◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

超重〜いヘッド & 超柔らかなシャフト専門 より簡単に、誰よりも振らず、からだを傷めず、誰よりも飛ばす【ゴルフクラブから学ぶゴルフスイング】 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト どの位まで打ったこと、あります?
かなりの違いです。 クラブの大きな機能である
打撃力の源である ヘッドの重さと それをどう伝えるか
のシャフトの柔らかさ を体験せずに ゴルフを終えるのは勿体ない‼

クラブに振らされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!
https://www.hummingbirdsporte.com/


ハミングバードでは
テークアウェイの右向きと同時進行し、
胴体の右向きを促進させる為にも
 右ひじは外目に張る(クランチ)感じで
テークアウェイを取ってみましょう、と推奨しています。
2020-12-26_13-52-13_Moment

右ひじを外目に張る は
ひじが外目 になるのであって
手 グリップ部を外目(この場合は右め)に出す、
右腕を使って 左グリップを横に引っ張る、
と言う意味ではありません。


c1fa68b7-s

理想的に言えば、グリップはからだの幅の中
右ひじが曲がり、右腕が短くなることで
右に左グリップを引き寄せないようにしたいです。


右ひじが、右腕が曲がることによって
左上腕が横、ではなく、縦に上がる
は 胴体がしっかり右を向いている証でもあります。

video_Moment(2)
 ↑↑↑ これでは、グリップを右に引き寄せてしまっている、
つまり 胴体の右向きが無く、
右腕を短くすることによって 手だけでクラブを上げている
コトになってしまいます。

また 左腕があがっていないので
この後、「左腕を上げる」という 余計な動作が入り、
シャフトクラスやオーバースイング、
ダウンスイングのからだの大きな動作が始まったら
絶対に動かせない 余計な腕の動作が一つ入ってしまいます。


MVI_0873 (2)(2)_Moment


多少なりとも 慣れ は必要ですが、   …繰り返しますが
🔴右腕が曲がることによって 左上腕が上がる が
右腕の曲がり、左上腕の上がり が
 からだの向きと連携して 一つの動作
 にしておく必要があります。

右ひじの曲がりと左上腕の上がり はつながっていますから
比較的簡単に可能ですが、
それに 胴体の右向きが付いていないと
グリップが単に右に引き寄せられるだけ
 逆に、からだ自体の右向き不足を誘発します。

右ひじを後方に引く感じ、にはなりますが、
それと連携して 右お尻の位置も動かしておく感じです。
左右 と言う意味で 右の肘とお尻の相対関係は変わらない
そういう感じです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


スイング論で よく腕と胸で作る
 三角形(トライアングル)をどうするか?

と言う話が出てきます。
2020-12-26_13-52-13_Moment
アドレス時、二等辺三角形 になっている
 この「形」を変えない。。。 なんてのも聞きますが、
どちらかの腕(肘)を曲げる限り、それは成り立ちません。


ダウンスイング初動で 左腕を降ろそう をモットーに
考えると この三角形の面 と 体の関係 を
ひねらないコトが肝心になるかと思います。

テークアウェイにおいて
右ひじが曲がる分、左上腕は上がる訳ですが、
この三角形を体に対し ひねってしまうと
ダウンスイング時 上がった左上腕、高くなった左ひじ を
元の状態に戻し難くなります。
葛谷 2017-2020_Moment(2)


2020-10-19_21-38-40_Momentダウンスイングで左上腕を下げるコト のポイントは
その動き が からだの回転とつながり
左サイドが低い時間 〜右を向いている時間を確保、
からだを無理に止めたりするコト無く
左サイドの低い時間 〜右を向いている時間を長く取りたい訳
です。

2020-10-19_21-38-40_Moment(3)ですので。。。
良くありがちな 左腕だけ 動かして
右ひじの曲がりと左上腕の上りがリンクしない形 で
上げてしまうと
まあ だいたい体はひねられ
へそから上だけを右に向ける
偽装の右向きなのですが。。。
2020-10-19_21-38-40_Moment(6)トップ付近での姿勢が 左肩の方が右肩よりも高いような
ダウンスイングで 左サイドの方が低くなる姿勢になり難い、
まず ならない姿勢で始めるコトになります。

背骨には 綺麗に横回転する機能、関節がありませんから
胴体をひねる というのは そういうことにならざるを得ません。

この三角形の面と体の関係
この三角形の面と胸の関係
これをひねった関係にしないのには
上がる時も下げる時も
右ひじの曲がり、外への張り と 左上腕の上がり
が 一つのモノ と考えた方が良いでしょう。


手で上がるお約束のパターンは
ararara_Moment左肩や左腕がからだの右にグリップを押す ので
右腕が左腕にかぶられてしまったり、
長く使った左腕に対し、右腕を短くしなければならない、
と言うだけで 右ひじが曲がる、
右ひじが曲がることに機能を持たせていません。
これでは 折角の利き腕である右腕を使えません。

sample2018 (2)_Moment(2)アプローチや素振り あたりから始めると良いと思いますが、
この面と胸とを出来るだけ ひねらず
🔴右を向く 胴体、へそ、骨盤、アソコを右に向ける、
🔴右ひじをやや外目、やや高めに張る
🔴左上腕が上がる

この3つの動きを一つのユニット として トライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ダウンスイングの右向き時間の維持、確保
の為には 切り返しからの
「回転に左腕の下がり
左上腕の下がりが伴わない」
と難しくなります。

からだの回転を
胴体のひねり で行おうが、
股関節を境目にした 胴体一体で行おうが、
 からだを廻すゴルフの行為の中では
基本、
🔴右向きは 左サイドの方が低く(右サイドの比べ)
🔴左向きは 右サイドの方が(左サイドに比べ)高くなります。

同じコトですが、
右サイドの方が高ければ 右向きの時間で、
左サイドが高くなれば 右向きの時間では居られません。 

謎のストーカースイング_Moment謎のストーカースイング_Moment(2)





・・・・と考えると
左上腕、左腕が下がり易い条件が揃っている方が
右向きは確保し易い
、のだから

,靴覆蕕擦覆韻譴仍箸┐覆い茲Δ聞鼎気離轡礇侫箸
ヘッドの感じられない、遅らせないと使えないような
シャフトは避けた方が良いでしょうね。


⊆,法,匹Ε董璽アウェイ を取って
 どんな トップへ行けば 左上腕が下がり易い か
 自ずと答えは出てきます。


トップ付近で クラブの重さが 左腕、左ひじ に
 かかるような位置であれば その重さによって
 左上腕の下がりが誘発されます。


 左上腕を下げないと からだが開き易くなるのですから
 テークアウェイで 不必要に、必要以上に
 左腕を振る、上げる のはNGってコトになりますね。スイング ココを治そう❶_Moment
 右ひじに左ひじが被る(上回る)テークアウェイでは
 左上腕下げ難くなりますし、
 クラブの重さが左ひじにかかって来ませんから
 二重の意味でマイナスです。




 胴体をひねって 骨盤を右に向けず
 肩回り、腕周りだけで テークアウェイを取ると
 ダウンスイングの早い段階で からだが開くのは
 ほぼ 確実というコトに成り得ますね。
葛谷 2017-2020_Moment(2)

 まあ…一般的と言えば、一般的なんですが、
 上に伸び上がりながら からだを止めて
 無理やり 正面を作る って言う
 何とも言えない 技術 ってのもあるでしょうけど…。
 からだには良くなさそうな匂いが強くしますよね。
 上手に手を返す、ヘッドを返す ッテコトは
 それをする為の 土台である体は止める ッテコトになり、
 当然、伸び上がりながらのインパクトは必須になるのです。

 それらをひっくるめて テイクアウェイの取り方 。。。
 何をするためにテイクアウェイするのか という
 目的というか、経緯を考えて 初動を始めるか で
 だいたいのコトは決まってくると考えて良いでしょうね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ダウンスイングでの
 左上腕(右打ち)の降り/下がり が
からだの周り方に大きく影響
 を及ぼします。

意識、として 同じような回転をしていても
 左上腕が下がらないと
切り返しから 間髪入れず
 からだは開き始め易くなります。


理想的な流れ で言うと
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)
.▲疋譽后\橘霧き
▲董璽アウェイ 行きの右向き過程
➂トップ  右向き
ぅ瀬Ε鵝ゝ△蠅留Ωき過程

(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(5)
ゥぅ鵐僖ト だいたい正面
➅フォロー 左向き過程
Д侫ニッシュ 左向き

アバウトですが、こういう風になりたいです。

ところが 切り返し、ダウンで
左上腕が降りない/下がらない、
からだの回転に腕の上下が伴わない、 と
.▲疋譽后\橘霧き
▲董璽アウェイ 行きの右向き過程
置き去りくん1_Moment➂トップ  右向き
ぅ瀬Ε鵝 ̄Ωきの状態から いきなり左向き
ゥぅ鵐僖ト からだを止め 左サイドを上に突っ張って我慢
➅フォロー からだを止め 腕周り、クラブ廻りだけ動かす

Д侫ニッシュ 左向き 
と ショットで一番肝心な 打撃付近が大きく異なってきます。


ダウンで左上腕を降ろす/下げるか、降ろさない/下げないか で
腕やクラブの重さのかかり方を大きく異なり
下げれば 腕やクラブの重さによって
 左サイドが下がる、下がらないにしても
 上がるコトの抑制、低くなるよう促されます
 が
下げないと 腕やクラブの重さは 遅れ と言う形で
右サイドの残るので 腕も含めた右サイド全般 にかかり、
その影響によって
 △右サイドが下がり易く、左サイドが上がり易く
それが 無意識なからだの開き
 になっていきます。

全員、とは言いませんが、
スライスで悩む方、こすり球で悩む方の
多くの 典型的な姿勢 に行き着いていきます。


2020-10-19_21-38-40_Moment(3)

ダウンスイング、切り返し で
 左上腕を降ろすか/下げるか 降ろさないか で
全てが解決する訳ではありませんが、
少なくとも ダウンスイングで
 からだが右向きの戻りの時間を確保出来
 からだが開き難くなるのは確かです。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment

また ボールを上から打つ は
右サイドよりも 左サイドが低い時間帯に
インパクトに入る、インパクトの近くまでくる

ですので 上から打ちたいならば 必須条件とも言えます。

理屈 で言うのならば
アドレス〜インパクト この時間帯は
正面よりも右を向いている時間帯 です。
即ち それは 右サイドよりも左サイドの方が低い時間帯で、2020-10-19_21-38-40_Moment(6)
俗に言う ロフトが寝る、シャフトが寝る は
こと グリップや両肘の関係で見ると それとは逆に
左サイドの方が右サイドよりも高くなっているコトを
指しますので どこか で からだの回転と腕の関係が
途切れてしまっている というコトになります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフクラブは 体の右側にあれば
最大の重さになります。
勿論 左側に有っても 重くはなります。
2020-10-19_21-38-40_Moment2020-10-19_21-38-40_Moment(3)











しかし、これから 自分が左方向へ
動きたい、動かしたい場合
左側にあれば クラブは殆ど重量が無くなる
と言って良いのかも知れませんし
その重さによって、動作自体も促進され
だいぶ、楽になると思います。
そこを ダウンスウィング と言いますよね。

ゴルフスウィングには クラブを無理やり
自分の左に置かなくとも、実質的に
それを同じになる 場面〜瞬間が存在します。


何故ならば、スウィング動作には
前傾姿勢と言う傾きがあり、
それに加え、向き と言うのがあるからです。

右を向いていて、体の左サイドの方が
低い状態であれば、正規のクラブ位置で
自分に対しては 真ん中からやや右にあるクラブも
その方向きのお蔭で 重力的には
左に置かれているのと 似た関係になる瞬間が
ある筈です。

その機会を逃してはイケマセン。
video_Moment(インから振るのがすべて!じゃない_Moment2018年3月⇒⇒⇒2020年6月_Moment(4)










体だけを先にシフトさせたり、回してしまったり
すれば、せっかく重力的に左に位置しているクラブも
いきなり 右に追いやられてしまいます。

次の動作 と言う意味では
最高に軽く、促進もされ 動かしやすい 瞬間を
逃して クラブや腕を置き去りにして
体を動かしてしまうと
次の瞬間には
次の動作に対し、最大に重いモノに
変ってしまいますし
必ず 傾きや向きの変更も その複雑な
重さのベクトル性によって 複雑な立体へと
化してしまうので、 一言で言えば
天国と地獄の境目 と言うコトです。
スナップショット 5 (2012-10-29 14-24)

クラブヘッドの重心位置が
シャフトの延長線上にない、重心位置 や
重心距離が存在するのも
次の動作が簡単に出来る状態で
左肘やクラブヘッド〜クラブを動かし始めれば
その重さも形状も 打つ、効率よく、安定して
打つと言うことには最大の恩恵をもたらすのに
その瞬間を失った時点で
最大の負荷 に変わってしまいます。

シフトによる自然な体の向きの解け
によって クラブを出してくると
腕周り、腕力には 殆どナンの負荷も掛かりません。

いままで 体を正面に向けてから
腕力だけで クラブを出してきている多くのゴルファーには
その 無力感が耐えられないのかも知れません。

正直、そこには 何の充実感も
打撃感もありません もの。。。
スナップショット 2 (2012-10-29 14-23)
逆に クラブ形状を伴う その重さによって
スタートしたり、動いたりするので
ダウンスウィング中のクラブの重みは
殆ど ゼロになる
 と言っても決して過言では
無いと思います。

また クラブヘッドやクラブの重み
それだけでなく 腕の重さによって発生する
引力落下の力と言うか、スピードも
ある種 ヘッドスピードに加わってくるので
自分が加速する感じ…スピードを加える感じは
あまりしないのも有りますね。

どちらかと言うと、トップの位置から
インパクトまで 落下による直線〜〜〜〜
みたいな感じなので 非常に短時間
殆ど時間は有りませんから、余計なコトを
している暇など一切ない、寄り道なんかできません。
自由落下に付いていくのが 精一杯
そんな感じの方が強いでしょうか。

重さ感も無く、充実感もない
飛びそうもない感じがするんですよね、きっと。

そこは 頭と勇気で乗り越えて欲しいですけど
クラブを重心位置に従って 左に落とすのと
体の右に落とすのでは ロフトにはものすごく
大きな差が生まれます。
右に落とす限り、打ち手の運動性能による
疑似的な、偶然的なつかまり しか体験出来ませんし
必ず 重力に逆らいながらのスピードが必要に
なります。

クラブヘッドの重さが重力方向に落ちる
と言うスピードや破壊力も ボールを打つことに使えません。

落としてから ボールを的確に打つ
と言う動作と言うか、修正も必ず必要で
それは インパクト直前〜ダウンスウィングの後半
という 一番忙しい難しい時間帯です。

左に行くか
右に行くか

これによって 天国と地獄
クラブで打つか、運動性能で打つか
に真っ二つに分かれます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


切り返し ダウンスイング始動に
 左腕上腕が下がる(降りる)コト
ココから 打撃は始まる と言っても
決して過言ではありません。
(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(参考映像)ヘッド「は」振らない_Moment(2)






からだの向きと左腕(右打ち)の関係は
常に一定、

右向きの「行き」は上がり 〜テークアウェイ
右向きの「帰り」は下がり 〜ダウンスイング
左向きの「行き」は上がり 〜フォロー
からだと進行方向前の上腕の関係はつながっていて
常時、一緒に動き続ける 
これが スイング基本と言っても良いでしょう。


必ず 廻る に 上がる下がる
 が付いて回る と考えましょう。


✋廻るだけ、上げるだけ、下げるだけ は
 それそのものが 打ち遅れを生みます。


全員、絶対とは言いませんが、
スイングの悩みを抱える人の多くが
ダウンスイングで左腕、
 左グリップの方が分かり易い かもですが
✖左グリップの位置が低くなっても
 左グリップ(左上腕)が下がりません。 
 (動作 で言うのなら 降りません)

ハンドターン


🔴左上腕が下がるから回転が始まるのか
🔴回転が始まるのか左上腕が下がるのか

覚えて来たスイングタイプによって異なりますが、
多くは 左上腕が下がるから、向きが変わり始める
と考えた方が、その順番を意識した方が良いでしょう。



これは同時に
 クラブのスペックとも関係してきます。
一般的には
 意図的に シャフトはしならせないといけない
 シャフトをしならせて、しなり戻さないといけない

と考えられていますが、
意図的にシャフトをしならせる、しなる戻す
そのどちらかも 支点部になるグリップは
位置を固定して、言うなれば シャフトに引っ張られる
グリップを支点に ヘッドを動かす為に シャフトを使います。

しかし、意図的にはしならせる必要に無い シャフトの硬さ
であれば、自然に発生したシャフトの「たわみ」 や
しならせようとしなかった そのクラブの位置 によって
切り返しは シャフトが、クラブの重さがグリップを押そう、
打撃方向に押すように誘います。
 ✋✋この違い、シャフトの機能が反対ですから かなり大きいです。
ですので 好みを除けば、
切り返し時に グリップが押されない、
シャフトやクラブの重みによって グリップが押されない
🔴左腕を誘発的に下げられないスペックはNG
オーバースペック
と判断しても良いでしょう。
確かに クラブを選ぶ鍵 になりますが、
多くのクラブは 見栄とツッパリで選ばれる方が多い^^です。


downswing
また 見た目だけのトリックのように見えますが、
〆絃縅咫丙犬劼検砲降りる 回転 と
∈絃縅咾降りず グリップが低くなる
  には
スイングの悩みにつながる 大きな違い があります。

〆絃縅咾降りる/下がる 回転、ダウンスイング

 その時間が言葉の通り 左サイドが下がっていく ような
 時間帯  つまり 正面へ向けての右向きの時間
 です。

ところが
∈絃縅咾蝋澆蠅此▲哀螢奪廚低くなる 回転 

 IMG703グリップを低くする行為を 左サイドの上げる行為、
 右サイドを下げる行為で 代替え します。
 つまり その行為そのものが からだを開く ソノモノと言え、
 無意識ではありますが 正面へ向けての右向きの時間はすぐ消失し、
 いきなり 体の左向きの時間にはいってしまいます。



ですので 切り返し、ダウンスイングの始動で
 
左上腕が下がるか、下がらないか、
 
からだの回転に 左上腕の上げ下げ がくっ付いているか
が 右向きの時間の確保 につながってきます。
切り返して 限度はありますが、
左上腕が降りるか、どうか
が 右向きの時間の確保 
になってきます。

S20180921_MomentS20180921_Moment(2)




インパクトはからだの正面で!
 と言う言葉があり、それを意識するのはどうなのか
 言及し辛いトコロではありますが、
 自然な流れで
 右向きから 正面を介して 左向きになっていく
 その正面あたりに 
「結果として」 インパクトがあるのか、
 切り返してから すぐにからだは開こうとするが
 左サイドを上方に突っ張らかって
 向きの正面を無理やり維持するのか
 では
かなり大きな違いだと思います。
字面を見ても 故障の多そうなのがどちらか明白です。


昨日も書きましたが
スライスに悩み、
からだが開いてしまう から、それが原因と
どんどん からだを止め
からだが開かないよう、左サイドを上に突っ張る動き
をしちゃう人がいると思うと… なんだかな って感じです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



全員に当てはまる とは限りませんが、
 かなりの人にとって 参考になると思います。


いろいろ実験してみて
 多くの事実が隠れています。

まずは 動画をご覧ください。 



ショットとも、アプローチとも言えない
単に ソコの部分だけを抽出して やってみました。

片方は ダウンスイング/切り返し で
🔴積極的に 左腕、左上腕、もしくは左ひじを 下げる
 上げた左上腕を元の高さに戻す


これをスイッチに からだを廻す 感じ。
ヘッドの重さ分、遅れるコトを見越し
先に左腕を下げる を 廻ることとつなげている感じ、です。


一方は 意図的に 左腕を下げず
 単に体を廻すだけ
どちらか というと からだの回転で
腕やクラブを引きずる、というか 引っ張る感じなります。
(下げないと こんなにも違う_Moment

後から動画を見てみると
 左グリップは 低くなりましたが、
 下げている訳ではなく

 無理やり解説するのであれば
 進行方向、回転方向の前方にある
 左腕、左サイドが詰まっている、
 渋滞しているので
 回転が上手く行かず 右サイドが潜り込んでいます。
 (意識としてはやっていません)
 その分、シャフトも寝て、
 ハーフダウンのあたりではフェースも開いているように見えます。



かなりの差が出るのが
インパクト付近の『からだの開き具合』ですね。
ココの部分は
 全くの無意識です。
(下げないと こんなにも違う_Moment(2)

どちらも 空振りする訳には行かないので
本能的に からだが修正をかけたんだと思いますが、
右サイドが潜り込む分、
 左サイドは上に逃げざるを得ず
その結果、として からだの開き になるのでしょう。

つまり 左腕の下がりは 右向きの時間の延長 というか
右向きの時間の長さ を保つコト になります。

左サイド、左腕の付け根は
 上方にボールから離れますので
 どこかで止めないと ボールに届かなくなります。
 これって 間違った意味の左サイドの壁 かな?
 なんて思ったりします。


気になるのは アウトサイドイン等で
 インパクトのからだの開きが気になる人が
 間違った形で修正する可能性が秘めている というコトですね。
アウトサイドイン なので インから入れたい
 …より左腕を動かそうとしないお陰で
 よりからだが開いたりします。
 それを無理やり 止めようとしたら からだ痛めます。


左腕の下げ、
からだの回転と腕の下がりのリンク、
意識としては 重さも利用しつつ
左腕が下がるコトが回転のスイッチ、
最終的には一つの行為 になりますが、
積極的? 自発的な左腕の降り は必要だと思います。
。。。もしかすると
 ダウンスイングの 回転は
 回転そのもの…ではなく、その名称の通り
 左腕の下がり のコト を指すのかもしれません。

アプローチなどでトライしてみて下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アプローチショット で
 是非 覚えて頂きたいのが
ショットの基礎 となる からだの回し方 です。

動作 にですので
 コレを言語化するのは非常に難しく
伝わりにくいモノになりがち ではありますが、
その からだの回し方 を
 クラブのメカニズム から追いかけてみましょう。

まずは アプローチで言うところの 『距離感』
 は ヘッドスピード ではなく、
 クラブの振り でもなく
 腕の振り でもなく

⇒ 
からだを回転させる 動作速度 です。





この 『からだ』 というのがどこを指すのか
ゴルフスイングにとっては厄介ですが、
ロフトというコトを考えると 自ずと答えが出てきます。

クラブを振る、腕を振る、
 では 例え その速度が上がったとしても
 同時に ロフトが増えたり
 ヘッドの入射軌道が上向きになったりし
 折角、速度をあげているのに
 それが距離に反映されません。

アプローチにおいては 「わざと」
そうやって打つコトもない(ポッコン) とは言えませんが、
通常のショットのコトを考えると それは避けたいトコロ。
 😢 振っているのに飛ばない のは辛いですね。
(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(4)(グリップの移動 〜先端は振りません_Moment(3)






足でからだをまわそう とすると
 胴体はねじれてしまいます。
胴体を捩じると 腕の長さの関係 が合わなくなります。
足は からだ〜胴体をまわす、胴体の向きを変えるための
軸足を作るためのモノで
足を使って からだを回さない とは言いませんが、
向きを変えるための軸足作り ではあっても
廻るコトそのものを足でやるのは ゴルフ向きではないでしょう。

胴体をねじらない で 廻す、向きを変える 感覚は
人によって異なるかも知れませんが、
腰回りと同期して 肩を動かす でも
腰回りと同期して 腕を移動させる でも
どちらでも良く、ようは 胴体が一つのユニットになって
向きを変えられるのであればOKです。


胴体の向きを変えれば 腕も振られるように見えますし、
クラブも振られるように見えますが、
ロフトや入射角度が変化してしまうような
クラブの振り、腕の振りは 距離のロスやミスにつながりますし
胴体をひねる 捻じる は 痛みの原因、
 若者と呼べない年齢の人にはお薦めできません。


胴体の向きの変更、からだの周り、回転に対し
クラブヘッドは遅れます。
どうしても 取り戻したくなる気持ちは分かるのですが、
勇気をもって 遅れっ放し で どう打つか、
動作の加速に対し、徐々に遅れる、
徐々に自分にまとわりつこうとするゴルフクラブを
 どう フェースの下向きに変えるか は
腕の作業ではなく、腕の付け根の、からだの姿勢次第です。

アプローチの距離感 ⇒ からだの回し具合 は
 そのまま 飛ばすためのからだ使い、クラブ使いにつながります。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフショットの醍醐味、である
ドライバーの悩みと言うのは尽きないモノです。
445tl

クラブ、で言えば
 ドライバー単品を悩まれる方は多いですが、
アイアンも、ですが、ウエッジの影響は
実はかなり大きい
ですね。

現在、主流になっている
 軽量ヘッド装着の軽量スチールシャフトのウエッジ
なんですが・・・
ロフトの大きなウエッジとは言え
ゴルフのショットにおいて
 ボールを上げる、高さを出す
というのは 実は一番の難題
なんです。

ロフトがあるから 上がるじゃん!
 とは言うものの、
ボールを上げる 一番の要素 はヘッドスピードです。
ところが ウエッジは加減して使うコトが多いですから
 ソコはロフトが助けてくれる 筈 なのですが、
まず ヘッドスピードの代わりになるべくの
 ヘッドの重さが軽量です。
10109_169290996560973_105906599_n

次に シャフトの硬さ の問題 です。
 シャフトは 本来、ヘッドの形状の意味 も含め
 ヘッドの重み を使って
 打ち手のグリップを先行させる為、
 グリップを押す、先送りする役割があります。
ある程度の、シャフトの柔らかさ であれば
 グリップは押されますので
 インパクトポイントは 飛球線、
 右打ちの人であれば 左に押されます。
コレ、同じヘッド、同じヘッドの重量 で
 シャフトの硬さが違う 2本のクラブを打てば
 体感出来るコト、です。

ダフリ、トップ、チョロ も概ね似た原因で起こるのですが、
多くの方は ダフリ〜トップ は
 
インパクトに対し ヘッドの上下の高さのズレ 
 ミスの原因と思っています。
しかし、実際には
 
インパクトが先にあるか、左にあるか、右にあるか、が問題で
例えば 通常打つよりも
 10cmも茲法△發靴は蕕法.棔璽襪鮹屬い浸、
届かない?届きすぎる? という事はなんとなくわかると思います。
特に 今のように 気温が低い中 プレーする場合、
 ボールの位置を置き換えている人も居る筈です。
👀右に置いて………そして低温下でプレー となると
  シャンクは付いて回るでしょうね。

硬いシャフトはグリップが押されません。
その押すネタ元のヘッド重量も 軽い ですからね…。
ですので ウエッジに限らず、
 ドライバーに比べ、アイアンは 10cmも、20cmも
 蕁中に置いて打っている訳です。
そのボールの置き位置の差が大きい程、
 そのまま 双方のシャフトの硬さの差 と言えます。
IMG_1632_Moment(2)


硬いシャフト に軽いヘッド ですと
グリップは押されませんから
 インパクトポイントはどうしても 藉鵑蠅砲覆蠅ち ですが
それでも届きませんから ヘッドを振らざるを得ません。

ヘッドを振れば、ロフトは増えますが、
入射は緩くなりますので
 上がるだけの ポッコン としたショットになります。

ヘッドスピードにもよりますが、
 初っ端が上に向かうだけの スピン少な目の緩いショットです。

 それをそのまま
 今度はシャフトの柔らかいドライバー で行えば
上手く行き難いでしょうねー。
シャフトに押されて インパクトポイントを左に!
 と言う習慣がありませんから
✊シャフトはヘッドを動かすモノ と言う観念 と
 シャフトはグリップを動かすモノ と言う観念は
 似ているようで 大きな違いです。
シャフトの柔らかさが単に ヘッドの遅れになるだけ です。
 ロフトの立ったドライバーで ポッコンショット を
 打つコトになってしまいます。
 機能上、ボールの上がらなさ が距離につながるドライバーを
 ボールが上がる打ち方 で行ってしまえば
 打ち出しが高いだけでなく
 今度はスピードもあるので スピン過多 にもなりかねません。
 また ヘッドスピードの速くない方にとっては
 そのショットは
 ボールに打撃のエネルギーが伝わらず ←こすってしまうので
 逆に上がり切らず 伸びきらない球になったり、します。
5a0eeaec

😢また シャフトを振ろうとすれば
 遅れ は ロフトだけでなく、フェースの開き にも
 なりますから スライス〜こすり球になってしまう・・・
 のは ウエッジ、もしくはアイアンショットから来ている可能性
 は決して低くないと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


知られざる セッティングの狂い
 に スチールシャフトの特性要因 があります。
https___media_gettyimages_jpg

通常のスチールシャフト には
 ステップと言う段があり、
これ によって 強度、硬さを設定する、
つまり 単純構造の金属の筒、中の空いた棒 は
 その金属の厚みと太さで剛性を形成しています。


✋シャフトのシールとかが無く
 シャフトの硬さを見当付けたい場合、
 一段目(ファースト)ステップの位置 が
 どの位下にあるか 比較してみると良いですね


アイアンセットは番手によって、長さを変える為
 徐々に重くなっていくヘッド重量に相応して 下に行くほど
 シャフトは数値上、強く、硬くなっていく のですが、

 太さ によって その強度を調整しているスチールは
 △下にいくほど 必要以上に硬くなる性質
 △ある長さになると 極端に硬くなる性質
 △滑らかに硬さが変化しない
 特性をもっています。


均等にヘッド重量が増える限り、
通常は ある程度の規則性をもって
 150 > 155 > 160 > 165  …と
シャフトの硬さ〜振動数は数値が大きくなるのですが、
ほぼ全部、ほとんどのスチール装着アイアンセットは
9番アイアンあたりから ウエッジに向かって
数値の幅が 170 > 178 > 190 > 205
とあまり規則性無く 硬くなっていきます。


そして 現在、アイアンは中古市場以外は殆ど動かない
現状の中で、販売金額を下げる為
#5〜PW、#6〜PW と ウエッジは別売りのパターンも多く、
それにつれ ウエッジ専用機種は
 更に、輪をかけて 硬いシャフト装着のモノが多いのが現状です。


6番アイアン、7番アイアンに比べ
 はるかに硬いシャフトの装着されたウエッジ、
……勿論、使用者本人は 『セットの流れ』だと疑って信じない
7番アイアンと同じ感じで振る、打つ と
 想定の距離 よりも飛びません。

本来、ロフト角度と長さの違いによる距離 が
 同じ感じでは出せず、実は下に行くほど
 ちょっと強めに打たないとイケナイ のです。

まだ フルショット の場合、
 その差は 若干、ひっかかったり 程度で済みますが、
加減の必要なアプローチにおいては
 そのシャフトの硬さ、硬さの差異 が
 ミスの大元 と呼んでも過言ではないほど です。
20190811-OYT1I50023-1

元々 アイアン全体も硬い中で
更に硬いウエッジのシャフト。。。
普通に打てば 届かないか、トップ、ダフリ、
多くが無理に届かせようと ヘッド部を振るコトを覚えます。
ロブショット。。。のような
業界的には グリーン周りの 「ポッコンショット」
これ はなんと言うか、わざと打つミスショットに近いモノ
なんですけれど、それを常用のショット として
多くのアマチュアは覚えてしまいます。



いまとなっては 高齢のゴルファーや女性にまで
 スチールシャフトを使わせる時代ですので
性質上、軽いヘッドの付いた
 セットの流れよりも 硬いシャフトの装着されたウエッジ で
足元の緩い バンカーショットを打て は
『バンカー苦手製造機』と言って良いでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



弊社、ハミングバードは
重たいヘッド(市販品アイアン 240g ⇒ 300g)
柔らかいシャフト(市販品アイアン 290cpm ⇒ 170cpm)

という 俗称『悶絶クラブ』が売り なのは確か、ですが
重要なポイントは クラブセッティング でもあります。
 …セットの流れ ですね。
IMG_0103

今日も相談を受けた訳ですが
その悩みの始まり は ドライバー です。

現在の一般的な ドライバーとアイアン は
硬さ SR基準で言うと
ドライバー  硬さ-振動数 240~250cpm それ以下の場合もあります
5番アイアン 硬さ-振動数 300~320cpm それ以上の場合もあります

その上、ヘッドの大きさが異なり
ドライバー…重心距離 40mmオーバー/おそらく42mm
アイアン……重心距離 33~36mm
  。。。感覚として、数値として同じ重量でも
     重心距離の短いモノほど、軽く感じます△

シャフトが長く、アイアンに比べ 遥かに柔らかい 重心距離の長いドライバー
シャフトが短く、ドライバーに比べ 遥かに硬い 重心距離の短いアイアン

ごく一般的な、ヘッドスピード相応のセットであれば
ドライバーとアイアンの硬さの差は 4フレックス近くあります。

ドライバー基準(R)にすれば アイアンは XX の硬さ
アイアン基準(R)にすれば  ドライバーは L以下の柔らかさ。

これを交互に使う訳です。
冷静に、客観的に見れば 上手く行く方が不思議 な程の差です。
。。。ボールの置き位置にも かなりの違いが出そうな差 ですね



例えば アイアンをセッティングした としましょう。
ヘッドの番手間の重さの差
半インチ短くなることを前提にした
 番手間のヘッド重量の推移は 7〜8g です。
これに 仮に 振動数/硬さ 250cpm のシャフトを組む とします。
そうすると 5番アイアンを皮切りに
6番…7番… と 重くなる分、短くなる分
 250 > 255 > 260 > 265 > 270cpm……と
 振動数はある一定の割合で増えていきます

ですので 250cpmの5番 に対して
8番アイアンは 一インチ半短くなる分
数値、としては 265cpm 位が適当、
数値は異なりますが、似た感じ、似たタイミングで打てる「流れ」です。

5番 250cpm(硬さ/振動数)
6番 255
7番 260
8番 300
  …流れでは265の筈
9番 270
PW 275

とこらが 8番アイアンだけ セッティングミスし、
 振動数 300cpm で仕上がったとしましょう。
硬さ で言うと R と X  の差位
8番アイアンだけ 硬く仕上がってしまいました。
    かなり大きな差 ですね・・・。

車 で言うと タイヤ 4本4か所の内、
1本一か所だけ まったくサイズの異なるモノ が
ハマっているような状態です。
車・・・であれば クレーム。。。以前の状態 と言えます。

ところが ゴルフクラブでは往々にしてこういうコトが起こります。

その8番アイアンを練習で常用していた、としたら
コースでアイアンショットはどうなるでしょう?
練習で打ち慣れている 8番アイアンよりも
4フレックスも柔らかい他の番手 上手く行くでしょうか?
その8番アイアンの練習は 本当に練習の意味を成すでしょうか?

一般的には Rの硬さのシャフト と Xの硬さのシャフト
これを交互に打つと
Rの硬さのシャフトが上手く打てていれば
 Xのシャフトは届かず、トップ気味、ひっかり気味、飛距離不足
Xの硬さのシャフトが上手く打てていれば
 Rのシャフトは届き過ぎ、ダフリ、てんぷら、飛距離増大

になりがちです。
そして それを更に混迷させるのが
打つのは機械でなく人間なので
そういうミスが出れば 修正が入りますから、
何球目か打てば、その逆の結果も生まれ易くなったりします。
スイング造りも兼ねていれば
 もうスイングが悪いのか、クラブが悪いのか
 訳が分からなくなるのは当然と言えます。
HBS 001

少なくとも 同じような硬さ、流れがある
クラブで交互に打つよりかは 困るコトが増える のは
想像出来るでしょう。



その同じことが ドライバーとアイアン の関係にあるのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


Q:悶絶クラブは 
 どのように選べば良いのでしょうか?



☞ A:悶絶クラブには
✴ヘッドの重さ
✴シャフトの柔らかさ

という圧倒的に市販のクラブスペックと違いのある部分が
ございます。

どの位違うか…というと
市販の5番アイアンですと
(シャフトの柔らかさ・硬さを表すのは
 固有振動数の数値を使って表記します)

ヘッドの重さ    240g  ➡300g
シャフトの柔らかさ 290cpm ➡140cpm
こんな感じです。
この数値の差が基本になります。
*ちなみに アイアンの番手間の重さの増量は
#5→6 で8g前後です。
240g→300gの違いは 5番アイアンの長さに
ちょっと重いサンドウエッヂの重量が
備わったと考えるといいかも…です。
シャフトの硬さは通常
S(エス)シャフトと R(アール)シャフトの
硬さの違いは 10〜20cpm です。
290cpm→140cpmの違いは
SR→R→A→L(レディース)→LL→LLL→LLLL(3)→LLLL(4)→
LLLLL(5)→LLLLLLL(6)→LLLLLLL(7)→LLLLLLLL(8)
位と考えてよいかと思います。



この違いの中にも幾つかスペックが存在し
簡単な区分けをすると

✴ヘッド重量
市販スペック 240g
 。横沓毅
◆。械娃娃
❸ 320g

✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 。横娃cpm
◆。隠僑cpm
 140cpm


こんな感じの組み合わせになります。


弊社のクラブが 「悶絶」 と呼ばれるゆえんに
この「ヘッドの重さとシャフト柔らかさ」があるのですが、
多くのゴルファーは
クラブは左右にぶらんぶらん振って使うものだと
思っています。
ブランブラン使ってボールを打つと
ゴルフクラブの製品ロフト以上に
ロフトを寝かして、ボールの底面をこすって打つ
グリップとヘッドを別々(
別々な機会)に動かす
そんな打ち方を覚えていますから
一般のメーカーもそれに応じて
ストロングロフトにし、
ヘッドを軽くし、
シャフトを硬くし、
ヘッドを返しやすくし、

量産型のクラブの造り手のコスト意識にも通じるので
その道をまい進してきました。
スナップショット 1 (2013-06-09 15-03)スナップショット 6 (2013-06-09 15-04)






そのぶらんぶらんクラブを揺さぶったまま
ヘッドの重い・シャフトの柔らかい(悶絶)クラブを
使用すると、その動きはさらに増幅され
より ロフトを寝かして(フェースを開いて)
よりボールの底面をこすって打つような形になり
悶絶してしまう訳です。

しかし ゴルフスイングの基本は回転運動・軸運動です。
ゴルフクラブ自体が動くものではなく
ゴルフクラブを持った打ち手が向きを変えることによって
ボールを打つ為のもので
本来のゴルフクラブの各役割は
ヘッドの重さは直接的にボールに…打撃力として働き、
シャフトの柔らかさは
クラブの重さが 
より打ち手のつなぎの部分であるグリップを動かし
体の回転に助力・追従させるためのものです。

それを実感して頂けると
より少ない力で、より遠くへ、そしてより真っ直ぐ
ゴルファーの永遠のテーマである
遠くへと真っ直ぐと言う両立が可能になります。

で、そのためにどう選ぶか…というと
よく聞かれるポイントで
その人に合ったもの…と言う言葉がありますが、
その人に合った というのの
「いつ」に照準を合わせるかが重要です。
HBS 001


【ケース1】現在のその人に合った というのは
  過去のもの を指します。
現在のゴルフスイングは過去のスイング遍歴やクラブ遍歴
それらの蓄積によって作られたものです。
当然 市販クラブをベースにしていますから
ヘッド重量も軽め ヘッド,箸
シャフトも弊社の中では硬め シャフト,箸
そこら辺を選ぶと
今までのスイングのまま、
ヘッドやシャフトの恩恵を受けられます。

お金と時間はかかってしまいますが
「よし! スイングを変えるぞ‼」 と
意気込まなくても、ステップバイステップで
、□ とスイングは徐々に変わっていきます。
「慣れ」がスイング改造とも言えます。

d4a3aa3c


✴ヘッド重量
市販スペック 240g 
 275g   300g
✴シャフトの柔らかさ
市販スペック 290cpm
 200cpm   165cpm   140cpm

【ケース2】スイング改造に重きを置く
これは未来、悶絶クラブを使って未来に照準を合わせる
ということになります。
その場合は 
ヘッド
シャフト△
ということになりますが、
シャフトはかなり強烈です。
多くのパターンですが
違和感は持っていても、市販のクラブを使って来た人が
シャフトをいきなり打っても当たりません。
空振りもあり得ます。
ところがシャフト △發靴は△鮖箸辰真佑
シャフトを打つと、特に違和感は感じず
ヘッド重量は同じなのに シャフトの方が
ヘッドを感じられ、より楽に感じます。
市販クラブからステップを踏んで
あまり悶絶をしないでとなると シャフト◆➡ 
という事になりますが、
悶絶は深くとも スイング改造を重視するのなら
一気に ヘッド◆.轡礇侫鉢 の組み合わせも
楽しいと思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


進化版L型ブリストルパター(480g) と
一般的な市販のパター
(300g強)  の
最大の違いは ヘッド重量 です。
010

パターは飛ばさない道具
 と認識されているゴルファーは少なくありませんが、
少ない力で飛ぶのなら
✌小さなストローク、
✌ゆっくりしたストローク、
✌小さなストローク幅で

十分な距離を打てる方が より簡単 です。
008

軽いヘッド・硬いシャフトの市販のパターで
弾いて打ってしまうのは 仕方ないかも知れませんが、
L型ブリストルパターの持つ その打撃力・破壊力を
弾いて 無駄なスピンにしてしまっては勿体無いです。


パターストロークは
ボールが地面を転がって進むので
ショットと異なり 順回転・オーバースピンになりますが、
パターにおいての 良い転がり とは
オーバースピンが沢山かかることではなく
逆に 同じ距離を進むのなら 少ない回転 の方が
地面との接触も少なく、
よりブレーキが掛かり難い上
芝目などの影響も少なくなります。
(曲がりにくい・直進性が高い ということです)


006

多い回転になると ブレーキも掛かり易く
芝目の影響も受けやすくなりますから、
意図的に オーバースピンをかけるような弾くストロークは
実は サイドブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるように
良いことは何一つありません。
007

ボールは自重により 始め少し沈んでいますから
そのくぼみから 飛ばしてあげてから 転がり始める方がよく
いきなり オーバースピンをかけてしまうのは
くぼみの壁に当たり、エネルギーをロスする上に
跳ねてスタートするのでラインに乗りにくくなります。

パターにおいて 一番悪いパターンは
歯で打ってしまう事で
特に
ロフトが、フェース面がどんどん上に向きながら
加えて、ヘッドも上昇、上り傾向が絡むと
歯がボールに入ってしまいます。
006009









距離にもよりますが、
パターでの自然なボールの回転数は 数百回転 なのですが、
歯が入ってしまうと 途端に5倍〜10倍の 2000〜4000回転
が初期に入ってしまいます。
お分かりになるとは思いますが、
同じ打撃力で 500回転で済む回転数が2000回転(4倍)
になるということは それだけ推進力を取られてしまうだけでなく
その回転数の増幅が当然地面との摩擦として働きます。
出だしはピュッと早く出ても、すぐに減速して伸びない ばかりか
摩擦として芝目を多く受けてしまいますから
その回転力が曲がりをさらに増やしてしまい
切れが大きくなってしまうのです。

L型ブリストルの良さを引き出すのには
単に ヘッド・フェースでボールを押してあげれば
いいのですが、逆に弾いてしまうと
破壊力があるために 逆効果になってしまう場合も…。

ショルダーストロークはパターだけでなく
ゴルフショット(ストローク)にとって
良いことは何一つないのですが、それはさておき
自分のストロークをガラスや鏡で見て頂きたい。

注目するのは 自分の動きではなく
パターの動きです。
特にヘッドではなく、シャフトに注目して貰いたいのです。

パターストロークは
ショルダーを使った 振り子で振らなくとも
多少ヘッドは上下に動きます。
理想的には やや高い位置から低い位置に
高低差という意味では斜め直線に動きたいのですが、
そうも行きません。
高いところから 低いところ
 そして打ち終わると 高いところへと移動します。
009

パターは確かにクラブの中では
ロフトは立っています。
L型ブリストルはやや多めの 5度のロフト です。
そのロフトとは シャフトとの角度差 を指しますから、
ボールに対し、地面に対し
シャフトを振ってしまうと それだけ大きなロフトのクラブ
で打つことを意味します。
ゴルフクラブは構造上、ロフトが寝て来れば
フェース面の下部、歯の部分が前に出るような形に
なりますので トップになりやすいですね。
ボールが下に飛び出た上に スピンが多くかかるのですから
ブレーキも掛かりやすいでしょう。
IMG_0538IMG_0539












インパクトもそうですが、
それ以降(フォロー)に対し
シャフトが ロフトを増やさず
シャフトの角度、姿勢がそのまま
ボールを打つ抜いてあげる という事が重要です。


同じような位置で、同じようなヘッドの高さでも
シャフトの角度によって
これだけ フェースの姿勢は違うのです。

そして これは必ず撃つ方の人間の姿勢にも影響します。
特に 肩の振り子で振る人にとっては
このシャフトの延長線上に頭があるわけで、
ヘッドが前に出るストロークでは
撃つ人の頭は右にズレ易く
 その分、最下点は右にずれます。
より一層 歯で打つ確率が高くなるわけです。

意識がヘッドに行ってしまいがちですが、
人間が操作できるのは グリップの動かし方 ですから
同時にシャフト姿勢の意識も持って貰えると
L型ブリストルパターはあなたのパッティングを
インチキのように向上させます。保証します。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ボールをこすらないでMVI_0873 (2)(2)_Moment(5)
ロフトを開かないで 打つのには
よく からだの正面で と言われますが、
まあ 今のご時世。。。
 そのからだの正面がどこなのか が
 ものすごく色々あるので こまるのですが、
からだの正面でインパクトする
 のは 両腕の長さの都合がつき
ロフトが寝にくい状態になるから
 です。

mh
← ですので からだの正面で!
は満たしてはいませんが
その目的(両腕の長さ)は
達成していたり するわけです。
若者がなせる技 といったトコロでしょうか…

インパクトまでに 右腕は伸ばした方が良い
 とよく記事にも書きますけれど、
トップ〜切り返し〜ダウンスイング の
右打ちの人で言うと 上から見た時
反時計まわり〜左回りの回転をする中では
右サイド、右腕にも大きな負荷がかかるため
意識的に 「右腕を伸ばそう」 とすればするほど
右肩がさがり 右腕を伸ばす距離、空間が無くなるモノです。

インパクトを右腕の伸ばし や かいな でしたいタイプの方は
どうしても 右サイドがさがる「イキミ」が
ついて回ってしまいます。

BlogPaintスナップショット 4 (2018-04-02 11-36)








ロフトを寝かさないため
右腕を元の長さにもどすためには
 ̄Ε汽ぅ匹高くないと空間が足りなくなります
∩以の左腕が下がってくれないと 渋滞する形になり
 右サイドが下がります。


あとは考え方では
△右肩をさげない
△右腕を伸ばす
と考えるよりは
🔴右肩が下がる前に打ってしまう
🔴右腕が「なにか」によって伸ばされてしまう

と考えた方が 動作の答えを見つけやすい と思います。


そういう意味でも
1.テークアウェイ時の右腕の曲げ(縮み)
2.からだの向き
3.左腕の上がり具合

は連動して置く意識は大切で
それがダウンスイング時になると
左腕の下がり具合 ⇒ からだの向き
それが 結果として 右腕の元の長さ
 につながってくるわけです。 

左上腕が、もしくは左ひじが下がるから
からだが回り始めるのか
それとも からだが回り始めるから
左上腕が下がるのか は人によって異なるかも知れませんが、
からだの向きが変わることと
左上腕の上下はいつもついて回る習慣付け が
欲しいトコロです。

推測?想像なのですが
多くの人は『右腕で叩く』コトが打撃 なのでしょう。
右腕で叩く = 右腕を伸ばす
が故に からだの向の連動と左腕の上げ下げが
分離してしまい、からだを回し、突っ込んでから
右腕を伸ばす と言う手順になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ