◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


店主「アプローチショットは ピンキャリーが原則
  そうなると 練習場で 感覚的に
 30ヤードって どういう感じ。。。なのか
 50ヤードって どういう感じ…なのか
 重要になってくるので、練習に意味が伴ってきます。
 上手く成るために 宿題のように
 アプローチの練習をするコトが無くなります。」
J氏「確かに、そういう感覚で練習していたかも…知れません。」
Desktop 2022.01.23 - 22.52.43.01_Moment

店主「また ウエッヂを使うショットは
 上手に打てても ソールは地面と接触します。
 ですので ボールをヒットする感じ、振るスピードではなく
 ソールで地面を叩く、触れる、そういう感じが距離感と考えて
 良いと思います。
 クリーンに打とう なんて する必要は一切ありません。」
J氏「そうなんですね。」

店主「実際には アプローチに限りませんが、
 残りの距離をきっちり打つ、
 細かい状況を無理に詰め込まず、
 打つ状況で 自分をより追い込まない、
 より シンプルな条件で 自分を打たせる

 というのが ミスを出にくくさせる第一条件です。
 そこらへんが プロの真似をし過ぎ というか、
 漫画の読み過ぎ であったりするかもしれません。

 また、そのショットの次のショットも
 当然、自分が打つのですから
 自分が よりショックを受ける、しょんぼりする、
 そんな状況に自分を追い込まないよう
 より精神的に楽な、シンプルな状況を考える、
 というのは ゴルフの流れを作るのではとても大切です。」
Desktop 2022.01.21 - 17.27.59.01_Moment
店主「例えば こんな状況、
 バンカーショット 残り20ヤード強、
 ボールは若干の左足さがり、
 こんな状況で 目の前のバンカーを越えた
 すぐのところに落とそう とすれば
 上手く打てば打つほど 前のあごにひっかかり、
 もう一度バンカーです。」
J氏「すごく やりそう…です。」
店主「20ヤード のピンキャリーのショット、
 ミスしてホームランとかも当然ありますが、
 優勝争いをするような 狙い(落としどころ)をして
 目の前のあごにひっかかって バンカー…
 おそらく そのバンカーショットも出るだけ、になりがち で
 そして ダボやトリ、ダブルスコア、
 正直、ドライバーでOBを打ってしまうよりも
 あとあと 精神的なダメージはボディブローのように
 効いてきます。
 ここは 余程の確信が無い限り、
 100% 狙いはピンキャリーのバンカーショット です。」
J氏「プロが確信を持っているのは
 これに似た状況を実際に練習しているから、な訳ですね。」

店主「その通りです。
 アマチュアがプロの真似をして良いのは
 練習が 現場と酷似している ドライバー位なモノ、です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5

Desktop 2022.01.23 - 23.06.47.02_Moment
店主「このシチュエーション
 ピンまでは 33ヤード
 もし バンカーを越えた 直ぐのトコロ(赤丸)に落とすとしたら
 20ヤード前後キャリーさせて 残りは転がり。」
J氏「いつも そういう狙いをしています。」

店主「本当のグリーン周り グリーンにかかっているトコロ からは
 ランニングや転がしを推奨していますけど
 この場面ではそれは出来ない。
 となると アプローチの狙いの基本中の基本 は
✋✋✋ピン・キャリー を打つコト。


J氏「ええええ?! そうなんですかぁ」

店主「そうですね。
 だって アプローチの練習 って
 20ヤードキャリーさせて 10ヤード転がす なんて
 練習って…毎回してます❓」

J氏「ほとんど してないですね。」

店主「ですよね。30ヤードのショットは練習したコト
 有ると思うんです。 ですので 練習場でしている通り、
 30ヤードのショットを打てば良いんです。
 練習場で したコトもないシチュエーションを
 現場でぶっつけ本番でやるんです。
 打つ前から 結果、想像出来ますよね…。」

J氏「ですねぇ。。。そう言われれば ホントにそうです。」

店主「今、手にしているのは PS(AW)やSWですので
 上手に当たれば 想定より 微妙にショートし易いので
 きっちり ピンキャリーをイメージして打つ方が良いです。
 そして そのボールは 結構、止まります。
 それに比べ、上手く行った、としても20ヤードキャリーの
 アプローチは まず、スピンが効くコトはありません。」

J氏(実際に行いながら)「確かに…上手く行っても止まりませんね。」

店主「プロの場合、この練習も 飽きるほどしています。
 ですので 練習通りに その狙い通りにしたり しますが、
 アマチュアの場合、そういう狙いで練習していません。
 聞いたコトはないですが、小学生の夏休みの漢字の書き取り のように
 なんとなく やっていれば 上手く成る…程度の意識で
 アプローチの練習をしている気がします。」

J氏「本当にそうですねぇw」

店主「練習場でアプローチの練習をしても、
 現場に行くと そのアプローチの練習を活かさない、
 その練習が活かされないので
 練習場でのアプローチに身が入らない と言う悪循環になります。」

Desktop 2022.01.23 - 23.06.47.02_Moment
店主「20ヤード先に この円の中にボールを打つ、
 なんて練習もしていませんし、
 20ヤードのショットはヘッドスピードがありませんから
 数ミリの当たりの差が そのまま 弾道に出ます。

 バンカー越え なんて ショットの多くは
 ライも逆目、芝付きが悪いケースも少なくありません。
 ヘッドの入り に厳密さが必要で
 ヘッドの抜けも良くない状況です。


 バンカーを越えた すぐのトコロ・・・
 この狙い場所 だと キャリーボールの位置が
 前後左右 30僂困譴燭世韻如…砲ぅ潺垢吠僂錣蠅泙后

 加減しながら…ビビッて打つような
 ゆっくりのこのショットの 難易度はとても高いです。


 バンカーに入ってしまうことも往々にしてあると思います。
 30ヤード、35ヤード打てば ヘッドスピードは速いので
 数ミリ程度のズレは スピードが吸収してくれます、から
 余程、のミスでない限り、だいたい OKです。」

J氏「バンカー…あります、あります。」

店主「勿論、その狙いを練習しており、
 ソコソコの成功率に自信があるのなら 良いです。
 
 ピンキャリー 30ヤード前後のショットを打つのであれば

 前後左右に1m 半径2mの円の中であれば
 正直、どこに落ちても 結果は大きく差が出ませんが、
 目の前のバンカー越え狙いでは 半径50儖焚爾留澆涼譱世
 なのですから 難易度が高過ぎます。」

店主「アプローチの基本は ピンキャリー です
 そうして置けば 次のパッティングのラインや距離感も
 参考になる情報が得られます。」

店主「また バンカー越え の厳しい狙い、
 往々にして ミスって バンカーに入ってしまう…のですが、
 そうなると 持っているクラブがPS で SWに変えたい…けど
 カートやキャディさんが近くにいないから そのまま、とか
 落ち込んで、投げやりになってしまう、とか
 中途半端な判断で打ってしまったり、とか
 上手く行かないよう 自分を誘導してしまう可能性が高まります。」

J氏「うわ…見られているようです。」
店主「ですので アプローチは どの場面であっても
 まずは ピンキャリーが基本。
 他に選択肢が有った場合、
 自分のコンディション や 状況、成功率、
 次に起こりうるコト などを照らし合わせて
 ちゃんと『判断』する必要があります。
 『判断』をしないなら ピンキャリーが原則 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


あるお客様(仮称 J氏)との会話です。
多分…多くのゴルファーに役立つお話し になると思います。
お楽しみ、下さい。


弊社のお客様の中では 飛ばし屋に分類されるJ氏
悩みがある、とのコトです。

J氏「この間、ゴルフを一緒に回った
 スコアの良い人から 君はもうドライバーとか、
 フルショットの練習はいいから、アプローチ練習してきなさい、
 って 言われちゃいましたよ。」

店主「あら、スコア伸び悩んでるの❓」
質問「スコア自体は気にしてないんですけど
 アプローチって失敗すると ストレス溜まりますから
 もう少し アプローチ上手くやりたいんです。
 どうしたら良いすか?」

店主「うわぁ、すごく漠然としているけど
 もしかすると……だけど…  アプローチが下手、なのではなく
 アプローチのアプローチが下手なのかも・よ」

質問「❓❓❓ えぇ⁈ どういうコトですか❓」
店主「じゃあ まず シュミレーションゴルフで
 アプローチやってみましょう。」
Desktop 2022.01.23 - 22.52.43.01_Moment

店主「場面は ショートホール。
 小川越えのティーショットは 少し引っかけになり、
 小川は超えましたが、バンカーも超えました。
 バンカー越えの 33ヤードのショットです。」
J氏「うわぁ 苦手です…。」

ショットをして頂くと ミス、は仕方無いんですが、
妙な躊躇が見られます。
店主「30〜35ヤードのショットだから
 ほどほど 打つ筈なんだけど、
 …こう…なんと言えば良いのか 躊躇と言うのか
 ビビりがあるように見えるんだけど、何故かなぁ?」
J氏「だって ほら バンカーを越えたギリギリを…。」
店主「ええええええ😵
 ど、どこ 狙ってるの❓」
Desktop 2022.01.23 - 23.06.47.02_Moment
J氏「こんな感じのトコロにキャリーを…。
 グリーン自体は右に傾斜しているから
 ソコに落として あとは自然な傾斜で近づく を想定してます。」

店主「あらぁぁ… そんな難しいトコロを。
 マンガみたいな狙いだよね。
 プロであっても 優勝争いをしている、とか
 予選通過ライン ギリギリ でホールが残り少ない、とか
 平均値で言えば その狙いはしない、かもよ。」
J氏「え?! そうなんですか❓」
店主「うん。そこを狙わない、
 特に アマチュアは その狙いをしない方が良い には
 結構、明確な理由があるんだけど、ね。」


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「骨盤と足の造りは 男性と女性には違いがあるので
 足、足首、股関節を作用点として
 からだの向きを変えるのに 女性はあまり違和感を持ちません。」
質問「股関節の造りが違うんですね。」
Rサンのスイング奮闘記➁_MomentM20191011suburi_Moment








店主「そうですね。
 ところが 股関節を使い慣れている人は別として
 男性ゴルファーの多くは 腕だけ、もしくは胴体を捻る、
 上半身型の回転が多く、骨盤と言う部位に関しては
 向きを変えるよりも、むしろ 廻さない意識が強い
ので
 回転の作用点を 股関節や足首に変えるのに違和感を持つ、
 や 骨盤の向き と言う感覚が薄いケースが多いです。」
5399116133106141






質問「言われてみると そうかも知れません。」
店主「ですので 少々、品が無いかも知れませんが、
 あそこ、弊社で言うトコロの 秀二の向きを意識してみる、
 と言うのは意外に効果があります。」
質問「秀二さん、ですね、」
店主「そうです、若い時、暴れん坊だった秀二さん、です。」

店主「回転のまとめ、になりますが、
 回転、からだの回転 というコトになると
 意図的に 腕だけで廻るを望んでいる人は少ないですが、
 若いプロがやっているような、胴体を捻る、
 そう廻っていると信じている 多くの人 が
 腕だけを振って クラブを動かしています

((((((((_Moment

店主「腕でクラブを動かしているコト自体は是非も無いのですが、
 腕でクラブを動かしている、もしくは 胴体を捻って
 カラダを廻している回転は
 疲れや加齢による運動性能低下 などに弱く、
 だんだん 回転量や回転力がかなり顕著に衰える、変化します。

 ラウンド中、テークアウェイが浅くなり
 タイミングが早くなる… そして、それがミスにつながる、
 カラダの構造上、胴体を捻る というのには
 無理があり、限界があるので そのミスは誰のせいでもなく
 必然でやってくる訳です。」

質問「手で振って 良いインパクトを造るのには
 腕の筋肉によるフェースターンという
 普段でも難易度が高いのに、疲れている時に
 上手くそれを操作するのは さらに難易度上がるのですね。」

店主「そうです。 そうしないで良い 回転、
 「からだ」の回転気味 にしておく方が色々な意味で安全です。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)スナップショット 1 (2013-11-19 11-20)










質問「歳を取ってくると その行為自体が辛くなるので 
 回転する箇所を 股関節や足首、股関節気味の足首 に
 移しておいた方が、長く、傷めず、ゴルフを楽しめる、と。」

店主「ハイ✋股関節よりも下を作用点として 向きを変えれば
 俗に言う、からだが硬くなっても 回転力、回転量を失わず
 飛距離と安定性を両立しやすく なると思います。」

「回転の作用点を変えるには 慣れが必要なのは確か、ですが、
 視線、視界ゴト 右を向いてしまう、
 ボールから目線を切る、や
 ボールを直視、凝視しない と言うのも一つのポイントですし、
 からだの向き は 秀二さんの向き
 というのも 回転を股関節を境にした、上と下 に
 分けるポイントだったりします。」 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「からだの回転…ではなく、回転、向きの変更
 そのものには 結構な難敵、天敵がいるんです。」
質問「からだの、ではなく、回転の、天敵ですか❓」

店主「そうですね。回転、向きを変えることの天敵であり、
 ゴルフ用語としては結構、推奨されています。」 
質問「えぇぇ それはなんですか❓」

店主「ボールを "よく" 見るコト です。」
質問「ええええええ 良いコトですよね⁈」

店主「ハイ、悪いコトではありませんが、
 可愛い女の子をジィーッと見るように 直視、凝視せず
 あああ ボールがあるなぁ 程度に見るのなら、です。
 ボールを見るな、とは言いませんが、
 暗闇で何かを見つめるように、目を凝らして
 ボールを見つめてしまうと 向きを変え辛くなります。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)







 からだ、を回転するとすると
 そのからだの向きは 背骨やその辺りが 軸になる
 運動になるのですが、あまりにジッとボールを見てしまう、と
 顔や頭、目が支点になる動きになったり、しがち です。」

質問「ボールを見ちゃいけないんですか?」
店主「そうまでは言いません。
 ゴルフのショットはボールは動きませんから、
 ものすごく気合を入れてみても、そうでなくても、
 結果にはあまり差がない、
 その上で ショットには回転力は重要なので
 それを阻害するほど 気合を入れてみる必要はない

 阻害するのであれば ボールを見ない位の意識で良いと思います。」

質問「ああ なるほど。」

店主「ある実験がありまして、
 真っ暗闇の中で 光沢の無い黒いボールを打ってもらう、
 その不安感は何か と調べたところ、
 ボールが動くか、よりも 本当にソコにボールがあるか、どうか、
 の不安の方が強いそうです。

 ですので 通常のショットの場合、
 視界の中にボールを入れて置けば良いだけで、
 向きの変更を妨げるほど 見てはイケナイ と思います。

 良くあるパターンなのですが、
 本来、テークアウェイでは、右に向きを変える為、
 頭の前側にある目の部分は、頭の厚み、奥行き分、
 ボールから遠ざかるのですが、
 あまりにボールを凝視してしまうがために
 本能的に ボールと目との距離を保ってしまう、
 が故に カラダがボール側に傾く、近づいてしまい、
 ダウンスイング、インパクトで
 今度はボールから離れざるを得なくなる。」
(回転とフットワーク_Moment(3)(ぶ厚い当たり 上から打つ〜ボールをつぶす_Moment(2)







質問「あぁ よく見かけますね。」
店主「ハイ。であるのなら、練習や素振りでは
 一度、ボールから目線を切って
 ボールから目を離す、と言う練習をしてもいいかも、知れません。」

質問「恐そうですね。」
店主「怖いでしょうね。
 慣れが必要なのは確か、です。
 ですが、将来のコトを考えておくと
 ボールを見続けるコトで回転力を失うよりも
 回転、向きを変える方が大事ですし、
 動作の特性上、ボールを見ろ、は何時でも出来ますが、
 ボールを見るな、は慣れないと出来ません。
 どっちにしても見てしまうモノ、なんですが、
 向きを変える と ボールを見る の融合点、
 今まで ボールを凝視することによって 回転を阻害していた、
 というコトに気付ければ かなり大きなプラスです。」

質問「確かにそうですね。」
店主「多くの場合、 ボールをよく見ろ のアドバイス は
 ボールから目を離そうとした訳では無いのに
 まったく 別な要因で、
 ボールから目を離したように「見えた」だけに過ぎません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店主「安定して 飛ばせる、
 は誰もが望むモノですが、
 それを実現するには 無理なく回転する のがベターです。」
質問「カラダ で、 ですか❓」
店主「からだの無理が効くうちは
 その回転力の箇所は問いませんが、
 ある年齢を超えてくると からだの仕組み通りの回転、
 向きの変更を造っておかないと 回転力はかなり減衰します。
((((((((_Moment

店主「昔から思っているのですが、
 折角、ゴルフをするのですから
 歳を取ってからも 元気でいられるように
 元気でいられるような動きをしておく方が良いと思うのです。
質問「それはそうですよね。」
店主「高齢の方でよく見かけるのですが、
 ま、腰が痛いから、と言うのもあると思うのですが、
 こう 膝から下だけ動かしてチョコチョコ歩いている、、、
 太ももが上がらない、というか、股関節の稼働率が低い、というか
 姿勢も悪くなり易いですし、
 転びやすくもなると思うので、
 若いうちから 股関節をもっと稼働させるような
 スイングをしておくコトが役に立つ、と思うのです。」
質問「なるほどー。」

店主「股関節、もしくは 足首を作用点に
 からだの向きを変えておくと 説明した通り、
 ラウンド中の疲労などによる 回転力の低下も穏やかですし、
 年齢による低下も穏やかです。
 股関節を稼働させるので 股関節廻りの筋肉、
 太ももやお尻、お腹や背中を使いますから
 体幹が強くなる、とまでは言いませんが、
 衰えにくくなると思うのです。」 

質問「フットワーク、というコトになると
 お約束の体重移動も付いて来ますよね。」

店主「避けては通れませんが、
 体重移動は体重移動そのもの為にするモノでは無いです。
 お薦めする 股関節を作用点に体の向きを変える、
 でお話しすれば、
 右を向く時は 動かない、回さない、土台になるのは
 右足、特に右の太もも、
 動かす箇所、廻す箇所、稼働させる箇所は それ以外、
 ですので 右足が立ち足 になるので
 自動的な立ち足にするには 自分の重さをかけるコトです。
 つまり 向きを変えるための立ち足を造るモノが
 体重移動なんです
。」
(回転とフットワーク_Moment(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)







質問「なるほど。
 でも、左への俗に言う「体重移動」が難敵なんですよね。」

店主「ソコを悩んでいる人は多いですが、
 前述のように 体重移動する為、体重移動するのではなく、
 左を向くために 左の立ち足が必要なんです。
 そのために重さを左足に掛けたいのですが、
 それは 一見、フットワーク に思えるかも知れませんが、
 左足に掛ける重さ とは 左腕 なのです。」
質問「フットワーク ではないんですか?」
店主「足自体は動きはしますが、
 重さがかかるから、仕方ないから動く ようなモノで、
 クラブを持った 左腕が 左足の前まで来るから
 重さがかかってしまう、だから 左足が動けなくなる、

 と言う 繰り返し易い必然 を造った方が良いと思います。」
「体重移動を意識し過ぎて、フットワークだけで
 茲砲困譴茲Δ箸垢襪函―鼎気遼楝里右に残るので
 腰辺りだけが茲縫坤譴
 カラダが上を向き過ぎる結果に終わります。
 これを 本来、スウェー と言うんですけどね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「スイングでの回転を考える時、
 何に意識をした方が良いでしょうか❓」

店主「回転は 動く箇所 と 動かない箇所 があります。
 コト 回転を考えるのであれば
 何が土台、動かない、動かさない箇所になるか、
 だと思います。」
((((((((_Moment

店主「安定している、繰り返せる、そして 飛ばせる
 誰もが望む部分ですが、
 それを出来るだけ 両立する と…
 クラブの先端の重い構造、偏った重さのヘッド、
 方向や距離、弾道を司るのがフェースの上下左右の角度
 を融合するには

 ]/肩
 胴体 胸/腰
 足首 靴/足首より上
 股関節 太もも/骨盤より上
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)







 ,痢.ラダは動かさず 肩、肩甲骨から先の腕だけ振る
 は出来るだけ避けた方が良いです。
 ,両豺腓蓮‘阿さない土台になるのが カラダで、
 クラブをターン(回転)させるのが 腕廻りのチカラ です。
 他の回転(ターン)に比べ、クラブの先端、そしてフェースを
 回転させる量が多いですし、
 クラブのターンそのものも腕でしなければならず
 技術的にも難易度が高いですし、
 労力が腕力依存になりガチ です。
 言葉は悪いですが、腕力の有る若者だけが出来る、
 と言ってよいかも知れません。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)






「△硫鹽召両豺隋胴体を捻る、
 動かさないのが腰、骨盤で、動かすのが胸から上、
 コレも若い時、可能ですが、ある程度の歳になると
 カラダを捻じるのを 本能的に拒否するようになります。
 ラウンド中だけでなく、スイングそのものの傾向が
 歳とともに ,飽椶螳廚い里如
 気付いたら その作用点を少し下げ、股関節に移す、
 もしくは 作用点を股関節気味 にする方が、
 年齢や体力の低下による影響が防げます。」
202176_Moment
「➂の回転は大きな問題は少ないですが、
 右向きの時の右足、左向きの時の左足 という
 回転の軸 ではない、用語としての軸足 と言えば良いのか
 カラダを支える足、動作を支える足(立ち足)が造り難い、
 と言う欠点があります。
 他の言葉にすると 体重移動が苦手 です。
 傾斜地のショットが苦手であったり、
 立ち足が無いので バランスが悪く(不安定になり易く)
 それが故に 飛ばせない(飛ばないではなく)
 速く動くことが出来ない というのがあるので
 この回転➂も同じく 作用点を上に上げ、股関節、
 もしくは作用点を股関節気味にした方が良いと思います。」

質問「➃の股関節、もしくは股関節気味にするのに
 メリットが多そうですね。」

店主「そうですね。
 まず、やはり 運動する部分が お尻、脚、背中、腹
 と大きな筋肉が集まっている部分なので
 強い運動が可能です。
 また、ゴルフ程度の運動であれば 故障を引き起こし難く、
 加齢などによる運動性低下も一番緩やか です。
 動作としても 股関節を作用点にする 回転 の場合、
 動かさないのが 右を向く時の右足(右大腿)
 それに対し、動かすのが それ以外、
 左を向く時の左足(左大腿)、
 それに対し、動かすのが それ以外、 と
 向きによって 動かさないモノが移るのですが、
 人間が普段している動作と同じ使い方です。」

質問「特殊な動きでは無いというコトですね。」
店主「慣れてくれれば 歩行 に近い作用点です。
 からだの廻りの低下 も緩やかですし、
 立ち足を変わるコトが
 そのまま、ゴルフ用語の体重移動になります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


〃絨磴い隆契モーメント
IMG_1364
ドライバーやアイアンのヘッドなどの
比較や指標となる言葉で 「慣性モーメント」と言う言葉
がありますが、これは何か と言うと
基本的には 「重さ」 を表します。
 軽自動車とダンプカー
 小石と月では その「慣性モーメント」が異なり
慣性モーメントの大きな ダンプカーや月 は
外的な圧力/影響を受けた時、
慣性モーメントの小さな 軽自動車や小石 よりも
変化が少なくなります。
それを数値で表すと 3000とか4000g/僉,砲覆蠅泙后

ゴルフクラブで言うと 慣性モーメントの大きなモノは
 姿勢、だけでなく
 運動そのものも持続しようとするチカラ が強く

ちょっと 不謹慎ですが、
 同じ速度 時速50キロで
 止まっている軽自動車にダンプがぶつかるのと
 止まっているダンプに軽自動車がぶつかるのでは
様子が異なるのは 想像が難しくないと思います。
IMG_1359

また、同じヘッドの重量であっても
ドライバー、ウッドなど 立体的に大型になれば
重量が重心点から離れているので 慣性モーメントは大きくなります。
キャビティのアイアンも同じ発想です。
 独楽(こま)で言うと
軸に対し、重量が外側にあればあるほど
回転の持続性が高くなる、そういう発想です。


一般的なの パターヘッド重量は 310~320g(34インチ)
     👉L型ブリストル で 470g (1.6倍)
     👉ピン型デール9 で 520g (1.7倍) です。 

 慣性モーメントもそれに相応するモノと考えられます。
パターには 慣性モーメントのルール制限はありませんが、
もし 設定されれば まず アウト でしょう。

昨今、少しづつ…ではありますが、市販品のパターヘッドも
重くなる傾向が強くなっています。
異形の大型マレットは 慣性モーメントを上げるのが目的です。

ヘッドが重くなれば ヘッドスピードが緩め であっても
同じ距離が打ち易くなり、小さなストローク、
遅めのストロークで済みますから 方向だけでなく
距離も安定し易くなります。


➁ロフトの立ち を生み出す 高重心

一般的なパターの重心は 13mm です。
ブリストル、デール9共に 17mm あります。

シャフトの柔らかいコトもありますが、
それによって 自然なハンドファーストを作り出し(促し)ますので
立ったロフトでインパクトがし易くなります。

ヘッド重量もありますが、
パッティングでボールが潰せるインパクトが可能です。
 その音も独特かな…。
IMG_1365

ボールの滑り出しも良く、傾斜や芝目の影響も少ないので
よりストレートなラインで狙うことが可能になります。

ヘッド重量が強烈に重いので
 速いグリーンや下りのラインに不安を抱く方も居るかと思いますが
 実際には その逆で(言葉では伝わりませんが…)
 速いグリーンや下りで怖いのは スピード感 です。
 ゆっくり、ゆったり転がっても ちゃんと届く
  その強みは 使ってみないと 分からないですよね〜。


➂非常にソフトな独特の打感、転がり と 独特の音

 ヘッド重量の重さ(慣性モーメントの高さ) と
 シャフトの柔らかさ、重心の高さ によって
 緩めに打っても ゆったり転がって 届く、
 転がる というより 滑るに近いかも知れません、
 そういうパターです。

 打撃方法が変わってくる のもありますが、
 弾く感じでは打たなくなるでしょう。
 押すまで行かない感じ、ソッと押す感じ に近いです。
 ボールとの慣性モーメント(質量)の違いもありますが、
 軟鉄の中でも よりソフトなS15Cの
 厚みのあるフェースの打感は非常にソフトに感じるでしょう。

 また、長いネックがかなり打撃の衝撃を吸収するので
 よりソフト感は強まるコトでしょう。
IMG_1369

 長め距離のパットになると
 通常のパターでは体感することのできない
 ボールのつぶれ を感じることが可能です。
 その打音は独特✋
 使えば 使うほど 楽しめるパター です。

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「冒頭のタイトルからして もう意味不明、ですね。
 回転なのに…軸が無いとは…。」

店主「確かに。
 正確に言うのならば 自分では「カラダ」の回転と
 信じている クラブ扱い は
 単に 腕で振っているだけ で
 回転ではあった、としても
 「カラダ」の回転ではない、というコトです。」

質問「ソコ とても 興味ありますね。
 スイングの基礎に当たりますよね。」

店主「そうですね。」

店主「ゴルフクラブは 極端に先端が重く、
 打撃部であるヘッドも前後左右上下対称ではありません。
 ウッド系ヘッドであれば 右打ちの人で アドレス時、
 自分にとっての右側にはっきりと重さがかかる構造です。」
質問「スライスになりそう…🙄…です。」
411BK-5
店主「😵😵😵
 軸の有るスイング とは 前にお話しをしたように
 背骨だとか、からだの厚みの真ん中とか、
 背骨に沿った 外側…アドレスの斜めに沿った柱に
 背中を付けている感じ とか、
 いろいろありますが、どれでも良いと思います。
 回転・・・なので その芯になるようなモノが
 存在すれば それで良いと思います。

 
 その軸が傾いているのですが
 安定性・再現性を考えれば その傾きが変わらない、
 まあ トップは兎も角、ダウンスイングで
 その軸が起きる、コトはあっても、深くなることはないですが、
 それで あっても 軸がある方が良いです。
 カラダに優しい回転をしていれば その傾きは落ち着きます。」

質問「今更…ではありますが、スイングには軸があった方が
 良いんですよね❓❓❓」

店主「無くても 安定して、遠くに飛ぶのなら
 何も言うことはありませんが、ゴルフの一般認識として は
 軸の無いスイングを薦めるコトは出来ません。」
質問「ですよね。」
店主「なぜ 軸があった方が良いか、
 なぜ 軸の有る回転が良いか、

 というと クラブの構造と関係があります。
 前述のように、クラブは上下左右前後非対称で、
 偏重した構造になっているので
 飛ばす、真っ直ぐ行かせる、安定する、繰り返す、
 を実践するには その構造を捻って
 ショットで言うと 開いたり、閉じたりして
 使うのに適していない
 というコトです。
2021-02-13_22-10-57_Moment(3)2021-02-13_22-10-57_Moment(2)







 右打ちで説明すると、
 その作用点が 胴体を捻る、股関節、足首 の
 いずれで有ったとしても、からだの向きを変える
 で あれば どの場面においても
 左右の腕の長さは概ね同じ、制約はかかりませんが、
 腕でクラブを回転させると
 テークアウェイ、トップ、ダウンスイング、
 クラブがからだの右側にある場合、
 左腕が伸びきった状態で、右腕が縮んだ状態が
 と言う制約が「必ず」かかります。
 世の中では 右腕のたたみ、なんて言いますが、
 右腕を短くしないと 左手が届かなくなる、に過ぎません
 テークアウェイを その手だけと言うのは
 クラブの構造上、先端が重いクラブの構造、
 握っている棒よりも右に重さが有るヘッドの構造 に任せると
 自動的に出来てしまうほど 簡単です。」
hijinuke1 (1)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)







質問「もしかすると だから その上げ方、そのスイングに
 行き着いてしまうとか❓」

店主「ものすごく あり得ます。
 少なくない人が そのクラブに重さに任せた上げ方 を
 ヘッドの重さを使う、と勘違いしていたり、
 インに引け、丸く振る、開いて上げて/閉じて降ろせ とか
 それを肯定しているような ゴルフ用語 たくさんありますからね。
 テークアウェイのスピードが速い と言う特徴があります。

店主「困るのは 切り返し てから なんです。」
質問「それは 何故です❓」
店主「テークアウェイ、クラブの重さに任せれば
 行きはヨイヨイ、動きの先導さんになってくれますが、
 帰りは その重さが負荷、
 思いっきり いうコトを効かない セントバーナード
 になってしまいます。」

質問「ああぁぁ なんか スライスのイメージですね。」
店主「そうですね。
 手で上げる というコトは
 フェースを開いて上げていますから
 開いていないよりも よりクラブは重くなっていますし、
 ダウンスイング で まず 動かしたい
 進行方向にあたる左サイド、左腕、
 にとって 一番クラブの重くなるトップが出来ています。
 どんどん 右サイドに重さがかかって行きますから
 元の長さに戻したい 右腕は縮められたまま です。
2021-01-29_16-53-52_Moment(5)

 フェースのターンをするには
 右腕を伸ばさなくてはなりませんが
 回転を続ける限り、右腕は伸ばせませんので
 「茲諒鼻廚箸言われる ナニカ で
 回転を止めなくてはなりません。
 また 右腕を伸ばすタイミングが かなり遅くなるので、
 からだがボールに近づいてしまっていますから
 伸び上がりながら クラブを振る空間を確保する必要もあるので
 回転…だとしたら その傾きも途中で変えることになります。


質問「なんだか 軸がある・無し 以前な気もします。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「軸の無い回転 と言う話、から始まっているのですが、
 からだの無い、からだは回さない「カラダ」の回転 なんですね…。」

店主「少なくないと思います。

 腕/肩
 胴体 胸/腰
 足首 靴/足首より上
 股関節 太もも/骨盤より上

ゴルフスイングにおける「からだの回転」と思われているモノは
主に複合した 回転で
それを行っている人の割合の一番少ないのが 股関節➃、
殆どいない と言って良いかも知れません。
次に 手で振りますが、回転要素に足、足首が入る ➂複合タイプ
コチラも そう多くはありません。
次に 本当に腕だけ、肩だけ動かして
 カラダは回さないタイプの 」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)
質問「アマチュアには ,離織ぅ廚一番多いんじゃないですか❓」
店主「腕力の有るアメリカでは そうだと思いますが
 真面目で、練習熱心な日本のゴルファーは
 △離織ぅ廚圧倒的に一番多い、、、と思います。
 △離織ぅ廚離好ぅ鵐阿蓮非常に大きな欠点、
 アマチュア…にとって、ですが 非常に問題があります。」

質問「プロはだいだい △離織ぅ廚覆鵑任垢茲❓」
店主「そうですね、多いですね。
 ただ プロの△離織ぅ廚函.▲泪船絅△劉△離織ぅ廚楼曚覆蠅泙后
 まぁ プロが後半や優勝争いで「やっちゃった」時は
 アマチュアの△離織ぅ廚砲覆辰燭蠅靴討泙垢韻鼻△諭」

質問「どこがどう違うんですか❓」
店主「そうですね、基本、△離織ぅ廚
 腰、骨盤に対し、胸のラインの向きを変える捻転型です。
 捻転 というのは 例えは変ですが、
 からだを捻る、自分でコブラツイストをかけている訳で
 動き自体にかなり無理があります。

 プロは 長年やってきた そのスイングで、
 生業としてやっていくために、
 疲れたり、緊張したり、良くない場面になった時 でも
 ちゃんと捻転出来るよう 練習に取り組みますが、
 アマチュアの場合、スイング造り は考えますが、
 それが 疲れたり、体調不良だったり、
 メンタルダメージがあったり した時に どうなる、
 自分のやろうとしている そのスイング、動きが
 出来るのか、どうか とは考えていません。」

質問「ああぁぁ 分かる気がします。」
店主「スイング動作は 疲れて来ても、
 体調やメンタルが悪くなって来ても、
 ボールは打たなければなりませんから、
 ボールと当たるフェース、ボールと当たるヘッド、
 それの付いたクラブ、それに近いトコロで動かそうとします。
 疲れてくるほど 動作箇所はクラブに近づいていくのです。
 ですので 練習場や体調の良い時は
 胴体を捩じっていたのに、悪くなってくると
 胴体ではなく、肩、つまり腕で動かすようになります。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「うわぁ なんか 凄くアリガチです。」
店主「そうですね。
 基本的に からだの回転 と 『肩』の廻し
 と言う言葉で スイング造りをしている のですが、
 胴体の上部、胸が向きを変えるから 肩が廻る訳 で
 「肩」が単独で向きを変えている、訳ではありません。
 体力に自信の無い、運動不足ガチ なアマチュアの
 1番ホールから 18番ホールまで の動画を取ると分かりますが、
 ホールが進む程に 胴体ではなく 肩だけ回す、
 つまり 腕だけ 振るようになるわけです。
 それも 困ったことに 徐々に、 です。」
((((((((_Moment

質問「ラウンド中に スイングが変わっていく、のですね。」
店主「そうです。スイングが「変わる」なら まだ対処はあるのですが、
 徐々に「変わっていく」は 本人にも対処の方法がありません。
 △瞭溝里鯒韻襦捻転型のスイングを目指している
 アマチュアの ほぼ全員 と呼べるほどの高い割合で
✋,吠兪する△稜嬰招拭
実は,福’嬰彰望型 です。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


➀ 腕/肩

➁ 胴体 胸/腰
➂ 足首 靴/足首より上
➃ 股関節 太もも/骨盤より上

店主「複合ではありますが、
 だいたいの からだの回転の流派 です。」

店主「クラブを振るのに 本当の意味のカラダ、
 胴体を廻さず、腕だけを振る➀ は
 偏重したゴルフクラブの構造上、お薦めでは無い
ですね。」
質問「初めてゴルフクラブを持った人がしてしまいそうですね。」
店主「でしょうねぇ。
 ,➂ 足首の複合種は
 カラダの向きはは結構変わる、
 言い方を変えれば からだは廻るので、
 これから覚える人にお薦めはしませんが、
 決して、悪くは無いです。」
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)

質問「そうなんですね。」
店主「傾斜などのショットに難がありますが、
 足首が境目でからだを廻すのは
 からだの向きの変え、回転を結構大きく取れますし、
 疲労や加齢など の変化は少ないです。」

店主「スイングとして ,力咾世運兇襪里魯瀬瓩任垢、
 より悪いのは ,鉢△諒9隋,任后
 プロの多くが 腕を振らず、胴体を捻る、
 腰〜骨盤に対し、肩と言うか、胸を捻る、
 胴体式のからだの回転をしていますが、
 スポーツ選手であるというコト、若いというコト、
 を含めると 私たちおじさんおばさんゴルファーの参考に
 なるとは思えません。」
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(1)

質問「プロのスイングは真似しない方が良い訳ですね。」
店主「勿論、参考になる部分はありますが、
 コト からだの回転に関してはそうですね…。
 20代、30代のスポーツ選手はやっていることを
 50代、60代、70代の運動不足気味の我々がしても
 無理があるだけです。
 アマチュアゴルフ として お薦めはしませんが、
 多くのプロがやっている からだの回転は
 胸のラインと腰、お尻、骨盤のライン に
 回転差を造る、いわゆる 捻転 と言う奴
 です。
 骨盤はボールに向けたまま、
 カラダを捻じって 胸のラインと廻す と言うモノ、
 ところが それをアマチュアが真似てしまうと
 胸ではなく、肩、
 肩のある部分のライン、なら良いのですが、
 肩 となると 厳密にはそこは腕の一部です。
 肩甲骨だけを動かして…
 これって カラダは全く動いていない のに
 「カラダ」の回転な訳です。」

(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)

質問「うわぁ。。。 腰などからだを傷めそうですね。」
店主「それもありますが、
 プロは胴体を捻っていますので、お薦めはしませんが
 良い悪いは別として カラダは回しています。
 それを真似る 多くのアマチュアは
 胴体は捻らず、腕だけ動かす のですから、
 全くの別物・・・・・・・
 プロの教えてくれる ノウハウ は 役に立たない、のです。
 胴体を捻る、も年齢や運動不足によって低下、劣化するのに
 始めから からだ は回さない のですから
 一般的に謳われている ゴルフスイングのセオリーが
 役に立たない のです。」
店主「怪我、故障に関してですが、
 胴体を捻る は腰などが危ない…ですが、
 カラダは回さず、肩から先の腕だけ で
 疑似的な回転を造ると 肘や手首なども故障も伴います。
 そして、困ったコトに
 ゴルフクラブは構造上、偏重、偏った形をしていますので
 腕のターンでクラブを振ると、
 安定性し難いうえに、飛距離も出し難い、
 それを 練習量、練習頻度で解決しなければならない ので
 より故障の可能性が高くなるわけです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「冒頭から変なタイトル、、、ですよね」
店主「そうですねぇ。。。 実は各ゴルファーにとって
 からだの回転、のその「カラダ」がどこなのかは
 結構、種類があるんです」

質問「からだは一つ、だと思うんですが…」
店主「そうなんですけどね。
 大きく大別して 4種類あると思います
 その判断点、基準になるのは
 前の記事 にある通り、 
 動かす部分(土台)と稼働させる部分、
 その境目 になるのはどこなのか、です」

➀ 腕/肩
➁ 胴体 胸/腰
➂ 足首 靴/足首より上
➃ 股関節 太もも/骨盤より上



➀「まず 一つ目 は お約束の 腕/肩 です」

質問「察するに 一番、多そうな感じですね」
店主「アマチュアゴルファーには多いですね。
 かなりメジャーな からだの回転流派 です。
 肩 と言っていますが、
 土台、動かさない部分は 肩も含め、体全部 で
 稼働させるのは 腕 だけです。

 ですので からだの回転 と呼んでいますが、
 カラダは動かさないので 腕の振り だけ、
 と言った感じに成るでしょうか❓」

質問「問題、悩みは多そうですねぇ」
店主「そうですね…。
 テークアウェイで 右打ちの人は
 右に大きくハンドルを切るように
 フェースもロフトも開いて、上げる ので
 重心の深いウッド、ドライバーでは
 アイアンに比べ よりフラットな振り方になります。
 また、それに応じて アドレスも
 長いモノが、その長さ変化以上に 起きて構える習慣が
 強くなるので アイアンとウッド、特にドライバーは
 違う振り方、と言う認識が大きいんじゃないか、と思います。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)
質問「クラブの長さが変われば、スイング軌道の傾きが変わる、のは
 分かりますが、それ以上 の差になる訳ですね。」

店主「後から出てきます(3番目)が、
 カラダを動かさず、手で振るだけでは不十分なので
 複合技として、残りの向きの変更は
 ➁からだを捻じったりせず、
 ➂足首 と言う人も多いです。」

質問「え⁈ 足首 なんですか?」

店主「そうですね。4種類は厳密に分かれる訳ではなく、
 4種類の複合、合わせ技なんですが
 からだの向きを変える、その行為の一番主になるのはどこか、で
 意外にも足首➂、
 動かさないのは靴の部分で、稼働させるのは足首から上、全部。
 腕と足首の合体技、
 このからだの回転流派 意外に多いんですよ。
 コレ、おそらく…なんですが、
 意識してそうなった、と言うよりも
 手でクラブを開いて上げて、閉じて降ろす
 と言うスイングは どうしても
 フラット目なスイング軌道 になりガチ、です。
✋アドレスも棒立ち気味か、
✋結局は起きるんですが、逆にメッチャ 深い前傾で始める

 二通りになりますが、クラブを開いて腕を振るので
 トップの位置で クラブの重さが背後に掛かるので
 バランスを取るため いつの間にか、足首で廻るようになった、
 と言うパターンが少なくないのではないか、と思います。」
漆原_Moment
質問「あああ なんか よく見るスイングな気がします。」
店主「スイング中におけるクラブの重さの掛かり方、
 動作の特徴上、テークアウェイでボールの方に深く傾き、
 ダウンスイング以降で 伸び上がるような動き が
 手(腕/肩)でクラブを振る、足首が境目で廻る人の典型です。
 とは言うモノの 『開いて上げて、閉じて降ろす』や
 『からだを廻せ』『スイングはフットワークだ』 と
 スイングのなんとも微妙なセオリーに忠実だったりするので
 この合わせ技はアマチュアの最大派閥と言えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


質問「そうなんですね。
 カラダ を回転させる、させないコトよりも
 回転の低下、回転不足や回転力の低下 の
 問題が大きくなるのですね。」

店主「そうですね。
 カラダを捻じって、手でクラブをターンさせる、にも
 クラブを返す時間や空間を作るため、
 前準備やタイミングを取るため、からだの向きの変化は
 あるのですが、勢い付けになっているかも知れませんが、
 クラブ自体を動かす、ヘッドを動かす事に
 からだの向きは直接的に関与していません

 カラダを捻じる というのは 動作としては
 主に 骨盤、腰に対し、胴体、肩を捻る動きです。
 捻られる背骨には関節がありませんので
 無理の有る、元来、出来ない筈の、危ない動き ですので
 体調不良やラウンド中の疲労 によって
 向き変化が低下、減少してくると
 テークアウェイですと 回転不足、準備不足、右向き不足 になり
 その分を腕さばきで補わなくてはならなくなります。

 向きもあまり変わっていないので
 それをする時間も空間も 普段より、今までより少ないのに
 小さい筋肉で クラブを動かす量は増えるのですから
 上手く行く可能性は当然、下がります。」
((((((((_Moment

質問「確かに 疲れている時に よりしなければいけないコトが
 増えるのですから ミスになり易いでしょうね。」

店主「手で振る人の典型的な後半ミスのパターンです。
 ドライバーショット であれば
 飛ばす は 真っ直ぐ行かせる、
 方向や曲がりも含め、本当の意味の ミート率 が
 下がると 怖くて 飛ばせなくなる、振れなくなります。
 疲れているだけで ミスの確率が上がるのに
 疲れた時に 更に難易度が上がるのですから 困りますよね。」

質問「では 普段からどうして置けば良いのでしょうか❓」
店主「スイングの好みやタイプ等有ると思うのですが、
 20代、30台の若者のプロのスイング なんて
 正直、我々には参考にならない点が多過ぎるのです。
 参考になる部分はありますが、無視した方が良いトコロも
 とても多く、真似るのはお薦めできません。
 自分の体、年齢、持久力などを良く考え
 まず カラダ、ゴルフで言うトコロの『廻せる』カラダ
 は部位、箇所としてどこなのか、考えた方が良いでしょう。

 「動画を見て頂くと分かりますが、
 ゴルフスイング、における からだの回転、向きの変更は
✋動かす部分(箇所、部位)と動かさない部分
✋廻す部分と廻さない部分
✋土台になる部分と稼働する部分があり

 それは スイングのタイプによって かなり異なってきます。
 その分かれ目になっている部分はどこなのか
 と言う視点でスイングを見るのも結構、楽しいですよ。」
((ヒロちゃんの変身  202111_Moment(3)202176_Momentヘッドを振るか〜振らないか(参考映像)_Moment(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)






質問「具体的には どこが良いのでしょうか❓」

店主「クラブターンの激しい方の 回転は
 右回転時、右を向く時、テークアウェイでは
 右サイド、主に右肩あたり を軸に 左サイド を動かし、
 左回転時、左を向く時、切り返し、ダウンスイング以降は
 左サイド、主に左肩辺り を軸に 右サイド を動かします。」
73d28d33

質問「え?! そうなると 軸がどこになるのですか❓」
店主「ゴルフの回転は 動作、としては
 からだ全体に対し、横に向きを変える動き になる訳ですが、
 そうなると 軸が動く、軸が変わる と言えば良いのか
 横への回転に対し、軸が無い と言えば良いのか…。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(5)IMG_0013_Moment(2)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)







質問「からだの軸はどこが良いのでしょう❓」
店主「余り厳密に考える必要は無いと思います。
 だいたい、背骨あたり、ヒトによっては
 背骨の外側の仮想の柱 場合も少なくありません。
 まあ、からだの前側 ではなさそうですが、
 軸がドコなのか、よりも  軸があるコト
 横に向きを変える動きに対し、軸がある動作であるコト
 の方が重要な気がします。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



質問「なぜ からだの回転が大切、なんでしょうか?」

店主「えっと、ですね。
 話は幾つかの段階に分かれます。
 まず 日本人の平均年齢は男女合わせて 約46歳で
 アマチュアゴルファー、男性において、ですが、59歳位です。
 日本は高齢者が多い、というのもありますが、
 ゴルフは趣味の中では お金のかかる娯楽ですので
 どうしても 年齢層が40.50.60台に集まってしまいます。」

「意外に平均年齢低い、ですね。」 
店主「そうかも、知れません。
 ゴルフは歩ける間は楽しめますし、
 歳をとってから ご夫婦や同級生などとプレイする、
 お子さんだけでなく お孫さんとも楽しめる
 のが
 他のスポーツにはあまり無い特徴的な部分です。」

「なるほどー。」
店主「その 年を重ねてから楽しめるスポーツ
 と言う大前提の為に、なんですが、
 まず、カラダの回転で… と言う前に
 からだの向きを変えて クラブを動かす
 というのが ボールを打つ、遠くに飛ばす、
 最も大きな動力源です
。」

「確かにそうですね」
店主「例えば 日本の男子プロのシード選手 の
 平均年齢は 約31歳です。
 私にとっては 息子に該当する年齢です。
 自分で考えれば分かると思うのですが、
 その年齢の時は かなり無理をしても大丈夫、
 速く動いたり、急に動いたり するのが「怖い」
 なんてことは微塵も考えていません。
 ところが ある年齢を過ぎると
 歩く、はまだしも 走る…なんてのは ほんの数歩
 若いころと比べると 走れない に等しいようになります。」
video_Momentvideo_Moment(4)









「うわぁ… そうなんですか…。」
店主「そういう人が少なくありません。
 特に ゴルフのスイングで使う筋肉において
 握力、腕力は かなり早い段階でかなり落ちます。
 ですので 若い時、のように 腕力でねじ伏せる、
 と言うのはかなり難しい…、

 方向と曲がり、飛距離を両立するには
 腕周りの筋肉は小さく、長丁場になるゴルフでは
 それを維持するのが難しくなります。
 ここまでは 一般論 です。」
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

「では、出来るだけ腕力に頼らず 振っている方が良い、
 と言う結論、ですよね⁈」

店主「腕力頼り、でも良いんですが、
 腕力で振るタイプの人は 若いプロゴルファーのように
 胴体を捻るスイングをしている方が多いです。
 良く練習場で カラダが硬くなって回らないんだよなー
 とぼやいている人がいる、と思うのですが、
 カラダが硬くなる というのは
 基本、自分の体を守るため、
 からだがその行為を拒否しようとしている、

 胴体を捩じる は 若くないと かなり怖いですからね。
 痛めた記憶もしっかりある、でしょうし。
 ですので からだを廻す、以前に
 廻すコト ソノモノが苦手、というか、出来なくなってくる、
 元々 90度なんて 気にする必要はないのですが、
 その量がどんどん減ってくる …
 が故に より 手で振らなければならなくなる…
 ついでに タイミングもどんどん早くなる…
 という 芳しくないスパイラルになってしまうのです。」
(22171_Moment2021-04-11_22-32-44_Moment(5)








「そうなんですか。。。」

店主「そうですね、手で振る人のからだの廻しは
 概ね 胴体の捻じり です
 から、
 ある年齢、もしくは運動能力が落ちると
 からだ 以前に 廻るコト、向きを変えるコト、が
 とても苦手、とても少なくなり、
 結果、以前より 一層 手で振らなければ行かなくなる、
 と言うパターンが大変多いと思います。
 手で振るコトソノモノが良くない というよりも
 身体能力が落ちた時に 打撃の動力源を消失してしまう、

 それが問題だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


もし 切り返しから
 右左、どちらかサイドを「先に」動かす としたら
4289f9fa-s✋右 は 想像がつかない のではないか、と思います。
右を先に動かす としたら
こう 右側がもぐってしまう
 ような感じになると思います。 

しかし、左側を先に動かすイメージは
 多くのゴルファーにとって なんとなく馴染んでいる
のではないでしょうか。
右側を置いて来るような感じで
カラダを開く、胸を開く ような感じになるでしょうか。
特に 左足先行型の人に多い気がします。
スナップショット 7 (2017-04-20 16-36)スナップショット 8 (2017-04-20 16-36)スナップショット 9 (2017-04-20 16-38)スナップショット 10 (2017-04-20 16-39)







左が先行する間は 右は動かさない、
カラダが開く、胸が開いた後、右腕、右サイドを使い、
胸を閉じる ような感じ成るのでしょう。
ソコに 動作の順序が存在する訳です。

右腕、右サイドを先行させるイメージは
 ナカナカし難いとは思いますが、
右が潜る感じにつながって行くと思いますが、
それは 茵∈献汽ぅ匹動いていないので
前がつかえている 当然の帰結です。
グリップは両手で持っているのですから
右腕を伸ばす、右腕で叩く としたら
 左腕(左サイド)も動いていてくれないと
行き場所を失うのです。

最終的な行き着く先、としては
 両サイドは同時に動いていくのですが、
右腕を伸ばすコトが打撃の主力 としている人は
 逃げる左グリップ、左肩、左サイド に対し
切り返しから まず 右腕を伸ばし始める
 そういうドリルをして
右左の同時進行の感覚、
 つまりは からだの向き通りに移動していく感覚を
 掴んでも良いかも知れません。

からだの回転で打撃するコト は
 手を使わないコトではなく、
カラダの向きで出来ることはカラダに
 腕ですることは腕で と分担制になるだけ です。
あえて 言うのならば 左右の腕が どちらかに偏らず
 動いて…振られていれば それはカラダとの分業に相当するので、
 両腕の適切な振り方 で覚えた方が より分かり易いかも知れません。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ゴルフでよく使われる言葉ですが
『左サイドのリード』というのがあります。

この言葉、まあ レッスン用語なんだと思いますが、
その左サイドがリード(先行)することが
 そのまま打撃になるのか、
日本語のニュアンス からすると
左サイドがリード、先行部隊で
 のちのち 本体である何かが来る…

コチラの方がイメージとは強いんじゃないか、と思います。
(進撃のRさん)_Moment(2)(進撃のRさん)_Moment









左サイドのリード、というと
足(左足)から と言う場合もありますが、
概ね…ではありますが、
ダウンスイングにおいて 左サイドというと
左肩、左腕、左グリップ ですので、そちらを先に動かす。。。
そして あとから 本体である 右サイド
    
 右腕で叩く
という 切り返しからインパクトまでの
打撃の手順、動作の順番を造ってしまっているように思えてなりません。

多くのゴルファーは
飛距離が欲しい時、当然、利き腕である右打ちなら右腕、
左打ちなら左腕で「叩きたい」と思っているのは 至極、普通なコトですので
まず 前に在る(右打ちの場合)左サイド、左腕を動かして
それから 右腕で叩く というのが馴染み易いのだと思います。

そのまま だと 俗に言う、手で打つ、ヘッドを返して打つ
になってしまいますので、その利き腕で叩く と
カラダの向きを融合するには その順番では上手く行きません。

左サイドが先行し、本体、別動隊である 右腕が
後から来る となると 左サイドはどこかで待っていなくてはならず
からだの回転とは切り離された打撃になってしまいます。
◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(4)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(5)◌ゴルフスイング 円運動の正体_Moment(6)


冒頭の「左サイドのリード」とは
少しニュアンスが違うかも知れませんが、
どうしても叩きたい、飛距離を伸ばしたい、
その上で からだの回転と融合させたい と言う場合、
ほぼ同時と言えば、そうかも知れませんが、
 先に右腕、右手、
そして 左腕、左サイドが それに追いつかれないように逃げる、

そういう感じを持った方が良いかも知れません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


一般的には、グリップを支点にヘッドを動かす
ヘッドを振る、シャフト(ヘッド)を返す というのが、
ゴルファーのスイング、クラブ扱いの概念で、
縦横、どの方向で有っても、上げる&下げる
しならせる&しなり戻す、開く&閉じる

という、行きと帰りの2アクションが基本なんだと
思います。(それが間違いなんだけど…)

スイングを改造、改良しようとした時に、
その行きと帰りの二つの動作の
多くの場合、帰りを直すことに焦点が置かれるのでしょう。
はっきり言えば、スイングを改良していくのに
動作を二つにするのではなく、一つにする など、
動作を減らして簡素化していかない限り、
我々は日々、年齢を重ねていく訳ですから
うまく行かなくなります。
スナップショット 2 (2013-04-08 23-48)

ましてや、帰りを改善する場合は
急ぐ、速くする、増やす、間に合わす
など、その二つの動作ですら、うまく行かないのに
さらに、自分に動作を要求することになるのですから
根本的には解決することが出来なくて当然、
と言えるでしょう。


今のスイングをよくする場合、
せめて、帰り(戻り)ではなく、
その戻りを簡易にするための、
『行き』⇒テークバック に注意を
払うべきです。

帰りは スピードが増すのも有り、重力や遠心力など
その名の通り、「不可抗力」が増大しまうから
修正するのは容易ではありません。
繰り返せる「同じ修正」はさらに難しくなります。

スイングもミスは、9割を超えるほどの原因は
体の向きの変更で動かすべきクラブを
腕さばきで行っていることに有る
 ので
言うならば、腕の運動量が体の運動量と
合っていない状態なのだから、
それを後程、小さな筋肉である、
クラブの負荷がダイレクトにかかりやすい
腕で修正すること自体、間違いなのだ。

だから、何度も言うけど
本来は、動き自体を減らす、無くしていくこと
が最終的な目標なんだけれど、
とりあえずは、行き(てーくばっく)を
体の向きで、体の運動量を増やし
腕の運動量、腕でクラブを移動させる量を
減らすところに注視しなければならない。
((切り返し 廻るの❓ 下げるの❓_Moment(2)


ゴルフクラブ は長い棒の先に重さが集中して
その打撃部分であるヘッドはとっても歪な形をしている。
重さも左に動かす時と、右に動かす時、
上に動かす時と、下に動かす時で
同じような感じには全くならないのだから、
これを自分で「操ろう」とすること自体
無理があるし、この概念に過ちの根源がある。

先端に重さが集中していることや
その姿勢や位置によって、重さのかかり方が違うところは
ちゃんと扱うと、自分の方がその重さや方向によって
上手に打たされてしまうように出来ているので
クラブを操る その思い込みから疑っていって欲しい。
25926758

だから 是非 一度試して貰いたいのは
クラブ。。。L型ブリストルパターを持っていれば
そのパターが一番分かりやすいんだけど、
トップの位置、姿勢を作った場合、
自分の作る「その姿勢や位置」が
自分そのものやグリップの位置を
次にどの方向に行かせたがっているか
どんな重さが掛かっているか 感じて欲しい。
そして、逆に、自分、もしくは自分のグリップを
次にどこに持っていきたいのか と共通するのは
どのトップのクラブ位置やクラブ姿勢なのか
探ってみる方が、練習場でたくさんボールを打って
出る球(弾道)で、スイングの良しあしを決めるより
数倍、数十倍、実りのある練習だと思う。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



ボールを遠くに飛ばす
しかも、
 ✋出来るだけ楽に(体に無理せず)
 ✋似たような距離/弾道で
 ✋繰り返せること

を実現化したい
 誰もが願っていることですね

その上で 道具、そしてその重さが
どんな風に役に立つのか 考えてみましょう。

まず ゴルフクラブの構造を確認してみます。
metal
おじさんゴルファー向け
市販のクラブ
(参考*45インチのドライバー)で考えても
重量配分的には
 ヘッド  190g  63%
 シャフト  50g  16%
 グリップ  40g  13%
 総重量 約300g
こんな感じです。

ヘッドが軽い 市販のクラブであっても
先端部、1m10造遼世寮茲法。僑亜鵑鯆兇┐訶瓦硫
が付いている訳です。

ボールを飛ばすのには
確かに ヘッドスピードは関係します。
『ただしく打てる』という前提の上では
ヘッドスピードが 1msの伸びると
約3〜5ヤード距離が増えます。

しかし、多くの方が体験されていると
思うのですが、例えば自分自身であっても
チョロとか天ぷらを除いて
当たり方や弾道によって かなり距離に差があるでしょう。
まして ほかの人となると
自分よりも 「ヘッドスピード」は高くないのに
似たような 「ヘッドスピード」であるのに
飛距離に明らかな差が出たりしますよね。
まあ その答えはロフトの作り方 なのですが
今回はその話は割愛します。

先ほどのクラブの重量配分 を考慮し
ゴルフクラブは 運動すると当然その重さを増します。
人間の受けるモーメントで言うと、単純には
 ヘッド重量 ×
 長さ(含む腕) ×運動速度
移動速度が増すほど ゴルフクラブは重くなります。

5322-21-2015-1一般的なゴルファーが考える
グリップを支点とした
ヘッドを振る動き。
クラブ/シャフトの角速度ばかりを
増やそうとすると
その延長線上の方向へと
どんどん重さが増していきます。
この図のようなイメージでスイングを考えている人は
こういう実験は 支点になる部分が「完全固定」されており
スイングではそれは絶対に不可能 なんだ ということを
ぽっかりと忘れてしまっています。



言葉として「ヘッドスピード」と呼んでいますが
正しくは 
グリップの、
クラブ全体の移動速度

が速くすることを目標にしないイケマセン。




「ヘッド」の速度ばかりを上げようとすると
前述の通り、速度と重さは密接な関係で
ヘッドを振る振り方では
ヘッドを振りたい方向とは全く異なる
90度以上違う方向への重さが増えるばかりで
それは、まるで スピードを上げたい車が
アクセルを踏みながら、
それと同等(同量)のサイドブレーキを
踏んでいるのに近い行為なのです。



そこで今一度 トップオブスイングを見てみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)ce17f420











このポジション と インパクト時のグリップの位置 を
結んだときに、さてさて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが利用できて
どちらがクラブやクラブヘッドの重さが邪魔

になるでしょうか?
スナップショット 1 (2015-09-05 1-32)

クラブを垂直に立てなければいけない
という訳ではありませんが、
トップでのクラブは ゴルフスイングの中(動作の中)でも
一番軽くなる瞬間で
それは 重さに対する
 クラブの長さが ゼロに等しい状態になる訳で
 クラブ(およびヘッド)の重さ × クラブの長さ
ここが一番クラブを動かしやすい筈なのです。
414

重力・・・という下方向への動きに対し
クラブの重さも利用して 下げて行けるのですから
運動性能に対し なにがしかのプラスアルファー が
生まれる筈です。

 それこそが ヘッドスピードアップにつながるわけです。

そうやって考えてあげると
まあ なんとゴルフクラブの形や重量配分は
見事な構成と言うか 構造に感心することしきり です。


クラブやクラブヘッドの重さを
スピードアップのエンジンと言うか、助力にするか、
それとも筋力でその重さをねじ伏せる 邪魔者にするか、は
おそらく スイングの技術的な部分ではなく
発想によって 分かれるのだと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


多くのゴルファーは新しいゴルフクラブを購入するのに
その購入するクラブの試し打ちばかりしてしまう。

その購入する「1本」のクラブが
試し打ちではそこそこの結果が出たとしても
それが自分のゴルフバッグに入って使われるとき、
一本のクラブを打ち続けている時とは
違った環境で使われることになると気付いている人は少ない。
IMG_0361

実際にゴルフクラブは
ドライバー → アイアン → ウエッヂ → パター
ドライバー → フェアウェイウッド → ウエッヂ
アイアン → ウエッヂ → パター
のように ミスショットが絡むとき以外
実際にコースで使用されるときは
別のクラブと交互交互に打つことになる。

パターも含めた 12本なり、14本のクラブが
似たような流れの、似たような感触の
似たようなコンセプトであればまだしも
それぞれが 全く違う性格、特性、感触であれば
ミスショットの頻度も自ずと上がってしまうだろう。

☆同じゴルフクラブを続けて打つのと
☆違う性格等のクラブを交互に打つ
 のとでは
当然違ったものになる。

現在、市販の主流となっているクラブは
総じてヘッドが軽くて、シャフトが硬い。

その中でもグラファイトの装着されている
ドライバーは 軽量スチールシャフトが装着されている
ものと比べると、柔らかいと言える。(それでも十分硬いが)

シャフトの長い、大きなヘッド(重心がシャフトから離れた)
軽量スチールシャフトの比べると柔らかいシャフトの
装着されてドライバーを打った後で
シャフトの短い、小さなヘッド(重心がシャフトに近い)
ドライバーに比べると硬いシャフトの装着されたアイアンを
打てば、当然なにがしかの影響はある。

単純に、出やすいミスショットを回避する行動を
取らなければ、多くのゴルファーが目指す
オンプレーンスイングであれば
ドライバーの方がよりダフり易く、右に出やすく
右回転がかかりやすい ハイボールになり易い。
アイアンの方がよりトップになり易く、左に引っ掛けやすく
左回転がかかりやすく、ローボールになり易い。

そしてその中間に位置するような
フェアウエイウッドであれば、別な記事で書いているが
ロフトを寝かして、煽り打つようなショットをすることに
なるので、そのヘッドの大きさ、奥行きが
どうしても地面に干渉してしまい
上手くいかないから嫌われてしまう結果になる。

それらのミスショットを練習で埋めていくため
ドライバーは左に置き、アイアンは右めに
ボールを置いて打つことになっていく…。

同じようなフィーリングのクラブを
同じようなボールの位置でショットするのと
クラブによって、ボールの位置を変えていくのとでは
どちらが安定して 似たような球を打てるかは
想像に難しくないと思う。
IMG_0590

違うフィーリングのクラブを練習すれば
ドライバーを特訓すれば、アイアンがダメになり
アイアンを特訓すれば、ドライバーがダメになる
可能性が非常に高くなるわけだ。
そのどっちに合わせて 自分のスイング、クラブ扱いを
決めていくのか なんだか歪な練習になってしまうだろう。

軽いヘッドの硬いシャフトのウエッジは
基本的にラフからやバンカーショットなどの
ボール以外の質量までどかさなければいけないショットに
ものすごく弱い。
上手く打てなくて普通な筈なのに…
 まぁ 手でボールを叩くのは痛いし、
足で蹴っても 大して飛ばないから…程度のモノでは
余りに勿体なさ過ぎる。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とても大切なコトですが、
どのようなインパクトを迎えるか
どのようなダウンスイングをするか
は トップオブスイングでの
 "クラブ姿勢" によってほとんど決まってしまいます。

✋人間の動作、恰好 を優先するのでなく
その クラブ姿勢を造る ために
動作や恰好がある と考えて方が良いでしょう。
スナップショット 1 (2016-11-28 2-35)

それほどクラブの造り出す重さ
運動した時に生まれる不可抗力は
スイングに影響を及ぼす、
スイング動作の半分は不可抗力に作られています。

ですので、それを逆手にとって
望みの姿勢、望みの場所 に行くための
不可抗力を作り出してしまえば良いのです。

例えば ダウンスイングやインパクトで
右サイドが落ちる、潜る・・・
左サイドが上がる、体が開く・・・
が悩みだったとします。
4bcbe6f4トップオブスイングでの
クラブ姿勢がこうであれば、
必然として 重さは
からだの右サイドを下へ
からだの左サイドを上へ

と誘います。

ですので 動作としてのスイングを治すコト よりも
クラブ姿勢としての重さの造り方 を
考えるべきです。

安定したショット
より遠くへ飛ばす コトを実現するのには
本来味方であるべき
ゴルフクラブと喧嘩しては上手く行きません。

どの道、その重さには抵抗しきれないのですから
奥さんと喧嘩するよりも
奥さんと仲良くする方が良いでしょう(^^)/


トップの位置から通過点としてのインパクト まで
出来れば最短、
クラブの重さによる落下速度が
運動速度の助力となるような
トップのクラブ姿勢を模索する必要があります。
grip  posi

そして それを実現するための
テークバック、そしてアドレスやグリップ
と スイングを逆回しして考えるのも
良い手だと思います。


スイングの大きな『上手く行かない』要素 として
根本的に
✊重さは動きたがらないモノ
ということを忘れがちです。

ヘッドの重さを動かそうとすればするほど
次の動作への不可抗力は
倍々に増えていきます。
それでは 重さのために動作 することに囚われ
ボールを打つ と言うコトが二の次になってしまいます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ✋試打クラブ 貸し出しクラブ(無料)
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1366

【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370
【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359
【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1362
推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。
IMG_1369
【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372











茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



重いヘッドが使える方が断然楽です。

IMG_0504


初めてのお客様も打つ前は
「重い方が振りにくい?!」
と考えがちですが、
ほんの数分打っていれば、その重さには慣れますし
兎も角 体にやさしい です。

比較すると分かりますが、
軽い市販のヘッドのクラブを打つと
嫌な衝撃が感覚として残るような、
ボールの質に関係なく とても硬質な感触です。

インパクトの抜け…と言いますが、
同じ速度で移動していれば 質量の重いモノの方が
慣性力が高いですから、打ち抜く と言う意味では
とても高性能です。
5a0eeaec

重いヘッドのクラブの方が明らかに
クラブに近い 手首や肘 などを痛めにくいですね。


弊社の悶絶クラブは
アイアンで言うと、市販の軽量スチール装着のモノより
100g弱、30%以上増量されています。

(一般的なスチール用5番ヘッド重量240g
 弊社の悶絶5番アイアンのヘッド重量328g)

クラブの形になったモノを持ってみると
シャフトの長さもありますし、シャフトも柔らかいですから
倍以上重くなったような感触があるでしょう。

重いモノの方がやはり慣性モーメントが高いですから
ミスに断然強くなります。

特に上下のズレ、多少のダフリやトップのミスが
中和されてしまいやすいです。
バンカーやラフなどの異物も打たなければならない場合が
とても強いのが特徴。

正直言って、チカラの無い女性が
市販のウエッジのヘッド重量を
軽量スチールで打たなくてはイケナイなんて
なんの拷問だよ…と思いたくなります。
昨今、急激にバンカーが苦手な人が増えているですが、
クラブの問題が殆ど…と確信する次第です。


IMG_0591


スイングを覚えていくのにも
クラブがどこにあるのか 非常に分かりやすく
ヘッド姿勢、開いているのか、閉じているのか
そう言うのも はっきりと知覚出来ます。
スイング中、どこで重くなり、どこで軽くなるか、
も知覚出来ますから、スイングのテンポ感やリズムも
とても掴みやすくなるので お薦めです。



重さを上手に使うには
ごくごく当たり前ですが
重さは下、重力方向に引っ張られるチカラの単位です。
ですので ゴルフクラブを握っている部分が
重さの付いたヘッドよりも上にある(ヘッドが低い)時は
大きな体の部位、胴体なり、足なりで 動かす方が良いでしょう。
腕を使うチャンス
テークバック時には速度が重要ではありませんから
(・・・急ぐ必要はありませんから) 除外対象ですが、
ダウンスイング〜インパクト〜フォロー の区間では
ヘッドがグリップよりも高いところに位置している時
それが唯一の機会です。
dW l (2)_Moment

そこを逃してしまうと
重さは移動速度に積分(掛け算)で重くなりますし、
重力という下方向だけでなく、
遠心力と言う 立体的に複雑な重さが加算していきます。
ヘッドの方が低くなっている時は
概ね クラブ、そしてヘッドを動かしたい方向とは
大きく異なる方向に重さがかかります。
それでは重いばかりです。
クラブを自分で動かしてボールを打つ コトよりも
クラブを動かすソノモノ にしか余裕がなくなってしまいます。

腕を使うのは ヘッドの方が高い時のみ
その意識はとても大切で、
逆に 高い時であれば
ヘッドの重さも 移動に利用できますし、
クラブの造り出す重さの方向/ベクトルも
動かしていきたい方向ととても似ています。

スナップショット 1 (2017-01-13 12-27)スナップショット 3 (2017-01-13 12-28)スナップショット 4 (2017-01-13 12-29)






例え 紙のように感じる市販のヘッドであっても
重さはある訳ですから、その利用の仕方を
無視してしまっては
本来の ボールをどかす、
ボールの質量に負けないための重さ が
単なる運動の負荷になっていまいます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


初めて悶絶クラブを手にすると、
初めて悶絶クラブで打つと、
恐らく全員が驚くことになると思います。
IMG_0361

多くの人が
 ご自分の基準 ☞ 柔らかい
 ご自分の基準 ☞ ヘッドの重たい
は 10%程度
硬さの目安である振動数が
 
280cpm ☞ 250cpm
軽量スチール装着の5番アイアンのヘッド重量
 
240g   ☞ 265cpm
位だと想像されていると思います。

ところが 悶絶クラブはスペック(仕様)によっては
 280cpm ☞ 140cpm
 240g   ☞ 300g

になってしまうのですから
想像以上の「すごさ?」に驚くことになるでしょう。

シャフトが柔らかくて、ヘッドが重いと
自分の動きによってクラブはそれを倍化するような
そんな感じです。

特にヘッドを振りまわして
クラブの機能を無視し、自分の技巧によって
ボールを打っていた人には
その柔らかさによって、その重さによって
それが封じられてしまうでしょうから
ちょっと大変かもしれません。

自分が腕さばきで クラブを動かしていると
柔らかい&重いの複合体は
自分の手さばきへの反応が鈍く、動かし辛く
思った通りになってくれません。

こんな質問頂きました。
「試し打ちのクラブを打ちました。
 テークバック(ストローク)の初期に
 ヘッドの重さを‼感じてしまいます。」
これは違和感…と言う意味だと思いますが、
このご自分の言葉に、ご自分のショット(テークバック)や
ストロークの謎というか、問題が隠れています。
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)

ゴルフクラブは
自分が動くと、それが持たれているグリップ部が動くので
当然、その分ヘッドも動きます。
クラブヘッドが重くても、シャフトが柔らかくても
軽いものや硬いものから比較しても
重くなって、動かし辛いのは
「クラブ」であって、ヘッドでは無い筈です。

ヘッドが重い…ということは
ヘッドを動かそうとしている ということです。

グリップを動かして、その分ヘッドを動かすのと
ヘッドだけを動かすのでは
ゴルフクラブの ロフトやヘッド姿勢、クラブ姿勢の
変化が激しく(多く)なり、
 その分安定したショットやストロークの可能性が下がり
ゴルフに良い影響を与えません。

どんなクラブであっても
シャフトには 硬さや柔らかさ 軟度が存在し、
ヘッドには 軽さ重さはあっても 集中した重量は存在します。
重くて振りにくいから それを無くす(減らす) という発想は
クラブは一切頼らず 自分で打つという事です。
クラブの機能は無視したい、邪魔されたくない という事です。

少し言葉は悪いかもしれませんが、
そう思うのなら、ファッション以外で
クラブを買い替える理由はありません。
    多くの人がそうですけどね…。
スナップショット 2 (2014-03-03 22-28)

ゴルフクラブには先人たちの数百年蓄積された知恵が
集まっており、私個人も悔しいのですが
その知恵を上回るようなものを考えつきません😱




 ✌ ✌ ✌ ✌ ✌

悶絶クラブは ものすごくハッキリ主張をするクラブです
扱い方でダメなモノはダメ とはっきり言います。
当たり前と言えばそうですが、その典型例が「重さ」です。
今までは気にしなかったかも知れませんが、
これからは「重さ」を敏感に感じてみて下さい。

✊その重さが「いつ」生まれるのか?
✊その重さは「どの」方向に発生するのか?


そして その重さは
✊自分の動作をしていきたい方向との関係はどうか?
✊打つボールの方向との関係はどうか?

ゴルフクラブ全体の重量配分や
クラブヘッド、クラブの形は 
打ち手が打ち易いよう、
繰り返し打てるよう、
少ない力でボールを飛ばせるよう、
体を痛めなくても練習できるように

考えられて作られています。
9df38f18

スイング中に重さを感じる ということは
その自分にかかる 重さの時期や方向が
自分の次に「行きたい方向」に対し負荷、邪魔になっている
という事です。

クラブのその重さに促進され 動作が出来、
ボールを打て、振ることが出来れば
クラブの重さは感じません。
 ☞特に切り返しからダウン〜フォローまで

テークアウェイは重力に逆らう動きなので
多くはありませんがなにがしかの重さが掛かります。
それであっても
その方向は望ましい方向でしょうか?
テークアウェイは
トップの位置からボールを打っているための準備です。
動作そのものも
ボールの飛球方向とは概ね逆方向に動き
巻き戻しのようなモノですから
その逆方向への重さの増幅は
ボールを打つ方向にとっては不必要、最低限でいい筈です。

そういうのも とても参考になると思います。

恐らく 現在活躍するトッププロも含め、
レッスンプロですら、雑誌やテレビ、誰かの言葉
によって 漠然と、ぼんやりと
『スイングってこういうもの』
『ダウンスイングってこうやる』
『ボールってこう打つ』
と言う程度だと思います。

ゴルフクラブとスイングの関係なんて
考えている人は殆ど居ません。

でも、ゴルフは「自分」の個人プレイで
現場に出ると 頼りになるのは
自分自身とゴルフクラブだけ です。

そのゴルフクラブに
使い方を教わり、使い方を考え
その機能を利用する方がずっと楽しいと思います。

ゴルフクラブはホントにすごいです!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

明けましておめでとうございます
 本年の営業は 1月6日(木)11時から となります
 よろしくお願い致します


ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり
微妙な量 L型の構造をしています。
445TL-2
また機種や種類によって
その微妙な量は異なり、
ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします
そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。

握っている棒とヘッドの重心〜重量の中心点 との差異は
2センチ〜5センチ と色々あります。

しかし 本来
ヘッドに適切な重量があり、
使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを
使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは
問題ないのです。

静止状態ではその差異はあっても
運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから
自動的にそれは消され
打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば
そこに打点 重心位置が来るようになっています。

ですので ヘッドの大きなドライバーと
本当はお勧めできませんが、
重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても
自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。
 ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。

セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・
のは 打ち手が感じるクラブの重さが
超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで
クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。

シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば
そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して
棒の延長線上で打てば良いのです。
 本当は。です。


しかし しならないモノを使う場合
打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。
機種による差もですし、
アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。

ですので フルショットでは大丈夫でも
ハーフショットのアプローチなどで
そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。
✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます


そして ゴルフクラブの構造のすごい所は
 シャフトにしっかりした剛性がある限り
シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは
その重心位置のズレ分しか起こらない のです。
IMG_8497

機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る
 そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は
ゴルフをかなり簡単にできます。
オートマチックに 打点が同じところに来る
しかも それは重心位置 という
ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。

それを利用としない打ち方では
常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず
かなり複雑になります。

また ヘッドを返すような打ち方では
そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。
逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に
ズレを考慮しておかねばならなくなります。mh


 そのオートマチックの機能を消す、しならないシャフトを
わざわざしならせ、ねじって使うのはいったい何のためなのでしょう?

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 明けましておめでとうございます
 本年の営業は 1月6日(木)11時から となります
 よろしくお願い致します

1W 10.5度 T社  SR
5W  19度  メーカー純正S
4U 21度 C社 GS95/S200
5I 24度 T社 NS950GH/S
W 52度 56度 F社 NS950GH

IMG_0069

ざっと 書いてみたところ
このようなクラブを使っていらっしゃるゴルファーが
自分のセッティングが良いか どうか ネット上で
質問しているようなモノが有ったのだけれど。。。

質問したい気持ちもとっても分かります。
ゴルフクラブは決して安価な代物では
有りませんし、自分のセットが間違っているか
不安に思う気持ちもあると思うのですけれど

ズバッと言ってしまうと
セッティング って言葉の意味が違うと思うのです。

どこどこメーカーの Sシャフトと言っても
それを どのような状態でクラブに組み付けてあるか
185gのヘッドの付いた 46インチなのか
200gのヘッドの付いた 44.5インチなのか
それによっても 全く違う味付けですし
30mmの重心距離に付けられているのと
42mmの重心距離に付けられているのでは
同じ状態と言えません。

それぞれを目隠しで打ち比べをした後、
「これは 同じシャフト 同じ硬さを使っています!」
「だから 同じセッティングなんです!」
と言われても、殆どの人が首を傾げると思います。
IMG_0070
同じ土俵で語られるのに、疑問符が付くのが
スチールシャフトとグラファイトシャフトです。
スチールとグラファイトでは明らかに
ヘッド重量基準が全く異なります。
最近のグラファイトはスチール気味のバランスの方が
経費も安くなるので、そちら気味になって来たとは言え
単一素材で作られているスチールシャフトは、
それソノモノの先端が重く出来ています。

細くなり、負荷のかかり易い部分を補強しなければ
壊れてしまうからです。
グラファイトシャフトは、先端を重くしなくとも
素材を変えることによって
先端の補強することが可能です。
故に、スチールは先端が重いモノが多く、
同じスウィングウエイトを作り出すのには
装着されるヘッドが軽くなる のです。

それぞれ、種類によって異なりますが
その差は 20gから30gにまでなります。

その差は決して少なくありません。

ウッドにグラファイトを装着、
アイアンにスチールシャフトが装着されている
セットを使っていると
長いクラブの、大きなヘッド、
重心距離や重心深度の深い 重さを感じやすい
ウッドやドライバーほど、ヘッドが重く

重心距離や重心深度の短い、クラブも短いモノ
アイアンほどヘッドが軽くなる

というのに 違和感を感じる筈です。

これを シャフトのフレックスや名称などの
字面だけで セッティングするのは
セッティングとは言わず、バックの中の見栄え
と呼ぶのだと思います。

セッティングの基本は、上手、下手に限らず
違和感を感じる、その感じること なのだと思います。

車でいうトコロの
4輪のタイヤのサイズだけ 合っていれば
良いのか というと、セッティングとは
アライメントとか、サスペンションなんかも
含めた クルマの総合バランスを指すのだと思います。

上手でないから、そこは感じない
どうでも良いと言うのは、間違いの元です。

ある程度、バランスのとれた、互換性
整合性のあるクラブでゴルフを覚えるのと
一本一本バラバラのクラブで覚えるのでは
同じ未来にはなりません。

多くの方が ドライバーだけ上手くいかない!
フェアウェイウッドが嫌い! とか
バンカーが苦手! などと言う 長年のイメージ
というか レッテルみたいな部分の多くは
整合性の無い クラブによって作り出されています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ