としてのモノですので、
 左上腕を高くし、グリップがあがり、ヘッドが高くなる…
 これによって フォローが出てくるんですね。
〇見かた山下
 からだが左を向いて ヘッドターンが成されるのと同じです。


 トップから、切り返しから 一気に左を向く訳ですが、
 右打ちであれば 左上腕を行かせる、肩を落とす、は
 少々、オーバーではありますけれど
 いきなり 左上腕を上げる と考えても良いです。
 向きに寄りますが、左上腕の下げるは そのまま上げる、
 動作として『上げ・下げ』をしている訳ではありません。
〇左向きと左腕のつながり - frame at 0m4
 結果としては 左上腕は下がって『見えます』が
 一気に左を向くコトを考えると
 いきなり『上げる』でもいいかも知れません。
 下げる〜上げるという二段階の動作が
 実は腕遅れを生み出している場合もあるでしょう。

 ヒトによって、ですが、
 トップから 左上腕を下げる ではなく
 左上腕を上げると考えた方が からだの回転に
 腕遅れが起こらない場合もあると思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ