◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重いヘッド&柔らかなシャフトに特化した〜オーダーメイドゴルフショップ 簡単に、軽く振って、傷めず、飛ばす 【スイング再生工場】【クラブから学ぶゴルフスイング】 営業時間 11:00~19:00 (水曜定休) 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 電話:046-804-1480 メール:hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp. ホームページはコチラ👉https://www.hummingbirdsporte.com/

重いヘッド、柔らかいシャフト にスイングを教わってしまおう
ショットに、スイングに自信のない方、
友達に内緒で 良いスイングにしたい方 是非お越しください。
【スイング再生工場】
誰よりも振らず、誰よりも楽そうに振って飛ばす
 を最大のテーマにクラブ造り、スイング造りのお手伝いをしております。

https://www.hummingbirdsporte.com/


質問「ゴルフクラブの見た目 からすると
 棒・シャフト・握る部分とヘッドの打点にズレがあるので
 そのズレを計算したくなります。
005
 そもそも そのズレは必要なんですか❓」

店長「はい。絶対に✋です。」

質問「それは 何故❓なのです❓」

店長「基本的には安全性の問題です。

 過去に 何度も何度も デンデン太鼓のような
 重心距離の無い 長いテニスラケットような
 握りの先に打点のあるドライバーは売りに出されました。

a00002064791ルールには抵触していません。

ですが、本当に短い期間で 販売中止、
場合によっては 全品回収というコトも起こったそうです。

 重心位置が握りの延長線上に無い、
 重心距離があり、L型の形状をしていれば
 ヘッドがどちらを向いているか、どうなっているか、
 感覚的に判別するコトが可能です。
 『トゥダウン』現象が起こって 運動中、
 握りの延長線上にヘッドの重さが揃おうとする働きが
 有ったとしても その具合を感知するコトが出来ます。

 ところが 重心距離の無い、
 ヘッドの重心位置が握りの延長線上に無い と
 ヘッドがどこを向いていても
 その差を感知するコトが出来ません。

 フェースの向き、ロフトの向き だけでなく
 ヘッドの角の部分 や アイアンであればバックフェースが
 ボールの方に向いていても その差は感覚としては
 掴めません。
 練習場で ヘッドの角にボールが当たり、
 前の打席の人 や 
 自分にすらボールが飛んでくる可能性があります。


 それを防ごうとする だけでなく
 似たような距離や弾道を打つのには
 ものすごく強く握らねばならず
 結果としては 全然飛ばないクラブになってしまいます。
 握力の無い方や女性、子供では
 かなり辛い、扱い切れないモノになるそうです。

 また、ロフトの立ったクラブであれば 大丈夫なのですが、
 ロフトの大きなクラブ に 重心位置ズレ がないと
 自分にボールが飛んでくる可能性があります。
 
 ヘッドの位置や姿勢の把握が出来、
 何種類ものロフトとの組み合わせ、
 そして 安全性 の為、重心位置ズレは必須なのです。」

質問「ああああ なるほど、なるほど。」

店長「そして 適切な柔らかさのシャフトであれば
 止まっている時、遅い速度の時は
 ヘッドの位置や姿勢を把握出来、
 運動が激しくなると そのズレが解消される
 とても便利な 二重構造を持っているのです。」

質問「シャフトが硬く無ければ✋ ですね。」

店長「はい。
 
 ゴルフクラブの設計は
 その 重心位置のズレ が そのクラブの特性 です。
005

 フェアウェイウッドの箱形状がアイアンの板形状よりも
 ボールが上げ易い、浮かせ易い ----は
 その形状が 重心の深さを生み出していることから生まれます。
 重心が深い は 運動させると
 ヘッドが前に出ようとする働きを生むため、
 入射角度が緩くなり(👈主にはコチラです)
 ロフトが付きます。

  しかし 硬いシャフトを 無理やり
 ライ方向に トゥアップ〜トゥダウンさせて、
 言い方を替えれば シャフトをしならせて〜しなり戻して
 使ったのでは その働きが発揮されない、か、
 急激に ヘッドが跳ねあがるようになってしまいます。
 そう使ったのでは 本来、味方の筈の重心深度が
 使い難さの元になってしまいます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 
店長「これからの季節で起こり得るコトなのですが、
 強く打たないアプローチなどで
 当然、軽く振ります から トゥダウン量は減ります。
 本来であれば、ソコに重心位置が来てくれるはずのモノだ
 トゥダウン不足、つまり ネック寄りに当たって…
 シャンクなんてコトが起こる訳です。
sample 2009_09_15_19_49_13-17フレームショット
 ですので 全体にセットの流れ よりも
 ウエッジなんかは 柔らかめ の方が使いやすい

 というのは そう言う部分もあったりします。」

質問「気温が下がると シャンク出易い ですよね…。」

店長「そもそも なんですが、
 多くの方は シャフトをしならせて・しなり戻して使うモノ
 と 思っているフシが少なくないと思うのですが…。」
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)

質問「ソレ ありますね。」

店長「多くのゴルファーの クラブの動かし方 というか、
 シャフトの使い方 って
 シャフトを ライ角度方向に沿って
 トゥアップ方向にしならせて、
 トゥダウン方向にしなり戻そう、

 としていますが・・・ それが悩みの始まり だったりします。

 ゴルフクラブの機能の殆どは
 使い手が ソレを意識しなくても
 動かせば… 正確には ゴルフクラブを持って、
 ゴルフクラブ『を』動かすのではなく
 ソレを持って 自分が動けば 機能するよう出来てます。

 トゥダウン…握りの延長線上に自動的に打点が来る働き は
 クラブを持って 自分が向きを変えれば
 それに伴い、クラブには遠心力が掛かるので
 自動的に それは成されます。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








 逆に それを意図的に『トゥダウンするように』動かしたら
 トゥダウンは必要以上に発生してしまい、
 スイングの横方向への動き 回転は阻害されてしまいます。

 阻害されないように トゥアップ・トゥダウンを
 腕を捻って行えば(横にして行えば)
 今度は フェースがボールを向きません。
 どんどん 複雑に…、後処理が面倒に、、、
 インパクト付近での もうひと手間が必要になります。」

質問「言われてみれば テークアウェイは
 ライ方向にトゥアップするように上げていますし、
 ダウンスイングもトゥダウン方向に振っている気がします。」

(ハンドリリースサンプル集_Moment(3)

店長「フルスイングをそうやっている方が
 ハーフショットのアプローチにしたら
 トゥダウンが生まれませんから
 ボールのトコロに打点でなく ネックが来てしまう…
 シャンクになりますよね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイング中の クラブのトゥダウン
 そもそも トゥダウンって 知ってます❓」

質問「イエ、知りません。」

店長「知らなくても問題はないのですが、
 知っておくと スイングを造る、治す 上でも
 結構、役に立ちますし、
 クラブ選びの材料にもなるかと思います。

 そもそも トゥダウン は
 ちゃんと運動する(しなる)柔らかさのクラブ であれば
 全く意識しなくとも 自動的に発生する仕組み
 になっています。
EG05_04
 ゴルフクラブは テニスのラケットや野球のバット と異なり、
 握っている部分の延長線上に打点・打撃部分がありません。
 ズレている と言えば良いのか、
 L字型、鎌首をもたげた形状になっていて
 運動をさせていない時は
 そのズレを計算して 打たなければいけない⁈
 ような形状をしていますが、
 ちゃんと柔らかいシャフトが装着されていれば
 運動させると 重さが直線状に揃う 働きを持っている為、
 握っているトコロの延長線上で打つ感覚で
 ヘッド部の そのズレを無視して
 ボールと打撃部分を当てることが可能
 です。

 逆を言えば、テニスのラケットであれば
 どんなに速く振ったとしても『トゥダウン』は発生しません。
 実際にはやりませんが、
 重心のズレの無い、重心距離の存在しない、
 フェースバランスのパター であれば
 シャフトの硬さ/柔らかさに関係なく、
 『トゥダウン』は発生しません。

 ちょっと 言葉で説明すると分かり難いかも知れませんが
 クラブを運動させると
 クラブの重さが 遠心力の掛かる直線状に揃う働き があるので
 本当は ネック部が内側にズレ込むような状態になる のが
 正規の『トゥダウン』

 ネック部分はそのまま で
   トゥ側だけが下がる✋訳ではない
 んです。
 とは言え ほんの少しですが、トゥ側が下がり、ライ角度が変わる、
 のは事実で それらをまとめて『トゥダウン』と呼ばれています。

EG05_04
質問「…となると
 ちゃんと 運動する柔らかさのシャフト と
 しならない 硬いシャフト では
 打つ感覚は異なるコトになるのでは ないです❓」


店長「そう思います。
 ちゃんと 運動する柔らかさのシャフト では
 棒の延長線上で打つ感覚で 球は当たりますが
 そのまま の感覚で 硬いシャフトを打つと
 そこには ネックが来てしまいますから シャンク です。
(キャスト_Moment

 逆に 硬いシャフトを使い慣れている人は
 重心位置のズレ分、シャフト(ネック)を
 ボールからズレたトコロに通そうとしていますので、
 柔らかいシャフトにすると 先っぽに当たったりします。」

質問「慣れてしまえば 棒の延長線上で打つ方が楽そう…ですね。」

店長「そう思います。
 シャフトの硬さ・柔らかさ を揃えて置けば
 機種や番手などによる 重心距離や重心位置の違いを
 気にする必要が無くなります。
IMG_0079
 重心距離の長い ドライバー 40丱ーバー
 重心距離の短い アイアン  35
 双方ともに しなりの無い硬いシャフトであった場合、
 では ボールの当て方、クラブの通し方も
 それぞれ 異なるように調整しなくてはなりません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


アイアンセットの内容は
〇ブリストルパターのアイアン版で
〇重量は 『ファット-B』に相応
〇出来るだけ難しくない マッスルバック
〇ロフト多めで 3番から
〇ウエッジは PSからHBS-16を使用

IMG_0078
ですので 3.4.5番の番手は中空モデルを採用。

アイアンを中空化、ユーティリティ化する目的は
重心を深く取り、インパクトロフトを増やす、
ボールを上げ易くするコトです。

一般的なアイアンで
 マッスルバックの重心の深さは 2仟
 ボックス形状のキャビティで 5仭宛紊砲覆蠅泙垢ら
 中空マッスルで 5仟罅⊇侏茲譴6仟罎謀達したい…。

一般的な 中空アイアンを比重の重い軟鉄素材で作る場合、
重量の制限(軽い)から 中空にはなったけれど
なかの 中空の部分は 本当に隙間程度のモノが多く、
重心深度の増大はあまり望めません。
飾り的な中空です。

悶絶クラブ…の場合、マッスルであっても
一般的なアイアンよりは 50g以上、重量に余裕が取れるので
十分な中空、重心を深く出来る設計が可能です。

削り等の関係上、中空でない 6番以降のアイアンは
素材を S20C、より純鉄に近い炭素鋼が5%少ない素材、
強度が必要な 中空モデルは S25C を採用。

アイアンヘッドは パターとは異なり、
ロフトの立ったモノからロフトの寝たモノまで
あるのが 設計上の難しい点になります。

当然ですが、ロフトが大きくなる程
打ち手から フェース面がたくさん見えて来ます。
ロフトの立ったモノは トップライン、
 ヘッドの上面がスイングのイメージ、
 テークアウェイのイメージを誘因しますが、
 段々とロフトが寝てくると
 その要素は フェースそのものの形状に移行します。
IMG_0077
また、トップブレードの面取りの角度も
ロフト角度によって 少しずつ フェース側に
寄せて来ないといけないので
それを 図面、CAD図面に残さないといけません。


全体のロフトは多めですので
特化した低重心・深重心は必要ありません。
逆に ほどほど 高重心 21仭宛紊諒が
アイアンらしい弾道になり易い です。
パターの『ファット-B』の重心距離が 40.6
あるので 出来るだけソコに近い重心距離 にします。

あまり 薄ぺったくなると不安になりますから
ヘッドの高さ との兼ね合いになります。
IMG_0079
ブリストルパターやデール9でもそうなのですが、
始めは 粘土、そして 実際の鉄の粗型と移っていくのですが、
図面に起こしたとしても
それが 金属質になっていくと かなり雰囲気が変わったりします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


今回 作りました 一点物の「軟鉄鍛造中空モデル」は
〇〇県のAさん の依頼だった訳ですが、
 ……Aさんにも デール9を購入頂きました。
IMG_1366
が、やはり ブリストルの方が良い… 好き…と。
というコトで この重量感の『ブリストル』は作れないのか…と

「一点モノ になってしまう可能性が高いですが…。」
と言う問題に OK を頂き・・・・

デール9 520g ですので
Newブリストルは 530g に設定です。

ですので 昨年11月に募集を募りました
ブリストルの発展版の
『ファットB(ブリストル)』
作るコトになったのも Aさんの依頼が始まり です。


オリジナル-ブリストル は 480g。
ブリストルは 鍛造モデルで金型があるのですが、
一度打ち(鍛造)でも その重量を下回ってしまいます。

というコトで ブロックを先に鍛造します。
そこから 全行程 手作業で削って貰います

オリジナルのモノから 50g増量する訳ですが
重心は低くしたくないですし、
太らせても 出来るだけ オリジナル雰囲気は残したい、
6度のプロトタイプを経て 製品にしました。
IMG_1425
ネック廻りの太さ、長さ、
ブレードそのものの高さ、厚み 増しをして
完成に至った訳です。

大変 満足頂けた…と思うのですが、
試作品を削る行程や仕上げの選別工程で
かなりの方の目に入ってしまい。。。
応募形式で 一般販売をするコトになります。
〇予想を上回る応募数だったのですが
 ヒトツ 大きな失敗をしまして…
 …自分の分、私の分が無いのです。。。
 かなりの手間をかけた作品だったので
 手元に残したかったのですが、、、、何故か…。

IMG_1413


✋✋✋すると…またも Aさんからの依頼が…。
ファットBが気に入ったので
 このファットBの雰囲気、重量感で
 アイアンが造れないのか
❓」
 と…。
弊社の HBS-16は重量感としては良いと思うのですが、
やや グースネック、オフセットのあるモデルです。
ですので ストレートネック で
L型パターのスッキリ感のあるモデルが欲しい、とのコト…。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

SLN-PT8
 ちょっと話は長くなるんですが…。


一点物の 軟鉄鍛造中空モデル を

作るコトになったのは
パターの デール9モデルがきっかけ なのです。
丁度、一年前になりますね。 

L型ブリストルパターはヘッド重量480g

デール9を作るコトになったのは
私達の年代よりも上の方は驚くかも知れませんが、
若い世代の方には L字、L型 は馴染みが非常に薄く、
パター✋ と言う認識が薄いんです。
「ユーティリティですか❓」 と聞かれたこともあります。

古い話になりますが、
ブリストルパターを造ろうとした時、
始めのきっかけは 以前にお世話になっていたメーカーが
売れないだろうなぁ…と言う商品の在庫を抱え
「これ なんとかならない❓」 は始まりです。

ベティナルディと言うメーカーのパターで
軟鉄削り出し…ですから、価格はそこそこ高額、
ピンタイプの形で 中尺モデルなんですね。
こりゃ 売れない…。

中尺モデルなんで ヘッド重量が重たい。
ベティナルディは一般的なパターに比べると
ヘッドが重いのが特徴です。
〇各モデル名の 350.360.370 はヘッド重量でした。

一般的なパターのヘッド重量は 300〜320g
重いモノでも 330〜340g です。
 最近は重いのが『良さそう』というコトで
 どこのメーカーもヘッド重量が重くなり始めましたけど…。

その中尺モデルのピンタイプヘッドは 405g 有ったので
弊社の 重いヘッドのクラブとの相性が良いので
ライ角度を普通尺用に変更し、
弊社オリジナルの アルミ製パターシャフトに変えたモデル を
販売してたんですね。
HMG20210721

何年かを経て 完売したんですが、
特殊な形状、デカいマレットタイプを除き、
普通な形状の しっかりした重いヘッドのパターヘッド って
ほぼ 存在しないんです。
😵代替え品が無いんです😵


それじゃあ 自分でデザインして…って思ったのが
きっかけで。。。…造るしかないのか…
モックアップモデルとか、試作品とか、削ったり、
修正したりをしている内に
 0番アイアン みたいな感じの L型ブリストルに
 行き着いちゃったんですね。

始めっから L字を造るぞ✊ ではなかったんです。
akiya20220615

その ブリストルパターは今も問い合わせが毎日来るほど
好評販売モデルになった訳ですが、
ヘッド重量は重いけど もう少し、スタンダード的な
ピン型のモデルも用意して 選んでいただけるように…と
デール9を造った次第です。

デール9は ピンタイプの幾つかの気になる点、
私の目で見る ピンタイプの課題点を解消するようにしました。
SLN-PT1

.優奪部分の クランク
 一般的なピンタイプのネック部、シャフトとの接合部ですね
 ココの部分に目が行き易いので
 もう少し すっきりしたモノにしよう と思い
 スラントネックにしました

⊇顛完銘屬低い
 ピンモデルの悪い特徴に 重心の低さ があります。
 低い部分に部材が集まってしまう形状なので
 ネックを長くし、ブレードを短めに、高めにし
 一般的なモデルよりも 2个蝋發そ顛瓦砲靴泙靴拭

➂重心角度が在り過ぎる
 ピンタイプは L型に比べ、重心距離が短くなりガチ
 なので フェースバランスに近くなります。
 それを抑えるため 一般的なモデルよりも
 約7弌.優奪の接合分をヒール側に移しています。
HMG20210712

と、まあ デール9は出来上がった訳ですが…(続く)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「
インサイドアウトとか、アウトサイドインのような
 平面的な軌道の話し になっちゃうのですが…。
1f52b653
 例えば、ですが
 このデータは LPGA選手の統計データ(ドライバー)で
 94選手の平均値で ボールの内側4度位の角度 で
 ヘッドを入れて来る、とあります。
 数字遊び になってしまうのですが、
 アドレス状態の 立体的なスクエアを0度 とすると
 4度内側より入ってきているので
 4度フェースが右を向いていても 右回転は入りません。
 ヘッドスピードなど他の要因にもよりますが、
 5度程度であれば 右を向いていても 回転は入りますが、
 『右に曲がる』には至らないと思います。

 しかし、飛球線に対して 真っ直ぐ後ろから
 ヘッドが入ってくるとしたら
 上記の状態よりも 5度前後 は閉じていないと
 右回転は入ってしまいます。
 その軌道で 5度フェースが右を向いていれば
 回転だけでなく、弾道も右に曲がると思います。」
マイナス8マイナス15



YSさん「軌道通り ッテコトですよね❓」

店長「軌道をことさら 気にする必要は無いと思うのですが、
 ボールが曲がる、ボールに横回転が入る シンプルな仕組み
 はそう言うことです。

 フェースターンを打撃のメインパワーにすると
 フェースを閉じようとすると 軌道は内回り、
 中に切り込もうとしてしまいます。

 ヘッドを閉じようとすると 軌道が内に入ってしまう…
 よく言う アウトサイドイン として
 内に5度入り込もうとする軌道では
 LPGAの平均値で考えると 10度もフェースを
 左に向けないといけなくなります。
1ff0dce2

 本来であれば ヘッドの軌道 と フェースの向き は
 全く別ものとは言えないまでも
 関連しているに過ぎず 別なモノと考えて良く、
 自分の軌道はいつも だいたい似た軌道、
 それに対し フェースを調整・修正する、
 …そのような状態にしておくのが理想です。

 両方が常時、動いてしまうような状態では
 不規則に移動するゴールに対し、作戦を立てるようなモノですから
 当然、難易度は増します。」

YSさん「となると やはり 手の返しは避けるべき、と…。」

店長「まあ、そうなりますよね…。
 また フェースを開いて上げてしまう、
 大きくフェースの開いてトップの位置 では
 そうでないモノと比べると ヘッドの重さがかなり増えます。

 少々、大雑把ですが、開いていなければ
〇ヘッドの重さ × 長さ × 運動
 というコトになりますが、
 開いた状態になると
〇重心距離〜重心深度の複合距離 × ヘッドの重さ × 長さ × 運動
 と 基礎になるヘッドの重さの数値が増してしまいます。
 残りの数値は掛け算ですので 二つはかなりの差になります。」

YSさん「リキミ を生んでしまうんですね?」

店長「そうですね。

 実験されると 分かります。
 5gの鉛をヘッドに張る際、
 ネック部分に張るのと、
 シャフトから一番離れたトコロに張るのでは、
 まるで 重さ感が異なり、シャフトに対する影響も違います。
 タイミングも異なりますし、違うスイングになってしまう可能性も
 無いとは言い切れません。その位、二つは異なります。
006
 ウッド、ドライバーは特に重心の深さ(深度)があります。
 アイアンに比べると 10倍近く深いトコロに重心が在り、
 それによって 重心距離(フェース面上の重心位置)よりも
 もっとシャフトから重さが離れています。
 ですので 開いて上げてしまっている人は
 アイアンとウッド、特にドライバーのヘッドは
 その重量の数値よりも 重くして使うコトになってしまい、
  同じように インパクトには入れなくなってしまいます。」

YSさん「故に そう言うスイングの方は
 軽いヘッド、硬いシャフトを好まれる、のでしょうか?」


店長「ソレは間違いないと思いますが…、
 実際には ドライバーヘッドはどんどん大型化して、
 シャフトもどんどん柔らかくなり、
 アイアンヘッドは小型化、軽量化され、
 シャフトの硬さは昔と大きく変わりありません。
 二つの差はどんどん離れて行っています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「あらかじめ言っておきますが、
 フェースターン、手の返し、ローテーションを
 推奨するつもりはありません。
 一時を除けば 長いゴルフ人生で苦労が多くなりますから。
BAUoIFgCcAA1GTf

 とは言うモノの、今の今までそう打ってきたのに
 はい 今日変わりましょう✋って訳には行かないので
 知恵として知っておいて貰いたい だけです。

 スライスに悩む、困っている人の多くが
 『フェースターン』『ヘッドの返し』の仕損じ です。」

YSさん「そうですね…。」

店長「以前も説明しましたが、
 ゴルフクラブは その構造上、
 フェースターン 開いた・右を向いたフェースを
 閉じよう・左に向けようとするほど
 …その フェースターンを主に ハンドターンにする場合ですが…
 ヘッドの軌跡は 内側に切れようとします。

 軌跡が内側に入り込めば、想定より
 フェースの閉じは強くしなければならない、
 という 追いかけっこ になります。
IMG_0491
 スライスが出てしまう…と
 もっとフェースターンを… と思いがちですが、
 始めの発想に戻って
 フェースを閉じたい 『開いている』フェースを
 閉じなければならない から始まっているのですから
 閉じるコト を 考えるのではなく
 開かないコト、開かないは無理であっても
 開く量を抑えるコト、に意識を持って行くのが良いでしょう。」

YSさん「なるほど。」

店長「閉じなければならない量は
 必ず 開いている量に応じています。
((((((((_Moment

 ラウンド中、疲労してくると
 クラブに近いトコロ・からだの部位、
 特に 左腕だけでテークアウェイを取ろう、
 クラブを動かそうとすることが増えます。

 そうなると フェースの開く量は増え
 閉じきれない、と言う状態になり易いです。
 
 ダウンスイング〜インパクトは 高速ですし、
 やらなければいけないコトが一杯ですから
 『閉じるコト』で解決するのではなく
 『開く量』を抑制、少なくする方が
 とりあえずの解決方法としては 良いと思います。」

YSさん「何処を気にすれば良いのですか❓」
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment

店長「ラウンドで✋ は難しいですが、
 普段の練習で クラブを(右打ち)右に倒す量を減らす、
 からだの幅の中 と言う意識は少々オーバーですが、
 背後にヘッドを行かせる量、
 クラブも倒す量を出来るだけ抑える、
 というのが有効だと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ✋試打クラブ 貸し出しクラブ(無料)
 お問い合わせ下さい
  〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
 ☎046-804-1480
IMG_1366

【ヘッド重量】
長さによります。
🔴33インチ以下 525g
🔴33インチ以上 515~520g
まずは 【長さ】を選びましょう
長さは32〜36インチ…と言ったトコロです。
ただ 32インチではややヘッド重量は軽めな感じ
となるので、シャフトの柔らかさを優先したい場合は
 33.5インチ以上が良いかと思います。
☆身長や構え などにもよりますが 推奨長さ  33.5〜34.0
IMG_1370
【ヘッドの仕上げ】を選びましょう
今回のパターは オイルコーティングブラック(墨黒)と
  数量限定バージョン ゴールドバージョン(サテン)の二種です
IMG_1359
【シャフトの硬さ】を選びましょう
市販のヘッド重量ですが 市販のパターの硬さは
 振動数で言うと 320cpm以上

.リジナルのスチール      125g 260cpm位

▲リジナルグラファイト  100g 200cpm位
オリジナルグラファイト 80g  170cpm位
ぅリジナルグラファイト 60g  140cpm位

 ➁➂い凌Г魯ンメタリック(ヘッドの仕上げと非常に似た色です)

➀は 長さにもよりますが、総重量700gは超えると思われます。
かなりシャフトが硬いですから、ヘッドが効いている というより
全体の重いパター…と言う感じでしょう。

➁の総重量は 670gになるでしょう。
市販のクラブ(アイアン/スチールシャフト)との
組み合わせには丁度…と言ったトコロです。
IMG_1362
推奨スペック:このヘッドの重さ、シャフトの柔らかさによる
 異次元のボールの伸び、転がりを味わいたい、のであれば
 ➂もしくはい料箸濆腓錣擦良いと思います。
 この位の硬さから ボールの転がりが段違いに違います
 ✋手元が締まったタイプのシャフトなので 数値(振動数)の割に
 扱いやすい、振り易い と思います。

推奨スペック:シャフトの硬さも更に柔らかいですが、
 シャフトのタイプも 全体に均等にしなる、
 一般では体験できない 手元の緩さ があります。
 悶絶セットとの組み合わせを推奨いたします。
IMG_1369
【グリップ】を選びましょう
ヘッドが効いていますので、やや太め以上、やや重め
のグリップをお薦めします。
✋太さ…で選ぶよりも 形状にご注目下さい 

IMG_1375IMG_1372











茵.廛蹈ンリー レッド ピストル型ラバー  やや太め/72g 
罅.廛蹈ンリー ブルー △形状コード   太め/88g
蕁.張◆璽札鵐機次 .僖疋觀ソフトラバー かなり太め/90g
IMG_1374
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10
◆電話 046-804-1480 
◆メールアドレス <hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp>

最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。
 ピン型『デール9』は520g
 L型『ブリストル』は480gあります。
IMG_1366c42c12f0










現代の多くの人が手にしている
市販のパターヘッド重量は 290〜320g

 👉大袈裟には半分?と言う重量
 👉場合によっては パターそのもの、
 パターの総重量よりも
 デール9やブリストルパターのヘッドの方が重い
 と言う場合も少なくありません。

その恩恵ははかり知れません。

✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。
このパターを少なくない人が手にしたら
 ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。
✋デール9、ブリストル ともに
 キャディさんや誰かに手渡す場合、
 必ず ヘッドから渡してあげて下さい。
 グリップから渡すと かなりの確率で落としてしまいます。
IMG_1365

‐さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます
 今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。
 小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは
 …分かりますよね。

 飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。
 このパターに得手不得手は無いかも知れません。
 正直、ほぼインチキです。

 ✋ルールに反している部分は何一つありません。
 というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。
IMG_1370

▲棔璽襪療召りが全く異なります
 遅く転がりますが遠くまで転がります。
 👉同伴競技者の距離感が狂います

 この地面に沿って舐めるような『転がり』
 このパター以外で実現することは不可能かもしれません。

 ✋また 異様に直進性が良いので
 今までの曲がり幅半分以下
 ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。
 曲がらないパター…想像できないでしょうね


イップスになりません(なれません)
 多くの人は考えたこともなかったと思いますが
 パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが
 グリップを動かさないと ヘッドが動きません。

 ヘッドが軽いパターに比べ
 格段にグリップの初動、動き出しがし易く
 逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。

 軽い一般的なパターであると
 ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。
 ここがイップスの始まりです。

しいになれない形状をしています
 正直 超〜〜オーソドックスな形状で
 このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。
 流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です

 全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。

 ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には
 逆に違和感があるかも・・・ですが、
 その意味不明な機能もどきの形状は
 引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず
 逆に動かす方向や指針がまるでないのです。
IMG_1364004











ゥ好肇蹇璽を教えてくれます
 装着されるシャフト(お薦め)は
 一般的にパターのシャフトの 半分の硬さ です。
 振動数で言うと 350cpm → 170〜140cpm

 テークバックの始動がし易く ←市販品に一番欠けている部分です
 切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので
 本当にパターが簡単になります。

 ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという
 今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえます(^_-)-☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

((スライスにさよならしよう_Moment

店長「画像、動画で解説すると、ですね、
 ダウンスイングで 手を振る為に、ではありますが、
 先に からだを廻し、ボールの打てる位置で
 からだの回転を止め、そこからクラブを振る、
 こういう手順になっていますよね❓」 

YSさん「言われてみれば そうですね。」

店長「ダウンスイングの手順が
 からだの回転、 そして クラブの振り です。

 からだの回転は 右を向いて、そして左を向きますから、
 アバウトですが 180度 クラブをターンさせられます。
 勿論、手の返しでも 180度ターンさせられますが、
 ヒトツの180度、ヒトツのターンで十分ボールは打てます。

 ヘッドターンは 軌道に対し、
 フェースを右に向いた(右打ち)、開いた状態にならないよう
 フェース、ヘッドを回転させるのが目的ですが、
 ヘッドのターンを激しくすると、その分、
 ヘッドの軌道が内に入り込み、
 開いた状態、閉じた状態の基準になる軌道が
 どんどん逃げてしまいます。
((スライスにさよならしよう_Moment(2)((スライスにさよならしよう_Moment(3)((スライスにさよならしよう_Moment(4)








 ハンドターンに頼っていますと
 ラウンドの後半の疲労やコンディションの悪い時、
 スライスが出たり、やり過ぎて引っかけフックになり易く
 なりますので、
 『実験的に✋』で構いませんから
 切り返したら、先に と言えば良いのか、
 直ぐに ターンを先にしてしまって欲しいのです。

 順序で言うのなら からだの回転、そして ハンドターン ではなく
 ハンドターン、そして からだの回転 です。」

YSさん「トップの位置で すぐに✊ ッテコトですよね❓」

店長「そです。右を向いているトップの状態で
 まずは 腕を振る、と言えば良いのか、クラブを手で振るんです。」

YS「ボールに届かなそうですが…。」

店長「ボールに届かなそう・・・・ 確かにその通りですね。
 その届かなそう な箇所で クラブを振ってしまって欲しいんです。
 実験的に でもありますので、空振りでも、当たり損ねでも
 良いのですが、とりあえず まずは クラブを振る。

 きっと 届かないでしょうから、
 その手順は変えずに のちほど、と言えば良いのか、
 あとから遅れて からだの向きを変える、
 その加減と時期で ボールに届くように調整していく。」

YSさん「この手順にするメリットはなんです❓」

店長「理想的には クラブターンをハンドターンでは無く、
 ボディターン、からだの向きにしたいのですが、
 今すぐ! というのは簡単ではありません。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 とりあえず ですね、インパクト付近で
 ハンドターンが入っているにしても
 そこに からだの向きが加わっていれば
 ヘッドの内に切り込む量を抑えられる分、
 フェースの閉じの必要量も減りますし、
 ターンそのものも 手と体で分配できますので
 疲労、耐久性に劣る 手・腕の負担を軽減させられます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


YSさん「こんにちは。」

店長「こんにちは〜、お久しぶりです😄」

YSさん「今日はご相談が。。。

 長年…30年苦しんている スライスを治したくて…。
 特に ドライバーですが…。」


店長「あ、はい。
 まずは 打ってみましょう。

 なるほどー。

 スイング自体を 無機質 に解説すると
  切り返し から まずは からだが廻り、
 この場合は 脚、フットワークですね。
 まずは 踏み込んで
 そこから クラブを「丸く」振っている のですが、
 丸く振るコト によって
 本来の ヘッドの入ってくる軌道よりも
 見た目で言うと ボールの真後ろからやや外目
 から 入ってきているので
 ボールには右回転が入り易い と言えますね。
((スライスにさよならしよう_Moment

 一般論 ですけど
 ボールの横回転は そのヘッドの進入経路 に対し
 どの位 フェースが閉じているか、開いているか、
 その度合いで 量が決まります。」

YSさん「アウトサイドイン ってコトですか❓」

店長「まあ そうなんですけれど、
 ソコを気にしても 仕方ないんです。

 軌道とフェースの開閉具合 って
 追いかけっこのようなモノ なので
 追えば追うほど 逃げてしまいます。

 今のスイングを大きく変えず、
 イメージですが、軌道を同じのまま
 フェースの閉じを強くしようとすると
 インパクト、impact以降が
 今の軌道よりも もっと 内に切り込んでしまうので
 もっと フェースの閉じが必要になってしまう。

 かと言って 軌道を もっとインから‼ にしようとすると
 スイング中の フェースの開閉が大きい ので
 開いたまま 当たってしまう。

 前者は 左の引っかけ か 左へ出てのスライス
 後者は プッシュスライス になってしまいます。」

YSさん「ですよねぇ…。」

店長「どこまで突っ込んで考えるか、やるか によるんですけど
 幾つか 頭の中を整理… ほぐしていきましょう。

 幸いにも YSさんは年齢の割(正確な年齢は分かりませんが…)
 腕を振る、腕を動かす筋力、能力は強い と思いますので
 ソコを主体に考えてみたいと思います。」

YSさん「はい…。」

店長「今の時点か、過去のどこか で
 ですけれど、手を使う、手で振る、特に、右腕を伸ばす
 そういうのを 遠慮している というか、
 ちょっと 躊躇しているように見えるんですね。
 理由までは分からないんですけど…。

 が故に ダウンスイング〜インパクト が
 スムースに加速しておらず 物切れ状態
 のように見えます。
 スピードが上手く乗ってない感じ です。」

YSさん「おっかなびっくり ってトコロです。」
((スライスにさよならしよう_Moment(2)((スライスにさよならしよう_Moment(3)((スライスにさよならしよう_Moment(4)((スライスにさよならしよう_Moment(5)








店長「ボールを打つ手順を少し入れ替えてみましょう。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

店長「ゴルフスイングの仕組みはよく出来ていて
 テークアウェイで からだを捻じらず
 腕主体で無く からだの向きを変えると
 それだけで 結構な高さにヘッドを持ってこれます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(2)

 傍からの見た目 であれば、
 ただ 右を向いただけ なのに
 ヘッドとグリップの上下関係は『反転』したように見えます。」

質問「ホントですね。」

店長「確かに見た目 のヘッドは
 地面をゼロ とすると 2m近くの高さに達しますが、
 その殆どは 向きで消化出来ます。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(3)
 クラブヘッドが自分の方に 鎌首をもたげた形…
 L字型になっている訳ですから
 その土台が相当する 腕が高くなれば
 からだの向きの変更以上に 上がろう としますので
 それは 自然に任せればよいと思います。

 だから 上げる と言う点において
 それを 積極的にはする必要がない。

 ダウンスイングで下に振って良いことはナニもない✊ ので
 それをする為に 積極的に上げる は
 時間と労力の無駄、必ず『二度手間』が必要になります。」

質問「なるほど。」

店長「自分で素振りをしてみると分かると思うのですが、
 ダウンスイング…ボールを打つ方ですね、
 クラブを下に振るコトを打撃のメインパワーにしてしまうと
 先に ボールの位置を確保して から で無いと
 下に振って ボールに当てられません。
 動作の手順で言うと からだを先に廻して、
 ボール位置付近 で からだの動きを止め
 下に振る という 打撃の前段階で かなり複雑な手順
 が必要になります。」

質問「ダウンスイングから すぐ 下に振ると
 ボールのトコロに行き着けないですね。」

店長「ええ。
 その手順の後、ボールを打つんですが、
 ヘッドを振るので 同じヘッド姿勢や自分の姿勢、
 似たようなヘッドの進入、上下左右を含めて、ですけれど 
 ヘッドの進入にするのはやさしくない。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment(5)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







 また 下に振ろうとすると
 どうしても グリップの移動を積極的にし難くなり、、、
 しちゃうと 下に振れなくなりますから…
 からだの向きと腕を切り離す必要が生まれちゃいます。」

質問「確かに。」

店長「そう考えると 打撃のメインパワーを
 上下にクラブを振るコト にしてしまうのは
 あまりに難易度が高いと思うんですね。

 まして グリップとヘッドの上下反転 なんて
 前傾姿勢と体の向き変更 というスイングの仕組みで
 達成できてしまうのですから。

 言葉上、テークアウェイを上げる、
 ダウンスイングを降ろす、下げる と言っていますが
 単に からだの向きを変えているだけ であって
 クラブの、特にヘッドの上げ下げ は
 積極的にはしてない のです。
〇スイングに上げ下げは殆ど無い?_Moment






 テークアウェイの 上げる は
 私の感覚では クラブの短くして、
 クラブの重さを左グリップに掛ける ようにして
 からだの向きと言う動作の追従性を上げている、
 グリップが からだの向きに付いて行けるように しているだけで
 ダウンスイングで ヘッドを下げよう、
 ボールに届かせよう、と言う感覚は皆無で
 逆に 出来るだけ ヘッドを高い位置のまま インパクトを通過させよう、
 スイングの円弧の 下半分のゾーンに
 ヘッドは侵入させないような そう言う感覚はあります。」

質問「ボールを上から打て、
 ボールをつぶせ とは 反対の感覚になります❓」


店長「ボールを上から打て は
 フェースとボールとの関係 ですので
 大きな意味の打撃感覚とは あんまりつながりが無い、
 別な課題と言った感じなんですが、
 クラブを振らず フェースが下を向いていれば
 それは 結果として 達成できますから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ものすごく基本的なコト、なんですが、
 スイングを考える、造る、治そうとする理由って どんなコトです❓」

質問「やっぱり 飛距離が出ないとか、スライスを治したいとか、
 安定しない、再現性が低い、スコアが伸びない
 なんてところだと思いますが…。」

e968a0ac

店長「となると・・・
〇今の基礎体力、運動量がちゃんと ヘッドスピードに反映するコト
〇そのヘッドスピードが ちゃんと 距離に反映されるコト
〇同じクラブ、番手で 似たような距離、似たような方向、
 似たような弾道の距離の再現性が低くないコト、
〇繰り返すことが難しくないコト

 これらを満たせる クラブ扱いにしないとイケナイですね。」

質問「そう思います。
 やはり 手で振る「手打ち」は良くないのですか❓」


店長「一概には言い切れませんが、
 手で振る、フェースターン、ヘッドの返し は
 それソノモノも からだの回転で行うよりは
 小さな円弧 が急激な加速で行われますし、
 気付いていない人が多いですが、
 ヘッドを振る、シャフトを振る、クラブの角度運動が大きい
 は からだ、もしくは からだの一部が止まっていて
 クラブを振る 作用反作用によって
 『姿勢』もかなり大きく影響を受けるので
 上の三つの条件を同時に満たしていく、
 上の三つの条件を並行して進化させていくコト
 やさしくない、ので『そうですね』と言わざるを得ません。」

質問「それは分かっているんですが、
 どうしてもうまく移行出来ないのは何故なんでしょうか❓」


店長「移行出来た方や移行しつつ有る方 と
 その壁にずっと突っかかっている方の違い は
 体力や年齢とは全く関係なく、
 また、スイングの技術的側面 とも関係が無い
 と言っても良いですね。」

質問「スイングの技術面では無いんですか。」

店長「はい、移行する壁 を乗り越えるのは
 発想の転換
 間違っていた思い込みに気付く など
 それも技術の一部 だとすると
 足らなかった技術を足し増す よりは
 束縛していた余計な思い込み』を捨てる、減らす
 の方が正解の場合が とても多いです。」

質問「例えば どんなコト ですか❓」

店長「基礎的なコトでも 幾つか あります。
 例えば…ですけれど
 グリップ、左右のグリップなんですが、
 左右のグリップって どちらが上だと思います❓」
lesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット
質問「右打ちの場合ですが、茵茱哀螢奪廖 ですか…。」

店長「アドレスに入ってしまうと そう思い易いですが、
 からだの目の前で クラブを握り、
 シャフト(クラブ)を立てた時 は 右が上 です。
 アドレスをする、かがんだ状態で ヘッドを地面に降ろすと
 言葉遊びのようですが、高さの位置関係では 右の方が下ですが、
 左右のグリップの関係は 変わらず 右の方が上なんです。
 単に 腕を降ろした、 もしくは
 スイングの場合、傾きのある状態で向きを変えた、
 からに過ぎません。」
IMG_0378

質問「たしかに…。」

店長「ですので 右打ちの場合 ですが、
 アドレス時  左が上、右が下、
 トップの位置 右が上、左が下、
 インパクト時 左が上、右が下、
 と なんだか左右のグリップが 上下に反転
 位置を入れ替えて、それを戻したように考えガチ ですが、
 実際には 二の腕が上がった、下がった、
 もしくは スイング動作において
 グリップの位置が高くなった、低くなった から
 『見た目』の高さがひっくり返った だけ で
 左右のグリップの関係は変わっていない のです。」
IMG_0799

質問「! なるほど。」

店長「左右のグリップの 高さ関係と言う話ですが、
 コレは クラブの 『グリップとヘッド』の関係と同じで

 アドレス〜テークアウェイ〜トップで
 ヘッドが低い/グリップが高い が反転して
 ヘッドが高い/グリップが低い
 トップからダウンスイング〜インパクトで
 ヘッドが高い/グリップが低い が反転して
 ヘッドが低い/グリップが高い と
 グリップとヘッドの上下反転が 2回行われる『のではなく
IMG_0838_Moment

 単に 二の腕 が少し上がって、下がった だけに過ぎません。
 そして その量も ほんの少し です。
 場合によっては 腕の上げ下げ が無くても
 傾きのある 向きの変更だけでも 同じことが行えます。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「スイングで言うトコロの
 スライスとこすりには親和性がありますが、
 スライスは ヘッドの軌道とフェースの向き という
 大雑把に言えば 左右・横の関係 で
 こすりは 『上下』のヘッド軌道とロフトの向き という
 上下・縦の関係
です。

 ですので バンカーショットに限りませんが、
ロフトを開いて構える と
フェースを右に向ける は
 似ているようで まるで違うモノ なのです。

 どの位に開くと、どうなる、
 どの位 ロフトを開いた時、
 どの位の スタンスの向きになり、
 ボールの位置がここら辺 になる、
 というコトは あらかじめ 知っておかないと。。。
 勿論、個々で ですけれど、
 コースに出て いきなり トライするべき ではありません。
02_b
 普通の構え から
 自分の立ち位置、立ち場所を替えず
 『その場』で スタンスを開いてしまうと
 ボールは中に入る、右打ちであれば 右に寄る形に
 なってしまいます。
 この場合の スタンスを開く、オープンスタンスにする目的は
 ロフトを開くコト、使用するクラブの製品ロフトよりも
 大きい、増えたロフトでボールを打ちたい ですから
 右にボールを置くは それと反します。

 ロフトを開く、と フェースを右に向ける は 別なモノですが
 コト バンス角度に関しては 双方、開いた分、
 バンス角度は増えます。
 バンス角度が増えたモノを 右に置いて打つ、
 本来の打つ位置よりも手前、
 本来の打つタイミングよりも前の時期に当たる、
 のですから 跳ねたり、必要以上に地面に潜ってしまったり、
 シャンクする可能性も非常に高くなります。」

HNさん「うわ〜。」
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)









店長「ですので 練習場にバンカーがあるのでしたら
 どの位ロフトを開くのか、
 そのロフトの開き具合に対して、どんなオープン度合い
 そして その場合は どんな立ち位置、ボール位置になるのか
 『あまり過度にしない範囲で
 知っておき、慣れてから 実戦投入 するべき です。」

HNさん「なにか目安はないんですか❓」

店長「基本ベースに、ですが、
 バンカーショットの距離感 は別として、
 通常のアプローチに近い、通常のショットに近い、
 構え、ボールの位置が基本です。
 ボールの状況、グリーンとの関係、距離、あごの高さ、
 砂質、など総合的に そのショットでは対処しきれない、
 どうしても オープンロフト、オープンスタンス が必要
 となった場合 スタンス、構え、ボールの位置
 が変わりますので、難易度は跳ね上がります。
 一般的なアマチュアゴルファーにとっては
 考えるべきコトは 特殊なシチュエーション の
 成功度はどの位なのか、
 普通の構え、ボールの置き位置で 他の迂回ルートは
 可能ではないのか、 というコトだと思います。

 ボールとピンの関係に対し、
 真っ直ぐ ピンに向かう意識ばかりでは
 ダメですよー
 というコトだと思います。


 勿論、娯楽、遊びなので 挑戦するのは構わないですけれど^^

 あえて ロフトを開く、オープンスタンス にする
 に挑戦するのであれば、
 これは家で出来ますけれど、
 サンドウエッジを普通の構え、リーディングエッジをそのままに
 増やしたロフト分、上げたい高さ分、スタンスを開く、
✋その際の注意点としては
 スタンスを開いた分、自分の立ち場所は
 ボールを支点に 後ろに下がっていく というコトです。

2021-05-19_23-05-25_Moment(3)
 プラス 忘れてはいけないのは
 その開いた構え の度合い分、
 距離感の割り増しが必要になる というコトです。
 
 構えが特殊になりますので
 怖いとは思いますが、強く、もしくは 大きく振らない と
 ボールが上に逃げる分、距離が届かなくなります。」


  
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「私 アマチュアのバンカーショットの場合、
 打ち方、ボールのとらえ方 が 苦労や悩みの原因
 では 無い気がするんです。」

SNさん「え?! そうなんですか?!」

店長「私が、現場や練習場、あ 勿論 バンカーの、ですが…、
 見て気が限り では そう思うんです。

 例えば なんですが、
 プロの試合とかを 見ると
 多くの場面、多くの状況で
 プロは フェースを開いて構えますよね。」
244eb714












SNさん「そうですね。」

店長「〇フェースを開いて構える と
   〇フェースを右に向ける は
 似ているようで まるで異なります。

 フェースを開いて構える は
 ロフトを増やすモノ です。
 フェースを右に向ける は
 その言葉通り、フェースを右に向けます。

 前者は ロフトを増やして使うための
 ボールは普段よりも 右打ちの人であれば
 開いた分、左に置きます。
 後者は いつものボールの位置のまま、
 フェースを右に向けています。
 アマチュアのバンカーショットでは
 後者が多い、気がするんですね。

 それと 絡んで 似たようなコト なんですが、
 これも プロの試合 などでは
 スタンスを開いて、右打ちで言えば 左向きに
 ボールを置いて 構えることが多いと思うのですが、
 目標の打ち出し方向に対し、
 スタンスを開いて構える の正しい意味合いは
 ロフトを開いて構える と絡んでいるんですね。
 ですので ボールに対し、
 開いて(左を向いて)構える分、
 ボールを中心に、後ろに下がるコト になる、んですが…
 ✋…そうしないと ロフトを増やせませんから。」
Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_MomentDesktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(3)Desktop 2021.04.09 - 17.12.27.04_Moment(4)







SNさん「アマチュア の場合、
 その場で 開いて構えている、と❓」


店長「バンカーショットの場合、
 全員がどうしているのか を見る機会が少ないので
 推測が入っているのは確か、ですが、
 バンカーショットに限らず、アプローチとか
 スタンスを開く、フェースを開く、
 そう言う場面での 対処を見る限り、  そうです。

 前日の記事の通り、
 地面が固いなど 特殊な場面を除いて
 ボールを打つコト に関しては
 こすり打ちであろうが、つかまえようが
 どちらでも OK なのが、バンカーショットです。
 確かに 力加減は特殊と言えば特殊ですが、
 それを除いて 打ち方そのモノ は『だいたい』
 で良いのです。

 ですので ショットとしての難易度は
 凄く高くはない訳です。
 にもかかわらず 苦手としている人が少なくない…。
 まあ 勿論、一般的なゴルフクラブ、
 特にウエッジ、ですね、
 あのヘッドの軽さとシャフトの硬さ では
 バンカーショットが腕力次第になるので
 難しくなる という伏線は強い のですが…。

 バンカーでのフェースを開く目的 スタンスを開く目的
 は ロフトを増やす為が主 です。
 つまり スタンスに対し ボールを左め、左め、
 に持って行きたいのですが、
 その場で フェースを右に向ける、
 その場で スタンスを開く(左に向く/右打ち)では
 その逆の ボールがどんどん中にはいります。中に入り易いです。
0e4d08811
 フェースやロフトを開く目的と離れ、
 単に状況を更に複雑にしている、難しくしている、
 と思うのです。
 クラブのせいは否めないんですが、
 バンカーショットを難しくしてしまう原因は
 打ち方よりも スタンスの取り方、フェースの開き方、
 つまりは 構え方・ボールの置き所 の方が大きいと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ただ これは勘違いして欲しくないですけれど
 つかまえるショット、
 ハンドファーストを維持したまま のようなショットでも
 普通にバンカーショットをする事は可能で、
 どちらがどちら を言うことはありません。

 バンカーショットの 一番の難点 は
 足場が緩い というコトです。
 ボールとヘッドの関係よりも そちらが問題です。
IMG_0002

 こすり打ち の方が バンカー向き と
 言えなくも無いですが、
 こすり打ち は スピンも少なく、打ち出しは高い、
 よく言う フワッとした球が出易い 傾向にあります。
 初っ端のボールの高さは取れますが
 ボールの飛距離、キャリーが稼ぎにくい ので
 実際の距離よりも かなり強く、大きく振る必要
が生まれます。」 

SNさん「通常の距離の3倍の距離感で✋
 って言われたりしますよね。」


店長「ですね。

 こすり打ちは からだの回転を止め
 インパクト直前で クラブを下に振る、
 ヘッドを落とす ような感じになります ので
 その作用として からだは上に伸びます。
 普通のショットによく見る『伸び上がり』ですね。
 ボールと自分との距離・空間を増やすような形 になるのですが、
 通常よりも 強く、もしくは 大きく振らなければならない
 こすり打ちでのバンカーショットは
 その足場の緩さ、足場の悪さ によって
 姿勢制御が難しくなる、と言う側面もあります。」

SNさん「ホームランしてしまったり、
 くぐり過ぎて、バンカー内に着弾 って奴ですね。」

sibunoap
店長「そうですね。

 こすり打ち、つかまえる通常のショット、
 その二つは 打ち出しの角度、スピンの量、スピンの掛かり方、
 飛距離も異なります。

 また そのショット感が 通常のショットへの影響
 もありますから
 普通につかまえるショットの出来る方は
 つかまえるショット のまま、
 ボール位置やスタンスなどで対応する方が良いと思います。」

SNさん「どんな風にですか❓」


店長「バンカーでは 状況や距離によって異なるので
 ものすごくアバウトな距離感… ですが、
 普通のショットの 倍なり、3倍の力加減 になりますから
 実際のその見た目の距離を打つ のではなく
 その力加減分のスタンス幅を取るコト。
244eb714

 何を言っているか というと
〇ボールと自分との距離感を『詰め過ぎない』
 しっかり 距離を取る(ボールから適切に離れる)コト✊
〇見た目の距離ではなく 振る加減のスタンス幅を確保

 上記の スタンスと同じなのですが、
 グリーンサイドのバンカーショットは
 打たなければいけない距離が短いです から
 つい その見た目の距離感に応じた スタンスなり
 ボールとの距離感になってしまいますが、
 打ち具合、振り具合、力加減に応じたモノ と
 考える方が良いと思います。

 ボールとの距離感に関しては
 バンカーショットでの ショットの抜け は
 意外にも インパクト時に ライ角度の残り具合
 で決まりガチですので
 ボールとの距離感が詰まり過ぎていて
 トゥダウンがかかり過ぎると ヘッドが抜けず
 ホームランになったり ざっくりになったり
 し易くなります。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


SNさん「今日はバンカーショットについて
 聞きに来たんですが〜。」
72498_600400

店長「おおおおお」

SNさん「以前の記事の
 こすり打ち と つかまえ の 内容を読んでいると
 実は バンカーショットの秘密? 秘訣?が
 そこにあるんじゃないか って 気がして来まして…。」

店長「よい視点だと思いますねー。」

SNさん「バンカーショットの偉人たちの言葉に
 バンカーはボールを打たないから楽✋とか
 あるじゃないですか❓」


店長「ありますね〜。

 まずは こすり打ちとつかまえるショットの
 おさらい からになるんですが、
 方法論は別にして
(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(3)

〇こすり打ち
 のほうが ボールに対して、ヘッドを入れる
 入射が緩くなります。
 見た目 👀 のインパクトロフトは大きいのですが
 スピンは少な目 で
 打ち出しは高く なります。
 ボールスピードも つかまえるショットに対し
 遅め と言ってよいでしょう。   一方、
2021-04-07_06-01-34_Moment(4)

〇つかまえるショット

 入射角度はきつめになって
 見た目のimpactロフトは 立った状態、少な目
 になりますが、それに対しては
 スピン量は多め になり、ボールスピードは速め です。
 アプローチ全般としては スピンの効いた球 に
 なり易いのはコチラです
。」


SNさん「となると こすり打ちの方が
 バンカーショットの向き と言えるのです❓」


店長「その状況、砂質や距離などによって
 一概には言えませんけど、
 コト 砂地からの脱出というコトに対しては
 こすり打ち の方が採用され易い かも知れません。

 私個人は 通常の状態で
 つかまえるショットが出来る方は
 そのまま バンカーショットをする方が
 メリットは大きい と思いますけれど、
 その状況、砂質、などによっては
 こすり打ち『気味』にするのも手とは思います。

(実験)振り子式アプローチVSごく普通のアプローチ_Moment(2)

 なんと言えば良いのか
 からだの回転によって造られるヘッドの道のり、軌道
 に対し、手でクラブを振る のを
 インパクト直前に加えるコトによって
 実際にはそうはならないですけど
 イメージ上は 円に対し、でべそのような膨らんだ弧
 になりやすいですから
 ボールのある場所の、砂ゴト打つ、
 ボールを黄身とすると 目玉焼きを
 丸ごと ひっくり返すようなイメージになる、
 と言ってよいと思います。」

SNさん「なるほ。なるほど。
 が、故に スライサーは総じて バンカーはあまり苦にしない
 と言われるのですね。」


店主「本題からは逸れますけど、
 スライサーが イコール こすり打ち
 こすり打ち イコール スライス ではないですけど、
 インパクト直前で 弧を膨らましてしまう分、
 スライス回転を生み出し易いのは 確かですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファーストが上手く出来ない… は
 インパクトでスイングが終わってしまうような
 未来の『ぶっつけ打ち』につながっていく可能性は
 非常に濃い、と言えます。」

HNさん「そうならないように…回避したいですよね。」

店長「そう思います。
 ハンドファーストの話しと関係するのですけれど
 その発端は フェースを開いてしまう上げ方 に
 起因します。
(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(6)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(4)(((『カラダ』の「廻し方」 比較映像_Moment(3)





 KKさんの話し で言うと
 以前のテークアウェイ、トップでは
 もっと 右ひじ(右打ち)が外目に張って
 両腕の中に クラブを立てめに上げてたんですね。

 たまに 来店された時、
 少しずつ 右ひじが絞られ始めて・・・
 以前より 大きくフェースが開かれている。

 多少は良いと思うんですけど、
 クラブ自体を 背後に倒すのはまだしも、
 フェースの開き、クラブの開きが大きくなれば
 どうしても それを元に戻す必要が生まれます。」

HNさん「ですよね。」

店長「スイングで言うトコロの
 アーリーリリースとか、アーリーエクステンションとか、
 ダウンスイングにおいて
 右腕を伸ばすことで 左手に対し クラブを振る、と言う行為は
 まあ リリースとも呼ばれてますけど、
 リリースするには 支点の左グリップが止まらない と
 出来ないですから、イコール からだの回転の止まり
 になるんですね。
(ハンドリリースサンプル集_Moment(ハンドリリースサンプル集_Moment(2)







 事前… テークアウェイやトップ、ダウンスイングで
 フェースを開いていなければ
 その戻しは 特に必要ありませんから
 ハンドファーストに移行できる可能性はありますけれど
 大きく開いていれば そのままでは
 フェースでボールが打てません。
 フェースの閉じ加減が足りなければ スライスにも
 なっちゃいますから、

 そのリリースが ショットの生命線。

 からだの止まり、もしかしたら人によっては
 そのからだの止まりを『左サイドの壁』と言う認識
 の場合もあると思うんですけど、
 止まらなければ リリースが出来ない、甘くなりますから、
 当たりも悪いでしょう。

 クラブを開いて上げる、別な言い方ですと
 手で上げる、左腕だけ動かしてあげる テークアウェイ は
 からだ自体を廻さない…
 肩だけ回す…
 腕だけ動かす… というように
 上半身/胴体をひねる動きが強くなりますから
 年齢が行ってくると かなり苦しくなり、
 どんどん本来の右向きが浅くなり、手だけになります。
 ならざるを得ない。 

 そうなってくると 『ぶっつけ打ち』に到達するコトに…。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)







HNさん「その KKさんはどうされたんですか❓」


店長「まずは こすり打ち と つかまえ の違いを説明して
 いま 行っている 肩も含めた、腕でのターンを全部無くし、
 トップで作った 腕とクラブはロック、
 あとは からだの向きに委ねる(ゆだねる)
 右腕が伸びるのは 回転の遠心力であって、
 無理してい 腕とクラブをロックして 届かない分 だけ
 伸ばされればよい というか
 それも 受動的に、からだの回転という
 ヒトツのモーターで行うように考える。


 まあ 直ぐに全部はつながってこない と思いますけど
 一応 説明だけして、
 まずは 開いて上げないコトを重視しましょう、 と。」

HNさん「打撃の主として、腕のリリースで円を描かない、
 描いてはいけない ではなく、
 描かなくても当たる と言う道でしょうか。」


店長「そう思います。
 ハンドファーストの話し であれば
 ハンドファーストのまま 打ち終えても
 ボールに届く、当たる、打てるコトでしょうね。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)







 それらのコトが 掴めてくると
 色々な部分が つながってくる、
 本当の意味で理解出来てくるんだと思います。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「ハンドファースト、こすり打ちに関連する
 興味深い話し で

 私自身もちょっと衝撃を受けた話し です。
 ちょっと 話し長いですけれど…。」
【ボディ・リリース VS ハンド・リリース_Moment(4)

HNさん「はい…。」

店長「長くお付き合いしているお客様に
 仮称 KKさん と言う方がいらっしゃいます。

 もう25年を超えるお付き合いになるでしょうか。

 その方は 弊社のお客様の中では
 一番大きい、マッチョな方、
 体つきで言えば ビースト、怪物、怪獣 ですね。

 25年以上前ですけれど
 ヘッドスピード大会をやって
 周りの人が ヘッドスピードの為、だけに
 48インチとか使っていた時に
 一人だけ 45インチで挑戦していた人で …
 ヘッドスピードは 60㎳を超えた 唯一の方です。」

HNさん「😬 😬 😬 😬 😬 😬」

店長「もう完全なる規格外で
 ハミングバードは店風  が
 チカラの無い、道具で何とかしたい という
 お客様が圧倒的ですから、
 場違い感すらあるほど 凄かった んですね。

 で、まぁ それだけ 運動能力ありますし、
 練習量も豊富、スタミナも桁外れ、 なんで
 スイングについては あまり触れなかった、んですね。
 スイングは独特…ですけれど
 教科書的では無い ですけれど、身体能力と努力で
 距離もスコアもすごかった んじゃないですか❓」

HNさん「クラブは❓」

店長「超ヘッドの重い、かなり柔らかいシャフト ですよ。
 シャフトの柔らかさは お客様の中でもかなり です。
 重くて 柔らかいのじゃないと嫌 なんだそうです。

 特にレッスンを受ける訳でもないですし、
 クラブも 8年とか、10年に一度
 より重く、より柔らかく してますが、
 特に悶絶もしないので 頻繁にはいらっしゃいません。

 ところが 何年か振りに
 たまたま ですけれど、待ち合わせの時間まで
 時間があったそうなんで 遊びに来てくれたんです。

 そして 打ったら・・・・・・・・。

 年齢は 70ちょい前…ですけれど、
 仕事も現役で からだをバリバリ動かしている方 ですから
 まあ。。。変わらないんだろうなぁ と思っていたら・・・

 なんと、なんと、
 年齢の行った人にアリがちな
 『ぶっつけ打ち』

 フォローの出ない、フィニッシュまで行けない、
 インパクトで終わっちゃうスイングですね、
 ソレになってたんですよ。
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(3)
もう ビックリ😲😲
〇からだが止まって クラブを下に振る_Moment(4)
 あの KKさんが! ってね。」

HNさん「シニア、グランドシニアの方に多いですよね。」

店長「そうですねー。かなりの比率だと思います。

 で、かなり距離も落ちて、球も行かない、
 スコアも落ちた、
 まあ 若かりし頃は 怪獣だったでしょうから
 比較対象が あまりに…ではありますが、
 悩んでいらっしゃる…。

 ゴルフが楽しくない、、、と。」


店長「でね、 "イヤー KKさんは 5000ccの車
 私たちは 良いトコロ 1300佞亮屐
 基礎が違うので 言わなかったんですが…
 その『こすり打ち』… ヘッドを前に出す打ち方
 変えないと KKさんですら そうなるんですね。"
 って言ったら

 半分、笑ってですが、
 『どうして教えてくれなかったんだよー』って。
 "いやいや 若かったときは困って無かったでしょう⁈
 少しはハンディ無いと ね" って。

 グリップをヘッドが追い越す、
 グリップよりも 多くヘッドを動かす、
 ヘッドを返す打ち方は
 その行為をするには グリップを止める必要があります。
 グリップを止める ッテコトはカラダを止めるコト です。

 本能的にも 飛ばそうとしたら
 ヘッドをたくさん、速く動かしたくなるじゃないですか、
 それをするには からだを止めないとイケナイ訳で
 ですので ぶっつけ打ち にならざるを得ないのですよ。

 あの KKさん、25年前は ヘッドスピード60㎳を出せた
 怪獣のようなからだをした人が ぶっつけ打ち に
 なっちゃうんです。
 こりゃ 普通の人だったら、かなり早い段階で
 ソコに行き着いちゃうなぁ って思った訳です。」

HNさん「。。。。。。。。」

店長「手を返す、ヘッドがグリップを追い越す、
 しならせたシャフトをしなり戻す って
 打っている人は ぶっつけ打ち に辿り着きます。
 腰を傷めたり、どこかを傷めると
 かなり 早い年齢 でソコに行き着きます。

 ですので 若いうちは出来ますけれど、
 ソレを避けたければ 手さばき中心の
 ハンドファーストに苦労する打ち方 とは
 お別れした方が良い、移行した方が良い のです。

 ハンドファーストが打撃ソノモノなんですから。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「そもそも になりますけれど
 ハンドファーストが良いモノ と限りません。
スナップショット 4 (2015-10-15 19-54)スナップショット 6 (2015-10-15 19-55)スナップショット 8 (2015-10-15 19-55)




 先日の記事の通り、
ハンドファーストが…上手く行きません… : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)
 スイングのタイプによっては
 トライするほど 上手く行かなくなるケースもあります。」

HNさん「 ええええ!」

店長「スイングの良し悪し、正しい間違っている、
 ではなく タイプのひとつ と認識した方が良いと思います。

 ハンドファースト と言う単語を
 別な言葉で言い換えると
 『ヘッドの遅れ』になると思う
のですが、
 ヘッドの遅れ にはざっくり2タイプあって
〇ヘッドの遅れが フェースの開き になる、
〇ヘッドの遅れが ロフトの立ち/フェースの下向き
 になる、
 前者のタイプの人にとって
 無理に ハンドファーストにトライする必要はありません。

 また 片方は フェースの開き
 片方は フェースの下向き という
 相反する関係では無く、立体的ですが 方向と言えば良いのか
 角度の 違いと言えば良いのか
スイングの動きの違い
クラブの扱い方の違い を表していると思います。

 ヘッドの遅れを嫌うスイングタイプ では
 ヘッドの重さやシャフトの柔らかさ は
 スイング中 クラブが重くなる、振り遅れ易くなる、
 返し難くなる、要因になるので
 軽いヘッド、硬いシャフトを好まれる傾向が強くなります。
 弊社の悶絶クラブのようなタイプは好まれません。
葛谷2022816_Moment

HNさん「では 逆に見れば 悶絶クラブ であれば
 ヘッドの遅れ が ロフトの立ち になるよう
 使うのが理想的 というコトになる訳ですね。」


店長「そうですね。
 ロフトの立ち というか
 ヘッドが遅れることで フェースが下向きになる、
 ヘッドの開閉の無い(少ない)スイング というコトになります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment(2)
 ですので テイクアウェイも
 クラブをひねらない、フェースを開かない
 重力に対し、そのままの状態で
 概ねですが、からだの幅の中、両肘の間 に
 収めておく方が良いですよ、になる訳です。

 当たり前 と言えば当たり前 なんですが、
 フェースの開きが多ければ、大きければ、
 ヘッドの重量の中心点(重心)がズレている
 ゴルフクラブの構造上、よりヘッドが重く感じるコトになります。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
 重心深度…重心の奥行き というのがありますが、
 箱形状、ウッド・ドライバーに比べると
 板形状のアイアンは 1/10、無いに等しい訳で
 フェースを開かないで使えば 重心深度の大きさは
 重さになりませんが、フェースを開けば
 重心深度の重さが スイング中のヘッドの重さに直結します。
 それは 当然、ヘッドの重さソノモノにも影響されます。


 シャフトの柔らかさ で言えば、
 ヘッドの遅れを フェースの開き にしてしまうタイプでは
 柔らかい分、遅れが増えるとともに
 閉じる際の労力・作業量も増します。
 シャフトをしならせて しなり戻す 必要が増える訳です。
 ですので シャフトの役割として は
 『ヘッドを動かすモノ』と言う認識に至ります。
AZEJ5123_Moment

 一方、ヘッドの遅れをフェースの下向き にするタイプ、
 今回のテーマに沿って言えば
 ハンドファーストが必須なタイプにとっては
 シャフトを極力捻じらない、フェースを開きませんので
 シャフトが柔らかくとも
 シャフトの可動範囲は 重心位置のズレ分程度に収まります。
 シャフトの役割として 『グリップを動かすモノ』
 つまり より ハンドファーストを造るモノ、
 ショットを ヘッドが遅れっ放しのまま 行う と
 考えている為、シャフトの柔らかさ、
 そして それを誘因する ヘッドの重さは好物になる訳です。」

HNさん「なるほど。」

店長「ただし 前者の フェースの開閉が多いタイプ、
 この場合ですと ハンドファーストが得意でないタイプの方は
 ある年齢までに、勿論、その年齢は人によりますけれど
 後者の ヘッドの遅れっ放しのまま打つ、
 ハンドファーストの出来るスイングに
 徐々にで良いと思いますが、シフトしていく方が良いと思います。


 
絶対、ではありませんけれど
 前者の フェースの開閉の多いタイプ、
 ハンドファーストが得意でないタイプのスイングは
 若い時専用のモノ と言えなくも無い、
 教える側、レッスンする側が若い人やそれが出来る年齢
 である場合が非常に多いですね。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


HNさん「こんにちはー。」

店長「こんにちはー。」

HNさん「今日は ショット、スイングの悩みで
 長年、解決しない ハンドファースト が出来ない
 を 相談しに来ました。」

(からだの回転と腕・クラブ_Moment(3)

店長「アマチュアの悩みでは 結構、多いんじゃないですかね❓」

HNさん「でしょうねー。」

店長「ハンドファースト については
 幾つかの誤解、勘違い があると思います。
 ハンドファーストそのものと言うよりも
 その勘違いがゴルファーを苦しめている と思います。

HNさん「! え😵😵😵 そうなんですか⁈」 

店長「まず ハンドファースト というのは
 なにかの前段階では無い というコト です。」

HNさん「❓❓❓❓」

店長「どういうコトか と言うと
 まず ハンドファーストの対語 としては ヘッドファースト
 が有ると思うんですが、
〇ヘッドファーストの前段階、として
 ハンドファーストが
有ると思っている  別な言い方をすると
〇ヘッドがグリップを追い越す前の状態 を
 ハンドファーストな状態
 と思っている
 のではないです❓


(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(集中夏期講座2022 脱 み「こすり」犯_Moment(2)







 実際に ハンドファーストを実現しよう としたら
 スイングは テークアウェイの初動が始まって
 少なくとも ボールを打ち終わるまで
 イメージでは 動作が終わるまで
 常時、ずっと ハンドファーストのまま、
 言い換えれば ハンドファーストが打撃そのもの、とも言えます。

 ハンドファーストが出来ない、苦手 な人は
 ボールを打つ前の段階で ハンドファーストの位置 があり、
 ハンドファーストからヘッドファーストに移り変わるトコロ が
 ボールとらえ、impactと思っている のではないでしょうか❓」

HNさん「ソレは少なからず あります。」
(ハンドリリースサンプル集_Moment(4)(ハンドリリースサンプル集_Moment(5)








店長「ハンドファーストからヘッドファーストに移り変わる、
 これは フェースローテーション、ヘッドの返し、
 手の返し シャフトをしならせて〜しなり戻す
 等と言いかえるコトも可能ですが、
 そう言うタイプの打撃の方に
 例え、形として ハンドファーストも造ったとしても
 良い結果は得られ難い です。」

HNさん「え❓ ナンデです❓」 

店長「フェースローテーション は
 開いてフェース(右打ちで言えば 右を向いたフェース)を
 閉じる(左に向ける)コト だと思うんですが、
 ハンドファースト・・・・グリップ部、グリップ部が
 ボールを追い抜いた、手を返すでは 
 フェースターンが間に合いません。

 ハンドファーストは フェースを右に向ける動き です。
 最終的に フェースを左に(右打ちの場合ですが)
 向けたいのに 右向きの時間を長くなるコトになる
 ハンドファーストは その後のやりたいコトを相反します。」

IMG_0090
HNさん「 😬 😬 😬 」

店長「実際、実験してみると分かりますが、
 アイアンであれば リーディングエッジを固定し、
 グリップをハンドファースト側(飛球線方向)に倒すと
 フェースはどんどん右(右打ち)を向いていきます。

 逆に グリップをヘッドファースト側(後方)に倒していくと
 フェースはどんどん左を向いていきます。
IMG_0091IMG_0092











 その量は ロフト角度にもよりますが、
 5.6.7番辺りのアイアンであれば
 アバウトですが、こぶし一個ほど
 グリップエンドが左(ハンドファースト側)にズレると
 フェースは 5度前後 右を向くコト
 になり、
 ヘッドターンの本来の目的の ヘッドを閉じる が
 し難くなって行くので、場合によってはスライス に
 なってしまう可能性も増えていきます。」

HNさん「…つまり ヘッドを返す、フェースローテーションを
 打撃の主体にしている人は ハンドファーストは出来ない…
 両立は難しい…と。」


店長「出来ない とは言いません。
 ハンドファーストで右を向いた分、
 フェースそのものを左に向ければ良いのですから…。」

HNさん「なんだか 複雑ですねー。」


店長「はい。良い悪い、合ってる間違ってる、の問題では無く
 打撃として 流派が違う と考えて良く、
 ヘッドを返すコト、
 開いて閉じるコト で ボールを打とうとしている人 に
 とって ハンドファーストは
 スイングの覚えるべき、習得するべき要素ではない

 というコトです。」

HNさん「聞くまでもないんですが。。。
 どっちがお薦めですか❓」


店長「😄 😄 😄 
 このお話しには続きがあるので
 是非、明日をお楽しみにして下さい。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問】
 ゴルフをやって 20年以上になりますが、
 フェアウェイウッドが苦手です。
 何か良い、ベターな解決方法はあるでしょうか❓


  前半はコチラ 👉フェアウェイウッドの苦手を解消【道具編】 前編 : ◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります (livedoor.blog)



【店長】
 入射が緩くなる効果が ダブル✊✊

 しかし、ヘッド、ソールの奥行きが深い、あるので
 ソールが尻もちをついてしまう・・・
 トップしたり、、、ダフったり、、、
 ダフってるのにチョロしたり、、、
 そういう当たりミスが多いと思います。
BlogPaint

 ちょっと余談…ですが、
 こちらは LPGA全選手のデータ です。
 一般的には 『アイアンは上からダウンブロー、
 フェアウェイウッドやウッドはハラって打つ、レベルブロー』

 と言われていますが、プロのデータは真反対です。
クラブ別スペック
 長さの長い 5番ウッド が -3.0
  …上から  入射角度3度 に対し
 長さの短い 5番アイアン が -1.9
  …上からではありますが、入射角度が緩くなっています。


 フェアウェイウッドを攻略にヒントは
  『入射角度』にあり



 そ・こ・で・・・
((((ハンドポジション_Moment

 #3ウッドよりも #5ウッドの方が
 上手く当たる、ミスの確率も少ない、
 場合によっては 距離も変わらない、…もしくは 飛ぶ
 なんて経験をされた方も居ると思うんですが、
 (シャフトの硬さが違う とかそういう話は抜きにして)
 その原因は ロフト角度 ではなく、長さ だったり、します。
 勿論、ロフトの立ったモノ、長いモノ の方が
 精神的にプレッシャーがある というのはありますけれど…。

 長い方が振り難い、それはそうなんですが、
 長い方が 入射が緩くなり易く、
 短い方が 入射取り易い。

 それは とても 当たり具合を左右 します。
 フェアウェイの問題は 曲がりや方向 よりも
 当たり具合の方が大きいですからね…。


 ですので 次にクラブを買おうかな、造ろうかな、
 と言う場合、
 例えば 17度か、18度とか、精神的にもこれなら上げられるだろ…
 と言うロフトのクラブを
 通常の43インチではなく、42インチとか、
 勿論、その長さなりのヘッド重量は必須ですけれど
 41.5インチにして使う というのは アリ だと思います。

 41.5インチの 18度 と
 41インチの 22度 とか
 40.5インチの 25度 とか
 フェアウェイウッドとしては ショートウッドですので
 非常に 安心感、期待感の強いモノになるんじゃないですかね。

 根本的には こすり打ち、すくい打ちは解消したいですけど
 とりあえず 当面の 穴になる距離を 確実に埋める
 当たり具合の確実性を上げる
 と言う意味では ウッドの長さ(短さ)、
 これなら 打てるぞ って 長さ(短さ)を採用してみるのは
 良いアイディアだと思います。

✋勿論、その長さなりの ヘッド重量は必須 絶対です✋

8a862ab6

 また、ドライバーに比べ、
 ほんの少し、微妙に 柔らかい設定 の方が
 フェアウェイウッドは楽です。 微妙に…ですよ。
 フェアウェイウッドのように 地面から打つ長いクラブ、
 しかも ドライバーと違って 傾斜とかライが選べません。
 シャフトが硬いと 強く振らなければならなくなり、
 テークアウェイも速くなりガチ・・・。

✅テークアウェイで フェースを開いたら、大きく開いたら、
 ボールを打つのに ヘッドターンは必須になる訳で
 それは イコール すくい(こすり)打ち 入射を緩くしてしまいます。

 .ラブの長さ、⊇顛瓦凌爾
 それを更に ➂緩い入射で入れたら トリプル です。
 ソールが尻もちをする可能性は低くない と思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


【質問】
 ゴルフをやって 20年以上になりますが、
 フェアウェイウッドが苦手です。
 何か良い、ベターな解決方法はあるでしょうか


【店長】
 フェアウェイウッドが苦手なヒト…
 あまり 好きでない と言う人は多いかと思います。

 スイング、振り方の傾向で言うと
 フェースローテーションの強い方、
 すくい打ち、こすり打ち傾向の強い方が
 苦手としているようですが。。。
 とりあえず
 そちらは 改善目標というコトで 道具から 考えてみましょう。

 まず フェアウェイウッドの 良くも悪くも特色 です。
411-6_small

 ココに ロフト角度18度のフェアウェイウッド があります。
 シャフトの硬さは ご自分に適した 硬くないモノ。
 フェアウェイウッドで ロフト18度 ですと、
 名称としては 廃れてしまいましたが、4番バフィー か
 5番クリーク というコトになります。

 と、同時に ロフト18度のアイアン を用意します。
 番手、番号で言えば # △發靴は#◆,箸いΕ灰箸砲覆蠅泙后

 18度のアイアンとなれば、
 今の年齢では タイガーウッズでも
 ティーアップ以外 使うことは無いかと思います。
 私たちが使えば 上手く当たっても 強いゴロ になるだけ です。
 一方、フェアウェイウッドであれば ミスを除けば
 チカラの無い人、女性であっても 18度であれば 使えると思います。
 ボールの浮き、高さも アイアンに比べると
 かなりの高さ、そこそこの最高到達点に至るのではないでしょうか。
 同じロフトの ユーティリティであれば
 その中間になる感じでしょうか。

 同じロフトであっても
 アイアンでは浮かない、使えないのに
 フェアウェイウッドであれば 使える理由、要因 は
 大きく分けて 二つ です。


 まず 一つ目は その構造、
〇重量の中心点(重心)が深いコト(重心深度がアル)です。
 ですので 重心深度の浅い、重心深度の無い
 ロフト18度のアイアンは 薄い板形状 で
 フェアウェイウッド は ソールの大きい、
 奥行きの有る箱形状になります。
411BK-5IMG_0524




 では 重心が深い と 何をもたらすか というと
 ゴルフクラブには 運動をさせると
 重さが直線状に揃おう、とする 特徴があります。
 それにより 重心が深い分、ヘッドが前に出よう とする、
ロフトが付こうとする働き です。
 また、それとの相乗効果 なのですが、
 ヘッドが前に出ようとするコト によって
 ヘッドが前に出ない(重心深度が無い、浅い)モノに比べ
ヘッドのボールへの入射角度が緩くなる があります。
 
 ヘッドの入射角度が緩くなると ボールの打ち出し(飛び出し)角度が
 取れやすくなり、ロフトは少ないにもかかわらず
 ボールを上げ易くなります。



 もう一つの機能 は
〇クラブが長いコト です。
 18度のアイアンと比べた時、
 18度のフェアウェイウッドは
 長さで言うと3〜4インチ
 ヘッドスピードにすると 2〜3m/s 速くなります。

 ここで 注意✋ ですが、
 当たり前のことなのですが、クラブが長くなるから
 数値としてヘッドスピードが高くなる のであって、
 フェアウェイウッドだから 強く振る、速く振る、必要は
 一切無いのです。 ✋逆✋と考えた方が良いでしょう😊

 また、クラブが長いコト によって
 前項と同じく、入射角度が緩くなり、
 小さなロフトでも 打ち出し角度 が取れやすくなります。
2021-10-23_18-02-58_Moment(2)


 つまり フェアウェイウッドには
 ヘッドの構造(重心深度)として、
 そして クラブの構造(長さ)として、
 入射を緩くして 小さなロフトでも、少ないスピンでも
 ボールを上げ易くする 機能、効能があります。
 ココの部分が アイアンとの最大の違い です。

#18度のアイアンを 『ヘッドスピード 3ⅿ/s速い人』が
 を使っても 18度のフェアウェイウッドよりも
 高さを確保できる可能性は低いでしょう。


 ところが、
 その 入射角度を緩くする という Wの効果 が
 実は アマチュアのフェアウェイウッド嫌い を
 生み出している 
と言っても過言ではありません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




『バックライン…正式呼称は リマインダー です。』






店長「今日は グリップ・・・ 握りの方じゃなくて
 用品のグリップについて、です。」
2016_CH420_SE00_IT00_270_1_rule
受講生「はい。」

店長「グリップを選ぶ際、って
 どんなことを基準にされていますか❓」

受講生「やっぱり 握った時の質感…でしょうか…。」

店長「それも大事な要素、だと思います。

 現在のグリップ って
 グリップエンド、バット って言いますけど
 そこから ヘッドの方、グリップのクチ に掛けて
 テーパーが付いている じゃないですか❓」

受講生「そうですねー。」

店長「テーパー具合 って
 モデルモデルによって 結構、違うんですよ。
 最近は やや寸胴気味、
 左グリップ(右打ち)に対して、
 太い右グリップのモノが 流行っている と言えば良いのか
 多くなってきています。

 グリップの形状の機能 と言う意味では
 エンド部分の テーパー度合い、
 エンド、終わりの部分の
 広がり方に違いがありますね。
001 (2)

 好みも… 慣れもありますけれど…
 左手(左打ちであれば右手)の握力に自信の無い方は
 テーパー度合いのキツイモノ の方が良いと思います。」

受講生「あああ なるほどー。」

店長「好みや握り方 にもよりますが、
 太さと握力の関係ですけれど、
 ふと過ぎない範囲で 太めの方が
 接触面積を稼ぎますので 少ない力で握れます

 細いグリップは 接触面積が少なく、
 抜けそうになり易いので 意外に握力が必要です。
 …握り方にもよるんですが、
 グリップした際、指先、中指〜薬指が手の平に触れてしまう
 のは 細すぎると思います。」
IMG_0531IMG_0530







店長「あと ですね✋✋✋✋✋

 最近は ウッド系、特にドライバーの調整機能、
 カチャカチャが付いているモノが殆どなので
 どう調整しても 大丈夫な ように
 バックラインの無い グリップが主流になってるんですが、
 調整がし難くなってしまうから 仕方ない部分は
 あるんですが、・・・勿体ないです。

受講生「どうして…ですか❓」

店長「バックライン は 和製英語でして、
 外国でそう言っても 通じないですね。
 正式?には リマインダー と呼びまして
 メーカーも バックラインの入ったモノの品番号にR
 REMINDER の R  が入っていたりします。

 この リマインダー、バックライン ですね、
👉リマインダーって言うのは 注意喚起 を意味します

✅ゴルファーのミスショット の多くは
 スイングの動作に入る前 が起因しています。

 グリップのズレ、
 それから生じるアドレスのズレ、
 それから生じるボールの位置のズレや向きのズレ、
 いつもと違う、
 まあ だいたいが疲労による握力の低下
 が始まりなんですけれど、
 グリップが緩んでいる、ズレている のが始まりです。

 現場で、
 アドレスして、打とうと思うんだけど
 なんだか しっくり来ない って
 体験を誰しもがしていると思うんですが、
 それも だいたい グリップのズレ、
 アドレスのズレ、向きやボールの位置が
 普段のモノとは異なっている 違和感です。
IMG_0772

 グリップのバックライン、リマインダーは
 その始まりに当たる グリップのズレ を
 出来るだけ発生させない、
 ズレてしまった時、それを リマインドさせる、


 ゴルフ本来のルールであれば ルール違反 の機能です。」

受講生「あああ そうなんですね。」

店長「はい。グリップは本来丸く、
 ラウンドでなければいけないんですけど…
 この位なら… まあ 目をつぶろう が
 このリマインダーの始まりですので
 活用した方が良いと思います。

 ラウンド中、握力が低下して来ますので
 だいたいの場合 グリップが緩んでくる…
 それは 特に 左グリップに顕著に出ます。
 左手の握力が低下してくると
 左手の握りが深くなる、
 …だいたいの場合 フックグリップが強くなります。
 手首が甲側に折れるような…そんな感じです。
 そうなると 右グリップの入る、差し込むところがなくなり
 右グリップが 横から、下から入る形になります。
 左右のグリップが離れていく訳ですね。
IMG_0706_Moment(3)IMG_0706_Moment(2)






 右手が 普段よりも 遠いところを握ることになりますから
 それは 当然、アドレスにも影響しますし、
 目線や視線、ボールの位置にも影響を及ぼします。
 リマインダー があれば そのズレを感知出来ますし、
 それによって 自分の疲労度合いも認知できますから
 無自覚にミスを発生させるのを 未然に防ぐ。。。

 と言う意味で バックライン、リマインダー付きのグリップ
 の方を 強くお勧めします。」
EZ055
 カチャカチャタイプのウッドは仕方ない、
 かも知れませんが……
 弊社で取り扱っている SYB EZ-05改 は
 ネックの調整をして どのポジションに持ってきても
 リマインダー、バックラインは正規の位置のまま ですので
 リマインダー付きで問題アリマセン。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


JDさん「こんにちは。」

店長「こんにちは〜。」

JDさん「ウエッジのシャフトを取り換えて貰おうか、と
 思いまして…。」

IMG_0083

店長「あぁ はい。」

JDさん「今は Ⓐのシャフトが入っていまして
 それを Ⓑのシャフトに変えて欲しいのですが…。」


店長「打ったコトあるんですか❓」

JDさん「あ、はい ウエッジより上のアイアンに
 使っています。 ・・・それも持って来ますね。」


店長「ちょっと 計測してみましょう。

 えっと 今のⒶのシャフトの入った状態でのウエッジは
 振動数 335cpm です。
 取り換えるウエッジ ソノモノでは無いですけど
  使っている Ⓑのシャフトの入ったPW は 357cpm
 かなり 差がありますね。」
    …どっちも硬過ぎ じゃない?…と思いつつ

JDさん「同じ Sフレックス、同じ表記なのに
 そんなに違うんですか❓」


店長「シャフトの硬さに 統一規格、工業規格 はありません。
 Ⓐシャフト の S は Ⓐシャフトの S
 Ⓑシャフト の S は Ⓑシャフトの S
 です。
 洋服でも ブランドやメーカー、
 その服のコンセプトによって SML のサイズ
 結構、違うじゃないですか❓」

JDさん「そうですねー。」

店長「打った感じはどうでした❓」

JDさん「Ⓐのシャフトの入った状態でも 悪くはないかな…と。」

店長「変えたい と思う理由をお伺いしても❓」

JDさん「深い理由はなくて… 同じモノがいいかな⁈ と。」

店長「Ⓐのシャフトから Ⓑのシャフトに変えると
 シャフトの硬さが ワンフレックスからツーフレックス
 硬くなります。

 それに加え Ⓑのシャフトの重量の方が 20g軽くなります。

 フルショットで使うコトの少ない ウエッジ を
 ツーフレックス シャフトを硬くして
 さらに 重量も軽くして… 良いコト少ない❓んじゃないです。」

JDさん「そう言われると…そうですねぇ…。」
IMG_0082

店長「ウエッジショット、アプローチをするのに
 Ⓑのシャフトが 長年使い慣れている とか、
 フィーリングが良いとか、凄く強い気持ち
 でないなら お金を使ってまで 買える理由
 ないような気がするんですけど…。

 打ってみて 悪くなかったんですよね❓ Ⓐのシャフト。」

JDさん「はい、特には。」

店長「ウエッジショットは アイアンの流れよりも
 若干、柔らかい方が強い易い ですし、
 ミスへの耐性も強くなります。

 硬い・軽い は ヘッドが感じにくいので
 手で動かし易くなりますから ウエッジ向け とは
 言い難いですよ。」

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「アプローチにおいての振り子 
 も 疑似』肩を廻す の一例です。」

Nさん「練習場で見かける ビギナーへのレッスンでは
 とても多く見かけますね。」


店長「はい…困ったモノ…ですが。 
青木2022826_Moment(2)青木2022826_Moment(3)








 先日の記事と重複する内容になってしまいますが、
 テークアウェイの初期段階で
 グリップエンドが自分から離れる、
 からだから離れるのは 極力、避けるべき
だと思います。

 両腕と胸で作る三角形を維持、
 それは それで間違ってはいないですが、
〇ボールに当たる、
〇ボールを打つ、
〇的確なロフトで、そのクラブなりの入射で、
〇そして それを繰り返せる

 それらが目的で、三角形の維持はその工程に過ぎません。」

Nさん「確かにね…。」

店長「からだの向きを変える、からだを廻す、は
 動きとしては 横へのモノ です。
 ですので テークアウェイは 始まれば
 動いた分、ボールから、
 方向としては アドレス時の背後方向へ
 離れていくのが自然です。

 インサイドへ✊ というのは そう言う意味合いです。」

店長「スイングの練習に
 ドライバーなどの長いクラブを使い、
 そのクラブの中途な部分を握り、
 グリップエンドをお腹、おへそ辺りにくっつけ
 テークアウェイを始める、 というのがありますが、
 それは ✋クラブを自分から離さない、
 ✋手で上げない
 ✋上げない を示唆しています。
(インパクト以降、フォロー、フィニッシュ_Moment

 からだから離れ、手の返しで上げたい方は
 ボールを打つのに クラブを下に振りたい、
 その準備動作として 行いますので
 長い距離を打たないアプローチなどで
 ボールを下に振らなくても当たる、届く、を体感して
 徐々に クラブを上げなくても ボールは打てる、
 テークアウェイで上げる ≠ 遠くに飛ばす のと関係ない
 を経て、テークアウェイ、
 その初動をつくっていかないとイケナイかも知れません。」
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


店長「コレはあくまでも 理想論 ですので、
 それぞれの方は 無理のない範囲で考えて下さい。

 また その作り方の 原則はお話ししますので
 しっかり 最後までお聞き(読み)下さい。」

Nさん「はい。」


店長「右打ちの テークアウェイ、右向き が、
 十分成されているか どうか の可否は
 右向きの軸足 の 股関節の状態 で決まります。

 股関節は アドレスの状態で
 前傾姿勢 という
 骨盤と大腿骨の 前傾差 がある訳ですが
 それが 右向き …まあ トップの状態 であっても
 ある程度残っているか、
 右の股関節がつぶされた状態であるか、どうか、
 で決まって来ます。」

Nさん「ああああああ」

店長「今の Nさんの状態では
 幾つかの要因、
〇からだの向き自体が不十分であるコト
〇右サイドの動きが不十分であるコト
〇左腕が動き過ぎてしまっているコト などから
 右の股関節が伸ばされてしまっています。」
青木2022826_Moment

Nさん「ですね…。」

店長「ココって 打撃のパワーの源 になりますので
 とても 勿体ない、
 パワーが溜まっていない状態 です。」

Nさん「😢😢😢」


店長「特に テークアウェイを左腕主体で動かし、
 からだが前に倒れ気味、
 ボールに近づき気味の方は注意すべき、と思います。
((フットワーク (2)((廻る方・向き方を変えてみましょう_Moment










 で この際、なんですが、
 素振りなどで脚や右サイドの動き で
 その つぶれた 右股関節 を造っても、
 クラブを持って スイングしたら
 そう言う風にならない、上手く行かない、
 は 良くアリガチ だと思うんですね。


 パワーの溜まる 右股関節 を造るのは
 当然、足の補助、動きも必要なんですが、
 右の股関節がつぶれるか どうか は
 へそから上、特に腕とクラブの重さ が
 右の股関節に掛かったか どうか で決まります。

 右打ちの人が テークアウェイ、トップ で
 体重が右に乗る からと言って
 アドレス時の 前・飛球線方向〜後ろ に
 動こうとすると
 右向き時の 股関節は アドレス時の背後 に
 逃げてしまうので
 右股関節には重さが関わず つぶすことが出来ません。
青木2022826_Moment

 結果、として 右体重にするには
 背後に逃げていく 股関節の方に
 重さのある 上半身、腕やクラブを移動させる のです。
 
 ですので テークアウェイは 右ひじとか、
 右半身主体で動いてください、と言うのです。」
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ